パソコンやゲーム専用機のゲームコンテンツを大迫力の画面で楽しめる「ゲーミングモニター」。最近では4Kコンテンツに対応するモデルも増えてきています。人気MMORPGなどの圧倒的に美しい世界観に没入したいなら、4Kゲーミングモニターがおすすめです。

そこで今回は、4K対応ゲーミングモニターのおすすめモデルをご紹介。おすすめメーカーや選び方も解説するので、チェックしてみてください。

4Kゲーミングモニターの選び方

サイズで選ぶ

ゲーミングモニターの画面サイズは、24~28インチのモデルが人気です。30インチ以上のモデルもありますが、FPSなど動きが速いゲームの場合、画面領域が広すぎると隅々まで目で追うのが大変です。また、解像度が同じ4K(3840×2160)の場合、画面サイズが大きくなるほど画質は粗くなってしまいます。

さらに、プレイヤーとディスプレイとの距離も重要な要素。デスク上にディスプレイを設置してプレイする方なら27インチ前後、ソファに座ってディスプレイから離れた距離でプレイする方なら30インチ以上がおすすめです。

ゲーム以外でも動画編集やグラフィック系アプリを使用する方なら、作業領域を広く取れる大きめのサイズを選びましょう。また、ベゼルの面積が狭いほど全体のサイズがコンパクトになり、ゲームへの没入感も高まります。

応答速度で選ぶ

By: asus.com

ゲーミングモニターの応答速度は、パソコンやゲーム機から出力された映像信号が実際に画面に表示されるまでにかかる時間で、ms(ミリ秒)という単位で表現します。例えば1msなら、0.001秒で画面が切り替わるということ。数字が小さいほどタイムラグが少なく、ゲームの展開に応じて素早く画面が切り替わっていきます。

また、応答速度(ms)は厳密には画面の色が白から黒、黒から白へ切り替わる速さのことです。メーカーによってはGtoG(Gray to Gray)という尺度を用い、中間色が切り替わる応答速度の目安にしています。実際のゲームは白と黒の切り替えより中間色の切り替えが多いので、GtoGの応答速度を重視するのもおすすめです。

リフレッシュレートで選ぶ

By: asus.com

リフレッシュレートは1秒間に表示できるコマ数で、Hz(ヘルツ)という単位で表します。一般的なPCモニターは60Hzで、1秒間に60コマを表示可能です。リフレッシュレートが高いほど画面の動きが滑らかになり、FPSなど動きが速いゲームで有利です。

ゲーミングモニターでは144Hzや160Hz、240Hzがラインナップしていますが、現状では4Kで144Hz以上表示するゲーミングモニターはラインナップされていません。解像度を優先するかリフレッシュレートを優先するかをプレイスタイルに応じて決めましょう。

ちなみに、パソコンやゲーム機が1秒間に送り出すコマ数をフレームレートと呼び、fpsという単位で表現します。PS4やSwitchといったゲーム機は60fpsが上限で、60Hzを超えるゲーミングモニターでもその性能をフルに発揮できないため注意が必要です。

パネルの種類で選ぶ

By: benq.com

IPSパネル

IPSパネルは、水平に寝かせた液晶分子を横方向に回転させることでバックライトの光量を調節する方式です。視野角が広く、色再現性が高いので一般的なパソコンモニターでも広く使われています。

IPS方式のデメリットは、コストが高いことと応答速度があまり速くないこと。動きが速いゲームにはあまり向いていませんが、MMORPGなどグラフィックが美しいゲームを堪能したい方におすすめです。

VAパネル

VAパネルは、電圧がオフのときに液晶分子が垂直、最大電圧のときに水平になることで光の量を調節する方式です。電圧オフにするとバックライトを完全に遮断できるので黒の表現に優れるほか、コントラスト比が高いことがポイント。まるで映画のような暗めの映像表現が多いゲームにおすすめです。

一方、応答速度が遅く、視野角も狭めなのがVA方式のデメリット。そのため、FPSなど動きが速いゲームには不向きです。

TNパネル

TNパネルは、電圧をかけることによって液晶分子がねじれて光の量を調節する方式です。ほかの方式に比べてコストが低いことが特徴で、多くのパソコンやスマートフォンのディスプレイに採用されています。

応答速度が速いという特性があり、FPSなど動きが速いゲーム用のゲーミングモニターにおすすめです。一方、視野角が狭いというデメリットがあり、正面以外から画面を見たり複数人でゲームを楽しんだりといったスタイルを好む方は注意しましょう。

入力端子をチェック

By: iodata.jp

ゲーミングモニターの映像入力端子は、HDMIとDisplayPortの2方式が主流です。それぞれバージョンによって伝送可能な解像度とリフレッシュレートが異なります。

HDMIで現在主流のバージョン1.4の場合、4Kなら30Hz、フルHDなら144Hzまで対応。最新のバージョン2.1では、4K、フルHDともに240Hzまで対応しています。

DisplayPortでは現在主流となっているバージョン1.2の場合、4Kなら50Hz、フルHDなら240Hzまで対応。最新のバージョン1.4では、4K が120Hz、フルHDが240Hzまで対応しています。

また、ゲーミングモニター側の端子だけでなく、デバイス側の端子の規格バージョンとケーブルも対応していることが必要です。

HDR対応かチェック

By: benq.com

HDR(High Dynamic Range)は、従来のSDR(Standard Dynamic Range)と比べてより広く明るさの幅を表現できる技術です。SDRの場合、明るい部分を表現しようとすると暗い部分が黒つぶれし、暗い部分を表現しようとすると明るい部分が白飛びしてしまいます。

HDR技術を使うと暗い部分と明るい部分の両方を見やすく表現できるようになり、人間が肉眼で見ている光景に近い映像表現が可能です。そのため、ダークシーンが多いMMORRPGやサバイバルホラーにおすすめです。

なお、HDRを楽しむためには、ゲームコンテンツもHDR対応として制作されている必要があります。

4Kゲーミングモニターのおすすめメーカー

エイスース(ASUS)

By: asus.com

ASUSは、台湾の台北市に本社を置くパソコンやスマートフォン、周辺機器のメーカー。日本国内でもノートパソコン「ZenBook」シリーズやスマートフォン「ZenFone」シリーズが人気です。

また、ゲーミングブランドとして「ROG」シリーズを展開。ゲーミングマウスやヘッドセットだけでなく、ゲーミングパソコンやビデオカード、ゲーミングルーターといったあらゆるゲーム関連製品をラインナップしています。

ゲーミングモニターのラインナップも豊富で、4Kかつ144Hz対応のモニターを開発しているなど、最先端の技術を追求。NVIDIA製GPUの「G-SYNC」に対応しているモデルもあり、最高のゲーミングモニターを求めるプレイヤーに応える製品を発売しています。

ベンキュー(BenQ)

By: benq.com

BenQは台湾の電気機器メーカーで、日本でもプロジェクターや液晶モニターなどの製品が人気です。プロフェッショナル向けの e-スポーツデバイスの開発を専門とするブランド「ZOWIE」を立ち上げ、ゲーミングモニターやゲーミングマウスを手掛けています。

4Kモニターのなかには、AMD FreeSyncテクノロジーを採用したモデルがラインナップされているのもポイント。ディスプレイのチラつきやカクつきを軽減できるので、スムーズな映像体験が得られるのも魅力です。

アイ・オー・データ(I-O DATA)

By: iodata.jp

アイ・オー・データは、石川県金沢市に本社を構える老舗の精密機器メーカーです。SSDやNASといったストレージ機器から、Wi-FIルーターやスイッチングハブといった通信機器まで、さまざまなパソコン周辺機器を製造しています。

ゲーミングモニターは、FPS向けとMMORPG向けの2ラインがある「GigaCrysta」シリーズと、コンソールゲーム機に適した「ギガクリライト」を展開。ゲーミングモニター製品はフルHD(1920×1080)が中心で、最高解像度のモデルでもUWQHD(3440×1440)ですが、パソコン用モニターとしては4Kモデル(3840×2160)もラインナップしています。

4Kゲーミングモニターのおすすめ|PC向け

エイスース(ASUS) ゲーミングモニター ROG Swift PG27UQ

リフレッシュレートを最大144Hzまでオーバークロック可能な27インチの4K対応ゲーミングモニター。DispalyHDR 1000認証を受けたゲーミングモニターで、明るさの幅が広い映像表現がポイントです。

さらに、NVIDIA製GPUが搭載するG-SYNC技術に対応。ビデオカード側でモニターの書き換えタイミングをコントロールするので、カクつきやチラつきが少ないスムーズなゲーム画面が実現します。

映像入力インターフェイスには、HDMI2.0およびDisplayPort1.4と最新の規格を採用。ハイエンドゲーミングパソコンだけでなく、次世代ゲーム機にも対応可能。コストは高くても、最高のゲーミング環境を作りたい方におすすめのモデルです。

エイスース(ASUS) ゲーミングモニター ROG Swift PG35VQ

35インチウルトラワイドの湾曲ディスプレイゲーミングモニターです。最大解像度はUWQHDで、オーバークロックによりリフレッシュレート200Hzまで対応。2msの応答速度とあいまって、非常に滑らかなゲーミングビジュアルが実現します。

また、DisplayHDR 1000規格に対応し、暗部から明部までの鮮明な映像表現もポイント。VAパネルを採用した大画面モニターはHDRモードでコンストラスト比が500000 :1と高く、独特の雰囲気のあるゲームの世界に没入したい方におすすめです。

さらに、ゲームのジャンルに合わせて最適な表示モードを6つのプリセットから選べる「GameVisual」機能を搭載。レーシングやFPS、MOBAなどそれぞれのプレイに適したホットキーやOSDメニューを瞬時に切り替えられるので便利です。

アイ・オー・データ(I-O DATA) ワイド液晶ディスプレイ LCD-M4K321XVB

上下左右178°の広視野角VAパネルを搭載した31.5インチの4Kモニターです。フルHDに比べて4倍の表示エリアを誇る4K UHD(3840×2160)を、リフレッシュレート60Hzで表示できることがポイント。PS4やSwitchなどゲーム専用機との接続におすすめです。また、「ファイナルファンタジーXIV」Windows版の推奨ディスプレイにも指定されています。

HDR10に対応しているので、HDRコンテンツを堪能できることも嬉しいポイント。ゲームだけでなく、ブルーレイディスクやストリーミング動画の再生にも適しています。

さらに、映像入力インターフェィスにはHDMIとDisplayPortだけでなく、アナログRGB端子を搭載しているのも魅力のひとつ。エンターテイメントだけでなく、ビジネスシーンでも活用できるモデルです。

アイ・オー・データ(I-O DATA) ワイド液晶ディスプレイ LCD-M4K271XDB

IPSパネルと同じ動作原理の色彩豊かなADSパネルを採用した27インチの4Kモニターです。4KやフルHDのコンテンツを表示できるだけでなく、SD (1280×720)など低解像度のコンテンツでもくっきり美しく表現する「超解像技術」を搭載していることがポイント。リフレッシュレートは60Hzで、ゲーム機での使用に適しているほか、「ファイナルファンタジーXIV」Windows版の推奨ディスプレイにも指定されています。

また、「ゲーム」や「WEB」「あざやか」などコンテンツに適した表示設定がプリセットされている画面モードも魅力のひとつ。使用用途に応じてエンターテイメントからテレワークまで、幅広くモニターを使う方に適しています。さらに、目の負担をやわらげるフリッカーレス設計や、エコを実感できる省電力機能など、健康と環境に配慮したエシカルな製品です。

4Kゲーミングモニターのおすすめ|PS4/PS4 Pro向け

エイスース(ASUS) ゲーミングモニター VP28UQG

4K UHD対応の28インチTNパネルゲーミングモニターです。リフレッシュレートは60Hzと標準的ですが、GtoGの応答速度が1msと高速で、ゲーミングパットからの操作に画面が瞬時に反応。画面にキャラクターの残像が残らず、快適にプレイできます。

映像入力インターフェイスにはHDMI2.0とDisplayPort1.2を採用し、4K UHDをネイティブにサポート。また、画面上に標準を表示する「Crosshair」など「GamePlus」機能を搭載し、よりゲームに没入できます。

長時間のプレイでも疲れにくいブルーライト軽減機能とフリッカーフリー機能を備えていることも嬉しい特徴。4Kによる美しいゲーム映像を手軽な価格で楽しみたい方におすすめの1台です。

エイスース(ASUS) ゲーミングモニター ROG Swift PG27AQ

発色に優れたIPSパネル採用の27インチ4K対応ゲーミングモニターです。視野角が水平、垂直方向共に178°と広いので、正面以外からの角度でも美しい映像を楽しめることがポイント。G-SYNC技術を搭載したNVIDIA製GPUを使えば、スムーズなゲーム画面が実現します。

映像入力インターフェイスにはHDMI1.4とDisplayPort1.2を採用。USB 3.0ポートも搭載しているので、ディスプレイにコントローラーなどを接続して使うこともできます。

また、ベゼルが非常に細くデザインされているので、3画面を使ったマルチディスプレイにもおすすめ。パソコンゲーマーやオーバークロッカーにおすすめのモデルです。

ベンキュー(BenQ) ゲーミングモニター EL2870U

TNパネルを採用して1msの応答速度を実現した28インチの4K対応ゲーミングモニターです。画面下部のシンプルなホットキーで、4つのレベルのHDRを切り替えられるのがポイント。HDRモードとBI+モードの組み合わせにより、プレイしているゲームに適した明るさを選択できます。

リフレッシュレートは60Hzで、PS4やSwitchなどゲーム専用機との相性良好。「AMD FreeSync」技術を搭載し、流れるようにスムーズなゲーム体験が楽しめます。また、目を保護する「Eye-Care」技術により、長時間のゲームプレイも快適です。

映像入力インターフェィスはDisplayPort1.4に加え、HDMI2.0を2ポート搭載。複数のデバイスを同時接続するシステムを簡単に構築できます。ゲーム機とゲーミングパソコンを併用する方にもおすすめのモデルです。

ベンキュー(BenQ) ゲーミングモニター EW3270U

VAパネルを採用し、コントラスト比が3000:1とメリハリのある画像を実現した、31.5インチの4Kゲーミングモニターです。リフレッシュレートが60Hzで、PS4やPS4 PROから出力される60fpsのフレームレートを表示可能。4Kの美しいゲーム映像を、31.5インチの大画面で楽しめます。

また、HDR機能を搭載しており、鮮やかな明るさと深みのあるコントラストを味わえるのもポイント。さらに「Brightness Intelligence Plus」機能を加え、目の疲れを軽減しながら美しいゲーム画面を堪能できます。

映像入力インターフェイスにはHDMI2.0とDisplayPort1.4に加え、USB Type-Cを採用。スマートフォンやタブレットにも対応します。広いリビングルームでソファに座ってゲーム専用機をプレイする方におすすめのモデルです。

エイサー(Acer) ゲーミングモニター ET322QKwmiipx

コントラスト比に優れたVAパネル搭載の31.5インチ4K対応ゲーミングモニターです。HDR10対応の「Acer HDR Ready」技術を採用し、明部と暗部がくっきりした深みのある映像を実現。また、AMD FreeSyncテクノロジー搭載で動きの速いシーンも滑らかに描画します。

水平、垂直ともに178°の高視野角を有しているのも特徴です。さらに、フリッカーレス・テクノロジーとブルーライトシールドを搭載し、長時間のゲームプレイでも目の疲労を軽減。目の負担を抑えながら長時間プレイしたい方におすすめです。

映像入力インターフェイスにはHDMI2.0を2ポートおよびDisplayPortを搭載。ノートパソコンからデスクトップ、ゲーム専用機まで幅広く接続可能です。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) ゲーミングモニター 27UL500

視野角が広く色再現性が高いIPSパネルを採用した27インチのゲーミングモニターです。4K UHDの高解像度をフレームレート60Hzで表示。HDR10に対応し、より高画質なゲーム画面を楽しめるのがポイントです。

また、「AMD RADEON FreeSyncテクノロジー」に対応し、グラフィックボードとモニター間で映像信号をコントロール。コンテンツのフレームレートとモニターのリフレッシュレートを同期させ、チラつきやカクつきを軽減します。さらに、FPSやRTSなどジャンルに合わせたゲーミングモードが用意されており、ゲームに合わせた最適なセッティングが可能です。

映像入力インターフェイスには、HDMIを2ポートおよびDisplayPortを採用。PS4やSwitchなど、さまざまなデバイスのゲームを楽しめます。複数のゲーム機をプレイしている方にもおすすめのモデルです。

恵安(KEIAN) ゲーミングモニター KWIN28

最大解像度が4K UHDでリフレッシュレートが60Hzの28インチゲーミングモニターです。GtoGの応答速度が5msで、さらに応答速度モードをオンにすれば2msまでブースト可能。FSPやレーシングゲームなど、動きが速いゲームにも適しています。

また、HDR対応やFree Sync対応により、滑らかで美しいゲーム画面が実現。さらに、フリッカーフリー設計やブルーライトカット機能なども搭載しています。

映像入力インターフェイスはHDMI2.0、HDMI1.4を2ポート、DisplayPort1.2の3種類を採用し、さまざまな種類、世代のデバイスを接続可能。現在使っているゲーム機だけでなく、次世代ゲーム機での使用も考えている方にもおすすめのモデルです。