自宅で簡単にかき氷が作れる「家庭用かき氷機」。なかには、人気の台湾風のスイーツかき氷を自宅で簡単に作れるモデルもあり、ふわふわとした見た目と食感のかき氷を手軽に楽しめます。

そこで今回は、電動かき氷機と手動かき氷機のおすすめモデルをランキング形式でご紹介。選び方も解説するので、ぜひチェックしてみてください。

かき氷機の選び方

電動か手動かで選ぶ

電動かき氷機

By: rakuten.co.jp

電動式かき氷機は楽にかき氷を作れるのが最大のメリット。スイッチを押すだけであっという間に作れるモノもあるため、手間をかけたくない方におすすめです。電動式のかき氷機は高いイメージがありますが、氷を入れて上から軽く力を加えるタイプを選べば比較的安く購入できます。

一度にたくさんのかき氷を作りたい方にも電動式が最適。氷をたくさんストックしておけば作れるため、ホームパーティーも盛り上がります。子供やお年寄りでも氷が削れるので、みんなで楽しめるのもポイントです。

置き場所や収納場所がない方にはスリムでコンパクトな電動式のモノがおすすめ。一般的なかき氷機に比べると幅が半分くらいの大きさなので、出し入れもしやすく扱いやすいのが魅力です。本体を持ち上げて皿の上に氷を出せるタイプもあり、料理に氷を添えたいときにも便利に使えます。

手動かき氷機

By: amazon.co.jp

電源のない場所でかき氷を食べたい場合は手動式がおすすめ。氷さえあればどこでもかき氷を作れるのがメリットです。軽量でコンパクトに収納できるモノを選べば、キャンプやアウトドアに加えて自宅の庭や公園などでも作れるため、さまざまなレジャーで手軽に味わえます。

氷を削る音や感触などを体感しながらかき氷を作れるのも手動式の魅力。子供と一緒に楽しむのもおすすめです。手動式を選ぶ際は本体裏にゴムがついていて安定感があり、ハンドルをしっかり回せるモノを選びましょう。

一度に作れる量をチェック

By: amazon.co.jp

かき氷機は製品によって一度に入れられる氷の量が異なるため、家族4人分を一度に作りたい場合などは大きめの製氷カップが付属しているモノを選ぶとたっぷりのかき氷を作れます。一度に何人分のかき氷を作りたいかを考えて選びましょう。

バラ氷を使えるかき氷機は便利ですが、入る量に限りがあるため、たくさん作る場合は追加しながら削る必要があります。手間と時間がかかるため、一度にたくさんのかき氷を作る場合は製氷カップの氷を使うのがおすすめです。

ふわふわなかき氷を作りたいなら刃の調節ができるものを

By: roommate.life

お店で食べるようなふわふわなかき氷を味わいたい場合は、かき氷機の刃を調節できるモノを選ぶ必要があります。刃の角度調節ができるタイプは氷を薄くふんわりと削れるため、シャリシャリなかき氷とは違うふわふわな食感を楽しむことが可能です。

ふわふわかき氷を作るポイントとしてもう1つチェックしたいのが刃の切れ味です。刃に採用されている素材などもチェックして、氷を素早く薄く削れるモノを選ぶようにしましょう。

使える氷の種類もチェック

By: amazon.co.jp

かき氷機には専用の製氷カップが付属しているモノが多くあります。製氷カップの氷ができるまで待てない場合もあるため、冷蔵庫で作るバラ氷も使えると便利です。

かき氷機のおすすめメーカー

ドウシシャ(DOSHISHA)

By: amazon.co.jp

ドウシシャは生活を楽しく快適にする製品を企画・製造している企業。家電製品だけでなく宝飾品やスポーツ衣料なども扱っており、幅広い分野で事業を展開しています。

ドウシシャのかき氷機はラインナップが豊富で、用途や好みに合ったアイテムを見つけやすいのが魅力。どの製品もふわふわのかき氷を作れると評判です。

ツインバード工業(TWINBIRD)

By: rakuten.co.jp

ジェネリック家電の代表メーカーとして有名なツインバード。使いやすさを徹底的に追及して製品開発を行っているのが特徴です。他社にはないユニークな製品も多数あり、多くのヒットアイテムを生み出しています。

かき氷機はふわふわ食感とシャリシャリ食感の2種類が作れるモデルが人気。それぞれのかき氷をカクテルやスイーツにアレンジできるので、大人でも楽しめるのが魅力です。

貝印

By: rakuten.co.jp

ポケットナイフのメーカーとしてスタートした貝印は、その技術をさまざまな製品に応用して事業の幅を広げている企業。現在では、料理やお菓子作りの道具を中心に製造・販売をしています。

かき氷機は、刃物メーカーとしてのプライドとノウハウを取り入れて開発しているのが特徴。いかに氷を薄くふわふわに削るかを追求して作られているので、最高の食感を楽しめるのが魅力です。

家庭用かき氷機のおすすめ人気ランキング|電動

第1位 ドウシシャ(DOSHISHA) 電動ふわふわとろ雪かき氷器 DTY-20

ドウシシャ(DOSHISHA) 電動ふわふわとろ雪かき氷器 DTY-20

お店で食べるようなふわふわのかき氷を作れる人気の製品。通常の氷だけでなく、凍らせたジュースでかき氷を作れるのでさまざまな味を楽しめます。本体カラーはブラックとグリーンの2色があり、どちらもシンプルでおしゃれなデザインが魅力です。

刃の高さをつまみで調節できるため、好みに合わせて氷を粗くしたり細かくふわふわにしたりできます。製氷カップはシンプルなかき氷用のMサイズが1つと、2つの味をミックスできるハーフサイズが4つ付属しているので便利です。市販の冷凍フルーツを使ったかき氷の作り方を掲載したレシピもついているので、本格的なかき氷を自宅で楽しめます。

第2位 トフィー(TOFFY) 電動かき氷器 K-IS3

トフィー(TOFFY) 電動かき氷器 K-IS3

氷を入れてスイッチを押すだけであっという間にかき氷が作れる便利な電動タイプ。力を入れなくても氷が削れるので、楽に食後のデザートが作れます。刃の高さを調節すれば、ふわふわ食感のかき氷とシャリシャリ食感の2種類のかき氷を楽しむことが可能。冷蔵庫で作ったバラ氷も使えるのがポイントです。

インテリアとして置きたくなるようなおしゃれなデザインも魅力。スリムサイズで場所を取らないので、狭いキッチンでも楽に使えます。本体を2分割にして1つにまとめられるので、収納場所も取りません。付属のレシピブックにはフルーツやコーヒーなどを使ったアレンジかき氷が掲載されており、自宅でお店のような味を楽しめます。

第3位 ツインバード(TWINBIRD) フローズンスイーツメーカー LULUNA KI-4685

ツインバード(TWINBIRD) フローズンスイーツメーカー LULUNA KI-4685

スリムでスタイリッシュなデザインがおしゃれな電動かき氷器。職人の手で磨いた切れ味のよい高硬度ステンレス刃を搭載しています。刃の高さを調節できるため、ふわふわなかき氷もシャリシャリのかき氷も楽しめるのが魅力。付属の専用製氷カップで作った氷だけでなく、冷蔵庫のバラ氷も使えます。

ハンディタイプのかき氷器なので、取り回しが楽。氷を入れてスイッチを押すだけなので、かき氷だけでなくフローズンドリンクなども楽しめます。付属のレシピブックにはバナナやマンゴーなどのフルーツを使ったアレンジレシピが掲載されており、バリエーション豊かなかき氷を作ることが可能です。

第4位 パール金属(PEARL METAL) 電動かき氷器 クールリッチ D-1349

パール金属(PEARL METAL) 電動かき氷器 クールリッチ D-1349

飽きのこないデザインで長く使えるモノを探している方におすすめの製品。ネイビーとホワイトのツートンカラーでどんなキッチンにもマッチします。組み立て式のため、使用後はコンパクトにまとめて収納できるのも魅力。製氷カップが付属しているので、ジュースなどを凍らせてかき氷を作ることも可能です。

氷を入れて本体を上から軽く押すだけでかき氷が作れるため、かき氷の量を自分で微調整できます。安全スイッチ付つきで本体を上から押さない限りは作動せず、滑り止めのゴムがついているのもポイントです。電動式としては価格が安いのも魅力。コンパクトに収納できるコスパのよいかき氷機です。

第5位 ルームメイト(ROOMMATE) ハンディかき氷器 アイスマジックⅢ EB-RM16A

ルームメイト(ROOMMATE) ハンディかき氷器 アイスマジックⅢ EB-RM16A

ルームメイトのかき氷器はスリムなハンディタイプで、本体を手に持ってかき氷を作ることが可能。普通にかき氷を作るだけでなく、トッピングとして冷たい料理の上から振りかけて使えるので便利です。器やグラスの上からピンポイントで氷を振りかけられるので、フローズンドリンクやフローズンカクテルも楽しめます。

職人の手によって磨かれた切れ味のよい刃を搭載しており、ストレスなくかき氷を作ることが可能。刃を調節してふわふわ食感とシャリシャリ食感を選べるのも魅力です。スクリューには8つのスパイクあり、氷をしっかりホールドするのでバラ氷も使用可能。本体サイズが高さ31.5×直径11cmとコンパクトで狭いキッチンにもすっきり置けます。

家庭用かき氷機のおすすめ人気ランキング|手動

第1位 ドウシシャ(DOSHISHA) かちわり手動かき氷器 IS-D-20

ドウシシャ(DOSHISHA) かちわり手動かき氷器 IS-D-20

キャンプやアウトドアに持っていきたくなるおしゃれなデザインのかき氷機。手動タイプでどこでも好きな場所でかき氷が作れます。製氷カップが付属していますがバラ氷やロックアイスでもかき氷が作れるので、暑い日のレジャーにおすすめ。カラーはブラックとグリーンの2色でどちらもレトロ感のあるおしゃれなデザインなので、キッチンに置いてもスタイリッシュに見えます。

刃の高さが調節できるため、氷を粗く削ったり細かく削ったりすることが可能。本体の脚には滑り止め加工が施されており、力を入れて削っても滑りにくいので安心して使えます。使用後はコンパクトにまとめて専用袋に収納することが可能。好きな場所に持ち運んで冷たいデザートを楽しみたい方におすすめの製品です。

第2位 貝印 手動かき氷器 DL7521

貝印(Kai Corporation) 手動かき氷器 DL7521

レトロ感と高級感を兼ね備えたおしゃれなかき氷機。刃物メーカーの貝印が業務用に近い機能性を目指して作った製品なので、自宅でもお店のようなふわふわかき氷を楽しめます。刃の切れ味がよく強い力を入れなくてもかき氷を作れるのがポイントです。

容量650mlの大きな専用製氷器が付属しており、時間をじっくりかけて凍らすことで透明度の高いブロック氷を作ることが可能。氷のサイズが大きいので、一度に多く量を作れるのが魅力。こだわりのかき氷を作りたい方におすすめの製品です。

第3位 トフィー(TOFFY) 手動かき氷器 YUKIYUKI K-IS4

トフィー(TOFFY) 手動かき氷器 K-IS4

おしゃれなデザインで人気があるトフィーの製品。レトロ感のあるグリーンとモダンな雰囲気をうまく融合させた個性的なデザインが魅力です。刃の高さ調整が可能でふわふわなかき氷もシャリシャリなかき氷も作ることが可能。フルーツをトッピングしてアレンジすれば、台湾風のかき氷が楽しめます。

安定感のあるボディで力を入れて氷を削ってもぐらつきにくいのがポイント。製氷カップが3つ付属しており1つの氷で2~3人分のかき氷を作れます。専用のレシピブックも付属しており、いつもと違ったアレンジで冷たいスイーツを味わえるのも魅力のひとつ。おしゃれなデザインと使いやすさを兼ね備えた製品です。

第4位 下村企販 かき氷器 サラサラかき氷 32979

下村企販 かき氷器 サラサラかき氷 32979

できるだけ安い手動のかき氷機を探している方におすすめの製品。専用カップで氷を作る必要がなく、バラ氷が使えるので食べたいときにすぐかき氷を作れます。4枚刃がクルクル回転して氷の表面をそぎ落とすように削るため、強い力がいらないのがポイント。あっという間にサラサラ食感のかき氷が作れます。

2つに分解して受け皿に本体とハンドルを収納すると、高さが13.2cmとコンパクトになるので狭い場所にも収納することが可能。本体下部には滑り止めのゴムがついているため、しっかり安定した状態で使えます。白と水色だけの爽やかなデザインで長く愛用できるのも魅力。コスパのよさと使い勝手のよさが魅力のかき氷機です。

第5位 パール金属(PEARL METAL) おウチで簡単 シャリッとフワッとかき氷器 D-1328

パール金属(PEARL METAL) おウチで簡単 シャリッとフワッとかき氷器 D-1328

ハンドルを縦に回して氷を削るため、少ない力でかき氷を作れるのがポイント。子供でも楽に使えるため、家族みんなでかき氷作りが楽しめます。付属の製氷カップで作った氷だけでなくバラ氷も使えるので、食べたいときにすぐかき氷を味わえるのが魅力。本体カラーはブルーハワイとイチゴの2色があり、キッチンの雰囲気や好みに合わせて選べます。

調節レバーで刃の高さを変えれば、粗いかき氷も細かいかき氷も作ることが可能。ハンドルを回すと刃も回るため、器の中にかき氷が均一に盛りつけできます。日本製で品質が高いのもポイントです。機能性が高いにも関わらず手頃な価格なので、ちょっとしたプレゼントにもおすすめ。コスパのよさと扱いやすさを兼ね備えた製品です。

かき氷機のAmazonランキングをチェック

かき氷機のAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。