高解像度で美しい映像を楽しめる「4Kチューナー内蔵テレビ」。国内外のメーカーから、多様なモデルがラインナップされています。さまざまな機能や幅広い価格帯など、どれを選べばよいのか迷っている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、4Kチューナー内蔵テレビのおすすめモデルをご紹介します。選び方のポイントも解説しているので、購入を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

※商品PRを含む記事です。当メディアはAmazonアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部が弊社に還元されます。

4Kチューナー内蔵テレビとは?

By: regza.com

「4Kチューナー内蔵テレビ」とは、4K放送の視聴に必要な機器である、4Kチューナーを内蔵したテレビのこと。「4Kテレビ」とも呼ばれ、BS・CSアンテナを設置するだけで、4K放送を視聴できるのがポイントです。

4K放送が多く放送されている現在では、4Kチューナー内蔵テレビも多く販売されています。ラインナップが豊富なので、機能やデザインなど、自分に合った製品を選べるのが魅力です。

4K対応テレビと4Kチューナー内蔵テレビの違い

By: hisense.co.jp

4K対応テレビと4Kチューナー内蔵テレビの違いは、4Kチューナー内蔵の有無です。4K対応テレビは、4Kチューナーを内蔵していません。4K放送を視聴するには、外付け4Kチューナーを別途用意する必要があります。

外付けの4Kチューナーには、価格がリーズナブルなシングルチューナーモデルや、設置場所に困らないコンパクトモデルなどがラインナップ。用途に合わせて選択できるのが魅力ですが、接続するケーブルが多くなるなど、デメリットもあります。

4Kチューナー内蔵テレビの選び方

部屋に合った画面サイズを選ぶ

By: hisense.co.jp

テレビの画面サイズは、部屋の広さと視聴距離を考慮して選びましょう。4Kテレビの最適視聴距離は「画面の高さの約1.5倍」が目安といわれています。

例えば、75V型の場合は、テレビから約140cmが最適視聴距離。部屋の広さに対するおすすめの画面サイズでは、6畳程度は48型、8畳程度は55型、10畳程度は65型が目安と謳われています。

画面サイズが大きすぎると、圧迫感を覚えることがあります。最適視聴距離を参考に、部屋の広さに合った画面サイズを選んでみてください。

テレビの種類で選ぶ

液晶テレビ

By: rakuten.co.jp

液晶テレビは、光源としてバックライトを搭載しているテレビです。バックライトの光を液晶パネルでコントロールして映像を映し出す仕組みで、明るい映像表現に長けています。

また、比較的リーズナブルな製品が多く、電気代を抑えられるので、コストパフォーマンスを重視する方におすすめです。

ただし、視野角の狭さや暗い映像表現が不得意など、デメリットもあるので注意してみてください。

有機ELテレビ

By: rakuten.co.jp

有機ELテレビは、光源に自発光する有機EL素子を搭載したテレビです。黒色の表現力に優れており、鮮明で精細な映像が特徴。画質を重視する方におすすめです。

また、応答速度が速く映像の遅延がないので、スポーツ観戦やアクション映画などが快適に視聴できます。バックライトを搭載していないため、薄型で軽量なデザインを実現しているのが魅力です。

省スペースで設置が可能なので、設置場所の自由度が広がります。ただし、製品ラインナップの少なさや、高性能ゆえに高価格帯になるデメリットもあります。

機能面もチェック

録画機能・チューナー数をチェック

By: panasonic.jp

番組録画をする機会が多い方は、「録画機能」の有無をチェックしてみてください。「HDD内蔵モデル」は、レコーダーなどの録画機器を接続しなくても、手軽に録画できるのがポイントです。

「外付けHDD対応モデル」は、外付けHDDと接続することで録画が可能になります。テレビと連動して使用できるタイプや、複数台接続できるタイプなど、必要に応じてHDDを選択できるのが特徴です。

また、搭載している「チューナー数」が多いほど、同時に録画できる番組が増えます。例えば、ダブルチューナーは2つのチューナーを搭載しているので、1番組を視聴しながら裏番組の同時録画が可能です。

チューナーが1つのシングルチューナーは、同時録画ができません。録画する機会が多い方は、チューナー数の多いモデルがおすすめです。

倍速機能

By: sony.jp

「倍速機能」とは、動きのある映像をなめらかに表現し、残像を低減する機能です。従来のテレビの場合、1秒間に60フレームの静止画を使用して映像にします。しかし、動きのある映像では、残像感が発生しやすく、滲みやカクつきなど、映像が見にくくなることがあります。

倍速機能は、フレームとフレームの間に新しいフレームを自動で作り、1秒間に120フレームを使用して映像にする技術。フレームが倍になることで、残像感が低減され、滲みのないなめらかな映像表現が可能です。

動きの速いスポーツ観戦や、ゲーム映像を見る機会が多い方におすすめ。ぜひチェックしてみてください。

HDR機能

By: regza.com

「HDR」とは、映像の明暗部をより広く、高コントラストに表現できる技術です。例えば、白飛びするような明るい場面や、黒つぶれするような暗い場面でも、精細で鮮やかな映像を映し出します。

HDRには、数種類の規格があります。UHD Blu-rayやゲーム機などで採用されている「HDR10」や、より高画質な「Dolby Vision」は、動画配信サービス各社が積極的に採用しているのが特徴です。

また、「HLG」は4K放送で採用されている規格。4Kチューナー内蔵テレビは、原則HLGに対応しているので、HDR画質の4K放送が視聴可能になります。

インターネット通信・動画配信サービス対応の有無

By: panasonic.jp

4Kテレビで動画配信サービスを楽しみたい方は「インターネット通信・動画配信サービス」に対応したモデルがおすすめです。

インターネット環境があれば、無線・有線で接続が可能。「YouTube」をはじめ、「hulu」「Amazon Prime Video」などの動画配信サービスを楽しめます。

テレビ放送だけでなく、さまざまなコンテンツを楽しみたい方はチェックしてみてください。

4Kチューナー内蔵テレビのおすすめメーカー・ブランド

ソニー(SONY)

By: rakuten.co.jp

ソニーは、テレビやウォークマンなどのAV機器をはじめ、スマホやパソコン、ゲーム機を手掛ける日本の電機メーカーです。

4Kチューナー内蔵テレビは、「BRAVIA」シリーズをラインナップ。オーディオメーカーとして培った、ソニーの技術力を活かした高画質・高音質に優れたモデルの多さが特徴です。

人の脳のように映像を認識する、ソニー独自の認知特性プロセッサー「XR」を搭載したモデルをラインナップ。自然で美しい映像や、立体的で臨場感のある音の表現が魅力です。

シャープ(SHARP)

By: rakuten.co.jp

シャープは、日本の電気機器メーカーです。AV機器はもちろん、キッチン家電・空調機器など、幅広い製品を展開しているのが特徴です。

4Kチューナー内蔵テレビは、「AQUOS」シリーズをラインナップ。4K高画質モデルに加え、8K大型モデルも充実しており、選択肢の多さがポイントです。

また、シャープ独自の「AQUOS XLED」は、液晶と有機ELのメリットを併せ持つ、新しいブランド。液晶と有機EL両方の技術を有しているのが魅力です。

ハイセンス(HISENSE)

By: hisense.co.jp

ハイセンスは、テレビをはじめ冷蔵庫や洗濯機の生活家電など、幅広く製造・販売している中国の電気機器メーカーです。

4Kチューナー内蔵テレビは、低価格ながら多機能で、コストパフォーマンスに優れたモデルが多いのが特徴。ラインナップは液晶モデルのみですが、有機ELに迫る高画質な液晶モデルを展開しています。

動画配信サービス10社を手間なく選択できる「VODダイレクトボタン」や、アクション・格闘ゲームでの低遅延を実現した「ゲームモードPro」など、低価格帯ながら、機能が充実しているのが特徴です。

パナソニック(Panasonic)

By: rakuten.co.jp

パナソニックは、AV機器や生活家電、空調機器、電動アシスト付き自転車など、さまざまな電化製品を手掛けている日本の電気機器メーカーです。

4Kチューナー内蔵テレビは、「ビエラ」シリーズをラインナップ。有機EL・液晶ともに豊富なモデルを展開しているのが特徴です。

独自のテクノロジー「ヘキサクロマドライブ」は、4K映像本来の色を忠実に描きだし、優れた色表現を実現します。また、テレビの置き場所を自由にする「レイアウトフリーテレビ」など、個性的なモデルも展開しているのが特徴です。

東芝(TOSHIBA)

By: rakuten.co.jp

東芝は、日本の総合電機メーカーです。冷蔵庫や電子レンジなどのキッチン家電から、エアコン、扇風機の空調機器まで展開しているのが特徴です。

2017年より事業ごとに分社化しており、テレビに関しては「TVS REGZA株式会社」が展開。独自の機能を搭載しているモデルが多いのが魅力です。

「レグザセンシング」は、ミリ波レーダーが視聴者の位置を計測し、適切な画質とバランスのとれたサウンドを常に自動で調整。最適な環境でテレビを楽しめます。

また、録画予約なしで地デジを最大6チャンネルまるごと録画ができる「タイムシフトマシン」は、見たい番組を好きな時間に見られる機能。ライフスタイルに合わせて、テレビを楽しめるのが魅力です。

4Kチューナー内蔵テレビのおすすめランキング

第1位 TVS REGZA 4K液晶レグザ 55C350X

TVS REGZA 4K液晶レグザ 55C350X
クイックレスポンスで快適な操作を実現

高画質を実現する「レグザエンジン Power Drive」を搭載した、55インチ・4Kチューナー内蔵テレビです。高コントラストで、自然な色を再現。クイックレスポンスで快適操作を実現しています。

視聴環境に合わせて、最適な画質に自動調整する「おまかせオートピクチャー」を搭載。部屋の明るさや、映像コンテンツを認識して、画質をコントロールするのが特徴です。

4K放送はシングルチューナー、地デジ・BS・CS放送にWチューナーを搭載。外付けHDD録画に対応しており、長時間の録画も可能です。また、フルレンジスピーカーを搭載した「レグザパワーオーディオシステム」など、高音質機能も充実しています。

ネット動画配信サービスや、HDR規格にも対応しており、多機能なテレビを探している方におすすめのモデルです。

第2位 TVS REGZA 4K液晶レグザ 65Z770L

TVS REGZA 4K液晶レグザ 65Z770L
高精細な映像と迫力あるサウンドが楽しめる

高画質と快適な操作性を実現する「レグザエンジンZRII」を搭載した、65インチ・4Kチューナー内蔵テレビです。進化したノイズリダクションで、地デジをはじめ4K放送ネット動画も、高精細な映像で楽しめます。

地デジ放送を、最大6チャンネルまるごと録画可能な「タイムシフトマシン」を搭載。見逃した番組や録画を忘れた番組を、好きなときに自由に視聴できます。録画をする機会が多い方におすすめです。

また、9個のスピーカーを使用した「重低音立体音響システム」は、立体音響技術「Dolby Atoms」にも対応。迫力のあるサウンドを楽しめます。

多彩なネット動画配信サービスに対応しているのもポイント。リモコンにダイレクトボタンを搭載しており、手軽にアクセスできるので便利です。

第3位 シャープ(SHARP) 4K液晶テレビ 4T-C50FL1

シャープ(SHARP) 4K液晶テレビ 4T-C60EN1
「AIオート」で臨場感のある映像を実現

新開発の画像処理エンジン「Medalist S4」を搭載した、50インチ・4Kチューナー内蔵テレビです。「AIオート」は、100万通りを超える映像を学習したAIを採用。臨場感のある映像を実現しています。

「HDR10」「Dolby Vision」「HLG」の規格に対応。速い動きに強い「倍速機能」に加え、LEDバックライトを点滅させることで、残像感を抑える「480スピード」を搭載しているのも特徴です。

立体音響の「Dolby Atmos」や、空間全体の音質を補正する「Eilex PRISM」など、サウンド面が充実しているのもポイント。音質にこだわりがある方におすすめのモデルです。

4K放送にダブルチューナー、地デジ・BS・CS放送はトリプルチューナーを搭載。外付けHDD録画に対応しており、長時間の録画も可能です。

第4位 パナソニック(Panasonic) ビエラ4K有機ELテレビ TH-65MZ2500

パナソニック(Panasonic) ビエラ4K有機ELテレビ TH-65MZ2500

ハイコントラストで、リアルな色表現を実現する「マイクロレンズ有機EL」を搭載した、65インチ・4Kチューナー内蔵テレビです。

HDRの最新規格である「HDR10+ADAPTIVE」や「Dolby Vision IQ」に対応しているのがポイント。部屋の明るさや環境に応じて、最適化された美しい映像が楽しめます。

「360立体音響サラウンドシステム+」は、正面・上向き・横向きにスピーカーを搭載。「Dolby Atmos」に対応した、高音質で包み込まれるような臨場感を実現しています。

4K放送はダブルチューナー、地デジ・BS・CS放送にはトリプルチューナーを搭載。快適にゲームを楽しめる専用モード「GAME MODE EXTREME」や、多彩なネット動画配信サービスに対応しているのもおすすめポイントです。

第5位 ソニー(SONY) ブラビア4K有機ELテレビ XRJ-65A80L

ソニー(SONY) ブラビア4K有機ELテレビ XRJ-65A80L

認知特性プロセッサー「XR」を搭載した、65インチ・4Kチューナー内蔵テレビです。人の脳のように、膨大な映像信号を横断的に分析することで、よりリアルな映像とサウンドを実現しています。

地デジ・BS・CS・4K放送に、トリプルチューナーを搭載。外付けHDD録画に対応しており、番組を見ながら別の2番組を同時録画できます。録画する機会が多い方におすすめです。

ソニー独自の音響技術「アコースティック サーフェス オーディオ プラス」を採用。アクチュエーターが画面を振動させて音を作り出し、迫力のあるサウンドを実現しています。

また、「Google TV」を搭載しており、ネット動画配信サービスの視聴に優れているのがポイント。映画・音楽・ゲームなど、さまざまなコンテンツを楽しめます。

第6位 ソニー(SONY) ブラビア4K液晶テレビ XRJ-65X90L

ソニー(SONY) ブラビア4K液晶テレビ XRJ-65X90L

細かいエリアの明暗コントロールが可能な「直下型LED部分駆動」を搭載した、65インチ・4Kチューナー内蔵テレビです。LEDバックライトをコントロールすることで、暗いシーンでも精細で高コントラストに表現できるのが特徴です。

独自の音響技術「アコースティック マルチ オーディオ」を採用。4つのスピーカーによる、臨場感のあるサウンドを実現します。また、3次元の立体音響技術「Dolby Atmos」にも対応。テレビのスピーカーだけで体感できるのが魅力です。

HRDは「HDR10」「Dolby Vision」などに対応。残像感を低減する「倍速駆動パネル」は、なめらかな映像を実現します。

快適なゲームプレイを楽しめる「ゲームモード」や、ネット動画配信サービスにも対応。さまざまなコンテンツを楽しみたい方におすすめです。

第7位 パナソニック(Panasonic) ビエラ 4K液晶テレビ TH-43MX900

パナソニック(Panasonic) ビエラ 4K液晶テレビ TH-43MX900

高コントラストを実現する「Wエリア制御」を搭載した、43インチ・4Kチューナー内蔵テレビです。映像の入力信号を解析し、バックライト、コントラストエリアを制御。細部までリアルな明暗を再現できるのが特徴です。

また、4K映像本来の色を忠実に再現する独自のテクノロジー「ヘキサクロマドライブ」を搭載。明るいシーンから暗いシーンまで、優れた色彩を表現します。画質にこだわりがある方におすすめのモデルです。

地デジ・BS・CS放送はトリプルチューナー、4K放送にダブルチューナーを搭載。外付けHDD録画に対応しており、2番組同時に裏録画ができるのがポイントです。

また、残像感を低減する倍速機能「オブジェクト検出倍速表示」に対応。動きの激しいスポ―ツや、アクション映画などでも、なめらかでクリアな映像を楽しめます。

第8位 ハイセンス(HISENSE) 4K液晶テレビ 55U8K

ハイセンス(HISENSE) 4K液晶テレビ 55U8K

明るく高コントラストな映像を実現する「Mini LED バックライト」を搭載した、55インチ・4Kチューナー内蔵テレビ。広色域量子ドットを採用し、自然な色彩を再現しているのが特徴です。

4K放送にダブルチューナー、地デジ・BS・CS放送はトリプルチューナーを搭載。外付けHDD録画に対応しており、裏番組を2番組同時録画が可能です。

スマホの画面をテレビに映し出せる「スクリーンシェア」や、快適なゲーム環境を構築できる「ゲームモード Pro」など、機能が充実しているのが特徴。また、ネット動画配信サービス対応で、豊富なコンテンツも楽しめます。多機能ながら低価格帯なので、コスパ重視の方におすすめです。

第9位 シャープ(SHARP) アクオス XLED 4Kテレビ 4T-C55EP1

シャープ(SHARP) アクオス XLED 4Kテレビ 4T-C55EP1

シャープ独自の「AQUOS XLED」を搭載した、55インチ・4Kチューナー内蔵テレビです。明るく色鮮やかな液晶テレビと、高コントラストで明暗の表現に優れる有機ELテレビの、両方のよさを兼ね備えています。

11個のスピーカーからなる「AROUND SPEAKER SYSTEM PLUS」を搭載。音を前方に放出する独自構造を採用し、映像とシンクロした上質なサウンドが楽しめます。

多彩なネット動画配信サービスに対応した「Google TV」も搭載。お気に入りのコンテンツをまとめることができるので便利です。

4K放送はダブルチューナー、地デジ・BS・CS放送にトリプルチューナーを搭載。外付けHDD録画に対応しており、録画機能も充実しています。画質・音質にこだわりがある方におすすめです。

第10位 LGエレクトロニクス (LG Electronics) 4K有機ELテレビ OLED48C2PJA

LGエレクトロニクス (LG Electronics) 4K有機ELテレビ OLED48C2PJA

「a9 Gen5 AIプロセッサー」を搭載した、48インチ・4Kチューナー内蔵テレビです。前景と背景を識別し、映像を調整。鮮やかで高精細な色彩を実現します。

AIプロセッサーが、視聴している映像ジャンルをドラマ・スポーツなど、5つに分類。ジャンルに合わせたサウンドに調整し、臨場感のあるバーチャル7.1.2chサウンドを楽しめます。

42インチから83インチまで、豊富な画面サイズのラインナップがポイント。部屋の広さや用途に合わせて、適切なサイズ選びを可能にします。

4K放送にダブルチューナー、地デジ・BS・CS放送はトリプルチューナーを搭載。ネット動画配信サービスにも対応しており、さまざまなコンテンツを楽しみたい方におすすめです。

第11位 TVS REGZA 4K有機ELレグザ 55X8900L

TVS REGZA 4K有機ELレグザ 55X8900L

「レグザ専用高コントラスト有機ELパネル」を搭載した、おすすめの4Kチューナー内蔵テレビです。画面への映り込みを抑える低反射パネルを採用。視野角が広く、斜めからの視聴もブレのない映像が魅力です。

HDRの最新規格「HDR10+adaptive」や「Dolby Vision IQ」に対応。色彩豊かなHDR高画質を楽しめます。また、6個のスピーカーを使用した「重低音立体音響システムXP」は「Dolby Atmos」に対応しており、迫力のあるサウンドを体感できます。

録画機能は「4Kダブルチューナーウラ録」と「BSも地デジもトリプルチューナーW録」を搭載。外付けHDD録画対応で、多彩な番組を録画できるのがメリットです。

第12位 TCL 4K液晶テレビ C645シリーズ 43C645

TCL 4K液晶テレビ C645シリーズ 43C645

クリアな画質と優れたコントラストを実現する「Algo Engine II」を搭載した、43インチ・4Kチューナー内蔵テレビです。映像の明暗を忠実に再現するHDR映像は「HDR10」「HLG」「Dolby Vision」規格に対応。メリハリの効いた映像が特徴です。

クロームキャスト機能を内蔵しており、スマホの映像やゲームをテレビの大画面で楽しめるのがポイント。また、Google音声検索に対応しています。リモコンのボタンを押して話しかけるだけで、見たいコンテンツを簡単に検索できるので便利です。

地デジ・BS・CS・4K放送、すべてにダブルチューナーを搭載。ネット動画配信サービスにも対応しており、豊富なコンテンツを楽しみたい方におすすめです。

第13位 ソニー(SONY) ブラビア 4K有機ELテレビ XRJ-65A95K

ソニー(SONY) ブラビア 4K有機ELテレビ XRJ-65A95K

認知特性プロセッサー「XR」と次世代デバイス「QD-OLED」パネルを採用した、65インチ・4Kチューナー内蔵テレビです。従来の有機ELパネルよりも視野角が広く、明るく色鮮やかな映像を楽しめます。

ソニー独自の音響技術「アコースティック サーフェス オーディオ プラス」を搭載。画面から直接届く、リアルで包み込まれるようなサウンドを実現しています。

4K・地デジ・BS・CS放送、すべてにトリプルチューナーを搭載しているのが特徴。外付けHDD録画にも対応しており、2番組同時録画が可能です。

なめらかな映像を実現する「倍速駆動パネル」や、明暗部を階調豊かに表現するHDR規格も搭載。画質にこだわりがある方におすすめのモデルです。

第14位 ハイセンス(HISENSE) 4K液晶テレビ 55U7H

ハイセンス(HISENSE) 4K液晶テレビ 55U7H

情報量の多い4K映像を高速処理する「NEOエンジンPro」を搭載した、55インチ・4Kチューナー内蔵テレビです。AIが処理する多彩な高画質機能が、優れた画質やサウンドを実現。臨場感のある映像が魅力です。

「HDR10+ADAPTIVE」や「Dolby Vision IQ」など、さまざまなHDR規格を搭載。高コントラストで色彩豊かな、美しい画質を実現しています。

ゲームを快適にプレイできる「ゲームモードPro」をはじめ、ゲーム機能が充実しているのが魅力。ゲームをする機会が多い方におすすめのモデルです。

4K放送にダブルチューナー、地デジ・BS・CS放送はトリプルチューナーを搭載。外付けHDDにも対応しており、2番組同時録画など、録画機能も充実しています。

第15位 TCL 4K液晶テレビ P635シリーズ 43P635

TCL 4K液晶テレビ P635シリーズ 43P635

高精細で優れたコントラストを実現する「Algoエンジン」を搭載した、43インチ・4Kチューナー内蔵テレビです。「QLED」方式の液晶パネルを採用。一般の液晶パネルと比べて色再現性に優れ、低消費電力を実現しているのが特徴です。

HDR10・HLD・Dolby Vision規格に対応。映像の明・暗部のディテールまで、クリアで色彩豊かに表現します。また、3次元の立体音響を実現する「Dolby Atmos」を搭載しているのもおすすめポイント。高画質・高音質機能が充実しています。

「Google TV」を搭載しており、Googleアカウントですべてのストリーミングコンテンツを1つの画面に表示。ネット動画配信サービスの各アプリを切り替えることなく、好みのコンテンツを楽しめるのがメリットです。

4Kチューナー内蔵テレビの接続方法

4Kチューナー内蔵テレビを視聴するには、アンテナケーブルを接続する必要があります。設置場所のアンテナ端子の数によって、接続方法が異なるので注意してみてください。

カベ側のアンテナ端子が2つある場合は、テレビ側とカベ側の、地デジとBS/CSの各端子をそれぞれアンテナケーブルで接続します。

カベ側のアンテナ端子が1つの場合は、分波器を使用してアンテナケーブルの増設が必要です。分波後は、テレビ側とカベ側の地デジとBS/CSの各端子を、それぞれアンテナケーブルで接続します。

なお、カべ側の端子がBS/CSに非対応の場合は、アンテナから直接ケーブルを引き込むことが必要です。