ハンドドリップでコーヒーを淹れるために必要なのが「コーヒーポット」。一見するとあまり違いがなさそうですが、サイズや注ぎ口の形状など、細かい部分でさまざまな違いがあります。

そこで今回は、おすすめのコーヒーポットをご紹介。選び方も併せて解説するので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

コーヒーポットの選び方

容量・サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

コーヒーポットはさまざまなサイズが展開されていますが、いずれも淹れるコーヒーの杯数に適した大きさの製品を選ぶことが大切です。

一度に淹れるのが1〜2杯なら700ml前後、3〜4杯なら1L程度の製品がおすすめ。必要以上に大きなサイズのモノを選んでしまうと、重みでドリップの細かなコントロールが行いにくいので注意しておきましょう。

コーヒーポットの扱いに慣れていない方は1〜2杯向けのコーヒーポットがおすすめ。軽く、扱いやすい製品で練習すると早く上達できます。美味しいコーヒーを淹れたい方は、チェックしてみてください。

注ぎ口の種類で選ぶ

初心者におすすめの「細口タイプ」

By: amazon.co.jp

初心者の方は注ぎ口が細く、太さが一定のコーヒーポットがおすすめ。湯量が一定でお湯を注ぎやすく、安定したドリップを行いやすいタイプです。

中級者以上におすすめの「鶴口タイプ」

By: amazon.co.jp

ハンドドリップに慣れており、さまざまな淹れ方を楽しみたい方は、根元が太い鶴口タイプの製品がおすすめ。傾け方次第でお湯を1滴1滴注ぐ点滴も可能で、幅広い注ぎ方でドリップできます。飲み口の軽いコーヒーから、濃く苦味の強いコーヒーまで淹れられるのでぜひ試してみてください。

素材で選ぶ

ステンレス

By: amazon.co.jp

サビにくく、落としたりぶつけたりしても破損しにくいのがステンレス。お手入れも簡単で、毎日、気軽に扱えるタイプです。

流通している種類としては各社ステンレス製のタイプを中心に展開しており、シンプルで、使い勝手に優れたコーヒーポットをラインナップしています。扱いやすさ、価格などのバランスを考えると初心者におすすめのタイプです。

ホーロー

By: rakuten.co.jp

保温性が高く、お湯が冷めにくいホーロー製のコーヒーポット。一度に何杯もコーヒーを淹れる方や、ゆっくりとドリップを楽しみたい方におすすめです。サビにくく、汚れも落としやすいため、日々のお手入れも簡単。また、デザイン性に優れているのもホーロータイプの特徴です。

なお、落とすと割れやすいので、取り扱いには注意。おしゃれなコーヒーポットを探している方はチェックしてみてください。

取っ手をチェック

By: amazon.co.jp

コーヒーポットを選ぶ際は、取っ手も確認しておきましょう。取っ手に使われている素材の種類には、木材や樹脂製のような熱くなりにくいモノや、ステンレスやホーローのように、熱くなりやすいタイプもあります。

また、取っ手から本体までの距離も大切。離れているタイプか、本体から近い位置にあるのか、どちらが使いやすいかは人によって異なります。使いやすさにこだわりたい方は、ぜひチェックしてみてください。

IH対応の有無をチェック

By: amazon.co.jp

自宅のコンロがガスではなくIHなら、ほかの調理器具と同様にコーヒーポットもIH対応の製品を選ぶ必要があります。最近ではIHに対応しているコーヒーポットも多くラインナップされていますが、万が一非対応の製品をIHコンロにかけてしまうと、事故の可能性があるため危険です。

ちなみに、IHだけでなくハロゲンヒーターなどあらゆる熱源に対応している製品もラインナップ。気になる方は、併せてチェックしてみてください。

コーヒーポットのおすすめ|ステンレス製

ハリオ(HARIO) V60ドリップケトル・ヴォーノ VKB-120HSV

ハリオのロングセラーアイテム。細口タイプでお湯の量がコントロールしやすく、初心者におすすめのコーヒーポットです。グリップは波状で握りやすいほか、蓋は逆さにおけるフラットつまみのため、蓋を汚すことなくいつでもきれいな状態で使えます。

容量は800mlで、IH・ガスコンロ・ハロゲンヒーターなど、幅広い熱源に対応しているのもポイント。価格もリーズナブルなので、高品質でコスパに優れたコーヒーポットを探している方におすすめです。

ハリオ(HARIO) V60ドリップケトル・ヴォーノ VKF-120-MB

マットな質感がおしゃれなコーヒーポット。湯量がコントロールしやすい細口タイプで、ゆっくりドリップすることにより、本格的な味わいのコーヒーが淹れられます。また、水切れがよいのも特徴で、狙ったところにお湯を落とせ、点滴投下も可能です。

容量は800mlで、2~3人分にぴったり。ガスやIHなどすべての熱源に対応しているので、あらゆるシーンで利用できます。スタイリッシュなデザインが好きな方におすすめです。

カリタ(Kalita) 細口ポット

シンプルなデザインが美しいカリタのコーヒーポット。本体重量が330gと軽く、女性でも扱いやすいアイテムです。注ぎ口は細口タイプで水切れがよく、繊細で思い通りのドリップワークができます。

容量は700ml。また、ステンレス製のためお手入れが簡単なほか、長く愛用できるのもメリットです。シンプルで飽きのこないコーヒーポットを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

FELLOW ドリップケトル

サンフランシスコを拠点にデザイン性に優れたアイテムを開発しているFELLOWのコーヒーポット。蓋に温度計がついており、適温でドリップワークができるのが特徴です。

より美味しいコーヒーが抽出できるように、最適な湯量で1滴1滴お湯が落とせるように設計されているのもポイント。また、親指を置いて注げるハンドル形状は握りやすく、安定したドリップが可能です。

容量は1Lで、IH・電気コンロ・ガスと、3つの熱源に対応しています。繊細なドリップワークができるモノを探している方や、温度計がついているコーヒーポットを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

山善(YAMAZEN) EGL-C1280 電気ケトル

60~100℃まで、1℃単位で温度の設定ができる電気ケトル。デジタル表示で見やすく、ワンタッチ操作でさまざまな設定ができます。1200Wのハイパワー仕様のため、スピーディーにお湯が沸かせるのもポイント。保温機能がついているので沸かし直す手間も必要ありません。

取っ手は、手に馴染む形状で握りやすく、女性でも扱いやすいのもメリット。また、注ぎ口は細口タイプのため初心者でもおいしいドリップコーヒーが楽しめます。

シンプルで高級感のあるデザインで、インテリア映えしやすいのも魅力。容量は使いやすい800ml。飲みたいときに気軽に使える、おすすめのコーヒーポットです。

ブルーノ(BRUNO) ステンレスデイリーケトル

レトロなデザインがおしゃれな電気ケトル。一見ホーローのように見えますが、素材としてはステンレスを採用している鶴口タイプで、1滴ずつドリップしたり、円を描くようにドリップしたりと、好みに応じて幅広い注ぎ方ができます。

操作も簡単で、ワンタッチで加熱スタート。「自動電源オフ機能」や「空焚き防止機能」を備えており、安全面に配慮しているのもポイントです。

容量は、一人暮らしの方でも来客用でも使える1L。結婚祝いや新居祝いなど、プレゼントにしても喜ばれるおすすめのコーヒーポットです。

パール金属(PEARL METAL) バリスタ ステンレス製ドリップポット H-996

重さが380gと軽量で、お湯が入った状態でも軽々と扱えるコーヒーポット。取っ手は握りやすい形状で、安定感のあるドリップができます。

初心者でも安心の細口タイプを採用。お湯をゆっくり静かに注げるので、香り高いコーヒーが淹れられます。また、ガスやIHなどオール熱源に対応しているため使い勝手も良好です。

適用容量は650mlで、1~2杯に最適。リーズナブルな価格も魅力なので、コスパ重視でコーヒーポットを選びたい方におすすめです。

タカヒロ コーヒードリップポット 雫 0.9L

喫茶店やコーヒー愛好家から人気のあるコーヒーポット。極細パイプの注ぎ口が特徴で、点滴抽出を得意とするアイテムです。注ぎ口から真下にお湯が落とせ、思いのままのハンドドリップが楽しめます。

また、開口部が広いため、手を中に入れて洗えるので毎日のお手入れも簡単。初心者から上級者まで、層を選ばず美味しいコーヒーが抽出できるおすすめのアイテムです。

KINTO (キントー) プアオーバーケトル 430ml ブラック 20365

容量430mlで、1人分のコーヒーを淹れるのに適したコーヒーポット。ステンレス製の本体は強度や使いやすさ、質感を考慮して、適度な厚みに設計されています。シンプルで洗練された見た目も魅力です。

持ち手は適度なカーブを描いており、握りやすくフィット感も良好。細口タイプの注ぎ口は、お湯の落ちる位置や量、スピードなどを思い通りに行えます。1人分のコーヒーがドリップできるミニマムサイズのコーヒーポットを探している方におすすめです。

コーヒーポットのおすすめ|ホーロー製

ハリオ(HARIO) ホーロー ドリップ ケトル ボナ BDK-80-W

天然木とホーローの組み合わせがおしゃれなコーヒーポットです。直火とIHの両方に対応しており、使い勝手のよさが特徴。また、取っ手は天然木を採用しているため、熱くなりにくいのも嬉しいポイントです。

実用容量は、汎用性の高い800ml。ナチュラルな雰囲気が好きな方は、ぜひチェックしてみてください。

カリタ(Kalita) コーヒーサーバー 600ml

適正容量約360mlで、1杯分のコーヒーをドリップするときにちょうどよいコーヒーポット。ブランドロゴがワンポイントでデザインされており、キッチンに置いておくだけでおしゃれな空間を演出します。

小ぶりのコーヒーポットを探している方におすすめ。600mlのほかに、1Lサイズもラインナップされているので、好みに合ったアイテムをチョイスしてみてください。

カリタ(Kalita) コーヒー達人 ペリカン

ペリカンの口のようなユニークな形状をした注ぎ口のコーヒーポット。ドリップ中は注ぎ口から湯量が見やすく、太くも細くも注げ、自分の思い通りのドリップワークが可能です。

容量は1Lで、3~4人分にちょうどよいサイズ。レトロな見た目もおしゃれで、カラーはホワイトとレッドの2色を展開しています。

野田琺瑯(NODA HORO) ホーロー ドリップポット アンビ

「あらゆるアングルから見て美しい」というコンセプトのもと、工業デザイナーの山田耕民氏によってデザインされたコーヒーポット。四角い蓋と、天然木のツマミがおしゃれで、置いておくだけで絵になるアイテムです。

注ぎ口は細く、ドリップしやすいのもポイント。容量は1.2Lとたっぷり入るので、普段使いから来客時のおもてなしまでさまざまなシーンで活躍します。

カラーはネイビー、ホワイトのほか、絶妙な色合いのオリーブ、グレーもラインナップ。デザイン重視の方におすすめのコーヒーポットです。

野田琺瑯(NODA HORO) ドリップケトル2 オレンジ DK-200

注ぎ口が細いため、コーヒーもドリップできるケトル。容量は2Lとたっぷりあるので、普通のケトルとして使ったり、コーヒーをドリップしたりと、汎用性の高さが魅力のアイテムです。

ガスだけでなく、IH100・200Vに対応しているのもポイント。カラーバリエーションも豊富で、全5色がラインナップされています。好きなカラーを選んで、キッチンインテリアのワンポイントにもなるおすすめアイテムです。

パール金属(PEARL METAL) ミニ ホーロードリップポット

スタイリッシュなデザインのホーロー製コーヒーポットです。生活感が出にくく、女性はもちろん、1人暮らしの男性にもおすすめ。また、家の中だけでなく、アウトドアシーンでも使えるアイテムです。

満水容量は約1.1Lで、適正容量は約700ml。1~2杯ドリップするのにちょうどよいサイズです。

富士ホーロー(FUJIHORO) コーヒーポット ソリッド 1.6L

片手ハンドルがレトロな雰囲気のコーヒーポッド。容量は1.6Lと大きめサイズで、ファミリーユースやパーティーなどに活躍します。ハンドルが握りやすくて使いやすいほか、ガスとIHの両方に対応しているのもポイントです。

市販のドリッパーを直接セットしてコーヒーを淹れられるのもポイント。利用シーンに合わせてさまざまな使い方ができます。大きめサイズのコーヒーポットを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

月兎印(Tsukiusagijirushi) スリムポット

全6色のカラーラインナップがを揃えたホーロー製のコーヒーポット。ひとつひとつ職人によって丁寧に作られており、愛着を持って長く使えるおすすめのアイテムです。

鶴口タイプで、注ぎやすさに配慮して作られているのが特徴。点滴投下もでき、コーヒーの美味しさを最大限に引き出す形状です。また、ホーロー製のため匂いや汚れもつきにくく、お手入れが簡単なのもメリット。おしゃれなコーヒーポットを探している方や、プレゼント用のモノを探している方はチェックしてみてください。

コーヒーポットのおすすめ|その他

ハリオ(HARIO) V60 ドリップケトル ヴォーノ カパー 700ml VKBN-90CP

取っ手にシリコンカバーがついている銅製コーヒーポット。取っ手が熱くなりにくいほか、波状のフォルムは握りやすく、使い勝手に優れたアイテムです。

蓋のツマミに天然木を採用したり、ハンドル部分には真鍮を使ったりと、デザイン性のよさも魅力。また、注ぎやすさを追求して設計された注ぎ口で、繊細なドリップワークが可能です。取っ手が熱くなりにくいコーヒーポットを求めている方は、ぜひチェックしてみてください。

カリタ(Kalita) 銅ポット 700ml

熱伝導性が高いため短い時間で沸かせ、お湯も冷めにくい銅製のコーヒーポットです。使い込むほど味わいが増すのも魅力。長く愛用したいコーヒーポットを探している方におすすめです。

水質を変化させないために、ポットの内側にメッキ加工が施されているのもポイント。コーヒーの味の質を落とさず、まろやかな味わいが楽しめます。

細口ノズルは湯量をコントロールしやすく、1滴1滴ゆっくりと時間をかけてドリップすることが可能。思い通りのドリップワークができ、自分の味を極めてみたい方におすすめです。

カリタ(Kalita) コーヒーポットTSUBAME&Kalita 52204

新潟県燕市で職人により丁寧に作られたコーヒーポットです。品質確かな製品にだけに与えられる「メイド・イン・ツバメ」に認定されているのが特徴。本体底に「メイド・イン・ツバメ」のマークが刻印されており、コーヒーウェアにこだわりのある方におすすめのアイテムです。

ハンドルは木製なので、熱が伝わりにくく握りやすいのがポイント。また、水質の変化を防ぐために、内側にメッキ加工が施されています。

容量は700mlで、1~2人分をドリップするのにおすすめ。品質がよいだけに価格もやや高めですが、長期間使えるコーヒーポットを探している方はぜひチェックしてみてください。

カリタ(Kalita) 銅ポット900

アンティーク調のおしゃれなデザインが魅力の銅製コーヒーポット。注ぎ口は初心者にも優しい細口タイプで、湯量がコントロールしやすく、安定したドリップが可能です。

容量は900mlで、一度に3~4杯のコーヒーを淹れられます。お湯が冷めにくい銅製のため、家族分のコーヒーをドリップしたいときや来客時にも、ゆっくりとドリップワークを楽しめます。個性のあるコーヒーポットを探している方におすすめです。

アサヒ(Asahi) IH対応 銅製コーヒーサーバー

直火、IHの両方に対応している、「メイド・イン・ツバメ」に認定された銅製のコーヒーポットです。細い注ぎ口で湯量がコントロールしやすく、狙ったところにお湯を注げるのがポイント。思いのままのドリップワークができ、好みの味のコーヒーに仕上げられます。

金槌で叩いてから模様を入れる「槌目」模様も美しく、プレゼントにもおすすめ。IHに対応している銅製のコーヒーポットを探している方は、要チェックのアイテムです。

月兎印(Tsukiusagijirushi) スリムポット 0.7L コパー

職人によりひとつひとつ丁寧に磨き上げられ、銅の色合いと輝きが美しいコーヒーポットです。手が直接触れるハンドルとツマミ部分を、銅メッキのステンレス製にすることで手が熱くなりにくいのが特徴。デザイン性だけでなく、使い勝手にもこだわって作られたアイテムです。

注ぎ口の形状にもこだわっており、湯量やタイミングをコントールしやすいように設計されているのもポイント。お湯を真上からゆっくりとドリップでき、香り高いコーヒーが淹れられます。

また、本体を傾けても蓋が外れにくい構造のため、ドリップに集中できるのもメリット。長く愛用できるコーヒーポットを探している方や、スペシャル感の高いモノを探している方におすすめです。

コーヒーポットのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

コーヒーポットのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。