タブレットの登場以来ペーパーレス化が徐々に普及してきましたが、あると何かと便利なのが「プリンター」。お気に入りの写真も重要な書類も好きなときに高画質で印刷できるので、わざわざコンビニを利用する必要がないのが魅力です。

しかし、プリンターには豊富な種類があり、難しい専門用語も多いので、初心者にはどれを選んだらいいのか迷ってしまうことも。そこで、今回はプリンターの選び方を基礎から解説しつつ、メーカーごとにおすすめの機種をご紹介します。

プリンターの選び方

印刷の方式で選ぶ

家庭で一般的な使い方をするなら「インクジェットプリンター」

By: rakuten.co.jp

インクジェットプリンターは一般的に普及しているタイプのプリンター。本体内部のノズルから液状のインクを吹き出して用紙に定着させることで印刷する仕組みです。

メリットとしては、色の再現度が高く、写真を色乗りよく高画質に印刷できることが挙げられます。また、印刷にレーザーを使わない分、レーザープリンターと比較してコンパクトで消費電力が低いのがポイント。加えて、本体価格も抑えられており入手しやすいのも魅力です。

デメリットとしては、用紙の各所へインクを順々に配置していく必要があるため印刷時間がかかることや、内部のノズルやトレイが頻繁に動くため印刷音が大きいことが挙げられます。また、インクのカートリッジ代が割高でランニングコストがかかるのも難点です。

質よりスピードを重視するなら「レーザープリンター」

By: rakuten.co.jp

レーザープリンターはオフィスで使用されることが多いタイプのプリンター。黒い筒(ドラム)にレーザーで印刷内容を描いて粉状のインク(トナー)を静電気でまとわせ、熱と圧力で用紙に転写させることで印刷する仕組みです。

メリットとしては、特にモノクロ印刷の場合、1枚当たりの印刷コストが安いことが挙げられます。普通紙でカラー印刷しても色がにじまず、印刷の耐久性が高いのもポイント。また、印刷速度が速く、印刷音が静かなのも特徴です。

デメリットとしては、インクジェットプリンターと比較して本体価格が高く、取扱店が少ないため印刷に必要なトナーインクも手に入りにくいことが挙げられます。また、色の再現性が低いので写真の印刷にはあまり向かないのも難点です。

インクの種類で選ぶ

染料インク

By: amazon.co.jp

染料インクは、家庭で普及しているプリンターで主に使用されているタイプのインクです。水彩絵の具と同じ性質を持ち、印刷時は用紙の内部に染み込む形で着色します。

メリットとしては、発色がよく色のグラデーションもきれいに出るため、写真が印象的な色乗りで印刷できることが挙げられます。印刷面が平らになるので光沢紙との相性もよく、華やかな作風の写真印刷に最適。また、インク代が比較的安いため、大量印刷に向いているのも特徴です。

デメリットとしては、用紙に染み込んだインクが乾いて色が定着するまで、最大で丸1日ほどの時間がかかることが挙げられます。また、耐久性もあまり高くなく、水でインクがにじんだり、紫外線に長時間当てていると色褪せたりする性質があるのも難点です。

顔料インク

By: rakuten.co.jp

顔料インクはプロカメラマンが愛用する高級プリンターにも使われているタイプのインクです。油絵具と同じ性質を持つ、印刷時は用紙の表面に付着する形で着色します。

メリットとしては、染料インクでは難しい微妙な色合いも表現できるので、高精細な色再現と豊かな階調を持つ高品位な写真が印刷できることが挙げられます。対応する用紙の種類も多いので、本格的なプリント作品の制作に最適。また、インクが早く乾き、にじみや退色に強いのも特徴です。

デメリットは、インクが用紙の表面に定着する関係上擦れに弱く、紙によってはインクが剥がれてしまうことがある点。また、印刷面が平滑ではないため光沢感が出にくく、どちらかというと落ち着いた作風の写真印刷に向いているのも特徴です。

トナーインク

By: amazon.co.jp

トナーインクはレーザープリンターで採用されている粉状タイプのインクです。静電気を帯びたドラムに付着し、熱と圧力で用紙に転写されることで着色します。

トナー1本当たりの価格は1万円ほどなので割高な印象があるのが難点。染料や顔料のインクカートリッジと比較するとコストパフォーマンスが悪いようにも見えます。

しかし、トナー1本でインクカートリッジの数倍以上となる約2000枚の印刷が可能で、トナーの交換頻度も少なくて済むのが特徴。ランニングコストを抑えて、文書を頻繁に印刷する場合におすすめです。

ランニングコストで選ぶ

プリンター選びではプリンター本体の導入コストだけではなく、ランニングコストも重要です。初心者は本体の価格ができるだけ安い機種を選びがち。しかし、廉価なプリンターは交換インクのカートリッジ代が割高に設定されているので、多く印刷するほど維持費が高くなる傾向にあります。

一方、本体価格が高めのプリンターはインクカートリッジ代が比較的低めに設定されているのが特徴です。特に、エコタンク搭載機種はインクカートリッジ機の4〜10分の1以下のコストで印刷が可能。写真や文書を頻繁によく印刷する方でも、多く印刷するほどお得にプリンターを使えます。

プリンターを使用する頻度が少ないのであれば関係ありませんが、日常的にプリンターを多用したい場合は本体価格が高めでインク代の安い機種を選ぶのがおすすめです。

目的別に選ぶ

文章をメインに印刷する方

By: rakuten.co.jp

書類や資料など文章が多く書かれたものを主に印刷したい場合は、黒色に顔料インクを採用したインクジェットプリンターがおすすめ。染料インクと比較して文字がくっきりと明瞭に印刷できるので、読みやすい書類が仕上げられます。また、汗や飲み物などの水濡れで文字がにじみにくいので、オフィスなどで行うプレゼンテーションで使用する書類の印刷にも最適です。

大量の書類を頻繁に印刷する場合はレーザープリンターもおすすめ。文字がにじまず鮮明に印刷できるのは顔料インクプリンターと同じですが、特にモノクロ印刷時のコストが安いのが魅力です。写真印刷時の色再現性はあまり高くはありませんが、文章メインの書類を大量印刷する方に適しています。

写真をメインに印刷する方

By: amazon.co.jp

写真を主に印刷したい場合はインクジェットプリンターが最適。インクの色彩表現力が高く、画像をさらに印象的な色合いの写真プリントに仕上げてくれます。ちなみに、写真の色再現性はインクの色数が多くなるほど向上するので、色合いにこだわりたい場合は6色以上のインクに対応する機種を選びましょう。

また、写真の作風に応じてプリンターに対応するインクの種類を選ぶのも重要。南国リゾートの風景や女性・子供のポートレートなど、光沢感を持たせて華やかな色彩で印刷したい場合は、染料インクに対応するプリンターがおすすめです。一方、濃厚な色合いの花や重厚な雰囲気を持つ都市、モノクロ写真など、色の濃淡を重視しつつ落ち着いた色彩で印刷したい場合は、顔料インクに対応するプリンターが適しています。

プリンターの人気メーカー

キヤノン(Canon)

By: rakuten.co.jp

キヤノンは国内のインクジェットプリンター市場で第2位のシェアを持つメーカーです。家庭向けブランドの「PIXUS(ピクサス)」が人気ですが、プロカメラマンやハイアマチュア向けの「PIXU PRO」や、ビジネス向けのレーザープリンターなど、豊富なラインナップを揃えています。

ピクサスはハイブリッドインクの採用が特徴。5色の染料インクと黒色の顔料インクを使用するので、写真の色再現性だけではなく、文字もくっきり明瞭に印刷できます。

また、キヤノンのプリンターは忠実な色再現を重視しており、誇張の少ない素直な色合いの写真を印刷できるのが特徴。加えて、同社のカメラ同様、人の肌色が健康的で温かな色合いで出力されるので、ポートレート写真の印刷にもおすすめです。

エプソン(EPSON)

By: amazon.co.jp

エプソンは国内で首位となる市場シェアを誇るプリンターの製造メーカーです。家庭向けプリンターとしては「Colorio(カラリオ)」が人気ですが、こだわりのある写真家向けの高級顔料インク機「Proselection」など、主に写真画質を重視した製品をラインナップしています。

また、印刷コストの節約に効果的な機種が発売されているのも特徴。高画質と低ランニングコストを両立した「V-edition」や、インク代を10分の1以下に抑えた「エコタンク搭載モデル」なども用意されています。

Colorioは6色すべて染料インクを採用。また、エプソンのプリンターは印象的な色合いの出力を重視しており、画像の色合いをより強調した鮮やかで美しい写真が印刷できます。

ブラザー(brother)

By: amazon.co.jp

ブラザーは国内3位の市場シェアを持つプリンターの製造メーカーとして知られています。家庭用プリンターのブランドとしては「PRIVIO(プリビオ)」が有名。必要十分な画質と機能を持つ一方でプリンター本体の価格が他社と比較して安く、コストパフォーマンスに優れているのが人気の理由です。

PRIVIOは3色の染料インクと黒色の顔料インクによる4色ハイブリッドインクを採用。他社と比べて色数は限られるものの、写真も文字もきれいに印刷できるので一般的な用途であれば十分な機能を備えています。

最近は大容量インクカートリッジ「ファーストタンク」に対応した機種も発売。1回のインク交換で1年以上使えるので、ランニングコストも低く抑えられるのもポイントです。

メーカーのおすすめモデル

エプソン(EPSON) EP-882A


2色のライトインクを含む6色染料インクにより、高画質な写真・文書のプリントが可能なプリンター「EP-882A」。

収納時のサイズは幅349×奥行340×高さ142mmと非常にコンパクト。どんな部屋にも馴染むシンプルなデザインで設置場所を選びません。

印刷スピードはL判写真で約13秒とスピーディーで、あっという間に仕上げられます。紙の消費を抑えながら印刷できる、自動両面プリント機能を標準搭載しているのもポイントです。

また、上下にサイズの異なる用紙をセットできる前面2段給紙を採用。本体に紙をしまったままにできるため、使用するたびに用紙を補給する手間が省け、狭い棚の中にも設置しやすいのが魅力です。

さらに、背面1枚手差しにも対応しており、少し厚手の紙などは背面給紙を利用するといった使い分けもできます。

優れた基本性能を持ちながらも小型化を実現したおすすめのプリンターです。

プリンターのおすすめモデル|文章メイン

キヤノン(Canon) モノクロレーザープリンター Satera LBP252

キヤノン(Canon) モノクロレーザープリンター Satera LBP252

低ランニングコストが魅力のA4モノクロレーザープリンターです。A4サイズのモノクロ印刷が1枚当たり約3.7円で可能なため、書類を大量に印刷したい方におすすめ。また、インクは黒色のみなので写真の印刷には対応していませんが、プリンター本体も約3万円とレーザープリンターとしては安いのでコスパを重視したい方にも適しています。

印刷速度が速いのも特徴。スリープ状態からでも素早く起動して出力を開始するので、ファーストプリントが約6秒で完了できます。また、1分当たり33枚の高速連続出力も可能で、自動両面印刷にも対応しており、すぐに書類のプリントが必要なビジネスシーンで重宝するのも魅力です。Windows・macOSの両方に対応するので、パソコンのOSに関係なく快適なワイヤレス印刷ができます。

エプソン(EPSON) エコタンク搭載インクジェット複合機 EW-M571TE

エプソン(EPSON) エコタンク搭載インクジェット複合機 EW-M571TE

印刷にかかるランニングコストを大きく抑えられているのが魅力のA4インクジェット複合機です。本機は大容量インクの搭載が可能なエコタンクに対応しており、A4モノクロ文書で約0.4円、A4カラー文書で約0.9円とリーズナブル。

インクが長持ちするのも特徴で、1回のインク交換で約3600ページのA4カラー文書が印刷可能です。プリンター本体の価格はやや高めですが、毎日100枚印刷してもインクは約1年間は持つためコスパが高く、大量に印刷する方はお得に利用できます。

大容量インクタンクを搭載しながら本体はコンパクトなので、狭いスペースにもスッキリ収納が可能。インク構成は染料3色・顔料黒色なので写真の印刷画質はあまり高くはありませんが、文字をくっきり印刷できるので書類の印刷に適しています。

ブラザー(brother) カラーレーザープリンター JUSTIO HL-3170CDW

ブラザー(brother) カラーレーザープリンター JUSTIO HL-3170CDW

機能性に優れた、A4カラーレーザープリンターです。自動両面プリントにも対応しているため、用紙コストが最大で8分の1に抑えられるので、紙の消費を抑えられます。

印刷時は綴じ方や反転印刷の選択などの両面ページレイアウトも可能なので、ファイリングスペースを省くなど、目的に応じた会議資料の作成に便利なのもポイントです。トナーセーブ機能も搭載しており、社内資料の印刷でインクを節約したいときにも重宝します。

トナーとドラムが分離したインクカートリッジを採用しているのも特徴。メンテナンスがしやすい構造のため、紙が詰まったときの除去やトナーの交換が簡単にできます。

プリンターのおすすめモデル|写真メイン

キヤノン(Canon) コンパクトフォトプリンター SELPHY CP1300

キヤノン(Canon) コンパクトフォトプリンター SELPHY CP1300

コラージュ風写真の印刷もできる軽量コンパクトなフォトプリンターです。本体重量が約860gと軽く、サイズも約18×13.5×6.3cmと小さいので持ち運びが簡単にできるのが特徴。スマホや一眼カメラで撮影した画像をWi-Fi経由してその場でダイレクト印刷できるので、イベントやパーティーで気軽に写真を友人とシェアできます。

専用の印刷用紙が充実しているのもポイント。印刷できる大きさはL判以下に限られますが、通常の写真用紙のほかに、名刺大のカード用紙やインスタグラムのような正方形シール用紙など、さまざまな種類の用紙を選べます。

多彩なレイアウトに対応するのも特徴。証明写真のように複数の画像を規則的に並べられるのはもちろん、コラージュ風のランダム配置も楽しめます。

キヤノン(Canon) インクジェット複合機 PIXUS XK80

キヤノン(Canon) インクジェット複合機 PIXUS XK80

高画質と低ランニングコストを両立させたA4インクジェット複合機です。プリンターの使用頻度が多い方で、コストを抑えつつワンランク上の写真画質を実現したい方に適しています。

独自構成の「プレミアム6色ハイブリッドインク」を使用。青色に専用のフォトブルーインクを採用したことで、粒状感を抑えた繊細な質感描写の写真印刷が楽しめます。また、印刷コストが安いのも特徴。大容量インクタンクの場合、L判が1枚約12.6円で印刷できるので、大量の写真もお得に印刷できます。

キヤノン(Canon) インクジェットプリンター PIXUS PRO-100S

キヤノン(Canon) インクジェットプリンター PIXUS PRO-100S

ハイアマチュアの写真愛好家からも人気のあるA3ノビ対応の高画質インクジェットプリンターです。染料インクの特徴である優れた発色性と、光沢感がより向上したプレミアム仕様の「8色インク」を採用。なかには3色の黒インクも含まれているので、華やかな色彩のカラープリントはもちろん、滑らかな階調表現のモノクロプリントも高画質に印刷できます。

また、適正なインクの組み合わせと紙面へのインク滴の配置を演算で導き出す「OIG System」の搭載も特徴。多色を巧みに制御することで、シャッターを切る瞬間に目にした鮮やかな色彩を絶妙に再現できます。

染料プリンターにも関わらず印刷速度が速く、A3ノビの大判印刷がカラーで約1分半、モノクロも約3分で可能。液晶モニターで見た印象に近い色でプリントできる「PROモード」など、プリント制作をサポートする機能も充実しています。

エプソン(EPSON) インクジェット複合機 Colorio PX-049A

エプソン(EPSON) インクジェット複合機 Colorio PX-049A

手頃な価格が魅力のA4インクジェット複合機です。写真の印刷コストはL判が約27.5円でやや割高なのが難点ですが、プリンターを使うのは年に数回だけという方に向いています。

インク構成は4色すべて顔料インク。黒色の文字だけではなくカラーの文字や画像・図表もくっきりとシャープに印刷できるのが特徴です。6色以上の機種と比べると写真の印刷画質は劣りますが、L判やハガキ・年賀状などの印刷には十分な画質が得られます。

独立型カートリッジの採用により不足した色だけを補充できるのも特徴。また、万が一1色が不足しても残りの色で補いつつモノクロ印刷ができる「黒だけでモード」や「黒インクセーブモード」も搭載されています。

エプソン(EPSON) インクジェット複合機 Colorio V-edition EP-10VA

エプソン(EPSON) インクジェット複合機 Colorio V-edition EP-10VA

高画質な大判写真が低コストで楽しめるA3インクジェット複合機です。A4サイズの約2倍となる印刷面積を持つA3サイズでの写真印刷が可能。広い印刷面積を生かして迫力のあるプリントを制作できます。

染料6色からなる独自構成の「Epson ClearChrome K2インク」を採用。基本の4色にレッドとグレーを加えたことで、光沢感を生かしつつ、鮮やかな発色や豊かな階調を実現しており、ワンランク上の画質を楽しめます。印刷コストもL判で1枚約12.7円と安いので、多く印刷する方ほどお得に利用できるのもポイントです。

パソコンを使わずにプリンターだけでプリント制作ができるのも特徴。写真選びに便利な撮影情報付印刷や、プリントで直接色味を確認できる色補正一覧印刷に対応するほか、余白の設定も液晶モニター上で簡単にできます。

エプソン(EPSON) インクジェットプリンター Epson Proselection SC-PX5VII

エプソン(EPSON) インクジェットプリンター Epson Proselection SC-PX5VII

滑らかなグラデーションの色彩を表現できるA3ノビ対応の高画質インクジェットプリンターです。ギャラリーで販売できる本格的な写真プリントも制作できることから、プロカメラマンにも多くの愛用者がいます。

インクには顔料8色からなる「新Epson UltraChrome K3インク」を採用。中には3種類のブラックインクが含まれており色彩の濃淡表現に優れているので、一段と鮮明な色彩のカラー印刷が楽しめます。また、黒色の締まりも秀逸で、暗部の微妙なトーン変化を忠実に再現した高品位なモノクロ印刷が可能なのもポイントです。

演算により最適な色の組み合わせを算出する「論理的色変換システム(LCCS)」を採用しているのも特徴。さらに、見る角度や光の具合で色が変化してみえるブロンジングを低減する機能も搭載されているので、強いこだわりを持って写真表現を追究したい方におすすめです。

ブラザー(brother) インクジェット複合機 DCP-J577N

ブラザー(brother) インクジェット複合機 DCP-J577N

コスパの優れたA4インクジェット複合機です。プリンター本体の価格が約1万円と安く、印刷コストもキヤノンやエプソンの同価格帯の機種と比べて安いのが特徴。写真のL判が約18.6円のほか、写真入り年賀状も1枚当たり約3.7円という破格の安さで印刷できます。年賀状やポストカードの印刷にプリンターを活用したい方におすすめです。

インク構成は染料3色と顔料黒色。インクの持ちもよく、1回のインク交換で写真入り年賀状が約870枚も印刷できます。独立型カートリッジを採用しており各色を最後まで使い切れるので経済的なのもポイントです。

自動両面プリントに対応するのも特徴。用紙の使用量を半分にできるのでランニングコスト重視の方にもおすすめです。