ヨーグルトを自宅で簡単に作れるアイテムが「ヨーグルトメーカー」。細かく温度設定できるモノや、ヨーグルト以外の発酵食品も作れる製品など、種類はさまざまです。

そこで今回は、ヨーグルトメーカーのおすすめ製品をピックアップ。選び方についても解説しているので、ぜひチェックしてみてください。

ヨーグルトメーカーとは?

By: amazon.co.jp

ヨーグルトを家庭でも手軽に作れるのが、ヨーグルトメーカー。内部を適した温度に保つことによって発酵をうながします。市販のヨーグルトを購入するよりローコストでヨーグルトが作れることもあり、人気の高いアイテムです。

最近のモデルであれば、温度設定ができるタイプが主流。25〜65℃ほどに設定できるモデルも多く展開されています。そのため、ヨーグルトだけでなく、甘酒や納豆といった高温発酵食品を作れるのもメリット。70℃ほどに設定できるタイプであれば、ローストビーフなどの低温調理もできます。

なお、多くのモデルではヨーグルトを作るのに約6〜8時間かかりますが、消費電力は20〜40Wほどと小さく、電気料金があまり気にならないのもポイントです。

ヨーグルトメーカーの種類

牛乳パックタイプ

By: rakuten.co.jp

牛乳パックタイプのヨーグルトメーカーは、手軽に使えるのがメリット。牛乳パックのフタを開けてヨーグルトの種を投入した後、機械にセットするだけで完成します。また、食べ終わったら牛乳パックを捨てるだけでよいのも特徴です。

一方で、牛乳パックタイプは多くのモデルが1000mlまでしか対応していないのが難点。1000ml以上のヨーグルトを作りたいときは、複数回に分けて作業を行う必要があるので注意しておきましょう。

専用容器タイプ

By: amazon.co.jp

牛乳パックをそのまま使用するのではなく、専用の容器が付属しているタイプです。専用容器はメーカーごとにサイズや形状が異なり、豊富なラインナップから選べるのがメリット。500ml程度のコンパクトなモノから2000mlサイズまで、さまざまなモデルが展開されています。

また、付属の容器が大サイズと複数の小サイズに分かれていることが多いのも特徴。小サイズの容器を使えば、一度に数種類のヨーグルトを完成させられます。

一方、専用容器タイプの場合、使用前に熱湯消毒を行う必要があるので注意しておきましょう。消毒をしないまま使うとヨーグルトを作るための菌がうまく増やせず、ヨーグルト作りに失敗してしまうことがあります。

ヨーグルトメーカーの選び方

温度設定機能の有無で選ぶ

By: amazon.co.jp

ヨーグルト作りでは、適切な温度を保つことが重要です。ヨーグルトの種類によって必要な温度は異なりますが、一般的なプレーンヨーグルトを作る場合は40℃程度が目安。細かい温度調節機能のないシンプルな製品もありますが、温度設定を行えるタイプも多数展開されています。

プレーンヨーグルトだけ作る場合は温度固定タイプを、さまざまなヨーグルトを作りたいなら温度設定ができるタイプを選ぶのがおすすめです。

タイマーの有無で選ぶ

414DBEEYPTL

By: amazon.co.jp

ヨーグルトを作る際は、発酵時間も重要。設定した発酵時間がきたら、自動で加熱保温が解除されるタイマー機能が付いていると便利です。過発酵を起こしたり、乳酸菌が弱ってしまったりするのを防げます。タイマーが付いていない機種を選んだ場合は、タイマーなどで時間管理が必要です。

なお、自動保温が解除されても室温で発酵が継続する可能性もあります。いずれの場合も、自分でヨーグルトの発酵状態を確認するのが重要です。

ヨーグルト以外の発酵食品も作りたいなら

By: amazon.co.jp

温度設定が可能なヨーグルトメーカーでは、塩麹や甘酒、白味噌、醤油麹、納豆など、ヨーグルト以外の発酵食品も作れます。作るモノによって、それぞれ適切な温度に違いがあるのがポイント。たとえば、甘酒は60℃という高い温度を必要としますが、この温度まで設定できる製品は限られています。

また、より高温の70℃程度に設定できる製品であれば、ローストビーフなどが作れるのも魅力。ヨーグルト以外に作りたい食品がある場合は、その温度に対応しているかも確認しておきましょう。

ヨーグルトメーカーのおすすめモデル

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ヨーグルトメーカー KYM-014

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ヨーグルトメーカー KYM-014

多彩な自動調理メニューを搭載した人気のヨーグルトメーカー。最大1000mlの牛乳パックをセットすることが可能で、ボタンひとつで手軽にプレーンヨーグルトが作れます。そのほか、カスピ海ヨーグルトや甘酒、塩麹を自動メニューで簡単に作れるのも魅力です。

温度設定機能にも対応しており、25〜65℃を1℃刻みで設定できるのもメリット。最長48時間後に設定できるタイマー機能も搭載しているため、幅広い発酵食品を作れます。お手頃価格の多機能モデルとしておすすめです。

ビタントニオ(Vitantonio) ヨーグルトメーカー VYG-20

ビタントニオ(Vitantonio) ヨーグルトメーカー VYG-20

低温調理ができる多機能タイプのヨーグルトメーカーです。温度を25〜70℃に調節でき、タイマーを最長99時間後に設定できるのが特徴。ヨーグルトはもちろん、ローストビーフやコンフィといった低温調理やピクルス、醤油麹、白味噌など、幅広い発酵調理を行えるのが魅力です。

また、タイマーの設定可能時間が長いため、時間のかかる天然酵母を作れるのもメリット。ヨーグルトは500mlと1000mlの牛乳パックに対応しているほか、付属の800ml容器でも作れます。専用容器は、発酵食品の調理や作り置きにも活用できるので便利です。

本体サイズは約幅13×奥行15×高さ28cmとスリムな形状で、キッチンに設置しやすいのもポイント。さまざまな発酵食品を調理したい方におすすめのヨーグルトメーカーです。

タイガー魔法瓶(TIGER) ヨーグルトメーカー CHF-A100

タイガー魔法瓶(TIGER) ヨーグルトメーカー CHF-A100

シンプルな操作画面で使いやすいヨーグルトメーカーです。最長48時間後に設定できるタイマー機能と、20〜60℃に1℃刻みで調節できる温度設定機能を搭載しています。2つの機能を組み合わせることで、幅広いヨーグルトや発酵食品を作れるのが魅力です。

本体サイズが約幅12×奥行15×高さ27cmとコンパクトなのもメリット。ヨーグルトは500mlか1000mlの牛乳パック、発酵食品は付属の500ml容器で作れます。シンプルながらも汎用性に優れた、お手頃価格のおすすめ製品です。

和平フレイズ ソレアード ヨーグルトメーカー SO-161

和平フレイズ ソレアード ヨーグルトメーカー SO-161

リーズナブルなシンプル設計の人気ヨーグルトメーカーです。温度固定タイプの製品で、簡単な操作で使用できるのが特徴。牛乳にヨーグルトの種菌を入れて本体にセットした後、プラグをコンセントに差し込むだけでヨーグルトを作れます。

調理時間は、牛乳パックが500mlの場合5〜8時間で、1000mlの場合8〜10時間。複雑な設定が不要で、待つだけで容易にヨーグルトが完成するのが魅力です。本体サイズは約幅13×奥行13×高さ28cmとコンパクトなのもメリット。気軽に自家製ヨーグルトを作ってみたい方におすすめです。

エムケー精工 ヨーグルト・甘酒メーカー YA-100W

エムケー精工 ヨーグルト・甘酒メーカー YA-100W

温度と時間設定に対応した高性能なヨーグルトメーカーです。作り方は簡単で、1Lの牛乳パックに市販のヨーグルトを入れてから本体にセットするだけ。設定を変えれば、酸味の強さを調節することが可能。自分好みのヨーグルトを作れます。

また、ヨーグルト以外の発酵食品が作れるのもポイント。”飲む点滴”と呼ばれている甘酒をはじめ、塩こうじ、パンの生種など、さまざまなレシピに対応しています。家庭で手軽に発酵食品作りを楽しみたい方におすすめです。

イデアインターナショナル(IDEA INTERNATIONAL) 発酵フードメーカー LOE037-BE

イデアインターナショナル(IDEA INTERNATIONAL) 発酵フードメーカー LOE037-BE

おしゃれなデザインでキッチンに馴染みやすいヨーグルトメーカー。500〜1000mlの牛乳パックをセットでき、簡単にヨーグルトを作れます。また、1000mlの容器が2つ付属しているため、甘酒やカッテージチーズ、塩麹なども手軽に作れて便利です。

温度は25~65℃まで1℃刻みでセットでき、タイマーは最長48時間後まで設定可能。本体サイズは約幅13×奥行14×高さ28cmとスリムな形状に設計されているので、場所を取らずに設置できるのも魅力です。さらに、16品目を掲載したレシピブックも付属しています。機能性だけでなく、デザイン性を重視する方にもおすすめです。

TO-PLAN ヨーグルトファクトリーEXTRA TKSM-019

TO-PLAN ヨーグルトファクトリーEXTRA TKSM-019

使い勝手のよいシンプル設計のヨーグルトメーカーです。置き場所を選ばないコンパクトタイプ。タネ菌をまぜた牛乳パックをセット後、スイッチを入れると5~10時間程度でプレーンヨーグルトが完成します。

操作は電源のオン・オフのみ。複雑な操作は必要なく、手軽に使えるのがポイントです。温度調節機能やタイマー機能は搭載していませんが、そのぶん価格が安いのは魅力。プレーンヨーグルトが作れればよいという方におすすめです。

タニカ電器(TANICA) ヨーグルティアS YS-01

タニカ電器(TANICA) ヨーグルティアS YS-01

日本ではじめてヨーグルトメーカーを製造したメーカーによる人気製品です。専用容器タイプで、1200mlの容器が2つ付属。市販のヨーグルトや粉末種菌を使用することで、プレーンヨーグルトやカスピ海ヨーグルト、ケフィアヨーグルトなどを作れます。

高出力なヒーターを搭載しているのもポイント。25~70℃の幅広い温度設定に対応しており、素早く設定温度に達するのでより安定して発酵調理を行えるのが魅力です。タイマーは30分〜48時間後に設定でき、コンフィや納豆、塩麹、温泉卵など、さまざまなメニューに対応しています。

本体の底部にコードを巻きつけ、すっきりと収納できるのもメリット。また、76品目を掲載したレシピブックも付属しています。細部まで使いやすさにこだわって設計された、専用容器タイプのおすすめモデルです。

クビンス(Kuvings) ヨーグルト&チーズメーカー KGY-713SM

クビンス(Kuvings) ヨーグルト&チーズメーカー KGY-713SM

ハイスペックな大容量タイプの人気ヨーグルトメーカーです。専用容器タイプの製品で、最大2000mlまで食材を入れられます。自動メニューでヨーグルトはもちろん、納豆やビネガー、チーズ、麹などを簡単に作れるのが魅力です。

温度は20〜65℃に、タイマーは最長99時間後に設定することが可能。タイマーを設定できる時間が長いので、さまざまな発酵食品を自分好みの味に調理できます。回転式脱水機能を搭載しており、ギリシャヨーグルトや酵素シロップなどの水切り作業を手軽に行えるのもメリットです。

専用容器はトライタン製で、熱湯消毒や電子レンジでの消毒に対応しているのもポイント。容易に消毒できるため、衛生的に使えます。一度にまとまった量の発酵食品を調理したい方はチェックしてみてください。

マルコメ(marukome) プラス糀 甘酒メーカー糀美人 MP201

マルコメ(marukome) プラス糀 甘酒メーカー糀美人 MP201

比較的お手頃な価格で入手できる専用容器タイプのヨーグルトメーカーです。1500mlの大容器と1300mlの小容器が付属しており、一度にまとまった量のヨーグルトや発酵食品が作れます。ヨーグルトや甘酒、塩麹、醤油麹作りにおすすめです。

温度を20〜65℃に設定でき、タイマーは最長48時間後にセット可能。温度と時間はディスプレイとボタンが個別に配置されているため分かりやすく、容易に操作できるのも魅力です。シンプルな専用容器タイプのヨーグルトメーカーを探している方は、ぜひ検討してみてください。

山善(YAMAZEN) 発酵美人 YXA-100

山善(YAMAZEN) 発酵美人 YXA-100

コスパに優れた人気のヨーグルトメーカーです。専用容器タイプの製品で、1000mlの発行容器と、150mlの小分けボトルが4本付属しています。複数の発酵食品を調理しやすく、そのまま冷蔵庫で保管できるのが魅力です。

小分けボトルは4本まとめて本体に入れられるので、温度・時間・菌の種類が同一の発酵食品を数種類まとめて調理できるのもメリット。また、温度は25〜65℃に、タイマーは最長48時間後に設定できます。お手頃価格で使い勝手に優れたアイテムです。

ヨーグルトメーカーのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

ヨーグルトメーカーのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。