24時間体制で稼働し続ける冷蔵庫は、生活になくてはならないアイテムです。食材を冷やすだけの単純なモノと捉えていると、どれを選んでも同じということになりかねないですが、実際は、メーカーやモデルによって機能に大きな違いがあります。

今回は、違いが分かりにくい冷蔵庫の選び方を解説。あわせて主要メーカーの特徴とおすすめの冷蔵庫をご紹介します。長い期間使う冷蔵庫なので、納得の1台を選びましょう。

冷蔵庫の選び方のポイント

容量をチェック

一人暮らし

By: amazon.co.jp

一人暮らし向けの冷蔵庫としてスタンダードなのは容量150L前後の2ドアモデルです。冷蔵室が110L、冷凍室40Lほどの容量。冷蔵庫の容量が110Lほどの場合、野菜室や製氷室は備わっていません。週末に作り置きをするため、まとめ買いすることが多いという方はあわせて200L以上の冷蔵庫も検討するとよいでしょう。

二人暮らし

By: amazon.co.jp

新婚などの二人暮らしで、自分たちではほとんど料理しないという方は270L前後の3ドア冷蔵庫で充分といえます。しかし、料理をする方には300L以上の冷蔵庫をおすすめします。食材をまとめ買いしたり、料理を作り置きしたりするということを考えた場合、余裕を持って保存できるので平日に料理をする時間が取れないという方にもピッタリ。また、来客時の食事の準備などにも便利です。

3~4人家族

By: amazon.co.jp

一般的に、3~4人家族となると容量400L以上の冷蔵庫が必要です。小さなお子さんがいる家庭でも、成長を見越して大きめの冷蔵庫を検討することをおすすめします。冷蔵庫は一度購入したら10年以上使うことも多く、買い替えると設置作業の手間がかかります。迷ったら大きめサイズの冷蔵庫を選択するというのも重要です。

5人家族以上

By: amazon.co.jp

5人以上の大家族となると500L以上の冷蔵庫がスタンダード。大家族の場合、年齢層が幅広く食べ物の嗜好が異なることが考えられます。また、食事の時間が違う場合は料理を作り置きしておくことも必要です。自身の生活環境に合わせて、対応できる容量の冷蔵庫を選ぶことをおすすめします。

500L以上の冷蔵庫は500L・550L・600Lという3つの容量が主流です。各冷蔵庫とも、ほぼ15〜20万円の価格帯に集中しています。価格差が比較的小さいので、サイズがより大きな冷蔵庫を選んでおくと便利です。

サイズをチェック

最近はスリム化が図られている冷蔵庫ですが、500Lクラス冷蔵庫になると幅と奥行きが700mm、高さは1800mm、そして重量は110kg以上あります。そのため、設置できるスペースがあるか確認が必要です。目分量でなくメジャーなどでしっかり計測しましょう。フロントドアを開けたり、冷凍室を引き出したりする時の作業スペースもチェックしておくと安心です。

また、冷蔵庫の搬入経路を確認することも重要。冷蔵庫がドアから入るか、階段の踊り場で方向転換できるかなど細かい点まで注意してください。

加えて、冷蔵庫上段に手が届き、食材の出し入れができるかどうかを確認する必要があります。毎日使用する冷蔵庫なので、小柄な方は購入後に不便だと感じることがないようにチェックしておきましょう。

扉の開き方をチェック

右開き

By: sharp.co.jp

ドアが右側に開くタイプは、右利きの方が使いやすく、冷蔵庫の右側に壁があるキッチンで使いやすいのがメリットです。400L以下の冷蔵庫では特に一般的な冷蔵庫で商品も数多くラインナップしています。そのため、選択肢が豊富で選びやすいのが特徴です。

左開き

By: sharp.co.jp

ドアが左側に開くタイプは、冷蔵庫の左側に壁などがあると出し入れがしにくくなります。右開き冷蔵庫に比べると商品数が少なく、選択肢が限られるので注意が必要です。キッチンレイアウトの都合上、左開き冷蔵庫が必要な場合もあります。まずはキッチンのどこに配置するのかを考慮して購入を検討しましょう。

両開き

By: amazon.co.jp

左右いずれにも開閉できるドアです。さまざまな場所に対応可能で設置の自由度が高いのがメリット。ただし、両開きドアを採用する主要メーカーの冷蔵庫は少なく、シャープ冷蔵庫の「どっちもドア」だけが対応しているというのが現状です。

また、シャープの小型冷蔵庫には「つけかえどっちもドア」という冷蔵庫もあります。開閉方向を左右いずれかに付け替えられるという製品なので、左右で自由に開閉できるドアではないので注意してください。

フレンチドア(観音開き)

By: sharp.co.jp

冷蔵室のドアが真ん中から分かれて左右2枚のドア構成になっているタイプ。左右一緒に開くことで大きなモノを出し入れできます。ドア1枚あたりの面積が小さいので、冷蔵庫前のスペースが狭くても開閉しやすいのが特徴です。

また、小さな食材の場合、片側だけを開閉すればOK。冷気が逃げにくく冷蔵庫の省エネにつながるというメリットもあります。460L以上の大型冷蔵庫で採用されることが多いドアです。

庫内レイアウトをチェック

By: panasonic.jp

よく利用される冷蔵室は冷蔵庫上部に配置されています。3〜4段のガラス製棚で区切られているのが一般的です。棚を折りたたんで鍋やスイカといった背の高いモノを収納できるように工夫されています。

ドアポケットはペットボトル飲料や卵、調味料を収納する定番の場所。使う頻度や大きさが異なるモノが多いのが特徴です。自分のよく利用する食材が使いやすいようにレイアウトされているかチェックしておくことをおすすめします。

2ドアタイプ小型モデルは冷凍室が冷蔵庫の下部に設置されていることが多いですが、大容量冷蔵庫は冷凍室が中段に、野菜室が最下段に配置されたモデルが主流です。野菜室をよく利用するため下では使いにくいという方は、野菜室が中段にレイアウトされた冷蔵庫を選ぶとよいでしょう。

省エネ性能をチェック

冷蔵庫は常時稼働している家電品なので省エネ性能もぜひチェックしておきたいポイント。省エネ性能を確認するための指標が「年間消費電力量」です。また、「省エネ基準達成率」は省エネ基準目標値の達成率を%で表した数値。数字が大きいほど省エネが高いモデルです。

いずれの指標も冷蔵庫のカタログやホームページで記載されているので、あらかじめチェックすることをおすすめします。なお、冷蔵庫に食材を詰め込み過ぎると電力がかかる傾向にあるので、適宜整理するか、あらかじめひと回り大きな冷蔵庫を選ぶと安心です。

各メーカーの特徴

東芝(TOSHIBA)

By: toshiba-lifestyle.co.jp

2世帯住宅などにおすすめの大容量モデルを多くラインナップしているメーカーです。大容量ですが冷蔵庫本体のサイズはスリムなので、省スペースでも設置できます。

特に野菜を保存することの多い方にはベジータシリーズがおすすめ。野菜室の容量が大きく、中段に設置されているため出し入れも簡単です。野菜室の湿度を高く保って新鮮な状態で保管できます。

三菱電機(MITSUBISHI)

By: mitsubishielectric.co.jp

幅広いサイズの冷蔵庫をラインナップしているメーカー。大容量なモデルも独自技術によってコンパクトに設置できるため、キッチンスペースが限られている方にもおすすめです。

保存方法が豊富で、野菜を新鮮に保つ「朝どれ野菜室」をはじめ、食材の風味を損なわずに長期保管できる「氷点下ストッカーD」や冷凍した食材を解凍せずにそのまま切れる「切れちゃう瞬冷凍」などの機能を搭載。それぞれの食材を最適な状態で保管できます。

パナソニック(Panasonic)

By: panasonic.jp

食材をまとめ買いすることの多い方におすすめのメーカーです。微凍結パーシャル機能を備えているモデルなら、食材の細胞を破壊せずに長期保管が可能。解凍する必要もないためすぐに調理できます。

また、パナソニックの製品は省エネ性能も優秀です。エコナビを備えたモデルなら、扉の開閉記録から適切な節電モードを自動で選択するため、時間や曜日に合わせて節電ができます。

日立(HITACHI)

By: kadenfan.hitachi.co.jp

料理を作り置きすることが多い方におすすめのメーカーです。野菜の乾燥を防いで新鮮に保てる「新鮮スリープ野菜室」や長期間食材の鮮度を保ったまま保存できる「真空チルド機能」などを備えているため、ラップの使用量を減らし廃棄野菜も減らせます。

また、熱い鍋をそのまま冷蔵庫に入れられるオート冷却機能などを備えたモデルなら、作った料理をすぐに保管可能です。ニオイを炭酸ガスに変えるプラチナ触媒も採用しており、肉や魚のニオイを低減する効果も期待できます。

シャープ(SHARP)

By: sharp.co.jp

利便性の高さを重視する方におすすめのメーカーです。電動アシストドアを採用しているモデルなら、半ドア状態にすると自動で閉まるため、重いペットボトルなどを入れている時に便利。小さな子どもや高齢者の方も簡単に閉められます。

また、シャープ独自のどっちもドアも魅力です。左右どちらにも開けられるうえ、ドアの方向を考えずに設置できるため、模様替えや引っ越しの時も買い替える必要がありません。

プラズマクラスター機能の付いたモデルもあり、イオンによって冷蔵庫内のニオイを除去する効果が期待できます。リビングの近くに冷蔵庫を置く方にもおすすめです。

冷蔵庫のおすすめモデル

シャープ(SHARP) 冷蔵庫 SJ-PD27D

シャープ(SHARP) 冷蔵庫 SJ-PD27D

1~2人暮らしにおすすめの容量271Lの冷蔵庫です。102Lのボトムフリーザーを搭載しているため買い置きの多い方にもおすすめ。リフレッシュケースや野菜ケースもあるので、肉・魚・野菜などを新鮮なまま保管できます。

消費電力の少ないLED照明を採用しており、庫内を隅々まで見渡せるのも魅力。節電モードに切り替えれば、さらに省エネで運転できます。

また、本製品は冷気の除菌効果が期待できるプラズマクラスターを採用しているため、ワンルームに置く場合などニオイが気になる方にもおすすめ。ナノ低温脱臭触媒も採用しており、雑菌やカビの繁殖の抑制効果も期待できます。

三菱電機(MITSUBISHI) 冷蔵庫 MR-P15C

三菱電機(MITSUBISHI) 冷蔵庫 MR-P15C

年間消費電力304Wで省エネ基準達成率100%の冷蔵庫です。電気代を抑えたい方におすすめ。146Lと小型で2ドアを採用しており、500mLのペットボトルが立てられる大容量のドアポケットを有しています。

冷蔵室の最下段に配置した低温ケースは、チーズやハムなどの加工食品の保管にも便利です。冷蔵室は傷がつきにくく汚れが簡単に拭き取れる3段のガラス棚を採用しており、取り外しもできるためすっきりと収納できます。

ボトムフリーザーは46Lで上下段に分かれており、アイスやペットボトルなどを背の高さに合わせて収納可能。冷蔵室と冷凍室はそれぞれの温度調節できます。

小型冷蔵庫ですが自動霜取り機能付きで定期的な手間がかからないのも魅力です。耐熱トップテーブルを採用しているため、上部にレンジなどを置けます。約22dBと静音性に優れており、ワンルームなどに置きたい時にもおすすめです。

パナソニック(Panasonic) 冷蔵庫 NR-F504HPX

パナソニック(Panasonic) 冷蔵庫 NR-F504HPX

貯蔵量を重視する方におすすめの冷蔵庫です。容量500Lなので買いだめすることの多い方や5人以上で使用する方にもおすすめ。設置場所を選ばない観音開きで、大容量ながらも幅約65cmと省スペースに設置できます。

棚を100%引き出せるワンダフルオープンタイプなので奥の方のモノも簡単に取り出し可能。重さを分散するベアリング式レールを採用しているため、重い棚も片手で簡単に開閉できます。

また、-3℃で保存できる微凍結パーシャルも搭載。冷凍しないため食材が痛みにくく、作り置きのおかず・肉・野菜などの保存に便利です。

さらに、湿度を一定に保って野菜の乾燥を防ぎ、新鮮なまま保管できるWシャキシャキ野菜室を備えているのも魅力のひとつ。小物野菜ケースや葉野菜コーナーなど、食材によって適した状態で保存できます。

シャープ(SHARP) 冷蔵庫 SJ-W411E

シャープ(SHARP) 冷蔵庫 SJ-W411E

取り出しやすさを重視したい方におすすめの製品です。床面から93cmのローウェスト設計で、背の低い方でも重いペットボトルを楽に出し入れできます。412L容量で3~4人での使用におすすめです。

ドアには左右のどちらからでも開ける「どっちもドア」を採用しているため、引っ越しなどで設置場所が変わっても安心。冷気を除菌する効果が期待できるプラズマクラスターイオンを放出するため、寝室近くやリビングなどにも設置できます。

また、急速冷凍にも対応しており食品の霜付きやドリップを抑えて新鮮なまま保存可能。野菜室にはスライドケースを備えており、野菜の大きさに合わせて収納できるため自炊することの多い方にもおすすめです。

日立(HITACHI) 冷凍冷蔵庫 6ドア定格内容積735L R-WX74J

日立(HITACHI) 冷凍冷蔵庫 6ドア定格内容積735L R-WX74J

冷蔵庫の選ぶ際に容量の大きさを重視している方におすすめの製品です。735Lと大容量で5人以上で使用する方におすすめ。観音開きで設置場所を選びません。押しただけで開く電動引き出しを採用しており、重くなった冷蔵庫も楽に開けられます。

本製品は、冷蔵庫内に作り置きのおかずや総菜の保存に便利な約2℃の低温冷蔵スペースを備えているのが特徴です。温度センサーで食品の温度を検知して冷却するため、温かい鍋も素早く冷却できます。

また、真空チルドも備えており、庫内の水分を逃さず食品の乾燥防止が可能。肉や魚が酸化しにくく見た目も鮮やかで、風味・鮮度・栄養素などを守って保存できます。

さらに、野菜を眠らせるようにして保存できる「新鮮スリープ野菜室」を搭載しているため野菜の保存にもおすすめ。野菜の気孔が閉じるので栄養素の減少を抑えられるほか、うるおいカバーで野菜室を密閉して湿度を保つため長期間新鮮なまま保存できます。

シャープ(SHARP) 冷蔵庫 SJ-D14D

シャープ(SHARP) 冷蔵庫 SJ-D14D

一人暮らしの方におすすめの137Lの冷蔵庫です。選び方の1つにドアの開き方がありますが、本製品は左右に付け替えられるため、模様替えなどで設置場所が変わっても使い続けられます。

また、耐熱100℃のトップテーブルを採用しているため電子レンジなどを上に乗せられるのも魅力。幅48cmとコンパクトでワンルームなどにも省スペースに設置可能です。

庫内にはフリーケースが付属するため、さまざまな食品をすっきりと収納できます。46Lのボトムフリーザーを搭載しているため、まとめ買いすることの多い方にもおすすめです。

三菱電機(MITSUBISHI) 置けるスマート大容量 MXシリーズ MR-MX50D

三菱電機(MITSUBISHI) 置けるスマート大容量 MXシリーズ MR-MX50D

ドア開閉を検知し自動で省エネ運転する冷蔵庫です。選ぶ際に省エネ性能を重視する方におすすめ。使わない部屋は冷気をセーブして積極的に節電するため、電気代を抑えられます。

503Lと大容量ですが、独自技術で幅65cmと省スペースに設置できるため省スペースに設置したい方にもおすすめです。左右に開く観音開きでドアの開閉スペースも取りません。

本体中心には「朝どれ野菜室」を配置しており、野菜が簡単に取り出せます。4つのエリアに区切られており、野菜の大きさに合わせて収納できるため自炊の多い方にもおすすめです。

また、独自の冷却技術で生のまま保存できる「氷点下ストッカー」も備えており、食材の傷みを防げます。解凍せずに切れる「切れちゃう瞬冷凍」もあり、調理時間を短縮したい方にもおすすめです。

東芝(TOSHIBA) VEGETA GR-M470GW

東芝(TOSHIBA) VEGETA GR-M470GW

冷蔵庫の選ぶ際に省スペースと大容量のどちらも両立したい方におすすめです。465Lと大容量ですが幅60cmで観音開きなので設置場所を取りません。また、触れるだけでオープンするため、両手がふさがっている時にも便利です。

野菜室は中央に配置してあり、ミストチャージユニットを搭載した「摘みたて野菜室」を採用しています。冷気中の水分だけを抽出して野菜室内に吹き付けるため、野菜に適した湿度で管理可能です。

また、アルミトレイを採用した「速鮮チルドルーム」も魅力。大風量で素早く冷却し鮮度落ちを防ぎます。凍らないぎりぎりの-4℃前後を維持するため、冷凍よりも食材の細胞を壊しにくく食感や風味の維持が可能です。

扉の開閉頻度に応じて節電モードを切り替える省エネ設計なのも魅力。通常時よりも20%節電しながら運転するecoモードにも対応しているため、出張などで長期間外出する際も電気代を節約できます。

日立(HITACHI) 6ドア冷蔵庫 R-F51M3

日立(HITACHI) 6ドア冷蔵庫 R-F51M3

冷蔵庫の選ぶ際に、新鮮さを重視する方におすすめの製品です。チルドルーム内へ間接的に冷気を入れる「うるおいチルド」を搭載しており、食品の乾燥を抑えられます。また、食材に合わせて約-1℃と約1℃の冷却レベルを選べるのも魅力です。

さらに、野菜から出る水分を野菜室に閉じ込める「うるおい野菜室」を搭載しており、野菜の新鮮さも保てます。それぞれの食材を適切な管理で新鮮に保てる冷蔵庫です。

冷凍庫内には3段ケースを備えており、保存する食材の大きさに合わせて収納できます。505Lの大容量ですが、食品が見つけやすく出し入れが簡単です。

また、使用パターンを学習して自動で節電するため電気代を節約したい方にもおすすめ。ドアアラームにも対応しており、閉め忘れを防げます。

東芝(TOSHIBA) 冷凍冷蔵庫 GR-M17BS

東芝(TOSHIBA) 冷凍冷蔵庫 GR-M17BS

冷蔵室と冷凍室を備えている171Lの冷蔵庫です。除菌効果の期待できる脱臭フィルターを採用しているため、ニオイの移りやすいカレーなどの保存にもおすすめ。ワンルームなどリビングが近い場合も気軽に設置できます。

冷蔵室内には3段のドアポケットと耐久性に優れた3段のガラス棚を配置。収納スペースが広く、自炊することが多い方にもおすすめです。天面には明るいLED照明を備えており、庫内を十分に見渡せます。

東芝(TOSHIBA) 411L 左開き 5ドア冷蔵庫 GR-P41GL-S

東芝(TOSHIBA) 411L 左開き 5ドア冷蔵庫 GR-P41GL-S

By: toshiba-lifestyle.co.jp

野菜室を中心に配置している冷蔵庫です。容量は411Lなのでよく自炊をする2~3人暮らしの方におすすめ。左開きのみ対応しているため、設置の際左側に壁が来るよう配置するとスムーズに使用できます。

野菜室ではエチレンガスを分解し野菜を新鮮に保てる機能を搭載。変色やしおれを気にせず長期間野菜を保存できます。幅60cmと省スペース設計なのでマンションなどに住んでいる方にもおすすめです。

三菱電機(MITSUBISHI) 451L 5ドア冷蔵庫 MR-MB45EL-ZT

三菱電機(MITSUBISHI) 451L 5ドア冷蔵庫 MR-MB45EL-ZT

肉・魚などの保存に便利な「切れちゃう瞬冷凍」機能を搭載している冷蔵庫です。冷凍庫から出してそのまま食材をカットできるため、解凍の手間が省けてよりスムーズに調理できます。

また、生野菜を新鮮に長期保存できる「氷点下ストッカーD」も採用。野菜室を中心に配置しているため野菜の出し入れがしやすく、自炊することの多い方におすすめです。

さらに冷蔵庫のモデルをチェックしたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。