ひと口にテレビといっても、コンパクトでサイズの小さいモデルや、迫力ある映像が楽しめるモデルなど、使う用途やシチュエーションごとにさまざまな製品があります。そのため、何を選べばよいのか分からない方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、幅広い場所に置けるほどよいサイズ感が魅力の「中型テレビ」をピックアップ。あわせて、選ぶ際の注意点やポイントについても分かりやすく解説するので、興味がある方はチェックしてみてください。

中型テレビとは?

By: hisense.co.jp

中型テレビとは、大きすぎず小さすぎない程よいサイズ感のテレビのこと。明確な定義はありませんが、一般的には画面サイズが24~40インチ程度のテレビのことを指します。

中型テレビは、価格と性能のバランスがよく購入しやすいため、コストパフォーマンスを重視する方におすすめ。リビングはもちろん寝室や子供部屋など、さまざまなシチュエーションで使える汎用性の高さも魅力です。

中型テレビの選び方

置く場所や人数に合わせて正確なサイズを選ぶ

一人暮らしにも適した24インチ

By: amazon.co.jp

24インチのテレビはサイズが小さく、コンパクトなのが特徴です。画面の高さは約25cmで推奨視聴距離は0.7m程度なので、一人暮らしのワンルームや、寝室や子供部屋に置いて使うサブテレビとして適しています。

部屋の間取りとしては、4畳半~6畳くらいの広さで使うのが最適です。それ以上広い部屋で24インチを選んでしまうと、小さな文字や描写が見にくく不便に感じてしまう場合もあるので注意しましょう。

汎用性の高い32インチ

大きすぎず小さすぎない程よいサイズ感が魅力の32インチは、汎用性が高くリビングから寝室まで幅広いシチュエーションで使えます。24インチよりも画面がひと回り大きく映像が見やすいため、1人で楽しむのはもちろん、家族や友人など複数人でのテレビ視聴にもおすすめです。

32インチテレビの場合、画面の高さは約39cmで推奨視聴距離が約1.2mなので、6畳~7畳程度の部屋に適しています。小さな文字が見やすいので、映画やゲームを快適に楽しみたい方にもおすすめです。

広めのリビングでも見やすい40インチ

40インチのテレビは画面が大きく映像に迫力があるため、大人数でテレビを楽しんだり、映画やゲームを楽しんだりするのに適しています。画面の高さは約50cmで推奨視聴距離は約1.5mで、8畳~9畳くらいの部屋で使うのがおすすめです。

寝室や子供部屋で使うというよりは、リビングやダイニングのような比較的広い部屋で使うのがおすすめ。十分な視聴距離が確保できずに40インチのテレビを選んでしまうと、圧迫感を感じたり、目が疲れやすくなったりするため、選ぶ際には注意が必要です。

解像度をチェック

解像度とは、映像の精細さを表す「ドット」が画面の中にどのくらいあるのかを数値で表したモノ。基本的にテレビはドットの数が多ければ多いほど、なめらかで美しい映像が表現できます。テレビの画質を大きく左右する重要なポイントなので、使う用途やシチュエーションに合った解像度をしっかりと選びましょう。

フルHD

By: amazon.co.jp

フルHDは主に32インチ以下のテレビが採用している解像度。横に1920ドット、縦に1080ドットまで表示することができます。地上波デジタル放送で使用されている解像度なので、テレビの視聴がメインならフルHDを選ぶのがおすすめ。価格の安いモデルが多く、コストパフォーマンスを重視する方にも最適です。

4K

By: rakuten.co.jp

4Kは最近主流になりつつある解像度です。横に3840ドット、縦に2160ドットまで表示可能。主に40インチ以上のテレビが採用しており、フルHDよりもなめらかで美しい映像が楽しめます。画質にこだわりたい方や、映画やゲームを楽しみたい方におすすめですが、価格はフルHDよりも高くなるため、コストパフォーマンスを重視する方にはやや不向きです。

パネル方式をチェック

By: panasonic.jp

中型テレビの液晶パネルには大きく分けて「VA方式」「IPS方式」の2種類があります。テレビの特徴を左右する大切なポイントなので、それぞれの違いをしっかりと理解しておきましょう。

VA方式はコントラストの高さが魅力で、黒の強調されたメリハリある映像が楽しめます。きれいな映像でテレビを楽しみたい方におすすめですが、視野角が狭く斜めから見ると暗く見えたり、白く飛んでしまったりする場合があります。1人でテレビを楽しむのなら問題ありませんが、家族や友人など複数人でテレビを楽しみたい方は注意が必要です。

一方で、IPS方式は視野角が広く斜めから見ても輝度や色の変化が少ないため、VA方式よりも画面をきれいに見れる範囲が広がります。家族や友人など複数人でテレビを楽しみたい方におすすめですが、パネルの性質上、画面全体が白っぽくなってしまうので、黒の表現に優れたモデルを探している方にはやや不向きです。

チューナー数をチェック

中型テレビを選ぶ際には、搭載しているチューナーの数もしっかりと確認する必要があります。例えば、1つのチューナー(シングルチューナー)を搭載したテレビの場合、録画中に別の番組を視聴することはできませんが、2つのチューナー(ダブルチューナー)を搭載したモデルなら、テレビの視聴中に裏番組を録画したり、2番組を同時に録画したりできます。

録画しない方は、1つのチューナーしか搭載していないテレビでも問題ありませんが、普段からよく番組録画をするような方は、2つのチューナーを搭載したテレビを選んでおいた方が安心。家族が多い方や、見たい番組がよく重なる方は、テレビ番組を視聴しながら別の番組を同時に2本まで録画できる「3つのチューナー(トリプルチューナー)」搭載のテレビを選ぶのもおすすめです。

中型テレビのおすすめメーカー

東芝(TOSHIBA)

By: rakuten.co.jp

東芝のテレビは「REGZAシリーズ」というブランドが展開されています。充実した録画機能と進化した超解像技術が魅力です。コンパクトなモデルから、画面の大きな40インチまで、製品のラインナップが充実しているのもポイント。ゲーム操作時に感じる映像の遅れを大幅に短縮する「ゲームダイレクト機能」も人気なので、ゲームを快適に楽しみたい方にもおすすめです。

シャープ(SHARP)

By: rakuten.co.jp

AQUOSシリーズを展開するシャープのテレビは、低反射の「N-Blackパネル」や、見やすい角度に調節できる「回転式スタンド」など、日本の住環境に合わせた機能が魅力です。使いやすさにこだわって作られているのも魅力なので、機械が苦手な女性やお年寄りでも安心して使えます。「4原色技術」や「リッチカラーテクノロジー」による色鮮やかな映像も特徴のひとつです。

パナソニック(Panasonic)

By: rakuten.co.jp

パナソニックのテレビは、あざやか色補正回路や、6軸色補正の色再現技術など、画質を重視した「VIERAシリーズ」が人気です。きれいな映像でテレビが楽しめるのはもちろん、音質のよさにも定評があるので、映画やゲームも快適に楽しめます。国内メーカーならではの高品質で安心できる製品作りや、充実したアフターサポートも魅力です。

中型テレビのおすすめモデル|24インチ

シャープ(SHARP) AQUOS 2T-C24ADB

シャープ(SHARP) AQUOS 2T-C24ADB

シンプルで使いやすいシャープの中型テレビ。地上・BS・110度CSデジタルチューナーを2つ搭載しており、番組を視聴しながら放送中の裏番組を録画できます。また、高音や低音を調節して人の声を聞きとりやすくする「くっきりボタン」や、見たい番組がすぐ見つかる「簡単サクッと検索」、ワンタッチで検索方法を選べる「番組検索ボタン」など、便利なオプションが充実しているので便利です。

浮遊感のあるデザインを採用することで、ほかの製品とはひと味違ったスタイリッシュな見た目に仕上がっているのも魅力のひとつ。テレビの色はブラック・ホワイトの2色から選択が可能なので、部屋の壁紙や家具と色を合わせることもできます。

マクスゼン(maxzen) ERIZA JE24TH02

マクスゼン(maxzen) ERIZA JE24TH02

便利な機能が充実した中型テレビです。斜めから見ても映像を鮮明に映し出せるADS方式の「広視野角パネル」や、深みのあるリアルな色彩表現を可能にする「LED直下型バックライト」を搭載。お気に入りの映画やテレビ番組がきれいな映像で楽しめます。

機能面では、テレビ番組を見ながらほかの番組を画面下で確認できる「ミニ番組表」、動きの速いゲームもノンストレスで楽しめる「ゲームモード」、裏番組も同時に録画できる「Wチューナー」を搭載。使い勝手のよい専用リモコンが2個付いてくるのも嬉しいポイントです。

オリオン電機 液晶テレビ OL24WD100

オリオン電機 液晶テレビ OL24WD100

価格と性能のバランスに優れた日本製の中型テレビです。気軽に購入できるリーズナブルな価格ながら、目に有害な光をカットする「ブルーライトガード機能」や、好みに合わせて音質をカスタマイズできる「8バンドのイコライザー機能」、USBメモリなどに保存してあるデータを表示できる「JPEG再生機能」など、便利な機能を多数搭載しています。

映像面では、精細かつ奥行きのある映像が楽しめる「スーパーレゾリューション技術」を搭載しているので、テレビの画質にこだわりたい方にもおすすめです。国内でメインボードを設計したほか、製品の評価や品質管理をすべて日本で行っているのも大きな魅力です。

ルームメイト(Roommate) 液晶テレビ TDP-TETE24w3-500

ルームメイト(Roommate) 液晶テレビ TDP-TETE24w3-500

500GBの内蔵HDDを搭載した中型テレビ。外付けHDDを使わなくても好きなテレビ番組が約65時間録画できます。録画中に別の番組を視聴できる「HDD裏番組録画」対応モデルなので、万が一見たい番組が重なっても安心です。

発色豊かな映像を再現する「LEDバックライト」や、黒の強調されたメリハリある映像が楽しめる「VAパネル」、日本設計のメインボードなど、画質を重視して作られているのも魅力のひとつ。24インチのコンパクトなモデルながら、HDMI入力端子を2ポート搭載しているので、レコーダーや家庭用ゲーム機など、複数のAV機器を繋げて楽しむことも可能です。

ハイセンス(HISENSE) 液晶テレビ 24A50

ハイセンス(HISENSE) 液晶テレビ 24A50

基本性能が充実した中型テレビです。画面全体にむらなく光源を散りばめる「直下型LEDバックライト」や、視野角の広い「IPSパネル」を採用することで、どこから見ても色ムラの少ない発色豊かできれいな映像が楽しめます。サウンド面では、臨場感豊かな音が楽しめる「スーパーバス」を搭載。テレビはもちろん映画やゲームを楽しむのにもおすすめです。

コストパフォーマンスに優れた製品ながら、購入後も安心して使える「3年の長期保証」がついているのも嬉しいポイント。使いやすい便利な機能が充実した「多機能リモコン」も魅力のひとつです。

ビズ(bizz) 液晶テレビ HB-24HDVR

ビズ(bizz) 液晶テレビ HB-24HDVR

DVDプレーヤーを搭載した中型テレビ。別途レコーダーに繋がなくても1台でCDやDVDが気軽に楽しめます。24インチのコンパクトなモデルながら、きれいな映像が楽しめる「フルHD(1920×1080ドット)」に対応。応答速度は高速5msに対応しているので、動きの速い描写も滑らかな映像で楽しめます。

好きなテレビ番組を簡単に録画できる「外付けHDD録画」や、直感的に操作ができる「使いやすいリモコン」、見やすく操作しやすい「EPG機能」など、基本性能が充実しているのもポイント。VESA規格の壁掛け金具に対応しているので、テレビを壁掛け設置してスタイリッシュな空間を演出することも可能です。

中型テレビのおすすめモデル|32インチ

東芝(TOSHIBA) REGZA 32S22

東芝(TOSHIBA) REGZA 32S22

東芝の最新技術を詰め込んだ中型テレビです。独自の映像処理エンジン「レグザエンジンファイン」や、立体感のある映像を実現する「質感リアライザー」を搭載。きれいな映像で地デジや動画コンテンツが楽しめます。ゲーム操作時に感じる映像の遅れを短縮する「ゲームダイレクト」を使えば、お気に入りのゲームがより快適に楽しめるのも大きなポイント。

大きな文字で使いやすい「シンプルレグザリモコン」や、テレビの転倒を未然に防ぐ「転倒防止機能」、バックライトの明るさを自動制御する「節電モード」など、実用性に優れた機能が充実しているのも魅力です。

シャープ(SHARP) AQUOS 2T-C32AE1

シャープ(SHARP) AQUOS 2T-C32AE1

高画質で使いやすさも充実したシャープの人気モデル。画面全体を均一に明るくする「LEDバックライト」を搭載しており、色鮮やかでクリアな映像を再現します。地上・BS・110度CSデジタルチューナーを2つ搭載しているので、別売りの外付けUSB HDDを繋げれば裏番組の録画も可能です。

2つのコンテンツが同時に楽しめる「2画面表示機能」を使えば、ゲームをしながら放送中の番組を見たり、テレビ画面とBDレコーダーの映像を同時に再生したりと、用途に合わせてさまざまな使い方ができます。複数のAV機器を繋げて楽しめるようHDMI端子が3ポートついているのも嬉しいポイントです。

パナソニック(Panasonic) VIERA TH-32G300

パナソニック(Panasonic) VIERA TH-32G300

きれいな映像でテレビが楽しめるパナソニックの人気モデルです。あらゆる映像の色を美しく鮮やかに再現する「あざやか色再現回路」を搭載。低反射のLED VAパネルや、6軸色補正などの色再現技術と組み合わせることで、地上デジタル放送だけでなく、お気に入りの映画やゲームも高精細映像で楽しめます。

機能面では、別の部屋の録画番組がLAN経由で視聴できる「お部屋ジャンプリンク」、放送中の番組を見ながら別の番組を録画できる「裏番組録画」、便利な機能がワンタッチで使える「らくらくアイコン」に対応。さまざまな部屋のインテリアとマッチする狭額縁デザインも魅力です。

三菱電機(MITSUBISHI) REAL LCD-S32BHR11

三菱電機(MITSUBISHI) REAL LCD-S32BHR11

便利な機能が充実した人気モデルです。1TBの内蔵ハードディスクやブルーレイレコーダーを搭載しているのがポイント。1台で、見たい番組を録画したり、DVDやBlu-rayを再生したりできます。テレビ番組を視聴しながら別の番組を同時に2本まで録画できる「トリプルチューナー」に対応しているので、家族が多い方や、見たい番組がよく重なる方でも安心です。

解像度の高い自然な質感の映像が楽しめる独自の「DIAMOND HD」により、きれいな映像でテレビが楽しめるのも魅力。音質面では、正面からしっかり音が響く「前面スピーカー」、立体感や空気感をクリアに再現する「DIATONE HD」を採用しているので、映画や音楽が迫力あるサウンドで楽しめます。

山善(YAMAZEN) キュリオム QRK-32W2K

山善(YAMAZEN) キュリオム QRK-32W2K

コストパフォーマンスに優れた山善の中型テレビです。高品質な日本設計メインボードに加えて、画面全体を明るく照らす「直下型LEDバックライト」や、斜めから見ても色の変化が少ない「VAパネル」を搭載。鮮やかでメリハリのあるきれいな映像が楽しめます。地上・BS・110度CSデジタルチューナーをそれぞれ2つ搭載しており、番組の視聴中に裏番組録画も可能です。

応答速度は6.5msと高速なので動きの速い描写も滑らかな映像で楽しめます。誰でも簡単に使える「シンプル設計のリモコン」を採用しているのも嬉しいポイントです。

ハイセンス(HISENSE) 液晶テレビ 32E50

ハイセンス(HISENSE) 液晶テレビ 32E50

機能性とデザイン性のバランスに優れた中型テレビです。彩度に適した輝度になるように調整する「テクスチャー復元」、部分ごとに適した画質処理を施す「エリア別高精細復元」、1シーンごとに映像を補正する「質感再現処理」など、さまざまな高画質機能を搭載しています。

パネルには斜めの角度から見ても綺麗な「IPSパネル」を採用しているので、家族や友人など大人数でテレビを楽しみたい方にもおすすめです。ボタンを押してから反応するまでの遅延を軽減させる「ゲームモード」や、録画番組をフォルダ別に分けられる「マイフォルダ機能」などの便利なオプションも魅力。スタイリッシュで洗練されたデザインも大きな特徴です。

中型テレビのおすすめモデル|40インチ

シャープ(SHARP) AQUOS 4T-C40BJ1

シャープ(SHARP) AQUOS 4T-C40BJ1

新4K衛星放送やネットコンテンツが楽しめるAQUOS 4Kのハイグレードモデルです。BS4K・110度CS4Kダブルチューナーを内蔵しており、4K放送を視聴しながら裏番組の録画ができます。映像レベルや解像度を判別して最適な高精細処理を行う「4K-Masterアップコンバート プロ」を搭載しているので、普段見ている地上デジタル放送をきれいな映像で楽しむことも可能です。

機能面では、人工知能がユーザー好みの番組や情報を教えてくれる「COCORO VISION」、視聴位置に合わせて画面角度を調節できる「回転式スタンド」、音声検索や多彩なアプリが楽しめる「Android TV 9 Pie」を搭載。リスニングエリアを広げる音質補正の新技術「Eilex PRISM」により、クリアなサウンドが楽しめるのも魅力です。

シャープ(SHARP) AQUOS 4T-C40AJ1

シャープ(SHARP) AQUOS 4T-C40AJ1

高品位な描写を表現する「AQUOS 4K Smart Engine」を搭載した中型テレビ。外光や照明の映り込みを抑える「高精細4K低反射液晶パネル」や、色彩豊かでリアルな表現力の「リッチカラーテクノロジー」と組み合わせることで、地上デジタル放送からネット映像まで高精細な映像で楽しめます。

サウンド面では、音抜けのよいクリアなサウンドをダイレクトに届ける「FRONT OPEN SOUND SYSTEM」、空間全体の音響パワーの変化を捉え補正する「Eilex PRISM & VIR Filter」を採用。テレビの音質にこだわりたい方にもおすすめです。

あらかじめ必要な設定を済ませておけば、ヘルシオやエアコンなど家電をテレビから操作したり、スマートフォンの動画をテレビに表示したりと、さまざまな使い方が楽しめます。

三菱電機(MITSUBISHI) REAL LCD-A40RA2000

三菱電機(MITSUBISHI) REAL LCD-A40RA2000

三菱電機の人気シリーズ「REAL」の2019年モデルです。特番も連続ドラマもたっぷり録画できる「大容量2TBのハードディスク」を内蔵。新4K衛星放送なら最大約126時間、ハイビジョン放送なら最大約2160時間録画が可能です。テレビには無線LANがついているので、自宅のインターネットに繋げれば、YouTubeやAbemaTVなど、さまざまなコンテンツが気軽に楽しめます。

映像面では、自然で鮮やかな色を表現する「ウルトラカラーマトリックスPRO」、動きのある映像をよりなめらかに表現する「ダイヤモンドモーション120」を搭載。三菱ならではの高画質技術が充実しているのも魅力です。

ドウシシャ(DOSHISHA) 液晶テレビ DOL40H100Y

ドウシシャ(DOSHISHA) 液晶テレビ DOL40H100Y

東芝のメインボードを採用したドウシシャの中型テレビです。色鮮やかな高精細映像が楽しめる「美・彩・細エンジン」や、高音も低音も聞きやすい「和紙素材スピーカー」を搭載しているにも関わらず、購入しやすいリーズナブルな価格を実現。価格と性能のバランスで選びたい方におすすめのモデルです。

目に有害とされているブルーライトを最大約50%カットする「ブルーライトガード機能」を使えば、目が疲れることなく長時間テレビが楽しめます。テレビの視聴中に別の番組を録画できる「裏番組録画」対応モデルなので、万が一見たい番組の放送時間が重なっても安心です。

マクスゼン(maxzen) 液晶テレビ J40SK03

マクスゼン(maxzen) 液晶テレビ J40SK03

画面の大きな中型テレビが欲しいけれど、価格が高くて手が出せない方におすすめのモデルです。コストパフォーマンスに優れた製品ながら、コントラスト比の高い「VAパネル」や、高輝度の高い「直下型LEDバックライト」を搭載。きれいな映像でテレビが楽しめます。

視聴と録画が同時にできる「ダブルチューナー」、複数のAV機器を繋げて使える「2系統のHDMI入力端子」など、基本性能が充実しているのも魅力。購入後も安心して使えるよう「1000日間のメーカー長期保証」が無償でついてくるのも大きなポイントです。シンプルなデザインで、和室から洋室までさまざまなインテリアに馴染みます。