タブレット・スマホのタッチスクリーンやタッチパッドに慣れている方は、パソコンでも同じ操作ができれば便利だと感じることがあるのではないでしょうか。そんなときにおすすめなのが「ワイヤレストラックパッド」。指先だけで直感的にさまざまな操作ができる優れものです。

そこで今回は、ワイヤレストラックパッドのおすすめモデルをご紹介。選び方も解説するので、購入を検討している方はチェックしてみてください。

ワイヤレストラックパッドの選び方

対応OSを確認

ワイヤレストラックパッドは各モデルで対応しているOSが異なるので、購入前に必ず確認しましょう。Windows対応モデルには、Windows8以降のOSで、タッチパネル方式のさまざまな操作を快適に行えるモデルがあります。ただし、同じWindowsでも古いOSには対応していないことがほとんどなので、Windowsのバージョンも要チェックです。

macOSはトラックパッドで快適に操作できるので、Mac独自の操作性を実現したい場合は、Mac純正品かMac専用モデルを使うのがおすすめ。Mac対応のワイヤレストラックパッドのなかには、Windows8以降のOSに対応するモノもありますが、操作性が異なる場合があるため購入前にチェックしておくと安心です。

また、ワイヤレストラックパッドの対応OSを確認する際は、使用時にどの範囲までの操作が可能なのかもあわせてチェックしておきましょう。

接続方式で選ぶ

2.4GHz無線

By: uniqstyle.co.jp

2.4GHz無線は、USBポートに専用のレシーバーを装着して通信するタイプ。Bluetooth搭載モデルに比べて価格の安いモノが多く、装着や設定が簡単なのがメリットです。

2.4GHz無線通信タイプのワイヤレストラックパッドは、使用可能範囲が10~15mと広いのが特徴。通信に方向性がなく360°好きな位置からコントロールできるのがメリットで、部屋の中で場所を変えて使ったりベッドに寝転んで使ったりすることが可能です。

付属のUSBレシーバーを機器に接続して通信するため、USBポートがない機器やUSBポートに空きがない機器では使用できないのがデメリット。また、複数の機器を接続したい方はUSBポートの数が足りているか確認しておきましょう。

Bluetooth

By: amazon.co.jp

Bluetoothを使用するタイプは、ほかの機器との接続でUSBポートが塞がっている場合や、USBポートがない場合にも使えるのがメリット。また、消費電力が低いのも特徴です。別売りのBluetoothアダプタを装着すれば、Bluetoothに対応していない機器でも使用できます。

Bluetoothの通信範囲は約10mですが、金属やガラスなどの障害物や、電磁波を出す電子レンジなどに干渉されると通信が途切れやすい点には注意。離れて使用する場合は、障害物の有無をあらかじめ確認しておきましょう。

サイズで選ぶ

By: sanwa.co.jp

ワイヤレストラックパッドはモデルによってサイズが異なるため、自分の手の大きさに合うモノや操作するときに窮屈感のないモノを選ぶのがおすすめ。小さすぎると手がパッドからはみ出してしまい、使いにくくなってしまいます。自分の手より、ひと回りかふた回り大きめのモノを選びましょう。

置き場所に合わせてサイズを選ぶことも大切。パソコン脇のスペースが狭いのに大きすぎるモノを選んでしまうと、設置できない場合があります。逆に、携帯性を重視して小さすぎるモノを選ぶと、手がはみ出してしまうことも。置き場所と手の寸法を測ってから選ぶようにすると失敗しにくく安心です。

また、キーボード一体型モデルは、キーのすぐ右側にタッチパッドがあり、右手を少し動かすだけで簡単に手が届くので使い慣れると非常に便利。キーボードも一緒に新調したい方やパソコンの置き場所が狭い方には、一体型がおすすめです。

給電方式で選ぶ

By: sanwa.co.jp

ワイヤレストラックパッドには、電池式と充電式があります。使い勝手にも関わってくるので、自分に合ったタイプはどちらなのかをよく考えて選びましょう。

電池式は、電池を補充すればすぐに使えるのがメリット。頻繁に充電する必要がなく、電池も手軽に入手できるので持ち運びにもおすすめです。デメリットは充電式よりもやや重い点。持ち運びに不向きなほどは重くないですが、荷物を少なくしたい方には負担になることがあります。

充電式は、USBケーブルから充電できるため、パソコンからすぐに給電できる使い勝手のよさがメリット。軽量なモノが多いので、携帯にも向いています。充電が切れた場合はパソコンに接続して充電しながら使えますが、USBポートに空きがないと使えず、ケーブルが邪魔になる場合もあるので注意が必要です。

ワイヤレストラックパッドのおすすめ

アップル(Apple) Magic Trackpad 2

MacユーザーにおすすめのApple純正ワイヤレストラックパッドです。サイズは幅160×奥行き114.9mmで、ガラス製の操作面が1世代前のモデルと比べて約30%も拡張。大きな手の方でも快適に操作できます。

表面下には4つの感圧センサーを搭載しているので、どこを押してもクリックが可能。また、電源には充電式の内蔵バッテリーを使用しており、1回の充電で約1ヶ月以上使えます。

対応OSはMacとiPad OS。iPad Pro用のワイヤレストラックパッドとしてもおすすめです。iMac Proと同じスペースグレイカラーを採用しているのもポイント。洗練されたおしゃれなデザインも魅力です。

レノボ(Lenovo) ワイヤレストラックパッド TG-1226

Windowsユーザーにおすすめのワイヤレストラックパッドです。多くのパソコンブランドを手掛けるレノボが製造しており、安定した品質が得られるのが特徴。対応OSも幅広く、Windowsパソコンのほか、Android端末やiPadでも使用が可能です。

サイズは幅128×奥行き130mm。マウスと違って操作の際にデバイスを動かす必要がないため、限られたデスクスペースでも有効に活用できます。また、2本指でのスワイプやピンチといったジェスチャー操作に対応するのもポイントです。

電源には単3電池を2本使用。接続方式は2.4GHz無線を採用しており、付属のUSBレシーバーを接続機器のポートに挿して使います。

ワイヤレストラックパッドのおすすめ|キーボード一体型

マイクロソフト(Microsoft) All-in-One Media Keyboard N9Z-00029

Windowsの開発元でもあるマイクロソフト純正のキーボード一体型ワイヤレストラックパッドです。キー入力・スワイプ・クリックなどの操作が1台で完結。コンパクト設計なので、膝上に置いた状態で離れた場所からパソコンに接続したテレビを操作するといったシーンにもおすすめです。

カスタマイズ可能なショートカットキーを備えているので、ウェブブラウザ・音楽・映画などの操作も簡単。また、キーボードは「AES暗号化技術」に対応しているので、個人情報の漏洩対策が可能です。

接続方式には2.4GHz無線を使用。水をこぼしても故障しにくい防滴設計が施されているのもポイントです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) タッチパッド付きBluetoothキーボード 400-SKB071

マウスなしでカーソル操作が可能な、iPhone・iPad専用のキーボード一体型ワイヤレストラックパッドです。接続にはBluetooth 3.0を使用し、マルチペアリング機能によって最大3台までの機器を同時登録できます。iPadをパソコンのように活用したい方におすすめです。

トラックパッドは指1本でのカーソル操作やクリック操作に対応。さらに、指2本を上下に動かして画面をスクロールしたり、同時タップでメニューを開いたりも可能です。マウス不要なので、作業スペースが限られている場合にも重宝します。

電源には充電式の内蔵バッテリーを使用し、最長25時間の連続使用が可能。ノートパソコンと同じ打鍵感で使える英語配列のキーボードも搭載しています。角度調節可能なスタンドが付属するのも魅力です。

ロジクール(Logicool) Wireless Touch Keyboard K400pBK

ホームエンターテインメント用としても活躍する、キーボード一体型ワイヤレストラックパッドです。最長10mの動作範囲に対応するため、ソファでリラックスしながらパソコンと接続したテレビを操作する場合にもおすすめです。

マルチタッチ対応のトラックパッドを搭載しているのも特徴。ズームやスクロールなどの直感的な操作ができるほか、近くのメディアホットキーを使えば音量調節や画像送りも手軽に行えます。付属ソフトでトラックパッドの設定をカスタマイズできるのもポイントです。

電源は単3電池2本で、最長18ヶ月の使用が可能。最大6台までの周辺機器を同時接続できる専用の「Unifyingレシーバー」を使うので、使用するUSBポート数を最小限に抑えられます。

Ewin タッチパッド搭載Bluetoothキーボード EW-B008

多彩なOS機器で活用できるキーボード一体型ワイヤレストラックパッドです。Windows・Android・iOS・Macに対応し、最大3台までのBluetooth機器と同時ペアリングが可能。複数のOS機器を併用している方におすすめです。

本体下部にはマウス不要でカーソル操作が可能なトラックパッドを搭載。指1本でのクリックのほか、指2本で右クリック機能やスクロール機能も使用できます。電源には内蔵バッテリーを使っており、最長約60時間の駆動が可能です。

キーボードはノートパソコンに近い打ち心地が得られるパンタグラフ式で、キー配列には日本人に馴染みやすい日本語配列を採用。ショートカットキーの動作は使用機器のOSに合わせて最適化が可能です。

Ewin タッチパッド搭載ミニキーボード EW-RB05

手軽に持ち運べる小型のキーボード一体型ワイヤレストラックパッドです。重さ約90g、幅150×奥行き50mmと軽量コンパクトなのが特徴。接続方式はBluetoothですが、付属のドングルを使えばBluetoothを搭載しない古い機器でも使用できます。

本体は手のひらサイズながら、トラックパッドも搭載。また、Fn+Altでカーソル操作の認識方向を90°回転できるのもポイントです。テレビリモコンのように縦持ちした状態で左右クリックキーと組み合わせて使えば、メディア操作もより直感的に行えます。

オートスリープ機能を搭載しており、最長20日間の持続使用が可能。キーボードはバックライトを備えているので暗い場所でも快適に操作できます。

ユニーク(UNIQ) タッチパッド搭載ワイヤレスキーボード rapoo E2710W

モバイル用途で活躍するおしゃれなキーボード一体型ワイヤレストラックパッドです。スタイリッシュなステンレスフレームを採用しており、重さ186g、幅254×奥行き81.9mmと軽量コンパクト。また、厚さ5.6mmのウルトラスリムデザインなので、バッグへの収納や持ち運びが簡単に行えます。

内蔵タッチパッドは左右別々のクリックセンサーを搭載しているので、指1本で直感的に左右をクリック可能。加えて、指2本を使ったスクロールやピンチなどの操作にも対応しています。

WindowsやMacに対応しており、接続方式は2.4GHz無線を採用。突起部分の少ない超小型デザインのナノレシーバーを使用するため、パソコンに取り付けたままでも邪魔になりにくいのが特徴です。

ユニーク(UNIQ) タッチパッド内蔵Bluetoothワイヤレスキーボード mokibo MKB316

シンプルながら画期的な機能を備えた進化系のキーボード一体型ワイヤレストラックパッドです。キーボード直下に80個のタッチセンサーを搭載。キー表面をなぞるとトラックパッドに変化するため、広大な領域を使った快適なタッチ操作ができます。

トラックパッドは指2本を使ったスクロールやズームの操作にも対応。キーボード状態との切り替えが1クリックで可能なモードと、タッチパッド状態を固定できるモードの2種類が使い分けできます。

Bluetoothによるマルチペアリングに対応し、Windows・Android・Mac・iOSをサポート。軽量コンパクトなのでタ、ブレットと一緒に持ち歩く場合にもおすすめです。また、タブレットスタンドやチルト台としても使えるスマートカバーが付属します。

エレコム(ELECOM) タッチパッド搭載ワイヤレスBluetoothキーボード TK-FLP01PBK

ポケットにも簡単に収納できる、折りたたみ式のキーボード一体型ワイヤレストラックパッドです。中央で2つ折りすると幅145×奥行き92mmにコンパクト化が可能。小型タブレットとセットで軽快に持ち運びたい方にもおすすめです。

Windows・Android・iOSに対応し、各OSに合わせてキー配列の最適化も可能。また、中央寄りの右下部分には小型のトラックパッドを搭載しています。WindowsとAndroidの場合は、キーボードから手を離さずにカーソル操作やタップ操作が可能です。

電源には約2ヶ月駆動できる内蔵バッテリーを使用。不使用時は電源スイッチで電池の消耗を防止できます。タブレットスタンドとしても使える専用の保護ケースが付属するのも魅力です。

オウルテック(Owltech) タッチパッド付き折りたたみ式ワイヤレスキーボード OWL-BTKB6301TP

便利なタブレットスタンドを内蔵した、折りたたみ式のキーボード一体型ワイヤレストラックパッドです。重さ約217gで、収納時のサイズが約幅159×奥行き91mmと軽量コンパクト。展開時も省スペース設計なので、カフェやコワーキングスペースなど場所を選ばず使えます。

本体右側には、左右クリックボタンを備えたトラックパッドを搭載。マウスがなくてもカーソル操作が行えます。接続方式はBluetoothで、Windows・Android・iOSから最大3台までの同時ペアリングが可能です。

内蔵の折りたたみ式タブレットスタンドを使えば、タブレットをノートパソコンのようなスタイルで使用できます。バッテリーは充電式で最長30時間の駆動が可能です。

アイクレバー(iClever) 折りたたみ式タッチパッド搭載Bluetoothキーボード IC-KB08

折りたたみ式のキーボード一体型ワイヤレストラックパッドです。フレームにはスタイリッシュで高い耐久性を持つアルミ合金を採用。各キーが約300万回の打鍵に耐えると謳われているため、長く愛用できるモノを探している方にもおすすめです。

56×47mmの広々としたトラックパッドを搭載しているのも魅力。左右別々のクリックセンサーを内蔵しているので、マウスに近い操作感が得られます。また、iOS・Mac・Windows・Androidと多彩なOSをサポートしているのもポイントです。

内蔵バッテリーは連続で約60時間の駆動が可能。本体を折りたためば自動で電源がOFFになるため、電源スイッチを切り替える手間なく効率的に使えます。

Ewin タッチパッド搭載折りたたみ式キーボード LYC-009-B

コンパクトながら、高度なタッチ操作もできる折りたたみ式のキーボード一体型ワイヤレストラックパッドです。重さ約197.3gと軽量コンパクトなのが特徴。折りたたむと幅152mmまで小型化できるので、バッグへの収納も簡単に行えます。

内蔵トラックパッドでは指1本でのクリック操作や、指2本での画面スクロール、拡大・縮小のピント操作が可能。さらに、指3本を使った検索機能の呼び出しやウィンドウの切り替え、デスクトップ表示などの操作にも対応します。

コンパクトながら、キーピッチ19mmのアイソレーションキーボードを採用。ネイルなどを施していて爪の長い方でも、タイプミスを防げます。10分間操作をしないと自動で電源がOFFになるオートスリープ機能を備えているのもポイントです。

JTT 折りたたみ式ポータブルキーボード Bookey touch IPBKYTCBK

持ち運びに便利な、折りたたみ式のキーボード一体型ワイヤレストラックパッドです。重さ約200gで、収納時のサイズは幅157×奥行き90mmと軽量コンパクト。文字を打つときは大きく使い、持ち運び時はキーやパッドを保護しつつコンパクトに持ち運べます。

本体右側には広々としたトラックパッドを搭載。WindowsやAndroid以外に、iPhoneやiPadでも快適なカーソル操作が可能です。Bluetoothによる最大3台までのマルチペアリングにも対応。登録機器の切り替えはトラックパッド上部のキーで簡単に行えます。

バッテリー駆動時間は最長約60時間で、付属のUSBケーブルを使って充電が可能。角度を5段階で調節できる、折りたたみ式のタブレットスタンドも付属します。

サンワサプライ(Sanwa Supply) タッチパッド付き折りたたみ式Bluetoothキーボード 400-SKB070

iPhone・iPad専用に設計された、折りたたみ式のキーボード一体型ワイヤレストラックパッドです。重さは約130gで、折りたたみ時のサイズが幅165×奥行き83mmとiPhone 12 Pro Maxに近いのが特徴。iPhoneやiPadと一緒に、気軽に携帯できます。

本体右側に小型のトラックパッドを搭載。マウスがなくても指1本でのカーソル操作やクリック操作が行えるので、スペースの限られた場所でも重宝します。また、iOS・iPad OSに完全対応したショートカットキー機能が充実しているのもポイントです。

接続方式にはBluetooth 5.0を使用し、最大3台までの同時ペアリングが可能。内蔵バッテリーの駆動時間は最長35時間で、本体を折りたたむと自動で電源がOFFになります。