画質に優れたデジタルカメラは人気ですが、レトロで味わい深い写真が撮れる「フィルムカメラ」も魅力的。シャッターや絞り、ピント合わせなどの操作を手動で行い、独特な写真を撮影できるのがポイントです。

しかし、いざ購入するとなると、どの製品を選択してよいか迷ってしまいがち。そこで今回はおすすめのフィルムカメラをご紹介します。選択する際のコツや種類なども解説するので、参考にしてみてください。

フィルムカメラとは?

By: leica-camera.com

カメラ本体にフィルムを入れて写真を撮影する「フィルムカメラ」。人気の高いデジタルカメラが主流となる以前、広く使われていたタイプのカメラです。味わい深い独特な写真が撮影できるので、最近あらたにチャレンジする方も増えています。

フィルムカメラはフィルムに塗られた感材に光を当てて反応させ、画像を化学的に保存。データとして画像を保存するデジタルカメラとは異なり、淡い色合いでノスタルジックな雰囲気のある写真が撮影できます。

フィルムカメラの魅力

By: amazon.co.jp

フィルムカメラの魅力的な点は、レトロで味わいのある写真が撮れること。デジタルカメラはもちろん、高機能なカメラが搭載されたスマホやタブレットでも個性的な画像が記録できますが、フィルムカメラでは独特な雰囲気のある写真が撮影できます。

シャッターはもちろん、ピント合わせや絞りなどの操作を手動で行う機械的な部分も魅力。写真撮影からメンテナンスの手間までを趣味として楽しめます。また、シャッターを切ってからフィルムを現像するまで、画像を確認できない点もフィルムカメラならではのメリットです。

フィルムカメラのファインダーの種類

一眼レフカメラ

By: amazon.co.jp

用途に合わせてレンズを交換できる「一眼レフカメラ」。最もスタンダードなタイプのフィルムカメラとして知られており、初心者でも扱いやすいのがポイントです。交換レンズは、望遠や広角に加えて、マクロや魚眼などのタイプもあります。レンズを変えれば、手軽に雰囲気の異なる写真が撮影できるのが魅力です。

ラインナップが比較的豊富で、レンズやフィルムの種類が多いのもメリット。サイズや重量も、自分に合うモノが選べます。また、設定をすべて手動で行う「マニュアル一眼レフ」と、初めてフィルムカメラを使う方でも設定が簡単な「オート一眼レフ」があるのもポイント。カメラに対する知識や技術に合わせて選択できる点もおすすめです。

レンジファインダーカメラ

By: leica-camera.com

コンパクトで扱いやすいサイズが人気の「レンジファインダーカメラ」。一眼レフカメラのようなミラーが搭載されておらず、シャッター時のショックや音が小さいのが特徴。撮影時にブレにくいメリットもあります。

2つの光軸をファインダーで1つにまとめてピントを合わせるので慣れるまで時間がかかりますが、質の高い写真が撮影できるためおすすめです。

二眼レフカメラ

上下に2つのレンズが搭載されている「二眼レフカメラ」。撮影用とファインダー用にそれぞれのレンズが付いており、正方形の写真が撮影できるのが特徴です。

ファインダーから見る画像と実際の写真にズレが生じるので撮影には慣れが必要ですが、ナチュラルで深い写真が撮影できるメリットがあります。デザインがレトロでおしゃれなのも二眼レフカメラの魅力です。

コンパクトカメラ

By: amazon.co.jp

片手でも持ちやすいサイズの「コンパクトカメラ」は、手軽にフィルムカメラを楽しみたい場合におすすめ。鞄に入れてもかさばりにくく、携帯性にも優れています。「インスタントカメラ」と呼ばれるタイプであれば、コンパクトなだけでなく、設定が不要でシャッターを押すだけで写真撮影ができるモデルがあるのもポイント。扱いやすく初心者にも適しています。

機能面ではほかのタイプが優れていますが、小型ながらフィルムカメラ独特の味わいある写真が撮影可能。リーズナブルな価格の製品が多い点もおすすめです。

フィルムカメラのフィルムサイズの種類

35mmカメラ

「35mmカメラ」とは、最もスタンダードなタイプの35mmフィルムを使用するカメラのこと。初心者からプロフォトグラファーまで幅広い層に使われており、対応するフィルムカメラが多いのがメリットです。

コンパクトなモデルから高性能な大型モデルまで、ラインナップが豊富で好みの製品が選択しやすいのもポイント。キヤノンやニコンをはじめ、ペンタックスやライカなど有名メーカーからも35mmフィルムに対応するカメラが多数発売されています。

中判カメラ

35mmフィルムよりも大きい120フィルムを使用する「中判カメラ」。フィルムの縦幅は6cmのみの1択ですが、横幅は4.5~12cmの間で選択できます。ぼかしの効いた印象的な写真を撮れるのが人気の理由。1度に撮影できる枚数は少なめですが、6×6cmのフィルムを選択すれば、二眼レフカメラのような正方形の写真も撮影できます。

35mmカメラに比べると大型のモデルが多く操作も複雑になりますが、こだわりのある写真が撮りたい方におすすめです。

大判カメラ

撮影面積が大きく、1枚ごとにカットしてあるシートフィルムを使うのが「大判カメラ」。中判カメラで使う120フィルムよりもさらに大きな「4×5フィルム」を使用して写真を撮影します。大型のためフィルム面とレンズ面の位置を調節する「アオリ撮影」が可能。高画質な写真が撮影できるだけでなく、幅広い表現が可能です。

ただし、大判カメラは専門的な操作が必要で価格も高め。35mmカメラや中判カメラからのステップアップを図りたい場合におすすめです。

フィルムカメラの選び方

ピントの合わせ方をチェック

フィルムカメラならではの操作を楽しみたい場合には、マニュアルフォーカス(MF)機能を搭載した製品がおすすめ。多くのフィルムカメラに搭載されているモードで、手動でピントが合わせられます。

また、フィルムカメラの扱いに慣れていない場合や初心者には、オートフォーカス(AF)機能搭載モデルがおすすめ。動いている被写体の撮影はもちろん、シャッターチャンスを逃したくない場合でも、素早く自動でピントを合わせてくれる便利な機能です。

露出方式をチェック

マニュアル露出

シャッタースピードと絞り値の両方を手動で設定するのが「マニュアル露出」タイプのフィルムカメラです。シャッターチャンスに適した設定を素早く行う必要もありますが、凝った写真が撮影できます。

マニュアル露出モードは、多くのフィルムカメラに搭載されており、絞り優先AE・シャッター優先AE・プログラムAEなど、搭載されているモードと切り替えて使用可能。カメラの扱いに慣れた頃、マニュアル露出モードに挑戦するのもおすすめです。

絞り優先AE

絞り値のみを手動で設定できるのが「絞り優先AE」機能搭載のフィルムカメラです。ボケ感を左右する絞り値を決めれば、自動でシャッタースピードを設定してくれるのが特徴。

簡単におしゃれで印象的な写真が撮影できるので、フィルムカメラ初心者にもおすすめです。被写体が止まっている場合や動きの少ないモノを撮影するのに適しています。

シャッター優先AE

シャッタースピードさえ決めれば、自動で絞り値を設定してくれるのが「シャッター優先AE」機能搭載のフィルムカメラです。シャッタースピードを速めると時間が止まったような写真に仕上がり、遅くすると残像の残った写真が撮影できます。

子供やペットなどを被写体とした動きのある写真を撮影する場合にもおすすめ。川の流れや花火などの表現にも優れており、アウトドアシーンに携帯するカメラとしても適しています。

プログラムAE

シャッタースピードや絞りを自動で設定してくれる機能が「プログラムAE」。シャッターを切るだけで、レトロな雰囲気をもつ写真が撮影できるのでフィルムカメラ初心者にもおすすめです。表現力を求める場合には物足りなく感じがちですが、撮影に失敗したくない場合に便利。旅行や家族の行事など、大切な思い出をしっかり残したい場合にも適しています。

印象的な写真を撮影したい方は、プログラムAEモードに加えてマニュアルモードを備えているモデルもおすすめです。

露出計の有無をチェック

フィルムカメラを初めて購入するのであれば、露出計の付いたモデルがおすすめ。キレイな写真を撮影するには、周囲の環境や天候に合わせて光を取り込む量を適切に調節する必要があります。

フィルムカメラの扱いに慣れている方であれば問題ありませんが、初心者の方は取り込むべき光の量を悩みがち。露出計の付いているカメラであれば、ファインダー内で撮影環境に適した設定をガイドしてくれます。撮影に失敗して、真っ白や真っ黒な写真を撮ってしまうミスを回避したい場合には、露出計付きのフィルムカメラがおすすめです。

付属品の有無をチェック

By: amazon.co.jp

フィルムカメラを購入する際は、付属品の有無を確認しておくのも重要なポイント。カメラ本体に加えて、ケースやストラップ、ボディキャップなどが付属しているかチェックしておくのがおすすめです。

また、レンズの場合にはフードやフロントおよびリアキャップ、フィルターなどの付属品確認が必要。特に中古でフィルムカメラを購入する場合には、付属品が欠品している場合があるので注意しましょう。

状態のよいモデルを選ぼう

フィルムカメラは現行で販売されているモデルが少なく、中古品を購入する場合も多くなります。製造されてから時間がたっており、所有していた方の使用頻度も異なるので、同じ品番のカメラであってもコンディションはさまざまです。

購入する際には、なるべく状態のよいモデルを選択するのがおすすめ。販売されているサイトの状態評価を参考にするのはもちろん、店舗自体の評価もチェックしておきましょう。

フィルムカメラのおすすめメーカー

ニコン(Nikon)

1917年に設立された日本の光学機器メーカー「ニコン」。デジタルカメラはもちろん、双眼鏡や望遠鏡、顕微鏡なども製造しています。ニコンのフィルムカメラは、再現力の高さが人気。被写体の色合いを忠実に写真にできるのがポイントです。

明暗のはっきりとした美しい写真が撮れるので、風景撮影用のカメラにも適しています。

ライカ(LEICA)

By: leica-camera.com

世界でも有名な「ライカ」は、ドイツのカメラメーカー。初めて35mmフィルムカメラを製造したことでも有名ですが、1954年に発売された「ライカM3」に代表されるレンジファインダーカメラが高い人気を集めています。

品質な耐久性が高いだけでなく、描画力に優れている点もおすすめ。無駄な装飾のないミニマルなデザインも魅力的です。

富士フイルム(FUJIFILM)

日本の精密化学メーカーである「富士フイルム」。フィルムメーカーとしても有名ですが、実用的なフィルムカメラの製造でも知られています。

中判カメラや大判カメラなど、プロに使用される頻度の高いカメラだけでなく、インスタントカメラも多数製造しているのが特徴。使い捨てカメラとも呼ばれたリーズナブルな価格が魅力の「写ルンです」や、撮影した場ですぐに写真を確認できる「チェキ」など、豊富なラインナップが魅力的なメーカーです。

フィルムカメラのおすすめ人気モデル

ニコン(Nikon) フィルム一眼レフカメラ FM10

表現力に優れたマニュアルフォーカスの一眼レフフィルムカメラです。ピント合わせだけでなく、絞りやシャッタースピードも手動で設定。マニュアルモードでの操作に慣れる必要がありますが、フィルムカメラの扱い方を学びたい方におすすめです。

レンズは「AIズーム35~70mmF3.5~4.8Sレンズ」が標準で付属。ストラップやケースなどの付属品も同梱されています。シャッターには、一瞬を捉えやすいメカニカル制御の「フォーカルプレーンシャッター」を採用。バッテリーと関係なく作動する点もメリットです。

絞込みレバーを押すと、設定した値に絞り込まれて被写体と背景のボケ具合を確認できる「プレビュー機構」も便利。写真を撮る前に描写具合をチェックできるので、イメージに近い撮影が行えます。多重露出レバーを操作すれば、同一のコマ上に異なる映像を重ねることも可能。ユニークな写真が撮りたい場合にも適しています。

ニコン(Nikon) FM3A

一眼レフならではの醍醐味が味わえるフィルムカメラです。機械式と電子式を合わせた「ハイブリッドシャッター」を搭載。バッテリー消耗時にも素早くシャッターを切ることが可能です。

フラッシュ撮影時に適切な発光量に制御する「TTL調光機能」も便利。TTL調光補正ボタンを押しながら撮影を行えば、光量を1段階弱めての撮影も可能です。ニコンのスピードライトを使用する必要はありますが、暗い場所での撮影頻度が多い場合に適しています。

巻き上げレバーと同軸上には、多重露出レバーも配置。1コマに別の画像を重ねられるので、ユニークな写真撮影を楽しめます。ボディ前面にはプレビューレバーも搭載。被写体と周囲の風景のボケ具合が事前に確認できる点もおすすめポイントです。

ニコン(Nikon) F6

精度と耐久性に優れた一眼レフフィルムカメラです。15万回のシャッターテストに耐える精密なシャッターユニットを採用。シャッター羽根には、ケブラー繊維を用いた複合材と軽量なアルミニウム合金が使われているのが特徴です。

シャッター精度は、高速ビデオカメラとコンピューターによって解析されており、8000分の1秒という高速なシャッタースピードでも、高い精度が発揮できます。また、シャッターを切るたびに自動でシャッタースピードをチェックし、誤差を補正してくれる点もメリットです。

AFモードは、フォーカス優先の「シングルAFサーボ」と、シャッター優先の「コンティニュアスAFサーボ」を組み合わせた仕様。撮影環境や被写体に応じたオートフォーカス撮影が行えます。フォーカスしたいエリアは、ボディ背面のマルチセレクターでスピーディに選択可能。被写体に合わせて、計4つのモードを使い分けられます。

ライカ(LEICA) ライカM-A

高い精度を備えた機械式レンジファインダーフィルムカメラです。無駄を省いて写真撮影に必要となる基本的な要素のみを残したシンプルな設計が魅力。液晶モニターや露出計も付いていないので操作に慣れが必要ですが、高度なメカニズムが凝縮されており、フィルムカメラの機能を楽しめます。

機能面だけでなく、無駄な装飾を省いたミニマルなデザインも魅力。クラシカルなスタイルながら、スリムで扱いやすい点もおすすめです。

豊かな階調や陰影の再現性に定評があり、芸術写真やルポルタージュ写真での使用頻度が高い「コダック TRI-X400」が同梱されているのもポイント。ライカのMシリーズに属するフィルムカメラとの相性に優れています。

ライカ(LEICA) ライカM7

ピントが合わせやすく使いやすいレンジファインダーフィルムカメラです。シャッターを半押しすれば露出が固定される「AEロック機能」を搭載。「絞り優先AEモード」も採用されており、撮影に集中しやすいのもポイントです。また、「TTLフラッシュ測光」により、フラッシュ撮影時も適切な露出が得られます。

マニュアルや自動(DXコード)では、フィルム感度の設定が可能。ISO設定不良による露出ミスが予防できるメリットがあります。電源のON/OFFスイッチは、シャッターボタンの横に配置。人間工学に基づいた配置で、押しやすいのがポイントです。

ファインダー内には、絞り優先AEモード使用時のシャッタースピードやマニュアル設定時の露出過多および露出不足、バッテリー残量の低下警告などが表示される仕様。撮影に必要な情報を一目で確認しやすい点も魅力です。

富士フイルム(FUJIFILM) 写ルンです シンプルエース 27枚撮り

手軽に味わいのある写真が撮影できる使い捨てのフィルムカメラです。撮影した画像を写真プリントだけでなくデジタルデータでも楽しめるのが特徴。写真屋に出す際に希望すれば、デジタルデータとしても受け取りできます。スマホへの転送サービスが利用できる場合もあるので、SNSへ写真をアップしたい場合にもおすすめです。

また、現像時に色調補正が行えるのもポイント。コントラストを上げて芸術的な写真に仕上げたり、濃度とハイライトの差を出してボリューム感を増したりと、自分好みのプリントを楽しめます。

使用方法は、シャッターを巻いたらファインダーを覗いてボタンを押すだけ。フラッシュが搭載されているので、暗い場所でも使えます。本体上部には「フィルムカウンター」が付いているため、写真が撮れる枚数の確認も簡単。軽量コンパクトで携帯性に優れている点もおすすめポイントです。

ホルガ(HOLGA) HOLGA120CFN

120フィルムを使用する中判フィルムカメラです。プラスチックレンズを採用しており、レトロなデザインが楽しめる仕様。価格もリーズナブルなので、手軽に味わいのある写真を撮りたい方におすすめです。フィルムの巻き上げやピント合わせ、絞りなどは手動で行うため、操作でもクラシカルな雰囲気が味わえます。

また、シャッタースピードは、スイッチ1つで切り替えが可能。スイッチをNに合わせれば100分の1秒、Bに合わせればシャッターボタンを押している間、シャッターが開けっぱなしになります。

フラッシュは、通常の発光だけでなく赤や青、黄色が選択可能。ダイヤルを回すだけで簡単に切り替えられる点もおすすめです。さらに、本製品は約102×76×140mmとコンパクトなサイズ。重量も240gほどなので、気軽に持ち運んで使えます。

ホースマン(HORSEMAN) ホースマン L45

本格的な「アオリ撮影」ができる大判フィルムカメラです。撮影範囲の広い4×5フィルムを使用しており、鮮明な写真が撮影可能。チルト軸とスイング軸がフィルム面の中心と一致する「画軸視点アオリ」と呼ばれるメカニズムを採用しており、精度の高いアオリ撮影が行えます。

片側支持ながら、高い安定性と堅牢性を備えた「L型アーム」を搭載しているのもポイント。一般的なU型アームに比べて、フィルムホルダーの出し入れを簡単に行えるのがメリットです。チルトやスイングの機構部には、強力な「ディスクブレーキロック」を採用。片手で軽くレバーを締めるだけで確実なロックができるので、スムーズな操作が可能です。

本製品は、強度に優れたH型のモノレールも搭載。ねじれや曲がりに強く耐久性に優れている点もポイントです。

ローライ(Rollei) ローライフレックス

ドイツのカメラメーカー「ローライ」が製造する二眼レフフィルムカメラです。小型のレンズを縦に2つ並べた二眼レフカメラの元祖ともいえるモデル。クラシカルなデザインながらレンズの描写力が高く、味わい深い写真が撮影できます。レンズ開放値はF3.5です。

クランク巻き上げやオートマット方式のフィルム装填など、便利な機能も搭載。レンズキャップやストラップが付属します。

コダック(Kodak) フィルムカメラ KODAK M35

コンパクトかつ軽量で扱いやすいフィルムカメラです。イエローの個性的なボディカラーがポイント。ほかにも、6種類のカラーから、好みで選択できるのが魅力です。

シャッターを押すだけと、簡単な操作で写真が撮影可能。35mmフィルムを交換すれば繰り返し使えるのもうれしいポイントです。フラッシュはカメラ本体に内蔵。暗い場所での撮影にも使用できます。

本体サイズは約幅114×高さ63×奥行35mmとコンパクト。重量は100gほどと携帯性に優れている点もおすすめです。撮影はシャッターを押すだけ。簡単に味わいのある写真が撮影できるので、フィルムカメラ初心者にも適している製品です。

番外編:インスタントカメラのおすすめ人気モデル

富士フイルム(FUJIFILM) instax mini LiPlay

高級感あるデザインが人気のインスタントカメラです。富士フイルムの人気シリーズ「instax」のなかでもコンパクトで持ち歩きしやすいサイズが特徴。本体サイズは約82.5×122.9×36.7mmなので、鞄にも収まりやすく携帯時の負担も軽めです。

シャッターを切れば、撮影された画像が本体背面のディスプレイに表示されます。撮影画像のなかから好みのモノだけを選択してプリントできるので、フィルムが無駄になりません。被写体には約10cmまで近づいて撮影可能。自撮りはもちろん、ランチやディナー、デザートなどを撮りたい場合にもおすすめです。

本製品は写真撮影だけでなく、録音も可能。録音した音をQRコードにして画像と一緒にプリントできるのもポイントです。写真を見る際にスマホをかざせば、録音しておいた音が簡単に再生できます。また、スマホで撮った写真を本製品でプリントできる点もおすすめです。

富士フイルム(FUJIFILM) instax mini 11

自動でキレイな写真が撮影できるインスタントカメラです。周囲の明るさに応じてシャッタースピードやフラッシュ光量を自動で設定する「自動露光調整機能」を搭載。被写体は自然なまま、背景を明るく撮影できる点が魅力です。

レンズ部を手で引き出せば、「セルフィーモード」も使用可能。レンズ横にミラーが付いており、映る範囲が確認できるので簡単に自撮りができます。接写撮影は約30~50cmほどの距離で可能。写真のフレームいっぱいに被写体をうつしたい場合にも適しています。

本製品には2種類のシャッターボタンが付属。暗闇で光る「GLOW」とかわいらしいデザインの「JEWEL」を好みに合わせて付け替えできます。また、カメラの落下トラブルを予防するストラップが同梱されている点もおすすめです。

ライカ(LEICA) ライカ ゾフォート

ライカらしいシンプルながらおしゃれなデザインが人気のインスタントカメラです。比較的コンパクトで軽量なので、気軽に持ち運びが可能。撮りたいシーンですぐに写真が撮影できる手軽さが魅力です。

「自動モード」を使用すれば、内蔵されているフラッシュの作動を抑えて自然光を活用。被写体をナチュラルな雰囲気で撮影したい場合に便利なモードです。また、フラッシュはオートのほか、撮影状況に合わせてON/OFFを手動で切り替えられます。

撮影モードは「パーティ&人物」「スポーツ&アクション」「接写」などを搭載。2重露光や長時間露光というクリエイティブな撮影モードや、セルフタイマーが使えるセルフィーモードも利用できます。ボディ前面に自撮り撮影用の長方形ミラーが搭載されている点も便利です。

また、選択したモードに関係なく焦点距離を選べるのもポイント。撮影時の自由度が高く、好みの写真が撮りやすい点もおすすめです。

番外編:フィルムカメラの使い方

フィルムカメラで写真を撮るためには、まずフィルムをカメラに装填する必要があります。カメラの裏蓋を開いて格納スペースに対応するフィルムをセットし、フィルムを引き出して巻き上げ軸に差し込みましょう。

このとき、裏蓋を開けたまま一度だけ巻き上げて正常にフィルムが送られることを確認。問題がなければ裏蓋を閉じ、フィルムカウンターが0になるまで空シャッターを切ります。カウントが0になればフィルムの装填は成功です。フィルムを使い切るまで撮影が楽しめます。

使い終わったフィルムは巻き戻す必要があるのもポイント。オートタイプのフィルムカメラは本体下部の巻き戻しボタンを押すだけでできますが、フルマニュアルタイプの場合は、手動で巻き戻しクランクを回す必要があります。巻き戻しが完了したら裏蓋を開けてフィルムを取り出し、現像をしましょう。