タイピングした文字がシールになる「ラベルプリンター」。職場で備品の管理に使用したり、自分の所有物に名前のシールを貼ったりと、さまざまな用途に使えます。

しかし、サイズや機能などが多岐にわたるため、どれを選んでよいか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、ラベルプリンターの選び方と、おすすめのラベルプリンターをご紹介します。

ラベルプリンターの選び方

印刷方式をチェック

コスパに優れた「感熱方式」

By: amazon.co.jp

感熱方式は、感熱紙を使って印刷をする方式を指します。感熱紙とは、熱を感知することで色が変わるよう加工された紙のこと。おもに、小売店のレシートやバーコードの発行で利用されます。

感熱方式は、感熱紙を交換するだけで簡単にメンテナンスできるのがメリット。熱転写方式のラベルプリンターよりも安価に購入でき、ランニングコストが安いのも魅力です。

ただし、日光などにさらされると変色したり字が薄くなったりするため、長期保存に向いていないのがデメリット。短期間のラベル保存で十分な方は、感熱方式のラベルプリンターがおすすめです。

色落ちしにくい「熱転写方式」

By: amazon.co.jp

熱転写方式は、インクリボンを使って印刷をする方式です。インクリボンとは、インクを供給するための帯状の部品。普通紙のラベルにインクを熱転写して、文字や絵を印字します。

熱転写方式は感熱方式と異なり、長期保存に向いているのがメリット。カラーやサイズが豊富にラインナップされているので、家庭用や業務用を問わず幅広く使用できます。

ただし、インクリボンと紙の両方を買い替える必要があるのがデメリット。頻繁に使用する方は、ランニングコストに留意しておきましょう。

便利機能をチェック

製品によっては、基本的なラベルプリンターとしての機能だけではなく、便利機能が追加されているモノもあるので要チェック。たとえば、QRコードを生成したり、スマホで読み込める専用コードを生成したりできるモデルなどもラインナップされています。気になる方は、ぜひ検討してみてください。

入力方式をチェック

By: amazon.co.jp

ラベルプリンターは、製品によって入力方式が異なります。一般的なモデルでは、パソコンと同じようなローマ字入力に対応。長文のラベルを作成するときに便利です。

一方、コンパクトサイズのラベルプリンターには、携帯電話と同じ入力方式や、ダイヤルを回して文字を選択する入力方式を採用したモノも存在します。使用頻度などを考慮して選んでみてください。

電源方式をチェック

By: amazon.co.jp

ラベルプリンターはおもに、ACアダプターで動作するタイプと乾電池で動作するタイプに分類されます。頻繁に使用するなら、充電の必要がないACアダプタータイプのモノがおすすめです。一方、携帯性を重視したい場合は、乾電池タイプのモノをチェックしてみてください。

また、複数の電源方式に対応している製品も展開されています。なかには、充電で使用できるバッテリー内蔵式のモデルもラインナップされているので、気になる方はあわせて確認してみましょう。

ラベルプリンターのおすすめメーカー

キングジム(KingJim)

By: amazon.co.jp

1927年にキングジムの前身である「名鑑堂」として創業。主力製品となるファイルをはじめ、家庭用文具や電子文具も数多く展開しています。なかでも、ラベルプリンター「テプラ」は、家庭やオフィスで気軽に使える製品として人気。累計販売台数950万台を突破するなど、国内トップシェアを占めるシリーズです。

ブラザー(Brother)

By: brother.co.jp

ミシンの修理業として1908年に創業したブラザー。独自の技術開発に注力し、現在ではミシンをはじめ、扱う製品は家庭用・業務用ともに多岐にわたります。ラベルプリンターの分野においても、1980年代の開発以降、国内外で高いシェアを占める企業です。

サトー(SATO)

By: sato.co.jp

1940年創業のサトー。世界初の値付け作業機「ハンドラベラー」や、「熱転写方式バーコードプリンター」を発明するなど、創業以来、時代ごとに求められるハードウェアの開発や製造に携わってきました。

現在ではハードウェアのみならず、バーコードやQRコードなどの自動認識技術を用いたソリューションの開発も行っており、さまざまな業種で活用されています。

ラベルプリンターのおすすめ|家庭用

キングジム(KingJim) ラベルライター テプラ PRO SR170

キングジム(KingJim) ラベルライター テプラ PRO SR170

シンプルな操作性と充実した機能で人気のラベルプリンターです。入力方式にはローマ字入力を採用。縦横や文字サイズ、書体などよく使う機能をワンタッチで呼び出せるダイレクトキーが搭載されているので、少ない操作で手軽にオリジナルラベルが作成できます。

4〜18mmまでのテープ幅に対応。9〜13.5mmまでの印刷可能幅を採用することで文字サイズを6段階で調節でき、最大6行までの長文印刷も可能です。さらに、オートカット機能も備えています。

専用のリボンカートリッジを使えば、プレゼント包装用にも役立つメッセージの付いたリボンが作成可能。また、読み取るとスマホ内の写真や動画などのデータをすぐに呼び出せる2次元コードの印刷もできます。

キングジム(KingJim) ラベルライター テプラ PRO SR-GL1

キングジム(KingJim) ラベルライター テプラ PRO SR-GL1

宝石箱のようなデザインが目を引くラベルプリンターです。かわいらしいフォントが8種類用意されており、ガーリーなラベルが手軽に印刷できるので、女性から根強い人気があります。

プリティーなモチーフを採用した絵文字やフレームも充実。また、飾り枠とイニシャルを組み合わせることで、簡単にオリジナルのイニシャルマークも作れます。

ラベル幅は4〜18mmで、リボンカートリッジを使った印刷にも対応。電源方式は乾電池とACアダプターの両方に対応しており、使用場所に応じた使い分けが可能です。同じラベルを続けて印刷できる「連続印刷」や、オートカット機能も備えています。

キングジム(KingJim) ラベルプリンター テプラ Lite LR30

キングジム(KingJim) ラベルプリンター テプラ Lite LR30

スマホと繋がる小型のラベルプリンターです。Bluetoothで連携したスマホの専用アプリでラベルを作成できるのが特徴。テンプレートが豊富に用意されているので、スマホの画面を見ながらデザイン性の高いラベル制作が手軽に楽しめます。

「たて・よこ切り替え機能」で、ファイルの背表紙に貼る縦書きラベルも簡単に作成可能。また、文字だけではなく、オリジナルの似顔絵やタイムスタンプ、スマホ内の写真やイラストもラベルに挿入できます。

重さ約132gと軽量なのもポイント。持ち運びや収納が楽にできることに加えて、乾電池を電源に採用しているため、場所を選ばず使用可能です。テープ幅は11・13・15mmの3種類から選べます。

ブラザー(Brother) ラベルプリンター P-touch PT-J100W

ブラザー(Brother) ラベルプリンター P-touch PT-J100W

リーズナブルな価格でラベル作りを楽しめるラベルプリンターです。機能はシンプルですが、本体価格が安いのが魅力。ラベル作成を手軽に始めたい方におすすめです。

初心者に優しい操作性も特徴。「かんたんラベルモード」を使用すれば、テンプレートを選び、マークを洗濯して、テキストを入力するだけといった3ステップで実用的な名前ラベルが完成します。

入力方式は携帯電話と同じ「かなめくり入力」を採用しているので、文字打ちもスムーズ。ラベル幅は3.5〜12mmまでの4種類に対応しています。また、印刷には熱転写方式を採用しているため、印刷ラベルの耐久性が高く、水や擦れに強いのもポイントです。

ブラザー(Brother) ラベルプリンター P-touch CUBE PT-P710BT

ブラザー(Brother) ラベルプリンター P-touch CUBE PT-P710BT

幅広サイズのラベルも作成できる、Bluetooth連携型のラベルプリンターです。ラベル幅が最大24mmの幅広サイズに対応しているのが特徴。また、作成したラベルを手間なく切れるオートカット機能も備えているので、複数枚のラベル印刷もスピーディーに行えます。

ラベルの作成には、スマホの専用アプリを使用。カテゴリーごとに豊富なテンプレートが用意されているため、目的に応じたモノを選んでテキストを入力するだけでデザイン性の高いラベルが手軽に作成できます。

ラベルにQRコードの印刷ができるのもポイント。電化製品の取扱説明書ページやお店のウェブサイトなどに誘導できるので、家庭でも仕事でもマルチに活躍します。

ブラザー(Brother) 感熱カラーラベルプリンター P-touch Color VC-500W

ブラザー(Brother) 感熱カラーラベルプリンター P-touch Color VC-500W

大判のフルカラーラベルが印刷できる感熱ラベルプリンターです。特殊な構造のロールカセットを使用して印刷時の熱量を調節することで、カラー印刷を実現。また、小型にも関わらず、ラベル幅は最大50mmの極太サイズまで対応できるので、ジャムのラベルや家具に貼るステッカーの制作などにもおすすめです。

Wi-Fi接続で連携したスマホやパソコンからラベルの作成が可能。専用アプリではデバイス内に保存した写真のほかに、Instagramに投稿した写真もデザインに使用できます。

オートカット機能に加えて、剥離紙は切らずにラベルのみにスリットを入れる「ハーフカット」機能も搭載。ラベルを剥離紙から簡単に剥がせるため、貼り付け作業が楽にできます。

カシオ(CASIO) NAMELAND i-ma KL-SP10

カシオ(CASIO) NAMELAND i-ma KL-SP10

Bluetooth経由でスマホと接続し、専用アプリを使って操作するラベルライター。液晶画面やキーボードを排したシンプルなデザインで、生活空間に違和感なく溶け込みます。

フォント15書体と絵文字1000個、フレーム56個を自由に組み合わせて、表情豊かなラベルを作成可能。統一されたデザインのラベルを一度に印刷できる「収納ラベルをまとめて作る」や、豊富なサンプルデザインが揃う「季節・イベントのラベル」などの便利機能を多く搭載しており、ラベル作りを手軽に行えます。

付属のACアダプター、または単3形アルカリ乾電池で駆動。軽量・コンパクトで持ち運びやすく、使用場所を選ばないおすすめのラベルライターです。

ラベルプリンターのおすすめ|業務用

キングジム(KingJim) ラベルライター テプラ PRO SR670

キングジム(KingJim) ラベルライター テプラ PRO SR670

大量のラベル印刷が快速に行える業務用のラベルプリンター。最大印刷速度が毎秒30mmと速く、印刷時の動作音も静かなのでオフィスでの使用におすすめです。

ラベル印刷時に、オートカット機能とハーフカット機能を同時に使用できるのもポイント。さらに、ハーフカット連続印刷時にラベルを繋げて印刷するか、1枚ずつ切り離すか選択できるため、職場でラベルを配布する際にも重宝します。

入力方式はローマ字入力式ですが、日本語入力システム「ATOK」が搭載されているので入力がスムーズ。また、パソコンとの接続時は専用ソフトで翻訳機能も使えるため、外国人観光客向けの多言語ラベルも簡単に作成できます。

キングジム(KingJim) ラベルプリンター テプラ PRO SR5900P

キングジム(KingJim) ラベルプリンター テプラ PRO SR5900P

オフィスでの使用におすすめの業務用ラベルプリンターです。パソコンとはUSB接続のほか、有線LANや無線LANでの接続も可能なのが特徴。幅広い接続方式から、オフィスのネットワーク環境にあわせたモノを選べます。

極細の4mmから公共表示に適した幅広の36mmまで、さまざまなラベル幅での印刷に対応。さらに、テープカートリッジのほかに、楕円や角丸などあらかじめ定形にデザインされた「カットラベル」にフチなし印刷ができます。車内の備品管理などにもおすすめです。

「印刷再開機能」も便利。連続印刷中にテープがなくなってカートリッジを交換した場合でも、続きから印刷を再開可能。設定を再度やり直すことなく印刷できるおすすめアイテムです。

ブラザー(Brother) 感熱ラベルプリンター QL-800

ブラザー(Brother) 感熱ラベルプリンター QL-800

オフィスで使用する宛名ラベルや、バーコードラベルの印刷におすすめのラベルプリンターです。23〜62mmまでさまざまな幅のラベル用紙に対応。また、毎分93枚の宛名ラベルが高速印刷できるので、スピードが要求されるビジネスシーンでの使用にも応えられます。

黒と赤の2色を同時に印刷できるのもポイント。強調させたい部分を赤文字にすることでインパクトのあるラベルがデザインできるため、注意喚起や食品表示ラベルなどの作成にも適しています。

本体に簡易ラベル編集ソフトが内蔵されているのも魅力。ドライバー不要なので、パソコンと繋げるだけでラベル作成ができます。

ブラザー(Brother) ラミネートラベルプリンター P-Touch PT-P750W

ブラザー(Brother) ラミネートラベルプリンター P-Touch PT-P750W

ラミネートラベルが印刷可能なラベルプリンターです。熱転写印刷したラベルには、透明な保護用のラミネートコートを施しているのが特徴。擦れや汚れはもちろん、水分や溶剤などに対しても優れた耐久性を備えているので、工場や薬局などでの備品管理に使用するラベルの作成にもおすすめです。

ラベルのデザイン作成はWi-Fiで連携したスマホの専用アプリから行います。NFC対応のため、対応するAndroidスマホであれば本製品にかざすだけで簡単に接続が可能です。また、パソコン向けに2種類のラベル作成ソフトが付属しています。

オートカット機能とハーフカット機能も搭載。電源方式はACアダプターですが、別売りの充電池や乾電池でも駆動します。

サトー(SATO) ラベルプリンター SCeaTa CT4-LX DT203

サトー(SATO) ラベルプリンター SCeaTa CT4-LX DT203

幅広いシーンで活用できる、高性能な業務用ラベルプリンターです。独自のスタンドアロン印刷機能「AEP」に対応。パソコンなしでラベル作成ができるのはもちろん、イベント会場でバーコードリーダーと連動して入場チケットを発行したり、工場で計量器と連動してデータベースに保存した情報を印刷したりできます。

特許取得済技術「ピュアテクローラー」を採用しているのもポイント。ラベルが貼り付きにくい構造なので、環境に配慮した台紙のないノンセパラベルも使用できます。また、USBのほか、Wi-FiやBluetoothなど多彩な接続方式に対応しているのも魅力です。

さらに、4.3型の大画面タッチパネル液晶も便利。シンプルなアイコン表示と多言語切り替え機能を搭載しているため、誰でも手軽に扱えます。

カシオ(CASIO) ラベルライター NAME LAND Biz KL-V460

カシオ(CASIO) ラベルライター NAME LAND Biz KL-V460

大画面のバックライト液晶を搭載する業務用ラベルライターです。15桁×5行の文章表示ができ、ラベル作成時に印刷イメージが一目でわかるのが特徴。また、予測変換やAI変換に対応した「ATOK」も搭載されているので、日本語入力がスムーズにできます。

最大46mmという極太サイズのラベル幅に対応しているのもポイント。さらに、拡大印刷機能を使えば、46mm幅のラベルを4枚貼り合わせることで最大180mmの文字も印刷できるため、お店のPOPや注意喚起用のラベル作成にもおすすめです。

ラベル作成日時を自動入力する「タイムスタンプ」や、指定した期限を自動計算入力する「タイムスパン」などの機能も搭載。ファイルの日時管理や文書の法定保存でも役立ちます。

キヤノン(Canon) カラーラベルプリンター LX-P1500

キヤノン(Canon) カラーラベルプリンター LX-P1500

高解像なフルカラー印刷ができる業務用のラベルプリンターです。印刷方式に独立した4色の顔料インクによるインクジェット方式を採用しており、熱転写方式と比較して色彩や文字の解像感をより高く出力できます。

顔料インクは耐候性にも優れているので、印刷したラベルは長期使用が可能なのもポイント。店舗などで使用するために印刷ラベルの品質を重視したい方にもおすすめです。また、インクは使用した分だけ減るため無駄がなく、印刷コストの面でも優れています。

小型のデザインも魅力。本体間口は134mm、奥行きと高さはともに250mmとコンパクトなので、店舗のデスク下やバックヤードにも簡単に設置可能です。最大ラベル幅は63mmで、オートカッター機能も搭載しています。