タイピングした文字がシールになる「ラベルプリンター」。職場で備品の管理に使用したり、自分の所有物に名前のシールを貼ったりと、使いどころはたくさんあります。

しかし、サイズや機能などが多岐にわたるため、どれを選んでよいか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、ラベルプリンターの選び方と、おすすめラベルプリンターをご紹介。業務用ラベルプリンターもピックアップしているので、仕事での使用を検討している方も要チェックです。

ラベルプリンターの選び方

印刷方式をチェック

コスパに優れた「感熱方式」

By: amazon.co.jp

感熱方式は、感熱紙を使って印刷をする方式を指します。感熱紙とは、熱を感知することで色が変わるよう加工された紙のこと。おもに、小売店のレシートやバーコードの発行で利用されます。

感熱方式は、感熱紙を交換するだけで簡単にメンテナンスできるのがメリット。熱転写方式のラベルプリンターよりも安価に購入でき、ランニングコストが安いのが魅力です。

一方、日光などにさらされると、変色したり字が薄くなったりするため長期保存に向いていないのがデメリット。短期間のラベル保存で十分という方は、感熱方式のラベルプリンターがおすすめです。

色落ちしにくい「熱転写方式」

By: amazon.co.jp

熱転写方式は、インクリボンを使って印刷をする方式です。インクリボンとは、インクを供給するための帯状の部品。普通紙のラベルにインクを熱転写して、文字や絵を印字します。

熱転写方式は感熱方式と異なり、長期保存に向いているのがメリット。カラーやサイズが豊富にラインナップされているので、家庭用・業務用問わず幅広く使用できます。

一方で、インクリボンと紙の両方を買い替える必要があるのがデメリット。頻繁に使用する方は、ランニングコストに留意しておきましょう。

便利機能をチェック

製品によっては、基本的なラベルプリンターとしての機能だけではなく、便利機能が追加されているモノもあるので要チェック。たとえば、QRコードを生成したり、スマホで読み込める専用コードを生成したりできるモデルなどもラインナップされています。気になる方は、ぜひチェックしておきましょう。

入力方式をチェック

By: amazon.co.jp

ラベルプリンターは、製品によって入力方式が異なります。一般的なモデルでは、パソコンと同じようなローマ字入力に対応。長文のラベルを作成するときに便利です。

一方、コンパクトサイズのラベルプリンターだと、携帯電話と同じ入力方式や、ダイヤルを回して文字を選択する入力方式の場合も考えられます。使用頻度などを考慮して選んでみてください。

電源方式をチェック

By: amazon.co.jp

ラベルプリンターはおもに、ACアダプターで動作するタイプと乾電池で動作するタイプに分類されます。頻繁に使用するなら、充電の必要がないACアダプタータイプのモノがおすすめです。一方、携帯性を重視したい場合は、乾電池タイプのモノをチェックしてみてください。

また、複数の電源方式に対応している製品も展開されています。なかには、充電で使用できるバッテリー内蔵式のモデルもラインナップされているので、気になる方はあわせて確認してみましょう。

ラベルプリンターのおすすめメーカー

キングジム(KingJim)

By: amazon.co.jp

1927年にキングジムの前身である「名鑑堂」として創業。主力製品となるファイルをはじめ、家庭用文具や電子文具も数多く展開しています。なかでも、ラベルプリンター「テプラ」は、家庭やオフィスで気軽に使える製品として人気。累計販売台数950万台を突破するなど、国内トップシェアを有するシリーズです。

ブラザー(Brother)

By: amazon.co.jp

ミシンの修理業として1908年に創業したブラザー。独自の技術開発に注力し、現在ではミシンをはじめ、扱う製品は家庭用・業務用ともに多岐にわたります。ラベルプリンターの分野でも、1980年代の開発以降、国内外で高いシェアを有する企業です。

サトー(SATO)

サトー(SATO) エヴィEV212R

By: rakuten.co.jp

1940年創業のサトー。世界初の値付け作業機「ハンドラベラー」や、「熱転写方式バーコードプリンター」を発明するなど、創業以来その時代に求められるハードウェアの開発・製造に携わってきました。

現在ではハードウェアのみならず、バーコードやQRコードなどの自動認識技術を用いたソリューションの開発も行っており、さまざまな業種で活用されています。

ラベルプリンターのおすすめ|家庭用

キングジム(KingJim) ラベルプリンター テプラ PRO SR170

テプラPROのエントリーモデルとして人気のラベルプリンターです。最大印刷可能幅は大きめの13.5mm。文字サイズも6段階まで選択でき、従来機種に比べて大きく印字できるのが特徴です。かわいい絵文字や外枠も豊富に内蔵されており、子供の名前ラベル作りにも活躍します。

新機能の「お名前タグ印刷機能」と別売りの「お名前タグメーカー」を使用すれば、通園バッグやリュック、水筒などに取り付けられるタグも簡単に作成可能です。

また、印字した2次元コードと、スマホ内のデータをひも付けできる「ピッとコード印刷機能」を搭載しているのもポイント。専用アプリで2次元コードを読み込むだけで、関連した写真やデータが呼び出せます。

キングジム(KingJim) ラベルプリンター テプラ PRO SR-GL1

ガーリーなラベリングが楽しめる、テプラPROシリーズの女子向けラベルプリンターです。かわいいフォントや絵文字、記号を豊富に内蔵。また、大きなリボン付きでコスメボックスのようなキュートな外観など、デザインも充実しています。

対応テープ幅は4〜18mmと一般的ですが、専用のリボンやマスキングテープといった素材にも印刷が可能。小物へのラベリングはもちろん、ラッピングのリボン作りなどにもおすすめです。

キングジム(KINGJIM) ラベルライター テプラ PRO SR-GL2

キングジム(KINGJIM) ラベルライター 「テプラ」PRO SR-GL2

同社SR-GL1のリニューアルモデルです。縫製カバーと本体が一体となっており、コスメポーチのようなデザインになっているのが特徴。ファスナーを開けたふた裏にはポケットがあり、印刷したラベルを収納しておけます。

フォントはベーシックな文字から、手書き・エレガント風など、全部で8種類を選択可能です。また、お名前タグ印刷機能も搭載しており、別売りの「お名前タグメーカー」を使えば簡単にネームタグを作成できます。

ブラザー(Brother) ラベルライター P-touch J100 PT-J100

ブラザー(Brother) ラベルライター P-touch J100 PT-J100

大画面表示で文字が見やすく、シンプルなラベルプリンター。3720種類と豊富な絵や記号が内蔵されているほか、かんたんに自分好みのラベルを作れる「かんたんラベル」「デコラベル」「できてる! ラベル」といった機能を搭載しています。

液晶画面は5文字×2行で文字が大きく表示され、視認性のよさも抜群です。また、漢字に関してもJIS第1・第2水準すべてを網羅しています。

入力方法は従来型の携帯電話と同じ「かなめくり方式」で、デジタルが苦手といった方にも使いやすいラベルプリンターです。

ブラザー(Brother) ラベルライター P-touch CUBE PT-P710BT

スマホの専用アプリを通して、ラベルデザインができるラベルプリンターです。同製品は、18・24mmの幅広テープに対応。また、充電して繰り返し使える「Li-ion充電池」を内蔵しており、オフィスやカフェなどへの持ち運びにも重宝します。

スマホと本体は、Bluetoothでスマートに接続できるのもポイント。ケーブルやコードが邪魔にならずにラベル作りが楽しめます。さらに、パソコン上で凝ったラベルの作成も可能。自分だけのオリジナルラベルを作りたい方におすすめです。

カシオ(CASIO) ラベルライター ネームランド エントリー KL-P40

コンパクトながら充実した機能が搭載された、カシオ製品のエントリーモデル。単3形乾電池とACアダプターと2種類の電源に対応しており、持ち運んで使う際にも便利です。

「ジャストフィット印刷機能」を搭載しているのが特徴。テープ幅と文章の行数にあわせて自動で文字サイズを設定してくれるので、難しい設定が不要です。また、「あ」を押すごとに「い、う、え……」と文字を変換する「かなめくり入力」にも対応。パソコンのキーボード配列に不慣れな方や、初心者にもおすすめです。

使用できるテープ幅は最大18mm。絵文字・記号・フレームも充実しており、名前ラベルや分別ラベル作りに最適です。

ラベルプリンターのおすすめ|業務用

キングジム(KingJim) 「テプラ」PRO SR5900P

キングジム(KingJim) 「テプラ」PRO SR5900P

熱転写方式を採用した、キングジムのラベルプリンター。本製品は、Wi-Fiを経由してオフィスで共有できるのが魅力です。Windows・Mac・iOS・Andoroidに対応しており、幅広いパソコン・タブレットに接続可能。また、無線だけでなく、USB有線接続もできます。

印刷スピードが速いのもポイント。従来機の1.7倍もの速度を有しているので、大量印刷をしても待ち時間でストレスになりません。さらに、静音設計になっているため、オフィスで気を遣わずに使えます。

テープエンド検出機能を搭載しているのもメリット。テープの終わりを自動で検出し、取り換え後に続きから再開できる便利な機能を有しています。オフィスの事務作業を効率化したい方におすすめのラベルプリンターです。

キングジム(KingJim) 「テプラ」Grand WR1000

キングジム(KingJim) 「テプラ」Grand WR1000

熱転写方式のラベルプリンター。50mm幅、100mm幅、宛名ラベル(90×45mm)の3種類に対応しており、さまざまなビジネスシーンで活用できるのが魅力です。テープカートリッジとインクカートリッジは独立しており、色を自由自在に変更できます。

また、フチなし印刷機能を搭載しているのもポイント。印刷したラベルをカットすることなく貼り付けできるため、業務の無駄な手間が省けます。流し込み印刷機能により、Excelデータを取り込んで宛名ラベルに簡単に印刷できるのも魅力です。

さらに、1500種類以上のラベルテンプレートを用意。ラベル作成の初心者でも、安心して使い始められます。幅広いビジネス用途で活躍する、おすすめのラベルプリンターです。

ブラザー(Brother) QLシリーズ ラベルプリンター QL-800

ブラザー(Brother) QLシリーズ ラベルプリンター QL-800

感熱方式を採用したラベルプリンターです。業務用の宛名ラベルや、バーコードラベルの作成に最適なモデル。16規格のバーコードや、5規格の2次元モードに対応しています。

また、専用の感熱紙を購入すれば、赤と黒の2色を同時に発色可能。食品表示や注意喚起など、強調したい部分を明確にしやすいのが魅力です。印刷速度は毎秒148mmと高速なので、業務をスムーズに進められます。

さらに、プリンター本体内にラベル編集ソフトの「P-touch EditorLite」を内蔵。ソフトウェアをインストールする必要なく、パソコンと接続するだけですぐに使えます。手軽にラベルを作成したい方におすすめのモデルです。

ブラザー(Brother) 感熱ラベルプリンター TD-2130NSA

ブラザー(Brother) 感熱ラベルプリンター TD-2130NSA

スーパーや食品工場向けのラベルプリンター。消費期限ラベル・生産者ラベル・成分表示ラベルが作成可能で、食品工場や小売店に便利な機能を数多く搭載しているのが特徴です。

本製品は、2種類のパネル操作方法を選択可能。データベース番号やテンプレート番号を入力する「基本パネル」、ラベルデータを瞬時に呼び出せる「ワンタッチパネル」を自由に使いわけができます。

また、「Mobile Transfer Express」アプリを使えば、スマホを使って本体メモリーにラベルデータを転送できるのが魅力。いちいちパソコンを開く必要がなく、快適にラベル作成を行えます。

さらに、賞味期限や消費期限を正確に入力できる「時計機能」を搭載。すぐに使える128種のラベルテンプレートを用意しているので、初めて使う方でも安心です。

サトー(SATO) エヴィEV212R

サトー(SATO) エヴィEV212R

感熱方式と熱転写方式を兼用できるラベルプリンター。短期保存用のラベル作成は感熱方式、長期保存用へは熱転写方式に切り替えるなど、柔軟性が高いのがメリットです。

サイズが約128×235×173mmとコンパクトなのもポイント。別売りの装置「簡易入力装置Key-Bo+」を使えば、パソコンを使わずにそのまま印刷できます。少ない手順で作成できるのも魅力です。

また、無線接続ができるのもメリット。用紙のセットは、上部カバーをワンタッチで開くだけで行えます。ライブ会場のチケットやリストバンドの作成に最適なラベルプリンターです。

カシオ(CASIO) NAME LAND Biz KL-V460

カシオ(CASIO) NAME LAND Biz KL-V460

カシオのハイエンドモデル。本製品は、オフィスで使う事務作業用のシール作成に最適です。印字速度が従来製品の2倍になっているのが特徴。待ち時間が少なく、業務が効率的に進みます。

また、15×5桁の大型液晶を搭載しているのもポイント。ラベル印刷イメージを一目で確認できます。株式会社ジャストシステムの入力システム「ATOK」を採用しているのも魅力。変換候補を先読みして表示してくれるので、専門用語も簡単に入力可能です。

デザインロゴのテンプレートは120種類。使い方がわからなくても、テンプレートを活用すればすぐにラベルを作成できるため便利です。電源はACアダプターを採用しています。

キヤノン(Canon) ラベルプリンター LX-P5500

キヤノン(Canon) ラベルプリンター LX-P5500

用紙に必要なだけインクを吐出する「インクジェット方式」を採用したラベルプリンター。4色の顔料インクを採用し、フルカラーで出力できるのが魅力です。耐候性に優れたインクを搭載しているので、倉庫の物流ラベルにも使用できます。解像度は1200dpiで、細かい文字でも高精細に出力可能です。

印刷手法には「ライン印刷方式」を採用。毎秒最速150mmで出力し、大量のラベル印刷をしたいときにも最適です。本体サイズは約386×570×394mmと業務用ながらコンパクトで、場所を取らずに設置できます。

また、大容量のインクタンクを搭載。使い切った色だけを交換できるため、定期的に発生するランニングコストを節約できます。本格的にラベル作成をしたい方におすすめのモデルです。