ハンドドリップでコーヒーを淹れるために必要なのが「コーヒーポット」。一見するとあまり違いがなさそうなコーヒーポットですが、実はサイズや注ぎ口の形状など、細かい部分でさまざまな違いがあります。

そこで今回は、おすすめのコーヒーポットをご紹介。選び方も併せて解説するので、購入の際の参考にしてみてください。

コーヒーポットの選び方

容量・サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

コーヒーポットはさまざまなサイズのモノが展開されています。淹れるコーヒーの杯数に適した大きさの製品を選ぶことが大切です。

一度に淹れるのが1〜2杯なら700ml前後、3〜4杯なら1L程度の製品がおすすめ。必要以上に大きなサイズのモノを選んでしまうと、重みでドリップの細かなコントロールが行えないので注意しておきましょう。

そのため、コーヒーポットの扱いに慣れていない方は1〜2杯向けのコーヒーポットがおすすめ。軽く、扱いやすい製品で練習すると早く上達できます。美味しいコーヒーを淹れたい方は、チェックしてみてください。

注ぎ口の種類で選ぶ

初心者におすすめの「細口タイプ」

By: amazon.co.jp

初心者の方は注ぎ口が細く、太さが一定のコーヒーポットがおすすめ。湯量が一定でお湯を注ぎやすく、安定したドリップを行いやすいタイプです。

中級者以上におすすめの「鶴口タイプ」

By: amazon.co.jp

ハンドドリップに慣れており、さまざまな淹れ方を楽しみたい方は、根元が太い鶴口タイプの製品がおすすめ。傾け方次第でお湯を1滴1滴注ぐ点滴投下も可能で、幅広い注ぎ方でドリップできます。飲み口の軽いコーヒーから、濃く苦味の強いコーヒーまで淹れられるので、中級者以上の方はぜひチェックしてみてください。

素材で選ぶ

ステンレス

By: amazon.co.jp

ステンレスは、多くのコーヒーポットに用いられている素材です。ラインナップが豊富で、大手コーヒー器具メーカーの多くはステンレス製を中心にコーヒーポットを展開しています。リーズナブルな価格の製品も多く存在するので、初心者の方が手に取りやすいのも魅力です。

ステンレスは耐久性が高く、落としたりぶつけたりしても割れにくいのがメリット。錆びにくいため長く愛用できるうえ、お手入れも容易です。デメリットはやや保温性が低く、薄いステンレスの場合はお湯が冷めやすい点。また、ステンレスの味が水に移りやすく、味にこだわる方は気になる場合があります。

愛用者も多く、初心者の方におすすめの細い注ぎ口を有した製品もリーズナブルに入手できるため、迷ったらまずはチェックしたい素材です。

ホーロー

By: amazon.co.jp

ホーローとは、鉄などの金属にガラス質の釉薬を高温で焼き付け、ガラスの膜で金属を覆った素材です。カラフルに塗装された製品が多くデザイン性に優れているので、インテリアとしてもおすすめ。保温性が高く、お湯が冷めにくいのもメリットです。

そのため、一度に大量のコーヒーを淹れる方や、点滴投下などでゆっくりと時間をかけてコーヒーを淹れる方にぴったり。腐食に強いので錆びにくく、汚れが落としやすいのも魅力です。水の味を変えないため、繊細な味のコーヒーを淹れる場合にも適しています。

デメリットは急激な温度変化や衝撃に弱い点。また、素材の性質上注ぎ口を細く加工することは難しく、注ぎ口やその根元が太めです。初心者の方は注ぐお湯をコントロールしにくく感じる可能性があるので注意しておきましょう。おしゃれなコーヒーポットで楽しくコーヒーを淹れたい方におすすめです。

By: amazon.co.jp

銅は熱伝導率が高く、すぐにお湯を沸かせるのがメリットです。ホーローと同様に水の味を変えないので、コーヒーの繊細な味わいを楽しめます。銅ならではの色と光沢による、クラシカルな見た目も魅力です。

デメリットは、使っているうちに表面の色が黒っぽく変化してしまう点。「緑青」と呼ばれ、酢と塩を付けた布でこすると落とせますが、ほかの素材よりお手入れに手間がかかるため注意が必要です。

また、ステンレスに比べ耐久性が低く、凹みや傷が付きやすいのも欠点。価格も3種類のなかでは比較的高めです。しかし、注ぎ口が細く扱いやすいモデルも多く、独特の風合いはほかの素材にないメリット。まめにお手入れを行うのが苦にならない方は、ぜひチェックしてみてください。

取っ手をチェック

By: amazon.co.jp

コーヒーポットを選ぶ際は、取っ手も確認しておきましょう。取っ手に使われている素材の種類には、木材や樹脂製のような熱くなりにくいモノや、ステンレスやホーローのように、熱くなりやすいタイプもあります。

また、取っ手と本体からの距離も大切。離れているタイプか、本体から近い位置にあるのか、どちらが使いやすいかは人によって異なります。使いやすさにこだわりたい方は、ぜひチェックしてみてください。

IH対応の有無をチェック

By: amazon.co.jp

自宅のコンロがガスではなくIHタイプなら、ほかの調理器具と同様にコーヒーポットもIH対応の製品を選ぶ必要があります。最近ではIHに対応しているコーヒーポットも多くラインナップされていますが、万が一非対応の製品をIHコンロにかけてしまうと、事故の可能性があるため危険です。

ちなみに、IHだけでなくハロゲンヒーターなどあらゆる熱源に対応している製品もあるので、併せてチェックしてみてください。

コーヒーポットのおすすめモデル

ケーエスロング(Kslong) コーヒーポット

ケーエスロング(Kslong) コーヒーポット

シンプルなフォルムが美しいコンパクトサイズのコーヒーポット。素材はステンレスを採用し、長く愛用できるうえ、お手入れが簡単なのが魅力。人間工学に基づいた設計のため、持ちやすく、丁寧なドリップが可能です。

容量は250・350mlの2タイプを展開。コンパクトで携帯性も良好なので、自宅はもちろん、キャンプなどのアウトドアシーンでも活躍します。カラーはゴールド・シルバー・ブラックをラインナップ。好みのカラーをチョイスしてみてください。

Niviy コーヒードリップポット

Niviy コーヒードリップポット

ステンレス製の艶出し加工で、高級感あふれるコーヒーポット。細口タイプで水切れもよく、狙った位置にドリップすることが可能です。容量は350mlで、1杯のドリップに最適。1滴ずつ丁寧に淹れられるので、ひとりでゆっくりコーヒータイムを楽しみたい方におすすめです。

コンパクトサイズなため、携帯性がよいのも特徴。自宅のほかに、ソロキャンプなどにも愛用できるコーヒーポットです。

宮崎製作所(Miyazaki Seisakusho) Miyacoffee シングルドリップ 400ml MCO-6

宮崎製作所(Miyazaki Seisakusho) Miyacoffee シングルドリップ 400ml MCO-6

沸騰させたお湯を本アイテムに注ぐと、抽出に最適な温度の85~90℃に下がり、美味しいコーヒーを淹れられるコーヒーポットです。ステンレスに耐熱シリコーン焼付塗装を施した、スタイリッシュな見た目がおしゃれ。また、つまみと取っ手には天然木を採用し、クールなデザインのなかにも、木の温かみが感じられるアイテムです。

注ぎ口は直径7mmの極細口を採用。先端部分の内部を研磨しているため、湯切れがよく、コントロールしやすいのが特徴です。容量は400mlで、1人分のコーヒーを抽出するのにぴったり。ケトルから直接入れたときとの味の違いを感じてみてください。

ハリオ(HARIO) V60 ドリップケトル・ヴォーノ VKB-70HSV

ハリオ(HARIO) V60 ドリップケトル・ヴォーノ VKB-70HSV

大手コーヒーメーカー、ハリオの人気アイテム。注ぎ口は細口タイプで、お湯の量やスピードがコントロールしやすく、初心者におすすめのコーヒーポットです。波型のグリップは握りやすいほか、取っ手部分には耐熱性の高い素材を採用しているため、熱くなりにくいのもポイント。また、食洗器に対応しているのも魅力のひとつです。

使いやすさやお手入れのしやすさはもちろん、コスパも良好で、バランスのとれたアイテム。サイズは500・600・800mlを展開しています。

タカヒロ コーヒードリップポット 雫 500ml

タカヒロ コーヒードリップポット 雫 500ml

極細パイプの注ぎ口で、1滴ずつゆっくりドリップできるコーヒーポット。お湯は注ぎ口から真下に落ちる感覚なので、思いのまま円を描けます。フタを開けると開口部が直径8.5cmなため、すみずみまで洗いやすく、ニオイもしっかり落とせるのもポイントです。

少々値段はしますが、耐久性の高いステンレス製なので、長く愛用できます。一生使えるコーヒーポットを探している方におすすめです。容量は500mlと900mlを展開しています。

Love-KANKEI コーヒーポット 650ml 温度計付き

Love-KANKEI コーヒーポット  650ml 温度計付き

コーヒー専用の温度計が付属しているコーヒーポット。温度計は、フタのつまみを外して差し込んで使うタイプで、コーヒーの抽出に最適な温度がひと目で分かります。抽出温度にこだわって、美味しいコーヒーをドリップしたい方におすすめです。

外径7mmの極細の注ぎ口は、湯の量をコントロールしやすく、少量ずつ丁寧にドリップすることが可能。また、2重の取っ手は持ちやすいほか、フタも外れにくい構造のため、扱いやすいアイテムです。

オールステンレス製でお手入れも簡単なうえ、長く使用できます。温度計付きのコーヒーポットを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

カリタ(Kalita) コーヒーポット 52055

カリタ(Kalita) コーヒーポット 52055

コーヒー愛好者から人気の高いカリタのロングセラーアイテム。注ぎやすさにこだわって加工された細口タイプで、先端がわずかに反り返っているフォルムは、水切れがよく垂れにくいのが特徴です。

容量は700ml、重さは330gと軽く、女性でも扱いやすいのが魅力。ステンレス製なので、お手入れが簡単で長く愛用できます。初心者でもドリップしやすい細口タイプのため、はじめてのコーヒーポットにおすすめです。容量は700mlだけでなく、1.2・1.6Lもラインナップしています。

ハリオ(HARIO) V60 ドリップケトル・フィット 800ml VKF-120-HSV

ハリオ(HARIO) V60 ドリップケトル・フィット 800ml VKF-120-HSV

注ぎやすさを追及したコーヒーポットです。取っ手上部に親指を乗せられるスペースを設けているため、握りやすく、ドリップがしやすいのが特徴。また、ハンドル全体を握るように持てるので、自分に合ったドリップ方法ができるアイテムです。

注ぎ口はコントロールの楽な形状を採用し、1滴1滴と、安定したドリップが可能。初心者から上級者まで納得のいく使い心地です。フタはフラットタイプなため、逆さに置けて便利です。

手によく馴染み、フィット感も良好。毎日使うモノなので、使い勝手重視の方におすすめです。オール熱源に対応しています。

カリタ(Kalita) ウェーブポット 1L

カリタ(Kalita) ウェーブポット 1L

本体表面と木製の取っ手が波打っており、独特のデザインが特徴のコーヒーポット。鶴口タイプのため、ポットの傾け方次第でお湯を多く入れたり、点滴投下をしたりと、さまざまなドリップ方法が楽しめます。木製の取っ手はサイズが長く、手が大きな男性にも人気。容量は1Lで、3~4人分のコーヒーを淹れられます。

湯量をコントロールして、味を調節できるのがハンドドリップの醍醐味。コーヒーの味を追求したい中〜上級者におすすめです。100VのIHに対応しています。

和平フレイズ(Wahei freiz) ケトル コーヒーポット CR-8877

和平フレイズ(Wahei freiz) ケトル コーヒーポット CR-8877

耐久性に優れた「18-8ステンレス製」のコーヒーポット。ドリップしやすい細口タイプで、初心者でも安定した味のコーヒーが淹れられます。ガスのほかに、IH調理器具・セラミックヒーター・ハロゲンヒーターなどのあらゆる熱源に対応しているのが特徴。

折り返した形状の取っ手は持ち上げやすく、重さも390gと軽いため、毎日の取り回しが楽なのもポイントです。価格もリーズナブルなので、コスパが高く、長く使えるコーヒーポットを探している方におすすめ。容量は1Lで、3~4人のドリップに最適です。

竹井器物製作所(Takei-kibutu) フィーノ コーヒードリップポット 1.0L OFF-107

竹井器物製作所(Takei-kibutu) フィーノ コーヒードリップポット 1.0L OFF-107

ツマミと取っ手のグリーンがおしゃれなコーヒーポット。モノづくりの街で有名な新潟県燕市で作られ、品質確かなアイテムです。コントロールしやすい細口タイプのほか、90°傾けてもフタが落ちない構造で、使いやすさも良好。鏡面処理された本体は、職人によりひとつずつ丁寧に磨き上げられ、高級感のある仕上がりです。

オール熱源に対応しているほか、リーズナブルな価格も魅力。カラーは、グリーンとピンクをラインナップしています。好みのカラーをチョイスして、コーヒータイムを楽しんでみてください。

パール金属(PEARL METAL) バリスタ ステンレス製ドリップポット1.1L H-996

パール金属(PEARL METAL) バリスタ ステンレス製ドリップポット1.1L H-996

リーズナブルな価格が嬉しいコーヒーポット。ドリップに適した細めの注ぎ口のため湯量がコントロールしやすいのが特徴です。約380gと軽く、フィット感の高い形状をした取っ手は取り回しが楽で、安定したドリップを可能にします。

ガスやIH調理器具、ハロゲンヒーターなどのオール熱源に対応しているのも嬉しいポイント。コストパフォーマンスが高く、操作性に優れたコーヒーポットを探している方におすすめです。

竹井器物製作所(Takei-kibutu) コーヒードリップポット 1.2L

竹井器物製作所(Takei-kibutu) コーヒードリップポット 1.2L

金属加工で有名な町、新潟県燕市で作られているコーヒーポット。同市の燕商工会議所が制定した「メイド・イン・ツバメ」を取得し、高い品質が認められたコーヒーポットです。

外径10mmの細い注ぎ口は、湯量やスピード、湯を落とす位置などをコントロールしやすいのがポイント。また、同社の高い技術により、細口パイプとポット本体は溶接が行われず、独自の取り付け方法が採用されています。そのため、すっきりとした美しいデザインに仕上がっているのも魅力です。

取っ手は熱くなりにくい素材を採用しているほか、本体を90°傾けてもフタが落ちない設計なため、扱いやすさも良好。広口タイプで、ポットの中に手を入れて洗いやすく、お手入れが簡単なのも嬉しいポイントです。価格もリーズナブルで、オール熱源に対応しています。

月兎印(Tsukiusagijirushi) スリムポット 700ml

月兎印(Tsukiusagijirushi) スリムポット 700ml

おしゃれなデザインで、プレゼントにしても喜ばれるコーヒーポットです。職人によりひとつずつ丁寧に作られており、手仕事の美しさを感じられるアイテム。全5色のカラーラインナップの豊富さも魅力のひとつです。

注ぎ口は鶴口タイプで、湯量やスピードをコントロールしやすく、注ぎやすさに配慮されているのがポイント。また、ガラス質でコーティングされているため、ニオイや汚れが付きにくく、雑味のないクリアな味のドリップが可能です。ただし、持ち手もホーローなので熱くなりやすい点には注意しましょう。

ハリオ(HARIO) ドリップケトル ボナ 800ml BDK-80-W

ハリオ(HARIO) ドリップケトル ボナ 800ml BDK-80-W

ホーローと天然木の組み合わせがおしゃれなハリオのコーヒーポット。細口のドリップは少量ずつ一定に注ぎやすいほか、持ち手は天然木のため熱くなりにくいのがポイントです。ガスはもちろん、100Vと200VのIH調理器具にも対応。ナチュラルテイストのコーヒーポットを探している方や、新居祝いや結婚祝いにも喜ばれるアイテムです。

野田琺瑯(Nodahoro) ドリップケトルII DK-200 2L

野田琺瑯(Nodahoro) ドリップケトルII DK-200 2L

おしゃれなホーロー製品を数多くラインナップしている野田琺瑯。本アイテムは、コーヒーの抽出に最適なドリップタイプのケトルです。

適度な反り返りのある鶴口タイプの注ぎ口は注ぎやすく、湯量をコントロールして、自分好みの味に仕上げることが可能。普通のケトルとして使ったり、コーヒーを飲みたいときにはドリップポットとして使ったり、汎用性の高いアイテムです。

容量は2Lで、IH調理器具にも対応しています。全5色の豊富なカラーバリエーションも魅力。価格もリーズナブルなので、ホーローならではのレトロな雰囲気が好きな方は、ぜひチェックしてみてください。

カリタ(Kalita) コーヒーポット 銅 600ml 52071

カリタ(Kalita) コーヒーポット 銅 600ml 52071

時間とともに表情を変えていく過程を楽しめる、銅のコーヒーポット。細口ノズルで注ぎやすいほか、熱伝導性が高いのでお湯が冷めにくいのが特徴。ゆっくり時間をかけてドリップしても、コーヒーの味を落とさないのがポイントです。

銅製は水質が変化してしまうのが懸念点でしたが、本アイテムは内側にメッキ加工が施されているため、安心して使用できます。容量は600ml、重さは350gと、軽量で扱いやすいのも魅力のひとつ。お手入れをしっかりと行いつつ、銅製が放つ本物の雰囲気を楽しんでみてください。

カリタ(Kalita) コーヒーポットTSUBAME&Kalita 52204

カリタ(Kalita) コーヒーポットTSUBAME&Kalita 52204

新潟県燕市で作られ、「メイド・イン・ツバメ」に認定された銅製のコーヒーポット。ポットの底にマークが刻印されており、コーヒーウェアにこだわりのある方におすすめです。

容量は700mlで、1~2人分のコーヒーを淹れるのにぴったり。内側にはメッキ加工が施されているため、水質が変化しにくいのもポイントです。また、取っ手は木製で、熱くなりにくく、快適に握れるのも魅力。高品質なだけあって価格もやや高価ですが、一生使えるアイテムを探している方はチェックしてみてください。

ハリオ(HARIO) V60 ドリップケトル ヴォーノ カパー 700ml VKBN-90CP

ハリオ(HARIO) V60 ドリップケトル ヴォーノ カパー 700ml VKBN-90CP

本体は銅、ハンドル部分は真鍮、フタのツマミには天然木を使用するなど、細部にまでこだわったコーヒーポット。注ぎやすさを追及して設計された細い注ぎ口は、ケトルの角度を変えてもドリッパーの中心にお湯を注ぎやすく、思う通りのドリップワークが可能です。

手に馴染む波状の取っ手には、シリコーンカバーが付いており、快適な握り心地。湯量が一定で注ぎやすい細口タイプなので、ハンドドリップ初心者でも安定したドリップが行えます。

山善(YAMAZEN) 電気ケトル 800ml YKG-C800-E

山善(YAMAZEN) 電気ケトル 800ml YKG-C800-E

温度設定機能・保温機能・空焚き防止機能・ワンタッチ沸騰機能を搭載したコーヒーポット。多くの機能を有していながらも、リーズナブルな価格も大きな魅力です。

温度設定機能は、60~100℃まで1℃刻みで設定できるほか、60・70・80・85・90・95℃の6段階の温度設定がボタンひとつで簡単に可能。保温機能は60分と長時間なので、おかわりを淹れたいときなどに重宝します。また、空焚き防止機能で安全面にも配慮されているのも嬉しいポイントです。

分かりやすいデジタル表示で、操作性も良好。シンプルなデザインはキッチンに置いても、インテリア映えするアイテムです。価格が安く、高性能な電気ケトルを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

デロンギ(DeLonghi) アイコナ 温度設定機能付き電気カフェケトル 1.0L KBOE1230J-GY

デロンギ(DeLonghi) アイコナ 温度設定機能付き電気カフェケトル 1.0L KBOE1230J-GY

おしゃれなコーヒーウェアを多数取り揃えている同ブランドのケトル。初心者に優しい細口タイプで、温度設定機能と保温機能を搭載しているのが特徴です。容量は1L、3~4人分のドリップに向いています。

ボタンひとつで、50・60・80・95・100℃の5段階の温度設定が可能。20分の保温機能も有しているため、慌てず丁寧にドリップができます。注ぎやすさにこだわって設計された注ぎ口は、狙った場所にお湯を落とせ、繊細なドリップワークが可能です。

取っ手側にある水量計で、外側から水量を確認できるため、操作性も良好。表面に凹凸加工を施した高級感あるデザインはおしゃれで、人気の高いコーヒーポットです。