文書や写真などの印刷に欠かせないプリンター。家庭用のプリンターでは安価なインクジェットプリンターが一般的ですが、印刷スピードの速さやコスパの面において優れた実力を発揮するのが「レーザープリンター」です。

そこで今回は、おすすめのレーザープリンターをご紹介します。選び方やおすすめのメーカーもあわせて解説するので、購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

レーザープリンターとは?

レーザープリンターとは、トナーパウダーと呼ばれる樹脂の粉を熱で溶かして印刷する方式のプリンター。トナーパウダーを紙に定着させる際に、ローラーにレーザー光線を用いるため、レーザープリンターと呼ばれています。

印刷スピードが早く、業務用として用いられることがほとんど。一度にたくさんの紙を印刷するシーンに適しているタイプです。

レーザープリンターとインクジェットプリンターの違い

レーザープリンターの特徴とメリット

レーザープリンターは、文字をくっきり・はっきりと印刷できるのが特徴。プレゼン資料や学校のプリントなどを印刷するのにおすすめです。また、印刷速度に優れており、一度にたくさんの資料を印刷できるのもメリット。文字がにじみにくいのも魅力です。

一方、消費電力が大きく、トナーなどの消耗品が比較的高価なため、高いランニングコストがかかってしまうのが難点。本体サイズも大きく、設置スペースを広めに確保する必要があるのも留意しておきましょう。

インクジェットプリンターの特徴とメリット

インクジェットプリンターは、紙にインクを直接噴きつけて印刷する方式を採用したタイプ。解像度が高く、写真などを印刷するのに適しています。家庭用として一般的で、本体サイズが小さく設置しやすいのがメリット。消費電力も小さいため、頻繁に使わない場合はランニングコストがかかりにくいのも魅力です。

一方、レーザープリンターに比べて印刷スピードが遅い点はデメリット。また、インクの交換や給紙の頻度が高いため、メンテナンスの手間がかかりやすい点に留意しておきましょう。

インクジェットプリンターについて詳しく知りたい方はこちら

レーザープリンターの選び方

用紙のサイズをチェック

レーザープリンターを選ぶ際には、印刷可能な用紙サイズの確認が必要です。A4サイズはほぼすべての機種が対応していますが、ポスター印刷などに活用できるA3に対応した機種は限られているので留意しておきましょう。

なお、A3対応の製品は本体サイズが大きなモノが多いため、広めの設置スペースが必要な点も要注意です。

コピー・スキャナー機能をチェック

レーザープリンターには、印刷機能に加えてコピーやスキャナー、ファックスなどの多彩な機能を搭載した「複合機タイプ」と、印刷機能のみを備えた「単機能タイプ」の2種類が存在します。

幅広い用途で活用できる複合機タイプは、利便性を重視したい方におすすめ。特に、紙媒体を簡単に電子データ化できる「スキャナー機能」を搭載した機種は、書類や写真の整理に重宝します。

一方、単機能タイプは機能性がシンプルな分、本体がコンパクトで狭いスペースにも設置可能。リーズナブルな価格の機種が多いのも魅力です。

カラー対応かチェック

レーザープリンターには、カラー印刷に対応した機種とモノクロ印刷のみ可能な機種があります。印刷物のバリエーションにおいては、カラー対応機種が優位。一方、モノクロ対応機種はカラー対応機種よりもスピーディーに印刷しやすいのに加え、本体やトナー価格がリーズナブルな傾向があります。

書類だけでなく、色彩豊かな年賀状や写真なども印刷したい場合は、カラー対応機種がおすすめ。白黒文書の印刷のみに活用したい場合や、コストをできる限り抑えたい場合はモノクロ対応機種を検討してみてください。

価格をチェック

レーザープリンター選びでは価格も重要。元々、オフィスなどで書類を高速かつ大量に印刷することに重点を置いた製品であるため、基本的には高価なモデルが多いのが特徴です。

しかし、リモートワークが増加し、自宅やスモールオフィスで仕事をする方向けに安価な単機能モデルも多く販売されています。コピー機やスキャナーなどの機能は省かれていますが、レーザープリンターならではのメリットをリーズナブルに入手できるので、大量の書類を少ない印刷コストでプリントしたい方におすすめです。

Wi-Fiの有無をチェック

レーザープリンターをより便利に活用したい方は、Wi-Fi対応の有無もチェックしておきましょう。パソコンと有線接続する必要がないため、部屋の好きな場所に設置できるのが魅力です。加えて、スマホ・タブレットからも簡単に印刷ができます。

なお、通常はWi-Fiを使用する際に、「アクセスポイント」と呼ばれる親機を別途設置する必要があるので要注意。ただし、Wi-Fiの子機同士を直接接続できる「Wi-Fi Direct」機能を搭載したレーザープリンターであれば、親機は不要です。購入するときは忘れずに確認しておきましょう。

レーザープリンターのおすすめメーカー

キヤノン(Canon)

By: amazon.co.jp

カメラやビデオ、プリンターなどの電気機器を製造するグローバル企業「キヤノン」。オフィス・家庭向けを問わず、さまざまなレーザープリンターを展開しています。

同ブランドのレーザープリンターは、印刷品質や安定性に優れているのが魅力。また、多彩な機能を搭載したモデルが多いため、多目的で使用したい方にもおすすめです。

ブラザー(Brother)

By: amazon.co.jp

「ブラザー」は、主にプリンターやファクシミリ、ミシンなどを製造している電機メーカーです。

同ブランドのプリンターはインクジェットタイプが主力ですが、レーザープリンターもラインナップが充実。高機能ながらリーズナブルな価格帯の機種が多く、コストを抑えたい方におすすめです。

エプソン(EPSON)

「エプソン」は、情報関連機器・精密機器メーカー「セイコーエプソン株式会社」が手掛けているブランドです。

美しい色彩が特徴のインクジェットプリンター「カラリオ(Colorio)」シリーズで知られていますが、レーザープリンターのラインナップも豊富。カラー・モノクロともに、優れた印刷スピードと高い耐久性を実現しています。

レーザープリンターのおすすめモデル|複合機

キヤノン(Canon) レーザー複合機 Satera MF745Cdw


A4カラープリントに対応したレーザープリンター複合機です。色分けされたグラフ入りの文書やプレゼン資料などがキレイに印刷できます。

スマホやタブレットと連携できるのも特徴。AirPrintやMopriaに対応しているため、パソコンを使わず、iPhoneやAndroidスマホから直接プリントをおこなえます。さらに、専用アプリを利用すれば、本機でスキャンしたデータをモバイルデバイスに取り込むことが可能。モバイルデバイスを活用するオフィスにおすすめのモデルです。

また、5インチのカラー液晶タッチパネルを搭載。多様な操作がタッチやフリックで直感的に実行できます。メニュー画面のカスタマイズも可能で、使い勝手は良好です。

キヤノン(Canon) レーザー複合機 Satera MF656Cdw


A4カラー・モノクロともに毎分21枚の高速出力が可能なレーザープリンター複合機。独自のオンデマンド定着方式を採用しているのが特徴です。1枚目から迅速なプリントが可能なため、急ぎのコピーにもすぐ対応できます。

高速かつ多彩なスキャナー機能を搭載。両面同時読み取りや、パソコンなしでのPDF生成にも対応しています。USBメモリーなどにも直接保存できるので、ネットワーク外のパソコンと情報を共有したい場合にも便利です。

操作性に優れているのも魅力。5インチのカラータッチパネルを備えており、直感的に操作ができます。さらに、使用頻度の高い操作や機能をホーム画面に登録する「アプリケーションライブラリー」機能も搭載。ファックスの送受信にも対応した、高性能なおすすめモデルです。

キヤノン(Canon) A4 モノクロレーザー複合機 Satera MF551dw


印刷を大量におこなうオフィスにおすすめのモノクロレーザープリンターです。毎分43枚の高速出力に対応しているのが特徴。1枚目のコピーに要する時間も6.3秒以下と速いため、忙しいときに便利です。また、2in1や4in1といったページ集約機能を備えており、用紙代を節約しながら多くの印刷ができます。

大量の給紙に対応しているのも特徴。オプションのペーパーフィーダーを使えば、最大2660枚の用紙をセットすることが可能です。頻繁に用紙を補給する手間を省き、業務を効率的に進められます。

キヤノン(Canon) A3 モノクロレーザー複合機 Satera MF7525F

A3用紙への出力が必要な職場におすすめのモノクロレーザープリンター。A3を毎分15枚、A4サイズなら毎分25枚プリントすることが可能です。また、ファーストコピータイムが5.9秒以下と高速なため、急ぎのコピーにも素早く対応できます。

加えて、自動両面原稿送り装置を搭載しているのもメリット。A4であれば、最大50枚の連続読み込みができます。

さらに、「uniFLOW Online スキャン機能」を備えているのが特徴。スキャンした書類を、Google DriveやDropboxなどのクラウドストレージに直接送信できます。パソコンを経由する面倒がないのが便利なポイントです。

ブラザー(Brother) レーザープリンター 複合機 DCP-L2550DW

有線LANと無線LAN、どちらの接続方式にも対応したモデルです。無線LANで接続すればケーブルレスで使用でき、設置場所を自由に決めやすいのが特徴。オフィスのスペースが限られている場合にもおすすめのレーザープリンターです。

また、自動両面プリント機能を備えているため、用紙コストを半分に抑えて出力できます。ページレイアウト機能を利用すれば、より大量の文書を少ないページに印刷することが可能。用紙代が節約できるだけでなく、ファイリングスペースも少なく済みます。価格が安いので、導入コストを低く抑えられるのも魅力です。

ブラザー(Brother) レーザープリンター 複合機 MFC-L2750DW

コピー・スキャン・ファックス機能を搭載したレーザープリンターです。受注や発注業務などで、ファックスが欠かせない職場におすすめのモノクロ複合機。パソコン上の書類を直接送信できるため、プリントの手間がかからず用紙代を削減できます。受信したファックスも、パソコンから確認や保存ができるなど使い勝手は良好です。

専用アプリをインストールすればモバイルデバイスとの連携が容易。スマホやタブレットに保存されている文書や写真をプリントできます。また、Wi-Fi Directに対応しており、無線LANのない環境で印刷指示が出せるのも便利です。

ブラザー(Brother) レーザープリンター 複合機 MFC-L3770CDW

使い勝手に優れたカラー複合機です。カラー・モノクロともに、1分間に約24枚のプリントが可能。両面プリント機能を備えているため、用紙にかかるコストが抑えられます。「クロだけ印刷」機能を搭載しており、万が一カラートナーがなくなってもモノクロで印刷が続けられるので安心です。

また、有線LANに加えて、無線LANにも対応。楽にスマホやタブレットと連携できます。加えて、USBダイレクトに対応しており、パソコンを経由せずに印刷できるのもメリットです。

さらに、コピーやスキャンなど、各機能の使用をユーザーごとに制限できるため、セキュリティ面に配慮したい方はチェックしてみてください。

リコー(RICOH) A4 カラープリンター複合機 RICOH P C301SF

コンパクトでスタイリッシュなデザインを採用したモデル。スペースが限られたオフィスや店舗などへ設置するのにおすすめです。

また、メンテナンス性に優れているのも特徴。用紙の補給やトナーの交換作業は前面からおこなうことが可能です。用紙残量インジケーターを備えているので、補給のタイミングがひと目で把握できます。

4.3インチのフルカラー液晶タッチパネルを採用しているのもポイントです。情報が見やすいのはもちろん、頻繁に利用する設定を登録できるなど使い勝手にも優れています。

リコー(RICOH) A4 カラープリンター複合機 RICOH SP C260SFL

コンパクトなボディにプリンター・コピー・スキャナー・ファックス機能を搭載した、レーザープリンター複合機。省スペース設計の製品を求める方におすすめのモデルです。

無線LAN接続に対応しているため、ケーブル配線の煩わしさがなく使いやすい場所に設置できます。また、Wi-Fi Directに対応しており、スマホやタブレットからプリントできるのも便利です。

4連タンデム方式を採用しているのも特徴。4色を1工程で処理することにより、カラー・モノクロともに毎分20枚のプリントスピードを実現しています。さらに、9600dpi相当×600dpiでの出力ができるなど、写真データの印刷品質も良好です。

リコー(RICOH) A4モノクロレーザープリンター複合機 RICOH SP 3700SF

手頃な価格のモノクロレーザープリンター。1分間に32枚の高速印刷に対応しているため、大量の出力を短時間で完了できます。ファーストプリントまでの時間が7.5秒以下と速く、急ぎのコピーに素早く対応できるのも便利なポイントです。

自動両面原稿送り装置を搭載しており、スムーズにコピーやスキャンを進められるのもメリット。最大35枚の原稿をセットできます。

さらに、AirPrintやMopriaに対応しており、iPhone・iPad・Android端末から直接プリントが可能。モバイルデバイスと連携ができるのが魅力です。

レーザープリンターのおすすめモデル|単機能

キヤノン(Canon) Satera カラーレーザービームプリンター LBP621C

無線・有線LANに対応し、基本性能に優れたカラーレーザープリンターです。複数のパソコンからワイヤレスプリントができるため、オフィスでの使用におすすめ。毎分18枚の高速プリントが可能なのも特徴です。また、高精細なカラープリントに対応し、写真の印刷にも適しています。

大容量の一体型トナーカートリッジを採用しており、一度にたくさんのプリントに対応するのもポイント。カートリッジを交換する手間を軽減できます。奥行きを抑えたコンパクト設計なので、デスク周りの省スペースにも設置可能です。

ブラザー(Brother) ジャスティオ コンパクト・モノクロプリンター HL-L2375DW

毎分約34枚の高速プリントができる、単機能タイプの小型レーザープリンター。データ処理をスムーズに行うことで、複数人が使用する状況でも高いパフォーマンスを発揮します。

自動両面プリント機能を搭載しており、用紙コストを削減できるのも魅力のひとつ。また、無線LAN接続に対応しているため、設置場所に関係なくパソコンやスマホなどから印刷できます。

比較的リーズナブルに購入できるのもポイント。コスパを重視している方もチェックしてみてください。

エプソン(EPSON) A3カラーページプリンター LP-S7180

耐久枚数60万枚を実現した、単機能タイプのレーザープリンターです。カラー・モノクロともに毎分約30枚の高速印刷ができるのが特徴。ビジネスシーンにおいて高い生産性を実現できます。

有線・無線LANに対応しており、大容量データを印刷する際は有線、自由な場所に設置したい際は無線と使い分けられるのも魅力。専用アプリを使えば、スマホやタブレットなどのモバイル端末からも印刷できます。

スペースを取りにくいコンパクトサイズなので、オフィスやデスクのスペースを有効活用できるのもおすすめポイントです。

エプソン(EPSON) A3モノクロページプリンター LP-S2290

毎分約30枚の高速印刷が可能な、A3サイズに対応したレーザープリンターです。最大670枚の給紙容量を備えているため、給紙する手間を軽減できるのが特徴。独自の「RIT」搭載により、小さい文字や図面なども鮮明に表現できます。

有線・無線LANの両方に対応しているのも魅力。Wi-Fi Directを利用すれば、ルーターがないオフィスでもプリンターと端末を直接Wi-Fi接続できます。

2.4インチのカラー液晶操作パネルを搭載しているのもポイント。操作に不慣れな方でもスムーズに操作できます。利便性に優れたモデルを探している方にもおすすめです。

リコー(RICOH) A4 カラーレーザープリンター P C200L

デスクサイドにスマートに設置できるコンパクトサイズが魅力の単機能タイプのレーザープリンターです。在宅業務が多い方や、小規模オフィスで使いたい方におすすめ。カラー・モノクロともに毎分24枚の連続印刷ができるのが特徴です。

高画質のカラープリントができるのも魅力のひとつ。また、無線・有線LANに対応しており、パソコンはもちろん、Wi-Fi Directを使用すればスマホやタブレットなどさまざまな端末から印刷できます。

暗号化機能を備え、セキュリティ面を考慮した設計。シンプルで使いやすいプリンタードライバーに対応しているので、比較的簡単に使用できます。

レーザープリンターの売れ筋ランキングをチェック

レーザープリンターのランキングをチェックしたい方はこちら。