家庭に1台あるといろいろと便利なプリンター。最近ではハガキの印刷や写真プリントなど、活用方法が広がっています。ビジネスでも情報のデジタル化が進んでいるとはいえ、紙のアウトプットは欠かせません。

最近ではA3対応プリンター複合機の本体サイズがコンパクトになり、購入しやすくなっています。そこで今回は、数あるA3対応プリンター複合機の中からおすすめの機種をご紹介。最適な1台を選んで、プリンターをフルに活用しましょう。

A3サイズのプリンターって必要?

By: amazon.co.jp

プリンターといえばA4サイズに対応した機種が一般的です。通常の公的な文書はA4用紙に統一されており、ハガキもA4対応プリンターがあれば印刷できます。それでもA3対応プリンター複合機が1台あるとB4サイズやA4見開きサイズの印刷ができて便利です。

A3用紙での印刷が必要となる頻度はそれほど多くありませんが、A4サイズ対応のプリンターではB4サイズやA4見開きサイズの印刷ができません。A3対応プリンター複合機があればA3用紙からハガキまで、幅広い用途に対応できます。

A3対応プリンターがおすすめな方

写真を大きく印刷したい方

By: amazon.co.jp

最近では、多くの方がスマートフォンで写真を撮り、気軽にブログやSNSなどで公開しており、さらに、撮った写真をプリンターで印刷して楽しむ方も増えています。撮影したきれいな風景の写真を、大きく引き伸ばして飾りたい場合、A4サイズより大きなB4サイズやA3サイズの用紙に印刷すると迫力が増すのでおすすめです。

A3対応プリンター複合機は、普段からスマートフォンやデジタルカメラで撮影をしており、自慢の写真を印刷して残したいという方におすすめです。

ビジネス用途でA3印刷を多用する方

By: amazon.co.jp

社内での報告書などはA4用紙に印刷できれば十分ですが、社外との文書ではA3印刷が必要な機会も数多くあります。契約書やプレゼン資料などではA3印刷が求められ、A4プリンターでは対応できません。

A3印刷が年に1~2回程度でしたら出力サービスを利用すれば問題ありませんが、頻繁に使用する場合は社内にA3対応プリンターがある方が効率的です。

また、A4版のパンフレットもA3サイズが印刷できれば社内で簡単に作成が可能。パンフレットのページを見開きで両面印刷し、二つ折りにすれば見栄えのよいモノができます。

A3サイズよりひと回り大きな「A3ノビ」と呼ばれるサイズもあり、A3ノビを使用したい場合は、プリンターが対応しているかを購入する際に確認しておきましょう。

A3対応プリンター複合機の種類

A3プリンター

By: amazon.co.jp

印刷だけできるA3プリンターは低価格な製品が多く販売され、「単機能プリンター」とも呼ばれ、印刷機能しか必要ないという方におすすめです。本体がコンパクトなモノや高解像度に対応したものなど、機能が特化しているという特徴があります。

A3プリンター複合機

By: amazon.co.jp

印刷に加えてスキャナー、コピー機、ファックスなどの機能を追加しているのがA3プリンター複合機です。1台に複数の機器を集約できるので、一般家庭や小規模のオフィスでの限られたスペースを有効活用できます。また、それぞれを別々に購入するよりもリーズナブルなので、導入コストが削減できるのもメリットです。

A3対応プリンター複合機の選び方

印刷方式で選ぶ

一般に普及しているプリンターは大きく分けてインクジェット方式とレーザー方式があり、使い方によって向き不向きがあるので、選ぶ際は注意が必要です。ここではそれぞれの特徴をご紹介します。

インクジェット

By: amazon.co.jp

インクジェット方式のプリンターは、インクを用紙に直接噴きつけることで印刷します。色の再現性が高く、解像度も高いのが特徴で、きれいなカラー印刷に最適。デジタルカメラで撮った画像を専用の用紙に印刷すれば、手軽に写真としても残せます。

反面、1枚当たりの印刷時間が長いので、一度に大量の印刷をするのには不向きです。また、印刷にはインクカートリッジが必要で、使用頻度が多いとカートリッジの交換回数が増え、カートリッジ代がかかります。印刷頻度の少ない一般家庭向けにおすすめなのがインクジェット方式のプリンターです。

レーザー

By: amazon.co.jp

レーザー方式のプリンターは、トナーを噴きつけた筒状のドラムを用紙に押し付けて印刷します。1枚当たりのプリントアウトが速いのが特徴で、大量の印刷が必要な際は時間の節約が可能。トナーは、カートリッジ式に比べ交換回数が少なく済むので、多くの書類を印刷する企業におすすめです。

レーザー方式のプリンターは繊細な色の表現は難しく、写真プリントには向いていません。ただし、トナーを紙に直接転写させるので、色がにじみにくいというメリットがあります。

A3対応プリンター複合機のおすすめモデル|写真向け

エプソン(EPSON) A3カラーインクジェット複合機 EWM970A3T

インクカートリッジの交換コストを削減したA3対応プリンター複合機です。一般的なインクジェット方式のプリンターは、専用のインクカートリッジをプリンターにセットして印刷します。

インクカートリッジは小さいためインクの容量が少なく、頻繁に印刷をする方は常に交換用のインクカートリッジを用意する必要があるのがデメリットです。

しかし、このプリンターは「エコタンク」を搭載しており、インクカートリッジを交換する手間を省けます。印刷をしていてインクが切れたら、インクタンクにインクを注入すれば補充は完了です。

インクタンクは大容量なため、満タンにすればA4カラーの文書を約5,000枚印刷可能。家庭でのスモールビジネスで多くの印刷が必要な方にもおすすめのA3対応プリンター複合機です。

A3印刷に対応しながら幅52.6×奥行き41.5×高さ16.8cmと省スペース設計で、家庭での使用も置き場所に困りません。無償保証期間が3年間あるのも安心です。

ブラザー(Brother) A3インクジェット複合機 PRIVIO MFC-J6973CDW

一般家庭や小規模オフィスにおすすめのコンパクトなA3対応プリンター複合機です。白と黒を基調にしたボディはお部屋に置いても違和感がありません。

A3ノビサイズの印刷にも対応しながら、本体の大きさが約55.3×43.3cmと限られたスペースでも設置が可能。コンパクトですが2段の給紙トレイに最大500枚の印刷用紙をセットできるので、用紙の補充の手間も軽減できます。

印刷機能に加えてコピーとスキャナー、ファクス機能が備わっているので、1台あればさまざまな業務に対応が可能。スキャナーはA3用紙の両面を自動で読み込めるので、作業を効率的に進められます。

操作はすべてタッチパネルで行え、画面上のアイコンをタッチすれば簡単に設定できるので、複数の方が使用するオフィスでも困りません。家庭からオフィスまで使いやすいA3対応プリンター複合機としておすすめです。

A3対応プリンター複合機のおすすめモデル|ビジネス向け

エプソン(EPSON) A3カラーインクジェット複合機 EW-M5071FT

ビジネスできれいなカラー印刷が必要という方におすすめのA3対応プリンター複合機です。インクジェット方式ですが「エコタンク」を搭載しているので、一度インクを満タンまで補充すればインクの交換なしで約6,000ページのカラー印刷が可能。

インクカートリッジの在庫を気にしなくても、突然のインク切れで業務が止まる心配がありません。大量に印刷をするオフィスでは、消耗品の在庫管理が軽減できるのもメリット。

印刷サイズは最大でA3ノビサイズのプリントにも対応し、仕事でカタログやA3サイズのPOPの作成などに便利です。印刷コストもA4サイズ1枚当たりカラーが約0.8円、モノクロが約0.4円と低価格なので、インク代を気にすることなく印刷できます。

操作パネルや排紙トレイなどを堅牢に設計しており、オフィスの現場でも故障が少なくおすすめのA3対応プリンター複合機です。

エプソン(EPSON) A3カラーインクジェット複合機 PX-M5081F

オフィス使用で導入コストを抑えたいという方におすすめの低価格なA3対応プリンター複合機です。A3ノビサイズのプリントにも対応しながら4万円以下で購入できるので、初期コストが気になる小規模のオフィスでも負担になりません。

本体には4.3型の見やすいカラータッチパネルを搭載し、スマートフォンの画面のように直感的な操作が可能です。面倒な初期設定も図解でわかりやすく表示。紙詰まりなどのトラブルの際も、対応手順を解説する動画があるので、マニュアルを取り出して調べる必要がありません。

通常使用で約15万ページの印刷が可能な耐久性は、使用頻度の高いオフィスでも安心です。用紙カセットが2段あり、合計500枚の紙を本体に装填できて、用紙切れによる業務中断のリスクを軽減できます。

印刷に加えてスキャン、コピー、ファクス機能も使えて、コストパフォーマンスに優れたオフィス向けのおすすめのA3対応プリンター複合機です。

ブラザー(Brother) A3インクジェット複合機 MFC-J6995CDW

手軽なインクカートリッジ方式で、ランニングコストを抑えたA3対応プリンター複合機です。A4サイズ1枚当たりの印刷で、カラーが約4.0円、モノクロが約0.9円の低コストを実現。

インクカートリッジは大容量なモノを搭載し、A4サイズの用紙で約1,500枚のカラー印刷が可能です。カートリッジを交換する手間が省けて仕事を中断する回数が減らせます。

操作はすべて本体の正面で可能。USBスロットも備えているので、USBメモリーに入ったデータを直接印刷できます。

最大でA3ノビサイズを印刷でき、パンフレットの作成など多くのビジネスシーンで活用が可能。印刷に加えてコピー、スキャナー、ファクス機能も利用でき、オフィスにおすすめのA3対応プリンター複合機です。

ブラザー(Brother) A3インクジェット複合機 MFC-J6580CDW

インクジェット方式で高速印刷を実現したA3対応プリンター複合機。1分間にA4カラーを約20ページ印刷可能で、大量の書類印刷を必要とするビジネスシーンでの効率がアップします。

1枚あたり約6.0秒でカラー印刷ができるのも魅力です。コピー機能は最大で連続30枚までセットでき、効率的な業務進行が可能。耐久性能は約15万枚を印刷できるので、オフィスで毎日使用しても安心です。

印刷は最大A3ノビサイズまで対応し、コピー、スキャナー、ファクス機能も搭載して4万円以下で購入可能。インクジェット方式で再現性の高い色を実現しながら高速で印刷できる、コストパフォーマンスの高いおすすめのA3対応プリンター複合機です。

沖データ(OKI) A3カラーLED複合機 MC843DNW

オフィス使用で印刷枚数が多く、連続印刷のスピードを重視するのであればこちらのA3対応プリンター複合機がおすすめ。カラーとモノクロ共に、A4サイズを1分間に約23枚のスピードで印刷できます。

ビジネスで毎日のように大量の資料を印刷する必要があっても、業務の進行を妨げません。用紙1枚の印刷コストも、A4サイズのカラーが約11.7円、モノクロが約2.8円。印刷スピードの速さとランニングコストのバランスのよいプリンターです。

レーザープリンターのレーザー発生部をLEDに置き換えることで、本体の小型化を実現しています。A3サイズに対応しながら本体サイズが56.3×60cmと、設置場所を確保しやすい設計。

プリンターに加えてスキャナーとコピーの機能が備わっているので、オフィスの限られたスペースを有効活用できます。購入後に5年間の無償保証が付いてくるので、ビジネスでも安心して使用できるA3対応プリンター複合機です。