ホームユースだけでなく、ビジネスシーンでも活躍する「A3対応プリンター」。A3対応プリンターは、撮影した写真を印刷したい方やチラシ、資料などを多く印刷する機会が多い方におすすめです。ただし、ひと口にプリンターといってもさまざまなモデルがあり、どれを選べばいいか悩んでしまうのではないでしょうか。

そこで今回は、A3対応プリンターのおすすめモデルをご紹介します。種類や選び方についても解説するので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

A3対応プリンターの種類

インクジェットプリンター

By: amazon.co.jp

熱や圧力をかけて小さな粒状にしたインクを直接用紙に吹き付けて印刷する方式のプリンターです。高解像度で色彩表現能力が高いのが魅力。そのため、写真などを綺麗に印刷したい方に適しています。また、ウォームアップにかかる時間も短いので、電源を入れてすぐに使い始めることが可能です。

ただし、レーザープリンターと比較すると印刷速度が遅く、インクカートリッジを頻繁に交換する必要もあるため、大量の印刷が必要な用途には向いていません。仕上がり重視の方はチェックしておきましょう。

レーザープリンター

By: rakuten.co.jp

インクの代わりに「トナー」という、粉状の色材を使用するプリンターです。高電圧をかけて静電気を帯びさせたドラムに付着したトナーを、用紙に転写することで印刷を行う仕組み。レーザーを利用して、文字や絵になる箇所のトナーだけをドラム上に残しているため、レーザープリンターと呼ばれています。

印刷速度の速さが魅力で、効率を求めるビジネス用途でよく使用されているタイプです。ただし、解像度は高くないので、写真などを綺麗に印刷するような用途には向いていません。大量に印刷する機会が多い方はチェックしておきましょう。

A3対応プリンターの選び方

機能をチェック

単機能

By: amazon.co.jp

プリンターを印刷用途にしか使用しない方は、単機能タイプのモデルがおすすめです。印刷機能に特化しているため、操作がシンプルで使いやすいのが特徴。また、FAXやスキャナーなど付加機能が付いていない分、コンパクトで価格が安いのも魅力です。

余分な機能は必要なく、写真や年賀状が綺麗に印刷できるお手頃価格のプリンターを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

複合機

By: amazon.co.jp

プリンターだけでなく、FAX・スキャナー・コピーなど複数の機能を搭載している製品です。機能が多い分、単機能製品と比較して本体は大きくなり価格も高くなってしまいますが、複数の作業が1台で行えるので便利。特に、FAXはメールが普及している昨今においても、会社間のやり取りで多用されている伝送方法のため、ビジネス用途にはかかせません。

また、家庭用でも学校や役所へ提出する書類の控えをとるなど、コピーやスキャンをしたい場面が多い方は複合機があると便利。頻繁にコンビニの複合機を利用している方にもおすすめです。

用途をチェック

写真作品の印刷

By: amazon.co.jp

写真印刷にこだわりたい方は、A3対応専用機プリンターがおすすめ。プリント機能のみに特化しているので、色の再現性が優れており、細部まで豊かな発色で高精細に印刷できます。また、専用機はA3よりも大きなA3ノビで印刷できるモノもあるため、写真のクオリティをさらに高めたい方は検討してみてください。

一方、L判やハガキ、名刺などの小さいサイズの印刷にも幅広く対応。印刷用途に応じて用紙の大きさを選択できるのもポイントです。専用機は全体的に写真の印刷性能に優れていますが、コピー機能やスキャナー機能も使いたい場合は、A3対応インクジェット複合機を選びましょう。

ビジネス文書の印刷

By: amazon.co.jp

ビジネス用途でチラシや資料などの文書を頻繁に印刷する場合は、A3対応インクジェット複合機がおすすめ。特に高品質モデルであれば、文字がはっきり印刷できるほか、にじみも少なく仕上がります。

また、複合機にはコピー機能やファックス機能も搭載。ペーパーレス化が進んでいるとはいえ、まだまだ紙面化の需要はあるので、コンビニに駆け込む機会が多い方はチェックしておきましょう。

インク・トナーをチェック

染料インク

By: amazon.co.jp

透明感のある鮮やかな色彩を発するのが染料インクの特徴です。染料インクは印刷時に用紙に染み込む性質があり、光沢感があるのもポイント。写真印刷をする際に活用するインクです。

ただし、染料インクは水に弱く、濡れると文字や絵がにじみやすいので注意が必要。また、インクが乾燥して用紙に色が定着するまで時間がかかり、乾燥前後では色の見え方が異なる点も考慮しておきましょう。

顔料インク

By: amazon.co.jp

高精細な色再現と豊かな階調性を表現できるのが顔料インクの特徴です。染料インクでは表現が難しい、落ち着いた作風の作品でも重厚感のあるプリントが制作できます。また、印刷時にインクが用紙の表面にしっかり定着する方式なので、インクが浸透できる用紙を選ぶ染料インクと違って、使える用紙の幅が広いのも特徴。

顔料インクは速乾性があり、早く色が安定するため、レタッチやテストプリントという作業が多い方にもおすすめです。また、水濡れに強く、文字もはっきり印刷できるので文書印刷にも適しています。

トナー

By: amazon.co.jp

トナーはインクと同様「ブラック」「シアン」「マゼンダ」「イエロー」の色を備える、プリンター用の色材です。用紙への定着性がよく、滲みにくいのが特徴。カラー印刷をする場合でも特別な用紙を必要とせず、普通紙が使えます。また、印刷速度が速い点もメリットです。

一方、細かな色の表現は苦手なので、写真の印刷などには向いていません。速い印刷スピードやさまざまな種類の用紙に対応できるメリットを活かし、文書や図などを頻繁に印刷するビジネスユースに適しています。

印刷コストをチェック

A3対応インクジェットプリンターでは、プリント1枚当たりに必要な印刷コストも重要。A4プリンターよりも印刷可能な面積が大きいため、インクの消耗が比較的早く、ランニングコストも平均して高めです。一般的に、プリンターの本体価格が安いほど相対的に交換インクカートリッジの価格が高く、印刷コストが高くなる傾向があります。

インクカートリッジには、黒色とそれ以外の色に分かれた「一体型」と、各色が分かれている「独立型」があります。1色でもなくなったら全てを交換しなければならない一体型に対し、独立型では空になった色だけを補充できるので、後者のほうが効率的です。

なお、最近は大容量の「エコタンク」を搭載したモデルもあり、頻繁に印刷を行う方や定期的に大量印刷を行う方であれば経済的でおすすめです。

印刷速度をチェック

By: amazon.co.jp

一度に多くの枚数を印刷する方にとって、印刷速度は気になるポイントです。特に効率化が求められるビジネスの現場では非常に重要。一般的にプリンターの印刷速度は、1枚の印刷に要する時間、もしくは1分間で印刷できる枚数を「ipm」という単位で表します。

メーカーのウェブサイトやカタログでは、「カラー印刷約18秒(L判)」「モノクロ印刷約15ipm(A4)」など目安が記載されているのでチェックしておきましょう。また、カラーなのか白黒なのか、頻繁に使用するモードにおける速度を比較しておくことも大切です。

Wi-Fi対応の有無をチェック

By: amazon.co.jp

プリンターがWi-Fi接続に対応しているかどうかも重要なポイント。Wi-Fiに対応していれば、ケーブル接続が不要なので見た目にもすっきりと置けて、置き場所を選びません。また、複数のデバイスから印刷指示を行えるため、家族やオフィスで使いたい場合にも便利です。

スマートフォンやタブレットなどから直接プリントできる機種もあります。デバイスを選ばず自由に使いたい方は、プリンターがWi-Fiに対応しているかチェックするようにしましょう。

プリンター本体の大きさをチェック

By: amazon.co.jp

家庭用プリンターの主流はA4サイズ対応のモノですが、A3サイズ対応のプリンターはそれよりもやや大きくなりがち。オフィス用に選ぶとしても、プリンターを設置できる場所は限られてしまいます。

軽量・小型化が進みコンパクトに置けるモノも増えていますが、あらかじめ設置スペースの広さを測ってから購入するモノを決めるのがおすすめです。

A3対応プリンターのおすすめメーカー

エプソン(EPSON)

By: amazon.co.jp

インクジェットプリンター「Colorio(カラリオ)」シリーズで知られているメーカー。A3対応プリンターのラインナップは家庭用からプロ写真家向け、業務用まで広く取り扱っており、豊富な選択肢から選べるのが特徴です。

他社と比べて印刷コストは若干高めですが、上位シリーズ「V-edition」や「Proselection」は画質と共に印刷コストが改善されているので、写真を多く印刷する方にも経済的。

また、文書印刷が主な用途で印刷コストを大幅に抑えたい方には、「エコタンク搭載モデル」もラインナップされています。ビジネス用途でもコストを気にせずプリンターを使用したい方はチェックしておきましょう。

キヤノン(Canon)

By: amazon.co.jp

カメラ市場で高いシェアを誇るメーカー。A3対応プリンターでも、家庭用のインクジェットプリンターから業務用のレーザープリンターまで、多くの機種をラインナップしています。

インクジェットプリンター「PIXUS(ピクサス)」シリーズは、ハイブリッドインクを採用しているのが特徴。主に写真の印刷に使用される5色の染料インクに加えて、にじみに強く文字を鮮明に印刷できる黒色の顔料インクを搭載。2種類の黒色を写真と文書の印刷で使い分けることで、用途に適したきれいなプリントに仕上がります。

他社と比較すると1枚当たりの印刷コストが安いことも特徴。紙面は誇張の少ない自然な色合いが特徴ですが、人肌が健康的な明るい色で出力されるので、人物写真を印刷する際にも適しています。

ブラザー(Brother)

By: amazon.co.jp

キヤノン、エプソンに次ぐ、国内市場シェアを有するプリンターメーカーです。家庭用インクジェットプリンターとしては「PRIVIO(プリビオ)」シリーズを展開。なお、A3以上の用紙サイズでの印刷が可能なモデルは、オフィス向けのビジネス複合機のみになります。

他社の同レベル機種と比較してランニングコストが低く抑えられるのが特徴。全体的にリーズナブルなので、コスパ優先でプリンターを選びたい方は要チェックです。

A3対応プリンターのおすすめモデル|インクジェットプリンター

エプソン(EPSON) Colorio EP-982A3

エプソン(EPSON) Colorio EP-982A3

幅479×奥行356×高さ148mmというコンパクトサイズが魅力のA3対応プリンター。無線LAN対応で設置場所を選びません。プリント時には自動で電源がオンになるため、手軽に印刷できるのが便利なモデルです。

シアン・マゼンタ・イエロー・ブラックの基本4色に、ライトシアン・ライトマゼンタを足した6色インク方式が特徴。また、顔認識機能を搭載し、人物写真を印刷する際には自動補正を行います。逆光になってしまったり、写真全体が色被りしたりしたときでも、きれいに印刷できるのが魅力です。

専用アプリをインストールすれば、スマホからの感覚的な操作が可能。接続はQRコードを読むだけと簡単なので、機械が苦手な方でも安心して使えます。コンパクトに置けて感覚的に使えるA3対応プリンターを探している方におすすめです。

エプソン(EPSON) EP-10VA

エプソン(EPSON) EP-10VA

写真を高画質で印刷できるA3対応プリンター。基本の4色にレッドとグレーを追加した「Epson Clear Chrome K2インク」で、広い色域と豊かな階調を表現できるのが魅力です。プリントする対象に応じてインクのサイズをきめ細かく調節するため、なめらかなグラデーションや繊細な明るさも美しく印刷できます。

コピー・スキャンに対応した3in1仕様で、A3原稿のコピーやスキャンも可能。数回に分けて原稿を読ませる必要はありますが、パソコンで合成を行い、つなぎ目がわかりにくいデータとして保存できます。

「カメラコピー」機能でスマホから直接プリンターへ画像を転送して、簡単にコピーできるのもポイント。また、スマホやパソコンから直接つなげられる「Wi-Fi Direct」に対応しているため、置き場所を選びません。日常使いから写真印刷まで、マルチに使えるA3対応プリンターが欲しい方におすすめです。

エプソン(EPSON) EW-M970A3T

エプソン(EPSON) EW-M970A3T

大容量インクタンクである「エコタンク」を搭載したA3対応プリンター。1回のインク交換で約5000ページのカラー印刷が可能で、印刷コストを削減できるのが魅力です。また、「挿すだけ満タン」インク方式を採用しているため、手を汚さず簡単にインク交換が行えます。

2つのブラックインクを採用しており、文字が滲みにくく、くっきりと印刷できるのもポイント。ビジネス文書から写真印刷まで、さまざまなコンテンツのプリントに対応しています。

サイズは幅526×奥行415×高さ168cmとコンパクト。無線LANにも対応しているため、置き場所を選びません。PCやスマホアプリで簡単に印刷できるので、直感的に使いたい方にもおすすめのモデルです。

キヤノン(Canon) Pixus iP8730

キヤノン(Canon) Pixus iP8730

大きな写真も文書もきれいにプリントできるフォトプリントモデルのA3対応プリンター。写真に強い染料インク5色と文字に強い顔料インク1色の「6色ハイブリッド」が特徴で、写真は鮮やかに、文字は滲まずくっきりと印刷できます。

最高9600dpiの高解像度も魅力。繊細なグラデーションも表現できます。L判・A3・四切・A3・A3ノビまで多彩な用紙サイズに対応しているため、撮影した写真を大きくプリントして飾りたい場合にも便利です。

無線LANに対応しており、Wi-Fi対応のデジカメからも直接プリントが可能。専用アプリを使えばスマホ・タブレットからも操作や画像編集ができます。A3対応プリンターで写真付きの資料などを印刷したい方におすすめです。

キヤノン(Canon) Pixus Pro-100S

キヤノン(Canon) Pixus Pro-100S

写真の印刷に特化したA3対応プリンター。高発色・高光沢な8色の染料インクを採用し、階調なめらかなモノクロ表現から影の部分に隠れた繊細な色表現まで、鮮やかにプリントできるのが魅力です。

通常は5分以上かかることも多いフチありA3ノビプリントを、1分30秒という短時間でプリントできる生産性の高さが特徴。大量印刷が必要な場合でもプリント待ちのストレスを軽減できます。

Wi-Fiも有線LANも使えて、さまざまなデバイスからの印刷指示を受けることができ、他社用紙への印刷にも対応しているなど、使い勝手のよさもポイント。A3対応プリンターで写真の印刷を行いたい方におすすめです。

キヤノン(Canon) TR9530

キヤノン(Canon) TR9530

LINEやMessengerからメッセージを送る感覚でプリント指示ができるA3対応プリンター。写真はもちろん、文書などの印刷にも対応しています。

5色ハイブリッドインクを採用し、文字は鮮明にくっきりと、写真は鮮やかにプリントできるのが特徴。L判サイズからA3サイズまで対応しているほか、SNSで流行している「ましかく」の形に印刷したり、オリジナルカレンダーが作成できたりと多機能なのが魅力です。

パソコンがない場合でもスマホアプリで操作可能。また、CDやDVDのレーベル印刷やコピー濃度調節、コピー倍率調節などもプリンターだけで行えます。手軽に使える便利なA3対応プリンターを探している方におすすめです。

ブラザー(Brother) MFC-J6983CDW

ブラザー(Brother) MFC-J6983CDW

コピー・スキャナー・ファックス機能を搭載した複合機タイプのA3対応プリンター。1段当たり250枚の大容量給紙トレイ2段と、用紙ニーズに合わせて選べる多目的トレイを搭載しているのが特徴です。

A4サイズならば、1分間にカラー約20ページ、モノクロ約22ページの高速印刷が可能。はがきサイズからA3サイズまでの自動両面プリント機能も搭載しているため、両面プリントをよく使う方ならば手間の削減にもつながります。

操作盤にはワンタッチボタン・液晶タッチパネル・ダイヤルボタンを搭載。液晶タッチパネルでワンタッチボタンによく使う機能を登録しておけば、素早くその機能に移動できるので便利です。

ブラザー(Brother) HL-J6000CDW

ブラザー(Brother) HL-J6000CDW

低ランニングコストで長く使えるのが魅力のA3対応プリンター。A4サイズ1枚あたりにかかる料金が、カラー印刷なら約3.7円、モノクロ印刷なら約0.7円と安いのが魅力です。

カラー約5000枚、モノクロ約6000枚の印刷が可能な大容量インクカートリッジに対応しているのも特徴。インク交換の手間を省けます。また、250枚の紙が入る給紙トレイを2段備えているため、紙の補充や差し替え回数の削減も可能です。

タッチパネルに対応した液晶画面の表示内容もポイント。トレイ内の用紙残量が少なくなったタイミングで通知を入れてくれるほか、インク残量もパーセンテージや枚数表示で教えてくれます。ランニングコストの低いA3対応プリンターが欲しい方におすすめです。

A3対応プリンターのおすすめモデル|レーザープリンター

エプソン(EPSON) LP-S6160

エプソン(EPSON) LP-S6160

オフィスで活躍するスタンダードタイプのA3対応プリンター。1分間にカラー・モノクロ25枚の印刷が可能で、大量のビジネス文書や企画書、資料を効率よく作れるのが魅力です。

1200dpiの高解像度を誇り、写真や小さな文字、細かい図面まで鮮明に印刷可能。会議やプレゼンテーションに使う資料が見やすくなります。

幅49.9×奥行53.8×高さ42.2cmほどと卓上にも置けるコンパクトサイズもポイント。セキュリティ機能を強化したIPv6ネットワークに対応しているため、機密性の高い文書を印刷する際も安心して使えます。コンパクトに置けるオフィス用のプリンターを探している方におすすめです。

キヤノン(Canon) Satera LBP841CS

キヤノン(Canon) Satera LBP841CS

カラー・モノクロ同速毎分26枚の高速プリントが可能なA3対応プリンター。さらに、毎分20ページの両面印刷にも対応しています。文字だけならばモノクロ印刷、社内資料作成には両面印刷、というように使い分けても効率が変わらないのが魅力です。

設置から交換まで使いやすい一体型トナーカートリッジを採用しているのも特徴。ドラムとトナーカートリッジが一体になっているため、消耗品の数が少なく、メンテナンスの手間を省きつつ在庫管理の負担も軽減できます。

高速データ転送を実現する1000Base-Tに対応し、大容量ファイルの出力が快適に行えるのもポイント。マルチOSにも対応しているので、印刷時に手間がかかりません。大量印刷が必要なオフィスで使うA3対応プリンターを探している方におすすめです。

キヤノン(Canon) Satera LBP852Ci

キヤノン(Canon) Satera LBP852Ci

A4のカラー・モノクロ印刷で毎分36枚の高速印刷が可能なA3対応プリンター。両面印刷にも対応し、片面でも両面でも同じスピードで印刷できるため効率的に使えます。

B6ハーフサイズへの印刷から最長1200mmの長尺印刷まで、幅広い用紙サイズに対応できるのが特徴。POP印刷モードを選択すれば、プリンターの色域を拡大して鮮やかにプリントできるので、店頭POPやプライスカードの作成にも役立ちます。

大容量のインクカートリッジを採用しているため、コストパフォーマンスも良好。マルチOS・マルチエミュレーションにも対応しており、さまざまなデバイスを使っている会社におすすめです。

沖データ(OKI) COREFIDO2 C835dnw

沖データ(OKI) COREFIDO2 C835dnw

装置寿命7年間で、100万ページの印刷に耐えられると謳われているA3対応プリンター。

OKI独自のLEDプリントヘッドにより、高精細な印刷をできるのが魅力。印刷物の用途に応じてトナー濃度を調節できる「トナーセーブモード」も搭載しているので、トナーの節約にも役立ちます。

また、片面1ページにつき最大16ページ分の原稿を集約できるのもポイント。紙面の節約にもつながります。高コスパのA3対応プリンターが欲しい方におすすめのモデルです。

日本電気(NEC) Color MultiWriter 9010C2 PR-L9010C2

日本電気(NEC) Color MultiWriter 9010C2 PR-L9010C2

デスクトッププリンタ―としても使えるコンパクトサイズが魅力のA3対応プリンター。トナー交換から紙詰まりの対処まですべて前面から行えるフルフロントアクセスに対応し、メンテナンスを簡単に行えます。

トナー節約機能を備えており、印刷濃度の調節が行えるため、印刷物の用途に応じたプリントが可能。トナーにかかるコストの節減ができます。また、モノクロ印刷時にも元データでテキストの色が異なる部分に網掛けなどを行って強調表示する機能を備えているので、印刷資料の大切な部分を読み落とすミスも軽減できます。

カラー・モノクロどちらでもA4プリントは分速約25ページと高速印刷が可能。使いやすいオフィス用のA3対応プリンターを探している方におすすめです。

リコー(RICOH) SP C740

リコー(RICOH) SP C740

4色を1工程で処理する「4連タンデム方式」を採用したA3対応プリンター。A4サイズならばカラー・モノクロのどちらでも分速35枚の連続出力が可能です。両面印刷にも対応し、分速27ページで印刷できます。

B6ハーフ幅から長尺用紙までさまざまな印刷用紙に対応しているのが特徴。厚紙やはがき、名刺などの厚みがある用紙への印刷も可能なので、用途に応じてさまざまな印刷物を作れます。

操作盤は見やすく、感覚的な操作が可能。紙詰まりの処理などをアニメーションでナビゲートする「ヘルプボタン」なども搭載しているので、使い方に悩んでしまったときも安心です。あまり機械に慣れていない方にも使いやすいおすすめの製品です。

富士ゼロックス(Fuji Xerox) DocuPrint C3450 d II

富士ゼロックス(Fuji Xerox) DocuPrint C3450 d II

XRCイメージパス技術を用い、高画質かつ高速なプリントを実現したA3対応プリンター。タンデムエンジンを搭載し、中間転写方式を採用したことにより、カラー・モノクロ共にA4サイズ分速32枚の印刷が可能です。

さまざまな紙に合わせた印刷を行えるのが魅力。定型サイズだけでなく、ユーザー設定のサイズにも合わせてプリントできます。また、用紙に応じた光沢再現ができるEA-Ecoトナーを採用しているほか、紙質に合わせた画質設定などを自動で行うのもポイントです。

省エネ設計で消費電力を抑えているのも特徴。用紙を自在に変えながらも節電を心掛けて使いたい方におすすめです。