プリンターが自宅にないと文書や写真をすぐに印刷できないので何かと不便です。高精細印刷や高機能は不要だと考えている方にとっても、プリンターとして最低限の機能を持っているモノがあるだけで、ふとした時に必要なものを印刷できるため便利に使えます。

そこでおすすめしたいのが1万円以下でも十分な機能を備えたコスパのよいプリンター。パソコンやタブレット、スマホなどから必要なものを取り出して印刷できれば、情報の確認や管理をスムーズにすることが可能です。今回は、そんな1万円以下のプリンターの選び方とおすすめの製品をご紹介します。

1万円以下のプリンターの選び方

用途で選ぶ

写真印刷

写真を鮮やかにプリントしたい方は、色調と発色が繊細な「染料インク」を採用したインクジェットプリンターを選ぶのがおすすめです。写真を印刷したときに色の再現度が高いため、自宅プリントでも満足できる写真を印刷できます。撮影した写真を友人や同僚にプレゼントするのが趣味の方も、染料インクタイプを選ぶことで相手に喜んでもらえる1枚を印刷可能です。

できるだけきれいに印刷したい場合は、インク色の数もチェックしましょう。インクジェットプリンターにはインクが4色、6色、8色のモノがありますが、6色のほうが当然色の再現性が高くきれいな写真を印刷できます。6色タイプは価格が割高ですが、型落ちモデルなどを狙えば1万円以下でも購入可能です。

「フチなし印刷」ができるかどうかもチェックしましょう。フチなし印刷の機能がないと写真の周りに白い余白が入ってしまい違和感を覚えます。フチなし印刷機能があれば、写真用紙のフチまで印刷が可能です。用紙のギリギリまで印刷したほうが見栄えがよくきれいに見えます。

文書印刷

レポートや書類などの文書印刷がメインの場合は、色が安定してくっきり印刷される顔料インクを採用したプリンターがおすすめです。顔料インクは耐水性や耐光性に優れているため、大切な書類を水や光でにじませてしまうトラブルを低減できます。また、にじみにくい特性もあるので、内容が細かいレポートや文字数が多いビジネス文書などを印刷するのにも最適です。

大量に文書を印刷する場合は、両面印刷の機能があるモノを選ぶと用紙コストをカットできます。両面印刷機能を搭載したモデルは本体価格がやや高めですが、用紙コストが半分になるためトータルコストを抑えることが可能。ビジネス文書やプレゼン資料などを大量印刷する頻度が高い場合は、両面印刷対応モデルがおすすめです。

給紙枚数も大切なチェックポイント。文章を印刷する頻度が高いなら、1度に100枚程度のA4用紙を給紙できたほうが楽に使えます。また、スマホの文書やUSBメモリの文書を印刷できるかどうかも確認しておくと安心です。かなり安いモデルの中には、ネットワーク接続が非対応だったりUSBメモリが読み込めなかったりするモノもあるため、事前によく確認しておきましょう。

複合機かどうかで選ぶ

By: amazon.co.jp

プリンターにスキャナーやコピーの機能が合体した複合機モデルは、自宅で運転免許所などのコピーを印刷したり、大切な書類をスキャンしてパソコンに保管したりするなど、さまざまな用途に使えて便利です。単なるプリンターとしてだけでなく、これらの機能があったほうが便利だと思う場合は複合機モデルを選んでおくと後悔がありません。

1万円以下のプリンターのおすすめメーカー

エプソン(EPSON)

By: amazon.co.jp

エプソンはインクジェットプリンターの「カラリオ」シリーズで有名な情報関連機器メーカー。ハイスペックモデルから単機能モデルまで広くラインナップを揃えているため、欲しい1台が見つかります。低価格モデルでもスキャナーやコピー機能を搭載しているのも特徴です。どのモデルもコンパクトでデザインがおしゃれなので人気があります。

キヤノン(Canon)

By: amazon.co.jp

カメラやビデオなどの映像機器やプリンターや複写機などの事務機器に強みを持つキヤノン。インクジェットプリンターのピクサスは、印刷する内容に合わせて最適なモノを選べるようラインナップの幅を広げています。カメラを手掛けるキヤノンだけあり、写真印刷にこだわったモデルが多いのも特徴。シンプルなデザインと使いやすさが人気の理由です。

ブラザー(Brother)

By: amazon.co.jp

名古屋市に本社があるブラザーは、プリンターやファクシミリ、ミシンなどを製造する電機メーカー。ビジネス用の複合機も手掛けているため、その技術を家庭用プリンターにも生かして使いやすさを追求したモノが多いことが特徴です。コンパクトで操作しやすいプリンターには必要な機能だけを集約し、操作性を高めています。

ヒューレットパッカード(HP)

By: amazon.co.jp

ヒューレット・パッカードはパソコン関連製品の開発しているアメリカの企業。現在は本体の会社分割を受け、HP Inc.の日本法人として日本HPが分離・設立されています。プリンターはほとんどのモデルが複合機機能と無線LANを内蔵。5000円台の安いモデルでも両面印刷機能を搭載しており、汎用性が高いのが特徴です。

1万円以下のプリンターおすすめ

エプソン(EPSON) インクジェットプリンター カラリオ PX-049A

エプソン(EPSON)  インクジェットプリンター カラリオ PX-049A

プリンターとしてだけでなく、コピーやスキャナーとしても使えるコスパのよい複合機モデルを探している方におすすめの製品。5000円台の安い価格にもかかわらず一通りの機能がそろっているので、自宅に1台あると重宝します。コンパクト設計で場所を取らないため、リビングやダイニングに設置したり狭い書斎に置いたりするのに最適です。

4色の顔料インクを採用しており、文字だけでなく絵や図もはっきり印刷できます。にじみも少なくきれいに発色するため、ポスターや文書などを自宅で印刷したい方におすすめ。ビジネス文書の印刷にも適しています。無線LAN搭載でスマホやタブレットのデータも印刷も可能。汎用性の高さとコスパのよさが魅力的なプリンターです。

キャノン(Canon) インクジェットプリンター ピクサス TS3130S

キャノン(Canon) インクジェットプリンター ピクサス TS3130S

コンパクトな本体に基本機能を集約した使い勝手のよいプリンター。コピーやスキャナーはもちろん、Wi-Fi接続でスマホの写真を印刷することも可能です。スマートスピーカー対応により音声でプリントの指示ができるため、さまざまなコンテンツを簡単に印刷できます。写真のフチなし印刷もできるので、カメラで撮影した画像をきれいに印刷したい方におすすめです。

染料インクと文字に強い顔料ブラックインクの4色インクカートリッジを搭載。黒の濃度が高いので、細かな文字や罫線もはっきり見やすく印刷できます。コピー機能では原稿とセットした用紙のサイズが違う場合に「自動変倍コピー」で用紙に収まるよう印刷できるので便利。複合機としてプリンター以外の機能も充実した汎用性の高い製品です。

キヤノン(Canon) インクジェットプリンター ピクサス TS203

キヤノン(Canon) インクジェットプリンター ピクサス TS203

プリンター機能だけを搭載したシンプルモデルを探している方におすすめの製品。コピーやスキャナー、無線LANには対応していませんが、その分コスパの高さがポイントです。染料インクと顔料ブラックインクの4色インクカートリッジを搭載し、文字や図を見やすくはっきり印刷できます。コンパクトでシンプルなデザインなので、リビングに置くのに最適です。

プリントする量や頻度に合わせてインクの量を「標準容量タイプ」または「大容量タイプ」から選べるのが便利。大量の文書印刷の際にもインクを使い分けできるので、インク切れのストレスを軽減できます。見やすさと使いやすさに配慮し、本体上部に操作ボタンを設置しているのもポイント。シンプルに使えるコスパのよいプリンターです。

ブラザー(brother) インクジェット複合機 DCP-J577N

ブラザー(brother)  インクジェット複合機 DCP-J577N

大量に文書を印刷する方におすすめの自動両面印刷対応モデル。両面印刷は用紙の使用量を半分に削減できるので、印刷コストを減らしたい方にもおすすめ。大量のビジネス文書やチラシなどの印刷に適しています。スキャナーやコピーの機能も搭載しており、家庭用としてだけでなくビジネスにも活用可能なモデルです。

染料カラーインクと顔料ブラックインクを組み合わせて、写真は鮮やかに、文字ははっきりと印刷できます。「インク節約モード」を選択すれば、カラーインクの使用量を40%カットできるので、インクの節約が可能です。Wi-Fi接続でスマホやタブレットから直接プリントできる機能も便利。家庭用としてもビジネス用としても使える汎用性の高いプリンターです。

ヒューレットパッカード(HP) インクジェットプリンター ENVY 5020

ヒューレット・パッカード(HP) インクジェットプリンター ENVY 5020

プリント・コピー・スキャナーの機能を搭載し、自動両面印刷にも対応しているモデル。汎用性が高いにも関わらず5000円台と安いのが魅力です。本体の高さが12.8cmと薄型なので、高さのない棚にもすっきりと設置できます。電源コードにはアダプターがなく、狭い場所にも設置しやすいのがポイント。本体正面は柔らかいカーブデザインで見た目もおしゃれです。

「デュアルバンドWi-Fi」により、さまざまな無線通信が飛び交う中でも自動でバンドを切り替えて安定した接続環境を保ちます。顔料ブラックインクを採用し、文字や罫線がにじみにくいので文書印刷に最適です。小さな粒子のすきまに極小サイズの粒子を入れてきめ細かく印刷する機能により、写真がきれいに仕上がります。印刷品質が高くコスパのよいモノを探している方におすすめです。

ヒューレットパッカード(HP) インクジェットプリンター OfficeJet 5220

ヒューレット・パッカード(HP) インクジェットプリンター OfficeJet 5220

高速印刷機能にスキャナーとコピーを加えたオールインワンモデル。自動両面印刷や最大35枚対応の自動ドキュメントフィーダーを搭載しているため、印刷作業を効率的に行えます。8000円台の安さにも関わらずファックス機能も搭載。自宅でオフィスやショップを経営している方におすすめのプリンターです。

Wi-Fiのセットアップはシンプルで簡単なので、購入後すぐに印刷ができます。「デュアルバンドWi-Fi」で接続環境が安定しているのもポイントです。「HP Smartアプリ」をスマホにダウンロードすれば、外出先でスキャンしたり、SNSやクラウドから印刷ができたりするので便利。欲しい機能を一通り揃えた高性能なプリンターです。

エレコム(ELECOM) モノクロレーザープリンター EPR-LS01W

エレコム(ELECOM) モノクロレーザープリンター EPR-LS01W

デスクやカウンターの上にもすっきりおさまる超コンパクト設計が特徴のモノクロレーザープリンター。Wi-Fi対応でスマホやタブレットから写真や文書を直接印刷できます。600MHzのCPUと128MBのメモリを搭載し、1分間にA4片面を22枚印刷できる高速印刷に対応しているのもポイント。一度に150枚の用紙を給紙できるので、文書を大量に印刷する方におすすめです。

給紙と排紙やトナーカートリッジ交換は本体前面から行える設計のため、狭い場所に設置してもメンテナンスが容易。OHPフィルムや各種サイズの封筒、宛名ラベル印刷にも対応し、ビジネスシーンでも便利に使えます。厚紙や薄紙の印刷も可能で、ビジネスに必要な機能が充実したハイスペックなモノクロプリンターです。