ひと口にテレビといっても、コンパクトでサイズの小さいモデルや、迫力ある映像が楽しめるモデルなど、使う用途やシチュエーションごとにさまざまな製品があります。そのため、何を選べばよいのか分からない方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、幅広い場所に置けるほどよいサイズ感が魅力の「中型テレビ」をピックアップ。あわせて、選ぶ際の注意点やポイントについても解説するので、ぜひチェックしてみてください。

中型テレビの選び方

置く場所や人数に合わせてサイズを選ぶ

一人暮らしに適した32インチ

32インチは、大きすぎず小さすぎない程よいサイズ感が魅力。汎用性が高くリビングから寝室まで幅広いシチュエーションで使えます。24インチよりも画面がひと回り大きく映像が見やすいため、1人で楽しむのはもちろん、家族や友人など複数人でのテレビ視聴にもおすすめです。

32インチテレビの場合、画面の高さは約39cmで推奨視聴距離が約1.2mなので、6~7畳程度の部屋に適しています。小さな文字が見やすいため、映画やゲームを快適に楽しみたい方にもおすすめです。

家族とリビングで見るなら40~43インチ

40~43インチのテレビは画面が大きく映像に迫力があるため、複数人でテレビを楽しんだり、映画やゲームを楽しんだりするのに適しています。画面の高さは約50cmで推奨視聴距離は約1.5mで、8~9畳ほどの部屋で使うのがおすすめです。

寝室や子供部屋で使うよりは、リビングやダイニングのような比較的広い部屋で使うのがおすすめ。十分な視聴距離が確保できずに40インチのテレビを選んでしまうと、圧迫感を覚えたり、目が疲れやすくなったりするので選ぶ際には注意が必要です。

解像度をチェック

フルHD

By: amazon.co.jp

フルHDは主に32インチ以下のテレビが採用している解像度。横に1920ドット、縦に1080ドットまで表示できます。地上波デジタル放送で使用されている解像度なので、テレビの視聴がメインならフルHDを選ぶのがおすすめ。価格の安いモデルが多く、コスパを重視する方にも適しています。

4K

By: rakuten.co.jp

4Kは最近主流になりつつある解像度です。横に3840ドット、縦に2160ドットまで表示可能。主に40インチ以上のテレビが採用しており、フルHDよりもなめらかで美しい映像が楽しめます。画質にこだわりたい方や、映画やゲームを楽しみたい方におすすめ。なお、価格はフルHDよりも高くなるため、コスパを重視する方にはやや不向きです。

パネル方式をチェック

By: panasonic.jp

中型テレビの液晶パネルには大きく分けて「VA方式」「IPS方式」の2種類があります。テレビの特徴を左右する大切なポイントなので、それぞれの違いをしっかりと理解しておきましょう。

VA方式はコントラストの高さが魅力で、黒の強調されたメリハリある映像が楽しめます。きれいな映像でテレビを楽しみたい方におすすめですが、視野角が狭く斜めから見ると暗く見えたり、白く飛んでしまったりする場合があるのがデメリットです。

IPS方式は視野角が広く斜めから見ても輝度や色の変化が少ないため、VA方式よりも画面をきれいに見られる範囲が広がります。家族や友人など複数人でテレビを楽しみたい方におすすめ。なお、パネルの性質上、画面全体が白っぽくなってしまうので留意しておきましょう。

チューナー数をチェック

中型テレビを選ぶ際には、搭載しているチューナーの数もしっかりと確認する必要があります。シングルチューナーを搭載したテレビの場合は、基本的に録画中に別の番組の視聴はできません。しかし、ダブルチューナーを搭載したモデルなら、テレビの視聴中に裏番組を録画したり、2番組を同時に録画したりできます。

普段からよく番組録画をする方は、2つのチューナーを搭載したテレビを選んでおいた方が安心。家族が多い方や、見たい番組がよく重なる方は、テレビ番組を視聴しながら別の番組を同時に2本まで録画できるトリプルチューナー搭載のテレビを選ぶのもおすすめです。

中型テレビのおすすめメーカー

ソニー(SONY)

By: sony.jp

ソニーはスマートフォンやカメラ、オーディオなど幅広い事業を手掛けるメーカー。テレビでは「BRAVIAシリーズ」を展開しています。超解像エンジン「X-Reality PRO」を搭載したモデルは高精細な表示に長けており、さまざまな映像を美しく表示可能です。

また、スタイリッシュなデザインの中型テレビが多いのも特徴のひとつ。インテリアに馴染みやすいので、見た目にこだわる方にもおすすめです。

東芝(TOSHIBA)

By: rakuten.co.jp

東芝のテレビは「REGZAシリーズ」というブランドが展開されています。コンパクトなモデルから画面の大きな40インチまで、製品ラインナップが充実しているのが特徴です。

また、予約録画なしで好きなときに番組を視聴できるタイムシフトマシンを搭載しているモノもラインナップ。普段から頻繁に録画する方は、ぜひチェックしておきたいメーカーです。

パナソニック(Panasonic)

By: rakuten.co.jp

パナソニックのテレビは、あざやか色補正回路や、6軸色補正の色再現技術など、画質を重視した「VIERAシリーズ」が人気。国内メーカーならではの高品質で安心できる製品作りや、充実したアフターサポートも魅力です。

また、主要機能のアイコンが大きく表示される「らくらくアイコン」や、録画した番組やデジカメ写真などを別の部屋のVIERAで楽しめる「お部屋ジャンプリンク機能」など、機能性に優れたモノも多くラインナップされています。

シャープ(SHARP)

By: rakuten.co.jp

AQUOSシリーズを展開しているシャープ。8K放送開始前から8K対応モデルを発売するなど、新技術に対するこだわりが強いのが特徴です。

また、低反射の「N-Blackパネル」や、見やすい角度に調節できる「回転式スタンド」など、使いやすさにこだわって作られているのも魅力。高性能なテレビを多く展開している人気メーカーです。

中型テレビのおすすめモデル|32インチ

ソニー(SONY) ハイビジョン液晶テレビ BRAVIA KJ-32W500E

1366×768の解像度を有した32型テレビ。独自技術の「クリアレゾリューションエンハンサー」を搭載しているため、ノイズの少ない映像を自然な色合いで再現できるのが特徴です。

USB経由でHDDを接続することで、テレビ番組の録画にも対応。テレビ番組を見ながら裏番組の録画も可能です。また、1.3倍の早さで再生する「早見再生」にも対応しているので、快適に録画番組を楽しめます。さらに、リモコンのチャンネルボタンを押すだけで電源を入れると同時に選局できるのも魅力です。

ソニー(SONY) フルハイビジョン液晶テレビ BRAVIA KJ-32W730E

インターネット機能を搭載した32インチの中型テレビ。無線LAN環境があれば、ワイヤレスでYouTube・Netflixのコンテンツを楽しめるのが特徴です。

解像度は、1920×1080のフルHDを採用。ソニー独自の「X-Reality PRO」エンジンを搭載しているため、テレビやゲーム、ブルーレイなどあらゆるコンテンツを鮮明な映像で楽しめます。

全体の音量そのままに、声の音量のみを変えられる「クリアボイス」に対応。ドラマやニュースなど、シーンに応じて好みの声の大きさに設定できます。ゲームや動画、映画など、さまざまなコンテンツを楽しみたい方におすすめの中型テレビです。

東芝(TOSHIBA) ハイビジョンLED液晶テレビ REGZA 32V31

動画配信サービスを楽しめる中型テレビ。みるコレ機能が搭載されており、好きなジャンルのテレビやインターネット動画などから手軽に見つけられるのが特徴です。

地上デジタル・BS・110°CSデジタル放送用のチューナーを3基ずつ搭載しているのもポイント。番組を見ながら、別の2つの番組を同時に録画できます。さらに、スピーカーがテレビの前面に配置されているため、迫力ある音声が楽しめるのも魅力です。

パナソニック(Panasonic) デジタルハイビジョン液晶テレビ VIERA TH-32G300

あらゆる映像を色鮮やかに視聴できる中型テレビ。「あざやか色補正回路」により、細部まで高精細な映像を楽しめるのが魅力です。チューナーが2つ搭載されているため、裏番組の録画にも対応しています。

リモコンの「らくらくアイコン」ボタンを押すと、主な機能のアイコンが大きく表示されるのもポイント。番組表も新聞のテレビ欄のように表示されるので、目当ての番組をすぐに探し出せます。

お部屋ジャンプリンク機能に対応しているのも特徴のひとつ。LAN接続することで、録画した番組やデジカメ写真などを別の部屋のVIERAで楽しめます。スリムかつシンプルなデザインで、2台目の中型テレビとしてもおすすめです。

シャープ(SHARP) 液晶テレビ AQUOS 2T-C32AC2

基本機能を抑えた充実したリーズナブルな中型テレビ。外付けHDDをUSBで接続でき、番組の録画が可能です。リモコンで番組表を表示し、目当ての番組を選ぶだけの簡単操作で録画予約ができます。

リモコンに番組検索ボタンが搭載されているのも特徴のひとつ。人名や番組カテゴリ、関連番組などを選ぶだけで素早く好みの番組を検索できます。また、人の声や会話などを聞きやすくする、音声くっきりボタンが搭載されているのも魅力です。コスパを重視する方は、ぜひチェックしてみてください。

ティーシーエル(TCL) スマートテレビ 32S515

Androidシステムを搭載した中型テレビ。豊富なネット動画サービスに対応しているのが特徴。YouTubeやNetflixなどの主要なサービスはリモコンに専用ボタンが用意されており、すぐに起動できます。

クロームキャスト機能を内蔵しているため、スマートフォンで見ている映像やゲームなどをワイヤレスで映し出せるのもポイント。Googleアシスタントに対応しているので、リモコンのボタンを押しながら音声で見たい映像を検索できます。

ドルビーオーディオ対応のため、自宅でも映画館のような迫力のあるサウンドを楽しめるのも魅力。テレビだけではなく、さまざまな動画サービスも楽しみたい方におすすめの中型テレビです。

ハイセンス(Hisense) SMART LED液晶テレビ 32N20

スタイリッシュなデザインの中型テレビです。シンプルでおしゃれなデザインを採用しているため、インテリアに馴染みやすいのが魅力。対応の金具を組み合わせることで壁掛けにも対応しているので、スマートに設置したい方におすすめです。

地上デジタル・BS・110°CSデジタル放送用チューナーを2基搭載。番組の視聴中に裏番組録画が可能です。YouTubeやU-Nextなど合計5つの動画配信サービスに対応しているため、テレビ以外の豊富な動画コンテンツも楽しめます。

市販の外付けHDDに接続できるのもポイント。また、HDMI端子が4つ搭載されており、ゲームやブルーレイレコーダーなど複数のデバイスに繋げられるおすすめのモデルです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 液晶テレビ LT-32A320

ディスプレイにVAパネルを採用している中型テレビです。明暗のコントラストを鮮明に映し出せるのが特徴。6.5msの素早い応答速度で、ゲームやスポーツ観戦もブレることなく快適に視聴できます。

接続端子が豊富なのも魅力のひとつ。2つのHDMI・USB端子にくわえて、3.5mmステレオミニジャックなども備えています。外付けのHDDを接続すれば録画にも対応しており、裏番組の録画も可能なおすすめの中型テレビです。

中型テレビのおすすめモデル|40~43インチ

ソニー(SONY) 4K液晶テレビ BRAVIA KJ-43X8500H

2020年モデルの中型テレビ。あらゆる映像を4K相当の鮮明な映像にアップコンバート可能です。また、ドルビーアトモスにも対応しているため、臨場感のある音を楽しめます。

独自の「My BRAVIA」を利用すると、話題の番組や特集コンテンツをチェックできるのもポイント。いつもと違うジャンルの作品に出合うきっかけも作れます。

フレームには光沢処理をした上にヘアライン加工も施されており、上品で洗練されたデザインを実現。インテリアに馴染みやすいおすすめの中型テレビです。

ソニー(SONY) 4K液晶テレビ BRAVIA KJ-43X8500G

鮮明な4K映像を楽しめる43インチの中型テレビ。テレビやインターネット上の動画コンテンツを、4K画質へアップコンバートできます。さまざまな映像を高コントラストに処理できるので、画質を重視する方におすすめです。

Android TV機能を搭載しているため、動画以外にもゲームやショッピングなどさまざまなアプリを追加して楽しめます。リモコンにはGoogleアシスタントボタンが搭載されており、音声による動画検索も可能です。

また、スマートフォンを使えば外出先から録画予約できるのもポイント。利便性に優れたモデルを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

東芝(TOSHIBA) ハイビジョンLED液晶テレビ REGZA 43M540X

美しい映像が楽しめる43インチの中型テレビ。再生する動画ごとの特性をクラウドから取得し高画質処理を行うことで、さまざまなコンテンツを高精細に映し出せるのが特徴です。

音像補正技術により、音声がスピーカーからではなく画面から聞こえるように調節されているのもポイント。映像と音声がマッチした臨場感あふれる再生を実現しています。

画面の枠が目立たないベゼルレスデザインを採用。画面以外の要素はスタンドに集約されているため、映像に集中しやすいのも魅力です。スタンドには転倒防止機能が搭載されているので、安心して視聴できます。

東芝(TOSHIBA) ハイビジョンLED液晶テレビ REGZA 43Z730X

全面直下LEDバックライトを搭載している中型テレビ。LEDの点灯エリアを細かくコントロールすることで、輝度の高さと黒の締まりを両立し、高いコントラストを実現しています。

放送中の番組をオープニングから見たり、録画予約をしていない過去の番組を見たりできるタイムシフトマシンに対応。タイムシフトマシンの録画時間は視聴スタイルに合わせてカスタマイズ可能です。

独自の音響システムによる、クリアな重低音も特徴のひとつ。画面から音が聞こえる音像補正技術や、人の声を聞き取りやすくするクリア音声機能が搭載されているため、ドラマや映画を臨場感たっぷりで楽しめます。

パナソニック(Panasonic) 4K液晶テレビ VIERA TH-43GR770

ブルーレイディスクドライブを搭載した43インチの中型テレビ。4Kチューナーを2つ搭載しているので、2TBの内蔵HDDに裏番組の録画が可能です。本体に直接ブルーレイディスクを挿入すれば、映画の再生や、録画番組のダビングができます。

HLGとHDR10の2つのHDRフォーマットに対応しているため、テレビやブルーレイの映像などあらゆるコンテンツを高コントラストで視聴可能。また、IPS液晶パネルを搭載しているので斜めからでも見やすく、自由な位置や姿勢で視聴できるのも魅力です。

地上デジタル放送やブルーレイ、ネット動画を部分ごとに細かく解析して4K相当にアップコンバート可能。さらに、動きの速い映像を滑らかにするクリアモーションやスポーツモードなども搭載されています。画質にこだわる方におすすめの中型テレビです。

パナソニック(Panasonic) 4K液晶テレビ VIERA TH-43HX850

転倒防止スタンドを採用した中型テレビ。スタンド底面に搭載された吸盤が接地面に吸着するため、簡単に倒れるのを防ぎます。地震に強いことはもちろん、直接手を触れたりぶつかったりしても倒れにくいので、ペットや子供のいる家庭にもおすすめです。

高画質技術の「ヘキサクロマドライブ」を搭載したことで、より鮮やかな色を再現できるのもポイント。また、4つのHDRフォーマットに対応しており、高コントラストな映像を楽しめます。

さらに、ドルビーアトモスに対応しているのも魅力。映画館のような本格的な立体音響を家庭で楽しめるおすすめのモデルです。

シャープ(SHARP) 4K液晶テレビ AQUOS 4T-C43CN1

AQUOSブランドにおけるフラッグシップモデルの中型テレビ。8K液晶テレビ向けに開発した色再現回路を応用したことで、色彩豊かな映像を再現できるのが特徴です。

パネルには映り込みの少ない「N-Blackパネル」を採用。外光や照明の反射を低減し、しっかりと黒を表現することで美しく見やすい映像を実現します。バックライトに独自の高効率LEDを搭載しているため、消費電力を抑えつつ明るい映像を視聴可能です。

スピーカーシステムの配置場所や角度が工夫されているので、音の広がりを感じやすいのもポイント。臨場感豊かな音を楽しめます。画質と音質のどちらにもこだわりたい方におすすめのモデルです。

シャープ(SHARP) 4K液晶テレビ AQUOS 4T-C40CL1

高画質な4K映像を楽しめる中型テレビ。新開発の4K画像処理エンジンを搭載しているため、高精細かつ色鮮やかな映像を視聴可能。複数のHDR規格に対応し、映像内の質感や奥行き感を高コントラストでリアルに再現します。

よく見る番組や利用した時間を分析し、新しいコンテンツを提案するクラウドの人工知能機能「ココロビジョン」に対応。テレビ番組に限らず、音楽やゲーム、地域のイベント情報なども知らせるので便利です。

スマートスピーカーとの連携に対応しているため、音声によるハンズフリー操作が可能。また、スタンドが回転式なので、周辺機器の接続や掃除の際に動かしやすいのもポイントです。