キーボードやスピーカー、ウェブカメラなどパソコン周辺機器で有名な「ロジクール」。なかでもマウスは種類が豊富にあり、ニーズに合わせた幅広い製品を展開しています。しかし、多数ラインナップされているマウスのなかから自分に合ったモノを探すのは大変です。

そこで今回は、おすすめのロジクールのマウスをご紹介。選び方も解説するので、購入を検討している方はチェックしてみてください。

ロジクールのマウスの特徴

By: logicool.co.jp

ロジクールのマウスは、1,000円以下で購入できるモノから1万円以上の高価なモデルまで幅広く存在します。ビジネスパーソンやデザイナー向けの製品はもちろん、ゲーマーにとっても使いやすいモデルなどをラインナップしているのが特徴です。

また、独自の通信規格として「Unifyingレシーバー」も存在します。本来ならUSBポート1個ずつにデバイスを割り当てますが、レシーバーを使うことで最大6台のロジクール製品を集約可能。同メーカーのキーボードやマウスなどを使っている方なら、USBポートの必要数を減らせるのが魅力です。

また、マウスにキーボードの動作を割り当てたり、DPIやレポートレートの設定を変更したりできる、デバイス専用のソフトウェアが用意されているのもポイント。ゲームやツールに応じて個別に設定を保存できるので、用途に応じて簡単に使い分けられます。

ロジクールマウスの選び方

接続方式をチェック

2.4GHz無線

By: amazon.co.jp

パソコンのUSBポートにレシーバーを接続して使うのが「2.4GHz無線」タイプです。ロジクールの2.4GHz無線レシーバーはコンパクトなので、ノートPCで利用する場合におすすめ。レシーバーを装着したままでも邪魔になりにくく、鞄に入れて持ち運びやすいのがメリットです。

また、ロジクールマウスの多くは「アドバンス2.4GHzテクノロジー」を採用。従来の2.4GHz方式に比べて、性能や信頼性が向上しています。オフィスのようなほかのデバイスと電波干渉しやすい場所でも安定して使えるのが魅力です。

Bluetooth

By: logicool.co.jp

スマホやタブレットなど、モバイルデバイスで使用する場合に便利なのが「Bluetooth」タイプです。機器側がBluetoothに対応していれば、簡単に接続できるのがポイント。USBポートを備えていないデバイスや、パソコンのUSBポートに空きがない場合におすすめです。

ロジクールのBluetooth対応マウスは、「Unifying」にも対応している場合が多く、使用環境や用途に応じて使い分けが可能。比較的リーズナブルなモデルも多いので、コスパ重視でマウスを探している方に適しています。

Unifying

By: logicool.co.jp

ロジクール独自の無線通信規格である「Unifying」。マウスだけでなく、キーボードを中心としたほかのワイヤレスデバイスと、パソコンを接続する場合に便利なタイプです。Unifyingにさえ対応していれば、1つのレシーバーで最大6台までのロジクールデバイスをペアリング可能。

ワイヤレス接続する際に個別のレシーバーを使用していると、USBポートの数が足りなくなりがち。「Unifying」を利用すれば、USBポートが少ないパソコンであっても、複数の機器を接続できます。

また、Bluetoothよりもレスポンスが安定しており、省電力な点も魅力。入力遅延が発生しにくいので、ストレスを感じにくく快適に使用できるのが特徴です。

有線

By: logicool.co.jp

有線式はケーブルで接続するタイプ。USBケーブルを接続機器につなげるだけなので、設定する必要がないのがポイントです。周囲の電波による影響を受けにくく、接続が安定している点も魅力。入力遅延が起こりにくいので、ゲーム用のマウスにおすすめです。

また、ケーブルから給電されるので、バッテリーの充電や電池交換の必要がありません。電池を内蔵しない分、本体重量が軽いので、快適な操作性が得られる点もメリット。手や手首にかかる負担が少ないので、長時間作業を行う場合にも適しています。

リーズナブルなモデルが多いので、初めてロジクールのマウスを購入する場合にもおすすめ。ケーブルの届く範囲でしか使えないので、デスクトップパソコンや持ち運び頻度の少ないノートパソコン用マウスに向いています。

読み取り方式をチェック

普段使いなら「光学式」

By: amazon.co.jp

光学式は、内蔵されているLEDランプの動作を通してマウスの動きを読み取る仕組み。マウスのなかでも一般的な方式で、事務作業に適しています。

ガラス面や光沢面の精度は落ちますが、マウスパッド上での普段使いなら十分に満足できるスペックを備えているのが魅力です。

高い精度を求めるなら「レーザー式」

By: logicool.co.jp

高精度のマウスが欲しい方はレーザー式のモデルがおすすめ。光学式よりも一度に認識できる情報量が多く、少し持ち上げただけでも動きを認識してしまうほどです。

柔軟性に優れた読み取り方式で、使用場所に縛りが少ないのもポイント。センサーの精度が高いことから、マウスパッドの上はもちろん光沢面や布面でも使えます。不可視光タイプのレーザーなので、使用中にレーザー光が見えることはありません。底面からの光を気にすることなく作業に集中できます。

ガラス面でも読み取れる「Darkfieldトラッキング」

By: logicool.co.jp

「Darkfieldトラッキング」は、光学式やレーザー式よりもさらに幅広い使い方ができる読み取り方式。研究施設で使われている専門技術を応用して開発され、ガラス面にできた細かい傷さえも検知できるスペックの高さが魅力です。

レーザー式や光学式は500〜1000DPIのモノが多いなか、「Darkfieldトラッキング」は4000DPIの高精度センサーを備えたモデルも登場しています。価格はいずれの読み取り方式よりも高い傾向にありますが、予算をかけてでも高性能なマウスが欲しい方に最適です。

PCゲーム用なら「ゲーミングマウス」を

By: amazon.co.jp

ゲーミングマウスは、ゲームをプレイするために開発されたモノで、一般的なマウスにはない便利な機能を数多く搭載しています。もちろん、普段使いや仕事など一般的なマウスと同じ用途で使用することも可能。また、一口にゲーミングマウスといっても、搭載している機能や形状、価格はさまざまです。

なかでも、読み取り精度が高く設定されているのが共通する主な特徴のひとつ。専用のユーティリティソフトなどが用意されている場合も多く、DPIとレポートレートの設定やボタンの割り当てなどを細かくカスタマイズできます。

左ボタン・右ボタン・ホイールの3ボタンに加え、親指の位置などに複数のボタンを配置した多ボタンタイプの製品が多いのも特徴です。そのほか、イルミネーション機能が搭載されていたり、ウェイトで重さの調節をしたりできるモノも販売されています。

スペースが限られている場合は「トラックボールマウス」が便利

By: amazon.co.jp

マウスの中央部にボールが組み込まれているのがトラックボールマウスです。ボールを手で回転させると、方向や速さに合わせてモニター上のマウスカーソルが移動します。手や肩への負担がかかりにくいため、長時間使用しやすいのもポイントです。

また、一般的なマウスのように本体を動かす必要がないので、限られたデスクスペースでも問題なく操作できます。

ロジクールのマウスおすすめモデル

ロジクール(Logicool) MX Master 3 Advanced Wireless Mouse MX2200sMG

本製品は、クリエイターやプログラマーの声をもとに設計されたワイヤレスマウスです。手のひらにフィットするように作られているので、快適な握り心地を実現。1秒間に1000行のスクロールが可能な「MagSpeed電磁気スクロール」が搭載されており、1pxレベルで停止できる精確さも兼ね備えています。

水平方向のスクロールに対応したサムホイールも搭載。横に長いExcelの表などもスムーズに閲覧できます。読み取り方式には「Darkfieldレーザーセンサー」を採用しているので、ガラス面など場所を選ばず使用できるのも魅力。接続方式はBluetoothと2.4GHz無線の両方に対応しており、最大3台のデバイスと接続できます。

ボタンをタップするだけで素早く操作先を切り替えできるうえ、「Frow機能」を活用すれば、複数のパソコン間を行き来したり、ファイルを共有したりできるので便利です。また、「Adobe Photoshop」や「Google Chrome」など、アプリごとにボタンの割り当てをカスタマイズすることもできます。

ロジクール(Logicool) MX Vertical Advanced Ergonomic mouse MXV1s

エルゴノミクスデザインにより設計されたマウスで、57°の傾斜がついた形状をしているのが特徴。自然な握り心地で操作でき、手首への負担を軽減する効果や操作中の姿勢を改善する効果が期待できます。長時間マウスを操作する必要がある方におすすめの製品です。

Unifying・Bluetooth・USB Type-Cの3種類の接続方法に対応しているので、デスクトップパソコンからタブレットまで、幅広いデバイスで使用可能。最大3台のデバイスと接続してデバイス間を行き来できるほか、ファイルの共有ができる「Flow機能」にも対応しています。

カーソルの速度は400~4000DPIに対応しており、50DPIごとに調節できるのもポイント。ボタンひとつで設定したカーソル速度を切り替えることも可能です。そのほか、フル充電状態で約4か月使用できる大容量バッテリーを内蔵しており、高速充電にも対応。1分の充電で約3時間の連続使用ができます。

ロジクール(Logicool) マルチデバイスマウス M585GP

スタイリッシュさと可愛らしさを兼ね備えたドーム状のデザインが採用されています。親指の位置には2つのサムボタンを搭載。デフォルトでは進む、戻るの操作が割り振られていますが、専用ソフト「Logicool Options」を使用することで、好みの操作を割り当てられます。

スクロールホイールは精度が高く、高速なスクロールも可能なので、縦に長いWebサイトの閲覧も快適。BluetoothとUnifyingの両方の接続方法に対応しており、2台のパソコン間で「Flow機能」を使用することもできます。

単三電池1本で約2年間使用できる消費電力の少なさも魅力。自動スリープ機能や電池残量を知らせるインジゲーターも備えています。利便性の高い製品ながらも比較的リーズナブルなので、予算を抑えたい方にもおすすめです。

ロジクール(Logicool) ワイヤレスマウス Pebble SE-M350OW

可愛らしい丸みを帯びたデザインのワイヤレスマウス。重量は電池を装着した状態で100gと比較的軽量なうえに薄くコンパクトなので、カバンなどに入れて持ち運びたい方にもおすすめです。カラーバリエーションは、ホワイト・グラファイト・ローズの3色がラインナップしています。

接続方法はBluetoothと2.4GHz無線に対応。スマホやタブレットなどを含む幅広いデバイスで使用できます。2.4GHz無線用のレシーバーは本体内に収納できるので持ち運びの際も安心です。

本製品は単三電池1本で駆動し、約18ヶ月間交換することなく使用できます。クリック音やスクロール音が抑えられた静音ボタンを搭載しているのもポイント。図書館やカフェなどでも周りの気することなく使用できます。

ロジクール(Logicool) 高速スクロールホイール搭載有線マウス M500s

ラバーサイドグリップと曲線状のデザインを採用することにより、手に馴染みやすく、快適な操作性を実現。有線マウスなので、面倒な設定などは必要なく、パソコンに接続するだけですぐに使い始められます。

読み取り方式は光学式で、親指の位置には便利なサムボタンを搭載。ホイールは、高速スクロールと画面の左右スクロールが可能なチルト機能にも対応しています。搭載されている7つのボタンは、専用ソフト「Logicool Options」から設定や割り当てのカスタマイズが可能です。

また、400~4000DPIまでの間でカーソル速度の調節もできます。ケーブルの長さは約180cm。十分な長さがあるので、パソコン本体が離れた位置にあっても接続できます。普段使いだけでなく、オフィスなどでの使用にも適した1台です。

ロジクールのゲーミングマウスおすすめモデル

ロジクール(Logicool) ワイヤレスゲーミングマウス G703h

高精度な「HERO 16Kセンサー」搭載したゲーミングマウスです。100~16000までの幅広い範囲でDPIの変更が可能。また、同センサーは電力効率にも優れているので、バッテリー駆動時間の向上と本体の軽量化も図られています。

「LIGHTSPEEDテクノロジー」により、ワイヤレスながらも素早いレスポンスと安定した接続性が実現されているのも魅力。好みやゲームの種類に合わせてカスタマイズが可能なボタンを6個搭載しており、左右のメインボタンは少ない力でクリックできるように設計されています。

バッテリー駆動時間は最長60時間。ワイヤレス充電にも対応しており、別売りのマウスパッド型ワイヤレス充電システム「POWERPLAY」を使用することで、操作しながらでも充電が可能です。また、10gのウェイトを底面に取り付けられるので、重量を重くして操作することもできます。

ロジクール(Logicool) G903 LIGHTSPEEDワイヤレスゲーミングマウス G903h

1回の充電で最大約180時間の連続使用が可能なバッテリーを搭載したゲーミングマウス。前モデルの約6倍のバッテリー性能を有しています。形状は左右対称なので、利き手を気にすることなく使用可能。センサーには、最大16000DPIまで設定可能な「HERO 16Kセンサー」を搭載しています。

別売りのマウスパッド型ワイヤレス充電システム「POWERPLAY」を使用すれば、ゲームをしながらワイヤレスで充電ができるので便利です。左右のメインボタンは軽い力でクリックできるようになっているので、素早い操作が必要なゲームも快適にプレイできます。

合計11個の豊富なボタンを備えているので、FPSからMMOまで幅広いゲームで使用できるのも魅力のひとつ。本体にはRGBライトが搭載されており、専用ソフト「G HUB」を使用することで、ライトのアニメーションや効果を好みに合わせてカスタマイズできます。

ロジクール(Logicool) 有線ゲーミングマウス G502 HERO G502RGBh

高精度な「HERO 16Kオプティカルセンサー」を搭載した有線タイプのゲーミングマウス。カーソル速度は100~16000DPIまでの間で設定でき、専用ソフト「G HUB」を使用することで1DPI単位で調節できます。

ボタン数は11個で、ホイールは高速スクロールに対応。ボタンのカスタマイズやマクロの設定などもできます。また、プロファイルをマウス本体内に保存できるので、ほかのパソコンに接続した際もそのままの設定で使用可能です。

マウス本体の重さを変えるためのウェイトも付属します。重さは1つ3.6gで、5個のウェイトを組み合わせてマウスを好みの重さに調節可能。5000万回のクリック耐久性を有しているので長く安心して使用できるおすすめの製品です。

ロジクール(Logicool) MMO Gaming Mouse G600t

合計20個のボタンを搭載しているので、MMOゲームなどのプレイに最適な有線ゲーミングマウスです。あらかじめMMOのプレイに最適なボタン設定が適用されているので、開封後すぐにゲームが楽しめます。12個のサムボタンは、MMOゲーマーや大手MMOゲームデベロッパーの声をもとに開発された独自の「デュアルディッシュ設計」を採用。

快適な操作性を実現し、クリックミスを最小限に抑えられるように調節されているので、使い慣れていない方でも安心して使用できます。右クリックの横には「Gシフトボタン」を搭載。押している間だけボタン設定のモードを切り替えでき、好みの設定にカスタマイズすることも可能です。

一時的にDPIを上げたり下げたりしたいときなどに役立ちます。そのほか、「DPIクイック切り替え機能」やプロファイルを本体内に保存しておける「オンボードメモリ機能」など便利な機能を数多く搭載。本格的にMMOゲームをプレイしたい方はチェックしてみてください。

ロジクール(Logicool) LIGHTSYNC Gaming Mouse G203

リーズナブルな価格で購入できるコスパに優れた有線ゲーミングマウスです。シンプルかつクラシックなデザインを採用しているのもポイントのひとつ。カラーはブラックとホワイトの2色から選択できます。

本体重量は比較的軽量な85gで、光学式のセンサーを採用。左右のメインボタンには金属バネによるテンションが採用されているので、軽い力で入力でき、応答性にも優れています。ボタン数は2つのサムボタンを含む合計6個。好みや環境に合わせてボタンの割り当てをカスタマイズすることもできます。

DPIは200~8000までの間で調節でき、マクロの設定やカラーエフェクトのカスタマイズなども可能。価格が抑えられていながらも、優れた性能を有したおすすめの製品です。

ロジクールのトラックボールマウスおすすめモデル

ロジクール(Logicool) Wireless Trackball MX ERGO MXTB1s

親指の位置にボールを組み込んだトラックボールマウスで、本体の傾斜角度を0°と20°の2パターンから選択して使用できるのが特徴。接続方式はUnifyingとBluetoothに対応しています。

「Easy-Switch」ボタンで接続先をワンタッチで切り替えられるので便利です。ワイヤレスタイプのトラックボールマウスは、ベッドや膝の上など場所を選ばず使用できるのが魅力。ボタン数は合計8つで、ホイールは水平スクロールが可能なチルト機能も搭載しています。

「Flow機能」にも対応しているので、最大2台のデバイスと同時に接続してシームレスなマウス操作が可能。WindowsとMac間でもデータのやり取りなどができます。また、「プレシジョンモード ボタン」を活用すれば、カーソルの速度と精度を素早く切り替え可能です。

ロジクール(Logicool) Wireless Trackball M570t

Unifyingでの無線接続に対応しており、単三電池1本で最大約18ヶ月間の連続使用が可能なトラックボールマウス。緩やかなカーブを描いたフォルムが特徴で、腕や手首に負担がかかりにくいように設計されています。長時間パソコンを操作する必要がある方にも最適です。

親指でボールを操作するタイプの製品で、左右のメインボタンとホイールに加え、便利な「進む/戻る」ボタンも搭載。ボールは簡単に取り外すことができ、掃除しやすいので、常に清潔な状態を保てます。発売から数年が経っていますが、現在でも売れ続けている人気の製品なので、気になっている方はチェックしてみてください。

ロジクール(Logicool) TRACKMAN MARBLE TM-150n

左右対称デザインを採用した有線タイプのトラックボールマウスです。どちらの手でも使用でき、縦長で緩やかなカーブを備えた形状で手のひらを置きやすい仕様。一日中快適に操作可能です。

ボタン数は4つで、トラックボールは人差し指で動かせる位置に搭載されています。親指と中指の位置にボタン類が搭載されており、「進む」や「戻る」などの操作も可能。直感的かつ素早い操作ができるので、Webページの閲覧なども快適に行えます。