キーボードやスピーカー、ウェブカメラなどパソコン周辺機器で有名なロジクール。なかでもマウスは種類が豊富にあり、ニーズに合わせた幅広い製品を展開しているのが魅力です。

しかし、多数ラインナップされているマウスのなかから自分に合ったモノを探すのは大変。そこで今回は、ロジクールのマウスをワイヤレス・有線・ゲーミングモデルに分けておすすめの人気モデルをご紹介します。

ロジクールのマウスの特徴

By: logicool.co.jp

ロジクールのマウスは、1,000円以下で購入できるモノから1万円以上の高価なモデルまで幅広く存在します。ビジネスパーソンやデザイナー向けの製品はもちろん、ゲーマーにとっても使いやすいモデルなどをラインナップしているのが特徴です。

また、独自の通信規格として「Unifyingレシーバー」も存在します。本来ならUSBポート1個ずつにデバイスを割り当てますが、レシーバーを使うことで最大6台のロジクール製品を集約可能。同メーカーのキーボード・マウスなどを使っている方なら、USBポートの必要数を減らせるのが魅力です。

また、マウスにキーボードの動作を割り当てたり、DPIやレポートレートの設定を変更したりできるデバイス専用のソフトウェアが用意されているのもポイント。ゲームやツールに応じて個別に設定を保存しておけるので、用途に応じて簡単に使い分けられます。

ロジクールマウスの選び方

接続方式をチェック

取り回しやすい「ワイヤレスタイプ」

By: amazon.co.jp

ワイヤレスタイプのマウスは電波でパソコンと接続するためケーブルがいらず、限られたスペースでもスマートに使用できるのがポイント。USBレシーバーを用いる2.4GHz無線タイプとBluetoothタイプの2種類に分けられます。

2.4GHz無線タイプはパソコンにUSBレシーバーを装着することで、専用の無線を用いた安定したワイヤレス接続が実現するのが魅力。ロジクールは6台までのマウスやキーボードなどを同時接続できる「Unifyingレシーバー」を展開しているため、複数のロジクール製ワイヤレスデバイスを使用している方にもおすすめです。

一方、BluetoothタイプはBluetoothに対応したパソコンとレシーバーなしで接続可能。お互いを認識させるペアリング作業が必要ですが、1台のマウスでBluetooth対応のスマホやタブレットまで操作できます。

入力遅延が少ない「有線タイプ」

By: amazon.co.jp

有線は、マウスとデバイスをケーブルによって接続する方式。電源がデバイスから供給されるため、安定して動作するほか、入力に対するラグが少ない点が魅力です。

一方、ケーブルがあるのでほかの配線と絡まったり邪魔になったりするのが難点。ゲームをプレイするなど安定した動作環境が必要な方におすすめの方式です。

読み取り方式をチェック

普段使いなら「光学式」

By: amazon.co.jp

標準機能を備えており、事務作業に最適なのが光学式です。光学式は、内蔵されているLEDランプの動作を通してマウスの動きを読み取る仕組みになっています。

ガラス面や光沢面の精度は落ちますが、マウスパッド上での普段使いなら十分に満足できるスペックを備えているのが魅力です。

高い精度を求めるなら「レーザー式」

By: logicool.co.jp

高精度のマウスが欲しい方はレーザー式のモデルがおすすめです。光学式よりも一度に認識できる情報量が多く、少し持ち上げただけでも動きを認識してしまうほど。

柔軟性に優れた読み取り方式で、使用場所に縛りが少ないのもポイントです。センサーの精度が高いことから、マウスパッドの上はもちろん光沢面や布面でも使えます。不可視光タイプのレーザーなので、使用中にレーザー光が見えることはありません。底面からの光を気にすることなく作業に集中できます。

ガラス面でも読み取れる「Darkfieldトラッキング」

By: logicool.co.jp

「Darkfieldトラッキング」は、光学式やレーザー式よりもさらに幅広い使い方ができる読み取り方式です。研究施設で使われている専門技術を応用して開発され、ガラス面にできた細かい傷さえも検知できるスペックの高さが魅力。

レーザー式や光学式は500〜1000DPIのモノが多いなか、4000DPIの高精度センサーを備えたモデルも登場しており、その差は一目瞭然。価格はいずれの読み取り方式よりも高い傾向にあります。予算をかけてでも高性能なマウスが欲しい方に最適です。

バッテリー方式をチェック

急なバッテリー切れにも対応できる「電池式」

バッテリーが切れてもすぐに作業を再開できるのが、電池式のメリット。コンビニやスーパーなどで電池を購入しセッティングするだけで使えるので、マウスを外出先で使うことが多い方に最適です。

充電式と比較するとランニングコストはかかりますが、リーズナブルなモノが大半。最近では電池交換が1年以上いらないモデルも登場しており、利便性に富んだモノも多くラインナップされています。

コスパに優れた「充電式」

By: logicool.co.jp

コスパを重視するなら、充電式がおすすめ。電池式よりも価格は高い傾向にありますが、バッテリー切れのたびに電池を購入する必要がないため、ランニングコストは安く済みます。

作業中のバッテリー切れが心配なら、ロングバッテリーのモデルを選ぶと安心。3分間の充電で24時間、フル充電をすれば70日以上使い続けられるモデルも発売されているので、利用スタイルに合ったモノを選ぶのがベストです。

スペースが限られている場合は「トラックボールマウス」が便利

By: amazon.co.jp

マウスの中央部にボールが組み込まれているのがトラックボールマウスです。ボールを手で回転させると、方向や速さに合わせてモニター上のマウスカーソルが移動します。手や肩への負担がかかりにくいため、長時間使用しやすいのがポイント。

また、一般的なマウスのように本体を動かす必要がないので、限られたデスクスペースでも問題なく操作できます。

手や腕の負担を減らしたい方は「エルゴノミクスマウス」がおすすめ

By: amazon.co.jp

エルゴノミクスとは人間工学という意味で、人間が使いやすいデザインを追求する研究分野です。ロジクールはマウスの傾斜角やボタン配置を細かく調節したマウスを多数ラインナップしています。

エルゴノミクスマウスは、手首を快適な位置に保つことで、身体への負担を減少させられるのが魅力です。長時間マウス操作をすることが多い方は、ぜひ検討してみてください。

ロジクールのマウスおすすめモデル|多機能

ロジクール(Logicool) MX ANYWHERE 2S MX1600s

ロジクール(Logicool) MX ANYWHERE 2S MX1600sGY

MXシリーズのおすすめマウスです。付属のUnifyingレシーバーによる接続とBluetooth接続の両方に対応。読み取り方式はDarkfieldトラッキング式を採用しており、4000DPIの高精度センサーによってガラス面でも使用できます。

最大3台のパソコン間をカーソル移動できる「Logicool Flow」機能に対応しているのもポイント。WindowsとmacOS間でもシームレスに動作し、異なるパソコン間でのコピー&ペーストを行えて便利です。

バッテリー方式は充電式で、3分の充電で1日使えるのもメリット。フル充電では最長70日使用できるので、外出先でも安心して作業を行えます。複数のパソコンを同時に起動して作業を行う方におすすめのマウスです。

ロジクール(Logicool) MX MASTER 2S MX2100s

ロジクール(Logicool) MX MASTER 2S MX2100sGR

手と手首をサポートする独自フォルムの人気マウスです。つかみやすい形状と押しやすいボタン配置により、スムーズに操作できるのが魅力。接続方法はワイヤレスタイプで、UnifyingレシーバーとBluetoothの両方でパソコンと接続できます。

人気の「Logicool Flow」に対応しているのもメリット。また、「Easy-Switch」によって最大3台のパソコンとペアリングし、ワンタッチで操作するデバイスを切り替えられます。そのため、マルチタスクで作業を進める方におすすめです。

また、メインホイールだけでなくサムホイールを搭載しているのもポイント。縦と水平のスクロールを容易に操作でき便利です。操作性に優れた多機能マウスとして、ぜひチェックしてみてください。

ロジクール(Logicool) MX Master 3 MX2200sGR

ロジクール(Logicool) MX Master 3 MX2200sGR

最上位モデルのハイスペックなマウスです。メインホイールには高性能な「MagSpeed電磁気スクロール」を採用。1秒に1000行のスクロールを行えるうえ、1pxレベルでコントロールできます。スクロール音も静かなので、快適にスクロール操作を行えるのが魅力です。

形状が手のひらに合わせて立体的に設計されているのもポイント。2つのホイールと各ボタンは操作しやすい位置に搭載されており、各機能の割り振りをカスタマイズすることで効率よく作業を進められます。「Logicool Flow」や「Easy-Switch」に対応しているので、マルチタスクにもおすすめです。

USB Type-Cによる高速充電が可能なのもメリット。1分の充電で3時間、フル充電で最長70日使用できます。さらに、読み取り方式にはDarkfieldトラッキングを採用。ハイグレードな多機能マウスとしておすすめです。

ロジクール(Logicool) MX Vertical MXV1s

ロジクール(Logicool) MX Vertical MXV1s

エルゴノミクスデザインで快適に使用できる多機能マウスです。独特のフォルムは握手するようにつかめるため手にフィットしやすく、57°の傾斜によって手首をラクに保てます。表面のラバーにはテクスチャード加工が施されており、グリップしやすいのも魅力です。

付属のUnifyingレシーバーやBluetoothによるワイヤレス接続が可能なうえ、USB Type-Cケーブルで有線接続できるのもポイント。状況に応じて便利に使い分けられます。バッテリー方式には充電式を採用。1分の充電で3時間、フル充電で最長4カ月もの長期間使用できます。

カーソルの速度と精度をボタンで簡単に変更できるのもメリット。読み取りには4000DPIの高精度センサーを搭載しており、快適にカーソル操作を行えます。また、「Logicool Flow」や「Easy-Switch」にも対応。エルゴノミクスマウスを探している方は、ぜひ検討してみてください。

ロジクールのマウスおすすめモデル|トラックボール

ロジクール(Logicool) WIRELESS TRACKBALL M570t

ロジクール(Logicool) WIRELESS TRACKBALL M570t

トラックボールマウスのエントリーモデルとしておすすめの製品です。トラックボールでラクにカーソルを操作できるうえ立体的なフォルムが手を支えるため、快適に作業を進められます。読み取り方式はレーザー式で、カーソル速度を調節できるのも魅力です。

接続方法にはワイヤレスタイプを採用。付属のUnifyingレシーバーによって安定した通信を行うことが可能です。レシーバーは本体に収納でき、容易に持ち運べるのもメリット。バッテリー方式は単3形乾電池による電池式で、一度の電池交換で最長18カ月使用できます。

さらに、電池残量を把握できるステータスインジケーターも搭載。急な電池切れを予防できるので安心して使えます。また、トラックボールは取り外せるためお手入れしやすいのもポイント。使いやすいおすすめのトラックボールマウスです。

ロジクール(Logicool) MX ERGO MXTB1s

ロジクール(Logicool) MX ERGO MXTB1s

ハイグレードなワイヤレストラックボールマウスです。独自の調節式ヒンジを搭載しており、マウスを最大20°右側へ傾けることが可能。自身にとってラクな姿勢で快適にマウスを操作できます。

カーソルの速度と精度はボタンひとつで手軽に調節でき、カーソルをコントロールしやすいのも魅力。また、高性能なホイールは縦スクロールだけでなく水平スクロールやミドルクリックも可能で、効率よく作業を進められます。

Unifyingレシーバーによる接続とBluetooth接続の両方に対応しているのもメリット。バッテリー方式には充電式を採用しており、フル充電で最長4カ月も使用でき便利です。さらに、「Logicool Flow」も利用できます。多機能で人気の高いトラックボールマウスとしておすすめです。

ロジクールのマウスおすすめモデル|コンパクト

ロジクール(Logicool) WIRELESS MOUSE M235

ロジクール(Logicool) WIRELESS MOUSE M235

シンプルでリーズナブルな人気マウスです。約幅55×奥行39×高さ95mmのコンパクトサイズなうえに、表面にソフトなラバーが施されているためラクに握れます。Unifyingレシーバーが付属しており、ワイヤレスで快適に操作可能です。

バッテリー方式は単3形乾電池による電池式。一度の電池交換で最長12カ月使用できるうえ、電池の交換時期を把握できるステータスインジケーターも搭載しているので便利に使えます。

読み取り方式には独自の高性能な光学式を採用。3年間の無償保証が付いたコスパのよいマウスとしておすすめです。

ロジクール(Logicool) SILENT PLUS M331

ロジクール(Logicool) SILENT PLUS M331

リーズナブルな静音マウスです。クリック音が小さく抑えられているため、静かな場所でも周囲へ気兼ねなく使用できるのが魅力。接続方法はUSBレシーバーによるワイヤレスタイプです。

バッテリー方式は単3形乾電池による電池式で、最長2年使用できるのもメリット。また、カラーバリエーションも豊富です。コスパのよい静音モデルとして、ぜひチェックしてみてください。

ロジクール(Logicool) WIRELESS MOUSE M546

ロジクール(Logicool) WIRELESS MOUSE M546BD

高機能なお手頃価格の人気ワイヤレスマウスです。中央にデュアル軸スクロールホイールを搭載しており、上下だけでなく左右にもスクロールできます。ウェブページやExcelファイルなどを閲覧する際、スムーズにスクロールでき便利です。

また、2つのサムボタンを搭載しているのもポイント。使いやすく機能を割り振ることでより効率よく作業を進められます。バッテリー方式は単3形乾電池による電池式で、最長18カ月の連続使用が可能。リーズナブルながらボタンで便利に使えるマウスとしておすすめです。

ロジクール(Logicool) MULTI-DEVICE SILENT M590

ロジクール(Logicool) MULTI-DEVICE SILENT M590

高性能で静音性に優れたおすすめの製品です。クリック音をノイズリダクションによって小さく抑えているのが特徴。ホイールはなめらかに回転するよう設計されており、長いウェブページでも素早くスクロールできるため快適に操作することが可能です。

また、2つのサムボタンを搭載しているのもメリット。バッテリー方式には電池式を採用しており、単3形乾電池1本で最長2年もの期間使用できます。さらに、電池残量を把握できるインジケーターを搭載しているのもポイント。「Logicool Flow」にも対応しており、操作性にも優れています。

ロジクール(Logicool) MARATHON MOUSE M705m

ロジクール(Logicool) MARATHON MOUSE M705m

電池寿命が長いワイヤレスマウスとして人気の高い製品です。単3形乾電池2本で最長3年もの長期間使用できるのが特徴。便利なインジケーターライトも搭載しているため、急な電池切れが起こりにくいマウスを探している方におすすめです。

ホイールは上下スクロールに加えて水平スクロールも可能。また、高速スクロール機能も搭載しているので、長いウェブページやファイルもスムーズに閲覧できます。

さらに、複数のボタンを備えており、機能をカスタマイズすることで作業効率を向上させられるのもメリット。人間工学に基づいた握りやすい形状なのもポイントです。

ロジクールのマウスおすすめモデル|ゲーミング

ロジクール(Logicool) オプティカル ゲーミング マウス G300Sr

ロジクール(Logicool) オプティカル ゲーミング マウス G300Sr

ゲーミングマウスのエントリーモデルとしておすすめの製品です。接続方法は有線タイプで、左右対称のデザインに設計されているため利き手に関わらず使用できます。9つのボタンを搭載しており、さまざまなアクションを割り当てることでスムーズにゲームを操作することが可能です。

DPIのクイック切り替え機能を搭載しているのもポイント。解像度を250〜2500DPIに調節でき、DPI設定を2つまで保存できるので操作に応じて便利に使い分けられます。リーズナブルで人気が高いゲーミングマウスを探している方は、ぜひ検討してみてください。

ロジクール(Logicool) G502 HEROハイパフォーマンス ゲーミング マウス G502WL

ロジクール(Logicool) G502 HEROハイパフォーマンス ゲーミング マウス G502RGBh

ハイスペックな有線タイプのゲーミングマウスとしておすすめの製品です。先進的なオプティカルセンサーの「HERO 16Kセンサー」を搭載しているため、高精度なトラッキングを行えるのが特徴。安定したレスポンスで快適にゲームを操作することが可能です。

11個のボタンを備えており、ゲームのアクションを割り振ることでスムーズに操作できるのもメリット。マウス感度は100~16000DPIの幅広い解像度に設定できます。また、ゲームプロファイル作成機能を搭載しており、プロファイルをマウスに保存して持ち運ぶことも可能です。

さらに、3.6gのウェイトが5つ付属しているのもポイント。マウスのさまざまな場所に配置し、自分好みに重量やバランスをカスタマイズできます。多機能な有線ワイヤレスマウスとして、ぜひチェックしてみてください。

ロジクール(Logicool) PRO ワイヤレス ゲーミング マウス G-PPD-002WL

ロジクール(Logicool) PRO ワイヤレス ゲーミング マウス G-PPD-002WL

プロ仕様のワイヤレスゲーミングマウスです。eスポーツ向けに開発された製品で、接続方法には独自の「LIGHTSPEEDワイヤレステクノロジー」を採用しています。安定して接続できるうえ、1msの高速レポートレートで快適にプレイできるのが魅力です。

高精度なトラッキングが可能な「HERO 16Kセンサー」を採用しているのもポイント。左右のサイドボタンは取り外しに対応しており、個数を0〜4個に調節できます。マウス全体で計4〜8個のボタンを搭載でき、左右対称のデザインなので利き手を問わず使用できるのもメリットです。

また、重量が約80gと軽く設計されているのも特徴。ハイグレードなワイヤレスタイプのマウスを探している方におすすめです。