パソコンでクリエイティブワークをこなすのに欠かせないツールが「ペンタブレット」です。紙にペンで描くのと同じ感覚でパソコン画面に描画できるため、イラストや漫画でも高品質な作品が制作できます。

ただし、ペンタブにはさまざまな製品があるため、初心者の方はどれを選ぶべきか迷ってしまうのではないでしょうか。そこで今回は、ペンタブの特徴や選び方を踏まえたうえで、おすすめのモデルをご紹介します。

ペンタブとは?

By: rakuten.co.jp

ペンタブレット、略してペンタブとは、パソコンに繋いで使用する入力デバイスの一種。対応するスタイラスペンと併用することで紙に描くのと同じような感覚で使えるのが魅力です。

ペンタブはマウスと違って筆圧レベルや傾き検知などの機能が搭載されているのがポイント。繊細なタッチの描画もパソコン画面へ正確に反映できるため、パソコンを使った本格的なイラスト・漫画・デザインなどの制作が行えます。

ペンタブは多彩なクリエイティブワークで活用できるのも魅力。単純なイラスト制作だけではなく、レタッチ効果の適用範囲を決める場合などにも使えるので、写真や動画を仕上げる際も重宝します。

ペンタブの種類

初心者におすすめなのは安い「板タブ」

By: storexppen.jp

板タブとは、液晶画面を搭載しないペンタブのこと。設計がシンプルな分価格が抑えられており、安いモデルだと1万円未満で購入できるモノも発売されています。予算が限られている場合でも手軽に入手できるため、これからパソコンでイラストや漫画の制作を始めたい初心者クリエイターの方にもおすすめです。

板タブではパソコン画面を見ながら描画を進めるので、操作に慣れるまでには多少の時間が必要になるのが難点。しかし、顔を上げたままの無理のない姿勢で作業が行えるため、一度操作に慣れれば、長時間の作業も快適にこなせます。

板タブについて詳しく知りたい方はこちら

プロも愛用する「液タブ」

By: huion.com

液タブとは、液晶画面を搭載するペンタブのこと。タブレットPCに近い形状をしており、パソコン画面だけではなくペンタブ本体の画面も見ながら描画が行えます。紙に描くのと同じように手元で仕上がりを確認しながら制作を進められるので、アナログの制作環境からもスムーズに移行が可能です。

液タブは板タブと比較して高価なのが難点。ただし、板タブよりも利便性に優れ、精密なタッチが要求される作業や色付けもより正確に行えるのが液タブの魅力です。イラスト・デザイン・漫画の制作を生業とするプロクリエイターからも人気があります。

板タブについて詳しく知りたい方はこちら

ペンタブの選び方

サイズや解像度をチェック

By: amazon.co.jp

ペンタブを購入する際は、接続するパソコンやモニターの画面サイズにできるだけ近いモノを選ぶのがポイントです。特に注意が必要なのが、ペンでの入力が認識される範囲である「読取可能範囲」。ペンタブ本体のサイズが大きくても読取可能範囲が狭いと視差が生じやすくなるため、なるべく読取可能範囲が広いモデルを選びましょう。

また、設置スペースに適したサイズのペンタブを選ぶのも重要。据え置きで使用する場合、サイズが大きいほど作業時の利便性は向上します。しかし、デスクスペースが限られていると設置自体が困難になるため、必ずペンタブのサイズが設置スペースの寸法に合っているかを確認しましょう。

液タブを購入する際は解像度を接続するパソコンモニターに合わせることも必須。パソコンモニターよりも高解像度のモノを選ぶと、画面の縦横比が合わず表示する映像が引き伸ばされるので、作業時の効率がかえって低下する恐れがあります。

筆圧レベルをチェック

By: rakuten.co.jp

筆圧レベルとは、ペン先に加えた圧力である筆圧の強弱を感知する精度のこと。筆圧レベルの数値が増えるほど感知精度が高くなります。数値の大きい筆圧レベルのモノを選ぶと、微妙な力加減で生じる繊細なタッチも忠実に再現でき、よりイメージ通りの描画が可能です。

現行のペンタブのほとんどは2048・4096・8192いずれかの段階の筆圧レベルが採用されています。初心者やコスパ重視の方には2048段階、趣味でイラスト制作を楽しみたい方には4096 段階の筆圧レベルに対応するモデルがおすすめです。なお、イラスト制作を生業にするプロやセミプロの方には、筆圧レベル8192対応の高性能モデルがより適しています。

傾き検知をチェック

By: amazon.co.jp

傾き検知とは、ペンの傾きによって線の太さや濃淡を調節できる機能のこと。ペンを垂直に立てるほど細く薄い線を、ペンを寝かせるほど太く濃い線を描けます。

ペンタブが傾き検知に対応していれば、実際のペンやブラシに近い感覚で描画が可能。紙にデッサンしているのと同じ微妙なニュアンスを表現したり、自分独自のタッチをデジタルでも再現したりしたい方にもおすすめです。

描く線の太さや濃淡を直感的に変更できるのも魅力。描画される線の設定を調節する度にメニューやパレットを開く必要がないので、スムーズに創作が進められます。

接続方法をチェック

ペンタブを選ぶ場合は採用されている接続方法にも注意が必要。板タブの場合は本体とパソコンをUSBケーブルで繋ぐだけで使用できますが、液タブの場合はUSBケーブルのほかにも画面入力のためにHDMIケーブルを同時に繋ぐ必要があります。

液タブを購入する際は使用するパソコンにHDMIポートが搭載されているかを確認しましょう。ない場合はUSB-HDMI変換アダプタが必要です。

最近では、データ転送と映像入力を1本のケーブルで同時に行えるUSB Type-C接続や、ワイヤレスで連携できるBluetooth接続が可能なモデルが発売されています。デスク周りをスッキリ整頓したい場合におすすめです。

Androidスマホ対応ならパソコン不要

By: huion.com

一部のペンタブは、パソコンだけでなく、AndroidスマホやiPhoneにも対応したモデルがあります。外出先などで簡単なイラストを描くことが多い方は、スマホを用いると荷物が少なく抑えられるほか、気軽に作業ができて便利です。

過去にスマホに対応していなかったモデルでも、ドライバを最新版に更新すると対応できる場合もあります。既に使用しているペンタブをスマホで使いたい方は、一度公式サイトをチェックしてみてください。

ファンクションキーの有無をチェック

By: rakuten.co.jp

作業効率を上げたい方にはファンクションキー(エクスプレスキー)を搭載するペンタブがおすすめです。ファンクションキーとは、本来はキーボードやマウスを組み合わせて実行する特定の操作を、ショートカットとして割り当てられる機能を持つボタンのことを示します。

戻る・進む・ズームイン・ズームアウト・スクロールなどの基本的な操作はもちろん、使用頻度の高いツールも登録できるのが特徴。マウスやキーボードに手を移動させることなく、ペンタブ上だけで操作を完結しやすくなるため、作業時の利便性が大きく向上します。

タッチ機能があると直感的に操作できる

By: rakuten.co.jp

タッチ機能とは、スマホを操作するように指を使ってペンタブをタッチすることで、クリック・ズーム・回転などの操作ができる機能のこと。ファンクションキーでの操作は、設定している機能を忘れてしまう場合がありますが、タッチ操作なら直感的に操作が可能です。

タッチ機能が必要ない場合は、設定でオフに切り替えることもできます。ただしタッチ機能を搭載しているモデルは、値段が高い傾向にあるので、予算の合う方は検討してみてください。

ペンタブのおすすめメーカー

ワコム(Wacom)

By: amazon.co.jp

ワコムは、埼玉県に本社を構えるデジタル文具メーカーです。高品質の板タブ・液タブ・モバイルペン端末などをラインナップしており、多くのイラストレーターから人気を集めています。

ワコムのペンタブは、初心者におすすめの低価格モデルからプロ向けの高機能モデルまで、さまざまなモデルを展開。最大4Kの解像度に対応した液タブを取り扱っているほか、多彩なサイズ展開により、環境に応じたペンタブを選べます。

XP-PEN

By: storexppen.jp

XP-PENは、2005年に日本で設立されたペンタブメーカーです。2015年にアメリカでXP-PENテクノロジー社を設立し、2017年にさまざまな国の代理店の協力を得て以降、アジア・北米・ヨーロッパなどの市場でも高い評価を得ています。

XP-PENは、使いやすい機能を備えながらも、リーズナブルな板タブであるDecoシリーズが人気です。そのほかにも液タブの高機能モデルであるArtistシリーズや、コンパクトなサイズの板タブであるStarシリーズなど、豊富なラインナップを揃えています。

HUION

By: rakuten.co.jp

HUIONは、中国の深センにて2011年に設立されたペンタブブランドです。アメリカ・インド・オーストラリア・スペインなどに支店を展開しており、世界各国でHUIONのペンタブが使われています。

HUIONは、液タブ・板タブ・PC一体型液タブと豊富な種類をラインナップしていますが、そのなかでも液タブのKamvasシリーズが人気です。「Kamvas 13」モデルは、機能性に優れながらもリーズナブルな価格のため、高い評価を得ています。

ペンタブのおすすめモデル|板タブ

ワコム(Wacom) One by Wacom Medium ペンタブレット CTL-672/K0-C

コスパ良好で扱いやすい板タブです。エントリーモデルに位置しながら、ワコム独自の電磁誘導方式を採用。複雑な形の切り抜きや色調節など多彩な編集作業にも使えるので、初めてペンタブを導入する方にもおすすめです。

最高2048の筆圧レベルに対応しており通常用途には十分なのも特徴。写真編集・デジタルノート・PDFへの書き込みはもちろん、手頃な価格ながら自然なタッチでスケッチやお絵かきも楽しめます。

本体サイズは横27.7×縦18.9×厚さ0.87cm、読取可能範囲は21.6×13.5cmと使いやすい大きさなのもポイント。WindowsやMacに加えて、Chromebookでも使用できるので、教育用としても活躍します。

ワコム(Wacom) Intuos Small ペンタブレット CTL-4100/K0

本格的なイラスト制作にも挑戦できる板タブです。バッテリーレスで使える筆圧レベル最高4096対応の専用ペンが付属。初心者でも少ない違和感で描画や操作が可能なので、これからイラストや漫画の制作を始めたい方にもおすすめです。

本体サイズは横20×縦16×厚さ0.88cm、読取可能範囲は15.2×9.5cm、重さは230gとコンパクトなのも特徴。付属ペンは搭載されたペントレイに収納できるため、外出先への持ち運びも快適に行えます。

Androidにも対応しており、市販のアダプターを使えばスマホやタブレットでも気軽に描画が楽しめるのも魅力。また、購入特典としてスケッチや写真加工などの入門ソフトが1つ無料でダウンロードできます。

ワコム(Wacom) Intuos Pro Medium ペンタブレット PTH-660/K0

自然なタッチで高精細な表現が可能なプロ仕様の板タブです。プロクリエイターの使用にも対応できる性能と耐久性を備えています。読取可能範囲も22.4×14.8cmと扱いやすいので、汎用性が高いペンタブを探しているクリエイターにもおすすめです。

筆圧レベル8192と傾き検知に対応した高性能な専用ペン「Wacom Pro Pen 2」が同梱されているのもポイント。描く線の遅延が少ないため、繊細なタッチが要求される本格的なイラストや漫画の制作にも活躍できます。また、オンオフを切り替えられる「マルチタッチ機能」を搭載しているのもポイントです。

USB接続に加えて、Bluetoothによるワイヤレス接続で使用できるのも魅力。また、ペンタブ本体には8つのファンクションキーが搭載されているので、使用するソフトに合わせて自由なカスタマイズも可能です。

ワコム(Wacom) Intuos Pro Paper Edition Large ペンタブレット PTH-860/K1

慣れ親しんだ感覚で制作を進められるプロ仕様の板タブです。紙に描いたスケッチをボタン1つで瞬時にデジタル化できる「ペーパーモード」を搭載。アナログとデジタルを融合させた新しいスタイルで作品を制作したいクリエイターにおすすめです。

紙への描画には別売の「Wacom Finetip Pen」を使いますが、用紙は好みのモノを自由に選択可能。紙上のコンテンツは一筆ごとにデジタルで記録され、愛用のソフトで編集を続けられます。

基本機能が充実しているのもポイント。読取可能範囲は31.1×21.6cmと広々としており、付属ペン「Wacom Pro Pen 2」は筆圧レベル8192と傾き検知にも対応します。

XP-PEN Deco mini4 ペンタブレット

外出先でも気軽にイラスト制作が楽しめるリーズナブルな板タブです。横17.8×縦12.5×厚さ0.8cm、重さ155gと軽量でコンパクト。快適に持ち運べるので、外出先で閃いたアイデアや風景をスケッチする際などにも重宝します。

低価格ながら高性能な専用ペンが付属するのもポイント。筆圧レベル8192に対応するため、高度なイラスト制作も可能です。また、バッテリーフリー設計を採用しているので、電池切れを心配せずに作業を進められます。

USB Type-C接続にも対応しており、Android搭載のスマホやタブレットと接続できるのも魅力。読取可能範囲は10.16×7.62cmで、6つのファンクションキーを備えています。

XP-PEN Deco 01 V2 ペンタブレット

コスパに優れている板タブです。約5.4×15.8cmの程よい広さの読取可能範囲を搭載。わずか8mmと薄くコンパクトで携帯性が高いので、外出先でデッサンをしたい方にもおすすめです。

ペンタブ本体には8個のファンクションキーが備わっているのも特徴。点字ブロックのようにデザインされているため、目で見なくても触感だけで操作が可能です。また、回転操作にも対応しており、縦置きなどさまざまな角度で描画できます。

手頃な価格ながら、8192段階の筆圧レベルと60°までの傾き検知に対応する専用ペンが付属するのもポイント。ペン搭載のボタンで機能の切り替えも行えるので、制作をスムーズに進められます。

筆や写楽 KUMADORI ペンタブレット

初心者でも入手しやすい価格ながら、機能が充実している板タブ。これからデジ絵を始めたい方や絵師を目指す方にもおすすめです。

手頃な価格ながら付属のペンは8192段階の筆圧レベルと60°の傾き検知に対応しているのも特徴。また、高さ10mmまで読取できるので、ペンタブに下書きを載せた状態で上からなぞるなどの使い方も可能です。

約25.4×16cmの広々とした読取可能範囲を搭載しているのもポイント。合計28個の豊富なショートカットキーも備えているため、慣れればマウス不要でスムーズに制作を進められます。

筆や写楽 TSUKISHIRO ペンタブレット

清潔感のあるデザインが特徴的な小型の板タブです。月白色を表現した3色で構成されたボディは重さ246g、横20×縦16.5×厚さ0.7cmと軽量でコンパクト。自宅と外出先の両方で気軽に使える常用のペンタブを探している方にもおすすめです。

付属のOTGアダプターを使ってAndroid端末と接続できるのも特徴。なお、通常の読取可能範囲は16×10.2cmですが、Android接続時の作業領域は10.2×6.38cmなので留意しておきましょう。異なる作業領域がひと目でわかるように、板面にドット状で示してあります。

右利きと左利きの両方に対応しており、上下を逆にすることで、利き手の反対側に4つのショートカットキーを配置できるのもポイント。専用ペンは充電不要で使用でき、8192段階の筆圧感度を搭載しています。

GAOMON ペンタブレット S620

初心者でも手に入れやすい板タブです。低価格ながら2つのサイドボタンを備えた8192段階の筆圧レベルに対応する充電不要の専用ペンが付属。ブラシや消しゴムとの切り替えもワンタッチで行えるので、講義のノート取りやスケッチも快適にこなせます。

ペンタブ本体の読取可能範囲は16.51×10.16cmとモバイル用途には使いやすいのもポイント。上部には4つのファンクションキーも備えるため、マウスに手を移動させる頻度を少なくできます。

Androidスマホと接続できるのも魅力。横21.1×縦17.4×厚さ0.8cm、重さ249gと小型軽量なので、スマホと連携して外出先で気軽にスケッチを楽しみたい方にもおすすめです。

プリンストン(PRINCETON) WoodPad ペンタブレット PTB-WPD10

木目調のかわいいデザインが部屋を彩る板タブです。天然素材を天板に使用しているのが特徴。部屋のインテリアにも自然に馴染むので、普段使いできるおしゃれなペンタブを探している方にもおすすめです。

天板はほどよい摩擦があり、紙に描いているような描き心地が得られるのも魅力。横29.4×縦17.8×厚さ0.75cmの本体には、22.4×14cmの広々とした読取可能範囲を備えています。

重さ約13gと軽量で握りやすい充電不要の専用ペンが付属するのもポイント。4096段階の筆圧レベルと60°の傾き検知に対応し、2つのサイドボタンも備えているので、繊細なタッチによるイラスト制作も楽しめます。

ペンタブのおすすめモデル|液タブ

ワコム(Wacom) Wacom One 13 液晶ペンタブレット DTC133W0D

汎用性の高いエントリーモデルの液タブです。A4サイズに近い13.3インチのフルHD液晶を搭載。広々とした描画エリアを使って自由に作業や創作を行えるので、アイデアスケッチから趣味のイラスト制作までさまざまな用途に使用できます。

充電不要で使える自然な描き味のスタイラスペンが付属するのも特徴。エントリーモデルながら4096段階の筆圧レベルと60°の傾き検知に対応するため、細かなタッチを反映させたデッサンやスケッチにもおすすめです。

背面には折りたたみ式のスタンドを搭載しているので、適度な角度が付いて描きやすいのも魅力。別売のOTGアダプターを使えばAndroidスマホとも接続して使用できます。

ワコム(Wacom) Wacom Cintiq 16 液晶ペンタブレット DTK1660K0D

使いやすさが魅力の液タブです。高精度なセンサーと2個のサイドボタンを搭載した専用ペン「Wacom Pro Pen 2」が付属。8192段階の高い筆圧レベルと60°の傾き検知にも対応するので、本格的なイラストや漫画の制作に挑戦したい方にもおすすめです。

ペンタブ本体にはフルHDの15.6インチ液晶を搭載しているのも特徴。照明などが画面へ映り込むのを抑制したアンチグレア加工が施され、長時間の作業でも目にかかる負担を軽減可能です。また、角度の調節ができるスタンドを背面に内蔵しています。

また、複雑になりがちなケーブルをすっきりまとめられる専用接続ケーブルも付属しているのも魅力です。

ワコム(Wacom) Wacom Cintiq Pro 24 液晶ペンタブレット DTH-2420/K0

B4書類が見開きで入る23.6インチの大画面を搭載した液タブです。4K解像度とAdobe RGBカバー率99%に対応するため、プロの現場での制作にもおすすめです。

付属の専用ペン「Wacom Pro Pen 2」は、8192段階の筆圧レベルに対応しています。また、USB Type-C接続にも対応しており、使用するケーブルを少なくまとめることでデスク周りを整頓できます。

自由な位置に設置でき、17個のファンクションキーを備えた「ExpressKey Remote」が付属するのも魅力。本体背面にはスタンドが搭載されていますが、別売のアームなどを装着すれば、より多彩な角度で快適に作業を進められます。

XP-PEN Innovator 16 液晶ペンタブレット

機能的なデザインに優れている液晶ペンタブレットです。国際的なデザイン賞「Contemporary Good Design Award」を受賞。薄さ9mmのボディに15.6インチのフルHD液晶を備えているほか、Adobe RGBを92%カバーするのでデザイン業務にもおすすめです。

ベゼル部分にメカニックホイールと仮想ホイールの両方を搭載しているのも特徴。2つのホイールでズーム操作やブラシサイズの調節などが直感的に行えます。8個のファンクションキーを備えているのもポイントです。

充電不要で使用できる高性能な専用ペンが付属するのも魅力。8192段階の筆圧レベルと60°の傾き検知にも対応し、本格的なイラスト制作にも活躍します。

XP-PEN Artist 12 液晶ペンタブレット

携帯性に優れたコスパ良好の液タブです。横36.411×縦21.887×厚さ1.15cmのコンパクトボディに、11.6インチのフルHD液晶を搭載。快適に持ち運べるので、外出先でもデッサンやスケッチを楽しみたい方におすすめです。

バッテリーフリー設計を採用する専用の「P06パッシブペン」が付属するのもポイント。筆圧レベル8192に対応し、描画時の繊細なタッチを精密に反映可能です。また、サイドボタンに加えて、背面にはデジタルイレーザーも備えています。

ペンタブ本体には6個のファンクションキーのほか、指先で操作可能なタッチパッドを搭載するのも特徴。ズーム操作や描画ポイントのサイズ調節なども直感的に行えます。手頃な価格も魅力です。

XP-PEN Artist Pro 16 液晶ペンタブレット

高い描画技術を採用した液タブです。性能と耐久性を向上させる「X3スマートチップ」を専用ペン「X3 Elite Plus」に搭載。従来の画材を使っているようなリアルで自然な描き心地が得られるので、アナログからの移行を検討しているイラストレーターにもおすすめです。

専用ペンは8192段階の筆圧レベルと60°の傾き検知に対応するため、繊細なタッチを反映させた高度なイラスト制作ができます。

また、ペンタブ本体に15.4インチのフルHD液晶を搭載しているのも特徴。さらに、8個のファンクションキーと2種のホイールを備えており、使い勝手も良好です。

HUION Kamvas 13 液晶ペンタブレット

2種類のスタイルで使い分けできる液タブです。スクリーンをオフにした状態でパソコンと再接続すると板タブとしても使えるのが特徴。消費電力を抑えたい場合や作業時の姿勢を変えたい場合などにも柔軟に対応できます。

重さ980g、横36.65×縦21.74×厚さ1.18cmのコンパクトなボディに、13.3インチのフルHD液晶を搭載しているのもポイント。外出先へも気軽に持ち運べるので、気分転換にカフェやオフィスなどで作業を進めたい方にもおすすめです。

付属の専用ペン「PW517」は8192段階の筆圧レベルと60°の傾き検知に対応しているのが魅力。USB Type-C接続に対応しており、外部電源が別途必要ですが、Androidスマホとの接続も可能です。

HUION Kamvas Pro 16 液晶ペンタブレット

コスパ良好の液タブです。持ち運びもできる1350gのボディに15.6インチのフルHD液晶を搭載。広視野のIPSパネルによって姿勢や位置を変えても色や明るさが一定に見えるので、制作状況を複数人で確認する場合にも重宝します。

付属の専用ペン「PW507」は充電不要で使えるため、快適に制作を進められるのが特徴。8192段階の筆圧レベルと60°の傾き検知にも対応するので、さまざまな表現方法にも積極的に挑戦できます。

ペンタブ本体には6個のファンクションキーと、ブラシサイズなどを直感的に調節できるタッチバーを搭載しているのもポイントです。

GAOMON PD1161 液晶ペンタブレット

11.6インチのフルHD液晶を搭載しながら、リーズナブルな価格で購入できる液タブ。コスパに優れているので、趣味のイラスト制作などで使用する初めての液タブとしてもおすすめです。

付属の専用ペンは充電不要で、気軽に描画が楽しめるのも特徴。安い価格ながら8192段階の筆圧レベルにも対応するため、自然なタッチを活かしたデッサンやスケッチにも重宝します。

重さ866g、横36.16×縦20×厚さ1.3cmとコンパクトなので持ち運びが簡単なのもポイント。ペンタブ本体には8個のファンクションキーも搭載されています。

GAOMON PD156 PRO 液晶ペンタブレット

コスパ重視の方におすすめの液タブです。液晶面とガラス面の距離が近いフルラミネーション加工が施されているのが特徴。視差が最小限に抑えられているので、違和感の少ない描き心地で使えます。

画面に操作パネルを表示するOSDモードの有無を選択できるのもポイント。OSDモードが無効の場合は、ベゼルにある9個のファンクションキーをショートカットとして使用可能です。ズーム操作やブラシサイズの調節ができるラウンドキーも備えています。

画面サイズは15.6インチで、低価格ながら8192段階の筆圧レベルと60°の傾き検知に対応する専用ペンが付属するのも魅力。ペンはバッテリーフリー設計が採用されているため、充電不要で使用できます。

ペンタブのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

ペンタブのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。