素材の切断や木工細工などに使われる「糸鋸」。手動タイプの糸鋸と、卓上で使用する電動タイプが存在します。小物の細工や木材・金属・プラスチック素材の切断や加工など、糸鋸が必要となる場面はさまざま。糸鋸のタイプによって向いている場面も異なります。

ここでは、おすすめの糸鋸と、選び方やそれぞれの特徴をご紹介。自分の用途に合った糸鋸を見つけることで、作業をより快適に進めたい場合に役立ちます。

糸鋸の選び方

糸鋸の種類で選ぶ

微調整が可能な手動タイプ

By: amazon.co.jp

手動タイプの糸鋸は、自分の手の細かな感覚で糸鋸のストロークを調節しながら使用できるのが特徴です。アクセサリーや小物製作など、細かい作業が求められる場面に向いています。

また、段ボールや板などのゴミを既定の大きさにカットしたい場合にも手動タイプの糸鋸があると便利です。製品によっては、フレームのサイズを変更できてさまざまなタイプの刃に対応できるモデルもあるため、用途に応じて必要なモノをチェックしましょう。

なめらかな曲線を作れる電動タイプ

By: amazon.co.jp

電動タイプの糸鋸は、ミシンのように刃が高速で上下して素材を切断できるのが特徴。あまり力を入れずに簡単に切断できるため、業務用や趣味としてなど用途はさまざま。大型の素材や大量の素材を加工したい場面に向いています。

また、電動タイプの糸鋸は切断時の抵抗が少ないため、なめらかな曲線を作りたい場面には電動タイプの糸鋸が最適です。電動タイプの糸鋸は小型・中型・大型サイズと分かれているので、自分の使用頻度や規模に応じたモノを選びましょう。

刃で選ぶ

アサリが付いているかチェック

By: amazon.co.jp

糸鋸の刃先が交互に開いて曲げられている構造の「アサリ」。実際の刃の厚みよりも切り口が広くなるのが特徴の糸鋸刃です。切っている最中に材料からの締め付けがなく、切断しやすいのがポイント。材料の切断がメインの場合におすすめです。

一方で、アサリなしの糸鋸刃はすべて同じ方向に向いているのが特徴。切断面がなめらかになり、糸鋸を使用してきれいな曲線を描きたい場合などにおすすめです。使用する目的や素材の種類や厚さに応じて適切なタイプの糸鋸を選びましょう。

返し刃の有無で選ぶ

糸鋸の刃は一定の方向に向いて設置されていますが、下側の5枚程度の刃が逆に付いている「返し刃」を備えているタイプがあります。木工用の刃として向いており、糸鋸による切断作業などでバリが出にくく仕上がりがきれいになるのが特徴です。

また、返し刃がないタイプは金属加工用としておすすめ。跳ね上がりを防ぎ、安全に切断するため、切断する素材に応じて適切な糸鋸のタイプを選ぶことが重要です。

刃の数・厚み・幅をチェック

By: amazon.co.jp

糸鋸の刃には刃の数や厚み、幅などが異なるさまざまなタイプが存在します。加工スピードを重視したい場合は刃の少ないタイプを選ぶのがおすすめ。対して、仕上がりのきれいさを重視する場合は刃の多いタイプが向いています。

また、刃が厚いタイプは分厚い素材の切断をしやすいのがポイント。対して、薄い素材を切断する場合は刃の薄いタイプのほうが切断しやすくなります。そのほか、幅が広いモノは分厚くて硬い素材を切断しやすく、狭いモノは曲線を作りやすいのが特徴です。

素材の形状や材質・厚さによって適切なモノを選ぶようにしましょう。

電動タイプは性能や振動音をチェック

By: amazon.co.jp

高速で素材を切断できる電動タイプの糸鋸は、モデルによって性能が大きく異なります。なかでも振動音は要チェック。静音性の高い製品を選ぶことで、集合住宅などでも使用しやすくなります。

また、スピード調節できるモデルもあり、無理のない速度で糸鋸を操作できるため初心者の方にもおすすめ。そして、手元を照らすLED搭載のモデルを選べば暗い場所でもスムーズな作業が可能です。

電動タイプの糸鋸は、使用する場所・時間帯・目的に応じて適切なモデルを選ぶことで、効率よく作業を進められます。

サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

糸鋸の場合は汎用性を求めるよりも、加工する目的に応じて適切なサイズのモノを選ぶことが重要。小物の加工などは小型の糸鋸を使用することで、細かい作業を効率よく進めやすいのがメリットです。

同様に、大きな素材を加工する場面では相応の大きさのモデルを選ぶことで効率よく切断でき、作業時間の短縮につながります。また、フレームの深さを表す「ふところ寸法」も要チェック。加工したい素材よりも大きいモノを選ぶようにしましょう。

糸鋸のおすすめ|手動タイプ

髙儀(Takagi) 大工日和 木工用

6本の専用糸鋸刃が付属し、ワランや杉などの柔らかい木材から、カシ・チーク・松のような堅い木材まで対応可能な木工用の糸鋸です。替刃は荒目・中目・細目がそれぞれ2本ずつ付属。細目は塩化ビニルパイプやプラスチックの切断におすすめです。

本製品は約115mmのふところ寸法を備え、コンパクトで扱いやすいのがポイント。糸鋸による小物製作用の素材加工にも役立ちます。価格もリーズナブルで入手しやすいため、はじめて使う方にもおすすめです。

ビッグマン(BIGMAN) 精密糸鋸 IN-010

フレームの長さを調節でき、短い糸鋸刃も使用できる汎用性を備えたモデルです。用途に応じてさまざまな刃を付け替えでき、木材や金属、樹脂など多くの素材に対応できます。

また、太めで握りやすいグリップを備えているので安定した力加減を保ちやすいのもポイント。専用の替刃を複数種類用意しておくことで、金や銀などの貴金属を糸鋸で加工したい場面にも使用できます。

エンジニアやクラフトマンなどのプロ向けとしてもおすすめの高機能な糸鋸です。

角利産業 角利プロメイト 糸鋸デラックス No.7260

4種類の替刃が付属し、一般木工・薄板木工・プラスチック・軽金属用としてそれぞれ使い分けが可能な手動タイプ。付属の糸鋸刃は完全焼入刃のため切れ味が持続しやすく、160mmの深いフレームによって素材と干渉しにくいのも魅力の糸鋸です。

一般木工用はスギやヒノキなど柔らかい木材に使用でき、薄板木工用はカシやマツなどの堅い木材に対応可能。プラスチック用は極細目なので、塩化ビニルや集成材に向いています。また、軽金属用は目が幅広鉄工になっており、銅やアルミ、真鍮などに対応可能です。

ハンドルを回転させて簡単に刃をつかけえられるので、ほかの工具を用意しなくてもよいのがポイント。複数の素材へ対応した糸鋸を探している方におすすめです。

三共コーポレーション 木工糸鋸 H-1280

荒目・中目・細目の替刃が付属し、杉などの柔らかい板からカシやチークなど堅い木材に対応できる糸鋸です。さらに、真鍮やアルミなどの金属にも対応可能なのがポイント。扱いやすく、小物加工時にも活躍します。

また、ふところ寸法は約18mmと広めに備えているのが特徴。太めのパイプや木材を切断したい場面にも役立ち、家庭でのDIY入門用の工具としてもおすすめの糸鋸です。

JINTONG 糸鋸

フレームの長さを調節でき、短い糸鋸刃を取り付け可能。細かい作業が多い場面に向いており、ハンドメイドアクセサリーなどを作成するツールとしておすすめの糸鋸です。

また、グリップは握りやすく手になじみやすい木製グリップを使用。本体にはステンレス製素材を使用し、錆びにくく耐久性にも優れています。価格もリーズナブルで入手しやすいので、初心者の方におすすめのアイテムです。

グレートツール(Greattool) 糸のこ 木工・金工兼用

あらかじめ5枚の糸鋸刃が付属し、堅い木材や一般用木材、軽金属素材などに対応可能な糸鋸です。刃には炭素鋼を使用しているため刃こぼれしにくく、長期間耐用できるのも特徴です。また、木製ハンドルで手になじみやすく握りやすいのがポイント。

そして、フレーム部分は堅牢なスチールを使用しています。耐久性に優れて壊れにくく、シンプルな構造で扱いやすいのも魅力です。約115mmのふところ寸法を備えており、一般的な木材やパイプ切断であれば十分な威力を発揮します。

ハナツールズ(HAN-A TOOLS) 多目的のこぎり マジックソー HA-502

重量約110gと軽量で扱いやすく、耐久性に優れた糸鋸刃「ハイカーボンスチールブレード」を採用。しなやかで折れにくく、曲線切りにもらくに対応できるのが魅力の糸鋸です。

また、本製品ひとつで木材や集成材や軟鉄、アルミなどの切断が可能。タフな場面にも応用できるリーズナブルで便利な糸鋸です。

エンジニア(ENGINEER) 金工鋸 自在型 TN-05

アサリのなく精密加工用に適した糸鋸刃「TN-17 ♯4」を標準搭載したアイテム。熱処理を施しているので、金属素材を切断する場面に役立ちます。

また、強靭で軽量性に優れた「SKS特殊合金」をフレームに採用。重量約220gと握りやすいグリップを備え、バランスがよいので安定しやすいのも魅力です。

さらに、フレームは長さを自在に調節できるため、短い糸鋸刃も使用可能。糸鋸での細かい加工が必要な場面にも役立つおすすめのアイテムです。

糸鋸のおすすめ|電動タイプ

髙儀(Takagi) EARTH MAN SS-400SCA

テーブル角度を0〜45°で自由に調節可能な糸鋸。ふところ寸法は約400mm、糸切り抜きや曲線切りなどの加工を自由に行いたい場面に活躍する電動タイプです。

速度調節機能を搭載しているため、糸鋸を使用する目的や素材に応じて適切な設定で使用可能。木材や薄鉄板、アルミ板などの切断や加工に向いています。

また、ブロワノズルを搭載しており切粉を飛ばして糸鋸の手元を見ながら作業できるのもおすすめのポイントです。

ハイコーキ(HiKOKI) 卓上糸のこ盤 FCW40SA

手元を照らすLEDライトを搭載し、薄暗い場所でも使いやすい電動タイプの糸鋸です。LEDライトは作業に応じて位置を変えられるのがポイント。細かいスミ線が影になっていても、光源を動かして糸鋸による正確な作業をしやすくするメリットがあります。

ふところ寸法は約406mmあり、最大50mmまでの木材を切断可能。糸鋸による木材の窓ぬき加工などに向いています。さらに、無段階変則機能を備えているので、素材や目的に合わせた調節をしやすいのも魅力のひとつ。騒音が気になる場面にもおすすめです。

そして、切粉を吹き飛ばしてスミ線や糸鋸の手元を見やすくする「ブロアノズル」を搭載しているのも特徴のひとつ。集中して精密な切断を実施したい方におすすめの糸鋸です。

マキタ(Makita) 糸ノコ盤 MSJ401

糸鋸刃の交換や張りの調節をワンタッチで行える、取り扱いやすさが魅力の電動タイプの糸鋸です。速度調節が可能な変速ダイヤルを備え、木材やプラスチックなど素材に合わせたストローク数で切断できます。

さらに、テーブルは左45°・右15°の傾斜が可能。ブロワノズルを備えているので手元が見やすく、必要に応じて正確に傾斜切断したい場面にも役立ちます。

そのほか、機器前面に集塵機接続口を備えているので、クリーンに作業をしたい方にもおすすめの電動糸鋸です。

エスケー11(SK11) フトコロ SSC-400PE

振動や騒音が少ない設計を施し、自宅用として使いやすい電動タイプの糸鋸です。使用時に、木材の跳ね上がりを抑えるプッシャーを搭載し、集塵機を接続する「集塵機接続口」を備えているのもポイントです。

本製品はふところ寸法約400mmを備え、厚さ50mmまでの木材をなめらかな曲線で切断可能。エアブロー機能も備えているので、スミ線などを目視しやすく、精密な作業をこなしたい場面にもおすすめの糸鋸です。

さらに、テーブルは45°まで傾斜可能なので、斜め向きの切断もしやすいのがメリット。糸鋸刃は、両端にピンが付いた「ピンエンドタイプ」、もしくは付属のアダプターを使用することで「ピンなしタイプ」にも対応できます。

エスコ(ESCO) 糸鋸盤 EA854ZA

簡単に糸鋸刃を交換できる「クイックブレードチェンジ機構」を搭載した糸鋸。市販タイプのピンなし刃も使用できるので、アサリの有無など用途に応じて自由に構成を変更可能です。

本製品は、50mmまでの木材を切断でき、糸鋸による木材の曲線や直線での切断、中抜き加工などに対応可能。切粉を吹き飛ばして手元を見やすくするブロワノズルも搭載しているため、糸鋸による精密な加工をしたい場面にもおすすめのモデルです。

糸鋸の使い方

刃の付け方

手動タイプ

By: amazon.co.jp

手動タイプの糸鋸の刃を取り付ける場合、まずは刃の向きをチェックしましょう。ハンドルに向かって斜め下を向いていることを確認し、持ち手側に付いている蝶ネジを止め、刃をピンと張った状態で反対側の蝶ネジを固定します。

糸鋸刃をピンと張ることで刃が折れたり、たわんで切断面が荒れたりするのを防げるのがメリット。また、ピンをひっかけて固定する「ピンエンド」タイプは、ネジのかわりにピンで固定するため使用中に緩みにくいのがポイントです。

電動タイプ

By: amazon.co.jp

電動タイプの刃を取り付ける場合、あらかじめ糸鋸本体の電源が切れていることを確認しましょう。なお、コンセントを抜いておけば誤作動を予防できるため安全に作業ができます。

まず、アームを持ち上げた状態で刃をセットし、同時に刃が下向きであることを確認しましょう。そして、下部のしめ具で固定し、アームを下げてから板押さえが少し浮いた状態で調節ノブを押し下げ、上部のしめ具で固定したら完了です。

上手に切るコツ

By: amazon.co.jp

糸鋸で上手に切断するコツとして、切断する素材に対して垂直に糸鋸刃を当てることが重要です。そして、素材をしっかりと固定し、あまり力を加えずに一定のペースで糸鋸刃を上下することで切断しやすくなります。

また、糸鋸を押したときに切る「押し切り」や引いたときに切る「引き切り」の両方が使えるため、自分のやりやすい方向で切断するのもおすすめ。曲線部は慌てずに、ゆっくりと糸鋸を方向転換させることできれいに仕上がりやすくなります。