家庭用のミルミキサーを使ったことがありますか? 食材を粉砕するには欠かせないミルミキサー。1家に1台あれば、調理の幅も大きく広がることは間違いありません。

今回は、おすすめのミルミキサーをご紹介するので、ミルミキサーの購入を考えている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ミルミキサーとは

smoothie-1578240_1920

ミルミキサーとは、ずばり「ミル」と「ミキサー」の2つの役割をなす調理器具のこと。ミルとは製粉のことを指し、コーヒー豆を粉状にするような場合に使います。ミキサーは、食材を砕き、混ぜ合わせるものです。スムージーを作る場合にも使います。

ミルもミキサーも、一般家庭ではそう頻繁に使うものではありません。特に、ミルはコーヒー豆を粉砕するのが主な用途ですが、コーヒーメーカーには既にミルがついているものが多いです。

一般家庭用の多くの製品は、ミルもミキサーも1台で2役ができるように設計されていて、これをミルミキサーと呼んでいるのです。

人気のおすすめミルミキサー

ティファール(T-fal) クリック&テイスト BL143GJP

41t6owval

ミルミキサーでは多機能かつ最もコンパクトなこちらの商品。ティファールというブランド力もあり、安心して購入できますね。本体のサイズは、幅、奥行きともに10cm弱という省スペースな設計です。ミキサー、ミル、ティーミルの3種類の機能がついているので、調理の幅が広がりおすすめです。

チタンコーティングされたブレードは、耐久性に優れていて切れ味がよく、氷も粉砕できます。食材と氷を一緒に入れてクラッシュすれば、簡単にコールドドリンクを作れますね。

ティーミルでは、抹茶やハーブをなめらかな粉状に仕上げられ、抹茶ラテやチャイなどのドリンクだって作れるんです。コーヒーやスパイスを挽けるミルはお菓子作りにも便利ですね。

スイッチは高速か低速のシンプルな2種類のみ。簡単操作で丈夫、かつ安全性も高いので、初心者の方におすすめですよ。

フカイ工業(FUKAI) スレンダーコック付ブレンダー&ミル FJM-5000

41vddh5-rtl

コックがついているというこちらのミルミキサー。大家族のような、たくさんの食材を一度に調理したいという方におすすめの1台です。ミキサーの容量は600mlなので、水を一杯にすると本体の重量に0.6kgが加わることになります。

しかし、リンゴのような食材では重量が増し、数㎏の重さになってしまうことも。そんなときにも、コックを開ければ、本体を持ち上げずにジュースを注げて便利です。また、コックによって、調理した食材がむやみに空気に触れることから防ぎます。

酸化による変色を最小限に抑えれるだけでなく、空気中のゴミやほこりが混入することまで防げますね。ダブルセーフティロックの構造なので、誤作動の心配もなく、安全性もばっちり!

氷のような硬いものも粉砕できるエックスブレードは、スムージーやかき氷も手軽に作れますよ。他の機種にはない便利な機能が付いているおすすめ商品です。

イワタニ(Iwatani) サイレントミルサー IFM-S10G

41xjjaillpl

小さなお子様がいるご家庭におすすめの、動作音がとても静かなミルミキサー。約55dbという、ハイブリットカーの走行音よりも静かな動作音なので、朝でも夜でも、時間を気にせず使えますね。

強化ガラス製の容器はレンジ加熱が可能で、スープやホットスムージーなど簡単に作ることも。また、カッターとガラス容器はまるごと煮沸消毒が可能で、匂いの除去と除菌ができて清潔です。さまざまなメニューが掲載されているレシピブックが付属するのもいいですね。

パナソニック(Panasonic) ミキサー MX-X501-N

31ldzlygal

2016年発売の新機種。パナソニック独自のブラックハードチタンコートは鋭い切れ味を長持ちさせます。 ファイバーカッターと呼ばれるのこぎり状の大型刃は、繊維をより細かくし、口触りのいいなめらかな仕上がりにしますよ。

氷を粉砕できるほどのパワフルな刃は、かき氷やスムージーをお手軽に作れます! 仕上げ時に手軽に食材を投入できるアレンジホールは、程よい食感を生み出します。

ふりかけのようなドライメニューから、マヨネーズ、ディップのようなウェットメニューまで、ミルはさまざまな料理に応用することもできます。専門家によるレシピブックが付属するのも人気のポイント。

テスコム(TESCOM) ミル&ミキサー TML160GF

41nocvfchl

商品価格 ¥ 2,770

こちらの商品も、1台3役のミルミキサーです。ミル、ミキサー、お茶やコーヒー豆挽きの3つの使い方で、スムージーやふりかけなども簡単に作れますよ。なんといっても、アマゾンでの評価が高く、かつ安い!

初めての1台としてはぜひとも購入したい商品ですね。ミキサーは波刃チタンカッター、ミルの刃はチタンカッターを採用し、鋭い切れが長持ちします。電源コードは本体に収納できるので、使用しない時は見た目がすっきり。

付属品でミニレシピと掃除用ブラシが付いてくるのもおすすめポイントです。

ミルミキサーの選び方

ブレードの種類は

511qxqraeol

By: amazon.co.jp

ミル、ミキサーともに、ブレードの種類はさまざまです。そして、ミルとミキサーでは加工する対象が違うので、ブレードを共用できません。主に、ステンレスブレードやチタンブレード、チタンコーティングブレードなどが使われています。

ステンレスは鉄を主成分とし、クロムを10.5%以上含んだ合金鋼です。錆びにくいという特徴があるので調理器具にはよく使われます。しかし、あくまで鉄が主成分ですから、ブレードがやわらかいという欠点があります。

一般的な使用では問題ないように設計されていますが、例えば、氷を砕く場合には、ブレードが破損する場合もあります。

チタンは鉄よりも固い金属で、ステンレス同様に錆びにくい金属です。氷をするような少々タフな使い方をしても問題ありませんが、加工に手間がかかるため、割高になってしまいます。

チタンコーティングブレードは、ステンレス鋼にチタンをコーティングしたものです。ステンレスよりも若干強度は増しますが、とはいえ大幅に強度がアップするわけではありません。

強度でみれば、ステンレス<チタンコーティングステンレス<チタンという順になります。

お手入れのしやすさ・安全性

71punewysjl-_sl1500_

By: amazon.co.jp

食品を扱うものなので、衛生面は非常に気になりますよね。どこを外して洗えるのかといった確認が重要です。最近は、より簡単にお手入れができるように食洗機対応のものが発売されています。

また、ミルミキサーはブレードで手を切りやすいです。特に、小さいお子さんがいるご家庭では、自動停止装置やロック機能などの安全装置がしっかりと付いているものを選ぶとよいでしょう。