たっぷりの油でカラッと調理した揚げ物は、なんともいえないおいしさがあります。しかし、家庭で揚げ物をすると困るのが油の処理。揚げ物には大量の油が必要なので、何度か再利用できれば節約にもつながります。

油の保管用におすすめなのが「オイルポット」。そこで今回は、おすすめのオイルポットをご紹介します。オイルポットの種類や選び方のポイントも解説するので、製品選びの参考にしてみてください。

オイルポットを使うメリット

By: amazon.co.jp

揚げ物などで大量に使用した油は、適切に保存することで再利用が可能です。調理方法にもよりますが、一般的に油を再利用できる回数は3~4回、保存期間は2週間程度。使用済みの油を衛生的に保存するため、さまざまなタイプのオイルポットが開発されています。

オイルポットを使用する最大のメリットは、油の劣化を遅らせること。油は空気に触れることで酸化し、劣化が進んでいきます。オイルポット内は、酸化の原因となる光や空気、熱などの影響を受けにくく、劣化しにくい環境です。

また、調理によって発生した揚げカスなどの不純物は、オイルポットに付属している網やフィルターでろ過が可能。素早く簡単に処理できるのも魅力です。さらに、油を再利用することは、廃棄の回数を減らすことにつながります。経済的なだけでなく、ゴミの減少にもつながるエコなアイテムとしてもおすすめです。

オイルポットの選び方

ろ過の方法で選ぶ

網タイプ

By: amazon.co.jp

網を使ってろ過するタイプは、フィルターなどをセットする必要がないので、手間なく使いたい方におすすめ。比較的リーズナブルに購入できることにくわえ、ランニングコストもかからず経済的です。

ただし、フィルターに比べると網目が粗いため、細かい不純物まで取り除くのは困難。不純物は油が劣化する原因となるので、一度使った油を再利用する回数の少ない方に向いています。

フィルター・カートリッジタイプ

By: amazon.co.jp

できるだけキレイに油をろ過したい方には、フィルターやカートリッジを使用するオイルポットがおすすめです。細かい不純物まで減らし、油を再利用できます。

さらに、ろ過パウダーをセットすると、微細な汚れだけでなくニオイも抑えることが可能。限りなく使っていない状態に近づけられるので、精度の高いろ過を望む方はチェックしてみてください。

デメリットは、フィルターやカートリッジを交換する必要があるため、購入の手間やコストがかかる点。しかし、何度も再利用することで油の購入頻度が低くなるので、結果的にはエコロジーかつ経済的です。

揚げ物の頻度が多い家庭や、一度の揚げ物で大量の油を使用する大家族の家庭などは特にコスパのよさが実感できます。

容量で選ぶ

By: amazon.co.jp

購入する際はオイルポットの容量にも注目してみてください。一人暮らしであれば、0.7~0.8Lほどの小さめのオイルポットで十分です。再利用の油を注ぐ際や洗浄時に扱いやすく、コンパクトに収納できます。

家族が多い家庭は、大量の油を保存できる大きめタイプがおすすめ。24cmの鍋を使用して揚げ物を作る場合、使う油の量は約800mlです。オイルポットの容量は1Lを目安に、各家庭に合ったサイズを選びましょう。

ポット型のモノをはじめ、横幅が広い鍋型のモノもあります。あらかじめ収納スペースを確認しておくと、購入後に困りません。

素材で選ぶ

ホーロー

By: amazon.co.jp

ホーロー製は断熱性が高いため、温度の高い揚げ油を扱う素材として最適。汚れやニオイも残りにくく、キレイな状態で長く愛用できます。あたたかみのある風合いや、丸みがあってかわいいデザインもポイント。

カラーバリエーションのなかから好みのモノを選んで、ほかのキッチンアイテムとコーディネートする楽しみ方もあります。北欧風インテリアのキッチンにもぴったりです。

ステンレス

By: amazon.co.jp

ステンレス製はホーローと同様に断熱性が高いので、オイルポットには最適な素材。頑丈で壊れにくく、サビにも強いため長い期間快適に使用できます。汚れも落ちやすく、お手入れが簡単です。

高級感のあるメタリックなカラーも魅力のひとつ。鍋やフライパンなど、キッチンアイテムにステンレス製のモノが多い場合は、統一感が生まれすっきりとした見た目に収まります。

フッ素・シリコンコート

By: amazon.co.jp

アルミ製や鉄製のオイルポットに、フッ素やシリコンでコーティングが施されている製品もあります。フッ素やシリコンは熱や汚れに強いため、お手入れが簡単です。ベタベタの油もすっきり落とせるので、ストレスになりません。

ただし、シリコンコーティングははがれやすいのがデメリット。フッ素コーティングは長持ちしますが、金属たわしや研磨剤入りのスポンジなどで加工を傷つけないよう注意しましょう。

形で選ぶ

ポット型

By: aux-ltd.co.jp

ポット型は縦に長い形状のオイルポットです。一般的な形で、種類も豊富にあります。片方に持ち手が付いており、再利用の油を注ぎやすくなっているのが特徴。

一部分に角度が付いた注ぎ口があるモノと、お湯を注ぐポットのように長い注ぎ口が付いているモノがあります。縦長の形状は置き場所を取らず便利ですが、頭がつかえることがないよう、購入前には高さの確認が必要です。

鍋型

By: amazon.co.jp

鍋型は容量の大きいモノが多く、口が広いため使用後の油を注ぎやすいのがポイント。揚げ物をする鍋とセットになっている製品もあり、まとめてコンパクトに収納できるので便利です。

口が広いことで、ろ過する油の量が多くても短時間で処理できるメリットもあります。一度に大量の油を使う、家族が多い家庭などにおすすめです。

注ぎ口をチェック

By: rakuten.co.jp

オイルポットから油を注ぐ際に液だれすると、オイルポットはもちろん、キッチンも汚してしまいます。液だれを防ぐ工夫が施されているオイルポットもあるので、選ぶ際には注ぎ口にも注目してみてください。

注ぎ口が二重になったモノや、自然に油がポット内に戻るような構造になったモノなどがあります。油はさっと拭うだけではキレイにならないので、液だれしないオイルポットは使い勝手がよくおすすめです。

オイルポットのおすすめ

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) オイルポット H-OP900

清潔感のあるホワイトの本体が印象的なオイルポット。耐久性に優れたスチール製で、表面にはフッ素樹脂加工が施されているため汚れがこびりつきにくく、お手入れが簡単なのが魅力です。

内部はこし網と活性炭フィルターの2層構造。こし網が大きい揚げカスを、活性炭フィルターが細かな不純物を減らすため油が長持ちします。なお、フィルターは10回ほど使用できるので経済的です。

容量は900mlと、たくさんの揚げ物をする方にもおすすめ。幅18.5×奥行15.5cmとコンパクトで、狭いキッチンにも無理なく置けるオイルポットです。

富士ホーロー オイルポット OP-1.5C

レトロな雰囲気が味わえるホーロー製のオイルポット。北欧やナチュラルテイストのインテリアが好きな方におすすめの製品です。ホーローは汚れやニオイが移りにくく、腐食しにくいので長く愛用できます。

内部は揚げカスなどを取り除くこし網と、細かい不純物やニオイを吸着する活性炭フィルターの2層構造。一度使った油もキレイになるので、再利用しても料理がおいしく仕上がります。

フィルターを取り付ける枠には、使い終わったフィルターを取り除く際に便利なツマミつき。キッチンにもなじみやすいおすすめのオイルポットです。

和平フレイズ オイルポット エコ・ラ・ロッカ DER-5226

全体にフッ素樹脂加工が施されているため、お手入れしやすいのが魅力のオイルポット。素材には耐久性に優れた鉄を使用しており、長く愛用できます。

内部には揚げカスなどの不純物を減らすこし網付き。手間がかからないうえ、お手入れも簡単なので忙しい方にもおすすめです。こし網にはステンレスを使用しており、サビにも強いため安心して使用できます。

油をこぼさずに注ぎやすいオーバル型も特徴のひとつ。サイズは1.3Lと大容量で、たくさんの揚げ物を作る方にもおすすめのオイルポットです。

野田琺瑯(Nodahoro) オイルポット ロカポ

シンプルななかにも柔らかさが感じられる、優しいデザインが魅力のオイルポット。素材には汚れやニオイが移りにくく、油の質や風味を変化させずに保存できるホーローを使用しています。

内部はこし網と活性炭フィルターの2層構造。大きな揚げカスから、細かい不純物やニオイまでキレイに取り除けます。最大で800mlもの油を一度にろ過できるため、スムーズに油の処理ができるのもポイントです。

使用後のろ過器は裏返したフタの上に置けるようになっているため、置き場所に困らないのも嬉しい点。油を注ぐ際にも手やキッチンが汚れにくく、快適に使用できます。

手になじみやすいフォルムのフタや、たくさん油が入っていても持ちやすい大きなハンドルなど、細部まで使いやすさにこだわったオイルポットです。

カクセー(Kakusee) オイルポット アルファ

本体が透明で中がよく見えるため、油の色や保存状態を確認しやすいのが魅力のオイルポット。側面には目盛りがついており、残量がわかりやすいのも特徴です。

内部はステンレス製のこし網と、活性炭フィルターの2層構造。大きな揚げカスから細かい不純物、ニオイまでろ過するため油を繰り返し使用できます。また、使用後のフィルターはそのまま捨てられるので手間がかからないのも利点です。

容量は800mlと使いやすい大きさで、一人暮らしの方にもおすすめ。カラーはオレンジ・グリーン・ピンクの3種類で、どれもポップでかわいい色合いです。

ディノス 野田琺瑯の活性炭付きオイルポット 751604

キッチンをおしゃれに演出する、レトロなデザインが魅力のオイルポット。北欧やナチュラルテイストのインテリアが好きな方におすすめの製品です。

大きな揚げカスはこし網で、細かい汚れやニオイは活性炭フィルターで取り除く2層構造。フィルターには「脱酸ろ助剤」を配合しているため、炒め物にも使用できるほど油がキレイになると謳われています。

容量は700mlで、一人暮らしの方や少量の揚げ物を作ることが多い方におすすめ。カラーは清潔感のあるホワイトと、キッチンのアクセントになるブルーグレーの2種類です。

アーネスト(Arnest) 油ターン A-76826

鍋2つとこし網がセットになっており、揚げ鍋としてもオイルポットとしても使える便利な製品。使用後に油をこしたら、もうひとつの鍋をフタのようにかぶせてそのまま保管できます。

取っ手が上を向いているデザインで、コンパクトに収納できるのが特徴。鍋の直径は14cmと小ぶりで、少ない油で調理できるためお弁当のおかずなど少量の揚げ物を作るのにもおすすめです。

素材は耐久性に優れ、サビにも強いステンレスを採用。汚れてもお手入れしやすく、衛生的に使用できます。金物加工で有名な燕三条にて製造された、確かな品質のオイルポットです。

高木金属(Takagi-metal) オイルポット KWP-GN

透明で中が見えるため、油の色や保存状態をチェックできるのが魅力のオイルポット。本体はニオイが移りにくく、簡単にお手入れできるため衛生的に使用できる耐熱ガラス製です。

内部はこし網と活性炭フィルターの2層構造。大きな揚げカスから、細かい不純物まで減らしてキレイな油に再生できます。フィルターをセットするろ過ポットにはフッ素樹脂加工が施されているため、お手入れしやすいのもポイントです。

注ぎ口にはシリコン製の注ぎ口ホルダーがついているのも特徴のひとつ。注ぎ口が二重になっているため注ぎやすく、油がたれにくいため快適に使用できます。

容量は一人暮らしの方や少量の揚げ物をする方におすすめの700ml。カラーはキッチンのアクセントになるレッドと、爽やかなホワイトの2種類です。

カイコ(kaico) オイルポット K-013

ホーローの本体と木製のツマミとの組み合わせがおしゃれなオイルポット。北欧やナチュラルテイストのインテリアと相性がよく、見えるところに置いてもキッチンのさりげないアクセントになります。

内部は大きな揚げカスを減らす油切り網と、細かい不純物やニオイを吸着する活性炭フィルターの2層構造。フィルターの下には取っ手付きのトレイがついており、取っ手を押すとフィルターやフタが持ち上がるため油を注ぐときもスムーズです。

本体のフチにはナイロン製のリングホルダーがついているのもポイント。油切れがよく、油がたれても容器の中に戻るようになっているため、本体がべたつきにくく快適に使用できます。

適正容量は、少量の揚げ物を作る方におすすめの600ml。大きなハンドルで持ちやすく、安定感のある使い心地が味わえるオイルポットです。

下村企販 油をきれいに注げるダブルポット&揚げ鍋

揚げ鍋とオイルポット、両方の役割を兼ねる便利な製品。両手鍋タイプで持ちやすく、油を注ぐ際にも安定感があるため力の弱い方にもおすすめです。

ろ過の際は、こし網・紙フィルター・活性炭フィルターをこし器にセットして使用します。大きな揚げカスはもちろん、細かい不純物やニオイまでカット。鍋は幅23.5×奥行17.8cmとワイドで油が注ぎやすいのもポイントです。

本体は丈夫かつサビにも強いステンレス製で、食洗機にも対応しているのでお手入れもラクラク。忙しい方や、ベタベタの鍋を洗うのが苦手な方にもおすすめのオイルポットです。

下村企販 オイルポット 26304

清潔感のあるオールステンレスのオイルポット。耐久性に優れ、サビにも強いため長く愛用できるのが利点です。シンプルなデザインで、どんなキッチンにもしっくりとなじみます。

内部はこし網と活性炭フィルターの2層構造で、大きな揚げカスはもちろん細かな不純物やニオイまでしっかりカット。カートリッジは10回ほど使用できるので経済的です。

注ぎ口は二重構造になっており、液だれしにくく快適に使用できるのもポイント。内ポットについているツマミを親指で押せばフタとフィルターが持ち上がるため、油を注ぐ際にもスムーズに使えるオイルポットです。

オークス ウチクック油 ろ過ポット UCS1

スタイリッシュなデザインが目を引くオイルポット。カラーはクールな雰囲気が好きな方におすすめのブラックと、アクセントカラーとして使えるレッドの2種類です。

紙フィルターにろ過パウダーを振り入れ、その上から使用済みの油を注いでろ過する仕組み。油の汚れやニオイを吸着するろ過パウダーの働きで、油がキレイになるため何度も使えて経済的です。

フィルターをセットするろ過器にはツマミがついており、使用後のフィルターを捨てるときにも便利。フタは片手で開閉できるのでスムーズに使用できるオイルポットです。

ダスキン(DUSKIN) 天ぷら油ろ過器 油っくりんナイス

口が広く、たくさんの油を一度にろ過できるオイルポット。スピーディに油の処理をしたい方におすすめの製品です。

内部は大きな揚げカスを減らせるメッシュフィルターと、細かい不純物やニオイを吸着するろ過フィルターの2層構造。内ポットにはツマミがついているためフィルターを取り外すときにも便利です。

注ぎ口には垂れた油をキャッチして内部に戻す溝つきで、本体が汚れにくいため快適に使用できます。たくさんの油が入っていてもしっかり持てる大きなハンドルを備えた、使いやすいオイルポットです。

大一アルミニウム(Daiichialuminum) オイルポット・ホームピッカー SC-10

雑貨のようなかわいいデザインが魅力のオイルポット。直径12.5×幅17.5×高さ18.2cmと、狭いキッチンにも置きやすいコンパクトサイズの製品です。

内部に二重のメッシュがついているのが本製品の大きな特徴。メッシュはステンレス製で、お手入れしやすく目詰まりしにくいことや、交換の必要がないため経済的なことが利点です。

容量はたくさんの揚げ物を作る方にもおすすめの1L。カラーはさりげない存在感のホワイトをはじめ、キッチンのアクセントになるキャメル・レッドの3種類から選べます。

ツインバード工業(TWINBIRD) オイルポット EP-D696S

上段のポットが深めなので、たくさんの油を一度に処理できるのが魅力のオイルポット。待ち時間が少ないため、面倒な後片付けもスピーディに進められます。

内部はメッシュフィルター・紙フィルター・活性炭フィルターの3層構造。大きい揚げカスから細かい不純物まで減らし、油をキレイに再生します。カートリッジは10回ほどの連続使用が可能です。

容量は使いやすいサイズの800ml。たくさんの油が入っていても安定して持てる大きなハンドルもポイントです。