FacebookやYouTubeの投稿で見かける機会が増えた「360度カメラ」。その名の通り、周囲360°を撮影できるのが特徴で、最近は高画質化が進んでいます。とはいえ、各製品には価格差があり、実際どれほど違いがあるのかわからない方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、360度カメラのおすすめモデルをピックアップ。選び方やメーカーについてもご紹介するので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

360度カメラとは?

By: gopro.com

360度カメラとは、眼前に広がる景色を全方向丸ごと記録できる特殊なカメラのこと。スマホのカメラやデジタルカメラでは景色のなかの限られた一部しか撮影できず、どんなに画角の大きなレンズを使用しても120°前後が限界です。

しかし、360度カメラはその3倍となる画角360°で撮影可能。周囲の様子も含めてすべて捉えられます。360°パノラマ写真やVR動画など、肉眼を遥かに超えた広大な世界を記録に収められるのが特徴です。

360度カメラの種類

全方位撮影が可能な「全天球」

By: gopro.com

360度カメラには、画像の周囲を歪曲させることで肉眼を超える広い範囲の撮影が可能なレンズを採用していますが、全天球カメラにはこのレンズが2基搭載されています。2基のレンズで撮影した映像の継ぎ目を繋ぎ合わせることで、水平方向だけではなく、垂直方向も360°の画角で撮影できるのが特徴です。

全天球カメラで撮影した写真や動画は、上下左右すべての方向をカバーしているので、撮影者が立っている景色や体験のすべてを臨場感たっぷりに追体験できるのが魅力。しかし、撮影者や三脚などのアクセサリーが写り込んでしまうため、それらを防ぎたい場合は撮影方法を工夫する必要があります。

垂直方向のみ撮影が制限される「半天球」

By: amazon.co.jp

半天球カメラでレンズがひとつ搭載されたタイプ。水平方向は360°撮影できますが、垂直方向は235°前後の範囲が記録されるのが特徴です。下方向は記録されないため、全天球カメラと異なり、撮影者の足や地面に置いた三脚が写り込むことはありません。

また、撮影に使用するレンズは1つだけなので、継ぎ目を合成する必要がないのも特徴。自然な静止画や動画を楽しめます。

360度カメラの選び方

360度カメラとしてのスペックをチェック

スマホアプリやSNSなどと連携可能か

By: kodakpixpro.com

360度カメラでは、スマホ専用アプリと連携できるかチェックしておきましょう。大半の360度カメラには液晶モニターが搭載されていないため、撮影したパノラマ写真やVR動画は、基本的にスマホアプリと連携して閲覧します。Wi-FiやBluetoothなどでスマホとの連携がスムーズにできない場合、使用の度にストレスを感じてしまうので注意が必要です。

また、大半の専用アプリでは、撮影した写真・動画を簡易的に編集することも可能。全天球イメージの展開方法を変更したり、Instagramのようなフィルター効果を追加したりできます。TwitterやLINEなど、SNSへの投稿機能も備えているモノであれば、旅行先の風景をシェアして楽しむ用途にも最適です。

対応アクセサリーの充実度

By: amazon.co.jp

360度カメラでは、対応アクセサリーの充実度も重要。本体に装着して使えるアクセサリーの種類が多いほど、多彩なジャンルの撮影が楽しめます。

通常歩きながら撮影する際は、自撮り棒を短くしたような形状のハンドグリップを使用。そのほか、ヘルメットに360度カメラを搭載してツーリングしながら撮影ができるマウントや、サーフボードに搭載してサーフィンの様子を大迫力に記録できるマウントを備えたモノも展開されています。アウトドアやウォータースポーツなど、アクティブなシーンでも楽しむことが可能です。

特定の用途で360度カメラを活用したい場合は、その用途に適した対応アクセサリーが用意されているかを確認してみてください。

デジタルカメラとしてのスペックをチェック

静止画・動画が4Kに対応しているか

By: amazon.co.jp

360度カメラを選ぶ際は、動画記録時の解像度が4K以上に対応しているかも目安のひとつです。4Kは解像度がフルHDの約4倍も高いため、被写体の細部まで忠実に描写でき、色彩もより鮮明に描き出せるのが特徴。大画面テレビやVRゴーグルで撮影した動画を閲覧する際に、より高い臨場感が楽しめます。

また、4Kを画素で換算すると約800万画素となり、静止画でも十分なスペックを有しているのもポイント。細部まで鮮明な画像が楽しめるので、旅先で出会った風景を高画質なパノラマ写真で振り返りたい方にもおすすめです。

連続撮影時間や防水機能

By: amazon.co.jp

360度カメラを使って投稿動画の制作やリアルタイム配信をしたい場合は、動画の連続撮影時間をチェックしてみてください。動画の連続撮影時間が短いモノだと、長尺の動画コンテンツを撮影する用途には向きません。また、撮影時の解像度によって連続撮影時間が変わる場合もあるので注意しておきましょう。

アウトドアやウォータースポーツの撮影で360度カメラを活用したい場合は、防水機能を備えた機種がおすすめ。本体の各部に施されたゴムシーリングによって水やホコリの侵入を防げるため、急な雨や水辺でも故障を気にせず撮影が続けられます。

そのほか、より深い水深にも対応できる専用の防水プロテクターが用意されたモデルもあるので、ダイビングなどで使用する場合は防水プロテクターの有無も確認してみてください。

価格をチェック

360度カメラを選ぶ際は価格も重要。2万円程度で手軽に購入できるモノから60万円を超えるプロクリエイター向けのモノまで、さまざまな価格帯の機種が発売されています。通常のデジタルカメラと同じように、360度カメラも高画質になるほど、また、高機能になるほど価格も比例して高騰していくのがポイントです。

ただし、高画質な機種は撮影後のステッチ合成でハイスペックなPCが必要になるのが難点。また、基本的な機能しか使わない場合、必要以上に高機能なモノは持て余してしまいます。そのため、必要な画質や機能が搭載されていて、かつ、価格が予算内で収まる機種を選ぶのがおすすめです。

360度カメラのおすすめメーカー

リコー(RICOH)

By: rakuten.co.jp

リコーは1936年に創業した光学・事務機器メーカーです。老舗のカメラメーカーとしても有名で、古くはコンパクトカメラの「GR」シリーズで一世を風靡しました。360度写真ブームを起こした全天球カメラ「THETA」を2013年に発売して以来、パイオニアとして360度カメラ市場を牽引しています。

リコーの360度カメラ「THETA」は新旧含めたラインナップが充実しているのが特徴。2万円程度で入手できる安い初心者向けのモノから、大型センサーを搭載して高画質を実現したモノまで発売されています。また、動画よりも静止画の撮影にやや強い傾向があるのもポイントです。

ゴープロ(GoPro)

By: amazon.co.jp

ゴープロは2002年にアメリカのカルフォルニア州で設立されたアクションカメラのブランドです。同社のアクションカメラは小型・軽量で、強力な防水・防塵性能と動画撮影に特化した機能を搭載しているのが特徴。アウトドアシーンでのアクティビティ撮影をはじめ、旅行番組やバラエティ番組の撮影でも多く愛用されています。

ゴープロの360度カメラは、通常のアクションカメラ「HERO」シリーズと同様、強力な耐候性と動画撮影に特化した機能を搭載しているのが特徴。また、対応アクセサリーの種類が充実しているのも魅力で、多彩なジャンルのスポーツやアクティビティの撮影で活用できます。

360度カメラのおすすめモデル|全天球

リコー(RICOH) THETA SC

リコー(RICOH) THETA SC

安い価格で購入できるエントリーモデルの全天球360度カメラです。動画の記録解像度がフルHD 30fpsで、記録時間も最大5分と控えめ。静止画向けの機種ですが、手頃な価格で360°パノラマ写真が楽しめるので、入門用としてもおすすめです。

初心者に優しいシンプルな操作性も特徴。起動したら本体前面にあるシャッターボタンを押すだけで簡単に撮影ができます。また、電源を入れてから約1.5秒で撮影を開始できるクイックレスポンス仕様のため、撮りたい瞬間を逃しません。

THETAシリーズはスマホの専用アプリが使いやすいのもポイント。撮影した写真や動画の加工が初心者でも直感的に行え、InstagramなどSNSへの投稿もスムーズにできます。

リコー(RICOH) THETA SC2

リコー(RICOH) THETA SC2

4K動画の撮影が楽しめるコスパの優れた全天球360度カメラです。新たに4K 30fpsの動画解像度にも対応したのが特徴。1回の記録時間は最大3分と控えめですが、4Kの高画質を身近に体感できます。

シンプルでわかりやすい操作性も魅力。「Preset」機能を搭載しているのもポイントで、顔・夜景・車窓の3種類から撮影するシーンに適したモードを選ぶだけで、最適な設定できれいな360°撮影が簡単に楽しめます。

Wi-Fi接続での画像・動画の転送速度が向上したほか、新たにBluetooth接続にも対応。一度スマホとのペアリングを済ませれば、以降はカメラの電源を入れるだけで連携できるので、転送や共有がよりスムーズに行えます。

リコー(RICOH) THETA V

リコー(RICOH) THETA V

多彩なシーンで迫力のある4K撮影が楽しめる、高機能な全天球360度カメラです。動画撮影の機能が向上しているのが特徴。フルHDでは最大25分、4Kでは最大5分の連続記録ができます。

4K解像度でのライブストリーミング配信に対応したのもポイント。旅行先での感動を世界中のフォロワーとリアルタイムで共有が可能です。また、本体に搭載された4基のマイクで立体音響の録画も可能なので、映像も音声もより高い臨場感で記録できます。

別売りで専用水中ハウジングケースが用意されているのも特徴。カメラ本体は防水には非対応ですが、ケースを装着すれば水深30mまでの潜水が可能になるので、アクションカメラとしてアウトドアシーンやマリンスポーツの撮影にも活用できます。

リコー(RICOH) THETA Z1

リコー(RICOH) THETA Z1

プロユースのパノラマ写真も撮影できる、ハイエンドモデルの全天球360度カメラです。下位モデルのTHETAに搭載されているイメージセンサーの約4倍の大きさを持つ、1型センサーを採用しているのが特徴。夜景や室内などの暗いシーンでも、ノイズの少ない高画質な画像と動画が撮影できます。

静止画の記録画素数は約2300万画素ですが、新たにRAW形式での記録に対応したのもポイント。通常のJPEG形式と違ってPCでレタッチを繰り返しても画質が劣化しにくいので、細部までこだわった360°パノラマ写真の作品を制作できます。

動画撮影機能も良好。4K解像度に対応するのはもちろん、4Kライブストリーミングや立体音響の記録もできます。写真も動画も高画質を求める方におすすめです。

ゴープロ(GoPro) FUSION

ゴープロ(GoPro) FUSION

アウトドアシーンでも360°撮影が楽しめる、コスパの優れた全天球360度アクションカメラです。防水プロテクターなしで水深5mまで耐えられる防水性能を搭載しているのが特徴。登山や水辺でのレジャーにも使えるので、旅行のお供としてもおすすめです。

動画の最高記録解像度は4Kよりも高精細な5.2K 30fps。ジンバルいらずの強力な電子式ブレ補正機構を内蔵しているので、モータースポーツやスノボーなど動きの激しいシーンでも滑らかで見やすい映像が記録できます。

専用スマホアプリで「OVERCAPTURE」機能を使えば、撮影した360°動画を通常の動画や静止画として編集可能。指定した瞬間や画角だけを切り取れるので、見せたいシーンをより効果的に共有できます。

ゴープロ(GoPro) MAX

ゴープロ(GoPro) MAX

多彩な使い方と撮影機能が楽しめる、全天球360度アクションカメラです。本体の前後に搭載した合計2基の360度カメラは同時に使用すれば全天球撮影が可能ですが、一方だけを使えば通常の超広角アクションカメラとしても使用できます。

進化した電子式ブレ補正機能「Max HyperSmooth」によって、より激しい動きに対応できるのも特徴。さらに、撮影地点を移動しながら360°タイムラプス撮影を行う「Max TimeWarp」や、270°パノラマ写真をワンタッチで撮影できる「PowerPano」なども搭載しています。

動画の記録解像度は最高5.6K 30fps。防水性能は水深5mまで対応しており、本体背面には自撮りにも使えるタッチスクリーンを搭載しています。

深圳嵐ヴィジョン(Shenzhen Arashi Vision) Insta360 ONE X

深圳嵐ヴィジョン(Shenzhen Arashi Vision) Insta360 ONE X

高度な撮影手法が初心者でも手軽に楽しめる、全天球360度カメラです。撮影者の周りをドローンで低空旋回しながら撮影したような効果が得られる「バレットタイム」や、移動しながらタイムラプス撮影を行う「ハイパーラプス」など、独創的な360°映像が撮影できます。

撮影に使用した自撮り棒や紐は記録時に消去できるのも特徴。まるで専属のカメラマンが同行しているような感覚で旅行が楽しめます。強力な電子手ブレ補正機構「FlowState」を搭載しているので、動きの速いスポーツでも滑らかで見やすい動画の撮影が可能です。

動画の最高解像度は5.7K 30fps、写真の記録画素数は約1800万画素。スポーツ種目や使用シーンごとにパッケージングされた対応アクセサリーが、別売りで用意されているのも魅力です。

深圳嵐ヴィジョン(Shenzhen Arashi Vision) Insta360 ONE R

深圳嵐ヴィジョン(Shenzhen Arashi Vision) Insta360 ONE R

1台で3役がこなせる、レンズ交換式の全天球360度アクションカメラです。取り替えができる独自のレンズモジュール交換機構を採用しているのが特徴。各レンズモジュールには仕様の異なるレンズとイメージセンサーが搭載されており、使用シーンに応じて換装することで多彩な使い方が楽しめます。

レンズモジュールは全部で3種類。5.7Kでの360°撮影が可能な「360度モジュール」や、4K 60fpsで素早い動きも滑らかに記録できる「4K広角モジュール」に加えて、ドイツの高級カメラメーカー「ライカ」と共同開発した大型の1インチセンサーを搭載した、画質重視の「1インチ広角モジュール」が用意されています。

電子式手ブレ補正機構「FlowState」や、使用した自撮り棒のステレス機能など、従来モデルで人気だった機能も強化して継承。また、AIが被写体追跡に活用されているのもポイントで、「Deep追跡」を使えば高速な被写体も簡単にロックオンして追い続けられます。

ガーミン(GARMIN) VIRB 360

ガーミン(GARMIN) VIRB 360

高画質な映像と同時にログデータの記録もできる、全天球360度アクションカメラです。内蔵のGPSや加速度センサーを活用して、撮影地点の位置情報・高度・速度などを撮影動画に埋め込めるのが特徴。登山などで移動ルートを振り返るときなどに重宝します。

動画の記録解像度は4K 30fps。加えて、撮影後にPCでのステッチ合成処理が必須ですが、5.7K 30fpsで動画素材の録画にも対応しています。専用PCソフトにはブレ補正処理「4Kスフィリカルスタビライゼーション」も搭載されているので、動きの激しいスポーツ動画も安定した映像に仕上げられます。

カメラ単体で水深10mまで対応できる優れた防水性能を搭載。過酷なアウトドアシーンやスポーツでも気兼ねなく使用できます。

360度カメラのおすすめモデル|半天球

コダック(Kodak) PIXPRO SP360

コダック(Kodak) PIXPRO SP360

アウトドアシーンにも活用できる、コスパの優れた半天球360度アクションカメラです。雨や砂埃のなかでも使用できるIP65相当の防塵・防水性能や、-10℃でも動作が可能な耐低温性能など、優れた耐候性を持っているのが特徴。別売りの防水ケースを装着すれば水深60mまで潜れるので、スキューバダイビングの撮影にも重宝します。

動画の記録解像度はフルHD 30fpsと控えめですが、安い価格で気軽に入手できるのが魅力です。撮影機能が充実しているのもポイント。タイムラプス撮影のほか、動く被写体が視界に入ると自動で録画を開始する「動体検知」や、カード容量が一杯になった場合に上書きして録画を続ける「ループ録画」などが搭載されています。

コダック(Kodak) PIXPRO SP360 4K

コダック(Kodak) PIXPRO SP360 4K

4K記録に対応した半天球360度アクションカメラです。基本的なスペックや撮影機能はフルHDモデルのSP 360とほぼ同じですが、4K解像度で最大55分の長時間撮影が可能になったのが特徴。スポーツやアクティビティ中の刻々と変化する風景を彩り豊かに記録できます。

スマホや別売りのリストバンド型リモコンから遠隔操作が可能。撮影映像を確認しながら録画ができ、SNSへの投稿もリアルタイムで行えます。さらに、UVCに準拠しているので、USBケーブルでPCと接続すればビデオチャット時のWebカメラとしても活用が可能です。