普通のフライパンよりも厚くできているため、熱伝導性と蓄熱性が高い「スキレット」。食材にムラなくゆっくり熱が伝わるので、分厚いステーキ肉やハンバーグなどはもちろん、パンケーキなどのスイーツもより美味しく作れます。

そこで今回は、キャンプや家庭での調理など、あらゆるシーンで活躍するスキレットのおすすめモデルをご紹介。最近ではSNSでスキレットを使った料理を投稿する方が増えており、おしゃれ調理グッズとして注目を浴びているアイテムなので、ぜひチェックしてみてください。

スキレットとは?

By: amazon.co.jp

スキレットとは、鋳鉄製のフライパンのことを指します。厚手でずっしりとしており、重みがあるのが特徴です。食材にじんわりと均一に熱を伝えるため、素材のうまみを引き出した調理が可能。

蓄熱性に優れているので冷めにくく、そのまま食卓に並べてアツアツの料理が楽しめます。美味しさはもちろん、カフェご飯のようにおしゃれな見た目がSNSなどで写真映えするため人気です。

シーズニングとは?

スキレットを使用する前には「シーズニング」が必要です。鉄製フライパンを初めて使う際に行われる「油慣らし」と同じで、出荷前に塗られているサビ止めのワックスを剥がして、表面に油で皮膜を作る作業です。シーズニングを行うことでスキレットが焦げにくくなるほか、サビにも強くなります。面倒に感じる方もいるかもしれませんが、長く使い続けるためには大切な工程なので、しっかりシーズニングをしてから使いましょう。

シーズニングするときはまず、洗剤とたわしで取っ手や外側も含めてスキレット全体を軽く洗います。その際、金たわしだと研磨効果が強く表面に負担がかかり、サビの原因になる可能性があるので注意してみてください。ワックスを落としたら空焚きをして全体の水分を飛ばすように乾かし、熱が冷めないうちにキッチンペーパーを使って、油でスキレット全体をコーティングしましょう。

熱が冷めたらもう一度油を塗り、ニオイを消すためにくず野菜などを炒めます。しっかり油に馴染むよう、2回ほど炒めるのがおすすめ。炒め終わったらキッチンペーパーで汚れを拭き取り、30秒程度空焚きしたら完了です。

スキレットの選び方

IH対応の有無で選ぶ

スキレットは基本的に直火やオーブンにかけて使いますが、最近はIHに対応している製品もラインナップされています。IHクッキングヒーターで調理したい方は、スキレットを選ぶ際にIH対応であるか確認しておきましょう。

また、IHは機種によって適応サイズが異なるので確認が必要です。スキレットは通常のフライパンに比べてサイズの小さいモノが多いため、IHに対応したサイズであるかもあわせてチェックしておきましょう。

サイズ・重量で選ぶ

By: rakuten.co.jp

スキレットはサイズが大きくなるほど重くなるので、なるべく軽いモノを選ぶと調理がしやすくなります。また、何人分作るのか、料理は何を作るのかなど、用途を定めておきましょう。

一人暮らしの方や、カフェ風におしゃれに使いたい方は6インチのモノがおすすめ。重量は約1kgと比較的扱いやすい重さで、ベーコンエッグなどの朝ごはんを作るのに最適です。

家庭で使う際のおすすめサイズは、9インチ。本体の重量は約2kgで、大きなステーキ・パエリア・アヒージョなどさまざまな料理が約3〜4人分ほど作れます。

キャンプなどのアウトドアで使いたい方は、大人数で使える10インチ以上のモノを選ぶと便利です。なお、メーカーによってサイズ感が異なるため、事前に確認することをおすすめします。

素材で選ぶ

By: amazon.co.jp

スキレットは主に鋳鉄製ですが、陶器製のモノも存在します。陶器製は電子レンジを使えるのが最大の特徴。電子レンジで先に下ごしらえをしてから直火で仕上げるなど、調理の幅が広がりやすいのが魅力です。

また、陶器製のスキレットは食洗機で洗えるなどお手入れも簡単ですが、熱伝導性と蓄熱性は鋳鉄製と比較すると劣ります。使用感に関わってくるので、スキレットを選ぶ際には必ず素材も確認するようにしましょう。

取っ手部分の長さで選ぶ

By: amazon.co.jp

スキレットは取っ手部分も鋳鉄で作られていることが多いため、十分に加熱されている際に直接素手で触ってしまうとヤケドする恐れがあります。そのため、製品を選ぶ際はミトンを使ってラクに持てる取っ手の長さがあるか確認しておきましょう。取っ手部分が長いモノの方が、持ち運びも安全かつ簡単です。

また、オーブンなどにも利用できるよう取っ手の着脱が可能なスキレットも存在しているので、あわせてチェックしてみてください。

フタの有無で選ぶ

By: rakuten.co.jp

スキレットには、本体のみで販売されているモノとフタ付きのモノがあります。フタが付いていないモノは、メーカーによって別売りの「スキレットカバー」が用意されているため、必要であればそちらを購入しましょう。

フタがなくても十分に美味しい料理が食べられますが、フタがあると蒸し料理・燻製・無水調理など、料理の幅が広がるのでおすすめです。

お手入れのしやすさで選ぶ

スキレットは鋳鉄製なので、使い込むほど油が馴染むのが魅力です。長く使い続けるためには、使用する前にしっかりお手入れする必要があります。しかし、なかにはシーズニング済みですぐに使用できる製品もラインナップされているので、購入の際にはチェックしておきましょう。

また、ホーロー加工が施されたモノや耐熱陶器製など、シーズニング不要で洗剤が使える製品もあります。特別なお手入れが苦手な方は、素材で選ぶのがおすすめです。

スキレットのおすすめメーカー・ブランド

ロッジ(LODGE)

By: amazon.co.jp

ロッジは、1896年創業から現在まで120年以上続くアメリカを代表する鉄製調理器具メーカー。ロッジのスキレットは、シーズニングを工場出荷時にすでに済ませています。

開封してお湯で洗えばすぐに使用でき、シーズニングの油も安全な大豆油を採用しているので安心です。また、直火はもちろんIH・ハロゲンヒーター・オーブンでも使えます。お手入れをしっかり行っていれば長期間愛用できる、おすすめブランドです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

By: amazon.co.jp

「キャプテンスタッグ」は、1976年にパール金属株式会社のアウトドアラインとして設立したメーカーです。高品質でリーズナブルな、コスパの高い製品を展開しているのが特徴。また、丈夫な作りで厚みがあり、長く使えるのもキャプテンスタッグの魅力です。スキレット入門として購入を検討している方は、ぜひチェックしておきましょう。

ロゴス(LOGOS)

By: amazon.co.jp

BBQ製品やワークウェアなどを扱っている、総合アウトドアブランドの「ロゴス」。底が焦げ付かないように工夫が施された、利便性の高いスキレットを展開しています。

取っ手の取り外しができる「取っ手がとれるスキレット」と「合体できるスキレット」がラインナップされており、いずれもIHに対応した汎用性の高さが魅力です。

ニトリ

By: rakuten.co.jp

高品質低価格の製品を多数ラインナップしているニトリ。家具のイメージが強いですが、キッチン用品や調理器具も豊富に取り扱っています。

ニトリのスキレットは、低価格で購入できるのが特徴。初めてスキレットに挑戦する方も、気軽に購入できます。さらに、フタ・ハンドルカバー・鍋敷きなども豊富にラインナップされているため、必要な道具を一式まとめて購入したい方にもおすすめです。

スキレットのおすすめモデル

ロッジ(LODGE) ロジック スキレット 8インチ L5SK3

ロッジ(LODGE) ロジック スキレット 8インチ L5SK3

シーズニング済みのスキレット。届いたら温水を使ってたわしで軽く洗い、すぐに使い始められます。初めてスキレットを購入する方にもおすすめの手軽さです。シーズニングには大豆油を使用しているため、安心して使えるというメリットもあります。

サイズは8インチ(直径約20.2cm)で、小さすぎず大きすぎない手頃なサイズ。小さすぎるサイズでは物足りないけれど、大きすぎると扱いにくいと考えている方にちょうどよい大きさです。

底面の形状や調理器具の種類にもよりますが、IHに対応しているのも嬉しいポイント。直火はもちろん、ハロゲンヒーター、オーブンにも対応しているため、あらゆる料理に活用できます。幅広い料理に対応する使い勝手のよいスキレットを探している方におすすめです。

ロッジ(LODGE) プロロジック スキレット 10インチ P10S3

ロッジ(LODGE) プロロジック スキレット 10インチ P10S3

10インチ(直径約24cm)のスキレット。大きめサイズで、家での料理だけでなくキャンプ時の大人数用調理にも対応できます。家でもアウトドアシーンでも活躍するスキレットを探している方におすすめです。

シーズニング済みなので、手軽に使い始められるのも嬉しいポイント。また、通常の取っ手に加えて小さなアシストハンドルが付いています。フライパンのように片手で持つことも、両手鍋のように持つことも可能。自身がやりやすい方法で持ち上げられます。

あらゆる熱源に対応しているため、調理の幅が広がるのも特徴のひとつ。自宅のIH調理器で使えるスキレットを探している方にもおすすめです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ファイバーライン スキレット 20cm UG-3011

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ファイバーライン スキレット 20cm UG-3011

直径約20cmのスキレット。小さすぎず大きすぎないサイズで、普段の調理からキャンプでの調理にも活躍します。ガスはもちろん、魚焼きグリルやオーブンットースターでも手軽に調理が可能です。

食材がこびり付きにくくなるよう、ファイバーライン加工が施されています。金属表面に繊維状の凹凸を浮き立たせる特殊加工により、食材との接触面を少なくして焦げ付きを予防。こびり付きにくいため、お手入れも手軽に行えます。

取っ手が短く、収納しやすいのも嬉しいポイント。ほかの調理器具が入っている棚に入れても邪魔にならず、アウトドアの際に持ち運んでもかさばりません。重量が約460gと、1kgを超える製品が多いスキレットのなかでは軽いのも魅力。持ち運びやすいスキレットを探している方におすすめです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 両手スキレット 16cm UG-3031

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 両手スキレット 16cm UG-3031

両手鍋タイプのスキレット。両手でしっかりと持てるので、お手入れやオーブンへの出し入れもスムーズに行えます。グラタンやキッシュといったオーブンで作る料理に使えるスキレットを探している方におすすめです。

直径16cmと小柄なサイズで、小回りが利くのが特徴。朝ごはんのベーコンエッグや、昼食のインスタントラーメンなどをサッと作れる手頃な大きさです。少ない量の料理を作りたい一人暮らしの方に向いています。調理してそのまま食卓に出せるため、おしゃれな食卓を演出できる小さめスキレットを探している方にもおすすめです。

ロゴス(LOGOS) 合体できるスキレット M 81062235

ロゴス(LOGOS) 合体できるスキレット M 81062235

取っ手を自由に取り外せるスキレット。取っ手を取り付ける場所は2箇所あるので、手軽にスキレットの向きを調節できます。収納する際に取っ手を外せば、かさばりません。ほかの調理器具の邪魔にならないスキレットを購入したい方や、キャンプ時に持っていけるコンパクトなスキレットを探している方におすすめです。

取っ手が邪魔にならないため、家庭のオーブンやトースターでも難なく調理可能。直径は約22cmで、小さすぎずあらゆる料理に使用可能です。さらに、IH調理器での使用もできるので、家庭でIHを使っている方にも向いています。

また、底面にはドット加工が施されているのも特徴。食材が焦げ付きにくいため、手軽にお手入れできます。初心者でも扱いやすいスキレットを購入したいと考えている方におすすめです。

ニトリ(NITORI) スキレット鍋 15cm 8965229

ニトリ(NITORI) スキレット鍋 15cm 8965229

「ニトスキ」の愛称で人気を集めているニトリのスキレット。直径約15.7cmという小柄なサイズで、食卓をおしゃれに彩ってくれます。カフェのようなおしゃれな食事を楽しみたい方や、小回りが利くサイズのスキレットを使いたい方におすすめです。

使用できる熱源はガス・オーブンです。また、場合によっては底面12cm以下のフライパンが使用できるIHコンロでも使える可能性が高いので、IHの説明書を確認してみてください。

小さくてかさばらないので、家での料理だけでなく一人でキャンプするときの調理にも活躍します。収納や持ち運びに便利なスキレットを探している方におすすめです。

ストウブ(staub) スキレット 16cm チェリー 40501-146

ストウブ(staub) スキレット 16cm チェリー 40501-146

ホーロー製の調理器具で人気を集めているストウブのスキレット。鋳物ホーロー製で、食材にじっくりと火を通せます。サイズは直径16cmと小回りの利くサイズで、一人用の食事にスキレットを使いたい方におすすめ。別売りの16cm径のフタを購入することで、組み合わせて使えます。

スキレットの外側が鮮やかな赤色なのも魅力のひとつ。キッチンや食卓におしゃれさを加えたいと考えている方におすすめです。デザイン性だけでなく、使い勝手も優れているのが特徴。ガスやオーブンで調理したあとは、そのまま食卓に出せます。

独自の黒マットエマイユ加工により、細かい凹凸が生まれて食材の焦げ付きを防げるのもポイント。初心者の方でも使いやすいおすすめのスキレットです。

スケーター(Skater) 取っ手の取れる2way蓋付きスキレット INFW16

スケーター(Skater) 取っ手の取れる2way蓋付きスキレット INFW16

直径約17.5cmと小さめサイズのスキレット。一人分の食事を作りたい方や、肉や魚などを焼きたい方におすすめです。

取っ手を取り外せるのが魅力。収納時やアウトドアの持ち運び時に取っ手を外せば、邪魔になりません。さらに、取っ手は樹脂製で、一般的なスキレットと違い熱くならないのもポイント。うっかりそのまま触ってしまっても、やけどをする心配はありません。

また、付属のフタもフライパンとして使えるというメリットもあります。キャンプ時にスキレット本体で肉を焼き、フタで野菜を焼くといった使い分けも可能。2wayの利便性を体感したい方におすすめのスキレットです。

コールマン(Coleman) クラシックアイアンスキレット 10インチ 2000021880

コールマン(Coleman) クラシックアイアンスキレット 10インチ 2000021880

10インチ(直径約27.5cm)のスキレット。大きめサイズで大人数の食事を一度に作れます。自宅で家族全員の食事を作るのはもちろん、キャンプの際一気に食事を作るときにも活躍。収納ケースが付属しているので、持ち運びにも便利です。

高さが10cmと深めで、焼き物だけでなく煮物にも使えるのがポイント。あらゆる料理に対応できます。フタの裏には凹凸加工が施してあり、食材に水分を均等に与えてうまみを閉じ込めながら調理可能です。

また、植物性オイルでシーズニングをしてあるので、届いたらすぐに使い始められます。ガスだけでなく、IHでも使えるのが嬉しいところ。使いやすさを高める工夫が施された大きいスキレットを探している方におすすめです。

和平フレイズ(WAHEI FRAIZ) ヘビーズ 鉄スキレット コンボセット 15cm HR-7967

和平フレイズ(WAHEI FRAIZ) ヘビーズ 鉄スキレット コンボセット 15cm HR-7967

浅型と深型2つのスキレットがセットになった製品。浅型スキレットは焼き物、深型スキレットは煮物というような使い分けもできますが、2つ組み合わせても使えます。浅型スキレットをフタとして使うことで、食材にじっくりと火を通すことが可能です。

注ぎ口をずらすことで、蒸気の調節ができるのも嬉しいポイント。付属の燻製用アミを入れて燻製を作る際も、酸欠を防ぎながら調理できます。煮物や焼き物といった定番料理だけでなく、燻製作りにもチャレンジしてみたい方におすすめのスキレットです。

また、浅型スキレットは深型スキレットの上にぴったりと重なるため、スッキリ収納できます。収納性に優れたスキレットを探している方におすすめです。

パール金属(PEARL METAL) ルージュ 鉄鋳物製両手スキレット 16cm ホーロー加工 HB-2742

パール金属(PEARL METAL) ルージュ 鉄鋳物製両手スキレット 16cm ホーロー加工 HB-2742

内側が白いホーロー製のスキレット。汚れがこびり付きにくく容易にお手入れできるのが魅力です。スキレットに憧れがあるけれど、お手入れが上手にできるか自信がない方にも向いています。

ガス・IH・オーブンなどで調理できるのが特徴。強い火力で仕上げる肉や魚などの焼き物だけでなく、じっくり加熱するグラタンやキッシュなどにも使えます。両手鍋タイプで、オーブンに入れる際も取っ手が邪魔になりにくいというメリットも。直径は約18cmで、小さすぎず大きすぎない手頃なサイズです。

ホーローの白さがおしゃれで、食卓にそのまま出すことで彩りを加えてくれます。機能性だけでなくおしゃれさも重視してスキレットを選びたい方におすすめです。

チャムス(CHUMS) スキレット 10インチ CH62-1212

チャムス(CHUMS) スキレット 10インチ CH62-1212

10インチ(直径約24.7cm)のスキレット。大きいサイズなので、パエリア・アクアパッツァ・ピザといった大人数で食べるメイン料理の調理に活躍します。直火だけでなくオーブンやIHでも使用できるため、自宅でもキャンプでも使える大きいスキレットを探している方におすすめです。

シーズニング済みで、届いたらすぐに使える手軽さも嬉しいポイント。お湯とたわしで軽く洗えば、再度シーズニングをする必要はありません。

左右に注ぎ口が付いているため、盛り付けや容器の移し替えなどの際も料理をスムーズに移せます。あらゆる料理に対応できて使いやすさにもこだわっているスキレットを探している方におすすめです。

ユニフレーム(UNIFLAME) スキレット 10インチ 661062

ユニフレーム(UNIFLAME) スキレット 10インチ 661062

黒皮鉄板を採用したスキレット。一般的なスキレットとは異なり、家庭用洗剤や金たわしを使って洗えます。使い始めにシーズニングをして、使うたびに洗剤で洗って乾かし、油を塗ればお手入れは完了です。

通常のフライパンと同様のお手入れをしてもサビにくく、長く使い続けられるのが魅力。お手入れが難しそうと考えている初心者の方にもおすすめできるスキレットです。

また、黒皮鉄板を採用することで強度を高めているのも嬉しいポイント。落としても割れにくく、急な加熱や冷却などの温度変化にも耐えます。フタが付いているため、焼き物だけでなく蒸し物にも使えるのもメリット。洗剤で手軽に洗えて、あらゆる料理に使えるスキレットを探している方におすすめです。

杉山金属(Sugiyama Metal) プチスキレット KS-3037

杉山金属(Sugiyama Metal) プチスキレット KS-3037

直径約9.5cmと小さいサイズのスキレット。ガスコンロの五徳には乗りませんが、グリルには最大4つほど同時に入れられます。家族の食事時間に合わせて調理しなければならないときも、素早く調理して熱い料理を食べられるのが魅力。

オーブンやトースター、魚焼きグリルで調理できます。小さなサイズを活かし、オーブントースターでパンと卵を同時に焼くことも可能。忙しい朝でもサッと調理できるスキレットを探している方に向いています。

バーベキューコンロの上でも調理できるため、キャンプでも活躍。一人用の調理ができるかわいいサイズのスキレットです。

カクセー(kakusee) グレイスラミック 陶製スキレットパン 16cm GC-02

カクセー(kakusee) グレイスラミック 陶製スキレットパン 16cm GC-02

陶板を採用したスキレットです。410gと鋳鉄製のスキレットに比べて軽く、お手入れや持ち運びがしやすいのが特徴。手軽に扱えるスキレットを探している方や、キャンプ時に持ち運べる重量のスキレットを購入したい方におすすめです。

直径は約15cmと小さめで、一人分の調理に活躍します。コンパクトで収納場所に困らず、サッと出し入れできるのも魅力。ガス・直火・オーブン・電子レンジなどに対応しているため、あらゆる料理に活用できるのもポイントです。

陶製なので汚れがこびり付きにくく、洗剤で洗える手軽さも特徴。初心者でも難なく使えるスキレットを探している方におすすめです。

フィネックス(FINEX) キャストアイアン スキレット 8インチ S8-10001

フィネックス(FINEX) キャストアイアン スキレット 8インチ S8-10001

八角形のスタイリッシュなスキレット。アメリカのポートランドにある鋳物のスペシャリストが集まるメーカー「FINEX」で作られています。

スプリング部分で放熱するのでハンドルが熱くなりにくく、八角形のどの角からでもソースなどを注げるので便利です。表面がなめらかなため食材のすべりがよく、炒め物や焼き物の際も余計なストレスがありません。

オーガニックの植物油でシーズニングされており、安心してすぐに使い始められます。デザイン性だけでなく機能性も兼ね備えたアイテム。高級ですが丈夫で長く愛用でき、SNSでも写真映えするのでおすすめです。

ポーラー(POLeR) エンライトメント スキレット

ポーラー(POLER) エンライトメント スキレット

アメリカポートランド発祥の「ポーラー」は、シンプルでデザイン性の高い製品で人気のアウトドアブランドです。本製品は、全長約47cmで大きめの鋳鉄製のスキレット。大きめの肉や魚も焼けて調理がしやすく、大人数が集まるアウトドアシーンで活躍します。

裏面のロゴがさりげなくおしゃれで、準備や片付けまで楽しく気分を盛り上げてくれるアイテムです。鍋裏に油を引いて焼く、ロゴ入りのかわいいクレープも写真映えにおすすめ。衣類・タオルからテント・マグカップまで、幅広くアウトドアグッズを取り扱っているので、これからおしゃれなキャンプ用品をそろえていきたい方にもぴったりです。

ル・クルーゼ(LE CREUSET) スキレット 16cm 20124

ル・クルーゼ(LE CREUSET) スキレット 16cm 20124

フランスの有名な鋳物ホーロー製品ブランド「ル・クルーゼ」のスキレットです。エナメルコーティングのポップなカラーで人気があります。直火やIHで調理した食材にチーズやソースをかけてオーブンで調理し、そのままテーブルに出すと、洗い物が増えずなおかつおしゃれに決まるのがポイント。

蓄熱性が高いため料理が冷めにくく、いつまでも温かく保てます。スキレットの内面はザラザラした質感のマットホーローなので、熱効率がよく食材離れがよいのが特徴。使い勝手のよいサイズで、デイリー使用に適しています。ル・クルーゼ愛用者はもちろん、食卓やキッチンをかわいく彩りたい方にもおすすめです。

ペトロマックス(PETROMAX) グリルファイヤースキレット 2ハンドル gp30h-t 13193

ペトロマックス(PETROMAX) グリルファイヤースキレット 2ハンドル gp30h-t 13193

両サイドに取っ手が付いたスキレットです。両手で持てるので、女性でも扱いやすいのがポイント。大人数の料理を作っても、手軽に持ち運べます。鋳鉄製のため、食材にじっくり熱を通せるのが魅力。素材本来のうまみを引き出してくれるアイテムです。

底面が波型の形状になっており、肉などを焼くときれいな焼き目が付きます。肉や魚の余分な油を落とす役割もあるため、ヘルシーなグリル料理にもおすすめです。

イシガキ産業 スキレット 18cm 3890

イシガキ産業 スキレット 18cm 3890

ほどよい大きさで、リーズナブルな価格が魅力の国産スキレットです。本製品は直径18cmで約5cmの深さがあるため、1~2人であればすき焼きなどの鍋料理をすることも可能。焦げ付きをゴシゴシこすり洗いしても大丈夫なので、丁寧に手入れするのが苦手な方にも向いています。

大きさにバリエーションがあり、何枚かそろえておくと、アツアツの料理をサッとテーブルに出せて便利です。パーティーシーンでも活躍し、華やかに演出できます。別売りのフタには網が付属しているため、スモーク調理も可能。手頃な価格で料理のバリエーションが広がり、いつもの食事がワンランクアップします。

ロッジ(LODGE) シーズンスチール スキレット 10インチ CRS10

ロッジ(LODGE) シーズンスチール スキレット  10インチ CRS10

カーボンスチールを使用したスキレットです。カーボンスチールは熱伝導率がよく、高温で短時間の調理に向いています。焼きそばや野菜炒めなどを作るのに最適。本体がすぐに温まるので扱いやすく、鋳鉄に比べて軽いのも魅力です。

直火をはじめ、IHやオーブンも使用可能なことに加えて、食洗機でも洗えます。持ち手がやや長めに作られているため、アウトドアの焚き火でも安全に使いやすいのがポイント。シーズニング済みなので、面倒な事前の作業も必要ありません。

番外編:スキレットで作れるおすすめレシピ

アヒージョ

By: amazon.co.jp

スキレットで作る定番メニューのひとつ、アヒージョ。刻んだニンニクやオリーブオイル、鷹の爪を入れてじっくり煮込んだスペイン料理です。イカ・アサリなどの魚介類やマッシュルームなどのキノコ類・野菜・チキン・砂肝など、好きな具材を入れて楽しめます。

また、アヒージョは簡単に作れるのが魅力。スキレットにオリーブオイル・ニンニク・鷹の爪を入れ、熱して香りが出てきたら好みの具材を加えます。10~15分ほど加熱して美味しそうな色に変わったらできあがり。ワインと一緒に楽しめば、おしゃれな食卓に変わります。

ラクレット

チーズ好きにはラクレットがおすすめ。ラクレットはスイスのチーズで、切り口を温めて香ばしくトロトロになったところを削いで、じゃがいもなど野菜に絡めて食べる料理です。スキレットにラクレットを入れて加熱するだけで、簡単にとろけるチーズが完成します。

好きな野菜に絡めたりハンバーグやトーストにかけたり、食べ方はさまざま。白ワインで煮込むチーズフォンデュよりも簡単に作れるので、ホームパーティーやおもてなしにもぴったりです。

ハンバーグ

By: amazon.co.jp

スキレットは蓄熱性が高いため肉料理に最適。ハンバーグをスキレットで焼けば、ふんわりジューシーに仕上がります。油を熱したスキレットにハンバーグを入れ、弱火~中火で焼き色が付くまで3分程度加熱。焼き色が付いたら裏返し、フタをして弱火でじっくり焼けば完成です。

また、オーブンで焼くと火加減の調節が不要なのでさらに簡単です。スキレットに油を引いたらオーブンに入れて200℃で予熱します。その後、ハンバーグを入れて20分程度焼くだけ。そのままテーブルに並べれば、レストラン気分で食卓も盛り上がります。

焼きカレー

スキレットを使えば、余ったカレーもおしゃれなカフェご飯に変身します。カレーにたっぷりのチーズと卵を乗せ、卵が半熟になる程度にオーブンで焼けば完成です。パン粉をふりかけて焼けば、サクサクの食感も楽しめます。トマト・ナス・ブロッコリーなどの野菜をトッピングすればいろいろなアレンジが加えられます。

パンケーキ

スイーツを楽しみたい方にはパンケーキがおすすめ。温めたスキレットに生地を流し込み、フタをしてオーブンで焼くだけでふわふわ食感のパンケーキが焼き上がります。ホットケーキミックスを使うとより簡単です。

スキレットは丸型なので、パンケーキがきれいに焼けます。生クリーム・アイス・フルーツなどを盛り付ければカフェスイーツの完成です。

ちぎりロールパン

By: recipe.cotta.jp

スキレットはじんわりムラなく加熱する調理に向いているため、パンを焼くのにも最適。ちぎりロールパンは、花が咲いたようなかわいらしい仕上がりで人気です。

クッキングシートを敷いてから生地を並べると、取り出しやすく調理後のお手入れがラクになります。フタをして直火で焼けば香ばしいパンが焼き上がるので、キャンプにもおすすめです。