デジタルでイラスト制作する際に役立つ「板タブ」。気軽に持ち運んで使えるコンパクトなモデルや、紙のスケッチをデジタル化できる高性能なモデルなど、さまざまな種類がラインナップされています。

そこで今回は、おすすめの板タブをご紹介。板タブのメリットや特徴、チェックしておきたいポイントなどもあわせて解説するので、ぜひ自分にぴったりの1台を見つけてみてください。

板タブとは?

By: xp-pen.jp

板タブとは、専用のペンでパネルに描き込むと、パソコンやスマートフォン、タブレットなどに描画を反映できるデバイスのこと。一般的にはイラスト制作に使用される場合が多いものの、マウス代わりの入力デバイスとしても使用できます。

ペンは筆圧や傾きの検知に対応しているモノが多く、直感的な手書き入力が可能です。また、モデルによってはペンやタブレット部分にボタンが搭載されており、さまざまなショートカットを割り当てられます。

板タブのメリット

By: rakuten.co.jp

板タブは、低価格なモデルが豊富にラインナップされている点がメリットです。イラスト制作を始めてみたい初心者にとって、高価なペンタブレットの導入は不安なもの。しかし、板タブなら比較的リーズナブルな価格でイラスト制作を始められます。

また、板タブで描いた線はパソコンの画面に表示されるため、自分の手でイラストが隠れず見やすい点もメリットのひとつ。コンパクトかつ軽量なモデルも多いので、持ち運びたい方にもおすすめです。

板タブの選び方

PCの液晶に合わせたサイズを選ぶ

By: huion.com

板タブは、本体に画面が搭載されていないため、何も表示されていないパネルの上でペンを走らせます。入力可能な範囲は接続したパソコンの画面と1:1で対応するので、画面と板タブのサイズをできるだけ近づけると、違和感を抑えて使用可能です。

ただし、板タブ自体のサイズがパソコンの画面サイズに近くても、読取可能範囲が小さい場合がある点には注意が必要。自身が所有しているデバイスに合わせて、適したサイズの板タブを選んでみてください。

読取速度をチェック

By: xp-pen.jp

読取速度も、板タブを選ぶ際に重要な要素。読取速度とは、ペンを板タブ上で走らせた際に画面に線が表示されるまでにかかる時間のこと。読取速度は高い方が遅延が少なく、自然な描き心地で使用できます。

ただし、読取速度は使用するパソコンのスペックや有線・ワイヤレスといった接続方法、使用しているイラストソフトなどによっても異なる場合があるので注意が必要。できるだけ自然な描き心地を求める方は、読取速度が優れたモデルを選びましょう。

筆圧感知レベルをチェック

By: xp-pen.jp

現在販売されている板タブのほとんどには、筆圧感知機能が搭載されています。筆圧感知とは、名前の通り筆圧を感知して線の濃さや太さに反映する機能のこと。指先の感覚だけで線の濃さや太さを変えられるため、直感的な入力が可能です。

感知できる筆圧のレベルは、モデルによってさまざま。4096段階や8192段階の筆圧感知に対応したモデルがあり、細かいレベルに対応しているモデルの方がより繊細な入力が可能なので、チェックしてみてください。

傾き検知の有無をチェック

By: wacom.jp

よりリアルな描き心地を求める場合は、傾き検知機能の有無も重要なポイント。傾き検知とは、ペンの傾きを検出して入力している線に反映する機能です。線の濃淡や陰影などを、設定を変えずペンの傾きだけである程度表現できます。

傾き検知に対応していると、設定を変える手間が省けるため、効率的に作業が可能。また、実際のペンで描いている感覚にも近いので、自然な描き心地を求める方にもおすすめの機能です。

接続方法をチェック

By: xp-pen.jp

板タブを選ぶ際は、デバイスとの接続方法もチェックしておきましょう。多くの板タブはUSBケーブルでパソコンと接続して使用します。モデルによっては、Bluetoothや専用レシーバーを用いたワイヤレス接続も可能です。

有線接続の板タブは、遅延が少なく動作が快適な一方、ケーブルにより設置場所が限られてしまう点がデメリット。ワイヤレス接続に対応していると取り回しやすいものの、環境によっては遅延が気になる場合があります。

デスクの広さや作業環境などに合わせて、使いやすい接続方法のモデルを選んでみてください。

各種機能をチェック

ショートカットが割り振れる「ファンクションキー」

By: wacom.jp

パネルにファンクションキーが搭載されているかどうか、搭載されている場合はいくつ搭載されているかも重要なポイント。ファンクションキーには、Undo・Redoやスクロール、画面の拡大と縮小などのショートカットを割り当てられます。

また、モデルによってはボタンだけではなく回転させて操作するホイールを採用している場合もあり、より直感的な操作が可能。作業を効率化したい場合は、ファンクションキーやホイールを多く搭載したモデルがおすすめです。

指でも操作ができる「タッチ機能」

By: rakuten.co.jp

タッチ機能の有無も、板タブを選ぶ際にチェックしておきたいポイント。タッチ機能が搭載されていると、板タブの上をスマートフォンやタブレットのようにタッチするだけで拡大や縮小などの操作を行えるため、効率的に作業が可能です。

便利な一方、意図せず手が触れてしまった際には誤作動する場合もあるので、タッチ機能をオン・オフできるモデルがおすすめ。認識できる指の数もモデルによって異なり、上位モデルはスマートフォンと同様に10点マルチタッチをサポートしています。

板タブのおすすめメーカー

ワコム(Wacom)

By: amazon.co.jp

「ワコム」は、埼玉県に本社を置く日本のメーカー。主にペンタブレットを開発して販売しています。また、iPhoneやiPad向けのスタイラスペンも豊富にラインナップしており、専用のノートアプリを手掛けている点も特徴です。

ワコムの板タブには、ショートカットキーのほかにタッチホイールを搭載したモデルもあり、非常に高性能。また、モデルによっては気軽に持ち運べるほどコンパクトなタイプや、紙に描いたスケッチをデジタル化できるタイプなどもあります。

XP-PEN

By: xp-pen.jp

「XP-PEN」は、2005年に日本で設立されたペンタブレットを展開するメーカー。初心者向けのペンタブレット「Star」シリーズや上級者向けの「Deco」シリーズ、液晶タブレット「Artist」シリーズなど、さまざまな製品を展開しています。

XP-PENの板タブは、WindowsやMac OSに加えて、Androidにも対応しているのが特徴。スマートフォンやタブレットとも接続して使用できるのでイラスト制作のハードルが低く、初心者にもおすすめです。

板タブのおすすめモデル

ワコム(Wacom) Intuos Pro Small PTH460K0D

コンパクトで使いやすい板タブです。本体サイズが269×170mmとコンパクトなので、ノートパソコンの前にも無理なく設置して使用可能。小さいデスクで使いやすいのはもちろん、カバンに入れて気軽に持ち運べます。

Bluetooth接続に対応しており、パソコンとワイヤレスで接続して使用可能です。8192レベルの筆圧感知に対応しているほか、傾き検出にも対応。追従性にも優れており、直感的なペン入力が可能です。また、10点マルチタッチにも対応しています。

本体左サイドには、エクスプレスキーやタッチホイールも搭載。タッチ操作のオンオフやよく使うキーボードショートカットなどをエクスプレスキーに割り当てられるほか、利用するソフトごとに固有の割り当ても設定できます。

ワコム(Wacom) Intuos Medium TCTL6100WL/K0

パソコンだけではなくスマートフォンでも使える板タブです。USB Type-A経由でWindowsパソコンやMac、Androidスマートフォンと接続して使用可能。また、Kindle HD10にも対応しています。

付属のペンは、4096段階の筆圧感知をサポート。直感的かつ自然な手書きができるので、イラスト制作はもちろん図形や数式の記入、PDFファイルへの書き込みなどにも利用可能です。テレワークやオンライン授業にも活用できます。

読取可能範囲の上部には、カスタマイズに対応したショートカットキーを4つ搭載。好みの機能を割り当てて効率的に作業ができます。また、ショートカットキー部分は凹んでいるため、使わないときにペンを収納するスペースとしても利用可能です。

ワコム(Wacom) Intuos Pro Paper Edition PTH-860/K1

デジタルとアナログのいい所取りの板タブです。紙に描いたスケッチをデジタル化する機能を搭載。専用のFinetip Penを使用して本体の上で紙にスケッチをすると、ボタンひとつでパソコンに取り込んでラスター・ベクター形式に変換可能です。紙の下書きをデジタルで仕上げられます。

マルチタッチジェスチャーに対応している点も特徴のひとつ。作品の拡大や縮小、回転などを直感的に操作できます。マルチタッチジェスチャーは、本体側面に搭載されたスイッチからいつでもオン・オフに設定可能です。

ショートカットを割り当てられるエクスプレスキーは8個。ブラシサイズの調節やカンバスの回転などの操作ができる、タッチリングも搭載されています。

XP-PEN Deco01 V2

さまざまなデバイスで使用できる板タブです。WindowsやMac OSはもちろん、AndroidのほかChrome OSでも使用できます。本体サイズは351×217mm、読み取りサイズは10×6.25インチです。

スタイラスペンは、8192段階の筆圧感知をサポート。60°までの傾き検出にも対応しているので、本物のペンのように自然に扱えます。本体表面の傷を防止できる保護フィルムが付属する点も特徴。ペン先の替え芯も8本同梱されています。

カスタマイズが可能なエクスプレスキーは、合計8個搭載。よく使う機能を割り当てておくと、素早く任意の機能を呼び出せるため効率的に作業が可能です。エクスプレスキーには、使用するソフトごとに別の機能を割り当てられます。

XP-PEN Deco Pro Small

効率的に作業しやすい板タブです。USB Type-Cケーブルを利用した有線接続で使用可能。WindowsとMac OSを搭載したパソコンのほか、Androidを搭載したスマートフォンやタブレットにも対応しています。

片側に用意された、回転ホイールと多機能タッチパットが特徴。回転させてマウスホイールを操作したりトラックパッドのように使ったり、クリックしたりなどさまざまな操作方法に対応しており、片手だけで直感的な操作が可能です。

回転ホイールの上下には、8つのショートカットキーも搭載。スタイラスペンは8192段階の筆圧感知と60°の傾き検出に対応しており、自然な書き心地を実現しています。また、スタイラスペンにはバッテリーが搭載されていない点も魅力です。

XP-PEN Deco mini 7W

初心者におすすめの板タブです。USBポートにレシーバーを接続して使用する、2.4Ghzのワイヤレス接続に対応しています。本体はノートパソコンの手前でも使いやすいほどコンパクトなうえ重量も約330gと軽いので、気軽に持ち運んで使用可能です。

充電不要で使える軽量なペンは、8192段階の筆圧感知と60°の傾き検出に対応。ショートカットキーが8つ搭載されているため、よく使う機能を素早く呼び出して効率的に作業可能です。また、設定により右利き・左利きの両方に対応できます。

WindowsとMac OSのほか、Androidもサポート。日常的に持ち歩いているスマートフォンやタブレットと接続して、イラスト制作を楽しめます。PhotoshopやIllustratorなどの主要なアプリをサポートしている点も魅力です。入門向けの板タブを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

HUION Inspiroy Dial Q620M

スマートフォンとも接続できる板タブです。USBケーブルを使用した有線接続と、レシーバーを使用したワイヤレス接続の両方に対応しています。レシーバーをスマートフォンに接続すれば、Androidスマートフォンでも使用可能です。

8192の筆圧感知と60°の傾き検出に対応。線の太さや濃さなどを直感的に調節しながら入力でき、自然かつ高精度な書き味を実現しています。また、ペンは充電不要で使用できるので、バッテリー切れの心配がありません。

左上に搭載されたダイヤルも特徴のひとつです。ダイヤルの下にはショートカットキーを8つ搭載。好みの機能を割り当てられます。

レイウッド(Raywood) ペンタブレット KUMADORI

豊富なショートカットキーを搭載した板タブです。WindowsとMac OS、Androidに対応しています。PhotoshopやIllustrator、CLIP STUDIO PAINTなど、主要なイラストソフトで使用可能です。

また、ショートカットキーの豊富さも魅力のひとつ。左側に12個のエクスプレスキーを搭載しているほか、上部にも16個のソフトキーが搭載されており、エクスプレスキーを左手デバイスとして使いながらさまざまな機能を素早く呼び出せます。

作業スペースは10×6.25インチと広く、B5ノートに近いサイズ感で自然に手書き可能。ペンは8192段階の筆圧感知と60°の傾き検出、233PPSの読取速度に対応しています。サイドボタンには、消しゴムや右クリックなどの機能を登録可能です。

アーティスル(Artisul) 板タブ A1201

滑らかな書き心地が魅力の板タブです。本体の一部に、ペンを安定して置ける凹みが用意されています。ペンスタンドを使わなくてもペンが転がる心配を軽減可能です。

右利きと左利きの両方に対応しているのが特徴のひとつ。筆圧感知は8192段階、傾き検出は60°に対応しているほか、最大440PPSの優れた読取速度を実現しているため、紙とペンで描いている感覚に近い自然な書き心地を再現可能です。

豊富なショートカットキーの搭載もポイント。16個のソフトキーと8個のエクスプレスキーをカスタマイズできるので、好みに合わせた設定が可能です。また、キーのカスタマイズは使用するアプリごとに個別に保存できます。

Parblo Intangbo JP-0014

初心者から上級者まで使いやすい板タブです。Windows搭載パソコンやMac OS搭載パソコンと、USBケーブルで接続して使用します。Androidにも対応しているので、スマートフォンと接続しても使用可能です。

6つのエクスプレスキーを搭載。任意の機能を割り当てれば、マウスやキーボードを使わなくても作業を効率化可能です。また、リングホイールも備えており、画面の拡大や縮小などの操作を直感的に行えます。

さらに、ペンは8192段階の筆圧感知に対応。60°の傾き検出もサポートしているため、紙とペンを使っているような自然な描き心地で使用可能です。イラスト制作以外にも、ゲームや資料への書き込みなど、さまざまな用途に活用できます。