パソコンでデジタル描画する際にあると便利なアイテム「液晶タブレット」。紙に絵を描くような感覚でディスプレイに描画できるので、PCでイラストや漫画の制作をしたい方におすすめです。

しかし、各メーカーから多数の製品が発売されているため、どれがよいのか迷いがち。そこで今回は、おすすめの液晶タブレットをご紹介します。液晶タブレットの選び方についても解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

液タブとは?

By: huion.com

液晶タブレット、略して「液タブ」は、液晶画面に専用のペンで直接絵が描けるタブレットのこと。アナログで絵を描くのと同様にデジタルで描画できるのが液タブの特徴です。

PCでデジタルの絵を描く場合、液タブ以外にペンタブレットを使用する方法もあります。ただし、ペンタブレットには液晶画面が搭載されていないので注意が必要。初心者の場合は画面に直接絵を描ける液タブがおすすめです。

また、液タブの多くはPCと接続して使用しますが、なかには液タブ本体のみで使用できるモデルも存在します。外出先でイラスト作成を行う場合には選択肢にいれてみてください。

液タブのメリット・デメリット

メリット

By: huion.jp

液タブがもつ最大のメリットは、紙に描くような感覚で液晶画面にデジタルイラストが描ける点。液タブに搭載された画面を専用のペンでなぞれば、描いたモノがすぐに反映されます。描いた絵がパソコンの画面に表示されるペンタブレットと異なり、画面に直接絵が描けるので、集中しやすく緻密なイラスト作成にもおすすめです。

また、紙に絵を描いていた方であれば、普段の実力が発揮しやすいのもメリット。イラストの拡大縮小や色の選択なども簡単に行え、描画作業の効率アップが図れる点も液タブの魅力です。

デメリット

By: amazon.co.jp

デジタルイラストの作成に便利な液タブは、液晶画面を搭載しないペンタブレットと比較すると高価。イラスト作成を仕事にしている場合は別ですが、趣味で気軽にデジタル描画したい場合には手が出しにくい価格です。

ただし、各メーカーがエントリーモデルを発売しており、コスパに優れた液タブを製造しているメーカーも存在します。初心者の方は、基本的な機能をおさえた手頃な価格の液タブがおすすめです。

液タブの選び方

予算や設置場所に合わせてサイズを選ぶ

予算10万円以下なら16インチ以下。コンパクトでおすすめ

サイズが16インチ以下の液晶タブレットは小さく扱いやすいのが特徴。コンパクトで置き場所に困らないため、狭いデスクの上でも邪魔にならず快適に使えます。携帯性にも優れているので、気軽に持ち歩いて使いたい方にもおすすめです。

サイズが小さいがゆえに、ポスターサイズの大きなイラストを描くのには向いていませんが、大きなドローイングの必要がないA4サイズまでのイラストであれば、16インチ以下のモデルでも快適に作業ができます。

液晶タブレットはサイズが小さくなると価格も下がるため、16インチ以下のモデルはコストパフォーマンスを重視する方にもおすすめ。価格の安いモノなら2万円前後から、機能が充実した高性能なモノでも10万円以下で購入できます。

予算10万円以上なら19インチ以上。設置スペースには注意

By: amazon.co.jp

サイズが19インチ以上の液晶タブレットは、表示できる情報量が多く作業しやすいのが特徴。腕全体を使って大きなストロークで描く方や、全体の構図を把握しながら描きたい方におすすめです。サイズが大きいとキャンパスを移動させなくても済むため、作業効率も大幅に向上します。

ただし、その大きさゆえに設置場所をとるのがデメリット。重量もそれなりにあるので、外出先に持ち運んで使うのには向いていません。あくまでも室内で据え置いて使うのにおすすめです。

サイズの大きな液晶タブレットは高機能・高性能なモノがほとんどで、価格が高くなるのにも注意が必要。製品にもよりますが、20インチ台なら10万円前後、30インチ以上の大きなモデルになると30~40万円で購入可能です。

筆圧レベルをチェック

By: wacom.com

液タブのスペックで重要な「筆圧レベル」。数値が大きいほど感度が高くなり、ペンの圧力を細かく感知できます。なお、筆圧レベルの高い製品は強弱をつけてイラストが描けるので便利ですが、価格も高くなるので注意が必要です。

趣味でイラストを描く場合は、筆圧レベルの数値が小さい液タブでも問題ありませんが、最低でも2048レベル以上の製品を選びたいところ。よりリアルな表現を求める方は、筆圧レベルが4096や8192の液タブも選択肢にいれてみてください。

Adobe RGBカバー率をチェック

By: wacom.com

Adobe RGBとは、アメリカの「アドビシステムズ」が制定した色空間(表現できる色の範囲)のこと。Adobe RGBカバー率が高ければ高いほど、表現できる色の範囲が広くなり、色彩豊かなイラストが描けます。

Adobe RGBカバー率が低い場合は、画面表示できる色の範囲が狭く、印刷時にイメージと違うカラーがプリントされてしまうこともあるため要注意。豊かな色彩を表現したい場合や、プリントアウト時のイメージ違いを防止したい場合は、Adobe RGBカバー率の高い液タブがおすすめです。

少なくともAdobe RGBカバー率75%以上、制作したイラストを印刷する場合は、Adobe RGBカバー率90%程度の液タブを選択しましょう。

ショートカットキーの有無と数をチェック

By: amazon.co.jp

液タブの多くのモデルには、液晶画面とは別にショートカットキー(ファンクションキー)が搭載されています。頻繁に使用する操作をショートカットキーに割り振っておけば、ワンタッチでレイヤーの切り替えやカラーの選択が行えて便利。作業時間の短縮につながるだけでなく、快適にイラストを制作できます。

搭載されているショートカットキーの数はモデルごとに異なるので、登録したい操作の数に合った液タブを選択しましょう。

PCとの接続方法をチェック

液タブの多くはPCと接続して使用するので、購入前には接続方法のチェックが必要。USBやHDMI端子を利用する液タブが多いなかで、DVIやDisplayPortを採用しているモデルも存在するので、事前に確認しておきましょう。

USBポートは多くのPCに搭載されていますが、HDMIで液タブと接続したい場合には、所有しているPCにHDMIの出力ポートも搭載されている必要があります。PC本体にHDMIポートがない場合は、変換アダプタを別途購入する方法もありますが、液タブ購入前に所有PCのポートをチェックしておくのがおすすめです。

視差と表示遅延が少ないモノを選ぼう

By: xp-pen.jp

液タブの画面にペンをあてた際、描画がずれて表示されることを「視差」といいます。ペン先と実際に描かれる絵がずれてしまうと、作業がしにくくストレスを感じる原因にもなるので注意しましょう。

また、ペンで画面をなぞった際に、遅れて絵が表示されることを「遅延」といいます。「遅延」が大きい場合は「視差」と同じく快適な作業の妨げになるので注意が必要。購入前にスペックをチェックしておきましょう。

液タブのおすすめメーカー

ワコム(Wacom)

By: wacom.com

埼玉県に本社を置く「ワコム」は、パソコン周辺機器やCAD関連の製品を製造している日本のメーカーです。特に液タブ・ペンタブレット・スタイラスペンが有名で、高いシェア率を有しています。

ワコムの液タブは、高性能で多彩な機能を搭載したモデルが人気。それ以外もラインナップが豊富で、基本的な機能を搭載したエントリーモデルの液タブも製造しています。初心者からプロのイラストレーター、漫画家まで幅広い層におすすめのメーカーです。

XP-PEN

By: storexppen.jp

「XP-PEN」は、ワコムと同じく、液タブやペンタブレット、スタイラスペンなどを製造するメーカーです。XP-PENのペンタブレットには、初心者向けの「Starシリーズ」や中級者以上向けの「Decoシリーズ」、液晶画面を搭載している「Artistシリーズ」などが存在。

液晶が搭載されているのは「Artistシリーズ」のみですが、シリーズ内でもスペックの異なる液タブが多数用意されています。ラインナップが豊富で、11.6~23.8インチまでの画面サイズが選択できる点もおすすめです。

液タブのおすすめモデル|16インチ以下

ワコム(Wacom) 13.3インチ液晶ペンタブレット Wacom One 13 DTC133W1D

デジタルイラストに挑戦したい方や、これからイラスト制作に取り組みたい初心者の方におすすめの液タブです。ディスプレイサイズは13.3インチ。液タブとしては比較的リーズナブルな価格のエントリーモデルなので、気軽に購入できます。

最大解像度は1920×1080のフルHDで、±60°の傾き検知と4096段階の筆圧感知が可能。液晶パネルには、鮮やかな色表現と広視野角なIPSパネルが採用されています。パソコン以外にも、Androidタブレットやスマホなどさまざまなデバイスで使用できるのが魅力です。

有名文房具メーカーなどから販売されている数多くのデジタルペンに対応しているので、普段から使用しているお気に入りのデジタルペンでイラスト制作に臨めます。イラスト制作だけでなく、メモ書きやアイデアのスケッチなどにもぴったり。背面には折りたたみ式のスタンドが搭載されています。

ワコム(Wacom) 液晶ペンタブレット Wacom MobileStudio Pro 16 DTHW1621HK1D

Windows 10を搭載している液タブ。パソコンと接続せず単体で使用できるのがメリットです。ディスプレイサイズは15.6インチで、プロセッサーは「Intel Core i7-8559U」を搭載。グラフィックスは「NVIDIA Quadro P1000 4GB GDDR5」が搭載されています。

メモリは16GBで、ストレージには512GBのSSDを搭載。メモリとストレージは交換と増設が可能なので、将来的にスペックアップすることもでき、より幅広いニーズに対応します。映像入出力端子にはUSB Type-Cを採用。本体側面には8個のショートカットキーとホームボタン、そしてタッチホイールが搭載されています。

解像度は3840×2160で、高画質かつ精細な映像表示が可能な4K画質を実現。Adobe RGBカバー率は85%です。筆圧レベルは8192段階で、±60°の傾き検出にも対応しています。折りたたみスタンドが付属するのも嬉しいポイント。スタンドは16°・30°・43°の3段階で調節可能なので、ラクな姿勢で作業が進められます。

XP-PEN 15.6インチ液晶タブレット Artist 15.6 Pro

リーズナブルながらも、60°の傾き検知と8192段階の筆圧検知に対応した液タブです。解像度は1920×1080のフルHD画質で、ディスプレイには鮮やかな色と178°の広い視野角が魅力のIPSパネルが採用されています。付属品としてブレや滑りの防止に役立つスタンドが同梱しているのもポイントです。

フルラミネート技術で視差が最小限に抑えられており、快適な制作環境を実現。給電はパソコンから行うことができ、給電不足の場合は、付属の延長コードを使用してコンセントから給電することも可能です。

本体側面にはキャンパスの拡大や縮小などが行えるリングホイールと、カスタマイズ可能な8つのショートカットキーが搭載されています。充電不要のスタイラスペンが付属しているのも特徴。安い価格で購入できるコスパに優れた液タブなので、初心者の方やなるべく予算を抑えたい方におすすめです。

XP-PEN 15.6インチ液晶ペンタブレット Innovator 16 JPInnovator_IDR1560_F

厚さ約9mm以下の薄型デザインを採用した液タブ。ボディには、軽量かつ耐久性に優れたアルミ合金を使用しています。かさばりにくいので、カバンなどに入れて気軽に持ち運ぶことが可能です。カスタマイズ可能な8つのショートカットキーが搭載されているほか、拡大・縮小やブラシサイズの調節などが行える2つのホイールボタンも付いています。

解像度は1920×1080のフルHD画質で、Adobe RGBカバー率は92%を実現。ディスプレイには広視野角かつ鮮やかな色表現が可能なIPSパネルを搭載しており、フルラミネート加工技術で視差も最小限に抑えられているのが魅力です。

3種類のケーブルがひとつにまとめられている3in1ケーブルを採用しているのも特徴で、デスク周りをすっきりとさせられます。さらに、人間工学に基づいて設計されたポータブルスタンドも付属するので、正しい姿勢で効率よく作業を進めることが可能。筆圧レベルは8192段階で、傾き検知は60°までサポートされています。

HUION 液タブ 15.6インチ Kamvas Pro16 HA-JP-GT-156-Stand

本体サイズが約437×251mm、厚さが約11.5mmとコンパクトかつ比較的薄型な液タブ。15.6インチサイズのディスプレイサイズを搭載していながらも、重量は約1350gと比較的軽量です。

解像度は1920×1080のフルHD画質で、液晶パネルには合計178°の広い視野角を実現するIPSパネルが採用されています。sRGB120%の広色域をカバーしているのもポイント。ディスプレイはアンチグレア仕様なので、反射や周囲の映り込みを気にすることなく作業に集中可能です。

また、フルラミネーションディスプレイが採用されており、カーソルのズレを最小限まで抑えられます。付属のスタイラスペンは、充電の必要がないバッテリーフリー仕様。充電切れを気にすることなく長時間作業に没頭できます。筆圧感知レベルは8192段階で、最大±60°の傾き検知に対応。比較的安い価格で購入できるコスパのよさも魅力です。

ガオモン(GAOMON) 液タブ 11.6インチ PD1161

リーズナブルながらも、8192段階の筆圧検知レベルと傾き検知に対応している液タブ。バッテリーフリータイプのスタイラスペンが付属しています。ディスプレイサイズは11.6インチで、本体重量は約866gと軽量です。

解像度は1920×1080のフルHD画質で、ディスプレイにはIPSパネルを採用。画面の横に8つのショートカットキーを搭載しているほか、もう一方の側面には5つのメニューキーも配置されています。

ショートカットキーは好みに合わせてカスタマイズでき、メニューキーからは画面の色や明るさ、コントラストの調節などが可能。液タブを初めて使用する方にもおすすめの使いやすい1台です。

液タブのおすすめモデル|19インチ以上

ワコム(Wacom) 液タブ Wacom Cintiq Pro 32 TDTH-3220/K0

31.5インチサイズの大画面ディスプレイを搭載したハイエンドモデルです。解像度3840×2160の4K画質による高精細な色表示で、大きいサイズのイラスト制作にも適しています。8192段階の筆圧検知と±60°の傾き検知が可能。繊細なタッチで絵が書ける「Wacom Pro Pen 2」が付属するのもポイントです。

高い性能を備えたモデルなので、3D制作などにもおすすめ。Adobe RGBカバー率は98%と、印刷用のイラスト制作にもぴったりです。入力端子はUSB Type-C・DisplayPort・HDMIが搭載されています。

本体背面には折りたたみ式スタンドを内蔵しており、2段階の角度で調節可能。また、好みやシーンに合わせてキーの割り当てなどが行えるショートカットデバイス「ExpressKey Remote」も付属しており、便利に使えます。より本格的なイラスト制作に取り組めるプロ向けの液タブです。

ワコム(Wacom) Cintiq 22 DTK2260K1D

基本性能が充実したワコムの人気モデルです。原寸に近いサイズで作業ができる21.5インチのフルHDディスプレイを搭載。拡大・縮小をせずにそのままイラストが描けます。本体サイズは横幅570×高さ40×奥行き359mmで、筆圧レベルは8192段階に対応。

ディスプレイには、映り込みを軽減するアンチグレア加工が施されているので、長時間の作業にもおすすめです。液タブの使い勝手を大きく左右するスタイラスペンには、筆圧・精度・レスポンスが向上した「Wacom Pro Pen 2」を採用。

快適な姿勢で作業が行える専用スタンドや、散らかりがちなケーブルをコンパクトに束ねられる専用接続ケーブル、シチュエーションに応じて付け替えられる着脱式ペンホルダーなど、便利なオプションが充実しているのも魅力です。

XP-Pen Artist 22Pro

価格と性能のバランスに優れた液タブです。気軽に購入できるリーズナブルな価格を実現していながら、Adobe RGBカバー率82%を実現したHD IPSディスプレイを搭載。ちょっとした写真編集からイラスト制作まで幅広く使えます。

背面には、人間工学に基づきに設計されたフレキシブルスタンドを搭載。15~85°の角度調節が可能なので、自分にあった楽な姿勢で快適に作業ができます。付属のスタイラスペンは8192レベル筆圧検知機能を搭載しているので、細かなディテールもしっかりと表現可能です。

本体サイズは横幅517×高さ30×奥行き321mmで、OSはWindows 10・8・7、Mac OS X 10.10以降に対応。HDMI・DVI・VGA・USBなど、各種インターフェイスが充実しているのも魅力です。

HUION Kamvas22 Plus

色再現性の高い「量子ドット技術」を採用した液タブ。Adobe RGBカバー率140%を実現しており、美しい色をより忠実に再現できます。指紋が目立たず目が疲れにくい「アンチグレアガラス」や、光の余分な反射が抑えられる「フルラミネーションディスプレイ」を採用しているのも大きなポイントです。

画面サイズは21.5インチで、OSはAndroid、Windows 10・8・7、Mac OS X 10.12以降に対応。パソコンだけでなく、スマートフォンやタブレットに接続して使えるのも魅力です。

そのほか、好きな角度に調節して使えるスタンドや、充電不要で使えるスタイラスペン「PW517」も便利。背面にはVESAマウントがついているので、モニターアームとの併用も可能です。

HUION Kamvas Pro24

便利な機能が充実したHUIONのハイエンドモデルです。ディスプレイの両サイドにタッチバーとショートカットキーを搭載。自分好みの機能を割り当てれば、効率よく作業が進められます。

画面サイズは23.8インチで、解像度は2560×1440の2.5Kに対応。1台あれば液晶タブレットとしてだけでなく、きれいな映像が楽しめるモニターとしても使用できます。

付属のスタイラスペンは、8192段階の筆圧レベル、±60°傾き検知機能に対応。細かなディテールも強弱をつけてしっかりと表現できます。

HDMI・DP・VGAなど各種インターフェイスが充実しているのもポイント。さまざまなデバイスと接続して使いたい方にもおすすめです。