デジカメやスマホの普及に伴い、生産数が少なくなった「フィルムカメラ」。ですが、独特のレトロな仕上がりや、カメラ本体のデザインに魅了されている方も数多くいます。

そこで今回は、フィルムカメラの選び方とおすすめモデルをご紹介。一般的なフィルムカメラはもちろん、チェキなどのポラロイドカメラもピックアップしました。お気に入りのフィルムカメラで最高の1枚を撮りましょう。

フィルムカメラとは?

フィルムカメラとは、画像の記録媒体となる感光材に銀塩フィルムを使用するカメラのことです。カメラで撮影する際は、レンズから通した光を感光材に当てることにより、被写体の色や形を画像として記録します。デジタルカメラに比べて、フィルム特有の郷愁を感じさせるような優しい色合いや粒状感のある写真を楽しめるのが魅力です。

ただし、フィルムカメラで撮影して写真にするには、現像とプリントという2つの工程が必要。どちらも街の写真店や家電量販店の窓口で依頼できるので、初心者でも気軽にフィルムカメラの魅力を楽しめます。

また、最近では現像した写真をデータ化できたり、スマホに転送したりできるサービスも行われています。気になる方は併せてチェックしてみましょう。

フィルムカメラの種類

一眼レフカメラ

By: amazon.co.jp

一眼レフカメラはレンズ交換によって、多彩な写真表現を楽しめるフィルムカメラです。使えるレンズのラインナップも充実しており、広角から望遠まで幅広い焦点距離のレンズはもちろん、マクロや魚眼などの特殊なレンズも含めて、多くの種類が用意されています。また、光学ファインダーを使ってレンズを通した光景を見ながら構図作りができるので、じっくりと撮影に没頭できるのも魅力です。

一眼レフカメラには、露出・ピント合わせ・フィルムの巻き上げなどの手順を自動で行えるオート一眼レフと、すべてを手動で行えるマニュアル一眼レフの2種類があります。マニュアル一眼レフはある程度の慣れが必要ですが、カメラの操作を通じて撮影という行為そのものを楽しめるのが魅力です。

使い心地は現在市販されているデジタル一眼レフカメラと似ているので、初心者でも練習を重ねれば十分に使いこなせます。フィルムの味わいを楽しみつつ本格的な撮影に打ち込みたい方向きのモデルです。

コンパクトカメラ

By: rakuten.co.jp

コンパクトカメラは小型軽量なボディとシンプルな操作性が特徴のフィルムカメラです。バッグやポケットの中に簡単に収納できるので、持ち運びも楽々。思い立ったときにサッと取り出して撮影できるので、スナップ撮影や家族写真の撮影に重します。

一方、レンズ交換や細かな設定変更ができないのは懸念点。一眼レフカメラやレンジファインダーカメラと比べて表現の自由度は落ちてしまいます。ただ、画質や機能が絞られている分、ほぼシャッターボタンを押すだけで写真が撮れるので、カメラの操作に不慣れな初心者でも手軽にフィルム写真の魅力を味わえるのは魅力です。

レンジファインダーカメラ

レンジファインダーカメラは、レンズ交換ができる小型軽量なフィルムカメラです。高級な機種が多いことでも有名ですが、使えるレンズの種類は一眼レフカメラほど多くありません。構造上の仕様で最短70cmほどしか寄れないため、マクロ撮影はできず、135mmを超える望遠域の撮影も苦手としています。

しかし、小型軽量ボディを生かしたスナップ撮影は秀逸。ピント合わせはマニュアルフォーカスで行うほか、カメラ内蔵の距離計も使う行うので操作は玄人向けですが、一眼レフカメラと違って写真に写らない範囲もファインダーで確認することができます。ブラックアウトもしないのもポイント。目で見たままの光景を瞬間的に切り取るのに向いています。

中判カメラ

中判カメラは35mmフィルムよりも大きな撮像面積をもつ、120フィルムや220フィルムなどを使用するフィルムカメラです。フィルムの縦幅は6cmと固定されますが、横幅は4.5〜12cmまでさまざまで、Instagramのように正方形で撮れるサイズもあります。また、35mmフィルムと比べて1度に撮影できる枚数が少ないのも特徴です。

35mmカメラと比べると大きく重さがあり、扱いもやや複雑になるのが難点。しかし、より大きなボケ味と美しく豊かな階調で撮影できるのが特徴で、風景を撮影する際に重宝されています。

大判カメラ

大判カメラは4×5インチの撮像面積をもつ、大判のシートフィルムを使用するフィルムカメラです。35mmフィルムより15倍以上も大きいフィルムを使用するので取り込める光の情報量が非常に多く、フィルムカメラで最高峰の高画質と大画面の画像が得られます。

また、レンズ部とフィルム部を繋ぐ蛇腹を駆使することで、ピント面の調整や建物の「上すぼまり」が修正可能なアオリ撮影や、撮影倍率を自由に調整したマクロ撮影ができるのも特徴。ただし、サイズとしては大きく重いため、持ち運びにストレスを感じる場合があります。その点は留意しておきましょう。

インスタントカメラ

By: amazon.co.jp

インスタントカメラは、撮影後に自動で現像される写真フィルムを使ったカメラ。ほかのタイプのカメラに比べて機能はシンプルですが、撮影してすぐに仕上がりを確認できるのがメリットです。

なかでも、インスタントカメラを世界で初めて実用化したポラロイド社の製品や、富士フィルムのinstaxシリーズが人気。最近はフィルムにそのまま印刷するだけでなく、結果をモニターで確認しながらmicroSDカードなどに記録できるモデルも登場しています。

フィルムカメラの選び方

ピントの合わせ方をチェック

フィルムカメラでのピント合わせには、AF(オートフォーカス)とMF(マニュアルフォーカス)の2種類があります。AFはシャッターボタンを半押しするだけで、AFポイントに重なる被写体にピントが合う方式です。フィルムカメラにおいては現行のデジタルカメラほどの精度はありませんが、素早くピント合わせができるので手軽に撮影したい場合に最適です。

一方、MFはレンズに搭載されたピントリングを回転させつつピント位置を調整することで、ピント合わせを行います。AFと比べてやや時間はかかりますが、じっくりとピントの精度を合わせたい場合に最適です。

露出方式をチェック

マニュアル露出

By: leica-camera.com

カメラは、フィルム(デジタルカメラの場合はイメージセンサー)に光を当てることによって写真を撮影します。したがって、フィルムに当たる光の総量(露出)が写真の質に大きく影響するのがポイント。光の総量は単位時間にレンズを通る量と、光を当てる時間、そしてフィルムのISO感度という3つの要素の組み合わせによって決まります。

光の量はレンズの「絞り」によって、そして時間は「シャッター速度」によって調節。絞りとシャッター速度をユーザーが自ら設定するのがマニュアル露出です。一般には、写真を撮り慣れた上級者向けの露出方式と考えられています。

背景の明るさに左右されてしまう他の露出方式と異なり、意図した露出で被写体を撮影できるのがメリット。夜間撮影や屋内でのポートレート撮影の際に便利です。

絞り優先AE

ユーザーが絞りを決定すると、カメラが最適なシャッター速度を自動的に選択するのが「絞り優先AE」。絞りはレンズのF値で表され、F値が小さいほどレンズを通る光の量が多くなり、より速いシャッター速度で撮影できます。

絞りが大きく影響を与えるのが「被写界深度」。被写界深度とは、ピントが合ったように見える範囲です。レンズを開けてF値を小さくすると、ピントが合う範囲が狭くなります。絞りを決めることによって、ボケ具合をコントロールできる絞り優先AEは、ポートレートや小物の撮影などに便利です。

シャッター優先AE

シャッター速度を手動で決め、適した絞りをカメラが自動で決定するのが「シャッター優先AE」。動く被写体を撮影したい時に適しています。

シャッター速度を速くすると、肉眼では見えない滝の水しぶきなどを写し止めることが可能。逆に、遅いシャッター速度を用いて、夜間の高速道路におけるクルマのヘッドライトの光跡なども撮影できます。動きを表現するのに適した露出方式です。

プログラムAE

「プログラムAE」は、絞りとシャッター速度をカメラが自動で決定する露出方式。そのため、ユーザーは難しい設定を行う必要はなく、ピントを合わせてシャッターを押すだけで撮影できるのがメリットです。

街歩きしながらのスナップ写真など、出会い頭のシャッターチャンスを逃したくない時に便利。また、夜間撮影のように露出設定が難しい場合も、失敗が少なくなるのが利点です。

露出計の有無をチェック

By: leica-camera.com

光の量を計測するという重量な役割を果たすのが露出計です。露出計単体で使うタイプもありますが、現在の35mmカメラのほとんどは露出計を内蔵。カメラ内蔵型露出計は、レンズを通った光を計測するのでTTL(Though The Lens)露出計と呼ばれます。

TTL露出計には、さまざまな測光方式があるのがポイントです。画面の広い領域の明るさを計測するのが多分割測光。ほぼ画面全体の明るさを測るため、ほとんどの状況下で適切に露出できて便利です。中央重点測光は、主として構図の中央部の光の量を測ります。スポット測光は画面中央部の、より狭い範囲を測光する方式です。

カメラの中には、複数の測光方式を搭載したモデルもあります。カメラ選びの際は、対応している測光方式も併せてチェックしておきましょう。

フィルムカメラのおすすめメーカー

ニコン(Nikon)

By: amazon.co.jp

1917年に光学兵器のメーカーとして設立。創業当初は、望遠鏡などに用いられるレンズの開発を行っていました。ニコンのカメラは、現実に忠実な色合いの再現を得意としており、明暗の写りが美しいことでも有名です。そのため、一般的には風景の撮影に向いているカメラとして定評があります。

さらに、元々軍事系の機材を取り扱っていたということもあり、品質が高く頑丈で壊れにくいカメラとして人気。フィルムカメラ全盛期、プロ向けと世間から認知されていたこともあり、人気のメーカーです。

ライカ(LEICA)

By: amazon.co.jp

ライカはドイツのカメラブランド。起源は1869年設立された光学機器メーカー「エルンスト・ライツ」で、映画カメラを試作していた技術者オスカー・バルナックがスチルカメラを開発したのが始まりとされています。1925年には市販一号機・ライカI型を発売。1954年に発売されたライカM3は、登場時からM型の最高傑作と評されています。

主力はレンジファインダーカメラ。高い品質と描画力、そして機動力の高さが魅力です。そのため、プロカメラマンやハイアマチュアの愛好家が多く、スナップ写真撮影用として使用しています。また、無駄な装飾を排した、洗練された機能美も特徴。長く愛用できるカメラを探している方におすすめです。

フィルムカメラのおすすめ人気モデル

ニコン(Nikon) 35mmフィルム一眼レフカメラ F6 ボディ

ニコン(Nikon) 35mmフィルム一眼レフカメラ F6 ボディ

世界の報道カメラマンに愛用されてきた、ニコン最高峰Fシリーズのモデルです。3次元シミュレーションを重ねて開発された駆動系メカニズムは、効率性が飛躍的に向上。約5.5コマ/秒の高速連続撮影や約7秒の高速フィルム巻き戻しなど高速化が図られています。

高性能なAFセンサー「マルチCAM2000」を搭載。検知能力が高い9つのクロスセンサーと含めた11点のフォーカスエリアが、広い範囲をカバーして被写体を確実に捕捉することにより、ピントが大きく外れた状態からでも迅速にピントを合わせられます。

マグネシウム合金とアルミニウム合金を併用した、軽量かつ堅牢なメタルボディ。接合部はOリングなどによって厳重なシーリングが施され、防滴防塵は良好。また、-20℃~+50℃という広い温度範囲で使用できる点もメリットです。

ライカ(LEICA) LEICA MP 0.72 35mmレンジファインダーカメラ ボディ

ライカ(LEICA) LEICA MP 0.72 35mmレンジファインダーカメラ ボディ

1954年に発売され、名機と称されたM3譲りのクラシックデザインを受け継いだレンジファインダーカメラ。シャッタースピードと絞りを手動で設定するマニュアル機で、TTL露出計を内蔵しており、中央部分測光によって精度の高い測光ができます。

メカニカル制御式シャッターのシャッター速度は、1/1000~1秒。極めて静かな動作音も魅力です。B(バルブ)撮影に対応しており、長時間露出撮影もできます。

レンズマウントはMマウントに対応。ライカMレンズ21~135mmを装着できます。本体サイズは幅138×奥行38×高さ77mmとコンパクトですが、バッテリー込みの重量は約600gと重め。まさに一生モノの高品位カメラです。

ライカ(LEICA) M-A TYP127 35mmレンジファインダーカメラ

ライカ(LEICA) M-A TYP127 35mmレンジファインダーカメラ

電気を一切使わない機械式のカメラ。露出計を搭載していないため、単体の露出計を利用するか、撮影者の感覚と経験だけで光の具合を判断しなければならないのが、使用する際の注意点です。

露出方式は、もちろんマニュアル露出オンリー。絞りとシャッター速度は自分で設定します。ライカMバヨネットマウント方式を採用しており、焦点距離16~135mmのライカMレンズを利用可能です。シャーシは1つのパーツからなるライカ職人手作りのフルメタル製で堅牢、そして耐久性に優れています。

構図を決めてピントを合わせる、そして絞りとシャッター速度を設定するという写真撮影の本質に集中できるのは魅力。じっくりとカメラと向き合いたい方はぜひチェックしておきましょう。

富士フイルム(FUJIFILM) インスタントカメラ チェキ instax SQUARE SQ20

富士フイルム(FUJIFILM) インスタントカメラ チェキ instax SQUARE SQ20

被写体の動きを表現するさまざまな機能を搭載した高機能モデルです。最大15秒の動画からお気に入りのシーンを選んでプリントできる機能「フレームグラブ」によって動いている被写体でも簡単に撮影することができます。

4分割された画面上に時間差で表示する「時間差撮影」も便利な機能。4枚の写真の背景にあるストーリーを、1枚で組み写真のように表現できます。「残像フィルター」を用いれば、被写体の動きを残像付きでプリント可能。子供やペットなどをしっかりと捉えて、躍動感ある写真で記録できます。

画面サイズ62×62mmのインスタントフィルム「instax SQUARE」に約12秒で印刷可能。約50枚撮影できる内蔵メモリーやmicroSDカードにも記録できるハイブリッド仕様です。レンズは単焦点33.4mm、絞りはF2.4と明るめ。デジカメ並に便利に使えるインスタントカメラです。

富士フイルム(FUJIFILM) インスタントカメラ チェキ instax mini LiPlay

富士フイルム(FUJIFILM) インスタントカメラ チェキ instax mini LiPlay

本体サイズ約幅123×奥行43×高さ83mmとコンパクト、instaxシリーズ最軽量クラスの重量約255gのハイブリッドタイプのインスタントカメラです。

Bluetooth機能を搭載しており、スマホを接続すればリモコンとして利用できます。また、スマホの写真を本製品からプリントアウト可能。データ送信からプリントアウトまで約12秒という速さもメリットです。フル充電しておけば最大約100枚印刷できます。

写真と一緒に録音できるのもポイント。写真のQRコードをスマホにかざせば、音が再生されます。カメラに10種類のフレームを搭載。アプリを使えば合計30種のフレームで写真を加工できます。スマホと連携して、さまざまな使い方ができる楽しいカメラです。

富士フイルム(FUJIFILM) インスタントカメラ チェキ instax mini 70

富士フイルム(FUJIFILM) インスタントカメラ チェキ instax mini 70

自撮りの際に便利な「セルフィーモード」を搭載したインスタントカメラです。自撮りに適した焦点距離や明るさに自動設定されるので、簡単にキレイな写真を撮影できます。また、「セルフショットミラー」を備えているのもポイント。撮影範囲を確認しながら、画角を決められます。

また、フラッシュ機能が充実しているのがメリット。「背景きれいフラッシュ」が周囲の明るさを検知した上で、最適な光量とシャッタースピードを自動で選択することにより、被写体と背景を共にキレイに撮影します。さらに、「弱フラッシュ機能」を搭載。背景をクリアに写します。

そのほかにも、風景写真を撮影する時に便利な「ランドスケープモード」、そしてセルフタイマーなども備えています。さまざまなシーンで、手軽にキレイな写真を撮影できるインスタントカメラです。

ポラロイド(Polaroid) インスタントカメラ OneStep 2

ポラロイド(Polaroid) インスタントカメラ OneStep 2

1977年に発売された初代OneStepカメラを現代風にアレンジした、ポラロイドのインスタントカメラです。レンズは焦点距離106mmのアクリル製単焦点レンズを採用しています。

真空放電管を用いた強力フラッシュおよびセルフタイマーを搭載。フル充電すれば、約20本分のフィルムを撮影可能なリチウムイオンバッテリーを内蔵しているのもポイントです。実用性が高いインスタントカメラを探している方はぜひチェックしておきましょう。

ロモグラフィー(Lomography) Lomo LC-A 120

ロモグラフィー(Lomography) Lomo LC-A 120

中判カメラで用いられる120フィルムを使用する、コンパクトなフィルムカメラです。38mmレンズを採用しており、35mm換算の焦点距離は約21mm。超広角で撮影できるのがメリットです。焦点を合わせる方式は、4段階のゾーンフォーカスを採用しています。

自動露出に対応しており、絞りはF4.5〜16の範囲で自動設定。シャッター速度は最速1/500秒です。シャッター横のMXスイッチをスライドさせるだけで多重露光撮影が可能。幻想的で創造性の高い写真を撮影できます。レリーズやフラッシュ、三脚などのさまざまなアクセサリーを取り付けることも可能です。

ビーハーフ(be-half) MiNT 二眼レフインスタントカメラ InstaxFlex TL70

ビーハーフ(be-half) MiNT 二眼レフインスタントカメラ InstaxFlex TL70

横54mm×縦86mmサイズのインスタントカラーフィルムに対応した二眼レフカメラ。下のレンズがフィルムに光を届けるテイクレンズ、上のレンズがファインダーに像を映し出すビューレンズとなっています。

ファインダーを上から見下ろすスタイルで撮影。そのため、ハイアングル撮影は苦手ですが、威圧感が少ないので、被写体の自然な表情を引き出しやすくポートレート撮影に向いています。ただし、ファインダー像は左右反転するので、初心者の方は注意しましょう。

シャッター速度は1/500秒~1秒。レンズのF値は5.6、最短48cmの距離から撮影できます。自動発光制御機能搭載のフラッシュを内蔵しており、屋内での撮影も簡単。レトロなデザインの二眼レフカメラを手軽に使ってみたい方におすすめのモデルです。

HOLGA 120GCFN

HOLGA 120GCFN

一般的な35mmフィルムに比べて、1コマ当りの面積が約4倍の120フィルムを使用するトイカメラです。レンズは焦点距離60mmで、絞りF8のガラスレンズを使用しています。カラーフィルターを内蔵したフラッシュが付属しているのがポイント。ユニークな写真を撮影できます。

フィルムの装填や巻き上げ、そしてフラッシュ発光など各種操作はすべてマニュアル。レトロなデザインが魅力のフィルムカメラです。