ハンドドリップでコーヒーを淹れるために必要なのが「コーヒーポット」。一見するとあまり違いがなさそうなコーヒーポットですが、実はサイズや注ぎ口の形状などに違いがあります。

そこで今回は、おすすめのコーヒーポットをご紹介します。選び方も解説するので購入の際の参考にしてみてください。

コーヒーポットの選び方

容量・サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

コーヒーポットはさまざまなサイズのモノが販売されています。しかし、コーヒーポットの場合、大は小を兼ねるという訳ではないので、普段1度に淹れるコーヒーの杯数に適した大きさの製品を選ぶことが大切です。

一度に淹れるのが1〜2杯なら700ml前後、3〜4杯なら1L程度の製品がおすすめ。コーヒーポットを扱う際は、本体の重量に加えお湯の重量も腕にかかります。必要以上に大きなサイズを選んでしまうと、重みでドリップの細かなコントロールが行えないので注意しましょう。

そのため、初心者の方は1〜2杯向けのコーヒーポットがおすすめ。慣れていない内は狙った場所にお湯を注ぐのが難しいので、軽く扱いやすい製品で練習すると早く上達できます。美味しいコーヒーを淹れるにあたり容量とサイズは重要なため、しっかりとチェックしてみてください。

注ぎ口の種類で選ぶ

By: amazon.co.jp

一口にコーヒーと言ってもその味わいは千差万別であり、豆によって味が変わるのはもちろんですが、ハンドドリップの方法によっても異なります。そのハンドドリップに大きく影響を及ぼすのが、コーヒーポットの注ぎ口です。

注ぎ口にはさまざまな形状や太さがあり、この違いによって注ぐお湯の量やスピードが変化します。初心者の方は注ぎ口が細く、太さが一定のコーヒーポットがおすすめ。湯量が一定でお湯を細く注ぎやすく、安定したドリップを行いやすいタイプです。

ハンドドリップに慣れていて、さまざまな淹れ方を楽しみたい方は、根元が太く、注ぎ口が鶴口と呼ばれる形状の製品がおすすめ。傾け方次第でお湯を一滴一滴注ぐ点滴投下も可能であり、幅広い注ぎ方でドリップできます。飲み口の軽いコーヒーから、濃く苦味の強いコーヒーまで淹れられるので、中級者以上の方はチェックしてみてください。

素材で選ぶ

ステンレス

By: amazon.co.jp

ステンレスは最もよくコーヒーポットに用いられている素材です。ラインナップが豊富で、大手コーヒー器具メーカーの多くはステンレス製を中心にコーヒーポットを生産しています。リーズナブルな価格帯にも優れた製品が多く存在するので、初心者の方が手に取りやすいのも魅力です。

ステンレスは耐久性が高く、落としたりぶつけたりしても割れにくいのが長所。錆びにくいため長く愛用できる上、お手入れも容易です。デメリットはやや保温性が低く、薄いステンレスの場合はお湯が冷めやすい点。また、ステンレスの味が水に移りやすく、味にこだわる方は気になる場合があります。

ただし、最もコーヒーポットの種類が豊富な素材であり、初心者の方におすすめの細い注ぎ口を有した製品もリーズナブルに入手可能。愛用者の多いタイプなので、迷ったらまずはチェックしてもらいたい素材です。

ホーロー

By: amazon.co.jp

ホーローとは、鉄などの金属にガラス質の釉薬を高温で焼き付け、ガラスの膜で金属を覆った素材です。カラフルに塗装された製品が多くデザイン性に優れているため、キッチンに置いても華やかであり、インテリアとしてもおすすめ。保温性が高く、お湯が冷めにくいのもメリットです。

そのため、一度に大量のコーヒーを淹れる方や、点滴投下などのゆっくりと時間をかけてコーヒーを淹れる方にぴったり。腐食に強いので錆びにくく、汚れが落としやすいのも魅力です。水の味を変えないので、繊細な味のコーヒーを淹れるのにも適しています。

デメリットは急激な温度変化や衝撃に弱い点。また、素材の性質上注ぎ口を細く一定に加工することは難しく、注ぎ口やその根元が太めです。初心者の方は注ぐお湯をコントロールしにくく感じるかもしれません。おしゃれなコーヒーポットで楽しくコーヒーを淹れたい方におすすめです。

By: amazon.co.jp

銅は熱伝導率が高く、すぐにお湯を沸かせるのがメリットです。ホーローと同様に水の味を変えないので、コーヒーの繊細な味わいを楽しめます。銅ならではの色と光沢による、クラシカルな見た目も魅力です。

デメリットは、銅は酸化しやすく使っているうちに表面が黒っぽく変化してしまう点。これは「緑青」と呼ばれ、サビは酢と塩を付けた布でこすると落とせますが、他の素材よりお手入れに手間がかかるため注意が必要です。

また、ステンレスに比べ耐久性が低く、凹みや傷がつきやすいのも欠点。価格も3種類のなかでは比較的高めです。ただし、注ぎ口が細く扱いやすいモデルも多く、独特の風合いは他の素材にないメリット。まめにお手入れを行うのが苦にならない方は、ぜひチェックしてみてください。

IH対応の有無で選ぶ

By: amazon.co.jp

自宅のコンロがガスではなくIHタイプなら、他の調理器具と同様にコーヒーポットもIH対応の製品を選ぶ必要があります。最近ではIHに対応しているコーヒーポットも多く販売されていますが、万が一非対応の製品をIHコンロにかけてしまうと事故の可能性があり危険なので、しっかりとチェックしましょう。

IH対応のコーヒーポットは、ホーローや銅よりもステンレスの製品に多くみられます。なかには、IHだけでなくハロゲンヒーターなどあらゆる熱源に対応している製品もあり便利です。

コーヒーポットのおすすめモデル|ステンレス製

カリタ(Kalita) 細口ポット700ml 52055

プロからの評価も高いおすすめのコーヒーポットです。容量は700mlで、1〜2杯分のコーヒーを淹れるのにちょうどよいサイズ。重量は約330gと軽く、扱いも容易です。注ぎ口が細く先端がわずかに反り返っているため、水切れがよく垂れることがありません。

注ぎ口が一定の細さなので湯量をコントロールしやすく、少し傾けるだけで狙った場所にお湯を注げます。グリップは握りやすい形状で、初心者の方も扱いやすくおすすめ。フタと本体のかみ合いがよく、傾けている間にフタが外れることもないため安心です。

カリタ(Kalita) ウェーブポット1l 52073

独特の注ぎ口を持つ使いやすいコーヒーポットです。注ぎ口が鶴口タイプで、縦に細い形状をしているため、お湯の落下する位置を確かめやすいのが魅力。木製のグリップはウェーブ状で握りやすく、長さがあるので手の平の大きな方にもおすすめです。

容量は1Lで重量は約470g。3〜4杯のコーヒーを一度に淹れられます。100V専用のIHに対応しているのもポイント。中〜上級者向けのコーヒーポットです。

カリタ(Kalita) コーヒーポット 52039

他にはない斬新なフォルムがおしゃれなコーヒーポットです。鏡面仕上げのステンレスが美しく、インテリアとしてもおすすめ。注ぎ口が細く一定の太さを保っており、注ぎやすい角度にカーブしています。独特のグリップは重さを感じにくい形状で、女性も扱いやすい設計です。

容量は600mlで、重量は約350g。茶こしが付属しており、コーヒーだけでなく紅茶や日本茶も淹れられます。ゴールドの差し色がおしゃれなコーヒーポットです。

カリタ(Kalita) DP1000W 52231

高度な金属加工技術で有名な新潟県燕市。この町で作られ、燕商工会議所が認めた製品のみが名乗れる「メイド・イン・ツバメ」ブランドとカリタがコラボしたコーヒーポットです。

マット仕上げのステンレスが醸し出す風合いと、洗練されたフォルムが魅力。ハンドルとフタのつまみ部分に採用された、明るい色味の木材が優しい雰囲気を添えています。

容量は1Lと大きく、3〜4杯分のコーヒーも一度に淹れることが可能。重量が約360gと軽く、扱いやすいのもポイント。注ぎ口が細く一定のため、ハンドドリップ初心者の方にもおすすめのコーヒーポットです。

カリタ(Kalita) ドリップポットスリム 700SS 52201

「メイド・イン・ツバメ」とカリタのコラボによるシンプルなコーヒーポットです。容量は700mlで、重量は360g。軽くて取り回しがよく、1〜2杯分のコーヒーを入れるのに最適です。燕市の高度なステンレス加工技術により、無駄のないスタイリッシュなデザインに仕上がっています。

高品質なステンレスを用いているため、ベーシックな形状で長く愛用できるコーヒーポットを探している方におすすめ。注ぎ口も細く一定で、お湯をコントロールしやすい設計です。

ハンドドリップ初心者の方から上級者の方まで、幅広い方におすすめできる製品なので、ぜひチェックしてみてください。

ハリオ(HARIO) V60ドリップケトル・ヴォーノ VKB-120HSV

大手メーカーのハリオによる、使いやすくコストパフォーマンスに優れた人気製品です。IHに対応しているだけでなく、ハロゲンヒーターなどを含む全ての熱源に対応しているのが特徴。

注ぎ口が細く一定で、ハンドドリップ初心者の方も注ぎやすいタイプです。グリップは握りやすい波型であり、指をかけてしっかりホールドできます。容量が800mlと、使いやすいサイズ感なのもポイントです。

また、フタのつまみがフラットになっており、逆さにしても置けるため便利。IH対応型の定番モデルを探している方におすすめのコーヒーポットです。

ハリオ(HARIO) V60ドリップケトル・フィット VKF-120-MB

マットなブラックがおしゃれなコーヒーポットです。スタイリッシュなフォルムもポイントで、キッチンをおしゃれに演出します。注ぎ口は細く一定の太さなので、お湯の量をコントロールしやすく、初心者の方にもおすすめの製品です。

また、ハンドルのグリップしやすさにもこだわっており、親指をハンドルの上部にのせてしっかりホールドできます。ガスによる直火だけでなく、IHやハロゲンヒーター、シーズヒータなど全ての熱源に対応しているのもメリットです。

容量は800mlで、1度に2杯程度のコーヒーを淹れるのに最適。IH対応のおしゃれで使いやすいコーヒーポットを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

ハリオ(HARIO) ミニドリップケトル・粕谷モデル KDK-300-MB

世界一のバリスタである粕谷哲氏がプロデュースしたコーヒーポットです。粕谷哲氏は、コーヒーの世界大会「WORLD BREWERS CUP」の2016年度大会において、アジア初の優勝という快挙を成し遂げた経歴があります。

本コーヒーポットは、直火やIHなどの熱源は利用できない熱湯専用です。「誰でも簡単に美味しく」をコンセプトに開発されており、注ぎ口も細く一定のお湯をコントロールしやすいタイプなので、ハンドドリップのエントリーモデルとしてもおすすめ。

容量は300mlで、1杯分のコーヒーを淹れる用途に絞った設計です。コンパクトで軽いため操作性に優れています。マットなカラーや、直線的でスマートなデザインも魅力。1杯分のコーヒーを手軽に淹れられるコーヒーポットを探している方におすすめです。

ハリオ(HARIO) V60温度調整付きパワーケトル・ヴォーノ EVKT-80HSV

ハリオの人気コーヒーポットである「ヴォーノ」を、電気加熱式にした便利な製品です。お湯の温度を1℃単位でコントロールでき、コーヒーを淹れるのに最適な温度と言われる93℃にも簡単にキープできます。加熱後は15分間保温できるのもメリットです。

注ぎ口はヴォーノと同様に細く一定の形状で、お湯のコントロールがしやすい設計。空焚き防止機能や、10分間操作がない場合に作動するオートオフ機能など、電気製品ならではの安全機能も魅力です。

容量は、800mlあるので2杯程度のお湯が沸かせます。温度を簡単にコントロールしたい方や保温ができるモノを探している方におすすめです。

パール金属 バリスタ ステンレス製ドリップポット1.1L H-996

リーズナブルで使い勝手のよいコーヒーポットです。満水時1.1Lの大容量で、本体重量は約370gと軽くコントロールしやすいのが特徴。ガスコンロでの直火はもちろん、IHやハロゲンヒーターなどの熱源にも対応しています。

注ぎ口は細く一定の太さを保ったタイプで、お湯の量やスピードの調節が容易。フタと本体の噛み合わせ部分に凹凸があり、傾けたときにフタが外れにくいのもポイントです。

また、リーズナブルな価格のためコストパフォーマンスを重視する方におすすめ。これからハンドドリップに挑戦してみようと考えている方にも、ぜひチェックしてもらいたい製品です。

和平フレイズ カンパーナ コーヒーポット1L CR-8877

口が広くお手入れしやすいのが魅力のコーヒーポットです。広口タイプなので内部が洗いやすく、長く衛生的に使えます。ハンドルは折り返しがついた形状で、持ち上げやすいのも魅力。適正容量は700mlであるのに対し重量が約390gと軽く、取り回しが容易です。

ガス火だけでなくIHやセラミックヒーター、ハロゲンヒーターなどの熱源にも対応しています。また、注ぎ口が細口タイプなので、注ぐお湯をコントロールしやすいのもメリット。リーズナブルなので、試しにコーヒーポットを使ってみたいという方にもおすすめです。

メリタ(Melitta) ステンレスケトル 1.3L MJ-0402

大手コーヒー器具メーカーのメリタによる、ベーシックなコーヒーポット。ハンドドリップ専用に設計されているため、湯量やお湯を注ぐ位置などをコントロールしやすい製品です。

容量が1.3Lと大きいので、一度にまとまった量のコーヒーを淹れたい方におすすめ。注ぎ口は細く一定の太さなので、初心者の方にも扱いやすい仕様です。また、IHにも対応しているのもポイント。容量の大きなコーヒーポットを探している方はぜひチェックしてみてください。

メリタ(Melitta) コーヒーケトル プロ1L MJK-1601

スタイリッシュで使いやすい、おすすめのコーヒーポットです。オールステンレスの洗練されたデザインが魅力。フタの取っ手やハンドルもステンレス製で、シンプルながらもおしゃれな印象を与えます。

湯量や注湯の高さ、湯の注ぐ場所などをコントロールしやすく、ドリップに最適な設計です。注ぎ口は細口タイプ。ノズルのカーブにより、コーヒー粉の真上に注ぎ口を当てやすいのもメリットです。

容量は1Lで、IHにも対応しています。ステンレスの光沢が美しい、ハンドドリップに最適なコーヒーポットです。

ヨシカワ カフェタイム 木柄ドリップポット YOS-SH7090

フタの取っ手とハンドル部分が木製のステンレス製コーヒーポットです。シンプルでナチュラルなデザインが好きな方におすすめ。注ぎ口が細く反り返りがあるので、お湯を狙った場所に注ぎやすい製品です。

ガスによる直火だけでなく、IHやハロゲンヒーターなどの幅広い熱源に対応しているのもメリット。ウッドハンドルのコーヒーポットを探している方におすすめの製品です。

タカヒロ コーヒードリップポット 雫 900ml

プロ仕様のハイクオリティなコーヒーポットです。注ぎ口が一般的な製品よりも細く作られており、大きく反り返っています。お湯を細く注ぐ点滴投下などを安定して行えるため、幅広いドリップが可能。注ぎ口に対するお湯の切れもよく、お湯を自在にコントロールできます。

容量は900mlで、IHに対応しているのもメリットです。本体の開口部は径8.5cmと広く、手が入るので内部のお手入れも容易。喫茶店やカフェなどでも使用されている高性能なコーヒーポットであり、本格派の方におすすめです。

ユキワ(YUKIWA) コーヒーポット M-5

プロからも支持を得ている、おすすめのコーヒーポットです。シンプルながらも随所に見られるこだわりが、スムーズなハンドドリップをサポートします。注ぎ口は細く根元が太い形状で、水流が乱れにくい設計。狙った位置に対しお湯を正確に注げる、操作性のよさが高く評価されています。

フタが本体と金具で接続しており、傾けてもフタの落ちる心配がないのもポイント。ハンドル部分は根元に穴が開けられているため、本体の熱が伝わりにくく安心して握れます。耐久性にも優れており、長く愛用できるのも魅力です。

本モデルは容量750mlの5人用サイズ。他には、400mlと1Lのサイズ展開があります。プロ仕様の高性能なコーヒーポットを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

ラッセルホブス(Russell Hobbs) カフェケトル 7408JP

ラッセルホブスのロングセラー製品です。電気ケトルタイプのコーヒーポットであり、カップ1杯分のお湯をわずか1分で沸かせるのが魅力。保温性が高く、沸騰してから1時間後も70℃までしか下がらないと謳っています。電気製品ならではの、空焚き防止機能やオートオフ機能などの安全機能を搭載しているのもポイントです。

注ぎ口は先端が細く、根元が太い形状。ハンドルは持ち上げやすい設計で、プラスチックを付けて本体の熱を和らげているのもメリットです。容量は800mlで、満水時でも約4分でお湯を沸かせます。また、本体の径が広く、内部に手が入るのでお手入れが容易です。

ステンレスの光沢とマットなブラックによる、シックでおしゃれなデザインも魅力。お湯をすぐに沸かせられる便利なコーヒーポットです。

バルミューダ(BALMUDA) The Pot K02A

おしゃれなコーヒーポットを探している方におすすめのモデル。洗練されたスタイリッシュなデザインが魅力。容量600mlのコンパクトなサイズで、満水時でも約3分でお湯が沸かせます。注ぎ口は細口タイプで、狙った場所に注げるよう湯切れがよく設計されているのもポイントです。

ハンドル部分は手に馴染みやすいよう研究しつくされており、使用中は端部に埋め込まれた電源ランプが灯ります。空焚き防止機能や自動電源OFF機能など、安全機能も搭載しているので安心。すぐにお湯を沸かせる、電気ケトルタイプのおすすめ製品です。

コーヒーポットのおすすめモデル|ホーロー製

月兎印 スリムポット 700ml

ホーロー製のコーヒーポットとして有名な、ロングセラー製品です。おしゃれなデザインと使い勝手のよさから、支持を集め続けています。カラーバリエーションが豊富で、自分好みのカラーを選べるのも魅力です。

1934年創業の老舗ホーローメーカーである野田琺瑯が製造しており、熟練の職人技術によって、ひとつひとつ手作業で作っています。注ぎ口は繊細に加工された、細く根元が太い形状。有名なコーヒー専門店でも使われているほど、ハンドドリップに適した製品です。

おしゃれで注ぎやすいホーロー製のコーヒーポットを探している方におすすめ。日本製にこだわった、長く愛用できる高品質な製品です。

カイコ(kaico) ドリップケトル 950ml

ホワイトカラーと楓の組み合わせがおしゃれなコーヒーポットです。シンプルなデザインでありながらスタイリッシュでモダンな印象を与えます。内部が藍色に塗装されているのもポイント。注ぎ口は逆三角形の広口タイプで、お湯を真下に注げるためコントロールがラクにできます。

容量はやや大きめな950mlですが、コンパクトで軽く取り回ししやすいのもメリット。熱源は、IHにも対応しています。ナチュラルなデザインのおしゃれなコーヒーポットです。

カリタ(Kalita) コーヒー達人・ペリカン1l 52123

人気メーカーのカリタによるホーロー製コーヒーポットです。注ぎ口がペリカン口や鶴口と呼ばれるタイプなので、太く注いだり一滴一滴垂らすように注いだり、さまざまな注ぎ方が可能。

容量は1Lで、重量は約625g。一度にたっぷりとコーヒーを淹れられますが、やや重量がある上、鶴口タイプなので中〜上級者向きの製品です。ホーロー製コーヒーポットの定番モデルを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

カリタ(Kalita) 細口ホーローポット1l 52115

注ぎ口が細く扱いやすいコーヒーポットです。お湯を細く注げるため、ハンドドリップ初心者の方にもおすすめ。また、保温性が高いため、数回に分けてお湯を注ぐ方法のハンドドリップにもぴったりです。

容量は1Lで重量は約550g。カラーは、ホワイト・ブルー・レッドの3色展開です。大手メーカーによる、おしゃれで使いやすいホーロー製コーヒーポットを探している方におすすめです。

ハリオ(HARIO) ボナ・琺瑯ドリップケトル BDK-80

ホワイトのボディと天然木の組み合わせがおしゃれなコーヒーポットです。ノズルの付け根は太めですが、注ぎ口は細く、お湯の量やスピードをコントロールしやすいのが魅力。容量は800mlで、ほどよいサイズ感なのもメリットです。

直火だけでなくIHにも対応しています。ナチュラルなデザインがキッチンに映えるおすすめの製品です。

コーヒーポットのおすすめモデル|銅製

カリタ(Kalita) 銅ポット600 52071

カリタによるベーシックな銅製のコーヒーポットです。銅ならではのクラシカルなデザインが魅力。熱伝導性に優れており素早く温まるため、数回に分けてお湯を注ぐハンドドリップにおすすめです。

カリタの銅製コーヒーポットは内部にメッキ加工を施しているので、水質の変化が起こらないのもポイント。本製品は容量が600mlで、重量は約350gです。注ぎ口は細く、太さが一定のタイプ。軽量のため取り回しが容易で、注ぐお湯をコントロールしやすく、初心者の方にもおすすめの製品です。

カリタ(Kalita) 銅ポット900 52017

アンティークなデザインが特徴的なコーヒーポットです。銅は使い込むほどに風合いが増すので、経年変化を楽しみたい方におすすめ。

容量は1〜3杯程度のコーヒーが淹れられる900mlで、重量は約520g。注ぎ口は細く一定の形状で、大量のお湯を注ぎ出ないようにコントロールしやすいのも魅力です。

カリタ(Kalita) ドリップポットスリム 700CUW 52204

「メイド・イン・ツバメ」とカリタのコラボによるコーヒーポットです。燕市の優れた金属加工技術を用いて製造されており、品質の高さと洗練されたデザインが魅力。本体は赤銅色でノズルはゴールド、グリップは木製です。

複数の色や素材を組み合わせたおしゃれで目を引くデザインは、インテリアとしてもおすすめ。また、銅は熱伝導がよいため、ハンドルが熱を持ってしまう場合もありますが、本製品は木材を採用することで快適に握れるよう設計されています。

容量は700mlで、重量は約360g。比較的軽量なのもポイントです。注ぎ口は鶴形で、付け根が太いタイプ。お湯を細くゆっくりと注いだり、太く一気に注いだりと、さまざまな淹れ方を試せます。長く愛用できる高品質なコーヒーポットを探している方におすすめです。

ハリオ(HARIO) V60ドリップケトル ヴォーノ・カパー VKBN-90CP

ハリオの銅製コーヒーポットです。長年に渡り人気が高く、注ぎやすさに定評のある「V60」と同様の形状を採用しており、優れた操作性が魅力。注ぎ口が細く一定なので、お湯の量やスピードをコントロールし狙った場所に注げます。

容量は700mlで、1〜2杯分のコーヒーを淹れるのに最適。ハンドルがシリコンのカバーで覆われているため、熱が和らぎ快適に握れます。フタのつまみは天然木を採用しており、銅独特の素材感と合わさって、おしゃれに仕上がっているのもポイントです。価格は高めですが、長く愛用できる高性能な製品としてぜひ候補に入れてみてください。