マウスにはいろいろな種類がありますが、なかでも立体的な動きをスムーズに行える「3Dマウス」。操作性が高く、CADやグラフィックデザイン、ゲームなどで活躍します。

3Dマウスには形状や機能などさまざまな製品が販売されているので、どれを選べばよいのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、3Dマウスの選び方やおすすめの製品をご紹介。使用するシーンや用途に応じて、ぴったりな3Dマウスを選んでみてください。

3Dマウスとは?

By: amazon.co.jp/

3Dマウスとは通常のマウスよりも操作性が高く、画面上での3D作業を効率的に進められるマウスです。垂直・奥行・横方向への移動や、回転・縮小・拡大など立体的な操作に適しており、自由度の高い操作が可能。直感的に操作できる3Dマウスは、通常のマウスと併用して使うことで作業をスムーズに進められます。

3Dマウスはビジネスシーンだけではなくゲームなどでも活躍。ダイナミックな動きで自由に操作できるので、3Dゲームなどを存分に楽しみたい方に人気があります。

また、3Dマウスは通常のマウスと比べて手や手首に負担がかからないように設計されているので、長時間作業する方にもおすすめ。CADやグラフィックデザインなどのクリエイティブな作業やゲームなど幅広く活躍するマウスです。

3Dマウスの種類

卓上型

By: amazon.co.jp

CADやグラフィックデザインなど、ビジネス用としておすすめなのが卓上型です。手で書いているかのような操作感で緻密な作業が可能。直感的に操作できるので、3Dマウス初心者でも扱いやすいのも魅力です。

3Dマウスの形状は通常マウスと同じようなモノや円形、スティック付きの製品などさまざま。普段使いできるモノからプロクリエイター用の高性能なモノまで種類豊富なのが卓上型の特徴です。幅広い用途で使えるので、1台持っていれば作業効率を高められます。

装着型

By: amazon.co.jp

ゲームでの操作やプレゼンテーションなどでの使用がメインであれば、装着型がおすすめ。指に装着して空中で使用できたり、本体に一切触れることなく操作ができたりと、いろいろなタイプがあります。

デスク上でマウスを動かす必要がないので、場所を選ばずに使えるのがメリット。慣れるまでには時間がかかるかもしれませんが、ゲームをダイナミックに楽しみたい方におすすめです。

3Dマウスの選び方

接続方式をチェック

By: amazon.co.jp

3Dマウスの接続方法は、通常のマウスと同様に有線タイプと無線タイプ(ワイヤレス)の2種類です。なかには有線・無線どちらの接続にも対応できる製品もあります。

有線タイプは接続が簡単で、電池切れの心配がないのがメリットです。電池を内蔵しないので軽量で小型なタイプもあり、疲れにくいのが特徴。ワイヤレスと比べて価格が安いので、初心者でも手を出しやすいのも魅力です。

無線タイプ(ワイヤレス)は、コードの煩わしさがなくサクサク作業できるのがメリット。小型タイプの3Dマウスであれば場所を取らないため、狭いデスクでも快適に操作可能です。

接続はBluetoothやUSBポートに専用レシーバーなどを取り付けて行います。最近では充電が長持ちするモノや通信が安定している高性能な製品があるので外出先でも安心。自由度の高い操作ができるワイヤレスは、CADなどのクリエイティブな作業を行う方におすすめです。

使用するPCやソフトに対応しているかチェック

By: amazon.co.jp

3Dマウスを購入する前に必ず確認してほしいのが、持っているパソコンやマウスを使用したいソフトに対応しているかという点です。3DマウスはOSや対応ソフトを限定して作られていることがあるので注意しましょう。気になる3Dマウスの公式ページなどを確認してから購入するのがおすすめです。

また、使用したいソフトが決まっている場合は、使うソフトに特化した3Dマウスを選ぶ方法もあります。CAD作成などをメインで行う場合は、CADでの使用を想定して作られた専用3Dマウスや、緻密な作業ができるトラックボール付きの3Dマウスなどがおすすめ。より効率的に作業を進められます。

通常のマウスとしても使えるかチェック

By: amazon.co.jp/

3Dマウスのなかには、通常のマウスとして使用できないモノがあるので注意しましょう。クリックやカーソル移動などの操作は通常のマウスで行うなど、通常のマウスと併用することを前提としている製品もあります。

機能性だけではなく3Dマウスを手軽に使いたいのであれば、通常のマウスとしても使用できる製品を選びましょう。ビジネス用として効率よく作業したい方には、3Dマウスと通常のマウスの併用がおすすめです。用途に応じて自分に合った3Dマウスを選んでみてください。

3Dマウスのおすすめモデル

3Dコネクション(3Dconnexion) SpaceNavigator SE SNSE

マウス上部にあるキャップを前後左右に動かして操作する3Dマウスです。6軸対応のオプティカルセンサーが搭載されているので、直感的な操作が可能。プロだけでなく、初心者でも簡単に操作できます。

ファンクションボタンが搭載されており、頻繁に使うメニューやコマンドを割り当てられるのも魅力。WindowsとMac両方に対応可能で、ビジネスでの使用からプライベートまで幅広く使用できる3Dマウスです。

3Dコネクション(3Dconnexion) SpaceMouse Pro SMP 3DX-700040

CADやグラフィックデザインなどクリエイティブな作業をするプロにおすすめの3Dマウスです。カスタマイズできる15個のファンクションキーが搭載されており、使用頻度の高いメニューに素早くアクセス可能。移動角度は自由自在なので、快適に作業できます。

本体の手前側はソフトコーティングされたハンドレストになっているので、手や手首の負担が軽減されるのもポイント。精度の高い操作を快適に行いたい方におすすめの3Dマウスです。

3Dコネクション(3Dconnexion) SpaceMouse Wireless 3DX-700066

ワイヤレスながらも安定した動作が可能な3Dマウス。上部のコントローラーを押す、引く、ひねる、傾けるなど直感的に操作できます。大容量のリチウムバッテリーを搭載しているので、1ヶ月充電する必要がないのも嬉しいポイントです。

コマンドはカスタムできるので、簡単に自分好みのラジアルメニューに編集できます。高性能センサー搭載で高度な3D操作もサクサク行えるので、CADやグラフィックデザインなどクリエイティブな作業を行う方におすすめ。マウス専用のキャリーケースが付属している人気の3Dマウスです。

3Dコネクション(3Dconnexion) CadMouse Pro Wireless 3DX-700078

プロのCADユーザー向けに作られたワイヤレス3Dマウスです。必要な機能に素早くアクセスできるように3つのボタンが搭載。人間工学の考えを取り入れたエルゴノミックデザインで、長時間CADを操作しても疲れにくいデザインです。

有線・無線どちらにも対応しており、3Dマウス単体での使用が可能なのもポイント。メインボタンは5000万回以上のクリック耐久性があるので長く使えます。充電式のバッテリーは最長3ヶ月使用可能。CADユーザーにおすすめの高性能3Dマウスです。

グリフィンテクノロジー(Griffin Technology) PowerMate NA16029

幅約5.4cmのコンパクトでスタイリッシュなデザインの3Dマウスです。USBによる有線接続なので、初心者でも簡単に操作可能。マウス下部はシリコンなので、滑りにくくなっている卓上型の製品です。

ノブを回して操作するシンプルな方式で、操作方法は全6通り。音量調節や画面スクロールなどノブをコントロールすることで簡単に操作できるので、動画などの編集にも適しています。操作の割り当ては、アイデア次第で自分が使いやすいようにカスタマイズできる便利な3Dマウスです。

ブレインマジック(BRAINMAGIC) ORBITAL2

キーボード操作をなくすことを目的としてクリエイター向けに作られた3Dマウスです。倒す・回す・押すという3つの動作の組み合わせで300以上のショートカット入力が可能。IllustratorやPhotoshopなどのクリエイティブなソフトだけでなく、Officeソフトなどさまざまなソフトウェアに対応しています。

シンメトリーデザインなので右利き・左利きどちらでも使用可能なのもポイント。手の平に乗るコンパクトサイズで、手にかかる負担を軽減するデザインなので長時間の作業も安心できます。クリエイティブな作業に適した高性能3Dマウスを探している方におすすめの製品です。

エージーピーテック(AGPtek) ワイヤレス指ハンドヘルド トラックボールマウス iF5

親指で操作するトラックボールタイプの3Dマウスです。接続方法はUSBレシーバーを使用したワイヤレス接続。150gと軽量で手のひらに収まるコンパクトサイズなので、持ち運びにもおすすめです。

親指でトラックボールを操作しつつ、ほかの指でボタン操作が可能なので、片手でいろいろな作業ができます。空中で使用できるため、場所を取らず、手首などの負担が軽減されるのも嬉しいポイント。ゲームでの使用やプレゼンテーションなどで活躍する装着型の3Dマウスです。