有線接続タイプに比べて取り回しに優れている「ワイヤレスヘッドホン」。ノイズキャンセリング機能を搭載したモノや、高音質なハイレゾ音源に対応したモノなども存在します。

ただし、ソニー・ゼンハイザー・オーディオテクニカなど、多種多様な製品が展開されているので、どれを選んでよいか迷ってしまう場合も。そこで今回は、おすすめのワイヤレスヘッドホンをご紹介します。選び方のコツも解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

ワイヤレスヘッドホンの選び方

対応コーデックをチェック

By: amazon.co.jp

ワイヤレスヘッドホンを購入する際は、Bluetoothの「対応コーデック」を事前に確認しておくのが重要なポイントです。コーデックとは、Bluetooth通信で音声を伝送する際にデータを圧縮する変換方式のこと。SBC・AAC・aptX・aptX HD・aptX LL・LDACなどのコーデックが存在します。

多くのワイヤレスヘッドホンに採用されているSBCは、音質や音の遅延具合が標準的なコーデック。AACはiPhoneやiPadなどAppleの製品にも採用されています。SBCに比べて高音質かつ低遅延なのが特徴です。

aptXは音質に優れており、CD音源相当のサウンドが再生可能。また、ハイレゾ相当の高音質を求めるのであれば、aptX HDやLDACなどに対応した製品がおすすめです。

ゲームプレイなどに用いるのであれば、aptX LL対応モデルが便利。リズムゲームが楽しめるほどの低遅延が魅力です。

Bluetoothのバージョンをチェック

By: amazon.co.jp

ワイヤレスヘッドホンの多くはBluetooth通信を利用していますが、製品ごとに対応しているバージョンは異なります。Bluetoothのバージョンは、基本的に新しいほど省電力かつ高速なデータ転送が可能。音楽再生機器とワイヤレスヘッドホンの接続に安定性を求める場合には、なるべく新しいバージョンのBluetoothに対応したモデルを選択するのがおすすめです。

ただし、再生されるサウンド自体には影響がないので注意が必要。音質にこだわりたい場合には、対応コーデックをチェックしましょう。

ヘッドホン本体の音質で選ぶ

By: amazon.co.jp

ワイヤレスヘッドホンは製品ごとに音質が異なります。ドライバー背面が密閉されている「密閉型」の製品は、迫力あるサウンドが魅力。ロックやダンスミュージックなどを好む場合に便利です。

一方で、ドライバー背面が開放されている「開放型」は、高音の伸びに優れているのがポイント。クリアで抜けのよいサウンドを再生できるので、女性ボーカルの音楽を鑑賞する際に適しています。

また、高音質なサウンドを求める場合には、ハイレゾ音源に対応した製品がおすすめ。CD以上の情報量を備えているハイレゾ音源に対応しているモノであれば、臨場感あふれる音が楽しめます。

再生可能時間をチェック

ワイヤレスヘッドホンは、基本的に内蔵されているバッテリーからの給電で駆動します。購入する際は、バッテリーの持ち時間を表す「再生可能時間」もしっかりと確認しておきましょう。

連続再生時間が20時間以上の製品であれば、外出先でも安心して使用が可能。頻繁に充電するのを手間に感じる場合にもおすすめです。ただし、ノイズキャンセリング機能を搭載しているモデルは、機能の使用状況によって再生時間が変わるので注意が必要。基本的にノイズキャンセリング機能を使用する際は、再生可能時間が短くなります。

機能をチェック

周囲の雑音を低減する「ノイズキャンセリング」

By: amazon.co.jp

音楽を集中して楽しみたい場合には、「ノイズキャンセリング」機能を備えたワイヤレスヘッドホンが便利。ノイズキャンセリング機能とは、外部の騒音に逆位相の音を重ねて打ち消す機能のことです。

電車内や街中など雑音の多い場所でも音楽を鑑賞しやすいのが特徴。飛行機の騒音も軽減できるので、旅行や出張の際に使用するヘッドホンとしてもおすすめです。また、再生する音楽のボリュームを絞った際に聞こえやすいのもメリット。耳への負担が気になる場合にも適しています。

アナウンスなどを聞き逃さない「外音取り込み」

By: amazon.co.jp

ノイズキャンセリング機能を搭載したワイヤレスヘッドホンの多くは、「外音取り込み」機能も備えています。外音取り込み機能は、外部の騒音を軽減するノイズキャンセリング機能とは反対に周囲の音を聴き取りやすくする機能のこと。音楽鑑賞中に話しかけられた際にしっかりと聴き取りたい場合にも使用できます。

また、駅や空港でアナウンスを聴きたい場合にも便利。屋外で使用する際に周りの音が聞こえないと不安な場合はもちろん、自宅で訪問客がある場合にもおすすめです。

ハンズフリー通話には「マイク・リモコンの有無」をチェック

By: amazon.co.jp

ワイヤレスヘッドホンとスマホを接続して利用する場合には、ハンズフリー通話に対応している製品が便利。ヘッドホン本体に「マイク」を搭載しており、スマホを耳にあてずに通話できるのが魅力です。

また、リモコン機能を備えているモデルであれば、スマホを取り出さずに通話が可能。ヘッドホンに搭載されているリモコンを操作するだけで、スピーディに通話に応答できる点もおすすめです。

「有線接続」にも対応していればバッテリー切れでも安心

ワイヤレスヘッドホンは基本的にBluetooth通信を利用して接続しますが、製品によってはケーブルが使用できるモデルも存在します。「有線接続」に対応しているモデルであれば、バッテリーが切れた際にも使用が可能。外出先での使用が多い場合にも便利です。

また、外部電波の影響を受けにくいのもポイント。音質の劣化や遅延が起こりにくいので、安定した接続を求める場合にもおすすめです。

用途で選ぶ

音楽鑑賞専用なら音質を重視しよう

By: amazon.co.jp

ワイヤレスヘッドホンを「音楽鑑賞専用」に使用するのであれば、音質を重視して選択するのがおすすめ。ロックなどのパワフルなサウンドを好む場合はもちろん、ダンスミュージックやヒップホップなどのビートを楽しみたい場合には重低音が効いたモデルがおすすめです。

また、クラシックが好きな場合には、高音域の抜けに優れた製品がぴったり。さらに、臨場感あふれるハイレゾ音源に対応したモデルなら、楽器の音が響く空気感もしっかりと再現できます。

テレビ・動画視聴やゲーム用なら遅延の少ないモデルがおすすめ

By: amazon.co.jp

テレビ番組や動画の視聴、ゲームプレイ時に使用するワイヤレスヘッドホンを探している場合には、遅延の少ないモデルが便利。サウンドに遅延のある製品を使用すると、映像とのズレを感じてしまう可能性があります。

特にリズムゲームをプレイする場合には注意が必要。遅延の少ないaptX LLなどのコーデックに対応したモデルを選択するのがおすすめです。

ワイヤレスヘッドホンのおすすめメーカー

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

日本を代表する大手電機メーカー「ソニー」。テレビ・カメラ・スマホなどの製品を取り扱っていますが、ヘッドホン・イヤホン・スピーカーなどのオーディオ機器でも有名です。

ソニーが製造するワイヤレスヘッドホンは、最新技術を搭載したモデルを数多く展開しているのが特徴。高音質なハイレゾ音源やノイズキャンセリング機能に対応した製品も展開されています。

ゼンハイザー(SENNHEISER)

「ゼンハイザー」は、1945年にドイツで創業された老舗の音響機器メーカーです。高性能なマイクの製造で知られていますが、ヘッドホンやイヤホンなどの製品も多数製造しています。

ゼンハイザーのワイヤレスヘッドホンは、サウンドクオリティに優れているのが特徴。各帯域の音を細かい部分までしっかりと表現できる性能の高さが魅力です。

オーディオテクニカ(audio-technica)

「オーディオテクニカ」は、1962年に創立された日本国内の音響映像機器メーカーです。ミュージシャンやエンジニアなど、プロから高い支持を得ているのが特徴。ヘッドホンのラインナップは豊富に展開されており、エントリーモデルからハイエンドモデルまで幅広い製品を取り扱っています。

オーディオテクニカのワイヤレスヘッドホンは、コスパに優れた製品も多め。比較的リーズナブルな価格で購入できるモデルもあるので、ワイヤレスヘッドホン初心者にもおすすめです。

ワイヤレスヘッドホンのおすすめ|ノイズキャンセリング搭載

ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WH-1000XM5


高性能なノイズキャンセリング機能を搭載しているワイヤレスヘッドホンです。ヘッドホンの外側と内側に左右4つずつのマイクを備えた「マルチノイズセンサーテクノロジー」を採用しているのが特徴。周囲の雑音をしっかりとキャッチし、逆位相の音で打ち消します。

「アンビエントサウンドモード」と呼ばれる外音取り込み機能を搭載しているのもポイント。また、声を発するだけで外音取り込み機能に切り替え可能な「スピーク・トゥ・チャット」機能や、雑音を軽減しつつ人の声が取り込める「ボイスフォーカス」機能も便利です。

BluetoothのコーデックはLDACに対応。ワイヤレス接続でも高音質なハイレゾ音源が楽しめます。さらに、圧縮音源をアップスケーリングできる「DSEE Extreme」が利用できるのもメリット。MP3・CD・ストリーミングなどのサウンドをハイレゾ相当の高音質で鑑賞できる点もおすすめです。

ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WH-1000XM4


リスニング環境に応じてノイズキャンセリング機能や、外音取り込み機能の設定を切り替える「アダプティブサウンドコントロール」に対応したワイヤレスヘッドホンです。あらかじめ場所や行動を設定しておけば、ヘッドホンやスマホに触れることなくノイズキャンセリング機能や外音取り込み機能を調節可能。イコライザーの設定も自動で切り替えられます。

ハンズフリー通話に対応しているのもポイント。高精度ボイスピックアップテクノロジーを備えており、クリアな音声で通話できます。また、ハウジング部にはタッチセンサーコントロールパネルを搭載。音楽の再生や停止だけでなく、着信への応答や終話なども簡単に操作できます。

さらに、音声アシスタント機能が利用できるのもメリット。Google アシスタントやAmazon Alexaなどに対応しており、声をかけるだけでコントロールできます。

ゼンハイザー(SENNHEISER) MOMENTUM 4 Wireless


アダプティブノイズキャンセリングを搭載している密閉型のワイヤレスヘッドホンです。風切り音やノイズが入りにくい箇所にマイクを配置しているのが特徴。周囲の雑音にあわせて、自動でノイズキャンセリング機能を切り替えられるのが魅力です。

42mm口径のドライバーユニットを備えているのもポイント。各帯域のサウンドを豊かに表現できるだけでなく、幅広い再生周波数帯域も実現しています。さらに、軽量かつクッション性の高いヘッドバンドおよびイヤーパッドを採用しているのも魅力。頭部にかかる圧力を軽減する設計により、長時間でも快適に使用できます。

連続再生可能時間は、最大60時間。5分の充電で最大4時間使用可能な急速充電にも対応している、使い勝手に優れたおすすめ製品です。

アップル(Apple) AirPods Max

サウンドクオリティだけでなく、デザイン性にも優れているワイヤレスヘッドホンです。原音に忠実なサウンドを再生できるのが特徴。臨場感あふれる音質は、音楽だけでなく映画鑑賞にもおすすめです。

ヘッドバンドの素材には、ニットメッシュを採用。ヘッドホンの重さを分散し、頭部にかかる圧力を軽減する設計です。また、ステンレススチールフレームは、高い強度を実現。伸縮アームはスムーズに伸びるので、好みのフィット感に簡単に調節できます。

音量調節や曲のスキップ、電話への応答は「Digital Crown」と呼ばれるダイヤルでコントロール可能。音声アシスタント機能のSiriも起動できます。さらに、Bluetoothのバージョンは5.0に対応。安定して接続しやすいおすすめのヘッドホンです。

ボーズ(Bose) Bose Noise Cancelling Headphones 700


ボーズ独自のアクティブノイズキャンセリングテクノロージーを搭載しているワイヤレスヘッドホンです。イヤーカップ内側および外側に備えたマイクで周囲の雑音をモニタリング。ノイズキャンセリングのレベルは、周囲の環境に応じて調節できます。

右側のイヤーカップにタッチセンサーを搭載しているのもポイント。音量の調節や再生停止などの操作だけでなく、着信への応答もコントロールできます。また、イヤークッションの素材にはプロテインレザーを使用。スチール製ヘッドバンドとともに高級感ただよう外観を実現しています。

Bluetoothのコーデックは、SBCとAACに対応。iPhoneやiPadと接続して使用するワイヤレスヘッドホンとしてもおすすめです。

ワイヤレスヘッドホンのおすすめ|高音質

オーディオテクニカ(audio-technica) ワイヤレスヘッドホン ATH-HL7BT


ナチュラルなサウンドが再生できる開放型のワイヤレスヘッドホンです。53mmの大口径ドライバーを搭載していながら、約220gの軽さを実現しているのが特徴。オープンエアータイプの開放感と付け心地の軽さにより、長時間でも快適に使用できます。

音質は、迫力のある低域と美しい中高音域が魅力。高品位なHi-Fi DACやヘッドホンアンプが搭載されており、高音質なサウンドが再生できます。また、最大96kHZ/24bitに対応するLDACコーデックが利用できるのもポイント。ハイレゾ相当の音質が楽しめます。

さらに、有線接続で利用できるのもメリット。テレビや動画の鑑賞、ゲームプレイ時などに遅延が気になる場合にもおすすめです。

Bowers & Wilkins オーバーイヤー・ノイズキャンセリング・ヘッドフォン Px7 S2

臨場感あふれるサウンドが再生できるおすすめのワイヤレスヘッドホン。原音に忠実な音を実現しているのが特徴です。

合計6つのマイクによって、周囲のノイズを効果的に軽減できるのもポイント。精度の高いノイズキャンセリング機能と通話機能を備えており、クリアな音声で電話に応答できます。

低反発なメモリーフォーム・イヤーパッドを採用しているのも魅力。耳を包みこむように快適にフィットするので、長時間使用時にかかる負担も軽減できます。さらに、Bluetoothのコーデックは、SBC・AAC・aptX・aptX HDなどに対応。ワイヤレスでも高音質が楽しめます。

ウルトラゾーン(ULTRASONE) ワイヤレスヘッドホン iSAR


40mmのマイラーダイナミックドライバーを採用しているワイヤレスヘッドホンです。歪みの少ないスムーズなサウンドを再生できるのが特徴。締まりのある低域や優れたトーンバランスを備えているのが魅力です。

ナチュラルな音の響きと定位感を実現しているのもポイント。ULTRASONE独自の「S-Logicテクノロジー」による、聴き取りやすいサウンドも魅力です。

さらに、「プロフェッショナル・ハイブリッドANC(アクティブノイズキャンセリング)」が利用できるのも魅力。周囲のノイズを最大40dB低減できるおすすめ製品です。

デノン(DENON) ワイヤレスノイズキャンセリング・ヘッドホン AH-GC30

40mmのドライバーを搭載した高音質なワイヤレスヘッドホンです。ハウジングを設けたポートで音圧バランスを最適化する、「アコースティック・オプティマイザー」に対応。不要な振動や歪みを抑えた、クリアなサウンドを楽しめます。

SBCのほかに対応しているコーデックは、aptX HD・aptX・AACの3種類。対応のAndroidスマホや音楽プレーヤーと接続した場合、48kHzかつ24bitの高音質なサウンドを体験できます。

本製品は、ノイズキャンセリングにも対応。飛行機・シティ・オフィスの3モードが用意されているので、周囲の環境に合わせて適したモードを選択できます。「周囲音ミックス機能」も搭載しており、アナウンスを聞き取りたいときに活用可能です。

有線接続に対応しているのも嬉しいポイント。さらに、有線接続の場合は、ハイレゾ音源も再生できます。

アンカー(ANKER) Soundcore Space Q45 A3040011

高音質かつ多機能なおすすめのワイヤレスヘッドホンです。LDACコーデックに対応しているので、ワイヤレスヘッドホンながらハイレゾ音源の再生が可能。二層振動板ドライバーが搭載されており、繊細で原音に忠実なサウンドを体験できます。

マイクが内蔵されているのもポイント。スマホとペアリングしている際に着信があった場合、ハンズフリーで通話ができます。マイクにはAIノイズリダクションも搭載。周囲の雑音を低減し、クリアな音声で通話できます。

独自の「ウルトラノイズキャンセリング2.0」にも対応。周囲の環境に合わせたモードが複数用意されているほか、自動で適したノイズキャンセリングレベルに合わせられます。また、外音取り込み機能も搭載。外音取り込みは、強度を5段階で調節できます。

BANG & OLUFSEN BEOPLAY H95

音響品質に優れたワイヤレスヘッドホンです。チタン製のカスタムドライバーを搭載しているのが特徴。深みのある低音や迫力ある中音、キレのある高音を実現するのが魅力です。

5段階で調節できるノイズキャンセリング機能を備えているのもポイント。イヤーカップに配置されているホイールを回すだけで、簡単にノイズキャンセリング機能のレベルを切り替えられます。

イヤーパッドの素材にはラムスキンレザーを使用。精緻なカットが施されたアルミニウムフレームを備えており、デザイン性にも優れています。また、ノイズキャンセリング機能使用時の連続再生可能時間は38時間。長時間続けて音楽を鑑賞する場合にもおすすめです。

ワイヤレスヘッドホンのおすすめ|安い・コスパ重視

ソニー(SONY) ワイヤレステレオヘッドセット WH-CH510


最大35時間の連続再生が可能なおすすめのワイヤレスヘッドホンです。10分の充電で90分の使用が可能な急速充電に対応しているのもメリットです。

搭載されているドライバーは30mm口径とコンパクトながら、クリアかつパワフルなサウンドが再生できるのもポイント。Bluetoothのコーデックには音質劣化の少ないAACが採用されています。

ハンズフリー通話に対応しているのも魅力。加えて、着信への応答は、耳元のボタンで簡単にコントロールできます。

オーディオテクニカ(audio-technica) ワイヤレスヘッドホン ATH-S220BT


コスパに優れたオンイヤータイプのワイヤレスヘッドホンです。約180gと軽めに設計されているのが特徴。イヤーパッドが耳にやさしくフィットするので、音楽鑑賞はもちろん、ゲームプレイ時やWeb会議での利用にもおすすめです。

最大約60時間の連続使用が可能な大容量バッテリーを搭載しているのもポイント。10分の充電で約3.5時間使用できる急速充電に対応しているほか、USB Type-AやType-Cなどの充電用ケーブルも付属しています。

ジェイビーエル(JBL) ワイヤレス・オンイヤー型ヘッドホン JBL Tune 510BT


比較的リーズナブルな価格で購入できる、コスパに優れたワイヤレスヘッドホンです。Bluetoothのバージョンには5.0を採用。安定した接続を求める場合にも便利です。

マルチポイント接続に対応しているのもメリット。複数のデバイスと接続し、簡単に切り替えられる点も魅力です。また、携帯時や収納時は折りたたみが可能。本体重量は160gと比較的軽く、気軽に持ち運べます。

アンカー(Anker) Soundcore LIfe Q30


交通機関・屋外・屋内・外音取り込みなど、多彩なモードを搭載しているワイヤレスヘッドホンです。交通機関モードは乗り物のエンジン音や路面の騒音、屋外モードでは自動車の走行音や風の音、屋内モードでは周囲の声や足音が低減可能。会話や駅のアナウンスが聴きたい場合には、外音取り込みモードが利用できます。

ノイズキャンセリングモードの選択は「Soundcoreアプリ」から設定できるのも魅力。ヒーリングサウンドを再生する睡眠モードも再生できます。

パナソニック(Panasonic) ステレオヘッドホン RP-HTX80B

フィット感のよい、おすすめのワイヤレスヘッドホンです。しっかりと耳に密着しやすいイヤーパッドやピアノ線材の採用により、心地よい装着感を実現。長時間身に着けても蒸れたり痛みを感じたりしにくいように設計されています。

対応しているコーデックは、SBCとAACの2種類。また、40mmのドライバーを搭載しているほか、ドライバー前後の空気の流れを最適化できる構造も特徴です。歪みを抑えた迫力のある低音を楽しめます。

耳元にリモコンを搭載しているため、ペアリングしたスマホを取り出さなくても、再生・曲送り・曲戻しなどの操作を行えるのもメリット。また、マイクも内蔵されているため、着信に応答してハンズフリーで通話を行えます。

スタイリッシュなデザインも魅力。ユニセックスなデザインなので、男女問わずおしゃれに身に付けられます。

ワイヤレスヘッドホンのおすすめ|おしゃれ

ビーツ(Beats) 完全ワイヤレスノイズキャンセリングオーバーイヤーヘッドホン BEATS STUDIO3 WIRELESS

かっこよさを感じさせるクールなデザインが魅力的なワイヤレスヘッドホンです。頭部の形状やサイズを問わず柔軟にフィットしやすいのが特徴。長時間快適に使用したい方におすすめです。

ノイズキャンセリング機能を利用できるのもポイント。周囲の雑音を効果的に抑え、集中して音楽鑑賞を楽しめます。さらに、「Apple W1チップ」を搭載しているのも魅力。iPhoneやiPadなどとの接続安定性に優れている点もおすすめです。

ボーズ(Bose) Bose QuietComfort 45 headphones


シンプルながらおしゃれなデザインを採用しているワイヤレスヘッドホンです。「アコースティックノイズキャンセリングテクノロジー」を搭載しているのが特徴。ノイズキャンセリング機能のレベルは、周囲の環境にあわせて調節できます。

また、ボーズ独自の「TriPortテクノロジー」を採用しているのもポイント。比較的コンパクトかつ軽量な設計ながら、深みのある豊かなサウンドを実現しています。

ジェイビーエル(JBL) ワイヤレスハイブリッドノイズキャンセリングオーバーイヤーヘッドホン JBL Tour One


スタイリッシュなデザインを採用しているワイヤレスヘッドホンです。「リアルタイム補正ハイブリッドノイズキャンセリング」機能を備えているのが特徴。左右のイヤーカップに配置されたマイクで周囲の雑音をモニタリングし、リアルタイムでノイズキャンセリング機能のレベルを調節できるのが魅力です。

豊かかつクリアなサウンドを実現しているのもポイント。各帯域のバランスに優れていたり高音質なハイレゾ音源に対応していたりするおすすめのヘッドホンです。

ファイナル(final) ag WHP01K


かわいらしさを感じさせるフォルムが魅力的なワイヤレスヘッドホンです。Bluetoothのコーデックは、SBC・AAC・aptX・aptX LLなどに対応。音声の途切れや遅延の少ないコーデックが利用できるので、ゲームプレイや映画鑑賞にも便利です。

「マルチフィットハウジング機構」を採用しているのもおすすめポイント。上下左右に柔軟に回転するハウジング部を備えており、頭部にしっかりとフィットします。

スカルキャンディ(Skullcandy) Crusher Wireless

ヘッドホン本体にサブウーファーを備えているワイヤレスヘッドホンです。超低音域のステレオ再生が可能な「Stereo Haptic Bass」によって、サブウーファーの振動を味わえるのが魅力。また、振動の強さはイヤーカップに配置されたスライド式のコントロールレバーで調節できます。

最大40時間の連続再生が可能なのもメリット。さらに、10分の充電で3時間の再生が可能な急速充電機能を備えています。

ワイヤレスヘッドホンの売れ筋ランキングをチェック

ワイヤレスヘッドホンのランキングをチェックしたい方はこちら。