自宅で簡単にヨーグルト作りを楽しめる「ヨーグルトメーカー」。ヨーグルト作りに特化したシンプルなモデルのほか、納豆や甘酒などほかの発酵食品作りに応用したり低温調理器として使えたりするモデルもあります。

そこで今回は、おすすめのヨーグルトメーカーをご紹介。種類や用途ごとの選び方などもあわせて解説するので、ぜひ自分にぴったりの1台を見つけてみてください。

ヨーグルトメーカーとは?

ヨーグルトメーカーとは、名前の通り自宅で簡単にヨーグルトを作れる機械のこと。市販の牛乳にヨーグルトを混ぜてセットし、一定時間おくとヨーグルトを作れます。市販のヨーグルトを買うよりもコストを抑えやすい点が魅力です。

また、納豆や塩麹、甘酒などヨーグルト以外の発酵食品を作れるモデルもあります。ローストビーフや温泉卵のような低温調理に対応したヨーグルトメーカーもあり、デザートからメインディッシュまで幅広く調理可能です。

ヨーグルトメーカーの選び方

ヨーグルトメーカーの種類

牛乳パックをそのまま使える「紙パックタイプ」

By: amazon.co.jp

紙パックタイプのヨーグルトメーカーは、本体に市販の牛乳パックを直接セットできるタイプ。本体が汚れにくく、使用後は牛乳パックを捨てるだけなのでお手入れの手間を軽減できます。

ただし、市販の牛乳パックの多くは1Lサイズのため、1L以上のヨーグルトを作りたい場合は複数回に分ける必要があることに留意しておきましょう。手軽に使えるので、1Lで十分という方にはおすすめのヨーグルトメーカーです。

材料を容器に入れる「専用容器タイプ」

By: amazon.co.jp

牛乳パックから付属の容器に移し替えて使用するタイプのヨーグルトメーカーが、専用容器タイプ。使用前に容器をしっかりと消毒しておかないと雑菌が入り込んでしまい、上手く作れない場合があるので注意が必要です。

大容量のモデルであれば一度に大量のヨーグルトをまとめて作れるのが魅力。複数の容器が付属している場合は保存容器としても使えるほか、小型の容器を複数セットして別のメニューを同時に作れるモデルもあります。

用途で選ぶ

プレーンヨーグルトのみを作りたい

By: amazon.co.jp

プレーンヨーグルトのみを作りたい場合は、シンプルなタイプのヨーグルトメーカーがおすすめ。使い方がわかりやすいのはもちろん、本体の価格が抑えられているモデルも多いため、気軽に導入できます。

ヨーグルト作りのみが目的の場合は、牛乳パックを直接セットできる紙パックタイプもおすすめ。使用後に専用容器をお手入れしたり、使用前に消毒したりといった作業が基本的には不要なので、最小限の手間で簡単にヨーグルトを作れます。

甘酒などほかの発酵食品も作りたい

By: amazon.co.jp

ヨーグルトメーカーのなかには、甘酒や塩麹、納豆などヨーグルト以外の発酵食品作りに対応したモデルもあります。温度を細かく設定できたり、タイマーを柔軟に調節したりできるモデルだと、さまざまな発酵食品作りに応用可能です。

複数の容器が付属しているモデルや、牛乳パックでヨーグルトを作れるモデルもおすすめ。特に納豆を作った容器では、ほかの食品を調理できない場合があります。複数の容器を用途やメニューに応じて使い分けられると便利です。

低温調理器としても使用したい

By: amazon.co.jp

一部のヨーグルトメーカーは、低温調理器としての機能も有しています。低温調理器として使えるモデルを選ぶと、ヨーグルト以外にもローストビーフやサラダチキン、温泉卵などのメニューを簡単に調理可能です。

特に肉の低温調理を行いたい場合は、温度設定に注意が必要。安全に食べられるよう、必要な温度に設定できるかを事前に確認しておきましょう。また、容器の深さや広さに余裕のあるモデルだと、大きいサイズの食材にも対応できます。

その他の機能をチェック

By: amazon.co.jp

水切り用のカップが付属しているモノや、回転機能を搭載しているモデルもあります。手軽に水切りができると、ギリシャヨーグルトなどを簡単に作れるので、メニューの幅を広げたい方におすすめです。

また、発酵終了後に音で知らせる機能の有無も重要なポイント。ヨーグルトメーカーで発酵食品を作る場合、タイマー設定後に数時間放置することもあります。通知機能があると、作っていることを忘れてしまうミスの防止が可能です。

サイズや容量にも注目

By: amazon.co.jp

ヨーグルトメーカーは、モデルによってサイズや容量が大きく異なります。作りたいヨーグルトの量やメニューに適したサイズのモデルを選ぶのがポイント。特に、肉を低温調理したい場合は大きいサイズのヨーグルトメーカーがおすすめです。

一人暮らしの方やキッチンのスペースが限られている方には、コンパクトなモデルやスリムなモデルがぴったり。少量のヨーグルトを作りたいだけの場合も、コンパクトなモデルで対応できます。

ヨーグルトメーカーのおすすめモデル

ビタントニオ(Vitantonio) ヨーグルトメーカー VYG-30

さまざまなレシピに活用できる、おすすめのヨーグルトメーカー。縦長のスリムな設計を採用しているため、省スペースで気軽に使用できます。適度に光沢のある、シルバーのスタイリッシュなデザインもポイントです。

500mlや1000mlの牛乳パックを本体に直接セットして使用可能。より衛生的かつ気軽にヨーグルト作りを楽しめます。もちろん、付属の容器に牛乳を入れて本体にセットしてもヨーグルトを作れるので、状況に応じた使い方が可能です。

ヨーグルト以外のメニューに対応している点も魅力のひとつ。甘酒や白味噌などの発酵食品はもちろん、温泉卵やローストビーフなどの低温調理も可能なため、メインの料理にも活用できます。

本体正面には、液晶画面と操作パネルを搭載。時間は主に1時間刻み、温度は1℃刻みで細かく調節しながら好みの設定で使用できます。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ヨーグルトメーカー IYM-014

多機能で便利なおすすめのヨーグルトメーカー。市販の牛乳パックを丸ごとセットできるので、より衛生的かつ手間を最小限に抑えての使用が可能です。保存に便利な専用の容器も付属します。

豊富なメニューに対応している点も魅力のひとつ。プレーンヨーグルトや付属の水切りカップを使ったギリシャヨーグルトのほか、ローストビーフやサラダチキン、納豆作りなど本格的な調理にも対応しています。

温度は、25~65℃まで1℃刻みで調節可能。タイマーは1時間単位で最大48時間まで設定できるので、レシピに合わせて柔軟に使えます。また、自動メニューも搭載されているため、一部のメニューはボタンを押すだけで調理可能です。

取扱説明書のQRコードを読み込めば、レシピも確認できます。調理終了時に音で知らせる機能も魅力です。

和平フレイズ ラノー ヨーグルトメーカー MJ-0639

シンプルで使いやすいおすすめのヨーグルトメーカー。レトロな雰囲気も感じられる、ブルーを基調としたおしゃれなデザインを採用しています。本体サイズが約幅130×奥行き150×高さ280mmとスリムかつコンパクトなのも魅力です。

市販の1Lの牛乳パックをセットできるのがポイント。容器に移し替える必要がないので、手軽にヨーグルト作りを楽しめます。付属品として計量カップが同梱されているのもメリットです。

ハイスマイル(Hismile) コンパクトヨーグルトメーカー HS-YG1A

コンパクトながら使いやすい、おすすめのヨーグルトメーカー。幅137×奥行き130×高さ281mmのスリムかつ小型な設計を採用しているので、限られたスペースでも使用可能です。長期間使わないときも、スッキリと収納できます。

市販の牛乳パックを直接セットできるのがポイント。専用容器を使ったヨーグルト作りも可能なので、好みに合った方法で行えます。

設定できる温度が、25~69℃と幅広いのも魅力。時間は1~99時間まで柔軟に設定できます。独自の立体加熱構造の採用により、庫内を均一に保温しやすいと謳われているのも特徴です。付属品は専用容器のほか、スプーンと計量カップ、牛乳パックを留められる蓋が用意されています。

dadaz ヨーグルトメーカー R-1

おしゃれかつ使いやすい、おすすめのヨーグルトメーカー。本体下部に木目調のパーツが採用されており、インテリアに馴染みやすいナチュラルなデザインを実現しています。見た目にこだわる方におすすめです。

温度は、25~65℃の範囲内で1℃刻みの調節が可能。タイマー機能は、1~48時間の設定に対応しています。正面には液晶画面も搭載されており、設定中の温度や時間を簡単に確認可能です。

プリズメイト(PRISMATE) 発酵グルメポット PR-SK007

多機能かつおしゃれな、おすすめのヨーグルトメーカー。本体部分はシンプルなホワイト、カップにもなる蓋やスプーンには木を採用しています。さまざまなインテリアに馴染みやすいので、見た目にこだわる方におすすめです。

柔軟な設定に対応している点も特徴のひとつ。温度は20~65℃の範囲内で1℃刻みの調節ができ、タイマーは1時間単位で最大48時間まで設定可能です。本体正面にボタンと画面が搭載されているため、簡単に操作できます。

牛乳パックを直接セットできるのもポイント。付属品として牛乳パックの蓋を留められるクリップも同梱されています。また、専用のボトルも2つ付属しているので、さまざまなメニューに気軽に挑戦可能です。

ヨーグルト以外にも、納豆のような発酵食品やローストビーフのような低温調理にも対応。レシピブックも付属するため、初心者でも簡単に使い始められます。

ブルーノ(BRUNO) 発酵フードメーカー LOE037

おしゃれなデザインのヨーグルトメーカー。レトロ調のスタイリッシュなデザインを採用しています。雑貨のように楽しめるので、お客さんなどから見える場所にも置いておきやすいのが魅力です。

専用容器に牛乳とヨーグルトを投入して混ぜ、本体にセットしてボタンを押すだけで簡単に手作りヨーグルトを楽しめます。本体には500mlや1Lの牛乳パックも丸ごとセットできるため、容器に移し替える手間を省いて使用可能です。

ヨーグルト以外の調理に活用できる点も特徴のひとつ。醤油麹や甘酒、ワインビネガーのほか、サワークリームや西京味噌作りなどにも応用できるので、自宅で作れるメニューの幅が広がります。

専用容器が2つ付属しているのもポイント。片方を保存容器として使いながら、別のメニューを並行して楽しめます。また、専用のレシピブックが付属している点も魅力です。

山善(YAMAZEN) ヨーグルトメーカー YXA-101

さまざまな調理に活用できる、おすすめのヨーグルトメーカー。サイズが約幅170×奥行き205×高さ180mmと大型で、余裕をもって食材をセットできます。ホワイトを基調としたシンプルなデザインのため、キッチンのインテリアに馴染みやすい点も魅力です。

ヨーグルトを作る場合は、付属の専用容器のほか500mlの牛乳パックを直接セット可能。容器に移し替える手間がかからず、終わったら牛乳パックを捨てるだけなので、より衛生的なうえ手軽に手作りヨーグルトを楽しめます。

専用容器を使用すれば、約1Lをまとめて作ることが可能。飲むヨーグルトや納豆、塩麹、甘酒などの発酵食品を手作りできるほか、サラダチキンやローストビーフを作れる低温調理にも対応しています。

温度調節は25~65℃、タイマー設定は1~48時間に対応。レシピブックも付属しているため、初心者でも気軽に調理を楽しめます。

クビンス(Kuvings) ヨーグルト&チーズメーカー KGY-713SM

大量のヨーグルトをまとめて作れる、おすすめのヨーグルトメーカー。容量が最大2000mlと非常に大型なので、家族分のヨーグルトをまとめて作りたい方に適しています。大型ながらサイズが抑えられており、設置しやすい点も魅力です。

多彩なメニュー機能も特徴。本体正面に搭載されたボタンを押してメニューを選ぶだけで、さまざまな料理を作れます。ヨーグルトは約8時間、チーズや甘酒は約6時間と、気軽に調理可能。通常数ヶ月かかるような梅エキスも約72時間で作れると謳われているのがポイントです。

また、指で容器の蓋を回転させることで、簡単に水切りができるのもメリットです。ギリシャヨーグルトや酵素シロップなども簡単に作れます。

専用容器の素材には、トライタン樹脂を採用。熱湯消毒や電子レンジによる消毒にも対応しています。

タニカ電器(TANICA) ヨーグルティアS YS-01

さまざまなレシピに対応できる、おすすめのヨーグルトメーカー。カラーバリエーションが豊富に用意されているため、好みに合わせて選びやすいのが魅力です。1.2Lの大容量なので、家族の分もまとめて作りたい方に適しています。

大型の液晶画面を搭載している点も特徴。温度や時間が大きく表示されるため、素早く確認できます。温度と時間を別のボタンで設定できるのもポイント。操作がわかりやすく、初心者でも簡単に使い始められます。

タイマーは1~48時間にセットできるほか、温泉卵の調理に便利な30分の設定にも対応。温度は25~70℃の範囲で調節可能です。ヨーグルトだけではなくさまざまな発酵食品の調理ができます。また、発酵終了をブザーで知らせる機能が搭載されているのもメリットです。

底面にはコードを収納するスペースが存在。使わないときはスッキリとした状態で収納可能です。

グリーンハウス(GREEN HOUSE) ヨーグルトメーカー GH-KYGB500

簡単に扱える、おすすめのヨーグルトメーカー。幅194×奥行き127×高さ124mmのコンパクトな設計なので、気軽に使えます。高さが低いため、棚に収納しやすい点も魅力です。

専用の容器に市販の牛乳とヨーグルトを入れて本体にセットし、タイマーを設定するだけのわかりやすい手順が特徴。発酵が完了した後に冷蔵庫で冷やせば、自宅でも簡単に手作りのヨーグルトを楽しめます。

牛乳の代わりに、豆乳や生クリーム、スキムミルクを使ったヨーグルトを作ることも可能。また、発酵バター作りの一部工程にも活用できます。大型の容器のほか、小型の容器も2つ付属しているので、作りたい量に合わせてサイズを使い分けたり、異なるヨーグルトを同時に作ったりすることも可能です。

ヨーグルトメーカーのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

ヨーグルトメーカーのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。

ヨーグルトメーカーで作れるおすすめレシピ

甘酒

By: irisohyama.co.jp

多くのヨーグルトメーカーでは、甘酒も簡単に作れます。準備する材料は、市販の乾燥米麹と炊飯済みのご飯、水、熱湯。ご飯と熱湯を清潔な容器に入れ、全体に粘りが出るまでしっかりと混ぜて馴染ませます。水を加えて温度を下げましょう。

米麹のかたまりを粒状にほぐし、ご飯と熱湯を混ぜ合わせた容器に投入。さらに全体を混ぜたら、温度を60℃に設定して9時間おきます。9時間経過後、清潔なスプーンでかき混ぜたら完成です。

ローストビーフ

By: lifeonproducts.co.jp

低温調理が可能なヨーグルトメーカーであれば、ホームパーティや記念日などにおすすめのローストビーフも作れます。まずは、牛肉に塩コショウで下味を付け、しっかりと常温に戻すのがポイント。常温に戻ったら、油を引いたフライパンで焼き目を付けます。

全面に焼き目が付いたらラップで包み、チャック付きの耐熱袋に入れて密封。空の牛乳パックに約65℃のお湯と一緒に入れて、温度65℃、タイマー6時間に設定してからヨーグルトメーカーをスタートします。

6時間経過後、肉を取り出して切り分け、皿に盛り付けたら完成です。安全に食べられるよう、肉の大きさによって加熱時間を調節しましょう。

納豆

By: lifeonproducts.co.jp

自家製の納豆作りが楽しめるヨーグルトメーカーもあります。準備する材料は、大豆の水煮と少量の納豆。あらかじめ熱湯消毒しておいた容器に水煮大豆と納豆を入れて混ぜ、ラップをしたうえでラップにつま楊枝で小さな穴を空けておきます。

容器をヨーグルトメーカーにセットし、温度を45℃に設定。24~48時間おくと、納豆の完成です。加温中に定期的に中身を混ぜると、発酵が均一に進みやすい場合もあります。

温泉卵

By: subaruya.com

ヨーグルトメーカーのなかには、温泉卵を作れるモデルもあります。容器に卵と沸騰したお湯を入れて本体にセットし、温度を65℃、時間を30分に設定してスタートさせると、簡単に温泉卵の調理が可能です。

温泉卵の固さは人によって好みが分かれるほか、仕上がりは卵のサイズや温度にも左右されるので、時間を細かく調節できるモデルがおすすめ。また、容量が大きいヨーグルトメーカーだと、まとめて大量の温泉卵を作れます。