24時間体制で稼働し続ける冷蔵庫は、日々の生活になくてはならないアイテムです。メーカーやモデルによって機能に大きな違いがあるので、どれを選べばよいのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、主要メーカーの特徴とおすすめの冷蔵庫をご紹介。選び方も解説するので、ぜひ参考にして納得の1台を選んでみてください。

冷蔵庫の選び方のポイント

容量をチェック

1人暮らし

By: rakuten.co.jp

1人暮らし向けの冷蔵庫としてスタンダードなのは、容量150L前後の2ドアモデルです。冷蔵庫の容量が110Lほどの場合、野菜室や製氷室は備わっていないことがほとんどなので留意しておきましょう。週末に作り置きをするなど、まとめ買いすることが多い方は容量200L以上の冷蔵庫も検討してみてください。

2人暮らし

By: jp.sharp

2人暮らしの場合は、人数×70L、常用容量70L、予備100Lで合計310Lが目安となります。料理を普段作らない方は200L以上のモノ、自炊を頻繁にする方は400Lまでのモノを基準に選んでみてください。

なお、300Lほどになると3ドアを採用しているモノもラインナップ。冷蔵室や野菜室などの配置も確認して選ぶようにしましょう。

3~4人家族

By: rakuten.co.jp

一般的に、3~4人家族となると容量400L以上の冷蔵庫がおすすめです。400L以上のモノだと機能性が充実しているモノも多くラインナップされています。

小さな子供がいる家庭でも、成長を見越して大きめの冷蔵庫を検討してみてください。なお、冷蔵庫は一度購入したら10年以上使うことも多く、買い替えると設置作業の手間もかかります。迷ったら大きめサイズの冷蔵庫を選択するというのも重要です。

5人家族以上

By: jp.sharp

5人以上の大家族となると、500L以上の冷蔵庫がスタンダード。大家族の場合、年齢層が幅広く食べ物の嗜好が異なることが考えられます。また、食事の時間が違う場合は、料理を作り置きしておくことも必要です。自身の生活環境に合わせて、対応できる容量の冷蔵庫を選んでみてください。

サイズをチェック

最近はスリム化が図られている冷蔵庫ですが、500Lクラス冷蔵庫になると幅と奥行きが70cm、高さは180cm、そして重量は110kg以上あります。そのため、設置できるスペースがあるか確認が必要です。目分量でなくメジャーなどでしっかり計測しましょう。フロントドアを開けたり、冷凍室を引き出したりする時の作業スペースもチェックしておくと安心です。

また、冷蔵庫の搬入経路を確認することも重要。冷蔵庫がドアから入るか、階段の踊り場で方向転換できるかなど細かい点まで注意してください。

加えて、冷蔵庫上段に手が届き、食材の出し入れができるかどうかを確認する必要があります。毎日使用する冷蔵庫なので、小柄な方は購入後に不便だと感じることがないようにチェックしておきましょう。

扉の開き方をチェック

右開き

By: sharp.co.jp

ドアが右側に開くタイプは、右利きの方が使いやすく、冷蔵庫の右側に壁があるキッチンで使いやすいのがメリットです。400L以下の冷蔵庫では特に一般的な冷蔵庫で、製品も数多くラインナップされています。そのため、選択肢が豊富で選びやすいのが特徴です。

左開き

By: sharp.co.jp

ドアが左側に開くタイプで、右利きの方が使いやすいタイプ。キッチンのレイアウトを考慮したときに、左開きタイプの方が便利な場合も考えられます。まずはキッチンのどこに配置するのかを考慮して購入を検討するようにしましょう。なお、右開き冷蔵庫に比べると製品数が少なく、選択肢が限られるので注意が必要です。

両開き

By: rakuten.co.jp

左右いずれにも開閉できるドアです。さまざまな場所に対応可能で、設置の自由度が高いのがメリット。転職や引っ越しなどが多い方におすすめです。ただし、両開きドアを採用する主要メーカーの冷蔵庫は少ないので留意しておきましょう。

フレンチドア(観音開き)

By: sharp.co.jp

冷蔵室のドアが真ん中から分かれており、左右2枚のドア構成になっているタイプ。左右一緒に開くことで大きなモノを出し入れできます。ドア1枚あたりの面積が小さいので、冷蔵庫前のスペースが狭くても開閉しやすいのが特徴です。

また、小さな食材の場合は片側だけを開閉すれば、冷気が逃げにくく、冷蔵庫の省エネにつながるのもポイント。デザイン性に優れた製品も多く、キッチンのインテリアにこだわりたい方はチェックしてみてください。

庫内レイアウトをチェック

By: panasonic.jp

冷蔵庫内のレイアウトもしっかりとチェックしておきたいところ。冷蔵室は冷蔵庫上部に配置されていることが多く、3〜4段のガラス製棚で区切られているのが一般的です。

ドアポケットは飲みものや卵、調味料を収納する定番の場所。自分のよく利用する食材が使いやすいようにレイアウトされているかチェックしておきましょう。

また、冷凍食品を頻繁に使う方は冷凍室中段にレイアウトされたモノを、野菜室をよく利用する方は野菜室が中段にレイアウトされた冷蔵庫を選んでみてください。

便利な機能をチェック

省エネ性能

冷蔵庫は常時稼働している家電製品なので省エネ性能もぜひチェックしておきたいポイント。省エネ性能を確認するための指標が「年間消費電力量」です。また、「省エネ基準達成率」は、省エネ基準目標値の達成率を%で表した数値。数字が大きいほど省エネが高いモデルです。

なお、冷蔵庫に食材を詰め込み過ぎると電力がかかる傾向にあるので注意が必要。ある程度余裕を持たせるよう整理するか、ひと回り大きな冷蔵庫を選ぶと安心です。

食品の鮮度を保つ機能

By: jp.sharp

食品の鮮度をできるだけ長く保ちたい方は、長期保存できる機能を有したモノを要チェック。高速に凍らせることで細胞破壊を予防できる冷凍室に加え、低温・高湿の庫内で食材の乾燥や酸化を防ぐ効果が期待できるチルド室、野菜の乾燥を抑えられる野菜室など、幅広く展開しています。

生のままでも長期保存できることで解凍の手間を省けるうえ、食感や栄養素もキープできる効果も期待できるのでおすすめです。

脱臭機能

By: panasonic.jp

多くの食品を1台の冷蔵庫に保管すると、食品にニオイが付いて風味を失ってしまうことがあります。ニオイ移りが気になる方は、脱臭機能を搭載したモノがおすすめです。ニオイの原因となる雑菌の繁殖を防ぐ効果が期待できるモノも多く、ニオイ対策ができるうえ、庫内をより衛生的に保てます。

なお、冷蔵庫全体に脱臭機能を搭載しているとは限らないので注意が必要。チルド室や野菜室など、どの庫内を消臭できるのかを確認しておくのも大切です。

自動製氷

By: panasonic.jp

タンクに水を入れておくだけで、自動的に製氷できる自動製氷機能。作られた氷は自動で専用容器に収容され、欲しいときに欲しい分だけ氷を取り出して使えるのが魅力です。

なかには、氷の大きさを調節できるモノやミネラルウォーターを使用できる高機能なモノもラインナップ。また、製氷室が独立しているモノなら、氷へのニオイ移りを防げるのでおすすめです。

切り替え室

By: hitachi.co.jp

大きなサイズの冷蔵庫には、自由に冷蔵室・冷凍室・野菜室を切り替えられる「切り替え室」を搭載したモノも存在します。旬野菜をたっぷりまとめ買いした場合には、野菜室へ切り替え。作り置きおかずやお弁当のおかず、離乳食など大量に冷凍したい場合は冷凍室に切り替えるなど、生活スタイルに合わせて使い分けられるのがメリットです。

耐熱トップテーブル

By: rakuten.co.jp

キッチンは、さまざまな電化製品を設置する場所。冷蔵庫を設置すると、さらにスペースが狭くなります。少しでもスペースを有効活用した方は、耐熱トップテーブルを搭載した冷蔵庫がおすすめです。耐熱温度が高く、電子レンジやトースターなど高温になる電化製品も設置できます。

なお、重すぎる電化製品を載せてしまうと、冷蔵庫が故障することもあるので注意が必要です。耐熱温度に加え、耐荷重量もチェックしておきましょう。また、サイズの大きな冷蔵庫を選ぶ際は、天面に手が届くかどうか確認しておくことも重要です。

ガラスドア

By: mitsubishielectric.co.jp

最近では、扉の素材に強化ガラスを使用したインテリア性の高い冷蔵庫が人気を集めています。耐久性・耐衝撃性・耐熱性が高いのが特徴。長年使用しても傷や凹みが付きにくく、見た目が劣化しにくいのが魅力です。汚れも簡単に拭き取れ、お手入れもラクにできます。

なお、素材がガラスなので、マグネットはくっつきません。マグネットを使った小物入れや、メモの貼り付けはできないため留意しておきましょう。

各メーカーの特徴

東芝(TOSHIBA)

By: rakuten.co.jp

東芝の冷蔵庫は、野菜室やチルド室の機能が充実。冷凍保存に向かない野菜や魚の刺身などを、野菜室やチルド室でおいしさをキープしながら長期間保存できます。

なかでも、「もっと潤う摘みたて野菜室」が人気です。Ag+フィルターとセラミック光触媒フィルターにより、野菜の成長を促すエチレンガスを軽減。野菜の老化を防ぐ効果が期待できます。また、「うるおい冷気」で湿度を約95%に維持。温度・湿度を最適化し、みずみずしさがキープしやすいのも魅力です。

三菱電機(MITSUBISHI)

By: rakuten.co.jp

三菱電機の冷蔵庫は、小分けして冷凍する手間を省ける「切れちゃう瞬冷凍A.I.」や、生のまま長期保存できる肉・魚専用の「氷点下ストッカーD A.I.」など、便利な機能を搭載しています。

「切れちゃう瞬冷凍A.I.」では、食材を-7℃に冷凍。包丁で切れるのはもちろん、冷凍スープなどをスプーンですくうことも可能です。小分けするのが面倒な離乳食やお弁当のおかずの作り置きにもおすすめ。また、カット野菜を冷凍すれば、パラパラとほぐして必要な分だけサッと取り出せます。

「氷点下ストッカーD A.I.」は、-3〜0℃の低温で肉・魚を生のまま長期保存。栄養分・風味・食感を損なわずに保存できるのがメリットです。

パナソニック(Panasonic)

By: rakuten.co.jp

パナソニックの冷蔵庫は、食品をすばやく冷却・冷凍できる機能が充実。なかでも、「冷ます」「急冷」「急凍」の3モードを切り替えられる「クーリングアシスト」が便利です。

大量の冷風シャワーで短時間で冷凍する急凍モードでは、おいしさをしっかりとキープ。冷ます・急冷モードでは、冷たいデザート作りや粗熱取りの時間を短縮できます。

刺身や肉を生のままおいしく保存したい場合は、「微凍結パーシャル」がおすすめです。-3℃のシャワー冷却と底面のアルミ冷却プレートで、食品をムラなく一気に冷却。食品の表面のみが微凍結し、長期保存でも鮮度を保てます。

また、脱臭・抗菌効果が期待できる微粒子イオン「ナノイー」や、庫内の食品の量などに合わせて自動で節電する「エコナビ」を搭載したモデルも人気です。

日立(HITACHI)

By: rakuten.co.jp

日立の冷蔵庫は、生活スタイルに合わせて冷蔵庫の使い方をカスタマイズできる機能が充実しているのが特徴。引き出し全体を冷蔵室・冷凍室・野菜室から選んで切り替えられる「ぴったりセレクト」や、冷蔵室全体を2℃のチルド室へ切り替えられる「まるごとチルド」などが人気です。

まるごとチルドでは、冷蔵室独立冷却システムを搭載しています。冷凍とは別の冷却器とファンを使用して冷蔵室を冷却することで、庫内の除湿量を抑え食品の乾燥を抑えられるのもメリット。「トリプルパワー脱臭」の効果で、ニオイ移りしにくいのもポイントでです。

シャープ(SHARP)

By: jp.sharp

シャープの冷蔵庫は、両開きの「どっちもドア」や右・左開きを切り替えられる「つけかえどっちもドア」など、扉の使い勝手が充実したモノを多くラインナップ。庫内の雑菌の繁殖を防ぐ効果が期待できる、「プラズマクラスターイオン」を搭載したモデルも人気です。

例えば、「プラズマクラスター雪下シャキット野菜室」では、野菜に付着した雑菌の繁殖の防ぐ効果が期待できます。「うるおいガード」と「5面輻射冷却」により、野菜室全体を低温・高湿に維持。野菜の甘みが増すうえ、みずみずしさを損なわず長期保存できるのが魅力です。

大量に冷凍したい方におすすめなのが「大容量メガフリーザー」。作り置きおかず・冷凍食品などたっぷりと収納できます。-40℃の冷気で従来の約3倍の速さですばやく冷凍。細胞破壊が少なく食品のおいしさや栄養素を逃しにくいのもメリットです。

冷蔵庫のおすすめモデル | 1人暮らし

パナソニック(Panasonic) パーソナル冷蔵庫 NR-B14C

サイズが幅48×奥行58.6×高さ111.9cmとコンパクトで、狭いキッチンでも設置しやすい右開きの冷蔵庫です。容量は138L。100℃の耐熱トップテーブルも搭載し、天面スペースを有効に活用できるのもメリット。ほかのインテリアと合わせやすい上質なデザインで、場所を選ばず設置しやすいのもポイントです。

上段には、容量94Lの冷蔵室を搭載。2Lのペットボトル、牛乳パック、調味料などはドアポケットに収納できます。ガラス棚を搭載し、食品のサイズに合わせて高さを調節可能。布などで汚れを簡単に拭きとれるので、手入れも簡単です。LED庫内灯が付いており、奥の食材もすぐに見つけられます。

下段には、容量44Lの引き出し式冷凍室を搭載。作り置きや冷凍食品などの保存に便利です。2021年省エネ基準達成率は101%。電気代を抑えたい方にも適しています。

アクア(AQUA) AQR-17J

サイズは幅52.5×高さ121.5×奥行59.3cmと幅広く、天面の耐熱100℃テーブルにワイドタイプのオーブンレンジも設置できる右開きの冷蔵庫。天面のスペースを有効活用したい方におすすめです。

上段の冷蔵室には、ドアポケット、高さを調節できるガラストレイ、引き出し式のフリーケースを搭載。飲み物や食品に合わせて便利に収納できます。

容量は168L。下段には、容量58Lの引き出し式冷凍室を備えています。冷凍ケースの上部には貯氷コーナー付きのバスケットも搭載し、製氷皿で作った氷を取り出して保存しておけるのもポイントです。氷を多めに作っておけば、夏場などの急な来客でも氷をサッと取り出せます。

冷蔵庫のおすすめモデル | 2人暮らし

シャープ(SHARP) SJ-PD28E

上段の冷蔵室だけでなく、下段の冷凍室も右開きのドアを搭載した冷蔵庫です。横から冷凍室の中を確認でき、目当ての食品をすぐに見つけられます。

冷凍室には、高さの異なる4段の引き出し式ボックスを搭載。食品の大きさごとに整理できるうえ、収納スペースを無駄なく使えるのもメリットです。「おいそぎ冷凍」も搭載。食品をすばやく凍らせることで、おいしさを損なわずに保存できます。

また、冷蔵室には「シャキット野菜室」を搭載。湿度を維持することで、野菜のみずみずしさを保持しながら長く保存できるのも魅力です。さらに、脱臭・抗菌効果が期待できる「ナノ低温脱臭触媒」も備えています。

日立(HITACHI) まんなか野菜 R-V32KV

幅60cmのスリム設計で、狭いキッチンでも設置しやすい右開きの冷蔵庫。ほかのインテリアと合わせやすいシンプルなデザインが魅力です。

容量は315L。上段の容量186Lの冷蔵室には、「うるおいチルド」を搭載しています。冷風が食品に当たらない仕組みで、食品の水分蒸発量を軽減可能です。

冷蔵室と冷凍室に挟まれた真ん中の段には「うるおい野菜室」を搭載。間接冷却カバーにより、野菜室内に水分を閉じ込め野菜のみずみずしさを長くキープできるのがメリットです。

東芝(TOSHIBA) GR-R33S

野菜に直接冷風を当てない設計で、野菜の鮮度を長く保てる右開きの冷蔵庫。容量82Lの野菜室を真ん中の段に搭載し、かがむことなく野菜を取り出せるのもメリットです。旬の野菜を買い置きしたい方にも最適。新鮮な野菜たっぷりの料理を楽しめます。

容量は330L。上段の冷蔵室には、生の肉や魚の保存に適したチルドルームも備えています。下段には冷凍室に加え、自動製氷機能も搭載し、給水タンクに水を入れておくだけでいつでもサッと氷を取り出せるのも魅力です。

シャープ(SHARP) SJ-W352E

右からでも左からでもドアを開けられる「どっちもドア」を搭載した冷蔵庫です。容量は350L。右利きでも左利きでも使いやすいうえ、場所を選ばす設置しやすいのもメリットです。

上段には容量183Lの冷蔵室を搭載。背が低めの方でも食品を出し入れしやすいローウエスト設計となっており、ペットボトルもラクに収納できます。また、「ナノ低温脱臭触媒」により、ニオイや雑菌の繁殖を防ぐ効果が期待できるのもポイントです。

中段には容量99Lの冷凍室、下段には容量68Lの野菜室を搭載。どちらとも引き出し式で、上からサッと食材を取り出せます。

パナソニック(Panasonic) ノンフロン冷凍冷蔵庫 NR-C371NL

使わない時間帯は自動で節電できる、左開きの冷蔵庫です。エコナビ機能を搭載。照度センサーが周辺の明るさを感知し、就寝中に節電モードに切り替えます。

容量は365L。容量87Lの野菜室を真ん中の段に搭載しています。かがむ必要がなく、重たいキャベツもラクに取り出せるので便利。また、野菜の代わりに、2Lのペットボトルを4本収納できるのもポイントです。

本体は幅59cmとスリム設計で、キッチンにすっきり設置できるのもメリット。自炊を頻繁にすぐ二人暮らしの方は、ぜひチェックしてみてください。

冷蔵庫のおすすめモデル | 3~4人家族

三菱電機(MITSUBISHI) MR-B46E

幅60cmとスリムながら、冷蔵室・冷凍室・野菜室・製氷室合わせて455Lと大容量な右開き冷蔵庫です。上段の容量239Lの冷蔵室には、「氷点下ストッカーD」を搭載。生のままでも長期間おいしく保存できるのがメリットです。凍らせないので、解凍の手間もなくすぐに調理できます。

冷蔵室の下には、「切れちゃう瞬冷凍A.I.」機能付きの容量26Lの瞬冷凍室を搭載。-7℃で食品を凍らせることにより、包丁でサクッと切れるのが魅力です。小分けせずに必要な分だけ切って使えます。

下段には「朝どれ野菜室」を搭載。密閉性が高く、水分蒸発を抑えることで、野菜のみずみずしさを維持しながらおいしく保存できます。

東芝(TOSHIBA) GR-S460FZ

食品の鮮度を維持して長く保存できる観音開きの冷蔵庫です。容量は461Lで、上段には容量236Lの冷蔵室を備えています。「うるおい冷気」で湿度を約85%に保つのが特徴。食材の乾燥をなるべく防ぎたい方におすすめです。

3つのモードが選べるチルドルームも搭載。生の食品を氷の結晶で包み込み、長期間の保存でもおいしさを維持できるのが魅力です。-4℃の冷気で一気に芯まで冷やすモードと、解凍モードも便利に使えます。

冷蔵室の下には、「もっと潤う摘みたて野菜室」を搭載。Ag+・セラミック光触媒のフィルターにより、野菜の老化を予防する効果が期待できます。「うるおい冷気」により乾燥も抑えられ、新鮮さを損なわずに野菜を保存可能です。

さらに、野菜室の下には「切り替え冷凍室」を搭載。冷凍の速度を切り替えたり、余分な水分を飛ばしながら冷凍できたりと食品に合わせて冷凍モードを切り替えることが可能です。天ぷらなどをおいしく冷凍できます。

日立(HITACHI) R-HWS47K

容量470Lの右開き冷蔵庫です。「まるごとチルド」を搭載しているのが特徴。上段の容量243Lの冷蔵室をまるごと2℃のチルド室に切り替えられ、食材の鮮度をより長くキープできます。「うるおい冷気」により、食品の乾燥や変色を抑えられるのも魅力です。

-1℃で生の肉や魚の鮮度を維持しながら保存できる「特鮮氷温ルーム」を搭載しているのもポイント。冷気が食品に直接当たらない設計で、ラップがなくても食品の乾燥を防げます。より長く保存できる冷蔵庫を探している方は、ぜひチェックしてみてください。

冷蔵庫のおすすめモデル | 5人家族以上

パナソニック(Panasonic) NR-F505HPX

業務用レベルの急速冷凍で、食品をおいしく保存できる観音開きの冷蔵庫です。上段の冷蔵室の下に容量27Lの「クーリングアシストルーム」を搭載。冷ます・急冷・急凍の3つのモードをが切り替えられます。なかでも急凍は、短時間で食品を凍らせることで肉や野菜の旨みを逃さず保存できるのが魅力です。

冷蔵室には、「微凍結パーシャル」を搭載。-3℃で食品の表面を微凍結させ、内部の酸化を抑えます。鮮度を維持しながら、長く保存できるのがメリットです。

下段には、「Wシャキシャキ野菜室」を搭載。密閉性の高い構造と「モイスチャーコントロールフィルター」により、庫内を最適な湿度に保ちます。さらに、「ナノイー」により雑菌の繁殖を防ぐ効果が期待できるのもポイント。野菜の鮮度とおいしさをキープしながら長く保存することが可能です。

シャープ(SHARP) SJ-AF50F

プラズマクラスターイオンにより、庫内を清潔に保つ観音開きの冷蔵庫です。容量は502L。上段の冷蔵室には「プラズマクラスターうるおいチルド」を、真ん中の段には「プラズマクラスター雪下シャキット野菜室」を備えています。

下段の「大容量メガフリーザー」では、4段に食材を分けてたっぷり収納できるのが魅力。最高60℃までのあたたかい食品をそのまま入れることが可能で、冷ます手間を省けるのもポイントです。高速で凍らせることで、肉などのドリップも予防。おいしさを損なわずに保存できます。

日立(HITACHI) R-KX57K

観音開きタイプの冷蔵庫です。下の2段を冷蔵室・冷凍室・野菜室から選んで切り替えられる「ぴったりセレクト」を搭載しているのが特徴。生活スタイルや季節に合わせて、冷蔵庫の使い方をカスタマイズできます。

容量は567L。上段の容量149Lの冷蔵室は「まるごとチルド」にも対応しており、鮮度をキープしながら保存することが可能です。また、「うるおい冷気」により、食品や野菜の乾燥も予防できます。

冷蔵室には、-1℃で肉や魚を生のまま長期間保存できる「特鮮氷温ルーム」も搭載。3種類の脱臭素材を使った「トリプルパワー脱臭」の効果で、ニオイ移りを予防できるのもポイントです。

三菱電機(MITSUBISHI) MR-WX70E

幅80cmとスリムながら、合計700Lと大容量の観音開きの冷蔵庫。スタイリッシュなガラスドアは、傷が付きにくく汚れも簡単に拭き取れます。半ドアを予防する「オートクローザー」を搭載しているのもポイントです。

上段には、容量378Lの冷蔵室を搭載。「セパレートガラスシェルフ」構造で、棚の高さを左右に分けて調節できます。また、棚の前半分を後ろに収納でき、高さの異なる食品を前と奥に分けて入れられるのもメリット。収納力の高い冷蔵庫を探している方にもおすすめです。

冷蔵室には、肉や魚を生のままおいしく保存できる「氷点下ストッカーD」も搭載。さらに、冷蔵室の下には、「切れちゃう瞬冷凍A.I.」に対応した容量45Lの瞬冷凍室も備えています。