ミルとミキサーの両方の機能が使える便利家電「ミルミキサー」。自家製のオリジナルふりかけや健康的なスムージーを作るなど、1台2役で調理の幅が広がります。

そこで今回は、調理で活躍するミルミキサーの選び方とおすすめの製品をご紹介。1台あると何かと重宝する調理家電なので、この機会にぜひ検討してみてください。

ミルミキサーとは?

By: rakuten.co.jp

ミルミキサーとは、「ミキサー」と「ミル」両方の機能を併せ持った調理家電のことです。固形の食材と液体をかくはんして液状にする働きを持つのがミキサーで、野菜や果物を使ったスムージーや冷製スープなどが手軽に調理できます。

ミルとしての機能を使えば、コーヒー豆・煮干し・鰹節などの小さくて硬い固形の食材を細かく粉砕が可能。コーヒー豆を挽いたり、ふりかけを作ったりできます。

さらに、専用のアタッチメントを使用することで、粉茶やペーストなども短時間で用意できるのも魅力。普段の調理ではミキサーとして、ふりかけや離乳食を作るときはミルとして使い分けられるので、ミルミキサーが1台あると調理の幅がより広がります。

ミルミキサーとフードプロセッサーの違い

By: rakuten.co.jp

ミルミキサーと似た調理器具に「フードプロセッサー」があります。フードプロセッサーとは、料理の下ごしらえでおろす・刻む・する・混ぜるなどの動作を行える調理器具のことです。

ミルミキサーは、乾燥食材やコーヒー豆など、小さくて固い食材を粉砕しやすいのが特徴。一般的なミキサーのようにジュースなどの液体を作れることはもちろん、かつお節やふりかけなども簡単に作れます。

一方でフードプロセッサーは、肉や野菜などの比較的大きな固体を細かくすることが得意です。ミルミキサーのように、液状にしたり粉末状にしたりすることは得意でないので、用途に合わせて選択しましょう。

ミルミキサーの選び方

容量で選ぶ

By: rakuten.co.jp

ミルミキサーでスムージーやジュースを作る際は、1人分400mlが目安です。葉物野菜や果物をミキサーにかける場合は、やや多めが適量になります。なお、大容量のミルミキサーはサイズも大きいので注意が必要。設置場所や収納スペースが限られている場合は小型のモデルを選び、複数回に分けて使用するのもおすすめです。

パワーで選ぶ

By: rakuten.co.jp

ミルミキサーのパワーは消費電力で確認可能。50W程度のモノから500W以上のモノまで、さまざまな製品がラインナップされています。200Wのハイパワーのモノであれば、短時間でジュースやスムージーが作れるため忙しい朝に重宝します。

なお、ハイパワーなモデルほど価格も高くなるので注意が必要。予算もしっかりと考慮したうえで選んでみてください。

用途にあった機能を選ぶ

コーヒー豆の粉砕やふりかけ作りは基本の「ドライミル」機能をチェック

By: rakuten.co.jp

コーヒー豆を細かく挽いたり、煮干しや鰹節を砕いてふりかけを作ったりする場合には「ドライミル」機能を使用します。どのミルミキサーにも搭載されている基本のミル機能で、付属するミルカップの中に食材を入れてかくはんをスタートするだけで、固形の食材をより小さく細かく粉砕できます。

ただし、ドライミル機能は食材を粉状になるまで粉砕したり、水分を含む食材からペーストを作ったりする用途には向きません。あくまで水気のない乾物を小さく粉砕する際に使用するのがおすすめです。

粉茶には専用のアタッチメントつきがおすすめ

By: rakuten.co.jp

茶葉をさらに細かく砕いて粉状にした粉茶を作りたい場合には、専用のアタッチメントや機能を搭載するミルミキサーがおすすめです。通常のドライミル機能では茶葉を粉末になるまで細かく粉砕できないため、粉茶を作るのに特化した器具が別途必要になります。

また、お茶用のカップが付属していても、茶葉の粉末化に対応できる専用のカッターや粉砕モードがないと粉茶は作れないので注意。ミルミキサーを使って自宅で粉茶を作りたい場合は、専用アタッチメント・対応カッター・粉茶モードを全て備えているモデルを選びましょう。

離乳食やスープを作るなら「ウェットミル」機能をチェック

By: rakuten.co.jp

ペーストを作りたい場合には、「ウェットミル」機能を搭載するミルミキサーがおすすめです。肉や野菜などの水分を含んだ固形の食材も細かく粉砕できるようになるので、レバーペースト・ドレッシング・スープの下ごしらえのほか、離乳食を調理する際にも重宝します。

ただし、通常のミルミキサーは特に記載がないかぎりドライミル専用のモノが主なので、ウェットミル機能も活用したい場合は注意が必要。ドライミル機能では水気のある食材の粉砕には対応できないため、必ずウェットミルに対応するかどうかを確認しましょう。

お手入れのしやすさで選ぶ

ミルミキサーは洗いやすいかどうかも重要。長く清潔に使うためにも、お手入れしやすい製品を選ぶのがおすすめです。特にミルミキサーのボトル部分が取り外せるタイプは、丸ごと水洗いができるので便利。お手入れが面倒だと使う頻度が下がる場合も考えられるため、しっかりと確認しておきましょう。

ミルミキサーのおすすめメーカー

イワタニ(Iwatani)

By: rakuten.co.jp

イワタニは「ミルサー」という、ミキサーに近い機能を併せ持つミルを製造しています。ミルサーはステンレス製のプロペラを高速回転させることで、乾燥食品を粉末状に加工するのが特徴です。果物や野菜を水分と一緒に投入することで、ジュースやペースト、スープなどを作れます。

また、サイズの小さいモデルが多いのも特徴のひとつ。コンパクトで使い勝手のよいミルミキサーを探している方はチェックしてみてください。

テスコム(TESCOM)

By: rakuten.co.jp

テスコムは「ミル&ミキサー」の名称でミルミキサーを展開しており、コンパクトな設計を採用しているのが特徴。大容量モデルでもボトルを逆さまにして収納でき、電源コードもクイックコードバンドですっきりまとめられるので、キッチンスペースを有効に活用できます。

操作性がシンプルでわかりやすいのもポイント。かくはんや粉砕は1つのボタンやダイヤルだけで操作でき、手元を見なくても簡単に扱えるため、ミキサーを使用するのが初めての方にもおすすめです。

コイズミ(KOIZUMI)

By: rakuten.co.jp

コイズミのミルミキサーは、デザイン性や機能性のバランスに優れているのが特徴。比較的リーズナブルな価格で、ミルミキサーのエントリー機としてもおすすめです。

また、ミル機能が乾燥食材だけでなく、水分量の多い食材に対応しているのもポイント。コストパフォーマンスに優れた1台を探している方は、ぜひチェックしてみてください。

ミルミキサーのおすすめモデル

イワタニ(Iwatani) サイレントミルサー IFM-S30G

食材を静かに粉砕できるコンパクト設計のミルミキサーです。小型ながら硬いナッツ類も砕く強い粉砕力を持つ4枚刃カッターを搭載。ドライミルとウェットミルの両方に対応しているため、ふりかけやドライケーキのトッピングのほか、離乳食などのペーストも調理できます。

動作時の静音性が高いのも特徴。騒音レベルは約55dBで、換気扇やクーラーの室外機と同じくらいなので、集合住宅で早朝や深夜に使用する場合にも音漏れを気にせず使えます。

また、ガラス容器をセットした後にカバーをかけないと作動しないカバースイッチ方式を採用。小さな子供がいる家庭でも安心して使えます。

イワタニ(Iwatani) クラッシュミルサー IFM-C20G

小型デザインながら多彩なミル機能を備えたミルミキサーです。ドライミルとウェットミルに加えて、付属の小容器を使うことで乾燥食品をパウダー状に加工できるのが特徴。粉茶・粉だし・きな粉・ふりかけなどを自宅で作る場合にもおすすめです。

強力な粉砕力を持つ4枚刃カッターは氷・冷凍食品・ナッツ類も粉砕が可能。小型のミキサーとしてスムージーやフローズンドリンクも作れます。

一人暮らしの方でも使いやすい260ccと75ccのガラス容器が同梱。粉砕した液状の食材を入れたままレンジで加熱できるほか、カッター台と一緒に煮沸消毒も可能なのでお手入れも簡単に行えます。

イワタニ(Iwatani) フレッシュミルサー IFM-FR10-R

手頃な価格でミル機能が使用できるミルミキサーです。安いエントリーモデルのミキサーですが、ドライミル機能に対応するミル容器が付属するのが特徴。自家製ふりかけはもちろん、パウダー粉砕で粉茶や手作り粉末だしなども手軽に作れます。

容器の素材は軽く扱いやすいプラスチック製で、容量はミキサー容器が420cc、ミル容器が75cc。ミキサー容器では1〜2人分のスムージーを作るのに重宝します。

容器とカッターが分離式で細かな箇所までしっかり洗えるのもポイント。また、カッターのエッジは刃をつぶして丸く加工しているので、指を傷つけず安全にお手入れできるのも魅力です。

テスコム(TESCOM) ミル&ミキサー Pure Natura TML162

ウェットとドライ両方のミル機能に対応するコンパクトなミルミキサーです。乾物の粉砕はもちろん、離乳食やドレッシングも調理が可能。ミル容器の容量は75mlで、蓋が付属するため、粉砕した食材を容器に入れたまま冷蔵庫などで保存もできます。

茶葉専用のカップ容器を使えば粉茶の用意も可能。加えて、1〜2人分のスムージーを作るのに重宝する400mlのミキサー容器も付属します。波刃チタンカッターは鋭い切れ味で氷も粉砕できるため、フローズンドリンクの調理にもおすすめです。

高機能モーター保護装置の搭載もポイント。連続使用でモーターが高温になると自動で運転を停止するので、過熱による故障を未然に防げます。

テスコム(TESCOM) ミル&ミキサー Pure Natura TM8300

大容量ながらコンパクトに収納できるミルミキサーです。1000mlのミキサーボトルと200mlのミルボトルは、容器を逆さにすることで小さくまとめて収納が可能。電源コードもクイックコードバンドですっきりできるため、収納スペースを広く取れないキッチンにもおすすめです。

240Wのハイパワーで冷蔵庫の角氷も砕ける大型の波刃チタンカッターを搭載。ドライミルとウェットミルの両方に対応しているため、だし用の粉末から離乳食まで幅広いメニューが作れます。

1つのダイヤルスイッチだけでかくはんや粉砕の操作ができるのも魅力。シンプル設計なので初めての方でも簡単に扱えます。

コイズミ(KOIZUMI) ミルミキサー KMZ-0401

コイズミ(KOIZUMI) ミルミキサー KMZ-0401

コンパクトボディに多機能を備えた3WAYタイプのミルミキサーです。1〜2人分にちょうどいい400mlのミキサー容器が付属し、ジュースからスープまで1台で調理が可能。本体の価格も安いので、一人暮らしで手軽に入手できるミキサーを探している方にもおすすめです。

75mlのミル容器も同梱。ドライミルとウェットミルの両方に対応するため、ふりかけからマヨネーズまで多彩なメニューが作れます。さらに、お茶すり機能も搭載しており、付属のステンレスお茶すり器を使えばお茶の粉末化も可能。ミキサーで作れる料理を収録したレシピブックが付属するのも魅力です。

コイズミ(KOIZUMI) ミルミキサー KMZ-0800

優れたコスパでファミリー層に人気のあるミルミキサーです。コンパクトデザインながら3〜4人分にほどよい800mlの大容量ミキサー容器が付属。鋭い切れ味ながら食材を滑らかにかくはんできるチタンコーティングカッターを備えているので、舌触りのよいジュースやスープが作れます。

容器は傷のつきにくいガラス製で、ミキサー容器には残量がわかりやすい目盛りがついているのも特徴。また、ウェットとドライ両方のミル機能に対応するミル専用のガラス容器も同梱します。電源コードを本体内のポケットに収納できるので置き場所に困らないのも魅力です。

山善(YAMAZEN) ミルミキサー YMB-401

コンパクトサイズのミルミキサーです。ドライミル機能とパウダー加工に対応する75mlのミル容器が付属。自家製ふりかけやきな粉も作れるほか、同梱のキャップを被せれば粉砕した食材をそのまま保存も可能です。

1〜2分のスムージーを作るのに適した400mlのミキサー容器も付属。ミキサーもミルも共に丈夫で長持ちするチタンコートカッターを備えています。また、操作ボタンは1つだけなのでシンプルに扱えるのも特徴です。

各パーツは細かく分解できるのでお手洗いも簡単。容器を含めて高さ29.5cmの小型デザインなのでコンパクトに収納できるのもポイントです。

山善(YAMAZEN) ミルミキサー MR-280

低価格ながら1台で3役をこなせるミルミキサーです。400mlのミキサー容器と75mlのミル容器に加えて、3gのお茶挽きが同梱するのが特徴。ジュース・ふりかけ・粉茶などが手軽に作れるので、調理の幅を広げたい一人暮らしの方にもおすすめです。

食材を入れたら正面のスイッチを押すだけと簡単なのもポイント。シンプルでわかりやすいため、ミキサーが初めての方でも簡単に使用できます。

電源コードは本体下部の溝に巻きつけて収納が可能。1分間使用した後は30分のクールタイムが必要ですが、過熱による故障を防ぐ温度スイッチとセーフティースイッチを備えているので安全に使えます。

ティファール(T-fal) ミックスアンドドリンク ネオ BL13C5JP

コンパクトながらパワフルな粉砕力を持つミルミキサーです。容器を含めた高さは31.5cmと小さめですが、消費電力が300Wとハイパワーなのが特徴。氷も砕ける「アイスクラッシュ機能」を搭載するのでフローズンドリンクを作りたい方にもおすすめです。

独自の4枚刃チタンカッター「Powelix lifeブレード」を採用しており、優れた耐久性を持つのもポイント。また、2段階のロックシステムを備えているので、子供のいたずらを防げるのも魅力です。

容量600mlのミキサーボトルと、コーヒー豆も挽ける200mlのミルカップが付属。プラスチック製のため軽量でお手入れも簡単にできます。

ティファール(T-fal) クリックアンドテイスト BL1431JP

使いやすさを追求したミルミキサーです。つけかえがワンタッチで可能な独自設計のアタッチメント容器を採用。装着が完了するとカチッと音が鳴り、正しく装着されていないと作動しないため、初めての方でも安全に使用できます。

ミキサー・ミル・ティーミルと3種類の容器が同梱。スムージー以外にも、コーヒー豆やスパイスのドライミルから粉茶まで多彩なメニューが作れます。各容器はチタンカッターを取り外せるほか、食洗機にも対応するのでお手入れが簡単なのも魅力です。

氷も砕ける200Wのハイパワーながら高さ33.5cmとコンパクトなのもポイント。キッチンスペースへの収納も簡単に行えます。

パナソニック(Panasonic) ファイバーミキサー MX-X501

食感まで楽しめる「噛めるスムージー」が作れるミルミキサーです。のこぎり状の大型刃で野菜や果物の繊維質も細かくかくはんできる「ブラックハードチタンコートファイバーカッター」を搭載。255Wのハイパワーで氷も粉砕できます。

1000mlミキサー容器の上部に「アレンジホール」を備えているのがポイント。かくはんの途中で食材を追加する際、蓋を開ける必要がないので液垂れの心配がなく、食感を残したスムージーが手軽に作れます。

付属のミル容器を取りつければドライとウェット両方のミル機能も使用可能。ふりかけやきな粉のほか、マヨネーズやペーストも作れます。粉砕した食材の保存に重宝する蓋が付属するのも魅力です。

パナソニック(Panasonic) ファイバーミキサー MX-X701

便利なアタッチメントが充実した人気のミルミキサーです。1000mlのミキサー容器と200mlのミル容器に加えて、400mlのタンブラーミキサー容器も付属するのが特徴。1人分のスムージーなど少量のかくはんを行う際にも小回りが効くのが魅力です。

繊維質や氷を細かく切削できる「ブラックハードチタンコートファイバーカッター」も搭載。ミキサー容器の上部にある「アレンジホール」を活用してかくはんの途中に食材を追加すれば、食感を残した噛めるスムージーも手軽に作れます。

付属の「スムージーバー」を使えば刃が空回りしやすい葉野菜も簡単にかくはん可能。ミル容器につけかえれば、ドライミルとウェットミルの両機能も使用できます。

タイガー魔法瓶(TIGER) ミルつきミキサー SKS-G700

葉物たっぷりの濃いスムージーも滑らかに仕上げられるミルミキサーです。浮きやすく空回りしやすい葉野菜も蓋を開けずにかき混ぜられる「スムージースティック」が付属。かくはん後の食材を取り出す際にも重宝します。

チタンコートを施した6枚刃波形カッターとミキサー容器内側にある5本のリブで食材を効率的にかくはんできるのも特徴。加えて、2か所のロックを解除しないと運転しない安全構造を採用しているのもポイントです。

ドライとウェット両方に対応する「強力ミル機能」も搭載。ふりかけやペーストはもちろん、専用のお茶ミルカップを使えば緑茶の栄養を丸ごと摂取できる粉茶も簡単に作れます。

シロカ(siroca) ミル付きミキサー SJM-180G

低価格ながら氷も丸ごと砕けるパワフルなミルミキサーです。250Wの高出力でチタンカッターを高速回転できるのが特徴。凍らせたフルーツも粉々に砕けるので、スムージー以外にもシェイクやシャーベットなども手軽に作れます。

傷や臭いがつきにくいガラス製のミキサー容器は容量800mlと大容量。上部のセンターキャップは脱着可能なため、材料を後入れする場合にも重宝します。また、カッターも取り外せるのでお手入れも簡単に可能です。

ドライミルとウェットミルの両方に対応するミル容器も付属。ふりかけ作りやコーヒー豆を挽くのはもちろん、少量の離乳食を作るのにもおすすめです。

フカイ工業(FUKAI) チタンミル&ミキサー FJM-704

鋭い切れ味のカッターを搭載するコスパ良好のミルミキサーです。ミキサー容器には氷も砕ける丈夫でパワフルなチタンコートカッターを採用。ミル容器のカッターにも同様のチタンコートが施されているので、お茶・昆布・小魚などが簡単に粉末化できます。

ミキサー容器の容量は750mlで、2〜3人分のスムージーを作るのにおすすめ。ミル容器も250mlと容量に余裕があるため、ふりかけや粉茶もまとまった量を一度に作れます。

シンプルな操作性もポイント。選べる動作は刃を回転し続ける通常モードと、ダイヤルを回している間だけ刃を回転するフラッシュモードの2種類だけなので、初めての方も簡単に扱えます。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ミル付きミキサー IJM-M800-W

シンプルで使いやすいミルミキサーです。本体中央のダイヤルだけで簡単に操作できるのが特徴。低速と高速の2段階でかくはん速度が選べるほか、ダイヤルを回している間だけ刃が回転するフラッシュ機能にも対応するため用途に合わせて使い分けが可能です。

ガラス製の800mlミキサー容器が付属。容器には目盛りがついているので残量も一目で確認できます。ドライとウェットのミル機能も使えるため、お手製ふりかけやドレッシングなどの調理にもおすすめです。

高さ約33cmとコンパクトながら消費電力が200Wと高出力なのもポイント。容器やチタンカッターは取り外して水洗いもできます。手頃な価格も魅力です。

番外編|ミルミキサーを使ったレシピ

えびふりかけ

By: koizumiseiki.jp

ご飯のおかずがなくなったときや、子供のお弁当作りをするときなどに活躍するのが「ふりかけ」です。ミルミキサーを使えば、えびやわかめなどの小さな食材を粉末状にカットできます。

えびふりかけを作るには、まずちりめんじゃこ・桜えび・ごまを用意。電子レンジやフライパンなどでそれぞれの水気を飛ばし、ミルミキサーに投入します。さらに、乾燥わかめを加えて、10~15秒かくはんすることで完成です。

マヨネーズ

By: koizumiseiki.jp

ブロッコリーなどの野菜へ直接かけたり、ポテトサラダを作るときの調味料として使ったりするときに役立つのが「マヨネーズ」。卵黄・練りからしなどが自宅にあれば、ミルミキサーを使って簡単に作れます。

まず、卵黄・砂糖・塩・酢・練りからし・レモン汁を投入し、1人分の場合でサラダ油を大さじ1杯加えましょう。約5秒間かくはんした後、さらにサラダ油を大さじ2杯追加し、約30秒間かくはんします。

その後、もう一度サラダ油を大さじ2杯加えて、約30秒間かくはん。終わったらまたサラダ油を追加し、約20秒間かくはんして完成です。加える調味料を変化させることで、オリジナルのマヨネーズを作れます。

バナナジュース

By: koizumiseiki.jp

ミルミキサーを使えば、通常のミキサーとしてジュース全般を作ることが可能。なかでもバナナジュースは、スーパーなどで食材を簡単に調達できるので、誰でも気軽に作れるのが魅力です。

まず、バナナに加えてみかんやリンゴなど、好みの食材を用意します。それぞれを一口サイズにカットし、牛乳と缶詰シロップが入ったミキサーへ投入。できるだけ柔らかい素材のモノから順に入れるようにしましょう。後は、ミルミキサーで1~2分間かくはんすれば完成です。

なお、野菜などクセのある食材を入れる際は、レモン汁を追加するとスッキリと味わえます。