プリンターが自宅にあれば、文書や写真をすぐに印刷できて何かと便利です。高精細印刷や高機能は不要と考えている方にとっても、プリンターとして最低限の機能を持っているモノがあるだけで、ふとしたときに必要なモノを印刷するのに役立ちます。

そこで今回は、1万円以下で購入できる安いプリンターをご紹介。選び方についても解説をするので、ぜひ参考にしてみてください。

安いプリンターの選び方

単機能か複合機か

By: epson.jp

プリンターには、「単機能」と「複合機」の2種類があります。単機能のプリンターは、プリント機能のみを搭載。複合機には、プリント機能に加えてコピーやスキャンなどの機能が搭載されています。

年賀状やハガキの印刷であれば、単機能タイプが便利。機能が絞られているため、操作が簡単なのがメリットです。一方、身分証明書やビジネス資料、書籍などのコピーを取りたいのであれば、複合機がおすすめ。使用用途に合わせて必要な機能を搭載した製品を選択しましょう。

本体価格だけでなくランニングコストもチェックしよう

プリンターを購入する際は、本体価格だけでなくランニングコストもチェックしておきましょう。事前に交換用のインク価格や用紙代を確認し、購入後にかかる費用を把握しておくのがおすすめです。

インクジェットプリンターの多くは、インクカートリッジと呼ばれる「カートリッジ式」のインクを採用。インクカートリッジが色ごとに分かれている独立型であれば、なくなった色だけを個別に交換できるので、ランニングコストを抑えたい場合におすすめです。

トナーパウダーを熱で溶かして紙に定着させるレーザープリンターは、定期的なトナーの交換が必要。インクカートリッジに比べると高価ですが、印刷できる枚数は多めです。

用途で選ぶ

写真印刷

写真を鮮やかにプリントしたい方は、色調と発色が繊細な「染料インク」を採用したインクジェットプリンターがおすすめです。写真を印刷したときに色の再現度が高いため、自宅プリントでもきれいな写真を印刷できます。

できるだけきれいに印刷したい場合は、インク色の数も重要。インクジェットプリンターにはインクが4色・6色・8色のモノがありますが、色数が多ければ当然、色の再現性が高くきれいな写真を印刷できます。

さらに、「フチなし印刷」ができるかどうかもポイント。写真用紙のフチまで印刷したい方はチェックしてみてください。

文書印刷

レポートや書類などの文書印刷がメインの場合は、色が安定してくっきり印刷できる顔料インクを採用したプリンターがおすすめです。顔料インクは耐水性や耐光性に優れているため、にじむケースが少なめ。内容が細かいレポートや文字数が多いビジネス文書などもしっかりと印刷できます。

大量に文書を印刷する場合は、両面印刷の機能があるモノを選ぶと用紙コストの削減が可能。ビジネス文書やプレゼン資料などを大量に印刷する機会が多い場合は、両面印刷対応モデルがおすすめです。

また、スマホやUSBメモリの文書を印刷できるかどうかも確認しておくと安心。安いモデルのなかには、ネットワーク接続が非対応だったり、USBメモリが読み込めなかったりするモノもあるので、事前に確認しておきましょう。

1万円以下のプリンターのおすすめメーカー

エプソン(EPSON)

By: amazon.co.jp

エプソンは、インクジェットプリンターの「カラリオ」シリーズで有名な情報関連機器メーカー。ハイスペックモデルから単機能モデルまで、幅広いラインナップを揃えています。

低価格モデルでも、スキャナーやコピー機能を搭載しているのも特徴。どのモデルもコンパクトなうえ、デザインがおしゃれなので人気があります。

キヤノン(Canon)

By: canon.jp

カメラやビデオなどの映像機器、プリンターや複写機などの事務機器に強みを持つキヤノン。インクジェットプリンターの「ピクサス」シリーズは、印刷する内容に合わせて最適なモノを選べるようラインナップの幅を広げています。

カメラを手掛けていることもあり、写真印刷にこだわったモデルが多いのも特徴。シンプルなデザインと使いやすさが人気の理由です。

ヒューレット・パッカード(HP)

By: amazon.co.jp

ヒューレット・パッカードはパソコン関連製品を開発しているアメリカの企業。デスクトップパソコンやノートパソコン、プリンターといった機器を幅広く展開しています。

プリンターは、ほとんどのモデルが複合機機能と無線LANを内蔵。安いモデルでも両面印刷機能を搭載しており、汎用性が高いのが特徴です。

1万円以下の安いプリンターおすすめモデル

エプソン(EPSON) A4インクジェットプリンター PX-K150

高速印刷で忙しい時も快適に作業が出来る

高速印刷が可能な1万円以下の安いプリンターです。一度に吐出されるインク量や吐出回数を増やした「高速MACHヘッド」を搭載。スピーディに印刷ができるのが魅力です。インクカートリッジは独立型を採用。使用頻度の高い黒には増量インクも用意されています。

また、高い耐水性を備えた顔料インクが採用されているのもポイント。普通紙でも鮮明な印刷が可能です。なお、本製品は消費電力が少ないので、電気代を節約したい場合にもおすすめ。購入時の費用だけでなく、ランニングコストが抑えられる製品を探している方はぜひチェックしてみてください。

キヤノン(Canon) PIXUS TS3330

高機能なプリンターを求める方におすすめ

スマホから操作しやすい、1万円以下の安いプリンター。Wi-Fiに接続して本体を起動できるのが特徴です。専用アプリ「Canon PRINT Inkjet/SELPHY」を使えば、スマホ内の写真はもちろん、SNSなどさまざまなものをプリントできます。

本製品は、約435×316×145mmとコンパクトなのもポイント。リビングをはじめさまざまな場所に置きやすいサイズ感です。また、モニターには1.5型のモノクロ液晶画面を採用しています。視認性に優れ、操作性しやすいのも魅力です。

ほかにも、「高解像度CISスキャナー」により、写真や雑誌など反射しやすい原稿もきれいにスキャンできるのも注目すべき点。価格が安いうえ、高機能なプリンターを求める方におすすめのモデルです。

ヒューレット・パッカード(HP) HP OfficeJet Pro 6230 プリンター E3E03A#ABJ

大容量の独立型インクカートリッジに対応

簡単操作で印刷ができる単機能タイプのプリンターです。鮮明な印刷ができる顔料インクを採用。大容量の独立型インクカートリッジに対応しているので、ランニングコストも抑えられます。

A4用紙のカラー印刷であれば、1分間に約10枚のプリントアウトが可能。スピーディに印刷できる点も魅力です。また、本製品は「自動両面印刷」機能を搭載しているので、使用する用紙を節約できます。

iPadやiPhoneを所有している方であれば、「AirPrint機能」を使って、モバイルデバイスに保存してある写真も印刷が可能。自動的にローカルネットワーク上のプリンターを検索して印刷するので、難しい設定をする必要がない点がメリットです。

ブラザー(Brother) HL-L2330D

コンパクトながら「自動両面プリント」機能に対応したプリンターです。本体サイズは幅356×奥行360×高さ183mmで、A4用紙の両面印刷に対応。用紙コストを削減できる点がメリットです。

トレイには250枚のA4用紙をセットしておけるので、用紙補充の手間を省きたい場合にも便利。一度に大量の印刷を行う場合にもおすすめです。

ライフプリント(LifePrint) PHOTO AND VIDEO PRINTER 3×4.5

画像と動画を組み合わせた「AR写真」を印刷できるモバイルフォトプリンター。専用のLifeprintアプリをダウンロードし、別売りの専用フォトシール紙をセットすることで、76×114mmの写真をプリントできます。印刷した写真をアプリを通して覗くと写真が動くのが特徴です。

また、Wi-Fi接続機能を搭載しているため、遠方にあるプリンターからでも写真を印刷できるのがポイント。1人のユーザーが複数プリンターを登録し、好きなプリンターで印刷できます。

本製品は重さが338g、サイズが160×115×28.6mmと軽量コンパクトで、持ち運びに便利なのも魅力。プレゼントにもおすすめのモデルです。

タカラトミー(TAKARA TOMY) Printoss

スマホ写真をチェキフィルムに撮影できるフォトプリンターです。別売りの富士フイルム「インスタントフィルム instax mini」をセットすることで使用が可能。スマホに映った画像を、スマホから出る光を取り入れ、本製品にセットしたチェキフィルムに転写できます。

本製品は、スマホの設定やアプリのインストールが不要。さらに、電源も不要で「フィルム排出用つまみ」を回して印刷するのみと、手動で簡単に操作できます。

また、折りたたみ時のサイズは幅130×高さ143×奥行55mmとコンパクトで、持ち運びしやすいサイズも魅力。フォトプリンターとして価格も安いので、気軽にチェキを残したい方におすすめです。

Phomemo ミニプリンター M02

コストパフォーマンスに優れた1万円以下のスマホ用プリンターです。気軽に購入できるリーズナブルな価格ながら、203dpiの解像度を備えた日本製プリントヘッドを搭載。写真は美しくきれいに、文字はくっきり見やすくプリントできます。

本体サイズは横幅86×奥行き82×高さ42mmで、重量は190g。専用アプリを使えば、スマホで撮影した写真を手軽にプリントして楽しめるのもポイントです。1000mAhの充電式バッテリーを内蔵しているので、室内はもちろん外出先でもサッと取り出して使えます。

コダック(Kodak) インスタントプリンター P210YE

シンプルで扱いやすい1万円以下のスマホ用プリンター。昇華型熱転写技術「4PASSテクノロジー」を採用しており、お気に入りの写真がきれいにプリントできます。印刷プロセスの最後にオーバーコートプリント仕上げを施すことによって、大切な写真を湿気や汚れから保護できるのも特徴です。

本体サイズは横幅133.7×高さ79.5×奥行き26.2mmで、携帯性も良好。専用アプリ「Kodak Instant Printer」を使えば、自分だけのオリジナルプリントを作成できます。

また、本製品はバッテリー内蔵モデルで、1回の充電で約20枚のプリントが可能。別売りのシール紙を用意すれば、ラベルシールのプリントにも対応できます。

シャオミ(Xiaomi) ポータブル フォトプリンター

基本性能が充実した1万円以下のスマホ用プリンターです。専用の「Mi Homeアプリ」を使えば、プリントした写真に対して、ビデオ・音声などのデータを紐づけることが可能。写真だけでは収まりきらない思い出を残すのにピッタリです。

1枚の印刷にかかる時間は約45秒で、フル充電であれば最大約20枚のプリントが可能。印刷方式はZINK印刷技術を採用しているので、インクレスでも高品質なプリントができます。

最大3台のスマホと接続できるマルチペアリングに対応しているのもポイント。家族や友人とシェアして使うのにもおすすめです。

ヒューレット・パッカード(HP) Sprocket 1AS85A#ABJ

機能性と携帯性のバランスに優れた1万円以下のプリンターです。本体サイズは横幅80×高さ118×奥行き22mmで、重量は170g。軽量コンパクトなので、気軽に持ち歩いて使えます。印刷解像度は313×400dpiで、1枚あたり約40秒でプリントが可能。

動画・写真を埋め込んでプリントできるARテクノロジーや、写真を自分好みに加工・編集できる「Sprocketアプリ」、複数のデバイスと同時接続できるマルチペアリングなど、基本性能が充実しているのも特徴です。