ヨーグルトを自宅で簡単に作れる「ヨーグルトメーカー」。細かく温度設定できるモノや、ヨーグルト以外の発酵食品も作れる製品など、種類はさまざまです。

そこで今回は、ヨーグルトメーカーのおすすめ製品をピックアップ。選び方についても解説しているので、ぜひチェックしてみてください。

ヨーグルトメーカーとは?

By: amazon.co.jp

ヨーグルトを家庭でも手軽に作れる、ヨーグルトメーカー。内部を適した温度に保つことによって発酵をうながします。市販のヨーグルトを購入すればローコストでヨーグルトが作れることもあり、人気の高いアイテムです。

最近のモデルであれば、温度設定できるタイプが主流。25〜65℃ほどに設定できるモデルも多く展開されています。そのため、ヨーグルトだけでなく、甘酒や納豆といった高温発酵食品を作れるのもメリットです。

なお、多くのモデルではヨーグルトを作るのに約6〜8時間かかりますが、消費電力は20〜40Wほどと小さめ。電気料金があまり気にならないのもポイントです。

ヨーグルトメーカーの種類

牛乳パックタイプ

By: rakuten.co.jp

牛乳パックタイプのヨーグルトメーカーは、手軽に使えるのがメリット。牛乳パックのフタを開けてヨーグルトの種を投入した後、機械にセットするだけで完成します。また、食べ終わったら牛乳パックを捨てるだけでよいのも特徴です。

一方で、牛乳パックタイプは多くのモデルが1000mlまでしか対応していないのが難点。1000ml以上のヨーグルトを作りたいときは、複数回に分けて作業を行う必要があるので注意しておきましょう。

専用容器タイプ

By: amazon.co.jp

牛乳パックをそのまま使用するのではなく、専用の容器が付属しているタイプです。専用容器はメーカーごとにサイズや形状が異なり、豊富なラインナップから選べるのがメリット。500ml程度のコンパクトなモノから2000mlサイズまで、さまざまなモデルが展開されています。

また、付属の容器が大サイズと複数の小サイズに分かれていることが多いのも特徴。小サイズの容器を使えば、一度に数種類のヨーグルトを作れます。

一方、専用容器タイプの場合、使用前に熱湯消毒を行う必要があるので注意しておきましょう。消毒をしないまま使うとヨーグルトを作るための菌がうまく増やせず、ヨーグルト作りに失敗してしまうことがあります。

ヨーグルトメーカーの選び方

温度設定機能の有無で選ぶ

By: rakuten.co.jp

ヨーグルト作りでは、適切な温度を保つことが重要です。ヨーグルトの種類によって必要な温度は異なりますが、一般的なプレーンヨーグルトを作る場合は40℃程度が目安。細かい温度調節機能のないシンプルな製品もありますが、温度設定を行えるタイプも多数展開されています。

プレーンヨーグルトだけ作る場合は温度固定タイプを、さまざまなヨーグルトを作りたいなら温度設定できるタイプを選ぶのがおすすめです。

タイマーの有無で選ぶ

By: amazon.co.jp

ヨーグルトを作る際は、発酵時間も重要。設定した発酵時間がきたら、自動で加熱保温が解除されるタイマー機能が付いていると便利です。過発酵を起こしたり、乳酸菌が弱ってしまったりするのを防げます。タイマーが付いていない機種を選んだ場合は、別途自宅のタイマーなどで時間を管理する必要があります。

なお、自動保温が解除されても室温で発酵が継続する可能性も。いずれにしても、自分でヨーグルトの発酵状態を確認するのが重要です。

ヨーグルト以外の発酵食品も作りたいなら

By: amazon.co.jp

温度設定が可能なヨーグルトメーカーでは、塩麹や甘酒、白味噌、醤油麹、納豆など、ヨーグルト以外の発酵食品も作れます。作るモノによって、それぞれ適切な温度に違いがあるのがポイント。たとえば、甘酒は60℃という高い温度を必要としますが、この温度まで設定できる製品は限られています。

また、より高温の70℃程度に設定できる製品であれば、ローストビーフなどが作れるのも魅力。ヨーグルト以外に作りたい食品がある場合は、その温度に対応しているかも確認しておきましょう。

ヨーグルトメーカーのおすすめモデル

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ヨーグルトメーカー IYM-013

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ヨーグルトメーカー IYM-013

牛乳パックをセットするだけで、簡単かつ衛生的にヨーグルト作りを楽しめるアイテムです。プレーンヨーグルトのほか、カスピ海ヨーグルトや飲むヨーグルト、甘酒、塩麹をボタン1つで作れる自動メニュー機能を搭載しています。

25~65℃まで1℃刻みで細かい温度設定ができ、1~48時間までのタイマー機能が付いているのもポイント。また、フードコーディネーター監修のレシピブックも付属しています。おしゃれなスイーツから発酵食品、調味料、メイン料理作りまで、幅広く活用できるおすすめアイテムです。

ビタントニオ(Vitantonio) ヨーグルトメーカー VYG-20

ビタントニオ(Vitantonio) ヨーグルトメーカー VYG-20

ステンレスの本体がスタイリッシュな、ビタントニオのヨーグルトメーカーです。牛乳パックに市販のヨーグルトを混ぜて本体にセットするだけで、自家製ヨーグルトが完成。便利なオートメニューを搭載しており、プレーンヨーグルト・カスピ海ヨーグルト・甘酒・塩麹をボタン1つでおいしく作れます。

25~70℃までの温度設定と、30分から99時間までのタイマー機能が付いているので、味噌やビネガーなどの発酵食品作りも簡単。また、ローストビーフや煮豚、鶏ハムなど、時間をかけて低温で加熱する調理にもおすすめです。

ヨーグルト以外の調理に使える付属容器は、ニオイが付きにくいガラス製。さらに、説明書には31種類のレシピが掲載されているのも魅力です。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ヨーグルトメーカー IYM-014

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ヨーグルトメーカー IYM-014

手軽にプレーンヨーグルトを作りたい方におすすめのアイテム。牛乳パックに市販のヨーグルトを入れ混ぜてセットし、ボタンを押すだけでおいしいプレーンヨーグルトが作れます。

1~48時間までのタイマー機能付きで、温度も25~65℃まで細かく設定可能。時間と温度を微調整すれば、カスピ海ヨーグルトやギリシャヨーグルトのほか、納豆やクリームチーズ、天然酵母、塩麹のような発酵食品もおいしく仕上げられます。容量900mlの専用容器が付属しているのも魅力です。

エムケー精工(MK Seiko) ヨーグルトメーカー YA-100W

エムケー精工(MK Seiko) ヨーグルトメーカー YA-100W

シンプルな機能とリーズナブルな価格が魅力のヨーグルトメーカーです。温度は25~65℃まで、タイマーは1~48時間まで細かく設定可能。市販の1L牛乳パックにヨーグルトを混ぜて機器にセットすれば、7~8時間でプレーンヨーグルトが作れます。夜に仕込んでおけば、朝にはおいしく食べられるので便利です。

また、炊いたお米と米麹を使って栄養価の高い自家製甘酒を作るのもおすすめ。そのほか、塩麹や醤油麹のような調味料など、さまざまな発酵食品を作れます。

i-WANO ヨーグルトメーカー

i-WANO ヨーグルトメーカー

細かな温度設定とタイマー機能を搭載したヨーグルトメーカーです。ヨーグルトは、牛乳パックに市販のヨーグルトを混ぜて作れるので経済的。夜にセットしておけば、翌朝に新鮮な自家製ヨーグルトが食べられます。牛乳パックのまま冷蔵庫に保存できるため、洗う手間もかかりません。

また、温度は25〜70℃の間で1℃ずつ調節可能。ケフィアや甘酒のほか、ローストビーフなどの低温調理などにもおすすめです。製菓衛生師監修のレシピ付きで、さまざまな食品作りに挑戦できます。

和平フレイズ ソレアード ヨーグルトメーカー SO-161

和平フレイズ ソレアード ヨーグルトメーカー SO-161

プレーンヨーグルトや飲むヨーグルトを作ることに特化したモデルです。1Lの牛乳パックに市販のヨーグルトを入れて混ぜ本体にセットすれば、8~10時間でおいしいヨーグルトが完成します。

牛乳パックをそのまま入れて作るタイプなので衛生的。使用後のお手入れも簡単です。また、スイッチはなくコンセントの抜き差しでオンオフを切り替える仕様。機能がシンプルな分、価格が抑えられている点も魅力です。

ドリテック(dretec) ヨーグルトメーカー YM-100

ドリテック(dretec) ヨーグルトメーカー YM-100WT

牛乳パックをそのままセットするだけで、普通のヨーグルトからカスピ海ヨーグルト、ギリシャヨーグルトまで作れる1台。25~65℃まで細かく温度調節が可能。1時間ごとのタイマー設定ができるので、難しい発酵食品を手軽に作れます。

また、付属のカップを使えば、自家製の甘酒や塩麹、納豆、キムチを作ることも可能。さらに、チャーシューやローストビーフなどの低温調理にもおすすめです。

タイガー ヨーグルトメーカー CHF-A100-AC

タイガー ヨーグルトメーカー CHF-A100-AC

最大48時間まで計れるタイマー機能を搭載したヨーグルトメーカー。発酵時間を短くすると酸味の弱いまろやかな味に、長くすると酸っぱい味になるので、好みに合わせたヨーグルトが作れます。

プレーンやカスピ海、ケフィアのほか、豆乳ヨーグルトや生クリームヨーグルトなどオリジナルの味を作れるのも魅力。また、市販の牛乳パックをそのままセットできる仕様のため便利です。

20~60℃まで1℃刻みで細かい温度設定ができるのもポイント。塩麹や甘酒など、ヨーグルト以外の発酵食品も作れます。専用の発酵容器やキャップ、スプーンはいずれも熱湯消毒できる素材で、衛生的に発酵食品作りを楽しめるおすすめアイテムです。

タニカ電器(TANICA) ヨーグルティアS YS-01

自家製ヨーグルトから無添加発酵食品まで、幅広い食品を手作りできる多機能ヨーグルトメーカー。一般的なヨーグルトメーカーより設定温度が幅広く、25~70℃までを1℃単位で設定できるのが特徴です。

牛乳と市販のヨーグルトを混ぜるほか、豆乳や生クリーム、スキムミルクを組み合わせて、さまざまな味のオリジナルヨーグルトを作るのもおすすめ。また、納豆や味噌、塩麹などの発酵食品も簡単に作れます。本製品をより活用できる、料理研究家が考案した80種類のレシピ付きです。

山善(YAMAZEN) ヨーグルトメーカー発酵美人 YXA-100

山善(YAMAZEN) ヨーグルトメーカー発酵美人 YXA-100

簡単な操作でヨーグルトや発酵食品を作れるヨーグルトメーカー。専用容器に食材を入れて本体にセットするだけで、ヨーグルトやカスピ海ヨーグルト、納豆、塩麹、甘酒などが作れます。

作った後は、容器のまま冷蔵庫などに入れて保存できるのもうれしいポイントです。また、付属の150ml入り小分けボトルを使えば、一度で3種類の発酵食品を作れます。

容器は口が広いので、食材を混ぜやすく、使用後も洗いやすいのが特徴 。容器を取り外せば本体も簡単にお手入れでき、いつも清潔に使えます。自家製の発酵商品作りに役立つレシピブック付きです。

クビンス(Kuvings) ヨーグルト&チーズメーカー KGY-713SM

クビンス(Kuvings) ヨーグルト&チーズメーカー KGY-713SM

料理のレパートリーが広がる、マルチなヨーグルトメーカーです。ギリシャヨーグルトや納豆や酢、麹、チーズなどを作るのに合わせた時間が設定されているので、メニュー名を選ぶだけでワンタッチで作れます。本体容器は2000mlと大容量で、たっぷりと作れるのも魅力です。

温度や時間を自由に設定することも可能。付属のレシピブックを参照しながら、各種ヨーグルトやクリームチーズ、発酵バターなど幅広い調理を楽しめるおすすめアイテムです。

マルコメ プラス糀 甘酒メーカー糀美人 MP101

マルコメ プラス糀 甘酒メーカー糀美人 MP101

ヨーグルトはもちろん、甘酒作りも楽しみたい方におすすめの甘酒メーカーです。設定した温度を長時間キープできるタイマー機能付きなので、ヨーグルトや甘酒のほか、塩麹、味噌なども手軽に作れます。

使い方は簡単。付属の容器に牛乳やヨーグルトなどの食材を入れて本体にセットするだけで、おいしいヨーグルトが完成します。使い勝手に優れたアイテムを探している方はチェックしてみてください。

ヨーグルトメーカーのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

ヨーグルトメーカーのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。