「三徳包丁」は、肉・野菜・魚などあらゆる食材に対応できるので1本持っておくと便利な包丁です。しかし、素材やサイズなどもさまざまで、どれが自分に合っているか迷ってしまいがち。

そこで今回は、三徳包丁の選び方とおすすめの製品をご紹介します。記事を参考に、自分に合った三徳包丁を見つけて料理を楽しんでみてください。

三徳包丁とは?

日本はもともと肉食の文化がありませんでしたが、戦後洋食が一般的になってきた際に生み出されたのが三徳包丁です。「三徳」とは、「三つの用途」を意味しており、肉や魚、野菜などあらゆる材料対応できます。

三徳包丁の用途

By: amazon.co.jp

三徳包丁は家庭用として最も一般的であり使いやすいので、最初の包丁として選ぶのにおすすめです。また、「万能包丁」とも呼ばれ、あらゆる食材に対してさまざまな切り方が可能です。

三徳包丁の刃元は触れる面積が大きいのでレタスやキャベツなどカサの大きな野菜が切りやすく、リンゴの皮むきや大根のかつらむきにも適しています。

三徳包丁の刃先は触れる面積が狭く一点に集中するので食材に切り込みが入れやすく、肉や魚の下ごしらえに適しています。

三徳包丁と牛刀との違い

By: amazon.co.jp

三徳包丁と牛刀との大きな違いは形状と用途の2つ。牛刀は刃渡りが長めの仕様で、切っ先が鋭いのが特徴です。刺身を引いたり、肉や魚を骨に沿って切り離したりする場合などに便利。基本的には三徳包丁を用い、肉や魚を切る際には牛刀を用いるというように使い分けをすると効率的です。

三徳包丁の選び方

刃の材質で選ぶ

By: amazon.co.jp

三徳包丁に「切れ味」を求める方におすすめの素材が鋼です。トマトなどの柔らかい食材なら包丁の重さだけで切れるほど、切れ味に優れています。硬い素材なので魚の骨なども切れてしまう使い勝手のよさも魅力です。また、同じ価格帯ならステンレスに比べて切れ味がよく、鋭い切れ味が長く続きます。

研ぐことで切れ味が戻りやすく、きちんと手入れをすれば何年も使い続けられるのもポイント。プロ仕様の三徳包丁を求めている方や三徳包丁にこだわりたい方におすすめです。

デメリットは錆びやすさと、硬さがある分ステンレスに比べ柔軟性がなく欠けやすいこと。三徳包丁に水分が付いたまま放っておくと錆びてしまうため、料理が終わった後はすぐに洗ってしっかり水気を拭きとることが重要です。

ステンレス

By: amazon.co.jp

一定の切れ味がある家庭用三徳包丁として使用されることの多い素材です。鋼に比べて頻繁な手入れがいらず、錆びにくいのが特徴。ある程度の重さがあるので玉ねぎのみじん切りなど重さがあると便利な調理も簡単に行えます。また、柔軟性があるので欠けにくく、長持ちするのも魅力です。

多くのステンレス製三徳包丁に使われているのは、モリブデン鋼やモリブデンバナジウム鋼という素材。丈夫なため、医療用メスにも採用されている素材です。

なお、錆びにくいとはいえ全く錆びないわけではないので塩水が付いたまま放置したり、水につけたままにしたりするのは避けましょう。使い勝手のよいステンレス三徳包丁でも、きちんと研ぐのが重要。鋼ほどまめなメンテナンスは必要ありませんが、日常のメンテナンスは研ぎ器で、切れ味に不安を覚えたら砥石でしっかり手入れをするのがおすすめです。

セラミック

By: amazon.co.jp

 
透明感のない白さが特徴の素材。セラミックは、非常に硬いので強度があり、熱に強いのが特徴です。金属とは違って錆びることがない上、食材に金属臭が付くこともありません。

また、非常に軽く、長時間の料理でも疲れにくいのもポイントです。購入しやすい安価な価格ながら切れ味も抜群。他の素材に比べてメンテナンスも不要なので、頻繁に料理をしない方や三徳包丁を使い始めたばかりの方におすすめの素材です。

ただし、金属製三徳包丁に比べかなり軽いので、普段金属製の包丁に慣れている方は初めのうちは扱いにくさを感じるかもしれません。重さがないので玉ねぎのみじん切りや大型の魚をさばく、厚い肉を切るのはやや不向きです。

衝撃にも非常に弱いため、落としたり、硬い骨を無理に切ったりすれば欠けてしまうので注意が必要。研ぐ際は砥石ではなくセラミック対応の包丁研ぎ器を用意しましょう。

チタン

By: amazon.co.jp

チタンの特色を生かした「チタンコーティング」を施した三徳包丁もあります。チタンは軽く丈夫な上、錆びないのが特徴。海水に入れてもほとんど錆びず腐食しないと言われているので、潜水艦や橋の足にも採用されている素材です。

チタンを使用した三徳包丁もほとんど錆びることがないのでセラミック同様手入れが簡単。また、非常に軽いので取り扱いしやすく、女性でも簡単に調理が行えます。

さらに、チタンの大きな魅力は「光触媒効果」を持っていること。雑菌や汚れに対し、蛍光灯や日光の紫外線を当てると殺菌できる効果があります。後から付与できるものではなくチタンそのものの特徴なので、常に清潔に保ちたい方におすすめです。

他にも、高温に強いので、食器洗浄機で洗える手軽さもメリット。ただし、鋼やステンレスの三徳包丁に比べると、切れ味にやや物足りなさを感じることもあります。魚をさばくのにはやや不向きですが、通常の調理で困ることはありません。さまざまな食材に触れる三徳包丁だからこそ、清潔さを大切にしたい方におすすめの素材です。

刃渡りや重さで選ぶ

By: rakuten.co.jp

三徳包丁を選ぶ際には刃の素材も重要ですが、刃渡りも判断材料に入れておきましょう。一般的に使いやすいとされているサイズは15~18cmの包丁ですが、キッチンが広くまな板も大きいモノを使っている場合は19~21cmもおすすめです。

また、三徳包丁の重さも重要な判断材料のひとつです。重みがあると、三徳包丁自体の重さが使えるので食材が切りやすく安定性もあります。しかし、重すぎると腕に負担がかかってしまうので注意が必要。130~200g前後を目安とするのがおすすめです。

ハンドルの握りやすさで選ぶ

By: amazon.co.jp

ハンドルの大きさや形によっても、握りやすさが変わります。手にフィットする様に工夫されている三徳包丁や、すべり止めが付いている三徳包丁などをチェックして選んでみてください。

衛生面を重視するならオールステンレス

全てステレンレスで作られている「オールステンレス」タイプの三徳包丁は、ハンドルまでしっかりと洗えるので衛生的に使えます。また、食洗機対応のモデルも多数リリースされているので、洗いやすい三徳包丁を探している方はチェックしてみてください。

三徳包丁のおすすめブランド・メーカー

安田刃物

By: amazon.co.jp

1957年に創業した岐阜県関市に本社を置く包丁メーカー。一般的にあまり知られていないメーカーですが、同社のブランド「関虎徹」の三徳包丁をはじめとした包丁は、プロの料理人からも高い評価を得ています。

藤次郎

By: rakuten.co.jp

藤次郎は、包丁専門の一貫製造のメーカーです。1953年の創業当時から「最高の切れ味」にこだわり続けており、金属板から金型で打ち抜いて成形を行うため、安定した品質と効率のよい生産性が特徴です。三徳包丁をはじめ、国内だけでなく海外でも支持されており、プロの料理人も愛用しています。

吉田金属

By: amazon.co.jp

1954年に創業された包丁メーカー。洋食器メーカーとして出発した同社は創業以来、常に新しい技術と可能性を追求し、ステンレス包丁の研究にも着手しました。

1983年には刀身からハンドルまでオールステンレス一体構造包丁の「GLOBAL」シリーズをリリース。発表当初から30年を越えた今でも支持されている三徳包丁でもおすすめのシリーズです。

ヘンケルス(ZWILLING J.A.HENCKELS)

By: rakuten.co.jp

1731年創業。ドイツ・ゾーリンゲンに本社を置き、280年の歴史がある包丁を中心とした世界屈指のキッチン用品ブランドです。左右非対称で握りやすいハンドルの三徳包丁など、そのデザイン性は世界で高く評価されています。製造は日本でも行っており、三徳包丁は日本製のものが多く揃っています。

貝印

By: amazon.co.jp

日本での家庭用包丁シェア率トップクラスの貝印。1908年の創業以来、100年以上高品質の刃物を作り続けています。日本はもちろん、海外からのオファーも多く、欧米限定商品が販売されるほど人気。

三徳包丁では「関孫六シリーズ」が有名です。その他の三徳包丁も幅広い商品展開と時代に合わせたデザインはもちろん、ハイクオリティかつリーズナブルな価格で高い評価を得ています。

非常に品揃えがよいので、細かなニーズにも合ったアイテムが見つかるでしょう。ご家庭用の使いやすいステンレス三徳包丁はもちろん、プロ仕様の鋼の一級品まで、貝印ならすべて揃っているメーカーです。

三徳包丁のおすすめランキング

第1位 貝印 関孫六 三徳包丁 匠創 AB5156

貝印の関孫六シリーズのステンレス製三徳包丁です。丈夫で錆びにくい「ハイカーボンステンレス」素材を採用。通常のステンレスに比べカーボン(炭素)の配合を増やすことでより硬度を上げ、丈夫で切れ味がよくなるよう工夫されています。

刃とハンドル部分が一体化しているオールステンレスを採用しており、柄までキレイに洗えるので清潔に保てます。食器洗浄機が使える手軽さも便利。刃渡りは非常に使い勝手のよい16.5cm。小型のまな板でも取り扱いがしやすく、便利なサイズです。

また、刃が薄く硬めなので食材への抵抗が少なく、スッと切れる快適さもポイント。エッジ部分の角度がなめらかなため、ジャガイモの芽取りや栗の皮むきがしやすいのも特徴です。

さらに、手にフィットする流線型のハンドルデザインなので女性の手でも滑りにくく調理しやすいのもメリット。三徳包丁は両刃なので右利き・左利きどちらでも使え、包丁研ぎ器で簡単に研げます。価格もリーズナブルなので、高品質ながら安い三徳包丁を探している方におすすめです。

第2位 安田刃物 関虎徹 三徳包丁 YG300

高級な「V金10号」を採用した安田刃物の三徳包丁。カーボン配合率が高いため、硬く丈夫なのが特徴です。研げば鋭い切れ味に戻りやすいのもポイント。18cmとやや長めの刃渡りは料理に慣れている方に向いています。大きめの刺身も切りやすいサイズです。

また、錆びにくく刃持ちがよいので、長期間一定の切れ味をキープしてくれます。頻繁に研ぐのが面倒な方や研ぐ時間が取れない方にもおすすめ。ステンレス製三徳包丁としてはやや高価ですが、高品質で使い勝手のよい仕上がりです。

柄は水分に強く腐食しにくい積層強化木を採用。木製の柄は滑りにくく、しっかり握れるので刻み料理が多い方にも適しています。ワンランク上の包丁を探している方におすすめ。工房で1本1本職人が磨きをかけた、信頼の日本製三徳包丁です。

第3位 下村工業 ネオヴェルダン ミドル三徳包丁 NVD-05

刃渡り14.5cmと小ぶりな三徳包丁。刃渡りが短めで扱いやすいだけでなく、オールステンレスなので食器洗浄機で簡単に洗える上、わずか120gとステンレスのなかでも軽いため、三徳包丁を初めて購入する方にもおすすめ。頻繁に料理をする方はサブの三徳包丁として使っても便利です。

刃の材質はモリブデン鋼を採用しており、ステンレス素材としては非常にメジャー。軽いだけでなく錆びにくいのも特徴です。柄はフラットフォルムに加えて、エッジがカーブしているので角が手にあたりにくく誰の手にも優しくフィットする作り。

もちろん両刃なので右利き・左利きどちらでも使え、家族に利き手が違う方がいても安心です。価格もリーズナブルなので安くて手軽に使いこなせる三徳包丁を探している方に適しています。

第4位 京セラ(KYOCERA) 三徳包丁FKR-160RD

京セラのセラミック三徳包丁です。京セラはかつて「京都セラミック株式会社」と言う名前であり、まさにセラミックのスペシャリストと言えます。セラミックは丈夫で軽く、美しい乳白色が魅力です。

刃渡りは16cmなので汎用性が高いもの特徴。セラミックの基本的な特徴である錆びにくさと切れ味のよさ、切れ味が長持ちするなどのメリットはすべて備えています。

刃、柄ともに熱に強いので食器洗浄機で丸洗いも可能。漂白除菌もできるので、食材の色素が付いてしまっても美しい乳白色に戻せます。ステンレスなどの金属に漂白剤を使うと錆びの原因になるため、清潔感を大切にしたい方にもおすすめです。

柄は硬化プラスチックであるポリプロピレンを採用。非常に強い素材なので耐摩耗性や耐熱性に優れ、使い勝手がよいのが特徴です。プラスチックはステンレスや木の柄と比べやや滑りやすいのが難点ですが、本製品は柄も握りやすいデザインのため、滑りにくさにもこだわっています。

第5位 ヘンケルス(ZWILLING J.A.HENCKELS) ミラノα 三徳包丁 19758-461

流線型がスタイリッシュなオールステンレスの三徳包丁です。美しいフォルムと高品質さを併せ持ち、さらに切れ味がよいのも特徴。ぷっくりと膨らんだハンドルは女性・男性どちらの手にも持ちやすく、優しくフィットします。

1本1本日本の職人によって研ぎあげられているのもポイントです。刃には特殊な焼き入れを施したヘンケルス独自の素材を採用しており、切れ味の持ち、耐久性、耐蝕性すべてにおいて優れた仕上がり。

刃渡りは18cmとやや大きめなので、大型の魚や肉を調理するのにもピッタリです。もちろん食器洗浄機も使用可能なので、お手入れも簡単。使い勝手のよいオールステンレスの三徳包丁を探している方におすすめです。

第6位 堺孝行 槌目ダマスカス 三徳 07392

ご家庭でもプロ並みの特に質の高い三徳包丁を求める方におすすめの堺孝行ブランド。その中でも特に人気なのが、「ダマスカス」シリーズです。他にはない、神秘的で優雅な模様を描いた刃が特徴。美しいだけでなく、ダマスカス特有の模様で高級感のある包丁です。

本製品はハンマーでたたくことで金属間の空白をなくし、より強度のある高級ステンレスに仕上がっています。刃渡りは18cmなのでどんな食材も調理しやすいのが特徴。デザイン性に優れているので他とは違う個性的な三徳包丁を探している方はもちろん、非常に切りやすいため初めて三徳包丁を購入する方にもおすすめです。

第7位 柳宗理 キッチンナイフ B0002CETEO

伝統の職人技を大切にしながら、使いやすさとデザイン性の高さを追及している柳宗理ブランドの三徳包丁。清潔に保ちやすいオールステンレスな上、モリブデンとバナジウムを添加した錆に強いステンレスを採用しています。

また、クロームステンレスで本刃をサンドしているので、耐久性があり、硬いものを切っても刃が欠けにくいのもポイント。柄の形状は手のひらにフィットする形を採用しており、長時間使っても疲れを感じさせにくいデザインです。

さらに、エッジの角度がシャープなので、果物の皮むきなどもしやすく本製品1本でさまざまな食材に活用できます。手入れのしやすさと切れ味のよさを求める方におすすめの三徳包丁です。

第8位 霞(KASUMI) 三徳包丁 22018/B

ステンレス素材の刃を、さらにチタンコーティングで仕上げた三徳包丁。錆びにくいステンレスをさらに強くし、金属臭を抑えた仕上がりです。肉や魚を切った後や、洗っているときに金属特有のニオイが気になってしまう方におすすめ。ニオイ移りしにくいので、食材の金属臭も防げます。

また、1本1本職人が手仕上げしており、鋭い切れ味が長持ちするのも特徴。光触媒効果で雑菌にも強く、清潔感と使い勝手のよさを併せ持った三徳包丁です。刃渡りは18cmとやや大きめ。他にはない鮮やかなブルーの刀は、キッチングッズの美しさにこだわりたい方にもおすすめです。

第9位 グローバル(GLOBAL) 三徳 G-46

吉田金属の海外向けブランド、グローバルの三徳包丁。日本ではまだ木製の柄が当たり前だった1983年、吉田金属は刃も柄もオールステンレスである三徳包丁を発表し世界から多大な賞賛を受けました。

それから数十年たった今も、オールステンレスの高品質な三徳包丁を作り続けています。本製品は刃先の滑らかなフォルムが特徴。前方へ押し突いて切るような切り方に適しています。そのため、キャベツの千切りや大根の輪切りなども楽々です。

刃渡り18cmの両刃で、握りやすさと個性的なデザインのハンドルも魅力。長年愛され続けている、こだわりのあるおすすめの三徳包丁です。

第10位 藤次郎 プロ 三徳F-895

プロも愛用する藤次郎シリーズの三徳包丁。オールステンレスに流線型を施した持ち手を採用しており、滑りにくく使いやすい仕上がりです。芯材にコバルト合金、側材にクロームステンレスを採用しており、丈夫さと切れ味のよさを実現。

なかなかメンテナンスができなくても切れ味がキープする上、研ぎ直せばさらによい切れ味を復活できる使い勝手のよさも魅力です。刃渡り17cmと誰にでも扱いやすいのもポイント。使いやすさに優れたおすすめの三徳包丁です。

第11位 安田刃物 兼昇作 YH-2000

素材に、日本刀も用いられた「ヤスキ青紙鋼」を採用してつくられた三徳包丁。刃が欠けたり、刃がこぼれたりしにくく、耐久性に優れています。

鋼でつくられているためこまめな手入れが必要ですが、切れ味抜群なのが魅力。手入れが苦ではない方で、愛着がもてる三徳包丁を探している方におすすめです。

三徳包丁の研ぎ方

By: amazon.co.jp

手入れが簡単な三徳包丁が増えてきてはいるものの、長期間研がずに使い続けていると切れ味が落ちてしまいます。定期的に手入れをして快適に料理ができるようにしておきましょう。

まず、砥石を気泡が出なくなるまで20分程度水につけ、水平で安定した場所に置きます。次に、削りカスである「かえり」が出きるまで、三徳包丁の切っ先、刃中、あごまで全体をしっかりと研いでいきます。最後に、「かえり」を落とせば完了です。

なお、使用する砥石は、家庭で使うのであれば「中砥石」で十分です。また、砥石を水につける時間は製品によって異なるため、説明書などをしっかりと確認してください。