2018年12月1日より新4K衛星放送がスタートし、4K対応テレビの需要も高まってきました。しかし、新4K衛星放送を視聴するには、4K対応テレビだけでなく、4Kチューナーも必須です。

4Kチューナーは後付けもできますが、購入してすぐに新4K衛星放送を楽しみたい方には「4Kチューナー内蔵テレビ」がぴったり。そこで今回は、4Kチューナー内蔵テレビのおすすめモデルと選び方をご紹介します。

4Kチューナーとは?

テレビで4K放送を見るには

By: sony.jp

従来どおりの「地デジ放送」を視聴するなら、4K解像度を出力できるテレビだけでも問題ありません。ただし、BS右旋・BS左旋、110度CS左旋といった、いわゆる4K衛星放送を視聴するためには、4K・8K対応アンテナと4Kチューナーが必要になります。

4K・8Kアンテナは、宇宙を旋回している衛生から送られる電波を各家庭で受信するためのアイテム。4K衛星放送がスタートする前のアンテナでは受信できないため、新しく購入する必要があります。また、4Kチューナーは、アンテナが受信した4K放送の電波を4K解像度で出力するためのモノ。アンテナを設置しただけでは4K放送を視聴できないので、留意しておきましょう。

4Kテレビと4K対応テレビの違い

4Kテレビ

By: amazon.co.jp

4Kテレビとは、4K放送を視聴するために必要な「4Kチューナー」を内蔵したテレビのこと。4K衛星放送のスタート以降に発売されたテレビのほとんどが4Kテレビで、4K・8K対応アンテナさえあれば4K放送を視聴できるのが特徴です。

アンテナが受信したBS右旋・BS左旋、CS110度左旋の電波を自動で識別し、チャンネルに合った映像を出力可能。4チューナーを後付けする必要がないので、テレビ周りの配線をスッキリさせたり、省スペースに設置したりできるのが魅力です。

発売当初は高価な製品が多めでしたが、最近では低価格なモデルも多く販売されています。

4K対応テレビ

4K対応テレビとは、4Kチューナーを内蔵していないテレビのこと。2018年12月以前に発売されたほとんどのテレビがこのタイプで、アンテナのほかに4Kチューナーを導入する必要があります。

ただし、従来の地デジ放送だけを視聴する場合は、4Kチューナーやアンテナを用意する必要がありません。4Kチューナーを導入する際は、単機能の4Kチューナーを接続するか、4Kチューナーが内蔵されたブルーレイレコーダーを接続するなどで対応しましょう。

4Kチューナーについて詳しく知りたい方はこちら

4Kチューナー内蔵テレビの選び方

液晶か有機ELか

液晶テレビ

By: amazon.co.jp

各メーカーのラインナップが豊富で、比較的リーズナブルに購入できる液晶テレビ。安いモデルであれば10万円以下で購入できることもあるので、初期費用を抑えたい方におすすめです。

液晶テレビはガラス・カラーフィルター・バックライトの3層構造。RGBの3原色のカラーフィルターをバックライトで照らして、画面に映し出しています。そのため、影や暗めの表現が苦手で黒つぶれしてしまうのがデメリット。背景が暗めな映像を好む方には、やや不向きです。

また、バックライトが内蔵されている分、本体が厚めなのも懸念点。設置スペースを十分に取れない方や、圧迫感が気になる方は有機ELテレビがおすすめです。

有機ELテレビ

By: lg.com

薄型かつ高画質が魅力の有機ELテレビ。ガラス・カラーフィルターの2層のみで構成されているので、バックライトがなく薄型なのが特徴です。バックライトで照らさず、カラーフィルター自体が発光する仕組みのため、黒色も鮮明に映し出せます。

ただし、国内メーカーで販売されているモデルが少なく、ラインナップが少なめなのが懸念点。液晶テレビに比べて価格がやや高めなので、予算に余裕のある方におすすめです。

画面サイズをチェック

By: sony.jp

テレビの画面サイズは、設置する部屋の広さと、最適な視点距離を考慮して選びましょう。設置する部屋の広さにあったサイズを選ばないと、圧迫感をおぼえることがあります。4Kチューナー内蔵テレビは画質がよく、大画面になるほど映像の迫力も増しますが、適切なサイズを選ばなければ逆に見づらくなってしまうので注意しましょう。

4Kチューナー内蔵テレビに適した視聴距離は「画面の高さ×1.5倍」。フルHDに比べて映像に粗さがないため、視聴距離が近いと視野角が広がりやすく、迫力のある映像が楽しめます。たとえば、49型のサイズであれば約90cmが最適な視聴距離です。6畳程度の広さであれば49型以下のモデル、広めのリビングルームは50型以上のモデルを目安にしてみてください。

スピーカー性能をチェック

By: toshiba.co.jp

4Kチューナー内蔵テレビは迫力のある映像を高画質で楽しめますが、スピーカーの性能が優れていれば、より一層臨場感が増します。そのため、スピーカーの個数や出力数もチェックしておきましょう。

一般的な4Kチューナー内蔵テレビは40〜50W程度の出力ですが、音質にこだわりたい方や厚みのある音質を楽しみたい方には80W以上がおすすめ。アクション映画など迫力のある音質を楽しみたい方は、スピーカーが多数内蔵されたモデルを選びましょう。

録画機能をチェック

By: amazon.co.jp

見たいテレビ番組を見逃したくない方は、録画機能の充実度も要チェック。録画機能には大きく分けて「HDD内蔵タイプ」「外付けHDDタイプ」の2種類があるので、自分のスタイルに合わせて選んでみてください。

配線がゴチャゴチャするのが嫌な方や、あまり多くのテレビ番組を録画しない方には「HDD内蔵タイプ」がおすすめ。すでにHDDが内蔵されているため配線処理をしなくてよいほか、細かい初期設定も不要です。

初期費用を抑えたい方や、テレビ番組を多く録画する予定の方には「外付けHDDタイプ」がおすすめ。HDD内蔵タイプに比べて費用が安く、録画したい容量に合わせてHDDを購入できて便利です。

インターネットに接続できるかチェック

より快適に4Kチューナー内蔵テレビを活用したいなら、「インターネット接続」が可能かどうかもチェックしましょう。インターネットに接続することで、「Hulu」や「Netflix」といった動画配信サービスが見られたり、インターネット検索できたりなど用途の幅も広がります。

インターネット接続には有線・無線の2パターンありますが、無線モデルは配線を接続する必要がなく快適。安定した回線で高画質映像を楽しみたい方には、有線接続モデルがおすすめです。

4Kチューナー内蔵テレビのおすすめモデル

ソニー(SONY) BRAVIA KJ-55X9500H

ソニー独自の高画質プロセッサー「X1 Ultimate」を搭載した4Kチューナー内蔵テレビ。地デジ放送はもちろん、ネット動画などさまざまなコンテンツを美しい映像で楽しめるのが特徴です。

また、「直下型LED部分駆動」を搭載することで、暗いシーンでも細部までくっきり映し出せるのも魅力のひとつ。Android TV機能を有しているので、「Netflix」や「Hulu」といったVODサービスのコンテンツも大画面で視聴できます。

倍速駆動パネルを採用することで、スポーツやアクション映画などスピーディーな映像もなめらかに表現可能。薄型設計で、壁掛けパターンでの設置ができるのもうれしいポイントです。

ソニー(SONY) BRAVIA KJ-55A8H

画面から音が出ているようなサウンド体験を実現する、「アコースティック サーフェス オーディオ」を搭載した4Kチューナー内蔵テレビです。有機ELパネルを採用し、暗い部分も明るい部分もくっきり表現できるのが特徴。色鮮やかでクリアな映像を楽しみたい方にもおすすめです。

Android TVを搭載し、「Netflix」や「Hulu」といったVODサービスを大画面で視聴できるのも魅力のひとつ。倍速駆動パネルを採用しているので、動きの速いスポーツシーンでもなめらかに表現できます。

スタイリッシュなデザインで、インテリアに馴染みやすいのもポイント。壁掛けスタイルで設置したい方もチェックしてみてください。

東芝(TOSHIBA) REGZA 50Z740X

クラウドと連携することで、さまざまなコンテンツを高画質で視聴できる「レグザエンジン Cloud PRO」を搭載した4Kチューナー内蔵テレビです。すでに放送された番組の見逃し視聴ができる、東芝独自の「タイムシフトマシン」に対応しているのが特徴。仕事の都合などで録画を忘れがちな方にもおすすめです。

また、AI学習により地デジ放送のノイズを低減して高画質で映し出せる「地デジAIビューティPRO」や、VODサービスなどネット動画を高画質で視聴できる「ネット動画ビューティPRO」などの便利機能を搭載しているのも魅力。音響に関しても「レグザ重低音バズーカオーディオシステムPRO」を備えることで、迫力ある重低音サウンドを再現できます。

録画機能に優れた4Kチューナー内蔵テレビを探している方は、チェックしてみてください。

東芝(TOSHIBA) REGZA 65X9400

さまざまな映像を高画質で視聴できる映像処理エンジン「ダブルレグザエンジンCloud PRO」を搭載した4Kチューナー内蔵テレビです。地上デジタル放送を最大6チャンネル録画できる「タイムシフトマシン」を搭載しているのが特徴。見逃した番組も視聴できるので、録画をよく忘れてしまう方にもおすすめです。

また、高コントラストで高精細な映像が楽しめる有機ELパネルを採用。暗いシーンでも細部までしっかり再現できます。実用最大出力合計値142Wのパワーアンプを搭載した「レグザパワーオーディオX-PRO」を備えているのも魅力のひとつ。映画やライブ映像などを、迫力のある重低音サウンドで楽しめます。

パナソニック(Panasonic) VIERA TH-55HZ1000

色彩豊かな映像が映し出せる有機ELパネルを採用した、4Kチューナー内蔵テレビです。BS 4K、110度CS 4Kのチューナーをそれぞれ2基ずつ搭載しているのが特徴。4K番組を視聴しながら4Kの裏番組の録画も可能です。

まるで映画館にいるかのような立体的なサウンドを体感できる「イネーブルドスピーカー」を搭載しているのも魅力。さまざまなVODサービスに対応しているので、大画面・高画質でネット動画を視聴できます。

地震の揺れに強い「転倒防止スタンド」を採用しているのもポイント。小さな子供がいる家庭でも安心して設置できます。色彩やコントラストをきれいに映し出せるテレビを探している方におすすめです。

パナソニック(Panasonic) VIERA TH-65HX950

まるで映画館にいるかのような臨場感を味わえる4Kチューナー内蔵テレビです。最大出力80Wのイネーブルドスピーカーを搭載し、立体的で迫力あるサウンドを実現。ドルビーアトモスにも対応しているので、音に包まれるような映像体験ができます。

BS 4K・110度CS 4Kチューナーをそれぞれ2基ずつ内蔵しているのも魅力のひとつ。外付けHDDをテレビに接続すれば、4K番組を視聴しながら4Kの裏番組録画が可能です。複数のVODサービスに対応しているのもポイント。テレビの大画面でネット動画を楽しみたい方にもおすすめです。

映画やライブ映像などを迫力あるサウンドで楽しみたい方は、ぜひチェックしてみてください。

シャープ(SHARP) 4T-C55CQ1

独自の有機ELパネル制御技術「Sparkling Drive」を搭載した4Kチューナー内蔵テレビです。暗いシーンでもメリハリのあるコントラストを実現。また、4K画像処理エンジン「Medalist S1」により、高精細かつ色鮮やかな映像を楽しめます。

省スペースにもスッキリ設置できる「回転式スタンド」を採用しているのも魅力のひとつ。左右計約30°へ水平方向に角度を調節できるので、キッチンやソファなど、さまざまな場所から快適に視聴できます。

独自の「FRONT OPEN SOUND SYSTEM PLUS」を採用しており、音が前方向に響きやすく、映画のセリフなどを聞き取りやすいのもポイント。一人暮らしなど設置スペースが限られている方にもおすすめのモデルです。

ハイセンス(HISENSE) 50U7F

快適にゲームができる「低遅延ゲームモード」を備えた4Kチューナー内蔵テレビです。東芝映像ソリューションと共同開発された「NEOエンジン 2020」を搭載しているのが特徴。4Kのポテンシャルを引き出し、さまざまな映像をリアルな高画質で映し出せます。

また、映像設定で「ワイドビューアングル」を設定すれば、テレビの視野角を広げられるのも魅力。家族や友達などの複数人で、1つの画面を視聴したいシーンにも対応できます。合計12個のVODサービスに対応しているのもポイント。ネット動画も大画面で楽しめます。

比較的リーズナブルに購入できるので、コスパを重視したい方にもおすすめです。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) OLED48CXPJA

有機ELパネル製造のほとんどを占める「LGエレクトロニクス」が販売している、4Kチューナー内蔵テレビ。自社で有機ELパネルを製造しているため、ほかの有機ELテレビに比べて安価で購入可能。さまざまな映像を高画質で表現できる「α9 Gen3 AI Processor 4K」を搭載しているのも特徴です。

映像ジャンルを識別してそれぞれ適した画質に自動変換する「AI映像プロ」、映像ジャンルを分析して映像に合ったサウンドへ調節する「AIサウンドプロ」などの便利機能を搭載しているのも魅力。ドルビーアトモスにも対応しているので、立体的なサウンドも体感できます。

コスパよく高画質・高音質を実現したい方におすすめのモデルです。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) 55NANO91JNA

液晶テレビながら優れたコントラストを備え、鮮明な映像表現が可能な4Kチューナー内蔵テレビです。有機ELにも採用されている独自の高性能映像エンジン「α7 Gen3 AI Processor 4K」を搭載。地デジ番組やネット動画など、さまざまなコンテンツを高画質で視聴できるのが特徴です。

また、映像と音が一体化し、まるで音に包まれているかのようなサウンド体験を実現する「AIサウンド」にも対応。AIが視聴している映像のジャンルを分析し、適したサウンドに調節します。比較的リーズナブルに購入できるので、コスパを重視したい方にもおすすめです。