「餃子鍋」は、餃子を焼くのに適したキッチンアイテムです。自宅で手軽に本格的な餃子を楽しみたい方にぴったり。しかし、ひと口に餃子鍋といっても、製品によって鉄製のモノや蓋付きのモノなど特徴が異なります。

そこで今回は、おすすめの製品を形状別にご紹介。選び方も解説するので、自分に合う餃子鍋を探す際の参考にしてみてください。

餃子鍋の選び方

形状で選ぶ

一度に大量に作れる「丸型」

By: rakuten.co.jp

餃子鍋を選ぶ際は、まず形状をチェックしましょう。丸型の餃子鍋は、一度に大量に作れるのが特徴です。特に、ファミリー用の製品を探している方におすすめ。一列に並べたり中央から円状に並べたりと、さまざまな焼き方ができます。

また、サイズ展開が多いので、食べる人数や餃子の個数に合わせて選べるのもメリット。餃子以外の料理に活用できるのも魅力です。

一人暮らしには少量向けの「角型」

By: amazon.co.jp

角型の餃子鍋はコンパクトなのが特徴です。一人暮らしの方をはじめ、少量の餃子を焼きたい方に向いています。フライパンと似た持ち手が付いている製品が多く、初心者でも扱いやすいのが魅力です。

また、お酒のおつまみや一人用のおかずを作る際にも役立つため、使い勝手がよいのもおすすめポイント。角型の形状から、たまご焼き作りにも活用できます。

素地で選ぶ

プロも使う本格的な「鉄製」

By: kankuma.co.jp

餃子鍋を選ぶ際は、素地をチェックするのも重要です。鉄製の餃子鍋は、プロも使う本格的な製品を探している方におすすめ。高温に対応しており熱が伝わりやすいのが特徴です。焼きムラを防げ、均等に餃子を焼けます。

一方で、使用前に油を馴染ませたり、使用後は水分をしっかり飛ばしたりとお手入れが必要。比較的重めのため、重量も購入前にチェックしておきましょう。

手軽でお手入れも簡単な「ステンレス製」

By: amazon.co.jp

ステンレス製の餃子鍋は、手軽でメンテナンスが簡単なのが特徴です。錆びにくく、傷に強いので、長い期間使用し続けられます。焦げが付いても使った後にすぐ洗えば、簡単に落とせるのもメリットです。

一方、鉄の餃子鍋に比べると熱伝導率が低いのがデメリット。皮が鍋にくっつくことがあるため注意が必要です。

表面加工されたモノならくっつきにくい

By: daywear.jp

餃子鍋の表面に加工が施してある製品は、餃子の皮がくっつきにくいのが特徴です。焦げ付きを防ぎたい場合には、鍋表面に凹凸加工が施された製品をチェックしてみてください。

また、焦げ付きを簡単に落としたい場合には、フッ素樹脂加工が施された餃子鍋がおすすめです。一方で、どちらも寿命が短いのがデメリット。加工が剥がれると焦げ付きやすくなります。急激に冷やすのを避け、洗う際は表面を傷つけないよう気をつけましょう。

IH対応かガス火専用か

By: rakuten.co.jp

餃子鍋を選ぶ際は、IH対応かガス火専用かどうかもチェックしておきましょう。自宅の熱源に対応していないモデルは使用できないため、注意が必要です。

なかには、IH・ガス火共に使用できる製品もラインナップされています。これから引越しをする方やリフォームを検討されている方は、ぜひ併せてチェックしてみてください。

蓋やターナー付きのモノがおすすめ

By: amazon.co.jp

餃子を作る際は、一般的に蓋をして蒸し焼きにする工程があります。そこで、餃子鍋を選ぶ際は、蓋やターナー付きのモノがおすすめです。蓋を別で購入するとフライパンとのサイズ合わないこともありますが、セットのモノならサイズ違いの心配もいりません。

また、餃子が鍋にくっついても外せるよう、フライ返しの役割があるターナーがセットになっている製品もチェックしてみてください。皮が破れるのを防ぎやすくなります。

ただし、金属製のターナーは餃子鍋の表面加工が剥がれる可能性があるため注意が必要。ノンスティック加工のモノを選ぶ場合には、プラスチック製がおすすめです。

餃子鍋のおすすめ|丸型

及源 南部鉄器 すき焼ぎょうざ兼用鍋 CA-024

木の蓋が付属している餃子鍋です。餃子を作る際の蒸し焼きに便利。焼杉の木蓋は対流熱を閉じ込めるため、食材にじっくり熱を伝えます。さらに、余分な水分を吸収するのもメリット。餃子がふっくらと仕上がりやすくなります。

また、伝統的な見た目もポイントです。サイズは幅286×奥行216×高さ61mmで、2〜3人分の餃子を作るのに向いています。重量は2.1kgです。底径は176mmで、深さは45mmあります。ガスとIHの両方の熱源に対応可能です。

タマハシ 「陳建一」アルミすきやき兼用餃子鍋 26cm CK-618R

素材にアルミを使用している餃子鍋です。重量約1.39kgと比較的軽いので、扱いやすいのが魅力。熱伝導率が鉄の約3倍と高く、餃子に素早く火を通せます。焼きムラを防げるのもポイントです。

また、内面にはフッ素樹脂加工を施しています。焦げつきにくく、お手入れも簡単。サイズは約312×265×120mm、深さは57mmです。ガス火に対応しています。

リバーライト 餃子鍋

素材に鉄を使用したキッチンアイテムを展開している「リバーライト」の餃子鍋です。表面に特殊熱処理を施しているのが特徴。錆びにくくするため、表面を窒化しています。使用後はタワシなどを使ってお湯で洗うだけと、お手入れが簡単なのも魅力です。

直径は約240mm。ガスとIH両方の熱源に対応しています。ステンレス製の蓋が付属しているのもポイントです。

池永鉄工 ギョーザ鍋(すき鍋)ハンドル木台付 20cm

木の鍋敷きとハンドルが付いている製品です。餃子を焼いたらそのままテーブルに出せるのが魅力。家族で使用したい方や、パーティーに向いている餃子鍋を探している方におすすめです。サイズは直径203×高さ37mm。すき焼きなど、餃子以外の料理にも使用できます。

対応熱源はガス火のみです。素材には鉄を使用しており、プロのような本格的な餃子を作れます。

株式会社カンダ 神田鉄鍋 鉄餃子鍋 002001

板厚が4.5mmの餃子鍋です。比較的厚めなので、焦げにくいのが特徴。素材には鉄を採用しています。熱が伝わりやすいため、餃子に熱を均等に行き渡らせることが可能。サイズは、内径270mm×深さ40mmです。

焼きムラを防ぎたい方や、プロも使う本格的な製品を探している方は、ぜひチェックしてみてください。

中央産業 餃子鍋セット GY-30

ガラス蓋とターナーがセットになっている餃子鍋です。使い勝手がよい製品を探している方におすすめ。サイズは内径260×90mm、重量は約1.92kgです。餃子以外にも、炒め物やすき焼きなどさまざまな料理に使用できます。

素材には鉄を採用。底の厚さは1.2mmです。熱源はガスコンロに対応しています。

やかん屋 山田鉄餃子鍋27cmと木製蓋のセット

専用の木製蓋がセットになっている餃子鍋です。本体サイズは内径270mm×深さ40mmと比較的大きめなので、ファミリー用の製品を探している方におすすめ。一列に並べたり、中央から円状に並べたりさまざまな焼き方を試せるのが魅力です。

本体の素材には鉄を採用しています。高温に対応しており、均等に熱が伝わりやすいのがメリット。焼きムラを防ぎたい方にもぴったりです。

餃子鍋のおすすめ|角型

下村企販 ファイバーライン鉄製 角フライパン&カバー 39000

新潟県燕三条の伝統的な技術で作られた餃子鍋です。内面に細かい凹凸を作るファイバーライン加工を施しているのが特徴。食材を点で支えられるので、食材と鍋の間に油が回りやすいのがメリットです。焦げ付きにくく、初めて餃子鍋を使う方にも向いています。

また、蓋が付属しているのもおすすめポイント。ガスとIH両方の熱源に対応しています。本体サイズは幅380×奥行200×高さ73mm、重量は約0.77kgです。餃子以外にも、たまご焼きやステーキなどさまざまな料理に使用できます。

和平フレイズ 匠弥 鉄 餃子鍋 TY-038

職人が生み出すこだわりの道具を提供する「和平フレイズ」の餃子鍋。少し深めの設計なので、食材がこぼれにくいのが特徴です。サイズは約幅414×奥行131×高さ79mm、重量は約0.805kg。本体の素材は鉄で、高温に強いのも魅力です。

専用のフタが付属しているのもポイント。比較的リーズナブルなため、初めて購入する方もぜひチェックしてみてください。

和平フレイズ ToMay IH対応スクエアパン RB-15

深さ50mmの角型の餃子鍋です。フッ素樹脂塗膜加工を施しているのが特徴。焦げ付きにくく、お手入れが簡単に行えます。

サイズは約幅350×奥行189×高さ110mm、重量は約0.87kgです。餃子を蒸し焼きする際に便利なガラス蓋が付属しています。

さらに、見た目がかわいいのも魅力。キッチンをポップなカラーで華やかにします。デザインも重視したい方は、ぜひチェックしてみてください。

及源鋳造 盛栄堂 南部鉄 ちょこっと鍋 2個セット F-348

サイズが170×120×32mmと小さめの餃子鍋です。一人暮らしの方におすすめ。重量は1.4kgです。オーブントースターに対応しているので、餃子以外にもハンバーグやグリル料理など、幅広い料理を作れます。

また、ハンドル部分が着脱ができるのもポイント。収納しやすいため、保管場所を確保しにくい方にもぴったりです。そのままテーブルに出すことも可能。素材には鉄を使用しており、熱伝導率が高いので、餃子をムラなく焼けます。

ガス・IHの両方に対応。200VのIHで使用する場合は強火で加熱すると変形する恐れがあるため、弱火で調理しましょう。

FUCHI BITE フタ付きワイドパン

本体にアルミを採用した餃子鍋。サイズは幅225×長さ390×高さ44mm、重さは1.015kgです。深さがあるので、餃子以外の料理にも活用できます。

熱伝導率が高いため、餃子にしっかりと熱が伝わりやすいのも特徴。ガス火とIHに対応しています。内面にはフッ素加工が施されているので、焦げ付きにくく、お手入れがしやすいのもポイントです。

また、取っ手には断熱性・難燃性に優れているフェノール樹脂を採用。さらに、蓋が付属しているため、餃子を蒸す際に便利です。蓋の取っ手にはブランドのロゴが描かれており、デザイン性にも優れています。

餃子鍋のAmazon・楽天市場ランキングをチェック

餃子鍋のAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。