「コーヒーポット」は上手なハンドドリップに欠かせないアイテム。お湯の量や注ぐスピードが調節しやすい構造で作られています。しかし、さまざまなタイプの製品があるため、どれを選べばよいか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、コーヒーポットのおすすめの製品をご紹介します。使用シーンやハンドドリップの技術レベルに合わせた選び方も解説するので、自分にぴったりの製品を探してみてください。

コーヒーポットの選び方

容量・サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

コーヒーポットはさまざまなサイズが展開されていますが、いずれも淹れるコーヒーの杯数に適した大きさの製品を選ぶことが大切です。

一度に淹れるのが1〜2杯なら700ml前後、3〜4杯なら1L程度の製品がおすすめ。必要以上に大きなサイズのモノを選んでしまうと、重みでドリップの細かなコントロールが行いにくいので注意しておきましょう。

コーヒーポットの扱いに慣れていない方は1〜2杯向けのコーヒーポットがおすすめ。軽く扱いやすい製品で練習すると早く上達できます。美味しいコーヒーを淹れたい方は、チェックしてみてください。

注ぎ口の種類で選ぶ

初心者におすすめの「細口タイプ」

By: amazon.co.jp

初心者の方は注ぎ口が細く、太さが一定のコーヒーポットがおすすめ。湯量が一定でお湯を注ぎやすく、安定したドリップを行いやすいタイプです。どのコーヒーポットにしようか悩んでいる場合は、まず細口タイプの製品を検討してみてください。

中級者以上におすすめの「鶴口タイプ」

By: amazon.co.jp

ハンドドリップに慣れており、さまざまな淹れ方を楽しみたい方は、根元が太い鶴口タイプの製品がおすすめ。傾け方次第でお湯を1滴1滴注ぐ点滴も可能で、幅広い注ぎ方でドリップできます。飲み口の軽いコーヒーから、濃く苦味の強いコーヒーまで淹れられるのでぜひ試してみてください。

素材で選ぶ

使い勝手のよい「ステンレス」

By: amazon.co.jp

ステンレス製のコーヒーポットは耐久性があり、落としたり倒したりしても破損しにくいのがメリット。サビや腐食にも強いため長く愛用できるほか、キャンプや登山などのアウトドアシーンで使用しやすいのも便利なポイントです。

また、比較的軽量なモノが多いため扱いやすく、日々のお手入れもしやすいため衛生的。食洗機に対応しているモデルも多く存在します。

そのほか、形状・容量・重さなど、さまざまなタイプが販売されているのも魅力。価格が安いため入手しやすく、自分に合った使い勝手のよいコーヒーポットを選べます。

保温性が高い「ホーロー」

By: amazon.co.jp

ホーローは、金属の表面にガラス質の素材を焼き付けて加工したモノです。表面が硬いため傷が付きにくく、耐熱性・耐腐食性に優れているのが特徴。ニオイが移りにくいのもメリットです。

また、ホーロー製のコーヒーポットは保温性が高く、一度に多くのコーヒーを淹れたい場面で便利。陶器のようなあたたかみのあるデザインのモノが多く販売されており、インテリアに合わせやすいコーヒーポットを探している方にもおすすめです。

ただし、強い衝撃が加わるとヒビが入ったり、割れたりする場合があるため注意しましょう。

熱伝導率が高い「銅製」

By: amazon.co.jp

銅製のコーヒーポットは熱伝導率が高く、すばやくお湯を沸かせる点がメリットです。さらに、適度な保温性も有しており、安定した温度でコーヒーを淹れられるのも魅力のひとつ。コーヒーの温度にこだわりたい本格志向の方に向いています。

また、外観の経年変化が楽しめるのも銅製のコーヒーポットの特徴。高級感があり、コーヒーが好きな方へのプレゼントアイテムとしても人気があります。レトロなデザインのコーヒーポットを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

取っ手をチェック

By: amazon.co.jp

コーヒーポットを選ぶ際は、取っ手も確認しておきましょう。取っ手に使われている素材の種類には、ステンレスやホーローのように熱くなりやすいタイプもあれば、木材や樹脂製のような熱くなりにくいモノもあります。

また、取っ手から本体までの距離も大切。離れているタイプか、本体から近い位置にあるのかどちらが使いやすいかは人によって異なります。使いやすさにこだわりたい方は、ぜひチェックしてみてください。

IH対応の有無をチェック

By: amazon.co.jp

自宅のコンロがガスではなくIHなら、ほかの調理器具と同様にコーヒーポットもIH対応の製品を選ぶ必要があります。最近ではIHに対応しているコーヒーポットも多くラインナップされていますが、万が一非対応の製品をIHコンロにかけてしまうと、事故の可能性があるため危険です。

なお、コーヒーポットのなかには、IHだけでなくハロゲンヒーターなどあらゆる熱源に対応している製品もラインナップされています。気になる方は、併せてチェックしてみてください。

おしゃれなデザインのコーヒーポットも人気

By: amazon.co.jp

コーヒーポットはおしゃれなデザインのモノが多く販売されており、インテリアやテーブル上のワンポイントアイテムとしても人気を集めています。

取っ手やふたに木材を使用しているモノは、あたたかみのある落ち着いた印象を与えられるのが魅力。キッチン・リビング・アウトドアなど、利用する場所の雰囲気に合わせた見た目のコーヒーポットを選んでみてください。

電気ケトルという選択肢も。温度調節機能付きだとより便利

By: amazon.co.jp

コーヒーポットの機能性を重視したい場合、電気ケトルを選ぶのも選択肢のひとつです。コンセントに接続するだけで熱源を確保でき、コンロやIHヒーターのない場所でも手軽にお湯を沸かせる点がメリット。温度調節機能を有しているモデルもあるので便利です。

また、なかには保温機能を備えているモノもあり、お湯を沸かす手間を軽減できる点も魅力。コーヒーのほか、お茶やインスタント食品など、日常でお湯をたくさん使いたいという方におすすめです。

コーヒーポットのおすすめ|ステンレス製

ハリオ(HARIO) V60ドリップケトル・ヴォーノ VKB-120HSV

扱いやすい細口タイプのステンレス製コーヒーポットです。湯量やスピードがコントロールしやすいのが特徴。樹脂製の取っ手はウェーブ形状なので手にフィットします。ハンドドリップ初心者の方にもおすすめの製品です。

本製品の容量は約800ml。2~3杯のコーヒーを淹れるのに適した容量です。ほかにも500mlと600mlが用意されており、容量のラインナップが豊富なのがポイント。自分にあったサイズのアイテムが選べます。

また、本製品は直火・ガス火・IH・ハロゲンなどさまざまな熱源に対応しているのも特徴。家庭だけでなく、キャンプなどのアウトドアシーンでもコーヒーを楽しみたい方はぜひチェックしてみてください。

カリタ(Kalita) ドリップポット スリム 700SSW

高品質な金属製品の産地として有名な新潟県燕市で作られた、ステンレス製コーヒーポット。熟練の職人によって研磨された表面が美しい製品です。あたたかみのある木製取っ手との組み合わせがおしゃれ。取っ手が高温になりにくく持ちやすいメリットもあります。

ステンレス製の本体はお手入れしやすいのが魅力。サビに強く変形しにくいため気軽に使えるアイテムです。なお、IHには非対応なのでお湯を沸かす際は直火で温めましょう。

満水時の容量は約700ml。少人数でのコーヒータイムに便利なサイズです。本体重量が330gと軽量なので、軽くて扱いやすいコーヒーポットを探している方はぜひチェックしてみてください。

キントー(KINTO) SCS ケトル 900ml 27628

使い心地のよいステンレス製コーヒーポット。満水時の容量は900mlで、700ml程度のお湯を沸かすのにぴったりのサイズです。注ぎ口が細いため狙った位置にお湯が注げます。湯量やスピードが調節しやすいのもポイント。また、傾けてもふたが外れにくいため安心してドリップできます。

本製品はツヤのあるミラータイプのステンレス。お手入れしやすく、食洗機に対応しているのも魅力です。また、クラシカルなデザインはさまざまな場面になじみます。ほかのアイテムとのコーディネートを楽しみたい方にもおすすめです。

下村企販 珈琲考具 ツードリップポット Pro 42343

狙ったところにお湯を落としやすいステンレス製コーヒーポットです。注ぎ口が独自のS字形状になっているため、ゆっくりとしたスピードで真下にお湯が注げます。注ぎ口の内径は約4.5mmの極細で、細く注いだり点滴をしたりしやすいのが魅力です。

口径が広いため手を入れやすく、内部がしっかりと洗えるのも特徴。食洗機にも対応しており、手軽にお手入れできます。開口部のふちが外側にカールしているので、中身を捨てる際に水滴が残りにくい構造。洗いやすく衛生的に使えるコーヒーポットです。

本製品は実容量約500mlの小ぶりなサイズ。少人数でのコーヒータイムにぴったりです。熱源は直火とIHに対応しているため、キャンプなどで使えるモノを探している方はぜひチェックしてみてください。

下村企販 珈琲考具 ドリップポット ITTEKI 木ハンドル 40437

すっきりとした円錐状のデザインを採用しているコーヒーポットです。ツヤ消し仕上げを施したステンレス素材を採用。取っ手には天然木を使っています。落ち着いたデザインに仕上がっており、インテリアとの相性も良好です。

また、取っ手を持ったときに自然と傾けやすい角度に設計されているのもポイント。内径4.5mmの細い注ぎ口を備えており、雫のようにお湯を落としたり、糸のように細くお湯を注いだりできる点も魅力です。

湯量調節をしやすいので、蒸らし工程などのハンドドリップ作業を上手に行いたい方におすすめ。扱いやすいコーヒーポットを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

MERMOO YILAN コーヒー ポット

満水時の容量が約350mlで、1杯分のお湯を沸かすのに適したステンレス製コーヒーポット。ミラー仕上げのステンレスを採用しており高級感があります。サビに強くお手入れも簡単です。

注ぎ口が細いので湯量のコントロールがしやすいのも魅力。きれいな円を描きながらドリップできます。コンパクトで扱いやすいのでハンドドリップ初心者にもおすすめのアイテムです。

貝印 KHS コーヒードリップポット 390ml FP5155

さまざまな場所で使いやすいコンパクトサイズのステンレス製コーヒーポット。容量は約390ml、本体サイズは91×187×78mmです。小ぶりなので持ち運びや収納に便利。職場などで手軽にドリップコーヒーを楽しみたい方におすすめの製品です。

細口タイプの注ぎ口なので、お湯を狙った場所に注ぎやすいのが特徴。また水切れもよいため、快適にドリップできます。開口部が広くてお手入れがしやすいのも魅力。シンプルながら使い勝手のよいコーヒーポットを探している方はぜひチェックしてみてください。

ラッキーコーヒーマシン(LUCKY COFFEE MACHINE) bonmac ドリップポットPro 897183

注ぎやすさを追求したプロ仕様のステンレス製コーヒーポットです。実容量は約750ml。「NC切削加工」で注ぎ口が波型にカットされていることにより、お湯が見やすいのが特徴です。お湯の乱れを防ぎ、繊細なコントロールがしやすくなるメリットもあります。

また、本体のステンレスに継ぎ目がないのも特徴。さらに、底に近い位置に注ぎ口が溶接されているため、お湯を注ぎながらポットの角度を変える動作を減らせます。本体のふたは重心が低い設計で作られているので、ポットを傾けてもふたが外れにくいのがポイントです。

本製品の取っ手の内側には、ブナの木でできたパーツが取り付けられています。コーヒーポットを持ち上げた際の手首への負担が掛かりにくく、操作性に優れているのが魅力。高品質なコーヒーポットを探している方は要チェックのアイテムです。

宮崎製作所 ドリップケトル MCO-1

持ちやすい取っ手が特徴のステンレス製コーヒーポットです。取っ手が上付きで手首への負担が少ないためコントロールしやすい形状。また、シリコーンゴム製で滑りにくく、取っ手が熱くなりにくいのもおすすめのポイントです。

本製品の注ぎ口は直径約7mmの極細タイプ。一定のスピードを保ちながらお湯が注げます。ガス・IH・ハロゲンなどさまざまな熱源に対応しているため使い勝手がよく、幅広いシーンで活躍するアイテムです。

満水容量900mlと1.2Lの2種類のサイズ展開。ステンレスの表面加工はミラー仕上げとツヤなしの2種類がラインナップされています。自分好みの組み合わせが選べるアイテムです。

SimpleReal TAMAGO 細口ミニコーヒードリップケトル

たまごのようなコロンとした形のコーヒーポットです。容量は約350mlの小ぶりなサイズ。天然ナガエブナで作られた木製のふたや取っ手もおしゃれです。ナチュラルな印象のアイテムを探している方はぜひチェックしてみてください。

本製品は使い勝手のよい機能も充実。ふたには温度計がついているため、好きな温度のお湯が簡単に沸かせて便利です。約4mmの細口タイプの注ぎ口は湯量調節がしやすく初心者におすすめ。1滴ずつのドリップが可能なので、本格的なドリップをしたい方も要チェックです。

パール金属(PEARL METAL) 美味カフェ ステンレス製温度計付ドリップポット1.1L HB-4728

ふたの取っ手部分に温度計が付いているステンレス製コーヒーポット。ドリップに適した温度のお湯が手軽に沸かせて便利です。温度計を別に用意する手間が減らせるので、登山やキャンプでも温度にこだわったコーヒーが入れられます。

本製品の実容量は約700ml。細口タイプで扱いやすく、お湯が少しずつ注ぎやすいのが特徴です。取っ手は持ちやすさにこだわった形状なのでストレスなく注げます。初心者でも扱いやすいコーヒーポットを探している方におすすめです。

また、落ち着いたデザインも魅力。マットな質感のブラックカラーなので、お部屋のインテリアにもなじみます。シンプルな見た目のアイテムを探している方は要チェックです。

コーヒーポットのおすすめ|ホーロー製

カリタ(Kalita) コーヒー達人・ペリカン1L 52123

注ぎやすさにこだわったホーロー製コーヒーポット。ペリカンのくちばしのような形状の注ぎ口が特徴です。湯量をコントロールしやすいため、好みに合わせた味わいのコーヒーが抽出できます。使い勝手のよいコーヒーポットを探している方におすすめです。

満水時の容量は約1L。保温性に優れているため、ゆっくりと時間をかけて抽出するハンドドリップに向いています。また、ホーローらしいあざやかな色合いとレトロな雰囲気のデザインも魅力です。

野田琺瑯(NODA HORO) Anbi アンビ ANB-1.2P

ユニークなフォルムが特徴のホーロー製コーヒーポット。上は四角形ですが、下に行くにつれて丸くなっており、見る角度によってさまざまな表情が楽しめます。インテリアになじむ落ち着いた色合いが魅力。木で作られたふたの取っ手もおしゃれです。

本製品は満水時の容量が約1.2L。職人の技術によって作られたこだわりの注ぎ口は、1滴ずつお湯を落としやすい形状に仕上がっています。繊細なコントロールが可能なコーヒーポットを探している方におすすめのアイテムです。

野田琺瑯(NODA HORO) ドリップケトルII DK-200

コーヒーのドリップポットとしても使えるケトル。容量は2Lで、1.6L程度のお湯を沸かすのに適しています。大人数のコーヒーを淹れる際に活躍するアイテムです。普段使い用のケトルとしても使えるのでさまざまなシーンで役立ちます。IHに対応しているのもポイントです。

注ぎ口が細いためコントロールしやすく、ハンドドリップに適した量のお湯が注げます。全7色の豊富なカラーも本製品の特徴。ポップなカラーからシンプルで落ち着いたカラーまで揃っているので、自分好みのキッチンコーディネートが楽しめます。

野田琺瑯(NODA HORO) ランブルポット LB-1.7P

点滴のしやすさにこだわったホーロー製コーヒーポットです。本製品は銀座の名店「カフェ・ド・ランブル」からの依頼で実現した製品。細いお湯で丁寧にコーヒーが淹れられます。本格的なハンドドリップができるモノを探している方におすすめです。

本製品は容量1.7Lで、1.2L程度のお湯を沸かすのに適したサイズ。一度に約4杯分のコーヒーが淹れられます。家族や友人との団らんにぴったりのアイテムです。

ディーン&デルーカ(DEAN&DELUCA) ホーローケトル ホワイト 1L

シンプルながらあたたかみが感じられるデザインのコーヒーポットです。ブランドロゴがアクセントになっており、おしゃれな雰囲気を演出。飽きのこないデザインの製品を探している方におすすめです。

注ぎ口は湯量がコントロールしやすい形状のため、コーヒーを快適にドリップできます。また、ホーロー製なのでニオイ移りしにくく、お茶の煮出しなどにも使えて便利です。

月兎印 スリムポット

人気が高いホーロー製のコーヒーポット。細く伸びた鶴口タイプの注ぎ口を採用しており、使い勝手に優れています。高い技術を持つ職人によって手作業で作られた質の高いアイテムです。

2種類の容量が展開されており、0.7Lは約560ml、1.2Lは約960mlのお湯を沸かすのに適しています。カラーバリエーションも豊富で、あざやかな色合いのモノが揃っているのがポイント。キッチンを明るく彩るおしゃれな製品を探している方におすすめです。

パール金属(PEARL METAL) ジャストサイズ ホーローコーヒーポット600ml HB-4415

ちょっとしたコーヒータイムにちょうどよいサイズのホーロー製コーヒーポット。実容量は約300mlです。ガス火に対応していますが、ガスコンロの大きさによってはミニ五徳などが必要なので注意しましょう。

本製品は内面があざやかなブルーになっているのもおしゃれ。デザインのアクセントとなっています。クラシカルな形状によるレトロな雰囲気も魅力のコーヒーポットです。

ハリオ(HARIO) ボナ 琺瑯ドリップケトル BDK-80

天然木の取っ手とホーローを組み合わせた、あたたかみのあるデザインが特徴のコーヒーポット。インテリアと合わせやすく、おしゃれなコーヒーポットを探している方におすすめのアイテムです。

本製品はIH・直火の両方に対応し、熱源の確保がしやすいのもポイント。オール電化物件などでも安心して使用できる、汎用性の高さも魅力のひとつです。

細口の注ぎ口を採用しているため、湯量の調節が簡単。コーヒー豆の蒸らし作業などにも使いやすく、初心者の方でも手軽に本格的なハンドドリップを楽しめます。

フォームレディ(FORMLADY) kaico ドリップケトル K-017

注ぎ口の断面が三角形のホーロー製コーヒーポット。細いお湯を真下に注ぎやすい形状です。ドリップのしやすさにこだわっていますが、湯量が調節しやすく通常のケトルとしても使いやすいアイテム。大きめの取っ手で安定した操作がしやすいのも魅力です。

本製品は満水容量が約1.3L。熱源は直火とIHに対応しているため、使い勝手がよい製品です。また、白いホーローと木製のつまみを採用したあたたかいデザインも特徴。ナチュラルな雰囲気のキッチンを演出したい方におすすめのコーヒーポットです。

富士ホーロー(FUJIHORO) ソリッドシリーズ 1.6L コーヒーケトル SD-1.6CP

ファミリーやパーティーで役立つ大容量サイズのコーヒーポット。満水容量が約1.6Lなので、たっぷりとお湯が沸かせます。市販の7~8人用のドリッパーをセットできるため、コーヒーサーバーとしても使えるアイテムです。

本製品は直火のほかIH200V・シーズ・ハロゲンなどの幅広い熱源に対応しているので、さまざまな場所での湯沸かしに活躍します。また、持ち手がコンパクトな片手ハンドルなので場所を取りません。アウトドアシーンでも活躍するコーヒーポットとして人気の製品です。

ovject ドリップケトル O-DK1800

ぽってりとした丸みのあるフォルムがかわいいホーロー製コーヒーポット。鶴口タイプの注ぎ口は熟年の職人の手によって作られています。角度を変えるだけで簡単にお湯の太さが変えられるので、さまざまな味わいのコーヒーが淹れられるアイテムです。

本製品は満水時の容量が1.8Lなので、一度に約1.3Lのお湯が沸かせます。また、ガスコンロとIHに対応しているためケトルとして使っても便利。マルチに使えるアイテムを探している方におすすめです。

コーヒーポットのおすすめ|銅製

カリタ(Kalita) Cu ケトル 700 52262

熱伝導に優れた銅製コーヒーポット。銅はあたたまりやすい素材のため、時間をかけて何度も注ぐハンドドリップに適しています。満水容量が700mlで実容量は約500ml。喫茶店などでも用いられる本格的なコーヒーポットです。

鶴口タイプなのでさまざまな量とスピードのお湯が注げます。内側のメッキ加工によって銅と水が直接触れないため、水質の変化を起こしにくいのもポイント。さまざまな味わいのコーヒーを楽しみたい方におすすめです。

カリタ(Kalita) Cu ケトル 900 52264

アンティーク調のデザインが目を引くコーヒーポットです。コーヒータイムを上品に彩るハイセンスなアイテムを探している方におすすめ。使用していないときはインテリアとして飾ってもおしゃれです。

本製品は銅で作られているため、熱伝導がよくあたたまりやすいのが特徴。熱源は直火にのみ対応しています。お湯を沸かす際には取っ手も熱くなりやすいため注意しましょう。

満水時の容量が約900mlなので、実容量は700ml程度が目安。1~2杯分のコーヒーを淹れるのに適しています。本製品の内側にはメッキ加工が施されているため、水質の変化が起こりにくく味も変わりにくいのがポイント。細口ノズルで湯量がコントロールしやすいのも魅力です。

橋本金属 純銅 細口ドリップポット HK-8

使い込むほどに味のある色へと変化していく銅製コーヒーポット。表面が加工されていないため外観の経年変化が起こります。お手入れを楽しみながら長く付き合っていくコーヒーポットを探している方におすすめです。

植物のツル葉をモチーフにしたデザインの取っ手は真鍮製。銅と真鍮の2種類の風合いが楽しめます。本製品の適正容量は約800ml。細口タイプの注ぎ口で丁寧なドリップが楽しめるこだわりのアイテムです。

アサヒ 食楽工房 IH対応 銅製鎚目コーヒーサーバーケトル CNE315

IHに対応した使い勝手のよい銅製コーヒーポットです。底部がステンレスのため、IH100V・200Vに対応しています。満水容量は約1.1Lで、実容量は約0.8L。細口タイプの注ぎ口は真下にお湯を注ぎやすい形状で、ゆっくりとしたハンドドリップが楽しめます。

銅のやさしい輝きと槌目模様で高級感が感じられるアイテム。「メイド・イン・ツバメ」認証マーク取得を取得している高品質な製品なので、コーヒー好きな方へのギフトにもおすすめです。

新光金属 富士型一人用ドリップポット 吊式 MF-1206

富士山をモチーフにしたユニークな銅製コーヒーポット。アウトドアシーンでの使用を想定した製品なので直火に対応しています。銅は熱伝導が高いため、火力が安定しにくい場面でもスピーディにお湯が沸かせて便利です。

満水時の容量が約380mlなので、1人分のコーヒーを淹れるのにぴったり。ソロキャンプでおいしいコーヒーを楽しみたい方におすすめのアイテムです。

コーヒーポットのおすすめ|電気ケトル

山善(YAMAZEN) 電気ケトル YKG-C800-E

1℃単位で温度調節ができる電気ケトル。約60~100℃の範囲で温度を指定してお湯を沸かせます。自分の好みに合わせた温度のお湯が手軽に準備できて便利。60分間の保温機能を搭載しているのも嬉しいポイントです。

本製品の容量は3~4杯分のコーヒーに適した約800ml。細口タイプの注ぎ口なので、沸かしたお湯を移し替えることなくそのままハンドドリップできます。お湯を注ぐ位置や量を簡単にコントロール可能です。

シンプルでインテリアになじみやすいデザインも魅力。取っ手は持ちやすい形状なので、安定してお湯が注げます。コーヒーを淹れる機会が多い方は要チェックの電気ケトルです。

ハゴオギ(HAGOOGI) 電気 ケトル 1.0L GEK-1801

スピーディにお湯が沸かせる電気ケトルです。コーヒー1杯分に相当する約150mlのお湯が約63秒で沸騰するため、忙しい朝でも手軽にコーヒーが淹れられます。30分間の保温機能を搭載しているのもポイントです。

本製品は40~100℃の間で1℃単位の温度設定が可能。コーヒーだけでなく、お茶を淹れたり料理で使うお湯を沸かしたりできます。幅広いシーンで活躍する電子ケトルを探している方におすすめです。

実容量は約1.0L。大人数でコーヒーを楽しみたい方にぴったりの製品です。

ラッセルホブス(Russell Hobbs) カフェケトル1.0 7410JP

快適なハンドドリップをサポートする形状の電気ケトル。注ぎ口は根本が太い鶴口タイプながら、先端が細く作られています。太いお湯も細いお湯も出しやすいのが魅力。液だれしにくくスムーズにハンドドリップできます。

持ち手にもこだわっており、親指と人差し指を引っ掛けられる形状を採用しています。軽い力で注ぎやすいのがおすすめポイントです。

本製品は約0.8L・約1.0L・約1.2Lの3種類のラインナップがあります。コーヒー好きの方への贈り物としてもおすすめの電気ケトルです。

バルミューダ(BALMUDA) BALMUDA The Pot K07A

小ぶりで使いやすい電気ケトル。実容量約600mlのコンパクトサイズにより、狭いスペースでも場所を取りません。軽量なので片手でも簡単に扱えます。少人数でコーヒーを楽しみたい方におすすめのアイテムです。

注ぎ口には、お湯のスピードがコントロールしやすい細口を採用しています。カラーはオールブラックとオールホワイトのスタイリッシュな2色展開。生活感を抑えており、インテリアにも合わせやすいおしゃれなデザインの電気ケトルです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ドリップケトル 温度調節付 ブラック IKE-C600T

5℃刻みで温度調節が可能な電気ケトル。60~100℃の5℃刻みで温度を設定できるため、飲みたいモノに適した温度のお湯が沸かせます。また、メニューボタンを使えば簡単に100℃・90℃・70℃の3段階の温度が設定可能です。

湯沸かし後は音で知らせてくれるので、お湯が沸いたことがわかりやすいのもポイント。保温機能も搭載しているため、すぐにお湯が使えないときでもあたたかさをキープします。忙しいときでも使いやすい機能がそろったアイテムです。

本製品の実容量は約600ml。細口ノズルを採用しているため、湯量やスピードの調節が簡単でハンドドリップに適しています。アンティーク調の優雅なフォルムも魅力。インテリアに映えるおしゃれな電気ケトルを探している方はぜひチェックしてみてください。

ブルーノ(BRUNO) ステンレスデイリーケトル BOE072

ホーローのような、あたたかみのある見た目が特徴のステンレス製電気ケトル。蓋に施されたエンボス加工のメーカーロゴがアクセントになっており、おしゃれなデザインに仕上がっています。

また、本製品は湯沸かし後に自動で電源がオフになるよう設計されているため、安心して使用できる点もメリット。一人暮らしでも使用しやすい1Lサイズなのもポイントです。さらに、内側に目盛りが付いているので、水の量を簡単に把握できます。

コーヒーポットのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

コーヒーポットのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。