パソコンで絵を描くときの必需品ともいえるのが液晶タブレット。まるで紙にペンで描くような感覚で、液晶画面に絵を描ける便利な道具です。液晶タブレットはプロが使用する機器というイメージがありますが、これからイラスト描きたいという初心者の方にもおすすめ。

そこで今回は、初心者から上級者まで、レベルに合わせた最適なモデルをご紹介。ぜひ参考にして、楽しくイラストを描ける液晶タブレットを選んでください。

液晶タブレットとは?

By: amazon.co.jp

液晶画面にペンで直接絵を描けるのが液晶タブレット。多くはパソコンと接続して使用しますが、液晶タブレット本体だけで使用できる製品もあります。趣味でイラストを描く方からプロのイラストレーターまで幅広く人気です。

液晶タブレットの他に、ペンタブレットが比較として出てきますが、液晶タブレットは液晶画面に直接絵が描けるので、アナログからデジタルに移行する際も違和感がなく、作業効率が上がるアイテムとして支持されています。

液晶タブレットのメリット・デメリット

液晶タブレットのメリット

By: amazon.co.jp

アナログでイラストを描き慣れている方なら、違和感なく普段の技量を発揮できるのが液晶タブレットのメリット。液晶だということを感じさせず、紙と同じ感覚で描けます。プロにとっては効率よく作業を進められる便利な道具です。

液晶タブレットを使うのが初めての方でも操作は簡単で、イメージ通りの線画ができます。さまざまな機能を利用すれば、紙ではできなかった表現ができるのもメリットです。

液晶タブレットのデメリット

線画機能の豊富な液晶タブレットは、価格が高いのがデメリット。趣味のイラスト作成で使いたい方にとっては手を出しにくい価格ですが、スペックを抑えたリーズナブルな製品もあります。初めて液晶タブレットを購入するなら、基本的な機能の備わったコストパフォーマンスの高いモデルがおすすめです。

液晶タブレットの選び方

液晶タブレットのサイズをチェック

By: amazon.co.jp

液晶タブレットの画面は絵を描くキャンバスなので、サイズが重要です。趣味で気軽にイラスト作成を楽しみたいという方なら、13インチ前後のモデルがおすすめ。本体が軽く、使わないときは収納時に便利です。

また本格的にイラストを描くなら、画面サイズが19インチ以上の大きな液晶タブレットがおすすめ。小さい画面に比べて細かい部分の作業を快適に進められます。ただし重量があり、デスクに常設して使うことが多いため、本業でイラストを作成する方におすすめです。

液晶タブレットの筆圧レベルをチェック

By: amazon.co.jp

液晶タブレットで重要なのが筆圧レベルです。数字が大きいほど感度がよくなり、筆圧の強弱を細かく読み取れます。数値が上がるほど価格も上がるので、趣味でイラストを描く方は筆圧レベルが1000程度、本格的に取り組みたい方は2000以上がおすすめです。

液晶タブレットのAdobe RGBカバー率をチェック

By: amazon.co.jp

液晶タブレットで描いたイラストをプリントアウトして楽しみたい方は、「Adobe RGBカバー率」をチェックしましょう。これは、液晶が描写できる再現率を表し、カバー率が高いほど、液晶に映し出される色とプリントアウト後の色に差が出にくくなります。

カバー率が低いとせっかく色鮮やかに描いても、異なるイメージで出力されるため仕事では致命的。チラシやポスターのデザインを作成して印刷するなら、カバー率が90%以上のモデルを選びましょう。

液晶タブレットのショートカットキーをチェック

By: amazon.co.jp

キーボードのない液晶タブレットは画面で操作します。そこで便利なのがショートカットキーです。独自に機能をカスタマイズできれば、作業を効率よく進められます。作業時間を短縮するなら、ショートカットキーの有無と搭載された数をチェックしておきましょう。

液晶タブレットの遅延をチェック

By: amazon.co.jp

紙とペンのような感覚で描ける液晶タブレットですが、ペンを動かしてから実際の描画までわずかに時間差があります。この遅延が大きいとストレスになり、思うようなイラストが描けません。液晶タブレットを快適に使うなら、遅延をチェックしておきましょう。

液晶タブレットの接続方式をチェック

液晶タブレットとパソコンの接続方式が合わないと、せっかく購入しても使用できません。一般的には映像ケーブルで接続してHDMI端子を利用することが多いですが、液晶タブレットによって端子が違うものもあるため、パソコンに搭載されたポートとタブレットの端子を事前に確認しておきましょう。

もし液晶タブレットとパソコンの端子が合わないときは、変換ケーブルが使えます。なるべく同じ端子で揃えた方が望ましいですが、異なる場合でも対応できることを頭に入れておけば安心です。

液晶タブレットのおすすめメーカー

ワコム(Wacom)

By: amazon.co.jp

液晶タブレットでトップシェアをもつ国内メーカー。高機能・高価格帯のモデルを中心に展開し、プロからも高い信頼を得ています。ペンタブレットも数多くの製品があり、ペン入力の機器に定評があるメーカーです。

フイオン(HUION)

By: amazon.co.jp

中国のメーカーで、低価格帯を中心に液晶タブレットを展開しています。初心者でも購入しやすく、趣味でイラストを描くという方におすすめ。コストパフォーマンスに優れた製品で人気のメーカーです。

XP-Penテクノロジー(XP-Pen)

By: amazon.co.jp

日本国内で設立され、開発拠点を台湾や中国などに置くメーカー。液晶タブレット関連製品を幅広くラインナップし、価格の安さが魅力です。気軽にイラストを楽しむ方からの支持を得ています。

液晶タブレットのおすすめモデル|初心者

ワコム(wacom) 13.3インチ液晶タブレット Cintiq 13HD DTK-1301/K0

初心者から上級者の方におすすめの液晶タブレット。ワコムの液晶タブレットは高機能・高価格なものが多いですが、本製品は機能を抑えた廉価版です。筆圧感知レベルは2048で、Adobe RGBカバー率が75%と趣味で使うには十分なスペック。ペンは傾き検出機能に対応しているので、描く線の太さや濃淡を変えられて多彩な表現が可能です。

また自分の好みに合わせて、デスクに平置きして使うか、着脱式のスタンドで角度を付けて利用するかを選べます。角度は3段階で調節可能です。本体のサイドにはファンクションキーとリングキー、ホームボタンを搭載。ファンクションキーはカスタマイズでき、設定によって作業を効率よく進められます。

本体サイズが幅37.5×高さ24.8×厚さ1.4cmと扱いやすく、コンパクトで場所を取りません。液晶サイズは13.3インチでイラスト作成には十分なサイズです。

XP-Pen 15.6インチ液晶タブレット Artist15.6

コストパフォーマンスに優れたおすすめの液晶タブレット。筆圧レベルが8192と高スペックタブレットをリーズナブルな価格で購入できるのが魅力です。広い15.6インチ液晶画面に1920×1080ドットの解像度はイラスト作成も快適で、本体サイズが幅44.3×高さ28.0×厚さ1.26cmと収納時も場所をとりません。

本体に搭載された6つのエクスプレスキーはカスタマイズ可能。Photoshopなどのソフトにも素早く対応できます。今後本格的なイラスト製作に取り組みたいという方に、手始めの1台としておすすめです。

Parblo 10.1インチ液晶タブレット Coast10

解像度1280×800ドットの10.1インチの液晶画面に、本体サイズ幅29.0×高さ21.0×厚さ1.85cmとコンパクトなモデル。重量は約630gと軽量で、カバンに入れて持ち運んでも苦にならない大きさです。

パソコンとの接続はUSBケーブル1本で可能。通常のパソコンにはUSBポートが搭載されているので、接続端子の種類を気にする必要がありません。低価格で、液晶タブレットを使ってみたいという方におすすめです。

XP-Pen 22インチ液晶タブレット Artist 22EPro

大画面でリーズナブルな液晶タブレットです。解像度1920×1080ドットの22インチIPSディスプレイを備えながらリーズナブルな価格を実現。広い画面は作業の効率化だけではなく、描きたい絵の創造性も広げます。筆圧レベルは8192と高スペックで描き心地は快適です。

また本体の左右には合計16個のエクスプレスキーを搭載しており、カスタマイズが可能なので、自分に合う設定で作業効率も上がります。本体サイズは幅56.7×高さ32.6×厚さ3.0cmと大きいので、デスクに常設して使用するのがおすすめ。本体背面に設置されたスタンドは人間工学に基づき設計され、角度をフレキシブルに調節できます。

デスクに置けば、まるでプロの仕事環境のようになる大画面の液晶タブレット。初心者でも広い画面でイラストを描きたいという方におすすめです。

GAOMON 15.6インチ液晶タブレット PD1560

解像度1920×1080ドットの15.6インチIPS液晶を採用し、低価格で購入できる液晶タブレット。本体の背面には調節可能なスタンドを備え、10~90°まで調整できるため作業しやすい角度に設定できます。

筆圧レベルは高機能モデルに匹敵する8192で、正確に自然な線描が可能。ペンの重さは約17gと軽量なので、長時間の作業でも負担になりません。

本体のサイドにはカスタマイズできるショートカットキーが10個搭載され、作業時間を短縮できます。本体サイズは幅45.2×高さ25.2×厚さ1.95cm。リーズナブルで機能性も高く、初心者におすすめの液晶タブレットです。

液晶タブレットのおすすめモデル|中・上級者

ワコム(wacom) 21.5インチ液晶タブレット Cintiq 22HD touch DTH-2200/K1

マルチタッチ機能を搭載した液晶タブレット。スマートフォンの画面を操作するような感覚で、描いた絵を指で拡大したり回転したりと、機能性に優れたモデルです。画面サイズ21.5インチのIPS液晶パネルは、解像度1920×1080ドットで1677万色の色表現を実現。広い画面でイメージ通りのイラスト作成が可能です。筆圧レベルは2048で、傾き検出機能を備えています。

また16個のカスタマイズ可能なファンクションキーに加えて、画面拡大やスクロールができるトラックパッドを搭載。作業を効率化できて、クリエイティブな仕事に集中可能です。さらに、画面を回転できるので、細かい描写が必要なときでも最適な線画姿勢をとれます。

注意しておきたい点は、パソコンとの接続方法です。本製品は、DVI端子で接続する必要があるためDVI端子を搭載していないパソコンの場合は、別途変換ケーブルを購入する必要があります。

ワコム(wacom) 13.3インチ液晶タブレット MobileStudio Pro13

Windows 10を搭載した液晶タブレットです。パソコンと接続する必要がなく、タブレットPCのように使用可能。外出先など場所を選ばず気軽にイラストを描きたいという方におすすめです。ストレージ容量が128GBのSSDと8GBのメモリを備えているので、Photoshopなどのグラフィック系ソフトをインストールしても使えます。

液晶タブレットの機能としては、Adobe RGBカバー率が96%で筆圧レベルが8192とハイスペックなプロ仕様。チラシやカタログのイラスト作成におすすめです。また画面にはタッチ機能を搭載し、5本指までのマルチタッチに対応。機能は設定画面から割り当てられるので、作業の効率化が図れます。

本製品はパソコンと接続して通常の液晶タブレットとしても使用可能。本体にはカメラも搭載し、タブレットPCとしても使えるおすすめの液晶タブレットです。

フイオン(HUION) 21.5インチ液晶タブレット GT-221PRO

大画面のコストパフォーマンスが高いおすすめの液晶タブレットです。解像度1920×1080ドットの21.5インチ液晶ディスプレイとハイスペックながら、10万円以下の価格を実現。Adobe RGBカバー率は72%ですが、筆圧レベルが8192とストレスなくイラストを描けます。液晶はIPSパネルを採用し、178°の広い視野角があるので正面から画面を見なくても色彩の確認が可能です。

画面の左右にはカスタマイズできるショートカットキーが10個ずつ、合計20個を搭載。さらに、タッチバーも左右にあり、左利きの方でもスムーズに作業を行えます。

本体サイズは幅58.9×高さ34.4×厚さ2.1cmと大型で、重量も約4.5kgあるのでデスクに置きながら使用するのがおすすめ。予算が限られている方に最適な、高機能で大画面の液晶タブレットです。

フイオン(HUION) 13.3インチ液晶タブレット Kamvas Pro13 GT-133PRO

コストパフォーマンスの高い液晶タブレット。Adobe RGBカバー率が92%で、筆圧レベルは8192と上級者の方にも安心のスペックです。さらに、ペンには傾き検知機能も搭載しているので、豊かな表現を快適に実現します。

解像度1920×1080ドットの液晶ディスプレイはアンチグレアガラスを搭載し、長時間の作業でも目の負担を低減。画面左サイドの4個のショートカットボタンはカスタマイズが可能で、タッチバーと合わせて作業時間を短縮できます。

本体サイズは幅38.8×高さ21.9×厚さ1.1cmとコンパクトで、アルミ合金のボディは910gと軽量。日常での取り扱いも快適です。

設置されたスタンドは、14.5~45°まで6段階の角度で調整可能。現在よりもイラストのレベルを向上させたいという方におすすめの高機能液晶タブレットです。