ペーパーレス化が普及してきましたが、あると何かと便利なのが「プリンター」。お気に入りの写真も重要な書類も好きなときに高画質で印刷でき、わざわざコンビニを利用しなくて済むのが魅力です。

しかし、プリンターには豊富な種類があり、専門用語も多いため、初心者はどれを選んだらいいのか迷ってしまうこともあります。そこで、今回は普及度の高いインクジェットプリンターに絞り、プリンターの選び方を解説。また、目的に合ったおすすめのモデルをご紹介します。

インクジェットプリンターとは?

By: amazon.co.jp

インクジェットプリンターとは、液状のインクを微小な水滴にして用紙に吹き付けることで印刷するプリンターのこと。家庭用プリンターで多く普及している方式で、比較的安価かつコンパクトながら高画質な印刷が行えるのがメリットです。

また、色彩の再現性が高いのもインクジェットプリンターの魅力。細部の色彩まで高度に描写でき、グラデーションも滑らかに表現可能です。写真やイラストを高品位に印刷できます。印刷画質にこだわりたい方におすすめです。

ただし、印刷コストがやや高めなのが難点。さらに、プリンター本体の価格が安いモデルほど交換インク代が高くかかる傾向があるため、日常的に大量の印刷を行いたい場合は、本体価格だけではなく交換インクの費用も事前に確認しましょう。

レーザープリンターとの違い

By: amazon.co.jp

レーザープリンターは、インクの代わりにトナーと呼ばれる粉状の色材を使用するタイプです。名前の通りレーザー光線を印刷に利用するので、レーザープリンターと呼ばれています。

インクジェットプリンターに比べて印刷速度が早く、1回のインク交換で大量に印刷できるためランニングコストが安いのが魅力。一方、プリンター自体の価格はインクジェット式より高価で、本体も大型になりがちなのはデメリットです。

また、レーザープリンターの印刷解像度は高くないので、写真やイラストなどを綺麗に印刷するような用途には不向き。文字はクッキリと見やすく印字できるため、文書や資料などの印刷に適しています。業務などで数十〜数百枚単位の文書印刷を日常的に利用する方におすすめのタイプです。

レーザープリンターについて詳しく知りたい方はこちら

インクジェットプリンターの選び方

写真を印刷するならインクの数で選ぶ

By: rakuten.co.jp

インクの色数が多いモノほど、色彩やグラデーションをより細かく表現できます。空の青色や人肌の質感などをより忠実に再現できるので、写真やイラストなどを高いクオリティで印刷可能です。

一般的なプリンターでは、基本色としてシアン・マゼンダ・イエロー・ブラックの4色を採用。一般的な使用ならモデルでも十分な画質は得られます。

なかには、基本4色に彩度を高めるレッドや階調を高めるグレーなどを追加した、6色以上の色数を有するモデルもラインナップ。特に画質にこだわりたい場合はぜひチェックしてみてください。

ただし、搭載している色数の多いモデルほど予備カートリッジの管理は煩雑になるので、あらかじめ留意しておきましょう。

インクの種類で選ぶ

染料インク

By: rakuten.co.jp

染料インクは水彩絵の具と同じ性質を持ち、印刷時は用紙の内部に染み込む形で着色します。メリットは、発色がよく色のグラデーションも綺麗に出るため、写真を鮮やかに印刷できることです。

印刷面が平らになるので光沢紙との相性もよく、華やかな写真印刷が可能。また、インク代が比較的安く、印刷速度も速いので大量印刷に向いているのもメリットです。水分で色が滲みやすいためビジネス文書の印刷にはあまり向きませんが、一般的な写真の印刷で多用されています。

なお、用紙に染み込んだインクが乾いて色が定着するまで、最大で丸1日ほどの時間がかかるので、印刷直後の扱いには注意が必要。さらに、乾燥前後で色の見え方が変わるため、厳密な色再現性を求める場合には向きません。購入を検討している方はあらかじめ留意しておきましょう。

顔料インク

By: rakuten.co.jp

顔料インクは油絵の具と同じ性質を持ち、印刷時は用紙の表面に付着する形で着色します。メリットは、染料インクでは難しい微妙な色合いも表現可能なこと。高精細な色再現と豊かな階調を持つ、高品位な写真を印刷できます。

また、インクが早く乾くのも特徴。対応する用紙の種類も多いため、本格的なプリント作品の製作にもぴったりです。さらに、小さな文字や細い罫線もクッキリと出力でき、手汗や飲み物などの水分に濡れても色が滲みにくいのもメリット。ビジネスシーンで使用する文書の印刷にも適しています。

ただし、染料インクと比べると鮮やかさに劣るのがデメリット。特に、光沢紙を使用する場合には不向きです。そのほか、インク数が足りていないと画質の粗さが目立つことがある点も留意しておきましょう。

インクの交換方式で選ぶ

エコタンク

By: epson.jp

「エコタンク」は、エプソン独自のインク方式です。特大容量のインクタンクを備えており、インクの交換頻度を最小限にできるのが特徴。キヤノンでも、同様のインク方式を「ギガタンク」という名称で一部のビジネスプリンターに採用しています。

インク交換は、専用ボトルを注入口に挿すだけと簡単。また、カートリッジ方式と比べて印刷コストが低いのも魅力。大量印刷を行うほどお得に使用できるので、日常や業務などでプリンター多用する方におすすめです。

カートリッジ

By: amazon.co.jp

カートリッジには、各色が独立した「独立型」と複数の色が一体になった「一体型」の2種類が存在。独立型はカラーごとにカートリッジが独立しており、空になった色だけを交換できるのが特徴。交換作業の回数は増えるものの、各色が無駄なく使えます。カラー印刷の頻度や枚数の多い方におすすめのタイプです。

一体型のインクカートリッジは、複数の色が1つのカートリッジにおさまっているのがポイント。比較的安価のため、ランニングコストを抑えたい場合に適しています。

ただし、印刷コストが独立型よりもやや割高なのがデメリット。また、カラーのうちどれか1色でもなくなると、カートリッジごと交換する必要があります。同系色の写真や書類を頻繁に印刷する用途にはあまり向きません。

対応可能な用紙サイズをチェック

By: amazon.co.jp

対応する印刷用紙のサイズもチェックしたいポイント。大半のインクジェットプリンターは最大でA4サイズまでの用紙出力に対応していますが、なかには、A3サイズに対応したモデルも存在します。

部屋に飾ったりフォトコンテストに応募したりするなど、より大判の印刷が必要な場合にA3対応プリンターが活躍。ただし、本体サイズが大型化し、給紙スペースも大きくなるため、設置場所を広めに取る必要があります。

購入後に大きすぎて設置できないといったトラブルを防ぐためにも、A3対応プリンターを検討している場合は、設置を予定している場所に収まるかどうかを事前に確認しておきましょう。

機能で選ぶ

コピー・スキャン・FAXをするなら複合機をチェック

By: epson.jp

複合機とは印刷機能に加えて、コピーやスキャン、FAXなどの機能も備えた多機能プリンターのこと。単機能プリンターと比べると価格が高く、本体サイズも大きくなりますが、1台でさまざまな機能が使えるので汎用性に優れているのが特徴です。写真や文書の印刷はもちろん、証明書類のコピーや会議資料のPDF化など、さまざまなシーンで活躍します。

それぞれ単品で購入するよりも、トータルコストを抑えられるのも魅力。各機能を持った機器を別々に設置する場合と比べれば、スペースも節約できます。リモートワークなどでも使用できる、ビジネス用プリンターを探している方にもおすすめです。

ワイヤレス接続やスマホ連携機能

By: epson.jp

無線LAN環境でプリンターを使用したい場合は、Wi-Fiによるワイヤレス接続機能が必要です。ケーブルで繋がなくても離れた場所から印刷の指示を行えるので、手軽にプリンターを活用できます。

また、接続機器とプリンター間で直接通信できる「Wi-Fi Direct」機能に対応しているとより便利。Wi-Fiルーターがない場所でも使用できるため、簡単にワイヤレス印刷を利用可能です。

スマホやタブレットと接続したい場合は、スマホ連動機能があると便利。使い慣れたスマホの画面から用紙サイズ・画質設定・印刷枚数などの操作が可能なので、プリンターを初めて使用する方でも直感的に印刷を行えます。

専用アプリを使用すればレイアウト変更や、フレーム追加などの加工も簡単。なかには、コラージュ写真や年賀状などを作成できる機能を備えたモデルも販売されています。

ディスプレイ搭載

By: epson.jp

プリンター本体にディスプレイが搭載されていると、各種設定や印刷状態が一目で確認できて便利。ディスプレイがタッチパネルになっているモデルは、視覚的かつ直感的に操作できるのでプリンター初心者にもおすすめです。

ディスプレイのサイズは、1インチ台の小さなモノから数インチクラスまでモデルによって異なります。ディスプレイが大きいほど見やすく、操作もしやすいのがポイント。本体が大型のモデルほどディスプレイが大きい傾向にあります。

ディスプレイだけにこだわるのではなく、設置場所と本体サイズとの兼ね合いで選ぶのがおすすめです。

インクジェットプリンターのおすすめメーカー

キヤノン(Canon)

By: amazon.co.jp

「キヤノン」は、デジカメやビデオカメラなどの映像機器でも有名な、日本を代表するグローバル企業です。写真品質にこだわった6色インク・8色インク搭載モデルや、コスト重視のギガタンク採用モデルなど、さまざまなタイプのプリンターを展開しています。

多くのモデルが染料と顔料インクを組み合わせた「ハイブリッドインク」を採用。写真はもちろん文字印刷に強いのも魅力のひとつです。

インクジェットプリンターでは家庭向けブランドの「PIXUS」が人気。プロカメラマンやハイアマチュア向けの「PIXUS PRO」や、ビジネス向けプリンターなどの豊富なラインナップを揃えています。

エプソン(EPSON)

By: rakuten.co.jp

「エプソン」は、長野県の諏訪市に本社を置く精密機器メーカー「セイコーエプソン」が展開するブランドです。エプソンのプリンターは、国内業界トップのシェアを有しています。

なかでも、綺麗な写真印刷が手軽に楽しめるインクジェットプリンター「Colorio」シリーズが人気。また、通常のカートリッジ式モデルだけでなく、印刷コストが安い「エコタンク方式」の製品もラインナップしています。

製品タイプも家庭用からプロカメラマン向け、業務用まで広く取り扱っており、豊富な選択肢から選べるのが魅力です。

ブラザー(Brother)

By: amazon.co.jp

「ブラザー」は、愛知県に本社を置く、ミシンの修理業からスタートしたメーカー。現在はミシンをはじめ、プリンターやスキャナーといった電子機器に加え、産業用工作機器・通信カラオケシステムなどのコンテンツ事業など、多角的な経営を行っています。

プリンターは、インクジェット方式の「PRIVIO(プリビオ)」をはじめ、文書印刷に適したコスパのよい製品をラインナップ。大量の書類を印刷するビジネス用途はもちろん、気軽に購入できる家庭用プリンターを求める方にもおすすめのメーカーです。

インクジェットプリンターのおすすめランキング

第1位 キヤノン(Canon) A4インクジェットプリンター PIXUS TS5430

便利な機能が充実した、A4インクジェットプリンター複合機。Windows向けのPCアプリに対応しているのが特徴です。さまざまなレイアウトや編集がデスクトップからできる、「Easy-Layout Editor」を利用できます。

一体型のインクカートリッジを採用。黒のみ顔料でそのほかは染料のハイブリッドインクを搭載しており、写真も文字も綺麗にプリントできます。

1.44型の有機ELディスプレイには、スマホとのペアリングが簡単に行えるQRコードを表示可能。また、前面カセットと背面トレイによる2WAY給紙にも対応しているので、置き場所や用途で印刷スタイルが選べます。自動両面プリントもできるため、用紙コストを節約しての印刷も可能です。

第2位 エプソン(EPSON) A4インクジェット複合機 Colorio EW-052A

本体価格が安価なA4インクジェットプリンター複合機です。インク構成は染料3色と顔料ブラックの合計4色。写真も書類もクッキリ見やすく印刷できます。

省スペース設計なので置き場所を選ばないのも特徴。液晶モニターは非搭載ですが、スマホと連携すれば画面上で直感的に操作できます。

また、スマホとプリンターを直接繋げられる「Wi-Fi Direct」に対応しているのもポイント。無線LANルーターがない環境でもワイヤレス印刷が利用できるほか、無線LANに接続したままでの併用もできます。

印刷コストは、L判写真で約28.3円。冠婚葬祭や年賀状などの作成にプリンターを使用するなど、印刷の頻度があまり多くない方におすすめの家庭向けモデルです。

第3位 ブラザー(Brother) A4インクジェット複合機 PRIVIO DCP-J926N

プリンター・スキャナー・コピーと、3つの機能を搭載したインクジェット複合機です。写真と文書どちらの印刷にも強い、4色ハイブリッドインクを搭載しています。

傾きを補正するブックコピー機能など、綺麗にコピーをとるための機能も充実。調べ物が多い方や大学生など、頻繁に書籍のコピーする場合におすすめです。

また、スキャンしたデータはPDFへ変換し、直接USBメモリに保存できます。USBメモリから直接写真を印刷できるのも便利。手頃な価格ながら多くの機能を搭載した、コスパ良好なモデルです。

第4位 キヤノン(Canon) A4 インクジェット複合機 PIXUS TS8430

6色ハイブリッドインクを採用したプリンターです。5色の染料インクに加え、顔料系のブラックインクを搭載しているのが特徴。写真と文書どちらも綺麗にプリントしたい方におすすめのモデルです。また、独立型のインクカートリッジを採用しており、必要な色だけを交換できるので経済的に使えます。

標準・小容量・大容量と、3種類のカートリッジタイプを取り揃えているのも本モデルのポイント。容量が大きいほどランニングコストを削減できるなど、印刷頻度に応じて選ぶことが可能です。

セットされた用紙サイズを自動で検知し、設定画面に表示する「自動紙幅検知」機能も便利。面倒な設定作業をすることなく、すぐにプリントを行えるため重宝します。タッチパネルのディスプレイは4.3型と大きく、使いやすいのもポイントです。

第5位 エプソン(EPSON) Colorio エコタンク搭載モデル EW-M754T

印刷のランニングコストコストを削減できる、A4インクジェット複合機です。大量印刷が可能な「エコタンク」の搭載が特徴。インクボトル1セットで約1000ページ、増量サイズボトル1セットで約3700ページの印刷ができます。

インク構成は独立型で、染料3色と顔料黒色の合計4色を搭載。ボトルを本体に挿すだけでインク補充が簡単に可能です。本体代金は高めですが、A4カラー文書の印刷コストが約13.2円と安いのが魅力。年間にA4文書を大量に印刷するなど、普段の印刷頻度が多い方におすすめのモデルです。

第6位 ブラザー(Brother) A3インクジェット複合機 MFC-J6983CDW

生産性が求められるビジネスの現場におすすめのA3対応モデルです。250枚の用紙が格納可能な2段トレイを採用。大量の印刷をする際に便利なほか、上段と下段で別サイズの用紙をセットしておけば、毎回用紙を交換する手間が省けます。

多目的トレイも特徴。一般的な用紙に加え、長形3号や角形2号といった、ビジネスでよく使用される封筒をセットすることも可能です。また、最大50枚対応の自動原稿送り装置も搭載しているため、大量に連続コピーする際にも重宝します。

スマホを活用した印刷にも対応。スマホをプリンターにタッチするだけで印刷できる「NFC」機能や、スマホから直接印刷可能な「Wi-Fi Direct」機能など、さまざまな印刷方法に対応しています。

「クロだけ印刷」機能もポイント。カラーインクが空になっても、最長30日間はモノクロ印刷できる便利な機能です。予備インクの買い置きがない場合に重宝します。

第7位 キヤノン(Canon) A4インクジェット複合機 G6030

「ギガタンク」を採用した、インクジェットプリンターです。インクボトル各色1本でカラーなら約7700枚、モノクロで約6000枚のプリントが可能。インクコストはA4用紙1枚あたりカラーが約1.0円、モノクロなら約0.5円と経済的にプリントできます。

さらに、エコノミーモードを使えばモノクロで約8300枚の出力ができるなど、毎日大量の印刷を行うオフィスで便利です。また、「自動両面プリント」に対応しているため、用紙を節約しながらたくさんの印刷ができます。

カラーは染料インク、ブラックは顔料インクを採用。写真と文字が混在するような、企画書やプレゼン資料も色鮮やかに見やすく印刷可能です。そのほか、合計350枚の給紙ができるのも特徴。頻繁に用紙を補充する手間が省けます。

第8位 エプソン(EPSON) A4インクジェット複合機 Colorio EW-452A

リーズナブルな価格で購入できるA4インクジェット複合機。インク構成は、染料カラー3色に顔料ブラックを組み合わせた合計4色の独立型。写真が鮮明なだけではなく、文字も明瞭で見やすく印刷できます。

印刷コストは、A4カラー文書が約14.6円、L判写真が約28.3円とやや高めで、普段の印刷頻度が少なめの方におすすめ。サイズが幅375×奥行き300×高さ170mmとコンパクトなので、置き場所に困りにくいのも魅力です。

液晶モニターに映し出したQRコードをスマホで読み込めば、簡単にスマホと接続できるのもポイント。本体の液晶モニターは1.44型と小さいものの、明るく見やすいカラータイプのため、直感的に操作できます。

第9位 キヤノン(Canon) A4カラーインクジェットプリンター PIXUS TS203

印刷に特化した単機能プリンターです。コピーやスキャナーなどの機能が搭載されていないので、リーズナブルな価格で購入できるのがポイント。また、機能が少ない分、操作がシンプルなため、扱いやすいのも魅力です。

交換が容易な、一体型のインクカートリッジを採用しています。個別にインクを交換するといった、面倒な作業が発生しにくいのが特徴。印刷頻度があまり高くない方に向いています。4色ハイブリッドインクを採用しているので、写真・文字とも綺麗にプリントすることが可能です。

第10位 エプソン(EPSON) A4インクジェットプリンター PX-105

本体価格と印刷コストの安さで、ビジネスユーザーから人気のあるA4インクジェットプリンター。低価格モデルながら、印刷コストがA4カラーで約14.4円、A4モノクロで約4.5円と安いのが特徴です。

全4色が水に強く滲みにくい顔料インクで構成される、独立型カートリッジを採用しているのもポイント。ハガキや封筒など幅広いタイプの用紙に対応するため、ビジネスのニーズにも対応可能です。また、最大5万ページの普通紙出力が可能な耐久性を備えており、ビジネス用途でも長期間にわたって活用できます。

接続方式は有線LANと無線LANの両方に対応。オフィスや部屋のどこからでもプリンターを共有できるので、場所を選ばす設置できます。本体幅が392mmとコンパクトなのも魅力です。

第11位 ブラザー(Brother) A4インクジェット複合機 MFC-J998DN

複合タイプのインクジェットプリンターです。プリンター・コピー・スキャナー・FAX・電話と、多機能なのが特徴。コードレス子機が付属しているため、行動を制限されずに電話対応ができます。

FAXは、パソコンから直接送信したり、受信内容をパソコンで確認したりとペーパーレスで実行することが可能です。ビジネスシーンで必要な機能が集約されているので、取引先とのやり取りや事務作業が1台でこなせます。

染料系カラーインクと顔料系ブラックインクを組み合わせた、4色ハイブリッドインクを採用。文字と写真が混在する書類も綺麗に出力できます。また、「自動両面プリント機能」を搭載しているため、用紙を節約しながら大量のプリントに対応することも可能です。

第12位 キヤノン(Canon) インクジェットプリンター PIXUS iX6830

染料インク4色と顔料インクの5色インクタンクを搭載した、単機能プリンターです。「自動写真補正」機能や、染料インクと純正写真用紙を組み合わせることで美しく写真を仕上げられる「ChromaLife100+」に対応。高画質な写真プリントが楽しめます。

また、顔料ブラックインクを採用しているので、小さな文字や罫線などもクッキリ見やすくプリント可能。水にも強いため、はがきや封筒印刷などにも適しています。最大でA3ノビサイズの印刷に対応しているのもポイントです。

パソコンからワイヤレスでプリントできるWi-Fi機能をサポートし、スマホ・タブレット用の専用アプリ「Canon PRINT Inkjet/SELPHY」も利用可能。さらに、スマートスピーカーに対応しているので、音声で操作もできます。

第13位 エプソン(EPSON) A3ノビインクジェットプリンター SC-PX1V

プロのカメラマンやハイアマチュアにおすすめのモデルです。「UltraChrome K3Xインク」を搭載しているのが特徴。深みのある黒色と階調豊かな青色プリントが可能なため、より表現力の高い作品に仕上げることが可能です。

全色顔料系のインクを採用。色の安定性に優れており、出力後すぐに仕上がり確認ができるので便利です。L判からA3ノビまで幅広いサイズでの印刷が可能なため、さまざまな用途に使用できます。

また、4.3型の大型タッチパネルディスプレイを搭載。各種設定情報を容易に確認することが可能です。さらに、機内照明が付いており、カバーを閉めた状態でも印刷状況がチェックできるので重宝します。

第14位 キヤノン(Canon) A4モバイルプリンター TR153

モバイル使用対応の小型インクジェットプリンターです。普段は付属のACアダプターを使用しますが、別売りの外付けバッテリーを使えば外出先でも最大約330枚の印刷が可能です。

重さ約2.1kg、約幅322×奥行き185×高さ66mmと軽量コンパクトながら、本体内に最大50枚のA4用紙を収容できるのもポイント。また、1分当たりの印刷スピードが高速なのも魅力です。出先でも相手を待たせず印刷物を手渡しできます。

本体内に定型文書データを5つまで保存できるのも便利。よく使う書類データを事前に用意しておけば、オフライン環境下でもスムーズに印刷できます。

第15位 エプソン(EPSON) A4モノクロインクジェットプリンター PX-K150

モノクロ印刷専用のA4対応インクジェットプリンターです。高速MACHヘッドを搭載しており、1分間に最大約34枚のプリントが可能。印刷待ちの時間が短いので、ビジネスユースにも適したモデルです。給紙トレイには最大で100枚の普通紙をセットできるため、用紙補給の手間を軽減できます。

「スタンプマーク機能」も特徴。「マル秘」「重要」などのスタンプを文書に重ねて印刷できます。また、無線・有線どちらにも対応。オフィスのネットワーク環境に応じて接続方法が選べます。

第16位 エプソン(EPSON) A4 インクジェットプリンター Colorio EP-306

写真が綺麗に印刷できる、単機能プリンターを探している方におすすめのモデルです。手頃な価格ながら、高画質の6色染料インクを搭載しているのが特徴。通常の4色に加えライトシアンとライトマゼンダを採用することで、肌や空の色合いをよりリアルに再現できるのが魅力です。

無料アプリ「Epson iPrint」を利用すれば、スマホやタブレットからWi-Fi経由で手軽に印刷可能。コンパクトなボディで、置き場所にも困りにくいのも魅力です。前面給紙を採用しているため、用紙の補給や交換も簡単にできます。

第17位 ヒューレットパッカード(HP) OfficeJet 250 Mobile AiO CZ992A#ABJ

スキャンやコピーも行える、ハイスペックなA4モバイル対応プリンターです。幅380.2×奥行198.3×高さ91.3mmのコンパクトなサイズの本体に、豊富な機能を搭載しているのが魅力。省スペースで設置でき、持ち運びも容易です。

2.65型のカラーディスプレイを搭載しており、タッチ操作対応で直感的に使用できます。また、1分間あたりモノクロ印刷は約10枚、カラー印刷は約7枚の高速印刷を行えます。

最大10枚まで用紙をセットでき、自動原稿送り装置で素早く印刷可能なのもポイント。さらに、無線LAN接続に対応しており、「Air Print」や専用アプリの「HP Smart」も利用できます。

電源はAC電源タイプですが、オプションのバッテリーを搭載して使うことも可能。モバイル環境でもスキャンとコピーの機能が必要な方におすすめのプリンターです。

インクジェットプリンターの売れ筋ランキングをチェック

インクジェットプリンターのランキングをチェックしたい方はこちら。