独特のレトロな仕上がりが楽しめる「フィルムカメラ」。デジカメやスマホの普及に伴って生産数は減っていますが、現在も根強いファンがいます。

そこで今回は、フィルムカメラの選び方とおすすめモデルをご紹介。一般的なフィルムカメラはもちろん、チェキなどのポラロイドカメラもピックアップしました。興味がある方は、ぜひお気に入りのフィルムカメラを見つけて最高の1枚を撮影してみてください。

フィルムカメラとは?

フィルムカメラとは、別名「銀塩カメラ」とも呼ばれており、感光材料が塗られたフィルムに、レンズから取り入れた光が当たることで、被写体の色や形を画像として記録するカメラです。デジタルカメラに比べると、優しい色合いや粒状感のある写真が撮れるのが魅力。撮影した写真は暗室で、現像液を使用して印画紙に現像します。

家に暗室や道具がなくても、町の写真屋さんや家電量販店の窓口で現像を依頼することが可能。最近は現像した写真データの転送などのサービスも増え、フィルムカメラ独特のレトロ感を楽しみながらも、手軽に挑戦しやすくなっています。

フィルムカメラの魅力

By: rakuten.co.jp

デジタルカメラは撮った写真をその場で確認し、簡単に削除や編集が行えますが、フィルムカメラは一度撮影したモノは撮り直しができず、現像しなければ仕上がりの確認はできません。デジタルカメラに慣れている方にとっては不便さを感じるかもしれませんが、フィルムカメラの場合は1枚1枚が貴重で、より写真と真剣に向き合えます。

また、フィルムカメラで撮影した写真はデジタルとは写りが異なり、独特の粒状感やノスタルジックな色合い、レトロな雰囲気を出せるのも魅力。また、装填するフィルムや現像の方法によって、仕上がりに差が出るなど、1枚1枚にこだわりを持てるのもフィルムカメラならではのポイントです。

フィルムカメラの種類

一眼レフカメラ

By: rakuten.co.jp

一眼レフカメラはレンズ交換によって、多彩な写真表現を楽しめるフィルムカメラです。使えるレンズのラインナップも充実しており、広角から望遠まで幅広い焦点距離のレンズはもちろん、マクロや魚眼などの特殊なレンズも含めて、多くの種類があります。

また、光学ファインダーを使ってレンズを通した光景を見ながら構図を考えるので、じっくりと撮影に没頭できるのも魅力です。

一眼レフカメラには、露出やピント合わせ、フィルムの巻き上げなどの手順を自動で行えるオート一眼レフと、すべてを手動で行えるマニュアル一眼レフの2種類があります。

マニュアル一眼レフはある程度の慣れが必要ですが、カメラの操作を通じて撮影という行為そのものを楽しめるのが魅力。使い心地は、現在市販されているデジタル一眼レフカメラと似ています。慣れるまでにはある程度の経験を要しますが、フィルムの味わいを楽しみつつ本格的な撮影に打ち込みたい方におすすめのタイプです。

二眼レフカメラ

By: amazon.co.jp

二眼レフカメラとは、箱型の本体に2本のレンズが搭載されたフィルムカメラのこと。撮影用と構図確認用とでレンズの光学系が独立しているのが特徴で、撮影者はカメラ本体の上部に設置されたファインダーを上から覗き込む形で撮影します。また、構造上の仕様でファインダー内の像が実物の被写体とは左右逆に見えるのもポイントです。

人物のポートレート撮影で本領を発揮するのが二眼レフカメラの特徴。ファインダー形状から被写体となるモデルと直接目を合わせずに撮影できるので、威圧感を与えずに気軽に撮影を進められます。

また、一般的な二眼レフカメラでは中判フィルムを使用。縦横比はInstagramでお馴染みの正方形フォーマット(6×6)なので、スナップ撮影用のフィルムカメラとしても人気が上昇しています。

なお、現在販売されているモデルが少ない点には留意しておきましょう。

コンパクトカメラ

By: rakuten.co.jp

コンパクトカメラは、小型軽量なボディとシンプルな操作性が特徴のフィルムカメラです。バッグやポケットへ簡単に収納できるので、持ち運びも楽々。思い立ったときにサッと取り出して撮影できるため、スナップ撮影や家族写真の撮影に重宝します。

一方、レンズ交換や細かな設定変更ができないのが懸念点。一眼レフカメラやレンジファインダーカメラと比べて表現の自由度は落ちてしまいます。ただし、画質や機能が絞られている分、シャッターボタンを押すだけなどの簡単操作で撮影可能です。カメラの操作に不慣れな初心者でも、手軽にフィルム写真の魅力を味わえます。

レンジファインダーカメラ

レンジファインダーカメラは、レンズ交換ができる小型軽量なフィルムカメラです。高級な機種が多く、使えるレンズの種類も一眼レフカメラほど多くありません。構造上の仕様で最短70cmほどしか寄れないため、マクロ撮影はできず、135mmを超える望遠域の撮影も苦手としています。

しかし、小型軽量ボディを生かしたスナップ撮影が可能。ピント合わせはマニュアルフォーカスで行うほか、カメラ内蔵の距離計も使うので、操作は玄人向けですが、一眼レフカメラと違って写真に写らない範囲もファインダーで確認できます。また、ブラックアウトしないのもポイント。目で見たままの光景を瞬間的に切り取るのに向いています。

中判カメラ

中判カメラは35mmフィルムよりも大きな撮像面積を持つ、120フィルムや220フィルムなどを使用するフィルムカメラです。フィルムの縦幅は6cmと固定されますが、横幅は4.5〜12cmまでさまざまで、Instagramのように正方形で撮れるサイズもあります。また、35mmフィルムと比べて一度に撮影できる枚数が少ないのも特徴です。

35mmカメラと比べると大きく重さがあり、扱いもやや複雑になるのが難点。しかし、より大きなボケ味と美しく豊かな階調で撮影できるのが特徴で、特に風景を撮影する際に重宝されています。

大判カメラ

大判カメラは4×5インチの撮像面積を持つ、大判のシートフィルムを使用するフィルムカメラです。35mmフィルムより15倍以上も大きいフィルムを使用するので、取り込める光の情報量が非常に多く、高画質かつ大画面で撮影できます。

また、レンズ部とフィルム部を繋ぐ蛇腹を駆使することで、ピント面の調節や建物の「上すぼまり」が修正可能なアオリ撮影や、撮影倍率を自由に調節したマクロ撮影ができるのも特徴。ただし、サイズは大きく重たいので留意しておきましょう。

インスタントカメラ

By: amazon.co.jp

インスタントカメラは、撮影後に自動で現像される写真フィルムを使ったカメラ。ほかのタイプのカメラに比べて機能はシンプルですが、撮影してすぐに仕上がりを確認できるのがメリットです。

なかでも、インスタントカメラを世界で初めて実用化したポラロイド社の製品や、富士フイルムのinstaxシリーズが人気。最近ではフィルムにそのまま印刷するだけでなく、結果をモニターで確認しながらmicroSDカードなどに記録できるモデルもラインナップされています。

フィルムカメラの選び方

ピントの合わせ方をチェック

フィルムカメラでのピント合わせには、AF(オートフォーカス)とMF(マニュアルフォーカス)の2種類があります。AFはシャッターボタンを半押しするだけで、AFポイントに重なる被写体にピントが合う方式。フィルムカメラにおいては現行のデジタルカメラほどの精度はありませんが、素早くピント合わせができるので手軽に撮影したい場合に最適です。

一方、MFはレンズに搭載されたピントリングを回転させつつピント位置を調節することで、ピント合わせを行います。AFと比べてやや時間はかかりますが、じっくりとピントの精度を合わせたい場合におすすめです。

露出方式をチェック

By: nikon-image.com

露出とはフィルムに光を当てること。絞り値(F値)とシャッター速度の数値を操って取り込む光の量を調節することにより、写真の明るさを変えられるほか、背景ボケや動感などを表現可能です。なお、光を取り込む方式(露出方式)には、マニュアル露出・絞り優先AE・シャッター優先AE・プログラムAEの4種類があります。

マニュアル露出

F値とシャッター速度の両方をユーザー自身が完全に手動で操作する方式が「マニュアル露出」です。その場の明るさから、適正なF値とシャッター速度の組み合わせを瞬時に見極めてカメラの設定に反映する必要があるので、使いこなすためにはある程度の熟練が必要になります。

慣れれば被写体や表現意図に応じて露出を操れるようになるため、より自分のイメージに近い写真を撮れるのが特徴。また、自動露出(AE)と違って両方の数値を固定できるので、光線状態や明るさが変わっても設定が流されず、逆光などの難しい光環境でも安定した露出の写真が撮影できます。

絞り優先AE

ユーザーが絞りを決定すると、カメラが最適なシャッター速度を自動的に選択するのが「絞り優先AE」。絞りはレンズのF値で表され、F値が小さいほどレンズを通る光の量が多くなり、より速いシャッター速度で撮影できます。

絞りが大きく影響を与えるのが「被写界深度」。被写界深度とは、ピントが合ったように見える範囲です。レンズを開けてF値を小さくすると、ピントが合う範囲が狭くなります。絞りを決めることによって、ボケ具合をコントロールできる絞り優先AEは、風景撮影や小物撮影などに便利です。

シャッター優先AE

シャッター速度を手動で決め、適した絞りをカメラが自動で決定するのが「シャッター優先AE」。動く被写体を撮影したいときに適しています。

シャッター速度を速くすると、肉眼では見えない滝の水しぶきなどを写し止めることが可能。逆に、遅いシャッター速度を用いて、夜間の高速道路におけるクルマのヘッドライトの光跡なども撮影できます。動きを表現するのに適した露出方式です。

プログラムAE

「プログラムAE」は、絞りとシャッター速度をカメラが自動で決定する露出方式。そのため、ユーザーは難しい設定を行う必要はなく、ピントを合わせてシャッターを押すだけで撮影できるのがメリットです。

街歩きしながらのスナップ写真など、出会い頭のシャッターチャンスを逃したくないときに便利。また、夜間撮影のように露出設定が難しい場合も有効です。

露出計の有無をチェック

By: leica-camera.com

光の量を計測する重量な役割を果たすのが露出計です。露出計単体で使うタイプもありますが、現在の35mmカメラのほとんどは露出計を内蔵。カメラ内蔵型露出計は、レンズを通った光を計測するのでTTL(Though The Lens)露出計と呼ばれます。

TTL露出計には、さまざまな測光方式があるのがポイント。画面の広い領域の明るさを計測する場合は多分割測光と呼ばれ、ほぼ画面全体の明るさを測り、ほとんどの状況下で適切に露出できます。

一方、中央重点測光は主として構図の中央部の光量を測定。スポット測光は画面中央部の、より狭い範囲を測光する方式です。カメラ選びの際は、対応している測光方式もあわせてチェックしておきましょう。

フィルムカメラのおすすめメーカー

ニコン(Nikon)

By: amazon.co.jp

1917年に光学兵器のメーカーとして設立。創業当初は、望遠鏡などに用いられるレンズの開発を行っていました。ニコンのカメラは、現実に忠実な色合いの再現を得意としており、明暗の写りが美しいことでも有名です。そのため、一般的には風景の撮影に向いているカメラとして定評があります。

もともと軍事関連の機材を取り扱っていたこともあり、品質が高く頑丈で壊れにくいカメラとして人気。フィルムカメラ全盛期から認知されているメーカーです。

ライカ(LEICA)

By: amazon.co.jp

ライカはドイツのカメラブランド。起源は1869年設立された光学機器メーカー「エルンスト・ライツ」で、映画カメラを試作していた技術者オスカー・バルナックがスチルカメラを開発したのが始まりとされています。1925年には市販一号機のライカI型を発売。1954年に発売されたライカM3は、登場時からM型の最高傑作と評されています。

同社の主力はレンジファインダーカメラ。高い品質と描画力、機動力の高さが魅力。プロカメラマンやハイアマチュアの愛好家が多く、スナップ写真撮影用として使用されています。また、無駄な装飾を排した、洗練された機能美も特徴。長く愛用できるカメラを探している方におすすめです。

富士フイルム(FUJIFILM)

By: amazon.co.jp

日本を代表するフィルムメーカーである富士フイルム。長年フィルムに携わってきただけあって、色彩表現が鮮やかなのが特徴です。人が見たときに心地よい色を目標にしており、青・緑・肌色を重要視した色使いがポイント。グラデーションの表現力が豊富なため、白飛びや黒つぶれなどが少なく、表現の幅が広がりやすいメーカーです。

人気製品は、インスタントカメラの「チェキ」。撮った写真がその場でプリントされて形に残るタイプのフィルムカメラで、カメラ機能とプリンター機能を兼ね備えています。また、ラインナップが豊富なのもポイント。フィルムでしか残せないタイプだけでなく、撮った写真をデータとしてSDカードに残せるタイプも発売されています。

フィルムカメラのおすすめ人気モデル

ニコン(Nikon) 35mmフィルム一眼レフカメラ F6

ニコン(Nikon) 35mmフィルム一眼レフカメラ F6

ニコンが手掛けた35mmフィルム一眼レフカメラです。堅牢なマグネシウム合金を使用した重さ約975gの本体は剛性が高く、優れた防塵防滴性能を誇るのが特徴。困難な条件下でも対応できる性能があるため、現在でも多くのプロカメラマンが愛用しています。

11点のフォーカスエリアからなるAFシステムを搭載。現代のデジタル一眼レフカメラに近い感覚でAF撮影ができます。また、内部に機構ブレを抑えるミラーバランサーを搭載しているので、約8コマ/秒の高速連写時でも、高い精度で駆動できるのがポイントです。

背面には大型の液晶表示パネルを搭載。撮影やセットアップのメニューを表示できるので、細かくカスタマイズ可能です。一定の技術は必要ですが、練習を積めば星空の撮影にも挑戦できます。

ライカ(LEICA) 35mmレンジファインダーカメラ M7

ライカ(LEICA) 35mmレンジファインダーカメラ M7

ライカが誇る最高峰の35mmフィルムレンジファインダーカメラです。M型ライカ伝統のクラシックなデザインを踏襲しつつも、撮影の利便性が向上しているのが特徴。価格は極めて高価ですが、独特のスタイルでスナップ撮影を追究したい方におすすめです。

絞り優先AEに対応しているのが特徴。F値を選ぶだけでシャッター速度が無段階で自動設定されるため、撮影者は構図作りとピント合わせにのみ意識を集中できます。

高精度な布幕フォーカルプレーンシャッターの搭載もポイント。電子制御によって高い静粛性を実現しているので、ストリートスナップに好適です。また、使用頻度の高いシャッター速度である1/60秒と1/125秒は電池がなくても使用できるため、思いがけず遭遇した決定的瞬間も逃さず対応できます。

富士フイルム(FUJIFILM) コンパクトフィルムカメラ FUJICOLOR 写ルンです シンプルエース

富士フイルム(FUJIFILM) コンパクトフィルムカメラ FUJICOLOR 写ルンです シンプルエース

初心者でも手にしやすいコンパクトフィルムカメラです。ファミリー層を中心に人気を集めた「写ルンです」の初代モデルをベースに、レトロ感と高級感のあるデザインを採用しています。

本体には、27枚撮りの35mmフィルム(ISO400)を内蔵。使い切りのため使用後はカメラ本体をリサイクルに出す必要がありますが、価格が安いため手軽にフィルム写真の魅力を味わえます。

重さ約90gと軽量小型なので、ポケットに入れて簡単に持ち運べるのも魅力です。加えて、スマホカメラの画角に近い焦点距離32mm F10の広角レンズを内蔵しているのもポイント。片目で風景を眺めている状態とほぼ同じ範囲を自然に撮影できるので、お出かけや旅行のお供としても役立ちます。

富士フイルム(FUJIFILM) コンパクトフィルムカメラ FUJICOLOR 写ルンです 防水タイプ

富士フイルム(FUJIFILM) コンパクトフィルムカメラ FUJICOLOR 写ルンです 防水タイプ

防水タイプの使い切りコンパクトフィルムカメラです。カメラ本体が防水プロテクターと一体化しているのが特徴。水やホコリなどの侵入に強く、水深10mまで潜れるので、水辺のレジャーやアウトドアのほか、浅い海でのシュノーケリングでもフィルムカメラを使った撮影が楽しめます。

レンズの性能は「写ルンです シンプルエース」と共通していますが、暗い場所に対してやや有利なISO800のフィルム(27枚撮り)を搭載しているのが特徴。光量の乏しい室内や水中でも手ブレを抑えつつ、鮮明な写真が撮影できます。重さは約170gと少し重くなりますが、フィルムカメラをアクティブに楽しみたい方におすすめです。

富士フイルム(FUJIFILM) インスタントカメラ instax mini 90 ネオクラシック

富士フイルム(FUJIFILM) インスタントカメラ instax mini 90 ネオクラシック

クラシックカメラを彷彿とさせる、高品位でおしゃれなデザインが人気のフィルムインスタントカメラです。インスタントフィルムの「チェキ」を使用しており、撮影したその場で写真を印刷できるのが特徴。思い出を友人や仲間とシェアできるので、旅やパーティーでも重宝します。

多彩な撮影機能も魅力。夜景や光の軌道を印象的に撮影できる「バルブモード」や、撮影した2枚の画像を重ねてアートな写真に仕上げられる「二重露光モード」などを搭載しています。また、「パーティーモード」を使えば、暗い場所でもきれいな記念撮影が可能です。

さらに、近距離撮影ができる60mmの標準レンズを搭載。電源には専用の充電池を使用し、1回のフル充電で10枚の撮影・印刷ができます。

富士フイルム(FUJIFILM) ハイブリッドインスタントカメラ instax SQUARE SQ20

富士フイルム(FUJIFILM) ハイブリッドインスタントカメラ instax SQUARE SQ20

フィルム初心者でもイメージに近い写真が手軽に撮影できるハイブリッドインスタントカメラです。本体背面にある2.7型の液晶モニターを見ながら何度も撮り直したり、多彩なフィルターで加工したりできるのが特徴。加えて、撮影した写真や動画はmicroSDカードにも保存できるので、フィルムカメラながらデジタルカメラ感覚で使用できます。

画面サイズ62×62mmを持つスクエアフォーマットのチェキを使用するのもポイント。Instagramでもお馴染みの正方形写真が手軽に撮影が可能です。電源には専用の充電池を使用しますが、1回のフル充電で約100枚の大量印刷ができるのも魅力。パーティーやイベントなど大勢が集まる場でも存分に思い出を共有できます。

ポラロイド(Polaroid) インスタントカメラ Polaroid Originals OneStep 2

ポラロイド(Polaroid) インスタントカメラ Polaroid Originals OneStep 2

伝説的な名機を現代風にアレンジしたフィルムインスタントカメラです。1977年に登場して人気を集めた名機「OneStep」のデザインを継承しているのが特徴。外観は初代モデル似ていますが、細かい部分の使いやすさが向上しているので、専門的な知識がなくても手軽に印象的なフィルム写真を撮影できます。

焦点距離106mmの中望遠レンズを搭載しているのもポイント。最短撮影距離が60cmと短めなので、近接距離からの人物ポートレートやスナップの撮影にも使用できます。

また、夜間撮影で重宝する自動フラッシュや10秒間のセルフタイマー機能も搭載。バッテリーは約60日も持つので、長期旅行のお供としてもおすすめです。レトロ感漂うi-Typeの高感度カラーフィルムやモノクロの600フィルムが使用できます。

ロモグラフィー(Lomography) 35mmフィルムトイカメラ Lomo LC-A+

ロモグラフィー(Lomography) 35mmフィルムトイカメラ Lomo LC-A+

独特の世界観を表現できる35mmフィルムトイカメラです。1980年代に誕生した人気機種「Lomo LC-A」に機能を追加して復刻。トイカメラならではの印象的なビネット・強いコントラスト・ビビットな発色はそのままに、よりアーティスティックな写真を撮影できます。

Minitar 1 32/2.8レンズを搭載しているのも魅力。普段の視野に近い範囲をレトロな描写で撮影可能です。フィルムにはISO感度が100〜1600までの35mmフィルムを使用でき、明るさや表現目的に合わせて多彩なフィルムを選択できます。

多重露光機能が備わっているのもポイント。MXスイッチをスライドするだけで何回でも露光を重ねられるので、芸術的な表現を存分に追究できます。

ロモグラフィー(Lomography) 35mmフィルムトイカメラ Diana Mini and Flash

ロモグラフィー(Lomography) 35mmフィルムトイカメラ Diana Mini and Flash

2種類のフォーマットで撮影が楽しめる35mmフィルムトイカメラです。かわいいデザインが魅力的な本体は、手の平サイズで持ち運びがしやすく、女性を中心に人気があります。

撮影には35mmフィルムを使用。1コマを2分割するハーフと、正方形に切り取るスクエアの両方を1台で楽しめるのが特徴です。ハーフを選択した場合は、36枚撮りフィルムで72枚の写真を撮影できるので、撮影のチャンスを2倍に増やせます。

専用の外付けフラッシュが付属するのもポイント。夜景撮影のほか、多重露光や長時間露光にも使用が可能です。また、同梱のカラーフィルターをフラッシュに装着すれば、写真に特定の色彩を付加して、より印象を強められます。

ホルガ(HOLGA) 中判フィルムトイカメラ HOLGA 120GCFN + 魚眼セット

ホルガ(HOLGA) 中判フィルムトイカメラ HOLGA 120GCFN + 魚眼セット

非現実的な描写が味わえる中判フィルムトイカメラです。独特なソフトフォーカス、かすむ色彩、流れる光漏れなど、現代のデジタルカメラでは再現しにくい独特な世界観の写真が楽しめます。

フィルムには120mmの中判フィルムを使用。付属のマスクを使って6×4.5と6×6のいずれかを選択可能です。思い通りの制御は難しいものの、かえってランダムな表現の楽しさを実現しています。

60mm F8のガラスレンズを搭載。さらに、付属の魚眼コンバーターを装着すれば、強烈なデフォルメ効果で周辺部が歪んだ写真が撮影できます。コスパに優れているのも魅力で、手軽に中判の描写を楽しみたい方にもおすすめです。

番外編:フィルムカメラの使い方

フィルムカメラで写真を撮るためには、まずフィルムをカメラに装填する必要があります。カメラの裏蓋を開いて格納スペースに対応するフィルムをセットし、フィルムを引き出して巻き上げ軸に差し込みましょう。

このとき、裏蓋を開けたまま一度だけ巻き上げて正常にフィルムが送られることを確認。問題がなければ裏蓋を閉じ、フィルムカウンターが0になるまで空シャッターを切ります。カウントが0になればフィルムの装填は成功です。フィルムを使い切るまで撮影が楽しめます。

使い終わったフィルムは巻き戻す必要があるのもポイント。オートタイプのフィルムカメラは本体下部の巻き戻しボタンを押すだけでできますが、フルマニュアルタイプの場合は、手動で巻き戻しクランクを回す必要があります。巻き戻しが完了したら裏蓋を開けてフィルムを取り出し、現像に持って行きましょう。

なお、フィルムカメラでは定期的なメンテナンスも重要。特に、外光の漏れによるフィルムの感光を防ぐポリウレタン製の「モルト(遮光材)」は、経年劣化の進行が早いのが懸念点です。カメラの性能を存分に発揮するためには、数年ごとに交換する必要があります。各部のモルトが粉塵になったり脱落したりした場合は、業者に交換を依頼しましょう。