「三徳包丁」は、肉・野菜・魚などあらゆる食材に対応できるので1本持っておくと便利な包丁です。しかし、素材やサイズなどもさまざまで、どれが自分に合っているか迷ってしまいがち。

そこで今回は、三徳包丁の選び方とおすすめの製品をご紹介します。記事を参考に、自分に合った三徳包丁を見つけて料理を楽しんでみてください。

三徳包丁とは?

日本はもともと肉食の文化がありませんでしたが、戦後洋食が一般的になってきた際に生み出されたのが三徳包丁です。「三徳」とは、「三つの用途」を意味しており、肉や魚、野菜などあらゆる材料に対応できます。

三徳包丁の用途

By: amazon.co.jp

三徳包丁は家庭用として最も一般的であり使いやすいので、最初の包丁として選ぶのにおすすめです。また、「万能包丁」とも呼ばれ、あらゆる食材に対してさまざまな切り方が可能。

三徳包丁の刃元は触れる面積が大きいのでレタスやキャベツなどカサの大きな野菜が切りやすく、リンゴの皮むきや大根のかつらむきにも適しています。

三徳包丁の刃先は触れる面積が狭く一点に集中するので食材に切り込みが入れやすく、肉や魚の下ごしらえに最適です。

三徳包丁と牛刀との違い

By: amazon.co.jp

三徳包丁と牛刀との大きな違いは形状と用途の2つ。牛刀は刃渡りが長めの仕様で、切っ先が鋭いのが特徴です。刺身を引いたり、肉や魚を骨に沿って切り離したりする場合などに便利。基本的には三徳包丁を用い、肉や魚を切る際には牛刀を用いるというように使い分けをすると効率的です。

三徳包丁の選び方

刃の材質で選ぶ

By: amazon.co.jp

三徳包丁に「切れ味」を求める方におすすめの素材が鋼です。トマトなどの柔らかい食材なら包丁の重さだけで切れるほど、切れ味に優れています。硬い素材なので魚の骨なども切れてしまう使い勝手のよさも魅力です。また、同じ価格帯ならステンレスに比べて切れ味がよく、鋭い切れ味が長く続きます。

研ぐことで切れ味が戻りやすく、きちんと手入れをすれば何年も使い続けられるのもポイント。プロ仕様の三徳包丁を求めている方や調理器具を長く使いたいという方におすすめです。

デメリットは錆びやすさと、硬さがある分ステンレスに比べ柔軟性がなく欠けやすいこと。三徳包丁に水分が付いたまま放っておくと錆びてしまうため、料理が終わった後はすぐに洗ってしっかり水気を拭きとることが重要です。

ステンレス

By: amazon.co.jp

一定の切れ味があり、家庭用三徳包丁として使用されることの多い素材です。鋼に比べて頻繁な手入れがいらず、錆びにくいのが特徴。ある程度の重さがあるので玉ねぎのみじん切りなど重さがあると便利な調理も簡単に行えます。また、柔軟性があるので欠けにくく、長持ちするのも魅力です。

多くのステンレス製三徳包丁に使われているのは、モリブデン鋼やモリブデンバナジウム鋼という素材。丈夫なため、医療用メスにも採用されている素材です。

なお、錆びにくいとはいえ全く錆びないわけではないので塩水が付いたまま放置したり、水につけたままにしたりするのは避けましょう。使い勝手のよいステンレス三徳包丁でも、きちんと研ぐのが重要。鋼ほどまめなメンテナンスは必要ありませんが、日常のメンテナンスは研ぎ器で、切れ味に不安を覚えたら砥石でしっかり手入れをするのがおすすめです。

セラミック

By: amazon.co.jp

透明感のない白さが特徴の素材。セラミックは、非常に硬いので強度があり、熱に強いのが特徴です。金属とは違って錆びることがないうえ、食材に金属臭が付くこともありません。

また、非常に軽く、長時間の料理でも疲れにくいのもポイントです。購入しやすい安価な価格ながら切れ味も抜群。ほかの素材に比べてメンテナンスも不要なので、頻繁に料理をしない方や三徳包丁を使い始めたばかりの方におすすめの素材です。

ただし、金属製の三徳包丁に比べかなり軽いので、普段金属製の包丁に慣れている方は使い始めに扱いにくさを感じるかもしれません。重さがないので玉ねぎのみじん切りや大型の魚をさばく、厚い肉を切るといった際にはやや不便です。

衝撃にも非常に弱いため、落としたり、硬い骨を無理に切ったりすると欠けてしまうので注意が必要。研ぐ際は砥石ではなくセラミック対応の包丁研ぎ器を用意しましょう。

チタン

By: amazon.co.jp

チタンの特色を生かした「チタンコーティング」を施した三徳包丁もあります。チタンは軽く丈夫な上、錆びないのが特徴。海水に入れてもほとんど錆びず腐食しないと言われているので、潜水艦や橋の足にも採用されている素材です。

チタンを使用した三徳包丁もほとんど錆びることがないのでセラミック同様手入れが簡単。また、非常に軽いので取り扱いしやすく、女性でも簡単に調理が行えます。

さらに、チタンの大きな魅力は「光触媒効果」を有していること。雑菌や汚れに対し、蛍光灯や日光の紫外線を当てると殺菌できる効果があります。あとから加工によって付与できるものではなくチタンそのものの特徴なので、常に清潔に保ちたい方におすすめです。

ほかにも、高温に強いので、食器洗浄機で洗える手軽さもメリット。ただし、鋼やステンレスの三徳包丁に比べると、切れ味にやや物足りなさを感じることもあります。魚をさばくのにはやや不向きですが、通常の調理で困ることはありません。さまざまな食材に触れる三徳包丁だからこそ、清潔さを大切にしたい方におすすめの素材です。

刃渡りや重さで選ぶ

By: rakuten.co.jp

三徳包丁を選ぶ際には刃の素材も重要ですが、刃渡りも判断材料に入れておきましょう。一般的に使いやすいとされているサイズは15~18cmの包丁ですが、キッチンが広くまな板も大きいモノを使っている場合は19~21cmもおすすめです。

また、三徳包丁の重さも重要な判断材料のひとつです。重みがあると、三徳包丁自体の重さを利用できるので食材が切りやすく安定性もあります。しかし、重すぎると腕に負担がかかってしまうので注意が必要。130~200g前後を目安とするのがおすすめです。

ハンドルの握りやすさで選ぶ

By: amazon.co.jp

ハンドルの大きさや形によっても、握りやすさが変わります。手にフィットする様に工夫されている三徳包丁や、すべり止めが付いている三徳包丁などをチェックして選びましょう。

衛生面を重視するならオールステンレス

全てステレンレスで作られている「オールステンレス」タイプの三徳包丁は、ハンドルまでしっかりと洗えるので衛生的に使えます。また、食洗機対応のモデルも多数リリースされているので、洗いやすい三徳包丁を探している方はチェックしてみてください。

三徳包丁のおすすめブランド・メーカー

安田刃物

By: amazon.co.jp

1957年に創業した岐阜県関市に本社を置く包丁メーカー。一般的にあまり知られていないメーカーですが、同社のブランド「関虎徹」の三徳包丁をはじめとした包丁は、プロの料理人からも高い評価を得ています。

藤次郎

By: rakuten.co.jp

藤次郎は、包丁を専門に一貫製造しているメーカー。1953年の創業当時から「最高の切れ味」にこだわり続けており、金属板から金型で打ち抜いて成形を行うため、安定した品質と効率のよい生産性が特徴です。三徳包丁をはじめ、国内だけでなく海外でも支持されており、プロの料理人も愛用しています。

吉田金属

By: amazon.co.jp

1954年に創業された包丁メーカー。洋食器メーカーとして出発した同社は創業以来、常に新しい技術と可能性を追求し、ステンレス包丁の研究にも着手しました。

1983年には刀身からハンドルまでオールステンレス一体構造包丁の「GLOBAL」シリーズをリリース。発表当初から30年を越えた今でも支持されており、三徳包丁もおすすめのシリーズです。

ヘンケルス(ZWILLING J.A.HENCKELS)

By: rakuten.co.jp

1731年創業。ドイツ・ゾーリンゲンに本社を置き、280年の歴史がある包丁を中心とした世界屈指のキッチン用品ブランドです。左右非対称で握りやすいハンドルの三徳包丁など、そのデザイン性は世界で高く評価されています。製造は日本でも行っており、三徳包丁の多くは日本製です。

貝印

By: amazon.co.jp

日本での家庭用包丁シェア率トップクラスの貝印。1908年の創業以来、100年以上高品質の刃物を作り続けています。日本はもちろん、海外からのオファーも多く、欧米限定商品が販売されるほどの人気です。

三徳包丁では「関孫六シリーズ」が有名。そのほかの三徳包丁も幅広い商品展開と時代に合わせたデザインはもちろん、ハイクオリティかつリーズナブルな価格で高い評価を得ています。

非常に品揃えがよいので、細かなニーズにも合ったアイテムもラインナップしているため、ご家庭用の使いやすいステンレス三徳包丁はもちろん、プロ仕様である鋼の一級品まで揃っているメーカーです。

三徳包丁のおすすめランキング|ステンレス

第1位 貝印 関孫六 三徳包丁 匠創

関孫六「匠創シリーズ」のオールステンレス三徳包丁です。強靭なハイカーボンステンレス刃物鋼を採用。刃付け加工後にできるエッジをなめらかに研磨することで、食材への切り込みがよくなり、鋭い切れ味を実現しています。

ハンドルまで一体化されたオールステンレスは、耐久性の高さが魅力。ハンドルとの継ぎ目に水が侵食しにくいため衛生的に使用できます。また、流線型のハンドルデザインは、右利き・左利きにかかわらずどちらの手にもよくなじみ、高いグリップ力で安定した包丁さばきが可能です。

刃渡りは使い勝手のよい16.5cmサイズ。扱いやすく高品質のモノを使いたい、という方におすすめの三徳包丁です。

第2位 下村工業 ネオヴェルダン 三徳包丁 NVD-01

下村工業のオールステンレス三徳包丁。使い勝手のよい16.5cmの刃渡りで、野菜・肉・魚とオールマイティーに対応します。刃身にはモリブデン鋼、ハンドルにはステンレス鋼を採用。切れ味が衰えにくく、頻繁に研ぎ直しをしなくても切れ味が長期間維持できます。

ハンドルは握りやすいフラットデザイン。どんな食材でも軽めのタッチで、すっと切り込みを入れられるのが魅力です。食洗機にも対応しており、いつでも衛生的に使用できます。リーズナブルな価格で購入でき、初めての三徳包丁としてもおすすめです。

第3位 藤次郎 プロ 三徳 F-895

プロの料理人も愛用する、藤次郎のオールステンレス三徳包丁。芯材にはコバルト合金鋼、外側には13クロームステンレス鋼を組み合わせることで、業務用にも匹敵する鋭い切れ味と、お手入れのしさすさを両立しています。

トルネード模様が施されたハンドルが特徴的。水や油のついた手で握っても滑りにくく、快適なグリップ力をサポートします。刃渡りは日常使いに最適な17cm。研ぎ直しも容易なため、長く愛用したい方におすすめの三徳包丁です。

第4位 安田刃物 関虎徹 三徳包丁 YG300

高級ステンレス素材「V金10号」を採用した三徳包丁。純度の高い原料鉄を使い、最高の精鋼技術で作られているため、刃が硬く長い間使用しても磨耗しにくいのが特徴です。また、サビに強く切れ味が長持ちするのも大きなポイント。

ハンドルには、強度に優れた積層強化木を使用し、刃をハンドルに割り込ませているため、高耐久なのも魅力です。丸みを帯びたフォルムで、女性にも握りやすく扱いやすいデザイン。18cmとやや長めの刃渡りは、料理に慣れた方におすすめです。ワンランク上の三徳包丁を探している方は、ぜひチェックしてみてください。

第5位 グローバル(GLOBAL) 三徳包丁 G-46

吉田金属「グローバルシリーズ」のオールステンレス三徳包丁。刃先とまな板の接するポイントが長いので、キャベツの千切りや大根の輪切りも安定した操作で切ることができます。ハンドルとの一体型で、水の侵食がなく衛生的に使用でき、お手入れが楽なことも魅力です。

ハンドルには小さな穴が均一に配置され、水や油のついた手で握っても滑りにくい仕様。また持ちやすさを考慮したフォルムでグリップ力も良好です。刃渡りは長めの18cm。広い作業台で、野菜・肉・魚と、オールマイティーに使いこなしたい方におすすめの三徳包丁です。

第6位 ヘンケルス(ZWILLING J.A.HENCKELS) ロストフライ 三徳包丁 10055-161

初めての三徳包丁としても使いやすいヘンケルスの「ロストフライ」は、1973年より発売されているロングセラー製品。クラシカルなデザインとオーソドックスなスタイルで、予備用の三徳包丁としても最適です。

微細な分子で構成された特殊ステンレス刃物鋼を採用し、サビにくく鋭い切れ味が特徴。職人によって1本1本丁寧に研ぎ上げられているため、長い間切れ味が長持ちするのもポイントです。ハンドルには握りやすいPOM樹脂を使用し、食洗機で洗えるのも魅力。とにかく扱いやすい三徳包丁を探している方におすすめです。

第7位 柳宗理 キッチンナイフ 18cm

日本を代表するインダストリアルデザイナー、柳宗理の三徳包丁。従来の伝統的な形状にとらわれず、使いやすさを追求した独自のデザインが人気です。刃芯には、切れ味が長続きする特殊ステンレス鋼を採用。さらに、13クロームステンレスでサンドイッチすることで、丈夫で錆びにくい包丁に仕上げています。

実際に使い勝手を検証しながら生み出された無駄のないハンドルフォルムは、しっかりと手になじむ設計です。さらに、表面にザラザラとしたブラスト加工を施し滑りにくいのも特徴。刃渡りは18cm、刃の幅は4.5cmあるので、大きな野菜や肉の塊・大きな魚もスパッと切れる、頼れる1本です。

三徳包丁のおすすめランキング|ステンレス以外

第1位 安田刃物 兼昇作 ヤスキ青紙鋼 三徳型 165mm YH-2000

最高級とされるヤスキ青紙鋼を使った三徳包丁です。日本刀の唯一の素材となった「日立ヤスキハガネ」を採用し、プロ仕様の切れ味と品質のよさが特徴。鋼を知り尽くした職人が、1本1本丁寧に刃付けを行い鋭い切れ味に仕上げています。包丁の切れ味を重視したい方におすすめです。

刃の表面には、槌打ちの凹凸模様が施されていることで、包丁に食材がくっつかず離れも良好。耐久性に優れた積層強化木を使用したスタンダードなハンドルは、利き手にかかわらずどちらでも使用できます。刃渡りは使い勝手のよい16.5cmサイズ。メンテナンスをしっかり行うことで、長く愛用できる三徳包丁です。

第2位 霞(KASUMI) 三徳包丁 22018/B

ステンレス素材の刃芯を、チタンコーティングで仕上げた三徳包丁。サビにくいステンレスの特性を生かしつつ、さらに強靭に仕上げ金属臭を抑えた仕様です。肉や魚につく金属臭が気になるという方におすすめ。

また、職人が丁寧に手作業で刃付けを行っているため、切れ味が長持ちするのも特徴です。光触媒効果で雑菌にも強く、衛生的に使用できます。刃渡りは18cmとやや大きめですが、グリップ力に優れた軽量樹脂製ハンドルで、扱いやすいのも魅力。3色のカラーから、キッチンに合った1色を見つけてみてください。

第3位 京セラ セラミック 三徳包丁 FKR-160RD

京セラのセラミック製三徳包丁。とにかく軽く丈夫なので、初めての包丁にもおすすめです。ファインセラミックは、ダイヤモンド砥石でなければ研げないくらい硬いのが特徴。長い期間使っても、切れ味が長持ちするのも魅力です。刃先を丸めた「R形状」で、頻繁に料理しない方も安全に使いこなせます。

また、包丁の気になる金属臭もないので、肉や魚への臭い移りが気になる、という方にもぴったり。また、基本的にサビることがなく、食洗機で洗ったり漂白剤につけておいたりできるため、いつでも衛生的に使用できます。

第4位 堺兼近作 三徳包丁 skc-011

家庭でもプロ並みの切れ味を体感できる、堺兼近作の三徳包丁。刃物の産地、大阪府堺市の熟練職人が1本1本丁寧に仕上げています。刃の材質は、鋭い切れ味が自慢の「白二鋼」を使用。これ1本で、野菜・肉・魚とオールマイティーにさばけます。

ハンドルには、耐久性に優れたイチイの天然木を採用。八角形のフォルムが手にしっくりとなじみ、手から滑り落ちる心配がありません。また、口金には水牛の角を使用。口金からの水の侵食を防ぎサビないのが特徴です。使い込むほどに愛着のわいてくる三徳包丁なので、大切な方への贈り物としても喜ばれます。

第5位 京セラ(KYOCERA) セラミック 三徳包丁 FKR160HIP-FP

ブラックブレードのセラミック製三徳包丁です。セラミックといえば非常に硬く切れ味は抜群な反面、欠けやすいという難点がありました。しかし、同製品は間静水圧プレス加工を施すことで、同メーカーのホワイトブレードよりも約20%強度が向上。切れ味はそのままに、より丈夫なセラミック包丁を探している方におすすめです。

刃先を丸く仕上げることで、落下時の衝撃を最小限に抑えています。ハンドルにはエストラマー樹脂を用い、握りやすさを追求したハイグレードラバーグリップを採用。食洗機はもちろん漂白洗浄も可能で、いつでも衛生的に使用できます。

三徳包丁の研ぎ方

By: amazon.co.jp

手入れが簡単な三徳包丁が増えてきてはいるものの、長期間研がずに使い続けていると切れ味が落ちてしまいます。定期的に手入れをして快適に料理ができるようにしておきましょう。

まず、砥石を気泡が出なくなるまで20分程度水につけ、水平で安定した場所に置きます。次に、削りカスである「かえり」が出きるように、三徳包丁の切っ先、刃中、あごまで全体をしっかりと研いでいきます。最後に、「かえり」を落とせば完了です。

なお、使用する砥石は、家庭で使うのであれば「中砥石」のみで十分。また、砥石を水につける時間は製品によって異なるため、説明書などをしっかりと確認してください。