食材がくっつきにくく、調理も手入れもしやすいことで人気が高い「テフロン加工のフライパン」。滑りやすいので油が少量でよく、汚れも落としやすいのが魅力です。

そこで今回は、おすすめのテフロン加工のフライパンをご紹介。加えて、テフロン加工の特徴のほか、お手入れ方法や長持ちさせる方法についても解説します。

テフロン加工とは?

By: rakuten.co.jp

テフロン加工とは滑りやすい低摩擦特性や、物質がくっつきにくい非粘着性などを持つフッ素樹脂でコーティングする表面処理の一種です。フライパンの内側にテフロン加工をすることで、食材の滑りがよくなり、焦げついたりこびりついたりしにくくなるのが特徴。

テフロン加工もフッ素樹脂加工のひとつですが、「テフロン」はアメリカの大手メーカー「デュポン」の登録商標です。

テフロン加工のフライパンのメリット

食材がくっつきにくい

By: rakuten.co.jp

テフロン加工のフライパンは滑りがよく、食材がくっつきにくいのが大きなメリット。少量の油で調理できるため、カロリーが気になる方やさっぱりした料理が好みの方にもおすすめです。

食材自体から油が出る肉などは、油を使わずに調理できる場合もあります。鉄製フライパンのように油ならしをする必要がなく、手軽に使えるのも魅力です。

汚れを落としやすい

By: amazon.co.jp

テフロン加工のフライパンはフッ素樹脂の特性により、食材がこびりついたり焦げついたりしにくいことから、汚れが落としやすいというメリットもあります。

金属タワシなどでゴシゴシ擦る必要がなくお手入れが簡単。少量の油で調理できるため、油汚れが少なく手間が掛からないのもポイントです。なお、金属タワシなどを使用すると加工が傷んでしまう可能性があるので、注意しましょう。

テフロン加工フライパンの選び方

加工の耐久性をチェック

By: amazon.co.jp

デュポン社が開発したテフロン加工は、コーティングの厚さなどの違いによってグレードが分けられています。それぞれに耐久性指数が表示されているので、コーティングの耐久性の目安にしてみてください。

上位のグレードとしては、例えば「テフロンプラチナプラス」加工の耐久性指数は700です。次いで「テフロンプラチナ」の耐久性指数は600。その下には「テフロンラディアンス」「テフロンプレミアム」があり、ともに耐久性指数は400です。さらに、「テフロンセレクト」が300。「テフロンクラシック」加工は100です。

フライパンの重さで選ぶ

By: rakuten.co.jp

軽いフライパンは調理や手入れがしやすいのがメリットです。しかし、コンロの上で不安定になることがあるので注意が必要。また、軽いモノは底面が薄くなりがちです。底が薄いと、熱が均一に回らずに料理のムラができやすくなります。

重いフライパンはコンロの上でも安定しやすいのがメリットです。テフロン加工のフライパンは食材が滑りやすいので、料理するときに持ち上げる必要が少ないのも魅力。そのため、ある程度の重さならあまり負担にならないといえます。ただし、洗ったり収納したりするときに手間がかかりやすいのがデメリットです。

ガス・IH対応が便利

By: rakuten.co.jp

フライパンには「ガス火専用」タイプと、IHやハロゲンヒーターなどでも使用できる「オール熱源対応」タイプがあります。自宅の調理器具に応じて選ぶことが必要です。また、将来的に引っ越しやリフォームをする予定がある場合はオール熱源対応タイプがおすすめ。さまざまな熱源に対応できるので安心です。

ただし、IH対応のモノはガス火専用フライパンに比べて重くなる傾向があります。現在ガスコンロを使用していて、使いやすさを重視する方にはガス火専用フライパンがおすすめです。

IH対応フライパンの安全性はSGマークをチェック

By: amazon.co.jp

IH対応フライパンの場合、一般財団法人製品安全協会が安全性品質の基準を定め、製品の検査をしています。検査に合格した製品には「SGマーク」がついているので、安全性が気になる方はチェックしておきましょう。

テフロン加工フライパンのおすすめモデル

北陸アルミニウム(HOKUA) マイスター2層クラッド IH対応 24cm

食材がくっつきにくく、焼き面が美しく仕上がる

熱伝導性と強度に優れたテフロン加工のフライパン。熱伝導率の高いアルミニウム合金と保温性に優れたステンレスの全面2層構造が特徴です。温度上昇の速さと高い蓄熱性により、熱ムラが少ないのが魅力。ガスコンロだけでなく、IHでの使用も可能です。

フライパン内面に耐久性・耐摩耗性に優れた上位グレードのテフロンプラチナ加工を採用。少量の油でも食材がくっつきにくく、焼き面が美しく仕上がるのも魅力です。

側面を型に押しつけて薄く延ばす製法により、重量710gと軽量ながら変形に強いのも特徴。長く使えるフライパンを求めている方におすすめです。

北陸アルミニウム(HOKUA) IHハイキャストプレミアム IH対応 26cm

火を止めても冷めにくく余熱調理も可能

握り心地・重量・加工など細部までこだわって設計されたテフロン加工のフライパン。照り焼きなどタレを絡めた調理も焦げつきにくく、キレイに仕上がります。表面側に熱伝導に優れた緻密な結晶、内部に熱保持力の高い大きな結晶を形成するアルミキャストを採用しているのもポイントです。

火を止めても冷めにくく、蓄えた熱を長く維持できるのも特徴。弱火や中火でも十分な調理ができ、蓄えた熱で余熱調理をすることも可能です。

内面には食材の滑りをよくするテフロンプラチナ加工を採用。高密度3層構造などにより、耐久性を高めています。高品質なテフロン可能のフライパンがほしい方におすすめです。

北陸アルミニウム(HOKUA) センレンキャスト 28cm

熱伝導性が高く時短や省エネにも役立つアイテム

軽くて扱いやすいテフロン加工のフライパンです。耐久性に優れたアルミ・マグネシウム合金を採用し、底面は厚く、側面は薄く変化させているのが特徴。28cmの大きめサイズながら重量690gと軽いうえ、強度が高く変形しにくいのが魅力です。

フライパンの内面には上位グレードのテフロンプラチナプラス加工を採用。高密度4層構造と超硬質セラミックダブル配合により耐久性が高く、長く愛用できます。

フライパン底面の焼き面と底部分に、リップルウェーブ加工による凹凸がついているのもポイント。熱伝導性が高く素早く全体に熱が行き渡るので、時短や省エネにも役立ちます。

ウルシヤマ金属 クワトロIH フライパン 24cm

さまざまな熱源に対応しているテフロン加工のフライパン。高出力3kWのIHに対応しているほか、ガスコンロやハロゲンヒーターなど各種ヒーターで使用できます。製品安全協会が定めた安全基準の適合を認証するSGマークがついており、安全性も良好です。

熱伝導率の高いアルミニウムと蓄熱性に優れたステンレスの全面4層構造を採用。高耐久ながら重量865gと軽く、毎日の調理も快適です。フライパン内面は上位グレードのテフロン加工「テフロン プロファイル」により、食材がくっつきにくく少ない油で調理が可能。サイズのバリエーションが豊富なのもおすすめのポイントです。

ウルシヤマ金属 フーガ フライパン 26cm

1枚でさまざまな調理に対応できるテフロン加工のフライパンです。底面の角度が緩やかで、深さは6.3cmあるのが特徴。焼く・炒める・煮る・茹でる・蒸すなどの調理が可能で、料理の幅も広がります。一度にたくさんの食材を並べて焼いたり炒めたりできるので、人数が多い家庭にもおすすめです。

フライパン内面に上位グレードのテフロンプラチナプラス加工が施されており、食材がこびりつきにくいのもポイント。汚れが落としやすくお手入れも簡単です。底面に厚みがあり、側面が薄いのも特徴のひとつ。蓄熱性が高く熱が全体に伝わりやすいため、加熱ムラの少ない調理が可能です。

パール金属(PEARL METAL) トップマーブル IH対応フライパン 28cm H-8088

コスパ重視の方におすすめのテフロン加工のフライパン。内面に上位グレードのテフロンプラチナ加工に加え、フッ素樹脂に大理石の粒子を混ぜたマーブル加工を施しているのが特徴です。高耐久なので、金属ヘラの使用も可能。リーズナブルな価格ながら長く使えるのが魅力です。

フライパン底面が0.3cmと厚いのもポイント。均一に熱が行き渡りやすく、加熱ムラを抑えた調理が可能です。ガスコンロやIHのほか、シーズヒーターやハロゲンヒーターなどオール熱源に対応しています。

パール金属(PEARL METAL) 軽量ネオグレース テフロン加工 IH対応フライパン 28cm HB-1985

0.3cmと厚みのある底面を備えたテフロン加工のフライパン。側面は薄いため軽量で取り回しやすく、力に自信がない方にもおすすめです。

フライパン内面には上位グレードのテフロンプラチナ加工を採用。超硬質セラミックをダブル配合した高密度3層コーティングで、金属ヘラの使用も可能です。オール熱源対応でガスコンロやIHはもちろん、ラジエントヒーターやハロゲンヒーターなど各種ヒーターでも使用できます。

遠藤商事 テフロン セレクト フライパン 22cm AHL-P5

スタンダードで使いやすいテフロン加工のフライパン。約4.5cmと深さのある22cmのフライパンで、一度に調理する量が少ない一人暮らしの方におすすめです。19cm・22cm・26cm・32cm・37cmとサイズのバリエーションが豊富なので、用途に合わせて選べます。重量551gと軽く取り回しやすいのもポイントです。

フライパン内面にはテフロンセレクト加工が施されています。食材がくっつきにくいので、お手入れも簡単です。また、購入しやすい手頃な価格も魅力。テフロン加工のフライパンを試しに使ってみたい方におすすめです。

遠藤商事 IHテフロンマーブルコート フライパン 24cm AHLW503

リーズナブルな価格ながら長く使えるテフロン加工のフライパンです。内面はテフロンセレクト加工を施しています。50000回の耐摩耗試験をクリアしたと謳われているのに加え、くっつきにくく汚れを簡単に落とせるのが魅力です。

外面はトップコーティング・マーブル加工・プライマーコーティングの3層構造を採用。厚みのあるアルミダイキャストを採用しており、均一に熱を伝えやすいのもポイントです。熱源はガスコンロやIHのほか、各種ヒーターに対応しています。

ダイヤアルミ ウィニープロHG フライパン 30cm

本格的な使用感が得られるテフロン加工のフライパンです。0.4cmと厚めの底面を採用しているのがポイント。ムラを抑えた熱まわりで部分的に焦げにくいのが特徴です。火加減が難しい料理にも適しています。

内面には上位グレードのテフロンプラチナプラス加工を採用。食材の滑りがよく、くっついたり焦げたりしにくいので、スムーズに調理できます。傷に強いため、角の丸いモノであれば金属ヘラも使用可能です。ステンレス製の取っ手で、頑丈なのもポイントです。

ダイヤアルミ IHミラコーロ ディープフライパン 24cm

さまざまな調理に対応できるテフロン加工のディープフライパンです。深型タイプなので、炒め物だけでなく、汁気の多い煮物などの調理も可能。購入しやすい価格なのもおすすめのポイントです。

また、熱効率がよいアルミキャスト製で、食材にムラなく熱が行き渡りやすいのもメリット。フライパン内面は上位グレードのテフロンプラチナ加工とマーブル加工が施されています。IHに対応しており、金属ヘラも使えるなど、使い勝手のよいおすすめアイテムです。

アンバイ(ambai) テフロン加工 フライパン22cm 深型

木製の取っ手がおしゃれなテフロン加工のフライパンです。取っ手の素材に国産の栗の木を採用。使い込むほど風合いが増すので、経年変化が楽しめます。オリーブオイルを含ませた布で馴染ませるなど、こまめなメンテナンスを行うことで、長く使い続けることが可能です。

フライパンの内面には上位グレードのテフロンプラチナプラス加工を採用。超硬質セラミックをダブル配合した高密度3層コーティングと特殊硬質下地処理がポイントです。また、アルミキャスト製法により厚みがあり、熱ムラができにくく、料理が美味しく仕上がります。

番外編:テフロン加工フライパンの使い方

テフロン加工フライパンの洗い方

テフロン加工フライパンの汚れは、中性洗剤とスポンジでほぼ落とすことが可能。スポンジは柔らかいモノを使います。金属タワシは表面を傷つけるおそれがあるので使用を避けてください。

汚れが残っていると、くっつきにくいという性質が劣化するので汚れはきちんと落としておくことが重要です。洗い終わったら乾いた布で水気をしっかり拭き取ります。

なお、テフロン加工は急激な温度の変化に弱いのも特徴。熱いままのフライパンを水につけるのは避けましょう。

テフロン加工フライパンを長持ちさせる方法

By: rakuten.co.jp

テフロン加工をしたフライパンの耐熱温度は約260℃です。耐熱温度を超えて使用すると、フッ素樹脂の性能が劣化する恐れがあります。強火での使用はできるだけ避け、空焚きは控えましょう。

また、角のとがったヘラや金属製のヘラはコーティング表面を傷つける恐れがあるので、基本的には使用できません。