パソコンで絵を描くときの必需品ともいえるのが「液晶タブレット」。まるで紙に描くような感覚で、液晶画面に絵を描ける便利なアイテムです。液晶タブレットはプロが使用する機器というイメージがありますが、これからイラストを描きたいという初心者の方にもおすすめ。

そこで今回は、初心者から上級者まで、レベルに合わせた最適なモデルをご紹介。ぜひ参考にして、楽しくイラストを描ける液晶タブレットを選んでください。

液晶タブレットとは?

液晶画面にペンで直接絵を描けるのが液晶タブレット。多くはパソコンと接続して使用しますが、液晶タブレット本体だけで使用できる製品もあります。

液晶タブレットのほかに、ペンタブレットが比較として出てきますが、液晶タブレットは液晶画面に直接絵が描けるので、アナログからデジタルに移行する際も違和感がなく、作業効率が上がるアイテムとしておすすめです。

液晶タブレットのメリット・デメリット

液晶タブレットのメリット

By: amazon.co.jp

アナログでイラストを描き慣れている方なら、違和感なく普段の技量を発揮できるのが液晶タブレットのメリット。液晶だということを感じさせず、紙と同じ感覚で描けます。初心者でも効率よく作業を進められる便利なアイテムです。

液晶タブレットを使うのが初めての方でも操作は簡単で、イメージ通りの線画ができます。さまざまな機能を利用すれば、紙ではできなかった表現ができるのもメリットです。

液晶タブレットのデメリット

液晶タブレットのデメリットは、高価なモデルが多い点。趣味のイラスト作成で使いたい方にとっては手を出しにくい価格ですが、スペックを抑えたリーズナブルな製品もあります。初めて液晶タブレットを購入するなら、基本的な機能の備わったコストパフォーマンスの高いモデルがおすすめです。

液晶タブレットの選び方

液晶タブレットのサイズをチェック

By: amazon.co.jp

液晶タブレットの画面は絵を描くキャンバスなので、サイズが重要です。趣味で気軽にイラスト作成を楽しみたいという方なら、13インチ前後のモデルがおすすめ。本体が軽く、使わないときは収納時に便利です。

また本格的にイラストを描くなら、画面サイズが19インチ以上の大きな液晶タブレットがおすすめ。小さい画面に比べて細かい部分の作業を快適に進められます。ただし重量があり、デスクに常設して使うことが多いため、本業でイラストを作成する方におすすめです。

液晶タブレットの筆圧レベルをチェック

By: rakuten.co.jp

液晶タブレットで重要なのが筆圧レベルです。数字が大きいほど感度が高くなり、筆圧の強弱を細かく読み取れます。数値が上がるほど価格も上がるので、趣味でイラストを描く方は筆圧レベルが1000程度、本格的に取り組みたい方は2000以上がおすすめです。

液晶タブレットのAdobe RGBカバー率をチェック

By: amazon.co.jp

液晶タブレットで描いたイラストをプリントアウトして楽しみたい方は、「Adobe RGBカバー率」をチェックしましょう。これは、液晶が描写できる再現率を表し、カバー率が高いほど、実際に映し出される色に差が出にくくなります。

カバー率が低いとせっかく色鮮やかに描いても、異なるイメージで出力されるため仕事には不向きです。チラシやポスターのデザインを作成して印刷するなら、カバー率が90%以上のモデルを選びましょう。

液晶タブレットのショートカットキーをチェック

By: rakuten.co.jp

キーボードのない液晶タブレットは画面で操作します。そこで便利なのがショートカットキーです。独自に機能をカスタマイズできれば、作業を効率よく進められます。作業時間を短縮するなら、ショートカットキーの有無と搭載された数をチェックしておきましょう。

液晶タブレットの遅延をチェック

By: amazon.co.jp

紙とペンのような感覚で描ける液晶タブレットですが、ペンを動かしてから実際の描画までわずかに時間差があります。この遅延が大きいとストレスになり、思うようなイラストが描けません。液晶タブレットを快適に使うなら、応答速度が8ms程度のモノを選びましょう。

液晶タブレットの接続方式をチェック

By: amazon.co.jp

液晶タブレットとパソコンの接続方式が合わないと、せっかく購入しても使用できません。一般的には映像ケーブルにHDMIケーブルを利用することが多いですが、液晶タブレットによって端子が違うものもあるため、パソコンに搭載されたポートとタブレットの端子を事前に確認しておきましょう。

もし液晶タブレットとパソコンの端子が合わないときは、変換ケーブルが使えます。なるべく同じ端子で揃えた方が望ましいですが、異なる場合でも対応できることを頭に入れておけば安心です。

液晶タブレットのおすすめメーカー

ワコム(Wacom)

By: amazon.co.jp

液晶タブレットでトップシェアをもつ国内メーカー。高機能・高価格帯のモデルを中心に展開し、プロからも高い信頼を得ています。ペンタブレットも数多くの製品があり、ペン入力の機器に定評があるメーカーです。

フイオン(HUION)

By: rakuten.co.jp

中国のメーカーで、低価格帯を中心に液晶タブレットを展開しているのが特徴です。初心者でも購入しやすく、趣味でイラストを描くという方におすすめ。コストパフォーマンスに優れた製品で人気のメーカーです。

XP-Penテクノロジー(XP-Pen)

By: rakuten.co.jp

日本国内で設立され、開発拠点を台湾や中国などに置くメーカー。液晶タブレット関連製品を幅広くラインナップし、価格の安さが魅力です。気軽にイラストを楽しみたい方におすすめです。

液晶タブレットのおすすめモデル

ワコム(Wacom) Cintiq 16 DTK1660K0D

ワコム(Wacom) Cintiq 16 DTK1660K0D

人気液晶ペンタブレットメーカー「Wacom」のエントリーモデル。自然な使い心地が好評の「Wacom Pro Pen 2」を採用しており、ペンの動きを画面上に忠実に再現できます。

筆圧感知は8192レベル。ペンの傾き加減や力の入れ具合を読み取り、高精細な描画を可能にします。重量バランスや持ちやすさは、エルゴノミクスデザインにより快適性を追求。サイドについた2つのスイッチにはショートカットを設定でき、作業効率のアップを図れます。

ディスプレイサイズはスタンダードなノートPCと同様の15.6型を採用。フルHD(1920×1080)解像度に対応し、美しいグラフィックを体感できます。

映り込みを防ぐアンチグレア加工と広い視野角で見やすさは抜群。搭載されいるスタンドにより、画面角度を19°に調整できます。イラスト作成時の画面角度にこだわる方は、別売りで「Wacom Citiq 16用スタンド」が販売されています。

PCとの接続は、HDMI・USB Type-Aを採用。電源を加えた3in1ケーブルなので、デスク上をスッキリとさせたい方におすすめです。

XP-PEN Artist 15.6 JPArtist15.6

XP-PEN Artist 15.6 JPArtist15.6

シンプルデザインで使いやすいコスパ良好な液晶ペンタブレット。リーズナブルな価格で購入できるので、初心者におすすめのモデルです。

本体サイズは約443×280×12.6mm。スリムでスペースを取らないボディは、収納時はもちろん、持ち運びにも最適です。ディスプレイサイズは15.6インチを採用。1920×1080のフルHD解像度対応で、178°の広視野角を備えています。

ディスプレイサイドにカスタマイズ可能な6つのボタン搭載。「Sai」「PhotoShop」「OpenCanvus」などのドローイング系ソフトにも対応しています。

付属の「P05スタイラスペン」は8192レベルの筆圧感知機能を搭載。ペン入力の遅延を抑えた設計で、描いた線は素早く画面に反映されます。基本性能をしっかりと備えながら、価格も安いためエントリーモデルとしておすすめの液晶タブレットです。

フイオン(HUION) Kamvas Pro 13 GT-133

フイオン(HUION) Kamvas Pro 13 GT-133

軽量で持ち運びやすい13インチサイズの液晶タブレット。本体サイズは約388×219×11mm、重量約910gで鞄に入れてしまえば、気楽に持ち運べます。本体背面はアルミ合金仕様。美しく高級感を感じさせるデザインと摩耗に備えた耐久性を備えています。

ディスプレイ解像度は1920×1080。Adobe RGBカバー率は92%を誇り、美しいグラフィック表示が可能です。視野角は垂直・水平ともに178°までカバー。アンチグレアガラス搭載で映り込みを抑えて、視認性を高めています。

付属の「PW507デジタルペン」は60°までのペン傾斜を感知。筆圧感知レベルは8192で、アナログペンのような書き心地でマンガやイラストが描けます。

14.5~45°までの間で6段階調整が可能なスタンドが同梱。タッチバーと4つのエクスプレスキー搭載など、効率よく作業できる環境を整えられます。コンパクトで携帯性に優れた、使い勝手のよい液晶タブレットを探している方におすすめです。

GAOMON Pen Display PD1560

GAOMON Pen Display PD1560

多数のショートカットキー設定が可能な液晶タブレット。ディスプレイ横に10個のボタンを配置し、それぞれにショートカットの設定ができます。よく使う操作を設定しておけば、使いやすさが大幅にアップ。作業効率を高めることができます。

フルHD解像度対応の15.6インチディスプレイを採用。作業範囲は約344.16×193.59mmと、充分なスペースが確保されています。視野角は178°と広いことに加え、20~80°の角度調整可能なスタンドが付属しており、画面を見やすい角度に設定できます。

筆圧感知8192レベル対応「充電式ペンAP40」付属。ペンホルダー・交換用のペン先×8・2本指グルーブ・フェルトポーチなどが同梱されており、購入後すぐに使い始めたい方におすすめです。

Parblo Mast10 10.1Inch Graphic Drawing Monitor with 2048 Pressure Levels

Parblo Mast10 10.1Inch Graphic Drawing Monitor with 2048 Pressure Levels

機能を抑えて購入しやすい価格を実現した液晶タブレット。10.1インチの小型ディスプレイを採用し、本体サイズ約301.88×209.6×11.95mmのコンパクトボディを実現しています。

解像度1280×800のHD対応ディスプレイを装備。Adobe RGBカバー率は75%で、高性能モデルに比べるとスペックが控え目なので、サブ機としておすすめです。付属の「Uペン」は筆圧感知2048レベルに対応。サイドには2つのスイッチを搭載しており、ショートカットキーとして使えます。

PCとの接続は、HDMI・USBを採用。HDMIとUSBケーブルに加えて、DisplayPortとHDMIの変換ケーブルが付属しているのもうれしいポイントです。さらに、おしゃれなキャリングバッグも付いているため、持ち運びにも便利。コンパクトで本体重量はわずか675gほどなので、携帯用の液晶タブレットとしておすすめのモデルです。

VEIKK VK1560 Pen display VK156020180726

VEIKK VK1560 Pen display VK156020180726

画面横にダイヤルキーを備えた液晶タブレット。本体左横のホットキー7つと高速スクロールが可能なホイールには、ショートカットの設定ができるため、作業効率を上げたい方におすすめです。

解像度は1920×1080のフルHDディスプレイを採用。視野角は178°を備え、ペンで入力した操作を遅延なく画面上に反映できるのが魅力です。

付属のバッテリーペンは8192レベルの筆圧感知が可能。画面右側にペンホルダーを備えているので、収納に困ることはありません。PCとの接続は、HDMI・USBを採用。接続用のケーブルは同梱されているので、別途アクセサリを購入することなく使い始められます。

リーズナブルな価格ながら性能・付属品は非常に充実しているので、メーカーにこだわりのない方におすすめの液晶タブレットです。

サンコー(THANKO) 13.3インチ液晶タブレットミンタブモバイル SSDWTB33

サンコー(THANKO) 13.3インチ液晶タブレットミンタブモバイル SSDWTB33

購入しやすいリーズナブルな価格が魅力的な液晶タブレット。13.3型のディスプレイは、1920×1080のフルHD解像度対応。視野角は178°と広いほか、ペン入力に対するレスポンスも早いので、使いやすいスペックを備えています。

充電式スタイラスペンの筆圧感知レベルは2048。高性能モデルに付属しているスタイラスペンには及びませんが、滑らかな書き心地で、自然なタッチを感じられます。

映像入力端子はHDMIを採用。電源はUSB Type-Cポートから得られるので、AC電源が使えない場所での作業に対応できます。2万前後で購入できるため、コスパ重視の方におすすめです。

ワコム(Wacom) MobileStudio Pro 13 DTH-W1320H/K0

ワコム(Wacom) MobileStudio Pro 13 DTH-W1320H/K0

本体にWindows OSを搭載した液晶タブレット。インテルのCore i7プロセッサー・メモリ 8GB・SSD 256GBを搭載しており、PCのない環境でもイラストの作成が行えます。

画面サイズは13.3インチで、2560×1440のWQHD解像度に対応しているため、キレイな映像を映し出せるのが特徴です。付属しているペンはプロ仕様の性能を備える「Wacom Pro Pen 2」。筆圧感知は8192レベルを誇り、快適で自然な書き心地が魅力です。

本体背面には「Intel RealSense 3Dカメラ」搭載。付属している3Dスキャンソフトの「Artec Studio 11 Ultimate」を利用することで、3Dグラフィックの制作が可能です。

場所を選ばず自由にイラスト制作を行いたい方や、PC環境の整っていない方におすすめの液晶タブレットです。

フイオン(HUION) GT-191 GT191-HAJP

フイオン(HUION) GT-191 GT191-HAJP

大画面が特徴の液晶タブレット。19.5インチのディスプレイを搭載しているにも関わらず、ベゼル幅が狭いことでデスク上に配置しやすいボディサイズを実現しています。

本体背面にはしっかりとボディを支えるスタンドを装備。画面角度は20~80°の幅で調整できるので、作業環境や自分の好みに合わせて最適な制作環境が構築できます。

また、複数のインターフェイスを備えているのもポイント。HDMI・VGA・DVIによる接続に対応しているうえ、それぞれのケーブルも同梱されています。付属の「ペンPE330」は2本同梱。さらに、替え芯が18本付属しているのでハードに使いたい方におすすめの液晶タブレットです。

XP-PEN Artist 22EPro GT-191 GT191-HAJP

XP-PEN Artist 22EPro

右利き・左利きの両方に対応している液晶タブレット。ディスプレイ左右が対照的なデザインをしており、左右に8つずつカスタマイズ可能なボタンを搭載しています。右利き・左利きを問わずに同じ操作性を得られるので、自宅での個人使用だけでなくオフィス設置用としてもおすすめです。

画面サイズは、22インチの大型ディスプレイを採用しており、フルHD解像度に対応しています。178°の広視野角モデルなので、画面の端までキレイなグラフィックの視認が可能です。

筆圧感知レベル8192の「P02Sスタイラスペン」には、多機能ペンケースが付属。ペンだけでなく替え芯を収納でき、滑り止めゴムパッドがついていることでデスク上にペンスタンドとして立てられます。

PCとの接続はHDMI・VGA・USBをサポート。4Kディスプレイとの同時利用が可能なので、高精細なイラスト制作をしたい方におすすめです。

ワコム(Wacom) Citiq Pro 32 TDTH-3220/K0

ワコム(Wacom) Citiq Pro 32 TDTH-3220/K0

テレビ並みの大型画面を備えた液晶タブレット。31.5型のディスプレイは3840×2160の4K解像度・Adobe RGBカバー率98%を備えるなど、高精細なグラフィック表示が可能です。

入力端子はHDMI・USB・DisplayPortを採用。USB Type-Cに対応しているため、ACとUSB Type-Cの2本のみで使用できます。

そのほか、8192レベルの筆圧感知が可能な「Wacom Pro Pen 2」が付属。ペン入力の応答速度は8msで、遅延を抑えているのが魅力です。「Wacom Pro Pen 2」は3Dグラフィック制作に適しており、VRやARなどに使用するイラスト制作に充分対応できます。

Citiq Pro 32は、趣味での使用に留まらず、本格的な描画を行う方やプロのイラストレーター・マンガ家を目指す方におすすめです。