FacebookやYouTubeの投稿で見かける機会が増えた「360度カメラ」。その名の通り、周囲360度を撮影できるのが特徴で、最近は高画質化が進んでいます。とはいえ、各製品には価格差があり、実際どれほど違いがあるのかわからないものです。

そこで今回は360度カメラのおすすめモデルをピックアップ。選び方やメーカーについてもご紹介するので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

360度カメラとは?

By: gopro.com

360度カメラとは、眼前に広がる景色を全方向丸ごと記録できる特殊なカメラのこと。スマホのカメラやデジタルカメラでは景色のなかの限られた一部しか撮影できず、どんなに画角の大きなレンズを使用しても120度前後が限界です。

しかし、360度カメラはその3倍となる画角360度で撮影でき、周囲の様子も含めてすべて捉えることができます。360度パノラマ写真やVR動画など、肉眼を遥かに超えた広大な世界を記録に収められるのが特徴です。

360度カメラの選び方

種類で選ぶ

全方位撮影が可能な「全天球」

By: gopro.com

360度カメラには画像の周囲を歪曲させることで肉眼を超える広い範囲を撮影できるレンズを採用されていますが、全天球カメラにはこのレンズが2基搭載されています。2基のレンズで撮影した映像の継ぎ目(スティッチ)を繋ぎ合わせることで、水平方向だけではなく垂直方向も360度の画角で撮影できるのが特徴です。

全天球カメラで撮影した写真や動画は上下左右全ての方向をカバーしているので、コンテンツの視聴者は撮影者が立っている景色や体験のすべてを臨場感たっぷりに追体験できるのが魅力。ただし、撮影者や三脚などのアクセサリーが写り込んでしまうので、それらを防ぎたい場合は撮影方法を工夫する必要があります。

垂直方向のみ撮影が制限される「半天球」

By: amazon.co.jp

半天球カメラでレンズがひとつ搭載されたタイプ。水平方向は360度撮影できますが、垂直方向は235度前後の範囲が記録されるのが特徴です。下方向は記録されないので、全天球カメラと違って撮影者の足や地面に置いた三脚が写り込むことはありません。

また、撮影に使用するレンズはひとつだけなので、スティッチを合成する必要がないのも特徴。自然な静止画や動画を楽しむことができます。

画素数と解像度をチェック

By: gopro.com

細部まで鮮明に描写された360度パノラマ写真を撮影したい場合はカメラの画素数に注目。数値が多くなるほどより高精細な写真を撮影できます。

一方、きめ細かく高画質なVR動画を撮影したい場合はカメラの解像度をチェック。記録動画の長辺が2000画素以上(2K/フルHD)、3000以上(3K)、4000以上(4K)、5200以上(5.2K)と長くなるにつれて動画の解像度は高くなります。高画質を求めるのであれば、4K以上の動画記録に対応した機種がおすすめです。

ストレージの搭載方法と容量を確認

360度カメラでの記録方法には内蔵ストレージとmicroSDカードの2種類があります。内蔵ストレージを採用する機種は当然スペックに依存することになるので、データの管理が重要。場合によってはデータを削除する必要もあるので、注意が必要です。特に、高画質なVR動画の撮影を多くする場合はできるだけ大きなストレージ容量を持つ機種を選ぶようにしましょう。

一方、microSDカードに対応する機種では記録容量が一杯になってもカードを交換すれば、バッテリーが続くかぎり撮影が続けられます。ただし、機種によっては対応していないmicroSDカードの種類や容量もあるので、事前に対応するmicroSDカードを確認しておきましょう。

連続撮影時間や防水機能をチェック

By: gopro.com

360度カメラで長時間の撮影をしたい場合は連続撮影時間をチェック。バッテリーやストレージの残量にまだ余裕があっても規定の時間が来る度に撮影を中断しなければいけません。記録が完了してから次の撮影が可能になるまでも時間がかかるので、360度カメラを本格的なVR動画の撮影やリアルタイム配信などに使いたい場合は注意が必要です。

また、360度カメラを水辺でも使いたい場合は防水性能をチェック。気になる方は性能を確認するのはもちろん、専用の防水ケースが用意されているかなどもチェックしておきましょう。

スマホアプリやSNSなどと連携可能かを確認

By: gopro.com

360度カメラは通常のデジタルカメラと違って液晶モニターが搭載されていないので、撮影した写真や動画はアプリ上で確認することになります。使い勝手はアプリのクオリティに左右されるので、事前にチェックしておくのがおすすめです。

また、録画開始・停止などを遠隔操作したり、撮影画像を編集したりする際にもアプリを活用するので、SNSへの投稿の仕様などは確認しておきましょう。

対応アクセサリーの充実度をチェック

By: amazon.co.jp

360度カメラのなかには、さまざまなアクセサリーを駆使することでアクションカメラのように多目的に使える機種もあります。自撮り棒にカメラを搭載して歩きながら動画撮影をしたり、防水ケースを使ってダイビング撮影をしたりする方は対応アクセサリーをしっかりとチェックしておきましょう。

360度カメラのおすすめメーカー

リコー(RICOH)

By: theta360.com

「リコー」は360度カメラの市場を切り開いた草分け的なメーカー。2013年に世界初の全天球カメラとなる「THETA」を発売したのを皮切りに、360度カメラをさまざまな産業分野に普及しています。

同社の製品は初心者でも簡単に使えるシンプルな操作感が特徴。使用するボタンは電源とシャッターの2つが主なため、旅行中など思い立った時にカバンからサッと取り出して全天球撮影が楽しめます。

一方で機能性は高く、4K解像度での高画質撮影や360度の立体音響に対応しているのもポイントです。また、アプリが優秀なのも魅力。画像の確認や編集、SNS投稿もスムーズにできます。

カシオ(CASIO)

By: casio.jp

「カシオ」はG-SHOCKシリーズをはじめとする時計や電子辞書などを取り扱う電機メーカー。かつてはコンパクトデジタルカメラ事業も展開していましたが、2018年5月に撤退を表明。とはいえ、デジタルカメラ事業は継続し、360度カメラもそこに含まれています。

同社はゴルフとの関わりが強く、遠隔操作でフォームを分析しながら撮影できる分離式の液晶ディスプレイを搭載した機種を発売。360度カメラにもその構造が採用されているのが特徴です。

ゴープロ(GoPro)

By: gopro.com

「ゴープロ」は高性能なアクションカメラをリリースしているアメリカのメーカー。市場シェアも圧倒的で、業界を牽引している存在となっています。

360度カメラの分野に関しては2018年4月に「GoPro Fusion」を発売して本格的に参入。アクションカメラで培った技術とノウハウをいかしているのが特徴です。また、対応アクセサリーが充実しているのもポイント。さまざまな用途やアングルから360度カメラでの撮影を楽しめるのも魅力です。

コダック(Kodak)

By: kodakpixpro.com

写真関連の製品で高いシェアを占める「コダック」。世界で初めてデジタルカメラを開発したことでも知られているアメリカのメーカーです。

360度カメラに関しては、2014年に半天球カメラの「PIXPRO SP360」を発売。その後、4K解像度に対応した機種や全天球撮影に対応した機種をリリースし、ラインナップを拡大しています。スマホアプリの操作性が今ひとつなのが懸念点ではありますが、スポーツ撮影で高画質な360度撮影を楽しみたい方におすすめです。

インスタ360(Insta360)

By: amazon.co.jp

「インスタ360」は中国の深圳に拠点を置くベンチャー企業の「Shenzhen Arashi Vision」が開発した360度カメラのブランド。2014年創業と社歴は浅いものの、約3年で急成長を遂げた企業として世界的に広く知られています。

同ブランドの製品は高度かつ独特な手法を採用しており、初心者でも気軽に撮影を楽しめるのが魅力。撮影者の周囲を回転するような視点で撮影できるバレットタイム撮影なども特徴です。なお、360度カメラに関してはプロ向けとなる8K解像度の製品も開発。新進気鋭のブランドとしてぜひ注目しておきましょう。

360度カメラのおすすめモデル|全天球

リコー(Ricoh) THETA SC

「THETA」シリーズのエントリーモデルとなる360度カメラ。上位機種と比較すると機能はかなりシンプルですが、価格は約2万円と気軽に購入できるのが魅力です。

写真の記録画素数は1200万画素、動画の解像度は最大でフルHD 30fps。4Kには非対応で、動画の連続撮影時間が5分とかなり短く、内蔵ストレージも8GBしかないため、長時間の撮影は考慮するようにしましょう。

操作や編集に使うスマホアプリはiPhoneとAndroidのどちらにも対応。画像補正やフィルター機能も充実しているので、初心者でも気軽に360度パノラマ写真やVR動画を楽しめます。

リコー(Ricoh) THETA S

ラインナップのなかではミドルクラスに位置する360度カメラ。2015年発売のロングセラーモデルですが、発売当初から360度カメラ人気やVRブームを牽引してきた機種として知られています。

エントリー機の「THETA SC」と比較すると、まず全体的な撮影画質が向上しているのが特徴。写真の画素数はそのままですが、苦手だった暗所の撮影性能が改善したので天体撮影にも使えます。

また、動画は連続可能撮影時間が25分まで延長されたので、VR動画の撮影機として本格的な運用が可能。加えて、ライブストリーミングにも対応したので、「YouTube」や「Instagram」で360度の広大な画角を生かしたリアルタイム配信にも使えます。

リコー(Ricoh) THETA V

「THETA」シリーズのフラッグシップとなる高機能な360度カメラ。価格は4万円台とやや高価になりますが、下位機種を遥かに凌駕する機能を搭載しているのが特徴です。

動画の解像度は最大4K 30fpsに対応。フルHDよりも4倍きめ細かな描写と豊かな色彩のVR動画撮影を楽しめます。また、ライブストリーミングも4K解像度に対応。旅先の風景を4Kの超高画質と360度の臨場感でSNSにリアルタイム配信が可能です。

本機の内蔵ストレージは19GBで、4基のマイクが搭載されているのがポイント。動画撮影時に4方向の音を独立して記録できる立体音響に対応するため、映像だけではなくサウンドも360度仕様で楽しめます。

ゴープロ(GoPro) GoPro Fusion

高性能な360度カメラ。圧倒的な高画質で撮影できるのが特徴で、写真の画素数は1800万、動画の解像度はハイエンドクラスとなる5.7K 30fpsに対応しています。

強力な電子式の手ブレ補正機構が搭載されているのも特徴。手持ちでもブレの少ない鮮明な動画が撮影できます。3K解像度での高速動画やスローモーション動画にも対応していますが、ライブストリーミングには非対応なので、その点は留意しておきましょう。

5mまでの防水性能を持つことに加えて、別売りの防水ケースを装着すれば最大60mまでの潜水も可能。さまざまなアクセサリーが充実しているのも魅力です。なお、記録方式にはmicroSDカードを採用。録画時には常時2枚のmicroSDカードが必要となります。

コダック(Kodak) PIXPRO 4KVR360

高画質と豊富なアクセサリーが魅力の360度カメラ。写真の画素数は2068万と高精細で、動画の解像度も4K 30fpsに対応しており、高画質にこだわったパノラマ写真やVR動画を撮影できます。

本体はIPX5の防滴加工がされていますが、単体では潜水に非対応。しかし、別売りの防水ケースを装着すれば最大30mまでの潜水が可能なので、本格的なダイビング撮影を行いたい方は検討しておきましょう。

記録にはmicroSDカードを使用。アプリの完成度がいまいちなところが唯一の懸念点ですが、本体自体は優秀なので、本格的なスポーツVR動画の制作におすすめです。

インスタ360(Insta360) Insta360 Nano S

iPhoneに使われるLightning端子に直接装着して使用できる高機能な360度カメラ。iPhoneのディスプレイをモニターとして使えるのが特徴です。

4K 30fps解像度でのVR動画撮影が可能なほか、4Kライブストリーミングにも対応。「360度ビデオ通話」機能を使えば、LINEやFacebookなどのメッセンジャーアプリで友人とチャットをしながら旅先のVR動画をリアルタイムで送れます。ストリーミング映像の共有にはアプリが設定するリンクを送るだけなのでスピーディーに対応できます。

「マルチビュー」機能に対応しているのも特徴。前後のカメラで撮影した動画を2画面に分けて配信でき、スマホやタブレットの画面をいちいちスワイプする必要がないので、ストレスなく対応できるのも魅力です。

インスタ360(Insta360) Insta360 ONE X

高度な手法の撮影を気軽に楽しめる独自機能が搭載された高性能な360度カメラ。写真の画素数は1800万、動画の解像度は4Kをさらに凌駕する高精細の5.7K 30fpsに対応しており、臨場感のある高画質VR動画が楽しめるのが特徴です。

撮影者の周囲を回転しながら全景を映像に残すバレットタイム撮影や、時の流れを加速させながら移動中の風景を映像に残すハイパーラプス撮影などの高度な撮影手法が簡単にできるのも魅力。撮影に使用した自撮り棒などは記録時に自動で除去されるので、高度な編集スキルを持ち合わせていなくとも気軽に楽しむことができます。

水深5mまでの防水性能を持つことに加えて、別売りの潜水ケースを装着すれば水深30mまでも対応が可能。ジンバルいらずの強力な手ブレ補正機能や、GPSによる各種ログ機能も搭載されています。

360度カメラのおすすめモデル|半天球

コダック(Kodak) PIXPRO SP360 4K

4K解像度のVR動画撮影に対応する360度カメラ。位置付けとしては全天球モデル「4KVR360」の下位機種となりますが、本機も最大で4K 30fpsでの動画撮影が可能です。

異なるのは半天球での撮影となる点。垂直方向は235度までの対応となるので、レンズの後ろ側は記録されません。なお、全天球での撮影はできませんが、スティッチ(継ぎ目)を合成する必要がないため、全域で自然な見え具合の写真や動画が制作できます。

本体は防滴ですが、別売りの防水ケースで最大60mまでの潜水が可能。そのほか、本機を2個ドッキングして全天球カメラとしても使えるダブルマウントなど、豊富なアクセサリーが揃っているのも魅力です。

カシオ(CASIO) EXILIM EX-FR200

分離式の液晶モニターを搭載した独特な機構を持つ360度カメラ。分離した状態で使用すれば、スマホと連携しなくても撮影時のライブ映像を確認しながら撮影することができます。

離れた位置にカメラを置いて遠隔操作で撮影できるほか、自撮りカメラとしても使えるのもポイント。垂直方向で185度までの半天球撮影が可能ですが、カメラ部を2基用意すれば全天球撮影も可能です。モニター部1体で最大2基までのカメラを同時に遠隔操作できるほか、水深1.5mまで対応できる防水性能を持つので、水上スポーツを始め多彩な用途での撮影が楽しめます。

内蔵ストレージは48MBと少ないので、記録は主にmicroSDカードを使用。写真の画素数は1195万と標準的ですが、動画の解像度は最大4K 30fpsまで対応します。

番外編|360度カメラの使い方

By: gopro.com

360度カメラの使い方は簡単。撮影の際は自撮り棒や用途に適した対応マウント、防水ケースなどを搭載して使いますが、撮影自体は通常のカメラと同じようにシャッターボタンを押すだけです。

なお、全天球カメラでは撮影者の姿も画像にすべて取り込まれてしまうので注意が必要。写り込みたくない場合はアプリと連携させ、遠隔でカメラを操作するなどして対策を講じましょう。

撮影した画像や動画はそのままでは確認できないのでスマホやタブレット、パソコンに転送します。対応するアプリを使えばより便利。スマホだけで編集からSNSへの投稿まで簡単に行えるので、初心者でも直感的な操作で360度パノラマ写真やVR動画の制作が楽しめます。