カメラやプリンターなど今や世界的なブランドとなった「キヤノン」。特にキヤノンのプリンターは、印刷品質の高さと使いやすさ、安定性などが魅力です。個人ユーザーからオフィスまで幅広く支持されています。

そこで今回は、キヤノンプリンターのおすすめモデルをご紹介。キヤノンプリンターの魅力や選び方も解説するので、ぜひチェックしてみてください。

キヤノンとは?

By: canon.jp

キヤノンは1933年、吉田五郎によって東京・麻布に「精機光学研究所」として創業されました。1970年には国内初の普通紙複写機を発売し、1985年にバブルジェット方式を採用したインクジェットプリンター「BJ-80」を発売。

現在では、レーザープリンターやインクジェットプリンターにおいて、世界的に大きなシェアを占めるグローバル企業として、人々に愛されています。ブランド名の「Canon」は「聖典」「規範」「標準」を意味する英語で、世界の標準・業界の規範を目指し続けている企業です。

キヤノンプリンターの魅力

キヤノンの家庭用プリンターは、手の届きやすいリーズナブルな価格帯で人気を得ています。PIXUSシリーズはプリンターの基本性能はもちろん、デザイン面やワイヤレス印刷といった多彩な機能を搭載している点が魅力です。

キヤノンのインクジェットプリンターに採用されているハイブリッドインクは、モノクロ印刷向きの顔料インクとカラー印刷が得意な染料インクで構成されているオリジナルのインクで、両方の長所を兼ね備えています。写真印刷は、自然に近い色合いで印刷できるのが特徴。文書印刷も、にじまずくっきりしており、どちらも美しい仕上がりです。

スマートフォンからプリントする機能も嬉しいポイント。ネット環境がなくてもスマートフォンやタブレットから直接接続できるほか、ワイヤレス接続の「AirPrint」、アプリから印刷できる「Canon PRINT Inkjet」などの機能が搭載されており、スマートフォンから簡単に印刷できます。

プリンターの選び方

プリンターの種類をチェック

複合機タイプ

By: rakuten.co.jp

複合機タイプはプリント機能のほか、コピー・FAX・スキャナーなどの機能を搭載したプリンターです。複数の機能が1台に集約されているので、家庭やオフィスでさまざまな用途に使えます。

1台で3~4役をこなすため、小さなオフィスや家庭で多目的に使いたい方におすすめ。省スペース化が図れるうえに、電気代などのランニングコストを抑えられます。

プリンタータイプ

By: amazon.co.jp

プリント出力に特化しているのがプリンタータイプです。印刷することだけが目的でプリンターを購入するなら、プリンタータイプがおすすめ。シンプルな機能で簡単に使いこなせ、本体が小さく軽いので移動も容易です。

複合機と比べて安い機種が多く、待機電力や消費電力が少ないためコスト面も優れています。

インクの形状をチェック

一体型インク

By: amazon.co.jp

インクとプリンターヘッドが一体化している一体型インクは、メンテナンスが簡単で、モノクロ印刷におすすめ。

ただしカラープリンターの場合は、どれか1色でもインクがなくなるとほかの色が残っていてもすべて交換しなければならないため、独立型と比べ割高です。しかし、インク交換をするたびに新しいヘッドになるので、印刷品質が落ちないうえに簡単にメンテナンスできます。

独立型インク

By: canon.jp

独立型インクは、インクカートリッジが色ごとに分かれているのが特徴。写真印刷やカラー印刷を多用する方におすすめです。

インク詰まり防止のため、あまり使わないインクを定期的に使用するなどメンテナンスが必要。しかし、なくなった色だけインクカートリッジを詰め替えられるので、一体型インクと比べてコストパフォーマンスに優れています。

インクの色数をチェック

4~5色|文書などをメインに印刷したい方向け

By: canon.jp

文書やモノクロ印刷をメインにプリントしたいなら、4~5色のインクを搭載したモデルがおすすめです。色数が少ないほど、よりコストを抑えられます。

キヤノンのエントリーモデルはシアン・マゼンタ・イエローの3色、またはブラックが加わった4色の染料インクと、濃度の濃いくっきりとした顔料インク「文字ブラック」を搭載したプリンターが主流です。

写真も美しくプリントできるうえ、文字に強い顔料インクによって、罫線や文書をくっきりシャープに仕上げます。

6色|写真を鮮やかに印刷したい方向け

By: rakuten.co.jp

より写真の仕上がりにこだわりたいのであれば、シアン・マゼンタ・イエロー・ブラックにグレーを加えた5色の染料インクと、文字ブラックを搭載した6色カラーの高画質ハイスペックモデルがおすすめです。

グレーの染料インクが写真の微妙な色調の表現や被写体の質感・奥行をより忠実に再現します。また、文字ブラックを搭載していることで、はがきや封筒の宛名印刷もにじまず綺麗な仕上がりです。

8~10色|写真表現を追求するプロ向け

By: canon.jp

「PIXUS-PRO」シリーズなどのハイエンドモデルは、8色あるいは10色のインクを搭載し、色再現性を大きく向上させています。写真家やプロの方におすすめです。

3色の黒系インクを搭載し、微妙な階調表現や暗部の色再現性を向上。写真家が思い描いた世界をそのまま忠実に再現可能です。

なかでも「PIXUS PRO-G1」は、10色の顔料インクを採用し、優れた色安定性を実現しています。

機能をチェック

Wi-Fiプリント

By: rakuten.co.jp

Wi-Fiでスマートフォンやパソコンからプリンターに接続して印刷できる機能です。さらに、「Wi-Fi Direct」を搭載していれば、Wi-Fiルーターも不要でダイレクトにデバイスを接続できます。

また、プリンターの電源が切れている状態でも、スマートフォンやパソコンからプリントの指示をすれば、自動的にプリンター本体の電源が入りプリントすることが可能です。スマートトレイ対応モデルなら、操作パネルや排紙トレイが自動的に開いてプリントを開始します。

おうちでスマホプリ

PIXUS専用アプリケーションの「おうちでスマホプリ」があれば、ただプリントするだけでなく、スマートフォンから写真のレイアウトや加工を楽しむことが可能。直感的に使えるので誰でも簡単にレイアウトを楽しんだり、写真を加工したりできます。

例えばメッセージ付きの写真をプリントしたり、LINEやSNSの写真を印刷したり、年賀状を作成したりと、スマートフォンだけで簡単にいろいろなプリントができるのが魅力です。

PIXUSクラウドリンク

キヤノン独自のサーバーにPIXUSプリンターとスマートデバイスの両方から接続を可能にすることで、ワイヤレスで簡単にデータをプリントできます。これによりスマートフォンやストレージに眠っている写真を、より簡単にプリントすることが可能です。

また、FacebookやInstagramといったSNS上の画像も直接印刷できます。ほかにも、外出先で添付資料をストレージにアップして帰宅後プリントして確認したり、スキャンしたデータをストレージに保存したりといった使い方も可能です。

自動両面プリント

By: rakuten.co.jp

自動的に両面コピーとプリントができます。紙資源の節約やランニングコストを抑えるのにおすすめの機能です。用紙の表裏を入れ替えないで済むので失敗の心配もなく、時間の短縮にもつながります。

キヤノンプリンターのおすすめモデル

キヤノン(Canon) インクジェットプリンター PIXUS XK100

液晶画面に表示されたQRコードをスマートフォンで読み込むだけで設定が完了できるキヤノンのプリンター。SSIDのパスワード入力を必要としないため初心者におすすめです。加えて、スマートフォン内にある写真が直接印刷でき、自動補正も行えます。

使用シーンや用途に応じて、メインメニューの表示を切り替えられるのが特徴。2.7型のタッチパネル付きで、操作も簡単に行えます。さらに、フロント部には角度調節機能を搭載。見やすい位置に動かせるのも魅力です。

本体サイズは幅372×奥行345×高さ142mmとコンパクト。置き場所を選ぶことなく設置できます。また、自動濃度調整や両面など、さまざまな機能を備えているのもポイント。自宅学習やテレワークでの使用におすすめのキヤノンのプリンターです。

キヤノン(Canon) インクジェットプリンター PIXUS iP8730

L判からA3ノビまで、幅広い用紙サイズに対応しているキヤノンのプリンターです。BDやDVDなどのレーベルが作成できるのがポイント。無料アプリ「Canon PRINT Inkjet/SELPHY」を使えば、スマートフォン内の写真も扱えます。

本体を操作することなくプリントアウトできる「Wi-Fi&自動電源ON」に対応しているのも魅力。スマートフォンから電源オンや印刷などの指示が行えます。また、多機能ながらもコンパクトで、置き場所に困らないのも特徴です。

キヤノン(Canon) インクジェットプリンター PIXUS TS8530

独立した6色のインクを搭載しており、なくなったインクのみを個別に交換できるキヤノンのプリンター。無駄なく経済的に使い続けられます。加えて、パソコンの画面から残量が確認できるのが特徴です。

給紙口をボディの前面と後面の両方に設けた「2WAY給紙」機能を採用しているのもおすすめポイント。排紙トレイが自動で伸縮するため、置き場所や用途に応じて変更可能です。また、用紙をセットするだけでサイズを検知する機能も備えています。

液晶ディスプレイにQRコードが表示でき、スマートフォンで読み込むだけで簡単に接続できるのも特徴。SSIDのパスワード入力が必要ないのも魅力です。スマートフォンにある写真も直接プリントできます。

キヤノン(Canon) インクジェットプリンター PIXUS TS8430

QRコードを読み込むだけで接続が完了する「おうちでスマホプリ」に対応したキヤノンのプリンター。SSIDのパスワードを入力することなく設定できます。

専用アプリ「Canon PRINT Inkjet/SELPHY」を使うことで、スマートフォン内にある文書も直接プリントできるのが特徴。スマートフォンで仕事をする方にもおすすめです。加えて、LINEやMessengerからも直接プリントできます。

6色の顔料インクタンクを搭載しており、写真も文字も鮮やかにくっきりと印刷できるのもポイント。また、背面と前面に給紙口がある「2WAY給紙」を採用しています。プライベートからビジネスまで、幅広く活躍するおすすめのアイテムです。

キヤノン(Canon) インクジェットプリンター PIXUS TS3530

染料インクと文字に強い顔料インクの4色を搭載しているキヤノンのプリンター。高濃度の黒でコントラストが高く、細かな文字もシャープにプリントアウトできます。はがきの宛名や名刺の印刷に適しているのが特徴です。

Wi-Fiを標準搭載しており、Wi-Fi対応のデジタルカメラやスマートフォン内にある写真が直接プリントアウト可能。加えて、「PIXUSクラウドリンク」に対応しているのも魅力です。

本体サイズは約幅435×奥行327×高さ145mm。使いやすいコンパクトボディで、場所を選ばすに設置できます。また、1.5型のモノクロ液晶付きで、視認性に優れているのもポイント。価格が安く、初めてプリンターを購入する方にもおすすめのアイテムです。

キヤノン(Canon) インクジェットプリンター PIXUS TS203

プリントアウトする写真の量に合わせてインクタンクが選択できるキヤノンのプリンター。標準容量タイプと大容量タイプの2種類があります。使用頻度や状況に合わせて、コストを抑えながら使い続けられるのが魅力です。

幅広い用紙サイズに対応しているのもポイント。また、本体サイズが約幅426×奥行255×高さ131mmとコンパクトなので、さまざまな場所へ設置できます。価格が安く、初めてのプリンターとしてもおすすめのアイテムです。

キヤノン(Canon) インクジェットプリンター TR8630a

ファックス機能を搭載したキヤノンのプリンターです。コピーのほかにスキャン機能も備わっているため、ビジネスでも活躍します。

また、背面給紙トレイと前面給紙カセットの2つが備わった「2WAY給紙」を採用。背面と前面の両方へ同時に用紙をセットできます。置き場所を選ばず、はがきや名刺の印刷にも便利です。

SDカードを差し込むだけで、収録されている写真がダイレクトに印刷できるのも特徴。液晶モニターの画面を見ながら簡単に操作できます。また、Wi-Fiを標準搭載しており、スマートフォンやパソコンの写真も直接印刷可能です。

スマートスピーカーにも対応しているため、話しかけるだけでプリントアウトできるのもポイント。電源オン・オフなどの操作やプリンター状態の確認も行えます。さまざまな機能が備わっており、便利に使えるおすすめのプリンターです。

キヤノン(Canon) インクジェットプリンター G7030

一度の補充でブラック最大6000枚、カラー最大7700枚がプリントアウトできる「ギガタンク」に対応しているキヤノンのプリンター。エコノミーモードにすれば、ブラックが最大8300枚印刷できます。経済的に使い続けられるのが特徴です。

切れたインクだけを交換できる「独立インクタンク」を採用。各種インクが無駄なく使用できます。加えて、パソコンと接続することでインクの残量が視認できるのもポイントです。

スマートフォンやタブレットから素早くプリントアウトやスキャンが行えるのも魅力。コストパフォーマンスの高いおすすめのプリンターです。

キヤノン(Canon) インクジェットプリンター G6030

A4普通紙のモノクロが1枚あたり約0.5円、カラーが1枚あたり約1.0円と、プリント代が安く抑えられるキヤノンのプリンター。なくなった色だけの交換で済む「独立インクタンク」にも対応しており、コストパフォーマンスに優れます。

インクボトル各色1本で、ブラック最大6000枚、カラー最大7700枚のプリントアウトが可能。交換の頻度も抑えられます。また、エコノミーモードに設定すれば、ブラックが最大8300枚プリントアウト可能です。

紙に定着しやすいキヤノン独自の「新顔料ブラックインク」が使えるのもポイント。また、幅広いデザインテンプレートがある「PosterArtist」にも対応しています。資料やポスターを作成するのにおすすめのアイテムです。

キヤノン(Canon) インクジェットプリンター G5030

一度の操作で表裏をまとめてプリントできる「自動両面プリント」に対応しているキヤノンのプリンター。書類や資料などを作成する際、用紙が節約できます。また、コストパフォーマンスに優れた「ギガタンク」に対応しているのが特徴です。

専用の無料アプリ「Canon PRINT Inkjet/SELPHY」を使えば、スマートフォンから直接文書が印刷できるのもポイント。クラウドにあるデータもプリントできます。ランニングコストが低く、ビジネスシーンで活躍するおすすめのプリンターです。

キヤノン(Canon) インクジェットプリンター G3360

大量のプリントが可能な「ギガタンク」に対応しているキヤノンのプリンター。エコノミーモード設定時で、ブラックが最大7600枚印刷できます。また、補充の際にインクの注ぎすぎや誤挿入を防止する機能を備えているのが特徴です。

専用アプリ「Easy-PhotoPrint Editor」を使えば、スマートフォン内の写真がダイレクトに印刷できるのもポイント。写真のレイアウトや加工も行えます。さまざまなシーンに活躍するおすすめのアイテムです。

キヤノン(Canon) インクジェットプリンター TR703a

「おうちでスマホプリ」に対応しているキヤノンのプリンター。専用アプリ「Canon PRINT Inkjet/SELPHY」を使えば、スマートフォンの写真や文章が直接印刷できます。簡単に設定ができるのが特徴です。

「Easy-PhotoPrint Editor」を使うことにより、写真のレイアウトや加工を行うことも可能。直感的に操作できます。また、自分だけのネイルシールがプリントできるのもポイント。幅広い楽しみ方ができるプリンターを探している方におすすめです。

キヤノン(Canon) インクジェットプリンター TR153

4色の染料インクと5色の顔料インクを搭載しているキヤノンのプリンター。粒状感が少ない写真に仕上げられます。また、文字専用のブラック顔料を採用。小さな文字もシャープに仕上がるため、文書の印刷にも適しています。

フチなし写真に対応しているのもポイント。お気に入りの写真も大きくプリントアウトできます。また、本体サイズは約幅322×奥行185×高さ66mmとコンパクト。小型ながらも、1分間にA4普通紙を約5.5枚のカラー出力可能です。

キヤノン(Canon) インクジェットプリンター PRO-G1

10色の顔料インクが使えるキヤノンのプリンターです。高い黒濃度を持つ「新マットブラックインク」を採用。繊細な階調表現や被写体の質感を実現しています。

L判からA3ノビまで、幅広い用紙サイズに対応しているのが特徴。写真作品の制作をはじめ、さまざまなシーンで活躍します。さらに、A3ノビのカラーを約2分50秒でプリントできるなど、スピード性に優れているのも魅力です。

本体サイズは幅639×奥行379×高さ200mm。また、用紙の特性に合わせて3つの給紙口を用意しているのもポイントです。ハイスペックモデルを探している方はチェックしてみてください。

キヤノン(Canon) インクジェットプリンター PRO-S1

発色性と光沢性に優れた8色の染料インクを搭載しているキヤノンのプリンター。透明感のある鮮やかな色彩と深みのある色合いを実現しています。加えて、L判からA3ノビまで、さまざまな用紙サイズに対応しているのが特徴です。

A3ノビのカラーが約1分25秒で印刷できるのもポイント。必要な資料やポスターが素早くプリントアウトできます。

キヤノンのプリンターの楽天市場ランキングをチェック

キヤノンのプリンターの楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。