お金の節約や貯蓄を目標とする時に、家計簿をつけておくことはとても大切です。最近ではソフトやアプリでデジタル管理できる家計簿もありますが、手書きのほうが簡単に書き込め記憶に残りやすいと、安定的な人気を誇っています。

とはいえ、家計簿をつけてみたものの、途中で面倒になって挫折してしまったという方も多いはず。今回は、楽しく習慣化できるおすすめの手書き家計簿をピックアップ。あわせて長く使い続けられる選び方のポイントもご紹介します。

家計簿をつけるメリット

家計簿をつけることで、お金の流れが把握しやすくなります。「毎日何にいくら使っているのか」を家計簿に記録することで、思わぬ無駄づかいに気づくことも。また、毎月何気なく支払っている保険料や公共料金などを改めて見直すきっかけにもなります。

将来マイホームを建てたり、子供を大学まで進学させたりと大きな目標がある場合も、家計簿をつけるのがおすすめ。毎月いくら貯蓄すればローンの返済が可能なのか、何年で返済できるかなどの計画も立てやすくなります。

実際に、出費が多いとその分家計簿に記録する手間が増えてしまうのも事実。面倒くさがりな方はそれを逆手にとって、自然に無駄買いが減るといった効果も期待できます。

さらに、貯蓄額を実際に数値で確認できるので「1年後にはこれだけ貯まるからもうちょっと頑張ろう」など、モチベーションアップにも効果的です。

ノートとアプリの違い

By: amazon.co.jp

家計簿には、手書きのノートタイプのほかに、アプリなどで管理できるデジタルタイプがあります。昔から使われているノートタイプの家計簿は、収支を手書きで記入し集計するタイプ。誰でもすぐに書き始められるのが最大の魅力です。収入と支出を記入していくだけというシンプルさで、子供や年配の方も簡単に記録できます。

ただし、自分で電卓をたたいて集計しなければならないため、レシートや領収書が多くなればそれだけ時間がかかり、計算ミスも起きやすいのが難点。しかし、自分が使いやすいようにオリジナルにアレンジできる楽しさは、デジタル家計簿にはない魅力でもあり手書きの醍醐味です。

一方、デジタルタイプの家計簿アプリは、多彩な機能が魅力。レシートを読み取るだけで自動で収支計算したり、収支をグラフ化して使いすぎを知らせたりする点は、計算が苦手な方には便利です。

なかには、通帳やクレジットカードを連携させて残高が確認できる高機能なモノもありますが、ネット被害のリスクも考慮しておかなければなりません。また、いちいち起動させるのが面倒だったり、機能が複雑すぎて使いこなせなかったりという方は、手書きの家計簿が断然おすすめです。

家計簿の選び方

記入欄の種類で選ぶ

By: amazon.co.jp

一人暮らしで自分の収支しか管理しないという方は、支出項目が大まかに分けられる簡単なタイプがおすすめです。あらかじめ日付や支出項目が設定されているモノなら、どこに何を書けばよいかが一目瞭然。記入するのは金額だけなので時間もかかりません。家計簿初心者なら、簡単に書ける「項目付き」タイプを選びましょう。

家計簿を書き慣れているという方なら、項目もセルフでアレンジできる「項目フリー」タイプが最適。夫婦それぞれの収入や子供にかかる細々とした支出など、市販の家計簿の項目ではまかないきれないという方に向いています。

また、手帳と一体型になったモノなら、日々のスケジュールを書き込むついでに収支を記録できるので、つい家計簿をつけるのを忘れてしまうという方にもぴったり。スケジュール帳なら毎日必ず開く、というビジネスパーソンや学生は手帳型の家計簿を選んでみるのもアリです。

レシートを貼り付けられるかチェック

レシートをそのまま貼り付けて、合計金額だけ記録していく手軽なタイプは、大まかなお金の収支だけ把握できればよいという方にぴったり。忙しい方でも簡単に家計管理ができると好評です。

レシートには日付が付いているので、ちょっとサボりがちになってしまってもレシートさえ保管しておけば大丈夫。確定申告に備えて普段からレシートをまとめておきたい、という方にもおすすめです。

表紙のデザインもチェック

By: amazon.co.jp

家計簿の表紙デザインも、毎日習慣化するための大切なポイントです。お気に入りの表紙なら、家計簿を毎日開くのが楽しみになる上、モチベーションアップにもつながります。

家計簿を選ぶときは中身の内容とあわせて、表紙のデザインもしっかりとチェックしておきましょう。

家計簿のおすすめ

エイ出版社 暮らし上手の家計簿

エイ出版社 暮らし上手の家計簿

家計管理としてはもちろん、スケジュール帳や日記のようにマルチに使える家計簿。年間収支一覧のほか、月間のスケジュールや収支、クレジットカードの出費も細かく分けられ、1年間のお金の動きが手に取るようにわかると好評です。

見開きで1週間分のスケジュールを縦割りに配置。その日の献立や食事のカロリー、購入したモノまでざっと見わたせるので、家族の生活管理にも役立ちます。イラストなども書き込みやすい大きめB5ノートサイズ。500円前後というリーズナブルさも魅力です。

書き終えた後も、ダイアリーのように見返して楽しめるのもポイント。事務的になりがちなお金の管理を、楽しく習慣化できるおすすめの家計簿です。

オレンジページ 1日3分家計簿2019

オレンジページ 1日3分家計簿2019

どんなに忙しい人でも、1日3分あれば書き込める家計簿。「食費」「日用品」「お楽しみ・交際」の3項目だけなので、大まかにお金の流れがわかればよいという方にぴったりです。

また、クレジットカードや電子マネー、ポイントをよく使うという方にも対応。貯めたポイントをメモできる記録欄があるのが特徴です。ゆったり書き込める月間カレンダーや大きなフリースペース付きで、スケジュール帳や日記代わりとしても活用できます。

さらに、見開きごとに日々の暮らしに役立つマネーコラムを掲載。知らず知らずのうちにお金に関する知識も身につきます。現金はあまり持ち歩かない、キャッシュレス支払いが多い方におすすめです。

小学館 細野真宏のつけるだけで「節約力」がアップする家計ノート2019

小学館 細野真宏のつけるだけで「節約力」がアップする家計ノート2019

とにかく節約上手になりたいという方におすすめの家計簿。経済解説者でもある細野真宏氏が考案した「細野式計算法」で、自然に節約力が身につきます。「レシート1枚につき1行」という手軽さも魅力。費目ごとに細かく分けて計算する必要がないので、家計簿が長続きしないという方にも最適です。

あらかじめ各項目ごとの節約目標を宣言しておくことで、頑張らなくても目標の貯蓄額に近づく工夫が施されています。1年間使った人のアンケートによると、年間で平均約15万円の節約に成功していることも見逃せないポイント。楽して貯蓄額を増やしていきたい方に最適な家計簿です。

ぴあ づんの家計簿ノート2019

ぴあ づんの家計簿ノート2019

島根県で3人の子育てをしている主婦、づんさんが考案した家計簿。オリジナル家計簿をインスタグラムで投稿したことがきっかけで大人気となったベストセラーです。中身はほぼ方眼紙のフリースペースなのが特徴。買ったモノや支払ったモノをただただ書いていくだけなので、ストレスなく続けられます。

1個ずつ買った品目と金額を書いていくのは少々手間ですが、レシートを貼り付けて終わるよりも「牛乳はこっちのスーパーで買った方が安い」など、細かい点に気づきやすくなるといったメリットがあります。

家計簿はほかの人がわからなくても、自分が書いて把握しやすいことが重要。日付なども設定されていないので、思い立ったらいつからでも始められるおすすめの家計簿です。

デザインフィル かんたん家計簿

デザインフィル かんたん家計簿

家計管理の初心者でも続けやすい家計簿。支出項目にはあらかじめ「食費」のみが記載され、そのほかの支出はライフスタイルに合わせて自由に設定が可能です。日付も設定されていないので、年の途中でも問題なく始められます。

見開き1ページで、1ヶ月のお金の流れが把握しやすいのも魅力。クリアポケット付きなので、レシートをまとめて保管しておくこともできます。選べる表紙デザインから、お気に入りの家計簿を見つけてみてください。

主婦の友社 2列式 新レシート貼るだけ家計簿

主婦の友社 2列式 新レシート貼るだけ家計簿

記入も計算も不要な家計簿。レシートを貼っていくだけなので、忙しくて毎日は記録できないという方におすすめです。やり方も簡単で「食費」や「日用品」といった項目ごとにレシートをペタペタ貼るだけ。

横の棒グラフに沿って貼り付けていくと、使った金額がひと目でわかるという仕組みです。また、レシートが発行されないクレジット払いや口座引き落とし分も、電卓いらずで集計できる仕組みも網羅されています。家計簿を途中で挫折してしまった経験のある方にもおすすめです。

クツワ 家計簿付き手帳 2019年

クツワ 家計簿付き手帳 2019年

日々のスケジュールに加え、家計管理もできる家計簿付き手帳。週間ページには、週のスケジュールのほか1週間分の家計簿をつけることができます。項目もあらかじめ設定されているため、書き込むのは金額だけという手軽さも魅力です。

家計簿らしくないおしゃれな外観もポイント。スケジュール管理をするついでにささっと家計管理もできてしまうので、学生や一人暮らしの男性にもおすすめの家計簿です。

カンゼン ずぼら主婦でもお金が貯まる! hana式袋分けファイル家計簿

カンゼン ずぼら主婦でもお金が貯まる! hana式袋分けファイル家計簿

あらかじめ予算を袋分けしてお金を管理するファイル家計簿。直接現金を管理することで、1日の予算額が把握しやすいのが特徴です。出費した分お金の減りがひと目でわかるので、無駄買い防止にも役立ちます。

記入するのは始めの予算立てと締め日の貯蓄額だけなので、毎日家計簿をつける必要がありません。家計簿の挫折経験がある方も続けやすいと好評です。ただし、キャッシュレス決済の多い方には少々不向き。現金派の家庭におすすめの家計簿です。

婦人之友社 羽仁もと子案家計簿 2019年版

婦人之友社 羽仁もと子案家計簿 2019年版

長年の愛用者も多い家計簿。日本初のジャーナリストであり家計簿の考案者でもある、羽仁もと子氏の家計運営論が継承されたロングセラーです。

まずは1年の予算を決めてから取り掛かるので、途中でブレずに貯蓄目標を達成しやすいのが特徴。項目別にページが分かれているため、固定費やクレジット払いが見落としにくいのもポイントです。

詳細に書き込むことで、使いすぎや無駄づかいを日々見直すことができます。毎日しっかりと家計管理を行いたい上級者向けの家計簿です。

学研ステイフル カードがメインさんの家計簿

学研ステイフル カードがメインさんの家計簿

クレジットカードや電子マネーがメインの方におすすめの家計簿。クレジットカード専用ページと現金専用ページが分かれて設定されているので、たっぷり記入できるのが魅力です。使ったその日に記入することを習慣づけることで、計画的にクレジットカードや電子マネーを使うことができます。

レシートや利用明細、現金などを保管しておける封筒も10枚付属。書く項目もざっくりでよいので、なかなか節約できない家計簿初心者にもおすすめです。