ミルミキサーとは、「ミル」と「ミキサー」の機能を併せ持った便利家電。自家製のオリジナルふりかけや健康的なスムージーの作成など、1台2役で調理の幅が広がります。

そこで今回は、料理で大活躍できるミルミキサーの選び方と、おすすめの製品をご紹介。1台あると何かと重宝する調理家電なので、この機会にぜひ検討してみてください。

ミルミキサーとは?

ミルとミキサーの違い

By: amazon.co.jp

ミルミキサーは「ミル」と「ミキサー」の両者の機能を持った家電です。付属のアタッチメントを取り換えることによって、それぞれの特徴を活かした使い方ができます。

ミルは主に固体の食材を細かく粉砕して粉末にできるので、ふりかけやペースト状のものを作るのに適しています。対してミキサーは、主に固体と液体を一緒に裁断するので、食物繊維が豊富なジュースやスムージー作りに便利です。

それぞれの機能には得手不得手があるので、作りたいものや使用する食材によって使い分けましょう。

ミルミキサーで作れるレシピ

By: amazon.co.jp

ミルミキサーは1台2役の調理家電なので、さまざまなレシピが作成可能。ミル機能を使ってコーヒー豆を挽けば、こだわりのコーヒーが楽しめます。また、卵黄とサラダ油などをかくはんしてできるマヨネーズは、新鮮で安全です。

ミキサーの機能を使えば主にジュースなどの飲み物を作れます。野菜やフルーツをミキサーにかければ手軽に栄養不足を解消。スイートコーンやかぼちゃをかくはんすれば、子どもも喜ぶスープができます。どのレシピも簡単に短時間で調理できるのがミルミキサーの特徴です。

ミルミキサーの選び方

アタッチメントの種類で選ぶ

By: amazon.co.jp

ミルミキサーはアタッチメントによって粉砕できる食材が変わります。挽きたてのコーヒーを毎朝飲みたいという方は、コーヒー豆を挽ける「コーヒーミル」対応がおすすめ。

さらに、お茶用のカッターが付属していれば、人気の粉茶を自宅で作れます。事前に作りたいレシピがあれば、対応できるアタッチメントがセットになっているミルミキサーを選びましょう。

容量で選ぶ

By: amazon.co.jp

ミキサー機能を使ってスムージーや野菜ジュースを自宅で飲みたいという方なら、家族の人数を考えてミキサーの容量を選びましょう。1人分200~400mlを目安にするとよいですが、容量が大きすぎると収納に困ります。

家族が多い家庭なら、1度に2~3回に分けて使うことを考えて、適した容量の製品を選ぶのがおすすめです。一人暮らしの方に便利なコンパクトタイプのミルミキサーも多くのメーカーから販売されています。

パワーで選ぶ

By: amazon.co.jp

健康的に毎朝フルーツジュースを飲みたい方なら、ハイパワーのミルミキサーが便利です。短時間でジュースが完成するので、忙しい朝の時間を節約できておすすめ。パワーが弱い製品でも、果物を小さく切ってから投入するという手間をかければ、短時間でジュースができるので予算に合わせて選びましょう。

お手入れのしやすさで選ぶ

調理家電はお手入れが面倒だと使う頻度が下がってしまいます。せっかく購入したミルミキサーなら、毎日活用したいものです。

そこで、使用後の洗いやすさで選ぶのは大切なポイント。長く清潔に使うためにも手入れしやすい製品を選びましょう。ミルミキサーのボトル部分が取り外せれば、丸ごと水洗いができるのでおすすめです。

ミルミキサーのおすすめメーカー

イワタニ(Iwatani)

By: amazon.co.jp

イワタニは「ミルサー」という、ミキサーに近い機能を併せ持つミルを製造しています。ミルサーはステンレス製のプロペラを毎分約2万回の高速回転させることで、乾燥食品を粉末状に加工するのが特徴です。果物や野菜を水分と共に投入することでジュースやペースト、スープなどを作れます。

安全性も高く、便利な機能を多数搭載しているミルサー。コンパクトなミルミキサーを探している方におすすめのメーカーです。

コイズミ(KOIZUMI)

By: amazon.co.jp

コイズミのミルミキサーは、デザイン性や機能性がバランスよく盛り込まれているのが特徴です。比較的リーズナブルな価格で、ミルミキサーのエントリー機としてもおすすめです。

また、ミル機能が乾燥食材だけでなく水分量の多い食材にも対応している点もポイントです。コストパフォーマンスに優れた一台を探している方は、ぜひチェックしてみてください。

フカイ工業(FUKAI)

By: amazon.co.jp

フカイ工業は調理家電や理美容電化製品を多く手がけているメーカーです。なかでもミキサーとブレンダーは豊富なラインナップを取り揃えており、さまざまな機能やスペックを持つモデルがあります。

ミルミキサーも多数開発しており、種類の豊富さが魅力。目的や必要性に応じてベストなモデルを選べるおすすめのメーカーです。

ミルミキサーのおすすめ人気モデル

イワタニ(Iwatani) サイレントミルサー IFM-S30G

ミルミキサーを使いたいけど動作音が気になるという方におすすめなのが本製品。本体が振動を吸収して音の発生を抑制し、約55dBの低騒音を実現。早朝や深夜でも周りを気にせずに使用できます。

ミキサー用の260cc大容器とミル用の75cc小容器の2種類の容器が付属。容器は電子レンジにも対応する強化ガラスを採用しているので、野菜などを砕いてそのまま電子レンジで加熱すれば簡単に野菜スープが作れます。

本体は直径約12cm、高さ約28cmと、棚にも収納できるコンパクトサイズ。時間を選ばずに使えるので、夜食のスープ作りなどにおすすめのミルミキサーです。

イワタニ(Iwatani) フレッシュミルサー IFM-FR10

イワタニのラインナップで、最もミキサー機能が充実しているミルミキサーです。パワーは135Wとやや控えめですが、コンパクトで場所を取らないのが魅力。1〜2人分のジュースなどを作るのに最適なモデルです。

ミル機能も充実しており、毎分約2万回の高速回転で緑茶などを細かなパウダー状に加工できます。カッターには、刃を丸く潰したラウンドエッジカッターを採用。調理やお手入れでの怪我を防止できます。

容器とカッター、ゴムパッキンは分解して洗浄でき、お手入れも容易に行えます。オリジナルレシピブックが付属しているため、すぐにさまざまな料理を試せるのもポイントです。容量はミキサー容器が420cc、ミル容器が75cc。小型で手軽に使えるミルミキサーを探している方におすすめです。

コイズミ(KOIZUMI) 小型ミルミキサー KMZ-0401

コンパクトで手軽に使えるミルミキサーです。ミキサーボトルの容量は400mlなので、一人暮らしの方に最適。硬いチタンコーティング回転刃を備えているので、野菜ジュースやスムージーも楽しめます。

低価格ですが、通常のミルボトルに加えてステンレス製のお茶すり器も付属。茶葉を細かな粉末状態にして、日本茶の栄養素をまるごと摂取できます。本体カラーはグリーンとピンクの2種類が選択可能。少量の食材をさまざまな形に加工できる、多機能でおしゃれなデザインのおすすめのミルミキサーです。

コイズミ(KOIZUMI) ミルミキサー KMZ-0800

スタイリッシュなデザインのミルミキサー。ミキサー容器は800mL、ミル容器は165mLの大容量タイプなので、3〜4人分の調理ができます。容器の素材にはガラスを採用しており、傷や汚れがつきにくいのもポイントです。

ミキサーの刃にチタンコーティングを採用しているので、滑らかな液状に食材を加工できます。ミルは乾燥した食材だけでなく液体にも使用でき、ふりかけやソース、ペーストなどを調理可能。37種類のレシピを掲載したレシピブックが付属しているのもメリットです。

また、便利な機能が豊富に盛り込まれているのも魅力。ミキサーの蓋に調理途中でも食材を追加しやすい小窓を設けているほか、本体にコードを収納するポケットを搭載しているなど、細かな配慮がされています。パワーも180Wと十分な性能。複数人分を一度に調理したい方におすすめのモデルです。

フカイ工業(FUKAI) チタンミル&チタンミキサー FJM-704

シンプルながらも必要な機能が詰まったミルミキサーです。カッターにチタンコートを施しているため、氷もミキサーにかけられます。ミルのカッターにもチタンコートが施されており、煮干しや昆布などを細かく粉砕することも可能です。

容量はミキサーが750mL、ミルが250mLであり、2〜3人分を加工するのに最適。ボトルがガラス製なので、汚れにくいのもポイントです。パワーは200Wの十分な性能を持ちます。

ボトルやパッキンは取り外しできるので洗浄しやすく、衛生的に使用できます。サーキットプロテクターを搭載しており、長時間使用した際はモーターの過熱を防ぐためにスイッチが自動で切れるので安心。シンプルな構造で使いやすいおすすめのミルミキサーです。

フカイ工業(FUKAI) スレンダーコックブレンダー&ミル FJM-5000

ボトルにコックが付いている点が特徴的なミルミキサー。通常のミキサーのように、加工後ボトルを傾けて食材を取り出す必要がなく、コックからワンタッチで取り出せます。必要に応じて飲む分だけ取り出せるので、鮮度を保つ効果もあります。ジュースやスムージーなどを作るのにおすすめです。

ボトルの容量は600mL、ミルの容量は210mLであり、2〜3人分を作るのにちょうどよいサイズ。180Wの十分なパワーを持つのでしっかり加工できます。ダブルセーフティロックを採用するなど、安全面に配慮されているのもポイントです。

大小二通りの穴を設けたミルキャップが付属しているため、ミルのボトルにそのまま使えます。粉砕した食材を手軽にふりかけとして使えるので便利です。コック付きのミルミキサーを探している方はぜひ検討してみてください。

テスコム(TESCOM) ミル&ミキサー TML162

ミキサーボトルにチタンコーティングされたカッター刃を採用したミルミキサー。刃が丈夫なので氷も砕け、自宅でフローズンシェイクが作成可能です。また、400mlの容量があるので、お子さんのいる家庭ならおやつ作りにも重宝します。

通常のミルに加えて茶葉専用のお茶カップが付属。日本茶を粉末にできるので、カテキンなどの栄養分を効果的に接種したい方におすすめです。製品専用のミニレシピブックも付いてくるので、購入したその日から誰でも簡単に使えます。本体の底面直径が10cmとコンパクトで収納に困らないミルミキサーです。

テスコム(TESCOM) ミル&ミキサー TM8300

大容量タイプのミルミキサーなら本製品がおすすめ。ミキサーボトルの容量が1000mlなので、人数が多いご家庭でも一度に多くの食材を調理できます。240Wのハイパワーで短時間での調理を実現。ガラス製のボトルは洗いやすく、ボトル台も取り外せるのでお手入れも苦になりません。

付属する200mlのミルボトルにはミル機能があり、ふりかけのような乾燥した食材を粉末にしたり、マヨネーズや離乳食などのペースト状のものを作ったり、自宅での調理に活躍します。また、ミルボトル専用のフタが付いているので、作った料理をそのまま保存できて便利です。

大容量ですがミキサーボトルを逆さまに重ねればコンパクトに収納できます。使用後も手間がかからないのでミルミキサーを頻繁に使用したい方におすすめです。

ティファール(T-fal) ミキサー クリック&テイスト BL143GJP

鍋やフライパンでお馴染みのティファールが販売するミルミキサーです。容量600mlと使い勝手のよいミキサーボトルを備えています。幅と奥行きが約9.5cmなのでコンパクトに収納可能です。

ボトルとカッター部分は取り外しが可能なので簡単に洗浄できます。使用後のお手入れがラクなのは、頻度に使用する方にはうれしいメリットです。

また、通常のミルと茶葉用のティーミルが付属しているので、ふりかけから粉末茶まで幅広く使用できます。本体には大きなボタンが2つあり、刃の回転を低速と高速に切り替え可能。食材に合わせて最適な速度を選べます。

ボディカラーは食卓でも映えるルビーレッドとホワイトの2種類。収納しないでキッチンに置いてもおしゃれなミルミキサーです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ジュース ミキサー ミル付き IJM-M800

便利な生活家電メーカーとして知られるアイリスオーヤマが販売するミルミキサーです。800mlの容量があるミキサーボトルを備えているので、3~4人分のジュースを一度に作れます。取り外しができるボトルはガラス製なので洗いやすく、ニオイが付きにくいのもうれしいポイントです。

作りはシンプルですが、ステンレス素材のブレードはチタンコーティングされていて、氷も砕けるのでフローズンドリンクも手軽に楽しめます。

ミル機能ではコーヒー豆を挽いたり、ふりかけを作ったり、乾燥食材の粉砕や離乳食のような液状食材まで幅広く対応可能。さまざまなレシピが作れる、大容量でお手頃なおすすめのミルミキサーです。

ビタントニオ(Vitantonio) マイボトルブレンダー VBL-300

個性的なデザインのミルミキサー。600mlの容量がありながら、幅と奥行が約12cmとスリムなので収納も容易です。ボトルの素材は軽くて丈夫なトライタン製で、本体とブレードを合わせても約970gと軽量化を実現しています。

使用方法は簡単で、食材をボトルに入れて本体を上から押すだけ。ジュースが完成したら、ブレードを外して専用のドリンク用アタッチメント取り付ければそのままボトルとして使えて便利です。ミル用ボトルには専用の小さな穴が開いたフタを装着でき、ふりかけを作っても容器を入れ替えることなくそのまま使えます。

欧州製の雰囲気があるおしゃれなデザインのミルミキサーですが、国産メーカーなのでサポートも安心でおすすめです。

ビタントニオ(Vitantonio) マイボトルブレンダー ミル付 VBL-500

シンプルで使いやすいミルミキサー。スムージーなどのドリンクを、作ったボトルにキャップをはめればそのまま持ち歩けます。スムージーやジュースなどを毎日の習慣に取り入れたい方におすすめ。ボトルの容量は500mLなので、外出時に持って行くのにも十分なサイズです。

260Wのハイパワーを誇り、氷も使用できます。ミルはウェットとドライ両方の食材に対応しているので、コーヒー豆やふりかけ、ドレッシングなど幅広く調理可能。コンパクトで場所も取らないため、手軽に使えるおすすめのミルミキサーです。

タイガー魔法瓶(TIGER) ミルつきミキサー SKS-G700-V

250Wのハイパワーで、波型のチタンコートされた6枚刃が特徴のミルミキサー。食材をすばやく処理できるので、調理時間を短縮できます。また、700mlの大容量なので、3~4人分のジュースを一度に作れるのも魅力です。

食材によっては、ミルミキサーを使用中に中で空回りする場合もありますが、付属の「スムージースティック」を使えば、ボトルのフタを開けずに中の食材を混ぜられます。

ミキサーボトル以外にミルカップとお茶ミルカップも付属。離乳食や粉末緑茶など、さまざまなレシピに対応できます。本体からはボトル・ブレード・パッキンが取り外せるので、水洗いも簡単。お手入れがラクで毎日清潔に使い続けられるミルミキサーです。

山善(YAMAZEN) ミルミキサー YMB-400

3000円以下の低価格で、ミキサーの容量が400mlと一人暮らしにおすすめのミルミキサー。サイズも直径約10cm、高さ約30cmとコンパクトで収納にも困りません。

低価格ですがブレードはチタンコートされていて、耐久性も高いのが特徴。本体から取り外して水洗いできるので、お手入れも簡単で気軽に使用できます。

ミキサーとミルのアタッチメントが付属していて、ジュースやスムージー、粉末茶など健康志向の方なら大活躍できるモデル。初めてミルミキサーを購入する方にもおすすめです。