ホームユースだけでなく、ビジネスシーンでも活躍する「A3対応プリンター」。A3対応プリンターは、撮影した写真を印刷したい方やチラシ、資料などを多く印刷する機会が多い方におすすめです。ただし、ひと口にプリンターといってもさまざまなモデルがあり、どれを選べばいいか悩んでしまうのではないでしょうか。

そこで今回は、A3対応プリンターのおすすめモデルをご紹介します。種類や選び方についても解説するので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

A3対応プリンターの種類

インクジェットプリンター

By: amazon.co.jp

熱や圧力をかけて小さな粒状にしたインクを直接用紙に吹き付けて印刷する方式のプリンターです。高解像度で色彩表現能力の高さが魅力。そのため写真など、綺麗に印刷をしたい方に適しています。また、ウォームアップにかかる時間も短いので、電源を入れてすぐに使い始めることが可能です。

ただし、レーザープリンターと比較すると印刷速度が遅く、インクカートリッジを頻繁に交換する必要もあるため、大量の印刷が必要な用途には向いていません。仕上がり重視の方はチェックしておきましょう。

レーザープリンター

By: rakuten.co.jp

インクの代わりに「トナー」という、粉状の色材を使用するプリンターです。高電圧をかけて静電気を帯びさせたドラムに付着したトナーを、用紙に転写することで印刷を行う仕組み。レーザーを利用して、文字や絵になる箇所のトナーだけをドラム上に残しているため、レーザープリンターと呼ばれています。

印刷速度の速さが魅力で、効率を求めるビジネス用途などでよく使用されているタイプです。ただし、解像度は高くないので、写真などを綺麗に印刷するような用途には向いていません。大量に印刷する機会が多い方はチェックしておきましょう。

A3対応プリンターの選び方

機能をチェック

単機能

By: amazon.co.jp

プリンターを印刷用途にしか使用しないという方は、単機能タイプのモデルがおすすめです。印刷機能に特化しているため、操作がシンプルで使いやすいのが特徴。また、FAXやスキャナーなど付加機能がついていない分、コンパクトで価格が安いのも魅力です。

余分な機能は必要なく、写真や年賀状が綺麗に印刷できるお手頃価格のプリンターを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

複合機

By: amazon.co.jp

プリンターだけでなく、FAX・スキャナー・コピーなど複数の機能を搭載している製品です。機能が多い分、単機能製品と比較して本体は大きくなり価格も高くなってしまいますが、複数の作業が1台で行えるので便利。特にFAXはメールが普及している昨今においても、会社間のやり取りで多用されている伝送方法のため、ビジネス用途にはかかせません。

また、ホームユースでも学校や役所へ提出する書類の控えをとるなど、コピーやスキャンをしたい場面が多い方は複合機があると便利。頻繁にコンビニの複合機を利用している方にもおすすめです。

用途をチェック

写真作品の印刷

By: amazon.co.jp

写真印刷にこだわりたい方はA3対応専用機プリンターがおすすめ。プリント機能のみに特化しているので、色の再現性が優れており、細部まで豊かな発色で高精細に印刷できます。また、専用機はA3よりも大きなA3ノビで印刷できるモノもあるため、写真のクオリティをさらに高めるのにも最適です。

一方、L判やハガキ、名刺などの小さいサイズの印刷にも幅広く対応。印刷用途に応じて用紙の大きさを選択できるのもポイントです。専用機は全体的に写真の印刷性能に優れていますが、コピー機能やスキャナー機能も使いたい場合はA3対応インクジェット複合機を選びましょう。

ビジネス文書の印刷

By: amazon.co.jp

ビジネス用途でチラシや資料などの文書を頻繁に印刷する場合は、A3対応インクジェット複合機がおすすめ。特に高品質モデルであれば、文字がはっきり印刷できるほか、にじみも少なく仕上がります。

また、複合機にはコピー機能やファックス機能も搭載。ペーパーレス化が進んでいるとはいえ、まだまだ紙面化の需要はあるので、コンビニに駆け込む機会が多いという方はチェックしておきましょう。

インク・トナーをチェック

染料インク

By: amazon.co.jp

透明感のある鮮やかな色彩を発するのが染料インクの特徴です。染料インクは印刷時に用紙に染み込む性質があり、光沢感があるのもポイント。写真印刷をする際に活用するインクです。

ただし、染料インクは水に弱く、濡れると文字や絵がにじみやすいので注意が必要。また、インクが乾燥して用紙に色が定着するまで時間がかかり、乾燥前後では色の見え方が異なる点も考慮しておきましょう。

顔料インク

By: amazon.co.jp

高精細な色再現と豊かな階調性を表現できるのが顔料インクの特徴です。染料インクでは表現が難しい、落ち着いた作風の作品でも重厚感のあるプリントが制作できます。また、印刷時にインクが用紙の表面にしっかり定着する方式なので、インクが浸透できる用紙を選ぶ染料インクと違って、使える用紙の幅が広いのも特徴。

顔料インクは速乾性があり、早く色が安定するため、レタッチやテストプリントという作業が多い方にもおすすめです。また、水濡れに強く、文字もはっきり印刷できるので文書印刷にも適しています。

トナー

By: amazon.co.jp

トナーはインクと同様「ブラック」「シアン」「マゼンダ」「イエロー」の色を備える、プリンター用の色材です。用紙への定着性がよく、滲みにくいのが特徴。また、印刷速度が速く、カラー印刷をする場合でも特別な用紙を必要とせず、普通紙が使えるといったメリットもあります。

一方、細かな色の表現は苦手なので、写真の印刷などには向いていません。速い印刷スピードやさまざまな種類の用紙に対応できるメリットを活かし、文書や図などを頻繁に印刷するビジネスユースに適しています。

印刷コストをチェック

A3対応インクジェットプリンターでは、プリント1枚当たりに必要な印刷コストも重要。A4プリンターよりも印刷可能な面積が大きいため、インクの消耗が比較的早く、ランニングコストも平均して高めです。一般的に、プリンターの本体価格が安いほど相対的に交換インクカートリッジの価格が高く、印刷コストが高くなる傾向があります。

インクカートリッジには、黒色とそれ以外の色に分かれた「一体型」と、各色が分かれている「独立型」があります。一色でもなくなったら全てを交換しなければならない一体型に対し、独立型では空になった色だけを補充できるので、後者のほうが効率的です。

なお、最近は大容量の「エコタンク」を搭載したモデルもあり、頻繁に印刷を行う方や定期的に大量印刷を行う方であれば経済的でおすすめです。

印刷速度をチェック

By: amazon.co.jp

一度に多くの枚数を印刷する方にとって、印刷速度は気になるポイントです。特に効率化が求められるビジネスの現場では非常に重要。一般的にプリンターの印刷速度は1枚の印刷に要する時間、もしくは1分間で印刷できる枚数を「ipm」という単位で表します。

メーカーのウェブサイトやカタログでは、「カラー印刷約18秒(L判)」「モノクロ印刷約15ipm(A4)」などのような目安が記載されているのでチェックしておきましょう。また、カラーなのか白黒なのか、頻繁に使用するモードにおける速度を比較しておくことも大切です。

A3対応プリンターのおすすめメーカー

エプソン(EPSON)

By: amazon.co.jp

インクジェットプリンター「Colorio(カラリオ)」シリーズで知られているメーカー。A3対応プリンターのラインナップは家庭用からプロ写真家向け、業務用まで広く取り扱っており、豊富な選択肢から選べるのが特徴です。

他社と比べて印刷コストは若干高めですが、上位シリーズ「V-edition」や「Proselection」は画質と共に印刷コストが改善されているので、写真を多く印刷する方にも経済的。

また、文書印刷が主な用途で印刷コストを大幅に抑えたい方には「エコタンク搭載モデル」もラインナップされています。ビジネス用途でもコストを気にせずプリンターを使用したい方はチェックしておきましょう。

キヤノン(Canon)

By: amazon.co.jp

カメラ市場で高いシェアを誇るメーカー。A3対応プリンターでも家庭用のインクジェットプリンターから業務用のレーザープリンターまで多くの機種をラインナップしています。

インクジェットプリンター「PIXUS(ピクサス)」シリーズはハイブリッドインクを採用しているのが特徴。主に写真の印刷に使用される5色の染料インクに加えて、にじみに強く文字を鮮明に印刷できる黒色の顔料インクを搭載。2種類の黒色を写真と文書の印刷で使い分けることで、用途に適したきれいなプリントに仕上がります。

他社と比較すると1枚当たりの印刷コストが安いことも特徴。紙面は誇張の少ない自然な色合いが特徴ですが、人肌が健康的な明るい色で出力されるので、人物写真を印刷する際にも良好です。

ブラザー(Brother)

By: amazon.co.jp

キヤノン、エプソンに次ぐ、国内市場シェアをもつプリンターメーカーです。家庭用インクジェットプリンターとしては「PRIVIO(プリビオ)」シリーズを展開。なお、A3以上の用紙サイズでの印刷が可能なモデルは、オフィス向けのビジネス複合機のみになります。

他社の同レベル機種と比較してランニングコストが低く抑えられるのが特徴。全体的にリーズナブルなので、コスパ優先でプリンターを選びたい方は要チェックです。

A3対応プリンターのおすすめモデル|インクジェットプリンター

エプソン(EPSON) カラリオ EP-979A3

エプソン(EPSON) カラリオ EP-979A3

自宅で使うのに最適なインクジェットプリンターです。A3用紙の手差しプリントに対応。普段使いはA4で十分でも、たまにお気に入りの写真を大きなサイズで印刷したい、といった方におすすめのモデルです。

パソコンがなくても、余白の設定や色補正などの編集ができるのもポイント。独自の「高画質染料6色インク」を採用しているため、簡単かつきれいに印刷ができます。

また、印刷用のテンプレートが充実しているのも魅力。年賀状・バースデーカード・ディスクレーベルなど、オリジナルアイテムが手軽に作れます。専用アプリ「Epson iPrint」をダウンロードすることで、スマホやタブレットから直接印刷することが可能。家族みんなで楽しく使える、おすすめのプリンターです。

エプソン(EPSON) ビジネス向け インクジェット複合機 PX-M5080F

エプソン(EPSON) ビジネス向け インクジェット複合機 PX-M5080F

L判からA3ノビサイズまでの印刷に対応したプリンターです。ビジネスの現場で重宝する、スキャン・コピー・FAX機能も搭載しています。価格も手頃なため、SOHOの方にもおすすめ。トンボ付きのA3原稿を縮小せずに印刷できるので、POPやカタログ作成が簡単に行えます。

最大で250枚セット可能なフロントカセットを装備。用紙を頻繁に補給する手間が省けるため、仕事のロスを最小限に抑えられます。また、ブラックインクは大容量タイプを採用しており、大量にモノクロ印刷をする際に便利です。

利用者制限機能を搭載しているのもポイント。マネージャー・スタッフ・アルバイトなど、利用者ごとに使える機能を制限できます。マネージャーはフル機能、アルバイトは印刷のみといった使い方ができるため、セキュリティー面でも安心です。

エプソン(EPSON) Proselection SC-PX7V2

エプソン(EPSON) Proselection SC-PX7V2

8色のインクカートリッジを搭載したA3対応のプリンターです。オレンジやブルーなど、一般のインクジェットプリンターでは使用していない色のインクも採用。景色や人の肌を美しく再現することができるため、クリエイターにおすすめのモデルです。

顔料系インクを使用しており、用紙への定着性のよさと優れた色再現性が魅力。インクは透明樹脂で1粒1粒コーティングされているため、空気中のオゾンや光で劣化しにくく、大切な作品を長期間保存できます。また、印刷前後での色変化も少ないので、シビアな色補正が必要なプロの現場に最適です。

キヤノン(Canon) A3インクジェット複合機 TR9530

キヤノン(Canon) A3インクジェット複合機 TR9530

A3プリントに対応したカラープリンターです。POPやメニューといった、店舗などで使用する大判の販促物が簡単に印刷できるため、ビジネスにおすすめ。コンパクトサイズなので置き場所に困ることがなく、スペースを有効に活用できます。

独立したインクカートリッジを採用。カラーごとに交換が可能なため、インクが無駄なく使用できて便利です。インクは染料系4色に加え、顔料系ブラックの「5色ハイブリッド」構成を採用しています。写真印刷は鮮やかに、小さな文字や細い罫線はくっきりと印刷できるのが魅力です。

ADF(自動原稿送り装置)を搭載しているのも特徴。最大20枚の原稿がセットできるため、複数の原稿をまとめてコピーしたい時に重宝します。

キヤノン(Canon) インクジェットプリンター PIXUS PRO-100S

キヤノン(Canon) インクジェットプリンター PIXUS PRO-100S

鮮やかな光沢感と発色性に優れた、染料系8色インクを搭載しているプリンターです。写真家が感じた世界を忠実に再現することが可能。自慢の写真を作品レベルでプリントしたい、プロやアマチュア写真家におすすめのモデルです。

黒色系インクには「ブラック」「グレー」「ライトグレー」の3色を採用。モノクロ写真の印刷においても、非常に滑らかな階調表現を行うことが可能です。L判から最大A3ノビまで、幅広い用紙サイズに対応。

また、通常の写真用紙だけでなく、半切・厚紙などの特殊用紙がセットできる手差しトレイも装備しているため、用途に応じてさまざまな種類の用紙を使い分けることが可能です。

ブラザー(Brother) A3インクジェット複合機 MFC-J6583CDW

ブラザー(Brother) A3インクジェット複合機 MFC-J6583CDW

コンパクトなボディーが特徴のA3対応プリンター。インクジェット方式でありながら、約15万ページと高い耐久性を誇るオフィスにおすすめのモデルです。「自動両面印刷機能」を搭載しており、紙資源の節約ができて便利。

カラーで約1500枚、ブラックで約3000枚の印刷が可能な大容量インクカートリッジを搭載しているため、頻繁に交換する手間が省けます。万が一、カラーインクが切れてしまっても、最長約30日間のモノクロ印刷が可能。交換用インク入手までの間も、必要最小限のプリントやコピーができて便利です。

最大で250枚の用紙を収納可能なトレイは、A4・A3どちらにも対応できる伸縮式を採用。同じサイズで大量の印刷をしたい時に重宝する、おすすめのプリンターです。

ブラザー(Brother) A3インクジェット複合機 MFC-J6983CDW

ブラザー(Brother) A3インクジェット複合機 MFC-J6983CDW

250枚の用紙が格納可能なトレイを2段搭載したプリンターです。大量の印刷をする際に便利なほか、上段にA4下段にA3といったように別サイズの用紙をセットしておけば、毎回用紙を交換する手間が省けます。

効率が求められるビジネスの現場におすすめのモデルです。最大50枚対応のADF(自動原稿送り装置)を搭載しているため、大量にコピーする時にも重宝します。2段の用紙トレイだけでなく、多目的トレイを搭載しているのもポイント。L判やA3といった普通の用紙に加え、長形3号や角形2号といった、ビジネスでよく使用される封筒をセットすることも可能です。

スマホやタブレット端末を活用した印刷方法も充実。スマホを本モデルにタッチするだけで印刷できる「NFC」機能や、オフィスにWi-Fi環境がなくてもスマホから直接印刷可能な「Wi-Fi Direct」機能など、さまざまな印刷方法に対応しているのも本モデルの魅力です。

ブラザー(Brother) A3インクジェット複合機 MFC-J6997CDW

ブラザー(Brother) A3インクジェット複合機 MFC-J6997CDW

FAX機能を搭載したA3対応のプリンターです。受信したFAXの内容が、クラウドサービスを通じて共有できたり、メールでスタッフに転送できたりと便利に活用できるのが魅力。注文書や発注書の送受信など、FAXでのやり取りが多いビジネスにおすすめのモデルです。

タッチ操作に対応した3.7型液晶パネルを備えており、受信FAXの内容を確認して必要なものだけ印刷するといった使い方ができます。不要なものを印刷しないので、用紙やインク費用を節約することが可能です。

カラーで約5000枚、ブラックで約6000枚の印刷が可能な、大容量インクカートリッジを採用。頻繁に交換する必要がなく、交換も簡単なので仕事を止める時間を最小限に抑えられる、おすすめのプリンターです。

A3対応プリンターのおすすめモデル|レーザープリンター

エプソン(EPSON) A3カラーページプリンター LP-S6160

エプソン(EPSON) A3カラーページプリンター LP-S6160

高速で印刷できるのが特徴のA3対応カラーレーザープリンターです。カラー・モノクロどちらのモードでも1分間に25枚の印刷が可能なため、大量に印刷をするオフィスにおすすめ。1200dpiと高解像度なので、細かな文字や複雑な図面などもきれいに印刷することが可能です。

1GBの大容量メモリを搭載しているのもポイント。複数のスタッフから送られる大量の印刷データも余裕で蓄えられるため、パソコンの印刷完了待ち時間を最小限に抑え、業務を停滞させません。サイズは499.5×538×422mmとコンパクトなので、置き場所に困らずオフィススペースの有効活用が図れます。

フロントアクセス構造の採用による、メンテナンス性のよさも本モデルの魅力。トナーカートリッジの交換や紙詰まりの処理などが、裏側に回り込まずにできるので便利です。

エプソン(EPSON) A3カラーページプリンター LP-S8160

エプソン(EPSON) A3カラーページプリンター  LP-S8160

1分間に32枚の高速印刷が可能なA3レーザープリンターです。有線LAN「1000BASE-T」に対応。大容量データを、スピーディーに印刷する必要のあるオフィスにおすすめのモデルです。また、印刷データは暗号化して送受信するため、ネットワーク環境下におけるセキュリティー面でも安心して使用できます。

90万ページの高耐久性も魅力。毎日大量の印刷を行うオフィスをしっかりとサポートしてくれます。標準仕様で495枚、オプションの給紙ユニットを使用することで、最大2505枚の用紙をセットすることが可能。用紙切れによる補給時間のロスを、最小限に抑えてくれる、おすすめのモデルです。

エプソン(EPSON) A3モノクロレーザープリンター LP-S2200

エプソン(EPSON) A3モノクロレーザープリンター LP-S2200

本製品はモノクロ印刷専用のレーザープリンターです。1分間に29枚印刷可能な高速エンジンを搭載しているため、大量のモノクロ印刷が必要なビジネスにおすすめのモデル。本体には標準で16MBのメモリーを実装しており、パソコンの印刷待ちロスを最小限に抑えられます。

また、メモリーは最大272MBまで増設できるため、事業の拡大に合わせて拡張していくことが可能です。「モノクロ視認性向上機能」を搭載しているのもポイント。文字や図がカラーの印刷データでも、モノクロで見やすいように自動で補正し印刷してくれるので便利です。

キヤノン(Canon) A3カラーレーザープリンター Satera LBP841CS

キヤノン(Canon) A3カラーレーザープリンター Satera LBP841CS

ランニングコストの安さが魅力のA3レーザープリンターです。カラーで約11.1円/枚、モノクロで約2.8円/枚と印刷コストが安いため、毎日大量にプリントが必要なオフィスの経費削減にもおすすめのモデル。標準と大容量、2サイズのトナーカートリッジがラインナップされており、使用状況に合わせて選ぶことが可能です。

長尺印刷に対応した、手差しトレイを装備しているのも特徴。最長で1200mmの用紙に印刷ができるため、ポスターなどの販促ツールが社内で作成できて便利です。ドラム一体型のトナーカートリッジを採用。消耗部品の点数が少なく、交換が容易なのも本モデルの魅力です。

キヤノン(Canon) A3モノクロレーザープリンター Satera LBP441e

キヤノン(Canon) A3モノクロレーザープリンター Satera LBP441e

本製品はモノクロ印刷専用のA3レーザープリンターです。1200dpiと高画質のため、小さな文字や細かな図形も鮮明にプリントできます。A4用紙1枚を、約6.3秒で印刷できるスピードも魅力。オフィスの生産性向上にも活躍します。

用紙トレーは3段まで増設可能なため、最大2000枚の用紙がセットできます。また、「スリープモード」を搭載しているのもポイント。使用していない時には自動で切り替わり、最小0.9Wまで消費電力を抑えるため、省エネにも役立ちます。スリープモードからの復帰も速いので、急に印刷が必要なシーンでも、スムーズに業務をこなすことが可能です。

リコー (RICOH) A3カラーレーザープリンター SP C740 512761

リコー (RICOH) A3カラーレーザープリンター SP C740 512761

事務機器や光学機器の製造・販売で有名なリコーのA3レーザープリンターです。世界最小と謳われているコンパクトボディーが特徴。小さなスペースにも設置できるため、SOHOにもおすすめのモデルです。描画機構にレーザーではなく、LEDを採用することで小型化を実現しています。

カラー・モノクロとも、1分間に35枚の高速印刷が可能。両面印刷でも27枚プリントできるため、印刷枚数が多いほど時間短縮効果が見込めます。コンパクト設計ながら、60万ページと耐久性の高さも魅力。出力枚数の多いオフィスに最適のモデルです。

沖データ(OKI) A3モノクロプリンタ COREFIDO2 B801N

沖データ(Oki Data) A3モノクロプリンタ COREFIDO2 B801N

本製品はモノクロ専用のA3レーザープリンターです。装置寿命が120万ページまたは5年という、高耐久性が特徴。大量の印刷が必要なビジネスに、おすすめのモデルです。プリントヘッドにLEDを採用しており、600×2400dpiの高画質印刷が可能。小さな文字や細い罫線もはっきりとプリントできます。

毎分35枚の高速印刷に対応しているため、ビジネスの効率化にも最適です。コンパクトなボディーに、最大で1850枚の用紙がセット可能。毎日大量の印刷をするオフィスでも、頻繁に用紙を補充する手間が省けます。

無償で提供されるユーティリティーソフト「smart PrintSuperVision」が利用できるのもポイント。部門毎に利用コストの算出が行えるため、予算配分やコスト削減に役立ちます。また、ユーザー毎に印刷枚数の記録ができるので、私的印刷など不正プリントの抑制にもなり便利。コストを抑えつつビジネスシーンで使用したい方におすすめのモデルです。