アメリカではポピュラーなキッチン家電「スロークッカー」。主におでんやカレーなどの煮込み料理に使うモノで、低温でじっくりと食材を煮込んで味の染みた美味しい料理が作れます。

また、火を使わないため調理中ずっと見張っている必要もなく、食材をセットしてスイッチを押すだけで料理ができる優れモノです。そこで今回は、スロークッカーのおすすめモデルをご紹介します。選び方などもあわせて解説するので、参考にしてみてください。

スロークッカーとは?

By: amazon.co.jp

スロークッカーは、電力を用いて加熱する鍋の形をした調理家電。沸騰する直前の温度で食材をゆっくりと煮込むので、味が染み込みやすく、煮崩れが起こりにくいのが特徴です。使い方は、材料を入れてスイッチを押すだけの簡単仕様で、火を使わないため気軽に調理できます。

スロークッカーのメリット・デメリット

スロークッカーのメリット

By: lithon.co.jp

スロークッカーのメリットとしてまず挙げられるのが、火を使わないので調理中に見ておく必要がない点です。食材を入れてスイッチを押せば自動的に調理するため、外出前にセットしておき帰宅後に完成した料理を食べるといった使い方ができます。

また、沸騰しないギリギリの温度で煮込むので、食材が煮崩れしにくく、味の染みた美味しい煮込み料理が作れるのもポイント。さらに、ガスコンロやIHヒーターなどの熱源を占有しないため、複数のレシピを同時に調理したいときにも便利です。

スロークッカーのデメリット

By: amazon.co.jp

スロークッカーのデメリットは、調理に時間がかかるところ。ゆっくり時間をかけて煮込むので、早く料理を食べたい方には不向きです。また、スロークッカーはサイズの大きいモノが多いため、設置場所を確保する必要があります。製品のサイズや、設置スペースの大きさを事前に確認しておくのがおすすめです。

スロークッカーの選び方

鍋の容量をチェック

By: amazon.co.jp

スロークッカーを1人で使う場合と、複数人で使う場合とでは、必要な容量が異なります。一人暮らしの場合は、容量が1L程度のモノがぴったり。サイズもコンパクトなので、狭いスペースにも置きやすくおすすめです。また、2~3人分なら1.5L程度、4~5人分なら2.5L程度を目安にしてみてください。

機能をチェック

By: rakuten.co.jp

「予約調理機能」が付いたスロークッカーなら、設定した時間に料理が完成します。出社前にセットしておき、帰宅後にできたての料理を食べることも可能です。

「保温機能」を搭載したモデルなら、家族の帰る時間がバラバラでも、常にあたたかい料理を食べられるのでおすすめ。そのほか、本体に多数のレシピ情報が登録されたモデルも発売されており、作りたいメニューを選んで指示通りにセットするだけで、簡単に調理ができます。

電気代をチェック

スロークッカーは、食材をゆっくり煮込むため、長時間電力を使います。メーカーによって多少異なりますが、1日10時間スロークッカーを使用した場合、電気代は1ヶ月1,000円ほど。できるだけ節約したい方は、どの程度の電気代がかかるのかを事前にチェックしておくのがおすすめです。

スロークッカーのおすすめメーカー

ツインバード工業(TWINBIRD)

By: amazon.co.jp

ツインバード工業は、調理家電や生活家電を製造している日本のメーカーです。シンプルでおしゃれなデザインの製品をラインナップしているのが特徴。手に届きやすい、リーズナブルな価格帯も魅力です。

スロークッカーにおいても、食卓のインテリアに馴染みやすい、ナチュラルなデザインのモデルを多く発売しています。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

By: rakuten.co.jp

家電事業や生活用品の企画・製造・販売を手がける日本のメーカーです。アイリスオーヤマのスロークッカーは、リーズナブルで使いやすいのが特徴。材料を入れてダイヤルで火力を調節すれば、あとは置いておくだけの簡単調理ができます。

また、電気代を安く抑えられるのも魅力。1時間あたり約3.1円と、電気代を節約しながら調理ができるモデルもラインナップされています。低温調理メニューを搭載したモデルのほか、手持ちの鍋にセットして使えるモデルも販売されているので、チェックしてみてください。

シロカ(siroca)

By: rakuten.co.jp

シロカは、2000年に日本で創業された家電メーカーです。コーヒーメーカー、電気ケトルなどのキッチン家電や、扇風機、加湿器などの生活家電を多く発売しています。

シロカでは、スロークッカーとしても使える電気圧力鍋がラインナップされており、時間のかかる角煮なども圧力調理により短時間で作れるのが特徴です。

スロークッカーのおすすめアイテム

ツインバード工業(TWINBIRD) スロークッカー EP-D819

陶器なべを採用し、本格的な煮込み料理を楽しめるスロークッカーです。最大調理容量約2.4Lの陶器なべは、蓄熱性と保温性が高いのが特徴。電源を切った後も余熱で具材にゆっくり味が浸透し、やわらかく味の染みた美味しい煮物を作れます。

火力は2段階に切替可能。カレーやロールキャベツは強火、黒豆やスープストックは弱火というように料理や食材に合わせて使い分けられるのもメリットです。タイマー機能は付いておらず、手持ちのタイマーと併用すればより便利に使えます。

機能がシンプルで使いやすく価格も安いので、初めてスロークッカーを試してみたい方にもおすすめです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) スロークッカー PSC-20K

低価格ながら、約80℃で保温もできる最大調理容量約1.6Lのスロークッカーです。保温・弱・強の3段階に火力を調節可能。調理後に保温に切り替えれば、家族で食事の時間がずれてもアツアツの美味しい料理を楽しめます。

保温性の高い陶器製の内なべを採用。シンプルな内なべを取り出してそのまま食卓に出せば、あたたかいまま料理をふるまえるのもおすすめポイントです。

陶器の遠赤外線効果により、具材の中まで火を通しやすいのもメリット。じゃがいもはホクホクに、塊肉はよりやわらかく仕上がります。弱火でも効率よく調理でき、電気代が安いのも魅力です。弱運転なら1時間あたりの電気代が約3.1円と経済的に使用できます。

丸みのあるかわいらしいデザインも人気です。約幅21.2×奥行23.2×高さ21.3cmとコンパクト。省スペースで使えるスロークッカーを探している方もチェックしてみてください。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 電気圧力鍋 KPC-MA4

「温度調理」機能を搭載し、好みの温度で長時間調理できる最大調理容量約2.6Lの電気圧力鍋です。70〜100℃まで温度を設定でき、スロークッカーとしても使用可能。調理時間も最大14時間と長く設定でき、美味しい煮込み料理を作れます。

「低温調理」機能も搭載。食材の中までムラなく火が通りローストビーフなども美味しく調理できます。また、グリル鍋としても使用できるので、食卓で鍋料理を楽しみたい場合にもおすすめです。

調理メニューに加え、80種類の自動メニューも搭載。具材をセットし、ボタンを押すだけで簡単に調理できます。

肉料理はもちろん、魚料理や野菜料理などバラエティが豊かなので、毎日飽きずに使用できるのもポイントです。毎日の献立選びに便利なレシピブックも付属しています。

シロカ(siroca) 電気圧力鍋 4L SP-4D151

「スロー調理モード」を搭載し、約85℃の低温で煮崩れを予防しながらじっくりと調理できる最大調理容量約2.6Lの電気圧力鍋です。

加熱時間は5分〜最大12時間まで設定可能。スロー調理が完了すると、自動的に保温に切り替わります。調理後6時間はアツアツの美味しい料理を楽しめるのもメリットです。 

約10分間加熱し、料理をあたため直せる機能も人気。冷めてしまったカレーなどもアツアツにして食べられます。

圧力鍋としても使用可能です。無水カレーや肉じゃが、ポトフ、白米、野菜などを含む10種類の基本メニューに加え、自由に加圧時間を設定できる「圧力調理モード」を搭載。1台で炊飯から蒸し調理まで多彩な料理を手軽に作れます。

シャープ(SHARP) ヘルシオ ホットクック KN-HW16F

最大15時間後に調理が完了するように予約できる定格容量約1.6Lのスロークッカーです。

設定時間に調理が完了するように火加減を自動で調節。最初は強火で途中から弱火に切り替わり、じっくりと具材に味を染み込ませて美味しい煮込み料理を作れます。設定時間に保温に切り替わり、アツアツの料理を楽しめるのも魅力です。

具材を定期的にかき混ぜる「まぜ技調理」も可能。付属の「まぜ技ユニット」が設定メニューの加熱状態に合わせて自動で具材をかき混ぜます。混ぜることでムラなく味が染み込み、より美味しく仕上げられるのがメリットです。

また、低温調理にも対応。具材入りのジッパー付きプラスチック袋を水を張った内なべにセットすれば、35〜90℃までの温度設定で最大16時間調理できます。ローストビーフやサラダチキンを作りたい方にもおすすめです。

ティファール(T-fal) ラクラ・クッカー コンパクト電気圧力鍋 CY3501JP

「低温調理モード」を搭載し、約58〜90℃の低温で長時間じっくり調理できる最大調理容量約2Lの電気圧力鍋です。温度は1℃単位で設定可能。調理時間も、59℃以下なら最大6時間、60℃以上なら最大22時間まで10分単位で細かく設定できます。

90℃に設定すればスロークッカーとしても使用可能です。調理方法も比較的簡単。ジッパー付きプラスチック袋に具材を入れ、余分な空気を抜きます。内なべに水と袋を入れ、温度と調理時間をセット。美味しい煮込み料理を作ることが可能です。

温度を60℃程度に設定すれば、中までムラなく火が通ったやわらかいローストビーフも作れます。低温調理以外にも「圧力調理」「蒸す」「煮る」「炒める」の調理メニューを搭載し、1台で多彩な料理を作れるのもおすすめポイントです。

ワンダーシェフ 家庭用マイコン電気圧力鍋 OEDA30

「スロークッカーキー」を搭載し、約90℃の温度で最大99分間調理できる最大調理容量約2Lの電気圧力鍋。調理時間は短いですが、下ごしらえしたおでんやロールキャベツなどを煮込んで味を染み込ませるのに便利です。

自動保温機能も搭載。スロークッカー機能で調理が完了すると、自動で保温に切り替わり最大12時間まであたたかく保てます。再度あたためる手間なく、アツアツの美味しい料理を食べられるのもおすすめポイントです。

スロー調理以外に、蒸し調理や圧力調理も可能。8種類の「オートメニューキー」も搭載し、加熱温度や加圧時間を自分で設定しなくてもボタン1つで簡単にカレーや肉じゃがなどを時短調理できます。

内なべの内側にフッ素樹脂加工を施し、焦げ付きを予防。汚れも落としやすく、お手入れがしやすいのもメリットです。

アルファックス・コイズミ( ALPHAX KOIZUMI) スロークッカー ASC-T25

直火対応の内なべを搭載し、強火を使った下ごしらえやあたため直しもできる最大調理容量約2.5Lのスロークッカーです。内なべに、萬古焼の陶器なべを採用。遠赤外線効果や高い蓄熱性と保温性があり、食材の旨みをじっくり引き出しながら美味しい煮込み料理を作れます。

火力は弱と強を切替可能です。最大9時間30分のタイマー機能と、調理完了後6時間の自動保温機能も搭載。調理後はいつでもアツアツの美味しい料理を楽しめます。具材と調味料を入れて放っておけるので、空いた時間を有効活用したい方にも最適です。

40種類のレシピブックも付属。煮込み料理はもちろん、蒸し料理やケーキも作れます。使用方法も簡単なので、初めてスロークッカーを試してみたい方にもおすすめです。

ライソン(LITHON) 万能電気圧力鍋 KLPT-02AB

飽きのこないシンプルなデザインが魅力の最大調理容量約1.3Lの電気圧力鍋。食卓の上にも置きやすく、家族でアツアツのおでんを楽しみたい方などにもおすすめです。

「スロークッカー」機能を搭載。85〜90℃の比較的低い温度で具材を崩さずにじっくり煮込めます。最大24時間と長く調理時間を設定でき、硬いすじ肉などを美味しく調理できるのもメリットです。6時間の自動保温機能も搭載し、あたたかい料理を楽しめます。

スロークッカー以外の調理メニューも豊富。多彩な圧力調理メニューに加え、チーズフォンデュ・ヨーグルト・低温調理など圧力を使わないメニューも充実。時短料理はもちろん、手作りヨーグルトやローストビーフを作りたい方にもおすすめです。

ライソン(LITHON) スロークッカー 1.5L KDPC-15AV

低価格なうえ、電気代も安い最大調理容量約1.2Lのスロークッカーです。火力は「HIGH」「LOW」の2段階に切替可能。1時間あたりの電気代は、約98.6℃のHIGHなら約2.7円、約90℃のLOWなら約1.8円と安いので、電気代を気にせずじっくりと煮込み料理を楽しめます。

90〜98.6℃に温度を自動調節し、かしこく消費電力を抑えて運転できる「AUTO」モードを搭載しているのもおすすめポイントです。

本体は約幅24×奥行21×高さ20cmとコンパクト。省エネかつ省スペースで使用でき、2〜3人分の調理にぴったりなサイズのスロークッカーをお探しの方はチェックしてみてください。

シナジートレーディング(Synergy Trading) インスタントポットDUO Mini ISP1001

1台で、スロークッカー・ヨーグルトメーカー・炊飯器・フライパン・蒸し器・圧力調理器として使える電気圧力鍋です。内なべの容量は約2.8L。スロークッカーとして使用した場合、2〜3人分の煮込み料理を作れます。

低・中・高の3つのモードを搭載し、具材や料理に合わせて火加減を調節できるのもおすすめポイントです。

「炒める」機能も搭載。肉に焼き目を付けるなど煮込む前の下ごしらえもこなせます。炒め終わったら、取り出さずに水や調味料を加えてスロークッカー機能に切替。フライパンなどを別途用意する手間を省けるうえ、洗い物を減らせるのもメリットです。

調理開始時間を最大24時間後まで設定できる「タイマー」機能や、冷めたシチューなどをあたためられる「再加熱」機能も便利に使えます。多機能なスロークッカーをお探しの方はチェックしてみてください。

エーステージ(A-Satge) Re・De Pot 電気圧力鍋 2L PCH-20L

スタイリッシュでおしゃれなデザインが人気の最大調理容量約1.2Lの電気圧力鍋。取っ手が付いているので持ち運びしやすく、本体ごと食卓に置いてアツアツの料理をふるまえるのも魅力です。

「スロー調理」を搭載し、スロークッカーとしても使用できます。40〜100℃まで10℃単位で幅広く温度を設定でき、料理の幅を広げられるのもおすすめポイントです。調理時間は最大12時間まで設定可能。朝にセットすれば夕食に美味しい料理を楽しめます。

高圧と100℃以上の高温で効率よく食材に火を通す「圧力調理」も搭載。料理に合わせて加圧時間や調理温度がプログラムされた「オートメニュー」は、ボタンを押すだけで炊飯・無水カレー・角煮などを美味しく作れると人気です。

時間に余裕がないときは圧力鍋、料理にこだわりたいときはスロークッカーというように便利に使い分けられます。

シー・シー・ピー(CCP) BONABONA 電気圧力鍋 BD-PC71

スロークッカーとして使用する場合でも、予約機能や自動保温機能が使える最大調理容量約1.8Lの電気圧力鍋です。「スロークック」機能を搭載。95〜97℃の温度で沸騰させずにコトコト煮込みます。煮崩れを予防し、美味しいカレーやシチューなどを作れるのが魅力です。

調理時間は最大8時間まで設定できます。最大24時間後に設定できる調理開始予約機能も搭載し、食事時間に作りたての料理が食べられるように調理を開始できるのも人気の理由です。

さらに、自動保温機能も搭載。最大24時間あたたかさをキープできます。煮詰まりを予防したい場合は、あらかじめ保温なしを選択できるのもおすすめポイントです。

「圧力調理コース」も豊富で、炊飯・無水カレー・角煮・サラダチキンなどをより短時間で作れます。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 低温調理器 LTC-01

約幅9×奥行13×高さ40cmのスティック型で、お持ちの深なべに装着して使用できる低温調理器です。深さと内径が20cm以上あり容量15L以下の深なべに対応。25〜95℃まで0.5℃単位と細かく温度を設定でき、深なべに張った水を設定温度まで加熱し保温します。

具材と調味料を入れたジッパー付きのプラスチック袋から余分な空気を抜いて密閉。なべのお湯に具材入りプラスチック袋を浸して長時間調理する仕組みです。調理時間は最大99時間59分まで設定可能。95℃の高い温度に設定すれば、スロークッカーとしても使用できます。

均一な温度で調理できるので、具材の中までムラなく火が通り美味しい煮込み料理を作れるのがおすすめポイントです。肉が最もやわらかくなるとされる55〜58℃に設定すれば、やわらかくて美味しい本格的なローストビーフも作れます。

サンコー(THANKO) 低温調理器 マスタースロークッカーS SSHORSLC

「ハンディ真空パック器」を付属し、真空パックした具材をお湯に浸して長時間調理できるスティック型スロークッカーです。別売のジッパー付きプラスチック袋に具材と調味料を入れて真空パック。真空にすることで味が浸透しやすくなり、魚の煮付けや豚の角煮なども美味しく作れます。

本体は約幅8.2×高さ32×奥行9cmとコンパクトで、高さ約7cm以上の浅いなべに装着して使えるのもおすすめポイントです。また、底面の羽根が回転し、なべの水を循環させるので均一にお湯の温度を保てます。

温度は25〜99.9℃まで設定でき、幅広い料理を作れるのも魅力。食材に合った温度に設定でき、やわらかくて美味しいローストビーフやサラダチキンを作れると人気です。

調理時間を最大99時間59分まで設定できるタイマーも搭載。調理時間が終了すると音で通知する機能も付いています。本体が約800gと軽量で、お手入れがラクにできるのもメリットです。

スロークッカーのおすすめレシピ

スープ

By: lithon.co.jp

スロークッカーでコトコト時間をかけて煮込めば、簡単に美味しいスープを作れます。食材は野菜を中心にして、ハムやベーコンなどを入れるのもおすすめです。

オニオンスープを作る場合は、好みの大きさに切った玉ねぎと、適量の塩・コショー、少量の水をスロークッカーに投入。スイッチを入れて放置するだけで、玉ねぎの旨味を凝縮させた濃厚なスープの完成です。仕上がりにチーズを加えれば、より美味しくいただけます。加熱時間は材料の量や切り方によっても異なるため、好みのトロトロ加減を確認しながら調節してみてください。

また、さまざまな野菜を使用したスープのほか、ロシア料理で定番のボルシチやクリームシチュー、ビーフシチューなども、スロークッカーを活用すれば美味しく調理できます。

無水カレー

By: amazon.co.jp

スロークッカーを使用すれば、野菜の旨味たっぷりの無水カレーを作れます。水を使わず野菜の水分だけで調理するため、通常のカレーよりも大量の野菜を用意しておきましょう。定番の玉ねぎ・ニンジン・じゃがいものほか、ナスやトマト、ズッキーニ、キャベツなどは水分を多く含んでいるので、無水カレーの材料におすすめです。

それぞれ一口大などの適当な大きさに切ったら、スロークッカーに投入して加熱します。一通り火を通して水分が出たら、カレールウやローリエを入れて、トロミが出るまで加熱すればでき上がり。鍋でカレーを作ると野菜が煮崩れする場合がありますが、スロークッカーは低温で時間をかけて煮込むため、具材の形を崩しにくいのが特徴です。

加熱時間は肉の大きさや種類によって調節が必要ですが、一度炒めた肉やひき肉なら4時間程度が目安。骨付き肉の場合は10~12時間程度の時間が必要な場合もあります。

焼き芋

サツマイモをよく洗ったら、塩をすりつけてアルミホイルに1本ずつ包みます。スロークッカーに入れて約3~6時間かけてじっくり火を通し、竹串がスッと通るやわらかさになったら完成。低温調理で時間をかけて火を通すため、サツマイモの甘さをより引き出すことが可能。自宅でも、ホクホクの焼き芋を味わえます。

スロークッカーで上手に焼き芋をつくるコツは、途中でフタを開けないこと。フタを開けると温度が下がってしまうので注意が必要です。調理時間は、サツマイモの量や大きさに合わせて調節してみてください。