パソコンやゲーム専用機のゲームコンテンツを大迫力の画面で楽しめる「ゲーミングモニター」。最近では4Kコンテンツに対応するモデルも増えてきています。人気MMORPGなどの世界観に没入したいなら、4Kゲーミングモニターがおすすめです。

そこで今回は、4K対応ゲーミングモニターのおすすめモデルをご紹介。おすすめメーカーや選び方も解説するので、チェックしてみてください。

4Kゲーミングモニターの選び方

サイズで選ぶ

ゲーミングモニターの画面サイズは、24~28インチのモデルが人気。30インチ以上のモデルもありますが、FPSなど動きが速いゲームの場合、画面領域が広すぎると隅々まで目で追うのが大変です。また、解像度が同じ4K(3840×2160)の場合、画面サイズが大きくなるほど画質は粗くなってしまいます。

さらに、プレイヤーとディスプレイとの距離も重要な要素。デスク上にディスプレイを設置してプレイする方なら27インチ前後、ソファに座ってディスプレイから離れた距離でプレイする方なら30インチ以上がおすすめです。

ゲーム以外でも動画編集やグラフィック系アプリを使用する方なら、作業領域を広く取れる大きめのサイズを選びましょう。また、ベゼルの面積が狭いほど全体のサイズがコンパクトになり、ゲームへの没入感も高まります。

応答速度で選ぶ

By: asus.com

ゲーミングモニターの応答速度は、パソコンやゲーム機から出力された映像信号が実際に画面に表示されるまでにかかる時間で、ms(ミリ秒)という単位で表現します。例えば1msなら、0.001秒で画面が切り替わるということ。数字が小さいほどタイムラグが少なく、ゲームの展開に応じて素早く画面が切り替わっていきます。

また、応答速度(ms)は厳密には画面の色が白から黒、黒から白へ切り替わる速さのことです。メーカーによってはGtoG(Gray to Gray)という尺度を用い、中間色が切り替わる応答速度の目安にしています。実際のゲームは白と黒の切り替えより中間色の切り替えが多いので、GtoGの応答速度を重視するのもおすすめです。

リフレッシュレートで選ぶ

By: gigabyte.com

リフレッシュレートは1秒間に表示できるコマ数で、Hz(ヘルツ)という単位で表します。一般的なPCモニターは60Hzで、1秒間に60コマを表示可能です。リフレッシュレートが高いほど画面の動きが滑らかになり、FPSなど動きが速いゲームで有利です。

ゲーミングモニターでは144Hzや160Hz、240Hzがラインナップしていますが、現状では4Kで144Hz以上表示するゲーミングモニターはラインナップされていません。解像度を優先するかリフレッシュレートを優先するかをプレイスタイルに応じて決めましょう。

ちなみに、パソコンやゲーム機が1秒間に送り出すコマ数をフレームレートと呼び、fpsという単位で表現します。PS4やSwitchといったゲーム機は60fpsが上限で、60Hzを超えるゲーミングモニターでもその性能をフルに発揮できないため注意が必要です。

パネルの種類で選ぶ

IPSパネル

By: asus.com

IPSパネルは、水平に寝かせた液晶分子を横方向に回転させることでバックライトの光量を調節する方式です。視野角が広く、色再現性が高いので一般的なパソコンモニターでも広く使われています。

IPS方式のデメリットは、コストが高いことと応答速度があまり速くないこと。動きが速いゲームにはあまり向いていませんが、MMORPGなどグラフィックが美しいゲームを堪能したい方におすすめです。

VAパネル

By: lg.com

VAパネルは、電圧がオフのときに液晶分子が垂直、最大電圧のときに水平になることで光の量を調節する方式です。電圧オフにするとバックライトを完全に遮断できるので黒の表現に優れるほか、コントラスト比が高いことがポイント。まるで映画のような暗めの映像表現が多いゲームにおすすめです。

一方、応答速度が遅く、視野角も狭めなのがVA方式のデメリット。そのため、FPSなど動きが速いゲームには不向きです。

TNパネル

By: benq.com

TNパネルは、電圧をかけることによって液晶分子がねじれて光の量を調節する方式です。ほかの方式に比べてコストが低いことが特徴で、多くのパソコンやスマートフォンのディスプレイに採用されています。

応答速度が速いという特性があり、FPSなど動きが速いゲーム用のゲーミングモニターにおすすめです。一方、視野角が狭いというデメリットがあり、正面以外から画面を見たり複数人でゲームを楽しんだりといったスタイルを好む方は注意しましょう。

入力端子をチェック

By: amazon.co.jp

ゲーミングモニターの映像入力端子は、HDMIとDisplayPortの2方式が主流です。それぞれバージョンによって伝送可能な解像度とリフレッシュレートが異なります。

HDMIで現在主流のバージョン1.4の場合、4Kなら30Hz、フルHDなら144Hzまで対応。最新のバージョン2.1では、4K、フルHDともに240Hzまで対応しています。

DisplayPortでは現在主流となっているバージョン1.2の場合、4Kなら50Hz、フルHDなら240Hzまで対応。最新のバージョン1.4では、4Kが120Hz、フルHDが240Hzまで対応しています。

また、ゲーミングモニター側の端子だけでなく、デバイス側の端子とケーブルも各規格・バージョンに対応している必要があります。

HDR対応かチェック

By: asus.com

HDR(High Dynamic Range)は、従来のSDR(Standard Dynamic Range)と比べてより広く明るさの幅を表現できる技術です。SDRの場合、明るい部分を表現しようとすると暗い部分が黒つぶれし、暗い部分を表現しようとすると明るい部分が白飛びしてしまいます。

HDR技術を使うと暗い部分と明るい部分の両方を見やすく表現できるようになり、人間が肉眼で見ている光景に近い映像表現が可能です。そのため、ダークシーンが多いMMORPGやサバイバルホラーにおすすめです。

なお、HDRを楽しむためには、ゲームコンテンツもHDR対応として制作されている必要があります。

4Kゲーミングモニターのおすすめメーカー

エイスース(ASUS)

By: amazon.co.jp

ASUSは、台湾の台北市に本社を置くパソコンやスマートフォン、周辺機器のメーカー。日本国内でもノートパソコン「ZenBook」シリーズやスマートフォン「ZenFone」シリーズが人気です。

また、ゲーミングブランドとして「ROG」シリーズを展開。ゲーミングマウスやヘッドセットだけでなく、ゲーミングパソコンやビデオカード、ゲーミングルーターといったあらゆるゲーム関連製品をラインナップしています。

ゲーミングモニターのラインナップも豊富で、4Kかつ144Hz対応のモニターを開発しているなど、最先端の技術を追求。NVIDIA製GPUの「G-SYNC」に対応しているモデルもあり、高品質なゲーミングモニターを求めるプレイヤーに応える製品を発売しています。

ベンキュー(BenQ)

By: amazon.co.jp

BenQは台湾の電気機器メーカーで、日本でもプロジェクターや液晶モニターなどの製品が人気です。プロフェッショナル向けの e-スポーツデバイスの開発を専門とするブランド「ZOWIE」を立ち上げ、ゲーミングモニターやゲーミングマウスを手掛けています。

4Kモニターのなかには、AMD FreeSyncテクノロジーを採用したモデルがラインナップされているのもポイント。ディスプレイのチラつきやカクつきを軽減できるので、スムーズな映像体験が得られるのも魅力です。

アイ・オー・データ(I-O DATA)

アイ・オー・データは、石川県金沢市に本社を構える老舗の精密機器メーカーです。SSDやNASといったストレージ機器から、Wi-FIルーターやスイッチングハブといった通信機器まで、さまざまなパソコン周辺機器を製造しています。

ゲーミングモニターは、FPS向けとMMORPG向けの2ラインがある「GigaCrysta」シリーズと、コンソールゲーム機に適した「ギガクリライト」を展開。ゲーミングモニター製品はフルHD(1920×1080)が中心で、最高解像度のモデルでもUWQHD(3440×1440)ですが、パソコン用モニターとしては4Kモデル(3840×2160)もラインナップしています。

4Kゲーミングモニターのおすすめ|PC向け

エイスース(ASUS) TUF Gaming VG28UQL1A

IPSパネルで豊かな色彩を表現できる4K対応の28インチゲーミングモニター。リフレッシュレート144Hzと応答速度1msで、滑らかな動きに対応し、ゲームをプレイしやすいのがメリットです。

独自のゲーミング機能である「ASUS可変オーバードライブテクノロジー」を搭載。フレームレートの変動に合わせてオーバードライブ設定を変化させるので、あらゆるゲームに最適化しやすいモデルです。

また、IPSパネルを採用しているため、鮮やかで美しい映像を再現できるのも魅力。HDR対応による高コントラストな表現により、高い没入感でゲームを楽しめます。スピーカー内蔵のため外付けする必要がなく、デスク周りを省スペース化したい方におすすめです。

エイスース(ASUS) 4K DSCゲーミングモニター ROG Strix XG27UQ

ゲーミングブランドROGの4Kモニター。画質を保ったままフレームに合わせて、圧縮・解凍を行えるDisplay Stream Compression(DSC)技術により、高画質なゲームを楽しめます。

HDRに対応し、明暗をはっきりと表現できるのも魅力。まるで肉眼で見ているかのように再現できるため、暗闇に隠れた敵や些細な変化に気づきやすく、優位にプレイできます。サバイバル系の暗いシーンが多いゲームにピッタリです。

また、最大144Hzの高いリフレッシュレートで、シームレスな表現が可能。動きが速いゲームに対応しやすいのもメリットです。ゲームに特化した「GamePlus」機能により、カウントダウンタイマーやRTSゲームなどの経過時間を画面で確認できるため、FPSゲームをより快適に進めたい方におすすめです。

ベンキュー(BenQ) 4K ゲーミングモニター EL2870U

27.9インチの手頃な価格が魅力の4Kゲーミングモニター。高速な1msの応答速度と速い動きに対応できるTNパネルを採用しているため、FPSゲームにもピッタリです。ベンキュー独自技術「ブライトネスインテリジェンスPlus(B.I.)」を採用し、周囲に合わせて自動で画面の輝度や色温度を調節可能。長時間のゲームプレイによる目の疲労を軽減できます。

また、HDMI端子が2つ搭載されているため、使う機器によって抜いたり差したりする手間がかかりにくいのも魅力。PCやPS4など、家庭用ゲーム機を接続したままにでき便利です。複数の機器でゲームプレイしたい方におすすめのモデルです。

ベンキュー(BenQ) 32インチ 4K ビデオエンジョイメントモニター EW3280U

HDR対応の高画質・高音質が魅力の4Kモニターです。このモデルの魅力は、細部を洗練させる通常のHDRに加え、「GameHDRiモード」や「CinemaHDRiモード」により、それぞれのコンテンツにあった画像を楽しめること。彩度と色合いを強化し、鮮明なカラーバランスで没入感のある体験ができます。

また、2.1チャンネルスピーカーを内蔵しているため、シネマやゲーム、ライブなどさまざまなシーンでリアルなサウンドを体感可能。RPGをプレイする方や、映画など他のコンテンツも楽しみたい方におすすめです。

アイ・オー・データ(I-O DATA) 27型ゲーミングモニター EX-LDGCU271DB

ゲーミングモニターブランドGigaCrystaシリーズの27インチモデル。暗いゲームシーンでも鮮明に表示できる「Night Clear Vision」を搭載。暗闇で確認しにくい微妙な変化に気づきやすく、ゲームをより楽しめます。

「スルーモード」機能を搭載し、映像処理による信号遅延時間が約0.03フレームとわずかで、ズレが少ないのも魅力です。加えて、最大60Hzのリフレッシュレートに対応しているため、比較的滑らかな操作性が実現できます。オーバードライブ機能により4msの高速応答を実現でき、速さが勝敗を左右しやすいFPSにもおすすめです。

また専用スタンドは、ケーブルホルダーが搭載されているのもメリット。ごちゃつきやすいケーブルをすっきりとさせられます。

デル(Dell) 27インチ 4Kモニター S2721QS

大手PCメーカーのデルから発売されている、高品質で低価格のコスパに優れた4Kゲーミングモニター。視野角の広いIPSモニターを採用し、どの角度からも美しい4Kの映像を楽しめます。

sRGBカバー率99%の色域で、鮮やかな色彩を再現。細部まで鮮明に映し出せ、まるでそこにいるかのような、臨場感あふれる映像を楽しめます。デュアル3Wスピーカー内蔵のため、デスクをすっきりさせたい方にもぴったりです。

また、ドット抜けが1つでも見つかった場合には無償で交換してくれる、デル独自の「プレミアムパネル保証」付きなのも魅力。補償が手厚いため安心して使用できます。テクニカルサポートでトラブルにも迅速に対応し、保証もしっかりしているため、ゲーミングモニター初心者にもぜひ試して欲しいモデルです。

エイサー(Acer) ゲーミングモニター SigmaLine 28インチ 4K KG281KAbmiipx

ゲームPUBGの公式大会の公認モニターとして、プロにも人気のメーカーエイサーのTNパネルを採用した4Kゲーミングモニター。応答速度1msで動きの速い映像に対応し、28インチ4Kの高画質ながら、比較的低価格なのが魅力です。

AMD Radeon FreeSyncテクノロジーを搭載し、画像の表示遅延やかくつきを抑えた映像で、プレイのストレスを感じにくいのもメリット。8種類のゲームジャンルに合わせて映像を切り替えるGameモードを搭載し、さまざまなゲームに適した環境で他より優位にプレイできます。

また、11段階に黒の強弱を設定できるブラック・ブースト機能により、視認性を高めやすく見えにくい暗がりの変化に対応しやすいのもおすすめポイントです。4Kでコスパに優れたモデルを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) ゲーミングモニター 27インチ 27GP950-B

韓国に本社を構える電気業界の大手メーカーLGエレクトロニクスの、次世代規格HDMI2.1端子を搭載した人気の4Kゲーミングモニターです。独自技術「Nano IPSテクノロジー」を採用し、通常のIPSよりも更に鮮明で明るく、彩度の高い色を再現。表現力が高いため、リアリティのあるゲームを楽しめます。

また、応答速度は1msに対応しているため、美しい映像表現に加え高速な動きにも対応。かくつきを抑え残像が残りにくく、FPS系のゲームも比較的スムーズに行えます。

DisplayPort接続の場合のリフレッシュレートは、最大144Hzを実現。PS5やXbox Series Xなどを接続できるHDMIポートでも、最大120Hzの表示が可能です。PCと家庭用ゲーム機の両方を、余す所なく楽しめます。スペックが充実しているため、ゲームはもちろん、クリエイティブな作業で使いたい方にもおすすめです。

ギガバイト(GIGABYTE) 4Kモニター M32U

老舗PC・PCパーツメーカーギガバイトの4Kゲーミングモニターです。リフレッシュレート144Hzで、ぶれやすい高速な動きも捉えやすいのが特徴。応答速度も高速な1msで、コントローラーや入力キーの反応が速く、音と映像のずれも少ないため実力が発揮しやすいのもメリットです。

また、IPSパネルやHDR対応により、白飛びや黒潰れを抑えた再現率の高い鮮やかな色で、豊かな色の表現が可能。実際の見え方に近い映像で、ゲームへの没入感を体験できます。

USBハブ機能を搭載しているため、モニターのUSB Type-Aポートにキーボードやマウス、コントローラーなどの接続が可能。PCを切り替えてもそのまま使える「KVM機能」付きなので、仕事でもプライベートでも使用したい方にぴったりです。

JAPANNEXT 31.5型 4Kゲーミングモニター JN-315IPS144UHDR

HDR対応で解像度3840×2160の4Kゲーミングモニター。一般的な27インチよりも大きい31.5型で、迫力のある映像を楽しめます。ゲームモードをゲーム・FPS・RTSの3種類から選べ、適したゲーム設定で他より優位にプレイできるのもメリットです。

144Hzの高いリフレッシュレートに対応し、滑らかな動きを再現。HDMI2.1の120Hz対応ポートに接続すれば、PS5やXboxなどの家庭用ゲーム機も、4Kモニターの高グラフィックで没入感のあるゲーム体験が可能です。

液晶パネルは反射防止のアンチグレアのため、照明や太陽の光の反射で画面が見えにくくなるのを防げます。また、モニターのちらつきを抑えるフリッカーフリー機能と、ブルーライト軽減機能を搭載。長時間ゲームを楽しみたい方にもおすすめです。

4Kゲーミングモニターのおすすめ|PS5 / PS4 Pro向け

アイ・オー・データ(I-O DATA) 4Kモニター EX-LD4K432DB

明るい箇所や暗い箇所も見やすく再現

高視野角なADSパネルを採用した4K対応モニター。HDR10に対応しており、明るい箇所や暗い箇所も見やすく再現されるので、幅広い色表現を楽しめます。コンテンツに応じた画面モードも用意されており、ゲームに適した設定を適用可能です。

豊富な入力端子を搭載しており、複数のPCやゲーム機と接続できます。リモコンが付属しているので、各種設定は離れた位置からでも調節可能。コンテンツを判別し、自動で輝度を調節する機能も搭載されています。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) フレームレスモニター 4K VAパネル 31.5インチ 32UN500-W

高コントラストのVAパネルを搭載した、31.5インチの4Kゲーミングモニター。HDR10に対応し、明るい部分や暗い部分を再現しやすいのが特徴です。sRGBよりも広色域であるDCI-P3カバー率90%で、きめの細やかな表現をリアルに描写し、見えにくさも軽減できます。

映像出力は、全て4K60Hzに対応。HDMIポートを2つ、DisplayPortを1つ搭載しているので、PS4やPS5、Switchなどの家庭用ゲーム機やPCを複数台接続したい方にもおすすめです。

また、ちらつきの発生を抑制するフリッカーセーフや、紙に近い色温度で表示するブルーライト軽減モードを採用。長時間の使用でも、比較的目の負担を減らせます。内蔵スピーカーには、大容量の5W+5Wのステレオスピーカーを搭載し、迫力のあるサウンドを楽しみたい方にもぴったりです。

ギガバイト(GIGABYTE) AORUS Gaming Monitor FV43U

大画面で4Kタイトルを思う存分楽しみたい方におすすめのゲーミングモニターです。43インチの大型VAパネルを搭載。コントラスト比が高いため、洞窟や建物内などの暗いシーンでも見やすく、索敵行動が容易におこなえます。

HDMI 2.1に対応しており、最大144Hzのリフレッシュレートで表示が可能。PS5など4K120Hz出力に対応するゲーム機なら、よりスムーズな映像でゲームを楽しめます。

そのほか、インターフェースが充実しているので、映画や動画を観賞するといった用途などにもピッタリです。

デル(Dell) ALIENWARE 55インチゲーミングモニター AW5520QF

55インチの大型ゲーミングモニター。4Kの有機ELパネルを採用しており、黒が発光しない特性により高いコントラストを実現しています。ベゼルがほとんど目立たないスタイリッシュな形状なので、デザイン性の高さも魅力のひとつです。

応答速度は0.5msと非常に高速。4K解像度ながら120Hzのリフレッシュレートにも対応し、高速で滑らかな表示が可能です。AMD FreeSync PremiumとNVIDIA G-Syncに互換性があるので、直感的な思い通りのプレイができます。

3つのHDMIと1つのDisplayPortを搭載しているため、PCのほか複数のゲーム機も同時に接続可能。リモコンを使用して、離れた位置からでも簡単に設定をカスタマイズできます。大型の4Kゲーミングモニターに興味がある方は、ぜひチェックしてみてください。

エムエスアイ(MSI) 4Kゲーミングモニター Optix MAG321CURVJP

31.5インチの湾曲パネルを採用した4Kゲーミングモニターです。ゲーム時の没入感を重視する方におすすめのモデル。最小限の視線移動で多くの画面情報が把握できるため快適にプレイできます。

最大60Hzのリフレッシュレートによる4K映像の表示が可能など、家庭用のゲーム機にピッタリのモデルです。

また、インターフェースにはHDMIとDisplayPortに加え、給電機能を備えたUSB Type-Cを採用しているのが特徴。Type-Cポート搭載のノートパソコンなら、ケーブル1本で映像を出力しながら充電がおこなえます。気になる方はチェックしてみてください。