アメリカではポピュラーなキッチン家電「スロークッカー」。主におでんやカレーなどの煮込み料理に使うモノで、低温でじっくりと食材を煮込んで味の染みた美味しい料理が作れます。

また、火を使わないので調理中ずっと見張っている必要もなく、食材をセットしてスイッチを押すだけで料理ができる優れモノです。今回は、そんなスロークッカーのおすすめモデルをご紹介します。そのほか、選び方なども解説するので参考にしてみてください。

スロークッカーとは?

By: amazon.co.jp

スロークッカーとは、電力を用いて加熱する鍋の形をした調理家電のことを指します。沸騰する直前の温度で食材をゆっくりと煮込むので、味が染み込みやすく煮崩れが起こりにくいのが特徴です。使い方も材料を入れてスイッチを入れるだけと簡単で、火を使うこともないため気軽に調理できます。

スロークッカーのメリット・デメリット

スロークッカーのメリット

By: amazon.co.jp

スロークッカーのメリットとしてまず挙げられるのが、火を使わないので調理中に見ておく必要がないという点です。食材を入れてスイッチを入れておけば自動的に調理してくれるため、外出前にセットして帰宅後に温かい料理を食べるといった使い方ができます。

また、沸騰しないギリギリの温度で煮込むので煮崩れしにくく、味の染みた美味しい煮込み料理が作れます。さらに、ガスコンロやIHヒーターなどの熱源を占有しないので複数の料理を作りたい時にもぴったりです。

スロークッカーのデメリット

By: amazon.co.jp

スロークッカーのデメリットは、調理に時間がかかるところ。沸騰直前の温度でゆっくり時間をかけて煮込むので、早く料理が食べたいという方には不向きです。また、スロークッカーはサイズの大きいモノが多いため、置き場所が限られているという方は注意しておきましょう。

スロークッカーの選び方

鍋の容量をチェック

By: amazon.co.jp

スロークッカーを1人で使う場合と複数人で使う場合は、必要になる鍋の容量がもちろん異なります。

一人暮らしの方であれば、容量が1L程度のモノを選ぶのがおすすめ。サイズもコンパクトなので省スペースに置きやすくなります。また、2~3人分であれば1.5L程度、4~5人分であれば2.5L程度を目安としてみてください。

どんな機能があるか

By: amazon.co.jp

予約調理機能が付いたモデルであれば、設定した時間に料理が完了するので出社前にセットして帰宅後に食べるといった使い方をすることも可能です。

保温機能を搭載していれば、家族の帰る時間がバラバラでも温かい料理が食べられるのでおすすめ。そのほかにも、本体に多数のレシピ情報を登録しており、作りたいメニューを選んで指示通りにセットすることで簡単に調理できるモデルもあります。

電気代がいくらかかるか

スロークッカーは、ゆっくりと食材を煮込むため長時間電気を使います。そのため、電気代をできるだけかけたくないという方はチェックしておきましょう。

メーカーによって多少変動がありますが、ツインバード社製の「EP-4717」で例えると、弱モードで10時間煮込んだ場合約28.6円、1ヶ月31日で単純計算すると約887円の電気代がかかります。

スロークッカーのおすすめメーカー

ツインバード工業(TWINBIRD)

By: amazon.co.jp

ツインバード工業は、調理家電や生活家電を製造している日本のメーカーです。シンプルでおしゃれなデザインの製品をラインナップしているのが特徴。価格も手に届きやすいリーズナブルなところが魅力です。

スロークッカーに関しては、食卓のインテリアに馴染みやすいナチュラルなデザインのモデルをリリースしています。

シロカ(siroca)

By: amazon.co.jp

シロカは、2000年に日本で創業したメーカーです。コーヒーメーカー・電気ケトルなどのキッチン家電や扇風機、加湿器などの生活家電をリリースしています。

スロークッカーとしても使える電気圧力鍋をリリースしており、時間のかかる角煮なども圧力調理で時間短縮して作れるのが特徴です。

スロークッカーのおすすめ

ツインバード(TWINBIRD) スロークッカー EP-4717BR

ツインバード(TWINBIRD) スロークッカー EP-4717BR

本体幅約28.5×高さ23.5cm 、容量0.6~2.4Lに対応しているスロークッカーです。シーンに合わせて1~5人用の料理が作れます。煮込み料理に適した陶器素材でできているのも魅力です。

温度切替えスイッチのみのシンプルな機能性で、エントリーモデルとしてもおすすめ。8種類のレシピが付いているため、初めての方も手軽に挑戦できます。

また、10時間煮込んだ際の電気代は約28.6円と安く、ランニングコストが抑えられるのもポイント。リーズナブルなので、価格重視の方にもおすすめです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) スロークッカー ホワイト PSC-20K

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) スロークッカー ホワイト PSC-20K

省スペースに設置できるコンパクトタイプのスロークッカー。本体幅21.2×高さ21.3cm、容量0.5~1.6Lと1~3人暮らしの方におすすめです。

火加減が2段階あり、調理メニューによって調節できます。さらに、80℃を維持できる保温機能を搭載しているため、バラバラの時間に食事をしても、いつでも温かい料理を食べられるのが魅力。

また、「弱」モードで使用した場合1時間当たり約3.1円と安く、ランニングコストを抑えたい方にもおすすめです。そのほか、うまみを引き出す遠赤外線効果で厚みのある根菜の芯まで火を通すことができます。

ピーナッツクラブ(Peanuts club) D-STYLISTスロークッカー KK-00256

ピーナッツクラブ(Peanuts club) D-STYLISTスロークッカー KK-00256

1~2人暮らしの方におすすめのスロークッカーです。サイズは幅24×高さ20cm、鍋調理容量0.5~1.2L とコンパクト。2段階温度調節のほかにオートモードも搭載しているため、初めてスロークッカーを使用する方でも手軽に調理できます。

また、1時間当たりの電気代が約1.8~2.7円とランニングコストを抑えられることに加え、本体もリーズナブルに購入できるため、価格重視の方におすすめです。

シンプルな構造で、各部品を簡単に取り外しできるのも魅力。内鍋とフタは丸洗いできるため、常に清潔に保てます。取り扱い説明書にもさまざまなレシピが掲載されているため、新しいメニューに挑戦したい方にもおすすめです。

シロカ(siroca) 電気圧力鍋 SP-4D151

シロカ(siroca) 電気圧力鍋 SP-4D151

製品名は電気圧力鍋ですが、スロークッカーや炊飯器、蒸し料理器や無水料理器としても使用できる多機能なモデルです。本体幅26.5cm×高さ28.3、調理容量2.6Lと大きいため、6人以上の家庭などにおすすめ。

約6時間の保温機能を搭載しており、調理後に時間が経った場合でも温かい料理が食べられます。また、豊富なレシピを内蔵しているのも魅力。カレーや肉じゃが、豚の角煮など計10種類のレシピを手軽に自動調理できます。

おしゃれ家電としても有名なシロカならではの高いデザイン性も魅力。丸みのあるすっきりとしたデザインはインテリア家電としてもおすすめです。

エリートプラチナ(Elite Platinum) Maxi-Matic Triple Slow Cooker EWMST-325

エリートプラチナ(Elite Platinum) Maxi-Matic Triple Slow Cooker EWMST-325

高さ20×幅66cmのスロークッカーです。大型タイプですが約1Lの料理が入るポットを3つ搭載しており、3種類の料理を同時調理できます。5人以上の家庭やパーティなどにおすすめです。

フタには強化ガラスを採用しているため、フタを閉じたまま中身が確認できます。3つのポットにはそれぞれ3段階の温度調節機能がついており、料理に合わせてコントロール可能です。

それぞれのポットは、シンプルな構造で手軽に取り外せるため、手入れも簡単。大容量のお手入れがしやすいスロークッカーを探している方におすすめです。

ティファール(T-fal) Cook4me Express CY8511JP

ティファール(T-fal) Cook4me Express CY8511JP

近未来のようなデザインが魅力のスロークッカーです。カラー液晶パネルがついているため、機械に不慣れな方も簡単に操作できます。

本製品は高さ約32.5×幅約38.0cmの大型タイプ。鍋容量も6Lと大きく、6人以上の家庭や作り置きしておきたい方にもおすすめです。

また、150種類のレシピを内蔵しているのが魅力。液晶パネルに映し出された材料を入れてボタンを押すだけで完成するほか、クレームブリュレやロールキャベツなどが加圧15分以内に作れるため時間がない時も活躍します。

さらに、保温機能や再加熱機能を搭載。調理後最大5時間の保温と最大3時間の再加熱ができるため、食べる直前まで保温することが可能です。

象印マホービン(ZOJIRUSHI) 自動圧力IHなべ EL-MB30AM-VD

象印マホービン(ZOJIRUSHI) 自動圧力IHなべ EL-MB30AM-VD

製品名は圧力鍋ですが、スロークッカーとしても使用できます。サイズが高さ25×幅29cm、鍋容量は1.5Lとコンパクトなので2~3人暮らしの方におすすめです。

炊飯器のような見た目をしており、前面に装備した液晶パネルで手軽に操作できます。予約調理機能も搭載しているため、帰宅時間に合わせて調理可能です。帰宅が遅れてしまっても温め直しができるため、いつでも温かな料理が食べられます。

レシピ情報も内蔵しており、シナモンロールや五目御飯、ざるそばのほか、白味噌やヨーグルトなどの発酵食品も調理可能です。また、ニオイを軽減するクリーニング機能も搭載しています。さまざまな料理を作りたい方におすすめのモデルです。

クイジナート(Cuisinart) スロークッカー PSC-350

クイジナート(Cuisinart) スロークッカー PSC-350

高さ25×幅30cmのスロークッカーです。鍋の容量が約3.2Lと大きいため、大人数で食卓を取り囲みたい時にもおすすめ。

また、本製品はタイマー機能を搭載しているのが魅力。外出する際に設定しておけば、帰宅時間に合わせて調理できるため温かい料理が食べられます。予約時間は最大24時間まで設定できるため、長時間外出する際も便利です。

保温機能も搭載しており、帰宅時間が遅くなる場合も安心。中鍋は一見鍋には見えない光沢のあるブラック塗装なので、そのまま食卓に出してもおしゃれです。

山本電気(YAMAMOTO) Cook Master Shunsai YE-CM61W

山本電気(YAMAMOTO) Cook Master Shunsai YE-CM61W

本体とポットが分離しているタイプのスロークッカーです。高さ約30cm×幅約25.2cmと大型ですが、シンプルなコーヒーメーカーのようなデザインでインテリアに自然となじみます。

鍋の容量は800mlと少なめなので、1人暮らしの方やもう1品足したい時におすすめです。対応レシピの数は60品目と豊富で「煮物・おかゆ」「ポタージュ」「ソース・ジャム」「豆乳」の4つのモードから選べます。

さらに、独自に開発した薄型モーターで静音性に優れているため、深夜や早朝の調理にもおすすめです。容器・フタ・攪拌カッターはそれぞれ分解でき、簡単に手入れできます。

ハミルトンビーチ(Hamilton Beach) Set & Forget 6 Qt. Programmable Slow Cooker 33967

ハミルトンビーチ(Hamilton Beach) Set & Forget 6 Qt. Programmable Slow Cooker 33967

大人数で食事をするパーティの時などに活躍する、約5.5Lと大容量のスロークッカーです。フタの上にスプーンを乗せられるため、コンパクトに収納できます。

本製品は、調理時間や内部温度を設定できるのが魅力です。肉の煮込み加減や味のしみ込み加減を本格的に調整したい時に便利。保温機能もついているため、時間が経った後もおいしく食べられます。

また、フルグリップハンドルで持ち運びしやすく、熱い料理をそのままテーブルの上に並べられるのがポイント。肉用温度計も付属するため、七面鳥を調理したい時など分厚い肉の調理にもおすすめです。

シャープ(SHARP) ヘルシオ ホットクック KN-HT24B

シャープ(SHARP) ヘルシオ ホットクック KN-HT24B

高さ24×幅39.5cmと高さが抑えられたスロークッカーです。鍋の容量は2.4Lと大きいため、2~6人用としておすすめ。

予約機能が搭載されており、最大予約設定時間は12時間です。朝セットして帰宅時間に温かい料理が食べられます。温め直しもできるため、冷めてしまった料理もすぐに温めることが可能です。

さらに、無水調理に対応しているほか、温度・湿度のセンサーを装備しており、カレーなどの微妙な火加減を調整することもできます。また、内フタには丸い突起を搭載。食材から出たうまみを含んだ蒸気を鍋にそのまま戻せるため、食材のうまみを閉じ込められます。

保存に便利な専用のフタが付属するため、鍋の中に残った料理をそのまま冷蔵庫へ保存可能です。

ハミルトンビーチ(Hamilton Beach) Stay or Go 4 Quart Slow Cooker 33249

ハミルトンビーチ(Hamilton Beach) Stay or Go 4 Quart Slow Cooker 33249

2~6人用に最適な鍋容量3.7Lのスロークッカーです。容量が大きいため大人数のパーティでも活躍します。

クリップ密閉式で中身がこぼれにくいのもポイント。フタをしっかりと閉じれば液体もこぼれないため持ち運びにも便利です。

車にも乗せられるため、パーティやキャンプなど屋外へ持って行くのも便利。フルグリップハンドルで、重い料理も手軽に持ち運びできます。食器洗い機に対応しているため、手入れも簡単です。

クックポット(Crock-Pot) フックアップ オーバル エンターテイニング・システムSCCPMD1-CH

クックポット(Crock-Pot) フックアップ オーバル エンターテイニング・システムSCCPMD1-CH

さまざまな料理を作りたい時におすすめの鍋を2つ搭載したスロークッカーです。肉と魚、味の異なるソースなど好みに分けて料理を並べたい時にも便利です。

鍋の容量は約3.3Lと大きく6人以上でも使用できるため、パーティなど大人数で食卓を囲みたい時にもおすすめ。さらに、保温機能を搭載しているため、長時間放置しても温かいまま食べられます。

また、本製品は引き出し式のコードを採用しており、長さを気にせずすっきりと収納可能です。デザイン性にも優れていることに加えて、カラーが豊富でインテリア家電としても映えます。

パナソニック(Panasonic) マイコン電気圧力なべ SR-P37

パナソニック(Panasonic) マイコン電気圧力なべ SR-P37

圧力鍋としてだけでなく、スロークッカーとしても使用できる電気圧力鍋です。高さ29.6×幅31.5cmあり、鍋容量は2.4Lと4~5人におすすめの大きめなサイズ。本製品はカレーや牛すじだけでなく、白米や玄米の炊飯もできます。

また、肉じゃがやブリ大根、スペアリブのトマト煮などなら、10分以内に素早く調理可能です。調理時間の設定もできるため、味のしみ込み加減などの調節もできます。

スロークッカーのAmazonランキングをチェック

スロークッカーのAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。

番外編:スロークッカーのおすすめレシピ

カレー

カレーもスロークッカーを使用すれば、ガス火で調理したときのように、ジャガイモや玉ねぎの形がなくなるような煮崩れをおこさず丁寧に煮込めます。また、カレーに投入したお肉も、カレーの旨味を凝縮したホロホロの食感になるのがポイントです。

おでん

おでんは煮込み時間がかかるので、ガス火で作る場合は付きっきりで監視していないと心配です。一方、スロークッカーであれば食材を入れてスイッチを押せば簡単に調理できます。作るのを諦めていた方もぜひチャレンジしてみてください。

焼き芋

意外と盲点なのが、スロークッカーでつくる焼き芋。電子レンジで作る時とは違った、ねっとりとした食感の甘い仕上がりになるのでおすすめです。

豚の角煮

煮込み調理が得意なスロークッカーで作るおすすめ料理のひとつが豚の角煮です。調理が終了したら、一度冷蔵庫で寝かせると豚肉に味がさらに染み込んで美味しく仕上がります。