持ち運びに便利で、場所を選ばずに使用できる「モバイルプリンター」。A4サイズの用紙をサクサク印刷できるモノもあれば、写真をプリントするのに適したモノ、スマホ対応のモデルなど、さまざまな製品がラインナップされています。

そこで今回は、モバイルプリンターのおすすめ製品をピックアップ。「A4対応」「写真印刷向け」「スマホ対応」に分けて、それぞれおすすめモデルをご紹介します。

モバイルプリンターとは?

By: canon.jp

モバイルプリンターとは軽量でコンパクトなプリンターのこと。カバンの中に収納できる持ち運びに便利なタイプや、デスクの引き出しにしまっておけるサイズのモノなど、さまざまな種類があります。

ほとんどの製品がバッテリーを内蔵しているので、電源が確保できない外出先でも手軽に印刷できるのがメリットです。

モバイルプリンターの選び方

用途に合わせて選ぶ

By: amazon.co.jp

モバイルプリンターは一般的によく使われるA4コピー用紙対応のモノと、写真印刷向け製品の2種類に分けられます。A4対応のモノは用紙のサイズよりも少し大きい程度で、設置しやすく場所移動も簡単。会議用資料などを作成するときに便利なため、ビジネスはもちろん、家庭でもA4サイズの印刷物をプリントできるのが魅力です。

写真印刷向けのモノは本体サイズが小さく、カバンに入れて持ち運びしやすいのが特徴。Wi-FiやBluetoothを使ってスマホやタブレットと接続すれば、端末内の写真や画像を印刷できます。撮影した写真をすぐにプリントしたい方にもおすすめです。

仕事などでも使いたい方はA4対応のモノ、カメラ撮影したものをプリントするのがメインの方は写真印刷向けのモノといったように、用途に合わせて選びましょう。

印刷方式で選ぶ

インクジェット式

By: rakuten.co.jp

インクジェット式は用紙に細かくしたインクの粒を吹き付けることで文字や画像を定着させる方式のこと。一般的な家庭用プリンターにも採用されている印刷方式で、A4サイズなどの大判印刷にも対応しているモデルが多いのも特徴です。

顔料にインクを採用したモデルならば水分や手汗でにじみにくいので、営業やプレゼンなどで書類をハードに扱うことが多いビジネスシーンでの利用にもおすすめ。ただし、インクはなくなったら用紙とは別に補充する必要があるため、感熱式と比較して印刷コストが高くなりやすいのが難点です。

感熱式

By: amazon.co.jp

感熱式は専用紙に熱を加えて用紙内に埋め込まれた色素を変色させることで文字などを焼き付ける方式のこと。レジのレシート印刷や券売機のチケット印刷などにも採用されている方式で、構造がシンプルのため軽量コンパクトで持ち運びやすいモデルが多いのも特徴です。

インクは用紙と一体になっているので別途インク補充の必要がないのもポイント。ただし、印刷サイズは小型のモノに限られており、画質面でもインクジェット式と比べてやや劣ります。とはいえ、どこでも気軽に写真やロゴなどが印刷できるので、スマホとセットで持ち歩くのにおすすめです。

電源タイプで選ぶ

By: canon.jp

モバイルプリンターは、コンセントから電源供給を行うAC電源タイプと、プリンター本体にバッテリーを搭載したバッテリー駆動タイプの2種類があります。

AC電源タイプは、コンセントから直接電源を供給できるため、バッテリーの残量を気にする必要がないのがメリット。たくさん印刷をする方におすすめです。なお、コンセントのある場所でしか使えないので、外出先でも使いたい方は注意しましょう。

バッテリー駆動タイプはコンセントがない場所でも使えるため、室内外問わず快適に使えるのが魅力。しかし、定期的な充電が必要なことと、AC電源タイプと比べると価格が高いことがデメリットです。用途や価格をふまえて自分に合ったタイプを選びましょう。

機能で選ぶ

By: canon.jp

同じような基本機能や価格でどのモバイルプリンターにするか迷ったら、プラスアルファの便利な機能で選ぶのがおすすめです。

いつでもどこでも高速プリントが可能なハイスピード印刷に対応したモノから、ワイヤレスでプリントできるWi-Fi・Bluetoothを搭載したモバイルプリンター、使う用途や環境に合わせてAC電源とバッテリーの好きな電源タイプが選べるモノまで、さまざまなタイプのモバイルプリンターがあります。

また、たくさんの資料や写真を印刷する方には、デスクトッププリンターと共通の大容量インクカートリッジが使えるモノがおすすめ。モバイルプリンターを選ぶ際は、ぜひチェックしてみてください。

モバイルプリンターのおすすめメーカー

キヤノン(Canon)

By: rakuten.co.jp

キヤノンは、デジタルカメラやプリンターを発売している大手電気機器メーカー。プリンターに関しては大きめのモノからモバイルタイプまで幅広く展開しています。

モバイルプリンターでは、軽量かつ無線接続で使える「SELPHY」シリーズや、かわいらしいデザインが特徴のスマホ専用ミニフォトプリンター「iNSPiC」が人気です。

エプソン(EPSON)

By: rakuten.co.jp

エプソンは、長野県に本社を置くメーカー。プリンターやプロジェクターから電子デバイスまで手掛けているほか、SEIKOおよびORIENTブランドの腕時計を製造していることで知られています。

エプソンのA4対応モデルはコンパクトかつクールなデザインが魅力。機能性はもちろん、デザインにもこだわりたい方はチェックしてみてください。

ブラザー(Brother)

By: brother.co.jp

ブラザーは、愛知県のほか世界各地に40ヵ所以上の拠点を持つグローバルメーカー。プリンターや業務用ミシン、ファックスなどを発売しており、日本よりも海外で高いシェアを誇ります。

モバイルプリンターは、A4対応で高速プリント可能な軽量モデルが人気。ほかにも、Bluetooth接続でスマホ印刷ができるモノなど、さまざまな製品を展開しているのが魅力です。

モバイルプリンターのおすすめ|A4対応

キヤノン(Canon) ビジネスインクジェットプリンター TR153

出張や営業先でのビジネス文書の印刷に活躍するA4カラー対応のモバイルプリンターです。重さ約2.1kg、幅約32.2×奥行き約18.5×高さ約6.6cmと軽量コンパクトなので、ビジネスバッグへの収納も簡単にできます。

文字専用の黒色顔料インクを採用しているので書類や資料の印刷にもおすすめ。また、1分当たりの印刷スピードが、A4カラー文書で約5.5枚、A4モノクロ文書で約9枚とモバイルプリンターとしては速いのも魅力です。

使用頻度の高い文書データを保存しておくことでネット環境がない場所でも本体だけで印刷できる「定型文書プリント」機能も搭載。給紙容量は最大50枚で、モバイルバッテリーなどからの給電にも対応しています。

エプソン(EPSON) A4モバイルプリンター PX-S06

外出先で大量印刷が必要な方におすすめのA4カラー対応モバイルプリンターです。最大50枚の印刷が可能な内蔵バッテリーを標準搭載。さらに、別売りの大容量外付けバッテリーを装着すれば最大410枚までの大量印刷ができます。

無線LAN環境がない場所でもスマホやノートパソコンと直接接続してワイヤレス印刷ができるWi-Fi Directに対応。さらに、電波干渉の受けにくい5GHz帯のWi-Fiが利用できるので、カフェなど周囲にWi-Fi機器が多くある場所でも安定した印刷が可能です。

全色で顔料インクを採用しているのもポイント。また、重さ約1.7kg、使用時のサイズが幅約30.9×奥行き約23.2×高さ約21.7cmと携帯性にも優れています。

ブラザー(Brother) モバイルプリンター PJ-763MFi

出張の多いiPhone・iPadユーザーにもおすすめのA4カラー対応モバイルプリンターです。重さ約610g、幅約25.5×奥行き約5.5×高さ約3cmとA4プリンターとしては最小クラスなのが特徴。また、最大600枚の大量印刷が可能な大容量バッテリーも標準搭載しています。

iPhoneやiPadでの連携動作を保証するアップル社の正規認証「MFi」を取得しているのもポイント。Wi-FiやBluetoothはもちろん、Lightning-USBケーブルを使った有線接続でも安定した印刷が利用できます。

1分当たりの印刷スピードが約8枚と高速なのも魅力。1分1秒の時間を争うビジネスシーンにおすすめです。

ヒューレット・パッカード(HP) モバイルプリンター OfficeJet 200 Mobile CZ993A#ABJ

優れたコスパとスリムなデザインで人気のあるA4カラー対応モバイルプリンターです。重さ約2.1kg、幅約36.4×奥行き約18.6×高さ約6.9cmの軽量コンパクトなボディが魅力。ACアダプターを内蔵しているので、設置時や移動もスムーズにできます。

印刷コストが低めなのも魅力。A4カラー文書が1枚約11円、A4モノクロ文書が1枚約4.5円で印刷できます。

オプション品として最大415枚のA4カラー印刷が可能な外付けバッテリーも用意。印刷スピードも速く、バッテリー駆動時でもA4カラーで1枚約6枚、A4モノクロで1枚約9枚とAC電源使用時とほぼ変わらないパワフルさがあります。

ヒューレット・パッカード(HP) モバイルプリンター複合機 OfficeJet 250 Mobile

コンパクトながら複合機としても使えるA4カラー対応のモバイルプリンターです。印刷機能に加えて、コピー機とスキャナーの機能も搭載されているのが特徴。1台で3役こなせるので、別途スキャナーなどを購入することなく限られたデスクスペースを有効活用できます。

最大10枚まで用紙をセットできる「ADF」を搭載するのもポイント。複数枚の書類や資料をまとめてスピーディーに印刷・スキャン・コピーできるので、出張の滞在先で文書を整理する際にも重宝します。

重さは約2.96kg、サイズは幅約38×奥行き約19.8×高さ約9.1cm。ACアダプター内蔵のスッキリとしたデザインなので、不使用時は引き出しへ簡単に収納できます。

A4対応のモバイルプリンターについてさらに詳しく知りたい方は以下記事を参考にしてみてください。

モバイルプリンターのおすすめ|写真印刷向け

キヤノン(Canon) スマホ専用ミニフォトプリンター iNSPiC PV-123

気軽にスマホと一緒に持ち歩けるおしゃれな写真用モバイルプリンターです。重さ約160g、縦約11.8×横約8.2×厚さ約1.9cmと手のひらサイズなのが特徴。パーティーやイベントで友人と撮った写真をその場で共有する際などにおすすめです。

印刷方式は感熱式で、インクを使わずフルカラープリントが可能な「Zero Ink technology」を搭載。また、専用のスマホアプリでは画像加工やコラージュ作成も簡単操作で楽しめます。

専用用紙のZINKペーパーは裏面がシールになっているのもポイント。いろいろなモノに切り貼りしてオリジナルのアイテムが作れます。

キヤノン(Canon) フォトプリンター SELPHY CP1300

外出先でも高画質な写真印刷が楽しめる写真用モバイルプリンターです。Wi-Fiにダイレクト接続ができるので、無線LANが設置されていない場所でもスマホと直接接続して印刷が可能。また、USBメモリやSDカードからの印刷にも対応します。

感熱式の一種ながら高画質な写真印刷ができる「昇華型熱転写方式」を採用しているのも特徴。熱でインクを気化させて用紙に焼き付け、最後に特殊なフィルムで防水・防汚加工を施すので、大切な写真もキレイなまま長持ちできます。

重さは約860g、サイズはおよそ幅18×奥行き13.6×高さ6.3cm。別売りのバッテリーを装着することで電源のない場所でもプリントが楽しめます。別売でシール紙を含む豊富な専用用紙が用意されているのも魅力です。

コダック(Kodak) インスタントプリンター P210

手のひらサイズながら高画質な写真印刷が楽しめるモバイルプリンターです。感熱式を進化させた独自の昇華型熱転写技術「4PASS」を印刷方式に採用。3原色のカラー染料を連続して用紙に転写するので、オリジナルに迫る鮮やかな色を写真で再現できます。

印刷工程の最後にオーバーコートでラミネート加工をプリントに施すのも特徴。水濡れや汚れに強いため、きれいな仕上がりが長期間維持できます。重さ約245g、サイズはおよそ縦13.3×横7.6×厚さ2.6cmと携帯性に優れているのも特徴です。

用紙とインクが一体になったカートリッジを採用。用紙は10枚入りですが、途中でシールタイプの用紙に入れ替えもできます。本体の価格が安いのも魅力です。

富士フイルム(FUJIFILM) スマートフォン用プリンター スマホdeチェキ instax SHARE SP-3

印象的な色合いのスクエアプリントが楽しめる写真用モバイルプリンターです。スマホや富士フイルムのデジカメとWi-Fiで接続することで、Instagramでもお馴染みの正方形フォーマットで高画質な写真の印刷が楽しめます。

銀塩フィルムの技術を応用したレトロながらも記憶に残る鮮やかな仕上がりも魅力。また、新搭載の露光システムによって320dpiの高解像度を実現しているので、風景写真の微細なグラデーションなどもくっきりと再現できます。

重さは約312g、サイズはおよそ縦13×横11.6×厚さ4.4cm。画像転送からプリント排出までの待機時間がわずか13秒と高速なのもポイントです。加えて、専用のスマホアプリからは多彩なレイアウトやフィルター機能も使用できます。

富士フイルム(FUJIFILM) スマートフォン用プリンター チェキ instax mini Link

仲間と一緒に楽しめる写真用モバイルプリンターです。重さ約209g、大きさおよそ縦12.5×横9×厚さ約3.5cmと持ち運びが簡単。専用のスマホアプリから2つのモードを使い分けることで写真印刷を通して多彩な楽しみ方が味わえます。

印刷特化用の「Print Mode」では、スマホに表示した画像を下から上にスワイプするだけで簡単に写真の印刷が可能。加えて、プリンターを逆さにした状態でボタンを押すと最後に印刷した画像がもう一度印刷できる「リプリント」機能も使えます。フル充電時は連続で約100枚の大量プリントが可能なのも魅力です。

レクリエーション用の「Fun Mode」では、紙に書いた絵や文字を抜き出して、画像と組み合わせてプリントが可能。また、写真を使ったクイズや診断ゲームのほか、コラージュ写真の作成も楽しめます。

モバイルプリンターのおすすめ|スマホ対応

Phomemo スマホ対応 ミニプリンター M02S

国際郵便をイメージさせるかわいらしいデザインの感熱式モバイルプリンターです。インテリアとしても映える、おしゃれな製品を探している方におすすめのモデル。解像度300dpiのモノクロ出力が可能です。ファイルのタイトルや手帳に貼り付けるメモなど、ちょっとしたモノをプリントする際に重宝します。

また、印刷用の素材が豊富なのも本モデルの特徴。アイデア次第でオリジナリティ溢れるユニークなプリントが楽しめます。幅15mm・25mm・53mmの3種類のロール紙と互換性があるので、用途に応じて使い分け可能。スマホに専用アプリをダウンロードすることで、スムーズに好みの写真を印刷できるおすすめのモデルです。

モバイルプリンターのAmazonランキングをチェック

モバイルプリンターのAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。