普通のフライパンよりも厚くできているため、熱伝導性と蓄熱性が高い「スキレット」。食材にムラなくゆっくり熱が伝わるので、分厚いステーキ肉やハンバーグなどはもちろん、パンケーキなどのスイーツもより美味しく作れます。

そこで今回は、スキレットのおすすめモデルをご紹介。最近ではSNSでスキレットを使った料理を投稿する方が増えており、おしゃれ調理グッズとして注目を浴びているアイテムなので、ぜひチェックしてみてください。

スキレットとは?

By: amazon.co.jp

スキレットとは、厚手の鋳鉄製のフライパンを指します。アルミやステンレス製の一般的なフライパンに比べると、熱伝導性が高いのが特徴です。食材の旨味をぎゅっと封じ込み、料理をより美味しく仕上げます。

また、蓄熱性が高いのもポイント。一度熱すると冷めにくいので、そのままテーブルに出してゆっくり食事を楽しめます。デザイン性も高く、食卓を一気に華やかにするおすすめのアイテムです。

スキレットの魅力

By: amazon.co.jp

スキレットといえばキャンプで使うイメージがありますが、最近ではIHに対応しているタイプも多く、アウトドアシーンだけでなく自宅でも使えるのが特徴。また、焼き物はもちろん、揚げ物をしたり、アヒージョのように煮たりと1台でさまざまな調理方法に対応できるのもポイントです。

さらに、直火だけでなく、オーブン調理もできるのもメリット。オーブンから出してそのままテーブルに置けば、食卓をおしゃれに演出します。場所や調理方法を選ばず、マルチに対応できる汎用性の高さがスキレットの大きな魅力です。

シーズニングとは?

By: amazon.co.jp

スキレットのなかには、使用前にシーズニングを行う必要なモノがあります。シーズニングとはスキレットに油をなじませて油の膜を作ることで、錆びや焦げ付きを抑えたり、表面に塗られているワックスをはがしたりする目的があります。

まずは洗剤を使って洗い、錆び止めのために施されているワックスを落としましょう。次にスキレットを火にかけ空焼きをします。煙が上がるくらいしっかり焼き入れてください。乾いたら油を入れて全体に塗り、なじんだらくず野菜を入れて炒めて冷ます。

なかには、シーズニング済みで購入後すぐ使えるモノもあります。面倒な方や初心者の方はシーズニングが不要のモノがおすすめです。

スキレットの選び方

サイズ・重量で選ぶ

By: amazon.co.jp

スキレットはサイズに比例して重さも変わるので、なるべく軽いモノを選ぶと調理がしやすくなります。また、何人分作るのか、料理は何を作るのかなど、用途を定めておきましょう。

一人暮らしの方や、おしゃれなカフェ風に使いたい方は6インチのモノがおすすめ。重量は約1kgと比較的扱いやすい重さで、ベーコンエッグなどの朝ごはんを作るのにぴったりです。

家庭で使う際のおすすめサイズは、9インチ。本体の重量は約2kgで、大きなステーキやパエリア、アヒージョなど、さまざまな料理が3〜4人分ほど作れます。

キャンプなどのアウトドアで使いたい方は、大人数で使える10インチ以上のモノを選ぶと便利です。なお、メーカーによってサイズ感が異なるため、事前に確認しておきましょう。

IH対応の有無で選ぶ

スキレットは基本的に直火やオーブンにかけて使いますが、最近はIHに対応している製品もラインナップされています。IHクッキングヒーターで調理したい方は、スキレットを選ぶ際にIH対応であるか確認しておきましょう。

また、IHは機種によって適応サイズが異なるので確認が必要です。スキレットは通常のフライパンに比べてサイズの小さいモノが多いため、IHに対応したサイズであるかもあわせてチェックしておきましょう。

素材で選ぶ

By: amazon.co.jp

スキレットには鋳鉄製のモノが多くラインナップされています。鋳鉄製は熱伝導率に優れているのが特徴。耐久性もあるので、アウトドアで使用する際も活躍します。

また、ホーロー製はカラーバリエーションの多さが特徴。見た目にもこだわりたい方におすすめです。なお、火力が強すぎてしまうと焦げる可能性もあるため留意しておきましょう。

取っ手部分の長さで選ぶ

By: rakuten.co.jp

スキレットは取っ手部分も鋳鉄で作られていることが多いため、十分加熱されている際に直接素手で触ってしまうとヤケドする恐れがあります。そのため、ミトンを使ってラクに持てる取っ手の長さがあるか確認しておきましょう。取っ手部分が長いモノの方が、持ち運びも安全かつ簡単です。

また、オーブンなどにも利用できるよう取っ手の着脱が可能なスキレットも存在しているので、あわせてチェックしてみてください。

フタの有無で選ぶ

By: amazon.co.jp

スキレットには、本体のみで販売されているモノとフタ付きのモノがあります。フタが付いていないモノは、メーカーによって別売りの「スキレットカバー」が用意されているため、必要であればそちらを購入しましょう。

フタがなくても十分に美味しい料理が作れますが、フタがあると蒸し料理や燻製、無水調理など、料理の幅が広がるのでおすすめです。

お手入れのしやすさで選ぶ

基本的に洗剤が使えない製品が多いスキレットですが、ホーロー加工が施されたタイプや耐熱陶器製のモノのなかには、洗剤が使える製品もあります。泡で洗い流せるため、少ない力で汚れが取れるのが魅力。使用後に行うお手入れの手間を減らせます。

また、耐熱陶器製品のなかには食器洗浄機に対応しているモノもあり、手軽に後片付け可能。特別なお手入れが苦手な方は、素材で選んでみてください。

スキレットのおすすめブランド

ロッジ(LODGE)

By: amazon.co.jp

ロッジは、1896年創業から現在まで120年以上続くアメリカを代表する鉄製調理器具メーカー。ロッジのスキレットは、シーズニングを工場出荷時にすでに済ませています。

開封してお湯で洗えばすぐに使用でき、シーズニングに大豆油を採用しているのもポイントです。また、直火はもちろんIH・ハロゲンヒーター・オーブンでも使えます。お手入れをしっかり行っていれば長期間愛用できるおすすめのブランドです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

「キャプテンスタッグ」は、1976年にパール金属のアウトドアラインとして設立したメーカーです。高品質でリーズナブルな、コスパの高い製品を展開しているのが特徴。また、丈夫な作りで厚みがあり、長く使えるのもキャプテンスタッグの魅力です。スキレット入門として購入を検討している方は、ぜひチェックしておきましょう。

ロゴス(LOGOS)

BBQ製品やワークウェアなどを扱っている、総合アウトドアブランドの「ロゴス」。底が焦げ付かないように工夫が施された、利便性の高いスキレットを展開しています。

取っ手の取り外しができる「取っ手がとれるスキレット」と「合体できるスキレット」がラインナップされており、いずれもIHに対応した汎用性の高さが魅力です。

ニトリ

高品質で低価格の製品を多数ラインナップしているニトリ。家具のイメージがありますが、キッチン用品や調理器具も豊富に取り扱っています。

ニトリのスキレットは、低価格で購入できるのが特徴。初めてスキレットに挑戦する方も、気軽に購入できます。さらに、フタやハンドルカバー、鍋敷きなども豊富にラインナップされているため、必要な道具を一式まとめて購入したい方にもおすすめです。

スキレットのおすすめモデル

ロッジ(LODGE) ロジック スキレット 10 1/4インチ L8SK3

初心者でも使いやすいロッジのスキレット。すでにシーズニングが施されているため、すぐに使えます。

直火・IH・ハロゲンヒーター・オーブンに対応しており、幅広く使えるのも魅力。単独なら食器洗浄機も利用できるので、片付けにも手間がかかりません。

10インチ以上あるので大人数でも使いやすく、キャンプなどのアウトドアシーンでも活躍します。両手で持てるように取っ手が付いているので扱いやすくおすすめです。

ロッジ(LODGE) シーズンスチール スキレット 12インチ CRS12

カーボンスチールで作られたスキレットです。鉄製のモノと比べて熱伝導率がよく、すばやく食材を加熱できるのが特徴。ムラなく均一に熱を伝えられるのでおいしく仕上がります。

鉄製よりも軽いので、ラクに持ち運べるのもうれしいポイント。また、持ち手が長く作られており扱いやすいのが魅力です。キャンプや焚き火などアウトドアシーンでも使いやすくおすすめです。

直火・IH・ハロゲンヒーター・オーブンと幅広く対応。比較的リーズナブルな価格のモデルを探している方におすすめです。

ロッジ(LODGE) スクエアスキレット

スクエア型のスキレット。四角い形状なので、フレンチトーストやケーキ、パンなどを焼く際に活躍します。すっきり収納できるので、スペースが狭い家庭にもおすすめです。

直火・IH・グリルにも対応可能。キャンプなどのアウトドアシーンだけでなく家庭でも気軽に使用できます。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) スキレット UG-3043

約1kgと使いやすいサイズ感で、アウトドアシーンはもちろん一人暮らしの方にもおすすめのスキレットです。

2つ重ねればコンボクッカーとしても使えるのが特徴。食材の大きさや量に合わせて使い分けられるので、一度にたくさんの調理をしたいときにも便利です。ズレ止めのツメが付いているので安心して使用できます。

保温性が高く、おいしく仕上げられおすすめ。オーブンにも対応しているので料理の幅が広がります。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 両手スキレット UG-3032

両手に取っ手が付いたスキレットです。つかみやすく持ち運びやすいのが魅力。熱いまま食卓に出すときも安定して運べます。

オーブン対応なので幅広い調理に使えます。グラタンやキッシュ、パンケーキなどに使いやすく、アウトドアシーンだけでなく自宅でおしゃれな料理を楽しみたいときにもおすすめです。

厚みがあるため、じっくりと均一に熱が伝わり、食材をジューシーにおいしく仕上げられます。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 深型スキレット UG-3044

キャプテンスタッグの深型スキレット。深さがあるため、大人数でキャンプを楽しむときや肉料理など食材が大きいときなど、幅広いシーンで役立ちます。テーブルにそのまま出せば食卓が華やかになりおすすめです。

また、2つ重ねてコンボクッカーとしても使用可能。保温性がアップするので旨味を閉じ込めておいしく仕上げられます。オーブン料理や簡単な燻製料理にも使えて便利です。

ロゴス(LOGOS) 取っ手がとれるスキレット

取っ手が取れるタイプのスキレット。家庭のオーブンにも入れやすくアウトドアシーン以外でも気軽に使えます。両側どちらでも取っ手を取り付けられるので便利です。

取っ手が邪魔にならずコンパクトに片付けられるのもうれしいポイント。収納スペースが狭い一人暮らしの方にもおすすめです。

底面はドット加工が施されており、焦げ付きにくいのも魅力。お手入れが簡単です。オーブンやコンロのグリルなど幅広く使えます。

ロゴス(LOGOS) 合体できるスキレット

別売のフタを合体して使えるスキレット。重ねて使うことで保温性がアップするので、熱いままのおいしい料理を楽しめます。フタがあれば料理の幅も広がり、煮込み料理や蒸し料理などにも使えて便利です。

取っ手が取れるのもうれしいポイント。取っ手の取り付け箇所が2つあるので、向きも調節しやすく便利です。使わないときは取っ手を外しておけば、すっきり収納できて邪魔になりません。

焚き火台などアウトドアシーンでの使用はもちろん、家庭のグリルやオーブンにも入れやすく、気軽に使用できます。

ニトリ(NITORI) 6インチ スキレット

「ニトスキ」と呼ばれ幅広く人気を集めているニトリのスキレット。比較的リーズナブルで、手軽に購入できるのが魅力です。

6インチと扱いやすいサイズ感もポイント。一人暮らしの方や家庭で気軽にスイーツを楽しみたい方などにもおすすめです。直火だけでなくオーブン調理にも対応しています。

使いはじめはシーズニングが必要。そのまま食卓に出してカフェ風のおしゃれな食事を楽しみたい方におすすめです。

和平フレイズ ヘビーズ 鉄スキレットコンボセット HR-7967

深型スキレット・浅型スキレット・網がセットになったコンボセット。食材の量や大きさに合わせて深型と浅型を使い分けられるだけでなく、深型に浅型を重ねればフタとして使えます。蒸し料理やオーブン料理を楽しむ際に便利です。

網を入れれば燻製料理も楽しめるので、幅広い調理に活躍します。注ぎ口をずらすことで蒸気を調節できるのもポイントです。

また、使わないときは深型の上に浅型を重ねられコンパクトに収納できるのも魅力。収納スペースを取らないので一人暮らしの方にもおすすめです。

コールマン(Coleman) クラシックアイアンスキレット 2000021880

フタ付きのスキレット。フタから水分が均等に落ちるので、旨味を逃さずおいしく仕上げられます。保温性も高まるため熱々の料理が楽しめるのも魅力です。

蒸し料理やパンケーキ、パエリアなど幅広い調理におすすめ。大きめサイズなので、ホームパーティーや大人数でのキャンプなどにも使えます。植物性オイル仕上げで、シーズニングは不要です。

また、専用の収納ケースが付いているのもうれしいポイント。アウトドアシーンでの持ち運びにも便利です。

イシガキ産業 スキレット

リーズナブルで気軽に購入できる鉄製スキレット。シンプルなデザインで食卓にそのまま出してもおしゃれに使えます。

12cmと使いやすいサイズ感で、一人暮らしの方や自宅で気軽に楽しみたい方にぴったり。収納スペースを取らないので邪魔になりません。使い続けるほど油がなじんで焦げ付きにくくなるので、長く使いたい方にもおすすめです。

イシガキ産業 スキレット オーブン

深型スキレット・フタ・網が付いたセット。フタはグリルパンとしても使える2way仕様で、肉や魚のグリルなど料理の幅が広がります。フタとして使えば旨味を閉じ込めておいしく仕上げられ、蒸し料理やスープ、オーブン料理などにおすすめです。

また、付属の網を使えば燻製料理も楽しめるのが魅力。自宅で気軽に楽しむのはもちろん、キャンプなどのアウトドアシーンでも活躍します。IHにも対応可能です。

ユニフレーム(UNIFLAME) スキレット

黒皮銅板で作られた本格的なスキレットです。洗剤が使えて金たわしでも洗えるのでお手入れが簡単。重量があり耐久性に優れています。錆びにくく、長く使えるスキレットを探している方にもおすすめです。

ファミリーキャンプなどで活躍するサイズ感で、餃子やパエリア、肉料理など一度にたくさんの調理をしたいときにも活躍します。耐衝撃性に優れており、落としても割れにくいのも特徴。アウトドアシーンでも使いやすくおすすめです。

また、あたたまるのが早く調理しやすいのもうれしいポイント。初心者でも扱いやすくおすすめです。

スケーター(Skater) 取っ手の取れる2WAY蓋付きスキレット INFW16

2wayで使えるフタ付きスキレットです。フタとして使えば蒸し料理などにも使えて料理の幅が広がるのが魅力。フタをひっくり返せばフライパンとして使えて、旨味を逃さずステーキやハンバーグなどをおいしく仕上げられます。

コンパクトなサイズ感で、食卓にそのまま出しても邪魔になりません。一人暮らしなど自宅で気軽に楽しみたい方にもおすすめです。レシピブックも付属しているので、スキレット初心者でも本格的な料理が楽しめます。

パール金属 スプラウト スキレット HB-807

コンパクトで使い勝手のよいスキレットです。13cmと扱いやすいサイズ感で、初心者にもおすすめ。パンケーキやエッグインクラウドなど、朝ごはん作りにも気軽に使えます。

食卓にそのまま出してもスペースを取らないので、一人暮らしでダイニングテーブルが狭い方にもぴったりです。また、直火・IH・オーブン・グリル・ハロゲンヒーターなど熱源を選ばず使用できるのもうれしいポイント。幅広いシーンで使用できます。

ル・クルーゼ(Le Creuset) スキレット

ル・クルーゼならではのホーロー製のスキレットです。内側にはザラザラした質感のマットホーローが使われており、じっくり火を通せて表面にはしっかり焼き色を付けられるのが特徴。肉料理などをやわらかく仕上げるのにぴったりです。

外側にはエナメルコーティングが施されています。華やかなチェリーレッドカラーで彩りよくなるだけでなく、臭いや汚れが付きにくく耐久性にも優れているのが魅力です。

パンケーキやタルトなど、自宅で気軽に作りたい方におすすめ。食卓にそのまま出せばカフェのような料理が楽しめます。

ストウブ(staub) ダブルハンドルスキレット

ホーロー加工された鋳物製のスキレット。深さがあり、スープや煮込み料理、ステーキなどを調理してそのまま食卓に出せるのが魅力。保温性も高く、熱々の料理を楽しめます。

内側には「黒マットエマイユ」加工が施されているのがポイント。油になじみやすく焦げ付きにくいため初心者でも扱いやすく、おいしく仕上げられます。

直火・IH・オーブン対応で幅広い調理に使用可能。また、食洗機でも洗えます。

チャムス(CHUMS) ホーロー スキレット

熱伝導率のよいホーロー製のスキレット。食卓にそのまま出せば華やかになるのが魅力です。持ち手部分にチャムスのブランドロゴ、底面にはブービーバードの刻印が入っており、デザインのアクセントになっています。

直火・IH・オーブン・トースターなど使用可能。8インチと程よいサイズ感で、家庭からアウトドアシーンまで幅広く使えます。1つあれば料理の幅が広がりおすすめ。重すぎないので扱いやすいのもおすすめのポイントです。

パール金属 ルージュ スキレット HB-2634

ホーロー加工が施されたパール金属のスキレット。お手入れが簡単なので、初心者でも扱いやすいのが魅力です。また、持ち手が長めに作られており、安心して持ち運べます。

鮮やかなカラーで食卓にそのまま出せば彩りよくなるのもポイント。ホームパーティーなど来客の際にも活躍します。

番外編:スキレットで作れるおすすめレシピ

アヒージョ

By: amazon.co.jp

スキレットで作る定番メニューのひとつ、アヒージョ。刻んだニンニクやオリーブオイル、鷹の爪を入れてじっくり煮込んだスペイン料理です。魚介類やキノコ類、野菜、チキンなど好きな具材を入れて楽しめます。

また、アヒージョは簡単に作れるのが魅力。スキレットにオリーブオイル・ニンニク・鷹の爪を入れ、熱して香りが出てきたら好みの具材を加えます。10~15分ほど加熱して美味しそうな色に変わったらできあがり。ワインと一緒に楽しめば、おしゃれな食卓に変わります。

ラクレット

チーズ好きにはラクレットがおすすめ。ラクレットはスイスのチーズで、切り口をあたためて香ばしくトロトロになったところを削いで、じゃがいもなど野菜に絡めて食べる料理です。スキレットにラクレットを入れて加熱するだけで、簡単にとろけるチーズが完成します。

好きな野菜に絡めたりハンバーグやトーストにかけたりと、食べ方はさまざま。白ワインで煮込むチーズフォンデュよりも簡単に作れるので、ホームパーティーやおもてなしにもぴったりです。

ハンバーグ

By: amazon.co.jp

スキレットは蓄熱性が高いため肉料理にぴったり。ハンバーグをスキレットで焼けば、ふんわりジューシーに仕上がります。油を熱したスキレットにハンバーグを入れ、弱火~中火で焼き色が付くまで3分程度加熱。焼き色が付いたら裏返し、フタをして弱火でじっくり焼けば完成です。

また、オーブンで焼くと火加減の調節が不要なのでさらに簡単。スキレットに油を引いたらオーブンに入れて200℃で予熱します。その後、ハンバーグを入れて20分程度焼くだけ。そのままテーブルに並べれば、レストラン気分で食卓も盛り上がります。

焼きカレー

スキレットを使えば、余ったカレーもおしゃれなカフェご飯に変身します。カレーにたっぷりのチーズと卵を乗せ、卵が半熟になる程度にオーブンで焼けば完成です。パン粉をふりかけて焼けば、サクサクの食感も楽しめます。トマトやナス、ブロッコリーなどの野菜をトッピングするなど、いろいろなアレンジが加えられるのもポイントです。

パンケーキ

スイーツを楽しみたい方にはパンケーキがおすすめ。あたためたスキレットに生地を流し込み、フタをしてオーブンで焼くだけでふわふわ食感のパンケーキが焼き上がります。ホットケーキミックスを使うとより簡単です。

スキレットは丸型なので、パンケーキがきれいに焼けます。生クリームやアイス、フルーツなどを盛り付ければカフェスイーツの完成です。