新しく植物を迎え入れたら、まず考慮すべきは植木鉢です。おしゃれな植木鉢にお気に入りの植物を植えることで、心地よい空間を演出することができます。

とはいえ、植木鉢はサイズや素材もさまざまで、どれを選んだらよいのかわからないことも多いのではないでしょうか。そこで今回は、おすすめの植木鉢をご紹介。植物の種類に合わせた賢い植木鉢の選び方も解説するので、これから植物を新しく育てたいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

植木鉢の選び方

サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

植物の大きさに適した植木鉢を選ぶことは、植物を長く楽しむためにも重要なポイントです。例えば、植木鉢が大きすぎる場合、植物よりも植木鉢が目立ってしまい、バランスがよくありません。また、室内や玄関先では必要以上に場所を取るうえ、土の量も増えるので手軽に移動することが難しいので控えた方がよいでしょう。

一方、植木鉢が小さすぎると水切れを起こしやすいため、こまめに水を与えるなど管理が難しいというデメリットがあります。さらに、根詰まりを起こしやすく株が大きく育たないため、大きく育てたい方は植物の成長に合わせて植木鉢のサイズを段階的に変えてあげましょう。

ひとつの目安となるのが、購入した時に植物が入っているプラスチック製の植木鉢のサイズです。プラスチック鉢のサイズは、3号(直径9cm)から10号(直径30cm)と規格サイズが決められています。

植木鉢のサイズは一般的に鉢の底に表記されているため、確認してみましょう。実際に植木鉢を購入する際は、植物が入っているプラスチック鉢がちょうど収まるよう、ひと回り大きなサイズを選ぶことがポイントです。

また、直径がぴったりでも高さが足りないこともあります。特に背の高い植物の場合は、直径だけでなく植物のバランスも考えながら高さにも十分注意してください。

素材で選ぶ

素焼き

By: rakuten.co.jp

植木鉢のなかでも、もっともポピュラーな素材である素焼き。日本では古くからよく使われている素材で、粘土をそのまま焼いて作られます。釉薬(ゆうやく)などをかけて焼く陶器とは異なり、茶色く素朴な色合いとシンプルなシルエットが特徴です。

粘土は焼くと小さな気孔がいくつもできるため、優れた排水性と通気性がメリット。土が乾燥しやすいため、乾燥した環境を好む植物に適しています。

屋外に置いても、植木鉢内の温度が急激に上昇することはなく、根腐れもしにくいため、頻繁な水やりなどを必要としない山野草や胡蝶蘭にもおすすめです。形がシンプルなので、洋風にも和風にもなじみます。

プラスチック

By: amazon.co.jp

軽量で安価なことから、製品ラインナップも多いプラスチック素材の植木鉢。移動などもしやすくハンギングにも適しています。また、製造過程で成型しやすく、テラコッタ風のおしゃれなデザインのモノをはじめ、形や色、サイズなど豊富なバリエーションから選べるのも魅力です。

ただし、素焼きなどに比べ、排水性や通気性はありません。そのため、高温の場所に長時間置くと鉢の中が蒸れてしまったり、寒い場所に長時間置いておくと根や土が凍ってしまったりする危険性もあります。

外に置く場合は、天候にあわせて水やりの頻度を調節したり、日光の照り返しによる劣化を避けるために置き場に気をつけたりしましょう。

テラコッタ

By: amazon.co.jp

テラコッタとは、イタリア語で「焼いた(cotta)土(terra)」を意味します。茶色がかったオレンジ色をしており、植木鉢の表面にレリーフが彫られていたり、装飾が施されたりとデザインはさまざま。洋風なエントランスやフレンチなインテリアとも相性は抜群です。

素焼きの植木鉢に比べると、素地の目が細かく重量があります。そのため、水持ちがよく丈夫なのがポイント。かなり大きなサイズも出回っているため、屋外で育てる果樹にもおすすめです。ただし、植木鉢が大きくなればなるほど重量も増すため、移動しにくくなります。

移動がしやすいように、キャスター付きの台に置いて管理するのもおすすめです。排水性にやや劣るため、乾燥状態を好む植物を植える際は、鉢の中を蒸らさないように、水やりの頻度に気をつけて、土の質にもひと手間工夫してみましょう。

スリット

By: amazon.co.jp

スリット鉢とは、プラスチック製の植木鉢の底部周辺に、縦にスリット(切れ目)が入っているモノです。スリットの間にフィン(仕切り板)がついている植木鉢もあります。カラーはモスグリーンか黒が一般的で、形は角形や丸型、八角形とさまざまです。

スリット鉢の特徴は、根がぐるぐるとまわりこんでしまうサークリング現象を防いで、根を底に導きます。根詰まりを防げるので短期間で生育しやすく、花付きや実付きのよさも期待できるため、実を収穫したい果樹の栽培にも最適です。

排水性もよい反面、スリット鉢は土がこぼれやすいのがデメリット。スリット鉢に植物を植える際は、根の生長を妨げないようあえて鉢底石は敷きません。土をきっちり詰めるように植えると、土こぼれを軽減することができます。

また、スリットタイプの植木鉢に入れて屋外で育てる際は、土の上に直に置かないようにしましょう。スリットから出てきた根が、そのまま地面の土に潜ってしまうのを防ぐためにも、レンガやブロック、キャスターの上で管理しましょう。

おしゃれな植木鉢のおすすめ|素焼き

KANEYOSHI 駄温鉢深 3号

KANEYOSHI 駄温鉢深 3号

日本人にはなじみの深い素焼きの植木鉢「駄温鉢深」です。通常の素焼き鉢の焼成温度は900℃前後ですが、この駄温鉢の焼成温度は1100℃。高い温度で焼かれることで、植木鉢全体が丈夫になります。

また、鉢の上部に釉薬が塗られ焼かれることで、植木鉢の口周りに光沢があり、色が濃く出ているのが特徴。一般的な素焼きに比べると素地そのものの密度が高いため、適度な保温性もあり、寒い地方で植物を育てたいという方におすすめしたい植木鉢です。

KANEYOSHI 三河焼 素焼き鉢 5号 受皿付き

KANEYOSHI 三河焼 素焼き鉢 5号 受皿付き

三州瓦の産地として有名な愛知県西三河南部で製造された三河焼の植木鉢。三河焼の焼成温度は約1100℃ですが、素焼きの植木鉢の場合は900℃前後です。素地には小さな穴がいくつも空いた気孔質のため、水はけがよく胡蝶蘭の植木鉢としても適しています。

受皿が付いているので、たっぷりと水を与えても底に水があふれ出る心配もありません。また、屋外に置いても鉢の中の急激な温度上昇を防げるため、根腐れしにくいのも大きなポイント。シンプルデザインで和風にも洋風にもおすすめの植木鉢です。

KANEYOSHI 三河焼 素焼き 並ラン鉢6号

KANEYOSHI 三河焼 素焼き 並ラン鉢6号

三河焼のラン専用植木鉢です。ラン専用と記載されていますが、高さがあってスリムなフォルムのため、室内に置いてある背の高い観葉植物などもおしゃれに飾ることができます。

屋外での使用も可能ですが、寒さの厳しい季節には植木鉢全体が凍りつき割れてしまう恐れがあるため、室内へ移すなどして管理するようにしましょう。シンプルでおしゃれな素焼きの植木鉢を探している方におすすめです。

KANEYOSHI 三河焼 素焼き 浅型10号

KANEYOSHI 三河焼 素焼き 浅型10号

三河焼で浅型タイプの素焼き植木鉢。直径は約33.5cmと大きめのため、屋外やエントランスにおすすめです。浅型タイプなので、根が深くまで生長する樹木には不向き。花々の寄せ植えなどに最適です。

通常、赤焼きや白素焼き系と呼ばれている三河焼の焼成温度は1100℃ですが、素焼きの場合は約900℃とやや低め。気孔質で根腐れしにくく水はけも良好です。小さめのサイズを選べば、湿気が苦手な多肉植物やサボテンの寄せ植えにも使えます。

おしゃれな植木鉢のおすすめ|プラスチック

ケーター(KETER) ハンギングチェーン付き 植木鉢

ケーター(KETER) ハンギングチェーン付き 植木鉢

おしゃれなハンギング用のプラスチック植木鉢です。ニット編みにヒントを得て作られた斬新なデザインは、まるで本物のニットさながらの見た目なので、玄関先や室内を植物とともに華やかに飾りたい場合におすすめの製品。

内側には取り外し可能な内鉢付きで、植物の植え付けも楽に行えます。底面には取り外しのできるプラグが取り付けてあるため、室内でも屋外でも、受皿なしで水漏れの心配なく使用できるのも魅力です。

八幡化成 gardens 鉢 エコポット角型 150

八幡化成 gardens 鉢 エコポット角型 150

角形のプラスチック製植木鉢です。ポリプロピレンに木粉を配合し、森林資源の保護や節約に貢献した、環境に優しいエコポットを使用しています。スタイリッシュな角型タイプは、室内の観葉植物もおしゃれにアレンジ可能。

底面には水はけをよくする穴が開いており、通気性に優れ根腐れを防ぎます。カラーは豊富な6色から、部屋の雰囲気に合わせて、ぴったりのモノを選びましょう。

Life-Eco 樹脂製ポット ブラーシュ トールラウンド 29cm

Life-Eco 樹脂製ポット ブラーシュ トールラウンド 29cm

おしゃれなトールタイプのプラスチック製植木鉢です。表面には本物の樹皮のような加工が施され、南国生まれの観葉植物とも相性抜群。

背の高さを活かして、大きく縦に生長する観葉植物に向いており、根が深くまでよく伸びます。植物を大きく育てたいという方にもおすすめです。底部には穴が開いていないため、鉢カバーとして使えるほか、通常の植木鉢として使いたいときもドリルで簡単に穴あけできます。

アイリスオーヤマ ライズボールプランター 360

アイリスオーヤマ ライズボールプランター 360

スタイリッシュでシンプルな浅型のプラスチック製植木鉢。屋外での寄せ植えに最適なボールタイプです。底には通気性と排水性を配慮したすのこが付いており、雨が降っても植物の根腐れを防止。また、水抜き栓が備えられているため、溜まった水はすぐに捨てられます。

スタンドと組み合わせれば、ほかの植木鉢とのコーディネートで、空間を立体的に見せる演出も可能。カラーはモダンな4色展開で、好みの色を選べるのも嬉しいポイントです。

おしゃれな植木鉢のおすすめ|テラコッタ

バージ(BARGE) 植木鉢 イタリアンテラコッタ アルト アリーナ M 8号

バージ(BARGE) 植木鉢 イタリアンテラコッタ アルト アリーナ M 8号

本場イタリアならではの洗練されたデザインが魅力的なテラコッタ製の植木鉢。ハンドメイドではありませんが、マシンメイドにしかできない均一な薄さとなめらかな表面の質感がポイントです。

シンプルなフォルムはどんな植物もコーディネートしやすく、キッチンハーブやトマト、また実のなる果樹などにもおすすめ。色むらがなくきれいな質感は、植物を引き立ておしゃれな空間を演出してくれます。

サンブルーム 白い植木鉢 テラコッタ 25cm

サンブルーム 白い植木鉢 テラコッタ 25cm

スペイン製のテラコッタは、表面が白く爽やかな空間を演出できる植木鉢です。どんなインテリアとも相性よく、色鮮やかな花々や緑を引き立ててくれます。ボリューム感のある寄せ植えにもおすすめです。

スペイン製のテラコッタは、地中海沿岸で広く分布する赤い土と、石灰岩を使った質のよい粘土を使っているため、人肌に近い淡いピンクや白に近いベージュが特徴。水はけもよく根腐れしづらいため、植え替えを極力控えて長く楽しみたいという方にもおすすめです。

サンブルーム 植木鉢 クルス アイスウォッシュ 40cm FEI-SB-16-003P

サンブルーム  植木鉢 クルス アイスウォッシュ 40cm FEI-SB-16-003P

ベトナム製のテラコッタ植木鉢。表面はグレーを基調とした涼しげなアイス調に仕上げられており、フレンチスタイルのインテリアやエクステリアとも相性抜群です。

ベトナムで取れる細かい土で作られているため、表面がなめらかで細かなデザインも施しやすいのが特徴。使い続けるほどに味わい深くなり、経年変化が楽しめるのもポイントです。おしゃれなテラコッタ植木鉢を探している方は、ぜひチェックしてみてください。

京ばし園芸資材 植木鉢 テラコッタ TE P3-0008 S

京ばし園芸資材 植木鉢 テラコッタ TE P3-0008 S

スクエアタイプのシンプルなテラコッタ植木鉢。ベトナム製の細かな粒子の土で作られたなめらかな質感が魅力です。さりげなく施されたロゴマークがアクセントで、おしゃれな空間作りにぴったりです。

四角い植木鉢は根が張りやすく安定感もあるため、大きく育つ観葉植物にも適しています。使用するにつれ、独特のアンティーク感が漂い、風合いが増していくのもテラコッタ植木鉢の醍醐味。長く愛用していきたい方にもおすすめです。

おしゃれな植木鉢のおすすめ|スリット

所沢植木鉢センター スリット植木鉢 30cm

所沢植木鉢センター スリット植木鉢 30cm

八角形のスリット植木鉢。鉢の内側に角とフィンを設けることで、根のサークリング現象を防ぎ、根の生長を下へ下へと導きます。カラーは一般的に多く流通されているモスグリーンです。

一般的な鉢の底部についた丸穴に比べスリット植木鉢の切れ目は鉢の角についており、表面張力が働かない構造になっているため排水がスムーズ。また、直径30cmと大型なので野菜の栽培にもおすすめです。

リッチェル ネバール 角プランター 26型

リッチェル ネバール 角プランター 26型

おしゃれなスクエア型のスリット植木鉢。側面と底面にスリットが施されているため、排水性が良好です。通常のスリット鉢に比べても切れ目の数が多く、根がしっかりと放射状に伸びてくれるので根詰まりを起こしづらく、植え替えも楽に行えます。

植木鉢に指がかけやすいヘリの形状で、楽に植木鉢の移動ができるのも魅力。シンプルで飽きのこないデザインのスリット植木鉢を探している方におすすめです。

所沢植木鉢センター スリット鉢 懸崖タイプ CSK-210

所沢植木鉢センター スリット鉢 懸崖タイプ CSK-210

根のサークリング現象を防ぐスリット植木鉢の特徴はそのままに、スリット部は土の流出を軽減する工夫が施された、懸崖タイプの植木鉢です。鉢底が底上げされているため、水はけがよく根が伸び出てくるのを防ぎます。

厚手の深型タイプで、光沢感があり室内使用にも最適です。特にバラやクレマチスなどを栽培する方にも人気。ひとつ持っていると、花木や果樹、野菜とさまざまな用途に使えるおすすめの植木鉢です。