パソコンでデジタル描画する際にあると便利なアイテム「液晶タブレット(液タブ)」。紙に絵を描くような感覚でディスプレイに描画できるので、PCでイラストや漫画の制作をしたい方におすすめです。

ただし、各メーカーから多数の製品が発売されているため、どれを選べばよいのか迷いがち。そこで今回は、おすすめの液タブをご紹介します。液晶タブレットの選び方についても解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

液タブでできることは?

By: huion.com

液タブはペンを使って直接、画面へ描き込みできるのが特徴です。絵やイラストを描きたいときにぴったりのアイテム。紙に描いているような自然なタッチで操作できます。

液タブは絵やイラストを描く目的で使われるのが一般的ですが、ほかの用途でも使用できます。たとえば、編集ソフトを使用して動画や写真編集をしたり、プレゼン資料に線を引いたりと多彩な使い方が可能。リモートワークで使用するときにも役立ちます。

また、液タブのほかにペンタブというアイテムも存在。ペンタブはパソコンの画面をチェックしながらタブレットに絵を描くアイテムで、ディスプレイは備えていません。液タブは手元を見ながら描けるので、初心者におすすめです。

液タブのメリット・デメリット

メリット

By: xp-pen.jp

液タブのメリットは、紙に描くような感覚で液晶画面にデジタルイラストが描ける点。画面を専用のペンでなぞれば、描いたモノがすぐに反映されます。描いた絵がパソコンの画面に表示されるペンタブレットと異なり、画面に直接絵が描けるので、集中しやすく緻密なイラスト作成にもおすすめです。

また、紙に絵を描いていた方であれば、普段の実力が発揮しやすいのもメリット。イラストの拡大縮小や色の選択なども簡単に行え、描画作業の効率アップが図れる点も液タブの魅力です。

デメリット

By: amazon.co.jp

デジタルイラストの作成に便利な液タブは、液晶画面を搭載しないペンタブレットと比較すると高価。イラスト作成を仕事にしている場合は別ですが、趣味で気軽にデジタル描画したい場合には手が出しにくい価格です。

ただし、各メーカーがエントリーモデルを発売しており、コスパに優れた液タブも存在します。初心者は、基本的な機能をおさえた手頃な価格の液タブがおすすめです。

液タブの選び方

予算や設置場所に合わせてサイズを選ぶ

予算10万円以下なら16インチ以下。初心者向けの安いモデルが豊富

サイズが16インチ以下の液タブは小さく扱いやすいのが特徴。コンパクトで置き場所に困りにくいため、狭いデスクの上でも邪魔にならず快適に使えます。携帯性にも優れているので、気軽に持ち歩いて使いたい方にもおすすめです。

サイズが小さいため、ポスターサイズの大きなイラストを描くのにはやや不向き。大きなドローイングの必要がないA4サイズまでのイラストであれば、16インチ以下のモデルでも快適に作業できます。

サイズが小さいと価格も下がるため、16インチ以下のモデルはコストパフォーマンスを重視する初心者の方にもおすすめ。価格の安いモノなら2万円台から、機能が充実した高性能なモノでも10万円以下で購入できます。

予算10万円以上なら19インチ以上。プロも使う本格モデル

By: wacom.jp

サイズが19インチ以上の液タブは、表示できる情報量が多く作業しやすいのが特徴。腕全体を使って大きなストロークで描く方や、全体の構図を把握しながら描きたい方におすすめです。サイズが大きいとキャンバスを移動させなくても済むため、作業効率も大幅に向上します。

ただし、設置場所を取りやすいのがデメリット。重量もそれなりにあるので、外出先に持ち運んで使うのには向いていません。あくまでも室内で据え置いて使うのに適したタイプです。

また、サイズの大きな液タブは高機能・高性能なモノがほとんどで、価格が高くなるのにも注意が必要。製品にもよりますが、20インチ台なら10万円前後、30インチ以上の大きなモデルなら30~40万円で購入可能です。本格的にイラスト制作を行いたい方やプロを目指したい方に適しています。

筆圧レベルをチェック

By: wacom.com

液タブのスペックで重要な「筆圧レベル」。数値が大きいほど感度が高くなり、ペンの圧力を細かく感知できます。筆圧レベルの高い製品は強弱がつけやすく、イラストを描くのに便利。なお、そのぶん高価な点には注意が必要です。

趣味でイラストを描く場合は、筆圧レベルの数値が小さい液タブでも問題ありませんが、最低でも2048レベル以上の製品を選びたいところ。よりリアルな表現を求める方は、筆圧レベルが4096や8192の液タブも選択肢に入れてみてください。

傾き検知機能をチェック

By: huion.com

液タブに傾き検知機能が備わっているかもポイント。ペンを傾けることで線の太さや濃淡を変えられるので、繊細なタッチで描けます。アナログでの描画とは異なり、ペンを何種類も用意する必要がないほか、使用するソフトで複雑な設定もせずに済むので便利です。特に、絵を描く方は作業効率の向上を図れます。

また、傾き検知機能に対応していると、鉛筆のように陰影をつけることが可能。メリハリのあるタッチを実現できます。繊細は絵を描きたい方は、傾き検知機能が備わった液タブを選んでみてください。

Adobe RGBカバー率をチェック

By: wacom.com

Adobe RGBとは、アメリカの「アドビシステムズ」が制定した色空間(表現できる色の範囲)のこと。Adobe RGBカバー率が高いほど、表現できる色の範囲が広くなり、色彩豊かなイラストが描けます。

Adobe RGBカバー率が低い場合は、画面表示できる色の範囲が狭く、印刷時にイメージと違うカラーがプリントされてしまうこともあるため要注意。豊かな色彩を表現したい場合や、プリントアウト時のイメージ違いを防止したい場合は、Adobe RGBカバー率の高い液タブがおすすめです。

少なくともAdobe RGBカバー率75%以上、制作したイラストを印刷する場合は、Adobe RGBカバー率90%程度の液タブを選択しましょう。

ショートカットキーの有無と数をチェック

液タブの多くのモデルには、液晶画面とは別にショートカットキー(ファンクションキー)が搭載されています。頻繁に使用する操作をショートカットキーに割り振っておけば、ワンタッチでレイヤーの切り替えやカラーの選択が行えて便利。作業時間の短縮につながるだけでなく、快適にイラストを制作できます。

搭載されているショートカットキーの数はモデルごとに異なるので、登録したい操作の数に合った液タブを選択しましょう。

PCとの接続方法をチェック

By: huion.com

液タブの多くはPCと接続して使用するため、購入前には接続方法のチェックが必要。USBやHDMI端子を利用する液タブが多いなか、DisplayPortを採用しているモデルも存在するので、事前に確認しておきましょう。

USBポートは多くのPCに搭載されている規格です。ただし、HDMIで液タブと接続したい場合には、所有しているPCにHDMIの出力ポートも搭載されている必要があります。

PC本体にHDMIポートがない場合は、変換アダプタを別途購入する方法もありますが、液タブ購入前に所有PCのポートをチェックしておくのがおすすめです。

スマホやタブレット接続可能ならパソコン不要で使える

液タブのなかには、スマートフォンやタブレットと接続できる製品もあります。自宅にパソコンがない場合でも、デバイスに接続してイラストを描けるので便利です。移動先でちょっとした作業を行うときにも重宝します。

ただし、液タブのほとんどがAndroidの限られた機種のみに対応。スマートフォンやタブレットと接続したい方は、どの機種と接続できるかをチェックしておきましょう。

視差と表示遅延が少ないモノを選ぼう

By: xp-pen.jp

液タブの画面にペンをあてた際、描画がずれて表示されることを「視差」といいます。ペン先と実際に描かれる絵がずれてしまうと、作業がしにくくストレスを感じる原因にもなるので注意しましょう。

また、ペンで画面をなぞった際に、遅れて絵が表示されることを「遅延」といいます。「遅延」が大きい場合は「視差」と同じく快適な作業の妨げになるので注意が必要。購入前にスペックをチェックしておきましょう。

スタンドの有無をチェック

By: huion.com

液タブで長時間作業をするときは、スタンドが付いているかも注目したいポイントです。首を下げて画面を見続けていると、肩や首に負担がかかりがち。スタンドが付いていれば、画面を使いやすい角度に調節できるので、背筋を伸ばして作業可能。ラクな姿勢で作業をしやすいのがメリットです。

また、別売りで液タブ用のスタンドもあります。より角度をつけて使いたい場合は、合わせてチェックしてみてください。

液タブのおすすめメーカー

ワコム(Wacom)

By: wacom.com

埼玉県に本社を置く「ワコム」は、パソコン周辺機器やCAD関連の製品を製造している日本のメーカーです。特に、液タブ・ペンタブレット・スタイラスペンが有名で、高いシェア率を有しています。

ワコムの液タブは、高性能で多彩な機能を搭載したモデルが人気。それ以外もラインナップが豊富で、基本的な機能を搭載したエントリーモデルの液タブも製造しています。初心者からプロのイラストレーター、漫画家まで幅広い層におすすめのメーカーです。

XP-PEN

「XP-PEN」は、ワコムと同じく、液タブやペンタブレット、スタイラスペンなどを製造するメーカーです。XP-PENのペンタブレットには、初心者向けの「Starシリーズ」や中級者以上向けの「Decoシリーズ」、液晶画面を搭載している「Artistシリーズ」などが存在しています。

液晶が搭載されているのは「Artistシリーズ」のみですが、シリーズ内でもスペックの異なる液タブを多数用意。ラインナップが豊富で、11.6~23.8インチまでの画面サイズが選択できる点もおすすめです。

HUION

By: huion.com

「HUION」は中国の深圳に本社を置くペンタブレットメーカー。製品は国を問わず、世界中で販売されており、コスパに優れているのが特徴です。コストを抑えて液タブを購入したい方もチェックしてみてください。

また、ペンの傾き検知機能や筆圧レベル8192レベルの製品が多いのも魅力。製品によっては、購入から1年間の保証期間が付いているので、安心して使用できるのもポイントです。

液タブのおすすめモデル|16インチ以下

ワコム(Wacom) 13.3インチ液晶ペンタブレット Wacom One 13 DTC133W1D

挑戦しやすいリーズナブルなエントリーモデル

デジタルイラストに挑戦したい方や、これからイラスト制作に取り組みたい初心者におすすめの液タブです。ディスプレイサイズは13.3インチ。液タブとしては比較的リーズナブルな価格のエントリーモデルです。

最大解像度は1920×1080のフルHD。ペンの傾きによって線の濃淡や太さを調節する±60°の傾き検知があり、筆圧レベルは4096です。液晶パネルには、鮮やかな色表現と広視野角なIPSパネルが採用されています。パソコン以外にも、Androidタブレットやスマホなどさまざまなデバイスで使用できるのが魅力です。

有名文房具メーカーなどから販売されている数多くのデジタルペンに対応。普段から使用しているお気に入りのデジタルペンでイラスト制作に臨めます。イラスト制作だけでなく、メモ書きやアイデアのスケッチなどにもぴったり。また、背面には折りたたみ式のスタンドが搭載されています。

ワコム(Wacom) 15.6インチ Wacom Cintiq 16 DTK1660K1D

ワコムのミドルクラスモデルで、よりクリエイティブな描き味を求める方におすすめの液タブ。15.6インチのフルHD液晶を搭載しており、価格と機能のバランスに優れています。本製品は、プロモデルと同じペンを採用。筆圧やレスポンスなどの精度の高さが特徴です。

液晶の表面には、外光の反射や映り込みなどを抑えるアンチグレアフィルムを備えています。内蔵しているスタンドは、描きやすい角度に調節ができるうえ、安定感に優れているのが魅力。ペンホルダーは、本体の左右どちらにも取り付けが可能で、利き手にかかわらずに使えるのもポイントです。

付属のケーブルはHDMI・USB-A・電源の3分岐の仕様。パソコンとの接続も簡単に行えます。

XP-PEN Artist 13.3 Pro

3in1ケーブルを用いてPCに接続するだけで使える13.3インチの液タブ。スタイリッシュな赤いリングホイールと、8個のエクスプレスキーを備えているのが特徴です。自由に機能を割り当てられるので、拡大や縮小、スクロールなどさまざまな操作を手元で簡単に行えます。

スタイラスペンの傾きを、60°まで検知できるのも魅力。スタイラスペンは8192レベルの筆圧感知が可能で、優れた追従性を備えています。高精度でレスポンスも速いため、ラインの太さや濃さなど、繊細なタッチまで表現でき便利です。

ディスプレイにフルラミネート技術を採用しているのもポイント。ガラスとスクリーンをシームレスに組み合わせ、視差の少ない作業環境を実現しています。高い透明度で傷が付きにくい加工も施されており、明るい照明の下でも使いやすいおすすめの製品です。

XP-PEN 15.6インチ液晶ペンタブレット Innovator 16 JPInnovator_IDR1560_F

厚さ約9mmの薄型デザインを採用した液タブ。ボディには、軽量かつ耐久性に優れたアルミ合金を使用しています。かさばりにくいので、カバンなどに入れて持ち運ぶことが可能です。カスタマイズできる8つのショートカットキーを搭載。そのほか、拡大・縮小やブラシサイズの調節などが行える2つのホイールボタンも付いています。

解像度は1920×1080のフルHD画質で、Adobe RGBカバー率は92%を実現。ディスプレイには広視野角かつ鮮やかな色表現が可能なIPSパネルを搭載しており、フルラミネート加工技術で視差も少なくしているのが魅力です。

3種類のケーブルがひとつにまとめられている、3in1ケーブルを採用しているのも特徴。デスク周りをすっきりとさせられます。さらに、人間工学に基づいて設計されたポータブルスタンドも付属。筆圧レベルは8192段階で、傾き検知は60°までサポートされています。

XP-PEN Artist 12セカンド CD120FH

Adobe sRGBカバー率127%と、広い色域を実現した液タブです。画面解像度は1920×1080のフルHD画質で、ディスプレイサイズは12インチ。液晶パネルには、178°の広い視野角をもつIPSパネルを採用しています。また、表面にはフルラミネーション加工を施しているので、より正確な描画が可能です。

本体には、用途に合わせてカスタマイズが可能な8つのショートカットキーを搭載しています。さらに、付属の3in1ケーブルでの接続に対応したUSB Type-Cポートに加え、ケーブル1本でパソコンやAndroidスマホなどと接続できるフル機能のType-Cポートを採用しているのもポイントです。

「X3スマートチップ」を内蔵した専用のスタイラスペンは、バッテリーフリータイプを使用。安定したパフォーマンスと優れた耐久性が特徴です。そのほか、8192段階の筆圧検知レベルと60°の傾き検知機能に対応しています。

HUION 液タブ 15.6インチ Kamvas Pro16 HA-JP-GT-156-Stand

本体サイズが約437×251mm、厚さが約11.5mmとコンパクトかつ比較的薄型な液タブ。15.6インチのディスプレイサイズながらも、重量は約1350gと比較的軽量です。

解像度は1920×1080のフルHD画質。液晶パネルには、合計178°の広い視野角を実現するIPSパネルが採用されています。sRGB120%の広色域をカバーしているのもポイント。ディスプレイはアンチグレア仕様なので、反射や周囲の映り込みが少なく作業に集中できます。

また、フルラミネーションディスプレイが採用されており、カーソルのズレを軽減。付属のスタイラスペンは、充電の必要がないバッテリーフリー仕様なので、長時間作業に没頭できます。筆圧感知レベルは8192段階で、最大±60°の傾き検知に対応。比較的安い価格で購入できるコスパのよさも魅力です。

HUION 液タブ Kamvas13 JP-GS1331-Stand

HUAWEIやSAMSUNGの一部スマートフォンに対応している液タブ。外へ持ち歩くときは液タブモードで使い、自宅ではパソコンと接続して、ペンタブレットモードで使用できるので便利です。本体には8つのショートカットキーが備わっており、よく使うツールを登録できます。効率よくイラストを描くことが可能です。

付属のペンは筆圧8192レベルに対応。紙に描いているようなリアルな表現ができます。充電不要なペンなので、作業中にバッテリー切れを心配せずに済むのもポイントです。さらに、±60°の傾き検知機能が付いており、精細にタッチできます。

本体にスタンドが備わっているのも魅力。見やすい角度で画面を調節できるので、ラクな姿勢で作業可能です。

HUION 液タブ Kamvas Pro13 HAJP

画面サイズが13.3インチで、フルHDに対応している液タブ。重量が約910gなので、外へ持ち運んで作業したいときに便利です。傾き検知機能も備わっており、なめらかな描き心地を実現しています。付属のペンは充電不要なので、バッテリー切れの心配をせずに、作業に集中できるのもポイントです。

ディスプレイはアンチグレアガラスを採用。光の反射を抑えられるので、目に優しく長時間作業も容易に行えます。液タブ表面に4つのショートカットキーと、タッチバーが備わっているのも特徴。使用するソフトに応じて、よく使うツールの割り当てができるので、作業効率の向上にも期待できます。

また、筆圧レベルも8192なので、リアルな表現ができる液タブを探している方におすすめです。

GAOMON 液タブ PD1560

リーズナブルな価格ながらも、15.6インチサイズの大型ディスプレイを採用した液タブ。1920×1080の画面解像度と、水平垂直各178°の高視野角を実現しているのが特徴です。線の読み取り速度も速く、快適な創作活動をサポートします。

筆圧は8192レベルに対応。専用のデジタルペンは側面にカスタマイズ可能なダブルボタンを備えており、ブラシと消しゴムの切り替えなどを素早く行えます。さらに、本体には10個のショートカットキーを搭載。機能を自由にカスタマイズして作業効率を向上できます。

また、画面の角度を最大90°までの範囲で無段階に調節できるのもポイント。作業しやすい角度に合わせて使えます。コスパに優れたモデルを探している方におすすめです。

液タブのおすすめモデル|19インチ以上

ワコム(Wacom) Cintiq 22 DTK2260K1D

基本性能が充実した、ワコムの人気モデルです。原寸に近いサイズで作業ができる、21.5インチのフルHDディスプレイを搭載。拡大・縮小をせずにそのままイラストが描けるのが特徴です。本体サイズは横幅570×高さ40×奥行き359mmで、筆圧レベルは8192段階に対応しています。

ディスプレイには、映り込みを軽減するアンチグレア加工が施されているので、長時間の作業にもおすすめ。液タブの使い勝手を大きく左右するスタイラスペンには、筆圧・精度・レスポンスが向上した「Wacom Pro Pen 2」を採用しています。

快適な姿勢で作業が行える専用スタンドや、散らかりがちなケーブルをコンパクトに束ねられる専用接続ケーブルが付属。ほかにも、シチュエーションに応じて付け替えられる着脱式ペンホルダーなど、便利なオプションが充実しているのも魅力です。

ワコム(Wacom) Cintiq Pro 24 TDTK-2420/K0

23.6インチサイズの大型ディスプレイを搭載した液タブです。解像度3840×2160の4K画質に対応し、Adobe RGBカバー率99%の優れた色精度を実現しています。本体には、USB Type-C・USB 3.0・HDMI・Displayportなどの豊富なポート類を搭載。幅広い接続方法に対応しているのも特徴です。

3つのサイドスイッチを備えた「Wacom Pro Pen 2」が付属。充電不要のバッテリーレス仕様で、8192段階の筆圧検知レベルと±60°の傾き検出レベルに対応しています。

また、17個のファンクションキーとタッチホイールを搭載した「ExpressKey Remote」が同梱するのもうれしいポイントです。用途に合わせて機能の割り振りができるので、作業効率の向上に役立ちます。

XP-PEN 液晶ペンタブレット Artist22 R Pro

USB Type-Cケーブル1本でパソコンと接続できる液タブ。Windowsはもちろん、Macにも対応しています。画面はフルHD出力ができ、色域は88%NTSC。綺麗な画面で、鮮やかな色を再現できます。

付属のペンは筆圧8192レベルで、より細かな描画が可能。最大60°の傾き検知機能が備わっているため、繊細な描画も実現できます。

本体にはホイールとショートカットキーが付いており、ブラシや拡大ツールを設定可能です。頻繫に使うツールを登録しておけば、作業効率の向上に期待できます。ショートカットキーが左右に配置されているので、利き手問わず、使えるのが魅力です。

XP-PEN Artist 24 Pro

ディスプレイサイズが23.8インチの液タブです。解像度2560×1440の2K QHD画質に対応しています。Adobe RGBカバー率は90%。正確な色彩表現と高解像度による鮮明さにより、ディテールもしっかりと書き込めます。

USB Type-C to Type-C接続に対応。ケーブル1本で繋げられるので、デスク回りをすっきりとさせられます。また、2個のレッドリングホイールと、合計20個のカスタマイズ可能なショートカットキーを採用。本体の両側に搭載されているので、利き手を問わず使用できます。

スタイラスペンは、充電不要のバッテリーフリータイプ。±60°傾き検知機能と、8192レベルの筆圧検知に対応しています。本体裏面には、16~90°の範囲で角度調節可能なスタンドを搭載。さらに、マウスやキーボードなどのデバイスを接続できる便利なUSBハブも備えています。

XP-PEN Artist 22 2nd

より正確なペン追従性を実現した液タブです。ディスプレイサイズは21.5インチで、解像度は1920×1080のフルHD画質。Adobe RGBカバー率は90%を実現しています。

HDMIポートに加え、USB Type-Cポートを採用。パソコンに搭載されているUSB Type-Cポートが映像出力とデータ転送の両方に対応していれば、同ケーブル1本でパソコンと接続可能です。

また、USB-Type C to Type AケーブルとHDMIケーブルが付属。Type-Cポートがないパソコンとも接続できます。付属のスタイラスペンはバッテリーフリータイプです。

背面にはスタンドを搭載。16~90°までの角度で自由に調節できます。比較的リーズナブルながらも基本的な性能が充実しており、初心者から上級者まで幅広いニーズに対応できるおすすめの液タブです。

HUION Kamvas22 Plus

色再現性の高い「量子ドット技術」を採用した液タブ。Adobe sRGBカバー率140%を実現しており、美しい色をより忠実に再現できます。指紋が目立たず目が疲れにくい「アンチグレアガラス」や、光の余分な反射を軽減できる「フルラミネーションディスプレイ」を採用しているのがポイントです。

画面サイズは21.5インチで、OSはAndroid、Windows 10・8・7、Mac OS X 10.12以降に対応。パソコンだけでなく、スマートフォンやタブレットに接続して使えるのも魅力です。

そのほか、15〜85°まで調節して使えるスタンドや、充電不要で使えるスタイラスペン「PW517」も便利。背面にはVESAマウントが付いているので、モニターアームとの併用も可能です。

HUION Kamvas Pro24

便利な機能が充実した、HUIONのハイエンドモデルです。ディスプレイの両サイドにタッチバーとショートカットキーを搭載。ショートカットを自分好みにカスタマイズできるので、作業効率アップに貢献します。

画面サイズは23.8インチで、解像度は2560×1440の2.5Kに対応。1台あれば液タブとしてだけでなく、きれいな映像が楽しめるモニターとしても使用できます。

付属のスタイラスペンの筆圧レベルは8192で、±60°傾き検知機能に対応。ディテールまで強弱を付けて表現できます。

HDMI・DP・VGAなど各種インターフェイスが充実しているのもポイント。さまざまなデバイスと接続して使いたい方にもおすすめです。

GAOMON 液タブ PD2200

画面サイズが21.5インチの液タブ。WindowsやMacのOSに対応しており、安心してパソコンと接続できます。USBやHDMIケーブルが付属しているので、新しいケーブルを買い足す手間を省けるのも便利です。また、画面をフルHDで出力できるほか、色域は92%のNTSCなので、豊かな色を再現できます。

筆圧は8192レベルで、傾き検知に対応。付属しているペンは充電不要なのも特徴です。本体には8つのショートカットキーが備わっており、好みでカスタマイズできます。よく使うツールを設定しておけば、作業効率の向上を図ることが可能です。

さらに、スタンド機能が付いているのも魅力。自在に角度調節ができるので、ラクな姿勢で長時間作業をしたい方におすすめです。

液タブの売れ筋ランキングをチェック

液タブのランキングをチェックしたい方はこちら。