「スキレット」は鋳鉄でできているフライパンのことです。普通のフライパンよりも厚くできているため「熱伝導性」と「蓄熱性」が高いのが特長。食材にムラなくゆっくり熱が伝わっていくので、分厚いステーキ肉やハンバーグなどはもちろん、パエリアやアヒージョ、パンケーキなどのスイーツもより美味しく作れます。

そこで今回はキャンプや家庭での調理など、あらゆるシーンで活躍するスキレットのおすすめモデルをご紹介。最近ではSNSでスキレットを使った料理を投稿する方が増えており、おしゃれ調理グッズとして注目を浴びているアイテムなので、ぜひチェックしてみてください。

スキレットのサイズはどれがおすすめ?

By: amazon.co.jp

スキレットはサイズが大きくなるほど重くなっていくので、なるべく軽いモノを選ぶと調理がしやすくなります。また、何人分作るのか、料理は何を作るのかなど用途を定めておきましょう。

1人分を作りたい、カフェ風におしゃれに使いたいという方は6インチのモノがおすすめ。重量は約1kgと比較的扱いやすい重さで、ベーコンエッグなどの朝ごはんを作るのに最適です。

家庭で使う際のおすすめサイズは、9インチ。本体の重量は約2kgで、約3〜4人分程度の料理を作ることができ、大きなステーキやパエリア、アヒージョなどさまざまな料理が作れます。

キャンプなどのアウトドアで使いたいという方は、10インチ以上のモノを選ぶと大人数で使うことができるので便利です。

なお、メーカーによってサイズ感が異なってくるため、必ず確認するようにしてください。

スキレットの選び方

IH対応であるか

By: amazon.co.jp

スキレットの底面が高温になると、IHコンロの安全装置が動いてしまう場合があります。アウトドアだけでなく、家庭でも使用するオールマイティーな使い方をする際には考慮が必要です。

素材で選ぶ

By: amazon.co.jp

スキレットは主に鋳鉄製ですが、陶器製のモノも存在します。電子レンジに対応でき、食洗機で洗えるなど扱いが簡単ですが、熱伝導性と蓄熱性は鋳鉄製でしか堪能できないため、選ぶ際は素材を見ることも大切です。

取手部分が長いと便利

By: amazon.co.jp

スキレットは取手部分も鋳鉄製でできており、直接触るとヤケドしてしまいます。なので、ミトンを使って楽に持てる取手の長さがあるかを確認しましょう。取手部分が長い方が持ち運びも安全かつ楽になります。

また、オーブンなどにも利用できるよう取手の脱着が可能なスキレットも存在しているのでチェックしてみてください。

スキレットのおすすめメーカー

ロッジ

By: amazon.co.jp

ロッジは、1986年創業から現在まで120年以上続く、アメリカを代表する鉄製調理器具メーカーです。ロッジのスキレットは、使用前に鉄の表面に油をなじまておく「シーズニング」と呼ばれる面倒な作業を工場出荷時にすでに済まされています。開封してお湯で洗えばすぐに使うことができ、シーズニングの油も安全な大豆油を採用しているので安心です。

また、直火はもちろんIH、ハロゲンヒーター、オーブンでも使うことができます。お手入れをしっかり行っていれば長期間愛用できるのもポイント。

キャプテンスタッグ

By: amazon.co.jp

「キャプテンスタッグ」は、1976年にパール金属株式会社のアウトドアラインとして設立しました。テント品質が良く、価格帯もリーズナブルなコスパの高い製品をリリースしているのが特長です。スキレット入門として購入を検討している方におすすめのメーカーです。

ロゴス

By: amazon.co.jp

BBQ製品やワークウェアなどをラインナップしている、総合アウトドアブランド「ロゴス」。取手を着脱できたり、底が焦げ付かないように工夫が施された利便性の高いスキレットをリリースしています。

スキレットのおすすめ人気モデル|ロッジ

ロッジ(LODGE) ロジック スキレット 9インチ L6SK3

9インチの鋳鉄製品のスキレットで、直径約23cmx深さ約4cm、重さは約2kgになります。3〜4人分の料理を作ることができ、IHにも対応しているため家庭でも使用可能。

熱伝導性・蓄熱性に優れており、肉料理や焼き料理に最適です。スキレットは1度温めると冷めにくいので、ハンバーグなどはスキレットに乗せたまま食卓に出せば温かさを保持して食べられます。

ロッジ(LODGE) LDG ディープスキレット 10 1/4インチ L8DSK3

「ディープスキレット」は一般的なサイズよりも深さが増しています。なので、カレーやシチュー、煮込みハンバーグなどの煮込み料理に最適です。別売りのフタを購入すれば料理の幅も広げられます。

「シーズニング」という油で慣らす作業がすでに済まされているので、軽く洗ってすぐに使用可能です。なお調理後は、馴染ませた油が抜けてしまう場合があるため、洗剤はなるべく使用せずにタワシなどで洗いましょう。

スキレットのおすすめ人気モデル|キャプテンスタッグ

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) スキレット 8インチ M-5537

取手が長めと短めの2つが付いており、重いスキレットを両手で持てます。価格が比較的リーズナブルで品質もしっかりとしているコスパの高い製品なので、最初の1台としておすすめ。

別売りのフタを購入すれば蒸し料理にも対応でき、調理の幅が広がります。なお、本製品は初めに油で慣らす「シーズニング」を行う必要があるので要注意です。

スキレットのおすすめ人気モデル|ロゴス

ロゴス(LOGOS) 取手がとれるスキレット 81062234

取手を取り外すことができるのが特長のスキレット。オーブンで調理する際にも取手が邪魔になることがなく、コンパクトに収納ができます。取手の取り付け箇所は2箇所あるので、向きの調整もラクラク。

底面は焦げ付き防止として凹凸のドット加工を施しています。面倒なシーズニングも工場で行われており、IHにも対応しているのがうれしいポイント。機能性が高いスキレットを探している方におすすめです。

スキレットのおすすめ人気モデル|コールマン

コールマン(Coleman) クラシックアイアンスキレット 2000021880

フタは別売りされているモデルがほとんどですが、本製品はフタ付き。スキレットにフタをすることで内部に圧力がかかり、素材のうま味を逃さないようゆっくりと加熱することができます。なので、味が凝縮された美味しい蒸し料理を作ることが可能です。

シーズニングは植物性オイルで仕上げてあるので、使う前の手間がかかりません。専用の収納ケース付きでキャンプなどで外に持ち運ぶ時も便利。

スキレットのおすすめ人気モデル|ペトロマックス

ペトロマックス(PETROMAX) ファイヤースキレット 2ハンドル fp25h-t 12844

複数人で行う野外パーティーなどで活躍する、直径約25cm、高さ約5cmの大きめサイズのスキレット。両手でしっかりと持てるよう取手が2つ付いているのが特長です。重量は約2.3kgあり、コンロの上に安定して置くことが可能。

鋳鉄素材のスキレットは、熱をゆっくりと食材に伝えるためうま味を最大限に引き出せます。また、パーティーであればパエリアやキッシュをつくるとテーブルが華やかになるのでおすすめです。