持ち運びに便利で、場所を選ばずに使用できる「モバイルプリンター」。各製品の機能はさまざまで、A4サイズの用紙をサクサク印刷できるモノもあれば、写真をプリントするのに適した機種、スマホ対応のモデルなど、さまざまな製品がリリースされています。

そこで今回は、モバイルプリンターのおすすめ製品をピックアップ。「A4対応」「写真向け」「スマホ対応」と3つの項目に分けて、それぞれおすすめモデルをご紹介します。

モバイルプリンターとは?

By: amazon.co.jp

モバイルプリンターとは軽量コンパクトなプリンターのこと。カバンの中に収納できる持ち運びに便利なタイプや、デスクの引き出しにしまっておけるサイズなど、さまざまな種類があります。

ほとんどの製品がバッテリーを内蔵しているので、電源が確保できない外出先でも手軽に印刷できるのがメリットです。

モバイルプリンターの選び方

用途に合わせて選ぶ

By: amazon.co.jp

モバイルプリンターは一般的によく使われるA4コピー用紙対応のモノと、写真印刷向け製品の2種類に大別できます。

A4対応のモノは用紙のサイズよりも少し大きい程度で、設置がしやすく場所移動も簡単。会議用資料などを作成する時に便利なため、ビジネス利用はもちろん、家庭でもA4サイズの印刷物をプリントできるのが魅力です。

写真印刷向けのモノは本体サイズが小さく、カバンに入れて持ち運びしやすいのが特徴。Wi-FiやBluetoothを使ってスマホやタブレットと接続すれば、端末内の写真や画像を印刷できます。撮影した写真をすぐにプリントしたい方にもおすすめです。

仕事などでも使いたい方はA4対応を、カメラ撮影したものをプリントするのがメインの方は写真印刷向けというように用途に合わせて選びましょう。

製品のタイプで選ぶ

By: amazon.co.jp

モバイルプリンターは「インクジェットタイプ」と「感熱タイプ」の2種類に分けられます。

一般的によく使われているのがインクジェットタイプで、小さなノズルからインクを打ち出してプリントします。プリンターのなかでも価格が安いのが特徴。ただし、プリンターによってはインクの価格が高く、ランニングコストが高くなることもあるため、注意が必要です。

感熱タイプは、熱によって色が変化する専用紙に熱を与えて印刷するタイプのプリンター。インクカートリッジなどのインク類を使用しないので、消耗品は紙のみという点が特徴です。また、構造が簡単なため、インクジェットプリンターよりも小型なモノが多いのも魅力。ただし、使用するカラー用紙が少し高価なモデルもあるので、紙代に若干コストがかかることがあります。

電源タイプで選ぶ

61yM2s2tXRL._SL1500_

By: amazon.co.jp

モバイルプリンターは、コンセントから電源供給を行うAC電源タイプと、プリンター本体にバッテリーを搭載したバッテリー駆動タイプの2種類があります。

AC電源タイプは、コンセントから直接電源供給ができるため、バッテリー残量などを気にする必要がありません。たくさん印刷をする方におすすめです。ただし、コンセントのある場所でしか使えないため、外出先でも使いたい方は注意しましょう。

その点、バッテリー駆動タイプはコンセントがない場所でも使えるため、室内外問わず快適に使えるのが魅力。しかし、定期的に充電が必要なことやAC電源タイプと比べると価格が高いなどの弱点もあります。

機能で選ぶ

71Sa-Qwy9QL._SL1500_

By: amazon.co.jp

同じような基本機能や価格で、どのモバイルプリンターにするか迷ったら、プラスアルファの便利な機能で選ぶのがおすすめです。

例えば、いつでもどこでも高速プリントが可能なハイスピード印刷に対応したモノから、ケーブル不要のワイヤレスでプリントできるWi-Fi・Bluetoothを搭載したモバイルプリンター、使う用途や環境に合わせてAC電源とバッテリーの好きな電源タイプが選べるモノまで、いろいろなタイプのモバイルプリンターがあります。

たくさんの資料や写真を印刷する方には、デスクトッププリンターと共通の大容量インクカートリッジが使えるモノがおすすめ。モバイルプリンターを選ぶ際には、このような便利なオプションも合わせてチェックしてみてください。

モバイルプリンターのおすすめメーカー

キヤノン(Canon)

By: amazon.co.jp

キヤノンは、デジタルカメラやプリンターを販売している大手電気機器メーカー。プリンターに関しては大きめのモノからモバイルタイプまで幅広く展開しています。

モバイルプリンターでは、軽量かつ無線接続で使える「SELPHY」シリーズや、可愛らしいデザインが特徴のスマホ専用ミニフォトプリンター「iNSPiC」が人気です。

エプソン(EPSON)

By: amazon.co.jp

エプソンは、長野県に本社を置くメーカー。プリンターやプロジェクターから電子デバイスの販売まで手掛けているほか、SEIKOおよびORIENTブランドの腕時計を製造していることで知られています。

プリンターにおいては「カラリオ」シリーズが有名。A4対応モデルはコンパクトかつクールなデザインが魅力です。なかには年賀状の作成に特化したモデルもあります。

ブラザー(Brother)

By: amazon.co.jp

ブラザーは、愛知県のほか世界各地に40ヵ所以上の拠点を持つグローバルメーカー。プリンターや業務用ミシン、ファックスなどを販売しており、日本よりも海外で高いシェアを誇っています。

モバイルプリンターの場合、A4対応で高速プリント可能な軽量モデル「ポケットジェット」シリーズが人気。アップルデバイス対応モデルからBluetooth接続でスマホ印刷ができるものまでさまざまな製品を展開しているのが魅力です。

ヒューレットパッカード(HP)

By: amazon.co.jp

ヒューレットパッカードは、パソコン関連製品を販売するメーカー。高級路線のノートパソコンから3Dプリンターまで展開しています。

モバイルプリンターは、ポケットサイズでガーリーなデザインが可愛い「HP Sprocket」が人気。そのほか、コンパクトなA4対応プリンターをいくつか販売しています。

A4対応のおすすめモバイルプリンター

ブラザー(Brother) PocketJet PJ-773

ブラザー(Brother) PocketJet PJ-773

A4対応の超小型モバイルプリンター。サイズは55×255×30mm、重量はバッテリー込みで約610gです。フル充電で600枚印刷できるほか、1分間に約8枚の高速プリントが可能なのが魅力。

Wi-Fiを使った無線接続とUSBにも対応しており、スマホとパソコンの写真を印刷できます。「AirPrint」や「Mopria」といった印刷システムに対応。OSを問わず、気軽にモバイル端末からプリントアウトできます。

ヒューレットパッカード(HP) Officejet 200 Mobile CZ993A#ABJ

ヒューレットパッカード(HP) Officejet 200 Mobile CZ993A#ABJ

高速印刷ができるほか、低ランニングコストで運用可能なA4対応インクジェットモバイルプリンター。黒・カラーのインクどちらかが切れても使い続けられるので、無駄が出にくいのが魅力です。

AC電源はもちろん、別売りの内蔵バッテリーで利用できるのもポイント。コンパクトなので持ち運びも簡単にできます。Wi-Fiによる5台同時接続もできるため、自宅やオフィスに置いておけば複数人での共有も可能です。

顔料インクを使用することで、水に強い印刷物がプリントできるのも特徴。複数人で使いたい方にもおすすめのリーズナブルなモバイルプリンターです。

A4対応のモバイルプリンターがもっとみたい方は以下記事を参考にしてみてください。

写真印刷向けのおすすめモバイルプリンター

エプソン(EPSON) ハガキプリンター PF-81-2019

エプソン(EPSON) ハガキプリンター PF-81 PF-81-2019

年賀状作りに特化した9インチのカラータッチパネル付きモバイルプリンター。キーボードも付属するため、スマホやパソコン不要でハガキを印刷できるのが魅力です。

付属の年賀デザイン集には数千種類のデザインがあるのもポイント。ハガキの向きを検知する機能もあり、逆さ印刷を防止できます。Wi-Fi・USB接続に対応しており、スマホやSDカードに含まれる写真を高画質で印刷可能です。

L判印刷にかかる時間は1枚あたり約30秒。年賀状を作成する方はもちろん、本格的な製品で高画質な写真をプリントしたい方にもおすすめです。

キヤノン(Canon) コンパクトフォトプリンター SELPHY CP1300

キヤノン(Canon) コンパクトフォトプリンター SELPHY CP1300

3.2インチのカラー液晶を備えるモバイルプリンター。わかりやすい操作画面に加え、レイアウトボタンがシンプルなので、直感的に使えるのが魅力です。

印刷の終わりに水や汚れから写真を守る特殊加工が施されるのもポイント。サイズはカードからL判、証明写真まで選べます。Wi-Fi接続にも対応しており、Android・iPhoneなどのスマホからデジカメ、メモリーカードの写真まで印刷可能。高性能にも関わらずリーズナブルなので、コスパ重視の方にもおすすめです。

ライフプリント(LifePrint) PHOTO AND VIDEO PRINTER 3×4.5 LP002-1

ライフプリント(Lifeprint) PHOTO AND VIDEO PRINTER 3×4.5 LP002-1

AR写真の印刷ができるモバイルプリンター。本製品を使って「Hyperphoto」と呼ばれるAR写真を印刷して、専用のLifePrint Photosアプリから覗き込むと、写真に紐づけされた動画が再生されます。

ARはスマホに保存された写真をそのまま利用でき、インスタグラムなどのSNSにも投稿可能。ZINK用紙を使うため、インクカートリッジが不要なほか、シールにもなるのでステッカーとして貼り付けられるのも魅力です。

Android・iPhoneの両方で使えるのもポイント。変わった機能を持つモバイルプリンターが欲しい方におすすめです。

スマホ対応のおすすめモバイルプリンター

ヒューレットパッカード(HP) ミニフォトプリンター Sprocket 4580511518585

ヒューレットパッカード(HP) ミニフォトプリンター Sprocket 4580511518585

グレー・ピンクのおしゃれなカラー展開が魅力のモバイルプリンター。Bluetoothで3台まで接続できるので、友人と共有することもできます。

背面シール式のZINK用紙を使用するため、インクカートリッジも不要でかさばらないのもポイント。専用アプリを使えばスマホの写真を編集できるほか、フォトアルバムを複数人で共有できます。

ARにも対応しており、アプリをインストールすれば印刷した写真にカメラを通すことで動画再生も可能です。

キヤノン(Canon) スマホ専用ミニフォトプリンター iNSPiC PV-123-SP

キヤノン(Canon) スマホ専用ミニフォトプリンター iNSPiC PV-123-SP

Bluetooth接続により、その場でスマホ写真を印刷できるモバイルプリンター。サイズが118×82×19mm、重さは160gで持ち運びやすいのが魅力。淡いピンク・ブルー・ゴールドの3色から好みに合わせて選べます。

本製品はZINK用紙を使用するため、インクカートリッジは不要です。専用アプリでスタンプやテキストを付加したりフィルターをかけたりできるのもポイント。リーズナブルな価格で購入しやすいおすすめのモデルです。

富士フイルム(FUJIFILM) スマホ de チェキ instax SHARE SP-3

富士フイルム(FUJIFILM) ”スマホ de チェキ” instax SHARE SP-3

正方形のスマホ写真「チェキ」を印刷できるモバイルプリンター。320dpiの高解像度の写真を印刷できるほか、独自の技術により長期間に渡り品質を維持できるのが魅力です。

1枚あたりの印刷にかかる時間は13秒と高速。フル充電で160枚ものプリントが可能なので、アウトドアや旅行の際にも重宝します。

また、スマホだけでなく、富士フイルムのデジカメからの印刷にも対応。高画質なスマホ画像やデジカメの写真をその場で印刷したい方におすすめのモバイルプリンターです。

モバイルプリンターのAmazonランキングをチェック

モバイルプリンターのAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。