木材を磨いたり、金属の錆を落としたりとさまざまな使い方ができる「ランダムサンダー」。プロが使うイメージの強い電動工具ですが、初心者でもコツさえつかめばさまざまな用途に対応できます。

そこで今回は、ランダムサンダーの選び方とおすすめの製品をご紹介。初心者はもちろん、2台目の購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

ランダムサンダーとは?

By: amazon.co.jp

ランダムサンダーとは、サンドペーパーの付いたパッドを動かして木材を研磨したり、錆を落としたりできる電動工具のことです。取り付けるサンドペーパーの種類を変えれば、さまざまなモノに加工を施せます。

素材を研磨するラバーパット部分は円形なので、平面はもちろんゆるやかな曲面も研磨可能。楕円運動で振動しながら研磨するため、表面に研磨跡が残りにくいのも特徴です。

ランダムサンダーとポリッシャーの違い

By: amazon.co.jp

ポリッシャーとは、バフと呼ばれる布製のパッドを回転させて研磨を行う電動工具のことです。自動車の細かな傷を取ったり、床にワックスを塗布したりするのに使われます。

ランダムサンダーとポリッシャーとの最大の違いは、パワーの大きさ。ランダムサンダーは回転数が高く、金属や木材などを素早く削ることが可能です。それに対してポリッシャーは回転数が低いため、素材の表面をきれいに磨くのに向いています。

ランダムサンダーには回転数を調節できるモノもあるので、使い慣れている方であれば兼用も可能です。しかし、力加減やスピード調節を間違うと対象物に傷を付けてしまう恐れがあり、初心者にはおすすめできません。それぞれの用途を理解したうえで、最適なモノを購入するようにしましょう。

ランダムサンダーの選び方

研磨したいモノから選ぶ

平面を磨くなら「両手操作型」

By: amazon.co.jp

平面を磨くときは、まっすぐ綺麗に研磨できる両手操作型がおすすめ。左右の持ち手を握りながら安定して研磨できるので、磨き跡が残りにくいのが特徴です。本体をきちんと押さえられるため、跳ね返りによって思わぬ箇所が傷付くのを防げます。

また、両手操作型は左右のグリップの位置や角度が調節できるモノを選ぶと便利です。作業内容や対象物の種類によってグリップの位置を変えれば、体にも負担をかけずにスムーズに研磨できます。

立体物を磨くなら「片手操作型」

By: amazon.co.jp

椅子やテーブルなどの細かな部品がある立体物を磨くなら、片手操作型がおすすめ。片手で操作できるので小回りがきき、細部にわたってきれいに磨けるのが特徴です。

また、片手操作型のランダムサンダーの重量は1~2kgほどと、非常にコンパクトなのも魅力。収納スペースが限られている方や、さまざまな場所に持ち運んで使用したい方におすすめです。

電源方式をチェック

コード式

By: amazon.co.jp

コード式は、価格が安いモノでもパワーの強い機種が多いのが特徴です。電源さえ確保できれば、金属や木材などの硬い素材でもすばやく研磨できます。また、バッテリー式のように充電切れを心配する必要もありません。

難点としては、作業中にコードが邪魔になってしまったり、コードに足をとられたりする危険があることです。電源が遠いときには、延長コードを使用しなければならないこともあります。コード式のモノを使う場合は、作業できる場所が限られてしまうことを覚えておきましょう。

充電式

By: amazon.co.jp

充電式のランダムサンダーは、本体に搭載されているバッテリーから供給される電力により作動します。電源を気にせず使用できるので、さまざまな場所で使えるのが強みです。また、作業中にコードがからまったり、踏んでしまったりといったトラブルがありません。

デメリットは、コード式と比べるとパワーが弱い機種が多いこと。無理に硬い素材を研磨すると、パッドが破損し思わぬ事故につながる恐れがあるので注意しておきましょう。

ペーパー径をチェック

By: amazon.co.jp

ランダムサンダーを選ぶ際は、ペーパー径もチェックしておきましょう。125mmが主流ですが、より広い範囲を研磨したい方には150mmがおすすめ。

椅子などの家具や小さな木の板など、小さい範囲の作業で十分な場合は、125mmのペーパー径が適しています。一方で、車や大きな机など、広い範囲を効率よく研磨したいときは、150mmのペーパー径を選びましょう。初めてランダムサンダーを購入される方は、汎用性の高い125mmがおすすめです。

機能をチェック

スピード調節機能

By: amazon.co.jp

素材に合わせて研磨力を調節したい方は、スピード調節機能のあるモノを選びましょう。硬いモノの研磨にはスピードを上げたり、つや出しにはスピードを下げたりできるので、思い通りの作業が実現します。

DIYなどに使用する場合は、段階ごとにスピードを調節できるモノで十分です。より細かな調節が必要な場合は、無段階でスピード調節できるモノがおすすめ。ゴムや革などデリケートな素材も、必要以上に傷付けてしまう心配がありません。

集じん機能

By: amazon.co.jp

ランダムサンダーを利用すると、大量の粉じんが空気中に舞い上がります。粉じんは細かいところに入り込んでしまうので、ほうきで掃いたり掃除機をかけたりしても簡単には取りきれません。

さらに、空気中に充満した粉じんが火花に引火すると「粉塵爆発」という大爆発を起こすことがあります。そうした事態を防ぐためには、集じん機能のあるモノを選ぶのがおすすめです。

ランダムサンダー自体に集じん機能が搭載されているタイプもありますが、別途集じん機を購入すれば、より強力に粉じんを吸い込めます。ランダムサンダーだけでなく、電動ノコギリや電動カンナなども使用する方は、集じん機の購入がおすすめです。

マジックテープ式ならペーパー交換が簡単

By: amazon.co.jp

ランダムサンダーは、使用するうちに取り付けたサンドペーパーが削れて研磨力が低下していきます。研磨力が落ちると作業効率も悪くなるため、定期的に交換しなければなりません。しかし、サンドペーパーを交換するにはパッドのサイズに合わせてカットしたり、穴を空けたりと面倒なのが難点です。

そこで、おすすめなのがマジックテープ式。パッドから古いサンドペーパーを剥がし、新しいモノをパッドに押し付けるだけで交換が完了します。マジックテープ式はパッドへの密着性が高く振動がしっかりと伝わるため、研磨力が高いのも特徴です。

注意点としては、専用ペーパーは機種ごとに大きさや形が決まっていること。型番を間違えてしまうと使用できないので、購入時にしっかりと確認しておきましょう。

ランダムサンダーのおすすめメーカー

マキタ(MAKITA)

By: amazon.co.jp

1915年に名古屋で創業した日本の電機メーカー。国内で大きなシェアを占めているだけでなく、40ヵ国以上で事業を展開している世界的な企業です。

マキタは知名度があるだけでなく、品質もトップクラス。さまざまな製品のなかでも、特に充電式のコードレス製品は高品質なモノが多いのが特徴として挙げられます。

力に自信のない方でも使いやすいコンパクトなモノや、コードレスにも関わらずパワフルなモノなどラインナップも豊富。ランダムサンダーを初めて購入する方はもちろん、使い慣れている方にもおすすめのメーカーです。

ボッシュ(BOSCH)

By: amazon.co.jp

1861年にドイツで創業したメーカー。創業当時は国内の自動車部品を供給していましたが、1928年に電動工具の販売をスタート。1966年には、世界初のDIY電動工具を世に送り出し話題になりました。

ボッシュ製の電動工具は、とにかく耐久力にこだわって作られているのが魅力。独自開発した軽量強化樹脂ボディーを採用しており、落下などの衝撃があっても欠けにくくできています。

なお、ボッシュの電動工具はプロ用の製品がグリーン、初心者や家庭用の製品はブルーと色分けされています。DIYだけが目的の場合は、グリーンを選ぶと使いこなせない可能性があるので要注意。製品を購入する前に、カラーを確認しておきましょう。

ハイコーキ(HiKOKI)

By: amazon.co.jp

2018年に会社名が工機ホールディングスへ変わり、ブランド名が「ハイコーキ」となった旧日立工機。リチウムイオン電池搭載のコードレス工具やドリル、丸のこなど1000種類以上の製品を取り扱っています。技術力・開発力・品質の高さが特徴のブランドです。

また、ハイコーキ製のランダムサンダーは、使いやすさと機能性の両方にこだわっています。高い研磨力がありムラなくきれいに研磨できるのはもちろん、ダストバッグも標準装備。環境に配慮された製品を探している方におすすめのメーカーです。

ランダムサンダーのおすすめモデル

ボッシュ(BOSCH) 吸じんランダムアクションサンダー GEX 125-1 AE

狭い箇所や家具の一部分などに使える、おすすめのランダムサンダーです。グリップには可変グリップ位置とエルゴノミクスデザインを採用しているため、頭上でもスムーズに作業を行えます。さらに、「速度事前選択機能」を搭載。回転速度を7500~12000rpmの範囲で切り替えることにより、さまざまな素材に使用できます。

また、ダストボックスには、クリーンな作業環境を実現する独自のマイクロフィルターシステムを内蔵。サンディングパッドには、マジックテープ式を用いているため、ペーパー交換も簡単に行えます。

ボッシュ(BOSCH) 吸じんランダムアクションサンダー GEX 125 AVE

150・125mm径、両方のラバーパッドに対応したおすすめのランダムサンダー。車など範囲の広いモノへ使用する際は150mm径、狭い部分に使用したい場合は125mm径など用途に合わせて使い分けできます。

ハウジングと研磨ユニットを分離することで接触圧が安定し、高い表面品質を実現。独自の制振構造を採用しているため、超低振動で連続作業ができるのもポイントです。

本モデルは、木材のほか、アクリル表面や鉱物といった素材にも使用できるのが特徴。広範囲を効率よく作業したい方におすすめのランダムサンダーです。

ボッシュ(BOSCH) 吸じんランダムアクションサンダー PEX260AE

幅広い磨き作業をこなせる、高機能なランダムサンダーです。コンパクトサイズかつ低振動で駆動するため、スムーズな磨き作業を実現。また、手を置きやすい位置にラバーパッドが付いているので、滑りにくくしっかりと圧力をかけられます。

ボッシュ独自の「マイクロフィルターシステム」を搭載。本体が吸い込んだ粉じんをしっかりとろ過するため、吸引力を落とさずに集じんできるのが魅力です。

回転スピードは2000~12000rpm。回転スピードをダイヤルで無段階に変速できる「ダイヤル式電子無段変速」を採用しているので、ポリッシングから粗磨きまで幅広い作業をスムーズにこなせます。

マキタ(MAKITA) 充電式ランダムオービットサンダー BO180DRF

コードレスで使用できるおすすめのランダムサンダーです。コードレスながら、回転数は11000rpmとパワフルな性能を有しているのが特徴。目が粗い木材でもしっかりと研磨できます。

本製品はモーターを前方に、バッテリーを後方の斜めに配置することによって、安定的な重心を実現しているのがポイント。さらに、上面持ちと両手持ちの両方に対応しているので、どんな体勢からでもスムーズに使用できます。

回転速度は押しボタンで3段階に切り替え可能。サンディングディスクが、#60・#120・#240の各2枚ずつ付属しています。コンセントがない場所で力強く研磨したい方におすすめのランダムサンダーです。

HiKOKI(ハイコーキ) ランダムサンダー SV13YB

回転運動に偏芯運動を加えることで、きれいに仕上がるおすすめのランダムサンダーです。回転軸の中心からずらして回転させるため、研削時のムラがより少なくなります。

また、手にフィットしやすい大型グリップを搭載しているので、片手で持ってしっかりと圧力をかけられるのがメリット。

研磨や研削中に発生した粉じんをパット穴から吸い込み、専用のダストバッグで回収するパッド穴集じん方式を採用。粉じんが溜まってきたら、ダストバッグを取り外して捨てるだけなので、日頃のお掃除が非常に簡単です。

イーバリュー(E-Value) ランダムサンダー EWS-220R

塗装はがしやサビ落としに適したランダムサンダーです。パッド径、ペーパー径ともに125mmを採用。マジックテープ式で、簡単にペーパーを交換できるのもうれしいポイントです。

また、回転運動と偏芯運動により、スピーディーにムラのない研削・研磨が行えます。ラバーグリップは触り心地がよく、手になじみやすいのが魅力です。

回転数は12500rpm。木材をはじめ、金属やプラスチックなどさまざまな素材に使用できる、おすすめのランダムサンダーです。

ブラックアンドデッカー(BLACK+DECKER) コードレスランダムオービットサンダー BDCROS18B

電源を気にせず使用できる、バッテリー式のモデルです。回転数は12000rpm。コード式にも負けないパワーを備えています。集じん機能が付いており、室内作業はもちろん屋外でも粉じんを巻き上げにくく掃除もラクラクです。

水洗いできるメッシュサンドペーパーが付いているため、粉じんがつまっても水で流せば繰り返し使用可能。場所を選ばずに気軽にランダムサンダーを使用したい方におすすめのモデルです。

POPOMAN MTW500A ランダムサンダー

安いうえに機能性に優れた、おすすめのランダムサンダーです。本体のスイッチを押せば、12500rpmの高速回転で木材・金属・プラスチックなどを研磨可能。

また、集じん機能を搭載しており、作業中に粉じんが飛び散るのを防げます。粉じんが溜まってきたらボックスから取り出して捨て、中を洗うことで再び使用可能。

サイズは約150×160×120mmとコンパクトで、重量は1.35kgと軽量です。力の弱い方でも扱いやすいアイテムを探している方は、チェックしてみてください。