持ち運びに便利で、場所を選ばずに使用できる「モバイルプリンター」。A4サイズの用紙をサクサク印刷できるモノもあれば、写真をプリントするのに適したモノ、スマホ対応のモデルなど、さまざまな製品がラインナップされています。

そこで今回は、モバイルプリンターのおすすめ製品をピックアップ。「A4対応」「写真印刷向け」「スマホ対応」に分けて、それぞれおすすめモデルをご紹介します。

モバイルプリンターとは?

By: canon.jp

モバイルプリンターとは軽量でコンパクトなプリンターのこと。カバンの中に収納できる持ち運びに便利なタイプや、デスクの引き出しにしまっておけるサイズのモノなど、さまざまな種類があります。

ほとんどの製品がバッテリーを内蔵しているので、電源が確保できない外出先でも手軽に印刷できるのがメリットです。

モバイルプリンターの選び方

用途に合わせて選ぶ

By: canon.jp

モバイルプリンターは一般的によく使われるA4コピー用紙対応のモノと、写真印刷向け製品の2種類に分けられます。A4対応のモノは用紙のサイズよりも少し大きい程度で、設置しやすく場所移動も簡単。会議用資料などを作成するときに便利なため、ビジネスはもちろん、家庭でもA4サイズの印刷物をプリントできるのが魅力です。

写真印刷向けのモノは本体サイズが小さく、カバンに入れて持ち運びしやすいのが特徴。Wi-FiやBluetoothを使ってスマホやタブレットと接続すれば、端末内の写真や画像を印刷できます。撮影した写真をすぐにプリントしたい方にもおすすめです。

仕事などでも使いたい方はA4対応のモノ、カメラ撮影したものをプリントするのがメインの方は写真印刷向けのモノといったように、用途に合わせて選びましょう。

製品のタイプで選ぶ

By: epson.jp

モバイルプリンターは「インクジェットタイプ」「感熱タイプ」の2種類に分けられます。一般的によく使われているのがインクジェットタイプ。小さなノズルから、インクを打ち出してプリントします。プリンターのなかでも価格が安いのが特徴。なお、プリンターによってはインクの価格が高く、ランニングコストが高くなることもあるため、注意が必要です。

感熱タイプは、熱によって色が変化する専用紙に熱を与えて印刷するタイプのプリンター。インクカートリッジなどのインク類を使用しないので、消耗品は紙のみなのが特徴です。また、構造が簡単なため、インクジェットプリンターよりも小型なモノが多いのも魅力。なお、使用するカラー用紙が少し高価なモデルもあるので、紙代に若干コストがかかることがあります。

電源タイプで選ぶ

By: canon.jp

モバイルプリンターは、コンセントから電源供給を行うAC電源タイプと、プリンター本体にバッテリーを搭載したバッテリー駆動タイプの2種類があります。

AC電源タイプは、コンセントから直接電源を供給できるため、バッテリーの残量を気にする必要がないのがメリット。たくさん印刷をする方におすすめです。なお、コンセントのある場所でしか使えないので、外出先でも使いたい方は要注意です。

バッテリー駆動タイプはコンセントがない場所でも使えるため、室内外問わず快適に使えるのが魅力。しかし、定期的に充電が必要な点とAC電源タイプと比べると価格が高い傾向にあります。用途や価格をふまえて自分に合ったタイプを選びましょう。

機能で選ぶ

By: canon.jp

同じような基本機能や価格でどのモバイルプリンターにするか迷ったら、プラスアルファの便利な機能で選ぶのがおすすめです。

いつでもどこでも高速プリントが可能なハイスピード印刷に対応したモノから、ワイヤレスでプリントできるWi-Fi・Bluetoothを搭載したモバイルプリンター、使う用途や環境に合わせてAC電源とバッテリーの好きな電源タイプが選べるモノまで、さまざまなタイプのモバイルプリンターがあります。

また、たくさんの資料や写真を印刷する方には、デスクトッププリンターと共通の大容量インクカートリッジが使えるモノがおすすめ。モバイルプリンターを選ぶ際は、ぜひチェックしてみてください。

モバイルプリンターのおすすめメーカー

キヤノン(Canon)

By: rakuten.co.jp

キヤノンは、デジタルカメラやプリンターを発売している大手電気機器メーカー。プリンターに関しては大きめのモノからモバイルタイプまで幅広く展開しています。

モバイルプリンターでは、軽量かつ無線接続で使える「SELPHY」シリーズや、可愛らしいデザインが特徴のスマホ専用ミニフォトプリンター「iNSPiC」が人気です。

エプソン(EPSON)

By: rakuten.co.jp

エプソンは、長野県に本社を置くメーカー。プリンターやプロジェクターから電子デバイスまで手掛けているほか、SEIKOおよびORIENTブランドの腕時計を製造していることで知られています。

エプソンのA4対応モデルはコンパクトかつクールなデザインが魅力。機能性はもちろん、デザインにもこだわりたい方はチェックしてみてください。

ブラザー(Brother)

By: rakuten.co.jp

ブラザーは、愛知県のほか世界各地に40ヵ所以上の拠点を持つグローバルメーカー。プリンターや業務用ミシン、ファックスなどを発売しており、日本よりも海外で高いシェアを誇ります。

モバイルプリンターは、A4対応で高速プリント可能な軽量モデルが人気。ほかにも、Bluetooth接続でスマホ印刷ができるモノなど、さまざまな製品を展開しているのが魅力です。

モバイルプリンターのおすすめ|A4対応

キヤノン(Canon) A4 モバイルプリンター TR153

スリムでスタイリッシュなモバイルプリンターです。サイズは約幅322×奥行185×高さ66mmとコンパクトなので、使用しないときはオフィスや自宅デスクの引き出しにすっきりと収まります。重量もわずか2.1kgと軽量なため、携帯性も良好。

4色の染料インクに顔料系ブラックインクを加えた「5色ハイブリッドインク」を採用しています。写真印刷はもちろん、細かな文字や細い罫線もくっきりとプリントできるのが魅力。写真と文字が混在するビジネス書類の作成におすすめのモデルです。

さらに、Wi-Fi機能を搭載しているため、ケーブルを繋ぐ煩わしさもなくスマートにプリントできます。コンパクトながら、印刷速度の速さも本モデルの特徴。モノクロなら1分間に約9枚、カラーは約5.5枚分をプリント可能。A4普通紙なら1度に50枚のセットが可能なため、大量の出力が必要なシーンでも用紙の補給を最小限に抑えられます。

エプソン(EPSON) A4 モバイル カラーインクジェットプリンター PX-S06B

内蔵バッテリーを搭載した製品です。約50枚までプリントできるため、新幹線の車内や訪問先の待合コーナーでも印刷可能。打ち合わせの前に追加資料をプリントしたいときにも活躍します。

また、緊急時にはノートパソコンからUSB充電ができるので便利。外回りや出張の機会が多い方におすすめのモバイルプリンターです。オプションの外付けバッテリーを用意することで、約410枚の出力に対応。使い方に応じて拡張できるのも本モデルの魅力です。

さらに、Wi-Fi機能を搭載しているため、毎回ケーブルを接続する手間がかかりません。1度接続設定した機器であれば、2回目からは自動的に繋がります。カラーはホワイトとブラックから好みに合わせて選択可能です。

ブラザー(Brother) A4 モバイルプリンター PJ-763

価格は多少高くても携帯性とバッテリー駆動性能、どちらも重視したい方におすすめのモバイルプリンターです。
A4対応ながら幅255×奥行55×高さ30mmとコンパクトでスリムなボディが特徴。バッテリーを装着した状態でも、約610gと軽量なため、楽に持ち運べます。

また、リチウムイオン充電池を採用しているのもポイント。フル充電で最大約600枚印刷可能です。外出先で大量に資料を印刷したいシーンでも、電池残量を心配せずに印刷できます。1分間に8枚の高速印刷に対応し、忙しい現場をサポートするおすすめのモデルです。

ヒューレットパッカード(HP) A4 モバイルプリンター OfficeJet 200 Mobile

大容量インクカートリッジに対応したモデルです。カラーは約415枚、モノクロなら約600枚のプリントが可能。オフィスはもちろん、外出先で大量の書類を印刷したい方におすすめのモバイルプリンターです。

さらに、オプションでACアダプターを内蔵できるのも本モデルの特徴。電源ケーブル1本だけで出かけられるため、荷物を最小限に抑えられます。持ち運びのしやすさにこだわった製品を探している方は、ぜひチェックしてみてください。

A4対応のモバイルプリンターについて詳しく知りたい方は以下記事を参考にしてみてください。

モバイルプリンターのおすすめ|写真印刷向け

キヤノン(Canon) スマホ専用ミニフォトプリンター iNSPiC PV-123

スマホ専用のモバイルフォトプリンターです。iOSやAndroidOSを搭載するさまざまなデバイスで利用可能。内蔵バッテリーをフル充電しておくと、約20枚の写真を印刷できます。「Zero Ink technology」を採用しているため、インクカートリッジを装着する必要はありません。

優れた携帯性も本モデルの特徴。本体寸法は縦118×横82×高さ19mmと手のひらサイズです。重量も160gと非常に軽量なため、携帯性も良好。ピンク・ブルー・ゴールドの3色から、好みのカラーを選んでみてください。

キヤノン(Canon) コンパクトフォトプリンターSELPHY SQUARE QX10

昇華型熱転写方式を採用したモバイルプリンターです。インクを熱で気化させて用紙に転写する印刷方式。細かな質感やグラデーション部分が綺麗に再現できるため、画質にこだわる方におすすめのモデルです。

プリント工程の最後は、特殊フィルムによるオーバーコート仕上げで写真をカバー。光沢感のある仕上がりになるだけでなく、汚れや色あせからも大切な写真をしっかりと保護します。お気に入りの写真を綺麗なまま保存したい方にぴったりです。

さらに、Wi-Fi接続でスマホから直接写真をプリントできるのも魅力。本体にアクセスポイントを内蔵しているので、Wi-Fi環境のない場所でも使用できます。

キヤノン(Canon) インスタントカメラプリンター iNSPiC ZV-123

800万画素のデジカメ機能を搭載したユニークな製品です。撮影したその場で写真の印刷をしたい方におすすめのモバイルプリンター。188gと軽量なうえ手のひらサイズのため気軽に持ち歩けます。

さらに、高画質プリントが手軽に楽しめる「Zero Ink technology」を採用しているのが特徴。専用ペーパーを使うため、インクカートリッジは使用しません。もちろん、スマホで撮った写真をパソコンを介さずダイレクトに印刷することも可能。パーティーやイベント会場など、さまざまなシーンで活躍する製品です。

富士フイルム(FUJIFILM) チェキ スマホプリンター instax mini Link

スマホと連携して便利に使える製品です。モバイルプリンターにモーションセンサーを搭載したユニークなモデル。本体を傾けることでスマホカメラのズーム操作が行えます。さらに、本体のボタンでシャッターも切れるなど、リモコン代わりとしても使用可能。ただし、事前に専用アプリのインストールが必要なので要注意です。

また、「Video Print」モードを搭載しているのもポイント。動画のなかからベストな1コマを選択し印刷する、といった今までにない使い方ができます。スマホで撮影したあらゆるシーンを手軽に出力したい方は、チェックしてみてください。

コダック(Kodak) インスタントプリンター P210

コダックの「4PASSテクノロジー」を搭載した、昇華型のモバイルプリンターです。1670万色でのカラー表現ができるため、オリジナル画像に近い高品質な出力が可能。また、印刷の最後に施されるオーバーコート加工により、汚れなどのダメージから写真を守ります。

さらに、写真用紙とインクリボンが一体になったカートリッジを採用しているのもポイント。用紙とインクが一気に交換できるので、手間がかかりません。Bluetooth接続に対応しているため、スマホの写真を手軽にプリント可能。専用の無料アプリが提供されているので、好みのフィルターを適用したりスタンプを貼り付けたりと楽しんでみてください。

モバイルプリンターのおすすめ|スマホ対応

Phomemo スマホ対応 ミニプリンター M02S

国際郵便をイメージさせるかわいらしいデザインの感熱式モバイルプリンターです。インテリアとしても映える、おしゃれな製品を探している方におすすめのモデル。解像度300dpiのモノクロ出力が可能です。ファイルのタイトルや手帳に貼り付けるメモなど、ちょっとしたモノをプリントする際に重宝します。

また、印刷用の素材が豊富なのも本モデルの特徴。アイデア次第でオリジナリティ溢れるユニークなプリントが楽しめます。幅15・25・53mmの3種類のロール紙と互換性があるので、用途に応じて使い分け可能。スマホに専用アプリをダウンロードすることで、スムーズに好みの写真を印刷できるおすすめのモデルです。

モバイルプリンターのAmazonランキングをチェック

モバイルプリンターのAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。