タブレットやスマホのタッチスクリーンやタッチパッドに慣れてしまうと、パソコンでも同じ操作ができれば便利だと感じることがあります。その希望を叶えてくれる存在が「ワイヤレストラックパッド」。指先だけで直感的にさまざまな操作ができるので、使いこなすと手放せなくなる優れものです。

そこで今回は、ワイヤレストラックパッドのおすすめモデルをご紹介します。選び方もあわせて解説するので購入を検討している方はチェックしてみてください。

ワイヤレストラックパッドの選び方

対応OSを確認

ワイヤレストラックパッドはどんなパソコンにも接続できるわけではなく、それぞれのモデルで対応しているOSが異なるので購入前に確認する必要があります。対応OSを確認せずに購入してしまうと使えないこともあるため、自分のパソコンのOSを確認してからワイヤレストラックパッドを選びましょう。

Windows対応モデルにはWindows8以降のOSをタブレットで使用することを想定し、タッチパネル方式のさまざまな操作を快適に行えるモデルがあります。このようなモデルは同じWindowsでも古いOSには対応していないことがほとんどなので、Windowsのバージョンもしっかりチェックしましょう。

macOSはトラックパッドで快適に操作できるので、Mac独自の操作性を実現したい場合は、Mac純正品かMac専用モデルを使うのがおすすめ。Mac対応のワイヤレストラックパッドのなかには、Windows8以降のOSに対応するモノもありますが、操作性が異なる場合があるため購入前にチェックしておくと安心です。

ワイヤレストラックパッドの対応OSを確認する際は、そのOSで使用した場合にどの範囲までの操作が可能なのかもあわせてチェックしておきましょう。

接続方式で選ぶ

2.4GHz無線

By: amazon.co.jp

2.4GHz無線は、USBポートに専用のレシーバーを装着して通信するタイプ。Bluetooth搭載モデルに比べて価格の安いモノが多く、装着や設定が簡単なのがメリットです。

2.4GHz無線通信タイプのワイヤレストラックパッドは、使用可能範囲が10~15mと広いのが特徴。通信に方向性がなく360°好きな位置からコントロールできるのがメリットで、部屋の中で場所を変えて使ったりベッドに寝転んで使ったりすることが可能です。

付属のUSBレシーバーを機器に接続して通信するため、USBポートがない機器やUSBポートに空きがない機器では使用できないのがデメリット。また、USBポートを占領してしまうので、複数の機器を使用する際には注意しましょう。

Bluetooth

Bluetoothは、Bluetoothを搭載したパソコンやタブレットにワイヤレス接続して使えるタイプです。ほかの機器との接続でUSBポートが塞がっている場合や、USBポートがない機器でも使えて消費電力が低いのがメリット。別売のBluetoothアダプタを装着すればBluetoothを搭載していない機器でも使用可能です。

Bluetoothの通信範囲は約10mですが、360°電波を飛ばせる2.4GHz無線とは異なり、電波が機器の間を直線的に飛ぶのが特徴。金属やガラスなどの障害物や、電磁波を出す電子レンジなどに干渉されて通信が途切れることがあります。また、2.4GHz無線よりも通信速度はやや遅めです。離れて使用する場合は障害物の有無をあらかじめ確認しておきましょう。

サイズで選ぶ

By: archisite.co.jp

ワイヤレストラックパッドはモデルによってサイズが異なるため、自分の手の大きさに合うモノや操作するときに窮屈感のないモノを選ぶのがおすすめ。小さすぎると手がパッドからはみ出してしまい、使いにくくなってしまいます。自分の手より、1回りか2回り大きめのモノを選びましょう。

また、置き場所に合わせてサイズを選ぶことも大切。パソコン脇のスペースが狭いのに大きすぎるモノを選んでしまうと、設置できない場合があります。逆に、携帯性を重視して小さすぎるモノを選ぶと、手がはみ出してしまうことも。置き場所と手の寸法を測ってから選ぶようにすると失敗しにくく安心です。

キーボードの真横にタッチパッドがあるほうが使いやすい場合は、キーボード一体型のモノを選びましょう。一体型モデルはキーのすぐ右側にタッチパットがあり、右手を少し動かすだけで簡単に手が届くので使い慣れると非常に便利。キーボードも一緒に新調したい方やパソコンの置き場所が狭い方にも、一体型がおすすめです。

給電方式で選ぶ

ワイヤレストラックパッドには、電池式と充電式があります。給電方式はどちらを選んでも問題なさそうに思えますが、予想以上に重要なポイント。充電するのが手間に感じたり、電池を買い替えるのが面倒だったりするので、自分に合ったタイプはどちらなのかをよく考えて選びましょう。

電池式は、電池を補充すればすぐに使えるのがメリット。充電ができない外出時の携帯用におすすめです。デメリットは充電式よりもやや重い点。持ち運びに不向きなほどは重くないですが、荷物を少なくしたい方には負担になることがあります。

充電式は、USBケーブルから充電できるため、パソコンからすぐに給電できる使い勝手のよさがメリット。軽量なモノが多いので、携帯にも向いています。充電が切れた場合はパソコンに接続して充電しながら使えますが、USBポートに空きがないと使えず、ケーブルが邪魔になる場合があるので注意が必要です。

ワイヤレストラックパッドのおすすめ

アップル(Apple) Magic Trackpad 2

アップル純正のワイヤレストラックパッドです。トラックパッドを備えていないデスクトップのMacパソコンを使っている方におすすめのモデル。デスクトップ機でもMacノートのように、快適なタッチ操作が可能になります。

Bluetoothで接続しますが、Macパソコンとのペアリングに面倒な設定は必要ありません。自動で繋がるのですぐに作業を始めることが可能です。4つの感圧センサーを内蔵しているため、表面のどこを押してもクリックできます。

指の微妙な圧力差も検知できるのでジェスチャーによる操作も自由自在。表面積は従来モデルと比較して30%アップしています。ローフォルムと相まって、スクロールやスワイプなどの操作がしやすくなっているのも本モデルの魅力です。

アーキサイト(Archiss) タッチパッド AS-PTBT01-SW

ジェスチャー操作による、効率的なパソコン作業をしたい方におすすめのモデルです。129×75mmのワイドなタッチエリアが特徴。最大で4本の指を使用したジェスチャーの割り当てができるので、広いタッチエリアを活用した快適な操作が可能になります。

充電式を採用しているため、電池を交換する手間はかかりません。本体表面には適度な傾斜が設けられているなど、操作のしやすい設計がされています。Bluetoothによるワイヤレス接続だけでなく、USBケーブルによる接続に対応しているのもポイント。有線接続はケーブルが邪魔になりますが、電池残量を気にせず使い続けたい方には便利です。

本体の厚さは約9.3mm、重量は約100gと薄型・軽量設計。リュックやカバンの中でもかさばらず簡単に持ち運ぶことが可能です。

ロジクール(Logicool) ワイヤレス タッチキーボード K400pBK

キーボードと一体型タイプのワイヤレストラックパッドです。スタイリッシュな薄型デザインが特徴。コンパクトなのでデスク上のスペースに余裕がない方にもおすすめのモデルです。

「Unifyingレシーバー」が付属しておりパソコンのUSBポートに挿すだけで使えます。Bluetooth機能を搭載していないパソコンでも、手軽にワイヤレスで接続できるのが魅力です。最大10mの距離からでも操作ができるので、パソコン内のコンテンツを自宅のテレビで楽しんでいるシーンなど、リモコンとしても重宝します。

「Windows OS」をはじめ「Android OS」や「Chrome OS」など、多様なデバイスで使用することが可能。電源は単三乾電池2本で駆動します。使用環境にもよりますが約18ヶ月と寿命が長いので、頻繁に電池交換を行う必要はありません。

マイクロソフト(Microsoft) オールインワンメディアキーボード N9Z-00029

キーボード一体型のマルチタッチトラックバッド。使用したい機器のUSBポートに付属のUSBレシーバーを挿すだけで、最大10mの範囲内で操作可能です。AES暗号化方式に対応しているため、キー入力を自動で暗号化して個人情報等を保護しながら安全に使用できます。

また、パソコンでの作業時だけでなく、さまざまな機器と接続できるのもポイント。USB HIDクラスに準拠したタイプであれば、スマートTVやゲーム機器にも対応します。

本体は防滴仕様なので、万が一飲み物などをこぼしてしまってもお手入れしやすいのが魅力。誤ってトラックパッドやキーボードを押さえつけたり落としたりしても壊れにくく、耐久性を有した設計を採用しています。

アイクレバー(iClever) 折り畳み タッチパッド ミニキーボード IC-BK08

3つに折りたたむことが可能な、キーボード一体型のワイヤレストラックパッドです。キーボードを搭載した製品が欲しいけど、携帯性も重視する方におすすめのモデル。Bluetooth接続に対応しているため、キーボードやトラックパッドのケーブル類でゴチャゴチャすることはありません。デスクの上をスッキリと使いたい方にも適しています。

充電式を採用しており駆動時間が長いのも本モデルの特徴です。2時間ほどの充電で約60時間も使用できるので外出先でも安心して使えます。オートパワーオフ機能を搭載しているため、無駄な電力を消費することもありません。

使いやすさと持ち運びのしやすさのバランスが取れたモデルです。なお、対応OSはWindows・Mac ・Android・iPadOSとなっています。iOSには対応していないので購入時には留意しておきましょう。

COOLAY タッチパッド搭載 Bluetoothキーボード BT10

Bluetooth接続に対応したワイヤレストラックパッドです。過去にペアリングしたデバイスは次から自動で接続されます。普段よく使用するデバイスを登録しておけば、使うたびに接続設定をする手間もいりません。複数の機器を使い分けながら使用している方におすすめのモデルです。

リチウムイオン電池を内蔵しており、USB給電による充電式を採用しています。乾電池を購入する必要がないほか、スマホやタブレット端末の充電器を共用できるので便利です。折りたたみ式ではありませんが、本体サイズは299×95×18mm、重さ180gとコンパクトで軽量。カバンに入れて気軽に持ち運ぶことが可能です。

タッチパッドエリアは「マウスモード」と「デジタルモード」を切り替えられます。タッチ操作をしたり数字を入力したりと、シーンに応じて使い分けができるので便利です。

ワコム(Wacom) ペン付きタッチパッド Bamboo Pad CTH300U

2.4GHzの無線レシーバーが付属しており、Bluetooth機能のないパソコンでも簡単に接続ができるワイヤレストラックパッドです。スクロールやズームなど複数のジェスチャー操作が行えます。

また、付属のタッチペンによる入力に対応しているのも特徴。手書きのメモが取れるだけでなく、コメントやマーキングなどが直感的に素早く書き込めます。PowerPointでプレゼン中、重要な部分に手書きでマークをつけるといった効果的な使い方もできて便利です。

WindowsとMacそれぞれのOSに対応していますが、Macパソコンで使用する場合は別途ドライバーソフトをインストール必要があるので、覚えておきましょう。

BORUI タッチパッド搭載 無線キーボード

タッチバッド・キーボード・方向キーと、3つの機能が組み込まれたモデルです。付属の2.4GHzレシーバーをデバイスのUSBポートに挿してワイヤレスで接続。パソコンやゲーム機など、多様な機器に接続して使用することが可能です。

本体背面は両手で持ちやすく滑りにくい形状に設計されているため、パソコンゲームも快適にプレイできます。また、LEDバックライトを内蔵しており、カラーの切り替えができるのもポイント。その日の気分に合わせ、好みの色をチョイスして楽しみましょう。

エレコム(ELECOM) ワイヤレス タッチパッド M-TP01DSWH

2.4GHzの無線レシーバーが付属したワイヤレストラックパッドです。パソコンのUSBポートにセットするだけで、簡単にワイヤレス接続をすることが可能。最大で5本指でのジェスチャー操作に対応しているのが特徴です。

スクロールや改ページといった基本操作はもちろん、アプリの切り替えや音量調節も指先の動きでコントロールできます。本体は6インチ(約15cm)サイズを採用しており、余裕をもって快適に操作することが可能。ジェスチャー機能を積極的に利用することで、効率的に作業を進めたい方におすすめのモデルです。

また、レシーバーが本体背面に収納できるのもポイント。本体と別々に持ち歩く必要がなく、カバンの中で迷子になってしまうこともありません。

Ewin ワイヤレス ミニキーボード

両手で持って操作することが可能な、コンパクトサイズのキーボード一体型モデルです。どこへでも気軽に持ち運べる文字入力も可能なワイヤレストラックパッドを探している方におすすめ。デスク上のスペースがほとんどないような環境でも、さっと取り出して操作することが可能です。

本体重量はわずか90gとスマホより軽量。操作性よりも携帯性を重視する方に適しています。Windows・Mac・Androidなど、さまざまなOS搭載機器に接続して便利に使用することが可能です。

ペリックス(Perixx) タッチパッド付き ワイヤレスキーボード Periboard-716 III

厚さ18mmとスタイリッシュなデザインが特徴の、キーボード一体型ワイヤレストラックパッドです。付属のレシーバーをパソコンのUSBポートに挿してワイヤレス接続をすることが可能。Bluetoothに対応していない機器で使用したい方におすすめのモデルです。

マルチタッチに対応しており、ズームやスクロールなど多様な操作が指先でコントロールできます。また、パンタグラフ方式のキーを採用しているのもポイント。軽快なタイピングができるので、長文の文書を作成するようなシーンでも活躍します。

デバイスから10m程度離れていても操作することが可能です。リモコンのような使い方もできるので、映画や音楽などのコンテンツを楽しむ際にも重宝します。

エフジーエス(F.G.S) Bluetoothキーボード タッチパッド式

液晶画面のないノートパソコンのような形をした、ユニークなデザインが特徴のワイヤレストラックパッドです。タブレットスタンドが付属しているので、スマホやタブレット端末を立てかけて使用することが可能。ノートパソコンを操作するような感覚で、文字を入力したりタッチ操作をしたりできます。

スマホやタブレット端末で、文書を作成する機会が多い方におすすめのモデルです。Bluetooth接続に対応したWindows OSはもちろん、iOSやAndroid OS搭載デバイスでも使用できます。ただし、iOS搭載機でのタッチパッド機能の利用はできないため、iPhoneやiPadを使っている方は注意しましょう。

USB充電方式を採用しており、スマホやタブレット端末の充電器を共用することが可能です。

Fosmon タッチパッド搭載 ミニワイヤレス キーボード

ゲームコントローラーのように両手で持って使えるワイヤレストラックパッドです。キーボード一体型のため文字入力に使用することも可能。コンパクトなのでカバンの中でもかさばらず気軽に持ち運べます。

携帯性に優れたキーボード付きの製品を探している方におすすめのモデルです。バックライトを搭載しており、暗い場所で使用する際に重宝します。

ユニーク(UNIQ) ワイヤレスキーボード E2710W

最薄部が5.6mmと薄型でスタイリッシュなデザインが特徴の、キーボード付きワイヤレストラックパッドです。単四乾電池2本で駆動します。使用環境にもよりますが最大で6ヶ月間使用できるので、頻繁に電池交換をする手間はありません。持ち運びも可能なキーボード一体型製品を探している方におすすめです。

13種類のファンクションキーを搭載しているのも本モデルの特徴。音量の調節や音楽の再生といった操作がボタン1つで行えるので便利です。USBポートを搭載しているWindowsやMacパソコンをはじめ、Androidデバイスやゲーム機など多様な機器で使用できます。