キーボードやスピーカー、ウェブカメラなどパソコン周辺機器で有名なロジクール。なかでもマウスは種類が豊富にあり、ニーズに合わせた幅広い製品を展開しているのが魅力です。

しかし、多数ラインナップされているマウスのなかから自分に合ったモノを探すのは大変。そこで今回は、ロジクールのマウスをワイヤレス・有線・ゲーミングモデルに分けておすすめの人気モデルをご紹介します。

ロジクールのマウスの特徴

By: logicool.co.jp

ロジクールのマウスは、1,000円以下で購入できるモノから1万円以上の高価なモデルまで幅広く存在します。ビジネスマンやデザイナー向けの製品はもちろん、ゲーマーにとっても使いやすいモデルをラインナップしているのが特徴です。

そのほか、独自の通信規格として「Unifyingレシーバー」も存在します。本来ならUSBポート1個ずつにデバイスを割り当てますが、レシーバーを使うことで最大6台のロジクール製品を集約可能。同メーカーのキーボード・マウスなどを使っている方なら、USBポートの必要数を減らせるのが魅力です。

また、マウスにキーボードの動作を割り当てたり、DPI・レポートレートの設定を変更したりできるデバイス専用のソフトウェアが用意されているのもポイント。ゲームやツールに応じて個別に設定を保存しておけるので、用途に応じて簡単に使い分けられます。

ロジクールマウスの選び方

マウスのシリーズをチェック

コスパに優れた「Mシリーズ」

By: logicool.co.jp

マウスの基本的な機能を搭載し、安い価格設定が魅力のMシリーズ。スクロールホイールの溝が深く、一度のスクロールでページ内を広くチェックできます。

プラスアルファの機能を内蔵したものなら、事務作業の効率化にも最適です。例えばブラウザの進む・戻る機能を搭載した「サムボタン」付きのモデルを選べば、作業時間が短縮可能。高精度のレーザーを内蔵したモデルであれば、作業の高速化にも便利です。

デュアルモニターに対応したモデルや互換性・静音性に優れたモデルもあり、さまざまなニーズに対応できるマウスが揃っています。

高性能なハイエンドマウス「MXシリーズ」

By: amazon.co.jp

MXシリーズには、上位機種がラインナップ。クリエイターやプログラマーの声をもとに開発され、特に高速性・正確性・静音性に優れたモデルが充実しています。

2種類のスクロールホイールを搭載しているのもポイントで、状況に合わせた使い分けが可能。一定のスピードを超えてスクロールすると、抵抗が外れてより早く操作できる機能を搭載したモデルもあります。

価格はMシリーズよりも高い傾向がありますが、実用性の高さから人気のシリーズ。Mシリーズよりも精度・DPIが5倍のモデルも登場しており、高パフォーマンス化を実現したい方に最適です。

ゲーミング用の「Gシリーズ」

By: amazon.co.jp

Gシリーズには、オンラインゲームでの操作性を重視しているのが特徴。ワンクリックで250〜8200DPIにわたる広範囲で調節でき、設定した内容は保存も可能。高感度センサーを搭載しており、プレイ中の細かな動きや素早い動作も認識します。

長時間のプレイに耐えられるようなデザイン・素材を採用していることも人気の秘密です。サイドボタンは疲労を感じにくい場所に設置され、形状も握りやすい設計。また、摩擦が少ない素材を使用していたり、MMOのプレイに特化していたりするものもあります。ゲームをプレイする方はチェックしておきましょう。

接続方式をチェック

入力遅延が少ない「有線タイプ」

By: amazon.co.jp

有線は、マウスとデバイスをケーブルによって接続する方式。電源がデバイスから供給されるため、安定して動作するほか、入力に対するラグが少ない点が魅力です。

一方、ケーブルがあるのでほかの配線と絡まったり邪魔になったりするのが難点。ゲームをプレイするなど安定した動作環境が必要な方におすすめの方式です。

取り回しやすい「ワイヤレスタイプ」

By: amazon.co.jp

ワイヤレスタイプのマウスは電波でパソコンと接続するためケーブルがいらず、限られたスペースでもスマートに使用できるのがポイント。USBレシーバーを用いる2.4GHz無線タイプとBluetoothタイプの2種類に分けられます。

2.4GHz無線タイプはパソコンにUSBレシーバーを装着することで、専用の無線を用いた安定したワイヤレス接続が実現するのが魅力。ロジクールは6台までのマウスやキーボードなどを同時接続できる「Unifyingレシーバー」を展開しているため、複数のロジクール製ワイヤレスデバイスを使用している方にもおすすめです。

一方、BluetoothタイプはBluetoothに対応したパソコンとレシーバーなしで接続可能。お互いを認識させるペアリング作業が必要ですが、1台のマウスでBluetooth対応のスマホやタブレットまで操作できます。

読み取り方式をチェック

普段使いなら「光学式」

By: amazon.co.jp

標準機能を備えており、事務作業に最適なのが光学式です。光学式は、内蔵されているLEDランプの動作を通してマウスの動きを読み取る仕組みになっています。

ガラス面や光沢面の精度は落ちますが、マウスパッド上での普段使いなら十分に満足できるスペックを備えているのが魅力です。

高い精度を求めるなら「レーザー式」

By: logicool.co.jp

高精度のマウスが欲しい方はレーザー式のモデルがおすすめです。光学式よりも一度に認識できる情報量が多く、少し持ち上げただけでも動きを認識してしまうほど。

柔軟性に優れた読み取り方式で、使用場所に縛りが少ないのもポイントです。センサーの精度が高いことから、マウスパッドの上はもちろん光沢面や布面でも使えます。不可視光タイプのレーザーなので、使用中にレーザー光が見えることはありません。底面からの光を気にすることなく作業に集中できます。

ガラス面でも読み取れる「Darkfieldトラッキング」

By: logicool.co.jp

Darkfieldトラッキングは、光学式やレーザー式よりもさらに幅広い使い方ができる読み取り方式です。研究施設で使われている専門技術を応用して開発され、ガラス面にできた細かい傷さえも検知できるスペックの高さが魅力。

レーザー式や光学式は500〜1000DPIのものが多い中、4000DPIの高精度センサーを備えたモデルも登場しており、その差は一目瞭然。価格はいずれの読み取り方式よりも高い傾向にあります。予算をかけてでも最高品質のマウスが欲しい方に最適です。

バッテリー方式をチェック

急なバッテリー切れにも対応できる「電池式」

バッテリーが切れてもすぐに作業を再開できるのが、電池式のメリット。コンビニやスーパーなどで電池を購入しセッティングするだけで使えるので、マウスを外出先で使うことが多い方に最適です。

充電式と比較するとランニングコストはかかりますが、リーズナブルなものが大半。最近では電池交換が1年以上いらないモデルも登場しており、利便性に富んだものも多くラインナップされています。

コスパに優れた「充電式」

By: logicool.co.jp

コスパを重視するなら、充電式がおすすめ。電池式よりも価格は高い傾向にありますが、バッテリー切れのたびに電池を購入する必要がないため、ランニングコストは安くで済みます。

作業中のバッテリー切れが心配なら、ロングバッテリーのモデルを選ぶと安心。3分間の充電で24時間・フル充電をすれば70日以上使い続けられるモデルも販売されているので、利用スタイルに合ったものを選ぶのがベストです。

スペースが限られている場合は「トラックボールマウス」が便利

By: amazon.co.jp

マウスの中央部にボールが組み込まれているのがトラックボールマウスです。ボールを手で回転させると、その方向や速さに合わせてモニター上のマウスカーソルが移動します。手や肩への負担がかかりにくいため、長時間使用しやすいのがポイント。

また、一般的なマウスのように本体を動かす必要がないので、限られたデスクスペースでも問題なく操作できます。

手や腕の負担を減らしたい方は「エルゴノミクスマウス」がおすすめ

By: amazon.co.jp

エルゴノミクスとは人間工学という意味で、人間が使いやすいデザインを追求する研究分野です。ロジクールはマウスの傾斜角やボタン配置を細かく調整したマウスを多数ラインナップしています。

エルゴノミクスマウスは、手首を快適な位置に保つことで、身体への負担を減少させられるのが魅力です。長時間マウス操作をすることが多い方は、ぜひ検討してみてください。

ロジクールのマウスおすすめモデル|コスパ

ロジクール(Logicool) マウス M100R

ロジクール(Logicool) マウス M100R

左利きでも使いやすい、リーズナブルな有線マウス。両手で使えるように設計されているので、右利き・左利き問わず快適に使えます。シンプルなデザインなので、ユーザーを選ばない点も魅力。

3年間の無償保証が付いており、アフターサービスも万全です。USBポートに接続するだけで使えることから、Bluetoothで接続するマウスとは違い、ペアリングが必要ありません。

必要な時にさっと使えておすすめです。手にぴったりなサイズ感も魅力で、快適に作業ができます。光学式のため、マウスパッドの上で普段使いをしたい方に最適です。

ロジクール(Logicool) トライアスロンマウス M720

ロジクール(Logicool) トライアスロンマウス M720

利便性や耐久性に優れたワイヤレスマウス。左下にある「Easy-Switch」ボタンを使えば、同時に接続しているデバイスを3台まで自由に操作できます。

BluetoothとUnifyingレシーバーを通しての無線接続にも対応しており、WindowsとMacの両方に使える互換性も魅力です。最高で1000万回のクリックに耐えられるほどの頑丈さもポイント。

単三乾電池なら1本で2年間使用でき、電池交換の手間が少なくて便利。電源スイッチを操作すれば、さらに長く使い続けられます。電池の残量が少なくなると通知するシステムなので、バッテリー切れのトラブルが心配な方でも安心して使えるモデルです。

ロジクール(Logicool) アドバンスエルゴノミックマウス MXV1s

ロジクール(Logicool) アドバンスエルゴノミックマウス MXV1s

エルゴノミクスに着目して作られたワイヤレスマウス。傾斜角度を57°に設定することで、姿勢を改善して手首への負担を減らしつつも、快適な操作性を実現しました。4000DPIまで対応しているのも魅力です。1000DPIのセンサーを内蔵したマウスを使った場合よりも、手の動きを軽減できるので長時間作業におすすめ。

有線・無線通信に対応しており、Bluetooth・UnifyingレシーバーだけでなくUSB-C対応のケーブルを通しての充電も可能。フル充電をすれば最大4ヶ月使い続けられるので、バッテリー切れの心配がありません。

ロジクールのマウスおすすめモデル|高性能

ロジクール(Logicool) マウス MX MASTER 2S

ロジクール(Logicool) マウス MX MASTER 2S

MXシリーズのなかでも、機能性に優れたワイヤレスマウスです。直接複数のパソコン間での操作ができるので、クラウドを経由することなくスムーズに作業ができます。最大で3台のパソコンに対応し、画像やファイルのコピー・貼り付けが可能です。

Darkfieldトラッキングでガラス面を含めてほぼ全ての場所で活用できるのも魅力です。DPIは200〜4000DPIまで50DPI単位で調節できます。

使いやすさに注目して設計されたモデルで、人の手によって鋳型を整形するほどこだわってつくられているのがポイント。バッテリーは3分間の充電で1日使え、1度フル充電をすれば2ヶ月以上使えます。

ロジクール(Logicool) マウス MX ERGO

ロジクール(Logicool) マウス MX ERGO

作業の快適性を重視する方におすすめのワイヤレスマウス。ヒンジの傾斜角度を0°または20°に調節できるので、用途に合わせたカスタマイズが可能です。自然な位置に手首を置けて疲れにくいため、長時間の作業にもぴったり。

トラッキングボールのボタンを押すだけで、作業モードが切り替えられるのも魅力。プレシジョンモードを選択すれば、自動でDPIを下げられるので細かい作業をしたい時にも重宝します。

人の手の形状に合わせてデザインされ、一般的なパソコン用マウスよりも筋緊張を20%軽減できる仕様も嬉しいポイント。本体を大きく動かすことがないので省スペース性にも優れています。狭い場所でもさまざまな機能を活用できるモデルです。

ロジクールのマウスおすすめモデル|ゲーミング

ロジクール(Logicool) LIGHTSPEED WIRELESS GAMING MOUSE G502

ロジクール(Logicool) LIGHTSPEED WIRELESS GAMING MOUSE G502

Gシリーズの中でも、特にeスポーツのプロから支持されるゲーミングマウス。レポートレートは1秒間に最大1000Hzまで対応しており、快適にゲームをプレイできます。

充電式ではありますが、ワイヤレス充電「POWERPLAY」と呼ばれるプレイ中の充電に対応しているので、バッテリー切れを気にする必要はありません。1回のフル充電で最長60時間、USBポートに接続して5分間充電すると2時間30分使えます。

最大16,000DPIまで対応し、スムージングやアクセラレーションを行うことなくクリアな映像でプレイができる点も魅力。ウェイトの数を調整できるため、シューティングの精度が重要なFPSのプレイに最適です。

ロジクール(Logicool) オプティカルゲーミングマウス G300S

ロジクール(Logicool) オプティカルゲーミングマウス G300S

高性能かつリーズナブルなのが特徴の、エントリーモデルに最適なゲーミングマウス。左手と右手での使用に対応しているので、左利きの方でも快適に使えます。

最大で3プレイヤー分のキーボードやDPI設定が保存できるのもポイント。マウスさえあれば、環境が変わってもお気に入りの設定でゲームを楽しめます。使っている設定も分かりやすく、データごとに側面の色が変わり便利。

表面にある9個のボタンには、よく使うキーボードアクションを登録可能です。技や呪文など、毎回のキーボード操作が必要なものを登録しておけば、素早い攻撃が可能になります。プレイのスピードを上げたい方にもおすすめのモデルです。

ロジクール(Logicool) 超高速FPSゲーミングマウス G402

ロジクール(Logicool) 超高速FPSゲーミングマウス G402

クリックの反応速度が速く、ストレスフリーなプレイができるゲーミングマウス。ロジクールの独自技術により、420IPS以上のトラッキング速度を実現しているのが特徴です。高速連打に対応できるため、MMOなどゲームを優位に進めることができます。

クリックから画面へ反応するまでの時間も短く、プレイ能力を存分に発揮できておすすめ。レポートレートは最大1/1000秒の有線タイプなので、安定した通信環境でプレイができます。

ゲームの状況に合わせて、DPI設定を変えられる点も魅力。 240~4000DPIに対応しており、攻撃時には240DPI、敵から逃げる際には4000DPIにするなど、フレキシブルに対応できます。

ロジクール(Logicool) MMOゲーミングマウス G600

ロジクール(Logicool) MMOゲーミングマウス G600

MMOに特化したゲーミングマウス。サムボタンを2グループに分けたり、傾斜に3つのボタンを向かい合うように設定したりすることで、プレイヤーが画面を見たままでも操作ができるよう工夫が施されています。

優れた機能性も魅力。それぞれのサムボタンには頻繁に使う操作を登録したり、プレイ中にDPIの変更ができたりするので、プレイの高速化や効率化が期待できます。

バックライトのカラーは1600万色のなかから選択可能。カラーだけでなくイルミネーションのパターンも変更できるので、自分好みのマウスへカスタマイズできます。

ロジクールのマウスおすすめモデル|静音性

ロジクール(Logicool) マウス M110s

ロジクール(Logicool) マウス M110s

操作性を落とすことなく、クリック音のみを90%以上削減したマウス。ノイズの低減技術を認証する「QUIET MARK認定」を受けており、外部機関からも静音性が認められています。

作業中の音を気にすることなく使えることから、自分のペースを守れ、周りへ与える影響も少なくおすすめです。オプティカルトラッキングにより、文字数の多いサイトやドキュメントも快適にチェックできます。

疲れを感じさせない設計が施されているので、長時間の作業にも対応できて便利。左右の手に対応しているので、左利き・右利き問わず快適な操作が可能です。

ロジクール(Logicool) マウス M590

ロジクール(Logicool) マウス M590

デュアルモニターを使うことが多い方にぴったりな静音タイプのマウス。同時に2台のパソコンを操作できるため、効率よく作業を進められます。WindowsとMacに対応できる互換性も魅力です。

スクロールホイールの溝が1mm単位で調整されているのもポイント。長時間の作業でも疲れにくく、画面を素早くチェックできます。サイドボタンには頻繁に使う操作を登録でき、用途に合わせたカスタマイズが可能です。

電池式なので、バッテリー切れにも即対応できます。単三乾電池1本で2年間使い続けられるので、頻繁に電池交換をする必要がなく便利なモデル。充電ケーブルを持ち歩く必要がないため、外出先での使用頻度が高い方にも最適です。

ロジクールのマウスおすすめモデル|コンパクト

ロジクール(Logicool) マウス M510

ロジクール(Logicool) マウス M510

電池式にもかかわらず、2年間という高寿命が人気のワイヤレスマウス。ON/OFFスイッチや、スリープモードを内蔵していることが、1度の充電で長く使い続けられる理由です。

Darkfieldトラッキングには未対応ですが、レーザー式なので光沢面や木目調の面でも使用できます。Windows・Macともに対応しており、互換性の高さも魅力。高さは6.5cm、幅は4.1cmというコンパクトさからも人気を集めています。

機能性にも優れており、サイドボタンを使えばブラウザの戻る・進む、スクロール、ズームが可能。握りやすい形状なので、長時間の事務作業に便利なモデルです。

ロジクール(Logicool) MARATHON MOUSE M705m

ロジクール(Logicool) MARATHON MOUSE M705m

サイドボタンをカスタムできる、便利なワイヤレスマウス。Logicool Optionsをダウンロード・インストールすれば、サイドボタンによく使う操作を7個登録できます。ワンクリックで作業が進められるようになるため、作業効率を高められて便利。

2.4GHzの無線タイプですが、レシーバーが6.1mmとコンパクトなので使用中も気になりにくくおすすめです。最大で10m離れたところからでも作業ができます。Unifyingに対応しており、他のロジクール製品を使っている方にぴったりです。

手や指へ負担がかかりにくい形状もポイント。右手にフィットしやすいデザインで、操作がしやすい位置にサイドボタンが設置されています。

ロジクール(Logicool) MARATHON MOUSE M570

ロジクール(Logicool) MARATHON MOUSE M570

コンパクトで持ち運びに便利なMシリーズのトラックボールマウス。トラックボールはひっくり返しても落ちない構造なので、外出先への移動もスムーズです。レーザー式を採用しているので、デスクはもちろんソファやベッドの布面でも使えます。

レーザーセンサーの精度が高く、素早い動きでも認識できるスペックの高さも魅力。急いでいる時でもマウスとカーソルの動きにタイムラグが起きにくいので、快適に作業ができます。

疲れにくい形状で設計されていることから、手や腕への負担が少なくておすすめ。指でトラックボールを動かせばよいので、マウスを動かす必要がありません。操作性重視の方におすすめのマウスです。