デジタルカメラやスマートフォンが普及し、玄人向けのアイテムになったフィルムカメラ。しかし、独特の仕上がりやカメラ本体のデザインに魅了される方も未だに数多くいます。

そこで今回は、フィルムカメラの選び方とおすすめモデルをご紹介。一般的なフィルムカメラはもちろん、チェキなどのポラロイドカメラもピックアップしました。お気に入りのフィルムカメラで最高の1枚を撮りましょう。

フィルムカメラとは?

フィルムカメラとは、画像の記録媒体となる感光材に銀塩フィルムを使用するカメラのことです。カメラで撮影する際はレンズから通した光を感光材に当てることで被写体の色や形を画像として記録します。

デジタルカメラの場合は、イメージセンサーと画像処理エンジンを感光材に使って光情報をデジタルデータ化することで電子的に画像を記録するのが特徴。それに対し、フィルムカメラの場合はフィルムの表面に塗られた薬品(乳剤)に光を照射して化学変化させることで画像を物理的に記録するという違いがあります。

画像を記録するという点ではどちらも同じですが、フィルムカメラではフィルム特有の郷愁を感じさせるような優しい色合いや粒状感のある写真を楽しめるのが魅力です。

また、フィルムカメラで撮影した画像を写真プリントの形にするには、撮影後に現像とプリントという2つの工程が必要。どちらの工程も街の写真店や家電量販店の窓口で簡単に依頼できるので、初心者でも気軽にフィルムカメラの魅力を楽しめます。

フィルムカメラの種類

35mmカメラ

35mmカメラとは35mmフィルムを使用するフィルムカメラのこと。この35mmフィルムはデジタル一眼カメラの上級機に搭載されるフルサイズセンサーと同じ36×24mmの撮像面積を持つので、大きくてボケやすく、画質が高いのが特徴です。

しかし、35mmカメラはフィルムカメラとしては最も一般的なサイズ。小型軽量で取り回しに優れることから、デジタルカメラが普及するまでは主流のフィルムカメラとして広く人気がありました。

なお、35mmカメラにはさまざまなタイプが用意されているのも特徴。主にコンパクトカメラ・一眼レフカメラ・レンジファインダーカメラの3種類がありますが、被写体や撮影スタイルに応じて自分の好みとなるタイプを選べるのも35mmカメラの魅力です。

コンパクトカメラ

By: rakuten.co.jp

コンパクトカメラは小型軽量なボディとシンプルな操作性が特徴のフィルムカメラです。バッグやポケットの中に簡単に収納できるので、楽に持ち運べます。思い立ったときにサッと取り出して撮影できるので、スナップ撮影や家族写真の撮影に重宝されていました。

レンズ交換や細かな設定変更ができないなど、一眼レフカメラやレンジファインダーカメラと比べて表現の自由度は落ちます。しかし、画質や機能が絞られている分、ほぼシャッターボタンを押すだけで写真が撮れるので、カメラの操作に不慣れな初心者でも手軽にフィルム写真の魅力を味わえるのが魅力です。

一眼レフカメラ

By: amazon.co.jp

一眼レフカメラはレンズ交換によって多彩な写真表現を楽しめるフィルムカメラです。使えるレンズのラインアップも充実しており、広角から望遠まで幅広い焦点距離のレンズはもちろん、マクロや魚眼などの特殊なレンズも含めて多くの種類が用意されています。また、光学ファインダーを使ってレンズを通した光景を見ながら構図作りができるので、じっくりと撮影に没頭できるのも魅力です。

一眼レフカメラには、露出・ピント合わせ・フィルムの巻き上げなどの手順を自動で行ってくれるオート一眼レフと、すべてを手動で行うマニュアル一眼レフの2種類があります。マニュアル一眼レフはある程度の慣れが必要ですが、カメラの操作を通じて撮影という行為そのものを楽しめるのが魅力です。

使い心地は現在市販されているデジタル一眼レフカメラと似ているので、初心者でも練習を重ねれば十分に使いこなせます。フィルムの味わいを楽しみつつ本格的な撮影に打ち込みたい方向きのモデルです。

レンジファインダーカメラ

レンジファインダーカメラはレンズ交換ができる小型軽量なフィルムカメラです。高級な機種が多いことでも有名ですが、使えるレンズの種類は一眼レフカメラほど多くありません。構造上の仕様で最短で70cmほどしか寄れないため、マクロ撮影はできず、135mmを超える望遠域の撮影も苦手としています。

しかし、小型軽量ボディを生かしたスナップ撮影では無類の強さを誇ります。ピント合わせはマニュアルフォーカスですが、カメラ内蔵の距離計を使って行うので操作が独特で玄人向けなのが特徴。一眼レフカメラと違って写真に写らない範囲もファインダーで確認でき、ブラックアウトもしないので、目で見たままの光景を瞬間的に切り取るのに向いています。

中判カメラ

中判カメラは35mmフィルムよりも大きな撮像面積を持つ120フィルムや220フィルムなどを使用するフィルムカメラです。フィルムの縦幅は6cmと固定ですが、横幅は4.5〜12cmまでさまざまで、Instagramのように正方形で撮れるサイズもあります。また、35mmフィルムと比べて一度に撮影できる枚数が少ないのも特徴です。

35mmカメラと比べると大きく重さがあり、扱いもやや複雑になるのが難点。しかし、より大きなボケ味と美しく豊かな階調で撮影できるのが特徴で、風景撮影を生業とするプロカメラマンに重宝されていました。

大判カメラ

大判カメラは4×5インチの撮像面積を持つ大判のシートフィルムを使用するフィルムカメラです。35mmフィルムより15倍以上も大きいフィルムを使用するので取り込める光の情報量が非常に多く、フィルムカメラで最高峰の高画質と大画面の画像が得られます。

また、レンズ部とフィルム部を繋ぐ蛇腹を駆使することで、ピント面の調整や建物の「上すぼまり」が修正可能なアオリ撮影や、撮影倍率を自由に調整したマクロ撮影ができるのも特徴。ただし、大きく重いため持ち運びにはあまり向きません。

フィルムカメラの選び方

フォーカス方式で選ぶ

フィルムカメラでのピント合わせにはAF(オートフォーカス)とMF(マニュアルフォーカス)の2種類があります。AFはシャッターボタンを半押しするだけでAFポイントに重なる被写体にピントが合う方式です。現行のデジタルカメラほどの精度はありませんが、素早くピント合わせができるので手軽に撮影したい場合に最適です。

一方、MFはレンズに搭載されたピントリングを回転させつつピント位置を調整することでピント合わせを行います。AFと比べてやや時間はかかりますが、じっくりとピントの精度を合わせたい場合に最適です。なお、レンジファインダーカメラではピント合わせはすべてMFで行います。

カメラの状態を確認する

By: amazon.co.jp

フィルムカメラは中古で購入する機会が多いため、購入前にカメラの状態は念入りにチェックしておきましょう。特に、キズやスレ、へこみなど外見上の特徴よりも重要となるのが、シャッター・露出計・ファインダーの状態です。

シャッターがすべての速度設定で正常に動かなければ、正確な露出は取れないほか、それ以前にシャッターが動かなければ写真は撮れません。露出計も正確に動かなければ、狙った絞り値やシャッター速度での撮影ができないので露出に狂いが生じます。

また、フィルムカメラではファインダーが構図を確認するための唯一の手段となりますが、内部のペンタプリズムが曇っていたり腐食していたりすると正確な構図確認はできません。購入後に後悔しないように、購入の際は販売者や販売店にカメラの状態をしっかりと確認しておくのがおすすめです。

デザインで選ぶ

By: amazon.co.jp

フィルムカメラのデザインは主に一眼レフスタイルとレンジファインダースタイルの間で違いがあります。撮影スタイルや好みで選ぶのがおすすめです。

一眼レフスタイルはボディ上部が盛り上がった精悍なデザインが特徴。盛り上がり部には光学ファインダーに必要なペンタプリズムが収納されており、レンズの光軸と同じ位置で正確な構図確認ができるので、構図にこだわった撮影ができます。また、深いグリップがあるので大きなレンズを装着しても持ちやすく疲れにくいのもポイントです。

レンジファインダースタイルはシンプルで高品位なデザインが特徴。ファインダーはレンズの光軸からずれた位置にあるため構図確認の正確さでは劣ります。しかし、軍艦部(上部カバー)がすっきりしているのでかさばらず、軽快なフットワークで撮影が楽しめます。また、高級感のある佇まいを楽しめるのも人気の理由です。

フィルムカメラのおすすめメーカー

ニコン(Nikon)

By: amazon.co.jp

1917年に光学兵器のメーカーとして設立。創業当初は、望遠鏡などに用いられるレンズの開発を行っていました。ニコンのカメラは、現実に忠実な色合いの再現を得意としています。明暗の写りが美しいことでも有名です。そのため、一般的には風景の撮影に向いているカメラとして定評があります。

さらに、元々軍事系の機材を取り扱っていたということもあり、品質が高く頑丈で壊れにくいカメラとして人気。フィルムカメラ全盛期、ニコンはプロ向けと世間から認知されていました。中古市場にも多くの高級フィルムカメラが流通しているので、チェックしてみてください。

キヤノン(Canon)

By: canon.jp

キヤノンは、1933年の創業当初からカメラの製造を行っていました。”キャノン”ではなく、大きい”ヤ”で”キヤノン”が正しい表記です。

キヤノンのカメラは白飛びしにくく、肌の色をキレイに表現できるのが特徴。そのため、一般的に人物撮影に向いています。また、自動でピントを合わせる「オートフォーカス」が早いのも強みのひとつ。動いている被写体を的確に写すことに優れています。

価格設定もリーズナブルで操作機能も分かりやすく作られているため、カメラ初心者の方におすすめのメーカーです。

フィルムカメラのおすすめ人気モデル

ニコン(Nikon) フィルム一眼レフカメラ FM10

ニコン(Nikon) フィルム一眼レフカメラ FM10

マニュアルフォーカス機能を搭載しているフィルムカメラです。電池が必要ない機械式のシャッターを採用。2000分の1秒まで繊細に描写するので、シャッターチャンスを逃しません。

また、「AIズーム35~70mmF3.5~4.8S」レンズを搭載。スナップ写真などで活躍します。レンズを回してピントを合わせたり、写真を撮影するたびにフィルムを巻いたりとフィルムカメラならではの機構も特徴です。

本製品はプレビュー機能も搭載。絞り込みレバーを押すと設定したところまで絞れるため、撮影前にボケ具合などを確認でき、イメージ通りに撮影しやすくフィルムを無駄にしません。

また、多重露出機構も魅力。多重露出レバーを操作して同じコマ上に別の映像を重ねられます。幅広い写真表現を楽しみたい方にもおすすめです。

ニコン(Nikon) 一眼レフカメラ F6

ニコン(Nikon) 一眼レフカメラ F6

15万回ものレリーズテストに合格した耐久性の高いシャッターユニット搭載のフィルムカメラです。8000分の1秒という高速なシャッタースピードが魅力。また、シャッターモニターを内蔵しており、シャッタースピードの誤差を算出して自動補正します。

さらに本製品は、バランサーを搭載。ミラーダウン時の衝撃を吸収しシャッターレリーズ時の振動を抑制するため高い静音性を備えています。また、約8コマ/秒の高速連続撮影が可能です。

高性能なAFセンサーも魅力のひとつ。11点のフォーカスエリアが撮影画面を幅広くカバーしているためピントを合わせやすいのが特徴です。コントラストの強い被写体や小さな被写体もはっきりと撮れます。

また、最適なオートフォーカス撮影ができるのも魅力です。そのほか、防塵・防滴機能も搭載しており持ち歩きにも便利。大型の液晶パネルで操作もしやすいので初心者の方にもおすすめです。

富士フィルム(FUJIFILM) 写ルンです シンプルエース LF S-ACE SP FL 27SH 1

富士フィルム(FUJIFILM) 写ルンです シンプルエース LF S-ACE SP FL 27SH 1

撮影機能のみに絞ったシンプルなフィルムカメラです。価格も1000円以下と安いため、コストパフォーマンス重視の方におすすめ。高い人気を誇る「写るンです初期モデル」のデザインをベースにレトロ感を備えたままより使いやすくリニューアルされています。

安定感のある握りやすいグリップと大きなファインダーが特徴。35mmのネガフィルムを採用しており、1本のフィルムで27枚の写真が撮れます。

富士フィルム(FUJIFILM) 水に強い写ルンです New Waterproof LF N-WP2 27SH 1

富士フィルム(FUJIFILM) 水に強い写ルンです New Waterproof LF N-WP2 27SH 1

「写るンです」の中でも防水機能に特化したフィルムカメラです。防水カバー付きで水深10mまで水中撮影ができます。海やプール、ウィンタースポーツなどレジャーシーンでの使用もおすすめ。

防水カバーは防塵用としても併用できるため、ほこりの舞う工事現場やビーチなどでも活躍します。シンプルで耐久性の高いフィルムカメラを使いたい方におすすめです。本製品は1本のフィルムで27枚の撮影が可能。価格も1000円台と安く、重量170gと軽量なので持ち歩きにも便利です。

ロモグラフィー(Lomography) Diana Mini HP500

ロモグラフィー(Lomography) Diana Mini HP500

手のひらサイズの35mmフィルムカメラです。7×10.1×6cmとコンパクトなので持ち運びに便利。ポップなカラーで塗装してあり、デザイン性の高さも魅力です。デザイン性だけでなく機能面でも優れています。被写体をビビットなカラーに染めるカラーフラッシュや複数の画像を重ねて撮影できる多重露光機能を搭載。

また、夜間撮影で活躍する長時間露光にも対応しており、ヘッドライトなどの強い光が尾を引いているように撮影できます。また、本製品の最大のポイントはハーフとスクエア両方のフォーマットを楽しめる点。スイッチひとつで切り替えられます。

そのほかにも、ケーブルレリーズ穴や三脚穴が開いているのが特徴。表現の幅が広く、さまざまな撮影環境に対応しています。1本のフィルムで最大72枚の撮影が可能。6000円台とコストパフォーマンスの高さも魅力です。

フィルムカメラのおすすめ人気モデル|番外編

富士フイルム(FUJIFILM) インスタントカメラ チェキ instax mini 90

富士フイルム(FUJIFILM) インスタントカメラ チェキ instax mini 90

写真を撮った後、すぐにカードサイズのプリントができるチェキ。高級感のある本格的なデザインが魅力です。充電式なので電池交換は不要。マクロ撮影や遠景モード、キッズモードなど、さまざまな撮影モードを楽しめます。

ライカ(LEICA) ゾフォート

ライカ(LEICA) ゾフォート

ライカ特有のスタイリッシュでおしゃれなデザインが魅力のライカのゾフォート。チェキのフィルムを使用しているので、撮影後に写真がすぐに横から出てきます。本製品はさまざまな撮影モードを搭載。「自動モード」では極力フラッシュを使わず自然光を活用するため、ナチュラルな写りで表現できるのが特徴です。

自動モード以外にも「パーティ&人物」「スポーツ&アクション」「接写」などがあり、シーンに合わせた撮影が可能。モードに応じて露出時間や絞り値などを自動で設定、撮影モードに関わらず焦点距離を選べます。

さらに「セルフィーモード」と「セルフタイマー」も存在。ボディ前面、レンズの上部付近に小さなミラーが付いているので、セルフィーをする際も便利です。