スマホやデジカメで撮影したシーンをその場で写真にできる「フォトプリンター」。コンパクトで楽に持ち運べる手軽さから、旅行やレジャーなどで大活躍する人気アイテムです。

そこで今回は、フォトプリンターのおすすめ人気モデルをピックアップ。小型で特に持ち運びやすい「モバイルタイプ」と、家庭用プリンターよりも小さい「据え置きタイプ」に分けてご紹介します。

フォトプリンターとは?

By: kodakphotoprinter.jp

フォトプリンターとは、スマホやデジカメで撮影した写真を印刷するプリンターのこと。家庭用プリンターと違い、大きな用紙には印刷できないものの、コンパクトなので持ち運びに便利です。

パソコンを経由しなくてよいため、手軽に使いやすいのが特徴。液晶画面でデータの確認ができたり、はがきサイズや名刺サイズなど小さな用紙に対応していたりと、さまざまなモデルがあります。

家庭用プリンターに比べると画質は劣りますが、その場ですぐに印刷できるのがメリット。外出先での使用に適しています。

フォトプリンターの選び方

タイプで選ぶ

モバイルタイプ

By: fujifilm.com

モバイルタイプのフォトプリンターは、携帯性を最重視して設計されているのが特徴。5〜6インチの大画面スマホと同じくらいコンパクトで、重さも150〜300g程度と軽く、片手でも持ち運べます。また、バッグへの収納も簡単に可能です。

電源には内蔵バッテリーを使用するため、コンセントがない野外でも場所を選ばず気軽に使用できるのも魅力。旅行やパーティーなど外出先で積極的にフォトプリンターを活用したい方におすすめです。

据え置きタイプ

By: amazon.co.jp

据え置きタイプのフォトプリンターは、幅広い用紙やサイズの写真印刷に対応しているのが特徴。駆動にはコンセントが必要ですが、程よい大きさのL判や、一回り大きなハガキサイズの写真が印刷可能です。

また、裏面がシール状になった用紙の印刷に対応したモデルもあるので、フォトブックや写真を加工したグッズの製作を楽しみたい方にもおすすめ。編集機能も充実しており、フォトプリンター内の機能で好みのレイアウトを選んだり、色合いを調節したりもできます。

印刷可能枚数で選ぶ

By: fujifilm.com

内蔵バッテリーを使用するモバイルタイプのモデルを選ぶ際は印刷可能枚数をチェック。フォトプリンターの充電には60〜120分ほどかかりますが、1回のフル充電で印刷できるのは平均10〜30枚です。使用頻度を考慮したうえで、一度に印刷したい枚数に応じたモデルを選びましょう。

なお、パーティーや結婚式などで印刷した写真を多人数に配りたい場合は、大量印刷に対応したフォトプリンターがおすすめ。1回のフル充電で100枚以上の印刷が可能なので、イベントの思い出を多くの人と一緒に共有できます。

印刷方式の特徴で選ぶ

昇華型熱転写方式

By: amazon.co.jp

「昇華型熱転写方式」は最近主流のモデル。熱でインクを用紙に転写する仕組みです。ほかの方式に比べ、滑らかでキレイな写真に仕上がり、細かな濃淡を表現できます。

しかし、印刷には専用の用紙とインクリボンが必要。ほかの方式よりもランニングコストがかかるというデメリットがあります。

ZINK方式

By: amazon.co.jp

インクが染み込んだ専用の感熱紙を使うのが「ZINK方式」です。感熱紙に熱を加えて発色させることで写真をプリントします。インクが不要なので手軽に印刷できるうえ、プリンター自体のサイズが比較的小さいので、持ち運びにおすすめです。ただし、画質が少々粗めである点には注意しましょう。

インクジェット方式

By: epson.jp

プリンターのなかで最も馴染み深いのが「インクジェット方式」です。写真用紙をはじめ、コピー用紙やはがき用紙など幅広く対応しています。印刷技術の向上により、現在では昇華型熱転写方式と同程度の高画質で印刷が可能。ランニングコストの低さも魅力的です。

ただし、インクカートリッジの装着が必要なため、ほかのタイプと比較すると少し大型化する傾向にあります。

対応するメモリーカードや接続方法で選ぶ

By: amazon.co.jp

スマホ・タブレット・ノートパソコンから印刷するのであれば、Wi-FiやBluetoothなどのワイヤレス接続が便利です。また、デスクトップパソコンやデジカメから印刷する場合は、USBケーブル接続が可能かどうかや、SDカードやmicroSDカードなどに対応しているかを確認しましょう。

対応するメモリーカードの種類や容量も要チェック。自分の使いたいメモリーカードに対応しているかを確認したうえで選びましょう。

フォトプリンターのおすすめモデル|モバイルタイプ

キヤノン(Canon) スマホプリンター iNSPiC PV-123

撮ったらすぐに写真にできる

サイズは118×82×19mm、重さが160gの小型フォトプリンターです。スマホやタブレットとはBluetoothで接続するため、ワイヤレスで使用できるのが便利。専用アプリ「Canon Mini Print」を使えば、スタンプや色補正など多彩な加工を施せるのが魅力です。

インク不要の感熱式を採用しており、プリントした写真は裏面を剥がすことでシールとしても利用可能。ラベルとして使ったり、ノートやメモ帳に貼り付けておいたりと、使い方の幅が広がります。印刷スピードが1枚当たり約50秒と速く、撮ったらすぐに写真にできるのもポイントです。

キヤノン(Canon) インスタントカメラプリンター iNSPiC ZV-123

フルカラープリントができる

カメラを内蔵したフォトプリンター。内蔵カメラで写真を撮影して、その場でプリントできます。また、Bluetooth接続により、スマホやタブレットからのプリントも可能。サイズは121×80×22mm、重さは188gと、カメラを内蔵しないモバイル型フォトプリンターに劣らない小型・軽量性も魅力です。

インクカートリッジを使わずにフルカラープリントができる「Zero Ink technology」を採用しているのが特徴。印刷スピードが1枚当たり約50秒と高速なのもおすすめポイントです。さらに、microSDカードスロットを搭載しているので、単体のフォトプリンターとしても使用できます。

キヤノン(Canon) SELPHY SQUARE QX10

気軽に持ち運んでどこでもプリントができる

おしゃれなスクエアフォーマットの写真印刷が楽しめるフォトプリンターです。印刷方式は昇華型熱転写方式を採用。SNSで人気のある正方形の写真を高画質に印刷できます。また、裏面はシールになっているので、フォトブックや手作りグッズへの活用も簡単にできます。

専用スマホアプリによって、おしゃれに加工ができるのもポイント。フィルターやスタンプなどの多彩な加工機能や10種類のレイアウトが使用できます。

スマホとの接続はWi-Fiを利用。本体にアクセスポイントを内蔵しているため、無線LANルーターのない環境でも接続できます。内蔵バッテリーは1回のフル充電で約20枚の印刷が可能。本体は約445gと軽量コンパクトなので、気軽に持ち運んでどこでもプリントができます。

富士フイルム(FUJIFILM) スマートフォン用プリンター スマホdeチェキ instax SHARE SP-2

スマホ対応フォトプリンターの先駆けとなった、「スマホ de チェキ」第2世代モデル。有機EL露光ヘッドを採用することで320dpiの高画質な写真をプリントできるのが魅力です。

スマホ専用アプリを使用すれば、スマホ上でモノトーン調やセピア調などの加工が簡単にできます。また、リプリントスイッチを押すだけで焼き増しができるのも便利です。

フル充電で約100枚のプリントが可能なのもポイント。イベントなどで一度に多くの写真を配布するのに重宝します。本体のサイズは89.5×131.8×40mm、重さも250gと軽量で、気兼ねなく持ち運べる点でもおすすめのアイテムです。

富士フイルム(FUJIFILM) スマホプリンター instax mini Link

本体の置き方で異なる機能が楽しめるスマホ対応のモバイルフォトプリンター。縦置きの「Print Mode」では専用アプリ上で印刷したい画像を下から上にスワイプするだけで簡単に印刷が可能です。

また、横置きの「Fun Mode」では最大4台のスマホに同時接続して共同で1枚のチェキプリントを作ったり、チェキを活用した診断ゲームなどが遊べたりします。

印刷には62×46mmの画面サイズを持つ通常サイズのチェキフィルムを使用。1回のフル充電で約100枚の印刷ができ、同じ写真の再印刷も本体を逆さにして中央のボタンを押すだけと簡単です。画像転送から印刷完了までの時間も約12秒と高速なので、次々に記念写真を撮るようなパーティーや会合などで重宝します。

富士フイルム(FUJIFILM) スマートフォン用プリンター スマホ de チェキ instax SHARE SP-3

1枚あたり13秒の高速印刷ができるスマホ対応のフォトプリンター。また、320dpiの高画質な写真をプリントできるのが魅力です。最適な明るさに自動調節するので、簡単にハイクオリティーな写真がプリントできます。

富士フイルム独自の「instaxシステム」により、経年劣化しにくく保存性に優れた写真を印刷可能。写真の色褪せをカバーしながら残せます。

フル充電で約160枚のプリントできるのもポイント。カラーフィルターで色補正ができたり、アプリ内のテンプレートで画像に文字を入れられたりする機能も便利です。SNSやオンラインストレージに直接アクセスしてプリントできるのもメリットです。

エレコム(ELECOM) スマホでフォトプリント eprie EPR-PP01WWH

Wi-Fi接続でスマホの写真をプリントできるフォトプリンター。アプリを使えば静止画はもちろん、動画の一部を選択して静止画としてプリント可能なのが特徴です。また、スマホだけでなく、FacebookやInstagramから画像を直接プリントできます。

専用カートリッジを使い、印刷の仕上げにラミネート加工を施すため、水に強い写真を残せるのがポイントです。620mAhのバッテリー内蔵で、フル充電で15~20枚を印刷可能。購入しやすい価格で、SNSの写真をプリントしたい方にもおすすめです。

ライフプリント(Lifeprint) 3×4.5 Photo & Video Printer LP002-1

画像と動画を組み合わせたAR写真「Hyperphoto」を印刷できるモバイルタイプのフォトプリンターです。アプリを通して覗き込むことで、印刷した写真が動画のように動き出します。

写真はFacebookやInstagramに連携してシェアすることも可能。動画メッセージ付きの年賀状や結婚式の招待状、SNSの新しい表現手法としても活用できます。

印刷には専用のZINKペーパーを使用。裏面はシールになっているので、手帳やフォトアルバムに思い出を動画と一緒に残せます。少し変わった機能を持つフォトプリンターが欲しい方にもおすすめです。

タカラトミー(TAKARA TOMY) プリントス TPT-03

電池やアプリが不要で、スマホとフィルム、本体の3つがあれば印刷できるフォトプリンターです。使い方は簡単で、「組み立て」「スマホを置いて撮影」「取っ手を回してプリント」の3ステップ。プリントする際は手動の操作が必要で、感熱フィルムを用いているため、仕上がるまでのワクワク感があります。

コンパクトに折りたためるため、持ち運びがしやすく場所を問わず使える点も魅力です。低価格で購入できるため、子供と一緒に使いたいにおすすめ。黒・青・ピンクの3種類のカラーがあり、インテリアとして飾っておいても可愛らしい見た目です。

ポラロイド(Polaroid) Hi·Print 2×3 Pocket Photo Printer

Bluetoothで接続して使える、モバイルタイプのフォトプリンターです。専用アプリをダウンロードし、スマホなどとBluetooth接続することで、54×86mmと小さい写真を印刷できます。別売りの専用カートリッジはシールタイプで、壁やパソコンなどさまざまな場所に貼り付けることが可能です。

本体の重量は255g、サイズは26.9×149.8×79.5mmと、軽量コンパクトなのがポイント。外出時にも持ち運びやすいサイズ感です。また、620mAhの充電式リチウムポリマー電池を内蔵しており、microUSBでの充電が可能。およそ1時間で充電が完了します。

印刷技術は昇華型熱転写方式を採用しており、美しく鮮やかに印刷できるのも魅力。本体に施されたレインボーのデザインもおしゃれな、おすすめのモデルです。

ポミニ(pomini) スマホ専用ポータブルプリンター MA-100

文字・絵文字・音声などの情報をQRコードに変換して写真に埋め込みができるスマホ対応フォトプリンター。写真のQRコードを専用アプリで読み取れば、メッセージや音声を確認できます。大切な方へのメッセージや、名刺代わり、宣伝など、さまざまな使い方が可能です。

また、自動で露出を補正し、多彩なフレームで写真の雰囲気をアレンジできます。内蔵バッテリーへの充電時間が約90分と短いのでフォトプリンターの使用頻度が多い方にもぴったりです。

サイズは74×120×22.8mm、重さは186gと小型なのもポイント。ポップでキュートな外観も魅力です。

ペーパーラング(PAPERANG) スマホ対応プリンター FT-057

サイズが83×83×45mm、重さは160gとコンパクトな感熱式フォトプリンター。安定した性能かつ素早く印刷できるサーマルヘッドを搭載しており、一度の充電で約40m分の用紙を印刷可能です。

専用アプリを合わせることで、TODOリストの作成や付箋、Webサイトのプリントなど幅広い用途で使えるのもポイント。文字をデータ化するOCR機能もあり、取り込んでから編集してプリントもできます。低価格でも多機能なモバイルプリンターを探している方におすすめです。

フォトプリンターのおすすめモデル|据え置きタイプ

キヤノン(Canon) ミニフォトプリンター SELPHY CP1300

別売りのバッテリーを用意することで、持ち運びにも対応できる据え置き型フォトプリンター。スマホやカメラ、パソコンの写真をWi-FiまたはUSB接続でプリントできます。L判の写真サイズをはじめ、名刺・カード・正方形シールなどのさまざまな用紙に写真を印刷できるのも魅力です。

昇華型熱転写方式の採用により、肌の質感を綺麗に再現できるほか、プリントの最後には特殊なフィルム加工を施すオーバーコート仕上げ機能も搭載。水や汚れに強い写真を長い期間残せます。加えて、複数の写真を1枚にまとめたり、履歴書用の顔を印刷できたりと多彩な使い方ができるのもポイント。

3.2インチのディスプレイには操作内容がアイコンで表示されるため、直感的に扱うことが可能。リーズナブルな価格にも関わらず高機能なので、幅広くおすすめできるフォトプリンターです。

エプソン(EPSON) コンパクトプリンター カラリオミー PF-71

高画質な写真を印刷できる本格フォトプリンター。基本的な画質に優れるインクジェットタイプを採用し、4色の染料インクにより、色鮮やかな写真を印刷できます。独自の「オートフォトファイン!EX」により、逆光で暗くなってしまった顔を自動で補正してくれるのもポイントです。

専用アプリの「Epson iPrint」とWi-Fiを使用することでスマホとの無線通信に対応するほか、SDカードを直接差し込んでダイレクト印刷できるのもメリットです。

2.7インチの液晶ディスプレイも搭載され、写真や印刷方法、サイズを視覚的に選べるのも魅力。シール用紙を使えばステッカーも作れます。

1枚では収まらない範囲を写し出すパノラマ印刷や、逆光や色調を自動補正してキレイな写真に仕上げる機能も搭載。スマホだけでなくWindowsなどにも対応するので、複数のデバイスから写真を取り込みたい方や多機能なモノが欲しい方におすすめです。

エプソン(EPSON) ハガキプリンター カラリオ PF-81-2021

年賀状やはがき作りに特化したフォトプリンターです。年賀状やキャラクター、グリーディング向けのはがき用テンプレートデザインを1000種類以上内蔵。文字は15種類のフォントから送る相手に合わせて選べるなど、オリジナルの写真入り年賀状やはがき作りが簡単にできます。

角度調節できる9インチのカラータッチパネルが搭載されているため、デザインを原寸大で確認可能。かな・ローマ字入力がしやすいキーボードも付属し、プリンターを介した文字入力も簡単です。

スマホからの写真データはWi-Fiで転送できるほか、SDカードが使えるのもポイント。また、写真のみの印刷も可能です。4色インクやエプソンの独自技術により、高画質な写真が印刷できます。

エプソン(EPSON) インクジェット複合機 カラリオ EP-982A3

最大用紙サイズがA3に対応したインクジェットプリンター。写真や書類などを大きいサイズで印刷したい場合に適しています。A3対応モデルとしてはコンパクトなサイズも特徴です。

無線LANルーターなしでもダイレクトにワイヤレス接続できる「Wi-Fi Direct」が利用可能。また、iOSデバイスでは面倒な設定が不要で、写真や書類を印刷できる「AirPrint」にも対応しているのも便利です。さらに、SDカードスロットからも印刷できます。

独自の6色インクにより、色再現が難しい人の肌を、階調豊かな写真に仕上げられるのが魅力です。加えて、普通紙でも写真を色鮮やかにプリントできる「色あざやかモード」もポイント。4.3型タッチパネル液晶は表示が見やすく、操作性も良好です。

コピーやスキャナーをはじめ、複合機としての機能も充実。写真印刷以外の用途にも本格的なプリンターを使いたい方にもおすすめです。

コダック(Kodak) Instant DockPrinter PD460

サイズが168.5×103.2×68.5mm、重さが760gと、コンパクトな据え置き型フォトプリンター。置き場所を移動しての使用にも適しています。Bluetooth接続によるスマホからの写真プリント用途に特化したシンプルな設計。用紙とインクの交換も簡単にできるよう配慮されています。

プリントサイズは100×148mmのはがき大。専用アプリで写真を編集・加工・デコレーションできるのもおすすめポイントです。

印刷方式はモバイルタイプで多用される昇華型熱転写方式を採用。カラー染料を転写したのちにラミネート加工を施す「4PASSテクノロジー」により、高精細で鮮やかな色を再現します。用紙とインクが一体型のカートリッジを採用しているのも特徴。インク残量を気にする必要がないので便利です。

フォトプリンターのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

フォトプリンターのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。