ブラザーはエプソンやキヤノンと並ぶ日本を代表する「プリンター」メーカー。コスパのよい製品を数多くラインナップしているため、コストを重視する方やビジネス用途に人気のブランドです。

そこで今回は、ブラザーが販売するプリンターのおすすめモデルを、インクジェット・レーザーのタイプ別にご紹介します。選ぶ際のポイントについても詳しく解説するので、購入を検討している方は参考にしてみてください。

ブラザーのプリンターの特徴

By: brother.co.jp

ブラザーが販売するプリンターの最大の特徴は、優れたコスパにあります。購入価格が安く済むため、導入時のコストを抑えたいビジネス用途におすすめ。また、インクカートリッジなどの消耗品が比較的リーズナブルなので、ランニングコストも低く抑えることが可能です。

ただし、写真を大判用紙へ綺麗に印刷したり、展示作品レベルに仕上げたりといった用途には向きません。文字やグラフなど、ビジネスシーンで多用する文書の印刷がメインの方にピッタリです。

ブラザーのプリンターの選び方

印刷方式で選ぶ

インクジェットプリンター

By: rakuten.co.jp

インクジェットプリンターは、熱や圧力を加え、細かな粒状にしたインクを用紙に吹き付けて印刷するタイプのプリンターです。色の再現性に優れており印刷解像度も高いため、写真を綺麗にプリントするような用途におすすめ。手頃な価格の製品が多く、家庭用のプリンターとしては特に普及しています。

豊富な種類の製品が販売されているので、目的に合ったモデルが見つけやすいのも魅力です。ただし、プリントスピードやランニングコストを重視する用途には向きません。購入を検討している方はあらかじめ留意しておきましょう。

レーザープリンター

By: rakuten.co.jp

レーザープリンターとは、高電圧を印加し帯電させたドラムにトナーを付着させ、用紙に転写することで印刷するタイプのプリンターのこと。トナーは、インクの代わりに使用する粉状の色材です。プリントスピードの速さが特徴で、大量の出力処理を短時間でこなすことが可能。毎日、多くの枚数をプリントするオフィスなどにおすすめのタイプです。

ただし、インクジェット方式のモデルと比べると、色の再現性や印刷解像度面では劣ります。写真の印刷よりは、文字やグラフといったビジネス文書を出力する用途向きです。

タイプで選ぶ

スキャナーやFAXも使える「複合機」

By: amazon.co.jp

プリントだけでなく、ファックス・コピー・スキャナーなど複数の機能を搭載しているのが複合機です。ビジネスに必要な機能が1台に集約されているので非常に便利。プリンターとファックスを別々に設置する必要がないため、スペースの限られているオフィスなどで重宝します。

「PCファックス送受信機能」を搭載しているモデルであれば、無駄に用紙を消費することもありません。なかには、電話機能を備えたモデルなども販売されているので、スペース効率を求める方はチェックしてみてください。

プリント機能のみの「単機能タイプ」

By: brother.co.jp

印刷機能に特化したタイプのプリンターです。ファックスやコピーなど余分な機能を搭載していないため、本体がコンパクトなうえ比較的低価格で購入できるのが魅力。付加機能は必要ないので、導入時のコストをできるだけ抑えたい方などにおすすめのモデルです。

また、機能が少ない分、操作体系がシンプルで使いやすいといったメリットもあります。暑中見舞いや年賀状のハガキを作成する用途にしか使わないなど、年間の利用頻度が低い方にもピッタリです。

対応する用紙のサイズをチェック

By: brother.co.jp

ブラザーが販売しているプリンターにはA4とA3、2種類の用紙サイズに対応したタイプがあります。一般的な用途なら、A4サイズに対応していれば十分です。ただし、チラシやPOPといった大きなサイズの印刷物を作成したい場合は、A3対応モデルが必要になります。

また、封筒など厚手の用紙へのプリント可否についても要チェック。パソコンに保存してある顧客の住所データが直接プリントできるため、ラベルに印刷したり貼り付けたりする手間が省けます。DMを発送する機会の多い業種では非常に便利です。

各種機能をチェック

両面プリント

By: brother.co.jp

毎日、大量の印刷をおこなうオフィスなどで使用する場合には、両面プリント機能を搭載したプリンターがおすすめ。用紙の消費を半分にできるため、経費を削減できます。

ページレイアウト印刷が併用できるモデルなら、さらに便利。2in1や4in1など、1枚の用紙に複数のページをプリントできるので、コストが抑えられるのはもちろん、ファイリングスペースが少なくて済みます。印刷する枚数が多い方は、ぜひチェックしてみてください。

ダイレクトプリント

ダイレクトプリントは、SDカードなどから直接印刷できる機能です。デジカメで撮影した写真をプリントする際にピッタリ。メモリカードを直接挿して印刷できるため、パソコンを立ち上げる手間を省けます。訪問先のパソコンから移行した書類データを、オフィスに戻ってからプリントする場合におすすめです。

また、ブラザーが販売するプリンターのなかには、スマホやタブレットから直接印刷指示ができる「Wi-Fi Direct」機能を搭載したモデルもあります。

レーベル印刷

レーベル印刷に対応したプリンターなら、CDやDVDなどのレーベル面に直接プリントすることが可能です。任意の写真やテキストが印刷できるため、ディスクの内容確認が容易になります。

撮りためた写真を焼き付けたり、好みの音楽を集めて保存したりと、オリジナルディスクを作成したい方におすすめ。もちろん、販促用のPRディスクを作るなど、ビジネスシーンでも重宝します。プリンターが活躍する幅を広げられる便利な機能です。

ブラザーのインクジェットプリンターのおすすめ

ブラザー(Brother) インクジェットプリンター複合機 A4カラー DCP-J987N

手頃な価格で多機能なプリンターを求める方におすすめのモデル。プリント・コピー・スキャナー機能を搭載した複合機タイプです。自動両面プリント機能を備えています。用紙の使用量が半分に抑えられるため、大量の印刷をおこなうシーンで便利です。

最大20枚の原稿を読み取れるADF(自動原稿送り装置)を搭載しているのも魅力。1枚1枚手差しをする手間がかからず、複数枚のコピーがスピーディに実行できます。また、4in1や2in1機能を搭載しているため、コピー時の用紙コストを大幅に節約することが可能です。

「レーベルプリント」に対応しているのも本モデルの特徴。CD・DVD・Blu-ray Discといった媒体に、画像やテキストが直接プリントできます。オリジナルディスクを作りたい方にもピッタリのモデルです。

ブラザー(Brother) インクジェットプリンター複合機 A4カラー DCP-J988N

大容量インクカートリッジ「ファーストタンク」が使用できるプリンターです。標準のインクカートリッジに対してカラーが約10本分、ブラックで約16本分に相当するインク量を搭載。印刷枚数や頻度にもよりますが、各カラーカートリッジ1本でおよそ1年以上も使い続けられると謳われています。毎日、大量のプリントをおこなうオフィスにおすすめのモデルです。

また、「ダイレクトプリント」に対応しているのも特徴。USBポートとSDカードスロットを搭載しており、USBメモリやSDカードに保存してある写真などが直接印刷できます。毎回パソコンを立ち上げる手間もかかりません。

さらに、「Wi-Fi Direct」に対応しているのもポイント。専用アプリを利用すれば、スマホやタブレットから印刷指示が実行できるので重宝します。モバイルデバイスの有効活用を考えている方にもピッタリのモデルです。

ブラザー(Brother) インクジェットプリンター複合機 A4カラー MFC-J1500N

FAX機能の付いたインクジェット複合機です。受注・発注といった業務を、FAXでおこなっている現場におすすめのモデル。「PCファックス送受信機能」を搭載しており、パソコンで作成した書類が直接送信できます。

また、受信したファックスもパソコンの画面で確認ができるため、用紙やインクを無駄に消費しません。経費の削減を検討しているオフィスにもピッタリのモデルです。

DropboxやEvernoteなどのクラウドサービスと連携ができるのも本モデルの特徴。スキャンした書類をアップロードし、外回りをしている営業スタッフと共有するなど便利な使い方が可能です。さらに、4色独立タイプのインクカートリッジを採用。なくなった色だけを交換できるため経済的です。

ブラザー(Brother) インクジェットプリンター複合機 A4カラー MFC-J738DN

電話機能を搭載したプリンター複合機です。小規模の店舗などにおすすめのモデル。ワイヤレスの子機が付属しているため、本体の設置場所に関わらずさまざまな場所で電話ができます。

Wi-Fi接続が可能で、WPS(Wi-Fi Protected Setup)に対応しているのも特徴。対応するルーターならワンタッチで接続が完了します。また、前面給紙方式を採用しているため、高さに余裕のない場所にも設置可能。給紙やインクカートリッジの交換作業は前面から実施できます。メンテナンスが容易なのも魅力です。

ブラザー(Brother) インクジェットプリンター A3カラー HL-J6000CDW

A3サイズ対応のプリンター。大容量インクカートリッジを採用しているモデルです。カラーで約5000枚、ブラックなら約6000枚の印刷ができるため、カートリッジを交換する手間が省けます。また、カラープリント時のインクコストが1枚あたり約3.7円、モノクロなら約0.7円と、低いランニングコストも魅力です。

サブタンクを搭載しているのも本モデルの特徴。カートリッジが空になってから約200枚の印刷が可能です。万が一、予備インクを購入し忘れていた場合でも焦らず印刷できます。

インク残量をおおよその印刷可能枚数で表示できるのもポイント。カートリッジ交換までの目安が把握しやすいので重宝します。忙しいビジネス用途にピッタリのモデルを探している方におすすめです。

ブラザーのレーザープリンターのおすすめ

ブラザー(Brother) レーザープリンター A4モノクロ HL-L2370DN

単機能タイプのレーザープリンターです。比較的安価なため、できるだけ安く購入できる製品を探している方におすすめのモデル。コンパクト設計なので、設置スペースの限られているオフィスにもピッタリです。

また、フロントオペレーションを採用しているのも魅力。給紙・排紙・トナーカートリッジの交換など、全ての操作を本体前面でおこなえます。メンテナンスがしやすいのがうれしいポイントです。

分離型のトナーとドラムを採用しているのも特徴。各パーツを無駄なく使い切れるためランニングコストが低く抑えられます。封筒印刷にも対応しているなど、低価格ながら使い勝手のよいモデルです。ただし、無線LAN接続には非対応。購入を検討している方はあらかじめ留意しておきましょう。

ブラザー(Brother) レーザープリンター A4モノクロ HL-L5100DN

1分間に約40枚の高速印刷が可能なレーザープリンターです。約30万枚を印刷できる優れた耐久性を備えており、毎日大量のプリントをおこなうオフィスにおすすめ。立ち上がりまでの時間が約7.2秒と短いのもうれしいポイントです。

また、ウォーターマーク機能も搭載。「社外秘」や「COPY」などの文字を透かしで印刷できます。書類の重要度合いがひと目で分かるなど、オフィスでの使い勝手も良好です。

さらに、プリンタードライバーを使いパスワードの設定もおこなえます。パスワードを知っているスタッフしか印刷できないので、第三者に見られたくないシーンで便利。セキュリティ機能が充実したプリンターを探している方におすすめです。

ブラザー(Brother) レーザープリンター A4カラー HL-L3230CDW

手頃な価格で購入できるカラーレーザープリンターです。操作がシンプルで扱いやすい単機能モデル。コンパクト設計のため、オフィススペースが限られている場合や小規模店舗などにピッタリです。

コート紙への印刷に対応しており、チラシ・POP・メニューなどの販促物が作成できます。また、トナーセーブ機能も搭載。プリンタードライバーからの操作することで、トナーの消費量が節約できます。

自動両面プリントにも対応しているのも魅力。作成した文書の内容を確認したり社内用資料を印刷したりする場合に便利なので、気になる方はチェックしてみてください。

ブラザー(Brother) レーザープリンター 複合機 A4モノクロ FAX-2840

ファックス機能を搭載したレーザープリンター複合機です。受発注業務など、ファックスでのやり取りが必要な現場におすすめのモデル。ADFを搭載しているため、複数枚の原稿をまとめて送信したいときに重宝します。

「番号2度入力機能」を備えているのも特徴。ファックス番号を2回入力しないと送信が実行されません。ほかにも、短縮ダイヤルだけを使用可能にする「番号直接入力禁止機能」など、誤送信を防ぐための設計がされています。

フロントオペレーションを採用しているのも本モデルの特徴。給紙やトナーカートリッジの交換などの作業が簡単におこなえます。

ブラザー(Brother) レーザープリンター複合機 A4カラー MFC-L8610CDW

コピー・スキャナー・ファックスなど、ビジネスに必要な機能を1台にまとめた複合機タイプのレーザープリンターです。自動両面プリント機能を備えており、用紙コストを半分に抑えることが可能。ページレイアウト機能と組み合わせれば、大幅な経費削減効果が期待できます。社内用の資料を大量に出力するようなシーンで便利です。

カラー・モノクロ印刷とも、1分間に約31枚の高速印刷に対応。また、優れた拡張性を備えており、オプションの増設給紙トレイを使えば、標準の300枚から最大1050枚へと給紙能力を高められます。大量のプリントが必要になった場合でも、しっかり対応可能です。