「三徳包丁」は、肉や野菜、魚などあらゆる食材に対応できるので1本持っておくと便利な包丁です。しかし、素材やサイズなどもさまざまで、どれが自分に合っているか迷ってしまいがち。

そこで今回は、三徳包丁の選び方とおすすめの製品をご紹介します。記事を参考に、自分に合った三徳包丁を見つけて料理を楽しんでみてください。

三徳包丁とは?

By: rakuten.co.jp

日本はもともと肉食の文化がありませんでしたが、戦後洋食が一般的になってきた際に生み出されたのが三徳包丁です。「三徳」とは、「三つの用途」を意味しており、肉や魚、野菜などあらゆる材料に対応できます。

三徳包丁の用途

By: amazon.co.jp

三徳包丁は家庭用としても一般的で使いやすいため、最初の包丁として選ぶのにおすすめ。また、「万能包丁」とも呼ばれ、食材に対してさまざまな切り方が可能です。

三徳包丁の刃元は触れる面積が大きいので、レタスやキャベツなどカサの大きな野菜が切りやすく、リンゴの皮むきや大根のかつらむきにも適しています。

また、刃先は触れる面積が狭く一点に集中するため食材に切り込みが入れやすく、肉や魚の下ごしらえにおすすめです。

三徳包丁と牛刀との違い

By: amazon.co.jp

三徳包丁と牛刀との大きな違いは形状と用途の2つ。牛刀は刃渡りが長めの仕様で、切っ先が鋭いのが特徴です。刺身を引いたり、肉や魚を骨に沿って切り離したりする場合などに便利。基本的には三徳包丁を用い、肉や魚を切る際には牛刀を用いるというように使い分けをすると効率的です。

三徳包丁の選び方

刃の材質で選ぶ

By: amazon.co.jp

三徳包丁に切れ味を求める方におすすめの素材が鋼です。トマトなどの柔らかい食材なら、包丁の重さだけで切れるほど切れ味に優れます。硬い素材なので魚の骨なども切れてしまう使い勝手のよさも魅力です。また、同じ価格帯ならステンレスに比べて切れ味がよく、鋭い切れ味が長く続きます。

研ぐことで切れ味が戻りやすく、きちんと手入れをすれば何年も使い続けられるのもポイント。プロ仕様の三徳包丁を求めている方や調理器具を長く使いたい方におすすめです。

デメリットは錆びやすさと、硬さがある分ステンレスに比べ柔軟性がなく欠けやすいこと。三徳包丁に水分が付いたまま放っておくと錆びてしまうため、料理が終わった後はすぐに洗ってしっかり水気を拭きとることが重要です。

ステンレス

By: amazon.co.jp

一定の切れ味があり、家庭用三徳包丁として使用されることの多い素材です。鋼に比べて頻繁な手入れがいらず、錆びにくいのが特徴。ある程度の重さがあるので、玉ねぎのみじん切りなど重さがあると便利な調理も簡単に行えます。また、柔軟性があるため欠けにくく、長持ちするのも魅力です。

多くのステンレス製三徳包丁に使われているのは、モリブデン鋼やモリブデンバナジウム鋼という素材。丈夫なため、医療用メスにも採用されている素材です。

なお、錆びにくいとはいえ、塩水が付いたまま放置したり、水につけたままにしたりするのは避けましょう。使い勝手のよいステンレス三徳包丁でも、きちんと研ぐのが重要。鋼ほどまめなメンテナンスは必要ありませんが、日常のメンテナンスは研ぎ器で、切れ味に不安を覚えたら砥石でしっかり手入れをするのがおすすめです。

ダマスカス鋼

By: amazon.co.jp

ダマスカス模様と呼ばれる波紋状の模様が特徴の素材。多くの場合、異なる種類の金属を何十層にも重ね合わせて鍛造することで模様を表面に浮かび上がらせています。使われる金属や積層の数などによって、1本1本異なる見た目になることも特徴です。

ダマスカス鋼を用いた三徳包丁は、錆びにくさと鋭い切れ味が魅力。特徴的な鍛造方法によって得られる切れ味や耐久性は、三徳包丁の素材のなかでも上位に位置するため、あらゆる要素に妥協したくない方におすすめです。

高品質な素材なので、高価なモデルが多い点には注意が必要。見た目にも性能にもこだわる方に適しています。

セラミック

By: amazon.co.jp

透明感のない白さが特徴の素材。セラミックは、非常に硬いので強度があり、熱に強いのが特徴です。金属とは違って錆びることがないうえ、食材に金属臭が付くこともありません。

また、非常に軽く、長時間の料理でも疲れにくいのもポイントです。購入しやすい安価な価格ながら切れ味も良好。ほかの素材に比べてメンテナンスも不要なので、頻繁に料理をしない方や三徳包丁を使い始めたばかりの方におすすめの素材です。

ただし、金属製の三徳包丁に比べて軽いため、普段金属製の包丁に慣れている方は使い始めに扱いにくさを感じる場合もあります。また、重さを利用して玉ねぎのみじん切りや大型の魚をさばく、厚い肉を切るといった際にはやや不便です。

衝撃にも非常に弱く、落としたり、硬い骨を無理に切ったりすると欠けてしまうので注意が必要。研ぐ際は砥石ではなくセラミック対応の包丁研ぎ器を用意しましょう。

チタン

By: amazon.co.jp

三徳包丁のなかには、チタンの特色を生かした「チタンコーティング」を施したアイテムもあります。チタンは軽く丈夫なうえ、錆びないのが特徴。海水に入れてもほとんど錆びず腐食しないといわれており、潜水艦や橋の足にも採用されている素材です。

チタンを使用した三徳包丁もほとんど錆びることがないため、セラミック同様手入れが簡単。また、非常に軽いので取り扱いしやすく、簡単に調理が行えます。

さらに、チタンの大きな魅力は「光触媒効果」を有していること。蛍光灯や日光の紫外線を当てることで殺菌効果が期待できます。常に清潔に保ちたい方におすすめです。

刃渡りや重さで選ぶ

By: amazon.co.jp

三徳包丁を選ぶ際には刃の素材も重要ですが、刃渡りも判断材料に入れておきましょう。一般的に使いやすいとされているサイズは15~18cmの包丁ですが、キッチンが広くまな板も大きいモノを使っている場合は19~21cmもおすすめです。

また、三徳包丁の重さも重要。重みがあると、三徳包丁自体の重さを利用できるため、食材が切りやすく安定感もあります。しかし、重すぎると腕に負担がかかってしまうので要注意。130~200g前後を目安とするのがおすすめです。

ハンドルの握りやすさで選ぶ

By: rakuten.co.jp

ハンドルの大きさや形によっても、握りやすさが変わります。手にフィットする様に工夫されている三徳包丁や、すべり止めが付いている三徳包丁などをチェックして選びましょう。

衛生面を重視するならオールステンレス

By: amazon.co.jp

全てステレンレスで作られている「オールステンレス」タイプの三徳包丁は、ハンドルまでしっかりと洗えるので衛生的に使えます。また、食洗機対応のモデルも多数発売されているため、洗いやすい三徳包丁を探している方はチェックしてみてください。

三徳包丁のおすすめブランド・メーカー

安田刃物

By: amazon.co.jp

1957年に創業した岐阜県関市に本社を置く包丁メーカー。一般的にあまり知られていないメーカーですが、同社のブランド「関虎徹」の三徳包丁をはじめとした包丁は、プロの料理人からも高い評価を得ています。

藤次郎

By: tojiro.net

藤次郎は、包丁を専門に一貫製造しているメーカー。1953年の創業当時から「最高の切れ味」にこだわり続けており、金属板から金型で打ち抜いて成形を行うため、安定した品質と効率のよい生産性が特徴です。三徳包丁をはじめ、国内だけでなく海外でも支持されており、プロの料理人も愛用しています。

吉田金属

By: amazon.co.jp

1954年に創業された包丁メーカー。洋食器メーカーとして出発した同社は創業以来、常に新しい技術と可能性を追求し、ステンレス包丁の研究にも着手しました。

1983年には刀身からハンドルまで、オールステンレス一体構造の「GLOBAL」シリーズを展開。発表当初から30年を越えた今でも支持されており、三徳包丁もおすすめのシリーズです。

ヘンケルス(ZWILLING J.A.HENCKELS)

By: rakuten.co.jp

1731年創業。ドイツ・ゾーリンゲンに本社を置き、280年の歴史がある包丁を中心とした世界屈指のキッチン用品ブランドです。左右非対称で握りやすいハンドルの三徳包丁など、そのデザイン性は世界で高く評価されています。製造は日本でも行っており、三徳包丁の多くは日本製です。

貝印

By: amazon.co.jp

日本での家庭用包丁シェアがトップクラスの貝印。1908年の創業以来、100年以上高品質の刃物を作り続けています。日本はもちろん、海外からのオファーも多く、欧米限定モデルが発売されるほどの人気です。

三徳包丁では「関孫六シリーズ」が有名。そのほかの三徳包丁も幅広いアイテム展開と時代に合わせたデザインはもちろん、ハイクオリティかつリーズナブルな価格で高い評価を得ています。

品揃えがよく、細かなニーズにも合ったアイテムもラインナップ。家庭用の使いやすいステンレス三徳包丁はもちろん、プロ仕様である鋼の一級品まで揃っているメーカーです。

三徳包丁のおすすめランキング

第1位 藤次郎(TOJIRO) TOJIRO PRO DPコバルト合金鋼割込 三徳 F-895

業務用の切れ味を体感できる三徳包丁。プロ級の切れ味を実現するコバルト合金鋼を芯材として使用しています。側材に錆びにくい13クロームステンレス鋼を複合することによって、鋭い切れ味と手入れの手軽さを両立していることが特徴です。

ハンドルに波型の凹凸がデザインされていることもポイント。料理中に水や油が手についた状態でハンドルを握っても、滑りにくくなっています。デザインとしてもスタイリッシュなのも魅力です。

汚れが溜まりにくい、刀身からハンドルまで継ぎ目がないオールステンレス製。丸洗いできるので、清潔な状態で使い続けられます。

第2位 吉田金属 GLOBAL 三徳 G-57

スタイリッシュなデザインの三徳包丁。ハンドルと刀身に継ぎ目がないオールステンレス一体構造のため、衛生的に使えることが特徴です。水分によって腐食し、刃が抜け落ちる心配がないので、長期間でも安心して使えます。

刃先の形状には、軽い刃離れを実現する緩やかなカーブのはまぐり刃を採用。刃先とまな板の接するポイントが長いため、包丁を前方へ押し突くような切り方に適しています。

ハンドルにはシリーズ伝統のブラックドットをデザイン。握った際の滑り止めになることはもちろん、見た目もおしゃれなので、デザインにこだわる方にもおすすめの三徳包丁です。

第3位 貝印 関孫六 匠創 三徳包丁 AB5156

切れ味が持続しやすい三徳包丁。刀身に炭素を多く含んだ鋼材を使用することで、切れ味が長持ちしやすいことが特徴です。継ぎ目のないオールステンレスデザインを採用しているため、熱湯消毒が可能。食器洗浄機や食器乾燥器にも対応しています。

「スキ加工」と「三段階研削加工」により、従来よりも薄い刃先を実現。食材への抵抗が軽減され、鋭い切れ味で料理を楽しめます。エッジ部分が滑らかになっているので、野菜の皮むきやじゃがいもの芽取りなどが簡単にできるのも魅力です。

流線型のハンドルデザインは、指がかりがよくグリップ感が高いため、安心して使えることもポイント。切れ味や手入れの手軽さ、操作性などのバランスに優れている、初心者におすすめの三徳包丁です。

第4位 安田刃物 関虎徹 三徳包丁 YG300

安田刃物を代表する「関虎徹」の三徳包丁。刃の材質に、高級ステンレスであるV金10号が用いられています。コバルトとモリブデンバナジウムが添加されているため、硬さと錆びにくさが向上しており、長期間の使用でも切れ味が落ちにくいことが特徴です。

サブゼロ処理と呼ばれる焼き入れによって生まれる、頑丈な刀身も魅力のひとつ。刃物の街として知られる岐阜県関市の工房で、職人が1本1本手作業で刃先を研ぎ刃付けを行っているため、トマトを薄切りできるほどの切れ味を実現しています。

ハンドルには積層強化木を採用し、強度と高級感を両立。丸みを帯びているので握りやすく、安定して使えるおすすめの三徳包丁です。

第5位 ヘンケルス(ZWILLING J.A.HENCKELS) ミラノα 三徳包丁 19758-481-0

刃渡り18cmのやや大きめな三徳包丁。刀身に特殊冷硬焼き入れを施した独自の素材を用いることで、切れ味はもちろん耐久性・耐蝕性・持続性にも優れています。職人により研ぎ上げられた、高品質な刃付けが魅力です。

刃先の直線部分が長めに作られているので、押し切りに向いていることも特徴のひとつ。刀身からハンドルまで全てステンレスの一体型の構造で成形されているため、丸洗いができ、衛生面に優れています。

中空ハンドルを採用したことで、フルメタルデザインながら軽量化を実現。流線型のフォルムも美しく、おしゃれな三徳包丁を探している方におすすめです。

第6位 下村工業(SHIMOMURA) ヴェルダン 三徳包丁 OVD-11

コストパフォーマンスに優れた三徳包丁。刀身の素材にはモリブデンバナジウム鋼を採用。職人の手による伝統的な水研ぎ刃付けによって刃付けがされています。刃先に向かってカーブを描くはまぐり刃に仕上げられているため、持続性に優れていることが特徴です。

継ぎ目のないオールステンレス製なので、 汚れをサッと洗い流すことが可能。食器洗浄機にも対応しているため、使用後の手入れが簡単なのも魅力です。ハンドルには流線型のフォルムを採用。おしゃれなうえに握りやすく、安全に使えます。

価格が非常にリーズナブルなことも魅力のひとつ。低価格な三徳包丁を探している方におすすめです。

第7位 貝印 関孫六 ダマスカス 三徳包丁 AE5200

関孫六の最上位シリーズに位置する三徳包丁。異なるステンレス素材を32層に折り重ねて作られており、刀身に薄っすらと浮かぶダマスカス模様が特徴です。長年培ってきた独自技術の刃付けにより、鋭い切れ味が体験できます。

切れ味が長期間維持しやすいことも特徴のひとつ。食材の味や見た目を損なうことなく、素早く切ることが可能です。丈夫な刀身は刃の持続性と研ぎやすさを両立しているので、切れ味が落ちても簡単に復活させられます。

ハンドルの素材には積層強化木を採用。ステンレスの口金と尻金で耐久性を向上させながら見た目にも美しい仕上がりを実現しています。プロレベルのアイテムを求める方におすすめの三徳包丁です。

第8位 スミカマ(SUMIKAMA) 霞 チタンコーティング 三徳包丁 No.22018

カラーバリエーションが豊富な三徳包丁。刃には、表面にチタンコーティングが施されたモリブデンバナジウム鋼が採用されています。熟練職人によって丁寧に刃付けされていることも特徴。シャープな切れ味が体験できます。

チタンコーティングによってニオイ移りしにくく、金属臭が少ないこともポイント。肉や魚などの生モノを、ニオイを気にせずに料理できます。耐摩耗性にも優れているため傷が付きにくく、長期間使い続けられることもメリットです。

丸みを帯びたハンドルは握りやすく、グリップ感に優れています。複数のカラーバリエーションが展開されているので、個性的なデザインを求める方におすすめの三徳包丁です。

第9位 京セラ(KYOCERA) 三徳ナイフ FKR-140

刃渡り14cmの小型な三徳包丁。刃の材質にセラミックを採用していることが特徴です。切れ味が鋭く、パンやトマトなどの柔らかい食材も潰さずに切れます。刃先がはまぐり形状になっているので、食材を切るときの抵抗が少なく、刃離れがよいことも魅力です。

金属ではなくセラミックなので、生魚やフルーツを切っても錆びないこともポイント。野菜に金属特有のニオイが移ることもなく、快適に料理が楽しめます。セラミックは非常に硬いため、長期間鋭い切れ味をキープ可能です。

熱に強いため、食器洗浄機や食器乾燥機が利用できることもメリット。漂白除菌も可能なので、清潔な状態で使い続けられます。手入れに手間をかけたくない方におすすめの三徳包丁です。

第10位 貝印 関孫六 茜 三徳包丁 AE2905

スタンダードな三徳包丁。芯材として高硬度のステンレス刃物鋼、側面にステンレス材を使う「ステンレス三層鋼」を採用し、錆びにくさと研ぎやすさを両立しています。ハンドルは耐熱性に優れた樹脂製なので、食器洗浄機や食器乾燥機の利用も可能です。

「スキ加工」と「三段階研削加工」の2種類の加工を施すことで、刃先を薄く仕上げていることも特徴。食材への切り込みがよく、肉や魚を最小限の力で切断できるため、日々の料理を簡単に素早く仕上げられます。

研ぎやすい素材なので、切れ味が落ちても手軽にメンテナンス可能。性能と価格のバランスがよい、おすすめの三徳包丁です。

第11位 安田刃物 源虎徹 三徳包丁 YS900

「源虎徹」シリーズの三徳包丁。高級ステンレス刃物鋼「19C27鋼」を三層構造に加工し、バランスのよい切れ味と研ぎやすさを実現しています。スウェーデン生まれの素材を直輸入し、日本で加工を行っていることも特徴です。

特別な方法を用いて1050℃から-70℃まで冷却するサブゼロ処理により、刀身は非常に頑丈。職人が1本1本手作業で刃先を研ぎ上げ、本刃付けをしていることも魅力です。刃先には日本刀のような美しい模様が浮かび、デザイン性にも優れています。

高純度の鋼を使用しているため研ぎやすく、メンテナンス性に優れている点も特徴のひとつ。柄の後部はグリップ加工されているので、安定した使用感を実現しています。プロも使用する、おすすめの三徳包丁です。

第12位 三星刃物 和 NAGOMI 三徳包丁 nagomi-santoku01

職人の手作業によって作られた三徳包丁。硬度を高める焼き入れ技術により、刃先の硬さと靭性の高さを両立しています。刃こぼれしにくいことはもちろん、鋭い切れ味が長持ちすることも特徴。素材にはサビに強い鋼が採用されています。

丸みのあるハンドルは握りやすく、段差がないので手に馴染むようなグリップ感を味わうことが可能。直感的に扱えるうえに、木目のデザインが美しいため、毎日の料理に楽しく使えます。長時間の使用でも疲れにくいこともメリットです。

硬すぎない鋼を採用しているので、月に2回程度新聞紙で研ぐだけで切れ味が長持ちします。手入れが簡単ながら鋭い切れ味を持つ、おすすめの三徳包丁です。

第13位 ヘンケルス(ZWILLING J.A.HENCKELS) ツヴィリング マルチパーパスナイフ 30917-161-0

ヘンケルスの高級ブランドであるツヴィリングの三徳包丁。鋼材としてN60ステンレスチールを採用することで、高硬度と耐腐食性を両立したことが特徴です。刃先の直線部分が長めに作られているので、押し切りに適しています。

中央部にウエイトが配置されていることにより、重量バランスがよいことが魅力のひとつ。ハンドルも握りやすい形状なので、安全に料理ができます。ミニマリズムをテーマにした直線的なデザインもポイント。キッチンで見せるように収納するのにも向いています。

オールステンレスなので、汚れが溜まりにくく、食器洗浄機にも対応。おしゃれな三徳包丁を探している方におすすめです。

第14位 下村工業(SHIMOMURA) 村斗 Classic 三徳包丁 MCL-101

下村工業の上位ブランドである「村斗」シリーズの三徳包丁。刀身は三層鋼になっており、芯材にモリブデンとバナジウム、コバルトが添加されたVG10材を採用しています。研ぎやすいうえに鋭い切れ味が長持ちすることが魅力です。

水砥刃付けにより、刃先がはまぐり形状になっていることが特徴のひとつ。食材を切る際の抵抗が少なく、切離れのよさを実現しています。重量と重心バランスが最適化されているため、筋のある肉や硬い食材も軽い切込みで扱えることもポイントです。

ハンドルは柄尻に向かって太くなっている、握りやすく力を伝えやすい形状を採用。プロから家庭までさまざまな方におすすめの三徳包丁です。

第15位 ティファール(T-fal) フレッシュキッチン サントクナイフ K13402

チタンコーティングされた三徳包丁。ステンレススチールの刃にチタン強化コーティングが施されているため、汚れに強く錆びにくいことが特徴です。頑丈なので、シャープな切れ味も長持ちします。

切った後の肉や野菜などの食材がくっつきにくいため、料理をスムーズに進められることも魅力。ニオイも付きにくいので、生魚やフルーツなど、さまざまな食材を次々にカットできます。

エラストマー素材のハンドルは滑りにくく、握りやすい形状。専用の保護カバーも付属するため、使わないときは安全に保管できます。アウトドアに持ち運ぶ際にも便利なので、外に持ち出して使いたい方におすすめの三徳包丁です。

第16位 安田刃物 源虎徹 銀彩ダマスカス 三徳 M100

「源虎徹」シリーズのダマスカス三徳包丁。V金10号を母材とし、両面に硬いステンレスと柔らかいステンレスを交互に16層ずつ積み重ねた多積層構造が特徴です。コバルトが多く添加されていることで、硬く錆びにくくなっています。

ハンドルにはグリップ加工が施されているので、安定した握り心地を実現。33層の金属が織りなす銀彩ダマスカス模様が美しく、見た目にも楽しめます。デザインを重視する方にもおすすめの三徳包丁です。

第17位 パール金属(PEARL METAL) 毘沙門 龍 本割込三徳包丁 F-1291

本割込造りの三徳包丁。芯材にモリブデンバナジウム、側面にはステンレス鋼を用いており、切れ味と錆びにくさを併せ持っているのが特徴です。刀身と口金は一体で、継ぎ目がありません。

食器洗浄機にも対応しているので、使用後の手入れが簡単です。刃渡り16.5cm、重量が約178gと扱いやすいサイズと重量なのもポイント。癖がなく使いやすいおすすめの三徳包丁です。

第18位 貝印 関孫六 わかたけ 三徳包丁 AB5420

シンプルな三徳包丁。ステンレス刃物鋼を採用した刀身にはオリジナルの刃付け技術によって刃付けがされており、鋭い切れ味が持続しやすいことが特徴です。肉や魚、野菜などさまざまな食材をスムーズに切れます。

「特殊スキ加工」で食材の水分による吸盤効果を抑えるため、力を入れずに切ることが可能。ハンドルは耐熱性と耐久性に優れた樹脂製なので、食器洗浄機や食器乾燥機も使えます。価格が安いため、初心者の方におすすめの三徳包丁です。

第19位 ヤクセル(YAXELL) 曜 69層鋼 ディンプル三徳包丁 31237

ディンプル加工されたダマスカス三徳包丁。芯材にコバルト合金VG10号を採用し、優れた硬度と耐腐食性、切れ味を実現しています。両面に34層ずつ鋼材を重ねたことによる、美しいダマスカス模様も特徴です。

ディンプル加工が施されているため、食材の刃離れがよいことも魅力のひとつ。ハンドルにはカンバス生地を幾重にも重ね樹脂加工したカンバスマイカルタを採用し、高い耐久性と滑り止め効果が期待できます。使う程手に馴染むので、自分の手に合った包丁になっていくこともメリットです。

第20位 貝印 関孫六 木蓮 三徳包丁 AE5156

一体口金の三徳包丁。口金と刃身が溶接されているので汚れがたまりにくく、水分の侵入や錆びを防ぐ構造になっています。高硬度の特殊ステンレス刃物鋼が芯材として採用されており、鋭い切れ味と錆びにくさ、研ぎやすさが特徴です。

新技術の刃付けにより、肉や野菜、魚など、食材によらず軽い力で切ることが可能。積層強化木を用いたハンドルは強度が高く、丸みを帯びているためフィット感にも優れています。見た目にも高級感がある、おすすめの三徳包丁です。

三徳包丁の研ぎ方

By: amazon.co.jp

手入れが簡単な三徳包丁が増えてきているものの、長期間研がずに使い続けていると切れ味が落ちてしまいます。定期的に手入れをして快適に料理ができるようにしておきましょう。

まず、砥石を気泡が出なくなるまで20分程度水につけ、水平で安定した場所に置きます。次に、削りカスである「かえり」が出きるように、三徳包丁の切っ先、刃中、あごまで全体をしっかりと研いでいきます。最後に、「かえり」を落とせば完了です。

なお、使用する砥石は、家庭で使うのであれば「中砥石」のみで十分。また、砥石を水につける時間は製品によって異なるため、説明書などをしっかりと確認しましょう。