アメリカではポピュラーなキッチン家電「スロークッカー」。主におでんやカレーなどの煮込み料理に使うモノで、低温でじっくりと食材を煮込んで味の染みた美味しい料理が作れます。

また、火を使わないので調理中ずっと見張っている必要もなく、食材をセットしてスイッチを押すだけで料理ができる優れモノです。今回は、そんなスロークッカーのおすすめモデルをご紹介します。そのほか、選び方なども解説するので参考にしてみてください。

スロークッカーとは?

By: amazon.co.jp

スロークッカーとは、電力を用いて加熱する鍋の形をした調理家電のことを指します。沸騰する直前の温度で食材をゆっくりと煮込むので、味が染み込みやすく煮崩れが起こりにくいのが特徴です。使い方も材料を入れてスイッチを押すだけと簡単で、火を使うこともないため気軽に調理できます。

スロークッカーのメリット・デメリット

スロークッカーのメリット

By: amazon.co.jp

スロークッカーのメリットとしてまず挙げられるのが、火を使わないので調理中に見ておく必要がないという点です。食材を入れてスイッチを押せば自動的に調理してくれるため、外出前にセットして帰宅後に温かい料理を食べるといった使い方ができます。

また、沸騰しないギリギリの温度で煮込むので煮崩れしにくく、味の染みた美味しい煮込み料理が作れます。さらに、ガスコンロやIHヒーターなどの熱源を占有しないので複数の料理を作りたい時にもぴったりです。

スロークッカーのデメリット

By: amazon.co.jp

スロークッカーのデメリットは、調理に時間がかかるところ。沸騰直前の温度でゆっくり時間をかけて煮込むので、早く料理が食べたいという方には不向きです。また、スロークッカーはサイズの大きいモノが多いため、置き場所が限られているという方は注意しましょう。

スロークッカーの選び方

鍋の容量をチェック

By: amazon.co.jp

スロークッカーを1人で使う場合と複数人で使う場合は、必要になる鍋の容量がもちろん異なります。

一人暮らしの方であれば、容量が1L程度のモノを選ぶのがおすすめ。サイズもコンパクトなので狭いスペースにも置きやすくなります。また、2~3人分であれば1.5L程度、4~5人分であれば2.5L程度を目安としてみてください。

どんな機能があるか

By: amazon.co.jp

予約調理機能が付いたモデルであれば、設定した時間に料理が完了するので出社前にセットして帰宅後に食べるといった使い方をすることも可能です。

保温機能を搭載していれば、家族の帰る時間がバラバラでも温かい料理が食べられるのでおすすめ。そのほかにも、本体に多数のレシピ情報を登録しており、作りたいメニューを選んで指示通りにセットすることで簡単に調理できるモデルもあります。

電気代がいくらかかるか

スロークッカーは、ゆっくりと食材を煮込むため長時間電気を使います。そのため、電気代をできるだけかけたくないという方はチェックしておきましょう。

メーカーによって多少変動がありますが、1日10時間煮込んだ場合、1ヶ月の電気代は1000円ほどです。

スロークッカーのおすすめメーカー

ツインバード工業(TWINBIRD)

By: amazon.co.jp

ツインバード工業は、調理家電や生活家電を製造している日本のメーカーです。シンプルでおしゃれなデザインの製品をラインナップしているのが特徴。価格も手に届きやすいリーズナブルなところが魅力です。

スロークッカーに関しては、食卓のインテリアに馴染みやすいナチュラルなデザインのモデルをリリースしています。

シロカ(siroca)

By: amazon.co.jp

シロカは、2000年に日本で創業されたメーカーです。コーヒーメーカー・電気ケトルなどのキッチン家電や扇風機、加湿器などの生活家電をリリースしています。

スロークッカーとしても使える電気圧力鍋をリリースしており、時間のかかる角煮なども圧力調理で時間短縮して作れるのが特徴です。

スロークッカーのおすすめ

ツインバード工業(TWINBIRD) スロークッカー ホワイト EP-D819

ツインバード工業(TWINBIRD) スロークッカー ホワイト EP-D819

ホワイトカラーとすっきりしたフォルムが素敵なスロークッカー。シンプルなのでキッチンのインテリアを損ねない上、圧迫感もありません。余分なものがついていないので、お手入れがしやすいのもポイントです。

操作は本体下部のダイヤルを回すだけととても簡単。気軽に使用できるので、家電に詳しくない方やお年寄りにもおすすめです。出力は2段階から作りたい料理に合わせて切り替えられます。内側の鍋は陶器製で、食材にゆっくり火を通すため、食材の持つうまみをしっかり引き出せるのが魅力。

容量は3Lの大容量で、4~5人分の料理を作るのにも対応可能です。初めてスロークッカーを使う方も安心して作り始められる9種のレシピ付き。おいしい煮込み料理のレパートリーが増え、料理の時間が楽しくなります。

シロカ(siroca) 電気圧力鍋 SP-D131

シロカ(siroca) 電気圧力鍋 SP-D131

コンパクトなサイズでキッチンにも置きやすい、スロークッカーとしても使える電気圧力鍋。シンプルながらも、コロンとした可愛いデザインはキッチンのさりげないアクセントになってくれます。

材料を入れてボタンを押すだけで自動的に圧力調理ができるのが本製品の大きな特徴。火加減や時間などを気にしなくても、放っておくだけで料理ができあがります。あらかじめ8種類のプリセットメニューボタンがあるので、料理初心者の方でも簡単に使えます。

圧力調理に対応しているので、スピーディに調理ができる上、食材が柔らかく仕上がるのもポイント。そのほか、無水調理・蒸し調理・炊飯・スロー調理・温め直しと、全部で6種類のモードが選べるので、これ1台でさまざまな使い方ができるのも魅力です。

圧力調理の時間設定が細かくできたり、調理後の保温機能がついていたりと使いやすい機能が満載。容量は1.3Lと、1~2人分にちょうどよいサイズです。一人暮らしのキッチンにもおすすめします。

山本電気(YAMAMOTO) クックマスター Shunsai YE-CM61

山本電気(YAMAMOTO) クックマスター Shunsai YE-CM61

カットした食材と調味料を入れてボタンを押すだけで、自動的にかくはんしながら調理してくれる便利なスロークッカー。モーターメーカーである山本電気の技術を生かした高性能のモーターを搭載することで、食材を混ぜたり粉砕したりすることが可能になっています。

具だくさんの煮込み料理が作れる、煮物・おかゆモードをはじめ、裏ごしなどの面倒な作業をしなくともなめらかなポタージュが作れるポタージュモードや、自家製の豆乳やジャム作りが楽しめる豆乳モード、ジャム・ソースモードなどがあり、これ1台でたくさんの料理に対応できます。

本体下部のボタンを押すだけでモード選択ができる簡単操作もポイント。また、出来上がりまでの目安時間がひと目でわかるランプ付きで便利です。

内部は簡単に分解できて水洗いできるため、お手入れも簡単。容量は0.8Lで、一人分の食事を作るのにちょうどよい大きさなので、一人暮らしを始める方にもおすすめのスロークッカーです。

アルファックス・コイズミ(ALPHAX KOIZUMI) AL Colle スロークッカー・煮込み名人 ASC-T25/ST

アルファックス・コイズミ(ALPHAX KOIZUMI) AL Colle スロークッカー・煮込み名人 ASC-T25/ST

シルバーとブラックの組み合わせがスタイリッシュなスロークッカーです。インダストリアルなテイストが好きな方におすすめ。丈夫なステンレス製で、汚れてもお手入れが簡単なのがメリットです。

材料を内鍋に入れれば、準備は完了。食材をじっくり加熱し、すじ肉などの硬いお肉や魚の骨なども柔らかく仕上げられるので、硬いものが苦手な子どもやお年寄りにも安心です。また、吹きこぼれにくいため、煮崩れの心配もありません。

最長9時間半までの間で、30分刻みで設定できるオフタイマー機能がついているので、目を離しても安心。また、調理終了後は自動で6時間保温してくれるため、家族の帰宅時間がバラバラでも温かい食事が食べられます。

内鍋は直火にも対応しているので、食材を煮込む前に直火で炒めたり、出来上がった料理をスピーディに温め直したりと便利に使えます。40種類のレシピブック付きで、すぐに使い始められるスロークッカーです。

ワンダーシェフ 電気圧力鍋

ワンダーシェフ 電気圧力鍋

本製品は、圧力調理ができるので時間をかけなくても食材を柔らかく仕上げられるのが特徴です。センサーで、加熱と保圧を自動で調節してくれるので火加減などの調節は不要。誰でも簡単に失敗なく使えます。また、蒸気が出ず、静かなのもポイントです。

白米・カレー・肉じゃがなど8種のオートメニューがついており、それぞれの料理にぴったりの加圧を行ってくれるため、材料を入れてボタンを押せばあとはおまかせ。うまみがしっかり引き出されたおいしい料理が出来上がります。

家族の帰宅時間がバラバラでも温かい料理が食べられる、保温機能付きなのもポイント。アツアツにしたいときは、追加熱することも可能です。温め直しの際に便利なガラスふたもついています。

圧力なしの調理や、蒸しメニューもあり、レパートリーは50種類。内ぶたや内鍋は軽い上に、取り外せるのでお手入れも簡単です。容量は3Lで4~5人分にも対応できます。

シャープ(SHARP) ヘルシオ ホットクック 水なし自動調理鍋 KN-HT99A

シャープ(SHARP) ヘルシオ ホットクック 水なし自動調理鍋 KN-HT99A

鮮やかなレッドがスタイリッシュなスロークッカー。出しっぱなしでも生活感が出にくい美しいデザインは、意外とどんなキッチンにもよくなじみ、素敵なアクセントになります。

材料と調味料を入れればあとは温度と湿度のWセンサーで火加減やかき混ぜを調節してくれるため、誰でも失敗なく使えるのがポイント。煮崩れせず、味がよく染みておいしい料理が出来上がります。

朝出かける前にセットしておけば帰ってくる頃にはちょうど料理が出来上がる、予約調理機能付き。食材の衛生面に配慮した温度管理もしてくれるので安心です。水を使わない無水調理も可能。食材の持つおいしさを最大限に引き出す上、ビタミンCなど水に流されやすい栄養もキープする効果があるので、健康によりよい料理が食べられます。

温め直しもボタンひとつで簡単にできるので、家族の帰宅時間がバラバラでも大丈夫。パーツは簡単に取り外して洗えるので、お手入れがしやすいのも嬉しいポイントです。

サーモス(THERMOS) 真空保温調理器 シャトルシェフ 3.0L KBG-3000

サーモス(THERMOS) 真空保温調理器 シャトルシェフ 3.0L KBG-3000

落ち着いた色合いと、シンプルなデザインが高級感のあるスロークッカー。キッチンに置いておいても生活感が出にくく、モダンなインテリアともよくなじみます。

使い方は、あらかじめ内部の調理鍋をコンロなどで加熱し、しっかり沸騰させたら保温容器に入れるだけ。サーモスの高い保温技術により、熱を逃がさず食材をじんわりと加熱します。そのため、料理がふっくらと柔らかく、おいしく仕上がるのが特徴です。

調理鍋はガス・電気プレート・電磁調理器など、熱源を選ばないのでどこででも使えるのがメリット。鍋底は焦げ付きにくいよう、ステンレスとアルミを組み合わせた5mmの厚底設計になっています。

保温調理中は熱源がいらないので、電気代やガス代が大幅に節約できるのも嬉しいところ。中身が見えやすいガラスふたがついている上、保温鍋のふたの上に置けるようになっているので使い勝手も抜群です。

レコルト(recolte) 電気鍋スロークッカー ヘルシーコトコト RHC-1

レコルト(recolte) 電気鍋スロークッカー ヘルシーコトコト RHC-1

一人分のおかずとご飯がいっぺんに作れる、便利なスロークッカー。コロンと可愛いデザインで、両手のひらにのるくらいのコンパクトなサイズなので、小さなキッチンにも気軽に置けます。一人暮らしの調理家電としておすすめのアイテムです。

調理鍋にお米とお水、調理トレイに材料と調味料を入れてスイッチを押せば、あとはおまかせでご飯とおかずが出来上がります。調理鍋の下に水を入れておくことで、スチーム&湯せん調理ができるため、焦げ付きの心配もありません。

また、本製品は調理スタート時間を設定できる、オンタイマー機能付き。帰宅時間を逆算して設定しておけば、帰ってすぐにできたてのご飯が食べられます。料理に合わせて、調理時間の設定もできるので、おでんなどゆっくり煮込みたい料理にも対応可能です。

調理鍋はフッ素加工を施しており、お手入れも簡単。40種類のレシピブック付きで、すぐに使い始められるのも嬉しいポイントです。

クイジナート(Cuisinart) スロークッカー カウンタートップクッキング PSC-400PCJ

クイジナート(Cuisinart) スロークッカー カウンタートップクッキング PSC-400PCJ

キッチンが都会的な雰囲気になる、スクエアフォルムが個性的なスロークッカー。クールな雰囲気が好きな方や、男性にもおすすめです。スタイリッシュなので、ダイニングテーブルの上で調理してもインテリアの妨げになりません。

材料を入れてタイマーをセットすれば、あとはほったらかしで調理ができてしまうので、忙しい方にもぴったり。待っている間にほかの料理を作るなど、時間を有効活用できます。火を使わないため、お年寄りでも安心して使えるのもメリットです。

調理が終わると、自動的に保温されるのでいつでもアツアツの料理が食べられます。保温時間は最長8時間で、その後は自動的に電源が切れるようになっているので安心です。

出力はHIGH・LOW・SIMMER・WARMの4段階があるので、じっくり煮込みたいときや保温したいときなど、用途に合わせて切り替えられて便利。煮込み料理がグッと身近になるスロークッカーです。

Soiree 低温調理器

Soiree 低温調理器

手持ちの鍋に取り付けるだけで気軽に使える、バータイプの低温調理器です。スロークッカーとしても使用できる上、細かな温度設定が可能。時間や温度管理が大変な、ローストビーフやコンフィといった料理を作るのに重宝するアイテムです。

本体上部にあるタッチパネルで、温度とタイマーを設定すれば準備は完了。あとは真空パックした食材を入れるだけです。加熱温度は最高90℃までの間で0.5℃刻み、タイマーは1分刻みと細かく設定できるので、加熱しすぎて食材がパサパサになってしまう心配がありません。

ヒーター部分は防水性に優れているため、安心して使用できます。使い終わったらお手入れはサッと拭くだけと簡単。背面には大きなクリップがついており、鍋への取り付けが簡単です。挟み込む部分は8cmほどあるため、グラつかずしっかりと固定できます。

コンパクトでキッチンに置いても場所をとらないので、収納場所を気にせずとも気軽に取り入れられる製品です。

OMorc 真空低温調理器 Sous Vide

OMorc 真空低温調理器 Sous Vide

手持ちの鍋がスロークッカーに変身する、便利な低温調理器。真空パックの低温調理をする際に便利なアイテムです。どんな鍋にも取り付けられるため、作りたい料理に合わせて鍋の大きさを変えられるのもメリット。

本体をネジで鍋の内側に固定し、水を入れれば準備は完了です。上部にあるタッチスクリーンのボタンを押すだけと、操作はとても簡単で初めての方にもスムーズに使えます。

温度は35~92℃の間で自由に調節可能。わずか15分で水温を60℃まで上げられる3D循環加熱方式で、スピーディに調理が進められます。モータープロペラがついていて水温を均一に保ってくれるため、食材にムラなく熱が通り、料理がおいしく仕上がるのも嬉しいポイント。丈夫なステンレス製で、使用後は分解して洗浄できるのでお手入れも簡単です。

スロークッカーのAmazonランキングをチェック

スロークッカーのAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。

番外編:スロークッカーのおすすめレシピ

カレー

カレーもスロークッカーを使用すれば、ガス火で調理したときのように、ジャガイモや玉ねぎの形がなくなるような煮崩れをおこさず丁寧に煮込めます。また、カレーに投入したお肉も、カレーの旨味を凝縮したホロホロの食感になるのがポイントです。

おでん

おでんは煮込み時間がかかるので、ガス火で作る場合は付きっきりで監視していないと心配です。一方、スロークッカーであれば食材を入れてスイッチを押せば簡単に調理できます。作るのを諦めていた方もぜひチャレンジしてみてください。

焼き芋

意外と盲点なのが、スロークッカーでつくる焼き芋。電子レンジで作る時とは違った、ねっとりとした食感の甘い仕上がりになるのでおすすめです。

豚の角煮

煮込み調理が得意なスロークッカーで作るおすすめ料理のひとつが豚の角煮です。調理が終了したら、一度冷蔵庫で寝かせると豚肉に味がさらに染み込んで美味しく仕上がります。