エプソンのプリンターは写真印刷に適したモデルが豊富にラインナップされているのが魅力。家庭向けモデルはもちろん、本格的に写真へ取り組むプロ向けモデルも展開されているため、幅広い写真印刷の用途におすすめです。

また、ビジネスで役立つ大量印刷や書類印刷に適したモデルも存在します。そこで今回は、エプソンのおすすめプリンターと選び方をご紹介。写真や画像を印刷したい方は、ぜひエプソンの製品をチェックしてみてください。

エプソンのプリンターの特徴

By: amazon.co.jp

エプソンはプリンター分野において国内トップクラスのシェアを占めている大手メーカーです。エプソンのプリンターは写真印刷に強みを持つのが特徴で、家庭向けの「Colorio」やより高画質な写真印刷を行える「Proselection」などのシリーズが存在します。

また、ラインナップが豊富なのもポイント。プリントのみの単機能モデルや、コピーとスキャナー機能を搭載した複合機モデル、ランニングコストに優れるエコタンク搭載モデルなど、用途に応じて最適なプリンターを選べます。写真印刷を行う機会が多い方におすすめのメーカーです。

キヤノンやブラザーと違う点

By: amazon.co.jp

エプソンのプリンターはキヤノンやブラザーの製品と比較し、主に搭載されているインクの種類が異なります。現在、家庭向けプリンターは染料インクと顔料インクのどちらかを使用した製品が一般的です。

染料インクは写真専用紙と相性がよく鮮やかな写真印刷を得意とし、顔料インクは水に濡れてもにじみにくく文字や線などをくっきりと印刷できるのがメリット。キヤノンやブラザーのプリンターは黒に顔料インクを使用し、カラーに染料インクを使用している製品が中心です。

エプソンは全色に染料インクを使用し、より写真印刷に特化したインク構成のプリンターも展開されているのが特徴。ただし、キヤノンやブラザーと同様のインク構成を採用したモデルも販売されているので、用途に応じてチェックしてみてください。

エプソンプリンターの選び方

インクで選ぶ

By: amazon.co.jp

エプソンの家庭向けプリンターは、全色染料インクを搭載したモデルが中心です。複合機のColorioシリーズは染料6色、単機能モデルは染料4色が基本となっており、鮮やかな写真印刷を行えます。

数は少ないですが全色顔料インクを搭載したモデルも存在するため、書類の細かな文字や線をくっきりと印刷したい方はぜひチェックしてみてください。また、印刷コストを重視する方はエコタンク搭載モデルがおすすめです。

一般的な使い捨てのインクカートリッジと異なり、インクボトルから直接インクを補充するのでランニングコストを低く抑えられます。また、エコタンク搭載モデルは黒の顔料インクとカラーの染料インクを採用しており、写真印刷と文書印刷の両方に適しているのもメリット。大量に印刷を行う方やビジネスにおすすめです。

対応している用紙サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

プリンターでさまざまな用紙に印刷を行いたい方は、対応している用紙サイズをしっかりと確認しましょう。基本的に、エプソンの家庭向けプリンターは、A4サイズから一般的な写真サイズのL判まで対応しているモデルが中心です。

ほかには、より大きなA3用紙や名刺サイズの印刷、DVDなどのディスクレーベル印刷に対応しているモデルも存在します。ポスターやプレゼン資料など大きな用紙へ印刷したり、名刺やちょっとしたカードを印刷したりと便利に使えるのでビジネスにおすすめです。

ただし、A3対応モデルは通常のプリンターより一回りサイズが大きくなります。あらかじめ購入前に設置スペースをチェックしておきましょう。

無線LANやスマホ対応かどうかで選ぶ

By: amazon.co.jp

無線LAN接続に対応したプリンターは、パソコンと有線接続する必要がないため、部屋の好きな場所に設置できるのが魅力。わずらわしいコードを省ける上、来客時にほかのパソコンから容易に印刷できるのもメリットです。

また、スマホ対応モデルは専用アプリをスマホにダウンロードすることで簡単にワイヤレスプリントを行えます。スマホで撮った写真や保存したデータを手軽に印刷したい方におすすめです。

ほかにも、「Wi-Fi Direct」に対応しているプリンターなら、無線LAN環境がなくても対応機種のパソコンやスマホと接続しワイヤレスプリントが可能。プリンターをより便利に使いたい方はワイヤレス機能をぜひチェックしてみてください。

SDカードとUSBメモリ対応かどうかで選ぶ

By: amazon.co.jp

SDカードやUSBメモリを直接差し込めるプリンターなら、簡単にデータを印刷できるので便利です。デジカメで撮影した写真や、USBメモリに入れたデータを印刷する機会が多い方は、ぜひ購入を検討してみてください。

エプソンプリンターのおすすめモデル

エプソン(EPSON) Colorio PF71

エプソン(EPSON) Colorio PF71

幅249×奥行176×高さ85mmのコンパクトサイズで使いやすい、単機能モデルです。縦置きができるため、本棚などの狭い隙間にも設置可能。インクには、一体型の染料4色を採用。人物や風景を自動で見分けて色補正をしながら、美しく鮮明にプリントできます。

用紙サイズはA5~カード・名刺まで対応しており、ハガキや封筒なども印刷可能です。また、無線LAN・Wi-Fi Direct・スマホ接続に対応している上、SDカードやUSBメモリからダイレクトプリントができるのも魅力。自宅にパソコンがなくても、2.7型のカラー液晶パネル上で写真を確認しながら簡単にプリントできます。

エプソン(EPSON) Colorio EP-812A

エプソン(EPSON) Colorio EP-812A

比較的リーズナブルな価格帯ながら優れた実用性を誇る、人気の複合機モデルです。プリント機能のほか、コピー・スキャン機能も搭載。収納時は横390×奥行339×高さ141mmのコンパクトサイズで、ラックの中にすっきりと収納することが可能です。6色の染料インクを採用しており、写真の色味を自動補正しながら高画質でプリントできます。

また、前面2段・背面の3way給紙方式が採用されているのも特徴。前面2段は上下で異なる用紙をセットできるため、用途に応じて用紙を入れ替える手間が掛かりません。前面では給紙できない厚手の用紙も、背面の手差しトレイでスムーズに印刷可能。ディスクレーベル印刷も行えるので、DVDやCDなどのディスク管理にも便利です。

さらに、無線LAN・Wi-Fi Direct・スマホ接続に対応している上、オフラインでもSDカードやUSBメモリからのダイレクトプリントが行えるのも魅力。用紙サイズは、A4~L判まで対応しています。コスパの優れたプリンターを探している方におすすめの製品です。

エプソン(EPSON) Colorio EW-452A

エプソン(EPSON) Colorio EW-452A

文書印刷に適したエントリーモデルです。インクには黒の顔料インク1色、カラーの染料インク3色の計4色を採用。「くっきりブラック」で文字や線をシャープに印刷できるのに加え、コピー・スキャン機能も搭載しているため、ビジネスシーンでの活用におすすめです。

また、冊子のプリントや用紙の節約に便利な「自動両面プリント」も可能。用紙サイズは、A4〜名刺サイズまで対応しています。さらに、収納時は幅375×奥行300×高さ170mmのコンパクト仕様なので、置き場所を選ばないのがメリットです。

そのほか、無線LAN・Wi-Fi Direct・スマホ接続に対応しているのも魅力。iPhoneの場合はカメラでQRコードを読み込むだけで、Androidの場合はアプリでプリンターを選択するだけで接続できます。低価格ながら使い勝手のよい、おすすめのプリンターです。

エプソン(EPSON) Colorio EP-982A3

エプソン(EPSON) Colorio EP-982A3

A3プリントに対応した複合機モデルです。A3~L判の大判サイズ用紙に対応しながらも、収納時は幅479×奥行356×高さ148mmとコンパクトサイズなのが特徴。狭めのスペースにもすっきりと収まるので、置き場所に困りません。インクには、2種のライトカラーを含む染料6色を採用。滑らかなグラデーション表現を実現し、よりリアルで美しい写真に仕上げてくれます。

また、給紙は前面2段・背面の3way方式を採用しているのもポイント。前面2段は上下で異なる用紙をセットできるため、用途に応じて用紙を入れ替える手間が省けます。背面の手差しトレイから給紙すれば最大0.6mmまでの厚紙もプリントできるほか、スキャナー面にCD・DVDを乗せるだけでディスクレーベル印刷も可能です。

さらに、有線LAN・無線LAN・Wi-Fi Direct・スマホ接続に対応している上、オフラインでもSDカードやUSBメモリからダイレクトプリントができるのも魅力。4.3型のワイドな液晶モニターを搭載しており、写真を液晶モニター上でしっかり確認しながら印刷できます。

エプソン(EPSON) Colorio PX-049A

エプソン(EPSON) Colorio PX-049A

全色顔料インクが採用された、文書印刷に適したプリンターです。カラリオ独自の顔料インク4色で、ブラックの文字はもちろんカラー文字や絵、グラフなどもくっきりシャープに印刷できるのが特徴。用紙サイズは、A4~L判まで対応しています。

また、プリント機能のほかコピー・スキャン機能を備えた多機能モデルながら、幅390×奥行300×高さ145mmのコンパクト設計で置き場所にも困りません。さらに、無線LANに対応しているほか、専用アプリをダウンロードすればスマホやタブレットからも簡単にプリントできます。

そのほか、カラーインクがなくなっても最長5日間はブラックインクだけでモノクロ印刷ができる「黒だけでモード」、黒インクの残量が少なくなったらカラーインクのみでモノクロ印刷ができる「黒インクセーブモード」などの便利な機能も搭載。安い価格帯ながら、自宅でもオフィスでも活躍するおすすめの製品です。

エプソン(EPSON) エコタンク搭載モデル EP-M552T

エプソン(EPSON) エコタンク搭載モデル EP-M552T

印刷コストを抑えたい方におすすめの「エコタンク」搭載モデルです。インクには、染料4色を採用。インクボトルを本体タンクに差し込むだけですぐにインク補充が開始され、インクが満タンになると自動で止まるため、補充時に手が汚れる心配がありません。さらに、本体前面にLEDライトが搭載されており、LEDが点滅してインク切れを知らせてくれます。

印刷サイズは、A4~L判まで対応。コピー・スキャン機能を備えており、用紙を挿すだけで自動的にコピーが始まります。さらに、無線LAN・Wi-Fi Directに対応している上、スマホ接続に対応しているのも魅力。iPhoneは本体のQRコードを読み込むだけ、Androidはアプリでプリンターを選択するだけで手軽にワイヤレスプリントが行えます。

エプソン(EPSON) エコタンク搭載モデル EW-M970A3T

エプソン(EPSON) エコタンク搭載モデル EW-M970A3T

インクが満タンの状態で約1年間使用できる、大容量のエコタンクが搭載されたプリンターです。インクの追加費用を抑えることで印刷コストを大幅に軽減できるため、大量印刷が必要なビジネスシーンにおすすめ。また、プリンターの耐久枚数が約5万ページと耐久性にも優れており、長い期間安心して使えるのもポイントです。

印刷サイズは、A3~L判まで対応。給紙は前面2段・背面の3wayタイプなので、書類やチラシの大量印刷、ハガキ印刷、厚紙印刷などのさまざまなプリントをスムーズに行えます。スキャナー面にCD・DVDを乗せれば、レーベル印刷も可能です。

インクには、顔料1色・染料4色の計5色を搭載。顔料の「くっきりブラック」、染料の「フォトブラック」と2種類のブラックカラーを採用することで、文書も写真も美しく鮮明にプリントできます。さらに、有線LAN・無線LAN・Wi-Fi Direct・スマホ接続に対応している上、SDカードやUSBメモリからダイレクトプリントができるのも魅力。

そのほか、2.7型のカラー液晶モニターを搭載しており、モニター上で写真の確認やトリミング操作もできます。やや本体の値は張りますが、低ランニングコストで便利に活用できるおすすめのモデルです。

エプソン(EPSON) プロセレクション SC-PX5VII

エプソン(EPSON) プロセレクション SC-PX5VII

高画質な写真印刷ができる「プロセレクション」シリーズの人気モデルです。インクには、3種類のブラックカラーを含む計8色の顔料インクを採用。従来モデルよりも黒の濃度を高めたことで、モノクロのトーン変化を忠実に再現しながら、カラー表現でも滑らかなグラデーションを実現しています。空気中の光やオゾンに分解されにくいインクを用いているので、美しい色合いを長期間保存できるのもポイントです。

給紙方式は、前面・背面の2wayタイプ。前面から手差しで給紙できるため、厚手の用紙でもスムーズにプリントできます。また、用紙サイズはL判~A3ノビまでと幅広いサイズに対応しており、パノラマ写真などを楽しむことも可能です。

さらに、有線LANのほか無線LAN・Wi-Fi Direct・スマホ接続に対応しているため、どこでも自由にプリントできるのも魅力。そのほか、「プロセレクション」シリーズのプリンタードライバーを活用すれば、色の微調整や、モノクロ写真の色調・硬調・軟調なども細かく設定できます。写真を極めたい方におすすめの製品です。