書類を印刷したり年賀状を作ったりと、ビジネスからプライベートまで幅広いシーンで活躍するのが「インクジェットプリンター」です。たくさんの種類が販売されているため、どのモデルにすべきか迷っている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、インクジェットプリンターのおすすめモデルをランキング形式でご紹介。選び方についても詳しく解説するので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

インクジェットプリンターとは?

By: canon.jp

インクジェットプリンターとは、熱や圧力を加えることで細かな粒子状にしたインクを、直接用紙に吹き付けて印刷する方式の製品のことです。印刷解像度が高く、色再現性に優れているのが特徴。スマホで撮影した写真や、パソコンで作成したオリジナルの年賀状を、綺麗に出力したい方におすすめのプリンターです。

市販されている製品の種類が豊富で、価格が手頃なこともあり、家庭用プリンターとしてはもっとも普及しています。最近では、ビジネス用途向けのインクジェットプリンターも数多く登場し種類も充実。1台で複数の業務に対応可能な複合機も多く販売されているので、オフィスで使うプリンターを検討している方もぜひチェックしてみてください。

レーザープリンターとの違い

By: epson.jp

レーザープリンターの特徴は、トナーと呼ばれる粉上の色材をインクの代わりに使用することです。高電圧で帯電させたドラムにトナーを付着させ、用紙に転写することでプリントします。色再現性や印刷解像度などの性能面では比較的劣ってしまうため、写真を綺麗にプリントしたい場合は、インクジェットプリンターの方がおすすめです。

その反面、レーザープリンターは大量の印刷を高速かつ低コストで実行するのが得意。文字・グラフ・図面などの書類を、毎日出力するビジネス用途にぴったりです。

レーザープリンターについて詳しく知りたい方はこちら

インクジェットプリンターの選び方

用途に合わせたタイプを選ぶ

シンプルな機能で価格が安い「単機能プリンター」

By: canon.jp

印刷機能しか使わない方におすすめなのが単機能プリンターです。余分な機能が付いていないため、安い価格で購入することが可能。機能が少ない分、操作がシンプルで扱いやすいのも魅力です。また、比較的コンパクトな製品が多いので、省スペースなインクジェットプリンターを求める方に向いています。

単機能プリンターのなかにはA3ノビサイズに対応していたり、10色インクを搭載していたりする高性能なモデルも。作品レベルの出力が可能なため、クリエイティブな作業をおこなうプロの現場にもぴったりです。そのほか、社内で販促物を作成するような用途でも活躍します。

コピー・スキャナーなど多機能な「複合機」

By: epson.jp

コピーやスキャナーなど、プリント以外の機能も搭載しているのが複合機です。1台で複数の作業に対応できるため、ほかの機器を別々に置く必要がなく、スペースの有効活用が可能。設置場所が限られているような環境におすすめのタイプです。

そのほか自宅でも、学校や役所に提出する書類をコピーしたりパソコンに控えをとったりなど、幅広いシーンで活躍します。インクジェットプリンター複合機のなかには、ファックス機能を搭載したさらに多機能なモデルも。受発注業務をファックスでおこなうオフィスに適しています。

インクカートリッジのタイプと特徴

一体型

By: canon.jp

シアン・マゼンダ・イエローなどのカラーインクを、ひとつのカートリッジにまとめたのが一体型です。全てのカラーインク交換を1度に済ませられるため、面倒な作業を頻繁におこなう必要がありません。インクジェットプリンターで印刷する機会の少ない方や、メンテナンスをできるだけ省力化したい方におすすめのタイプです。

ただし、1色でもインク切れになれば全色を交換する必要があるので、ランニングコストは比較的高くなりやすい傾向にあります。また、分離型のインクカートリッジと比べてコスト面では劣るため、購入を検討している方はあらかじめ留意しておきましょう。

分離型

By: epson.jp

インクの色ごとにカートリッジを分けているタイプが分離型です。独立型カートリッジとも呼ばれています。空になったインクのカートリッジのみ交換できるのが特徴。全てのインクを無駄なく使い切れるため、一体型よりもコスト面に優れています。

ただし、搭載しているインクの数が多いほど、カートリッジを交換する頻度も増える点には留意しておきましょう。ランニングコストを抑えたい方はもちろん、特定のカラーインクだけを大量に消費する方にもおすすめのタイプです。

エコタンク

By: rakuten.co.jp

エコタンクとは、インクジェットプリンター内蔵の大容量タンクに、ボトル入りのインクを補充しながら使用する方式のことです。メーカーによってはギガタンクとも呼ばれており、カートリッジ方式と比べ、同じ量のプリントに要するインク代を大幅に節約できるのが特徴。毎日大量の印刷をおこなう方におすすめのタイプです。

増量サイズのボトルインクなども販売されているため、より低コストでプリントできます。ランニングコストを重視する方にぴったりの方式なので、ぜひチェックしてみてください。

「染料インク」と「顔料インク」の違い

By: canon.jp

インクジェットプリンターが使用するインクには、染料と顔料の2種類が存在します。染料インクは、鮮やかな発色と光沢感のある仕上がりが特徴。写真を綺麗にプリントしたい方におすすめのインクです。6色以上のカラーインク搭載モデルなら、プロが要求する繊細な画像表現にも対応できます。ただし、乾燥前後で色味が変化するなど、テスト印刷を繰り返すような用途には不向きなので注意が必要です。

一方で、顔料インクは用紙に定着しやすく滲みにくいのが特徴。細かな文字や罫線をくっきりと印刷できるので、報告書や図面などビジネス文書の出力に適しています。また、水に溶けにくいためマーカーペンで書き込むことも可能。

そのほか、ブラックに顔料インク、カラーに染料インクを採用したハイブリッドインク搭載モデルも多く販売されています。文字と写真が混在する書類を綺麗にプリントしたい方は要チェックです。

対応用紙のサイズをチェック

By: epson.jp

インクジェットプリンターを選ぶ際には、印刷したい用紙サイズに対応しているかも大切なポイントです。社内で販促物を作成したり展示用の作品を出力したりするケースでは、A3対応モデルがあると便利。大判プリントが可能なため、訴求力のあるポスターが作れます。

A3モデルを購入しておけばA4サイズでも印刷できるので便利ですが、その分本体サイズが大きくなるので注意しましょう。特に設置スペースにあまり余裕がない場合は、プリントする用紙サイズにぴったりのモデルを選ぶのがおすすめです。

また、A3サイズで全面プリントする際には、トンボ表示できるA3ノビサイズが必要になるケースもあるので、購入前にスペックをよく確認してみてください。

ランニングコストにも注目

By: canon.jp

毎日大量の出力をおこなう場合は、ランニングコストにも注目しましょう。カートリッジ方式のモノに比べ、同じ量を印刷するのに必要なインク代が安くすむため、エコタンク方式の製品がおすすめです。多くのモデルが1枚あたりの印刷コストを記載しているので、購入時の参考にしてみてください。

また、ランニングコストはインク代だけではありません。プリント枚数が多いほど、使用する用紙にかかる費用もかさみます。両面印刷に対応しているモデルであれば、使う用紙の枚数を減らすことが可能。社内配布書類のプリントで利用すると用紙代を削減できます。

インクジェットプリンターのおすすめメーカー

エプソン(EPSON)

By: amazon.co.jp

長野県に本社を構える、情報関連機器や精密機器の製造・販売をおこなっている電機メーカーです。日本を代表するプリンターブランドであり、印刷機器を軸にプロジェクターやスマートグラスといった製品を手掛けています。

インクジェットプリンターは人気の「カラリオ(Colorio)」シリーズを中心に、印刷機能に特化したシンプルなモデルから、ファックスやスキャナーを搭載した多機能な複合機まで豊富なラインナップを展開。手軽に年賀状が作れる製品を探している方や、ランニングコストを抑えつつ大量に印刷したい方など、ホームユースからビジネスまで多様なニーズに対応できます。目的に合ったモデルが選びやすいのでぜひチェックしてみてください。

キヤノン(Canon)

By: canon.jp

東京に本社を置く精密機器の大手メーカーです。カメラやビデオなどの映像機器をはじめ、プリンターや複写機といった事務機器の製造・販売を手掛けています。インクジェットプリンターは「ピクサス(PIXUS)」ブランドを展開。カラー対応モデルにハイブリッドインクを採用しているのが特徴です。写真と文字の両方が綺麗にプリントできるなど、プライベートからビジネスまで用途を問わず活躍します。

なかには、多色の染料もしくは顔料インクのみを採用した「プロライン(PROLINE)」といったシリーズも。作品レベルの印刷品質を求めるプロのクリエイターにおすすめです。

ブラザー(Brother)

By: brother.co.jp

愛知県に本社を構える電機メーカーです。1908年にミシンの修理事業からスタートし、現在はミシンをはじめプリンターや通信カラオケシステムなど幅広い事業分野を手掛けています。エプソンやキヤノンと並び日本を代表するプリンターブランドのひとつです。

ほとんどのモデルが標準的な4色インクを採用しているため、実用面での使い勝手やコスパのよさを求める方におすすめ。ファックスや電話機能付きの複合機などもラインナップしており、ビジネスユースにも対応しています。プリンターの導入コストをできるだけ抑えたい方にとって注目のブランドです。

インクジェットプリンターのおすすめランキング

第1位 エプソン(EPSON) A4 インクジェットプリンター 複合機 カラリオ EP-883A

A4サイズ対応のインクジェットプリンター複合機です。標準の4色にライトシアンとライトマゼンダを加えた、6色染料インクを搭載しているのが特徴。素肌や青空の色合いをよりリアルに表現できます。スマホで撮影した写真や、写真入りの年賀状を綺麗に印刷したい方におすすめのモデルです。

分離型のインクカートリッジを搭載。空になったインクのみを交換できるので経済的です。標準タイプだけでなく増量タイプのカートリッジも選べるため、大量に出力するシーンにしっかりと対応できます。

4.3インチの液晶パネルを搭載しているのも特徴。タッチパネルを採用しているので、直感的に操作可能です。また、各ボタンをアイコン化するなど、簡単に使いこなせるよう設計されています。

第2位 キヤノン(Canon) A4 インクジェットプリンター 複合機 PIXUS TS8430

スマホとの接続が容易なインクジェットプリンターです。iPhoneとiPadを持っている方なら、液晶に表示されるQRコードをスマホで読み取るだけで接続可能。スマホに保存されている写真や書類を簡単にプリントできます。パソコンを起動する面倒がないほか、パソコンを所有していない方にもおすすめのモデルです。

6色ハイブリッドインクを採用しているのもポイント。染料と顔料、2種類のブラックインクを搭載しているため、写真と文書の両方を綺麗にプリントすることが可能です。また、両面コピーや2in1コピー、4in1コピー機能を備えているので、大量に印刷する際の用紙を節約できます。ホームユースはもちろんビジネスシーンでも活躍するモデルです。

第3位 エプソン(EPSON) A4 インクジェットプリンター 複合機 EP-M553T1

エコタンク方式を採用したインクジェットプリンターです。印刷コストを抑えたい方におすすめのモデル。A4カラーの文書を1枚約3円でプリントできます。インクボトルを挿すだけで補充が開始されるなど、メンテナンスも容易です。満タンになると自動で停止するため、手が汚れにくく手間もかかりません。

多様なコピーに対応しているのも特徴のひとつ。IDカードコピーを使えば、同じ用紙に免許証の表面と裏面を並べた状態でコピーできます。また、写真をフチなしでコピーできるなど、さまざまなシーンで便利に使うことが可能です。

さらに、Wi-Fi接続に対応しているため、パソコンと離れている場所に設置できるほか、スマホからでも手軽に印刷を実行できます。

第4位 ブラザー(Brother) A3 インクジェットプリンター 複合機 MFC-J6983CDW

A3サイズのプリント・コピー・スキャンに対応したモデルです。インクカートリッジ方式ながら、大容量タイプを採用しているのが特徴。カラー約1500枚、モノクロ約3000枚のプリントができるため、頻繁に交換する手間がかかりません。毎日大量の出力をおこなうオフィスにおすすめのモデルです。自動両面プリント機能を搭載しているので、用紙費用も節約できます。

ファックス機能を搭載しているのも本モデルの特徴。受発注業務をファックスでおこなう職場にぴったりです。パソコンで作成した書類を直接送信できるほか、受信したファックスもパソコン上で確認し用紙とインクを節約できます。

「クロだけ印刷」機能を備えているのもポイント。万が一、カラーインクを切らしても、最長約30日間はモノクロ印刷に切り替えられるため、使い勝手も良好です。

第5位 エプソン(EPSON) A4 インクジェットプリンター 複合機 カラリオ EW-M530F

コンパクトでスタイリッシュなデザインのインクジェットプリンターです。スペースの限られた環境にも設置しやすいのが特徴。窓口カウンターや店舗のバックヤードといった場所にもおすすめのモデルです。フロントカセットを採用しており、用紙の交換と補給が前面からできるため、ちょっとしたスペースがあればすっきりと収納できます。

ADF(オートドキュメントフィーダー)を搭載しているのも本モデルの特徴。複数の原稿をコピーまたはスキャンする機会が多い職場にぴったりです。原稿を差し替える手間が省けるので、オフィスでの業務が効率的に進められます。

第6位 キヤノン(Canon) A3ノビ インクジェットプリンター PRO-G1

10色顔料インクを採用した単機能タイプのインクジェットプリンターです。作品レベルの印刷品質を求める方におすすめのモデル。展示用の写真やグラフィックデザインを手がけるプロの現場にもぴったりです。優れた色再現性や繊細な諧調表現力を有しています。

モニターとのマッチング精度が高いため、テストプリントを何度も繰り返す手間がかかりません。効率的に作業を進めることが可能です。L版からA3ノビサイズまで幅広いサイズに対応しているので、さまざまな用途で活躍します。

第7位 ブラザー(Brother) A4 インクジェットプリンター 複合機 DCP-J987N

自宅で使うインクジェットプリンターの購入を検討している方におすすめのモデルです。「できる4色インク」を搭載しているのが特徴。染料系のカラーインクと顔料系のブラックインクを採用しているため、写真を鮮明に、文字をくっきりとプリントできます。

写真入りの年賀状を作成する用途などにぴったり。スマホアプリ「Brotherはがき・年賀状プリント」をダウンロードすれば、パソコンがなくても手軽に年賀状が作れます。価格も手頃なので、ホームユースのプリンター選びで迷っている方は一度チェックしてみてください。

第8位 エプソン(EPSON) A4 インクジェットプリンター PX-105

単機能タイプのインクジェットプリンターです。全色顔料インクを採用しているのが特徴。耐水性に優れており、マーカーペンで書き込んでも滲みにくいため、ビジネスシーンでの会議やプレゼン資料の印刷に適しています。また、普通紙にも綺麗にプリントでき価格も比較的安いので、ホームユースにもおすすめのモデルです。

有線と無線LAN接続の両方に対応しているのも嬉しいポイント。LANケーブルを引き回す手間が省けるうえに、設置場所の自由度が高いので便利です。オフィス内のどこからでもプリンターを共有できます。

第9位 キヤノン(Canon) A4 インクジェットプリンター 複合機 PIXUS TS5330

手頃な価格のインクジェットプリンター複合機です。一体型のインクカートリッジを採用しているのが特徴。メンテナンスの手間をできるだけ省きたい方や、印刷する機会の少ない方におすすめのモデルです。4色ハイブリッドインクを搭載しているため、写真と文字をより綺麗にプリントできます。

角を丸めた優しくシンプルなデザインも本モデルの特徴。前面にLEDのステータスバーを備えており、プリントの完了やエラーといった動作状態が一目でわかります。有機ELに表示されるQRコードを読み込むと、スマホで操作方法を確認できるため使い勝手が良好です。

第10位 ブラザー(Brother) A4 インクジェットプリンター 複合機 MFC-J1605DN

SOHOや店舗などにおすすめのインクジェットプリンターです。プリント・ファックス・コピー・スキャナーといった機能を、コンパクトなボディーにまとめた多機能モデル。固定電話も搭載しているため、多くの業務を1台で完結できます。また、ワイヤレス子機が付いているので、子機を店先で使用し本体をバックヤードに設置することも可能です。

「PCファックス送受信」機能を搭載しているのもポイント。パソコンで作った書類を直接送信したり、受信ファックスをパソコンで確認したりと、用紙やインクにかかるコストを削減できます。ランニングコストを最小限に抑えられるモデルです。

インクジェットプリンターのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

インクジェットプリンターのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングをチェックしたい方はこちら。