携帯に便利なモバイルPCを使う人にとって悩みとなるのがテンキーの存在。コンパクトさを重視して小さいPCを選んだのに、テンキーのない不便さに気づくとイライラするものです。

そんなときにおすすめなのがパソコンに接続して使える「テンキー電卓」。USBで手軽に接続できるモノやワイヤレスで快適に使えるモノが人気です。普通の電卓としても使用できるため1台あると便利。今回はテンキー電卓の選び方とおすすめのモデルをご紹介します。

テンキー電卓とは?

By: amazon.co.jp

テンキーのないパソコンに後付けできる便利なテンキー電卓。モバイルPCやMacBookはテンキーがなく数字の打ち込みが不便ですが、テンキー電卓をUSBやワイヤレスで接続して使えば数字入力の操作が快適になります。

特にエクセルで仕事をする方には欠かせない存在。テンキー電卓はパソコンのテンキーとしてだけでなく通常の電卓としても使えるので、計算しながら数字を打ち込む作業にも便利に使えます。

テンキー電卓のなかには計算した数値をそのままパソコンに転送できるモノもあるので、経理などで大量の数値を計算入力する方におすすめ。テンキー電卓を使えば、数字の打ち込みにイライラするストレスから解放されます。

テンキー電卓の選び方

接続方法で選ぶ

USBタイプ

By: amazon.co.jp

デスク周りに余裕がある方や面倒な設定が苦手な方は、USBケーブルで接続するモノがおすすめ。パソコンにUSBを挿し込むだけで簡単に使えるので、機械が苦手な方に人気があります。

USBタイプを選ぶ場合はケーブルの長さをチェック。短すぎても長すぎても使いにくいので、ベストな長さをよく考えて選びましょう。USBケーブルを本体に格納できるモノを選べば、電卓として単体で使うときに便利です。

ワイヤレスタイプ

By: amazon.co.jp

ワイヤレスタイプにはUSBレシーバーをパソコンに取り付けるタイプと、Bluetoothで接続するタイプがあります。

USBレシーバータイプはパソコンにレシーバーを挿し込むだけで簡単にワイヤレス接続ができるので、面倒な設定が苦手な方におすすめ。専用ドライバーソフトのダウンロードが不要なモノを選べば接続も簡単です。USBレシーバーはパソコンから数ミリ飛び出した状態で使うため、テンキーを置く際に邪魔にならないかチェックして選びましょう。

Bluetoothタイプはパソコン側で接続の設定が必要。それほど難しい操作ではありませんが、パソコンの細かい設定が苦手な方はほかのタイプを選んだ方が安心です。Bluetoothで接続するとテンキーとパソコンの間に邪魔になるモノがないので、パソコンの真横にテンキーを置きたい方におすすめ。パソコンにBluetoothの機能があるかチェックするのも忘れないようにしましょう。

キーの構造で選ぶ

By: amazon.co.jp

テンキー電卓はモデルによってキーの構造が異なるため、自分が一番使いやすいキー配置のモノを選ぶことが大切。基本的にどのモデルも0~9の配置は同じですが、+や=の位置が微妙に異なります。経理を担当する方は0だけでなく00のキーや税込キーがあると便利。テンキー電卓はデザインを重視するよりも使い勝手を重視して選びましょう。

キーのピッチやタッチしたときの感触も大切。キーが平らなほうが打ちやすのか、厚みがある方が打ちやすいのかもよく考えて選ぶのがおすすめ。普段からよく使っている電卓のキーを確認し、同じメーカーのモノを選んだり似た感触のモノを選んだりすれば指にしっくり馴染んで使いやすくなります。

機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

テンキー電卓はモデルによって機能がさまざま。どの機能が自分に便利かをよく考えて選びましょう。

最初にチェックしたいのが計算結果をパソコンに送信する機能。手元で計算した合計金額をそのままパソコン上の文書に転送できるので文書作成の時間が短縮できます。

ボタン1つで電卓機能とテンキーとを切り替えられるかどうかも要チェック。手元で計算をしながらパソコンにも数値を打ち込みたいなら、2つの役目を瞬時に切り替えられる機能がないと作業に時間がかかってしまいます。

液晶表示の桁数も大切なチェックポイント。営業や経理で高額の計算が必要な場合は、最低でも12桁のテンキー電卓を選んでおかないと桁が足りなくなってしまいます。少額の計算のみでよいなら8~10桁のテンキー電卓でも十分です。

テンキー電卓のおすすめメーカー

カシオ(CASIO)

By: amazon.co.jp

カシオの正式社名はカシオ計算機株式会社。社名の通り、電卓をはじめとするさまざまな電子機器を取り扱う電機メーカーです。使いやすさを重視して設計された電卓は日本国内でも海外でも人気。電卓の技術をさまざまな機器に活かして開発分野を広げています。電子辞書のエクスワードや時計のG-SHOCKも大人気です。

キヤノン(CANON)

By: amazon.co.jp

キヤノンは世界初となるテンキー式電卓の製品化に成功したメーカー。情報機器がオフィスに普及し始める前から電卓やワープロなどのパーソナル情報機器の開発に着手し、現在も技術をほかの機器に広げてさまざまな製品を開発しています。インクジェットプリンタのピクサスや電子辞書のワードタンクがベストセラーアイテムです。

テンキー電卓のおすすめ|ワイヤレスモデル

キヤノン(CANON) テンキー電卓 X-Mark I KRF

レシーバーをパソコンのUSBポートに接続して使用するテンキー電卓です。スタイリッシュで高級感のあるデザインが特徴。WindowsパソコンだけでなくMacでも使用できます。

テンキーと電卓の機能切り替えがワンタッチでおこなえるため、パソコン入力の合間にちょっと計算をするといった使い方も可能です。また、電卓で計算した結果をパソコンへ転送できるので重宝します。

太陽電池を搭載しているのもポイント。乾電池がなくても計算機能は利用できるため、電卓として使用する機会の多い方にもおすすめのモデルです。ただし、パソコンとのワイヤレス接続には乾電池が必要なので留意しておきましょう。

レシーバーは本体背面に格納することが可能です。持ち運ぶ際にカバンの中で見失ってしまう心配はありません。

Cateck Bluetooth ワイヤレステンキー電卓

12桁までの計算機能を備えたテンキー電卓です。シルバーメタリックのスタイリッシュなデザインは、Macとの相性も良好で、iMacやMacノートを使用している方におすすめのモデル。もちろん、WindowsOS搭載機でも使用できます。

単4乾電池2本で動作し、パソコンとはBluetoothで接続。背面には滑り止めを4箇所配置するなど、デスク上で快適に使える設計が施されています。ただし、ChromeOS搭載機では使用できないため、購入前にパソコンのOSを確認しておきましょう。

Sumeber 太陽電池付 ワイヤレス テンキー電卓 MC-56

凹凸の少ないスタイリッシュなデザインが特徴のテンキー電卓です。「00」キーを備えているので桁数の大きな数字入力も効率的におこなうことが可能。会計ソフトや表計算ソフトを使用する機会の多い方にもおすすめのモデルです。

「SEND」キーを押すだけで計算結果をパソコンに転送できるので、電卓とパソコン入力を切り替えながら使用する使い方にも適しています。付属のレシーバーをパソコンのUSBポートに挿して接続。

レシーバーが本体背面にスッキリと収納できるのもおすすめのポイントです。

Mugast テンキーボード USBレシーバー付き

USBレシーバーが付属したテンキー電卓です。WindowsとMacどちらでも使用できるので、両方使っている方は重宝します。「000」キーを採用しているのが特徴。経理処理など大きな桁数の数字入力を頻繁におこなう業務に適しています。

3〜4時間充電するだけで約60日もスタンバイ状態を維持することが可能なおすすめモデルです。

エクストリームマック(XtremeMac) ブルートゥース テンキー計算機 XWH-CMN-83

Apple製品用のアイテムを専門に手がけている「XtremeMac」が販売するテンキー電卓です。アルミ素材を採用した本体はApple製品とよくマッチ。Macと並べて使用するのにぴったりな、おすすめのモデルです。

13桁の計算が可能な電卓機能を備えており、テンキーモードとの切り替えも簡単。計算結果をパソコンへ転送することも可能なので、手元で計算した数字をパソコンに入力するようなシーンで重宝します。

サテチ(Satechi) ワイヤレス スマート テンキー

Bluetoothでパソコンと接続して使用するテンキー電卓です。MacとWindowsどちらのOSを搭載したパソコンでも使用できます。ペアリングも使用するパソコンのOSを選び、「Conn」ボタンを長押しして表示されるパスコードを入力するだけと簡単。

電卓は13桁まで対応しているため、大きな桁数の計算をする機会が多い方におすすめ。単4乾電池2本で駆動しますが、約30分でスリープモードに移行するため、未使用時に無駄な電力を消費しにくいのもポイントです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) Bluetoothテンキー NT-MBT01

Bluetooth接続に対応したMac用のワイヤレステンキー電卓です。「00」キーを搭載しており桁の大きな数字入力に便利。電卓とテンキー機能の切り替えはボタン操作で簡単におこなえるので、パソコンへの入力作業中に電卓で計算するといったことも簡単です。

ボタン1つで計算結果をパソコンへ送信できるため、効率的な入力作業が可能。また、本体には傾斜を設けるなど入力をしやすくするための設計がされています。電源は単4乾電池2本です。1日8時間使用しても約2ヶ月使えるので、頻繁に電池交換をする必要はありません。

なお、Windowsには対応していないので、使用しているパソコンのOSをよく確認してから購入しましょう。

VBESTLIFE 2-in-1テンキー電卓

フラットな形状をしたスタイリッシュなデザインが特徴のテンキー電卓です。単4乾電池2本で駆動します。重量は約190gとスマホ程度のため持ち運びも簡単。

ソーラーパネルを搭載しており電卓機能だけなら電池がなくても使えます。電卓として使用する頻度が高く、時々パソコンのテンキーとしても使いたい方におすすめのモデルです。

テンキー電卓のおすすめ|USBモデル

カシオ(CASIO) ワイヤードテンキー電卓 MZ-20SR-N

オーソドックスな電卓風デザインが特徴のテンキー電卓です。コンパクトなので手持ちで計算するのにも適しています。

税込み・税抜きなど消費税計算が可能なため、営業や経理の現場でも便利に使用することが可能です。電源には太陽電池と補助電池の併用タイプを採用。計算中に光が遮られるようなシーンでも、内蔵電池で計算内容が保護されます。

付属のUSBケーブルでパソコンと接続して使用します。また、USBケーブルは本体背面にすっきりと収納することが可能です。持ち運ぶ際に邪魔にならず、紛失対策もできるので重宝します。

キヤノン(CANON) テンキー電卓 LS-12TK IV 4083B001

12桁の計算機能を搭載したテンキー電卓です。経理処理など桁数の大きな計算をする際にも便利。USBケーブルでパソコンと接続して使用します。巻き取り式のケーブルが付属しており自由に長さ調節ができるため、パソコンとの距離などデスク上のレイアウトに合わせやすいのがメリット。巻き取ればコンパクトに収納できるので、携帯しやすい製品を探している方にもおすすめのモデルです。

「テンキー」と「電卓」ボタンで簡単に機能切り替えがおこなえます。NumLockキー非連動に対応しているのもポイント。テンキー電卓側のNumLockをオンにしても、パソコン側キーボードの入力モードには影響しません。NumLock機能を搭載しているパソコンでも、正常に文字入力がおこなえるので便利です。

なお、WindowsOS搭載パソコンのみ対応しているので、購入時には留意しておきましょう。

ミラン(MILAN) テンキー機能付き電卓

スペインの文具メーカー「ミラン」が手がけるテンキー電卓です。数字キーと四則演算記号キーが色分けされているなど、入力ミスを防ぐ工夫も施されています。

だだし、Macには対応していないので、購入を検討している方は使用するパソコンのOSを確認しておきましょう。ポップなカラーのおしゃれな製品を探している方におすすめのモデルです。