イラスト制作やデザインなど、クリエイティブな作業に便利な「板タブ」。シンプルで低価格なモデルからプロ仕様の本格的なモデルまで、さまざまな種類がラインナップされています。

そこで今回は、おすすめの板タブをご紹介。板タブと液タブの違いやチェックしておきたいポイント、おすすめのメーカーなどについても解説するので、自分にぴったりの1台を見つけてみてください。

板タブとは?

By: huion.com

板タブとは、専用ペンを使用して、接続した機器に手描きで入力するためのデバイスのこと。多くの場合はイラスト制作やデザインなどに活用されるものの、マウスの代わりに使用したりゲームに使用したりもできます。

多くの板タブは、筆圧感知や傾き検知などイラスト制作に便利な機能を搭載。一般的に、液晶画面を搭載したタイプは「液タブ」として区別されています。

板タブのメリットや液タブとの違い

板タブのメリットは、手頃な価格のモデルが多いこと。安いモデルの場合は数千円で購入できるので、これからイラストを始めてみたい方や、気軽にお絵描きを楽しみたい方に適しています。

液タブとの大きな違いは仕様です。液タブは本体にディスプレイが搭載されており、直接ペンで液晶パネルに書き込むのに対して、板タブは何も表示されていない板にペンを走らせて使用します。板タブは慣れが必要なものの、操作に慣れてしまえばスムーズに使えて便利です。

液タブについて詳しく知りたい方はこちら

板タブの選び方

PCの液晶に合わせたサイズを選ぶ

By: huion.com

板タブは、パソコンの画面サイズに合わせて選びましょう。板タブの入力エリアとパソコンの画面は、同じ比率で対応しています。画面サイズと入力エリアのサイズが近いと、ペンを走らせた距離と表示される線の長さが一致しやすく、違和感を軽減することが可能です。

同様の理由で、入力エリアのアスペクト比も重要。パソコンの画面が16:9であれば、板タブの入力エリアも16:9のモデルを選ぶと、違和感を抑えられます。

読み取り速度をチェック

板タブを選ぶ際は、読み取り速度も要チェック。読み取り速度が高いと、ペンの動きと画面に表示される線のタイミングがズレにくく、違和感を抑えながら描けます。板タブをより快適に使用したい場合は、できるだけ読み取り速度に優れたモデルを選ぶことが重要です。

読み取り速度は、RPSやPPSといった単位で表記されるのが一般的。値が高いほど、反応がよいとされています。スムーズな描画を求める場合は、読み取り速度にも注目して選んでみてください。

筆圧感知レベルをチェック

板タブの多くは、筆圧感知機能に対応しています。筆圧感知に対応しているモデルなら、ペン先に伝わる筆圧の強弱に合わせて、描画される線の太さや濃さを調節可能。本物のペンを使っているような感覚で手書き入力ができます。

板タブによって、感知できる筆圧のレベルが異なるのもポイントです。多くの板タブは、4096段階の筆圧感知が可能。より細かく調節したい場合は、8192段階の筆圧感知に対応した板タブをチェックしてみてください。

傾き検知の有無をチェック

By: huion.com

板タブのなかには、傾き検知機能に対応したモデルがあります。傾き検知とは、名前の通りペンの傾きを検知して描画に反映できる機能のこと。線の濃淡や陰影などをコントロールしやすく、よりリアルな描き心地を実現できます。

使用するソフトやブラシの種類によって、多彩な表現ができるのもメリット。本格的なイラスト制作を楽しみたい場合は、ぜひ傾き検知機能対応の板タブをチェックしてみてください。

接続方法をチェック

By: wacom.jp

デバイスと接続する方法も、板タブを選ぶうえで重要な要素。接続方法には、主に有線接続とワイヤレス接続の2種類があります。有線接続の場合はケーブルが必要なため、使用場所が制限される一方、遅延が少なく安定して接続可能です。

ワイヤレス接続は、通信できる範囲内であれば自由な場所で使用できるのが魅力。一方、入力に遅延があったり使用前に充電が必要だったりなど、デメリットもあります。自身の使い方に合わせて、適したモデルを選んでみてください。

各種機能をチェック

ワイヤレスでケーブルが邪魔にならない「Bluetooth対応」

By: huion.com

板タブのなかには、Bluetoothに対応したモデルもあります。ケーブルを使わずにパソコンと接続できるので、通信が途切れない距離であれば自由な場所で使用可能です。

また、Androidに対応した板タブの場合、アダプターやレシーバーを用意しなくてもスマートフォンやタブレットと接続できます。ケーブルの煩わしさが苦手な方におすすめです。

ショートカットが割り振れる「ファンクションキー」

By: amazon.co.jp

ファンクションキーの有無も、板タブを選ぶうえで重要なポイントです。 ファンクションキーとは、ユーザーが自由に機能を割り当てられるキーのこと。ファンクションキーが搭載されていると、よく使う機能をワンタッチで呼び出せるので、作業効率をアップすることが可能です。

ボタンだけではなく、ダイヤルを搭載したモデルもあります。ダイヤルを回転させてブラシの種類を変更したり色を変えたりなど、さらに直感的な操作が可能です。

指でも操作ができる「タッチ機能」

By: wacom.jp

数は多くないものの、板タブのなかにはタッチ操作に対応したモデルもあります。タッチ操作とは、名前の通り板タブをペンではなく直接手で操作する方法。板タブに触れて画面を拡大・縮小したり、イラストを移動させたりなどができます。

大型の板タブの場合、パソコンの前に本体を置いてしまうと、マウスやキーボードのスペースが狭くなりがち。タッチ操作に対応した板タブであれば、マウスやキーボードが近くになくても、指先で簡単に操作できます。

「Android対応」ならスマホでも使える

By: huion.com

板タブは、モデルによってサポートしているOSが異なります。WindowsとmacOS、Linuxに対応しているモデルのほか、Chrome OSやAndroidに対応したモデルもあり、Android対応であればスマートフォンでも使用可能です。

Androidスマートフォンで使用するには、OTGアダプターが必要な場合があるので要注意。また、スマートフォンにアダプターを取り付けて、ワイヤレスで接続できる板タブもあります。

板タブのおすすめメーカー

ワコム(Wacom)

ワコムは、埼玉県に本社を置く日本のメーカーです。板タブや液晶ペンタブレットなどを中心にラインナップしているほか、スマートフォンやタブレット向けのタッチペンも展開。手描きのスケッチやメモをデジタル化するアプリも提供しています。

ワコムの板タブは、サイズが複数用意されており、環境に合わせて選びやすいのが魅力。シンプルながら高性能なので、初心者から上級者まで幅広く使えるのも特徴です。

XP-PEN

XP-PENは、中国の深センに本社を構えるメーカー。主に板タブや液晶タブレットを販売しているメーカーで、日本以外にも世界130以上の国と地域で展開されています。手描きのメモをデジタル化できる「スマートノートパッド」も、同社の人気アイテムです。

XP-PENでは、複数のシリーズの板タブを取り扱っています。シンプルなモデルから高性能で本格的なモデルまでラインナップが充実しており、用途に応じて選びやすいのが魅力です。

板タブのおすすめモデル

ワコム(Wacom) Wacom Intuos Pro Medium PTH-660/K0

高性能で使いやすい、おすすめの板タブ。耐久性に優れた素材を使用しており、約8mmの薄型ながら安定した描き心地を実現しています。有線のほかBluetoothによるワイヤレス接続にも対応しているので、環境に合わせた使い方が可能です。

付属の「Wacom Pro Pen 2」は、8192段階の筆圧感知に対応。遅延が少ないためスムーズに描けます。傾き検知にも対応しているので、本物のペンに近い自然かつ多彩な表現が可能です。また、ペンは充電不要で使用できます。

8個のエクスプレスキーを搭載しているのもポイント。専用ソフトをインストールすると、好みの機能を割り当てられるため作業を効率化可能です。ブラシサイズの調節やカンバス回転などに対応した、タッチホイールも搭載されています。

スチール製のペンスタンドが付属するのも魅力。ペンをスマートに設置できるので、紛失を防げます。

ワコム(Wacom) Wacom Intuos Small TCTL4100/K0

コンパクトで扱いやすい、おすすめの板タブ。本体サイズが幅200×奥行き160×厚さ8.8mmと小型なので、限られたスペースでも使いやすい点が魅力です。USBケーブルで接続する有線タイプのため、遅延が少なく安定しています。

パソコンに接続し、ドライバーをインストールするだけで使用可能。Windowsはもちろん、macOSやChrome OSにも対応しています。対応のOTGアダプターを用意すれば、Androidスマートフォンでも使用可能です。

読み取り可能範囲は横152×縦95mm。付属のペンは4096段階の筆圧感知に対応しており、直感的に使用できます。MacやWindowsのパソコンと接続している場合は、専用のソフトをインストールするとエクスプレスキーに機能を割り当て可能です。

替え芯も3本付属。芯抜きも用意されているので簡単にメンテナンス可能です。

XP-PEN Star G960S Plus

高性能ながら価格が抑えられた、おすすめの板タブ。USBケーブルでデバイスと接続する、有線タイプを採用しています。Windowsのほか、macOSとChrome OS、Androidにも対応しているので、さまざまなデバイスで使用可能です。

高性能なスタイラスペン「PH2」の付属も魅力。手に馴染みやすい形状を採用しているほか、バッテリーフリーのため充電の手間がかかりません。本体尾部に「デジタルイレーサー」も搭載されており、ボタンや設定を切り替えず素早く線を消せます。

スタイラスペンは最大60°までの傾き知機能にも対応。通常のペンに近い、自然な描き心地を実現しています。また、板タブ本体にはショートカットキーを4つ搭載。好みに合わせてカスタマイズできるので、効率的に作業可能です。

本体が回転に対応しているのもポイント。90°や180°、270°など好きな向きで設置して使用できます。

XP-PEN Deco Fun S CT640

気軽に使いやすい板タブ。カラーバリエーションが4色用意されているので、好みやデスク周りの小物などに合わせて選びたい方におすすめです。ケーブルを接続するだけで使えるプラグ&プレイにも対応しているため、初心者にも適しています。

付属のスタイラスペンは、8192段階の筆圧感知に対応。また、最大60°までの傾き知機能もサポートしているので、線の濃さや太さなどを直感的に調節しながら描画可能です。イラスト制作はもちろん、仕事や勉強にも活用できます。

互換性の広さもポイント。WindowsとmacOSに加えて、LinuxやChrome OS、Androidなどもサポートしています。Photoshopをはじめとした定番のソフトにも対応しているため、さまざまなデバイスで気軽に使用可能です。

価格も安いので、コストパフォーマンスに優れた板タブを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

XP-PEN Deco LWペンタブレット IT1060B

スマートで使いやすい、おすすめの板タブです。本体サイズは幅315×奥行き187×厚さ8.8mmで、作業領域は横254×縦152.4mm。4色のカラーバリエーションが用意されているので、デザインを重視する方にもおすすめです。

接続方法は、Bluetoothによるワイヤレス式。ケーブルを気にせずに使用できるため設置場所の自由度が高く、限られたスペースでも無理なく使用可能です。互換性も幅広く、Androidスマートフォンでも使えます。

8192段階の筆圧感知にも対応。レポートレートも最大200RPSと優れているので、遅延を最小限に抑えながら使用可能です。また、好みのカスタマイズが可能な、ショートカットキーも8つ搭載されています。

耐久性の高さもポイント。ラバー素材や耐摩耗性・耐衝撃性などに優れた素材が組み合わされており、長期間安心して使用できます。

XP-PEN Deco Pro MW

薄型かつ高性能な、おすすめの板タブ。Bluetoothによるワイヤレス接続に対応しているので、場所を選ばずに使用可能です。薄型ながら大容量バッテリーが内蔵されており、最大で約10時間の連続使用時間を実現しています。

デュアルホイールの搭載も特徴。タップやスワイプのほか、本体を物理的に回転させても操作できます。また、ホイール表面をなぞるように回転させる仮想ホイール操作にも対応しており、直感的に使用可能です。

デュアルホイールの周囲には、エクスプレスキーを合計8つ搭載。さまざまなソフトウェアのショートカットを登録して使用可能です。PhotoshopやIllustrator、SAIなどの定番ソフトもサポートしています。

パソコンだけではなく、スマートフォンでも使用可能。iPhoneやiPad用の一部のアプリにも対応しています。

HUION ペンタブレット Inspiroy HS64

シンプルで使いやすい、おすすめの板タブ。厚さ8mmの薄型設計で、気軽に使用可能です。パソコンとの接続には、付属のUSBケーブルを使用。コンパクトなので、持ち運びにも適しています。

アクティブエリアのサイズは、幅160×奥行き102mm。表面には等間隔にドットが印字されているため、位置を把握しやすい点も魅力です。読み取り速度も約233PPSと優れており、素早くペンを動かしても遅延や途切れを抑えながら描画できます。

筆圧感知は、8192段階に対応。手描き解像度も1インチあたり5080LPIと高く、直感的かつ繊細な描き心地を実現しています。スタイラスペンはバッテリーフリーなので、充電の手間をかけずに使用可能です。

本体上部には、ショートカットキーを4つ搭載。ドライバーをインストールすれば、好みに合わせてカスタマイズ可能です。

HUION ペンタブレット Inspiroy H430P

低価格ながら実用的な、おすすめの板タブ。WindowsとmacOS、Linuxをサポートしているほか、Androidにも対応しているため、アダプターを介してケーブルを接続すれば一部のスマートフォンでも利用可能です。

軽量かつコンパクトな設計も特徴。厚さは約6.3mm、重量は約135gで持ち運びにも適しており、使わず収納するときにもあまり場所を取りません。デスクだけではなく、膝の上で使いたい方にもおすすめです。

読み取り速度は、約233PPS。5080LPIの読み取り解像度や4096段階の筆圧感知もサポートしており、本物のペンで描いているような自然な描き心地で使用できます。ペンは充電不要で使えるので、作業を中断しにくいのも魅力です。

搭載されているショートカットキーは、合計4つ。ユーザーによって自由に機能を割り当てられるため、作業を効率化可能です。

HUION ペンタブレット Inspiroy HS610

場所を問わずに使用しやすい、おすすめの板タブ。OTG機能に対応したAndroid 6.0以降のデバイスと互換性があります。OTGアダプターも付属するので、スマートフォンやタブレットと一緒に持ち運んで、外出先で使用可能です。

持ち運びやすい設計も魅力。厚さは約8mm、重量は約600gに抑えられています。耐久性に優れた素材を採用しているため、カバンに入れて気軽に持ち運び可能です。付属のペンは、充電不要で使用できます。

対応している筆圧感知は、8192段階。また、最大60°までの傾き検知にも対応しているので、リアルな描き心地を体験可能です。サイドには12個のハードキーが用意されており、ドライバーをインストールすると自由にカスタマイズできます。

直感的な操作をサポートする、タッチリングの搭載もポイント。スマートフォンでイラストを描きたい方におすすめの板タブです。

HUION Inspiroy Dial Q620M

スマートな機能が多数搭載されたおすすめの板タブ。有線と2.4GHzのワイヤレス接続の両方に対応しており、好みに合わせて使用可能です。ケーブルにはUSB Type-Cを採用。対応のスマートフォンとワイヤレスで接続できるアダプターも用意されています。

左上に搭載された、ダイヤルコントローラーも特徴。ドライバーをインストールすると、中央のキーからメニューを呼び出したり、回転させてブラシサイズやカラーを変更したりなど、直感的かつ効率的な操作が可能です。

ダイヤルコントローラーを回転させて、PDFやウェブページのスクロールも可能。ダイヤルの下にはキーが8つ搭載されており、好みの機能を割り当てられます。キーにはLEDが内蔵されているので、バッテリー残量のインジケーターとしても使用可能です。

付属のペンは、バッテリー不要。8192段階の筆圧感知と233PPSの読み取り速度に対応しています。

HUION Inspiroy WH1409 V2

多機能で使いやすい板タブ。作業領域が横350×縦218mmと広く設計されており、大画面のパソコンでも使いやすい仕様です。接続方式には2.4GHzのワイヤレスタイプを採用しており、配線の煩わしさを感じずに使用できます。

本体左上に搭載された、インジケーターも特徴。パソコンとの接続状況やバッテリー残量などが可視化されているため、動作の状態を一目で確認できます。見た目も非常にスマートなので、デザインを重視する方にもおすすめです。

付属のペンはエルゴノミクスデザインに基づいて設計されており、フィット感に優れています。220PPSの読み取り速度や、60°の傾き検知に対応。誤操作を防止するためのボタンも搭載されており、快適に使用可能です。

また、本体にはショートカットキーを12個搭載。専用ソフトをインストールすれば、好みに合わせてカスタマイズできます。

HUION Inspiroy Keydial KD200

ペンタブとキーボードが一体化した、おすすめの板タブ。作業領域の隣にキーボードが搭載された、ユニークなスタイルが特徴です。右手でペンを走らせながら左手でショートカットを入力できるので、効率的に作業できます。

キーボードの左上には、ダイヤルを搭載。ドライバーをインストールすると、ダイヤルの回転によりさまざまな操作が可能です。また、作業領域側のテクスチャシートにはペーパーライク加工が施されており、紙に描いているような感覚を得られます。

バッテリー不要のペンには、2つのカスタマイズ可能なボタンを搭載。読み取り速度は220PPS、筆圧感知は8192段階に対応しており、忠実に描写できます。また、陰影や濃淡をコントロールしやすい傾き検知も利用可能です。

接続方法には、Bluetoothを採用。ケーブルなしでさまざまな機器と接続できます。

プリンストン(PRINCETON) WoodPad PTB-WPD7B

おしゃれなデザインの板タブ。天板に天然の木材を採用しています。デスク上に置きっぱなしにしていても見栄えがよく、デザインを重視する方におすすめです。

描画範囲は、約162×101mmと広い設計。表面には程よい摩擦が感じられるため、紙に描いているような自然な描き心地を得られます。付属のペンは軽量かつ握りやすい設計。バッテリー不要なので、作業の途中で充電が切れてしまう心配がありません。

また、4096段階の筆圧感知に対応。最大60°の傾き検知もサポートしているため、線の太さや濃淡、陰影などを直感的にコントロールしやすく、スムーズな描画が可能です。また、ペンにはカスタマイズ可能なボタンが2つ搭載されています。

対応しているOSは、WindowsとmacOSの2種類。接続はUSBケーブルを使用した有線方式です。

センスラボ(XENCELABS) ペンタブレット BPH1212W-K02A

プロ仕様の高性能な板タブ。Windows・macOS Linuxの3種類のOSに対応しています。また、有線接続とワイヤレスの両方に対応。自身の環境に合わせて、使いやすい接続方式を選択して使用可能です。

「クイッキーズ」と呼ばれるコントローラーが付属しているのも特徴。有機ELディスプレイとボタン、ダイヤルが搭載されており、最大40個のショートカットを登録可能です。ショートカットは、アプリごとに保存できます。

3ボタンペンとスリムペンの、2種類のペンが付属するのもポイント。ボタンの数のほか、ペンの太さも異なるので、用途に合わせて使用可能です。そのほか、作業領域のアスペクト比は、一般的なディスプレイと同じ16:9に設計されています。手首を置きやすい、手前がカーブした設計も魅力です。

VEIKK ペンタブレット VK-A15

軽量で扱いやすい、おすすめの板タブ。薄型かつ軽量な設計を採用しているため、自宅はもちろん外出先に持ち運んで使いやすい点が魅力です。ドライバーをインストールすると、右手モードと左手モードを選択できるので、利き腕を問わずに使用できます。

付属のペンは、8192段階の筆圧感知をサポート。読み取り速度も250RPSと優れており、滑らかに描画できます。また、ペンはバッテリー不要で動作するタイプで、充電切れの心配がありません。

そのほか、USB Type-Cポートを搭載。裏表を気にせずケーブルを接続できるので、配線の自由度が高く、スッキリと設置可能です。