持ち運びに便利で、場所を選ばずに使用できる「モバイルプリンター」。各製品の機能はさまざまで、A4サイズの用紙をサクサク印刷できるモノもあれば、写真をプリントするのに適した機種、スマホ対応のモデルなど、さまざまな製品がラインナップされています。

そこで今回は、モバイルプリンターのおすすめ製品をピックアップ。「A4対応」「写真向け」「スマホ対応」と3つの項目に分けて、それぞれおすすめモデルをご紹介します。

モバイルプリンターとは?

By: amazon.co.jp

モバイルプリンターとは軽量コンパクトなプリンターのこと。カバンの中に収納できる持ち運びに便利なタイプや、デスクの引き出しにしまっておけるサイズなど、さまざまな種類があります。

ほとんどの製品がバッテリーを内蔵しているので、電源が確保できない外出先でも手軽に印刷できるのがメリットです。

モバイルプリンターの選び方

用途に合わせて選ぶ

By: amazon.co.jp

モバイルプリンターは一般的によく使われるA4コピー用紙対応のモノと、写真印刷向け製品の2種類に分けられます。

A4対応のモノは用紙のサイズよりも少し大きい程度で、設置がしやすく場所移動も簡単。会議用資料などを作成するときに便利なため、ビジネス利用はもちろん、家庭でもA4サイズの印刷物をプリントできるのが魅力です。

写真印刷向けのモノは本体サイズが小さく、カバンに入れて持ち運びしやすいのが特徴。Wi-FiやBluetoothを使ってスマホやタブレットと接続すれば、端末内の写真や画像を印刷できます。撮影した写真をすぐにプリントしたい方にもおすすめです。

仕事などでも使いたい方はA4対応のモノ、カメラ撮影したものをプリントするのがメインの方は写真印刷向けのモノといったように、用途に合わせて選びましょう。

製品のタイプで選ぶ

By: amazon.co.jp

モバイルプリンターは「インクジェットタイプ」「感熱タイプ」の2種類に分けられます。一般的によく使われているのがインクジェットタイプ。小さなノズルから、インクを打ち出してプリントします。プリンターのなかでも価格が安いのが特徴。なお、プリンターによってはインクの価格が高く、ランニングコストが高くなることもあるため、注意が必要です。

感熱タイプは、熱によって色が変化する専用紙に熱を与えて印刷するタイプのプリンター。インクカートリッジなどのインク類を使用しないので、消耗品は紙のみなのが特徴です。また、構造が簡単なため、インクジェットプリンターよりも小型なモノが多いのも魅力。なお、使用するカラー用紙が少し高価なモデルもあるので、紙代に若干コストがかかることがあります。

電源タイプで選ぶ

61yM2s2tXRL._SL1500_

By: amazon.co.jp

モバイルプリンターは、コンセントから電源供給を行うAC電源タイプと、プリンター本体にバッテリーを搭載したバッテリー駆動タイプの2種類があります。

AC電源タイプは、コンセントから直接電源を供給できるため、バッテリー残量などを気にする必要がありません。たくさん印刷をする方におすすめです。なお、コンセントのある場所でしか使えないので、外出先でも使いたい方は注意しましょう。

バッテリー駆動タイプはコンセントがない場所でも使えるため、室内外問わず快適に使えるのが魅力。しかし、定期的に充電が必要なことやAC電源タイプと比べると価格が高い傾向にあるので注意しておきましょう。

機能で選ぶ

71Sa-Qwy9QL._SL1500_

By: amazon.co.jp

同じような基本機能や価格でどのモバイルプリンターにするか迷ったら、プラスアルファの便利な機能で選ぶのがおすすめです。

いつでもどこでも高速プリントが可能なハイスピード印刷に対応したモノから、ワイヤレスでプリントできるWi-Fi・Bluetoothを搭載したモバイルプリンター、使う用途や環境に合わせてAC電源とバッテリーの好きな電源タイプが選べるモノまで、さまざまなタイプのモバイルプリンターがあります。

また、たくさんの資料や写真を印刷する方には、デスクトッププリンターと共通の大容量インクカートリッジが使えるモノがおすすめ。モバイルプリンターを選ぶ際は、ぜひチェックしてみてください。

モバイルプリンターのおすすめメーカー

キヤノン(Canon)

By: amazon.co.jp

キヤノンは、デジタルカメラやプリンターを発売している大手電気機器メーカー。プリンターに関しては大きめのモノからモバイルタイプまで幅広く展開しています。

モバイルプリンターでは、軽量かつ無線接続で使える「SELPHY」シリーズや、可愛らしいデザインが特徴のスマホ専用ミニフォトプリンター「iNSPiC」が人気です。

エプソン(EPSON)

By: amazon.co.jp

エプソンは、長野県に本社を置くメーカー。プリンターやプロジェクターから電子デバイスまで手掛けているほか、SEIKOおよびORIENTブランドの腕時計を製造していることで知られています。

プリンターにおいては「カラリオ」シリーズが有名。A4対応モデルはコンパクトかつクールなデザインが魅力です。なかには年賀状の作成に特化したモデルもあります。

ブラザー(Brother)

By: rakuten.co.jp

ブラザーは、愛知県のほか世界各地に40ヵ所以上の拠点を持つグローバルメーカー。プリンターや業務用ミシン、ファックスなどを発売しており、日本よりも海外で高いシェアを誇っています。

モバイルプリンターの場合、A4対応で高速プリント可能な軽量モデル「PocketJet」シリーズが人気。アップルデバイス対応モデルからBluetooth接続でスマホ印刷ができるモノまで、さまざまな製品を展開しているのが魅力です。

ヒューレットパッカード(HP)

By: amazon.co.jp

ヒューレットパッカードは、パソコン関連製品を発売しているメーカー。高級路線のノートパソコンから3Dプリンターまで展開しています。

モバイルプリンターは、ポケットサイズでガーリーなデザインが可愛い「HP Sprocket」が人気。そのほか、コンパクトなA4対応プリンターもラインナップしています。

モバイルプリンターのおすすめ|A4対応

キヤノン(Canon) PIXUS iP110

キヤノン(Canon) PIXUS iP110

ビジネスパーソンから人気のあるA4対応のモバイルプリンターです。本体サイズは幅32.3×奥行き18.5×高さ6.2cmとコンパクトで、重さも約2kgと軽いのが特徴。ビジネスバッグにも収まるので、営業や出張のパートナーとしてもおすすめです。

インクには、染料4色と顔料黒色からなる「5色ハイブリッド」を採用。黒色の文字が明瞭に印刷できるほか、汗などで濡れても滲みにくいため、見積書や契約書のモノクロ印刷などに重宝します。

電源にはACアダプターを採用。加えて、A4文書が最大約240枚印刷できるバッテリーをオプションで追加できるので、電源が確保できない商談の現場でも使用できます。

エプソン(EPSON) ビジネスプリンター PX-S06

エプソン(EPSON) ビジネスプリンター PX-S06

外回りや出張の多いビジネスパーソンにおすすめのA4対応モバイルプリンターです。本体サイズは幅30.9×奥行き15.9×高さ6.1cmで、重さも約1.7kgと軽量。付属品もコンパクトな設計なので、ビジネスバッグへの収納も簡単に行えます。

印刷にはUSB接続またはWi-Fi接続を採用。5GHz帯のWi-Fi電波にも対応しているため、スマホや電子レンジなどオフィス内の機器から電波干渉を受けずに印刷できます。

Wバッテリー対応なのもポイント。電源には同梱の内蔵バッテリーを使用しますが、オプションで大容量の外付けバッテリーを追加で搭載できます。2つのバッテリー合計で、最大410枚のA4文書印刷が可能です。

ブラザー(Brother) PocketJet PJ-763MFi

ブラザー(Brother) PocketJet PJ-763MFi

業務用途の分野で広く愛用されているA4対応の高性能モバイルプリンターです。本体サイズは幅25.5×奥行き5.5×高さ3cmで、重さはバッテリー含めて約610g。A4対応機としては別格の小型化を実現しています。

印刷スピードが高速なのも特徴。感熱紙を使用するダイレクトサーマル印刷方式を採用しており、1分間に約8枚の印刷ができます。1分1秒を争うビジネスの現場にもスピーディーに対応が可能です。

iOS機器との連携に最適化されたアップルのMFi認定を取得しており、iPhoneやiPadからBluetoothを通して確実な印刷が可能。また、最大600枚の印刷ができる内蔵バッテリーを搭載しており、オプションで車内充電できるカーアダプターも用意されています。

ヒューレットパッカード(HP) HP OfficeJet 200 Mobile

ヒューレットパッカード(HP) HP OfficeJet 200 Mobile

低コストで導入できるA4対応のモバイルプリンターです。本体の価格だけではなく、印刷コストも安いのが特徴。A4カラー文書が1枚約11円、モノクロ文書が1枚約4.5円で印刷できるので、印刷頻度が多い方ほどランニングコストの削減が期待できます。

本体サイズは幅36.4×奥行き18.6×高さ6.9cmで、重さは約2.1kg。電源コードがスリムな形状で、オプションのバッテリーも本体背面に内蔵できる仕様のため、外出先への持ち運びも簡単に行えます。

接続方法はUSB・有線LAN・Wi-Fiに対応。専用アプリを使えば、iPhoneやAndroidスマホからも快適に印刷を行えます。

A4対応のモバイルプリンターがもっとみたい方は以下記事を参考にしてみてください。

モバイルプリンターのおすすめ|写真印刷向け

キヤノン(Canon) SELPHY CP1300

キヤノン(Canon) SELPHY CP1300

多彩なレイアウトの写真印刷が手軽に楽しめるモバイルプリンターです。サイズは幅18×奥行き13×高さ6.3cmとコンパクト。ACアダプター以外にも、オプションのバッテリーでの駆動にも対応しているので、屋外のホームパーティーなどにも活躍します。

印刷には専用の用紙を使用しますが、L判以外にもカードサイズや正方形シールなど豊富な用紙ラインナップを用意。加えて、多彩な印刷レイアウトに対応しているのも魅力で、コラージュ風やフォトブース風の印刷も楽しめます。

印刷方式は熱でインクを気化させてプリントする昇華型熱転写方式を採用。滑らかな色のグラデーションで印刷できます。また、仕上げに特殊なフィルム処理(オーバーコート)が施されているため、印刷面が水や汚れに強いのもポイントです。

コダック(Kodak) インスタントドックプリンター PD460

コダック(Kodak) インスタントドックプリンター PD460

高画質なハガキサイズの写真印刷が楽しめるモバイルプリンターです。本体上部のUSB Type-Cコネクタにスマホを直挿しすることで高速かつ確実な印刷が可能。また、Bluetooth接続にも対応しているので、iPhoneや古いAndroidスマホでも利用できます。

印刷方式には独自の昇華型熱転写技術「4PASS」を採用。イエロー・マゼンダ・シアンの順でインクが転写されるため、コンパクトなボディにもかかわらず高い色再現性を持っています。さらに、最後に水濡れや退色に強いオーバーコート処理も施されるので、プリントは長期保存が可能なのも特徴です。

専用のスマホアプリに対応しているのもポイント。多彩なフィルターやテンプレートでお気に入りの写真をより魅力的にアレンジできます。

モバイルプリンターのおすすめ|スマホ対応

富士フイルム(FUJIFILM) instax mini Link

富士フイルム(FUJIFILM) instax mini Link

多彩な楽しみ方が味わえるスマホ対応のモバイルプリンターです。女性を中心に絶大な人気がある「チェキ」シリーズの最新モデル。印刷には通常サイズのチェキフィルムを使用しますが、スマホアプリを使って直感的に印刷が楽しめます。

本体の置き方でモードが変わるのも特徴のひとつ。縦置き時の「Print Mode」では、スマホアプリ内で画像を上にスワイプすると連動して印刷が開始できたり、動画からベストショットを切り取れたりなどが手軽に行えます。

横置き時の「Fun Mode」では、女子会やパーティーを盛り上げる機能が充実。複数台のスマホに接続して、仲間たちと一緒にコラージュ作成や画像診断テストなどが楽しめます。

富士フイルム(FUJIFILM) “スマホdeチェキ” instax SHARE SP-3

富士フイルム(FUJIFILM) “スマホdeチェキ" instax SHARE SP-3

インスタグラム風の高画質なスクエアプリントが楽しめるスマホ対応のモバイルプリンターです。印刷には、縦横比1:1の画像印刷に対応する専用のチェキを使用。新しい露光システムの採用により、チェキ独特の風合いは残しつつも、ワンランク上の画質が味わえます。

専用のスマホアプリには多彩なテンプレートやフィルター効果も完備。80年以上にも及ぶ富士フイルムのノウハウを凝縮した「Image Intelligence」フィルターを使用すれば、明るさや色合いを最適化したプリントを手軽に仕上げられます。

SNS上に投稿された写真を簡単に印刷できるのもポイント。自慢の作品をスマホの画面上よりもさらに魅力的な形で見せられます。

キヤノン(Canon) iNSPiC PV-123

キヤノン(Canon) iNSPiC PV-123

スマホと一緒に持ち運びできるコンパクトなモバイルプリンターです。本体の重さはわずか約160g、サイズは縦約11.8×横約8.2×高さ約1.9cmとスマホ並みに小型・軽量なのが特徴。簡単に携帯できるので、イベントやパーティーにも気軽に携帯できます。

使い方もシンプル。専用のスマホアプリから印刷まで3ステップで行えるため、機械の操作が苦手な方でも安心。また、アプリ上ではメッセージ・スタンプを入れたり、コラージュしたりと、さまざまな楽しみ方が可能です。

印刷には、必要な色が埋め込まれた専用の「ZINKフォトペーパー」を使用。裏面がシールになっているので、自作のフォトブックやステッカーなどが簡単に作れます。

ヒューレットパッカード(HP) HP Sprocket

ヒューレットパッカード(HP) HP Sprocket

スタイリッシュなデザインが目を引くスマホ対応のモバイルプリンターです。明るいパステルカラーのボディにはおしゃれなマーブル模様を配置。また、重さ約170gとスマホよりも軽量コンパクトで持ち運びやすいので、いつでも手軽に写真プリントが楽しめます。

印刷には5×7.6cmの専用フォトシールを採用。熱転写方式を採用しているため、インク交換は必要ありません。さらに、裏面がシールになっているので、オリジナルのフォトブックやギフトなどが簡単に作れます。

専用のスマホアプリには多彩な加工機能が充実。テキストやフィルターの追加はもちろん、手書きの文字やイラストを取り込める「カスタムスタンプ」や、カメラをかざすと写真が動き出す「マジックフレーム」などの機能も使えます。

モバイルプリンターのAmazonランキングをチェック

モバイルプリンターのAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。