移動中でもスマートに音楽が聞けるBluetooth対応の「ワイヤレスヘッドホン」。さまざまなメーカーから発売されており、音質や機能も多種多様なので、自分に合ったモデルを選ぶのはなかなか難しいものです。

そこで今回は、Bluetoothに対応するワイヤレスヘッドホンのおすすめモデルをご紹介します。初めて購入を検討している方はもちろん、買い替えを考えている方もぜひチェックしてみてください。

Bluetooth対応ワイヤレスヘッドホンの選び方

対応コーデックで選ぶ

By: amazon.co.jp

コーデックとは、オーディオ信号をワイヤレス伝送する際、元データを圧縮するときの圧縮形式を意味します。コーデックには種類があり、送信側と受信側の双方で対応していなければ使用できません。

「SBC」コーデックはBluetooth対応のワイヤレスヘッドホンなら標準対応しているため、どの機器でも使えます。ただし、SBCは圧縮率が高く音質が低めなので、音質にこだわる方はより高音質なコーデックを選びましょう。

高音質で伝送可能なコーデックはいくつかありますが、iPhoneをはじめとしたiOS機に採用されている「AAC」のほか、高音質なコーデックのなかでも高い圧縮効率と再現性をもつ「LDAC」、Android端末などをはじめとして対応機器数が多い「aptX」などがおすすめです。

ヘッドホン本体の音質で選ぶ

By: amazon.co.jp

ヘッドホン自体の音質は、主に振動板(ドライバー)の大きさと、ハウジングの体積に大きく影響されます。例えば、小型機に多い30mm径と大型である40mm径以上のドライバーでは40mm径以上のほうが高音質です。

再生周波数がハイレゾ対応の40kHzまで対応しているかどうかもポイント。なお、音質に関しては、重低音重視のモデルや高音までしっかりカバーしているアイテムなど、製品によって傾向が異なるので、自分の聴く音楽のジャンルや趣味嗜好に合った特徴のヘッドホンを探すのが重要です。

機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

最近のワイヤレスヘッドホンは、多機能化されたモデルが多くラインナップされています。スタミナ重視であれば、連続再生時間が長いモデルがおすすめです。また、集中して音楽を聴きたい場合は「ノイズキャンセリング」があると便利。高音質重視であれば、ハイレゾ音源対応モデルを選びましょう。

また、通勤通学で使用するのか、アクティブなシーンで使用するのかなど利用するシーンによっても選び方は異なるので、購入を検討する際は事前にどんな場面で使うのかを確認しておきましょう。

用途で選ぶ

By: amazon.co.jp

屋外で持ち歩いて使用することがメインという場合は、本体が小さく、軽量で折りたたみ可能なタイプがおすすめです。また、バッテリーの持続時間も重視しましょう。

移動中に聴くことが多いなら、ノイズキャンセリング機能付きがおすすめです。通話ができるマイク機能の有無も必要に応じてチェックしましょう。

屋内での使用がメインの場合は、音質を重視した大型モデルがおすすめ。音の奥行きや情報量、スケール感が存分に楽しめます。CDを超える高品位なハイレゾ音源再生に対応するかもチェックポイントです。また、長時間使用する場合は装着感も重視しましょう。

なお、音楽視聴だけでなくPS4といったゲーム機でもBluetooth対応モデルを活用したい方は、サウンドの遅延にも配慮しましょう。特に遅延が少ない「aptX LL」コーデック対応のヘッドホンがおすすめです。この場合、送信側の機器にも「aptX LL」に対応したトランスミッターを使用する必要があります。

ワイヤレスヘッドホンのおすすめメーカー

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

ソニーは、スマートフォン・ゲーム機・オーディオ機器などを展開しているメーカーです。ヘッドホンに関しては、ハイレゾ音源に対応しているモデルやBluetoothで伝送する際の高音質コーデック「LDAC」に対応している機種などをラインナップしています。

しっかり音を聴き取れるクリアなBluetooth対応のワイヤレスヘッドホンを探している方は要チェックです。

オーディオテクニカ(audio-technica)

By: amazon.co.jp

日本を代表するヘッドホンメーカーのひとつであるオーディオテクニカは、幅広い価格帯で豊富な製品ラインナップを揃えています。国内メーカーとしては珍しく、開放型を多く展開しているのがポイントです。

音質の傾向としては、やや高音が強調された爽やかなサウンドが持ち味。幅広い音楽ジャンルに対応できるワイヤレスヘッドホンを探している方におすすめです。

ボーズ(Bose)

By: amazon.co.jp

ボーズはスピーカーやヘッドホンなど音響機器を展開しているメーカー。独自のチューニングと多数の特許技術には定評があり、全体的に聴きごたえのある心地よいサウンド作りをしているのが特徴です。

重低音のほか、声の帯域である中音域がクリアなモデルもラインナップされているので、汎用性の高いワイヤレスヘッドホンを探している方はぜひ抑えておきたいメーカーです。

ビーツ(Beats)

By: amazon.co.jp

スタイリッシュかつクールなデザインとおしゃれなカラーリングが特徴のビーツ。音楽業界だけでなく、アスリートやモデルなど多くのセレブに愛用されているのもポイントで、ファッションアイコンとしてのステータスも確立しているメーカーです。

音質も良好で、特に重低音重視の方におすすめ。ブランドはアップルの傘下なので、同メーカー製品との互換性も考慮したい方はぜひチェックしておきましょう。

ワイヤレスヘッドホンのおすすめモデル|1万円以下

ソニー(SONY) ワイヤレスステレオヘッドセット MDR-XB650BT

ソニー(SONY) ワイヤレスステレオヘッドセット MDR-XB650BT

重低音を重視する方におすすめのワイヤレスヘッドホンです。密閉性を高めたベース・ブースターを採用。ポップス・ロック・EDMなどのグルーヴ感をしっかり感じられます。

aptX・AACコーデックに対応しており、さまざまなデバイスにつないで高音質再生が可能です。4時間充電で約30時間の連続再生が可能と、バッテリー持ちも優秀。コンパクトに持ち運べるスイーベル機構で、通勤・通学などでの使用にも適しています。

また、耳元のボタンで簡単な操作が可能。NFC機能にも対応しており、ワンタッチでデバイスと接続できます。マイクも付いているため、ハンズフリー通話にもおすすめです。

パナソニック(Panasonic) ステレオヘッドホン RP-HTX80B

パナソニック(Panasonic) ステレオヘッドホン RP-HTX80B

ユニークなハウジングデザインが目を引くワイヤレスヘッドホンです。ワントーンでまとめたユニセックスデザインで、ファッション性重視の方におすすめ。さまざまなファッションに馴染みます。

サウンドは全体的に音の輪郭がはっきりとしており、ベースラインもはっきりと聴こえるのが特徴。アコースティック・ベース・コントロールによって、歪みの少ない低音を再生できます。AACコーデックに対応なので、Androidユーザーにおすすめです。

また、耳元のボタンで簡単な操作が可能。マイク付きでハンズフリー通話にも便利です。連続24時間再生可能と、バッテリー持ちにも優れています。通勤・通学などで使用する方にもおすすめです。

オーディオテクニカ(audio-technica) ワイヤレスヘッドホン ATH-WS330BT

オーディオテクニカ(audio-technica) ワイヤレスヘッドホン ATH-WS330BT

重低音を重視したソリッドバスシリーズのワイヤレスヘッドホンです。キレのあるサウンドが特徴。中高音域もクリアで、ボーカルもはっきりと聴こえます。

特にバッテリー持ちがよく、1回の充電で最大70時間の連続再生が可能。クイックチャージにも対応しており、約10分の充電で約4時間の連続再生ができます。

さらに、電池残量が少なくなるとアナウンスで知らせる機能も搭載。機器との接続が切れると、5分後に自動でパワーオフするオートパワーオフ機能もあり、バッテリーセーブにも優れています。

また、ハウジング部にはマルチファンクションボタンを搭載しており、簡単な操作なら耳元で可能です。フラットに折りたためるスイーベル機構で持ち運びにも便利。167gと軽量で、装着感も安定しているので、旅行などの長時間移動でも活躍します。

プラントロニクス(Plantronics) BackBeat 505シリーズ ワイヤレスヘッドフォン 208910-01

プラントロニクス(Plantronics) BackBeat 505シリーズ ワイヤレスヘッドフォン 208910-01

バッテリー持ちのよさが魅力的なワイヤレスヘッドホンです。約90分間の充電で最大約18時間使用可能。使っていない時は「DeepSleepモード」でバッテリーをセーブできます。3.5mmジャックにも対応しているため、充電切れ後も使用可能です。

また、形状記憶イヤーカップを採用しているので密閉感も抜群。低音を逃さず、中高音域もクリアに聴こえます。耳元にはハンズフリー通話に便利なマイクのほか、曲の再生・スキップ・ボリューム調節ボタンなども搭載しており、利便性にも優れた製品です。

パイオニア(Pioneer) ヘッドホン SE-MS7BT

パイオニア(Pioneer) ヘッドホン SE-MS7BT

高級感のあるレトロモダンなデザインが魅力的なワイヤレスヘッドホンです。ハイレゾ再生が可能な大口径40mmドライバーを採用。aptX AACにも対応しており、高解像度で再生できます。パイオニアらしい、やや高音寄りの軽快なサウンドです。

約4時間の充電で最長12時間の連続再生が可能と、バッテリー持続時間がやや短いのがネック。ただ、有線にも対応しているので、充電が切れても音楽を再生できます。

また、マイク搭載でハンズフリー通話も可能。NFC機能にも対応しているため、簡単にペアリングできるのも魅力です。

ワイヤレスヘッドホンのおすすめモデル|3万円以下

スカルキャンディ(Skullcandy) ノイズキャンセリング ワイヤレスヘッドホン VENUE S6HCW-L003-A

スカルキャンディ(Skullcandy) ノイズキャンセリング ワイヤレスヘッドホン VENUE S6HCW-L003-A

アクティブノイズキャンセリング機能を有したワイヤレスヘッドホンです。周囲の騒音に合わせてノイズキャンセリング機能を最適化。街中でも音楽に集中したい方におすすめです。

なお、外音取り込み機能も搭載しているので、装着したままでも周囲の音を聞き取れます。カフェでオーダーしたいときや、アナウンスを聞き取りたいときなどにも便利です。

また、バッテリー持ちも優れており、約2.5時間の充電で最長24時間の連続再生が可能。急速充電では、約10分間の充電で最長5時間も再生できます。

サウンドはやや低音寄りのフラットなチューニング。コーデックはSBCのみなのがネックですが、聴き疲れしにくいサウンドでさまざまなジャンルの音楽を楽しめます。

オーディオテクニカ(audio-technica) ワイヤレスヘッドホン SOLID BASS ATH-WS660BT

オーディオテクニカ(audio-technica) ワイヤレスヘッドホン SOLID BASS ATH-WS660BT

重低音に比重を置いたソリッドシリーズのワイヤレスヘッドホンです。ドライバーには53mm口径の「ディープ・モーション」を搭載。ずっしりとした低音が特徴的で、ダンスミュージック・EDMなどに向いています。

また、バッテリー持ちがよく、約5時間の充電で最長40時間の連続再生が可能。有線接続にも対応しているので、バッテリーが切れても引き続き音楽を楽しめます。

ゼンハイザー(SENNHEISER) ヘッドホン HD 4.40BT

ゼンハイザー(SENNHEISER) ヘッドホン HD 4.40BT

aptXコーデック対応のワイヤレスヘッドホンです。ゼンハイザーらしい響きの豊かなサウンドが魅力。バランスのとれたチューニングで、幅広いジャンルの音楽を楽しめます。

NFC機能も搭載しており、各デバイスとワンタッチ接続が可能。折りたたみ式なので、持ち運び・収納にも便利です。

また、2時間の充電で最長25時間の連続再生が可能と、バッテリー持ちも優秀。付属ケーブルで有線ヘッドホンとしても使用可能です。

ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WH-CH700N

ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WH-CH700N

「デジタルノイズキャンセリング機能」を搭載したワイヤレスヘッドホンです。周囲の音を自動で分析し最適化するので、航空機内・電車内・オフィス内など、さまざまなシーンで活躍します。

また、最大35時間の連続再生が可能なバッテリー持ちのよさも魅力。クイックチャージにも対応しており、10分の充電で60分の再生が可能です。

コーデックはAAC・aptX・aptX HDに対応。さらに、圧縮によって劣化した高音域を補完する「DSEE」にも対応しており、さまざまなデバイスで高音質再生が可能です。

アーカーゲー(AKG) N60NC WIRELESS Bluetooth ヘッドホン N60NCBTBLK

アーカーゲー(AKG) N60NC WIRELESS Bluetooth ヘッドホン

SBC・AAC・aptXという3種類のコーデックに対応したワイヤレスヘッドホン。ワイヤレス接続でもクリアでのびやかな中音域とタイトで力強い低音域により、CDのような品質で音楽を楽しめるのが魅力です。

ノイズキャンセリング機能にはハイブリッド方式を採用し、AKG独自のキャンセリング信号回路と合わせて優れた騒音低減率を実現。周囲の音を気にせずサウンドに没頭できます。また、約3時間の充電で最大15時間のワイヤレス再生が可能なので、長時間使い続けたいときも安心です。

199gと軽量でコンパクトに折りたためるので、持ち運びに便利なのもポイント。専用のキャリングポーチにすっきりと収まり、収納場所に困りません。軽量で持ち運びやすいヘッドホンを探している方におすすめです。

ワイヤレスヘッドホンのおすすめモデル|5万円以下

ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WH-1000XM3

ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WH-1000XM3

ノイズキャンセリング性能の高さに定評のあるワイヤレスヘッドホンです。「高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1」によりノイズキャンセリング時も高音質。さらに、「NCオプティマイザー」でノイズキャンセリング機能を環境に合わせて最適化できます。

また、DSEE HXでハイレゾ非対応音源もハイレゾ相当にアップスケーリング。 AAC・aptX・aptX HD・LDACなど幅広いコーデックに対応しており、さまざまなデバイスで高音質サウンドを楽しめます。

バッテリー持ちも優秀で、約3時間の充電で最大30時間の連続再生が可能。長時間のフライトで音楽を楽しみたい方やリスニングに集中したい方におすすめです。

ボーズ(Bose) QuietComfort 35 wireless headphones II

ボーズ(Bose) QuietComfort 35 wireless headphones II

ノイズキャンセリング機能を搭載したワイヤレスヘッドホンです。シーンに合わせて、専用アプリでノイズキャンセリングレベルをコントロールできるのが特徴。どの音量でもバランスのとれたサウンドで再生できます。

また、ハウジング部にマイクを搭載しているので、ハンズフリー通話にもおすすめです。Amazon Alexaにも対応しており、音声コントロールもできます。NFCでスマホと簡単にペアリングできるのもポイントです。

なお、約2時間の充電で最大20時間の連続再生が可能。クイックチャージも可能で、約15分の充電で約2.5時間使用できます。柔らかい着け心地も魅力のひとつで、長時間使用する方にもおすすめです。

ビーツ(Beats) studio3 wireless

ビーツ(Beats) studio3 wireless

「ピュアアダプティブノイズキャンセリング機能」を採用したワイヤレスヘッドホンです。環境音に合わせてノイズカットするので、さまざまなシーンで音楽に集中できます。オンイヤーコントローラーで、通話応答やボリューム調節なども手軽に操作可能です。

また、ノイズキャンセリング時でもビーツらしい低音が効いたサウンドを楽しめるのもポイント。W1チップを搭載しているので、Apple製品との組み合わせがおすすめです。

最大22時間の連続再生が可能。バッテリー持ちもよく、約10分の充電で最長3時間再生可能な「Fast Fuel機能」も搭載しています。ノイズキャンセリングをオフにした状態では、フル充電で最大40時間の連続再生が可能です。

ソニー(SONY) デジタルサラウンドヘッドホンシステム MDR-HW700DS

ソニー(SONY) デジタルサラウンドヘッドホンシステム MDR-HW700DS

映画やライブ映像などのコンテンツを楽しみたい方におすすめのワイヤレスヘッドホンです。「9.1ch 3D バーチャルテクノロジー」に対応。全方向から音が聞こえるので、より臨場感のある音楽が楽しめます。

また、約3時間の充電で約12時間、約30分の充電で約2時間の連続再生が可能です。バッテリー持続時間がやや短く、マイク機能もないので持ち運ぶ際には注意しましょう。自宅のテレビなどに繋いで迫力のある映像とともに音楽を楽しみたい方におすすめです。

バング&オルフセン(Bang & Olufsen) ワイヤレスヘッドホン Beoplay H4 1643874

バング&オルフセン(Bang & Olufsen) ワイヤレスヘッドホン Beoplay H4 1643874

着け心地のよさに定評のあるワイヤレスヘッドホンです。ボリューム感のあるクッションで耳を覆うため痛くなりにくく、遮音性に優れているのが魅力。軽い着け心地なので、長時間使用したい方にもおすすめです。

また、独自設計の40mmダイナミックドライバーで、聴き疲れしにくいフラットなサウンドに仕上がっています。専用アプリを使えば、好みのサウンドにイコライジング可能。AACコーデック対応で、iOSデバイスとの接続におすすめです。

さらに、シックなカラーラインナップで高級感のあるデザインも魅力。オンイヤーコントローラーで、電話応答・音楽の再生・ボリューム調節などができます。なお、2.5時間の充電で19時間の連続再生が可能と、バッテリー持続時間のやや短いので注意しましょう。

ワイヤレスヘッドホンのおすすめモデル|5万円以上

バング&オルフセン(Bang & Olufsen) B&O PLAY Beoplay H9 3rd Generation 1646301

バング&オルフセン(Bang & Olufsen) B&O PLAY Beoplay H9 3rd Generation 1646301

柔らかい最高級ラムスキンを使用した装着感のよさに定評があるワイヤレスヘッドホンです。通気性もよく、蒸れにくいので長時間快適に使用できます。

クリアで響きのあるサウンドは聴き疲れしにくく、専用アプリを使って好みのサウンドにイコライジング可能。低遅延・高音質で再生できるAAC・aptX-LLにも対応しているため、動画視聴・ゲームなどにもおすすめです。

さらに、アクティブノイズキャンセル機能も搭載。周囲の騒音を低減するので、リスニングに集中できます。バッテリー持ちもよく、約3時間の充電で最大25時間の連続再生が可能です。

マスター&ダイナミック(Master&Dynamic) ノイズキャンセリングワイヤレスヘッドホン MW65

マスター&ダイナミック(Master&Dynamic) ノイズキャンセリングワイヤレスヘッドホン MW65

モニターライクなサウンドが特徴的なワイヤレスヘッドホンです。40mm口径のベリリウムドライバーを採用。aptXに対応しており、Androidユーザーの方におすすめです。

また、アクティブノイズキャンセリング機能搭載。シーンに合わせて、2つのノイズキャンセリングモードを選べるので、リスニングに集中したい方にもおすすめです。

ヘッドバンド・イヤーカップには厳選したプレミアムレザーを採用。ヘッドバンド中面・イヤーパッドにはラムスキンを採用しており、肌触りがよく長時間快適に使用できます。

さらに、約1時間の充電で24時間再生が可能とバッテリー持ちも優秀。クイックチャージにも対応しており、15分の充電で約12時間の連続再生が可能です。

マスター&ダイナミック(Master&Dynamic) ワイヤレスオーバーイヤーヘッドホン MW60

マスター&ダイナミック(Master&Dynamic) ワイヤレスオーバーイヤーヘッドホン MW60

大手カメラレンズブランドのライカとコラボレーションしたモデルです。ローレット加工・レッドドットなど、ライカを想起させるデザインがおしゃれ。ヘッドバンド・イヤーパッドにはラムスキンを使用するなど、着け心地も快適です。

また、45mmネオジウムドライバーを採用したキレのよいサウンドが特徴。高音はやや丸みがあるので、聴き疲れしにくく長時間使用できます。aptXコーデックに対応しているため、Androidユーザーの方におすすめです。

nura nuraphone NUR01-000

nura nuraphone NUR01-000

使用者の聴こえ方を学習し適応する、ユニークな機能を備えたワイヤレスヘッドホンです。それぞれの聴覚に合わせて、よく聴こえるよう自動でチューニング。低音は、音楽ジャンルや好みに合わせて調節できます。

また、ノイズキャンセリング機能も搭載。自分の世界に没頭したい方にもおすすめです。外音取り込み機能もあり、ヘッドホンを装着したままアナウンスなどの周囲の音を聴けます。

aptX HDコーデックに対応しており、Android端末との接続におすすめ。1回の充電で約20時間の連続再生が可能と、バッテリー持ちも優秀です。

ベイヤーダイナミック(beyerdynamic) Amiron Wireless JP

beyerdynamic Amiron Wireless JP

それぞれの聴力に合わせてサウンドを最適化する「MIY」アプリを採用したワイヤレスヘッドホンです。自分の耳に合ったサウンドで再生できるので長時間のリスニングも快適。約2時間の充電で約30時間の連続再生が可能と、バッテリー持ちのよさも魅力です。

また、aptX・aptX LL・aptX HD・AACに対応しており、幅広いデバイスで高音質なサウンドを楽しめます。ハウジング部にタッチパッドとマイクがあり、直感的に操作できます。