写真や文書などを印刷する際に必要な「プリンター」。仕事用の書類やアルバム用の写真、年末年始の年賀状など、さまざまな用途に適した製品が発売されています。コピーやスキャナーなど多機能を搭載したモデルも多く、使い方に合わせた製品選びが可能です。

そこで今回は、おすすめのプリンターをランキング形式でご紹介。さまざまな使い方に合った製品をピックアップしたので、プリンター購入の際には参考にしてみてください。

プリンターの選び方

本体や対応用紙のサイズをチェック

By: amazon.co.jp

プリンターを選ぶ際には、本体サイズや対応可能な用紙サイズを確認しておくことが重要。ほとんどのプリンターはA4までの用紙サイズに対応していますが、A3などの大判サイズは対応製品が限られています。必ず購入前に使用用途と印刷したい用紙サイズを確認しておくようにしましょう。

また、大判サイズに対応した製品は本体自体も大きめな傾向があります。プリンターを設置するためのスペースをどの程度確保できるのかもチェックしてみてください。

用途や必要に応じたモデルを選ぶ

印刷機能だけを使いたいなら「単機能プリンター」がおすすめ

By: amazon.co.jp

印刷機能だけを使用したい場合には、単機能プリンターがおすすめです。単機能プリンターとは、印刷機能に特化したプリント専用モデルのこと。スキャナーやコピーなどの機能を搭載していないため、シンプルでコンパクトなモデルが多く発売されています。

コスパ重視の低価格モデルから高精細な画像を印刷できる高画質モデルまで幅広くラインナップされているのも魅力。単機能プリンターのなかには、プロが求めるクオリティの写真を印刷できるハイレベルな表現力を備えたモデルもあります。

単機能プリンターは製品によって価格や機能性が大きく異なるため、目的に応じた製品選びが重要。プリンターの導入費用を抑えたい方や、こだわった印刷を行いたい方は、単機能プリンターをチェックしてみてください。

コピーやスキャナー機能が必要なら「複合機」を

By: amazon.co.jp

印刷以外の機能も使用したい場合には、複合機がおすすめです。複合機とは、コピーやスキャナー、FAXなどの便利機能を多数備えたプリンターのこと。1台で多彩な機能を使用できるため、さまざまな用途で使える製品を探している方におすすめです。

複合機は、コピー機能やスキャナー機能を搭載したモデルが主流。書類を複製したり、PCなどに取り込んでPDF化したりとビジネス用途にも便利です。

また、複合機のなかにはFAXや自動両面印刷機能、CDやDVDの盤面に印刷する「レーベル印刷」機能などを備えたモノもあります。多彩な機能を備えている分、設置にスペースをとられる場合もあるので、用途と設置スペースも考慮して選びましょう。

持ち運びができる「モバイルプリンター」も

By: amazon.co.jp

外出先や屋外などで使用したい場合には、モバイルプリンターがおすすめです。モバイルプリンターとは、軽量コンパクトで持ち運びに適したプリンターのこと。訪問先での商談や、営業車内でのプリント、リモートワーク中の資料印刷など、さまざまなシーンで自由に使えます。

省スペースで設置できるのもポイント。持ち運び時には鞄の中に納まり、収納時には棚や机の中などにすっきりと片づけられます。電源は充電式のモノとバッテリーを内蔵したモノがあるため、使い方に応じて選びましょう。

また、モバイルプリンターのなかには写真の印刷に特化した「フォトプリンター」もあります。スマホで撮影した写真などを手軽に楽しみたい場合にはチェックしてみてください。

スマホと接続できると便利。AppleユーザーにはAir Print対応モデルもおすすめ

By: amazon.co.jp

スマホで撮影した写真などをプリントしたい方は、スマホと接続できるプリンターを検討してみてください。スマホとの接続に対応したモデルなら、アプリを利用することで、スマホに保存した写真や書類などを簡単に印刷できます。

また、スマホとの接続しやすさも重要なポイント。iPadやiPhoneなどを使っているAppleユーザーの方は、AirPrint対応モデルがおすすめです。iOS端末がローカルネットワーク上のプリンターを自動検出し、ドライバやソフトウェアのインストール不要でスムーズに印刷できます。

プリンターの種類

インクジェットプリンター

By: amazon.co.jp

インクジェットプリンターは家庭用として最も主流のプリンター。コンパクトなモノが多く、省スペースで設置できるのが特徴です。スキャナーやコピー、スマホからの直接印刷など多機能を備えたモデルも多く、多彩な用途で使用できます。

印刷の仕組みとしては、微細なインクの粒子を紙に吹き付ける「インクジェット方式」を採用。ヘッドを左右に動かしながら少しずつ印刷するためやや時間はかかりますが、色の再現性が高く、高精細な印刷が可能です。書類だけでなく、写真や年賀状などの印刷にも適しています。

レーザープリンター

By: ricoh.co.jp

レーザープリンターはオフィスや業務用として主流のプリンター。ランニングコストに優れており、低コストで活用できるのが特徴です。やや大型の製品が多めですが、小型の機種も製造されており、家庭用としても徐々に普及しています。

印刷の仕組みとしては、静電気によって粉末状のトナーを紙に付着させる「電子写真方式」を採用。電子写真方式では、印刷するイメージデータに応じてレーザー光を感光ドラムに照射し、ドラムの表面にトナーを付着させて印刷画像を描きます。

印刷画像を描いたトナーは用紙に押し付けられ、熱と加圧で定着。高速印刷が可能なので、一度に大量印刷が必要な会議書類などの印刷におすすめです。

インクジェットプリンターはここもチェック

「染料インク」と「顔料インク」の違い

By: hp.com

プリンターのインクには「染料インク」と「顔料インク」があります。染料インクは紙に染み込むタイプのインクで、発色がよいのが特徴。色の再現性が高く、写真を綺麗に印刷したい場合に適しています。ただし、乾くまでに時間がかかりやすく、水に滲みやすいため注意が必要です。

顔料インクは用紙の表面に定着するタイプのインクで、黒をくっきりと印刷できるのが特徴。耐水性に優れており、色あせしにくいため、文書印刷に適しています。速乾性が高く滲みの少ない印刷が可能ですが、写真などの表現は不得意です。

文字も写真もバランスよく綺麗に印刷したい場合には、染料インクと顔料インクを併用したハイブリッドタイプがおすすめ。両方のインクを搭載し、印刷する内容に合わせて使い分けるモデルもあるので、チェックしてみてください。

インクカートリッジのタイプ

一体型カートリッジ

一体型カートリッジは、複数の色が1つのカートリッジに収められているのが特徴。交換する際はカートリッジを1つ交換するだけで済むため、簡単にセッティングできます。また、インク詰まりが起こってもインクカートリッジを交換すれば解消できることが多いため、メンテナンスの手間を軽減できるのも魅力です。

ただし、カートリッジ内の1色でもインクが切れてしまうと印刷できなくなる点には注意が必要。1色ずつ交換することができないので、使用する色に偏りがあると印刷コストは高くなる傾向があります。

独立型カートリッジ

By: amazon.co.jp

独立型カートリッジは、各色のカートリッジが分かれているのが特徴。インクが切れてもなくなった色だけを交換すればよいのでコスパがよく、ランニングコストを抑えたい方におすすめです。特定色の印刷や写真印刷が多い場合にも適しています。

ただし、予備のインクがかさばったり、インク残量の管理がしにくかったりする点には注意。インク数が多い分メンテナンスの手間もかかります。特に、色数の多いプリンターを購入する場合には、メンテナンスの手間についても考慮しておきましょう。

エコタンク

エコタンクは、エプソン独自のインク方式。大容量のインクタンクを搭載しているのが特徴です。補充用のインクボトルをタンクに挿すだけで簡単にインクを補充できるため、インク交換の手間を軽減できます。さらに、インクが満タンになると自動で補充が止まるので、手が汚れにくいのも魅力です。

印刷コストが低いのもポイント。A4カラー文書なら1枚あたり約3円、L版写真なら1枚あたり約9.5円で印刷できます。また、1度のインク補充でA4カラー文書約1000ページのプリントが可能。たくさん印刷してもインク代が気になりにくいため、印刷の機会が多い方におすすめです。

レーザープリンターはここもチェック

レーザープリンター専用の「トナーインク」とは?

By: ricoh.co.jp

トナーインクとは、レーザープリンターに採用されている粉末状の専用インク。帯電性があるミクロサイズのプラスチック粒子に、色材として黒鉛や顔料を付着させています。

単価としては高価ですが、1つのトナーカートリッジで印刷できる枚数が多いため、ランニングコストは低め。ただし、気温や湿度の影響を受けやすく、長期間保存した際には劣化しやすいので、注意が必要です。

1枚あたりの印刷コストに注目

レーザープリンターを購入する際には、1枚あたりの印刷コストも重要です。トナーカートリッジは1度の交換で書類などを大量に印刷できます。しかし、1本の価格は比較的高価であることが多いため、1本のカートリッジでどの程度の枚数が印刷できるのかを確認しておきましょう。

また、レーザープリンターは感光ドラムとトナーを組み合わせて印刷を行うため、感光ドラムも定期的な交換が必要です。感光ドラムの交換目安は、トナーカートリッジを3回交換するごとに1回。印刷コストを考える際には、ドラムの交換も含めて計算することが大切です。

多くのプリンターは、メーカーページや製品カタログに印刷コストが記載されています。製品によって印刷コストは異なるため、使用頻度や使い方に合わせて、適切な製品を探してみてください。

プリンターのおすすめメーカー

エプソン(EPSON)

By: amazon.co.jp

エプソンは、長野に本社を置く1942年設立の電子機器メーカー。産業用ロボットやウェアラブル機器、パソコンやプロジェクターといった情報関連機器など多岐にわたる製品を展開しているのが特徴です。

プリンターにおいては、人気の「Colorio」シリーズをはじめ、写真の印刷に強い高画質モデルを豊富に展開。家庭向けから産業向けまでさまざまなプリンターを製造・販売しています。また、独自の「エコタンク」搭載モデルなど、コスパに優れた製品もラインナップ。用途に合った使いやすいモデルを探している方におすすめです。

エプソンのプリンターについて詳しく知りたい方はこちら

キヤノン(Canon)

By: amazon.co.jp

キヤノンは1937年に設立された日本の大手精密機器メーカーです。プリンターだけでなく、カメラやメディカルシステム、産業機器などさまざまな製品を製造・販売しているのが特徴。特にカメラ分野での知名度が高く、多くのユーザーから選ばれています。

プリンターにおいては、単機能モデルから多機能を搭載したハイスペックモデルまで幅広く展開。特に、多くのラインナップからニーズに合わせて選べるPIXUSシリーズが人気です。キヤノンのプリンターでプリントできる独自コンテンツなども豊富なので、プリント機能を楽しめます。

キヤノンのプリンターについて詳しく知りたい方はこちら

ブラザー(Brother)

ブラザーは、名古屋に本社を置く1934年設立の電子機器メーカー。プリンターやファックス、ミシンなどを製造・販売しています。多様な独自技術を活かしたユニークでオリジナリティのある製品を多く生み出しているのが特徴です。

プリンターにおいては、単機能やインクジェット、レーザーなどさまざまな製品を展開。ファックス機能などを備えた複合機も多く、プライベートからビジネスまで幅広く対応できます。また、ランニングコストが低い製品も多いため、コスパが気になる方にもおすすめです。

ブラザーのプリンターについて詳しく知りたい方はこちら

メーカーのおすすめモデル

エプソン(EPSON) EW-M754TW/TB

大容量のインクタンクを搭載し、ボトルから直接インクを補充する「エコタンク方式」のプリンター。印刷コストが低いので、インク代を気にせずプリントしたい方におすすめです。

インクボトルは標準の使い切りサイズに加えて、印刷頻度が高い方向けに増量ボトルを用意。編集部調べでは、使い切りサイズ1本あたりの市場価格は660円(税込)、増量サイズは2,200円(税込)となっており、手頃な価格でインクを購入できるのも魅力です。

「EW-M754TW/TB」は、顔料と染料の2種類のブラックインクにカラーを加えた5色インクを搭載しているので、写真も文字もキレイにプリントできます。スマホとの親和性が高く、QRコードをスマホのカメラで読み込むだけで、プリンターとの接続が可能です。また、4.3型の大型タッチパネルで直感的に迷わず操作ができるほか、トレイ式の前面給紙を採用しているので置き場所も選びません。

さらに、本製品は新機能として「排紙トレイ自動オープン」に対応。プリンターから離れた場所でプリントの指示を出した際に、近くに行って自分でトレイを引き出す手間が省けます。

▼【趣味から年賀状の作成まで!】気になるインク代やインク切れを解決!エプソンから最新のエコタンク方式プリンターが登場!!


【コピー・スキャナー搭載】プリンターのおすすめランキング|複合機

第1位 エプソン(EPSON) インクジェット複合機 カラリオ EP-883A

コピー機能・スキャナー機能・自動両面印刷機能を備えたインクジェットプリンター。6色インクを採用しており、大切な写真やWebページ、地図などの文書も綺麗に印刷できるのが特徴です。滑らかなグラデーション表現を楽しみたい方に適しています。

スマホとの連携が簡単にできるのも魅力。iPhoneならばQRコードを読み取るだけ、Androidなら専用アプリからプリンターを選択するだけで接続できます。パソコンがなくても、書類や写真をスマホから印刷できて便利です。

扱いやすい操作性もポイント。4.3型の液晶モニターを搭載しており、タッチパネルで直感的に操作ができます。給紙方法は前面2段と背面の3Way仕様。コンパクトながらさまざまなプリントニーズに対応できる、おすすめの製品です。

第2位 エプソン(EPSON) インクジェット複合機 カラリオ EW-452A

高画質での印刷を行えるエントリーモデルのインクジェットプリンターです。文字に強い顔料ブラックインク「くっきりブラック」と、普通紙でも発色のよい染料カラーインクを採用しているのが特徴。文字や線はくっきりと、カラー印刷はクリアで鮮やかに表現できます。

幅広く使えるコピー・スキャン機能を搭載。免許証や保険証などのIDカードを1枚の用紙の片面に印刷できたり、写真を焼きますように四辺フチなしカラーコピーできたりと便利です。また、2枚のA4原稿をA4用紙1枚にまとめての印刷にも対応しています。

スマホ連携がしやすいのも魅力。専用アプリを通して、さまざまな印刷ニーズに対応できます。また、PCやスマホとのWi-Fi接続も可能。本体の設置場所を選ばず、使い勝手に優れたおすすめの製品です。

第3位 キヤノン(Canon) A4インクジェット複合機 PIXUS TS8530

写真と文字の両方をはっきりくっきりと印刷できるインクジェットプリンター。顔料ブラックインクと、グレーインクを含めた5色の染料カラーインクの「6色ハイブリッドインク」により、豊かな表現をできるのが特徴です。独立型のインクタンクを採用しており、減ったインクだけを交換できます。

多彩な機能を備えているのが魅力。スマホアプリを通してさまざまなプリントを楽しめるほか、表裏まとめてプリントする「自動両面プリント」にも対応しています。濃度やサイズの拡大縮小を自動で行うコピー機能や高解像度なスキャンなど、複合機としての機能性も高く便利です。

コンパクトボディながら、置き場所や用途に合わせて選べる2Way給紙を採用。はがきや名刺、スクエア写真などの印刷にも対応しています。Wi-Fi機能やクラウド機能なども充実したおすすめの製品です。

第4位 キヤノン(Canon) A4インクジェット複合機 PIXUS TS7530

PCだけでなくスマホでも使いやすいインクジェットプリンター。専用アプリを用いることで、写真はもちろん、SNSや無料ダウンロードが可能なペーパークラフトなども印刷できます。QRコードを読み込むだけで接続できる「QRコードダイレクト接続」にも対応しており、スムーズに使えて便利です。

写真は鮮やかに、文字はくっきりと印刷できる「5色ハイブリッドインク」が特徴。写真に強い染料インクと文字に強い顔料インクを採用しているため、美しいプリントを実現できます。高密度なプリントヘッド技術により、正確かつ安定したインクの吐出が可能です。

「自動両面プリント」や「自動紙幅検知」などの便利機能も搭載。コピー・スキャン機能にも優れており、急にコピーが必要になってしまった場合でもすぐに対応できます。丸みのあるカジュアルデザインで、インテリアにもマッチしやすいおすすめの製品です。

第5位 ブラザー(Brother) インクジェット複合機 プリビオ DCP-J926N-W

多機能を搭載した標準モデルのインクジェットプリンター。A4用紙を最大20枚までまとめてスキャンできる自動原稿送り装置を備えているのが特徴です。取り込んだ書類などはデータとしてスマホやPCに保存できます。

「できる4色インク」により、文字はくっきり、写真は鮮やかにプリントできるのが魅力。1回のインク交換で、A4カラー印刷が約500枚プリントできるため、コスパにも優れています。また、カラーインクの使用量を抑える「エコモード」や、カラーインクが切れた際もプリントできる「黒だけ印刷」機能なども搭載しており、便利です。

富士フイルムのインクジェットベータ―に対応した、専用の「画彩写真仕上げProモード」も搭載。家庭でも美しい写真プリントが可能です。スマホやタブレットからの直接印刷にも対応。コンパクトデザインながら使い勝手に優れたおすすめの製品です。

第6位 エプソン(EPSON) インクジェット複合機 カラリオ EW-052A

すっきりとしたコンパクトデザインのインクジェットプリンター。基本機能が充実しており、直感的な操作で使いこなせるのが魅力です。Wi-Fiダイレクトに対応しており、ルーターなしでもPCやスマホとの接続が可能。無線LANで使えるので、プリンターを自由な場所に設置できます。

高品質な印刷ができるインクジェット技術を採用。プリントデータに応じて大・中・小のインクを打ち分け、効率よくスピーディーに高画質なプリントを仕上げられます。インクは顔料を用いた「くっきりブラック」と、染料を用いたシアン・マゼンタ・イエローの4色。写真も文書も綺麗に印刷できます。

スマホと簡単に接続できるだけでなく、アプリを通してスマホから本体の操作が可能。直感的にコントロールできます。コピー・スキャン機能も搭載しており、さまざまな用途で使いやすいおすすめのシンプルモデルです。

第7位 キヤノン(Canon) 特大容量ギガタンク搭載 A4カラーインクジェット複合機 G3360

特大容量タンクを搭載したエントリーモデルのインクジェットプリンター。各色1本でブラックは約6000枚、カラーは約7700枚を出力できるのが特徴です。3色の染料カラーインクと顔料ブラックインクを採用しており、印刷物を美しく仕上げられます。

使い勝手に優れたコピー・スキャン機能も魅力。自動変倍コピーや自動濃度調整、自動文書補正など、データに応じた読み取りが可能です。カバーが浮いて黒くなった部分やほんの見開きの閉じ部の影を明るくする「枠消しコピー」にも対応。さまざまな使い方ができて便利です。

自宅でのメンテナンスがしやすいのもポイント。インク補充時の注ぎすぎを自動でストップしたり、ボトルの差込口の形状を色ごとに変えたりとユーザビリティに優れています。自力でのプリントヘッド交換も可能。自分でメンテナンスしながら快適に使えるおすすめのモデルです。

第8位 キヤノン(Canon) A4インクジェット 特大容量ギガタンク搭載 G6030

マルチなニーズに対応できる、スタンダードモデルのインクジェットプリンター。スマホやPCから多彩なプリントを楽しめるアプリやソフトに対応しているのが特徴です。写真や文書、ペーパークラフト、ポスターなどを自分好みにレイアウトしながらプリントできます。

紙面上に定着しやすい顔料ブラックインクを採用。カラーインクは写真に強い染料インクを使用しており、文字にも写真にも対応できます。さらに、高密度なヘッドを採用しているので、くっきりとした美しい印字が可能。品質にこだわりたい方も安心です。

コンパクトサイズながら、多彩な機能を備えているのも魅力。大量印刷に便利な高速プリントや、表裏まとめて印刷できる自動両面プリントなど、ビジネス用途でも活躍します。コピーやスキャン機能も充実した、使い勝手のよいおすすめ製品です。

第9位 エプソン(EPSON) エコタンク搭載 A4カラーインクジェット複合機 EP-M553T

独自の「エコタンク方式」に対応したインクジェットプリンター。ボトルを挿すだけでインク補充を行えるのが特徴です。インクとタンクの注入口の形状は色ごとに異なり、インクが満タンになると自動で注入停止。手が汚れにくく、インクの補充ミスも低減できて便利です。

高発色な染料インクを4色搭載しているのが魅力。写真や年賀状、文書も鮮やかにプリントできます。内容に応じてインクのサイズをきめ細かく調節する「MSDT」技術により、なめらかなグラデーションなどの表現も可能です。

コピーやスキャン機能も搭載。文字や細線まで綺麗に再現できます。また、自動電源オンオフ機能なども搭載。充実した機能性を備えながら、低い印刷コストで使える、お得なおすすめのベーシックモデルです。

第10位 ブラザー(Brother) 大容量ファーストタンク A4インクジェット複合機 DCP-J4140N

大容量インクカートリッジ「ファーストタンク」を採用したインクジェットプリンター。A4モノクロ文書ならば約6000枚プリントできるのが特徴です。全色に顔料インクを採用しており、小さな文字やグラフの細部まで綺麗に印刷できます。

インクを1色ずつ交換できる「4色独立カートリッジ」を採用。さらに、インクの消費量を抑える「エコモード」や、黒インクのみで印刷できる「クロだけ印刷」、用紙コストを節約できる「自動両面プリント」にも対応しています。カートリッジ内のインクが使いきれるような構造なので、経済的に使えて便利です。

使いやすいコピーやスキャナーの機能も魅力。本のコピーに適したブックコピー機能や、複数枚のデータを1枚にまとめる4in1/2in1機能など、さまざまな用途に使えます。ビジネスシーンでも活用しやすい、機能性に優れたおすすめの製品です。

第11位 ヒューレット・パッカード(HP) A4インクジェット複合機 ENVY 6020 7CZ37A#ABJ

電源アダプタが内蔵されている、コンパクトなプリンターです。Wi-Fi機能を搭載しており、PCやスマホとの接続が可能。Wi-Fiとの接続に不具合が生じても自動で解消するため、使い勝手も良好です。

さらに、スマホやタブレットを直接接続できる「Wi-Fi Direct」機能に対応。プリンターを無線接続しなくても、スマホやタブレットから印刷できます。最大5台までの同時接続に対応しているため、家族で共有する方にもおすすめです。

また、専用アプリを使えばスマホからプリンターの操作が可能。インク残量を確認したり、印刷の設定をしたりできます。さらに「AirPrint」機能も搭載しているため、Appleユーザーならよりスムーズに印刷可能です。

コピーやスキャンにも対応した複合モデルながら、比較的安価なのも特徴。導入費用を安く抑えたい方は、ぜひチェックしてみてください。

【低価格】プリンターのおすすめランキング|単機能

第1位 エプソン(EPSON) インクジェットプリンター PX-105

ビジネス用途に適したインクジェットプリンター。全色顔料インクを採用しており、くっきりと綺麗にプリントできるのが特徴です。耐水性が高く、水性マーカーにも滲みにくいため、ビジネス文書やDM、簡易チラシなど、さまざまな用途で使用できます。

耐久性に優れているのも魅力。普通紙での総印刷枚数5万ページを謳っており、高頻度の稼働が必要な環境にも適しています。消費電力も低く、独立型インクカートリッジを採用しているため、ランニングコストをトータルに削減しながら使えて便利です。

デスクに設置しやすいコンパクトデザインもポイント。有線・無線のネットワークに対応しており、さまざまなPCから接続して使えます。オフィスでのプリントに便利な機能を多数備えたおすすめの製品です。

第2位 エプソン(EPSON) A4 インクジェット カラリオ EP-306

独自の高画質6色インクで写真を美しくプリントできるインクジェットプリンター。インクのサイズを自動で5段階に調節するインク技術「Advanced-MSDT」を搭載しているのが特徴です。緻密な描画や繊細なグラデーションにも対応できるマイクロピエゾヘッドも搭載し、高精細で美しいプリントができます。

スマホやタブレット、PCなどさまざまなデバイスから簡単に印刷できるのも魅力。無線LANに対応しており、複数台のデバイスで共有しながら使えます。置き場所も選ばないので、デスク周りに設置するスペースが確保できない場合も安心です。

サイズが小さめなのも魅力。奥行きもコンパクトで、本棚やリビングボードなどにも設置できます。給紙方法も前面2段+背面手差しで省スペースでの使用が可能。多機能と快適な操作性を備えたおすすめの製品です。

第3位 キヤノン(Canon) TR703a

写真も文字もくっきりと印刷できる「5色ハイブリッドインク」を搭載したインクジェットプリンター。写真ブラック・シアン・マゼンタ・イエローの染料インクと、文字ブラックの顔料インクを採用しています。安定した色と豊かな表現、滲みにくくシャープな文字をプリントできるのが特徴です。

機能性に優れているのも魅力。表裏まとめてプリントできる「自動両面プリント」や、CD・DVDの盤面に印刷できるレーベルプリントなどに対応しています。給紙方法は置き場所や用途に合わせて選べる2Way仕様。前面カセットと後ろトレイの2か所に合わせて350枚セットできるため、大量印刷したい場合にも便利です。

Wi-Fiやクラウド機能が充実しているのもポイント。接続が簡単で、気軽なプリントが可能です。Facebookやオンラインストレージからの写真プリントにも対応。綺麗な画質でさまざまなプリントを楽しめるおすすめのモデルです。

第4位 キヤノン(Canon) TS203

手軽に使えるシンプルなインクジェットプリンター。染料インクと文字に強い顔料インクの「4色ハイブリッドインク」を搭載しているのが特徴です。顔料ブラックインクは、濃度の濃い黒で細かい文字や罫線までくっきり表現。はがきのあて名や仕事の資料などをしっかりと印刷できます。

インクの補充時は普段のプリント頻度や使用量に応じてインクタンクの選択が可能。標準容量タイプと大容量タイプの両方に対応しているので、用途に合わせて使えます。また、コンパクトボディも魅力。置き場所を選ばず、スマートに設置できて便利です。

多彩なプリントに対応しているのもポイント。写真のアレンジを簡単にできるスマホ・PC両対応のアプリや、さまざまなプリントコンテンツを利用できます。はがきやシール紙などさまざまな用紙へのプリントも可能。安い価格で使い勝手のよい製品を探している方におすすめです。

第5位 エプソン(EPSON) A4モノクロプリンター PX-K150

ビジネス用途に便利な機能を多数備えたインクジェットプリンター。1枚あたりの印刷コストが安く、低消費電力仕様なので、低ランニングコストで使えるのが特徴です。インクはブラック1色のみですが、交換時には通常サイズと増量サイズから使い方に応じて選択できます。

A4モノクロ文書をスピーディーに印刷できる生産性の高さが魅力。1分間に際剃K約34枚のプリントが可能です。インクは水に滲みにくい顔料インクを採用。さまざまな用紙への印刷に対応しており、オフィス内でのさまざまなニーズに応えられます。

有線・無線LANインターフェースを標準搭載。複数のデバイスで1台のプリンターを共有して使用できます。また、異なるアプリで作成した複数のドキュメントをまとめて印刷する「まとめてプリント」を始め、多彩な機能を搭載。スマートに使える便利な単機能モデルです。

【写真印刷】プリンターのおすすめランキング

第1位 キヤノン(Canon) A4インクジェット複合機 PIXUS XK100

写真を美しくプリントできる多機能インクジェットプリンター。安定して美しいプリントを楽しめる高密度プリントヘッド技術「FINE」を採用しているのが特徴です。インクの粒を極小化して正確な位置に吐出するため、人肌も綺麗にプリントできます。

写真に強い染料インクと文字に強い顔料インクの「5色ハイブリッドインク」を採用。さらに、純正写真用紙と組み合わせて使うことで、写真の美しさと保存性も高められます。自動写真補正機能により明るさなども調節しながらの出力が可能です。

在宅ワークや学習に便利なモードも搭載。写真だけでなく、書類や教材などの印刷にも適しています。コピー・スキャン機能や自動両面プリント、紙幅検知などさまざまな便利機能を搭載。幅広い用途で使用できる使い勝手のよいおすすめモデルです。

第2位 エプソン(EPSON) A3ノビ インクジェット SC-PX1V

深い黒と繊細な青を表現できるインクジェットプリンター。10色の顔料インクを採用しており、豊かで繊細な階調で表現できるのが特徴です。色安定性が早く、印刷した後すぐに色味を確認できるほか、変色しにくいため美しい状態のまま長期保存ができます。

高画質を実現する独自のテクノロジー「LCCS」を採用しているのも魅力。滑らかで豊かな階調表現により、精細で美しい写真をプリントできます。また、色調表現を繊細にコントロールできるモノクロ写真モードも搭載。さまざまな色調を意図通りに再現できて便利です。

純西洋紙をはじめ、幅広い用紙に対応しているのもポイント。L版からA3ノビまで幅広くプリントできます。さらに、A3ノビ幅ロール紙にも対応。有線・無線LANで使えるため置き場所を選ばず、プロの印刷ニーズにも対応できるおすすめの製品です。

第3位 キヤノン(Canon) インクジェットプリンター A3ノビ対応 PRO-G1

プロクオリティの高画質な写真印刷に対応したインクジェットプリンター。顔料インクと独自の透明インク「クロマオプティマイザー」による10色インクを搭載しているのが特徴です。繊細な階調表現や被写体の質感、奥行まで精緻に表現できます。

高性能な画像処理エンジン「L-COA PRO」を搭載しているのも魅力。高画質をキープしながら高速でプリントできます。また、高コントラストで粒状感のない高画質を実現する高密度プリントヘッド技術「FINE」も搭載。理想的なインク配置を決定する「OIG System」なども採用しています。

L版からA3ノビまでさまざまな用紙サイズに対応しているのもポイント。他社紙を含む多彩な用紙にプリントできるため、こだわった作品作りを行いたい場合にも適しています。スマホアプリからの操作にも対応した、便利なおすすめモデルです。

第4位 エプソン(EPSON) A3カラーインクジェット複合機 エコタンク搭載モデル EW-M973A3T

印刷コストを抑えながら、鮮明で美しい写真プリントができるインクジェットプリンター。顔料と染料の2種類のブラックインクにグレーを加えた6色インクを採用しているのが特徴です。光沢感のある鮮やかな作品の実現や、アート紙表現にも対応できます。

なめらかなグラデーションや明るさの表現に適したインク技術「Advanced-MSDT」も採用。最大5段階でインクのサイズを細かく調節して打ち分け、美しい表現を実現します。色再現が難しい人間の肌色も忠実かつ階調豊かに表現できるため、思い出の写真プリントなどにも便利です。

L版からA3ノビまで幅広い用紙サイズに対応。更に、コピー・スキャン機能も備えており、大切な写真のコピーなどにも対応できます。独自のエコタンクを搭載した、お得に写真のプリントができるおすすめのモデルです。

第5位 キヤノン(Canon) インクジェットプリンター PIXUS iP8730

粒状感を感じさせない写真に仕上げられるインクジェットプリンター。染料インクと顔料インクの「6色ハイブリッドインク」を搭載しているのが特徴です。染料にグレーインクを採用。豊かな表現力と色安定性を実現しています。

L版からA3ノビまで多彩な用紙サイズに対応。スナップ写真や記念写真、迫力のある大型作品など、さまざまな用途に活用可能です。また、はがきやシールなどにもプリントできるので、年賀状を作成したい場合などにも適しています。

使い勝手に優れているのも魅力。Wi-Fi接続機能と自動電源オン機能を備えており、本体に触れることなくPCやスマホからダイレクトに印刷できます。大容量インクタンク搭載でコスパの削減も可能。写真だけでなく文字も綺麗に印刷できるおすすめモデルです。

【ビジネス】プリンターのおすすめランキング

第1位 キヤノン(Canon) A4インクジェット複合機 特大容量ギガタンク搭載 G7030

高速伝送可能なファックスに対応したインクジェットプリンター。カラー出力対応の普通紙ファックスを搭載しているのが特徴です。ファックス通信のセキュリティ向上を目指したガイドラインに準拠して作られているため、機密性の高いビジネス文書も保護しながらやり取りできます。

一度の補充で大量のプリントができる「ギガタンク」を搭載。顔料ブラックで最大6000枚、染料カラーなら最大7700枚の大量出力が可能です。高速プリントや自動両面プリントにも対応しており、大量プリントが必要なビジネスシーンでも活躍します。

便利なコピー機能やスキャナー機能も搭載。Wi-Fi機能やクラウド機能も充実しており、さまざまなニーズに対応できます。ファックス機能を備えた使い勝手のよいビジネス向けモデルを探している方におすすめです。

第2位 ブラザー(Brother) A4インクジェット複合機 MFC-J739DN

プリンター・電話・ファックス・コピー・スキャナー機能を搭載したエントリーモデルのインクジェットプリンター。オフィスでの使用に適した多彩な機能を活用できるのが特徴です。給紙方法は前面2段トレイと手差しトレイに対応しており、高さの限られた棚などにも設置できます。

使い勝手に優れた電話・ファックス機能が魅力。電話は着信拒否や留守電設定が可能で、迷惑電話や営業時間外の対応を避けられます。ファックスは受診した内容を確認してから出力する「みるだけ受信」や、送信前の原稿を確認できる「みてから送信」に対応。用紙節約や誤送信リスクの軽減に便利です。

「できる4色インク」で綺麗にプリントできるのもポイント。染料カラーインクと顔料ブラックインクにより、写真は鮮やかに、文字はくっきりと印刷できます。印刷コストも安いため、お得に使えるおすすめのビジネス向けモデルです。

第3位 エプソン(EPSON) エコタンク搭載 A4カラーインクジェット複合機 EW-M634T

エコタンクを搭載したスタンダードモデルのビジネスインクジェットプリンター。低印刷コストかつ低消費電力でコスパに優れているのが特徴です。1回のインク交換でA4カラー文書ならば約6000ページ、A4モノクロ文書ならば約7500ページ印刷できます。

くっきりとしたブラック顔料インクと発色のよいカラー染料インクを採用。取引先に提示する資料も綺麗にプリントできます。また、「PrecisionCoreプリントヘッド」を搭載しているのも魅力。普通紙で600dpiの高解像度印刷を実現しているので、見やすく鮮明なプリントが可能です。

使い勝手のよいデザインもポイント。普通紙を最大250枚収納できる前面カセット給紙と、補充や残量確認がしやすい前面インクタンクを採用しています。スマホからのプリントにも対応した便利なおすすめモデルです。

第4位 ヒューレット・パッカード(HP) A4 複合機 ビジネスインクジェット OfficeJet Pro 9010 1KR53D

大量印刷に適したビジネス向けのインクジェットプリンター。大容量のインクジェットカートリッジを採用しているのが特徴です。カートリッジ交換の手間を軽減し、低コストで多くのページをプリントできます。

高い水準のセキュリティ機能を搭載しているのも魅力。ウイルスやマルウェア、不正なアクセスなどから、デバイス・データ・ドキュメントを保護します。ファックスの電話帳やプリンターへのアクセス制御に対応。外部とのやりとりがある場合に便利です。

専用アプリを使用することにより、PC不要でスマホから操作できるのもポイント。プリントや高精度なスキャン、スキャン画像のメール添付など、さまざまな操作を行えます。モバイルデバイスと連携して快適に操作したい方におすすめです。

第5位 リコー(RICOH) A4モノクロレーザープリンター SP 2300L

ページ数の多い資料も短時間で出力できるモノクロレーザープリンターです。1分あたり片面32枚の快適な出力スピードが魅力。1分あたり13ページの自動両面印刷にも対応しており、大量の資料作成が必要なビジネスシーンに適しています。立ち上がりも速く、スピーディーに使えるため便利です。

幅広い用紙に対応しており、郵便はがきや封筒などへの印刷も可能。用途に応じて、本体給紙トレイと手差しトレイに用紙をセットして使えます。1200×1200dpの高画質印刷を実現しており、写真やバーコードも高精細に印刷可能。はがきやダイレクトメールなどにもおすすめです。

パスワードを指定して印刷できる「機密印刷」にも対応。機密文書の印刷が必要なオフィスにも適しています。トナーと感光ドラムが一体になった「オールインワンカートリッジ」を採用しており、メンテナンスもしやすい便利なモデルです。

第6位 ブラザー(Brother) レーザープリンター HL-L2375DW

テレワークにおすすめのモノクロレーザープリンターです。1分間に約34枚印刷できる印刷スピードの速さが魅力。自動両面印刷にも対応しており、仕事で大量の書類を扱う場合にも適しています。

スマホとの接続も可能。スマホに保存した写真やダウンロードしたPDF書類などを印刷する機会が多い方にもおすすめです。AirPrint機能も搭載しているので、Appleユーザーの方はより簡単に印刷できます。

また、高さ約18cmのコンパクトサイズもポイント。本棚などへ省スペースに設置できます。さらに、フロントオープンタイプなので、棚にセットしたままでも用紙の補充やトナー交換が可能です。

【大判】プリンターのおすすめランキング

第1位 エプソン(EPSON) インクジェット複合機 カラリオ EP-982A3

コンパクトながらA3プリントにも対応したインクジェットプリンター。2種類のライトインクを含めた6色インクを搭載しているのが特徴です。普通紙でも鮮やかで綺麗な写真を印刷可能。写真だけでなく、WEBページや地図などの文書の印刷にも対応しています。

前面2段と背面の3Way給紙も魅力。2段給紙は上下に異なる用紙をセットでき、用紙を入れ替える手間を軽減できます。背面手差し給紙では厚紙にも対応。レーベルプリントもできるため、さまざまな用途で活用できて便利です。

使い勝手に優れたコピー・スキャン機能を備えているのもポイント。色褪せた写真をよみがえらせる退色復元や焼き増し風コピープリント、紙の色を除去する背景除去など多彩な機能を備えています。扱いやすく、作品づくりにも役立つおすすめの大判対応モデルです。

第2位 キヤノン(Canon) A3インクジェット複合機 TR9530

店内で大判サイズの販促物を作るのに適したインクジェットプリンター。省スペースでの設置が可能なコンパクトサイズながら、A3プリントをできるのが特徴です。ポスターやチラシを作れるWebアプリ「PosterArtist」にも対応しており、デザイン性の高い販促物を簡単に制作できます。

顔料ブラックインクと染料ブラック・シアン・マゼンタ・イエローの5色ハイブリッドインクを搭載。鮮明な色再現が可能で粒状感の少ない写真と、くっきり綺麗な文字を印刷できます。大判原稿のコピー・スキャンにも対応しており、さまざまなシーンでの活用が可能です。

無線・有線LANの両方に対応しているのも魅力。オフィス内での配置やビジネススタイルに応じたネットワークを構築できます。チェックリストやスケジュール用紙などの定型フォーム印刷もできる、ビジネスシーンにおすすめの大判対応モデルです。

第3位 ブラザー(Brother) A3インクジェット複合機 MFC-J6583CDW

ビジネス用途での活用に適したハイスペックなインクジェットプリンター。A3からはがきまで、さまざまな用紙への自動両面プリントに対応しているのが特徴です。コピー・スキャン機能では2in1や4in1などにも対応しており、複数枚の原稿を1枚にまとめて印刷できます。

低ランニングコストで使えるのも魅力。大容量のインクカートリッジを搭載しているため、インク交換の手間を軽減できます。また、インク節約モードや、カラーインクが急に切れた場合も最大30日間モノクロ印刷ができる「クロだけ印刷」など、便利な機能も搭載しています。

オフィスで使いやすい多機能を備えているのもポイント。重要書類や社外秘の文書コピーに適した「透かしコピー」や、送り状を発行できる「送り状プリント専用プリンタードライバー」などに対応しています。ファックス機能なども搭載した、さまざまな用途で活用できるおすすめのモデルです。

【持ち運び】モバイルプリンターのおすすめランキング

第1位 キヤノン(Canon) インクジェットプリンター PIXUS TR153

ビジネスバッグにも収まるコンパクトなモバイルプリンター。重さ約2.1kgで持ち運びやすく、外出時にプリンターを使いたい場合に便利です。また、薄い棚やデスクにも収まるサイズなので、ホームオフィスや一人暮らしの部屋への設置にも適しています。

文字専用の顔料ブラックインクと、写真に強い染料インク4色の「5色ハイブリッド」が特徴。高密度プリントヘッド技術である「FINE」も搭載しており、精細なプリントが可能です。コンパクトながら、普通紙50枚までの大容量給紙にも対応。資料などの印刷に便利です。

ビジネスシーンに便利な機能を備えているのも魅力。本体に文書データを5つまで保存できる「定型文書プリント」や、スマホやタブレットからもワイヤレスでプリントできる「ダイレクト接続」にも対応しています。持ち運びやすく、機能性にも優れたおすすめのモデルです。

第2位 ヒューレット・パッカード(HP) OfficeJet 250 Mobile AiO CZ992A#ABJ

コンパクトながら、スキャンやコピーにも対応した複合機プリンター。最大10枚まで用紙をセットできる自動原稿送り装置を搭載しているのが特徴です。複数枚の文書を素早く印刷・スキャン・コピーできるため、外出先やイベント会場などでも快適に使えます。

高速印刷に対応しているのも魅力。1分あたりの印刷速度がモノクロなら約10枚、カラー文書なら約7枚と速く、短時間で使えます。さらに、1枚当たりの印刷コストもリーズナブル。ランニングコストがかかりにくいため、気軽に使えて便利です。

大容量インクカートリッジを採用しているのもポイント。モノクロなら約600枚、カラー文書なら約415枚の印刷が可能です。また、プリントヘッドはインク側に搭載。目詰まりが起きてもカートリッジを交換するだけで対処できます。タッチスクリーン搭載で、スマホアプリにも対応した使い勝手のよいおすすめモデルです。

第3位 エプソン(EPSON) A4モバイル カラーインクジェット PX-S06

内蔵バッテリーを搭載した持ち運びに便利なビジネスプリンターです。バッテリーを含めても約1.7kgと軽量なのが特徴。コンパクトサイズでビジネスバッグに入れても持ち運べるほか、不使用時はデスクの引き出しに置いたり、キャビネットに立てかけたりして収納できます。

さまざまな接続方法に対応しているのも魅力。USB接続だけでなく、無線LANやWi-Fiダイレクトでも使えます。また、設定した無線LANならば自動で接続するため、外出先でも簡単に使用できて便利です。

インクは耐水性と耐マーキング性に優れた顔料インクを採用。インクの廃液をためるメンテナンスボックスが交換式なので、外出先でも自分で対応できます。どこでも簡単に使える、使い勝手に優れたおすすめのモデルです。

番外編:フォトプリンターのおすすめランキング

第1位 キヤノン(Canon) スマホプリンター iNSPiC PV-123

手のひらサイズのスマホ専用ミニフォトプリンター。重さが160gと軽量で、スマホと一緒に持ち運びやすいのが特徴です。本体は内蔵バッテリーで稼働し、接続はBluetoothによる無線接続のため、単体での持ち運びが可能。かさばりにくく、外出時も気軽に使えます。

インクカートリッジを使わずにフルカラープリントができる「Zero Ink technology」を採用。プリントに必要な色が専用ペーパーに埋め込まれているため、インクカートリッジの交換などは不要です。ペーパーパックごとに同梱されているスマートシートを替えることで、高画質なプリントを維持できます。

使用時には専用アプリでコラージュや画像加工が可能。プリントまで3ステップで簡単に楽しめるので、写真を加工して印刷したい場合にも適しています。また、シール紙への印刷にも対応。お気に入りの写真を自由にプリントして楽しめるおすすめのモデルです。

第2位 キヤノン(Canon) スマートフォン用プリンター SELPHY SQUARE QX10

軽量コンパクトで持ち運びやすいミニフォトプリンター。繊細な色や質感の表現が可能な「昇華型熱転写方式」を採用しているのが特徴です。熱でインクを気体にして印刷することにより、粒状感のない、なめらかで綺麗なプリント画質を実現しています。

写真を水や汚れから守る「オーバーコート仕上げ」に対応。特殊なフィルム処理で写真をカバーするため、色滲みや色あせも軽減できます。専用用紙はすべてスクエアフォーマットかつ全面シール紙を採用。そのまま飾るだけでなく、貼り付けることもできるため、多彩な楽しみ方ができます。

Wi-Fi接続により、スマホからダイレクトにプリントできるのも魅力。本体にアクセスポイントが内蔵されているため、Wi-Fi環境がない場所でも使えます。専用アプリでの写真の加工にも対応。さまざまな方法でおしゃれな写真を楽しめる、おすすめの製品です。

第3位 富士フイルム(FUJIFILM) チェキ スマホプリンター instax mini Link

直感的に使える2つのモードを備えたフォトプリンター。スマホの写真や動画を簡単にプリントできる「PrintMode」と、撮影した写真を加工して楽しめる「FanMode」を使い分けられるのが特徴です。ただ写真を印刷するだけでなく、落書きしたり、コラージュしたりとさまざまな方法で楽しめます。

直感的に使える仕組みが魅力。プリンターの向きを縦横に動かすことでモードを切り替えられます。モード設定はLEDライトの色で判別可能。プリントや写真の加工時も使い慣れたスマホで簡単に操作できて便利です。

プリンターを逆さにしてボタンを押すと、最後にプリントした画像をプリントし直す「リプリント」機能も搭載。複数人で同じ写真を持ちたい場合などにも使えます。スマホで撮った写真を楽しみながらプリントしたい方におすすめです。

プリンターのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

プリンターのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。