パソコンやゲーム専用機のゲームコンテンツを大迫力の画面で楽しめる「ゲーミングモニター」。最近では4Kコンテンツに対応するモデルも増えてきています。人気MMORPGなどの世界観に没入したいなら、4Kゲーミングモニターがおすすめです。

そこで今回は、4K対応ゲーミングモニターのおすすめモデルをご紹介。おすすめメーカーや選び方も解説するので、チェックしてみてください。

4Kゲーミングモニターの選び方

サイズで選ぶ

ゲーミングモニターの画面サイズは、24~28インチのモデルが人気。30インチ以上のモデルもありますが、FPSなど動きが速いゲームの場合、画面領域が広すぎると隅々まで目で追うのが大変です。また、解像度が同じ4K(3840×2160)の場合、画面サイズが大きくなるほど画質は粗くなってしまいます。

さらに、プレイヤーとディスプレイとの距離も重要な要素。デスク上にディスプレイを設置してプレイする方なら27インチ前後、ソファに座ってディスプレイから離れた距離でプレイする方なら30インチ以上がおすすめです。

ゲーム以外でも動画編集やグラフィック系アプリを使用する方なら、作業領域を広く取れる大きめのサイズを選びましょう。また、ベゼルの面積が狭いほど全体のサイズがコンパクトになり、ゲームへの没入感も高まります。

応答速度で選ぶ

ゲーミングモニターの応答速度は、パソコンやゲーム機から出力された映像信号が実際に画面に表示されるまでにかかる時間で、ms(ミリ秒)という単位で表現します。例えば1msなら、0.001秒で画面が切り替わるということ。数字が小さいほどタイムラグが少なく、ゲームの展開に応じて素早く画面が切り替わっていきます。

また、応答速度(ms)は厳密には画面の色が白から黒、黒から白へ切り替わる速さのことです。メーカーによってはGtoG(Gray to Gray)という尺度を用い、中間色が切り替わる応答速度の目安にしています。実際のゲームは白と黒の切り替えより中間色の切り替えが多いので、GtoGの応答速度を重視するのもおすすめです。

リフレッシュレートで選ぶ

By: amazon.co.jp

リフレッシュレートは1秒間に表示できるコマ数で、Hz(ヘルツ)という単位で表します。一般的なPCモニターは60Hzで、1秒間に60コマを表示可能です。リフレッシュレートが高いほど画面の動きが滑らかになり、FPSなど動きが速いゲームで有利です。

また、パソコンやゲーム機が1秒間に送り出すコマ数をフレームレートと呼び、fpsという単位で表現します。PS4やSwitchといったゲーム機は60fpsが上限で、60Hzを超えるゲーミングモニターでもその性能をフルに発揮できないため注意が必要です。

パネルの種類で選ぶ

IPSパネル

IPSパネルは、水平に寝かせた液晶分子を横方向に回転させることでバックライトの光量を調節する方式です。視野角が広く、色再現性が高いので一般的なパソコンモニターでも広く使われています。

IPS方式のデメリットは、コストが高いことと応答速度があまり速くないこと。動きが速いゲームにはあまり向いていませんが、MMORPGなどグラフィックが美しいゲームを堪能したい方におすすめです。

VAパネル

By: iodata.jp

VAパネルは、電圧がオフのときに液晶分子が垂直、最大電圧のときに水平になることで光の量を調節する方式です。電圧オフにするとバックライトを完全に遮断できるので黒の表現に優れるほか、コントラスト比が高いことがポイント。まるで映画のような暗めの映像表現が多いゲームにおすすめです。

一方、応答速度が遅く、視野角も狭めなのがVA方式のデメリット。そのため、FPSなど動きが速いゲームには不向きです。

TNパネル

TNパネルは、電圧をかけることによって液晶分子がねじれて光の量を調節する方式です。ほかの方式に比べてコストが低いことが特徴で、多くのパソコンやスマートフォンのディスプレイに採用されています。

応答速度が速いという特性があるため、FPSなど動きが速いゲーム用のゲーミングモニターにおすすめです。一方、視野角が狭いというデメリットがあり、正面以外から画面を見たり複数人でゲームを楽しんだりといったスタイルを好む方は注意しましょう。

入力端子をチェック

By: iodata.jp

ゲーミングモニターの映像入力端子は、HDMIとDisplayPortの2方式が主流です。それぞれバージョンによって伝送可能な解像度とリフレッシュレートが異なります。

HDMIで現在主流のバージョン1.4の場合、4Kなら30Hz、フルHDなら144Hzまで対応。最新のバージョン2.1では、4K、フルHDともに240Hzまで対応しています。

DisplayPortでは現在主流となっているバージョン1.2の場合、4Kなら50Hz、フルHDなら240Hzまで対応。最新のバージョン1.4では、4Kが120Hz、フルHDが240Hzまで対応しています。

また、ゲーミングモニター側の端子だけでなく、デバイス側の端子とケーブルも各規格・バージョンに対応している必要があります。

HDR対応かチェック

By: amazon.co.jp

HDR(High Dynamic Range)は、従来のSDR(Standard Dynamic Range)と比べてより広く明るさの幅を表現できる技術です。SDRの場合、明るい部分を表現しようとすると暗い部分が黒つぶれし、暗い部分を表現しようとすると明るい部分が白飛びしてしまいます。

HDR技術を使うと暗い部分と明るい部分の両方を見やすく表現できるようになり、人間が肉眼で見ている光景に近い映像表現が可能です。そのため、ダークシーンが多いMMORPGやサバイバルホラーにおすすめです。

なお、HDRを楽しむためには、ゲームコンテンツもHDR対応として制作されている必要があります。

4Kゲーミングモニターのおすすめメーカー

エイスース(ASUS)

By: amazon.co.jp

ASUSは、台湾の台北市に本社を置くパソコンやスマートフォン、周辺機器のメーカー。日本国内でもノートパソコン「ZenBook」シリーズやスマートフォン「ZenFone」シリーズが人気です。

また、ゲーミングブランドとして「ROG」シリーズを展開。ゲーミングマウスやヘッドセットだけでなく、ゲーミングパソコンやビデオカード、ゲーミングルーターといったあらゆるゲーム関連製品をラインナップしています。

ゲーミングモニターのラインナップも豊富で、4Kかつ144Hz対応のモニターを開発しているなど、最先端の技術を追求。NVIDIA製GPUの「G-SYNC」に対応しているモデルもあり、高品質なゲーミングモニターを求めるプレイヤーに応える製品を発売しています。

ベンキュー(BenQ)

BenQは台湾の電気機器メーカーで、日本でもプロジェクターや液晶モニターなどの製品が人気です。プロフェッショナル向けの e-スポーツデバイスの開発を専門とするブランド「ZOWIE」を立ち上げ、ゲーミングモニターやゲーミングマウスを手掛けています。

4Kモニターのなかには、AMD FreeSyncテクノロジーを採用したモデルがラインナップされているのもポイント。ディスプレイのチラつきやカクつきを軽減できるので、スムーズな映像体験が得られるのも魅力です。

アイ・オー・データ(I-O DATA)

By: iodata.jp

アイ・オー・データは、石川県金沢市に本社を構える老舗の精密機器メーカーです。SSDやNASといったストレージ機器から、Wi-FIルーターやスイッチングハブといった通信機器まで、さまざまなパソコン周辺機器を製造しています。

ゲーミングモニターは、FPS向けとMMORPG向けの2ラインがある「GigaCrysta」シリーズと、コンソールゲーム機に適した「ギガクリライト」を展開。ゲーミングモニター製品はフルHD(1920×1080)が中心で、最高解像度のモデルでもUWQHD(3440×1440)ですが、パソコン用モニターとしては4Kモデル(3840×2160)もラインナップしています。

4Kゲーミングモニターのおすすめ|PC向け

エースース(ASUS) TUF Gaming VG28UQL1A

幅広いゲームに対応できる28インチの4Kゲーミングモニターです。応答速度は1msで、リフレッシュレートは144Hz。同社独自の「Fast IPSディスプレイ」を採用することで、素早い応答速度を実現しており、従来のIPSパネルが抱える応答速度の遅さを改善しています。

また、ゲームジャンルに合わせて適切な色彩設定を選択できる「GameVisual機能」を搭載。RACING・MOBA・RPG・FPSなどのプリセットが用意されています。

独自の「可変オーバードライブテクノロジー」を搭載しているのもポイント。フレームレートの変動が激しい、動きのあるゲームでも安定した映像体験を行えます。さまざまなジャンルのゲームをプレイしたい場合におすすめです。

エースース(ASUS) TUF Gaming VG289Q1A

価格を抑えながらも機能性に優れた28インチの4Kゲーミングモニターです。応答速度は5msで、リフレッシュレートは60Hz。プレイするゲームジャンルに合わせて適切なHDR技術を選択できます。加えて、米国の映画制作会社で構成される業界団体が定めた規格「DCI-P3」を90%カバー。比較的広範囲の色域を表現できます。

また、フリッカーフリー技術を搭載。フリッカーとは、輝度を調節するために目に見えない速さで点滅するチラつきのことです。目の疲労に繋がるとされていますが、本製品ならフリッカーを防げるため、長時間のプレイにも適しています。

さらに、人間工学に基づいたデザインを採用しています。ディスプレイの角度を左右−15°〜15°、前後−5°〜+20°まで調節可能。繊細な映像表現を行える、コスパに優れた製品を探している場合におすすめです。

ベンキュー(BenQ) ゲーミングモニター MOBIUZ EX2710U

優れた色彩表現と高品質なサウンドが特徴の27インチの4Kゲーミングモニターです。応答速度は1m/sで、リフレッシュレートは144Hz。ゲームの没入感を高められる同社独自のHDR技術「HDRi」を搭載しています。通常のHDRよりも広い色域をカバーしており、鮮やかな映像表現が可能です。

また、5Wサブウーファーを搭載した2.1chスピーカーを搭載。サブウーファーとは、低音のみを再生するスピーカーのことで、サウンドに厚みを持たせられます。加えて、5つのサウンドモードを搭載。シネマ・ライブ・FPS・スポーツ・レーシングのプリセットが用意されており、各ジャンルに適切なサウンドでゲームを楽しめます。

さらに、AIノイズキャンセリングマイクを搭載。AIがマウスやキーボード、周囲の話し声などのノイズを排除します。とにかく高画質でゲームをプレイしたかったり、ヘッドホンやマイクをつけずに、優れた映像・サウンド体験をしたかったりする場合におすすめです。

ベンキュー(BenQ) エンターテインメントモニター EW2880U

目を保護する機能を多く搭載している28インチの4kゲーミングモニターです。応答速度は5msで、リフレッシュレートは60Hz。周囲の明るさと色温度からモニターの設定を自動調節する独自技術や画面のチラつきを防ぐ「フリッカーフリー」技術および「FreeSyncテクノロジー」、目に疲労や刺激を与える「ブルーライト」を防ぐ技術などが搭載されています。

また、ゲームへの高い没入感を促すのも特徴。同社独自のHDRテクノロジー「HDRi」技術や高音から低音までしっかりと奏でる「treVoloスピーカー」を搭載しており、視覚および聴覚の両方から良質な情報を取り入れられます。

アイ・オー・データ(I-O DATA) GigaCrysta EX-LDGCU271DB

色鮮やかで繊細な映像表現を楽しめる27インチの4Kゲーミングモニターです。応答速度は4msで、リフレッシュレートは60Hz。映像にメリハリをつけながら、色を鮮やかに表現する「エンハンストカラー」機能と「エンハンストコントラスト」機能を搭載しています。暗い部分を暗く、明るい部分を明るく映し出し、くっきりとした映像体験が可能です。

また、映像を判別して明るさを自動的に調節する「CREX」機能を搭載。常に適切な明るさを維持できるため、より綺麗な色合いに感じられます。

上下左右178°の広視野角なADSパネルを採用しているのもポイント。見る位置や角度による映像の変化が少なく、どこから見ても鮮明に映し出します。MMORPGなどの美しい描写が魅力のゲームジャンルをプレイする場合におすすめです。

アイ・オー・データ(I-O DATA) ワイド液晶ディスプレイ EX-LD4K321VB

大画面ながらキメ細やかな映像体験を実現した31.5インチの4Kゲーミングモニターです。応答速度は3msで、リフレッシュレートは60Hz。米国の映画制作会社で構成される業界団体が定めた規格「DCI-P3」のカバー率90%を実現しています。加えて、液晶にVAパネルを採用することで、黒の表現がハッキリとしており、明暗が強調されやすいのも特徴的です。

また、HDR10に対応しています。従来のディスプレイだと、白くなりすぎたり黒くなりすぎたりで鮮明に見れなかった部分も、本製品なら細部まで映し出すことが可能です。

豊富な入力端子を備えているのもポイント。HDMI 1.4×2・HDMI 2.0・Displayport・アナログRGBの5つの端子を搭載しています。大画面かつ高画質でゲームをプレイしたり、動画編集やグラフィック系アプリを合わせて使用したりする場合におすすめです。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) UltraGear 27GP95R-B

ゲームプレイをサポートする機能が充実している27インチの4Kゲーミングモニターです。応答速度は1msで、リフレッシュレートは144Hz。遅延を最小限に抑える「DASモード」を搭載しています。

通常のモニターは、フレームバッファと呼ばれる記憶領域を通した後に映像が表示される仕組み。しかし、本製品は、フレームバッファを通さず、直接画面に出力可能なため、その分遅延を抑えられます。

また、暗いシーンの視認性が向上する「ブラックスタビライザー」機能を搭載。暗闇に隠れている敵も見つけやすく、より優位にゲームをプレイできます。HDRやDCI-P3などに対応しており、色鮮やかな映像体験も可能。機能性に優れた製品を探している場合におすすめです。

エイサー(Acer) SigmaLine KG281KAbmiipx

液晶にTNパネルを採用し、優れた応答速度を有している28インチの4Kゲーミングモニターです。応答速度は1msで、リフレッシュレートは60Hz。FPSやレースゲームなど動きの速いジャンルでも、遅延を抑えてプレイできます。

また、HDR10に対応。輝度の幅が広く、明暗部をハッキリと区別した表現が可能です。よりゲームへの没頭感を高められます。加えて、6軸カラー調節機能を搭載。従来のRGBに、シアン・マゼンタ・イエローを合わせた6色で色彩を表現できます。

接続端子は、HDMI 2.0×2とDisplayPort 1.2を搭載。安くて応答速度に優れている製品を探している場合におすすめです。

AOC ゲーミングモニター AG274UXP/11

高いリフレッシュレートを有している27インチの4Kゲーミングモニターです。応答速度は1m/sで、リフレッシュレートは160Hz。FPSやレースゲームなどの動きが激しいジャンルでも滑らかな映像で楽しめます。

また、液晶にNano IPSパネルを採用。色空間の国際標準規格「sRGB」を133%、米国の映画制作会社で構成される業界団体が定めた規格「DCI-P3」を102%カバーしており、美しい色彩表現を行えます。

搭載されている「Low Input Lag」機能により、USB機器の入力遅延を防ぐことも可能です。マウスやキーボード、コントローラーなどの操作をリアルタイムに反映しやすい仕様。高いリフレッシュレート下でプレイしたい場合におすすめです。

ジャパンネクスト(Japannext) 4K液晶モニター JN-IPS2801UHDR

4Kゲーミングモニターのなかでも、リーズナブルな28インチの製品です。応答速度は3msで、リフレッシュレートは60Hz。グラフィックに定評があるIPSパネルを採用しています。上下左右178°と広視野角な液晶で、正面以外からでも綺麗な映像を楽しむことが可能です。

また、HDRに対応していたり、色空間の国際標準規格「sRGB」を100%カバーしていたりと、色鮮やかな表現を行えるのも特徴。明暗部をハッキリと区別するため、よりリアル感のある色彩表現でゲームをプレイできます。

対応する接続端子も3つと豊富に用意。HDMI 1.4・HDMI 2.1・DPポートを搭載しています。とにかく安く4Kに対応したゲーミングモニターが欲しい場合におすすめです。

4Kゲーミングモニターのおすすめ|PS5 / PS4 Pro向け

ソニー(SONY) INZONE M9 SDM-U27M90

高コントラストの映像表現が魅力な27インチの4Kゲーミングモニターです。応答速度は1msで、リフレッシュレートは144Hz。LEDバックライトを液晶下に配置して、明暗の詳細な区別を可能にする「直下型LED部分駆動」を採用しています。暗いシーンでも奥行きを感じたり、細かい部分まで視認できたりなどの効果を期待可能です。

また、米国の映画制作会社で構成される業界団体が定めた規格「DCI-P3」を95%以上カバーします。合計で10.7億色の表示に対応しており、夕焼けなどのグラデーションも綺麗に表現可能です。

「オートHDRトーンマッピング」機能を搭載しているのもポイント。PS5本体のHDR調節を自動で行えます。コントラスト比を重視したい場合におすすめです。

FFF SMART LIFE CONNECTED 4Kゲーミングモニター FFF-LD28G3

プロゲーマー向けの性能を備えた28インチの4Kゲーミングモニターです。応答速度は4msで、リフレッシュレートは144Hz。液晶には、IPSパネルを採用しています。左右上下178°と広視野角で、さまざまな角度で見ても綺麗なゲーム画面を楽しむことが可能です。

また、外光が映り込みにくいノングレア加工が施されています。目の負担を抑えられるため、長時間プレイしても疲れを感じにくい設計です。

左右の角度を調節できる「スイベル」や前後の角度を調節できる「チルト」、また画面を回転できる「ピボット」などの機能を搭載。自分に合った角度でゲームをプレイできます。機能性に優れた製品を探している場合におすすめです。

ASTEX WIS 4K ゲーミングモニター AI-HKG28

3辺ベゼルレスフレームを採用しており、すっきりとした見た目が特徴の4Kゲーミングモニターです。応答速度は1msで、リフレッシュレートは144Hz。外枠のフレームの厚みがほとんどなく、液晶部分が広いため、より迫力のあるゲームプレイが可能です。

また、色鮮やかに表現できるHDRに対応。PS4 ProやPS5も同様にHDRに対応しているため、綺麗な映像でゲームを楽しめます。ゲームへの没入感を重視したり、将来的にデュアルディスプレイ環境を整えたりする場合におすすめです。