ホームユースだけでなく、ビジネスシーンでも活躍する「A3対応プリンター」。A3対応プリンターは、撮影した写真やチラシ、資料などを大量に印刷する機会が多い方におすすめです。ただし、プリンターといってもさまざまなモデルがあり、悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、A3対応プリンターのおすすめモデルをご紹介。種類や選び方についても解説するので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

A3対応プリンターの種類

インクジェットプリンター

By: amazon.co.jp

熱や圧力を加えて小さな粒状にしたインクを直接用紙に吹き付けて印刷する方式のプリンターです。高解像度で色彩表現能力の高さが魅力。写真などをきれいに印刷したい方に適しています。また、ウォームアップにかかる時間も短いので、電源を入れてすぐに使い始めることが可能です。

ただし、レーザープリンターと比較すると印刷速度が遅く、インクカートリッジを頻繁に交換する必要もあるため、大量の印刷が必要な用途には不向き。仕上がり重視の方はチェックしておきましょう。

レーザープリンター

By: rakuten.co.jp

インクの代わりに「トナー」という、粒状の色材を使用するプリンターです。高電圧をかけて静電気を帯びさせたドラムに付着したトナーを、用紙に転写することで印刷を行う仕組み。レーザーを利用して、文字や絵になる箇所のトナーだけをドラム上に残しているため、レーザープリンターと呼ばれています。

印刷速度の速さが魅力で、効率を求めるビジネス用途でよく使用されているタイプです。ただし、解像度は高くないので、写真などをきれいに印刷するような用途には向いていません。大量に印刷する機会が多い方はチェックしておきましょう。

A3対応プリンターの選び方

機能をチェック

単機能

By: amazon.co.jp

プリンターを印刷用途にしか使用しない方は、単機能タイプのモデルがおすすめです。印刷機能に特化しているため、操作がシンプルで使いやすいのが特徴。また、FAXやスキャナーなど付加機能がない分、コンパクトで価格が安いのも魅力です。

余分な機能は不要で、写真や年賀状が綺麗に印刷できるお手頃価格のプリンターを探している方におすすめです。

複合機

By: amazon.co.jp

プリンターだけでなく、FAXやスキャナー、コピーなど複数の機能を搭載している製品です。機能が多い分、単機能製品と比較して本体は大きくなり高価ですが、複数の作業が1台で行えるので便利。特に、FAXはメールが普及している昨今においても会社間のやり取りで活用されているため、ビジネス用途には欠かせません。

また、家庭用でも学校や役所へ提出する書類の控えをとるなど、コピーやスキャンをしたい場面が多い方は複合機があると便利。頻繁にコンビニの複合機を利用している方にもおすすめです。

用途に合わせて画質をチェック

By: amazon.co.jp

撮影した写真を自宅のプリンターできれいに印刷するなら、画質をチェックしておきましょう。プリンターの色数が6色以上のモデルなら、人物の顔色などの微妙な色を忠実に再現できます。風景やポートレートを自宅で写真プリントしたいという方におすすめです。

オフィスでビジネス文書の印刷を中心に使用するなら、4色を搭載したプリンターでも十分な画質で印刷できます。一般的に6色対応のプリンターは価格が高めなので、文書の印刷が中心ならば、購入費用を抑えられる4色対応のプリンターがおすすめです。

印刷速度をチェック

By: rakuten.co.jp

毎日多く印刷する方にとってプリンターの印刷速度は重要な要素です。特にビジネスシーンでプリンターを使用する場合は会議用の資料などで大量に印刷する必要があるので、高速印刷に対応した機種がおすすめ。

製品情報では1分間に印刷できる枚数を確認できます。カラーとモノクロでは印刷速度が異なるため、注意が必要。A4カラー文書を1分間に20枚以上印刷できれば快適な使用が可能です。

また、パソコンで印刷を実行してから1枚目が印刷されるまでの時間「ファーストプリント」も要チェック。待機時から印刷開始までの時間が早ければ、急に資料が必要になったときでも対応できます。プリンターの使用頻度が高い方や大量に印刷する機会が多い方はチェックしておきましょう。

ランニングコストをチェック

プリンターは購入してからもランニングコストがかかるため、印刷する頻度が高い方にとっては重要なポイントです。インクやトナーは消耗品なので月に数枚程度の印刷ならば心配は不要ですが、印刷枚数によって追加費用の差が大きくなります。

特にカラーインクは価格が高くなりがちなので、交換インクの価格も確認しておくことがポイント。大量に印刷するという方なら1枚あたりのランニングコストを必ずチェックしておきましょう。

Wi-Fi対応の有無をチェック

By: amazon.co.jp

パソコンとプリンターをケーブルでつながなくても印刷できるのがWi-Fi対応のプリンター。本体にWi-Fi機能が備わっているパソコンならばワイヤレスでプリントできます。ケーブルの長さと関係なくプリンターを置くことができ、設置場所を自由に選べるのがメリットです。

また、スマートフォンやタブレットに保存してある写真やファイルを、パソコンを使わなくても手軽に印刷可能。機種によっては設定などもスマートフォンの専用アプリで行えます。

Wi-Fi対応であれば複数のパソコンで1台のプリンターを簡単に共有できるので、オフィスなどでの使用にもおすすめです。

本体サイズをチェック

By: epson.jp

大きな用紙も印刷できるのがA3対応プリンターのメリットですが、その分本体サイズはA4対応プリンターと比べても大きくなります。せっかく購入しても設置できない可能性があるため、購入前にはサイズをチェックしておきましょう。

サイズ選びをする際はプリンターを実際に使用したときを想定して、給紙や排紙をできる広さがあるかシミュレーションを行うのがポイントです。

置き場所をどうしても確保できない場合は、省スペース型のコンパクトなモデルを選ぶのがおすすめです。

A3とA3ノビの違い

By: rakuten.co.jp

A3とは297×420mmの用紙サイズを表しています。一方A3ノビは、A3よりも一回り大きいサイズ。縁なし印刷ができないプリンターが一般的だった頃、A3サイズをフル画面で印刷すべく登場しました。A3ノビの大きさは正式に定められておらず、メーカーによってサイズが異なります。

A3ノビはビジネスで図面や設計図等を印刷する際に使用される場合が多く、「トンボ」と呼ばれるマークを用紙の上下左右に記入する場合にも使用。A3サイズを全面プリントする場合にA3ノビ用紙で印刷し、余白を切り落としてA3サイズにする場合もあります。

A3対応プリンターのおすすめメーカー

エプソン(EPSON)

By: amazon.co.jp

インクジェットプリンター「Colorio(カラリオ)」シリーズで知られているエプソン。A3対応プリンターのラインナップは家庭用からプロ写真家向け、業務用まで広く取り扱っており、豊富な選択肢から選べるのが特徴です。

他社と比べて印刷コストは若干高めですが、上位シリーズ「V-edition」や「Proselection」は画質と共に印刷コストが改善されているので、写真を多く印刷する方にもおすすめです。

また、文書印刷が主な用途で印刷コストを大幅に抑えたい方には、「エコタンク搭載モデル」もラインナップされています。ビジネス用途でもコストを気にせずプリンターを使用したい方はチェックしておきましょう。

キヤノン(Canon)

By: amazon.co.jp

カメラ市場で高いシェアを誇るキヤノン。A3対応プリンターでも、家庭用のインクジェットプリンターから業務用のレーザープリンターまで、多くの機種をラインナップしています。

インクジェットプリンター「PIXUS(ピクサス)」シリーズは、ハイブリッドインクを採用しているのが特徴です。主に写真の印刷に使用される5色の染料インクに加えて、にじみに強く文字を鮮明に印刷できる黒色の顔料インクを搭載。2種類の黒色を写真と文書の印刷で使い分けることで、用途に適したきれいなプリントに仕上がります。

他社と比較すると1枚当たりの印刷コストが安いことも特徴。紙面は誇張の少ない自然な色合いが特徴ですが、人肌が健康的な明るい色で出力されるので、人物写真を印刷する際にも適しています。

ブラザー(Brother)

By: rakuten.co.jp

エプソン、キヤノンに次ぐ国内市場シェアを有するブラザー。家庭用インクジェットプリンターとしては「PRIVIO(プリビオ)」シリーズを展開しているのが特徴です。なお、A3以上の用紙サイズでの印刷が可能なモデルは、オフィス向けのビジネス複合機のみになります。

他社の同レベル機種と比較してランニングコストを低く抑えられるのが魅力。全体的にリーズナブルなので、コスパ優先でプリンターを選びたい方は要チェックです。

A3対応プリンターのおすすめモデル|インクジェットプリンター

エプソン(EPSON) カラリオ V-edition EP-50V

プリンター機能のみを搭載した単機能タイプのA3対応インクジェットプリンターです。カラー・モノクロともに高画質で印刷できるうえ、低ランニングコストが魅力。インクと用紙代の合計コストはL判で約12.7円と、コストを気にせずに印刷したい方におすすめのモデルです。

A3ノビに対応しながらもコンパクトなサイズが特徴。写真用紙を20枚セットできる背面連続給紙など、使い勝手に優れています。無線LAN内蔵でスマホと連携できるのも便利。無料アプリを活用すれば、スマホに保存している画像をワイヤレスで印刷できます。

エプソン(EPSON) インクジェット複合機 カラリオ EP-982A3

A3対応モデルながら、コンパクトサイズが特徴のインクジェットプリンター。前面2段給紙と背面1枚手差しの3WAY給紙タイプで、使用するたびに用紙を入れ替える手間を省けるおすすめモデルです。6色インクの採用により、デジカメやスマホで撮影した写真を高画質で印刷できます。

Wi-Fiを内蔵しており、Bluetooth対応機器で使用する2.4GHzのほか、5GHzにも対応。電波干渉の少ない安定した通信を可能にしています。スマホアプリを活用すればセットアップやコピー、メンテナンスなどをスマホで操作・確認できるのも便利です。

エプソン(EPSON) A3ノビ インクジェット Proselection SC-PX5VII

色空間の精度を高めた「Epson UltraChrome K3インク」を搭載したA3対応インクジェットプリンターです。従来のK3インクよりも黒の深度が向上した立体的な表現力が特徴。写真の印刷で高画質にこだわりたい方におすすめのモデルです。

L判写真で約37秒とスピーディーなのが魅力で、A3ノビサイズにも対応しています。無線LANも搭載しており、スマホとプリンターをワイヤレスで接続可能。無線LANがない環境でも、スマホのWi-Fi機能を使ってワイヤレス接続できます。

エプソン(EPSON) A3カラーインクジェット複合機 EW-M970A3T

スキャンやコピー機能を搭載した複合機タイプのA3対応インクジェットプリンターです。A3サイズのポスターやPOP、学校の教材づくりなどにおすすめ。前面2段+背面3WAY給紙により、異なるプリント用紙を使用するたびに入れ替える手間を省けます。

大容量インクタンク「エコタンク」を搭載し、1回のインク交換でA4カラー文書約5000ページを印刷可能。A4カラー文書1枚あたり約1.3円の低ランニングコストも魅力の1台です。

キヤノン(Canon) A3インクジェット複合機 TR9530

A3プリントにくわえ、A4コピーとA4スキャンを搭載した複合機タイプのインクジェットプリンターです。5色ハイブリッドインクを採用し、多彩なカラープリントに対応。色鮮やかなPOPやチラシを作成したい場合におすすめのモデルです。

A3プリント対応ながら、コンパクトボディの省スペース設計が特徴。無線LANと有線LANに対応しており、設置場所が限られている場合にも重宝します。スマホと接続して多彩なプリントを楽しめる無料アプリ「Canon PRINT Inkjet」により、さまざまな使い方を楽しめるのも注目ポイントです。

キヤノン(Canon) インクジェットプリンター PIXUS IP8730

染料系と顔料系の6色ハイブリッドインクを採用しているA3対応インクジェットプリンターです。最高解像度9600×2400dpiの高密度プリントヘッド「FINE」を搭載し、色鮮やかな高画質プリントを実現。美しい写真を手軽に印刷したい方におすすめのモデルです。

使用後に電源が切れる「自動電源オフ機能」により、切り忘れを防いで無駄な電力消費を削減。時間設定は6パターンから選択できます。プリンターの動作音を抑える「サイレントモード」で、夜中に作業しやすいのも便利です。

ブラザー(Brother) A3インクジェットプリンター HL-J6000CDW

大容量のインクカートリッジを搭載したA3対応インクジェットプリンター。カラーならば約5000枚、ブラックのみならば約6000枚のA4プリントができ、インク交換の手間を大幅に削減できます。約15万ページの印刷が可能な高耐久性も特徴。大量に印刷するビジネス用としておすすめのモデルです。

1分間にA4カラー約20ページ、A4モノクロ約22ページの高速プリントが可能。オフィスの作業効率をアップさせたい場合に適しています。無線LANと有線LANに対応しているほか、USBメモリーから直接プリントすることも可能です。

ブラザー(Brother) インクジェットプリンター PRIVIO MFCJ5630CDW

1枚目の印刷時間がカラーで約6秒と、高速ファーストプリントを実現しているA3対応インクジェットプリンターです。モノクロなら約5.5秒の高速ファーストプリントが可能。オフィスの効率化を図って生産性を高めたい場合におすすめのモデルです。

カラー約6.0円、モノクロ約1.3円の低ランニングコストも魅力。カラー約1500枚、ブラック約3000枚の大容量インクカートリッジの搭載により、インク交換の手間を省けるため便利です。1段250枚の大容量カセットを備えており、一度に大量に資料を作成したいときに役立ちます。

A3対応プリンターのおすすめモデル|レーザープリンター

エプソン(EPSON) A3対応 カラーページプリンター LP-S7160

A3対応のカラーレーザープリンターです。毎分30枚のレーザープリンターならではの高速プリントが特徴。オフィスの生産性を上げたいと考えている方におすすめのモデルです。約60万ページのプリントができる高耐久性も魅力。標準で495枚の用紙をセットできる大容量給紙も実現しています。

1200dpiの高解像度により、精細で色鮮やかな写真プリントが可能。小さな文字や図面を鮮明にプリントでき、質の高いプレゼン資料の作成に活躍します。

キヤノン(Canon) レーザープリンター Satera LBP853Ci

両面・片面ともに毎分46ページの高速プリントを実現しているA3対応カラーレーザープリンター。グラフや画像の入った文書はカラー、社内資料はモノクロの両面印刷を選択するなど、生産性向上とコスト削減を両立できるおすすめモデルです。

定着器を瞬時に加熱する「オンデマンド定着方式」による、すばやい立ち上がりが特徴。ファーストプリント約5.5秒と、急ぎのプリントアウトにスピーディーな対応が可能です。最大6WAY3320枚の大容量給紙を可能にしているのも魅力。給紙の手間を大幅に減らせて、オフィスの効率化をサポートします。

キヤノン(Canon) レーザープリンター Satera LBP442

プリント時間1枚約6.3秒の高速プリントを可能にしているA3対応モノクロレーザープリンターです。スリープ状態からのリカバリータイムも4秒以下を実現。さらに、オプションカセットを3段まで増設でき、最大5WAY2000枚の大量給紙でスムーズな業務進行をサポートするおすすめモデルです。

プリンターを使っていない状態では、自動でスリープモードに切り替わって無駄な電力消費を抑制。クイックウェイクアップ機能によって、急ぎのプリントアウトにもスムーズに対応します。両面ユニット内蔵タイプながら、高さ303mmの省スペース設計にくわえてトナー交換を前面からできるため、デスク下などの狭いスペースにも設置可能です。

リコー(RICOH) レーザープリンター SP 6410

自動両面印刷機能を搭載したA3対応レーザープリンター。ファーストプリント6.5秒以下を実現しており、急ぎの書類作成に対応できるおすすめモデルです。1200×1200dpiの高解像度印刷が可能なほか、最大120万ページもの印刷ができる高耐久設計で安心して使えます。

無線LANと有線LANに対応し、スマホに保存している書類ファイルや写真を印刷可能。iPhoneやiPadのiOSに標準搭載されているプリント機能「Apple AirPrint」にも対応しています。

リコー(RICOH) A3カラーレーザープリンター SP C740 512761

コンパクトボディが特徴のA3対応カラーレーザープリンターです。描画機構にLED方式を採用し、LEDヘッド部と感光体ドラムの間隔を短くしてマシンの小型化に成功。最小クラスの設計面積と凸凹のないフラットな背面により、さまざまな場所に設置しやすいおすすめモデルです。

カラーレーザープリンターとしては安い価格設定ながら、高機能なのも魅力。毎分連続出力速度35枚の高速プリントと毎分27ページ分の高速両面印刷は、急ぎの資料作りで役立ちます。ファーストプリントはカラー・モノクロともに9.5秒のスピーディーさでストレスを感じにくいのもポイントです。

日本電気(NEC) A3対応カラープリンター 9010C2

幅499.5×奥行538mmのコンパクトなA3対応レーザープリンターです。用紙交換や消耗品の交換、紙詰まり処理を前面から操作可能。オプションの両面印刷ユニットも本体内蔵型で、狭いスペースに設置できるモデルを探している方におすすめです。

独自のタンデムエンジンと中間転写ベルトの採用により、用紙の搬送距離を短くして高速印刷を実現。カラー・モノクロともに毎分25ページの高速連続印刷を可能にしています。

沖データ(OKI) A3カラーLEDプリンター COREFIDO C835dnw

装置寿命7年、100万ページの高耐久性が魅力のA3対応カラーレーザープリンターです。標準給紙430枚、オプション使用で最大2750枚の給紙が可能。ファーストプリント約6.3秒を実現しているなど、オフィス業務のスピード化と効率化を図りたい場合におすすめのモデルです。

スリープモード時の消費電力が0.7W以下の省エネ性も特徴。1枚あたりカラー約11.7円、モノクロ約2.8円と、ランニングコストを抑えられる点もポイントです。無線LANを搭載しており、プリンターの共有や印刷ジョブ管理に便利なGoogleクラウドプリントにも対応しています。