書類や写真を印刷するなど、ビジネスシーンはもちろんプライベートでも活躍するのが「プリンター」。FAXやスキャンといった印刷以外の機能を備えたモデルもあるため、機種選びに迷っている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、プリンターの種類や選び方についてご紹介します。種類別のおすすめモデルも解説するので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

プリンターの種類

インクジェットプリンター

By: epson.jp

熱や圧力を利用し小さな粒子状にしたインクを、直接用紙に吹き付けることで印刷する方式のプリンターです。レーザープリンターと比較してプリントスピードやランニングコスト面では劣るものの、印刷解像度が高く色再現性にも優れているのが特徴。写真を綺麗に印刷したい方などにおすすめのタイプです。

また、電源を入れてから使用可能になるまでの時間が短いのもポイント。待ち時間が短くて済むので、忙しいビジネスの現場などでも重宝します。

レーザープリンター

By: brother.co.jp

高い電圧をかけて帯電させたドラムにトナーを付着させ、用紙に転写することで印刷する方式のプリンターです。トナーとはインクの代わりに使用する粉状の色材を指します。プリントスピードが速いので、毎日、大量の印刷を行うオフィスなどにおすすめです。

なお、解像度や色再現性といった面ではインクジェットプリンターより劣るため、写真を綺麗に印刷するような用途には向いていません。購入を検討している方はあらかじめ留意しておきましょう。

プリンターと複合機の違い

プリンター

By: amazon.co.jp

印刷に特化した単機能の製品です。スキャナーやFAXといった機能を搭載していないため、本体がコンパクトでリーズナブルなのが特徴。また、操作がシンプルで取り扱いがしやすいのも魅力です。

書類をプリントするだけの方や、年賀状の印刷などにしかプリンターを使わない方におすすめ。安価で使いやすいモデルを探している方はぜひチェックしてみてください。

複合機

By: brother.co.jp

印刷はもちろん、FAXやスキャナー、コピーなど、複数の機能を搭載しているのが複合機の特徴です。FAXで商品やサービスの受発注を行ったり、顧客に提出する資料をコピーしたりと、さまざまな作業を1台でこなすことが可能。オフィスやSOHOなどのビジネス用途では重宝します。印刷以外の用途でも使いたい方はチェックしてみてください。

プリンターの選び方

インクカートリッジの種類をチェック

分離型

By: amazon.co.jp

1色ごとにインクカートリッジが独立しているタイプです。各インクカートリッジを単独で交換できるのが特徴。印刷中にインクがなくなっても、空になった色のカートリッジだけを交換して対処することが可能です。

大量のカラー印刷が必要な用途や、特定の色をよく使用するような使い方に適しています。カラープリントのランニングコストを抑えたい方におすすめのタイプです。

一体型

By: amazon.co.jp

すべてのカラーカートリッジが一体になったタイプ。カートリッジが1つしかないため、面倒な交換作業をできるだけ簡単に済ませたい方におすすめです。

なお、1色でもインクがなくなれば、ほかのカラーインクが残っている場合でもカートリッジごと交換する必要があるので注意しておきましょう。

トナー

By: amazon.co.jp

インクと同じようにブラックと複数の色をもつ、レーザープリンターで使用される粉状の色材です。1枚あたりの印刷コストが低いため、大量に印刷する用途に向いています。

なお、繊細な色表現は苦手で、写真をプリントするような用途には不向きなので留意しておきましょう。文字や図形といったビジネス文書などを、大量に印刷するシーンで活躍します。

インクの種類をチェック

顔料インク

By: amazon.co.jp

顔料インクは文字や色をはっきりと表現できるのが特徴です。粒子が大きく用紙の表面で定着するため、多様な紙質の用紙を使用することが可能。展示用の作品をプリントするのにもおすすめのインクです。

また、水に溶けにくいのも顔料インクのメリット。マーカーペンなどで上からなぞっても滲みにくいので、プレゼン資料を印刷するような用途でも活躍します。さらに、速乾性に優れており、色が安定するまでの時間が短いのもポイントです。

染料インク

By: amazon.co.jp

染料インクは鮮やかな発色と色彩にくわえ、光沢感のある仕上がりが特徴。そのため、写真などの画像を印刷する機会が多い方におすすめのインクです。なお、用紙に染み込みやすく、インクが乾燥し定着するまでに時間を要するので注意しておきましょう。

ちなみに、最近は顔料と染料インクを組み合わせた、ハイブリッドタイプのインクを採用する製品なども販売されています。写真と文字の混在した書類などを印刷する方は、ぜひチェックしてみてください。

ランニングコストをチェック

By: amazon.co.jp

大量に印刷をするのであれば、プリンターの購入価格だけでなく、ランニングコストにも注目しましょう。ビジネス用途なら印刷コストの低いレーザープリンターがおすすめ。また、家庭用のインクジェットプリンターでも「エコタンク」や「大容量タンク」を搭載したモデルであれば、インク代を低く抑えることが可能です。

そのほか、両面印刷機能を備えているかどうかも大切なポイント。ビジネス用途でも内部用の資料であれば、両面印刷を活用することで用紙代を節約できるため重宝します。

用途に合ったモデルを選ぶ

写真

By: epson.jp

写真を印刷するのであれば、高解像度で色再現性にも優れたインクジェットプリンターがおすすめ。写真専用の光沢紙を使用すれば、写真専門店でプリントしたような光沢のある写真に仕上げることも可能です。

また、自慢の写真を作品として飾っておきたい方は、A3サイズに対応したプリンターが最適。額などに入れておくと見栄えもするため、ぜひ検討してみてください。

文書・書類

By: amazon.co.jp

大量の文書や書類を印刷する用途にはレーザープリンターが適しています。印刷スピードが速くランニングコストも低いので、ビジネス用途に最適です。

また、インクジェットプリンターを使う場合には、顔料インクを使用した製品がおすすめ。細かな文字や細い罫線などもハッキリと印刷できます。さらに、インクジェットプリンターでもエコタンクを搭載した製品であれば、ランニングコストを抑えることも可能です。

プリンターのおすすめメーカー

エプソン(EPSON)

By: amazon.co.jp

家庭向けインクジェットプリンター「カラリオ(Colorio)」シリーズが人気のメーカーです。多様なニーズに対応できるよう、機種バリエーションが豊富なのが特徴。ブラックに顔料インクを使用することで、写真だけでなく文字や罫線も綺麗に印刷できるよう設計されている製品もラインナップされています。また、レーザープリンターの種類も豊富なので、目的にあった機種を選ぶことが可能です。

キヤノン(Canon)

By: amazon.co.jp

デジカメやビデオカメラといった映像機器でも人気のメーカーです。インクジェットプリンターでは「ピクサス(PIXUS)」シリーズが有名。手頃な価格の製品から、写真の印刷品質にこだわったモデルまで幅広くラインナップされています。特大サイズのインクタンク搭載モデルも展開しているので、コスト重視の方もぜひチェックしてみてください。

ブラザー(Brother)

By: amazon.co.jp

名古屋に本社を構える、ミシンの製造からスタートしたメーカーです。現在はミシンはもちろん、プリンターやスキャナー、複合機など多様な製品を取り扱っています。ビジネスでの使いやすさやランニングコストに重点をおいた、独自の製品開発を行っているのが特徴。コスパのよさを求める方におすすめのメーカーです。

メーカーのおすすめモデル

エプソン(EPSON) EP-M552T

エプソン(EPSON) EP-882A

大容量のインクタンクを搭載し、ボトルから直接インクを補充する「エコタンク方式」のプリンター。印刷コストが低いので、インク代を気にせずプリントしたい方におすすめです。

「EP-M552T」は、エコタンク方式のなかでもリーズナブルな価格を実現。今欲しい機能がぎゅっと凝縮されており、手軽にプリントを楽しみたい方にピッタリのモデルです。

インクボトルは標準の使い切りサイズに加えて、印刷頻度が高い方向けに増量ボトルを用意。編集部調べでは、使い切りサイズ1本あたりの市場価格は600円(税抜)、増量サイズは2,000円(税抜)となっており、手頃な価格でインクを購入できるのも魅力です。

スマホとの親和性が高く、QRコードをスマホのカメラで読み込むだけで、プリンターとの接続が可能。4色染料インク搭載で、写真プリントを色鮮やかに仕上げます。天面には、手差し式のシートフィードスキャナーを搭載。用紙を挿すだけでコピーやスキャンを簡単に行えます。

なおエプソンでは、2020年2月20日(木)から2020年6月1日(月)を対象購入期間として、『春のキャッシュバックキャンペーン』を実施中です。対象期間に今回ご紹介する「EP-M552T」と対象インク※を購入すると、5,000円分のVisaギフトカードがもらえます。 ※対象インクはキャンペーンページでご確認ください。

インクジェットプリンターのおすすめモデル

エプソン(EPSON) A4 インクジェットプリンター PX-105

エプソン(EPSON) A4 インクジェットプリンター PX-105

印刷に特化した単機能タイプのA4カラープリンターです。コンパクトなボディで設置場所を選ばないため、SOHOの方にもおすすめ。普通紙で50000ページの耐久性を備えており、ビジネスシーンでも安心して使用することが可能です。

分離型の4色カラーインクカートリッジを採用。必要なカラーインクだけを交換できるので、カートリッジを無駄にすることもありません。また、全色顔料インクを採用しているのもポイント。水濡れに強いうえ、蛍光ペンでマーキングしても滲みにくいため、会議用資料のプリントにも便利です。シンプルなプリンターを探している方はチェックしてみてください。

エプソン(EPSON) A4 カラーインクジェット複合機 EW-M752T1

エプソン(EPSON) A4 カラーインクジェット複合機 EW-M752T1

ランニングコストを抑えたい方におすすめの、エコタンク搭載モデルです。A4文書の場合、カラーで約2.7円/枚、モノクロなら約1.2円/枚で印刷できるプリントコストの低さが魅力。インクの補充もボトルを差し込むだけと簡単です。補充が完了すると自動で止まるため、手間もかかりません。

4色の染料インクに黒色顔料インクをくわえた、5色インクを採用。文字はクッキリと見やすく、写真は鮮やかに印刷することが可能です。写真と文書が混在する書類のプリントにも適しています。

コピーとスキャン機能を搭載しているのもポイント。会議の際に人数分の資料を揃えたり、手持ちの紙資料をメールに添付して送ったりする際に便利です。

エプソン(EPSON) A3ノビ インクジェットプリンター SC-PX5VII

エプソン(EPSON) A3ノビ インクジェットプリンター SC-PX5VII

展示作品の印刷にも使用可能な、高画質インクジェットプリンターです。「Epson UltraChrome K3インク」を採用しているのが特徴。黒系インクに「ライトグレー」「グレー」「ブラック」の3色を使用しており、従来モデルと比較してモノクロプリントの表現力が一段と向上しています。

プロのクリエイターはもちろん、こだわりの1枚を作品として印刷したい方にもおすすめのモデルです。L判からA3ノビサイズまでの用紙に対応しているため、多様な大きさで作品のプリントが行えます。

また、手差しによる給紙が前面からできるのもポイント。大判で厚手の用紙でも給紙がしやすいので便利です。さらに、背面から作業をしなくてもよいため、プリンター後方にスペースを確保する必要もありません。設置場所の自由度が大きいのも魅力のひとつです。

エプソン(EPSON) A5 カラリオミー PF-71

エプソン(EPSON) A5 カラリオミー PF-71

手軽に写真印刷をしたい方におすすめの、インクジェットプリンターです。4色染料インクを使用しており、色再現性に優れた鮮やかな色彩の写真印刷が可能。また、一体型のインクカートリッジを採用しているので、交換作業もワンタッチと簡単です。

2.7型カラー液晶モニターを搭載しているのもポイント。プリンター上で写真を選んで印刷できます。さらに、SDカードスロットを搭載しており、デジカメで撮影した写真を直接プリントできるため便利です。

なお、ランニングコスト面では、分離型やエコタンク搭載モデルと比較して劣るので留意しておきましょう。比較的、印刷する頻度の少ない方に適しています。

キヤノン(Canon) A4 インクジェットプリンター モノクロ GM4030

キヤノン(Canon) A4 インクジェットプリンター モノクロ GM4030

大容量「ギガタンク」を採用したモノクロプリンターです。ボトル1本で約6000枚、エコノミーモードなら約8300枚のプリントが可能。毎日、大量のモノクロ印刷を行うオフィスなどにおすすめのモデルです。

顔料ブラックインクを採用しているため、細かな文字や数字もクッキリと印刷できます。また、カラー印刷に対応しているのもポイント。オプションのカラーカートリッジを装着すればカラープリントもできるなど、状況に応じて幅広い用途に使えるモデルです。

前面の給紙カセットには250枚のA4普通紙がセットできます。背面トレイを利用すればさらに100枚、計350枚の給紙ができるので頻繁に用紙の補給を行う手間もかかりません。ただし、macOSには対応していないので、購入を検討している方はあらかじめ留意しておきましょう。

キヤノン(Canon) A4 インクジェット複合機 PIXUS TS5330

キヤノン(Canon) A4 インクジェット複合機 PIXUS TS5330

リビングにも馴染みやすい、シンプルなデザインのインクジェットプリンターです。スマホフレンドリーな機能を多数搭載しているのが特徴。専用の無料アプリをインストールすれば、スマホから直接印刷したり、逆にプリンターでスキャンした画像をスマホに保存したりできます。

インクカートリッジには、染料系の3色カラーと顔料系ブラックを使用した「4色ハイブリッドインク」を採用。色鮮やかなカラー写真だけでなく、細かな文字や罫線混じりの文書も綺麗に印刷することが可能です。

キヤノン(Canon) A4 インクジェット複合機 PIXUS TS8330

キヤノン(Canon) A4 インクジェット複合機 PIXUS TS8330

画質にこだわりたい方へおすすめのモデルです。6色ハイブリッドインクを搭載しているのが特徴。シアン・マゼンダ・イエロー・ブラックにグレーをくわえた5色の染料インクで、写真の細かなグラデーションも忠実に再現します。

さらに、顔料系ブラックインクを採用することで、普通紙上でも滲むことなく文字や罫線をクッキリと印刷することが可能。それぞれ独立したインクカートリッジを採用しており、必要な色だけを交換できるので経済的です。

4.3型のタッチ機能付き液晶パネルを搭載しているのもポイント。直感的な操作が行えるおすすめのモデルです。

ブラザー(Brother) A4 インクジェット複合機 DCP-J982N

ブラザー(Brother) A4 インクジェット複合機 DCP-J982N

気軽に購入できる低価格が魅力のインクジェット複合機です。顔料と染料インクの優れた特性が活かせる「できる4色インク」を搭載。染料系のカラーインクで写真は鮮やかに、顔料系ブラックインクで文章はクッキリとプリントすることが可能です。

低価格モデルながら、ADF(自動原稿送り装置)を備えているのもポイント。最大20枚まで連続で読み取るため、複数枚のコピーやスキャンをするシーンで活躍します。

また、SDカードスロットとUSBポートを搭載しているのも魅力。パソコンを介さずにデジカメで撮影した写真や、USBメモリに保存した書類の印刷が行えるので便利です。

ブラザー(Brother) A4 インクジェット複合機 DCP-J988N

ブラザー(Brother) A4 インクジェット複合機 DCP-J988N

インクの交換や補充の手間を、できるだけ減らしたい方におすすめのインクジェットプリンターです。大容量の「ファーストタンク」インクカートリッジを採用しているのが特徴。カラーインクで通常カートリッジの約10本分、ブラックは約16本分のインク量を搭載しています。

A4文書を月に300枚ほど印刷するような使い方であれば、1年以上もインクカートリッジを交換する必要はありません。インク残量は一般的なグラフ形式だけでなく、およその印刷可能枚数も表示します。カートリッジの交換タイミングが把握しやすいので便利です。

レーザープリンターのおすすめモデル

エプソン(EPSON) A4 ページプリンター モノクロ LP-S180D

エプソン(EPSON) A4 ページプリンター モノクロ LP-S180D

印刷機能に特化したモノクロタイプのレーザープリンター。30枚/分という印刷速度の速さが魅力。大量印刷に適した製品を探している方におすすめのモデルです。また、約4円/枚と印刷費用も安いので、ランニングコストも節約できます。

エプソン独自の「AAM(Advanced Amplitude Modulation)スクリーン」採用しているのが特徴。文字や罫線を高画質でプリントできるため、ビジネス文書の印刷に最適です。

さらに、ビジネス用途にはかかせない、スタンプマーク機能も搭載。「マル秘」や「重要」などといったマークが重ね印刷できるので、さまざまな種類の書類をプリントする際に重宝します。

キヤノン(Canon) A4 モノクロレーザープリンター Satera LBP224

キヤノン(Canon) A4 モノクロレーザープリンター Satera LBP224

印刷スピードの速いモノクロレーザープリンターを探している方におすすめのモデルです。高性能エンジンを搭載しており、38枚/分の高速印刷が可能。31.9ページ/分でプリントできる両面印刷機能も備えているため、業務の効率化が図れるだけでなく、紙資源を無駄に使用することもありません。

250枚を収納できる用紙カセットと、100枚対応の手差しトレーの組み合わせにより、計350枚の給紙をすることが可能です。大量のプリントをするシーンでも、頻繁に用紙の補給を行わずに済むので重宝します。

また、スマホやタブレット端末などのデバイスと無線LANで直接接続できるのもポイント。Wi-Fi環境のないオフィスでも、ワイヤレスでプリントできるため便利です。

キヤノン(Canon) A3 カラーレーザープリンター Satera LBP853Ci

キヤノン(Canon) A3 カラーレーザープリンター Satera LBP853Ci

カラー・モノクロどちらの印刷も、46枚/分の超高速プリントに対応したレーザープリンターです。短時間で大量のプリントが必要な職場におすすめのモデル。給紙トレイにはA3サイズまでセットできるほか、手差しトレイを使用することで最大1200mmの長尺用紙にも対応しています。

ポスターやPOPなど多様な販促ツールを印刷できるので、外注コストやリードタイムを短縮できるのもポイント。また、メンテナンスのしやすさも本製品の魅力。トナーカートリッジやドラムは本体前面から簡単に交換できるため、業務のロス時間も最小限に抑えられます。

ブラザー(Brother) A4 レーザープリンター 複合機 MFC-L3770CDW

ブラザー(Brother) A4 レーザープリンター 複合機 MFC-L3770CDW

コピー・スキャナー・ファックス機能を搭載しており、ビジネスシーンで役立つ機能が1台でこなせる便利なアイテム。商品の受注や発注作業など、取引先とのやり取りにファックスを必要とする現場にもおすすめです。

自動両面印刷機能だけでなく、複数のページを1枚に印刷できる「ページレイアウト機能」を搭載しています。紙を無駄に消費しないためランニングコストを抑えつつ、環境にも優しい事業活動を行うことが可能です。

ブラザー(Brother) A4 レーザープリンター モノクロ HL-L2375DW

ブラザー(Brother) A4 レーザープリンター モノクロ HL-L2375DW

モノクロ印刷に特化した低価格のレーザープリンターです。高さがわずか183mmのコンパクトなボディが特徴。ちょっとしたスペースにも置けるので、SOHOの方におすすめのモデルです。また、無線LAN接続にも対応しており、ケーブルの配線を気にせずに設置できます。

約34枚/分という印刷スピードの速さも本製品の特徴。プリントの待ち時間が少ないため、効率的に業務を進められます。給紙や排紙、トナーカートリッジ交換など、すべての操作を本体前面で行うことが可能。メンテナンスのしやすさにも優れたおすすめのモデルです。

ブラザー(Brother) A4 レーザープリンター カラー HL-L3230CDW

ブラザー(Brother) A4 レーザープリンター カラー HL-L3230CDW

気軽に購入できる、カラー印刷対応のレーザープリンターを探している方におすすめのモデルです。カラー・モノクロどちらでも約24枚/分の高速印刷が可能。大量のプリントが必要なシーンでも待ち時間が短くて済みます。

また、スマートデバイスの活用が容易なのもポイント。無料の専用アプリをダウンロードしておけば、スマホやタブレット端末から文書や写真を印刷することが可能です。「Wi-Fiダイレクト」に対応しているため、Wi-Fi環境がないオフィスでもワイヤレスでプリントが行えます。

ブラザー(Brother) A4 カラーレーザープリンター HL-L8360CDW

ブラザー(Brother) A4 カラーレーザープリンター HL-L8360CDW

文字やグラフが見やすい、ビジネス文書の印刷に適したカラーレーザープリンターです。カラーで約14.6円/枚、モノクロ印刷なら約1.9円/枚の低コストでプリントできます。また、カラー・モノクロプリントともに、約31枚/分の高速印刷が可能です。

「クロだけ印刷」を搭載しているのも本製品の特徴。万が一、カラートナーを切らしてしまっても、モノクロプリンターとして機能するので安心です。さらに、「自動両面印刷機能」を備えており用紙コストが節約できます。

待機時の消費電力が平均1.5Wと低いのもポイント。ランニングコストを抑えつつ、高速印刷で業務をサポートする製品を探している方はぜひチェックしてみてください。

リコー(RICOH) A4 カラーレーザープリンター SP C260L

リコー(RICOH) A4 カラーレーザープリンター SP C260L

手頃な価格のカラーレーザープリンターを探している方におすすめのモデルです。本体サイズは幅400×奥行450×高さ320mmとコンパクト。ちょっとした場所でも設置できるので、スペースの有効活用が図れます。

USB・有線LANにくわえて、無線LAN接続に対応しているのもポイント。オフィスのレイアウトや配線を気にする必要はありません。「Wi-Fiダイレクト」にも対応しているため、スマホやタブレット端末から直接印刷することも可能です。

また、トナー交換や用紙の補充作業がすべて前面からでき、メンテナンスのしやすさも本製品の魅力。使い勝手に優れたおすすめのモデルです。