家庭でも気軽に印刷できる「家庭用プリンター」。書類作成はもちろん、写真印刷、年賀状のプリントなど、さまざまなシーンで活躍します。最近は、コンパクトなモバイルプリンターも人気です。

そこで、今回は一人暮らし用のおすすめプリンターをピックアップ。合わせて選び方もご紹介しているので、検討中の方はぜひチェックしてみてください。

一人暮らしにプリンターって必要?

現在はプリント機能だけではなく、スキャンやコピーなど、複数の機能を持っている「プリンター複合機」が主流です。スマホとの連携機能を持った製品も登場しており、活躍シーンはますます拡大しています。

書類の印刷・保管に便利

コンビニの複合機でもプリントできますが、印刷するたびに出向くのは手間がかかります。家庭用プリンターがあれば、急に書類やレジュメを作成しなければならないときでも安心。また、スキャナ付きの複合機ならば、重要書類をスキャンして、バックアップを取ることも可能です。

写真をプリントできる

プリンター複合機では、写真を印刷することも可能。補正機能があるタイプならば、自分好みのエフェクトをかけられるので、写真表現にこだわりたい方にもおすすめです。就職や転職シーンで使用する証明写真を印刷することもできます。

年賀状・ポストカードが作れる

オリジナルの年賀状やポストカードを作ることも可能。最近はスマホと連携するだけで簡単に作成できる機種もリリースされています。住所や氏名を手書きする必要がないため、一度にたくさん送りたい方にもおすすめです。

WEBページを印刷できる

WEBページ上の情報を簡単にプリントすることが可能。レシピを印刷して自分だけの料理本を作ったり、地図を印刷してスマホの電池を節約したり、ネット上のイラストを部屋に飾ったりと、数多くの使い道があります。

このように、さまざまな使い道がある「プリンター複合機」。仕事はもちろん、プライベートでも活躍する便利家電です。安いものだと5000円を切るモデルもあるので、ぜひ検討してみてください。

一人暮らし向けプリンターの選び方

サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

一人暮らしの場合は、サイズを重視するのもおすすめです。例えば、A4用紙よりひと回りぐらい大きいくらいのコンパクトプリンターならば、置き場所を選びません。あらかじめ、デスクや棚のサイズを図ってから、選択肢を絞るというのもひとつの手です。

ワイヤレス機能の有無で選ぶ

By: amazon.co.jp

無線LAN対応のプリンターならば、パソコンをはじめ、スマホやタブレットなどとワイヤレスでの接続が可能。従来のようにプリンターをパソコンの横に置く必要がありません。パソコン周りをスッキリさせたい方はもちろん、インテリアにこだわりたい方にもおすすめです。

ランニングコストで選ぶ

By: amazon.co.jp

プリンター選びの際に見落としがちなのが、インク代や紙代などの「ランニングコスト」。メーカーの公式ページでは、モノクロコピーやカラーコピーの1枚当たりの印刷コストが明記されています。頻繁に使う予定の方は、日々の利用コストもチェックするようにしましょう。

自動原稿送り装置(ADF)の有無で選ぶ

By: amazon.co.jp

自動原稿送り装置とは、複数枚の原稿を自動的に送り出して、一度にコピーまたはスキャンできる機能です。例えば、全10ページの資料を複製したい場合、通常のプリンターならば1枚ずつセットしてコピーしなければなりません。

一方、自動原稿送り装置が搭載されているモデルならば、複製したい資料をすべてセットしてからコピーのボタンを押すだけでOK。大量の原稿を扱う方におすすめの機能です。

用途で選ぶ

By: amazon.co.jp

写真のプリントをメインで使いたい場合は、高精彩な6色インクの機種がおすすめ。インク数を増やせば、色の再現性と表現力がアップするので、より美しい写真に仕上がります。

ホームページの印刷やビジネス文書など、文字のプリントをメインで使いたい場合は、4色インクの機種がおすすめです。色数は少ないぶん、印刷コストに優れています。

一人暮らしにおすすめのプリンター

キヤノン(Canon) コンパクトフォトプリンター SELPHY CP1300

スマホで撮影した画像などを気軽に印刷できるコンパクトフォトプリンター。Wi-Fi通信で接続するほか、本製品自体に簡易的なアクセスポイントを内蔵しているので、Wi-Fi環境以外でも自由に接続できます。

対応している用紙サイズもさまざま。名刺サイズの用紙からLサイズの用紙まで使用できます。また、書き込みスペースを設けた「レイアウト印刷」に対応。手書きでメッセージを添えるとおしゃれな感じに仕上がります。証明写真も印刷できるので、就職・転職の際にも便利です。

別売りのバッテリーを装着すれば、外出先でも使用可能。180×135×63mmのコンパクトサイズなので、棚や引き出しにも収納できます。

ヒューレットパッカード(HP) モバイルプリンター OfficeJet 200 Mobile CZ993A#ABJ

大容量インクに対応したモバイルプリンター。インク1本でモノクロならば約600枚、カラーなら約415枚も印刷できます。コンパクトながらパワフルなところがおすすめです。

本製品の特長は、黒インクかカラーインクがあれば印刷が途中でストップしないところ。持ち運びの際に突然インクが切れたときでも安心です。また、インク側にプリントヘッドが搭載されているので、インクを交換すれば目詰まりトラブルを解消できるのもポイント。

無線LAN機能も搭載しているため、プリンター周りの配線に悩まされることもありません。ビジネス利用もできるコスパ優秀なモバイルプリンターです。

エプソン(EPSON) モバイルインクジェットプリンター PX-S05

バッテリーを内蔵したモバイルプリンター。外出先で電源が切れた場合でも、PCやモバイルバッテリーから給電することができます。自動電源オフ機能もついているので、電源の切り忘れによるバッテリー消耗を抑えることが可能です。

本製品は、耐水性や耐マーキング性に優れた顔料インクを採用。水に濡れてしまっても文字などがにじみにくいので、重要な文書を印刷したいときにおすすめです。また、Wi-Fi Direct機能が搭載されているのもポイント。Wi-Fi環境がなくてもスマホやタブレットから直接印刷することができます。

本体下部には、インクの廃液が貯まるメンテナンスボックスを搭載。インク交換のように簡単にメンテナンスできます。自宅での使用はもちろん、オフィスにも持って行けるおすすめのモバイルプリンターです。

富士フイルム(FUJIFILM) スマホdeチェキ instax SHARE SP-3

スマホで撮影した画像を、スクエア型の「instax SQUARE」フィルムに印刷できるモバイルプリンター。画像データの送信から印刷完了までの時間は、わずか13秒。外出先で印刷して友人たちとシェアすることも簡単にできます。

画像をモノクロやセピアなどに調整する「カスタムフィルター機能」や、撮影時間などの情報が挿入される「リアルタイムテンプレート」機能など、通常のチェキには難しい画像処理も可能。気軽に写真撮影を楽しみたい方におすすめのプリンターです。

ブラザー(Brother) インクジェット複合機 DCP-J973N

A4最大20枚の自動原稿送り装置を搭載したプリンターです。取り込んだデータはパソコンやスマホに保存することが可能。大量のビジネス書類も簡単にバックアップできます。

インクを長持ちさせる「インク節約モード」や、カラーインクが切れても黒インクが残っていればモノクロ印刷ができる「クロだけ印刷」など、エコ機能が充実。また、コピー時の裏写りを防ぐ「裏写り除去コピー機能」が搭載されているので、キレイに両面コピーできるのもポイントです。

また、スマホアプリやWebアプリを使うことで、簡単に年賀状を作成できます。本体をインターネットに接続すれば、パソコンを使わずに年賀状を作れるのも魅力。コスパに優れたおすすめのプリンター複合機です。

キヤノン(Canon) インクジェット複合機 PIXUS TS6130

5色ハイブリッドインクを採用して色の表現力を高めたプリンター。写真がキレイに写る「写真ブラック」と、文字がくっきりと写る「文字ブラック」を使い分けることで、両用途に対応できるのが特長です。また、5色のインクはそれぞれ独立しているので、1本ずつ交換可能。インク代を節約したい方におすすめです。

また、給紙口が前面と背面の2カ所に設置されているのもポイント。置き場所や用途に左右されません。フロント部分には可動式のタッチパネルを採用。直感的に「コピー」「スキャン」「プリント」などの操作を行えます。

エプソン(EPSON) A4インクジェット複合機 PX-M650F

ファックス機能を搭載した高性能プリンター複合機。原稿をパネル上で確認してから送信できる「見てからファクス送信」機能を搭載しているので、重要書類を扱う方におすすめです。

本製品は、電源ボタンを押してから約3.5秒でパネルやキー操作が可能。印刷も15秒程度でスタートできるので、急な案件にもスムーズに対応できます。

一部の機能にエラーが発生しても他の機能が使える「エラー時複合動作」や、各種エラーが発生したときにメロディーまたはブザーでお知らせしてくれる機能など、トラブルに強いのも魅力。ビジネス利用におすすめのプリンター複合機です。

エプソン(EPSON) インクジェット複合機 カラリオ EP-880A

6色インクを採用したカラリオシリーズのフラッグシップモデルです。角部分を曲面にした「ラウンドコーナーデザイン」を採用。光沢を抑えたマット仕上げにより、さまざまなインテリアに溶け込みます。

スリムな形状ながら、前面2段の給紙と背面給紙の計3way給紙に対応。前面2段に別々の用紙を入れておけば、用紙を入れ替える手間を省けます。

また、電源を切っていてもプリント時には自動的に立ち上がる「自動電源オン」機能、時間経過で自動的に電源を切る「自動電源オフ」機能など、使い勝手も良好です。

番外編:プリンターの置き場はどこがよい?

平らで安定した台の上

By: amazon.co.jp

プリンターは、印刷時にヘッド部分が左右に何度も往復するため、少なからず振動が発生します。不安定な台に載せると騒音の原因になるので注意しましょう。また、台が傾いていると故障の原因になる恐れがあります。平らで安定した台の上に置いてください。

パソコンに近い場所

By: amazon.co.jp

Wi-Fi対応のプリンターは、パソコンから離れた場所に置けるのが魅力です。ただし、パソコンから遠い位置に置いてしまうと印刷やコピーなどをするたびに移動しなければなりません。頻繁に利用する方は、パソコンに近い場所に置くと便利です。

引き出しや棚の中

By: amazon.co.jp

プリンターをたまに使う場合、引き出しや棚に収納してしまうのもおすすめです。インテリアの邪魔にならないだけでなく、ホコリの影響を受けにくくなるので一石二鳥です。引き出しや棚の中に入れながら使えるモデルもあります。