携帯に便利なモバイルPCを使う人にとって悩みとなるのがテンキーの存在。コンパクトさを重視して小さめのパソコンを選んだのに、テンキーが無いことで不便に感じる方もいるのではないでしょうか。

そんなときにおすすめなのが、パソコンに接続して使える「テンキー電卓」。USBで手軽に接続できるモノや、ワイヤレスで快適に使えるモノが人気です。今回は、テンキー電卓の選び方とおすすめのモデルをご紹介します。

テンキー電卓とは?

By: amazon.co.jp

テンキーのないパソコンに後付けできる便利なテンキー電卓。モバイルPCやMacBookはテンキーがなく数字の打ち込みが不便ですが、テンキー電卓をUSBやワイヤレスで接続して使えば数字入力の操作が快適になります。

特にエクセルで仕事をする方には欠かせない存在。また、通常の電卓としても使えるので、計算しながら数字を打ち込む作業などにも便利に使えます。

テンキー電卓のなかには計算した数値をそのままパソコンに転送できるモノもラインナップ。経理などで、大量の数値を計算入力する方におすすめです。

テンキー電卓の選び方

接続方法で選ぶ

ワイヤレスタイプ

By: amazon.co.jp

ワイヤレスタイプにはUSBレシーバーをパソコンに取り付けるタイプと、Bluetoothで接続するタイプがあります。USBレシーバータイプは、パソコンにレシーバーを挿し込むだけで簡単に接続できるため便利。面倒な設定が苦手な方におすすめです。

Bluetoothタイプは無線通信の規格のひとつで、レシーバーなどを必要としないのがポイント。携帯性を重視する方に適しています。なお、Bluetoothタイプを選ぶ場合は、パソコンにBluetoothの機能があるかチェックするのも忘れないようにしましょう。

USBタイプ

By: amazon.co.jp

デスク周りに余裕がある方や面倒な設定が苦手な方は、USBケーブルで接続するモノがおすすめ。パソコンにUSBを挿し込むだけで簡単に使えます。

USBタイプを選ぶ場合はケーブルの長さをチェック。あまりにも短すぎるモノだと不便に感じることもあるため、ベストな長さをよく考えて選ぶようにしましょう。

対応OSも合わせてチェック

By: amazon.co.jp

テンキー電卓を購入する際には、対応OSのチェックが必要です。所有しているパソコンのOSに合っていない場合、キーの入力が反映されないといったトラブルが発生する可能性があります。WindowsとMacの両OSに対応しているモデルもあれば、片方でしか使用できないモノもあるため、仕様をしっかりと確認しておきましょう。

転送機能や桁数で選ぶ

By: amazon.co.jp

機能性も購入時に要チェック。テンキー電卓で計算した結果のみを転送できるモデルを選べば、文書などの作成を効率的に行えます。また、通常のキーボードのように、そのまま数値を反映させられるモノもあるため用途に合わせて選んでみてください。

さらに、電卓として使用する場合には、入力可能な桁数も確認しておきましょう。売り上げ計算など大きな数字を扱う方は、10桁以上に対応したテンキー電卓がおすすめです。

キーの構造で選ぶ

By: amazon.co.jp

テンキー電卓はモデルによってキーの構造が異なるため、自分が一番使いやすいキー配置のモノを選ぶことが大切。基本的にどのモデルも0~9の配置は同じですが、+や=の位置が微妙に異なります。数字をよく打ち込む方は、0だけでなく00のキーや税込キーがあると便利です。

キーのピッチやタッチしたときの感触も大切。普段からよく使っている電卓のキーを確認し、同じメーカーのモノを選んだり似た感触のモノを選んだりすれば指にしっくり馴染んで使いやすくなります。

その他の機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

「モード切り替え機能」を搭載していれば、パソコンへの数値入力を行うテンキーだけでなく、普通の電卓としても使用できるので便利。表計算ソフトなどに数値を反映させる前に、手元で計算作業に集中したい場合などで重宝します。

また、接続するだけで使用できる「プラグアンドプレイ」も魅力です。専用ドライバーなどをインストールする必要がないため、自宅と職場でパソコンを使い分けている方などにおすすめ。さらに、電池の消耗を抑えたい場合には、スリープモードを採用しているモデルもチェックしてみてください。

テンキー電卓のおすすめメーカー

カシオ(CASIO)

By: amazon.co.jp

カシオは電卓をはじめとする、さまざまな電子機器を取り扱う電機メーカーです。電卓は使いやすさを重視して設計されており、日本国内でも海外でも人気。電卓の技術をさまざまな機器に活かして開発分野を広げています。電卓のほかには、電子辞書のエクスワードや時計のG-SHOCKなども多くの支持を集めているメーカーです。

キヤノン(Canon)

By: amazon.co.jp

キヤノンは世界初となるテンキー式電卓の製品化に成功したメーカー。情報機器がオフィスに普及し始める前から電卓やワープロなどのパーソナル情報機器の開発に着手し、現在も技術をほかの機器に広げてさまざまな製品を開発しています。インクジェットプリンタのピクサスや、電子辞書のワードタンクなども人気です。

テンキー電卓のおすすめ|ワイヤレスモデル

エレコム(ELECOM) Bluetooth薄型テンキーパッド TK-TBP020BK

軽い力でキーを入力できるワイヤレステンキー電卓です。パンタグラフ方式を採用しており、ノートパソコンのキーボードと同じような感覚でタイピングが可能。さらに、キートップの下に鉄板を内蔵しているため、しっかりとした打鍵感を得られるのもポイントです。

それぞれのキーが独立したアイソレーション設計も魅力。押し間違いや同時入力を防ぎやすく、快適に作業を行えます。スタイリッシュなデザインも特徴で、最も薄い部分は6.5mmとカバンに入れてもかさばりにくいアイテムです。

サテチ(Satechi) Bluetooth テンキー ST-SALKPM

長時間の使用に適したワイヤレステンキー電卓です。本体にバッテリーを内蔵しており、フル充電の状態から最大で約2週間の連続使用が可能。また、1時間操作をしていないと自動でスリープモードに切り替わるため、電池の消耗を抑えられます。

操作性に優れているのもポイント。本体に傾斜が付けられているので、スムーズにキーを入力できます。さらに、高級感のあるアルミニウムのボディを採用しており、さまざまなパソコンに合わせやすいおすすめアイテムです。

アイクレバー(iClever) テンキー ワイヤレス IC-KP08

操作性に優れたワイヤレステンキー電卓です。接続には2.4GHzレシーバーを採用。本体には15°の傾斜角が付けられており、長時間の作業に便利です。

Bluetooth 5.1規格に準拠しているため、パソコンとの安定した接続が可能。さらに、乾電池を不要としたバッテリー内蔵タイプで、フル充電で約40時間使用できます。本体サイズは131.9×88.8×19.7mmとコンパクトで、外出先への持ち運びにも便利なアイテムです。

Cateck Bluetooth テンキー BK-34-E

高級感のあるデザインが特徴的な、Windows・Macの両OSに対応したテンキー電卓。シルバーカラーを採用しており、MacBookシリーズにも合わせやすいのが特徴です。

2つのリチウム電池を内蔵した260mAhの大容量バッテリーも本製品の魅力。最大で145時間の連続使用が可能で、電池残量を気にせずに作業を行えます。合計で34個のキーを搭載しており、数字計算や経理の仕事など幅広い用途におすすめです。

スリーアールソリューション(3R Solution) Keeece ワイヤレス 電卓機能付きテンキー 3R-KCWNK01

2.4GHzレシーバーによるワイヤレス接続に対応したワイヤレステンキー電卓です。パソコンにUSBレシーバーを挿し込むだけで使用できるため、専用ドライバーのインストールなど煩わしい設定を不要としています。打鍵音は静かで、音が気になるカフェや図書館などでの作業にもぴったりです。

OSはMac・Windoesどちらにも対応。また、人間工学に基づいた傾斜角度になっており、打ちやすさに配慮されているのもポイントです。さらに、本体の「PC/CAL」ボタンを押すことで、テンキーだけではなく、10桁まで入力可能な電卓としても使用できます。

Belis テンキーボード TENKI-001

携帯性に優れたワイヤレステンキー電卓です。128×86×17mmのコンパクトサイズで、カバンに入れても荷物スペースを取らずに持ち運べます。また、本体にUSBレシーバーの収納口を備えており、紛失のリスクを抑えられるのも魅力です。

さらに、本体に15°の傾斜角が付けられているため、打ちやすさにも配慮されています。Windows・Macの両OSに対応しており、パソコンを選ばずに使用できるおすすめアイテムです。

テンキー電卓のおすすめ|USBモデル

カシオ(CASIO) ワイヤードテンキー電卓 MZ-20SR-N

幅広い用途に使用できるテンキー電卓です。入力数値をそのままパソコンに反映できるほか、電卓モードに切り替えることで、入力したい数値のみを送信できます。また、最大12桁まで対応しているのに加え、税計算や時間計算、概算計算、桁下げなどさまざまな機能を備えており、利便性に優れているのがポイントです。

さらに、背面にはUSBケーブルの収納スペースが設けられており、移動中や電卓として使用する際に便利。本体サイズは104×152.5×34.5mmとコンパクトで、カバンの中でかさばりにくいのも魅力です。

キヤノン(Canon) テンキー電卓 LS-12TK IV 4083B001

2つの入力モードを搭載したテンキー電卓です。電卓で入力した数字をパソコン画面に直接反映させる「PC入力モード」と、電卓で計算した結果のみを送信できる「計算モード」を備えています。Excelなどへの数字入力はもちろん、手元で計算を行えるため経理の仕事にもおすすめです。

また、普通の電卓としても使用可能。さらに、最大12桁までの数字入力に対応しているので、売り上げ結果などの桁数が多い場合にも活躍します。

バッファロー(BUFFALO) テンキーボード BSTK11BK

19mmのキーピッチを採用したテンキー電卓です。Excelでのカーソル移動がしやすい「Tabキー」を搭載しているほか、金額入力に便利な「00キー」を採用。表計算ソフトなどを使用する方におすすめです。

USBケーブルを挿し込むだけで使用できるのもポイント。専用ドライバーのインストールなど煩わしい設定を不要としているため、機器操作が苦手な方にも適しています。さらに、ケーブルは約80cmと長めに設計されており、設置場所を選びやすいアイテムです。

エレコム(ELECOM) ホットキー付きUSBテンキーパッド TK-TCM015BK

耐久性に優れた、WindowsOS対応のテンキー電卓です。最大1000万回のキーストロークに耐えられる丈夫なキーを採用しており、長期間にわたって使用できます。また、Excel・電卓ソフト・インターネットブラウザを素早く起動できるボタンを搭載し、利便性を重視する方にもおすすめです。

打鍵しやすい19mmのキーピッチも本製品のポイント。一般的なパソコンのキーボードと同じ感覚で使用できるため、スムーズに作業を行えます。さらに、EscやTab、00キーを搭載しており、利便性に優れたおすすめアイテムです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) プログラマブルテンキー NT-19UH2BKN

カスタマイズ可能なテンキー電卓です。メーカー専用のソフトウェアを使用することで、Enterキー以外のすべてのキーに日本語109キーボードの機能を割り当てられます。また、本体のメモリ内に記憶されるため、ほかのパソコンに接続する際に、改めて設定をする必要がありません。

さらに、19mmのキーピッチを採用しており、一般的なパソコンのキーボードと同じように使いたい方におすすめ。なお、Windows OSのみに対応しているので、使用環境には注意しておきましょう。

ペリックス(Perixx) テンキーボード PERIPAD-303B

ホワイトバックライトを搭載したテンキー電卓です。それぞれのキーが明るく光るため、薄暗い場所での作業も可能。また、キートップの数字や文字はレーザーによって刻印がされており、長期間の使用でも消えにくい仕様です。

メカニカル方式で、しっかりとした打鍵感を得たい方におすすめ。さらに、USBケーブルを挿し込むだけで使用できる「プラグアンドプレイ」を採用し、専用ドライバーをインストールすることなくすぐに使えます。コピー・貼り付け・切り取り・バックスペースキーを搭載しており、機能性にも優れたアイテムです。