FacebookやYouTubeの投稿で見かける機会が増えた「360度カメラ」。その名の通り、周囲360度を撮影できるのが特徴で、最近は高画質化が進んでいます。とはいえ、各製品には価格差があり、実際どれほど違いがあるのかわからない方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、360度カメラのおすすめモデルをピックアップ。選び方やメーカーについてもご紹介するので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

360度カメラとは?

By: gopro.com

360度カメラとは、眼前に広がる景色を全方向丸ごと記録できる特殊なカメラのこと。スマホのカメラやデジタルカメラでは景色のなかの限られた一部しか撮影できず、どんなに画角の大きなレンズを使用しても120度前後が限界です。

しかし、360度カメラはその3倍となる画角360度で撮影可能。周囲の様子も含めてすべて捉えられます。360度パノラマ写真やVR動画など、肉眼を遥かに超えた広大な世界を記録に収められるのが特徴です。

360度カメラの種類

全方位撮影が可能な「全天球」

By: gopro.com

360度カメラには、画像の周囲を歪曲させることで肉眼を超える広い範囲の撮影が可能なレンズを採用していますが、全天球カメラにはこのレンズが2基搭載されています。2基のレンズで撮影した映像の継ぎ目を繋ぎ合わせることで、水平方向だけではなく、垂直方向も360度の画角で撮影できるのが特徴です。

全天球カメラで撮影した写真や動画は上下左右すべての方向をカバーしているので、撮影者が立っている景色や体験のすべてを臨場感たっぷりに追体験できるのが魅力。しかし、撮影者や三脚などのアクセサリーが写り込んでしまうため、それらを防ぎたい場合は撮影方法を工夫する必要があります。

垂直方向のみ撮影が制限される「半天球」

By: amazon.co.jp

半天球カメラでレンズがひとつ搭載されたタイプ。水平方向は360度撮影できますが、垂直方向は235度前後の範囲が記録されるのが特徴です。下方向は記録されないため、全天球カメラと異なり、撮影者の足や地面に置いた三脚が写り込むことはありません。

また、撮影に使用するレンズはひとつだけなので、継ぎ目を合成する必要がないのも特徴。自然な静止画や動画を楽しめます。

360度カメラの選び方

360度カメラとしてのスペックをチェック

スマホアプリやSNSなどと連携可能か

By: kodakpixpro.com

360度カメラでは、スマホ専用アプリとしっかり連携できるかチェックしておきましょう。大半の360度カメラには液晶モニターが搭載されていないため、撮影したパノラマ写真やVR動画は、基本的にスマホアプリと連携して閲覧します。Wi-FiやBluetoothなどでスマホとの連携がスムーズにできない場合、使用の度にストレスを感じてしまうので注意が必要です。

また、大半の専用アプリでは、撮影した写真・動画を簡易的に編集も可能。全天球イメージの展開方法を変更したり、Instagramのようなフィルター効果を追加したりできます。TwitterやLINEなど、SNSへの投稿機能も備えているモノであれば、旅行先の風景をシェアして楽しむ用途にも最適です。

対応アクセサリーの充実度

By: amazon.co.jp

360度カメラでは、対応アクセサリーの充実度も重要。本体に装着して使えるアクセサリーの種類が多いほど、多彩なジャンルの撮影が楽しめます。

通常歩きながら撮影する際は、自撮り棒を短くしたような形状のハンドグリップを使用。そのほか、ヘルメットに360度カメラを搭載してツーリングしながら撮影ができるマウントや、サーフボードに搭載してサーフィンの様子を大迫力に記録できるマウントを備えたモノも展開されています。アウトドアやウォータースポーツなど、アクティブなシーンでも楽しむことが可能です。

特定の用途で360度カメラを活用したい場合は、その用途に適した対応アクセサリーが用意されているかをしっかり確認してみてください。

デジタルカメラとしてのスペックをチェック

静止画・動画が4Kに対応しているか

By: amazon.co.jp

360度カメラを選ぶ際は、動画記録時の解像度が4K以上に対応しているかも目安のひとつとなります。4Kは解像度がフルHDの約4倍も高いため、被写体の細部まで忠実に描写でき、色彩もより鮮明に描き出せるのが特徴。大画面テレビやVRゴーグルで撮影した動画を閲覧する際に、より高い臨場感が楽しめます。

また、4Kを画素で換算すると約800万画素となり、静止画でも十分なスペックを有しているのもポイント。細部まで鮮明な画像が楽しめるので、旅先で出会った風景を高画質なパノラマ写真で振り返りたい方にもおすすめです。

連続撮影時間や防水機能

By: amazon.co.jp

360度カメラを使って投稿動画の制作やリアルタイム配信をしたい場合は、動画の連続撮影時間をチェックしてみてください。動画の連続撮影時間が短いモノだと、長尺の動画コンテンツを撮影する用途にはあまり向きません。また、撮影時の解像度によって連続撮影時間が変わる場合もあるので注意しておきましょう。

アウトドアやウォータースポーツの撮影で360度カメラを活用したい場合は、防水機能を備えた機種がおすすめ。本体の各部に施されたゴムシーリングによって水やホコリの侵入を防げるため、急な雨や水辺でも故障を気にせず撮影が続けられます。

そのほか、より深い水深にも対応できる専用の防水プロテクターが用意されたモデルもあるので、ダイビングなどで使用する場合は防水プロテクターの有無も確認してみてください。

360度カメラのおすすめモデル|全天球

リコー(RICOH) THETA Z1

リコー(Ricoh) THETA Z1

高画質の全天球撮影が楽しめる、リコーTHETAの最新モデルです。1インチの裏面照射型CMOSイメージセンサーを搭載しているので、画質が大幅に向上しているのが特徴。夜景や室内など、光量が限られたシーンも低ノイズで鮮明に撮影できます。

前機種と比較して、動画の解像度は4Kのままですが、静止画の記録画素数は約2300万へ高精細化。「絞り優先モード」に対応しているため、レンズの絞り値を変えることで明るさや背景のボケ具合を調節できます。

また、レタッチ耐性の高いRAW形式での画像記録に対応しているのもポイント。パソコンでの現像時に、画質劣化を抑えつつ画像の明るさや色合いを自分好みに調節できるので、本格的な360度パノラマ写真の作品制作におすすめです。

本体前面に有機ELモニターを搭載するのも魅力。電池残量・撮影可能枚数・撮影モードなどが、スマホと連携しなくてもひと目で確認できます。

リコー(RICOH) THETA V

リコー(Ricoh) THETA V

リコーTHETAの第3世代モデル。新たに4K動画の撮影に対応しており、フルHDの4倍にあたる、高解像な動画が撮影できます。また、約19GBの内蔵メモリを搭載。4K動画も最大で合計40分記録が可能です。

360度ライブストリーミングも4Kに対応しているのも特徴。高画質なパノラマ映像が発信できます。さらに、立体音響の録音に対応しているのも魅力。本体に内蔵する4つのマイクが4方向の音を独立して収録するので、360度動画をより臨場感のある音響効果を交えて楽しめます。

OSにAndroidベースのシステムを採用しているのもポイント。USBメモリへの画像転送や自動顔ぼかしなど、さまざまな拡張機能に対応したおすすめアイテムです。

リコー(RICOH) THETA S

リコー(Ricoh) THETA S

360度カメラの人気に火を付けた、リコーTHETAの第2世代モデルです。下位機種「THETA SC」と比較して、動画の連続撮影時間が長くなっているのが特徴。動画の解像度は同じフルHDですが、最長25分まで撮影できるため、動画コンテンツの撮影にも適しています。

また、周囲の風景を360度丸ごとリアルタイム共有できる「HD Liveストリーミング」機能を搭載。YouTubeやInstagramなどで臨場感のある配信をしたい方にもおすすめです。

本体前面にあるLEDアイコンの発光で、撮影時の状態を確認できるのもポイント。さらに、8GBの内蔵メモリを搭載しているので、本機単体で撮影できるのも魅力です。

リコー(RICOH) THETA SC

リコー(Ricoh) THETA SC

コストパフォーマンスに優れた、エントリーモデルの全天球360度カメラです。2016年発売の機種ですが、廉価なコンパクトカメラと同じくらいの価格で購入できるのが魅力。360度の全天球撮影を気軽に試してみたい方におすすめです。

静止画の記録画素数は約1200万、動画の解像度はフルHDに対応。動画の連続記録時間は最長5分と短めですが、高画質なパノラマ写真を楽しむ分には十分な性能を持っています。

また、4種類のカラーバリエーションから選べるのも特徴のひとつ。操作も簡単なので、思い立ったときにバッグからさっと取り出して360度撮影が手軽に楽しめます。

さらに、専用編集アプリ「THETA+」の完成度が高いのもポイント。360度映像の見せ方を変えたり、フィルター効果を加えたり、SNSへ投稿したりと、さまざまな操作が直感的に楽しめるおすすめアイテムです。

アラシビジョン(Arashi Vision) Insta360 EVO

アラシビジョン(Arashi Vision) Insta360 EVO

手軽にVR動画や3D動画の撮影が楽しめる、360度全天球アクションカメラ。本体を折りたたむと、360度のVR動画が撮影可能です。

また、展開した状態だと、180度の3D動画が撮影できるのも魅力。別売りの専用スマホケース「HoloFrame」をスマホに装着すれば、裸眼で臨場感のある3Dコンテンツが楽しめます。

静止画の記録画素数は約1800万、動画の解像度は5.7K。現実に近い明暗差のバランスを持つHDRの写真や、動画の記録にも対応しています。さらに、強力な手ぶれ補正機構によって、持ち歩きながらでも滑らかな映像の撮影が可能です。

専用アプリが充実しているのもポイント。「TimeShift」機能を使えば、撮影後に動画再生の速度や視点を自在に調節できます。スローモーションやハイパーラプスも簡単に楽しめるおすすめのモデルです。

アラシビジョン(Arashi Vision) Insta360 ONE

アラシビジョン(Arashi Vision) Insta360 ONE

高度な動画撮影のテクニックが手軽に楽しめる、360度全天球アクションカメラです。静止画の記録画素数は約2400万、動画の解像度は4Kに対応。「FlowStateスタビライゼーション」によって手ぶれを効果的に抑えられるので、安定した映像を撮影できます。

また、「バレットタイム」撮影機能を搭載しているのも特徴。付属の紐に繋げた状態の本機を周囲に振り回しながら撮影することで、撮影者の周りをドローンで低空旋回しながら撮影したような映像効果が簡単に実現できます。紐は記録時の加工で自動的に消せるのもポイントです。

さらに、「SmartTrack」機能を搭載しているのも魅力。目的の被写体を自動追跡して中央フレームから外れないように処理するため、スポーツやペットの撮影でも安定した構図の撮影ができます。機能性に優れたアイテムを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

アラシビジョン(Arashi Vision) Insta360 ONE X

アラシビジョン(Arashi Vision) Insta360 ONE X

Insta360の一般向けフラッグシップ機となる、360度全天球アクションカメラです。Insta360 ONEの上位機種として発売され、画質や撮影機能がさらに強化されています。

静止画の記録画素数は約1800万、動画の解像度は最大で5.7Kに対応。独自のアルゴリズムによって、撮影時に使用した自撮り棒は記録時に自動で削除。まるでカメラマンが自分を撮影しているような効果が得られます。

また、多彩な撮影機能を搭載しているのも魅力。強力な手ぶれ補正機能やバレットタイム撮影など、前機種の撮影機能をすべて搭載していることに加えて、ダーツのように被写体の間を高速で飛び抜けて撮影する「ドリフトショット」など、新たな機能も搭載しています。

さらに、対応アクセサリーも充実。サーフィン・スカイダイビング・モーターサイクルなど、用途に合わせたアクセサリーのセットが展開されているのもポイントです。

ゴープロ(GoPro) Fusion

ゴープロ(GoPro) Fusion

スポーツの大迫力なVR映像が撮影できる、360度全天球アクションカメラです。本体単体で水深5mまでの防水性能を搭載。急な天候の変化に見舞われることの多い登山・ハイキングなどのアウトドアや、ラフティングやサーフィンなどのウォータースポーツでも故障を気にせず使えます。

静止画の記録画素数は約1800万、動画の解像度は最大で5.2Kに対応。強力な手ぶれ補正機能を備えているので、ジンバルがなくても滑らかで安定した映像が撮影できます。また、撮影開始などの操作を音声でコントロールできるのも魅力です。

対応アクセサリーが充実しているのもポイント。ハンドグリップのほか、自動車・自転車など多彩な乗り物に搭載できるマウントがラインナップされています。

コダック(Kodak) PIXPRO 4KVR360

コダック(Kodak) PIXPRO 4KVR360

防塵・防滴機構を備えた360度全天球アクションカメラです。IP65相当の防塵・防滴性能や2mからの落下に耐える耐衝撃性能、-10℃までの耐低温性能を搭載。防水プロテクターを装着していない場合でも、アウトドアなど厳しい環境でも撮影ができます。

静止画の記録画素数は約2068万、動画の解像度は4Kに対応。前後2つのレンズを使用して360度の全天球撮影ができるほか、前方のレンズだけで撮影する「フロントモード」を使用すれば、通常のアクションカメラのように4Kでの超広角撮影も可能です。

また、Bluetoothによる遠隔操作ができるリモコン付属しているのも魅力。加えて、水深30mまで対応できる専用の防水プロテクターやサーフボードマウントなど、多彩なスポーツの撮影に使える対応アクセサリーも充実しているおすすめのモデルです。

ガーミン(GARMIN) VIRB 360

ガーミン(GARMIN) VIRB 360

アウトドアやスポーツでの用途に特化した、360度全天球アクションカメラです。ガーミンは、GPSを活用したランニングウォッチや車載・船舶用の電子機器を製造していることで有名なアメリカのメーカー。本製品にも、メーカーの技術がふんだんに組み込まれています。

水深10mまでの防水性能を有しているので、水しぶきがかかるシーンでも使用が可能。加えて、各種センサーから取得した位置情報や気圧、標高、移動した軌跡や速度などを、G-Metrixデータとして映像中に表示できるのもポイントです。

静止画の記録画素数は約1500万、動画の解像度は最大5.7Kに対応。5.7Kで撮影する場合はパソコンでステッチ(合成)処理が必要ですが、4Kモードであれば、撮影時にカメラ内にて自動でステッチされます。立体音響にも対応しており、4つの内蔵マイクで360度全方位からのサウンドを録音できるのも魅力です。

360度カメラのおすすめモデル|半天球

カシオ(CASIO) EXILIM EX-FR200

カシオ(CASIO) EXILIM EX-FR200

独特の着脱機構を備えた、半天球360度カメラです。本製品は、カメラ部分と液晶コントローラー部分を分離して使用できるのが特徴。カメラとコントローラーはWi-Fiで接続されているので、スマホがなくても映像を手元で確認しながら撮影ができます。

また、1台のコントローラーで最大2台のカメラを操作できるのもポイント。カメラとコントローラーは両方とも防水性能を備えているため、アウトドアなどのシーンでも多彩なアングルからの撮影が楽しめます。

静止画の記録画素数は約2114万、動画の解像度は4Kに対応。2016年発売の機種ですが、アウトドアでの記録用として現在でも根強い支持を集めているおすすめのモデルです。

360フライ(360fly) 360fly 4K

360フライ(360fly) 360fly 4K

タフネスな360度半天球アクションカメラです。水深10mに対応できる防水機能や、-20度でも動作する耐低温性能、1.5mからの落下にも耐える耐衝撃性能などを搭載。アウトドアやスポーツなどのシーンでも重宝します。

静止画の記録画素数は約1600万、動画の解像度は4Kに対応。全天球カメラと異なり画像や映像に継ぎ目ができないため、動きや見た目に不自然さがないのも特徴です。

また、64GBの内蔵メモリを搭載しているのもポイント。360度カメラをアクティブに活用したい方におすすめです。