毎年の年賀状作成に欠かせない「プリンター」。本体だけで年賀状のデザインからプリントまでこなせるモデルや、スマートフォンやパソコンと連携できるモデルなど、さまざまな種類があります。

そこで今回は、おすすめの年賀状作成に適したプリンターをご紹介。チェックしておきたいポイントやおすすめのメーカーなども解説しているので、ぜひ自分にぴったりの1台を見つけてみてください。

年賀状印刷用プリンターの選び方

使用するデバイスをチェック

パソコン不要で作成するなら年賀状専用プリンター

By: epson.jp

一部のプリンターは、パソコンやスマートフォンを接続せずに、単体で年賀状を作成できます。本体に年賀状に使えるさまざまなテンプレートが登録されており、自由に選んで簡単におしゃれな年賀状をプリント可能です。

宛名の管理や入力などにも対応。プリンターを年に1度の年賀状印刷のためにしか使わない方や、スマートフォンやパソコンでデザインを作成するのが面倒だと感じる方におすすめです。

スマホで作成するならWi-Fiダイレクト機能やアプリ対応モデル

By: epson.jp

スマートフォンで年賀状を作成したい場合は、ワイヤレス機能が充実しているプリンターがおすすめ。特に、プリンターと端末を直接Wi-Fiで接続する「Wi-Fiダイレクト」に対応していると、無線LAN環境の有無にかかわらず使用できます。

また、スマートフォン向けにアプリが用意されているかどうかも重要。スマートフォン内の写真を年賀状に使用したり、宛名を登録して管理したりできると効率的に年賀状作りを進められます。

パソコンを使って作成するなら有線・無線どちらでも

By: hp.com

パソコンで年賀状の宛名やデザインを作成してプリントする場合は、有線タイプのプリンターとワイヤレスタイプのプリンターの両方を使用できます。

ノートパソコンやデスクトップパソコンの多くはUSBポートを搭載しており、Wi-FiやBluetoothにも対応しているので、自身の環境に合わせて使いやすいモデルを見つけやすいのがポイントです。

インクの種類をチェック

顔料インク

By: epson.jp

顔料インクは、インクの粒子が用紙の表面に定着して色を表現するタイプ。高精細かつ階調性豊かな色表現に適しており、マット系の用紙や画材紙などさまざまな用紙に使いやすい点が魅力です。

また、色が安定しやすく速乾性に優れている点も特徴。ハッキリとした仕上がりになりやすいので、年賀状の宛名のような文章の印刷にもおすすめです。

染料インク

By: hp.com

染料インクは、一般的に用紙にインクを染み込ませて色を付けるタイプ。用紙にインクが染み込むので印刷面が滑らかになりやすく、光沢用紙のような紙の質感を活かしやすい点がメリットです。

一方、インクが乾き色が安定するまでやや時間がかかりやすい点は染料インクのデメリット。色の再現度よりもプリント自体の速度を優先したい方におすすめです。

インクの数をチェック

宛名だけなら4色インク

By: epson.jp

プリンターのなかには、4色インクを搭載したモデルもあります。4色インクのプリンターは6色インクのモデルと比較して印刷の品質が劣りやすい傾向にあるものの、モノクロが中心のプリントであればほとんど気になりません。

そのため4色インクは、特に宛名や文章が中心の年賀状を作成したい方におすすめ。また、4色インクのプリンターは価格も比較的控えめなので、コストパフォーマンスを重視する方にも適しています。

写真も印刷するなら6色インク

By: rakuten.co.jp

6色インクを搭載したプリンターは、4色インクのプリンターと比較して色彩豊かで滑らかなグラデーションのプリントが可能です。年賀状にイラストや写真などを多用したい方に適しています。

また、年賀状以外の用途にプリンターを使う方にもおすすめ。特に、写真を綺麗にプリントしたい場合は、6色インクのほうが正確かつ鮮やかな色味に仕上げやすい傾向があります。

便利な機能をチェック

自動両面印刷機能

By: amazon.co.jp

プリンターに搭載されていると便利なのが「自動両面印刷機能」。名前の通り1度の印刷で年賀状のイラストと宛名を同時に印刷できるので、片面ずつ印刷するよりも効率よく作業を行えます。

特に、印刷する年賀状の枚数が多いほど効果的。ただし、モデルによってはがきを両面印刷するには専用のソフトを導入しなければならない場合もあるため、操作方法はよくチェックしておきましょう。

SDカード・USBメモリのデータ読み込み機能

By: rakuten.co.jp

プリンターによっては、SDカードスロットやUSBポートを搭載したモデルもあります。SDカードやUSBメモリなどを接続し、保存したデータを直接読み込んでプリントできるとさらに便利に活用できるのでおすすめです。

通常、年賀状や写真などをプリントする場合は、パソコンやスマートフォン内部のデータを利用します。しかし、SDカードやUSBメモリなどからデータを読み込める場合、プリンターのみで作業を完結可能です。

年賀状印刷用プリンターのおすすめメーカー

エプソン(EPSON)

By: amazon.co.jp

「エプソン」は、日本の大手電機メーカー。プリンターやスキャナーのほか、プロジェクターなどを手掛けています。個人向けだけではなく、ビジネス向けのプリンターや印刷機などを開発している点も特徴です。

エプソンは、プリンターとしてカラリオシリーズを展開。非常に種類が多く、年賀状作成に適したプリンターもラインナップされています。多くの選択肢のなかから用途や予算に応じて選びたい方におすすめです。

ブラザー(Brother)

By: brother.co.jp

「ブラザー」は、プリンターやドキュメントスキャナーなどを開発する日本のメーカー。家庭向けにはミシンや小型の空気清浄機なども展開しているほか、業務用のミシンや工作機械なども取り扱っています。

年賀状に適したプリンターも複数ラインナップ。専用のスマートフォンアプリで年賀状をデザインしたり住所を管理したりできるほか、無料のWebアプリも用意されているので、デバイスを問わずに使いやすい点が魅力です。

キヤノン(Canon)

By: amazon.co.jp

「キヤノン」は、さまざまな光学機器を取り扱う日本のメーカー。主にデジタルカメラやプリンター、スキャナーなどを手掛けており、特にデジタルカメラは世界的に高いシェアを有している人気のアイテムです。

キヤノンは、インクジェットプリンターの「PIXUS」シリーズを展開しています。フラットかつコンパクトで設置しやすいモデルや、多機能なモデルなどをラインナップ。年賀状作成のためのコンテンツも充実しており、個性的な年賀状を簡単に作成できます。

年賀状印刷用プリンターのおすすめ|年賀状専用プリンター

エプソン(EPSON) ハガキプリンター PF-81 PF-81-2022

はがきの印刷に特化した、おすすめの年賀状プリンター。本体に約9インチの大型ディスプレイが搭載されており、スマートフォンやタブレットのようにタッチで操作できます。年賀はがきを原寸大で表示しながら、直感的に年賀状を作成可能です。

年賀状向けのテンプレートが豊富に内蔵されている点も魅力のひとつ。定番の挨拶や干支にちなんだイラストなど、多彩なコンテンツが用意されているので、パソコンやスマートフォンを使わなくても簡単にオリジナリティのある年賀状を作れます。

キーボードが付属しているのもポイント。宛名や住所などをスムーズに入力して管理できます。登録できる宛名は1000件まで。親戚や仕事関係などでグループ分けできるのはもちろん、印刷済みや喪中など管理用のマーキング機能も用意されています。

年賀状印刷用プリンターのおすすめ|スマホ対応

エプソン(EPSON) カラリオ EP-884A

コンパクトで使いやすい、おすすめの年賀状向けプリンター。6色の染料インクに対応しており、年賀状に写真を印刷したい場合にも綺麗に仕上げられます。インクカートリッジが各色独立しているため、効率的に交換できる点も魅力です。

専用アプリをスマートフォンやタブレットにインストールすれば、簡単に連携できます。「Wi-Fiダイレクト」機能にも対応しており、本体に端末を近付けるだけで接続可能。もちろん、年賀状以外の印刷も行えます。

コンパクトなサイズもポイント。約幅349×奥行き340×高さ142mmと小型なので、限られたスペースにも設置できます。天面はマットな質感かつ形状もフラット。はがきやカメラなどを一時的に置く場所としても活用できます。

エプソン(EPSON) カラリオ EP-814A

写真を綺麗にプリントできる、おすすめの年賀状向けプリンター。6色インクに対応しているので、写真やイラストなどを使った年賀状も鮮やかに印刷できます。また、自動両面プリント機能も搭載されているため、年賀状の両面を効率的に印刷可能です。

もちろん、年賀状以外のプリントにも対応しています。プリントに応じてインクサイズを調節しながら印刷できる「Advanced-MSDT」の搭載により、文章はもちろん、イラストや写真も階調豊かに仕上げられる点が魅力です。

本体正面には、2.7インチの液晶モニターも搭載。カラー表示に対応しているほか、隣には操作パネルも用意されています。全体が最大約90°まで角度調節できるので、見やすく使いやすい状態でスムーズに操作可能です。

エプソン(EPSON) カラリオ EW-052A

顔料1色と染料3色の4色インクに対応する、おすすめの年賀状向けプリンター。インクのサイズを打ち分けながらプリントできるので、高速かつ高品質な印刷が叶います。また、写真の逆光や色被りを自動的に補正できる機能が搭載されている点も魅力です。

専用アプリをインストールしたスマートフォンやタブレットから操作できる点も特徴。無線LANルーターがない環境でも、スマートフォンやタブレットなどと直接ワイヤレス接続ができるWi-Fiダイレクトにも対応しています。

サイズがコンパクトなうえワイヤレスで利用できるため、場所を選ばずに設置可能です。また、高品質ながら価格が安いのもポイント。コストパフォーマンスに優れた年賀状向けプリンターを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

エプソン(EPSON) カラリオ EW-M754T

写真も文字もクッキリと印刷できる、年賀状におすすめのプリンター。4色の染料インクと1色の顔料インクを搭載しており、黒のみ顔料インクと染料インクの2種類用意されています。年賀状のほかに写真やチラシなど、さまざまな印刷物におすすめです。

本体にUSBポートが搭載されている点も魅力のひとつ。印刷したいデータを保存したUSBメモリを本体に差し込むことでプリントできます。また、別途用意したSDカードリーダーを接続すれば、SDカード内のデータもプリント可能です。

そのほか、操作性に優れているのもポイント。4.3インチのワイドタッチパネル液晶が搭載されているので、スマートフォンやタブレットのように直感的にタッチ操作できます。操作パネルは、角度調節にも対応。設置場所に合わせて柔軟な使い方ができます。

ブラザー(Brother) A4インクジェット複合機 DCP-J926N

多機能で使いやすい、年賀状におすすめのプリンター。4色インクを搭載しており、鮮やかな色に仕上げられます。また、「ダイレクトプリント」にも対応。SDカードやUSBメモリに保存したデータを直接接続してプリントできます。

年賀状用のアプリが用意されている点が特徴。スマートフォンに保存してある写真を年賀状に活用できるのはもちろん、簡単にデザインできるテンプレートも豊富に用意されています。また、ネット環境があればプリンターだけでも年賀状を作成可能です。

スキャナー機能が搭載されているのもポイント。読み取り台に複数の原稿を並べた状態でもスキャンできるので、名刺やはがきなどの小さい用紙をデータ化したい場合は、まとめて効率的に作業できます。

ブラザー(Brother) A4インクジェット複合機 DCP-J1200N

大容量のインクカートリッジを搭載した、年賀状におすすめのプリンター。インクカートリッジが大容量なうえ、使用するインク量を抑えるエコモードも搭載されています。カラーインクが切れてしまった場合でも、黒インクのみを使用してモノクロ印刷が可能です。

年賀状作成用のWebアプリが用意されている点も魅力のひとつ。無料のコンテンツを利用して、簡単にさまざまなデザインの年賀状を作成できます。もちろん、スマートフォンアプリにも対応。また、一部の人気年賀状作成ソフトも利用できます。

無線LAN環境が整っており、iPhoneやiPadなどの端末を使用している場合は、「AirPrint」も利用可能。無線LAN環境がない場合でも、プリンターとスマートフォンを直接「Wi-Fiダイレクト」で接続できます。

ヒューレット・パッカード(HP) HP ENVY Inspire 7221 31K15D0-AAAD

スタイリッシュなデザインが魅力的な、おすすめのプリンター。黒には顔料インク、カラーには染料インクを採用しており、鮮やかさと見やすさを両立しながら印刷できます。年賀状はもちろん、写真やイラストなどの印刷にもおすすめです。

スマートフォンからの印刷にも対応。また、自動両面印刷や印刷時の動作音を抑える「静かモード」など、便利な機能も多数搭載されています。天面にはフラットベッドスキャナーが用意されているので、コピーやスキャンも可能です。

本体正面には、約2.7インチの液晶カラータッチスクリーンを搭載。フラットな形状やおしゃれなバイカラーデザインの採用により、インテリアに馴染みやすいのもポイントです。

年賀状印刷用プリンターのおすすめ|パソコン向け

エプソン(EPSON) プリンター EW-M873T

簡単かつ綺麗に印刷できる、年賀状作成におすすめのプリンター。通常のブラックのほかにマットブラックのインクにも対応しているので、幅広い表現が可能です。インクには独自の「エコタンク」を採用しているため、低コストで使用できます。

年賀状のほか、さまざまな用紙のプリントに対応。厚紙にプリントできるほか、CDやDVDなどのレーベル印刷も行えます。また、自動両面プリント機能も搭載。専用のソフトを導入すれば、はがきにも自動両面プリントを行えます。

本体にSDカードスロットが用意されている点も特徴。SDカードを接続し、保存したデータを直接プリントできます。本体をパソコンと接続した場合、SDカードスロットはSDカードドライブとしても活用可能です。

エプソン(EPSON) カラリオ EW-452A

低価格ながら使い勝手に優れた、おすすめの年賀状向けプリンター。専用のソフトをインストールするとはがきの自動両面プリントに対応するので、年賀状をスムーズに作成できます。もちろん、通常の用紙も自動両面プリント可能です。

コピー機能が搭載されている点も特徴。免許証や保険証などの表と裏を1枚の用紙にコピーしたり、2枚のA4原稿を縮小して1枚のA4用紙に収めたりなど、柔軟なコピー方法に対応しています。また、余白が出ないようにコピーできる点も魅力です。

操作性に優れているのもポイント。1.44インチのカラー液晶を搭載しているほか、各種ボタンも大きく設計されているため、スムーズに操作できます。

エプソン(EPSON) カラリオ EP-306

コンパクトながら使い勝手に優れた、年賀状作成向けのおすすめプリンターです。「REALOID」と呼ばれる独自のプロセッサーシステムが搭載されている点が特徴。美しくかつ高速にプリントできるので、年賀状を含むさまざまなプリントをスムーズに行えます。

前面に2種類の用紙をセットできる点も魅力のひとつ。異なるサイズの用紙も同時にセットできます。また、同じ種類の用紙もセットできるため、両方にはがきをセットしておけば年賀状をスムーズに大量印刷可能です。

コンパクトなサイズもポイント。約幅390×奥行き338×高さ141mmと奥行きが少ないので、本棚のようなわずかなスペースにも設置できます。

ブラザー(Brother) A4インクジェット複合機 DCP-J4140N

年賀状以外にもさまざまな用途に活用しやすい、おすすめのプリンター。一般的なブラックインクのカートリッジ約16本分の「ファーストタンク」に対応しており、インク交換の手間をできるだけ抑えながら長期間使用できます。

年賀状を含む、さまざまなシーンで使いやすい専用のテンプレートが用意されている点も魅力のひとつ。Webアプリも用意されており、宛名面を含めて簡単に年賀状を作成できます。また、人気の年賀状作成ソフトで作ったデザインの年賀状もプリント可能です。

キヤノン(Canon) PIXUS XK500

高性能で使いやすい、年賀状作りにおすすめのプリンター。本体の正面に4.3インチの液晶画面を搭載しています。画面は、スマートフォンのようなタッチ操作に対応。メニューを選択するだけではなく、写真の補正やトリミングなどの設定も画面から行えます。

用紙は、背面給紙トレイと前面給紙カセットの両方にセット可能。両方とも自動紙幅検知機能に対応しているので、A4用紙はもちろん年賀状用のはがきや名刺などセットした用紙に合わせて、自動的にプリント設定が適用されます。

年賀状以外にも多彩なプリントに対応している点が魅力。CDやDVDのレーベル面にプリントしたり、ネイルシールをプリントしたりもできます。また、SDカードを接続すれば、保存したデータを直接プリント可能です。

キヤノン(Canon) PIXUS TS8530

コンパクトかつスタイリッシュな、年賀状作成におすすめのプリンター。本体が小型なうえフラットな形状なので置き場所を選びにくく、さまざまな場所に設置できます。複数のカラーバリエーションを展開している点も魅力です。

独立インクタンクの採用もポイント。なくなった色のインクカートリッジだけ交換できるため、経済的に使用できます。また、自動両面プリントにも対応。背面給紙の場合ははがきの印刷時にも両面プリント可能なので、効率的に使用できます。

さまざまなデバイスと連携できる点も特徴のひとつ。一般的なパソコンやスマートフォンのほか、Chromebookユーザーも使用できます。

ヒューレット・パッカード(HP) HP ENVY Inspire 7920 31K14D0

印刷以外の機能も充実した、おすすめの年賀状向けプリンター。年賀状や写真、ビジネスの資料などを素早くかつ綺麗に印刷できます。「デュアルドロップボリューム テクノロジー」の採用により、きめ細かく仕上げられる点が特徴です。

ADFが搭載されている点も魅力のひとつ。最大で約35枚までの原稿をセットでき、自動的に読み込まれていくので、大量の書類をコピーしたい場合に適しています。

プリンターの売れ筋ランキングをチェック

プリンターのランキングをチェックしたい方はこちら。