自宅用としてだけでなく、ビジネスシーンでも活躍する「A3対応プリンター」。A3対応プリンターは、撮影した写真やチラシ、資料などを印刷する機会が多い方におすすめです。しかし、一口にプリンターといってもさまざまなモデルがあり、悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、A3対応プリンターのおすすめモデルをご紹介。種類や選び方についても解説するので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

A3対応プリンターの種類

インクジェットプリンター

By: rakuten.co.jp

「インクジェットプリンター」は、熱や圧力を加えて小さな粒状にしたインクを、直接用紙に吹き付けて印刷する方式のプリンターです。高解像度で色彩表現能力も高いのが魅力。写真などをきれいに印刷したい方に適しています。また、ウォームアップにかかる時間も短いので、電源を入れてすぐに使用可能です。

インクジェットプリンターのデメリットは、レーザープリンターと比較すると印刷速度が遅いこと。さらに、インクカートリッジが小さく、頻繁に交換する必要があるため、大量の印刷が必要な用途には不向きです。仕上がり重視の方はインクジェットプリンターをチェックしておきましょう。

レーザープリンター

By: amazon.co.jp

「レーザープリンター」は、インクの代わりにトナーという粒状の色材を使用するプリンターです。静電気を帯びさせたドラムに付着したトナーを、用紙に転写することで印刷をおこなう仕組み。レーザーを利用して、文字や絵になる箇所だけにトナーを付着させるため、レーザープリンターと呼ばれています。

印刷速度の速さが魅力で、効率を求めるビジネス用途でよく使用されているタイプです。ただし、解像度は高くないので、写真などをきれいに印刷するような用途には向いていません。大量に印刷する機会が多い方はぜひ検討してみてください。

A3対応プリンターの選び方

機能をチェック

単機能

By: amazon.co.jp

プリンターを印刷用途にしか使用しない方は、「単機能」タイプのモデルがおすすめです。印刷機能に特化しているため、操作がシンプルで使いやすいのが特徴。また、FAXやスキャナーなど付加機能がない分、コンパクトで価格が安い傾向にあります。

余分な機能は不要で、写真や年賀状がきれいに印刷できるお手頃価格のプリンターを探している方におすすめです。

複合機

By: amazon.co.jp

プリンターだけでなく、FAXやスキャナー、コピーなど複数の機能を搭載している製品です。機能が多い分、単機能製品と比較して本体は大きく高価ですが、複数の作業が1台でおこなえるので便利。特に、FAXを活用している会社は存在するため、必要となる場面があります。

また、家庭用でも学校や役所へ提出する書類の控えをとるなど、コピーやスキャンをしたい場面が多い場合にも重宝します。頻繁にコンビニの複合機を利用している方にもおすすめです。

用途に合わせて画質をチェック

By: rakuten.co.jp

撮影した写真を自宅のプリンターできれいに印刷するなら、画質をチェックしておきましょう。プリンターが使用するインクの色数が6色以上のモデルなら、人物の顔色などをより豊かに再現可能です。風景やポートレートを自宅でプリントしたい場合に重宝します。

オフィスでビジネス文書の印刷を中心に使用するなら、4色を搭載したプリンターでも十分な画質で印刷可能。一般的に6色対応のプリンターは価格が高めなので、文書の印刷が中心なら、購入費用を抑えられる4色対応のプリンターがおすすめです。

印刷速度をチェック

By: amazon.co.jp

多くの書類などを印刷する方にとって、プリンターの印刷速度は重要な要素です。特にビジネスシーンでプリンターを使用する場合は、会議用の資料などを大量に印刷する必要があるので、高速印刷に対応した機種がおすすめ。

ほとんどの製品では、製品情報を見れば1分間に印刷できる枚数を確認できます。カラーとモノクロでは印刷速度が異なるため、注意が必要。印刷する枚数にもよりますが、目安としては、A4カラー文書を1分間に20枚以上印刷できるモノがおすすめです。

また、パソコンで印刷を実行してから1枚目が印刷されるまでの時間「ファーストプリント」も要チェック。待機時から印刷開始までの時間が早ければ、急に資料が必要になったときでも、すぐに対応できます。プリンターの使用頻度が高い方や、大量に印刷する機会が多い方はチェックしておきましょう。

ランニングコストをチェック

プリンターは購入してからもランニングコストがかかるため、印刷する頻度が高い方にとっては重要なポイントです。大量に印刷する方は、1枚あたりのランニングコストをチェックしておきましょう。

また、インクやトナーは消耗品なので、印刷枚数によって追加費用の差が大きくなります。特にカラーインクは比較的高価なモノが多いため、交換インクの価格も確認しておくことがポイントです。

Wi-Fi対応の有無をチェック

By: rakuten.co.jp

パソコンとプリンターをケーブルでつながなくても印刷できるのが、Wi-Fi対応のプリンター。本体にWi-Fi機能が備わっているパソコンなら、ワイヤレスでプリントできます。ケーブルの長さに関係なく、設置場所を自由に選べるのがメリットです。

また、スマホやタブレットに保存してある写真やファイルを、パソコンを使わずに印刷可能。機種によっては設定などもスマホの専用アプリからおこなえます。

Wi-Fi対応であれば複数のパソコンで1台のプリンターを簡単に共有できるので、オフィスでの使用にもおすすめです。

本体サイズをチェック

By: epson.jp

大きな用紙も印刷できるのがA3対応プリンターのメリットですが、その分本体サイズはA4対応プリンターと比べても大きくなります。せっかく購入したのに置き場所がない、といったことにならないよう、購入前にはサイズをチェックしておきましょう。

サイズ選びをする際はプリンターを実際に使用したときを想定して、給紙や排紙をできる広さがあるかシミュレーションをおこなうのがポイント。置き場所をどうしても確保できない場合は、省スペース型のコンパクトなモデルを選ぶのがおすすめです。

A3とA3ノビの違い

By: rakuten.co.jp

A3とは297×420mmの用紙サイズを表しています。一方、A3ノビはA3よりも一回り大きいサイズ。縁なし印刷できないプリンターが一般的だった頃、A3サイズをフル画面で印刷するために登場しました。A3ノビの大きさは正式に定められておらず、メーカーによってサイズが異なります。

A3ノビはビジネスで図面や設計図などを印刷する際に使用されるほか、トンボと呼ばれるマークを用紙の上下左右に記入する場合にも使用。A3サイズを全面プリントする場合にA3ノビ用紙で印刷し、余白を切り落としてA3サイズにする場合もあります。

A3対応プリンターのおすすめメーカー

エプソン(EPSON)

By: amazon.co.jp

インクジェットプリンター「Colorio(カラリオ)」シリーズで知られているエプソン。A3対応プリンターのラインナップは家庭用から業務用まで広く取り扱っており、豊富な選択肢から選べるのが特徴です。プロ写真家向けの「Proselection」や、6色のインクで豊かに色を表現する「v-edition」など、画質にこだわったモデルもあります。

また、文書印刷が主な用途で印刷コストを大幅に抑えたい方には、「エコタンク搭載モデル」がおすすめ。ビジネス用途でもコストを気にせずプリンターを使用したい方はチェックしておきましょう。

キヤノン(Canon)

By: amazon.co.jp

カメラ市場で高いシェアを有するキヤノン。インクジェットプリンター「PIXUS(ピクサス)」シリーズは、ハイブリッドインクを採用しているのが特徴です。写真に適した染料インクと、文字に適した顔料インクをどちらも搭載しており、2種類を使い分けることで用途に適したきれいなプリントに仕上がります。

A3対応プリンターは、家庭用のインクジェットプリンターから業務用のレーザープリンターまで、多くの機種をラインナップしています。

ブラザー(Brother)

By: amazon.co.jp

家庭用インクジェットプリンターとして有名な「PRIVIO(プリビオ)」シリーズを展開しているブラザー。機能性を重視した製品を数多く取り扱っています。

他社の同レベル機種と比較してランニングコストを低く抑えられるのも魅力。全体的にリーズナブルなので、コスパ優先でプリンターを選びたい方は要チェックです。

A3対応プリンターのおすすめモデル|インクジェットプリンター

エプソン(EPSON) カラリオ EP-982A3

スマホで操作できるコンパクトサイズのアイテム

使用時の本体サイズが幅479×奥行668×高さ295mmと、A3対応モデルながらコンパクトなインクジェットプリンター。本棚の上やリビングボードなど、ちょっとしたスペースを利用して設置できるのが特徴です。

前面に2段で給紙でき、背面にも手差しで給紙が可能。3WAY給紙仕様なので、用紙を入れ替える手間が省けます。また、最大90°まで角度調節可能な操作パネルが搭載されており、直感的な操作や設定がおこなえるのもポイントです。

Wi-Fiに対応しており、専用アプリをインストールすることでスマホ内の写真がプリント可能。スマホから操作できます。6色インク仕様で、グラデーションをなめらかに表現できるのも魅力です。

エプソン(EPSON) カラリオ V-edition EP-50V

A3ノビまでプリントできるインクジェットプリンター。6色インク仕様で、幅広い色再現性を実現しています。

人物や風景を自動で見分け、自然な色合いに補正する「オートフォトファイン!EX」に対応。逆光写真や色かぶりもしっかり補正し、夜景もバランスよく仕上げます。データだけでなく、紙焼き写真をキレイにコピーできるのも魅力です。

本体サイズは使用時で幅476×奥行785×高さ411mm。A3ノビ対応ながらコンパクトに使えます。また、前面にA4用紙が最大200枚、背面にA4用紙よりも大きいサイズの用紙が最大50枚給紙できるのもポイントです。

エプソン(EPSON) EW-M5610FT

ランニングコストが安く抑えられるインクジェット複合機。1枚あたりの印刷コストはA4モノクロ文書で約0.4円、A4カラー文書で約1.0円です。カラーインクは1回の交換で約6000ページ印刷でき、大量印刷に適しています。

キャップを開けて挿すだけで簡単にインクが補充できる「エコタンク」も搭載。カートリッジ交換の手間が省けるほか、手を汚すことなく注入できます。スクリュー式キャップで、ボトルの開閉が簡単におこなえるのも特徴です。

最大80°まで角度調節が可能な、2.7型タッチパネルを搭載。視認しやすいカラー液晶モニターなので、簡単に操作や設定が可能です。また、iOSが搭載されたデバイスからのプリントもできます。

エプソン(EPSON) インクジェットプリンター Proselection SC-PX1V

L版〜A3ノビまで幅広い用紙サイズに対応したインクジェットプリンターです。10色顔料インクを採用しているのが特徴。顔料インクはプリント後の安定が早いため、印刷後すぐに仕上がり状態が確認できます。テストプリントを繰り返しておこなうプロの現場におすすめのモデルです。

本体天面部には、機内用の照明も搭載。カバーを閉めたままでも印刷中の状態が把握できます。また、4.3インチのタッチパネルを搭載しているので、設定や印刷状況が容易に確認でき操作性も良好です。

A3ノビ(329mm)幅のロール紙に対応しているのも本モデルの特徴。パノラマ写真を大きなサイズでプリントしたい方にも向いています。ロール紙のセットは専用ユニットに置くだけのため、設置が簡単なのも嬉しいポイントです。

エプソン(EPSON) 写真高画質プリンター EW-M973A3T

ランニングコストを抑えながら、高画質の印刷も可能なカラーインクジェットプリンターです。ボトルから簡単に補充できる「エコタンク」を搭載。印刷コストはL判写真で約7.6円、A4カラー文書で約1.8円と高いコストパフォーマンスを有しています。

「Advanced-MSDT」技術を搭載しており、マットブラックを含めた6色の染料インクによる鮮やかで光沢感のある印刷が可能。写真だけでなく文字もくっきり出力されるため、写真のプリントから企画書、チラシまでさまざまな用途に使用できます。

自動両面印刷機能を標準搭載しており、冊子のプリントや用紙を節約したいときに便利。はがきにも対応しているので、年賀状などの印刷にも使えます。また、Wi-Fiなどで接続すれば、スマートフォンから本体を操作可能です。

キヤノン(Canon) PIXUS iX6830

染料インク4色と顔料インク5色を組み合わせている、A3対応のインクジェットプリンター。粒状感を軽減し、繊細な色合いも豊かに表現可能です。また、白黒印刷では小さな文字や罫線などもくっきりシャープに仕上げます。

撮影シーンを自動で分析し、適した補正をおこなう「自動写真補正」機能も搭載。オリジナルのよさを保ちつつ、露出不足の箇所を適した明るさに仕上げます。顔を検出すると、その人に合わせたコントラストや彩度へ仕上げられるのも特徴です。

写真の美しさと保存性を高める「ChromaLife100+」に対応。プリントした写真が色あせにくく、長く楽しめるのが魅力です。画質や利便性に優れたA3対応プリンターを探している方はぜひチェックしてみてください。

キヤノン(Canon) PIXUS iP8730

L判からA3ノビまで、さまざまな用紙サイズに対応しているインクジェットプリンター。スナップ写真や記念写真の印刷など、さまざまな用途で使用できます。また、BDやDVDのレーベル面に直接プリントすることも可能です。

本体サイズは約幅590×奥行331×高さ159mm。A3対応ながらもコンパクトなボディを実現しています。リビングに設置しても圧迫感が出にくく、スタイリッシュに配置できるのも魅力です。

無料アプリ「Canon PRINT Inkjet/SELPHY」を使用すれば、スマホやタブレット内の写真も直接プリント可能。スキャンした画像をスマホに保存できるのもポイントです。

キヤノン(Canon) TR9530

「自動両面プリント」が備わっているA3対応のインクジェット複合機。A4またはレターサイズの普通紙であれば、両面印刷できます。枚数の多い資料でも用紙代が削減でき、保管スペースも小サイズに抑えることが可能。さらに、用紙やスペースが節約できる2in1や4in1にも対応しています。

給紙口が前後にある「2WAY給紙」に対応。はがきや名刺などの印刷に便利で、用紙を都度交換する手間が省けます。DVDやCDのレーベル面にもタイトルなどが直接印刷できるのもポイントです。

キヤノン(Canon) インクジェットプリンター PRO-G1

10色の「LUCIA PROインク」を搭載した、A3対応のインクジェットプリンターです。顔料インクに加え透明インクの「クロマオプティマイザー」を採用しているのが特徴。幅広い色域や繊細な階調表現ができるだけでなく、透明インクでコーティングすることにより表面の光沢を均一化できます。また、A3ノビ1枚を約2分50秒でプリントできるため、効率的に作業が進められます。

「Wi-Fi & 自動電源オン」機能を搭載しているのも本モデルの特徴。スマホやパソコンからプリント指示を送るだけで自動的に電源が入るので、プリンターの場所へ歩いていく必要がありません。ただし、排紙トレイはあらかじめ手動で開いておく必要があるため留意しておきましょう。

A3ノビ対応の高画質モデルながら約幅639×奥行379×高さ200mmと非常にコンパクト。機能性だけでなく、設置のしやすさにも優れたおすすめのモデルです。

ブラザー(Brother) MFC-J6583CDW

作業や出力の待ち時間が短縮できる、A3対応のインクジェットプリンター。1分間にA4カラーが約20ページ、A4モノクロが約22ページ印刷できます。また、インクジェットで約15万ページと高い耐久性を実現しており、長く愛用できるのも魅力です。

本製品は、1段に250枚の用紙が入れられる大容量カセットを搭載。一度に大量のデータがプリントできます。さらに、「自動両面プリント」に対応しているので、用紙が節約できるのもポイントです。

ブラザー(Brother) MFC-J6999CDW

インク交換の手間が大幅に省けるA3対応インクジェットプリンター。カラーが約5000枚、ブラックが約6000枚印刷できる大容量のインクカートリッジが備わっています。1枚あたりのコストがカラー約4.1円、モノクロ約0.8円と安いのも特徴です。

1分間にA4カラーが約20ページ、A4モノクロが約22ページの高速印刷を実現。また、パソコンを介さず、USBメモリにあるデータをダイレクトでプリントアウトできるなど、利便性も兼ね備えています。

最大250枚の用紙が入れられる大容量トレイを3段搭載。紙補充の手間が省けます。また、多目的トレイを備えているのもポイント。L判からA3にまで対応し、A3までなら最大100枚、はがきなら最大50枚の用紙がセットできます。

ブラザー(Brother) HL-J6000CDW

1枚目の印刷をすぐにおこなえる「高速ファーストプリント」機能を搭載した、A3対応インクジェットプリンター。カラーの場合約6.0秒、モノクロの場合約5.5秒でプリント可能です。待ち時間を減らせるので、短い間隔で複数回印刷をおこなう方に適しています。

カートリッジのインク残量を印刷可能枚数で表示できるのも魅力。サブタンクも備えられているため、インク残量が切れたあとも約200枚印刷できます。加えて、カラーの場合1枚あたり約4.1円、モノクロの場合約0.8円とランニングコストが低いのも嬉しいポイントです。

カートリッジやトレイは製品前面に搭載。オフィスの高い場所に設置しても、ラクに補充・交換がおこなえます。お手入れしやすい製品がほしい方はチェックしてみてください。

ヒューレット・パッカード(HP) HP OfficeJet 7110 CR768A#ABJ

専用のアプリ「HP Smart」と連携できるA3対応インクジェットプリンター。本体の操作をスマホでおこなえるだけでなく、スキャンした画像をメールに添付したり、SNSに投稿された写真を印刷したりできるのが魅力です。インク残量も確認可能なので、プリンターまで移動する手間を省けます。

普通紙での印刷でもにじみにくい全⾊顔料インクが採⽤されているのもポイント。はっきりとした読みやすい文字で、書類などをプリントしたい方に適しています。給紙容量は普通紙が250枚、フォト用紙が60枚、封筒が30枚と大容量。印刷用紙の交換頻度を抑えたい方にもおすすめです。

A3対応プリンターのおすすめモデル|レーザープリンター

エプソン(EPSON) A3カラーページプリンター LP-S8180

毎日大量の印刷をおこなうオフィスにおすすめの、A3対応プリンターです。カラー・モノクロとも毎分約35枚の高速プリントが可能。合計495枚の用紙がセットできるため、頻繁に用紙補給をする手間がかかりません。また、90万ページの優れた耐久性を有しているのも魅力です。

ランニングコストが安いのも本モデルの特徴。カラーは1枚あたり約12.4円、モノクロなら約3.1円でプリントできます。

さらに、Wi-Fi接続に対応しているのもポイント。LANケーブルの配線を気にせず設置場所が決めやすいので便利です。2.4GHzと5GHzのデュアルバンドに対応しており電波干渉が発生しにくいため、安定した通信ができます。

キヤノン(Canon) モノクロレーザービームプリンター Satera LBP442

最小幅76.2mmの用紙から、最長1200mmの長尺ポスターまで幅広い用紙に対応するA3対応のモノクロレーザープリンター。オプションカセットを3段増設することで、最大2000枚を給紙できるのもポイントです。

スリープモード時の消費電力最小0.9W。使用しないときは、自動でスリープモードに切り替わるのもポイントです。また、急にプリントが必要になったときにはすぐに立ち上がるため、スムーズに作業できます。

WindowsやMac OS、Linuxなど幅広いOSに対応。オフィスで異なるOSが混在する場合でも導入できます。本体サイズは幅514×奥行532×高さ303mmで、オフィスなどでの使用におすすめです。

キヤノン(Canon) Satera モノクロレーザービームプリンター LBP441e

高速印刷が可能なモノクロレーザープリンターです。スリープ状態からリカバリーするまでは3.8秒以下で、ファーストプリントもA4モノクロ6.3秒と、スピーディーに作業ができます。連続印刷も1分あたりA4普通紙33枚と高速です。

給紙容量は標準でカセットに250枚、手差しトレイに100枚入ります。さらに、オプションカセットを3段まで増設可能。最大で2000枚給紙でき、大量印刷したい方にもおすすめです。また、手差しトレイからは最長1200mmの長尺印刷が可能です。

ランニングコストは3.0円。データ処理解像度が1200dpiと高画質で、細かい文字や罫線を滑らかにくっきり再現できます。プリンターを使用しないときは、自動でスリープモードに切り替わり、最小0.9Wまで消費電力が落ちる省電力設計なのもポイントです。

キヤノン(Canon) カラーレーザービームプリンター Satera LBP853Ci

最長1200mmの長尺からB6ハーフサイズまで、さまざまなサイズの用紙が扱えるA3対応レーザープリンター。POPの作成からポスターの印刷まで、幅広い用途で使用できます。

A4普通紙のカラー・モノクロともに、毎分46枚の高速印刷が可能。大量の資料やレポートもすぐにプリントアウトできます。また、ファーストプリントは最短5.5秒を実現。急に資料が追加で必要になった場合にもすぐに対応できます。

チルト式の液晶パネルを搭載しており、使用者の目線に合わせて角度を3段階に調節可能です。操作部は入力しやすいテンキー仕様になっているのも魅力。認証印刷時にパスワードが設定できるなど、セキュリティ面も良好です。

キヤノン(Canon) モノクロ レーザープリンター Satera LBP8100

モノクロ印刷に特化した単機能モデルです。コスパのよいA3対応レーザープリンターを探している方におすすめ。1分間に30枚の高速プリントが可能なため、効率的に業務が進められます。

高い拡張性を備えているのも特徴です。オプションのペーパーフィーダーを増設することで、標準250枚の給紙能力を最大2000枚まで拡張可能。大量の印刷が必要になるオフィスに重宝します。

一体型のトナーカートリッジを採用しているのもポイント。消耗品の管理や交換が容易です。メンテナンスがしやすい製品を探している方はチェックしてみてください。

富士ゼロックス(Fuji Xerox) DocuPrint C3450 d II

A3用紙使用時で幅499.5×奥行き606×高さ422mmのレーザープリンター。フルフロントアクセス設計により、左右のスペースを広く取る必要がなく、限られたスペースに設置して使用できます。

オプションのトレイモジュールを使用することで最大2505枚の給紙も可能。ハガキなどの定形から1200mmの長尺まで扱えます。

さらに、スリープモード時の消費電力はわずか0.9W。ランニングコストを抑えつつ使用できます。また、トナーの使用量がセーブ可能な「トナー節約機能」を搭載。通常モード込みで4段階の濃さから使用目的に応じて選択することで、トナーの消費量が節約できるのも特徴です。

富士ゼロックス(Fuji Xerox) モノクロプリンター DocuPrint 3200 d N3300050

コンパクトサイズのモノクロレーザープリンターです。大きさは幅499.4×奥行388×高さ262.6mmで、A3使用時は奥行が518mm。重さは消耗品込みで約18.6kgと、A3対応のレーザープリンターとしてはコンパクトなのが特徴です。

1分間に片面32枚の高速印刷が可能。また、ファーストプリントは7.5秒とスピーディーです。120万枚までの印刷にも耐えられる設計のため、業務用の使用にも適しています。

給紙は、標準で250枚のカセットトレイと手差しトレイ100枚の合計350枚です。オプションでトレイを3段まで増やせるので、合計で2000枚まで給紙が可能。大量に印刷する際に便利です。

トナーセーブ機能が4段階で調節できるため、用途に応じて細かく変更可能。社内文書など高い画質を必要としない場合は、トナーの消費量を節約できます。

日本電気(NEC) Color MultiWriter 9600C PR-L9600C

ファーストプリントがカラー約5.5秒、モノクロ約4.2秒の、A3対応レーザープリンター。急に印刷が必要になったときにも、迅速に処理できます。電源を入れてから約17秒で使用可能となり、スリープモードからは約15秒で復帰するのも特徴です。

ハガキなどの定形から1200mmの長尺紙まで、さまざまなサイズの用紙が扱えるのもポイント。また、150万ページが印刷でき、高耐久性を有しているのも魅力です。

リコー(RICOH) A3 カラープリンター SP C740

コンパクトで高速プリントが可能なカラーレーザープリンターです。本体の描画機構にLED方式を採用しているため、大きさは幅449×奥行552×高さ360mmと小型化を実現。また、カラー・モノクロともに連続出力速度は1分あたり35枚、両面印刷の場合でも1分あたり27枚と高速です。

LCDパネルはカナ表記だけでなく漢字にも対応。ヘルプボタンを押すと、文字とアニメーションでわかりやすく表示します。突然の紙詰まりなどトラブル時も安心です。また、フロントカバーの開閉が可能であるため、紙詰まりやトナー交換をスムーズにおこなえます。

カラートナーが切れてしまった場合も、ブラックトナーがあればモノクロで代替印刷が可能です。カラートナー切れによる業務のストップを防ぎます。

沖データ(OKI) モノクロLEDプリンター B801n

手に入れやすい価格のモノクロレーザープリンターです。毎分35ページの高速印刷が可能で、ファーストプリントも5秒以内とスピーディー。また、オプションで自動両面印刷にも対応しています。

ランニングコストは1枚あたり約3.4円です。給紙容量は標準でカセットトレイに580枚、手差しトレイに110枚と大容量。オプションで最大1850枚まで給紙を増やせます。

シンプルな構造のため、紙詰まりを起こしても、詰まった紙を取り除きやすいのが特徴です。スリープモード時には0.9Wまで下がる省電力仕様も搭載。機能的なプリンターを探している方はチェックしてみてください。

沖データ(OKI) モノクロLEDプリンター B821n-T

低コストで使用できるレーザープリンターです。印刷コストはA4の場合で2.9円と低額。給紙容量も標準で1270枚と大容量のため、大量に印刷する場合に向いています。高耐久仕様により120万ページの印刷に耐えられるのもメリットです。

印刷速度は毎分35ページと高速。オプションで自動両面印刷にも対応しており、両面印刷時も毎分30ページで出力できます。

解像度は最大600×2400dpiのため、高速でも高精細なプリントが可能。また、シンプルな構造で、紙詰まりを起こしても復旧しやすいのも特徴です。

A3対応プリンターのAmazonランキングをチェック

A3対応プリンターのAmazonの売れ筋ランキングをチェックしたい方はこちら。