写真や書類を印刷するなど、プライベート・ビジネス問わず重宝する「プリンター」。プリント機能に加えコピーやスキャン、FAXが可能な複合機などもあり、ビジネスシーンにおいては必須アイテムとなっています。

そこで今回はおすすめのプリンターをご紹介。選ぶ際のポイントについても詳しく解説するので、興味のある方はぜひ参考にしてみてください。

プリンターの選び方

種類で選ぶ

インクジェットプリンター

By: amazon.co.jp

熱や圧力を加え粒子状にしたインクを、用紙に吹き付けて印刷する方式の製品です。一般の家庭用プリンターでは最も普及しているタイプ。価格も手頃なうえ高機能な製品が多いのも人気の理由です。

印刷解像度が高く色の再現性に優れているため、写真を綺麗にプリントしたい方にもおすすめ。基本の4色をベースに複数のカラーを加えた、6色や8色インク搭載モデルなども販売されています。写真プリントの品質にこだわる方は、ぜひチェックしてみてください。

レーザープリンター

ドラムと呼ばれる円筒状の部品を高電圧で帯電させ、そこに付着したトナーを用紙に転写することで印刷する方式のプリンターです。プリントスピードの速いのが特徴。毎日、大量の印刷をおこなう必要がある、ビジネス用途におすすめのタイプです。

レーザーを利用し印刷に不要な箇所のトナーを取り除くことから「レーザープリンター」と呼ばれています。

用途で選ぶ

印刷だけしたい方は「単機能」

By: epson.jp

印刷だけをしたい方には、プリントに特化した「単機能」モデルがおすすめです。コピーやスキャナーといった余分な機能が搭載されていない分、価格が安くコンパクトなのが特徴。

多機能は必要ないので、気軽に購入できるプリンターを探している方にも適しています。また、操作系がシンプルで取り扱いがしやすいのも単機能モデルの魅力です。

コピーやスキャンも利用したい方は「複合機」

By: epson.jp

オフィスはもちろん、一般の家庭でもコピーやスキャン機能が使えると非常に便利です。役所に提出する申請書類など、証明書のコピーが必要な場面は意外と多いもの。コピー機能があればコンビニに出かける必要もありません。

また、スキャン機能は購入した製品の取扱説明書や領収書など、さまざまな紙媒体をPDFへ変換できます。職場や自宅のペーパーレス化を考えている方も、ぜひ検討してみてください。

インクの種類をチェック

顔料インク

顔料インクは紙の表面でしっかりと定着し、滲みにくいのが特徴です。さまざまな種類の用紙に対応することが可能。細かな文字や細い罫線でもクッキリと印刷できるため、ビジネス文書のプリントなどにおすすめのインクです。

また、速乾性のため短時間で色が定着するのもポイント。テストプリントを繰り返しながら確認作業をおこなう、クリエイティブな現場にも適しています。

染料インク

By: epson.jp

写真を綺麗に印刷したい方におすすめなのが染料インクです。鮮やかな発色と優れた色彩表現力が特徴。用紙に染み込みやすく乾燥するまでに多少時間はかかるものの、光沢感のある仕上がりが魅力です。

6色や8色インクを採用した、よりなめらかに階調表現のできるモデルなどもあります。お気に入りの写真を作品として残せるので、写真撮影が趣味の方もぜひチェックしてみてください。

顔料インク+染料インク

By: amazon.co.jp

最近は顔料インクと染料インクを組み合わせた、いわゆる「ハイブリッドインク」搭載プリンターが多く販売されています。ブラックには文字印刷に強い顔料系を、カラーには写真プリントに適した染料系インクを採用しているのが特徴。

写真と文字や罫線が混在する、ビジネス文書の印刷などにも適しています。ホームユースでも使いやすいおすすめのインクです。

カートリッジの形状で選ぶ

一体型

一体型カートリッジのメリットは、全色のインク交換が1回で済むこと。印刷する機会が少ない方や、面倒な交換作業を頻繁におこないたくない方などにおすすめです。

ただし、1色でもインクがなくなればカートリッジの交換が必要になります。使い方によってはコスト高になることもあるので、使用頻度を考慮して選びましょう。

独立型

By: amazon.co.jp

各色のカートリッジを個別に交換できるのが独立型の特徴。印刷中にインクが切れても、空になったカートリッジだけを交換すればよいので非常に経済的です。一体型と比較してカートリッジの数が多い分、交換頻度は増えるので留意しておきましょう。

ランニングコストを抑えたい方や、特定のカラーを頻繁に利用する使い方におすすめのタイプです。

トナー

By: amazon.co.jp

トナーはレーザープリンターで使われている粉状の色材です。印刷コストが低いので、毎日多く印刷するオフィスなどにおすすめのタイプ。紙面への定着性が高く滲みにくいため、カラー・モノクロ問わず普通紙で対応できるのが特徴です。

ただし、写真を高品質で印刷するなど、繊細な色表現が必要な用途には向いていません。ビジネス書類を大量にプリントするシーンで活躍します。

印刷機能をチェック

ネットワーク印刷

By: amazon.co.jp

複数の方が使用するオフィスには、ネットワーク印刷に対応したプリンターがおすすめです。各人のパソコンからプリンターを共有し、印刷作業をおこなえるので便利。

接続するパソコンの数が多いオフィスでは、1GBなど容量の大きなメモリ搭載モデルを選びましょう。同時に複数の印刷指示が重なるようなシーンでも、印刷待ち時間が最小限に抑えられるので重宝します。

ダイレクト印刷

ダイレクト印刷に対応したプリンターなら、パソコンを介さずに写真や書類の印刷がおこなえます。デジカメで撮影した写真を手軽にプリントしたい場合は、SDカードスロットを搭載したモデルが便利です。

USBメモリダイレクト印刷に対応しているモデルなども販売されているので、用途にあったプリンターを選んでみてください。パソコンで読み取って印刷する、といった手間が省けます。

自動両面印刷

社内資料を大量に印刷する機会が多いオフィスでは「自動両面印刷」機能を搭載したプリンターに注目しましょう。2ページ分の原稿を1枚にプリントできるため、用紙代の節約が可能なうえ保管するファイルの数も少なくて済みます。

経費の削減を考えている方におすすめの機能です。加えて「ページレイアウト」機能を備えたモデルなら、さらに使用する用紙の量を減らせます。

プリンターのおすすめメーカー

キヤノン(Canon)

デジカメやビデオカメラなどの映像機器でも有名な、日本を代表するグローバル企業です。インクジェットプリンターの「PIXUS」やレーザープリンターの「Satera」シリーズなど豊富なラインナップが特徴。

写真品質にこだわった6色・8色インク搭載モデルや、コスト重視のギガタンク採用製品などさまざまな機種を展開しているブランドです。

エプソン(EPSON)

By: amazon.co.jp

精密機器メーカーである、セイコーエプソンが展開するブランドです。綺麗な写真印刷が手軽に楽しめるインクジェットプリンター「Colorio」シリーズが人気。通常のカートリッジ式モデルだけでなく、印刷コストが安い「エコタンク方式」の製品を選ぶことも可能です。

レーザープリンターも低価格のモノクロタイプから、A3カラーに対応した高機能モデルまで多くの機種を販売しています。

ブラザー(Brother)

名古屋に本社を置くミシンでも有名な会社です。プリンターやスキャナーといった電子機器から、通信カラオケシステムなどのコンテンツ事業も手掛けています。

インクジェットプリンター・レーザープリンターともコスパのよさが魅力。紙媒体を使わずFAXの送信や確認ができるモデル、スマホから簡単に印刷できる製品など家庭やオフィスで便利な機種がラインナップされています。

メーカーのおすすめモデル

エプソン(EPSON) EW-M752T

大容量のインクタンクを搭載し、ボトルから直接インクを補充する「エコタンク方式」のプリンター。印刷コストが低いので、インク代を気にせずプリントしたい方におすすめです。

インクボトルは標準の使い切りサイズに加えて、印刷頻度が高い方向けに増量ボトルを用意。編集部調べでは、使い切りサイズ1本あたりの市場価格は600円(税抜)、増量サイズは2,000円(税抜)となっており、手頃な価格でインクを購入できるのも魅力です。

「EW-M752T」は、顔料と染料の2種類のブラックインクにカラーを加えた5色インクを搭載しているので、写真も文字もキレイにプリントできます。スマホとの親和性が高く、QRコードをスマホのカメラで読み込むだけで、プリンターとの接続が可能です。また、4.3型の大型タッチパネルで直感的に迷わず操作ができるほか、トレイ式の前面給紙を採用しているので置き場所も選びません。

プリンターのおすすめ|インクジェットプリンター

キヤノン(Canon) A4 カラーインクジェットプリンター PIXUS TS203

キヤノン(Canon) A4 カラーインクジェットプリンター PIXUS TS203

印刷に特化した単機能プリンターです。コピーやスキャナーなどの機能は搭載されていないため、リーズナブルな価格で購入できるのがポイント。また、機能が少ない分操作体系もシンプルなため、取り扱いがしやすいのも魅力です。

交換が容易な一体型のインクカートリッジを採用しています。個別にインクを交換するといった面倒な作業は必要ありません。印刷頻度があまり高くない方に向いています。4色ハイブリッドインクを採用しているので、写真・文字とも綺麗にプリントすることが可能です。

キヤノン(Canon) A4 インクジェット複合機 PIXUS TS3330

キヤノン(Canon) A4 インクジェット複合機 PIXUS TS3330

パソコンだけでなく、スマホからでも手軽にプリントしたい方におすすめのモデルです。「ダイレクト接続」に対応しているのが特徴。Wi-Fiのない場所でもスマホとプリンターを接続して、プリントやスキャナー機能が利用できます。一度設定しておけばよいので準備も簡単です。

また、「PictBridge」規格に対応しているのもポイント。同規格に対応したデジタルカメラなら、ワイヤレスでダイレクトに印刷することも可能です。わざわざパソコンを介してプリントする煩わしさもありません。ただし、Wi-Fi環境が必要なのでその点は留意しておきましょう。

スマートスピーカーにも対応しており、音声でプリントや電源オン・オフの指示ができて便利。自宅でスマートに印刷したい方もぜひチェックしてみてください。

キヤノン(Canon) A4 インクジェットモノクロプリンター GM4030

キヤノン(Canon) A4 インクジェットモノクロプリンター GM4030

モノクロタイプのA4対応プリンターです。「ギガタンク」を搭載しているのが特徴。1本で約6000枚の印刷が可能な大容量インクタンクです。顔料系のブラックインクを採用しているため、文字や罫線がくっきりと印刷できます。

大量の文書をプリントする機会の多い、SOHOなどにもおすすめのモデルです。Wi-Fi接続に対応しているので設置場所の自由度が高いのも魅力。パソコンの近くに設置しなくてもよいなど、配線を気にする必要はりません。

ただし、macOS搭載パソコンには対応していないため、購入を検討している方はあらかじめ留意しておきましょう。

キヤノン(Canon) A3 インクジェットプリンター PIXUS PRO-100S

キヤノン(Canon) A3 インクジェットプリンター PIXUS PRO-100S

高い光沢性と発色性を持つ8色染料インクを搭載したモデルです。作品レベルの写真印刷を可能にする、プロの現場にもおすすめのプリンター。L判からA3ノビまで幅広い用紙サイズに対応しています。

カラーだけでなく、モノクロプリントの表現力が高いのも本モデルの特徴です。黒色系インクにブラック・グレー・ライトグレーの3色を採用。粒子感を抑えたなめらかな階調表現が魅力です。

有線LANに対応しているため、オフィスに設置した複数のパソコンから共有できます。プリント速度が早いのもポイント。A3ノビのモノクロで約2分55秒、カラーなら約1分30秒で印刷することが可能です。スピードを求められるビジネスシーンでも活躍します。

エプソン(EPSON) A4 インクジェットプリンター カラリオ EP-306

エプソン(EPSON) A4 インクジェットプリンター カラリオ EP-306

写真が綺麗に印刷できる、単機能プリンターを探している方におすすめのモデルです。購入しやすい手頃な価格ながら、高画質の6色染料インクを搭載しているのが特徴。通常の4色に加えライトシアンとライトマゼンダを採用することで、肌や空の色合いをよりリアルに再現できるのが魅力です。

無料アプリ「Epson iPrint」をダウンロードしておけば、スマホやタブレット端末からでもWi-Fi経由で手軽に印刷できます。コンパクトなボディは置き場所を決めるのも容易。前面給紙を採用しているため用紙の補給や交換も簡単です。

エプソン(EPSON) A4 インクジェット複合機 カラリオ EP-812A

エプソン(EPSON) A4 インクジェット複合機 カラリオ EP-812A

スキャナーやコピー機能も搭載したA4カラー複合機です。ホームユースに便利なおすすめのモデル。免許証や保険証などの両面を、用紙の片面にまとめてコピーできる「IDカードコピー」機能を搭載しています。突然、証明書のコピー提出が必要になった場合に便利です。

また、写真のフチなしコピーにも対応。迫力あるお気に入りの写真を、そのままコピーすることが可能です。自宅にいながら焼き増し感覚でコピーができるので重宝します。

エプソンが独自に開発した「つよインク」を採用しているのもポイント。優れた耐光性と耐オゾン性を有しているため、アルバムで保存すれば300年も綺麗な状態が続きます。大切な記憶を、子供や孫の世代まで残しておきたい方にもおすすめのプリンターです。

エプソン(EPSON) A4 インクジェット複合機 カラリオ V-edition EP-30VA

エプソン(EPSON) A4 インクジェット複合機 カラリオ V-edition EP-30VA

思い出の写真を高画質かつ低コストで印刷したい方におすすめのプリンターです。インクと用紙代を合わせても、L判1枚を約12.7円で印刷可能。趣味で撮影した写真から日常のスナップ写真まで、気軽に印刷できるので重宝します。

基本の4色にレッドとグレーを加えた、6色染料インクを採用しているのが特徴です。光沢感のある鮮やかな発色と自然なグレー表現が可能。カラーはもちろんモノクロ印刷でも、なめらかな階調表現のプリントがおこなえます。

独立型のインクカートリッジを採用しており、空になったインクだけの交換ができるので経済的です。

エプソン(EPSON) A4 モノクロインクジェットプリンター PX-S170T

エプソン(EPSON) A4 モノクロインクジェットプリンター PX-S170T

モノクロ印刷タイプのA4対応プリンターです。印刷コストの安いのが特徴。A4用紙1枚あたり約0.4円でプリントできるため、毎日大量の印刷をおこなうビジネスユースにおすすめです。また、価格も安いので気軽に購入できます。

大容量インクボトル方式を採用しているのもポイント。ボトル1本で約6000ページ分のプリントができるため、頻繁に補充する手間もありません。インクの補充もキャップを開けて挿すだけと簡単です。扱いやすいプリンターを探している方におすすめです。

ブラザー(Brother) A4 インクジェット複合機 DCP-J582N

ブラザー(Brother) A4 インクジェット複合機 DCP-J582N

高画質な写真印刷にこだわる方にもおすすめの、カラーインクジェット複合機です。富士フイルムの写真専用用紙「画彩 写真仕上げ Pro」モードに対応しているのが特徴。自宅でも手軽に綺麗な写真プリントが楽しめます。

L判からA4まで4つのサイズが準備されているので、好みの大きさで印刷が可能。3色の染料系カラーインクと顔料系ブラックインクを採用しています。カラー写真の印刷はもちろん、細かな文字や罫線の入った文書も鮮明にプリントできるのも魅力。

また、メモリカードスロットを搭載しているのもポイント。SDカードに保存した写真や書類を、パソコンを使わずダイレクトにプリントできるので重宝します。

ブラザー(Brother) A4 インクジェット複合機 DCP-J988N

ブラザー(Brother) A4 インクジェット複合機 DCP-J988N

大容量インク対応のインクジェットプリンターです。ブラックで標準インクカートリッジの約16本分、カラーでは約10本分のインク量を搭載できるのが特徴。月300枚くらいをプリントするような使い方であれば、1年以上インク交換をせずに使用できます。

面倒なインク交換の手間を減らしたい個人の方はもちろん、業務の手を止めたくないSOHOにもおすすめのモデルです。インク残量はグラフに加え、印刷可能なおおよその残枚数でも表示。交換タイミングがより正確に把握できるので重宝します。

また、サブタンクを内蔵しているのもポイントです。万が一、カートリッジが空になってしまっても約200枚の印刷が可能なため、慌てる必要はありません。

ブラザー(Brother) A4 インクジェット複合機 MFC-J903N

ブラザー(Brother) A4 インクジェット複合機 MFC-J903N

ビジネス用途におすすめのFAX機能を搭載した製品です。パソコンで作成した書類を直接送信したり、受信したFAXをパソコン画面で確認したりできるので便利。無駄に用紙やインクを使用しないため、経費を節約することが可能です。

FAXでの発注や受注業務をおこなっている、オフィスや店舗での使用に適しています。多様な用紙に対応できる手差しトレイを備えているのもポイント。請求書や案内状の発送など、封筒へ印刷する際にも活躍します。

1台でビジネスに必要な作業がこなせる複合機を探しているSOHOの方も、ぜひチェックしてみてください。

プリンターのおすすめ|レーザープリンター

キヤノン(Canon) A4 カラーレーザープリンター Satera LBP621C

キヤノン(Canon) A4 カラーレーザープリンター Satera LBP621C

SOHOの方にもおすすめの、A4対応カラーレーザープリンターです。購入しやすい手頃な価格が魅力。有線LANだけでなく無線LAN接続にも対応しているため、ケーブルの引き回しを気にせず設置場所が選べます。

ダイレクト接続が可能なのでWi-Fi環境がないオフィスでも、スマホやタブレット端末から手軽にプリントすることが可能です。カラー・モノクロ印刷とも毎分21枚と高速。スリープ状態からの立ち上がりも早いので、ビジネスを停滞させることはありません。

また、待機時の消費電力が最小0.8Wと小さく、省エネ設計なのも本モデルの魅力です。

キヤノン(Canon) A4 モノクロレーザープリンター Satera LBP322i

キヤノン(Canon) A4 モノクロレーザープリンター Satera LBP322i

カラー印刷はしないので、プリント速度の早い製品が欲しい方におすすめのモデルです。A4サイズ対応のモノクロレーザープリンター。片面なら1分間に約43枚、両面でも36枚と高速プリントが可能です。毎日大量の印刷をおこなう必要がある、オフィスや店舗で活躍します。

また、A5用紙の高速プリントに対応しているのもポイント。領収書や証明書などが素早く発行できるため、医療現場や役所関係の窓口カウンターなどでも重宝します。

メンテナンスのしやすさも本モデルの特徴です。オールインワンカートリッジを採用。感光ドラム・現像器・トナーなどが一体化されているため、メンテナンスが簡単なうえ保管場所をとることもありません。

キヤノン(Canon) A3 カラーレーザープリンター Satera LBP851C

キヤノン(Canon) A3 カラーレーザープリンター Satera LBP851C

幅広いサイズの用紙に対応可能なカラーレーザープリンターです。手差しトレイを使用することで、B6ハーフサイズから最長1200mmの長尺用紙にプリントすることが可能。プライスカード・ポスター・POPの作成にもおすすめのモデルです。

販促ツールの制作が社内で完結できるため、外注コストなどの経費も削減できます。「USBメモリダイレクトプリント」機能を搭載しているのが特徴。USBメモリのデータを直接読み取り印刷できるので、手軽に印刷できます。

エプソン(EPSON) A4 モノクロページプリンター LP-S180DN

エプソン(EPSON) A4 モノクロページプリンター LP-S180DN

オフィスにおすすめのモノクロレーザープリンターです。有線LAN接続に対応しており、複数のスタッフが使用するパソコンと共有することが可能。出荷時にトナーがセットされているため、購入後すぐに使いはじめられます。

また、プリントスピードが早いのも特徴です。1分間に30枚の高速印刷ができるだけでなく、ファーストプリントにかかる時間も6.8秒と短いのでビジネスを停滞させません。

フロントアクセス構造を採用しています。電源のオン・オフ操作をはじめ、用紙のセットやトナーの交換といった作業が前面から可能。メンテナンス性のよさも本モデルの魅力です。

エプソン(EPSON) A4 カラーレーザープリンター LP-S950

エプソン(EPSON) A4 カラーレーザープリンター LP-S950

マルチクライアントネットワークに対応したカラーレーザープリンターです。WindowsやMacなど複数のOSが混在するオフィスにおすすめのモデル。Adobe純正の「PostScript 3」に対応しているため、異なるOS環境で作成された画像やドキュメントでも、意図した通りの色合いや体裁で出力することが可能です。

シビアなカラーマネージメントが求められるような、クリエイティブな現場にも適しています。万が一、カラートナーを切らしてしまっても安心。ブラックトナーを使用しモノクロ印刷で対処することが可能です。

USBポートを搭載しており、USBメモリ内の写真や書類をダイレクトにプリントできるので重宝します。

エプソン(EPSON) A3 カラーページプリンター LP-S7160

エプソン(EPSON) A3 カラーページプリンター LP-S7160

カラー・モノクロ問わず、大量のプリントをおこなうビジネス用途におすすめのプリンターです。1GBのメモリを標準搭載しているのが特徴。大量の印刷データを記憶しておけるため、プリント要求が重なるようなシーンでも待ち時間を最小限に抑えることが可能です。たくさんのスタッフが作業をおこなうオフィスに適しています。

印刷品質の高さも本モデルの特徴。1200dpiでの出力が可能なため、ビジネス書類の細かな文字や罫線なども鮮明にプリントできます。60万ページの高耐久性も有しており、長期間安心して使用することが可能です。

ブラザー(Brother) A4 モノクロレーザープリンター HL-L2375DW

ブラザー(Brother) A4 モノクロレーザープリンター HL-L2375DW

無線LAN接続に対応したモデルです。パソコンの位置に関係なく設置場所が決められるので便利。少ないスペースを有効活用したいSOHOの方にもおすすめのプリンターです。

自動両面プリント機能を搭載しています。さらに、複数ページを1枚にレイアウトできる「ページレイアウト機能」も備えているため、紙資源の有効活用が可能。オフィスの経費削減にも活躍するモデルです。

トナーとドラムは分離型を採用しています。パーツごとに交換できるため消耗品を無駄に使用しません。

ブラザー(Brother) A4 カラーレーザープリンター HL-L3230CDW

ブラザー(Brother) A4 カラーレーザープリンター HL-L3230CDW

スマホやタブレット端末を活用したい方におすすめのプリンターです。無料の専用アプリをダウンロードしておくことで、モバイルデバイスから写真や書類をプリントすることが可能。印刷するためにわざわざパソコンを利用する手間もいりません。

Wi-Fi機能を備えたスマホやタブレットなら、Wi-Fi環境がないオフィスでも直接接続できるので便利です。コンパクトなボディに自動両面印刷機能を搭載。A4用紙を250枚セット可能なトレイも備えているなど、大量の印刷をおこなうオフィスに適しています。

ブラザー(Brother) A4 カラーレーザープリンター 複合機 MFC-L3770CDW

ブラザー(Brother) A4 カラーレーザープリンター 複合機 MFC-L3770CDW

モノクロプリントが1枚約3.1円、カラーが約17.4円と印刷コストの安さが特徴のモデルです。また、自動両面印刷やページレイアウト機能を搭載するなど、紙資源の節約も可能。ランニングコストの安いレーザープリンターを探している方におすすめのモデルです。

両面同時スキャンに対応しています。2本のスキャナを搭載しており、両面原稿を1回のスキャンで読み取れるのが特徴。さまざまなオフィス業務の効率化を図りたい方にも適しています。普通紙だけでなく厚紙にも対応できる多目的トレイを備えているため、封筒などへ印刷することも可能です。