VAIOのノートパソコンにはリーズナブルなモデルや、ゲームを快適にプレイできるハイスペックのモデルがあります。日本製ならではの品質の高さで、世界中で愛されているメーカーのひとつです。

そこで今回は、VAIOのノートパソコンの特徴や選び方、おすすめのモデルをご紹介します。本記事を参考に、自分にぴったりのモデルを見つけてみてください。

バイオ(VAIO)とは?

By: amazon.co.jp

1997年の6月にSONYのパソコン事業で誕生したVAIO。世界で初めてパソコンにアルミニウム合金を採用し、一躍注目を浴びたメーカーです。2014年にはSONYから独立し、VAIO株式会社として新スタート。設計や製造、サポートなどを全て自社で行なっています。

仕上がったパソコンは、専門の技術者が約50項目の品質チェックを実施。VAIOの魅力は徹底された品質の高さです。現代においてはVAIOのノートパソコンは日本国内に留まらず、世界中から愛されています。

VAIOのノートパソコンの特徴

By: vaio.com

VAIOのノートパソコンは自社で設計から製造を行なっており、実用性やデザインにもこだわっています。「チルトアップヒンジ」を採用しているので、画面を開くとキーボードの奥が持ち上がり、タイピングがしやすくなるのが特徴です。

より作業の集中力を高める下辺ベゼルレスも採用しており、パソコンで長時間作業したい方にもぴったり。インターフェースも豊富で、USBやHDMI端子に加え、古いプロジェクターにも接続できるVGA端子も搭載しています。幅広い機器とつなげるので、ビジネスシーンでの使用にも便利です。

ほかにも、タブレットとしても使用できる2in1のノートパソコンや堅牢性と軽量性を備えた「立体成形フルカーボンボディ」採用のモデルなども、続々とラインナップされています。

VAIOのノートパソコンを選ぶポイント

用途や使い方に合わせたスペックを選ぶ

VAIOのノートパソコンを購入する際に大事なのは、用途に適したモデルを選ぶこと。特にチェックすべきはCPU。ネット検索や書類作成、動画鑑賞であればCore i3搭載のノートパソコンでも十分です。高解像度の動画編集を行うならCore i7を実装した製品を選びましょう。

たくさんの写真や動画、データを扱う場合はSSDの容量も合わせてチェックしたいポイント。日常で使用する場合は256GBで足りますが、大量の画像やデータ、4Kの動画を扱う場合は512GB以上の容量を備えたモデルがおすすめです。

また、頻繁にマルチタスクを行う方はメモリの容量にも注目。最低でも8GB以上の製品を選びましょう。ストレスなく快適に作業をする場合は、メモリの容量が16GB以上を選ぶと安心です。

画面サイズで選ぶ

By: vaio.com

画面サイズが大きいモデルほど文字が見やすくなり、作業効率の向上にも期待できます。15.6インチ以上のノートパソコンなら、複数ソフトを起動してマルチタスクを容易に行うことが可能。映画鑑賞をするときも、より没入感を得られます。

ただ、画面サイズが大きくなるほど重量が増えてしまうので、携帯性を重視する場合は13インチ以下のモデルを選ぶのがおすすめです。

画面サイズと合わせて、動画編集や映画鑑賞も楽しみたい方は画質もチェックしましょう。VAIOのノートパソコンはフルHDだけでなく、4Kに対応しているモデルもあります。

持ち運ぶなら重量にも注目

ノートパソコンを外へと持ち歩く機会が多い方は、重量もチェックしたい項目。VAIOのノートパソコンは、ベゼル部分の面積が少ない「スリムべゼル」設計を採用しているため、大きな画面でも携帯性に優れているモデルが充実しています。

重量が1kg以下であれば、カバンに入れて長時間持ち運びが可能です。一部のVAIOのノートパソコンは重量が約887gで、性能にも優れているので、ビジネスパーソンや学生にも適しています。

また、持ち運ぶ際はカーボンファイバー素材を採用しているモデルがおすすめ。万が一、ノートパソコンを落下させてしまった際に、本体の破損を防ぐことが可能です。

ノートパソコンを持ち運んで使用するときは、携帯性だけでなく、耐久性も合わせてチェックしてみてください。

各種機能をチェック

パフォーマンスを高める独自技術「VAIO TruePerformance」とは?

VAIOの独自技術「VAIO TruePerformance」が搭載されているノートパソコンもおすすめ。通常、CPUは負荷のかかる処理を行うときに最大のパフォーマンスを発揮します。しかし、処理中に発熱し、熱暴走発生のリスクがあるのが難点です。

一方、「VAIO TruePerformance」を実装したモデルは電源強化や放熱能力の向上を実現しています。高負荷の処理でもパフォーマンスを持続可能。大量のデータを扱う場合や動画のエンコードなどを行う方は特に注目したいポイントです。

「VAIO TruePerformance」を搭載したモデルにはSシリーズやSXシリーズがあるので、高いパフォーマンスを発揮できるノートパソコンを求めている方は、ぜひチェックしてみてください。

モバイルデータ通信機能

By: vaio.com

Wi-Fi環境のない場所で使用する場合は、モバイルデータ通信機能が備わったモデルを選ぶのがおすすめ。ノートパソコンに付いているスロットにSIMカードを挿すと、LTE通信で接続できます。スマートフォンにテザリング機能が付いていなくても安心です。

LTE通信は公衆Wi-Fiスポットと比べてセキュリティ性が高く、個人情報の流出リスクを抑えられます。また、通信期間が決まったSIMカードもあるので、短期の出張や旅行で使いたいときにもぴったり。格安SIMカードを挿せば、月額の通信費用も節約できます。

格安SIMは企業ごとに料金やプランが異なるので、気になる方は比較してみてください。

DVD・ブルーレイドライブの有無

ノートパソコンでDVDやブルーレイディスクを再生したい場合は、光学ドライブ搭載のモデルを選ぶのがおすすめ。光学ドライブが備わっていれば、DVDやCDのデータをパソコンに取り込んだり、パソコンのデータをDVDに焼いたりできます。外付けDVDドライブを買い足す手間を省けるのも便利です。

光学ドライブが付いていないモデルは、薄型や軽量化されている場合が多いので、その点も留意して製品を選んでみてください。

搭載するインターフェースの種類

By: vaio.com

ノートパソコンと周辺機器を接続したい場合は、どのようなインターフェースが備わっているかも注目したいポイント。有線でネット接続をするならイーサネットポート、スマートフォンやカメラから画像を読み込みたい場合は、USBポートが付いていると便利です。

VAIOのノートパソコンは、インターフェースが充実しているのも魅力。USB Type-AやType-Cポート、HDMIからVGAポートまで搭載している製品もあります。モニターに画面を出力したり、プロジェクターに接続してプレゼンを行ったりも可能です。なかには、メモリーカードスロットを搭載しており、microSDカードが使用できるモデルもあります。

VAIOのノートパソコンのおすすめモデル

バイオ(VAIO) S15 VJS1558

Windows 11を利用できるノートパソコン。CPUはCore i5・i7・i9の3種類で展開しています。本製品はCore i5モデルで、動画視聴や資料作成などを行いたい方におすすめです。メモリは8GB、256GBのSSDを備えています。

解像度はフルHDに対応。高性能光学ドライブを搭載しており、ブルーレイディスクとDVDを再生して高画質の映像を楽しめるのがポイント。また、表現できる明るさの幅が広いHDRに対応しているため、綺麗でよりリアルな映像を楽しめます。

画面サイズは15.6インチとノートパソコンのなかでも比較的大きいので、自宅や会議室のようにパーソナルスペースの広い場所での利用がおすすめです。

バイオ(VAIO) S13 VJS1348

持ち運びにおすすめのVAIOのノートパソコンです。程よいサイズ感で持ち運べる13.3インチワイドディスプレイを採用。最大約24.2時間利用できる大容量バッテリーを搭載しており、電源がない場所での長時間作業にも利用できます。

4G LTE対応のモバイルデータ通信機能が搭載されており、本体だけでインターネット接続できるのが特徴。また、インターフェイスはUSB Type-C・USB Type-A・HDMI・有線LANなどに対応しています。

ほかにも、周りの生活音やノイズを軽減し、快適に音声通話できるAIノイズキャンセリングを搭載。さらに、内蔵カメラで顔を認識する顔認証と指紋認証機能を備えています。パスワードを入力せずロック解除できるので、気軽に使用できるのが魅力です。

バイオ(VAIO) SX14 VJS1448

連続して最大約30時間以上利用できる大容量バッテリーを搭載したノートパソコンです。コンセントを確保しにくい場所で作業する方にもおすすめ。CPUはCore i5、OSはWindows 11 Proを採用しています。

通信速度が速くセキュリティの高いWi-Fi 6に対応しているので、安心してネット通信できるのが魅力。また、4G LTEのデータ通信とSIMフリーに対応しており、本体だけで通信できるのもおすすめポイント。Wi-Fiがないところでも、スマホのようにSIMカードで利用できるので便利です。

画面サイズが14インチで重量が約999gと比較的軽量。持ち運びやすいサイズ感なので、カフェや会議室などの出先で利用しやすいのがメリットです。周りの生活音をカットするAIノイズキャンセリング機能を搭載しており、クリアな音声でオンライン会議などを行えます。

バイオ(VAIO) SX12 VJS1258

コンパクトかつロングバッテリーが特徴のVAIOのノートパソコンです。軽くて強度が高いカーボン素材を採用しており、本体重量が約887gと軽量。ディスプレイサイズは12.5インチと比較的コンパクトなので、バッグやリュックなど入れて持ち運べます。

表示領域の広いワイドディスプレイを採用しており、テキストなどが見やすいだけでなく、動画鑑賞も楽しめるのが魅力。また、電源強化や放熱能力を強化する「VAIO TruePerformance」により、継続して高いパフォーマンスを発揮できるのもメリットです。

インターフェイスはUSB Type-C・USB Type-A・VGA・HDMI・有線LANポートなどを搭載。さまざまな外部機器に接続できます。

バイオ(VAIO) Z VJZ1428

高性能で持ち運びにて適したVAIOのノートパソコン。素材には、強度に優れ軽量なカーボンを採用。最軽量モデルの重量約982gを実現しています。さらに、専用設計のバッテリーを搭載することで、約34時間の連続駆動が可能です。

ディスプレイは14.0インチで、4KHDRに対応。きめ細やかな映像を楽しめます。また、CPUによっては、人気ゲーム「モンスターハンターライズ」の動作確認済。パソコンでゲームをプレイする方にもおすすめです。

「VAIO TruePerformance」に対応しており、パフォーマンスの高い状態を維持できるのもポイント。さらに、高速なハイスピードSSDを搭載しており、快適にパソコン作業が行えます。