健康のためにも食べたいヨーグルトを自宅で簡単に作れるアイテムが「ヨーグルトメーカー」。細かく温度設定できるモノやヨーグルト以外の発酵食品が作れる製品など、種類はさまざまです。

そこで今回は、ヨーグルトメーカーのおすすめ製品をピックアップ。選び方についても解説しているのでぜひチェックしてみてください。

ヨーグルトメーカーとは?

By: amazon.co.jp

ヨーグルトを家庭でも手軽に作れるのが、ヨーグルトメーカー。内部を適した温度に保つことによって発酵をうながします。市販ヨーグルトを購入するよりローコストでヨーグルトが作れることもあり、毎日ヨーグルトを食べる人を中心に人気が高いアイテムです。

最近のモデルの多くは温度設定ができるタイプが主流。25〜65℃ほどに設定できるモデルが多く発売されています。そのため、ヨーグルトだけでなく、甘酒や納豆といった高温発酵食品も作れるのがメリット。さらに、60℃程度以上に設定できるタイプはローストビーフなどの低温調理も可能です。

なお、多くのモデルではヨーグルトを作るのに約6〜8時間かかりますが、消費電力は20〜40Wと小さく、電気料金があまり気にならないのもポイントです。

ヨーグルトメーカーの種類

牛乳パックタイプ

By: rakuten.co.jp

牛乳パックタイプのヨーグルトメーカーは、手軽に使えるのがメリット。牛乳パックのフタを開けてヨーグルトの種を投入した後、機械にセットするだけで完成します。また、食べ終わったら牛乳パックを捨てるだけでよいのも特徴です。

一方で、牛乳パックタイプは多くのモデルが1000mlまでしか対応していないのが少し難点。そのため、基本的には1000ml以上のヨーグルトを作りたいときは、複数回に分けて作業を行う必要があります。ただし、付属の専用容器を使うことでより大量のヨーグルトを作れるモデルもあるのでチェックしましょう。

専用容器タイプ

By: amazon.co.jp

牛乳パックをそのまま使用するのではなく、専用の容器が付属しているタイプです。専用容器はメーカー毎にサイズや形状が異なり、豊富なラインナップから選べるのがメリット。例えば500ml程度のコンパクトサイズから2000mlサイズまで、さまざまなモデルが販売されています。

また、付属の容器が大サイズと複数の小サイズに分かれていることが多いのも特徴。小サイズの容器を使えば、1度に数種類のヨーグルトを完成させられます。

一方で、専用容器タイプの場合、使用前に熱湯消毒を行う必要があるので、注意しましょう。消毒をしないまま使うとヨーグルトを作るための菌がうまく増やせず、ヨーグルト作りに失敗してしまうことがあります。

ヨーグルトメーカーの選び方

温度設定機能の有無で選ぶ

By: amazon.co.jp

ヨーグルト作りでは適切な温度を保つことが重要です。ヨーグルトの種類によって必要な温度は異なりますが、一般的なプレーンヨーグルトを作る場合は40℃程度が目安。細かい温度調整機能のないシンプルな製品もありますが、温度設定を行えるタイプも多数登場しています。

プレーンヨーグルトだけ作ることができればよいなら温度固定タイプ、プレーンだけでなくいろいろなヨーグルトを作りたいなら温度設定可能タイプを選ぶのがおすすめです。

タイマーの有無で選ぶ

414DBEEYPTL

By: amazon.co.jp

ヨーグルトを作る際は発酵時間も重要。設定した発酵時間が来たら自動で加熱保温が解除されるタイマー機能が付いていると便利です。過発酵を起こしたり、乳酸菌が弱ってしまったりするのを防げます。タイマーが付いていない機種を選んだ場合は、タイマーなどで時間管理が必要です。

ただし、自動保温が解除されても室温で発酵が継続する可能性もあります。いずれの場合も自分でヨーグルトの発酵状況を確認するのが重要です。

ヨーグルト以外の発酵食品も作りたいなら

By: amazon.co.jp

温度設定が可能なヨーグルトメーカーでは、ヨーグルト以外の発酵食品を作ることも可能です。塩麹や甘酒、白味噌、醤油麹、納豆などが挙げられます。作るモノによって、それぞれ適切な温度に違いがあるのがポイントです。例えば、甘酒は60℃という高い温度を必要としますが、この温度まで設定できる機器は限られています。

また、より高温の70℃程度に設定できる製品には、低温調理器のようにローストビーフなどが作れるタイプもあります。ヨーグルト以外に作りたい食品がある場合は、その温度に対応しているかも機器選びのポイントです。

ヨーグルトメーカーのおすすめメーカー

ビタントニオ(Vitantonio)

By: rakuten.co.jp

ビタントニオは1999年に設立された日本の調理家電ブランドです。ヨーグルトメーカーのほか、ワッフルベーカーなどが人気。キッチンに馴染むシンプルなデザインと使いやすさを製品作りのモットーとしています。

同社のヨーグルトメーカーは、温度設定の範囲が広いのがメリット。さまざまな発酵食品作りに加えて、低温調理にも対応できます。料理好きな方におすすめのメーカーです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

By: amazon.co.jp

1958年創業のアイリスオーヤマは、オーブンなどの調理家電をはじめ、LED照明・収納用品など、生活に密着した多彩な製品を製造販売しています。ヨーグルトメーカーもラインナップが豊富です。

カスピ海ヨーグルト・甘酒・塩麹などを作れる自動メニューを搭載したモデルも人気。価格がリーズナブルなことも魅力です。

タニカ(TANICA)

By: rakuten.co.jp

タニカは電気酒燗器や冷酒サーバーなどの業務用調理家電を製造販売している電器メーカーです。1971年に、日本で初めてヨーグルトメーカーをリリースしたことで知られています。

同社の「ヨーグルティアシリーズ」は、温度調節機能・タイマーなどを搭載しており、基本性能が充実。また、国内自社工場で生産しているのもポイントです。

ヨーグルトメーカーのおすすめモデル

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ヨーグルトメーカー IYM-014

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ヨーグルトメーカー IYM-014

手頃な価格ながら、機能が豊富なアイリスの人気ヨーグルトメーカーです。900mlの専用容器のほか、500・1000mllの牛乳パックでヨーグルトが作れるのがポイント。対応する温度範囲は25~65℃、1℃刻みで細かく設定できます。 ヨーグルトはもちろん、納豆・塩糀やワインビネガーなど多彩な発酵食品の調理が可能です。

さらに、1~48時間のタイマーを搭載。水切りカップや牛乳パック用クリップなどが付属しており、ギリシャヨーグルトなどが簡単に作れます。さまざまな発酵食品作りにおすすめのヨーグルトメーカーです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ヨーグルトメーカー KYM-013

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ヨーグルトメーカー KYM-013

酸味を抑えた、柔らかいヨーグルトができる「飲むヨーグルトモード」を備えた、アイリスのヨーグルトメーカー。1〜48時間タイマーを搭載しているとともに、25~65℃という広い範囲で温度設定できます。

また、自動メニューを内蔵しているのがメリット。プレーンヨーグルトやカスピ海ヨーグルト、甘酒などをワンタッチ操作で調理できます。900ml調理用容器に加えて、牛乳パックのままでヨーグルト作りできるのもポイント。発酵食品作り初心者におすすめです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ヨーグルトメーカー IYM-011

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ヨーグルトメーカー IYM-011

500・1000mlの牛乳パックを使って、プレーン・カスピ海ヨーグルトを作れるヨーグルトメーカーです。プレーンの場合は40℃、カスピ海ヨーグルトは27℃で牛乳を発酵させ、12時間で自動的に電源が切れます。

牛乳パックをセットして電源をオンにするだけの簡単操作が魅力。好みに合わせた自家製ヨーグルトを気軽に楽しめるモデルです。

タニカ電器(TANICA) ヨーグルトメーカー ヨーグルティア YM-1200

タニカ電器(TANICA) ヨーグルトメーカー ヨーグルティア YM-1200

1200ccと専用容器の容量が大きめのヨーグルトメーカーです。温度は25~65℃で調整可能。最高温度が高めなので、低温料理にも対応できます。また、甘酒や納豆などの高温発酵をしやすいのもメリットです。

タイマーは1~48時間に設定できます。フタ付きとフタなしの2つの内容器が付属しているのもポイント。作ったヨーグルトや発酵食品をそのまま冷蔵庫で保存できます。

サイズは幅162×奥行162×高さ192mm、重量約750g。牛乳パック対応モデルに比べて、コンパクトなので、手狭なキッチンにも置きやすいヨーグルトメーカーです。

ビタントニオ(Vitantonio) ヨーグルトメーカー VYG-11

ビタントニオ(Vitantonio) ヨーグルトメーカー VYG-11

500・1000mlの牛乳パックでヨーグルトを作れるヨーグルトメーカーです。1℃刻みで25~70℃に温度調節できるのが大きなメリット。

ヨーグルトやチーズなどの乳製品なら低めの25〜40℃、甘酒・白味噌といった発酵食品は25〜60℃の温度で作れます。また、60〜70℃で低温調理も可能。とろりとした温泉卵や柔らかなローストビーフなどを作れます。

また、1時間刻みで時間設定できる30分~99時間の長時間オフタイマーを内蔵しているのもポイント。終了時はブザーで知らせるとともに、電源が自動でオフになります。

デジタル画面で温度・時間設定が簡単に行えるのも魅力です。スリムなボックス型のフォルムとステンレス製カバーでデザイン性も高い、人気のヨーグルトメーカーです。

エムケー精工(MKSEIKO) ヨーグルトメーカープレミアムモデル YA-200W

エムケー精工(MKSEIKO) ヨーグルトメーカープレミアムモデル YA-200W

一般のヨーグルトに比べて、乳酸菌やタンパク質が豊富といわれているギリシャヨーグルトが作れるヨーグルトメーカーです。

温度調節範囲は25~65℃と幅広く、1~48時間のタイマーも内蔵。そのため、ヨーグルトはもちろん、甘酒・塩麹など多彩な発酵食品も作れます。通常は約1週間かかるフルーツビネガーが1日で作れるのもメリットです。

エムケー精工(MKSEIKO) ヨーグルトメーカースタンダードモデル YA-100W

エムケー精工(MKSEIKO) ヨーグルトメーカースタンダードモデル YA-100W

リーズナブルながら、25〜65℃と温度設定範囲が広いヨーグルトメーカーです。温度は1℃刻みで細かく調整できます。時間は1~48時間の範囲で設定可能。1000mlの牛乳パックなら、約8時間でヨーグルトができます。

容量1000mlの専用容器が付属しており、甘酒や塩麹などの高温発酵食品も調理可能です。サイズは幅130×奥行135×高さ280mm。幅と奥行が短く、狭いキッチンでもスペースを取りにくいヨーグルトメーカーです。

マルコメ(MARUKOME) プラス糀 甘酒メーカー糀美人 MP201

マルコメ(MARUKOME) プラス糀 甘酒メーカー糀美人 MP201

味噌醸造の老舗マルコメがリリースする、容量1500・1300mlの専用調理容器が付属したヨーグルトメーカーです。温度は1℃刻みで20〜65℃に設定できます。ヨーグルトはもとより、甘酒・塩糀などの高温発酵食品なども調理できるのがメリット。タイマーも1〜48時間という広い範囲で設定可能です。

温度・時間がデジタル表示されることに加えて、個別のボタンでも設定できるので、操作性も良好。大きめの容量と、温度・時間の設定範囲が幅広いことなど、トータルバランスに優れています。また、専用容器タイプとしてはリーズナブルな価格も魅力です。

イデアインターナショナル(IDEA INTERNATIONAL) 発酵フードメーカー LOE037

イデアインターナショナル(IDEA INTERNATIONAL) 発酵フードメーカー LOE037

500〜1000mlの牛乳パックごとヨーグルトが作れる、スタイリッシュなヨーグルトメーカーです。温度は、1℃刻みで20~65℃に設定できます。高めの温度に対応しており、低温調理ができるのがポイント。1~48時間の範囲で設定できるタイマー機能を搭載しています。

1000mlの専用容器が2つ付属している他、かくはん用スプーン・計量カップ、16のレシピを掲載したレシピブックも付いています。ヨーグルトをはじめ、カッテージチーズ・サワークリームなどの発酵食品作りにおすすめのヨーグルトメーカーです。

ルームメイト(ROOMMATE) いきいきヨーグルト&納豆家族 EB-RM700A

ルームメイト(ROOMMATE) いきいきヨーグルト&納豆家族 EB-RM700A

大容量1500mlおよび1350mlの専用容器が付属したヨーグルトメーカーです。ヨーグルト用・納豆用など用途に応じて使い分けられるのがメリット。その他に、水切りカップも付属しており、ギリシャヨーグルトを作る時にも便利です。ただし専用容器タイプなので、牛乳パックは使用できないことは考慮しておきましょう。

温度は20~55℃の範囲で調整できます。低めの温度に設定できるので、カスピ海ヨーグルトやケフィアヨーグルトも作れるのがポイント。タイマーは48時間まで1時間刻みで設定できます。サイズは幅200×奥行170×高さ215mmで、大容量タイプとしてはコンパクト。大家族の方におすすめのヨーグルトメーカーです。

Vodool 甘酒塩麹メーカー ホームプレミアム

Vodool 甘酒塩麹メーカー ホームプレミアム

入り口が幅広くなっており、牛乳パックだけでなく市販の豆乳パックにも対応したヨーグルトメーカーです。対応温度は25~65℃と広めで、1℃刻みで設定可能。1~48時間のタイマーを搭載しています。

大きな特徴は、温度安定性に優れた「全方位発酵」。通常のヨーグルトメーカーは底部にヒーターがありますが、本製品は本体内部が発熱することにより、全方位から温めます。冬など室温が低いキッチンでも温度を保ちやすいのがメリット。リーズナブルなこともおすすめのポイントです。

和平フレイズ(WAHEI FREIZ) ソレアード ヨーグルトメーカー SO-161

和平フレイズ(WAHEI FREIZ) ソレアード ヨーグルトメーカー SO-161

安さが魅力のヨーグルトメーカーです。温度は40〜45℃ほどなので、プレーンヨーグルト専用です。ただし、温度・時間の設定ができない点に注意しましょう。

牛乳パックに市販のヨーグルトまたはタネ菌を入れてセットするだけと、作り方は簡単。プレーンヨーグルトを作れるリーズナブルなヨーグルトメーカーを探している方におすすめします。

マックスゼン(maxzen) ヨーグルトメーカー YOG-MX101

マックスゼン(maxzen) ヨーグルトメーカー YOG-MX101

1000mlまでの牛乳パックでヨーグルトを作れるヨーグルトメーカー。温度設定範囲は25〜65℃と広めなので、低温で発酵させるカスピ海ヨーグルトから甘酒などの高温発酵食品まで作れます。また、タイマーは最長99時間まで設定可能です。

カスピ海ヨーグルトや飲むヨーグルト・甘酒・塩麹など6種類の自動メニューを搭載しており、ワンタッチで設定できるのがポイント。初心者からヨーグルトを毎日飲む方までおすすめです。

ナカサ(NAKASA) 甘酒メーカー NAM-10L

ナカサ(NAKASA) 甘酒メーカー NAM-10L

側面から温める4面加熱方式が特徴のヨーグルトメーカーです。一般に採用されている底面加熱方式と比べて、設定温度までの到達時間が短いので、加熱時間を短縮できるのがメリット。最短6時間で甘酒が作れます。

温度は1℃刻みで、25〜65℃に設定可能。1〜48時間のタイマーも搭載。操作パネルには大きめの液晶表示を使用しており、温度と時間を同時に表示できます。調理の開始・終了をブザーで知らせてくれるのもポイント。専用容器の容量も1000mlと大きめです。

ヨーグルトメーカーのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

ヨーグルトメーカーのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。