たっぷりの油でカラッと調理した揚げ物は、なんともいえないおいしさがあります。しかし、家庭で揚げ物をすると困るのが油の処理。揚げ物には大量の油が必要なので、何度か再利用できれば節約にもつながります。

油の保管用におすすめなのが「オイルポット」。そこで今回は、おすすめのオイルポットをご紹介します。オイルポットの種類や選び方のポイントも解説するので、製品選びの参考にしてみてください。

オイルポットを使うメリット

By: amazon.co.jp

揚げ物などで大量に使用した油は、適切に保存することで再利用が可能です。調理方法にもよりますが、一般的に油を再利用できる回数は3~4回、保存期間は2週間程度。使用済みの油を衛生的に保存するため、さまざまなタイプのオイルポットが開発されています。

オイルポットを使用する最大のメリットは、油の劣化を遅らせられること。油は空気に触れることで酸化し、劣化が進んでいきます。オイルポット内は、酸化の原因となる光や空気、熱などの影響を受けにくく、劣化しにくい環境です。

また、調理によって発生した揚げカスなどの不純物は、オイルポットに付属している網やフィルターでろ過が可能。素早く簡単に処理できるのも魅力です。さらに、油を再利用することは、廃棄の回数を減らすことにつながります。経済的なだけでなく、ゴミの減少にもつながるエコなアイテムとしてもおすすめです。

オイルポットの選び方

ろ過の方法で選ぶ

網タイプ

By: amazon.co.jp

網を使ってろ過するタイプは、フィルターなどをセットする必要がないので、手間なく使いたい方におすすめ。比較的リーズナブルに購入できることにくわえ、ランニングコストもかからず経済的です。

ただし、フィルターに比べると網目が粗いため、細かい不純物まで取り除くのは困難。不純物は油が劣化する原因となるので、一度使った油を再利用する回数の少ない方に向いています。

フィルター・カートリッジタイプ

By: amazon.co.jp

できるだけキレイに油をろ過したい方には、フィルターやカートリッジを使用するオイルポットがおすすめ。細かい不純物まで減らし、油を再利用することが可能です。なかには、ろ過パウダーをセットして、よりキレイにろ過できる製品もあります。精度の高いろ過を望む方はチェックしてみてください。

デメリットは、フィルターやカートリッジを交換する必要があるため、購入の手間やコストがかかる点です。しかし、何度も再利用することで油の購入頻度が低くなるので、結果的にはエコロジーかつ経済的。揚げ物の頻度が高い家庭や、一度の揚げ物で大量の油を使用する大家族の家庭などに、特におすすめです。

容量で選ぶ

By: amazon.co.jp

購入する際はオイルポットの容量にも注目してみてください。一人暮らしであれば、0.7~0.8Lほどの小さめのオイルポットで十分です。再利用の油を注ぐ際や洗浄時に扱いやすく、コンパクトに収納できます。

家族が多い家庭は、大量の油を保存できる大きめタイプがおすすめ。24cmの鍋を使用して揚げ物を作る場合、使う油の量は約0.8Lです。オイルポットの容量は1L以上を目安に、各家庭に合ったサイズを選びましょう。

素材で選ぶ

ホーロー

By: amazon.co.jp

ホーロー製は耐熱性が高いため、温度の高い揚げ油を扱う素材にぴったり。汚れやニオイも残りにくく、キレイな状態で長く愛用できます。あたたかみのある風合いや、丸みがあってかわいいデザインもポイント。

カラーバリエーションのなかから好みのモノを選んで、ほかのキッチンアイテムとコーディネートする楽しみ方もあります。北欧風インテリアのキッチンにもぴったりです。

ステンレス

By: amazon.co.jp

ステンレス製は耐熱性が高いので、オイルポットに適した素材。頑丈で壊れにくく、サビにも強いため長い期間快適に使用できます。汚れも落ちやすく、お手入れが簡単です。

高級感のあるメタリックなカラーも魅力のひとつ。鍋やフライパンなど、キッチンアイテムにステンレス製のモノが多い場合は、統一感が生まれすっきりとした印象に収まります。

フッ素・シリコンコート

By: amazon.co.jp

アルミ製や鉄製のオイルポットに、フッ素やシリコンでコーティングが施されている製品もあります。フッ素やシリコンは汚れに強いため、お手入れが簡単。ベタベタの油も楽に落とせます。

ただし、シリコンコーティングははがれやすいのがデメリット。フッ素コーティングも、金属たわしや研磨剤入りのスポンジなどで加工を傷つけないよう注意しましょう。

形で選ぶ

ポット型

By: aux-ltd.co.jp

ポット型は縦に長い形状のオイルポットです。一般的な形で、種類も豊富にあります。片方に持ち手がついており、再利用の油を注ぎやすくなっているのが特徴。

一部分に角度がついた注ぎ口があるモノと、お湯を注ぐポットのように長い注ぎ口がついているモノがあります。縦長の形状は置き場所を取らず便利ですが、頭がつかえることがないよう、購入前には高さの確認が必要です。

鍋型

By: amazon.co.jp

鍋型は容量の大きいモノが多く、口が広いため使用後の油を注ぎやすいのがポイント。揚げ物をする鍋とセットになっている製品もあり、まとめてコンパクトに収納できるので便利です。

口が広いことで、ろ過する油の量が多くても短時間で処理できるメリットもあります。一度に大量の油を使う、家族が多い家庭などにおすすめです。

注ぎ口をチェック

オイルポットから油を注ぐ際に液だれすると、オイルポットはもちろん、キッチンも汚してしまいます。液だれを防ぐ工夫が施されているオイルポットもあるので、選ぶ際には注ぎ口にも注目してみてください。

注ぎ口が二重になったモノや、自然に油がポット内に戻るような構造になったモノなどがあります。油はさっと拭うだけではキレイにならないので、液だれしないオイルポットは使い勝手がよくおすすめです。

オイルポットのおすすめランキング

第1位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 活性炭オイルポット H-OP900

木質系活性炭カートリッジで揚げ油の汚れやニオイを軽減できるオイルポット。ろ過した油は数回再利用できるので、廃棄の手間がかからず経済的なのが魅力です。カートリッジ1個あたりで約10回ろ過できるため、頻繁に交換する必要もありません。付属品にカートリッジが1個含まれているのもポイントです。

ポットの注ぎ口は二重口で油が外側に液だれしにくいので、清潔に使用できます。本体にはフッ素加工が施されており、汚れを簡単に落とすことが可能です。各パーツは取り外してきれいに洗えます。揚げ油をきれいにろ過できるモノを探している方におすすめの製品です。

第2位 オークス(AUX) UCHICOOK ロカポット UCS1

おしゃれなキッチンに馴染むスタイリッシュなオイルポットを探している方におすすめの製品。ステンレスとナイロンの色の組み合わせがおしゃれで、デザインも個性的なのが魅力です。カラーはレッドとブラックがあり、キッチンのイメージに合うモノを選べます。

フィルターにろ過パウダーを入れてじっくりと油をろ過するので、きれいな油を再利用することが可能。フィルターは燃えるゴミとして捨てられるため、後始末にも手間がかかりません。ろ過した油はフタを取り外さずに片手で鍋に注げるので便利です。注ぎ口は二重構造で漏れにくく、キッチンや収納場所を汚さずに使えます。

第3位 ダスキン(DUSKIN) 油ろ過器 油っくりん ナイス

粉状活性炭を採用した独自の高機能フィルターで、揚げ油のニオイと汚れを軽減できるオイルポット。ろ過した油は、揚げ物だけでなく炒め物などにも再利用することが可能です。

注ぎ口に残った油は溝を通ってポット内へ戻るため、液だれしにくく清潔に使えます。一度に約0.6Lの油がろ過でき、保存容量は約0.7L。いつもきれいな油で調理したい方は、ぜひチェックしてみてください。

第4位 丸五産業 ファミリーコスロン

200枚重ねの超多層フィルターで使用済み油を濾せるオイルポット。上容器には1Lまでの油を注げるので、油の量が多くても手間がかかりません。下容器の容量は1.2Lと大きく、揚げ物に使う油の量が多い方に適しています。

超注ぎ口は着脱式の二重口で油が液だれしにくく、キッチンを汚さずに使えるのが魅力。多層フィルターは7~10日の使用期限内であれば、汚れがたまるまで何回でも使えます。短期間に何度も揚げ物をする方におすすめのオイルポットです。

第5位 ツインバード工業(TWINBIRD) オイルポット EP-D696S

メッシュフィルター・ペーパーフィルター・活性炭カートリッジの3段ろ過構造を採用したオイルポット。3段目の活性炭カートリッジが油についたニオイや汚れをしっかりキャッチするので、おいしい揚げ物料理を作れます。使用後の油を注ぐだけの簡単な使用方法も魅力です。

油を注ぐポットの上段は深めに設計されており、多めの油も一気に注げるのがメリット。容量は家庭用に適した0.8Lで使いやすいのもポイントです。ステンレス製のオイルポットで扱いやすいモノを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

第6位 野田琺瑯(NODA HORO) 琺瑯オイルポット ロカポ NOL-800

使いやすさだけでなく、デザイン性にも優れたホーロー製のオイルポット。緩やかな曲線のデザインが美しく、北欧風のキッチンにもマッチします。手にフィットして持ちやすいのもメリットです。

活性炭入りカートリッジを採用しており、使用済みの油をきれいにろ過するのが魅力。一度に0.8Lの油をろ過できるので、待ち時間を短縮可能です。また、ろ過器をフタの上に置ける設計で、鍋に油を移す際に周りを汚しにくいのもポイント。おしゃれで使いやすいオイルポットを探している方におすすめです。

第7位 ケユカ(KEYUCA) Lidest オイルポットII 3500342

丈夫で長く使えるモノを探している方におすすめのステンレス製のオイルポット。サビにくい18-8ステンレスを使用しており、油汚れを落としやすいのが魅力です。

フタは自立するので、油を注ぐ際に邪魔になりにくいのもメリット。こし網のメッシュは目が細かく、衣やパン粉の揚げカスをしっかり取り除きます。モダンでスタイリッシュなデザインも魅力のひとつ。手軽に使えるおしゃれなオイルポットを探している方は、チェックしてみてください。

第8位 パール金属(PEARL METAL) オーリオ ふっ素樹脂加工オイルポット H-5076

汚れがこびりつきにくいフッ素樹脂加のオイルポット。お手入れが楽にできるモノを探している方におすすめです。本製品の容量は1Lですが、1.2Lや1.5Lの大容量モデルもあるので使用する揚げ油の量に合わせて選べます。

こし網とフタが一緒に持ち上がる構造で、楽に使えるのが魅力。こし網はサビにくくて丈夫なステンレス製で、汚れてもさっと洗えます。ブルーのおしゃれなデザインもポイント。価格が安いので、オイルポットを試しに使ってみたい方にもおすすめです。

第9位 村の鍛冶屋 ステンレスオイルポット兼用ツイン天ぷら鍋 22217

揚げ物をする前に鍋に油を移し替える手間が省けるオイルポット。2つの鍋を天ぷら鍋・オイルポットとして交互に使うのが特徴です。油を保存しているオイルポットは、次回は天ぷら鍋としてそのまま使えるため、すぐに揚げ物ができます。片方の鍋をフタにして密閉できるので、ホコリもしっかり防ぐことが可能です。

片方の鍋の上にバットアミをのせて、揚げ物の油を切れるのも魅力。また、ステンレス製で長く愛用できるのもメリットです。揚げ油の移し替えに手間をかけたくない方は、ぜひチェックしてみてください。

第10位 富士ホーロー(FUJIHORO) オイルポット 1.0L OP10L

ホーロー製のオイルポットでデザインがおしゃれなモノを探している方におすすめの製品。丸いフォルムでレトロな雰囲気があるため、キッチンインテリアとして置いておくのにも適しています。カラーバリエーションが豊富なので、キッチンの雰囲気に合うモノを選ぶことが可能です。

ホーローはニオイがつきにくく、楽にお手入れできます。また、こし網に丈夫で扱いやすいステンレスを採用しているのもポイント。丈夫で長持ちするオイルポットを使いたい方におすすめです。

第11位 万年(mannen) m.design オイルポットmini SMD-10

コンパクトなオイルポットを探している方におすすめの製品。本体サイズが約18.5×13.2×10.6cmと小さめで収納場所を取らないので、狭いキッチンにも適しています。つなぎ目のない一枚絞りで油漏れの心配がなく、キッチンやガスコンロを汚しにくいのが魅力です。

本体内側にはシリコンコートが施されており、油落ちがよく楽に洗えます。こし網はステンレス製で耐久性が高く、サビにも強いので長く愛用することが可能。スタイリッシュなデザインも魅力的なミニサイズのオイルポットです。

第12位 パール金属(PEARL METAL) オベ・フラ お弁当用鉄製両手フライ鍋セット HB-285

フライ鍋とオイルポットをセットにした使い勝手のよい製品。濾し器を片側の鍋にセットして油をろ過し、もう1つの鍋をフタにして収納できます。次に揚げ物をする際には、下の鍋をそのまま使えるので便利です。揚げ油を別の容器に入れて保管する手間を省きたい方に適しています。

お弁当のおかずや少量の揚げ物に便利な小さめサイズで、一人暮らしの方にもおすすめです。オール熱源に対応しているため、引っ越しなどで熱源が変わっても使えます。本体にはシリコン樹脂塗装を施しており、簡単にお手入れできるのも魅力です。

第13位 高木金属 耐熱ガラス製活性炭油ろ過ポット KWP-GN

高性能フィルターによって油の酸化や汚れなどを軽減し、油を再利用できるオイルポット。揚げ油のにごりなどを抑えるので、気持ちよく調理できます。本体は耐熱ガラス製で中身が見えるため、ろ過した油の状態をすぐに確認できるのがメリットです。

本体容量は0.7Lと、使い勝手のよい大きさ。注ぎ口は液だれしにくい二重口タイプで、周囲が汚れにくいのが魅力です。ガラス製のモノを探している方はチェックしてみてください。

第14位 下村企販 らく揚げダブルポット 36555

ろ過方法に活性炭カートリッジを採用したオイルポット。2つの鍋に油を移し替えながら使えるので、揚げ物の準備に手間がかからないのが魅力です。使用後は片方の鍋をフタにしてそのまま収納できます。油切りバットが付属しているため、揚げ物の余分な油も楽に落とすことが可能です。

天ぷら鍋の内径19.7cmと大きめなので、エビフライなどの長さがある食材も揚げられます。家族が多く、一度にたくさんの揚げ物をしたい方にもおすすめのオイルポットです。

第15位 竹原製缶 トルネオ オイルポット CP

トルネードフィルターにより、少しずつ注がなくても油がスムーズに入るオイルポット。油を処理する際に時間をかけたくない方におすすめです。油が早く注げるので、誤って周囲にこぼしてしまうリスクも軽減できます。

本体はスリムな楕円形タイプで、狭い場所にも収納しやすいのがポイント。また、油汚れに強いフッ素樹脂加工が施されており、お手入れも楽にできます。価格が手頃なので、初めてオイルポットを購入する方におすすめです。

オイルポットのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

オイルポットのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングをチェックしたい方はこちら