「三徳包丁」は、肉や野菜、魚などあらゆる食材に対応できるので1本持っておくと便利な包丁です。しかし、素材やサイズなどもさまざまで、どれが自分に合っているか迷ってしまいがち。

そこで今回は、三徳包丁の選び方とおすすめの製品をご紹介します。記事を参考に、自分に合った三徳包丁を見つけて料理を楽しんでみてください。

三徳包丁とは?

By: rakuten.co.jp

日本はもともと肉食の文化がありませんでしたが、戦後洋食が一般的になってきた際に生み出されたのが三徳包丁です。「三徳」とは、「三つの用途」を意味しており、肉や魚、野菜などあらゆる材料に対応できます。

三徳包丁の用途

By: amazon.co.jp

三徳包丁は家庭用としても一般的で使いやすいため、最初の包丁として選ぶのにおすすめ。また、「万能包丁」とも呼ばれ、食材に対してさまざまな切り方が可能です。

三徳包丁の刃元は触れる面積が大きいので、レタスやキャベツなどカサの大きな野菜が切りやすく、リンゴの皮むきや大根のかつらむきにも適しています。

また、刃先は触れる面積が狭く一点に集中するので食材に切り込みが入れやすく、肉や魚の下ごしらえにおすすめです。

三徳包丁と牛刀との違い

By: amazon.co.jp

三徳包丁と牛刀との大きな違いは形状と用途の2つ。牛刀は刃渡りが長めの仕様で、切っ先が鋭いのが特徴です。刺身を引いたり、肉や魚を骨に沿って切り離したりする場合などに便利。基本的には三徳包丁を用い、肉や魚を切る際には牛刀を用いるというように使い分けをすると効率的です。

三徳包丁の選び方

刃の材質で選ぶ

By: amazon.co.jp

三徳包丁に「切れ味」を求める方におすすめの素材が鋼です。トマトなどの柔らかい食材なら包丁の重さだけで切れるほど、切れ味に優れます。硬い素材なので魚の骨なども切れてしまう使い勝手のよさも魅力です。また、同じ価格帯ならステンレスに比べて切れ味がよく、鋭い切れ味が長く続きます。

研ぐことで切れ味が戻りやすく、きちんと手入れをすれば何年も使い続けられるのもポイント。プロ仕様の三徳包丁を求めている方や調理器具を長く使いたい方におすすめです。

デメリットは錆びやすさと、硬さがある分ステンレスに比べ柔軟性がなく欠けやすいこと。三徳包丁に水分が付いたまま放っておくと錆びてしまうため、料理が終わった後はすぐに洗ってしっかり水気を拭きとることが重要です。

ステンレス

By: amazon.co.jp

一定の切れ味があり、家庭用三徳包丁として使用されることの多い素材です。鋼に比べて頻繁な手入れがいらず、錆びにくいのが特徴。ある程度の重さがあるので、玉ねぎのみじん切りなど重さがあると便利な調理も簡単に行えます。また、柔軟性があるので欠けにくく、長持ちするのも魅力です。

多くのステンレス製三徳包丁に使われているのは、モリブデン鋼やモリブデンバナジウム鋼という素材。丈夫なため、医療用メスにも採用されている素材です。

なお、錆びにくいとはいえ錆びる場合もあるので、塩水が付いたまま放置したり、水につけたままにしたりするのは避けましょう。使い勝手のよいステンレス三徳包丁でも、きちんと研ぐのが重要。鋼ほどまめなメンテナンスは必要ありませんが、日常のメンテナンスは研ぎ器で、切れ味に不安を覚えたら砥石でしっかり手入れをするのがおすすめです。

セラミック

By: amazon.co.jp

透明感のない白さが特徴の素材。セラミックは、非常に硬いので強度があり、熱に強いのが特徴です。金属とは違って錆びることがないうえ、食材に金属臭が付くこともありません。

また、非常に軽く、長時間の料理でも疲れにくいのもポイントです。購入しやすい安価な価格ながら切れ味も良好。ほかの素材に比べてメンテナンスも不要なので、頻繁に料理をしない方や三徳包丁を使い始めたばかりの方におすすめの素材です。

ただし、金属製の三徳包丁に比べて軽いので、普段金属製の包丁に慣れている方は使い始めに扱いにくさを感じる場合もあります。また、重さを利用して玉ねぎのみじん切りや大型の魚をさばく、厚い肉を切るといった際にはやや不便です。

衝撃にも非常に弱いため、落としたり、硬い骨を無理に切ったりすると欠けてしまうので注意が必要。研ぐ際は砥石ではなくセラミック対応の包丁研ぎ器を用意しましょう。

チタン

By: amazon.co.jp

三徳包丁のなかには、チタンの特色を生かした「チタンコーティング」を施したアイテムもあります。チタンは軽く丈夫なうえ、錆びないのが特徴。海水に入れてもほとんど錆びず腐食しないといわれており、潜水艦や橋の足にも採用されている素材です。

チタンを使用した三徳包丁もほとんど錆びることがないのでセラミック同様手入れが簡単。また、非常に軽いので取り扱いしやすく、女性でも簡単に調理が行えます。

さらに、チタンの大きな魅力は「光触媒効果」を有していること。雑菌や汚れに対し、蛍光灯や日光の紫外線を当てることで殺菌効果が期待できます。あとから加工によって付与できるものではなくチタンそのものの特徴なので、常に清潔に保ちたい方におすすめです。

刃渡りや重さで選ぶ

By: amazon.co.jp

三徳包丁を選ぶ際には刃の素材も重要ですが、刃渡りも判断材料に入れておきましょう。一般的に使いやすいとされているサイズは15~18cmの包丁ですが、キッチンが広くまな板も大きいモノを使っている場合は19~21cmもおすすめです。

また、三徳包丁の重さも重要な判断材料のひとつ。重みがあると、三徳包丁自体の重さを利用できるので食材が切りやすく安定感もあります。しかし、重すぎると腕に負担がかかってしまうので要注意。130~200g前後を目安とするのがおすすめです。

ハンドルの握りやすさで選ぶ

By: rakuten.co.jp

ハンドルの大きさや形によっても、握りやすさが変わります。手にフィットする様に工夫されている三徳包丁や、すべり止めが付いている三徳包丁などをチェックして選びましょう。

衛生面を重視するならオールステンレス

全てステレンレスで作られている「オールステンレス」タイプの三徳包丁は、ハンドルまでしっかりと洗えるので衛生的に使えます。また、食洗機対応のモデルも多数発売されているので、洗いやすい三徳包丁を探している方はチェックしてみてください。

三徳包丁のおすすめブランド・メーカー

安田刃物

By: amazon.co.jp

1957年に創業した岐阜県関市に本社を置く包丁メーカー。一般的にあまり知られていないメーカーですが、同社のブランド「関虎徹」の三徳包丁をはじめとした包丁は、プロの料理人からも高い評価を得ています。

藤次郎

By: tojiro.net

藤次郎は、包丁を専門に一貫製造しているメーカー。1953年の創業当時から「最高の切れ味」にこだわり続けており、金属板から金型で打ち抜いて成形を行うため、安定した品質と効率のよい生産性が特徴です。三徳包丁をはじめ、国内だけでなく海外でも支持されており、プロの料理人も愛用しています。

吉田金属

By: amazon.co.jp

1954年に創業された包丁メーカー。洋食器メーカーとして出発した同社は創業以来、常に新しい技術と可能性を追求し、ステンレス包丁の研究にも着手しました。

1983年には刀身からハンドルまで、オールステンレス一体構造の「GLOBAL」シリーズを展開。発表当初から30年を越えた今でも支持されており、三徳包丁もおすすめのシリーズです。

ヘンケルス(ZWILLING J.A.HENCKELS)

By: rakuten.co.jp

1731年創業。ドイツ・ゾーリンゲンに本社を置き、280年の歴史がある包丁を中心とした世界屈指のキッチン用品ブランドです。左右非対称で握りやすいハンドルの三徳包丁など、そのデザイン性は世界で高く評価されています。製造は日本でも行っており、三徳包丁の多くは日本製です。

貝印

By: amazon.co.jp

日本での家庭用包丁シェアがトップクラスの貝印。1908年の創業以来、100年以上高品質の刃物を作り続けています。日本はもちろん、海外からのオファーも多く、欧米限定モデルが販売されるほどの人気です。

三徳包丁では「関孫六シリーズ」が有名。そのほかの三徳包丁も幅広いアイテム展開と時代に合わせたデザインはもちろん、ハイクオリティかつリーズナブルな価格で高い評価を得ています。

品揃えがよく、細かなニーズにも合ったアイテムもラインナップ。家庭用の使いやすいステンレス三徳包丁はもちろん、プロ仕様である鋼の一級品まで揃っているメーカーです。

三徳包丁のおすすめランキング|ステンレス

第1位 貝印(KAI) 関孫六 匠創 三徳包丁 AB5156

貝印(KAI) 関孫六 匠創 三徳包丁 AB5156

関孫六のオールステンレス包丁シリーズ、匠創の三徳包丁です。刃とハンドルにつなぎ目がないので衛生的なうえ、食洗機対応のためお手入れも簡単。流線形のハンドルがほどよく手に馴染み、握りやすいのもポイントです。

刃身には、硬度が高く錆びにくい「ハイカーボンステンレス刃物鋼」を採用。独自の研削加工で刃体を薄く研磨し、食材への切断抵抗をできるだけ小さくしているため、シャープで心地よい切れ味を体感できます。

刃元がなめらかなので、食材への切り込みがよいのもうれしいポイント。野菜や肉、魚のカットはもちろん、じゃがいもの芽取りや皮むきなどの下ごしらえも容易です。

刃渡り16.5cm、重さ134gと小回りの利く扱いやすいサイズ感も人気。高品質で使いやすい三徳包丁を探している方におすすめです。

第2位 下村工業(SHIMOMURA) ヴェルダン 三徳包丁 OVD-11

下村工業(SHIMOMURA) ヴェルダン 三徳包丁 OVD-11

下村工業の人気包丁ブランド、ヴェルダンの三徳包丁です。流れるようなフォルムのハンドルがやさしく手にフィット。刃渡り16.5cm、重さ130gと軽く持ちやすいので、手の小さな方や初めて包丁を使う方でも扱いやすいのが魅力です。

刃身には、丈夫で切れ味のよい「モリブデン鋼」を採用。刃とハンドルの間につなぎ目のないオールステンレスタイプなので、清潔に使えるのもうれしいポイントです。また、使いやすく切りやすい製品ながら、リーズナブルな価格なのも人気の秘密。コストパフォーマンスの高い三徳包丁を探している方におすすめの製品です。

第3位 藤次郎 TOJIRO PRO DPコバルト合金鋼割込 三徳 F-895

藤次郎 TOJIRO PRO DPコバルト合金鋼割込 三徳 F-895

プロ並みの切れ味を家庭で体感できる、藤次郎の三徳包丁です。刃芯には硬質な「コバルト合金鋼」を採用し、錆びにくい「13クロームステンレス鋼」で包み込んでいるのが特徴。鋭い切れ味とお手入れのしやすさが両立した上質な製品に仕上がっています。

トルネード模様が特徴のハンドルは、水や油のついた手で握っても滑りにくいのがポイント。オールステンレス製で丸洗いも可能なため、清潔に使っていけます。

第4位 安田刃物 関虎徹 三徳包丁 YG300

安田刃物 関虎徹 三徳包丁 YG300

安田刃物の人気三徳包丁です。刃身には、ステンレスのなかでも高級な素材とされる「V金10号」を採用。コバルトが添加されているため、刃が硬く、長時間使用しても鋭い切れ味が持続します。

また、ハンドルの素材には、湿気に強く撥水性に優れた積層強化木を採用。丈夫で、木材ならではの風合いがあり、手に馴染みやすいのがポイントです。

刃渡り18cm、重さ150gと適度な長さと重量感があるため、料理に慣れている方も満足できる仕様。刃にもハンドルにもこだわりの詰まった、本格的な三徳包丁を探している方におすすめです。

第5位 吉田金属 GLOBAL 三徳 G-46

吉田金属 GLOBAL 三徳 G-46

スタイリッシュなデザインが魅力の、オールステンレス三徳包丁です。刃とハンドルの間につなぎ目がないので、雑菌や水が溜まりにくく衛生的。長期間使用しても、木材ハンドルのように腐りにくい仕様です。

刃の材質には、手術用メスと同じ「硬質ステンレス鋼」を採用。熟練の職人が1本ずつ手作業で丁寧に刃付けしているため、鋭い切れ味が持続します。

また、刃先とまな板の接するポイントが長いので、千切りのように包丁を前方へ押し突くように切る「突き切り」がしやすいのも魅力。使いやすくておしゃれな三徳包丁を探している方にぴったりの製品です。

第6位 ヘンケルス(ZWILLING J.A.HENCKELS) ミラノα  三徳包丁 19758-481-0

ヘンケルス(ZWILLING J.A.HENCKELS) ミラノα  三徳包丁 19758-481-0

シンプルでおしゃれなヘンケルスの三徳包丁です。オールステンレスタイプなので、衛生的で軽量なのが特徴。刃には「特殊ステンレス刃物鋼」が採用されているので、錆びにくく心地よい切れ味が長持ちします。

また、ハンドルには、中央がぽっくりと膨らんだ設計の「モナカハンドル」を採用。持ちやすく、手にフィットするので、長時間使用しても疲れにくいのも魅力です。

おしゃれで切れ味のよい三徳包丁を探している方は、ぜひチェックしてみてください。

第7位 柳宗理 ステンレス包丁 キッチンナイフ

柳宗理 ステンレス包丁 キッチンナイフ

日本を代表するインダストリアルデザイナー、柳宗理の三徳包丁です。ムダのない、シンプルでモダンなデザインが魅力。オールステンレスタイプで、食洗機にも対応しているため、お手入れしやすいのもポイントです。

また、刃身には、「特殊ステンレス鋼」を中心に「13クロームステンレス」でサンドイッチした3層綱を採用。鋭い切れ味と、錆びにくさ、折れにくさを併せ持つハイクラスの包丁に仕上がっています。

さらに、刃渡り18cm、重さ170gと使いやすいサイズで、肉や魚、野菜などさまざまな食材を気持ちよくカット可能。料理初心者の方にも、料理に慣れている方にもおすすめのおしゃれな三徳包丁です。

第8位 ミソノ刃物(Misono) モリブデン鋼シリーズ 中三徳 No.583

ミソノ刃物(Misono) モリブデン鋼シリーズ 中三徳 No.583

有名な刃物の産地、岐阜県関市の包丁専門メーカー、ミソノの三徳包丁。刃身には、モリブデンとバナジウムの入った高級ステンレス「モリブデン鋼」を採用。ハイレベルな技術を駆使して仕上げられているため、錆びにくく、鋭い切れ味に定評のある製品です。

オールステンレスタイプではないものの、刃とハンドルにつなぎ目のない一体型なので、清潔に使っていけるのもうれしいポイント。刃渡り16cm、重さ130gと軽く全体のバランスもよいので、扱いやすいのも魅力です。

第9位 堺一文字光秀 銀三鋼 和式三徳包丁 片刃 1b5kw-k

堺一文字光秀 銀三鋼 和式三徳包丁 片刃 1b5kw-k

刃物の三大産地のひとつ、堺で生まれた堺一文秀光の三徳包丁。刃芯には、古くから和包丁に使用されてきた、伝統あるステンレス鋼「銀三鋼」を採用。さらに、軟質なステンレス鋼で挟み込んでいるため、錆びに強くシャープな切れ味が持続します。

刃が鋭角な片刃包丁なので、薄く切ったり皮をむいたりと、繊細な作業がしやすいのも魅力。魚を捌くのにも適しています。また、両刃のモノに比べて研ぎやすく、お手入れしやすいのもうれしいポイントです。

なお、片刃包丁は利き手によって刃の面が変わります。本製品は、右利きの方向けの包丁なので、購入する際は注意しましょう。

三徳包丁のおすすめランキング|ステンレス以外

第1位 安田刃物 源虎徹 ダマスカス鋼 三徳型 M100

安田刃物 源虎徹 ダマスカス鋼 三徳型 M100

関虎徹に次いで人気を誇る安田刃物の包丁ブランド、源虎徹のダマスカス鋼三徳包丁。ダマスカス鋼とは、種類の異なる金属を何十層にも重ね合わせて鍛造し、波模様や縞模様を浮かび上がらせた鋼材のことです。

本製品は、硬質材と軟質材を交互に33層積み重ね、特殊技術によって縞模様を浮かび上がらせたモノ。芯材には、硬度の高い「V金10号」を使用しているため、鋭い切れ味が長期間持続します。

刃渡り18cm、重さ160gと使いやすいサイズ感もポイント。1本ずつ手作業で磨き上げられたハンドル部分も持ちやすく、男女問わず定評を得ている包丁です。

第2位 ヤクセル(YAXELL) 曜 69層鋼 三徳包丁

ヤクセル(YAXELL) 曜 69層鋼 三徳包丁

日本を代表する刃物の産地、岐阜県関市の刃物メーカーヤクセルのダマスカス鋼包丁です。69層に重なったダマスカス鋼に特殊処理を施し、職人によって1本ずつ丁寧に仕上げられた製品。芸術品のように美しく、高級感の漂う波模様が魅力です。

芯材には、硬度が高く錆びにくい「コバルト合金VG10号」を採用。見た目の美しさはもちろん、鋭い切れ味でも人気を博しています。なお、同じ模様の包丁は2つと存在しないため、自分だけのオリジナル包丁を探している方におすすめです。

第3位 スミカマ(SUMIKAMA) 霞 チタンコーティング 三徳包丁 No.22018

スミカマ(SUMIKAMA) 霞KASUMI チタンコーティング 三徳包丁 No.22018

岐阜県関市の包丁メーカー、スミカマの三徳包丁。シャープな切れ味のステンレス刃先を耐摩耗性の優れたチタンでコーティングした、錆びにくく切れ味のよい人気の製品です。

チタンコーディング包丁は、金属臭が少なく、におい移りを抑えられるのも魅力。繊細な食材でも風味を損なわずに料理できます。また、スタイリッシュなデザインで、豊富なカラーバリエーションから好みに合わせて選べるのもうれしいポイントです。

第4位 源泉正(IZUMIMASA) 片刃万能包丁

源泉正(IZUMIMASA) 片刃万能包丁

熟練の職人が昔ながらの製法で丁寧に作り上げている、鋼製の三徳包丁。刃の材質には、プロ仕様と同じ「白鋼」を採用。高い硬度と優れた切れ味が特徴で、野菜のカットはもちろん、肉や小さな魚もさばける万能な1本です。

刃が鋭角な片刃包丁なので、薄く切ったり細く切ったりと繊細な作業がしやすいのも魅力のひとつ。食材の断面も、きれいに仕上がります。また、両刃包丁に比べて研ぎやすいのもポイント。家庭でプロ並みの切れ味を体感できる、鋼製の本格的な三徳包丁を探している方におすすめです。

第5位 京セラ(KYOCERA) 三徳ナイフ FKR-160

京セラ(KYOCERA) 三徳ナイフ FKR-160

軽くて錆びない、京セラのセラミック製三徳包丁。刃の材質に採用されているのは、ダイヤモンド砥石でなければ研げないほどに硬い「ファインセラミックス」という素材。ステンレスに比べて劣化しにくいので、心地よい切れ味が長持ちします。

また、「ファインセラミックス」は金属臭が発生しないのも特徴。刃から食材へのにおい移りがないので、刺身など繊細な食材を切っても風味が損なわれません。さらに、酸やアルカリに強く錆びにくいため、オレンジやレモンを切るのにも適しています。

食洗機対応で洗いやすく、お手入れもしやすいので、初めての包丁にぴったり。漂白材を使用できるため、包丁をしっかり除菌して清潔に使いたい方にもおすすめです。

三徳包丁の研ぎ方

By: amazon.co.jp

手入れが簡単な三徳包丁が増えてきているものの、長期間研がずに使い続けていると切れ味が落ちてしまいます。定期的に手入れをして快適に料理ができるようにしておきましょう。

まず、砥石を気泡が出なくなるまで20分程度水につけ、水平で安定した場所に置きます。次に、削りカスである「かえり」が出きるように、三徳包丁の切っ先、刃中、あごまで全体をしっかりと研いでいきます。最後に、「かえり」を落とせば完了です。

なお、使用する砥石は、家庭で使うのであれば「中砥石」のみで十分。また、砥石を水につける時間は製品によって異なるため、説明書などをしっかりと確認しましょう。