ヨーグルトを自宅で簡単に作れる「ヨーグルトメーカー」。細かく温度設定できるモノや、ヨーグルト以外の発酵食品も作れるモノなど、種類はさまざまです。

そこで今回は、ヨーグルトメーカーのおすすめ製品をピックアップ。選び方についても解説しているので、ぜひチェックしてみてください。

ヨーグルトメーカーとは?

By: amazon.co.jp

ヨーグルトを家庭でも手軽に作れる、ヨーグルトメーカー。内部を適した温度に保つことによって発酵をうながします。市販のヨーグルトを定期的に購入するよりもローコストでヨーグルトが作れる、人気の高いアイテムです。

ヨーグルトメーカーは温度設定できるタイプが主流。25〜65℃ほどに設定できるモデルが多く展開されています。高温設定できるモノを選べば、ヨーグルトだけでなく、甘酒や納豆といった高温発酵食品を作れるのもメリットです。

なお、多くのモデルではヨーグルトを作るのに約6〜8時間かかりますが、消費電力は20〜40Wほどと小さめ。電気料金が気になりにくいのもポイントです。

ヨーグルトメーカーの種類

牛乳パックタイプ

牛乳パックタイプのヨーグルトメーカーは、手軽に使えるのがメリット。牛乳パックのフタを開けてヨーグルトの種を投入した後、機械にセットするだけで完成します。また、食べ終わったら牛乳パックを捨てるだけでよいのも魅力です。

一方で、牛乳パックタイプは多くのモデルが1000mlまでしか対応していないのが難点。1000ml以上のヨーグルトを作りたいときは、複数回に分けて作業を行う必要があります。

専用容器タイプ

By: amazon.co.jp

牛乳パックをそのまま使用するのではなく、専用の容器が付属しているタイプです。専用容器はメーカーごとにサイズや形状が異なり、豊富なラインナップから選べるのがメリット。500ml程度のコンパクトなモノから2000mlサイズの大容量タイプまで、さまざまなモデルが展開されています。

また、付属の容器が大サイズと複数の小サイズに分かれていることが多いのも特徴。小サイズの容器を使えば、一度に数種類のヨーグルトを作れます。

ただし、専用容器タイプの場合、使用前に熱湯消毒を行う必要があるので注意しておきましょう。消毒をしないまま使うとヨーグルトを作るための菌がうまく増やせず、ヨーグルト作りに失敗してしまうことがあります。

ヨーグルトメーカーの選び方

用途で選ぶ

プレーンヨーグルトのみを作りたい

By: amazon.co.jp

プレーンタイプのヨーグルトだけ作りたい方は、機能が絞られたシンプルなモデルがおすすめ。導入コストを安く抑えられるだけでなく、本体サイズも小さいので収納スペースの確保がしやすいのも魅力です。

特に牛乳パックを使用したタイプは、後片付けの手間がかかりにくいのもポイント。使った後のお手入れの手間を気にすることなく、手軽に使用できます。プレーンヨーグルトのみ作りたい方はシンプルなモデルを選びましょう。

甘酒などほかの発酵食品も作りたい

By: amazon.co.jp

甘酒や塩麹、クリームチーズ、納豆など、さまざまな発酵食品を作りたい方は、ヨーグルト以外の調理にも対応しているモデルを選びましょう。温度設定や保温時間の設定の幅が広いタイプが適しています。

また、牛乳パックを使えるタイプであれば、におい移りなどを気にすることなく調理できるのが魅力です。

低温調理器としても使用したい

By: amazon.co.jp

ヘルシーなサラダチキンや、パーティーのメインディッシュとして人気のローストビーフなどを作る際にも、ヨーグルトメーカーは活躍します。低温調理器としても使用したい場合は、最高温度が65℃以上あるモデルを選びましょう。60℃以下のモデルでは加熱温度が足りないため、注意が必要です。

ただし、あくまでヨーグルトメーカーとしての調理がメインとなるので、サイズが大きすぎる食材には適していません。低温調理器としても使用する場合は、開口部が大きく、ある程度深さがある専用調理器具付きのモノがおすすめです。

本体サイズもチェック

By: amazon.co.jp

毎日の暮らしにヨーグルトを取り入れたいなど、使う頻度が高い場合はキッチンスペースに設置可能かどうかもチェックしておきましょう。キッチンに出しっぱなしにしておいても違和感のないサイズとデザインの製品がおすすめです。

牛乳パックを使用するタイプは、スリムでコンパクトな製品が多め。キッチンのちょっとしたスペースに設置しやすいメリットがあります。反対に、専用の調理器具を使うタイプはサイズが大きくなりがち。その分、料理のレパートリーは増えるので、作りたいメニューや使用頻度に合わせて考えてみてください。

ヨーグルトメーカーのおすすめモデル

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ヨーグルトメーカー IYM-014

ボタンを押すだけでプレーンヨーグルトと甘酒が作れる自動メニューを搭載した、牛乳パックタイプのヨーグルトメーカーです。ワンプッシュの簡単操作で調理できるのが魅力。保存容器や牛乳パック用のクリップ、計量スプーンなど、ヨーグルト作りに必要な道具が揃っているのもポイントです。

温度は25~65℃まで1℃単位、タイマーは1~48時間まで1時間刻みで設定が可能。ギリシャヨーグルトやカスピ海ヨーグルトのほか、納豆や塩麹などさまざまな発酵食品が作れます。美容と健康を考えて、毎日の食事に発酵食品を取り入れたい方にもおすすめです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ヨーグルトメーカー IYM-013

ボタン1つでさまざまな発酵食品が作れる人気のヨーグルトメーカーです。プレーンヨーグルトやカスピ海ヨーグルトに加え、飲むヨーグルトや甘酒、塩麹が簡単に作れる自動メニューを搭載。飲むヨーグルトは500mlと1000mlから容量が選べるので、無駄なく必要な量が作れます。

1~48時間まで1時間刻みのタイマー設定と25~65℃まで1℃単位の細かい温度設定が可能。フルーツビネガーや納豆、西京味噌など温度調節が難しい発酵食品にも挑戦できます。

保存に便利な専用容器やクリップ、計量スプーンなどヨーグルト作りに必要な道具のほか、29品目が掲載されたレシピブックが付属。オリジナルの発酵食品が手軽に楽しめるおすすめのヨーグルトメーカーです。

タニカ(TANICA) ヨーグルティアS YS-01

1971年に日本で初めてヨーグルトメーカーの製造・販売を開始した「タニカ」のヨーグルトメーカーです。温度調節は25~70℃まで1℃単位、タイマーは最短30分で、1~48時間まで1時間刻みで設定が可能。液晶画面が大きく明るいので視認性も良好です。

プレーンヨーグルトや甘酒、天然酵母などの発酵食品のほか、別売の温泉卵用アタッチメントを使用すれば温泉卵も作れます。容量1200mlの専用容器2つに加え、すくいやすい専用スプーンや76品目が掲載されたレシピ集が付属。コードは底部に巻きつけられるので、長さを調節して使用できます。

豊富なカラーラインナップも魅力。好みやキッチンのインテリアに合わせて選べるのもおすすめポイントです。

タニカ(TANICA) KAMOSICO KS-12

容量1200mlで自家製ヨーグルトがたっぷり作れる専用容器タイプのヨーグルトメーカー。大家族など人数が多い家庭におすすめです。25~65℃まで1℃単位で温度調節が可能。ヨーグルトのほか、納豆や塩麹、味噌などオリジナルの発酵食を作れるのが魅力です。

水切りバスケットやペーパーフィルターなど発酵食作りに必要な道具が揃っているので、購入したらすぐに使用できるのも嬉しいポイント。キッチンに映えるおしゃれな壺型デザインなのでプレゼントにも適しています。

エムケー精工(MK Seiko) ヨーグルトメーカー YA-100W

省スペースに設置できる牛乳パックタイプのヨーグルトメーカーです。幅13×奥行13.5×高さ28cmとコンパクトで、出しっぱなしにしておいても邪魔になりにくいので使用頻度が高い方におすすめ。約650gと軽いため、収納や使用時の出し入れも容易です。

温度は25~65℃、タイマーは1~48時間の範囲で設定が可能。好みに合わせて酸味の強弱を調節できるのが魅力です。プレーンヨーグルトや甘酒作りに加え、天然酵母パンの生種起こしもできるので、小麦粉の香りと甘みを引き出した美味しいパンも楽しめます。

エムケー精工(MK Seiko) ヨーグルトメーカー YA-200W

専用こし器付きでギリシャヨーグルトも作れるヨーグルトメーカーです。通常のヨーグルトとギリシャヨーグルトの2種類のヨーグルトが楽しめるので、いろいろな味を楽しみたい方にもおすすめ。1200mlと1000mlの専用容器が付属しており、牛乳パックと専用容器のどちらでも作れます。

温度は25~65℃まで調節でき、タイマーは1~48時間の範囲で設定が可能です。甘酒や天然酵母パンの生種起こしのほか、通常1週間程度かかるフルーツビネガーが1日で作れるのもポイント。900mlの市販の瓶が入るサイズのため、作ってそのまま保存もできます。

ビタントニオ(Vitantonio) ヨーグルトメーカー VYG-20

シンプルで使いやすい調理家電を展開するブランド「ビタントニオ」のヨーグルトメーカーです。キッチンに馴染みやすいスタイリッシュなデザインが魅力。ステンレスの光沢が美しく高級感もあるので、使用頻度が高く、キッチンに常時設置しておきたい方におすすめです。

500mlまたは1000mlの牛乳パックで簡単かつ衛生的にヨーグルトが作れます。ヨーグルト作りや発酵食作りに便利な容量800mlの専用容器も付属。煮沸消毒可能なガラス製で、ニオイ移りしにくく汚れ落ちがよいのがポイントです。

温度は25~70℃までの広い範囲で調節可能。甘酒などの発酵食品やピクルスなどの漬物に加え、コンフィやローストビーフなどの低温調理もできるため、さまざまな料理が楽しめます。

タイガー魔法瓶(TIGER) ヨーグルトメーカー CHF-A100

場所を取らずにすっきり設置できる牛乳パックタイプのヨーグルトメーカーです。約幅11.5×奥行14.9×高さ26.5cmとコンパクトなので、キッチンが狭く収納や設置スペースの確保が難しい場合にもおすすめ。重量約580gと軽いため、出し入れや持ち運びも容易です。

温度は20~60℃の範囲で1℃単位、タイマーは1~48時間まで1時間単位で設定が可能。プレーンヨーグルトだけでなく、カスピ海やケフィア、豆乳などさまざまな種類のヨーグルトが作れます。「まろやか」から「すっぱい」まで好みに合わせて酸味の調節ができるのもポイントです。

三ッ谷電機(MITSUTANI) ヨーグルトメーカー YGT-4

シンプル機能で使いやすい牛乳パックタイプのヨーグルトメーカーです。ボタンは電源・表示切替・プラス・マイナスの4つのみ。温度と時間を設定するだけで簡単にヨーグルトが作れます。複雑な操作不要で手軽に使えるので、プレーンヨーグルトのみを作りたい方におすすめです。

幅13×奥行13.5×高さ28cmとコンパクトかつスリムで、場所を取らずに設置できるのも魅力。保存に便利な容量1000mlの容器や計量カップ、スプーンが付属しているため、牛乳とヨーグルトさえあればすぐにヨーグルトが作れます。

三ッ谷電機(MITSUTANI) ヨーグルト&発酵メーカー プレミアム YHP-8

健康のために毎日の食事に発酵食品を取り入れたい方におすすめのヨーグルトメーカーです。温度は25~65℃の範囲で調節でき、タイマーは1~99時間までと長時間の設定が可能。プレーンヨーグルトや甘酒、塩麹など定番の発酵食に加え、クリームチーズも作れるのがポイントです。

「簡単プリセット・メニュー」機能により、複雑な操作をする必要がなく簡単に設定できるのも魅力。温度と時間を自由に設定してオリジナルの発酵食品が作れます。容器やスプーン、水切り用容器など付属品が充実しているのもおすすめポイントです。

東京企画販売(TO-PLAN) ヨーグルトファクトリーPREMIUM TKSM-016

購入しやすいリーズナブルな価格が魅力のヨーグルトメーカーです。プレーンヨーグルトとカスピ海ヨーグルトが牛乳パックのまま作れるのが特徴。煮沸消毒などの手間がかからず衛生的に自家製ヨーグルトを作れるのも魅力です。

電源を入れて、プレーンとカスピ海から選んでボタンを押すだけなので操作も簡単。約幅13.8×奥行13×高さ27.6cmとコンパクトなので省スペースで設置できます。シンプル機能で使いやすいため、お試しでヨーグルト作りに挑戦してみたい方へおすすめです。

クビンス(Kuvings) ヨーグルト&チーズメーカー KGY-713SM

さまざまな発酵食品が作れる高機能なヨーグルトメーカーです。メニューを選んでボタンを押すだけで手軽に発酵食品を作れるのが特徴。プレーン・豆乳・カスピ海・ギリシャなどさまざまな自家製ヨーグルトが楽しめます。簡単に水切りができる回転式脱水機能を搭載しているのもポイントです。

温度は20~65℃、タイマーは1~99時間の範囲で設定でき、好みに合わせて味の調節ができるのも魅力。容量2000mlの大容量サイズでたっぷり作れるので人数が多い家庭にもおすすめです。

ハイスマイル(Hismile) ヨーグルトメーカー HS-YG1A

最大99時間の長時間発酵に対応したヨーグルトメーカーです。25~69℃の範囲で1℃単位の細かい温度調節が可能。プレーンヨーグルトや納豆などの発酵食品はもちろん、低温調理も行えるので鶏ハムやコンフィなども楽しめます。ヨーグルト以外の食品も作れる汎用性の高いヨーグルトメーカーを求めている方におすすめです。

本体内部は庫内保温を均一に保つ構造で、温度ムラが少ないのが特徴。センサーと高精度ICを採用することで温度管理の信頼性が向上しています。1000mlの専用容器・牛乳パック用のフタ・計量カップ・スプーン・レシピブックが付属。道具がひと通り揃っているので、購入したらすぐに始められます。

山善(YAMAZEN) ヨーグルトメーカー YXA-100

手軽にオリジナルの発酵食品が作れる容器タイプのヨーグルトメーカーです。温度は25~65℃の範囲で1℃単位、タイマーは1~48時間まで1時間刻みで設定が可能。ヨーグルトや甘酒のほか、塩麹や京風白味噌などさまざまな発酵食品が楽しめます。

容量1000mlの専用容器に加え、小分け用のボトルが4本付属するので一人暮らしの方にもぴったり。牛乳パックタイプに比べて幅17×奥行20.5×高さ16.5cmと大きめのため、設置スペースに余裕がある方におすすめです。

ヨーグルトメーカーのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

ヨーグルトメーカーのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。

ヨーグルトメーカーのおすすめレシピ

甘酒

By: amazon.co.jp

ヨーグルトメーカーを使えば家庭で簡単に甘酒が作れます。お酒を使わないタイプや無添加のモノも作れるので、小さな子供がいる家庭にもおすすめです。

自家製の甘酒を作る際は、60℃をキープすることが甘さを引き出すコツ。そのため、温度設定とタイマー設定ができるモデルを選ぶようにしましょう。また、牛乳パックで作るタイプよりも、調理容器のような幅が広いタイプの方が熱源に触れる面積が広いので、短時間で甘さを引き出せます。

ローストビーフ

ローストビーフは手間がかかるように見えて、実は自宅でも簡単に作れるのがポイント。赤身肉のブロックに塩コショウをした後、肉汁を閉じ込めるためにフライパンで全面に焼き色をつけます。

ジップロックなどの密閉袋に入れて、ぬるま湯と一緒に60℃以上の低温調理が行えるヨーグルトメーカーに入れるだけで完成。簡単に柔らかくジューシーなローストビーフが作れます。イベントやホームパーティーにおすすめです。

納豆

ヨーグルトメーカーで納豆を作る際は、長時間タイマーを使える製品がおすすめ。手作り納豆は、納豆菌と蒸した大豆をセットした後、45℃で約24時間放置する必要があります。そのため、長時間保温が可能な製品を使用するようにしましょう。

また、納豆菌は空気中にも存在し、熱にも負けない強さをもつといわれています。そのため、ヨーグルトやほかの酵母菌と一緒にしてしまうと残った納豆菌の影響で失敗しやすくなるので、納豆専用の容器を使用するのがおすすめです。

温泉卵

ヨーグルトメーカーで温泉卵を楽しむ場合は、60℃以上の低温調理をできる製品が必要です。また、あまり容量の小さいモノだと一度に1~2個しか作れないので、家族分の温泉卵を作りたい方は大きめの調理容器が付いているタイプを選びましょう。

加えて、温泉卵は卵のサイズや温度によってできあがりが大きく異なります。自分好みの固さに仕上げたい場合は1℃ずつの細かい温度設定をできるタイプがおすすめです。