パソコン作業などでの効率のよい数字入力にはテンキーが欠かせません。コンパクトなノートパソコンを利用している方は、外付けテンキーを導入するとExcelの表計算や会計ソフトへの数字入力が比較的しやすくなります。

しかし、テンキーにはさまざまな種類があるため、どれを選べばいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、テンキーの詳しい選び方や、おすすめのテンキーをご紹介します。

テンキーとは?

By: elecom.co.jp

テンキーとは、キーボードにある数字入力用キーのこと。0~9までの10個のキーで構成されているため「テンキー」と呼びます。テンキーは電卓と同じように数字が配列されているため、効率的に数字を入力することが可能です。

テンキーはデスクトップパソコンや大きめのノートパソコンのキーボードに多く搭載されています。しかし、携帯性に優れた小さめのノートパソコンには、場所を取るテンキーが搭載されているケースは多くありません。テンキー非搭載のノートパソコンでテンキーを使いたい場合には、外付けタイプのテンキーを利用するのが便利です。

また、テンキーのあるノートパソコンでも、左利きの方は外付けのテンキーを用意するのがおすすめ。左手で使えるため数字の入力効率が上がります。

テンキーの選び方

接続方法をチェック

Bluetoothや2.4GHz無線を使った「ワイヤレス」

By: amazon.co.jp

ワイヤレスで接続するタイプのテンキーは、ケーブルがないため持ち運びやすいのが最大のメリット。外出先でもテンキーを利用したい方や、オフィスや自宅で時折移動する方などに適しています。ただし、本体の価格が有線接続タイプよりもやや高く、電池交換や充電の手間がかかるため注意が必要です。

ワイヤレスタイプのテンキーは主にBluetoothを利用したモノや、付属のUSBレシーバーで2.4GHz無線を利用するモノがあります。USBレシーバーで接続するタイプは、パソコンのUSBポートの数に余裕があるか確認をしたうえで購入しましょう。

また、Bluetoothタイプには2.1や3.0、5.1などのバージョンがあります。自分のパソコンがどのバージョンのBluetoothに対応しているかを確認してから購入するのがおすすめです。

USBでの「有線接続」

By: amazon.co.jp

USBケーブルで有線接続するタイプのテンキーは、ワイヤレスタイプより動作が安定しています。そのため、表計算や会計入力など正確性を重視する作業をする方には有線接続タイプのテンキーがおすすめです。

また、有線接続タイプのテンキーは比較的手頃な価格なのもメリット。さらに、充電や電池交換の必要もありません。ただし、ケーブルがあることで頻繁な持ち運びには適していないため、オフィスや自宅に据え置きで利用する方におすすめです。

対応OSをチェック

By: amazon.co.jp

テンキーを選ぶ際には、接続するパソコンのOSに対応したモデルかどうかを確認するのも重要なポイントです。パソコンのOSに非対応のテンキーを購入してしまうと、正常に動作しない可能性があります。

まずは、利用しているパソコンのOSがMacかWindowsか、Chrome OSかをチェックしましょう。スマホやタブレットの場合はiOSかAndroidかを確認します。

なお、OSのバージョンによってもテンキーの対応・非対応が異なるため注意が必要です。テンキーの対応OS・バージョンについては事前に公式サイトなどで確認しておきましょう。

キーの構造をチェック

パンタグラフ

By: rakuten.co.jp

パンタグラフ式はノートパソコンのキーボードに多く利用されているキー構造です。ノートパソコンのキーボードと同じ感覚でテンキーを利用したい方にはパンタグラフ式が適しています。

パンタグラフ式のテンキーは、キーのどの部分を押してもキー全体が沈み込むため誤入力が少ないのが魅力です。軽いタッチで入力できるため長時間の作業にもおすすめ。また、ほかのタイプよりキーの深さが浅く、本体の厚みも薄いため持ち運びにも便利です。

メンブレン

By: rakuten.co.jp

メンブレン式はデスクトップパソコンのキーボードに多く利用されているキー構造です。キー内部に「ラバーカップ」と呼ばれるシリコン製のドーム状突起が設置されているため、キーはやや深め。しっかり押す感覚のあるテンキーを探している方にはメンブレン式がおすすめです。

メカニカル

By: rakuten.co.jp

メカニカル式はゲーミングキーボードにも多く利用されているキー構造です。ひとつひとつのキーが独立しており、それぞれのキーに特殊なバネやスイッチが使用されています。カチャカチャという打鍵音があり、指に入力した感覚が伝わります。

メカニカル式のテンキーはほかのキー構造のものより値段がやや高め。ただし、各キーが独立した構造のため、故障時も不具合のあるキーだけを交換すれば済むというメリットもあります。キータッチにこだわりのある方はもちろん、修理がしやすく長く利用できるテンキーを探している方にもおすすめです。

キーピッチをチェック

By: elecom.co.jp

キーピッチとはキーの中心から隣のキーの中心までの距離のこと。キーピッチは19mmが一般的ですが、19mmより狭いコンパクトタイプも展開されています。

キーの押しやすさを重視するなら、テンキーのキーピッチは一般的な19mmを選ぶのがおすすめ。ただし、持ち運びが多い方やデスクが狭い方などは、19mmより狭いコンパクトなタイプも検討してみてください。

あると便利な機能

NumLockキー非連動

By: amazon.co.jp

NumLockキーとは、数字のキーが使えるように固定するキーのこと。テンキーのないパソコンのキーボードでNumLockキーを押すと、文字入力キーの一部がテンキーの代わりになります。

一部のノートパソコンでは、NumLockキー非連動機能がない外付けのテンキーを付けてNumLockキーを押すと、本体・テンキー側どちらもNumLockがオンの状態となり正常に入力できなくなる場合があります。

そこであると便利なのが、NumLockキー非連動の機能です。テンキーのないノートパソコンでNumLockキーを押しても、ノートパソコン本体のNumLockキーと連動しないため誤入力を防げます。

テンキーのないノートパソコンを利用している方は、NumLockキー非連動の機能付きテンキーを購入するのがおすすめです。

USBハブ

By: amazon.co.jp

USBケーブルで有線接続するタイプのテンキーを使用すると、USBポートが1つ埋まってしまいます。テンキー自体にUSBハブが設けられている製品であれば、別途USBハブを利用せずテンキーにほかの機器をつなぐことができ便利です。

USBハブが2つ付いた製品などもあるので、使用用途に合わせて選んでみてください。

「Tab」「00」キー

By: amazon.co.jp

Excelの表計算や会計ソフトを使用する方は、Tabキーや00キーの付いたテンキーを選ぶと便利です。Tabキーは列を移動でき、00キーは一度に0を2つ入力できる機能。数字の入力効率が高まるため、入力スピードを重視する方はこれらのキーの有無を確認するのがおすすめです。

テンキーのおすすめモデル

アイクレバー(iClever) Bluetooth薄型テンキー 充電式 IC-KP08

長時間の使用を検討している方にもおすすめ

Bluetooth 5.1に対応した、すっきりとしたデザインのワイヤレステンキーです。厚みが1.9cmと薄く、1時間の充電で約40時間使えるため持ち運びに適しています。

キー構造にはパンタグラフの丸いキーを採用。キーピッチも標準的な19mmなので、普段ノートパソコンを使っている方に使いやすい設計です。また、人間工学に基づいて15°の傾斜が付けられているため、長時間の使用を検討している方にもおすすめ。Tabキー付きでExcelの表計算を頻繁に行う場合にも便利です。

OSはmacOS・Windows・iOS・Androidに幅広く対応。またMac・iOSではNumLockキー非連動の機能付きです。ただし、Windows・AndroidではNumLockキーが連動するため、テンキーのないノートパソコンに接続する方は注意しましょう。

エレコム(ELECOM) Bluetooth 薄型テンキーパッド TK-TBP020

持ち運びにもおすすめな超薄型

Bluetooth 3.0 Class2規格に対応したワイヤレスのテンキー。キー構造はパンタグラフで、ノートパソコンのキーボードと同じように軽いタッチで打ち込めるのが特徴です。

また、キーピッチは標準的な19mm。Tabキーと00キーを搭載しており、Excelの表計算や会計入力など桁数の多い数字を連続で入力する場合にも便利です。なお、NumLockキーについてはWindowsとMacで異なるため、Macでの使用を検討している方は注意しましょう。

最も薄い部分は6.5mmと超薄型のため持ち運びにもおすすめ。電源には単4形乾電池1本を使用します。アルカリ乾電池の使用目安は約1年間のため、電池交換の手間も頻繁に行う必要はありません。

エレコム(ELECOM) 無線薄型テンキーパッド TK-TDP019

Excelの表作成や会計入力の際も便利

付属のUSBレシーバーをパソコンのUSB端子に接続し、2.4GHz無線を利用するワイヤレスのテンキーです。OSはmacOS HighSierraと、Windowsに対応しています。

キー構造にはパンタグラフを採用しており、軽いタッチで打ちやすい設計。また、Tabキーや00キー、BackSpaceキーを搭載しているため、Excelの表作成や会計入力の際も快適に作業できます。キーピッチは標準的な19mmです。

エレコム(ELECOM) 2.4GHzワイヤレステンキーパッド TK-TDM017

USBレシーバーを用いて2.4GHz無線で接続する、ワイヤレスのテンキーです。OSはWindowsのみに対応しています。

キー構造はメンブレン式で、最大1000万回の打鍵に耐えると謳われる丈夫なキーも魅力のひとつです。また、Excelや会計入力に便利なTabキーと00キーも搭載。効率よく数字入力をしたい方におすすめのテンキーです。

電源には単3形乾電池1本を使用し、アルカリ乾電池の場合使用目安は約1.3年。電池の残量が少なくなるとランプが点滅して教えてくれる機能も便利です。

エレコム(ELECOM) USBテンキーボード TK-TCM011

USBケーブルで有線接続をする、据え置き利用に便利なテンキーです。充電や電池交換の手間がかからず、ノートパソコンのUSB端子に接続するだけで手軽に使用を開始できます。OSはWindowsのみに対応。

キー構造にはメンブレンを採用しているため、デスクトップパソコンのキーボードに慣れている方に適しています。また、最大1000万回のキーストロークに耐える丈夫な構造のため、テンキーのヘビーユーザーにもおすすめです。

バッファロー(BUFFALO) スリムテンキーボード USB2.0ハブ BSTKH08

Windows、Chrome OS、さらにPlayStation 5にも対応しているテンキー。有線接続タイプで、本体側面にUSB 2.0のポートを2つ搭載しているため、USBポートの少ないパソコンを使っている方にも適しています。

キー構造はパンタグラフ式、キーピッチには標準的な19mmを採用。ノートパソコンのキーボードのような軽快なタッチで入力できます。また、Excelの表作成に便利なTabキーや、会計入力に便利な00キーを搭載しているのも特徴です。

バッファロー(BUFFALO) テンキーボード BSTK11

USBポートを備えたWindowsのパソコンに対応しているテンキー。USBポートに挿し込むだけで接続できるので、複雑な設定やドライバーのインストールを行う手間を省けます。薄さ7mmとコンパクトな設計なため、外へと持ち歩きたいときにも便利です。

また、キーにTabと00キーを搭載。ExcelやGoogleスプレッドシートでセル移動が手軽に行えるうえに、高額の数字入力がスムーズに行えます。表計算をする際、作業効率向上も可能です。

キーにはアイソレーションタイプを採用。キーの間に間隔があり、打鍵ミスを抑えられます。表計算がしやすいテンキーを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

バッファロー(BUFFALO) Mac専用テンキーボード BSTK08M

USBケーブルで有線接続する、Mac専用テンキーです。高額入力に使える000キーや、打ち間違いを元の状態に戻せるClearキーなど、数字入力に便利な機能も搭載。キー構造は薄型のメンブレン式です。

キーピッチは「Macbookシリーズ」と同じ19mmを採用。MacBookを使う感覚で使用しやすいのが魅力です。

また、Macに合うメタリックなデザインも本製品の特徴。Macで有線接続のテンキーを使いたい方はぜひチェックしてみてください。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) プログラマブルテンキー ブラック NT-19UH2

USBケーブルを使った有線接続のテンキーです。側面にUSB2.0ハブが2ポート付いているため、USBポートの少ないパソコンユーザーに適しています。

キーボードの機能を割り当てられる4つの割り付け専用キーが付いているのも魅力。さらに、ほかのキーにもキーボードの機能を割り当て可能なため、テンキーを数字入力以外に使用したい方にもおすすめです。

キー構造は深めのメンブレン式で、キーピッチは標準的な19mm。デスクトップパソコンのキーボードに慣れた方には利用しやすい設計のテンキーです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) USB2.0ハブ付テンキー NT-M18UH

USBケーブルで有線接続するタイプのMac専用テンキーです。テンキーの本体側面にUSB2.0を2ポート備えているUSBハブ付きのため、USBポートの少ないノートパソコンでも快適に利用できます。

キー構造は薄型のメンブレン、キーピッチは標準的な19mmを採用。キーがそれぞれ独立しているアイソレーションタイプのため爪が長い方も引っかかりにくい設計です。

入力間違いの取り消しができるClearキーやTabキーも搭載されているので、Excelの表計算も楽にできます。macOSに対応しておりApple製品と相性のよいデザインのため、見た目も重視したいMacBookユーザーにおすすめです。

サテチ(Satechi) スリム充電式 アルミニウム Bluetoothテンキー ST-SALKP

iPhoneXやiPadProでも使用できる、ワイヤレスタイプのテンキーです。対応OSはMac・Windows・iOS。アルミニウムの洗練された見た目がApple製品とマッチするため、MacBookをはじめiPadなどと接続するテンキーを探している方におすすめです。

人間工学に基づいた斜形デザインを採用しているため、長時間の使用にも適しています。厚みは最大3.6cm、重さも約99gと薄型コンパクトなので、バッグの中にも入れやすいモデルです。

ミヨシ Bluetooth接続ワイヤレステンキー TENBT01

WindowsとMacの製品に対応しているワイヤレステンキー。キーはパンタグラフ式を採用しており、ノートパソコンのキーボートと同じような感覚で使用できます。打鍵をしたときにキーがしっかり沈み込むので、誤入力をしにくいのも特徴です。

また、Bluetooth接続にも対応しています。専用レシーバーは不要なので、持ち歩く手間を省けるほか、パソコンのUSBポートが足りなくても安心です。

さらに、「ロングコネクト機能」が備わっているのもポイント。10分間操作をしない場合は、自動的にペアリングが切断される仕様です。テンキーの長時間駆動が実現します。切断された状態からキーを叩くと、およそ2〜3秒で再ペアリングできるのも便利です。

マルチペアリング機能も実装しており、最大2台まで接続可能。パソコンを2台持ちしている方に重宝します。性能に優れたテンキーを探している方におすすめです。

Yeemie Pro Bluetoothテンキー

スマートフォンやタブレット、パソコンなどさまざまなデバイスに対応しているテンキー。レシーバーは不要でBluetooth接続が可能なので、外へと持ち運びしたいときにも適しています。

また、20分間テンキーの操作をしない場合は省電力モードに切り替わるのも特徴。バッテリー切れしにくく作業できます。付属のmicroUSBケーブルで2時間充電すると、約2ヶ月スタンバイ状態で使用可能です。

充電中にはLEDランプが点灯し、満充電になるとLEDが消灯。ひと目で充電状態を把握できるので便利です。さらに、キーはパンタグラフ式を採用。軽い打鍵で入力できるので、手が疲れにくく長時間作業に向いています。

長期間の愛用が可能なテンキーを求めている方におすすめです。

フィルコ(FILCO) Majestouch TenKeyPad 2 Professional 茶軸 FTKP22M/B2

USBケーブルで有線接続するタイプのテンキーです。キー構造はメカニカル式で、高級メカニカルキーボードの「Majestouch」シリーズと同じ「Cherry MX」スイッチを採用しています。

キーは最大4mmまで押し下げられますが、約2mm下がった位置にスイッチの接点がある構造のため軽快なタッチで入力可能です。キーピッチには標準的な19mmを採用。Tabキー・00キー・Escキー・BackSpaceキーを搭載しており、表計算や会計入力にも適しています。

また、NumLockキー非連動のため、テンキーのないノートパソコンに使用する際にも安心です。

テンキーのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

テンキーのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。