プリンターが自宅にないと文書や写真をすぐに印刷できないので何かと不便です。高精細印刷や高機能は不要だと考えている方にとっても、プリンターとして最低限の機能を持っているモノがあるだけで、ふとしたときに必要なモノを印刷できるため便利に使えます。

そこで今回は、1万円以下で購入できる安いプリンターをご紹介。選び方も解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

安いプリンターの選び方

単機能か複合機か

By: epson.jp

プリンターには、「単機能」と「複合機」と呼ばれる2種類のタイプが存在します。単機能のプリンターは、プリント機能のみを搭載。複合機には、プリント機能に加えてコピーやスキャンなどの機能が搭載されています。

年賀状やハガキの印刷のみに使用するのであれば、単機能タイプが便利。機能が絞られているので、操作が簡単なのがメリットです。身分証明書やビジネス資料、書籍などのコピーを取りたいのであれば、複合機がおすすめ。使用用途に合わせて必要な機能を搭載した製品を選択しましょう。

本体価格だけでなくランニングコストもチェックしよう

プリンターを購入する際は、本体価格だけでなくランニングコストもチェックしておきましょう。事前に交換用のインク価格や用紙代を確認し、購入後にかかる費用を予想しておくのがおすすめです。

インクジェットプリンターの多くは、「カートリッジ式」のインクを採用。インクカートリッジが色ごとに分かれている独立型であれば、なくなった色だけを個別に交換できるので、ランニングコストを抑えたい場合におすすめです。

トナーパウダーを熱で溶かして紙に定着させるレーザープリンターは、定期的なトナーの交換が必要。インクカートリッジに比べると高価ですが、印刷できる枚数は多めです。

用途で選ぶ

写真印刷

写真を鮮やかにプリントしたい方は、色調と発色が繊細な「染料インク」を採用したインクジェットプリンターがおすすめです。写真を印刷したときに色の再現度が高いため、自宅プリントでもきれいな写真を印刷できます。撮影した写真を友人や同僚にプレゼントすることが多い方にも、ぴったりのタイプです。

できるだけきれいに印刷したい場合は、インク色の数もチェックしましょう。インクジェットプリンターにはインクが4色・6色・8色のモノがありますが、色数が多ければ当然、色の再現性が高くきれいな写真を印刷できます。

さらに、「フチなし印刷」ができるかどうかもポイント。写真用紙のフチまで印刷したい方はチェックしてみてください。

文書印刷

レポートや書類などの文書印刷がメインの場合は、色が安定してくっきり印刷できる顔料インクを採用したプリンターがおすすめです。顔料インクは耐水性や耐光性に優れているため、大切な書類を水や光でにじませてしまうトラブルを低減できます。内容が細かいレポートや文字数が多いビジネス文書などを印刷するのにもぴったりです。

大量に文書を印刷する場合は、両面印刷の機能があるモノを選ぶと用紙コストを削減できます。ビジネス文書やプレゼン資料などを大量に印刷する機会が多い場合は、両面印刷対応モデルがおすすめです。

また、スマホやUSBメモリの文書を印刷できるかどうかも確認しておくと安心。安いモデルのなかには、ネットワーク接続が非対応だったり、USBメモリが読み込めなかったりするモノもあるため、事前に確認しておきましょう。

1万円以下のプリンターのおすすめメーカー

エプソン(EPSON)

By: amazon.co.jp

エプソンは、インクジェットプリンターの「カラリオ」シリーズで有名な情報関連機器メーカー。ハイスペックモデルから単機能モデルまで、幅広いラインナップを揃えています。

低価格モデルでも、スキャナーやコピー機能を搭載しているのも特徴。どのモデルもコンパクトなうえ、デザインがおしゃれなので人気があります。

キヤノン(Canon)

By: canon.jp

カメラやビデオなどの映像機器、プリンターや複写機などの事務機器に強みを持つキヤノン。インクジェットプリンターのピクサスは、印刷する内容に合わせて最適なモノを選べるようラインナップの幅を広げています。

カメラを手掛けていることもあり、写真印刷にこだわったモデルが多いのも特徴。シンプルなデザインと使いやすさが人気の理由です。

ヒューレット・パッカード(HP)

By: amazon.co.jp

ヒューレット・パッカードはパソコン関連製品を開発しているアメリカの企業。現在は本体の会社分割を受け、HP Inc.の日本法人として日本HPが分離・設立されました。

プリンターは、ほとんどのモデルが複合機機能と無線LANを内蔵。安いモデルでも両面印刷機能を搭載しており、汎用性が高いのが特徴です。

1万円以下の安いプリンターおすすめモデル

エプソン(EPSON) A4インクジェットプリンター PX-105

ランニングコストを抑えたい方におすすめの安いプリンターです。独立型のインクカートリッジを採用しているので、なくなった色だけを個別に交換可能。経済的なブラック増量インクも用意されています。

本製品はビジネス用に設計されており、総印刷枚数5万ページの耐久性を実現。また、有線および無線LANインターフェイスを搭載しています。Wi-Fi通信を利用して、ワイヤレスでパソコンと接続できるのもおすすめポイントです。

エプソン(EPSON) A4インクジェットプリンター PX-K150

高速印刷が可能な1万円以下の安いプリンターです。一度に吐出されるインク量や吐出回数を増やした「高速MACHヘッド」を搭載。スピーディに印刷ができるのが魅力です。また、インクカートリッジは独立型を採用。使用頻度の高い黒には増量インクも用意されています。

高い耐水性を備えた顔料インクが採用されているのもポイント。普通紙でも鮮明な印刷が可能です。本製品は消費電力が少ないので、電気代を節約したい場合にもおすすめ。購入時の費用だけでなく、ランニングコストが抑えられる製品を探している方はチェックしてみてください。

キヤノン(Canon) PIXUS TS203

手軽に使えるシンプルな機能を備えた1万円以下の安いプリンターです。染料インクと顔料インクを組み合わせたハイブリッドタイプの「4色インクカートリッジ」に対応。濃度の高い黒を使用するのでコントラストが高く、細かな文字や罫線をくっきりとプリントできます。ハガキや年賀状の宛名印刷にもおすすめです。

インクカートリッジは、標準容量タイプに加えて、大容量タイプの使用も可能。印刷する枚数や頻度に合わせて選択すれば、ランニングコストの削減も期待できます。また、本体サイズは約幅426×奥行255×高さ131mmと比較的コンパクト。省スペースで設置可能です。

本製品は、スマホやパソコンのアプリ「Easy-PhotoPrint Editor」にも対応。アプリを利用すれば、撮影した写真でシールやカードが簡単に作れます。さらに、「フチなしプリント」にも対応しているので、写真を印刷したい場合にもおすすめです。

キヤノン(Canon) モノクロレーザービームプリンター Satera LBP6030

コンパクトでさまざまな場所に設置できる1万円以下の安いプリンターです。本体サイズは幅364×奥行249×高さ199mm。トナー交換や用紙の補給は前面から行えるので、プリンターの横や背面にスペースがない場合にもおすすめです。

A4用紙の片面印刷であれば、1分間に18枚のプリントアウトが可能。定着器を素早く加熱する「オンデマンド定着方式」を採用しており、スリープ状態からのスピーディな起動も魅力です。

消費電力量は最小0.8W。プリンターの稼働状況に合わせて節電する「スリープモード」により、無駄な電力消費を抑えられます。また、ファンレス設計を採用しており、静音性に優れている点も魅力。夜間に使用する頻度が高い場合にもおすすめです。

ヒューレット・パッカード(HP) HP OfficeJet Pro 6230 プリンター E3E03A#ABJ

簡単操作で印刷ができる単機能タイプの安いプリンターです。鮮明な印刷ができる顔料インクを採用。大容量の独立型インクカートリッジに対応しているので、ランニングコストも抑えられます。

A4用紙のカラー印刷であれば、1分間に約10枚のプリントアウトが可能。スピーディに印刷できる点も魅力です。また、本製品は「自動両面印刷」機能を搭載しているので、使用する用紙を節約できます。

iPadやiPhoneを所有している方であれば、「AirPrint機能」を使って、モバイルデバイスに保存してある写真を印刷可能。自動的にローカルネットワーク上のプリンターを検索して印刷するので、難しい設定をする必要がない点がメリットです。

ヒューレット・パッカード(HP) HP Photosmart オールインワン プリンター C4486

6色のインクカートリッジに対応した、1万円以下の安いプリンターです。リーズナブルな価格ながら、「自動両面印刷」機能を搭載。使用する用紙を節約できるので、ランニングコストを抑えたい場合にもおすすめです。

本製品は、コピーやスキャンなどの機能も搭載。身分証明書のコピーや書籍のスキャンなど、幅広い用途に使える点も魅力です。

エレコム(ELECOM) モノクロレーザープリンター EPR-LS01W

置き場所を選ばない小型ボディが魅力的な安いプリンターです。A4からハガキサイズまで幅広い用紙に対応していながら、本体サイズは幅337×奥行220×高さ178mmとコンパクト。設置スペースが限られている場合にもおすすめです。

A4サイズの用紙であれば、1分間に22枚の印刷が可能。一度に大量の印刷を行う場合に便利です。また、Wi-Fi通信にも対応。スマホやタブレットとワイヤレスで接続できるのもおすすめポイントです。

ブラザー(Brother) HL-L2330D

コンパクトながら「自動両面プリント」機能に対応した安いプリンターです。本体サイズは幅356×奥行360×高さ183mmで、A4用紙の両面印刷に対応。用紙コストを削減できる点がメリットです。

トレイには250枚のA4用紙をセットしておけるので、用紙補充の手間を省きたい場合にも便利。一度に大量の印刷を行う場合にもおすすめです。

コニカミノルタ(KONICA MINOLTA) PagePro 1350W

スピーディな印刷が可能な1万円以下の安いプリンターです。A4サイズの用紙であれば、1分間に20枚の印刷が可能。一度にたくさんの資料を印刷したい方にも適しています。

本製品は、ボディの幅がスリムで設置しやすいのもポイント。デスク上や棚のスペースを有効に活用したい場合にもおすすめです。