家庭用のプリンターとして根強い人気を有するのが「インクジェットプリンター」です。写真や書類を高画質かつ低コストで印刷できるため、普段の写真プリントから年賀状の作成まで多彩なシーンで重宝します。

そこで今回は、インクジェットプリンターの特徴や選び方を踏まえたうえで、おすすめのモデルをランキング形式でご紹介。レーザープリンターとの違いも解説していくので、プリンター選びの参考にしてみてください。

インクジェットプリンターとは?

By: brother.co.jp

インクジェットプリンターとは、内部のノズルから用紙に向けて極小のインク滴を吹き付けることで印刷を行うプリンターのこと。本体がコンパクトなうえ、価格もリーズナブルなので、家庭用のプリンターに多く採用されています。

高解像度で色彩の再現性にも優れているのがインクジェットプリンターのメリット。繊細な色彩表現が必要な画像も高精細で印刷できるため、写真や年賀状などのプリントに適しています。また、省スペース設計のモデルが多いのも魅力。置き場所をあまり取らないので、部屋の片隅にも手軽に設置可能です。

ただし、印刷速度が遅く、インクが滲みやすいのがインクジェットプリンターのデメリット。加えて、搭載できるインクの容量も限られているため、大量の書類を迅速に印刷する必要があるビジネス用途は苦手という弱点も持っています。

インクジェットプリンターとレーザープリンターとの違い

By: amazon.co.jp

レーザープリンターとは、粉状のトナーインクを帯電させた筒に付着させ、熱と圧力で用紙に定着させることで印刷を行うプリンターのこと。印刷の過程でレーザーを使うことが名称の由来になっており、主にオフィスなどのビジネス用途で使われています。

インクの速乾性が高く、印刷速度も高速なのがレーザープリンターのメリット。また、トナーには大容量のインクが搭載されており、1枚当たりの印刷コストも安いので、業務で見積書や会議資料などの書類を日常的に大量印刷する場合にも重宝します。

ただし、色再現性があまり良くはないのがレーザープリンターのデメリット。色彩のグラデーションを細かく再現するのは苦手なため、写真や年賀状を高画質で印刷したい場合はインクジェットプリンターを選ぶのがおすすめです。

レーザープリンターのおすすめモデルが知りたい方はこちら

インクジェットプリンターの選び方

写真を印刷するならインクの数で選ぶ

6色

印刷品質を重視する方には6色タイプのインクジェットプリンターがおすすめです。シアン・イエロー・マゼンタ・ブラックの基本4色に加えて、彩度や階調を補強する2色が搭載されているのが特徴。インクの色数が多く、繊細な色彩のグラデーションもより忠実に再現できるため、主に写真の印刷を行う方に適しています。

黒色を濃く表現できるのも6色インクジェットプリンターのポイント。逆光や夜景などのシーンも見た目に近い明暗差で印刷可能です。印刷コストはやや上がりますが、写真店で注文したモノに近い高品質な写真プリントが楽しめます。

4色

コスパを重視する方には4色タイプのインクジェットプリンターがおすすめです。色の三原色であるシアン・イエロー・マゼンタにブラックを加えたインク構成を採用しているのが特徴。6色タイプと比べて本体の価格がリーズナブルで、インクなどの印刷コストもより安いため、手軽にインクジェットプリンターを利用したい方に適しています。

文書をきれいに印刷できるのも4色インクジェットプリンターのポイント。文字や罫線をより明瞭に見やすく印字可能です。ただし、暗部や色彩を忠実に再現するのはやや苦手なため、あらかじめ留意しておきましょう。

インクの種類で選ぶ

染料インク

By: amazon.co.jp

染料インクは水彩絵の具に近い性質を持っているインクのこと。インクが用紙の内部に染み込むので、印刷表面が滑らかになり、用紙が持つ光沢感を発揮しやすくなります。また、クリアで鮮やかな発色が得られるため、明るい雰囲気で撮影した風景やポートレートの写真を印象的に美しく印刷したい場合などにおすすめです。

ただし、乾燥して色彩が安定するまでに時間がかかるのが染料インクの難点。プリント直後とインクが乾ききった後では色の見え方が異なるので、プリント作品の仕上がりを確認する際は時間を置く必要があります。また、染料インクは水や汗などの水分で滲みやすいため、書類の印刷はやや苦手という弱点もあります。

顔料インク

顔料インクは油彩絵の具に近い性質を持っているインクのこと。インクが用紙の表面に定着するので、滲みにくく、文字や罫線を明瞭に印字できます。また、速乾性も優れているため、書類の印刷にインクジェットプリンターを活用したい方にもおすすめです。

顔料インクの弱点は発色の明るさや光沢感では染料インクに劣ること。インクの粒子が大きく、用紙の内部に染み込まないので、光沢系の用紙を使っても光沢感が出にくく、発色の華やかさもやや物足りなく感じる場合があります。

ただし、顔料インクは高精細な色再現と豊かな階調表現が得意。加えて、多彩な種類の用紙に対応しており、印刷後の耐久性が高いのもメリットです。

インクの交換方式で選ぶ

エコタンク

By: epson.jp

エコタンクとは、大容量のインクタンクを採用したインク交換方式のことです。カートリッジ方式のインクジェットプリンターと比べて、1回の交換で2倍以上のインク容量を補充できるのが特徴。インク交換の頻度を減らしつつ大量印刷にも対応しやすいので、家庭用とビジネス用両方のインクジェットプリンターで導入が進んでいます。

印刷コストを大きく抑えられるのもエコタンク方式のポイント。L判写真でカートリッジ方式の半分以下、A4カラー文書で1/4以下に削減できます。本体は割高ですが、1年間でカートリッジを1セット以上交換する場合や、A4用紙を500枚以上刷る場合は元が早く取れるため、エコタンク方式のインクジェットプリンターの方がおすすめです。

カートリッジ

カートリッジとは、インクが封入されたカセット型の容器を採用したインク交換方式のことです。エコタンク方式のインクジェットプリンターと比べて、インク容量はあまり多くはありませんが、インク交換が簡単に行えるのが特徴。交換時に手が汚れにくく、扱いやすいため、多くのインクジェットプリンターで採用されています。

複数色のインクが一緒に詰まった「一体型」と、各色が個別に分かれた「独立型」の2種類があるのもカートリッジ方式のポイント。独立型はなくなった色だけを交換できるので、各色を無駄なく使い切れます。印刷頻度が比較的多く、印刷コストをなるべく抑えたい方には、独立型カートリッジのインクジェットプリンターがおすすめです。

A3など対応可能な用紙サイズをチェック

By: amazon.co.jp

対応可能な用紙サイズもインクジェットプリンターを選ぶ際の重要なポイントです。大半のモデルは最大でA4サイズまで対応していますが、より大きく印刷したい場合はA3以上のサイズに対応するモデルがおすすめ。A4用紙と比べて約2倍の面積があるため、壁に飾る写真を印刷する場合もより大画面で迫力のある1枚に仕上げられます。

盲点になりやすい、印刷可能な最小のサイズにも注意が必要。多くのインクジェットプリンターは最小でL判サイズの印刷に対応していますが、一部のモデルはカードサイズの印刷にも対応するモノも展開されています。名刺やグリーティングカードを1枚ずつ仕上げたい方は、カードサイズの印刷が可能なモデルを選びましょう。

機能で選ぶ

コピー・スキャン・FAXをするなら複合機をチェック

By: amazon.co.jp

多目的に活用したい場合は複合機を選ぶのがおすすめです。1台でプリント以外のコピー・スキャン・FAXなどもこなせるため、より多くのシーンでインクジェットプリンターを活用できます。

コピーはインクジェットプリンターの上部に置いた書類を複製できる機能で、課題・資料・本人確認証などの写しを用意するのに便利。スキャンは紙ベースの書類を読み取ってデジタル化でき、FAXは電話回線から送られた内容を用紙に出力可能です。書類管理が楽になるので、リモートワークなどのビジネス用途にも複合機は重宝します。

ワイヤレス接続やスマホ連携機能

By: amazon.co.jp

置き場所の自由度を確保したい場合は無線LAN接続に対応したインクジェットプリンターが便利。無線LANルーターとワイヤレスで接続できるため、Wi-Fi電波の届く範囲なら家中のどこにでも設置できます。また、「Wi-Fi Direct機能」に対応したモデルなら、ルーターを介さず、パソコンやスマホと直接ワイヤレス接続が可能です。

初めてインクジェットプリンターを使う方には、スマホ連携機能を搭載したモデルもおすすめ。Wi-Fiで接続したスマホの画面を使って、専用アプリから画像選択やサイズ指定などの印刷設定が遠隔で操作可能です。プリンターの操作に自信がない方でも、使い慣れたスマホで直感的に操作できるので、手軽に印刷が楽しめます。

ディスプレイ搭載

By: epson.jp

使いやすさを重視するなら大型の液晶ディスプレイを搭載したインクジェットプリンターを選ぶのがおすすめです。文字やアイコンを大きく表示できるため、印刷時の内容確認や設定変更を簡単に行えるのが特徴。トラブルが発生した場合もエラー内容を文章で把握できるので、的確な対処をスムーズに行えます。

タッチパネルを搭載した液晶ディスプレイなら、さらに便利。スマホを使うときと同じタッチ操作で直感的に扱えるため、インクジェットプリンターを初めて使用する方でも手軽に印刷が楽しめます。また、チルト機構を備えたモデルなら、見やすい角度にディスプレイを調節可能。立ったままでも快適にタッチ操作が行えます。

インクジェットプリンターのおすすめメーカー

キヤノン(Canon)

By: amazon.co.jp

キヤノンは東京都に本社を置く精密機器メーカーです。コンデジやミラーレス一眼などのデジカメで高い市場シェアを保有していることで有名ですが、インクジェットプリンターも主力製品のひとつとして積極的に手掛けています。

キヤノンは「PIXUS」というブランド名で家庭用のインクジェットプリンターを展開。A4サイズの複合機を主に提供していますが、最近は大容量インクタンクの「ギガタンク」を採用したビジネス向けのインクジェットプリンターにも注力しています。

写真と書類の両方をバランスよく印刷できるのが特徴。カラーの染料インクとブラックの顔料インクを組み合わせたハイブリッドインクを多くのモデルで採用しているため、汎用性を重視する方にもおすすめです。

エプソン(EPSON)

By: epson.jp

エプソンは長野県に本社を置く1942年設立の精密機器メーカーです。プロジェクターや腕時計などさまざまな製品を手掛けていますが、インクジェットプリンターも主力。家庭用・ビジネス用共に手広く展開しており、国内トップの市場シェアを保有しています。

エプソンは「Colorio」というブランド名で家庭用のインクジェットプリンターを展開。最近は高画質プリンターでも「エコタンク」を搭載するモデルを積極的に開発しており、印刷品質にもこだわるユーザーからの人気も集めています。

写真を高画質で印刷できるのが特徴。全色に染料インクを採用したインクジェットプリンターが多く発売されており、写真を美しく華やかに仕上げられるので、写真画質を重視する方にもおすすめです。

ブラザー(Brother)

By: amazon.co.jp

ブラザーは愛知県に本社を置く1934年設立の電機メーカーです。ミシンの製造で名を知られていますが、プリンターも手広く展開しています。

ブラザーは「PRIVIO」というブランド名で家庭用のインクジェットプリンターを展開。スキャンやFAXなどの機能も備えた複合機のラインナップも豊富なので、テレワークや在宅学習を行う方にも人気があります。

コスパが優れているのが特徴。本体の価格がリーズナブルながら機能が充実しています。また、エントリーモデルでも独立型のカートリッジを採用しており、印刷コストも安いため、総合的なコスパを重視する方にもおすすめです。

インクジェットプリンターのおすすめランキング

第1位 キヤノン(Canon) A4インクジェットプリンター PIXUS XK500

高画質写真を低コストで印刷できるインクジェットプリンター複合機です。粒状感を低減するフォトブルーを加え、光沢紙における発色性を強めた「プレミアム6色ハイブリッド」のインク構成を採用。ワンランク上の高品質な写真プリントが楽しめます。

L判写真が1枚約10.8円と、比較的印刷コストが安く抑えられているのもポイント。また、カートリッジは経済的な独立型を採用しているので、作品制作の過程で大量のテストプリントを印刷する方にもおすすめです。

スタイリッシュなデザインの本体に4.3型タッチパネル液晶を搭載しているのも魅力。写真プリントに便利な表示モードを採用しており、トリミングや加工もインクジェットプリンター上で手軽に可能です。スマホとの連携機能も充実しています。

第2位 エプソン(EPSON) A3ノビインクジェットプリンター エコタンク搭載モデル EW-M973A3T

高画質と多機能を両立したインクジェットプリンター複合機です。A3より一回り大きなA3ノビでの大判印刷に対応。コピーやスキャンなどの機能も搭載しているので、多目的に使える家庭用インクジェットプリンターを探している方におすすめです。

染料5色と顔料マットブラックを組み合わせた「ClearChrome K2 Plusインク」を採用しており、高品質なプリント作品の制作を楽しめるのもポイント。加えて、「エコタンク」方式を採用しており、低コストで大量印刷が可能なため、制作の過程でテストプリントを気兼ねなく刷れます。

4.3型タッチパネル液晶を搭載しているほか、スマホ連携機能が充実しているのも便利。iPhoneやiPadでは、高性能アプリ「Epson Print Layout」を利用した制作も可能です。

第3位 キヤノン(Canon) A4インクジェットプリンター PIXUS TS8630

印刷速度と機能性に優れたインクジェットプリンター複合機です。L判写真の印刷スピードが1枚当たり約10秒と高速なのが特徴。A4文書もカラーで1分当たり約10枚、モノクロで約15枚と素早いので、すぐに印刷が必要なシーンが多い方におすすめです。

グレーを加えた染料5色と顔料ブラックを組み合わせた6色ハイブリッドのインク構成を採用しており、写真も書類をバランスよく仕上げられるのもポイント。また、各色のカートリッジが独立しているため、減った色のインクだけを交換できます。

チルト機能も備えた4.3型タッチパネル液晶を搭載しているのも魅力。加えて、コピー・はがきコピー・SDカード印刷などの基本的な機能が手軽に使える、シンプルな画面表示の「かんたんモード」にも切り替え可能です。

第4位 エプソン(EPSON) A3インクジェットプリンター Colorio EP-982A3

大判印刷も手軽に楽しめるインクジェットプリンター複合機です。幅479×奥行き356×高さ148mmと比較的小型ながらA3サイズの印刷にも対応。壁に飾る写真を印刷する場合におすすめです。

ライトシアンとライトマゼンタを加えた6色全てに染料インクを採用しているのもポイント。さらに、写真を自然で好ましい色合いに補正する「オートフォトファイン!EX」機能も搭載しているので、初心者でも高画質な写真プリントが手軽に楽しめます。

タッチ操作と90°上方チルトが可能な4.3型液晶ディスプレイを搭載しており、快適に使用できるのも魅力。また、無線LAN接続では電波干渉に強い5GHz帯のWi-Fiが利用できるため、安定した通信でワイヤレス印刷が楽しめます。

第5位 エプソン(EPSON) A4インクジェットプリンター エコタンク搭載モデル EW-M754T

大量印刷が安く利用できるインクジェットプリンター複合機です。「エコタンク」を搭載しており、インクボトル1セットでA4カラー文書を約1000ページ印刷可能。インク交換の頻度を軽減できるうえ、補充もボトルを刺すだけで簡単に行えます。

ランニングコストが低いのもポイント。1枚当たりの印刷コストがA4カラー文書で約3円、L判写真で約10円と安く抑えられています。また、用紙を節約できる「自動両面プリント」にも対応するので、普段の印刷コストを節約したい方にもおすすめです。

染料4色と顔料ブラックを組み合わせた5色のハイブリッドインク構成を採用しているのも魅力。写真は鮮やかに、書類もくっきり見やすい文字で印刷可能です。4.3型タッチパネル液晶やスマホ連携などの便利な機能も充実しています。

第6位 ブラザー(Brother) A4インクジェットプリンター CUTFIT DCP-J1800N

A4用紙の使い道が広がるコスパ良好なインクジェットプリンター複合機です。A4用紙をセットするだけで半分サイズのA5でも印刷出力が可能な「自動カット機能」を搭載。用紙交換の手間と印刷コストを両方ともカットしたい方におすすめです。

コピーやスキャンに加えて、家庭用ながら最大20枚の原稿を連続で読み取る「ADF(自動原稿送り装置)」を備えているのも便利。接続方式は有線LAN・無線LAN・USBに対応しており、アプリで名刺や年賀状を作成できるなどスマホ連携機能も充実しています。

写真も書類もきれいに仕上げられるハイブリッド仕様の「できる4色インク」を採用しているのも魅力。印刷コストもL判写真で約23.1円、A4カラー文書で約9.9円と、カートリッジ方式としては比較的安く、「自動両面プリント」も利用可能です。

第7位 エプソン(EPSON) A4インクジェットプリンター Colorio EW-452A

低価格で入手できるインクジェットプリンター複合機です。染料カラーと顔料ブラックからなる4色の独立型カートリッジを採用。用紙を節約できる「自動両面プリント」にも対応しています。

A4印刷に対応しながら幅375×奥行き300×高さ170mmとコンパクトなため、置き場所を選ばないのもポイント。また、最小でカードサイズの印刷にも対応するので、オリジナルの名刺やグリーティングカードを作成したい方にもおすすめです。

家庭用のエントリーモデルながら無線LAN接続とWi-Fi Direct機能に対応するのも魅力。iPhoneではディスプレイのQRコードを読み取るだけで接続でき、専用アプリからの操作も可能なため、初めての方でも直感的に使用できます。

第8位 キヤノン(Canon) A4インクジェットプリンター PIXUS TS5430

スマホフレンドリーなインクジェットプリンター複合機です。液晶画面に表示されたQRコードをカメラで読み込むだけでスマホと簡単に接続設定が可能。専用アプリを使って多彩なプリントが手軽に楽しめるので、プリンター初心者の方にもおすすめです。

染料3色と顔料ブラックを併用した4色ハイブリッドのインク構成を採用しており、写真は鮮やかに、文字は明瞭に印刷できるのもポイント。カラーインクのカートリッジは一体型を採用しています。

安い価格ながらカードサイズ印刷や「自動両面プリント」に加えて、コピーやスキャンなどの機能に対応するのも魅力。エラーが発生した際は、画面のQRコードからWebマニュアルへ飛べるため、スムーズに対処可能です。

第9位 ブラザー(Brother) A4インクジェットプリンター PRIVIO MFC-J4440N

リモートワークにおすすめのインクジェットプリンター複合機です。家庭用ながらコピー・スキャン・ADF・FAXなどのビジネス用途でも役立つ機能が充実。生活と仕事の両方で幅広く活躍します。

4色全て顔料インクの大容量インクカートリッジ「ファーストタンク」を採用しているのもポイント。1セットでA4モノクロ文書の場合は最大約6000枚印刷でき、印刷コストも約0.8円と安いため、仕事で印刷を多用する場合にも重宝します。

インク残量をおよその印刷可能枚数で画面表示できるなど、インク交換のタイミングを把握しやすいのも魅力。また、サブタンクを活用することで急なインク切れの際でも約200枚の印刷が可能なので、重要なシーンでも安心して対応可能です。

第10位 キヤノン(Canon) A4インクジェットプリンター 特大容量ギガタンク搭載 G5030

ビジネス文書の大量印刷に重宝する単機能インクジェットプリンターです。特大容量インクタンク「ギガタンク」を搭載しているのが特徴。インクボトル1セットでA4モノクロ文書が最大6000枚、A4カラー文書が最大7700枚も印刷できます。

ランニングコストが低いのも魅力。A4モノクロ文書で約0.5円、A4カラー文書で約1円と安く抑えられます。さらに、用紙の節約に便利な「自動両面プリント」にも対応しているので、リモートワークなどの日常業務で大量の印刷を低コストで利用したい方にもおすすめです。

紙面上に定着しやすい「新顔料ブラックインク」 を加えた4色ハイブリッドインクをインク構成に採用しているのもポイント。高濃度で視認性の高い印字が可能なほか、書類の白抜き文字も明瞭に見やすく印刷できます。

インクジェットプリンターの売れ筋ランキングをチェック

インクジェットプリンターのランキングをチェックしたい方はこちら。