スマホやデジカメで撮影したとっておきのシーンを、その場ですぐに1枚の写真にできる「フォトプリンター」。コンパクトで楽に持ち運べる手軽さから、旅行やレジャーなどで大活躍する人気アイテムです。

そこで今回は、フォトプリンターのおすすめ人気モデルをピックアップ。小型で特に持ち運びやすい「モバイルタイプ」と、家庭用プリンターよりも小さい「据え置きタイプ」に分けてご紹介します。

フォトプリンターとは?

By: amazon.co.jp

フォトプリンターとは、スマホやデジカメで撮影した写真を印刷するプリンターのこと。家庭用プリンターと違い、大きな用紙には印刷できないものの、コンパクトなので持ち運びに便利です。

パソコンを経由しなくてよいため、手軽に使いやすいのが特徴。液晶画面でデータの確認ができたり、はがきサイズや名刺サイズなど小さな用紙に対応していたりと、さまざまなモデルがあります。

家庭用プリンターに比べると画質は劣りますが、その場ですぐに印刷できるのがメリット。外出先での使用に適しています。

フォトプリンターの選び方

タイプで選ぶ

モバイルタイプ

By: amazon.co.jp

モバイルタイプのフォトプリンターは携帯性を最重視して設計されているのが特徴。5〜6インチの大画面スマホと同じくらいコンパクトで、重さも150〜300g程度と軽く、片手でも持ち運べます。また、バッグへの収納も簡単に可能です。

電源には内蔵バッテリーを使用するため、コンセントがない野外でも場所を選ばず気軽に使用できるのも魅力。旅行やパーティーなど外出先で積極的にフォトプリンターを活用したい方におすすめです。

据え置きタイプ

By: rakuten.co.jp

据え置きタイプのフォトプリンターは多彩な用紙やサイズの写真印刷に対応しているのが特徴。駆動にはコンセントが必要ですが、程よい大きさのL判や、一回り大きなハガキサイズの写真が印刷可能です。

また、裏面がシール状になった用紙の印刷に対応したモデルもあるので、フォトブックや写真を加工したグッズの製作を楽しみたい方にもおすすめ。編集機能も充実しており、フォトプリンター内の機能で好みのレイアウトを選んだり、色合いを調節したりもできます。

印刷可能枚数で選ぶ

By: amazon.co.jp

内蔵バッテリーを使用するモバイルタイプのモデルを選ぶ際は印刷可能枚数をチェック。フォトプリンターの充電には60〜90分ほどかかりますが、1回のフル充電で印刷できるのは10〜30枚が平均です。使用頻度を考慮したうえで、一度に印刷したい枚数に応じたモデルを選びましょう。

なお、パーティーや結婚式などで印刷した写真を多人数に配りたい場合は大量印刷に対応したフォトプリンターがおすすめ。1回のフル充電で100枚以上の印刷が可能なので、イベントの思い出を多くの人と一緒に共有できます。

印刷方式の特徴で選ぶ

昇華型熱転写方式

By: elecom.co.jp

「昇華型熱転写方式」は最近主流のモデルです。熱でインクを用紙に転写する仕組みで、滑らかでキレイな写真に仕上がります。ほかの方式に比べ、細かな濃淡を表現できる点がメリットです。

しかし、印刷には専用の用紙とインクリボンが必要なため、ほかの方式よりもランニングコストがかかるというデメリットがあります。

ZINK方式

By: amazon.co.jp

インクが染み込んだ専用の感熱紙を使うのが「ZINK方式」です。感熱紙に熱を加えて発色させることで写真をプリントします。インクが不要なので手軽に印刷できるうえ、プリンター自体のサイズが比較的小さいので、持ち運びにおすすめです。ただし、画質が少々粗めである点には注意しましょう。

インクジェット方式

By: rakuten.co.jp

プリンターのなかで最も馴染み深いのが「インクジェット方式」です。写真用紙をはじめ、コピー用紙やはがき用紙など幅広く対応しています。印刷技術の向上により、現在では昇華型熱転写方式と同程度の高画質で印刷が可能。ランニングコストの低さも魅力的です。

ただし、インクカートリッジの装着が必要なため、ほかのタイプと比較すると少し大型化する傾向にあります。

対応するメモリーカードや接続方法で選ぶ

By: amazon.co.jp

スマホ・タブレット・ノートパソコンから印刷するのであれば、Wi-FiやBluetoothなどのワイヤレス接続が便利です。また、デスクトップパソコンやデジカメから印刷する場合は、USBケーブル接続が可能かどうかや、SDカードやmicroSDカードなどに対応しているかを確認しましょう。

対応するメモリーカードの種類や容量も要チェック。自分の使いたいメモリーカードに対応しているかを確認したうえで選びましょう。

フォトプリンターのおすすめモデル|モバイルタイプ

キヤノン(Canon) スマホ専用ミニフォトプリンター iNSPiC PV-123

インクカートリッジを使わずにフルカラープリントができる「Zero Ink technology」を採用した、スマホ対応フォトプリンター。本体サイズは118×82×19mm、重さは160gと小型軽量なので、スマホと一緒に持ち運びやすいのが特徴です。

スマホとはBluetoothで接続するため、ワイヤレスで使用できるのが便利。また、専用アプリ「Canon Mini Print」を使えば、写真にメッセージを入れたり、コラージュしたりできるほか、フィルターやフレームなどの加工も可能。手軽に凝った写真が作れます。

専用フォトペーパーは、裏面がシールになっているため、さまざまなところに切り貼りして楽しめるのもポイントです。専用フォトペーパーはリーズナブルなので、ランニングコストを重視する方にもおすすめ。印刷スピードが1枚当たり約50秒と速く、撮ったらすぐに印刷できるのも魅力です。

キヤノン(Canon) インスタントカメラ スマホプリンター iNSPiC ZV-123

カメラを内蔵したフォトプリンター。内蔵カメラで写真を撮影して、その場ですぐにプリントできます。自撮り用の大きなミラーや、LEDリングライトも搭載しているので、撮影しやすいのも魅力です。

Bluetooth接続により、スマホやタブレットからのプリントが可能。さらに、最大256GBに対応するmicroSDカードスロットを搭載するので、単体のフォトプリンターとしても活躍できます。

サイズは121×80×22mm、重さは188gと、カメラを内蔵しないモバイル型フォトプリンターと遜色のない小型軽量のサイズ感もポイントです。

紙とインクが一体となった専用フォトペーパー「Zero Ink Technology」により、簡単に高品位なプリントが可能。印刷スピードが1枚当たり約50秒と高速なのも魅力です。

キヤノン(Canon) SELPHY SQUARE QX10

おしゃれなスクエアフォーマットの写真印刷が楽しめるモバイルタイプのフォトプリンター です。流線形のかわいいデザインの本体は約445gと軽量コンパクトなので、気軽に持ち運んでどこでもプリントが楽しめます。

印刷方式は昇華型熱転写方式を採用。SNSで人気のある正方形の写真が高画質な印刷で楽しめます。また、裏面はシールになっているので、フォトブックや手作りグッズへの活用も簡単にできます。

スマホ対応の専用アプリによって、おしゃれに加工ができるのもポイント。フィルターやスタンプなどの多彩な加工機能や10種類のレイアウトが使用できます。加えて、内蔵バッテリーは1回のフル充電で約20枚の印刷が可能です。

コダック(KODAK) スマホ用 Instant Printer P210

高画質にこだわった、昇華型熱転写方式のフォトプリンター。合計1670万色もの高品質を実現する「4PASSテクノロジー」により、自然でリアルな色を再現できるのが魅力です。

また、印刷プロセスの最後にオーバーコート層を施すことで、湿気や指紋、汚れなどのさまざまなダメージから大切な写真を守れます。褪色を抑えてキレイな写真を長期保存できるのもポイントです。

専用アプリに搭載された、各種フィルターやテンプレートなどで写真の編集・加工・デコレーションが可能。好みの写真をじっくり仕上げられます。用紙とインクが一緒になった専用カートリッジは交換が簡単。さらに、シールタイプの用紙も使えるので用途も広がります。

コダック(KODAK) Instant Printer P300

高画質な大判スクエアプリントが楽しめるモバイルタイプのフォトプリンターです。重さは約334gと軽く、滑らかで丸く持ちやすいコンパクトなデザインを採用。印刷方式などの基本仕様は通常モデルのP210と同じですが、本機では正方形写真の印刷に対応しています。よりフォトジェニックな写真を印刷したい方におすすめです。

プリントサイズは大判の76×76mm。一般的なスクエアプリントよりもサイズが1回り大きいので、家族や友人へのプレゼントとして贈る際にもおすすめです。

専用スマホアプリを使えば、スタンプやフレームのほかに4種類のフィルター効果を使って自在に加工が可能。1回のフル充電で最大20枚の印刷ができます。

タカラトミー(TAKARA TOMY) Printoss TPJ-03

電源もアプリも不要という、画期的なスマホ対応フォトプリンター。スマホと専用フィルムがあれば、どこでも写真がプリントできる手軽なアイテムです。組み立て式なので、場所も取りません。

使用方法は、プリントしたい画像をスマホ画面上に映して、本機で撮影してプリントします。そのため、スマホ上で好みの画像効果を予め加えておけば、凝った写真を簡単にプリントすることが可能です。

価格がリーズナブルかつ、操作も簡単なので子供へのプレゼントにもおすすめです。なお、屋外や明るすぎる場所では、上手くプリントできないので注意しましょう。

ヒューレットパッカード(HP) Sprocket スマホ用ミニフォトプリンター 1AS89A0

「ZINK方式」としては、印刷解像度が313×400dpiと高画質なスマホ対応フォトプリンター。5×7.6cmの専用フォトペーパーは背面シール式で、カードのままでも貼り付けても利用できます。

専用アプリにはスタンプやフレームを多数用意。さらに、手書きのイラストを取り込めるカスタムスタンプ機能や、カメラをかざすとフォトシールが動き出す「AR機能」も搭載し、楽しみ方が広がります。

Bluetooth接続による、複数のスマホとの同時接続に対応しているのが特徴。パーティーやアウトドアなど、友達が集まるイベントで活躍できます。本体サイズは80×118×22mm、重さは170gと軽量コンパクト。おしゃれなデザインとカラーリングもおすすめポイントです。

エレコム(ELECOM) スマホでフォトプリント eprie EPR-PP01WWH

昇華型熱転写方式を採用した、リーズナブルで軽量なフォトプリンター。1280×2448dpiの高解像度で、モバイル環境で本格的なプリントを楽しめます。予算を抑えつつも、プリント画質に妥協はしたくない方におすすめです。

スマホとはWi-Fiで接続。ワンタッチ接続が可能なNFCにも対応しているので、安定したワイヤレス通信が簡単に可能です。

iOS/Android対応の専用アプリの使用で静止画はもちろん、動画の一場面を選択して静止画としてプリント可能なのが特徴。プリントの後にラミネート加工を施すことで、水濡れに強い仕上がりを実現しているのもポイントです。

また、FacebookやInstagramから画像を直接プリントできるのも魅力。プリント後5分が経過すると電源が切れる自動電源オフ機能を備えており、内蔵バッテリーの消耗を防げます。

ポラロイド(Polaroid) ZIP Mobile Printer POLMP01

「ZINK Zero フォトペーパー」を使用するスマホ対応フォトプリンター。インクやカートリッジを使用しないので、手が汚れる心配がありません。インク切れの不安がないのもポイント。5×7.6cmの用紙サイズに、色鮮やかで滲みのないフルカラープリントが可能です。

スマホとはBluetoothを介して通信。専用アプリを使って簡単にプリントできます。高性能な充電式リチウムポリマー電池を内蔵しており、フル充電で最大25枚のプリントが可能です。また、本体サイズが約75×115×22mmで重さは186gと携帯しやすいのも魅力。専用のフォトペーパーは国外でも入手しやすいので、海外旅行のお供にもおすすめです。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) Pocket Photo PD239

手軽に持ち運べるポケットサイズのモバイルフォトプリンターです。重さが約221gとフォトプリンターのなかでもひときわ軽いのが特徴。サイズもスマホとほとんど変わらないほどコンパクトなので、バッグやポケットに収納して快適に携帯できます。

印刷方式にはZINK方式を採用。インク不要で印刷でき、手入れも専用シートを通すだけなので手間がかかりません。また、1回のフル充電で最大30枚の印刷が可能なので、ホームパーティーなどで少し多めに印刷したい方にもおすすめです。

スマホとの接続にはBluetoothを利用。専用アプリでは色補正やフレーム、コラージュ、QRコードなどの画像編集も楽しめます。

富士フイルム(FUJIFILM) スマホ de チェキ instax SHARE SP-3

豊かな色彩表現のスクエアプリントが楽しめるモバイルタイプのフォトプリンターです。フィルムならではの風合いが得られる「チェキ」のスクエアフォーマット版で、細部の画質にこだわった本格的なスクエアプリント作品が印刷できます。

印刷には、画面サイズが62×62mmの専用チェキフィルムを使用。画像データの送信から印刷完了までわずか13秒と速いので、スピーディーなプリント体験が楽しめます。また、1回のフル充電で約160枚の大量印刷が可能なので、イベントやパーティーでの使用にもおすすめです。

専用スマホアプリの編集機能も充実。組写真や限定物のプリント制作ができる豊富なテンプレートが用意されているほか、SNSに投稿した写真の印刷もできます。

富士フイルム(FUJIFILM) instax mini Link

多彩な楽しみ方が味わえるスマホ対応のモバイルフォトプリンターです。印刷には62×46mmの画面サイズを持つ通常サイズのチェキフィルムを使用しますが、本体の置き方で異なる機能が楽しめます。

縦置きの「Print Mode」では専用アプリ上で印刷したい画像を下から上にスワイプするだけで簡単に印刷が可能。また、横置きの「Fun Mode」では最大4台のスマホに同時接続して共同で1枚のチェキプリントを作ったり、チェキを活用した診断ゲームなどが楽しめたりするのも魅力です。

1回のフル充電で約100枚の印刷ができ、同じ写真の再印刷も本体を逆さにして中央のボタンを押すだけと簡単。画像転送から印刷完了までの時間も約12秒と高速なので、人数の多いパーティーでも重宝します。

ライフプリント(Lifeprint) LifePrint Photo and Video Printer

画像と動画を組み合わせたAR写真「Hyperphoto」を印刷できるモバイルタイプのフォトプリンターです。印刷した写真を専用スマホアプリを通して覗くと、まるで魔法をかけられたように写真が動き出します。

印刷には専用のZINKペーパーを使用。裏面はシールになっているので、動画をスクラップする感覚で手帳やフォトアルバムに思い出を残せます。また、動画メッセージ付きの年賀状や結婚式の招待状のほか、SNSの新しい表現手法としてもおすすめです。

重さは約200gと軽く、1回のフル充電で10〜15枚の印刷が可能。本体の価格がリーズナブルなので、コスパが優れているのも人気のポイントです。

フォメモ(Phomemo) Phomemo M02

モノクロ写真が手軽に印刷できるモバイルタイプのフォトプリンターです。印刷には感熱技術を採用した専用のロール紙を使用。印刷できる色は白黒のみですが、裏面がシール状なので、手帳やジャーナルなどに貼る写真の印刷にもおすすめです。

幅86×奥行き82×高さ42mmのコンパクトなデザインなので、バッグへ簡単に収納が可能。また、わずか1.5時間の充電で24時間の連続駆動ができるので、旅行先でも充電の頻度を少なくできます。

白黒写真のほかに、専用のスマホアプリ上で入力したメモや、カメラで画像から抽出したテキストやイラストも印刷が可能。また、アプリ内には利用できる多彩なデザインのテンプレートも用意されています。

フォトプリンターのおすすめモデル|据え置きタイプ

キヤノン(Canon) コンパクトフォトプリンター SELPHY CP1300

家庭用コンセントからの給電による据え置き使用に加え、別売りバッテリーの追加により、モバイル使用も可能なフォトプリンター。場所を選ばずに使用できるのが特徴です。スマホやデジカメ、パソコンなどの写真をWi-Fi・USB接続でプリントできます。

また、3.2インチの大型ディスプレイを採用。アイコンによるわかりやすい画面表示と、直感的に操作できる本体ボタン配置により、機械が苦手な方でも簡単に使用できるよう配慮されています。

粒状感の少ない昇華型熱転写方式を採用しており、肌の質感を綺麗に再現できる高画質もポイントです。プリントに特殊なフィルム加工を施す、オーバーコート仕上げ機能も搭載しています。水や汚れに強いので、写真を長期間残せるのも魅力。大事な写真をプリントしたい方にもおすすめです。

エプソン(EPSON) カラリオ ミー PF-71

据え置き型の本格フォトプリンター。基本的な画質に優れるインクジェットタイプを採用し、4色の染料インクにより、色鮮やかな写真を印刷できます。独自の「オートフォトファイン!EX」で、逆光で暗くなってしまった顔を自動で補正するのもポイントです。

スマホとはWi-Fiを利用したワイヤレス接続が可能なほか、Windows PC/MacとのUSB接続にも対応。さらに、本体SDカードスロットからのダイレクト印刷にも対応と、幅広い機器から使用できるのも魅力です。

2.7インチの液晶ディスプレイには、印刷方法やサイズなどがわかりやすく表示され、操作が快適に行えます。また、裏側がシールになっている専用のロールタイプ用紙を使えば、好みのサイズのステッカーやパノラマ写真も作成可能。機能性の高さが魅力のアイテムです。

エプソン(EPSON) インクジェット複合機 カラリオ EP-982A3

最大用紙サイズがA3に対応したインクジェットプリンター。写真や書類などを大きいサイズで印刷したい用途に適しています。A3対応モデルとしてはコンパクトなサイズも特徴です。

無線LANルーターなしでもダイレクトにワイヤレス接続できる「Wi-Fi Direct」が利用可能。また、iOSデバイスでは面倒な設定が不要で、写真や書類を印刷できる「AirPrint」にも対応しているのも便利です。さらに、SDカードスロットからも印刷できます。

独自の6色インクにより、色再現が難しい人の肌を、階調豊かな写真に仕上げられるのが魅力です。加えて、普通紙でも写真を色鮮やかにプリントできる「色あざやかモード」もポイント。4.3型タッチパネル液晶は表示が見やすく、操作性も良好です。

コピーやスキャナーをはじめ、複合機としての機能も充実。写真印刷以外の用途にも本格的なプリンターを使いたい方にもおすすめです。

エプソン(EPSON) カラリオ PF-81

年賀状やグリーティングカードが手軽に作成できる据え置きタイプのフォトプリンターです。ハガキを原寸大で表示できる9.0インチの大画面タッチモニターを搭載。パソコンなしでも実際のプリントサイズで仕上がりをイメージしながらオリジナルハガキの作成が楽しめます。

4000種類以上の豊富なデザインテンプレートを収録。毎年使える十二支年賀状テンプレートをはじめ、冠婚葬祭や季節の挨拶など1年中使えるテンプレートも充実しています。

高画質な写真印刷が楽しめるのもポイント。通常のL判やハガキサイズの用紙に加えて、裏面がシールになったラベル用紙の印刷にも対応しています。画像の転送にはSDカードを使用。スマホからはワイヤレス転送も利用できます。

コダック(KODAK) Instant DockPrinter PD460

サイズが168.5×103.2×68.5mm、重さが760gと、コンパクトな据え置き型フォトプリンター。場所を取らず、持ち運んでの使用にも適しています。Bluetooth接続によるスマホからの写真プリントに特化したシンプルな設計。用紙とインクの交換も簡単にできるよう配慮されています。

印刷方式はモバイルタイプで多用される昇華型熱転写方式を採用。先端技術を集めた「4PASSテクノロジー」により、高精細で鮮やかな色を再現します。プリントサイズは100×148mmのはがき大。専用アプリで写真を編集・加工・デコレーションできるのも魅力です。

フォトプリンターのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

フォトプリンターのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。