たっぷりの油でカラッと調理した揚げ物は、なんともいえない美味しさがあります。しかし、家庭で揚げ物をすると困るのが油の処理。揚げ物には大量の油が必要なので、何度か再利用できれば経済的です。

油の保管用におすすめなのが「オイルポット」。今回は、おすすめのオイルポットをご紹介します。オイルポットの種類や選び方のポイントも解説するので、製品選びの参考にしてみてください。

オイルポットを使うメリット

By: amazon.co.jp

揚げ物などで大量に使用した油は、適切に保存することで再利用が可能です。調理方法にもよりますが、一般的に油を再利用できる回数は3~4回、保存期間は2週間程度。使用済みの油を衛生的に保存するため、さまざまなタイプのオイルポットが開発されています。

オイルポットを使用する最大のメリットは、油の劣化を遅らせること。油は空気に触れることで酸化し、劣化が進んでいきます。オイルポット内は、酸化の原因となる光や空気、熱などの影響を受けにくく、劣化しにくい環境であるといえます。

また、調理によって発生した揚げカスなどの不純物は、オイルポットに付属している網やフィルターでろ過が可能。素早く簡単に処理できるのも魅力です。さらに、油を再利用することは、廃棄の回数を減らすことにつながります。経済的であるだけでなく、ゴミの減少にもつながるエコロジーなアイテムとしてもおすすめです。

オイルポットの選び方

ろ過の方法で選ぶ

網タイプ

By: amazon.co.jp

比較的安い価格で購入できるオイルポットは、網でろ過するタイプが多いのが特徴です。一度購入すれば、壊れない限り再購入する必要がないので経済的。

ただし、網目が粗いと揚げカスを上手く取り除けないため、なるべく細かいモノを選ぶ必要があります。ほかのタイプと比べると、ろ過の精度は落ちますが、そこまで大量の油を長期間保管しない方であれば問題なく使えるタイプです。

フィルター・カートリッジタイプ

By: amazon.co.jp

フィルターやカートリッジを取り付けて油を落とすタイプです。網よりも精度の高いろ過が可能。活性炭など、ニオイを吸着する素材が配合されていることも多いので、油のニオイが気になる方におすすめです。

フィルターなどを買い換える必要はありますが、揚げカスを取り除く力が強いため、同じ油を使える頻度が高いのもメリット。油を購入する頻度が大きく下がり、結果的にコスパがよいのも特徴です。

素材で選ぶ

ステンレス

By: amazon.co.jp

ステンレスは錆びにくく、長期間油を保管するオイルポットに採用されることが多い素材です。酸化しにくく劣化も少ないので、長く使い続けられるのがポイント。

汚れも落としやすいため、衛生面を重視してオイルポットを選びたい方にもおすすめ。キッチンに置くとおしゃれさがアップする、銀色のスタイリッシュな見た目も魅力です。

ホーロー

By: amazon.co.jp

ホーロー(琺瑯)は、鉄やアルミニウムといった金属の表面にガラス質のコーティングをしたモノで、英語ではエナメルと呼ばれます。金属の強靭さとガラスのお手入れしやすさを併せ持った素材です。

ホーローはニオイが付きにくいので、オイルポットに適しています。また、汚れが付きにくくお手入れも簡単。油が付着してもサッと拭いてきれいにできます。陶器のような見た目もおしゃれで、デザインにもこだわってオイルポットを選びたい方におすすめです。

フッ素・シリコンコート

By: amazon.co.jp

金属製のオイルポットに、フッ素やシリコンなどがコーティングされているモノもたくさんあります。コーティングすることで金属の丈夫さはそのままに、錆びにくさや手入れのしやすさを高められるのが魅力です。

フッ素、シリコンのコーティングともに耐熱性があり耐久性が高いのが特徴。また、油を弾くのでべたつきが少なく、お手入れも楽々です。

フッ素はフライパンなどのコーティングにも使われるほど耐久性に優れ、劣化が少ないのもポイントですが、その分高価。シリコンはフッ素と比較するとやや耐久性に劣るものの、安価で手に入れやすいというメリットがあります。

汚れにくさで選ぶ

By: amazon.co.jp

なるべく汚れにくいオイルポットを選べば、衛生的に油を保管できます。特に注目したいのが注ぎ口。オイルポットからフライパンに油を注ぐとき、油だれしやすいモノだとキッチンを汚してしまいます。

オイルポット自体もベタベタになってしまうので、注ぎ口に油がたれにくい工夫が施されているモノがおすすめです。注ぎ口が二重のモノや、注ぎやすい形のモノを選びましょう。

オイルポットのおすすめ

一菱金属 オイルポット

一菱金属 オイルポット

新潟県燕市の金属加工メーカー、一菱金属のオイルポットです。美しい光沢のステンレス製で、耐久性が高く、汚れが落としやすいのが特徴。パンチング穴のこし網と、細かい目のフィルター2種で油をろ過します。よりしっかりろ過したい場合は、市販の油こし紙と併用するのもおすすめです。

本体は1枚の板に圧力を加えて加工する「絞り加工」で成形。つなぎ目がないので、保管中に油がもれる心配がありません。また、汚れがたまりやすい隙間もなく、洗浄しやすいのもポイントです。

丸五産業 コスロン オイルポット フィルターセット

丸五産業 コスロン オイルポット フィルターセット

ドーナッツ型の特殊なフィルター「コスロン」を使用したオイルポット。「コスロン」は薄紙を200枚以上重ねた多層のフィルターで、油が酸化する原因となる不純物を丁寧に取り除きます。一度に1Lの油が注げる上段の容器は脱着可能。それぞれのパーツを取り外して洗浄でき、衛生的に使用できるのも魅力です。

フィルターは7~12日を目安に交換します。回数ではなく、期間を基準にしているのが特徴です。本体は丈夫なステンレス製。フタやハンドル部分のアクセントカラーは全7色から選択できます。

オークス(AUX) ウチクック ロカポット UCS1

オークス(AUX) ウチクック ロカポット UCS1

スタイリッシュなデザインが印象的なオイルポット。ろ過パウダーを入れたフィルターに油を注ぎ、じっくりとろ過します。パウダーは食品添加物に認定されている粘土の一種で、表面の微細な穴が細かな不純物を吸着。比較的ろ過に時間がかかるタイプですが、きれいな油を繰り返し使用できるのが魅力です。

フタは片手で開閉でき、二重になった注ぎ口で油がたれにくいのもポイント。機能的でおしゃれなアイテムなので、プレゼントにもおすすめです。

アーネスト(Arnest) 小さなオイルポット For 油

アーネスト(Arnest) 小さなオイルポット For 油

容量が0.6Lの小さなサイズで、片手でも扱いやすいオイルポットです。使わないときは引き出しにも収納しやすいコンパクトな大きさで、1〜2人暮らしの方にもおすすめ。素材は上質なステンレスを採用し、金属加工業が盛んな新潟県燕市で生産されています。

付属のこし網は油をこすだけでなく、お弁当など、少量の揚げ物を油きりするのにも便利です。二重構造の注ぎ口は液だれしにくく、オイルポット本体やキッチンの油汚れを防止。取り外しが可能なフタは洗いやすく、いつでも清潔に使えます。

大一アルミニウム ホーローオイルポット ホームピッカーSC-10

大一アルミニウム ホーローオイルポット ホームピッカーSC-10

あたたかみのあるホーロー素材のオイルポットで、丸みを帯びたかわいらしいデザインが特徴です。目の大きさの異なる2種類のステンレス網を上下2段に設置して油をろ過します。上段のこし網では大きな揚げカスを取り除き、下段の細かなこし網で残った不純物を除去。油を移しやすい広口のフォルムもポイントです。

カラーバリエーションは、キャメル・ホワイト・レッドがラインナップ。キッチンのインテリアとしても映えるおしゃれなオイルポットで、見た目にもこだわりたい方におすすめです。

野田琺瑯(NODA HORO) オイルポット ロカポ

野田琺瑯(NODA HORO) オイルポット ロカポ

上品な光沢で高級感のあるホーロー製オイルポット。ステンレス製のこし網と、活性炭カートリッジを使用したろ過器で、油の不純物をしっかり取り除きます。ホーローは汚れやニオイが付きにくいため、雑菌も繁殖しにくいのが特徴。油の劣化を遅らせ、味の変化を防ぎやすくなります。

オイルポットのフタは取り外しが可能。ポット内の油を使用する際に取り外したろ過器は、裏返したフタの上に設置できます。野田琺瑯は、すべてのホーロー製品の製造工程を自社で行う国内唯一のメーカー。同社が作るアイテムには、部品を含め、すべて国内の素材が採用されています。

富士ホーロー(FUJI HORO) Honey Ware オイルポット

富士ホーロー(FUJI HORO) Honey Ware オイルポット

大量の油をろ過できる、1.5Lの大容量オイルポット。あたたかみのあるホーロー素材と、淡い色合いのかわいらしいデザインが魅力です。揚げカスを取り除くためのこし網と、細かな汚れやニオイを吸着する活性炭カートリッジで油をろ過します。

カラーバリエーションは全4色。好みに合わせて選択できるおしゃれなデザインで、キッチンのインテリアとしてもおすすめです。製造するのは1947年に創業した富士ホーロー。家庭用キッチン用品を中心に、ホーロー製品の専門メーカーとして、質の高いさまざまなアイテムを生み出しています。

フォームレディ(FORMLADY) kaico オイルポット

フォームレディ(FORMLADY) kaico オイルポット

kaicoシリーズは、インテリアデザイナーの小泉誠氏がプロデュースする、ホーロー製キッチンウェアのブランド。その名の通り、繭のような透明感のある白さと、温もりを感じる天然木とのコントラストが魅力です。

油のろ過は、ステンレス製のこし網と、活性炭カートリッジで行います。また、本体のフチに取り付けて使用する、注ぎ口の付いたリングホルダーが付属。オイルポット内の油を使う際、液だれしにくい注ぎ口として役立ちます。実用性とデザイン性を兼ね備えたアイテムで、お祝いのプレゼントとしてもおすすめのアイテムです。

貝印 オイルポット DZ-0709

貝印 オイルポット DZ-0709

フッ素樹脂加工が施されたシンプルなオイルポット。汚れがこびりつきにくく、お手入れが簡単なのが魅力です。1.2Lの大容量で、目の細かなステンレス網を通して大量の油をろ過できます。また、二重構造の注ぎ口は液だれしにくく、付着した油が容器に戻りやすい設計であることもポイントです。

サイズは大きめですが、重量は約360gと軽量で扱いやすく、実用性に優れたアイテム。リーズナブルな価格で購入でき、オイルポットを初めて使用する方にもおすすめです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) オイルポット H-OP900

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) オイルポット H-OP900

細かなこし網と活性炭カートリッジで油をろ過するオイルポット。ニオイや細かな不純物を吸着する活性炭カートリッジは、約10回の使用を目安に交換します。上部のろ過器と下部のオイルポットそれぞれに、握りやすいハンドルが付いているのポイントです。

オイルポットには脱着可能なリング状の注ぎ口が付いており、二重構造の注ぎ口で液だれしにくいのが魅力。容量は0.9Lと1.2Lから選択できます。キッチンに馴染みやすいカラーとデザインで、シンプルで機能的なアイテムを探している方におすすめです。

万年(mannen) new ecolo オイルポット NEC-3

万年(mannen) new ecolo オイルポット NEC-3

汚れが落としやすいシリコンコート加工が施されたオイルポットで、お手入れが簡単なのが魅力。洗う際は、食器用洗剤を付けた柔らかいスポンジで、優しく汚れを落とします。一枚の金属から成形されているのでつなぎ目がなく、油もれの心配もありません。

揚げカスは細かな目のこし網で取り除きます。よりしっかりろ過したい場合は、市販のろ紙と併用するのがおすすめ。大きな耐熱ハンドルは握りやすく、油が入ったオイルポットがしっかりと支えられます。また、比較的リーズナブルな価格もうれしいポイントです。

パール金属(PEARL METAL) オベ・フラ お弁当用 鉄製両手フライ鍋セット

パール金属(PEARL METAL) オベ・フラ お弁当用 鉄製両手フライ鍋セット

少量の揚げ物などで使用した16cmサイズの小さな鍋を、そのままオイルポットとして活用できる便利なアイテム。同じサイズの鍋が2つセットになっており、鍋に残った揚げ油を、付属のこし網を通してもう一方の鍋に移します。保存する際は空の鍋でフタをし、調理するときは下の鍋を使用。慌ただしい朝のお弁当作りなどにおすすめです。

IH熱源にも対応した鍋で、使い勝手も良好。鍋本体にはシリコン樹脂加工が施されています。揚げ油を処理する煩わしさが軽減される、便利なアイテムとして人気です。

高木金属(Takagi-metal) 耐熱ガラス製 活性炭油ろ過ポット

高木金属(Takagi-metal) 耐熱ガラス製 活性炭油ろ過ポット

保存状態が確認しやすい、耐熱ガラス製のオイルポット。保存できる容量は約0.7Lで、やや小さめのサイズです。揚げカスなどを取り除くステンレス製のこし網と、細かな不純物やニオイを除去する活性炭カートリッジで油をろ過。ろ過器の部分は、汚れがこびりつきにくいフッ素樹脂加工が施されています。

シリコン製の注ぎ口ホルダーは、口の部分が二重構造になっており、液だれしにくいのも魅力。ポップでおしゃれなデザインも特徴で、機能性だけでなく見た目も重視したい方におすすめです。