ステンレスや真鍮、塩ビなどの筒状になった素材を、まっすぐ切断できる「パイプカッター」。プロ向けの電動のモノからDIY向けの手動でお手頃価格なモノまでラインナップは豊富です。最近では家庭の物干し竿を自分でカットしてゴミ出しするなど、大型アイテムの処分にも役立っています。

今回は、おすすめのパイプカッターをご紹介。選び方や使い方も解説するので、チェックしてみてください。

パイプカッターの選び方

パイプカッターの種類で選ぶ

回転式

By: amazon.co.jp

最も一般的なタイプの「回転式」は力をあまり使わずに済むため、初心者の方でも扱いやすいのが魅力です。切りたい部分に切り込みを入れていき、徐々に挟み込む力を強くしていくことで切断できます。コンパクトで使い勝手もよいのがポイント。使用する際には滑り止めを装着して回転させると安定感がアップします。

ラチェット式

By: amazon.co.jp

回転させずにパイプを切断できる「ラチェット式」は、ハサミを使うようにパイプを挟んで切断します。刃を上下に動かすことでパイプを切断するため、細いパイプに使う場合におすすめ。回転式よりも手元が滑りにくいのが魅力です。

また、パイプを締め付けて使用する「回転式」では、ステンレスのような柔らかい素材に使用する際の力加減が難しいですが、「ラチェット式」であれば管を潰す心配をせず切断できます。

切断したい素材に合わせて選ぶ

ステンレスや真鍮などの素材を切断する場合

By: amazon.co.jp

パイプカッターは、製品ごとに切断できる素材が異なります。ステンレスや真鍮などを切断したい場合は、それらの素材に対応した製品を選ぶようにしましょう。何に使うかはっきりしていない場合は、1つで複数のパイプが切断できるタイプか、刃の部分を取り換えられる替刃タイプがおすすめです。

塩ビを切断したい場合

By: amazon.co.jp

塩化ビニールの切断を中心に使用したい場合は、塩化ビニールパイプ専用の製品がおすすめです。「エンビカッター」「塩ビカッター」とも呼ばれており、さまざまな太さのパイプに対応できる製品が、数多く発売されています。

エンビカッターの多くは「ラチェット式」を採用。太いサイズにのみ「回転式」を採用しているモデルもあるので、力に自信のない方は切断方法もチェックしておきましょう。

切断できる直径をチェック

By: amazon.co.jp

パイプには3mm程度のモノから20mmを超えるモノまで、多くのサイズがあります。パイプのサイズにあったパイプカッターを選ばないとうまく切断できないため、切断したいパイプの直径を確認しておきましょう。

さまざまなパイプに使いたい方や、サイズがはっきりわからない場合は、切断可能なサイズが広範囲の製品を購入するようにしましょう。

握りやすさをチェック

By: amazon.co.jp

パイプカッターにはハサミのように挟み込む形状のモノから、グリップを握るようにして使用するモノまでサイズも形状もさまざまです。パイプカッターを使用する際は、自分が握りやすく力を入れやすい形状のモノを選ぶようにしましょう。

また、手元に滑り止めが付いている製品だと、作業時に滑ってケガをする危険性を下げられるためおすすめです。

パイプカッターの使い方

By: amazon.co.jp

まず、切断したいパイプの切断部分にパイプカッターのノブを広げて挟み込みます。切断したい部分にきっちりはまったらノブをしっかりしめて、回転式の場合は約90°の角度で2~3回往復させます。ガイドラインの切り込みができたら、ノブを少し締めてまた往復。一度に切ろうとせず何度も往復することがきれいに切断するポイントです。

ラチェット式の場合は、ハサミを使うように上下に2~3回挟み込めば完了です。どちらの方法も無理に力を入れたり一度で切断しようとすると、管がつぶれてしまったり、切断面が汚くなってしまったりするので要注意。カッターの内側には鋭利な刃がついているため、ケガをしないよう軍手や作業用手袋をはめて行うようにしましょう。

パイプカッターのおすすめ

エスケー11 (SK11) パイプカッター PC32

初心者でも使いやすいパイプカッター。専用の替刃を付け替えるだけで、複数の素材に対応するのが特徴です。本体には銅・薄肉ステンレスに対応した替刃が付属。また、銅用、ステンレス鋼用の替刃も用意されています。

切断能力も4~32mmまで幅広く対応。面取りカッターも同梱されているので、切断面をきれいに仕上げられます。値段が非常にリーズナブルなのもポイント。幅広い使い方に対応した製品です。

コンヨ(KONYO) DeniManパイプカッター 50mm

単管やアルミ管、ステンレス管の切断に対応したパイプカッターです。ワンタッチスライド機構を採用しており、片手でスムーズに開閉できます。別売りの替刃を組み合わせれば塩化ビニール・アルミ・真鍮・鋼・銅など、さまざまな素材も切断可能です。

切断能力は6~50mm。全長175mm、本体重量375gと片手での作業も負担になりにくいサイズが特徴です。面取りナイフが付属しているので、切断後の切り口をきれいに仕上げられます。

コンヨ(KONYO) DeniManパイプカッター 32mm

真上から抑え込むように力を入れてカットするタイプのパイプカッターです。ステンレスや鋼、真鍮、塩化ビニールなどさまざまな素材に対応できるのがポイント。切断能力は3~32mmです。

面取りナイフが付属しているので、切断した後もきれいに仕上げられます。上から抑え込んで切るタイプのため、少しコツがいるものの、体重を利用して切断でき、力の弱い方におすすめです。

髙儀(Takagi) GISUKE パイプカッター ミニ

手のひらサイズのコンパクトなパイプカッターです。真鍮やスチール、銅、塩ビ管など幅広い素材に対応しています。切断能力は3~22mmで、本体サイズが小さいため、細い管をカットするのにおすすめです。

本体に亜鉛合金を採用することで、耐久性と対振動性が高いのが特徴。切断したパイプの内側をきれいに仕上げる「パイプリーマー」が付属しており、きれいに面取りできます。ステンレス素材には対応していないので、ステンレス素材に使用する際は別売りの替刃が必要です。

WORKPRO パイプカッター

高性能な工具を取り扱うWORKPROから発売されているパイプカッターです。硬度HRC58の合金刃を採用しており、耐久性が高いのがポイント。ステンレスや真鍮、アルミ、塩ビなどさまざまな素材に対応しています。

切断能力は3~32mmで、厚みは2mmまで可能。スペアのブレードと一緒に面取り用ブレードが付属しています。油圧シリンダーを内蔵しているため、硬いモノでもしっかり切断できるのが魅力。力に自信がない方でも無理なく使用できます。

イチネンタスコ(TASCO) スマートチューブカッター TA560AG

本体にブレードシャフトスプリングを内蔵したパイプカッターです。少ない力でもきれいに切断できるため、初心者の方におすすめ。特殊ローラーの「PAT.P」を採用することで、きれいな仕上がりを実現しています。

本体のブレードにはチタンコーティングを施しているため、管との摩擦が少なく、切れ味が長持ち。切断するときに管への余計な食い込みがないことで、多少変形した管でも切断できます。切断能力は4~32mmで、幅広く使用できる製品です。

KIPTOP パイプカッター

ステンレス製のコンパクトで軽いパイプカッターです。ステンレスパイプや銅の管、水冷パイプやアルミニウム合金や単管などさまざまな素材に対応。3~28mmの切断能力があり、最大3mmの厚さの鋼管まで切断できます。

頑丈なスライディングとホイールカバー、波形のスパイラルノブを使用することで、切断圧力を手軽に調節できるのがポイント。人間工学に基づいたデザインで、無理な力を入れなくてもスムーズに切断できる製品です。サイズがコンパクトなため、狭い場所での作業にも適しています。

SUNKI パイプカッター

銅管、アルミ、真鍮、塩ビ、薄肉ステンレス鋼管など幅広い素材のカットに対応したパイプカッターです。切断能力は6~50mmまで対応。ローラーが3つ平行に並んでいるため、切断中のパイプをしっかり固定できます。

本体サイズは全長175mmと、片手でちょうど持ちやすいサイズ。しっかり握って作業が行えます。耐久性も強く長期間使用できるので、コストパフォーマンスのよい製品です。

文化貿易工業 BBK オートマチックチューブカッター TC-320S

オートマチック機能を搭載したパイプカッターです。刃の送り込みが不要なのがポイント。また、切刃を片方だけにして、垂直切り側の切断面を効率よく切断することで、バリや切りくずの出にくい、きれいな切断が行えます。

ハンドルを締めこんだ後は、スプリングの伸縮作用を利用するので、ハンドルを何度も増し締めする必要がありません。刃にはチタンコーディングを施しており、切れ味が落ちにくいのも魅力の製品です。

京都機械工具(KTC) ラチェットパイプカッター PCR3-66

分厚いステンレス鋼管もしっかり切断できるラチェットタイプのパイプカッターです。プロの現場でも活躍するアイテムで、厚さ3mmまで切断可能。別売りの替刃を使用すれば厚さ1.5mm以下の薄肉管にも対応できます。

火花や切りくずが発生しにくい専用刃を採用。ラチェット機構とロータリーヘッドを搭載することで、狭い場所でも簡単に作業が行えます。切断能力は35~66mmに対応。物干し竿など大きな素材の切断に向いている製品です。

Blue hawk 塩化ビニールパイプカッター

ラチェット式で手軽に使える塩化ビニール専用のパイプカッターです。使用しないときは、刃先を閉じて保管できるため、安全性が高いのがポイント。本体サイズは幅255×奥行110×高さ35mm、本体重量約527gと片手で簡単に作業できます。

ブレードの厚さは約3mm、耐衝撃性や耐摩耗性に優れた高マンガン鉱を使用しており、耐久性がよく長持ちするのが特徴。ブレードの開放状態から切断まで、ラチェットは16段階あり、刃は4mm前後で送れるのがポイントです。直径63mmまで対応できる大口径のパイプカッターを探している方に向いています。

MCC エンビカッター AC-42ED VC0342

耐久性と切れ味のよさが人気のエンビカッターです。塩化ビニールだけでなく、ポリエチレン管にも使用できるのがポイント。アタッチメントを取り付けるとモールなどの切断も可能なので、DIYに使用したい方におすすめです。

初心者でも扱いやすいハサミ形状で、全長230mm、本体重量は420gと軽量。直径42mmの塩化ビニールに対応しています。切りくずも出さずにきれいに切断できる、おすすめの製品です。

スーパーツール(Supertool) スーパーステンレスフレキ管専用カッター

フレキ管専用の回転式のパイプカッターです。カッターホイル部分に熱処理を施した特殊合金鋼を採用。切れ味と強耐久性が高く、切りくずを発生させずに切断できます。

切断能力は8~32mm、本体重量は約240g。両サイドにあるローラーで最後までしっかり切断できるため、プロの現場でも愛用者が多い製品です。コストパフォーマンスにも優れています。

番外編:パイプカッターを使用する際の注意点

By: amazon.co.jp

パイプカッターは圧力に弱い素材は、管を潰してしまうため使用できません。また、こまめに刃部分の点検をしておかないと、切断面が汚くなってしまいます。使用する度に、メンテナンスを行うようにしましょう。

また、本体が小型で軽量なので、子供でもすぐ手に取れてしまう危険性があります。使用しないときの保管場所には十分注意することが大切です。