iPhoneやiPad、Macから無線LAN接続によってプリンターへデータを送信し、手軽にプリントアウトできる「AirPrint対応プリンター」。面倒な設定の手間がなく、簡単な操作で書類や画像の印刷が行えます。プリンターの購入を検討しているAppleユーザーの方は、AirPrint対応型の製品がおすすめです。

そこで今回は、AirPrintに対応している人気のプリンターをご紹介。iPhoneなどのApple製品から気軽に写真などを印刷できるので、家庭用はもちろん、ビジネス用としてもぜひ検討してみてください。

AirPrintとは?

By: amazon.co.jp

AirPrintとは、Appleデバイスを無線LAN接続でプリンターと繋げ、簡単に写真や書類をプリントできる機能です。

通常のプリンターを使用するためには、パソコンなどのデバイスに専用ソフトや専用ドライバーのインストールが必要。しかし、AirPrintはAppleデバイスをプリンター側で自動検出し、面倒な設定を行わず手軽にプリントできます。

対応するデバイスは、iPhoneやiPad、iPod touchなどのiOS端末と、macOSを搭載したパソコンです。最近ラインナップされているプリンターの多くは、AirPrintに対応しています。

AirPrint対応プリンターの選び方

インクカートリッジの種類で選ぶ

独立型カートリッジ

By: amazon.co.jp

独立型カートリッジは、インクの色ごとにカートリッジが分かれているのが特徴。インク切れの際は、その色のみを交換すればよいのがメリットです。

一方、一体型と異なり、ヘッドとインクタンクが独立しているため、ヘッドのみ劣化が進みやすいのがデメリット。ヘッドが消耗した際はメーカーに修理を依頼したり、プリンター自体を買い換えたりといった対応が必要な場合もあります。

しかし、一体型よりコスパに優れているので、迷った場合は独立型を選ぶのがおすすめです。

一体型カートリッジ

By: amazon.co.jp

一体型カートリッジは、ひとつのカートリッジにすべての色を内蔵しており、ヘッドとインクタンクが一体化したタイプ。インク交換のたびにヘッドが新品に変わるので、ヘッドの劣化を軽減できるのがメリットです。

一方、ほかの色が残っている場合でも、1色がなくなると丸ごとカートリッジを交換しなければいけないのがデメリット。しかし、ヘッドの消耗が少なく、プリンター本体を買い換える頻度も減るため、長くプリンターを使いたい方におすすめです。

インクの色の種類で選ぶ

4色インク

By: epson.jp

4色インクのプリンターは、おもに文書印刷をする用途におすすめです。多くのメーカーがシアン・マゼンタ・イエロー・ブラックの4色からなるインクカートリッジを採用しており、色数が少ないためコストを抑えられます。

4色インクのプリンターは本体自体の価格も安い傾向にあり、コスパ重視の方におすすめ。写真印刷の色彩にこだわりがない方は、ぜひチェックしてみてください。

6色インク

6色インクのプリンターは、文書はもちろん、画像も鮮やかに印刷できるのが特徴です。6色のカラー内容は、4色インクのカラーにライトシアンやライトマゼンタなどの2色を加えたモノが主流。2つの淡いカラーを加えることで、微妙な色の変化も繊細に表現できます。

精細な印刷を必要とする写真家などのプロ向けに、8色や10色タイプのプリンターもラインナップされていますが、一般用途のなかで画質を重視する場合は6色タイプが人気です。4色タイプより価格は高くなりますが、きれいな印刷を行いたい方は検討してみてください。

その他の機能

ダイレクトプリント

ダイレクトプリントとは、パソコンを使わずUSBメモリやSDカードをプリンターに直接差し込み、写真や画像などのデータをプリントする機能。パソコンがない場合でも、USBメモリやSDカードに入っているデータを印刷できるので便利です。

また、「PictBridge」に対応しているプリンターなら、パソコンを使わずデジタルカメラとプリンターをUSBケーブルで接続可能。デジタルカメラを操作して、液晶画面に表示している写真を簡単に印刷できるのが魅力です。

自動両面プリント

By: epson.jp

自動両面プリントは、表と裏の両面をまとめて印刷できる機能。手動で用紙の表と裏を入れ替える必要がないので便利です。とくにビジネスで大量の資料を印刷する際に自動両面プリントを使えば、大幅に用紙コストを削減できます。

少量なら手動でも対応できますが、大量に両面印刷を行う場合は、自動両面プリント機能を搭載しているモデルをチェックしてみてください。

CD・DVD・BDレーベルプリント

CD・DVD・BDレーベルプリント機能を搭載したプリンターなら、ディスクのレーベル面に画像や文字を直接プリントできます。オリジナルのレーベル作成を行いたい方におすすめです。

レーベル印刷を簡単に行えるので、CDやDVDなどのディスク管理に役立つのもポイント。内容を表すタイトルや画像をプリントしておけば、何を記録したかを一目で確認できます。

Wi-Fi Direct

Wi-Fi Directとは、Wi-Fi接続を利用してスマホなどのデバイスとプリンターを接続し、データのプリントアウトを行う機能です。無線LAN環境のない自宅や職場でも、ワイヤレスでプリンターへデータを送り、印刷を行えます。

スマホやタブレット、パソコンなど、Wi-Fi接続に対応したさまざまなデバイスで利用可能。有線接続やUSBメモリなどを使う手間が省けるのでおすすめです。

AirPrint対応プリンターのおすすめモデル|4色インク

エプソン(EPSON) A4インクジェットプリンター複合機 Colorio EW-452A

低価格ながら便利な機能が充実したAirPrint対応インクジェットプリンター複合機です。A4に対応しながら幅37.5×奥行き30×高さ17cmとコンパクトなのが特徴。無線LAN環境に設置すれば、限られたデスクスペースでも手軽に使えます。

画面を見ながら操作できる1.44型のカラー液晶や、用紙の節約に役立つ自動両面プリント機能も搭載。AirPrintやWi-Fi Directにも対応しているほか、画面に表示されたQRコードを読み取るだけでも簡単に接続できるので、初めてプリンターを使う方でも簡単に使用できます。

独立型の染料3色と顔料ブラックからなる合計4色のインクシステムを採用。書類もくっきりと見やすい文字で印刷できます。価格が安いのも人気の理由です。

エプソン(EPSON) インクジェットプリンター複合機 エコタンク搭載モデル EW-M752T

優れた印刷コストを実現するAirPrint対応インクジェットプリンター複合機です。ボトルを挿すだけで簡単にインク交換できる大容量のエコタンクを採用。1回のインク補充でA4カラー文書が約1000枚以上印刷できます。

印刷コストが安いのも本機の特徴。A4カラー文書はカートリッジモデルの4分の1以下となる約2.7円、L判写真は半分以下となる約8.6円で印刷できます。家庭プリンターを積極的に活用したい方におすすめです。

写真印刷時は染料、文書印刷時は顔料と黒色インクの使い分けが可能。写真も文書もきれいに印刷できます。液晶モニターに表示されたQRコードをスマホのカメラで読み取るだけでWi-Fi接続が簡単にできるのもポイントです。

キヤノン(Canon) インクジェットプリンター複合機 PIXUS TS3330

スマホから多彩なプリントが楽しめる、小型で安いAirPrint対応インクジェットプリンター複合機です。専用アプリからスマホ内の画像や書類を簡単にワイヤレス印刷可能。操作メニューがわかりやすく、失敗プリントを軽減する「スマホ自動写真補正」やレイアウト加工などの機能も使えるので、初心者の方におすすめです。

AirPrintはもちろん、Wi-Fi Directにも対応。スマホから印刷指示を飛ばせば自動で電源がオンになってプリントまでできるので、使用時に電源ボタンを押す必要がないのも魅力です。

サイズは幅43.5×奥行き31.6×高さ14.5cmとコンパクト。インクシステムには一体型の染料3色と顔料ブラックからなる「4色ハイブリッド」を採用しています。

キヤノン(Canon) インクジェットプリンター複合機 G6030

大量印刷が低コストで利用できる、ビジネス向けのAirPrint対応インクジェットプリンター複合機です。一度の補充でA4カラー文書が約7700枚印刷できる大容量の「ギガタンク」を搭載。仕事で頻繁に大量印刷する場合にも重宝するので、SOHOやリモートワークにもおすすめです。

低い印刷コストも特徴。A4モノクロ文書が約0.4円、A4カラー文書が約0.9円で印刷できます。インク構成は染料3色と顔料ブラックの4色ハイブリッドなので、書類や教材、レシピなどの文書もくっきりと見やすく印刷が可能です。

自動両面印刷や前面カセットを搭載しながらサイズはコンパクト。A4モノクロ文書が約6000枚印刷できる黒色インクボトルが2本付属するのも魅力です。

ブラザー(brother) A4インクジェットプリンター複合機 PRIVIO DCP-J987N

リーズナブルながら機能が充実したAirPrint対応インクジェットプリンター複合機です。コピーやファクスを利用する際に最大20枚の原稿が連続で読み取れる「ADF(自動原稿送り装置)」を搭載。加えて、自動両面プリントやレーベルプリントなどにも対応しています。

ネットワーク面ではAirPrintはもちろん、Wi-Fi Directもサポート。NFCも内蔵しているので、対応Androidスマホなら端末をプリンターにタッチするだけで印刷やスキャンが利用できます。

インク構成は独立型の染料3色と顔料ブラック。1回のインク交換でA4カラー文書が約500枚、写真入り年賀状が1枚当たり約3.7円で約870枚も印刷できます。

ブラザー(brother) A4インクジェットプリンター複合機 PRIVIO DCP-J988N

大容量インクタンクを搭載する多機能なAirPrint対応インクジェットプリンター複合機です。カートリッジ約16本分のブラックインクと各色約10本分のカラーインクに相当する「ファーストタンク」を採用。日常的に大量印刷する方でも1回のインク交換で1年以上使用できます。

サブタンクを活用することで急なインク切れでも約200枚印刷できるので、業務書類の印刷中に慌てる必要がないのも魅力。「自動両面プリント」や「ADF」のほか、封筒や厚紙の印刷にも使える「手差しトレイ」なども搭載しています。

Wi-Fi Directにも対応。また、有線LAN接続でも使用できるほか、USBメモリから直接印刷ができるポートも備えています。

ヒューレット・パッカード(HP) A4インクジェットプリンター複合機 HP OfficeJet Pro 9010

作業効率化に役立つ機能を備えたビジネス向けのAirPrint対応インクジェットプリンター複合機です。印刷や電子メール送信、クラウドストレージ保存など頻繁に行う一連の作業をテンプレートとして自動化できる「スマートタスク」に対応。業務でプリンターにかかる時間を約50%も削減できます。

ADFによる両面コピーや両面スキャンにも対応。さらに、「OCR(光学式文字認識)機能」も搭載しており、スキャンした書類内のデータを編集や検索ができるように変換できます。

インク構成は独立型の全色顔料なのでビジネス文書やポスターなどの商業印刷におすすめ。スマホとの連携機能も優れており、外出先からもプリンターのリモート操作ができます。

AirPrint対応プリンターのおすすめモデル|6色インク

エプソン(EPSON) A4インクジェットプリンター複合機 Colorio EP-882A

コンパクトながら高画質な写真印刷が楽しめるAirPrint対応インクジェットプリンター複合機です。幅34.9×奥行き34×高さ14.2cmと小型で、前面と背面両方からの給紙に対応するので置き場所に困らないのが特徴。4.3型タッチパネルも備えています。

インク構成は全色染料で、基本4色にライトシアンとライトマゼンダを追加。写真自動補正機能の「オートフォトファイン!EX」を使えば、いまいちな色合いの写真も美しく補正して印刷できます。L判1枚当たりの印刷スピードも約13秒と速いのも魅力です。

Wi-Fi Directにも対応しており、接続はLCDに表示されたQRコードをスマホで読み取るだけ。レーベルプリントやSDカードからのダイレクト印刷にも対応します。

エプソン(EPSON) A3インクジェットプリンター複合機 Colorio EP-982A3

大判プリントも楽しめるAirPrint対応インクジェットプリンター複合機。A4と比べて約2倍の面積を持つA3に対応しながら、幅47.9×奥行き35.6×高さ14.8cmと小型なのが特徴です。

無線LANルーターに繋いだままWi-Fi Directが使用可能。また、Wi-Fiは電波干渉に強い5GHz帯に対応するので、ルーターに接続機器が多くある環境でも安定したワイヤレス印刷が利用できます。

インク構成は全色染料で、ライトシアンとライトマゼンダを含む全6色。高画質なのはもちろん、保存性も優れており、アルバムで保管すれば約300年もきれいな色合いを維持できると謳われています。

エプソン(EPSON) A3インクジェットプリンター複合機 Colorio V-edition EP-10VA

ワンランク上の高画質印刷が低コストで楽しめるAirPrint対応インクジェットプリンター複合機です。基本4色にレッドとグレーを加えた染料6色構成の「Epson ClearChrome K2インク」を採用。汎用モデルと比べて鮮やかさと滑らかさが向上しているので、写真作品のプリント制作にもおすすめです。

L判1枚当たりの印刷コストが約12.7円と安いのも特徴。同じA3対応の汎用モデルと比較しても半分以下で済むので、普段から積極的に写真プリントを楽しみたい方にもぴったりです。

パソコンなしで使える作品印刷の補助機能が充実しているのも魅力。作品のセレクトに役立つ撮影情報入りのコンタクトシートや、好みの仕上がりが見つけやすくなる色見本一覧を手軽に印刷できます。

エプソン(EPSON) A3ノビインクジェットプリンター Colorio V-edition EP-50V

大判での本格的な写真作品の制作にも対応できるAirPrint対応インクジェットプリンターです。A3よりも一回り大きく、プロカメラマンも作品制作で多用するA3ノビに対応。コピー機能やスキャナーは不要だけど、自宅のインテリアや写真展のために作品を迫力の大画面で印刷したいという方におすすめです。

インクシステムには染料6色構成の「Epson ClearChrome K2インク」を採用しています。A3ノビに対応しながら幅47.6×奥行き36.9×高さ15.9cmとコンパクトなのも魅力。接続方法は無線LAN・有線LAN・USB接続と多様なので、使用環境や用途に応じて自由に選べます。

キヤノン(Canon) A4インクジェットプリンター複合機 PIXUS TS8430

多彩な機能を持つ人気のAirPrint対応インクジェットプリンター複合機です。スマホとの接続はLCDに表示されたQRコードを読み取るだけ。「おうちでスマホプリ」にも対応しているので、スマホから多彩な仕上がりの印刷が簡単に楽しめます。

インクシステムにはグレーを含む染料5色と顔料ブラックからなる「6色ハイブリッド」を採用。写真印刷時は染料ブラック、文書印刷時は顔料ブラックと使い分けができるので、写真も文書も安定した見やすい画質で印刷できます。

幅37.3×奥行き31.9×高さ14cmのコンパクトボディには、見やすく使いやすい可動式の4.3型タッチパネルを搭載。自動両面プリントやレーベルプリントなどにも対応します。

キヤノン(Canon) A4インクジェットプリンター複合機 PIXUS XK90

低コストで本格的な写真作品の印刷が楽しみたい方におすすめのAirPrint対応インクジェットプリンター複合機です。L判1枚当たりの印刷コストが約12.5円と少ないのが特徴。汎用モデルと比較すると3分の1ほど安いので、頻繁に印刷する方ほどお得に使えます。

新色フォトブルーインクを含む染料5色と顔料ブラックからなる「プレミアム6色ハイブリッド」を採用。発色が濃厚になり、画像の明るい部分に現れる粒状感が少なくなっているので、より繊細で美しい仕上がりが得られます。

スマホから多彩なプリントが楽しめる「おうちでスマホプリ」にも対応。また、L判写真が約10秒で高速印刷できるので、ホームパーティーなどで撮影した写真をその場で配る際にも活躍します。

キヤノン(Canon) A3ノビインクジェットプリンター PIXUS iP8730

コンパクトボディで大判プリントが楽しめるAirPrint対応インクジェットプリンターです。幅59×奥行き33.1×高さ15.9cmと小型にも関わらず、L判からA3ノビまで多彩な用紙サイズに対応。写真や文書を大画面で印刷したい方におすすめです。

「おうちでスマホプリ」にも対応。電源オフの状態でもスマホから印刷指示を飛ばすだけで簡単にリモート印刷ができます。また、スマートスピーカーを使った音声での印刷指示にも対応が可能です。

インク構成は染料5色と顔料ブラックの「6色ハイブリッド」。大容量カートリッジを使用すれば、L判写真が約17.3円と低コストで印刷できます。A3ノビに対応しながら本体自体の価格が安いのも魅力です。