文書や写真などの印刷に欠かせないプリンター。今や、一家に一台が当たり前の時代となりつつあります。家庭用のプリンターというと安価なインクジェットプリンターが一般的ですが、印刷スピードの速さ・文書印刷の精細さにおいて優れた実力を発揮するのが「レーザープリンター」です。

そこで今回は、おすすめのレーザープリンターをご紹介します。選び方やおすすめのメーカーも合わせて解説するので、購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

レーザープリンターとは?

By: epson.jp

「レーザープリンター」とは、筒状の感光体である「ドラム」に固められた色材である「トナー」を吹き付けて、ドラムに付着したトナーをプリンター用紙に押し付けて印刷する方式のプリンターです。

液体のインクを紙にそのまま吹き付ける「インクジェットプリンター」と比べて高精細な文書印刷が可能であるほか、大量の印刷をスピーディーに行えます。また、トナーの交換回数が少なく手間が掛からないのもメリットです。

一方で、インクジェットプリンターよりも本体価格や消耗品が高額である点には留意しておきましょう。しかし、1枚当たりの印刷コストはインクジェットプリンターよりも安いため、大量に印刷したい方はレーザープリンターがおすすめです。

レーザープリンターの選び方

用紙のサイズをチェック

レーザ―プリンターを選ぶ際には、印刷可能な用紙サイズの確認が必要です。コピー用紙の基準サイズであるA4にはほぼすべての機種が対応していますが、ポスター印刷などに活用できるA3に対応した機種は限られているので留意しておきましょう。なお、A3対応の製品は本体サイズが大きなモノが多いため、広めの設置スペースが必要な点には要注意です。

コピー・スキャナー機能をチェック

By: epson.jp

レーザープリンターには、印刷機能のみを備えた「単機能タイプ」と、印刷機能に加えてコピー・スキャナー・ファックスなどの多彩な機能を搭載した「複合機タイプ」の2種類が存在します。単機能タイプは機能性がシンプルなぶん本体がコンパクトで狭いスペースにも設置でき、リーズナブルな価格の機種が多いのが魅力。

一方で、幅広い用途で活用できる「複合機」タイプは本体価格がやや高くなる傾向にありますが、利便性を重視したい方におすすめです。特に、紙媒体を簡単に電子データ化できる「スキャナー機能」を搭載した機種は、書類・写真の整理に重宝します。

カラー対応かチェック

レーザープリンターには、カラー印刷に対応した機種とモノクロ印刷のみ可能な機種があります。印刷物のバリエーションにおいては、カラー対応機種が優位です。しかし、モノクロ対応機種はカラー対応機種よりもスピーディーに印刷できるのに加え、本体・トナー価格がリーズナブルであるのがメリット。

色彩豊かな年賀状や写真などを印刷したい場合にはカラー対応機種がおすすめ。また、白黒文書の印刷のみに活用したい場合やコストをできる限り抑えたい場合はモノクロ対応機種を選んでみてください。

Wi-Fiの有無をチェック

By: epson.jp

レーザープリンターをより便利に活用したい方は、Wi-Fi対応の有無を要チェック。Wi-Fiに対応した機種はパソコンと有線接続する必要がないため、部屋の好きな場所に設置できるのが魅力です。加えて、複数のパソコン、スマホやタブレットからも簡単に印刷ができます。

なお、通常はWi-Fiを使用する際には「アクセスポイント」と呼ばれる親機を別途設置する必要があるので要注意。しかし、Wi-Fiの子機同士を直接接続できる「Wi-Fiダイレクト」機能を搭載したレーザープリンターであれば、親機は不要です。購入時には忘れずに確認しておきましょう。

レーザープリンターのおすすめメーカー

キヤノン(Canon)

By: amazon.co.jp

カメラ・ビデオ・プリンターなどの電気機器を製造するグローバル企業「キヤノン」。オフィス・家庭向けを問わず、さまざまなレーザープリンターを展開しています。同ブランドのレーザープリンターは、印刷品質や安定性に優れているのが魅力。また、多彩な機能を搭載したモデルが多いため、多目的で利用したい方にもおすすめです。

ブラザー(Brother)

By: amazon.co.jp

「ブラザー」は、主にプリンター・ファクシミリ・ミシンなどを製造している電機メーカーです。同ブランドのプリンターはインクジェットタイプが主力ですが、レーザープリンターもラインナップが充実。高機能でありながらリーズナブルな価格帯の機種が多く、コストを抑えたい方におすすめのブランドです。

エプソン(EPSON)

By: amazon.co.jp

「エプソン」は、情報関連機器・精密機器メーカー「セイコーエプソン株式会社」が手掛けているブランドです。同ブランドは美しい色彩が特徴のインクジェットプリンター「カラリオ(Colorio)」シリーズで知られていますが、レーザープリンター(ページプリンター)の製品ラインナップも豊富。カラー・モノクロともに、優れた印刷スピードと高い耐久性を実現しています。

レーザープリンターのおすすめモデル

ブラザー(Brother) ジャスティオ A4モノクロレーザープリンター HL-L2375DW

ブラザー(Brother) レーザープリンター A4モノクロ HL-L2375DW

幅356×奥行360×高さ183mmの小型設計で狭いスペースにも設置しやすい、モノクロ印刷タイプのレーザープリンターです。印刷スピードは、約34枚/分とスピーディー。また、用紙サイズはA4まで対応しています。ドラムユニット・トナーカートリッジは分離型なので、消耗品のコストを削減できるのもポイント。

さらに、封筒やハガキなどの厚手の用紙は手差しトレイから給紙して背面側へストレートに排紙されるため、用紙の反りを抑えられます。そのほか、Wi-Fiダイレクト機能付きなので、親機を使わずともWi-Fi接続が可能。本体価格・ランニングコストともに安く、便利に活用できるおすすめのレーザープリンターです。

ブラザー(Brother) ジャスティオ A4カラーレーザー複合機 MFC-L3770CDW

ブラザー(Brother) レーザープリンター 複合機 A4カラー MFC-L3770CDW

プリンター・コピー・スキャナー・ファックスを標準搭載した、カラー印刷対応のレーザープリンターです。本体サイズは幅410×奥行509×高さ414mmと複合機タイプのなかでは比較的小さめなので、高機能かつ省スペースな機種を探している方におすすめ。用紙サイズは、A4まで対応しています。

印刷スピードは、モノクロ・カラーともに約24枚/分とスピーディー。また、3.7型のカラータッチパネルを搭載しており直感的な操作も可能です。さらに、一度の用紙搬送で表・裏面同時にスキャンできるほか、USBメモリをプリンター本体に差し込めばPCレスで直接印刷できるのも魅力。そのほか、パソコンやスマホから直接接続できるWi-Fiダイレクト機能も搭載しています。

キヤノン(Canon) Satera A4モノクロレーザー複合機 MF232w

キヤノン(Canon) モノクロレーザビームプリンタ A4複合機 Satera MF232w

プリンター・コピー・スキャナーを標準搭載した、モノクロ印刷タイプのレーザープリンターです。Wi-Fiダイレクト接続対応モデルであり、最大5台の同時接続に加え有線LANとの併用も可能。また、iPhone・iPad・Android端末に対応したプリント&スキャンアプリケーションを搭載しており、スマホとタブレットに保存しているデータ・写真の印刷や、複合機でスキャンしたデータの取り込みが簡単にできます。

さらに、素早い立ち上がりと省エネを両立する独自の「オンデマンド定着技術」により、プリント開始から終了まで約9秒、かつ連続印刷は約23枚/分の高速プリントを実現。そのほか、数枚の原稿を縮小して1枚にまとめる「用紙節約コピー」ボタンを搭載しているため、簡単な操作で用紙コストの削減も可能です。

操作パネルは水平と垂直の2段階に可動するので、立った状態での画面操作が多い方にもおすすめ。ドラムとトナーは一体型であるため、簡単に交換できるうえに手も汚れません。安い価格帯でありながら優れた実用性を有する人気モデルです。

キヤノン(Canon) Satera A4カラーレーザー複合機 MF644Cdw

キヤノン(Canon) レーザープリンター A4カラー複合機 Satera MF644Cdw

プリント・コピー・両面同時スキャン・ファックスの機能を備えた、カラー印刷対応の複合機です。印刷速度はカラー・モノクロともに21枚/分。「両面印刷機能」が標準搭載されているのに加え、ファックス受信時も自動で用紙の両面に出力されるため用紙コストを削減できます。

また、iPhone・iPad・Android端末に対応したプリント&スキャンアプリケーションを搭載しているので、スマホとタブレットに保存しているデータ・写真の印刷や、複合機でスキャンしたデータの取り込みも簡単。さらに、5インチのカラータッチパネルで直感的に操作できるほか、ホーム画面のメニューは自分仕様にカスタマイズできるため作業効率もアップできます。

そのほか「USBダイレクトプリント」機能を搭載しており、本体に接続したUSBメモリのデータを直接印刷することも可能。トナーカートリッジや用紙は、本体の前面から楽々とセットできます。本体サイズは幅451×高さ413mmと複合機タイプのなかでは比較的コンパクトなので、設置しやすいのもポイント。高性能なモデルを探している方におすすめです。

キヤノン(Canon) Satera カラーレーザープリンター LBP841CS

キヤノン(Canon) カラーレーザープリンター Satera LBP841CS

A3用紙・カラー印刷に対応したレーザープリンターです。印刷速度はカラー・モノクロともに26枚/分と高速。また、プリント1枚あたりカラー約11.1円・モノクロ約2.8円の低ランニングコストを実現しています。プリンターを使用していないときは自動でスリープモードに切り替わるため、電力消費も削減可能です。

さらに、ドラムとトナーは一体化型なので簡単に交換でき、メンテナンスの手間を省けるのも魅力。パネルには大きな液晶が特徴の「ワイドLCDパネル」を採用しているため、操作性も快適です。

標準の給紙枚数は350枚と多くはありませんが、給紙オプションをセットすれば最大2000枚まで給紙が可能。そのほか、手差しトレイを活用することで最長1200mmの長尺印刷もできます。Windowsはもちろんのこと、Mac・Linuxなどの多彩なOSにも標準対応。実用性の高いおすすめモデルです。

富士ゼロックス DocuPrint A4カラーレーザープリンター CM310 z

富士ゼロックス DocuPrint CM310 z NL300062

文書や写真の高画質・高品質プリントにこだわりたい方にぴったりのレーザープリンターです。新開発LEDヘッドを搭載したことで、1200×2400dpiの高解像度化を実現。カラー印刷がきれいに出にくいレーザープリンターのデメリットが解消されているため、インクジェットプリンターからの乗り換えを検討している方におすすめです。

また、プリント機能に加えてコピー・スキャナー・ファクス機能も標準搭載。一度の用紙搬送で表・裏面同時にスキャンできるほか、ファックスはPCから直接送信できるため高い作業効率を有しています。さらに、1枚目の出力に要する時間はカラー8.5秒・モノクロ8.0秒、連続印刷速度は28枚/分とどちらもスピーディー。

そのほか、iOS・macOS標準のプリント機能である「AirPrint」、Google社が提供するWeb印刷サービス「Googleクラウドプリント」、操作パネルにモバイル端末をタッチするだけで簡単にプリントしたりスキャン画像を取り込んだりできる「NFC」などを搭載しており、モバイル対応も充実しています。

エプソン(EPSON) モノクロレーザープリンター LP-S180D

エプソン(EPSON) ページプリンター モノクロ LP-S180D

プリント機能のみを搭載した、モノクロ印刷タイプのレーザープリンターです。1枚目の出力に要する時間は約6.8秒、連続印刷速度は30枚/分とスピーディーなプリントが可能。耐久枚数10万枚の優れた耐久性もポイントです。また、使用時でも幅375×奥行578×高さ265mmと小型サイズで、狭いスペースやデスクの上にも楽々設置できます。

さらに、本体下部には「用紙残量確認窓」を搭載しているので、都度カセットを開けずとも用紙残量を確認できるのも魅力です。そのほか、標準で両面印刷に対応しているため用紙コストの節約も可能。接続方法はUSB接続のみ、かつスマホプリントは非対応ですが、コンパクトなサイズ感・安い価格帯を重視したい方におすすめのモデルです。

沖データ(OKI) COREFIDO A3カラーレーザープリンター C811dn

沖データ(OKI) COREFIDO C811DN

A3対応モデルでありながら、コンパクトさが魅力のレーザープリンターです。幅449×奥行552×高さ360mmとコンパクト、かつ凹凸のない背面設計で設置がしやすいデザインです。

標準の給紙枚数は430枚と一般的ですが、給紙オプションをセットすれば最大2080枚までの給紙が可能。用紙を追加する手間を軽減でき、ストレスなくプリント業務を行えます。また、A4印刷時はカラー・モノクロともに35枚/分、A3印刷時はカラー・モノクロともに20枚/分とスピーディーに印刷できるのも魅力。

さらに、液晶パネルはカナ表記のみならず漢字でも表記されるため、直感的に操作ができます。そのほか、長尺印刷や自動両面印刷に標準対応しているのもポイントです。

リコー(RICOH) A4カラーレーザープリンター SP C260L

リコー(RICOH) A4カラーレーザープリンター SP C260L 513725

プリント機能のみを搭載した、A4・カラー印刷対応のレーザープリンターです。幅400×奥行450×高さ320mmのコンパクト設計で、デスクサイドなどの狭いスペースにも設置できます。9600×600dpiの高画質出力が可能であるため、写真データなどをきれいにプリントできるのもポイント。

また、60~160g/m²までの用紙厚に対応しており、名刺・POP・郵便はがきなどを含む幅広い用途で活用できます。標準の給紙枚数は270枚とやや少なめですが、オプションの増設トレイを装着すれば820枚の大量給紙が可能です。

さらに、設置環境に応じてUSB・有線LAN・無線LANのなかから接続方法を選択できるほか、Wi-Fiダイレクトに標準対応しているためスマホやタブレット端末のデータを簡単に印刷できるのも魅力。カラー対応モデルでありながら安価なので、初期投資を安く抑えたい方におすすめです。