写真や書類を印刷するのに欠かせない「プリンター」。プリント機能に加え、コピーやスキャン、FAXが可能な複合機などもあり、ビジネスシーンにおいては欠かせないアイテムです。

そこで今回は、おすすめのプリンターをご紹介。選び方やおすすめメーカーについてもあわせて解説するので、ぜひチェックしてみてください。

インクジェットとレーザーは何が違う?

インクジェットプリンター

By: amazon.co.jp

インクジェットプリンターは、液状のインクを熱や圧力で粒子にして紙に直接吹き付けることで印刷する方式を採用したモノ。家庭向けの主力アイテムにもなっている、コンパクトで高画質なプリンターです。

印刷時は1列ずつインクを吹き付けていくため時間はかかりますが、色彩やグラデーションの再現性が高いので、色味の再現性が高いのが特徴。また、プリンター本体のサイズがコンパクトなモデルも多いため、スペースの限られた場所でも手軽に設置できます。

本体の価格はレーザープリンターと比べるとリーズナブル。ただし、大量印刷する場合はインク代が高くかかってしまう傾向にあるので留意しておきましょう。

レーザープリンター

By: amazon.co.jp

レーザープリンターは、帯電させた筒(ドラム)にレーザーで文字や絵柄を描いて粉状のトナーを付着させ、紙に押し付けて熱で定着させる形で印刷する方式のモノ。事務所や学校などにも設置されていることが多く、文書印刷に特化したプリンターです。

同じ内容の書類を素早く大量に印刷できるのが特徴。解像度はあまり高くないので写真印刷にはあまり向きませんが、ビジネスシーンでの書類印刷などに重宝します。

本体の価格はやや割高ですが、大量印刷する場合の印刷コストが安いのも魅力。数百枚単位の文書印刷を普段から頻繁に行う方におすすめです。

プリンターの選び方

単機能プリンターか複合機か

単機能プリンター

By: amazon.co.jp

単機能プリンターとは印刷機能のみに対応したプリンターのこと。複合機とは違ってコピーやスキャン、FAXなどの機能は搭載されていませんが、サイズがコンパクトなので限られたスペースでも簡単に設置できます。

印刷機能だけに特化したことで操作性がシンプルなのもポイント。余計な項目や機能に左右されることなく、印刷をスムーズに進めたい方にもおすすめです。

単機能プリンターは省スペース設計にも関わらず、A3ノビなどの大判印刷に対応するモデルがあるのも魅力。用紙サイズの自由度が高いため、フォトコンテストの応募作品を制作する際などにも重宝します。

複合機

複合機とは印刷機能に加えて、コピーやスキャン、FAXなどの機能も備えた多機能プリンターのこと。単機能プリンターと比べると価格や本体サイズはやや大きくなりますが、1台でさまざまな機能が使えるので汎用性が高いのが特徴です。

コピー機能を使えば、コンビニなどに行く必要もなく、手続きに必要な本人確認証のコピーを簡単に印刷できます。また、スキャン機能を使えば、サイン済みの書類をデータ化したり、古い写真をデジタル画像化したりすることも可能。さまざまなシーンでプリンターを活用したい方におすすめです。

インクの種類をチェック

顔料インク

By: brother.co.jp

顔料インクは大きな粒子を採用しており、印刷時は紙の内部まで浸透せずに表面に定着するのが特徴です。輪郭をくっきりと鮮明に表現可能。また、水滴が付いてもインクがにじみにくいのが魅力です。

染料インクと比べると光沢感や発色の鮮やかさでは劣りますが、高精細な色再現や豊かなグラデーションの表現が得意なのもポイント。重厚で落ち着いた仕上がりの写真を印刷する場合にも重宝するので、プロカメラマンにも愛用している方が数多くいます。

一方、粒子が大きめで、染料インクと比較して光沢感や発色の鮮やかさでは劣ります。忙しいビジネスシーンなどで使用する書類の印刷などにもおすすめです。

染料インク

By: canon.jp

染料インクは印刷時に紙の繊維まで浸透させて発色されるのが特徴。鮮やかな色彩で表現できることに加えて、光沢紙などで印刷した場合は用紙自体の質感を活かせます。明るく華やかな仕上がりの写真を印刷するのにおすすめです。

ただし、顔料インクと比べると乾くまでに時間がかかり、水濡れにも弱くにじみやすいため書類の印刷にはあまり向かないのが難点。写真印刷時の画質を重視したい方に適しています。

トナーインク

By: amazon.co.jp

トナーインクはレーザープリンターで採用されている樹脂製の粉状インクのこと。熱によって溶けると定着しやすくなり、水に濡れてもにじみにくいのが特徴です。

しかし、忠実な色調の再現は苦手なので高画質な写真の撮影は不得意。容量が多く、1枚当たりの印刷コストが安く済むため、普段の業務などで使用する大量の書類を安く印刷したい方などにおすすめです。

インクの色数をチェック

By: amazon.co.jp

インクの色数が多くなるほど、色彩やグラデーションをより細かく表現できるのが特徴。澄み渡った空の青色や健康的な人肌の質感などをより忠実に再現できるので、写真などを高いクオリティーで印刷できます。

一般的なプリンターでは、C(シアン)・M(マゼンダ)・Y(イエロー)・K(ブラック)の4色を基本色として使用。通常はこれら4色のみを採用したモデルでも十分な画質は得られます。

なかには、基本4色に彩度を高めるレッドや階調を高めるグレーなどを追加した、6色以上の色数を有するモデルもラインナップ。フォトコンテストに応募する写真など、特に強く画質にこだわりたい場合はぜひチェックしてみてください。

印刷物の種類に適したモデルを選ぼう

写真やイラスト

写真やイラストの印刷を主に行いたい場合は、A3以上の用紙サイズに対応するインクジェットプリンターがおすすめです。A4と比べて約2倍の面積があるので迫力のある大画面で印刷できます。また、フォトコンテストで多用される四切サイズを印刷できるのも魅力です。

インクの種類は印刷したい写真の作風に応じて選ぶのがおすすめ。華やかで明るい仕上がりの場合は、用紙の光沢感を活かせる6色以上の染料インクモデル、重厚で落ち着いた仕上がりの場合は階調を豊かに表現できる8色以上の顔料インクモデルを選んでみてください。

イラストの場合も8色以上の顔料インクを採用したモデルがおすすめ。色彩表現が豊かで、インクがにじみにくく十分な品質を確保できます。

書類や文書

書類や文書の印刷を主に行いたい場合は顔料インクを採用したインジェットプリンターがおすすめです。光沢が抑えられているので内容が確認しやすく、水に濡れてもにじみにくいため用紙を汚さず記入や手渡しができます。

印刷コストを抑えたい場合は「エコタンク」や「ギガタンク」など詰め替え用の大容量インクボトルに対応したモデルも要チェック。通常のカートリッジモデルと比べると印刷コストが5分の1以下に抑えられるので、家計の節約にも役立ちます。

業務用途で数百枚単位の大量印刷をすることが多い場合はレーザープリンターもおすすめ。1枚当たりの印刷コストが安く、印刷時間も高速のため忙しいビジネスシーンで重宝します。

プリンターのおすすめメーカー

エプソン(EPSON)

By: amazon.co.jp

エプソンは長野県の諏訪市に本社を置く1942年創業の精密機器メーカーです。腕時計やBTOパソコンの製造も行っていますが、エプソンのプリンターは業界トップのシェアを誇ることでも有名。また、6色染料インクを採用するなど、写真画質に重点をおいたモデルが多いのも特徴です。

基本モデルのホームプリンター「Colorio」をはじめ、低コストで高画質印刷ができる「V-edition」、プロカメラマンにも愛用者が多い「Epson Proselection」など、多彩なシリーズがラインナップされています。

キヤノン(Canon)

By: amazon.co.jp

キヤノンは東京都の大田区に本社を置く1937年創業の電気機器メーカーです。デジタルカメラのリーディングカンパニーとして有名ですが、プリンターでもエプソンに次ぐ大きなシェアを有しています。また、染料カラーと顔料ブラックを組み合わせることで写真も書類も明瞭で見やすく印刷できるモデルが多いのも特徴です。

家庭用として人気の高い「PIXUS」をはじめ、プロユースの作品印刷ができる「PIXUS PRO」など充実したラインナップも魅力。さらに、ビジネス向けのモデルとして、特大容量の「ギガタンク」を搭載したモデルや、SOHOや個人事業主からも人気のあるレーザープリンター「Satera」も発売されています。

ブラザー(Brother)

By: amazon.co.jp

ブラザーは愛知県の名古屋市に本社を置く1934年創業の電機メーカーです。ミシンのトップブランドとしても有名ですが、プリンター事業はエプソンとキヤノンに次ぐ第3位のシェアを持っています。

コピー・スキャナー・FAXが付属し、SOHOにも活用できる「PRIVIO」が人気。色数は4色と少ないながら低コストで高画質印刷できるので、コスパの高い家庭用プリンターとしても親しまれています。また、ビジネス向けレーザープリンターの「JUSTIO」は豊富なラインナップが用意されているのも特徴です。

メーカーのおすすめモデル

エプソン(EPSON) EW-M752T

大容量のインクタンクを搭載し、ボトルから直接インクを補充する「エコタンク方式」のプリンター。印刷コストが低いので、インク代を気にせずプリントしたい方におすすめです。

インクボトルは標準の使い切りサイズに加えて、印刷頻度が高い方向けに増量ボトルを用意。編集部調べでは、使い切りサイズ1本あたりの市場価格は600円(税抜)、増量サイズは2,000円(税抜)となっており、手頃な価格でインクを購入できるのも魅力です。

「EW-M752T」は、顔料と染料の2種類のブラックインクにカラーを加えた5色インクを搭載しているので、写真も文字もキレイにプリントできます。スマホとの親和性が高く、QRコードをスマホのカメラで読み込むだけで、プリンターとの接続が可能です。また、4.3型の大型タッチパネルで直感的に迷わず操作ができるほか、トレイ式の前面給紙を採用しているので置き場所も選びません。

なおエプソンでは、2020年10月22日(木)〜2021年1月12日(火)の期間に「EW-M752T」を含む対象製品とインクを同時購入して応募すると、6,000円分のVisaギフトカードがもらえるキャンペーンを実施中。この機会をお見逃しなく!

▼インク代も手間も大幅カット! エコタンク方式プリンターが選ばれるワケ


6,000円分のVisaギフトカードがもらえるキャンペーンを実施中!Amazonで見る
6,000円分のVisaギフトカードがもらえるキャンペーンを実施中!楽天市場で見る

インクジェットプリンターのおすすめモデル

エプソン(EPSON) A3カラーインクジェット複合機 Colorio V-edition EP-10VA

パソコンを必要とせず、本格的な写真作品の制作も楽しめるA3カラーインクジェット複合機です。基本の染料4色に彩度強化のレッドと階調向上のグレーを加えた6色構成の「Epson ClearChrome K2インク」を採用。鮮明な風景写真から、滑らかで上質なモノクロ写真まで楽しめます。

低印刷コストなのも魅力。L判写真が1枚あたり約12.7円と安く印刷できるので、写真のセレクトや仕上げの追い込みなどで日常的に写真印刷を積極的に楽しみたい方にもおすすめです。

プリンター単体での作品制作をサポートする機能も充実。同じカットを複数のバージョンで1枚にまとめて印刷できる「色補正一覧印刷」を使えば、用紙の無駄を省きつつ好みの仕上がりを効率的に追求できます。

エプソン(EPSON) A3ノビカラーインクジェットプリンター Epson Proselection SC-PX1V

高画質で作品印刷が楽しめる、コンパクトなA3ノビ対応のインクジェットプリンターです。9色の顔料インクから構成される「UltraChrome K3Xインク」を採用。新搭載のディープブルーインクによってブルー領域の階調性が強化されているので、ブルーモーメントの風景写真も美しく印刷できます。

有線・無線LANの両方で接続が可能。また、ワイヤレス接続時は5GHz帯のWi-Fiにも対応しているため、電波干渉の少ない安定した通信環境で大判プリントの制作が進められます。

キヤノン(Canon) A4カラーインクジェット複合機 PIXUS XK70

高画質と低コストを両立したA4カラーインクジェット複合機です。基本の染料4色と顔料ブラック、さらには独自の「フォトブルーインク」を加えた計6色を採用。光沢紙での発色を高めつつ明部の粒状感を低減しているので、風景写真の印刷などでさらなる繊細な描写が楽しめます。

シックでおしゃれなデザインのボディには、5.0型タッチパネルを搭載。文書印刷時に用紙コストを節約できる自動両面プリントや、2WAY給紙にも対応しています。

キヤノン(Canon) A4カラーインクジェット複合機 G7030

ビジネス用途で活躍するコスパ良好のA4カラーインクジェット複合機です。特大容量の「ギガタンク」を搭載。満タンの状態でA4カラー文書が約7700枚、A4モノクロ文書が最大約8300枚印刷できるので、インク補充の頻度が少なく済みます。

低ランニングコストなのも魅力。A4モノクロ文書が1枚あたり約0.4円、A4カラー文書が1枚あたり約0.9円で印刷できるため、大量印刷が必要な業務にも適しています。

「2WAY給紙」に対応しており、前面と背面の給紙トレイに合計で350枚の用紙がセット可能です。さらに、最大35枚の原稿をセットして連続で自動スキャンができるADFやFAXも搭載。SOHOや個人事業主のニーズにもしっかり応えるおすすめのモデルです。

キヤノン(Canon) A3ノビカラーインクジェットプリンター PIXUS PRO-10S

優れた色再現性を持つインクジェットプリンターです。10色構成の顔料インク「LUCIA」を採用。内3色は黒系インクですが、透明インクの「クロマオプティマイザー」と組み合わせることで、深みのある暗部も美しく印刷できます。

A3よりも一回り大きなA3ノビをはじめ、多彩な用紙サイズに対応しているのもポイント。背面には通常サイズの写真用紙を給紙できるトレイのほか、半切や厚紙などの特殊用紙に対応する手差しトレイも搭載しています。

Wi-Fiによるワイヤレス印刷にも対応。スマホやパソコンから印刷指示を飛ばせば、プリンター本体の電源がオフの状態でも自動で立ち上がり印刷できます。

ブラザー(Brother) A3カラーインクジェット複合機 PRIVIO MFC-J6999CDW

印刷速度に優れたA3カラーインクジェット複合機です。電源オンからのファーストプリントが約5.5秒、1分間にA4カラー文書が約20枚、A4モノクロ文書が約22枚の印刷が可能。大事なアポや急な会議前の資料準備にも重宝します。

水濡れに強い4色構成の顔料インクを採用しており、汗や飲み物で文字がにじみにくいのもポイント。印刷コストが安いのもポイントで、A4カラー文書が1枚あたり約3.7円、A4モノクロ文書が1枚あたり約0.7円で印刷できます。

1段250枚の大容量給紙トレイを3段搭載。また、背面の多目的トレイは角2封筒やハガキなど、幅広い用紙に対応しています。

レーザープリンターのおすすめモデル

キヤノン(Canon) A4カラーレーザー複合機 Satera MF644Cdw

家庭用や個人事業主用としても活躍できる高画質なA4カラーレーザー複合機です。直感的な操作ができる5インチの大型タッチパネルを搭載。よく使う設定の登録に対応するなど使用スタイルに応じたカスタマイズもできるので、機器操作に不慣れな方でも簡単に使えます。

1分当たりの印刷速度も約21枚と高速なのもポイント。また、FAXを内蔵しているほか、最大50枚の原稿をセットして両面を高速スキャンできるADFも搭載しています。

ブラザー(Brother) A4モノクロレーザープリンター JUSTIO HL-L2375DW

SOHOワーカーにおすすめのA4モノクロレーザープリンターです。インクジェット機と違ってインクの目詰まりがなく、大量印刷しやすいのが特徴。また、印刷速度が1分当たり約34枚と速いので、急なアポや来客にも慌てず対応できます。

分離型のトナーとドラムを採用しており、1枚当たり約3円と安く印刷できるのもポイント。さらに、用紙の消費を抑える「自動両面プリント」やトナー消費量を節約できる「トナーセーブ機能」を搭載しているのも魅力です。

高さ約18.3cmのコンパクトな設計なため、パソコンラックにも簡単に設置可能。用紙補充やトナー交換なども前面で対応できるので、限られたスペースでも快適に使用できます。

ブラザー(Brother) A4モノクロレーザープリンター JUSTIO HL-L5200DW

コスパに優れたA4モノクロレーザープリンターです。高速プリントエンジンの搭載によって1分間に約40枚の高速印刷を実現。電源オンからのファーストプリントも約7.2秒と速いので、忙しいビジネスシーンでも活躍できます。

分離型のトナーとドラムの採用によって、A4モノクロ文書1枚当たりの印刷コストが約1.6円と安いのもポイント。また、多目的トレイとカセットの2way給紙にも対応しています。

別売りの増設給紙トレイを装着すれば、一度で最大1340枚の給紙も可能。さらに、約30万枚の印刷に耐える高耐久設計のため、大量プリントが必要なオフィスでも長く安心して使えます。

ブラザー(Brother) A4カラーレーザープリンター JUSTIO HL-L3230CDW

家庭の書斎や個人事業主に適した、コスパ良好のA4カラーレーザープリンターです。トナーとドラムを別々に交換できる分離型を採用。A4モノクロ文書が1枚あたり約3.1円、A4カラー文書が1枚あたり約17.4円と安く印刷できます。

置き場所に困らない高さ25.2cmのコンパクト設計ながら、1分当たり約24枚の高速印刷ができるのもポイント。また、用紙トレイには最大250枚のA4用紙をセットできるので、大量印刷がしやすいのも魅力です。

エントリーモデルにも関わらず便利な機能も充実。用紙コストの削減に役立つ自動両面印刷に対応するほか、無線LAN印刷も利用できます。

ブラザー(Brother) A4カラーレーザープリンター JUSTIO HL-L8360CDW

小売店や飲食店などの店舗業務におすすめのA4カラーレーザープリンターです。改良されたトナーとドライバーによって、ビジネス文書を高画質で印刷できます。

多目的トレイとカセットの2Way給紙、正面と背面の2Way排紙に対応。封筒など厚手の用紙も反らさず印刷できます。また、コート紙の印刷にも標準対応しているのもポイント。チラシやPOP、メニューなども気軽に印刷できます。

トナーとドラムを別々に交換できる分離型を採用しているのもポイント。1枚当たりの印刷コストがA4モノクロで1枚あたり約1.9円、A4カラーで1枚あたり約14.6円と安く印刷できるおすすめのモデルです。

沖データ(OKI) A4モノクロLEDプリンター COREFIDO B432dnw

高耐久かつ高画質なA4モノクロLEDプリンターです。LEDプリンターの仕組みはレーザープリンターと基本的に同じですが、光源にLEDを用いているのが特徴。これにより、印字の速度を上げたり、より高精細に出力できたりというメリットがあります。

毎分38枚の高速プリントが可能なのも魅力。また、大容量トナーの採用によって印刷コストが1枚あたり約2.9円と安く、トナー交換の頻度も最小限に抑えられます。さらに、自動両面印刷に対応しているのもポイントです。

接続方式は、目的に応じて有線・無線LANの使い分けが可能。最大約20万枚までの印刷できる高耐久設計で、大量印刷が必要なオフィスでも長く愛用できます。

沖データ(OKI) A4カラーLEDプリンター COREFIDO2 C332dnw

小規模オフィスにもおすすめのA4カラーLEDプリンターです。最大30万枚の印刷に対応する高耐久設計を採用。大量印刷を頻繁に行うオフィスでも活躍します。

描画にLED方式を採用しており、解像度は最大1200dpi。文字も図表も明瞭に印刷できるので、会議や商談で見やすい資料を印刷できます。また、1分当たりの印刷速度がA4モノクロ文書で約30枚、A4カラー文書で約26枚と高速なのもポイントです。

ランニングコストがA4モノクロで1枚あたり約2.9円、A4カラーで1枚あたり約12.1円と安いのも魅力。Wi-Fiによる無線LAN印刷にも対応しています。