「三徳包丁」は、肉・野菜・魚などあらゆる食材に対応できるので1本持っておくと便利な包丁です。しかし、素材やサイズなどもさまざまで、どれが自分に合っているか迷ってしまいがち。

そこで今回は、三徳包丁の選び方とおすすめの製品をご紹介します。記事を参考に、自分に合った三徳包丁を見つけて料理を楽しんでみてください。

三徳包丁とは?

日本はもともと肉食の文化がありませんでしたが、戦後洋食が一般的になってきた際に生み出されたのが三徳包丁です。「三徳」とは、「三つの用途」を意味しており、肉や魚、野菜などあらゆる材料対応できます。

三徳包丁の用途

By: amazon.co.jp

三徳包丁は家庭用として最も一般的であり使いやすいので、最初の包丁として選ぶのに適しています。また、「万能包丁」と呼ばれることがあり、あらゆる食材に対してさまざまな切り方が可能です。

刃元は触れる面積が大きいのでレタスやキャベツなどカサの大きな野菜が切りやすく、リンゴの皮むきや大根のかつらむきにも適しています。刃先は触れる面積が狭く一点に集中するので食材に切り込みが入れやすく、肉や魚の下ごしらえに適しています。

三徳包丁と牛刀との違い

By: amazon.co.jp

三徳包丁と牛刀との大きな違いは形状と用途の2つです。牛刀は刃渡りが長めの仕様で、切っ先が鋭いのが特徴。刺身を引いたり、肉や魚を骨に沿って切り離したりする場合などに便利です。基本的には三徳包丁を用い、肉や魚を切る際には牛刀を用いるという風に使い分けをすると効率的です。

三徳包丁の選び方

材質で選ぶ

By: amazon.co.jp

三徳包丁の材質は、鋼・ステンレス・セラミック・チタンなどが採用されています。鋼は切れ味と耐久性に優れているのが特徴。しかし、錆びやすいためしっかりと手入れをすることが必要です。

ステンレスは家庭用包丁としてはもっとも一般的。丈夫で欠けにくく、頻繁に研がなくても切れ味が持続するのが特徴です。手入れがラクなので、初めて三徳包丁を買う方におすすめ。

セラミックは、軽量で酸やアルカリに強いため錆びる心配がないのが特徴。切れ味も長く続くため、研ぐ必要がほとんどありません。しかし、普通の研石では研ぐことができないため、専用のシャープナーを使って研ぐ必要があります。

チタンは金属の一種でありながら錆びることがありません。切れ味や丈夫さではステンレスのモノと比べると劣りますが、軽量なので手首への負担が軽減できるのも魅力です。

刃渡りや重さで選ぶ

By: amazon.co.jp

包丁を選ぶ際には刃の素材も重要ですが、刃渡りも判断材料に入れておきましょう。一般的に使いやすいとされているサイズは15~18cmの包丁ですが、キッチンが広くまな板も大きいモノを使っている場合は19~21cmもおすすめです。

また、重さも重要な判断材料のひとつです。重みがあると、包丁自体の重さが使えるので食材が切りやすく安定性もあります。しかし重すぎると腕に負担がかかってしまうので注意が必要。130~200g前後を目安とするのがおすすめです。

ハンドルの握りやすさで選ぶ

By: amazon.co.jp

ハンドルの大きさや形によっても、握りやすさが変わります。手にフィットする様に工夫されているモノや、すべり止めが付いているモノなどをチェックして選んでみてください。

衛生面や洗いやすさから選ぶ

全てステレンレスで作られている「オールステンレス」タイプの包丁は、ハンドルまでしっかりと洗えるので衛生的に使えます。また、食洗機対応のモデルも多数リリースされているので、洗いやすいモノを探している方はチェックしてみてください。

三徳包丁のおすすめメーカー

安田刃物

By: amazon.co.jp

1957年に創業した岐阜県関市に本社を置く包丁メーカー。一般的にあまり知られていないメーカーですが、同社のブランド「関虎徹」はプロの料理人からも高い評価を得ています。

藤次郎

By: rakuten.co.jp

藤次郎は、包丁専門の一貫製造メーカーです。1953年の創業当時から「最高の切れ味」にこだわり続けており、金属板から金型で打ち抜いて成形を行うため、安定した品質と効率のよい生産性が特徴です。国内だけでなく海外でも支持されており、プロの料理人も愛用しています。

吉田金属

By: amazon.co.jp

1954年に創業された包丁メーカー。洋食器メーカーとして出発した同社は創業以来、常に新しい技術と可能性を追求し、ステンレス包丁の研究にも着手しました。

1983年には刀身からハンドルまでオールステンレス一体構造包丁の「GLOBAL」シリーズをリリース。発表当初から30年を越えた今でも支持されているシリーズです。

ツヴィリングJ.A.ヘンケルス

By: rakuten.co.jp

1731年創業。ドイツ・ゾーリンゲンに本社を置き、280年の歴史がある包丁を中心とした世界屈指のキッチン用品ブランドです。左右非対称で握りやすいハンドルの包丁など、そのデザイン性は世界で高く評価されています。

人気の三徳包丁おすすめランキング

第1位 安田刃物(Yasuda Hamano) 関虎徹 YG300

製造の過程で1050℃に熱し、その後マイナス70℃で冷却することで高い強度を実現させている三徳包丁。刃先には「V金10号」が採用されており、コバルトを加えているため摩耗しにくく切れ味が長持ちします。

また、ハンドル部分は丸みを帯びているので握りやすいのも魅力。少し値は張りますが、料理好きの方におすすめしたい三徳包丁です。

第2位 安田刃物(Yasuda Hamano) 源虎徹 YS900

職人の手によって一本一本丁寧に作り込まれた三徳包丁。耐摩耗性や耐食性に優れた「スウェーデン鋼」を採用しており、錆びに強いのが特徴です。また、硬度も高いため切れ味にも優れています。

第3位 藤次郎 カラー三徳 F-172R

ハンドル部分のカラーバリエーションが豊富な三徳包丁。肉用・野菜用などと用途を分けて使う際にも色で見分けられるのでおすすめです。

ハンドルはエラストマー樹脂製で握りやすく、刀身は錆びにくく鋭い切れ味が特徴の「モリブデンバナジウム」を採用しているのもポイント。価格も比較的安いので、初めて三徳包丁を買う方やあまり料理をしない方にもぴったりです。

第4位 吉田金属 GLOBAL 三徳 G-46

本製品は、オールステンレスのため、ハンドルと刃の間に雑菌がたまりにくいのが特徴。水による侵食がないのでハンドルが腐って抜け落ちる心配もありません。

重量は175g、刃渡りは18cmと扱いやすいサイズ感。刃先とまな板の接地面が広いので、包丁を前方へ押して突くような「突き切り」に適しています。キャベツの千切り、大根の輪切りなども安定して行え、主に野菜を切る際におすすめの三徳包丁です。

第5位 ツヴィリングJ.A.ヘンケルス(Zwilling J.A. Henckels) HI スタイルエリートMOCOMICHIモデル 16617-141

「MOCO’Sキッチン」でお馴染みの速水もこみちさんがプロデュースした三徳包丁です。ハンドル部分のカラーは、ホワイトのほかにもレッドやマスタードもラインナップ。衛生面をしっかりと管理したい方は、複数本所持しておいて肉用・野菜用と使い分けしておくのもおすすめです。

また、ハンドル部はエルゴノミック設計で、手にフィットして持ちやすく、疲れにくいのが魅力。頻繁に料理をする方におすすめの三徳包丁です。

第6位 安田刃物(Yasuda Hamano) 源虎徹 M100

ダマスカス模様のイメージを復元させた、美しい三徳包丁。硬い素材と柔らかい素材を交互に積み重ねた33層構造で、研ぎやすく錆びに強いのが特徴です。また、両刃仕様のため左利きの方にもおすすめ。重さは約161gと軽く、ラクに扱えます。

第7位 藤次郎 ORIGAMI BLACK ミラー仕上 F-1771M

一枚のハイカーボンステンレス板を折り紙のように折り、刀身からハンドルまで繋ぎ目のないように作られている三徳包丁。溶接を行わないことで能力の低下やサビの問題を解決しています。

刀身は16.5cmの扱いやすいサイズ感で、野菜や魚、肉などさまざまな食材に対応することが可能。デザイン性に優れているので贈り物としてもぴったりな三徳包丁です。

第8位 吉田金属 GLOBAL 三徳 G-57

右利き・左利き兼用の三徳包丁。手術用のメスと同じ「硬質ステンレス鋼」を採用した鋭い切れ味が特徴です。刃先は「はまぐり型」仕様で、食材が刃から離れやすいのが魅力。トマトやきゅうりなどもスムーズに切れます。また、オールステンレス製のため、雑菌がつきにくく衛生的で洗いやすいのが魅力です。

第9位 ツヴィリングJ.A.ヘンケルス(Zwilling J.A. Henckels) ロストフライ 10055-161

ロングセラーシリーズの「ロストフライ」。刀身は特殊ステンレスを採用しており錆びにくく、切れ味が鋭いのが特徴。また、価格も安く手に届きやすいのもポイントです。三徳包丁を初めて買う方や、コスパに優れたモノを探しているという方におすすめです。

第10位 安田刃物(Yasuda Hamano) 兼昇作 YH-2000

素材に、日本刀も用いられた「ヤスキ青紙鋼」を採用してつくられた三徳包丁。刃が欠けたり、刃がこぼれたりしにくく、耐久性に優れています。

鋼でつくられているためこまめな手入れが必要ですが、切れ味抜群なのが魅力。手入れが苦ではない方で、愛着がもてる三徳包丁を探している方におすすめです。

第11位 藤次郎 白紙鋼 F-701A

刀身の中心部に炭素が多く切れ味が鋭い「白紙鋼」を採用した三徳包丁。周りを炭素の少ない軟鉄でコーティングすることによって研ぎやすく、かつ切れ味が鋭いのが特徴です。

両刃仕立てで、右利き・左利き兼用できます。ハンドルには耐水性に優れ、手に馴染みやすい朴木を採用。鋼は手入れに手間がかかりますが、本製品は研ぎやすいので初めて鋼の包丁を使うという方にもおすすめです。

第12位 ツヴィリングJ.A.ヘンケルス(Zwilling J.A. Henckels) ケルン 11219-180

ハンドルがアーチ型で、手にフィットしやすい三徳包丁。軽量で長時間使用しても疲れにくいのが魅力です。食洗機にも対応しており、手入れがラクにできるのもポイント。薄刃仕様のため、カジュアルなスタイルの料理やスライシングにぴったりです。

第13位 藤次郎 疾風ブラック FD-1597

刀身に浮かび上がる波紋の模様が特徴的な三徳包丁。硬さが異なる二種類のステンレスを重ね合わせて層にすることで、鋭い切れ味を実現させています。

ハンドルには耐久性の高い栗の木を採用し、表面には焼き加工を施すことで腐蝕に強く仕上げているのが魅力です。高級感のある三徳包丁を探している方はチェックしてみてください。

第14位 堺刀司 三徳包丁

刀身の素材にモリブデン鋼を採用している三徳包丁。モリブデン鋼のクローム成分を抑えることで研ぎやすくなっているため、鋼の包丁でも手入れしやすいモノを探している方におすすめです。

ハンドルには、耐水性・耐久性に優れた「積層合板」を採用。ツバ付きのため、水がハンドルに染み込みにくく衛生的に使えるのも魅力です。

第15位 アーネスト 永切れ王 A-76810

本三徳包丁は、野菜などを切る直刃とパンを切る波刃のメリットを生かしてつくられています。特許取得済みの「ノコ刃加工」を施しており、切れ味がよく持続性に優れ、肉や魚といった素材もスムーズに切れます。刀身にはステンレスとモリブデンバナジウムを採用しているため、錆びに強いのが魅力です。

第16位 貝印 関孫六 茜 AE-2905

「茜」シリーズは、刀身の厚みを薄く仕上げるスキ加工と、三段階研削加工が施されているので食材を切りやすいのが特徴です。

ハンドル部は耐熱性に優れ変質・変形しにくい素材を用いているため食洗機や食器乾燥機にも対応。簡単な手入れで衛生面を持続的に保てます。切れ味がよいコスパ良好の三徳包丁を探している方におすすめです。

第17位 下村工業 ヴェルダン OVD-11

刀身とハンドルが一体化しているオールステンレス製の三徳包丁。刀身とハンドル部のつなぎ目が滑らかな仕様のため、汚れをラクに落とせます。食洗機対応な点も魅力。

刀身の素材にはモリブデンバナジウムを採用しており、切れ味に持続性があります。ハンドルは、男性の方におすすめのやや太めのサイズ感。適度な丸みを帯びており、持ちやすいのがポイントです。

第18位 柳宗理(Yanagi Sori) キッチンナイフ

プロダクトデザイナーの柳宗理氏がデザインを手がける、使いやすさを追求した三徳包丁。刀身にはモリブデンバナジウムを添加した特殊ステンレスを採用しており、錆びにくく折れにくいのが特徴です。

サイズや形状にこだわり、熟練の職人が一本一本丁寧につくっているのでバランスがよく扱い安いのが魅力。長時間料理をするという方や、料理初心者の方にもおすすめです。

三徳包丁の研ぎ方

By: amazon.co.jp

手入れが簡単な三徳包丁が増えてきてはいるものの、長期間研がずに使い続けていると切れ味が落ちてしまいます。定期的に手入れをして快適に料理ができるようにしておきましょう。

まず、砥石を気泡が出なくなるまで20分程度水につけ、水平で安定した場所に置きます。次に、削りカスである「かえり」が出きるまで、切っ先、刃中、あごまで全体をしっかりと研いでいきます。最後に、「かえり」を落とせば完了です。

なお、使用する砥石は、家庭で使うのであれば「中砥石」で十分です。また、砥石を水につける時間は製品によって異なるため、説明書などをしっかりと確認してください。