鍋物などをみんなで囲むのに便利な電気コンロ。幅広い調理器具に対応している点や網焼きなどもできるのが特徴で、キッチンコンロに採用しているマンションもあります。

ただし、W(ワット)数やタイプなど用途によって適した電気コンロは異なるため、購入前は電気コンロの性能を吟味することが大切です。この記事では電気コンロのタイプやIHヒーターとの違い、おすすめの電気コンロなどをご紹介します。

電気コンロとは?

By: amazon.co.jp

電気コンロとは、ニクロム線などの電気を通しやすい導電体に電流を通して熱を発生させ、食材や調理器具などを加熱する家電製品です。

渦巻き状になった電熱線が露出している特徴的なデザインのモノも多いですが、漏電や感電などを防ぐために絶縁用のカバーがかかっているモノが主流。さまざまな構造のモノがあり、シーズヒーターやラジエントヒーターなどと区別して呼ばれます。

発熱量は製品によってさまざま。中にはガスとほとんど変わらない火力のモノもあり、本格的な調理が可能です。コンロから離したり振ったりする調理方法よりも煮炊きや炙り焼きなどに適しています。

電気コンロとIHの違い

By: amazon.co.jp

電気コンロとIHは構造や加熱方式が異なります。電気コンロの構造は大きく分けて2種類。ヒーターがむき出しになったモノと、上部にトッププレートを取り付けたモノがあります。

電気コンロは電熱線に電気を通しているため、ヒーターの熱で調理器具や食材を直接加熱できるのが魅力です。ヒーターから離しても熱を伝えられるので炙りなどの調理法も可能です。

一方、IHヒーターは電磁誘導加熱という意味の”Induction Heating”の略。その名が表す通り磁力で加熱する調理器具です。トッププレートの下に設置した磁力発生コイルに電気を通すと磁力線が発生。磁力線が鍋底を通るとうず電流が起こり、うず電流の電気抵抗が鍋を加熱し鍋の中の食材に熱を伝えます。

電気コンロの場合、直接電熱線に触れていなくても熱が伝わりますがIHは食材を直接加熱できなません。炙りなどができない加熱方式なので、電気コンロよりも調理方法が限られます。

電気コンロのメリット・デメリット

電気コンロのメリット

火事のリスクが少ない

電気コンロは電気を利用して熱を発生させるためガスを使用しません。そのためガスの配管工事の必要がなく、ガス漏れの心配もないのが魅力。もちろん、熱は発生するのでヒーターの近くに紙などを置いていると火事の原因になります。しかし、火が出ないので燃え移る心配はガスコンロほど高くありません。

ガスコンロより引火しにくいというメリットから、ワンルームマンションなど集合住宅で取り入れていることもあります。

温度調節が得意

By: amazon.co.jp

ガスコンロは温度管理が難しいですが、電気コンロは細かな温度調節が可能。特に電熱線がカバーされているシーズヒーター型のモノが温度調節機能に優れています。一定の温度で煮込みたい時やとろみを付けたい時などにおすすめです。

また、一定の温度で加熱できる電気コンロは温度調節が大切な燻製にもおすすめ。電気コンロの上にスモーカーをセットし、弱火で食材を燻製していけば立派な燻製ができます。目を離している隙に火が強すぎて焦げてしまうということもありません。

網焼きが可能

By: amazon.co.jp

IHヒーターの場合、電熱線に調理器具を乗せないと加熱できないため構造的に網焼きができません。しかし、電熱線の熱が調理器具と食材を直接加熱する電気コンロなら網焼きが可能です。調理器具をヒーター部分から離しても加熱できます。

また、電気コンロには五徳が付属しているモノも多く、五徳を高くして網を乗せればより調理しやすくなります。焼きもちや焼き魚などの調理にもおすすめです。

IH非対応の調理器具も使える

By: amazon.co.jp

IHはうず電流を発生させなければならないため、鉄またはステンレス製で底が平らな調理器具にのみ対応しています。また、トッププレートに密着させる必要があるという制限があるのも特徴です。

一方、電気コンロは電熱線に電流を通してヒーター自体を発熱させるため熱を通す調理器具なら何でも使えます。IH非対応の銅製やアルミ製のフライパンや土鍋なども使用可能です。

電気コンロのデメリット

温まるまでに時間がかかる

By: amazon.co.jp

電気コンロはスイッチを付けてから温まるまで時間がかかるのがデメリットです。電熱線を発熱させることによって調理器具を熱し、その熱で間接的に食材を加熱するため、中には火力が弱く感じられる製品もあります。

電気コンロで食材をより速く温めるためには相性のよい調理器具を選ぶことが大切です。調理器具が大きすぎると熱が伝わり切らないため、小さすぎると電気コンロの熱量がいかしきれません。

底がヒーターよりも少し大きめで、熱の伝わりやすい底が平らな調理器具を選びましょう。底が平らでぴったりとヒーターにつき、面積が熱板より少し広めのものを選ぶのもおすすめです。また、アルミ鍋など熱伝導率が高く温まりやすいモノを選びましょう。

火力が低いモデルもある

By: amazon.co.jp

製品によっては600Wなど火力が低い電気コンロもあります。電気コンロでの調理時間はガスコンロでの調理時間の4倍以上かかる場合もあるため、料理を楽しみたい方には不向きです。時折料理をする程度という方に適しています。

また、火力の低い電気コンロを使う場合は、冷たい水を沸かすのにも時間がかかります。火力の低いモデルはある程度温めたお湯を沸騰させるなどの工夫が必要です。またはお湯の保温など補助的な役割に使いましょう。

慣れるまでは電気代がかかりがち

電気コンロは、利用頻度や電力会社電力会社の料金体系によってはIHよりもコストが高くなるのが難点です。電気コンロはヒーター自体が加熱して鍋を直接加熱するため、鍋に触れていない部分の熱は無駄になり、実際は約半分ほどの熱しか伝わりません。

一方、IHは約80%以上熱を効率的に伝えられるため電気代が無駄になりません。調理時間が短縮でき、電気代も節約できるのがメリットです。ただし、電気コンロには予熱があるため、基本的にIHよりも電気代が高くなりがちですが、使い方に慣れて予熱を上手く使えるようになれば節電できます。

電気コンロの選び方

ヒーターの種類で選ぶ

安価なニクロムヒーター型

By: amazon.co.jp

ニクロムヒーター型はニクロム線を利用した電気コンロです。コイル状にしたニクロム線を円状にし、通電することで熱を発生させます。すぐに温度が上がりやすいのがメリットです。

ただし、コイルが露出しているため故障しやすいのがデメリット。耐久性が低ため、本格的な料理に使ったりキッチンなど汚れやすい環境で使ったりするのには適していません。ポットのお湯を沸かす時など、卓上用のちょっとした使用におすすめです。

耐久性が高いシーズヒーター型

By: amazon.co.jp

シーズヒーター型の電気コンロは、電熱線をコイル状に巻き電気を流すことで熱を発生させます。ニクロムヒーター型の電気コンロや電気ストーブとほとんど同じ構造です。

ニクロムヒーター型と異なるのは、電熱線が絶縁物質で包みこまれており、金属製のパイプに入れられている点。シースとは鞘という意味で、電熱線をシースに入れるためシーズヒーターと呼ばれています。

シーズヒーターは耐久性に優れているのがメリット。電熱線がカバーされているので長期間使えます。吹きこぼれても故障の心配がなく、掃除のしやすさも魅力です。また、温度調節のしやすさも特徴。一定の温度で加熱できるので煮込み調理などにも適しています。

お手入れが簡単なプレート型

By: amazon.co.jp

プレート型の電気コンロは、ワンルームの簡易キッチンに設置されていることの多いタイプです。一見IHクッキングヒーターにも見えますが、電熱線をプレートで覆っているだけなので電気コンロに分類されます。

プレート型の電気コンロは表面を拭くだけで簡単に手入れできるのがメリット。また、ガスコンロのように本格的な調理に使用できるよう開発されているモデルが多いのも魅力です。火力が高く、細かく温度調節ができるモデルが多数発売されています。

火力が欲しい方はW数を調べる

By: amazon.co.jp

卓上の電気コンロは手軽に使えてリーズナブルな600Wのモノが主流です。ただし、本格的な料理をしたい時など、火力が欲しい場合600Wの電気コンロでは力不足。本格的な調理に使用する場合は1000W以上のモデルがおすすめです。

1000W以上の製品は、火力が上がりやすいだけでなく温度調節も細かくできます。W数が大きいモノを選んでおけば、食材の芯までしっかり火が通ります。

火力調節機能をチェック

By: amazon.co.jp

スタンダードな600Wのモノの多くは3段階切り替えを採用しています。すぐに火力を上げるのは難しいですが、卓上用などちょっとした調理に使う場合は3段階切り替えタイプで十分です。

本格的な調理に使いたい方には1000W以上、火力の調節機能も充実しているモノがおすすめです。無段階調節機能搭載の製品なら、煮込み料理も自分好みの柔らかさに調理できます。

電気コンロのおすすめモデル

泉精器製作所(IZUMI) 電気コンロ IEC-105

幅28.5×奥行22.0×高さ9.5cmとミニキッチンにちょうどよいサイズの電気コンロです。底の直径が20~25cmのフライパンや鍋におすすめ。電源コードは1.0mなので、コンセントの近くで使うのにちょうどよい長さです。約1.4kgと軽量で持ち運びも簡単なので、卓上で鍋料理を保温するのにも適しています。

火力は3段階切り替えタイプ。弱外側で外側だけ300W赤熱、弱内側で内側だけ300W赤熱、強両側で600W赤熱に設定できます。火力が弱いので冷たい水をいちから沸騰させるのには時間がかかりますが、シンプルで使いやすいのが特徴です。

また、高さ調節に便利な五徳も付属。網焼きしたい方にもおすすめです。五徳は本体に収納したまま使えるので失くす心配や収納場所に困ることもありません。1,000円台とリーズナブルなのでスープやお湯などちょっとしたモノを温めるのにおすすめです。

石崎電機製作所(ISHIZAKI ELECTRIC MFG) SURE 電気コンロ SK-65S

1974年の発売以降、モデルチェンジを繰り返しながら40年以上愛用されている電気コンロです。ステンレス製ボディで汚れが拭き取りやすいのが魅力。手入れしやすいため長期間清潔に保てます。

コンパクト設計なのも特徴。1.3kgと軽量なので、持ち運びや収納に便利です。テーブル上に置いても場所をとりません。ニクロムヒーター型なのですぐに温度が上がるのがメリット。スイッチは3段切り替えで、弱内側設定と弱外側設定、全体を600Wに設定できる強設定があります。

温度の安定性に優れているため、とろ火調理や料理の保温におすすめ。電源コード1.8mと長めなのでコンセントから少し離れて使うのにも便利で、卓上用に適している電気コンロです。

さらに、取り外し可能な五徳も付属。鍋の高さを調節できるだけでなく、もちの網焼きなどもできます。基本的な機能が揃って、2,000円台とリーズナブルなのも魅力です。

タイタン(TITAN) 家庭用 電気コンロ CHG-01 シーズヒーター式

1000Wの強力な火力が魅力の電気コンロです。本格的な料理にもおすすめ。つまみをひねるだけで簡単に温度を調節できます。ニクロム線を金属パイプの中に通すシーズヒーター型なので、耐久性が高く故障しにくいのも特徴。汚れを簡単に拭き取れるため、手入れも簡単で長期間清潔に保てます。

ミニキッチンにも適したコンパクトサイズも魅力。800gと軽量で持ち運びも簡単です。鍋の保温や熱燗の湯煎など、卓上用として少し使いたい時にもおすすめ。網を乗せれば、するめやもちも炙れます。ただ、コードの長さは85cmと短いので、コンセントに近い場所で使いましょう。

東芝(TOSHIBA) 電気こんろ HP-635(L)

信頼性の高い大手メーカーの電気コンロです。火力は600Wで強・弱外・弱内の3段階切り替え。鍋底の大きさや料理に合わせて火加減を調節できます。さらに網焼きや鍋の高さ調節に便利な五徳が付属。背の低いテーブルでも高さ調節ができるので卓上用としてもおすすめです。

28.9×20.8cmのコンパクトサイズも特徴。場所をとらないため、テーブルに鍋を置いて保温したい時や、ひとり鍋を楽しみたい時にもおすすめです。コードは1.7mと長めなので、コンセントから離れた場所でも使いやすく、1.5kgと軽量で持ち運びや収納しやすいのも魅力です。

石崎電機製作所(ISHIZAKI ELECTRIC MFG) SURE クッキングヒーター SK-1200S 100V-1200W

1200Wまで対応している高火力が魅力の電気コンロです。強火・中火2段階・弱火の4段階切り替えが可能。料理に合わせて細かく火力調節できるので、煮込み料理やとろ火料理にもおすすめです。

耐久性が高く手入れもしやすいシーズヒーター型なので長期間使えるのも魅力。本体ケースはステンレス製で手入れも簡単です。さらにヒーターの下部には着脱可能な汁受けトレイを設置。吹きこぼれても簡単に洗えて便利なのも特徴です。

また、自照式主電源スイッチを採用。加熱中かどうかひと目でわかります。さらに、ヒーターロック機構を採用しているため、空焚きを防止できるのも魅力。つい火を消し忘れてしまう方も安全に使用できます。

アイテック(AITEC) ガラスプレート電気グリル IT-1037

1200Wの高火力が魅力の電気コンロです。熱伝導率の高いセラミックヒーターを採用しているため、電源を入れてからすぐに料理を始められます。

また、150℃から420℃まで幅広い温度に調節できるのも特徴。ダイヤル式のつまみで、コンロと同じように温度が無段階調節できます。煮物や焼き物揚げ物などさまざまな料理を楽しみたい方にもおすすめです。

また、ガラストッププレートを採用しており、お手入れが簡単なのも魅力。700℃まで耐えられる耐熱ガラスを採用しているので耐久性も十分です。さらに、温度の上がりすぎを防ぐ異常加熱防止装置を搭載。安全性重視の方にもおすすめです。

高火力ですが、1.2kgと軽く、コンパクトサイズなので収納場所も簡単に確保できます。電源コードは1.2mあるので、テーブルに置いて使用するのもおすすめです。

三化工業株式会社(Sanka Kogyo) クッキングヒーター(ビルトインタイプ) SPH-131S

ミニキッチンなどにおすすめの埋め込み型の電気コンロです。コントロールスイッチを上面に設置しており、見やすさや温度調節のしやすさが魅力。コンパクトサイズですが、128~1300Wと高火力で、6段階調節もできます。揚げ物や炒め物など、本格的な調理にもおすすめです。

人気の高いプレート型を採用しており、手入れも簡単。ガスコンロのように火力調節しやすいロータリーつまみで細かく温度調節できます。また、電源を入れて45分後に自動的に切れるきり忘れ防止機能も搭載。安全面も優秀です。