2018年12月から開始された「新4K8K衛星放送」。フルハイビジョンと比べて、4Kは4倍、8Kなら16倍という圧倒的な画素数を要し、高精細で色彩が豊かな映像を楽しめるのが特徴です。

ただし、4K映像を視聴するためには対応するテレビだけでなく、別途4Kチューナーも必要。これから4Kテレビの購入を検討している方にとってはすでにチューナーが内蔵されているモデルも候補となります。そこで今回は4Kチューナー内蔵テレビのおすすめモデルをピックアップ。選び方についてもご紹介するので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

4Kチューナー内蔵テレビの選び方

4Kチューナーの種類をチェック

新4K・8K放送対応チューナー

By: sharp.co.jp

「4Kテレビ」は横3840×縦2160画素の解像度で表示できるディスプレイを搭載した高画質テレビのこと。ただし、現在流通している多くの4Kテレビには、このうちの4K放送受信に必要なBS/CS 4Kチューナーを内蔵していないので、それらの4KテレビでBS/CS 4K放送を見るには、外付けの4Kチューナーが別途必要となります。

なお、従来のBS放送を受信できているのであれば、BS4K無料放送の受信も基本的に可能ですが、場合によっては受信設備の入れ替えが必要な場合もあります。その点は留意しておきましょう。

スカパー!プレミアムサービスチューナー

「NHK BS 4K」をはじめとする「新4K8K衛星放送」以外にも、スカパー!が提供する4K放送もスタートしています。スカパー!の4K放送は2本立て。「スカパー!プレミアムサービス4K」と「スカパー!4K」が用意されています。

「スカパー!4K」は4Kチューナー内蔵テレビで視聴できますが、「スカパー!プレミアムサービス4K」は従来のハイビジョン画質の「スカパー!プレミアムサービス」で使う専用のチューナーが必要です。

なお、「スカパー!プレミアムサービスチューナー」では、一般の「新4K8K衛星放送」は受信できないので、その点は注意しておきましょう。

テレビの種類をチェック

By: sharp.co.jp

液晶テレビ

「液晶テレビ」はバックライト、カラーフィルター、ガラスで構成されているのがポイント。バックライトの白色光を液晶パネルに透過させてRGBの三原色に変換しており、黒色がやや明るく見えてしまう「黒浮き」という現象が起こります。

また、バックライトがある分だけサイズに厚みが出てしまうのも懸念事項。なお、4K液晶テレビの上位モデルはハイダイナミックレンジ(HDR)に対応しており、コントラストの高い映像を楽しめます。

有機ELテレビ

「有機ELテレビ」はバックライトがなくカラーフィルターとガラスのみで構成されているのが特徴。有機ELパネルにRGBそれぞれの光を放つ素材を配置しています。これにより液晶テレビではボヤけてしまう黒色がより鮮明になるほか、本体もより薄型化が可能です。

なお、パネル自体は韓国メーカーのLGが生産。国内大手家電メーカーの有機ELテレビはそのパネルに画像処理エンジンやチューニングを施しています。それぞれ培ってきた技術やノウハウが異なるので、映り方にも違いが出てくる点に留意しておきましょう。

対応している動画配信サービスをチェック

By: toshiba.co.jp

映画やドラマ、音楽番組、アニメなど多彩なコンテンツを楽しみたい方は定額で楽しめる「動画配信サービス」をチェック。4Kテレビは4Kチューナー内蔵テレビを問わず、複数の動画配信サービスに対応しています。

国内で利用者が多い「dTV」「Hulu」「U-NEXT」をはじめ、世界的に知名度が高い「Netflix」、月額料金が安い「Amazonプライムビデオ」、そして「4Kアクトビラ」「ひかりTV 4K」「YouTube」などが代表的なサービスです。

製品によって対応しているサービスが異なるので、動画配信サービスを利用したいと考えている方は対応しているコンテンツを確認しておきましょう。

4Kチューナー内蔵テレビのおすすめモデル|東芝

東芝(TOSHIBA) REGZA 55V型 有機EL 55X920

4Kチューナーを内蔵した東芝の有機ELテレビです。4K用チューナーを1基、BS/CS用デジタルチューナー3基、そして地デジ用チューナー9基を内蔵。さらに、「スカパー!プレミアムサービス4K」チューナーも搭載しているのがポイントです。

過去の番組も視聴できる全録機能の「タイムシフトマシン」機能も搭載。最大6チャンネルの地上デジタル放送を約80時間まるごと録画できます。見逃してしまった過去の放送も、「過去番組表」から選んで視聴できるのがメリット。ただし、タイムシフトマシン対応USBハードディスクが必要となるので、その点は確認しておきましょう。

スピーカーユニットはフルレンジとツィーターをそれぞれ2基搭載。最大出力46Wと大出力なので、迫力あるサウンドを楽しめます。録画機能が充実している4Kチューナー内蔵の有機ELテレビを求めている方におすすめのモデルです。

東芝(TOSHIBA) REGZA 50V型 4K対応LED液晶テレビ 50M520X

50V型の4Kチューナー内蔵テレビながら、価格が10万円以下とお得感の高いモデル。地デジおよびBS・CSチューナーはそれぞれ3基内蔵。映像処理エンジンは、4K放送に備えて開発された「レグザエンジン Evolution」を採用しています。

地デジ用の「地デジビューティX」とBS用の「BS/CS 4KビューティX」を搭載しているのもポイント。各放送ともに、ノイズが少ない高画質映像を楽しめます。

出力10W+10Wのスピーカーは新開発のユニットを採用。音響特性を最適に補正する「レグザサウンドイコライザー・ハイブリッド」を搭載しており、サウンドも高品質です。

ネットワークは有線LANおよびWi-Fi機能を搭載。USB端子2ポートのほかに、4K入力に対応したHDMI端子も備えるなど、入出力端子も充実しています。気軽に4K放送を楽しみたい方はぜひチェックしておきましょう。

4Kチューナー内蔵テレビのおすすめモデル|シャープ

シャープ(SHARP) AQUOS 80V型 8Kチューナー搭載 8T-C80AX1

世界で初めて8Kチューナーを搭載したシャープの80V型。フルハイビジョンの16倍にあたる約3300万画素を大画面で堪能できるのが特徴です。

画像処理エンジンは8K対応の「AQUOS 8K Smart Engine PRO」を採用。従来モデルに比べて、約8.8倍という高い処理能力を有しています。容量の大きい8K映像でも、倍速120Hzでリアルタイム処理することが可能。また、地上デジタル放送やブルーレイなどのハイビジョン映像を8K画質にアップコンバートできるのもポイントです。

チューナーはBS 8K用を1基、BS・CS 4K用が2基、そして地上デジタルとBS ・CSデジタルをそれぞれ3基内蔵。“AQUOS史上最高画質”と謳う、シャープのハイエンドモデルです。

シャープ(SHARP) AQUOS 45V型 HDR対応 4T-C45AL1

4Kチューナーを2基内蔵した45V型。4K放送を視聴しながら、別チャンネルの4K放送をUSB接続したハードディスクに録画できるのが特徴です。

画質面でのポイントは地上デジタル放送を4K画質に変換する「4K-Master アップコンバート プロ」機能を搭載しているところ。解像度や映像レベルに応じて最適な高精細処理を行うほか、ノイズもしっかり取り除けます。

新4K衛星放送で採用されている「HLG」方式のハイダイナミックレンジ(HDR)映像に対応しているのもメリット。HDR規格の幅広い輝度情報を、高コントラストの液晶パネルで再生します。映像の奥行き感や質感もリアルに再現できるおすすめの4Kチューナー内蔵テレビです。

4Kチューナー内蔵テレビのおすすめモデル|三菱

三菱電機(MITSUBISHI) REAL 40型 LCD-A40RA1000

ブルーレイレコーダーおよび2TBのハードディスクを搭載した40V型の4Kチューナー内蔵テレビ。BS・CSの4K放送を視聴できるほか、4K画質対応のUltra HDブルーレイを再生できます。また、地上デジタルチューナーとBS・CSデジタルチューナーを、それぞれ3系統備えているので、ハイビジョン放送の2番組同時録画が可能です。

本製品は「オートターン機能」を備えているのもポイント。リモコン操作で画面を、左右各20°動かせるので、視聴する場所に合わせて調節することが可能です。

ネットワークは有線LANとBluetoothに対応。Bluetooth対応ヘッドフォンで視聴できるほか、スマホの音楽データをテレビで再生することもできます。また、スピーカーはオーディオブランド・ダイアトーンの2ウェイスピーカーを4基搭載。音質も良好です。使い勝手良好の4Kチューナー内蔵テレビを探している方は候補として検討してみましょう。

三菱電機(MITSUBISHI) REAL 58V型 LCD-A58XS1000

価格20万円前後の58V型4Kチューナー内蔵テレビ。4Kチューナーおよび、地デジ・BSCSデジタルチューナーをそれぞれ2基搭載しています。

本製品は番組表や操作メニュー、検索キーワードなどを音声で読み上げてくれる「しゃべるテレビ」が便利。リモコン操作に不慣れな年配の方でも扱いやすいのが特徴です。

映像信号が終了した約10分後に自動的に電源が切れる「無映像節電」や、照明を落とすと電源が切れる「消灯連動節電」など節電機能が充実しているのもポイント。特にテレビの買い替えを検討しているシニア層におすすめのモデルです。