「南部鉄器」は、日本が誇る伝統工芸のひとつ。なかでも、南部鉄器フライパンは食材が焦げにくく、丈夫で長く愛用できることから人気を集めています。

一方で、製品によって見た目やサイズが異なるため、初心者ほど選ぶのに苦労することも。そこで今回は、南部鉄器フライパンの特徴や選び方、おすすめの製品をご紹介します。ぜひ、自分に合う製品選びの参考にしてみてください。

南部鉄器とは?

By: oigen.jp

南部鉄器とは、日本が誇る伝統工芸のひとつで、旧南部家の領地であった岩手県盛岡市周辺で作られる鉄器のことをいいます。江戸時代、南部藩の藩主が職人にお茶を飲むための湯釜を作らせたのが起源とされており、万国博覧会でその質の高さが認められ、国から伝統工芸品第一号として認定されました。

南部鉄器の製品は、使い込むほどに味わいが増すといわれており、長く愛用できるのも魅力のひとつ。最近では、低価格で購入できる製品も増えています。

南部鉄器フライパンの特徴

焦げ付きにくい

By: amazon.co.jp

南部鉄器フライパンは、使うたびに焦げにくくなるのが特徴です。溶かした鉄を、特殊な凹凸が表面に付く「砂型」と呼ばれる型に流して固める方法で作られているため、フライパンを使うたびに、油が全体に行き渡り、なじみやすくなります。

さらに、過熱された空気が入ることで、次第に焦げ付きにくくなっていくので、焦げにくい製品を探している方にはぴったりです。

熱伝導性がよい

By: amazon.co.jp

熱伝導性がよいのも、南部鉄器フライパンのメリットです。南部鉄器フライパンには厚みがあるため、強火での調理が可能。鋳肌表面に粒子の細かい穴が空いていることで、すばやく熱が通ります。また、蓄熱性もあるので、冷めにくく、温度のムラができにくいのもおすすめポイントです。

特に、南部鉄器フライパンで炒め料理をする際は、食材を入れた後も温度が下がりにくいため振る作業が不要。料理をより美味しく、効率的に作りたい方は要チェックです。

丈夫で長持ち

By: yutori.co.jp

南部鉄器フライパンは、丈夫で長く愛用できるのも魅力のひとつです。鉄は高温に耐えられるうえ、焼付塗装が施されている製品が多いため、焦げ付きや錆を防ぐことが可能。使用するたびに味わいも増していくので、愛着がわき、一生モノとして使う方が増えています。正しく手入れをすれば、世代を超えて使用することも可能です。

南部鉄器フライパンの手入れの仕方

油ならし

By: oigen.jp

南部鉄器フライパンは、使用前に油ならしをしておきましょう。使用前にフライパンに油をなじませておき、膜を作ることで、焦げや錆ができにくく、くっつきの予防にもなります。

油ならしをする際は、まず、表面に付いているほこりなどの汚れを水で洗い、全体があたたまるまで加熱します。水分が蒸発したら、油をたっぷり入れて、フライパン全体になじませましょう。煙が出てきたら、油をポットに戻して完了です。

洗剤を使わずお湯で洗う

By: yutori.co.jp

南部鉄器フライパンを使用した後は、洗剤を使用せず、お湯で洗うようにしましょう。洗剤を使用してしまうと、油ならしでできた膜が取れてしまうためです。洗うときは、南部鉄器フライパンが熱いうちに、お湯で洗い流すだけにとどめておきましょう。

また、洗った後に水が残ったままだと錆の原因になります。水を蒸発させ十分乾燥させることも重要です。なお、洗剤を使用しないと汚れが落ちない場合は使用しても問題ありませんが、再度油ならしを行いましょう。

南部鉄器フライパンの選び方

サイズをチェック

By: amazon.co.jp

南部鉄器フライパンを選ぶ際は、まずサイズをチェックしておきましょう。家庭で使いやすい大きさは、24~26cm程度のモノ。焼く・煮る・揚げるなど、さまざまな料理に対応できます。

1人用の南部鉄器フライパンを購入したい場合には、20~22cmを目安に選ぶのがおすすめです。さらに、価格の安さを優先したい方は、大きさ約11~18cmのミニパンもチェックしてみましょう。ミニパンなら、調理した後そのままテーブルに出すことも可能です。

IHに対応しているかチェック

By: oigen.jp

鉄を使用している南部鉄器フライパンはほとんどがIHに対応していますが、事前にきちんとチェックしておくのも、南部鉄器フライパンを購入するときのポイントです。

IHは、ボタン1つで火力の調節ができ、安全に調理ができるのがメリット。ガスコンロよりも掃除がしやすく、南部鉄器フライパンの熱伝導性・畜温性の高さも相まって火加減が難しい料理をより簡単に作れます。

デザインも重要なポイント

By: amazon.co.jp

南部鉄器フライパンには、おしゃれな見た目の製品が多いため、購入する際はデザインもチェックしておきましょう。デザインと機能性にこだわった製品がおすすめです。

特に、自宅のキッチンに合う見た目の製品を選ぶのがポイント。南部鉄器フライパンは料理だけでなく生活を彩るアイテムとしても注目されています。

南部鉄器フライパンのおすすめ

岩鋳(IWACHU) フライパン24 24012

明治35年の創業以来、400年を越える南部鉄器の伝統を守りながら、現代の暮らしになじむ製品づくりに取り組んでいる「岩鋳」の南部鉄器フライパンです。使いやすさを計算してデザインされたフォルムが特徴。機能性だけでなく、見た目にもこだわりたい方にもおすすめです。

また、直径が約24cmあるため、焼く・煮る・揚げるなどの料理に対応可能。家庭で使える製品を探している方にも適しています。コストパフォーマンスが高いのも人気の理由です。

岩鋳(IWACHU) 玉子焼 木柄付 24017

「岩鋳」の玉子焼き専用の南部鉄器フライパンです。熱伝導性や畜温性に優れているので、玉子焼をふんわりと焼きあげたい方にぴったり。また、木柄付きのため持ち手が熱くなりにくく、長い時間調理をしても火傷をする心配を軽減します。

見た目がおしゃれなため、デザインにこだわりたい方にもおすすめです。なお、ガスはもちろんIHにも対応可能。縦36×横15.5×深さ7.5cmで重量は約1.3kgと扱いやすいサイズも魅力です。

岩鋳(IWACHU) オムレット24 24601

南部鉄器の伝統を生かしつつ、使いやすさにもこだわって作られた製品。持ち手にスリットを入れることで、軽量化を図ったオムレットです。おしゃれな見た目なので、キッチンに映えるモデルとしても人気があります。

また、前方を深くデザインしているのもおすすめポイント。オムレツの形が整えやすいため、上手に焼くことが可能です。サイズは24cmと、家庭で使いやすいサイズ。なお、重量は約1.4kgで、IHにも対応しています。

岩鋳(IWACHU) グリルパン 23029

ステーキや魚など、焼き料理に使える南部鉄器フライパンです。南部鉄器ならではの蓄熱性の高さによって、食材をジューシーに仕上げるのに役立ちます。また、焼き面が凹凸の形をしているので、焼き目が美しく仕上がるのもおすすめポイント。余分な油が落ち、ヘルシーに仕上げられるのも魅力です。

さらに、当製品には木柄が付いているため、持ち手が熱くならないのもメリット。直径は24.5cmと、家庭用として使用するのがおすすめです。なお、熱源はガス・直火・IHに対応しています。

ASK TRADING 南部鉄器 木柄付きフライパン 深型

木の柄を採用した南部鉄器フライパンです。サイズは26cm。深さ6cmと、ほかの製品と比較すると深さがあるので、煮込み料理にも使用できます。また、木の柄は取り外しが可能なので、オーブンやグリルでも調理可能。南部鉄器ならではの余熱調理ができるため、食材にじっくり均一に火を入れられるのが魅力です。

もちろん、焼いたり炒めたりなど、さまざまな調理方法にも対応しています。家庭で気軽に使える製品を探している方におすすめです。

及源(OIGEN) 南部鉄器フライパン15cm CA-010

1人用の南部鉄器フライパンを探している方におすすめの製品です。目玉焼きや少量のおかずを作るのにピッタリ。また、深さがあり、口付きのデザインのため、スープやソース作りにも適しています。スキレットや小回りの利くフライパンを探している方にもぴったりです。

さらに、持ち手が手にフィットする握りやすい形状にデザインされているのもメリット。なお、重量は1.1kgあり、IHにも対応しています。

及源(OIGEN) ピアット 24cm

金属造型家「廣瀨愼」がデザインしたシンプルかつ実用性が高い南部鉄器フライパンです。直径は約24cmあるので、家庭用の製品を探している方にぴったり。目玉焼き・ピザ・ステーキなど、幅広い料理に対応しています。

また、直火だけでなく、オーブン調理やIH調理にも使用可能。さらに、ハンドルが着脱可能なのもおすすめポイントです。ハンドルを外した状態で調理をすれば、熱くなった本体も、ハンドルを付けることでそのまま食卓に並べられます。フライパンを冷やして、デザートのプレートとして使うことも可能です。

そのほか、収納がしやすいうえに、楽に持ち運びができるのも魅力。アウトドアシーンで使用できる製品としても人気があります。

及源(OIGEN) 角玉子焼

シンプルなデザインが魅力の玉子焼き用フライパンです。サイズは、縦29.7×横13.5×深さ4.9cm。玉子を巻きやすいように、フライパン前方部には緩やかな傾斜が付いています。また、持ち手が玉子を巻くときに傾けやすいよう設計されているのも特徴です。

玉子焼きはもちろん、少量のおかずを作るのにもおすすめ。なお、熱源はオーブン・ガス火に対応しています。IHには対応していないため、注意しましょう。

柳宗理 日本製 南部鉄器 ミニパン 16cm IH対応 ふた付き YT-13

戦後復興期から高度成長期にかけて、日本のモダンデザインを支えたインダストリアルデザイナー「柳宗理」による南部鉄器フライパンです。シンプルな見た目ながらも、使いやすいのが特徴。IHからオーブンまで対応しているので、幅広い料理を作ることが可能です。

また、サイズは16cmと、1人暮らしの方や、小回りの利くフライパンを探している方に適しています。調理後にそのままテーブルに乗せ、食卓に並べることも可能です。さらに、蓋が付いているのもおすすめポイント。短い時間で食材に熱を行き渡らせることが可能です。

機能性とデザイン性を兼ね備えている製品を探している方は、ぜひ購入を検討してみてください。

釜定 シャロウパン

明治時代から続く盛岡の鋳物屋で、高い品質とデザイン性に定評がある「釜定」の南部鉄器製品です。当製品は、料理研究家が愛用する「シャロウパン」。ふちが低いため、パンケーキやクレープ生地を作るのに重宝します。デザート作りに使える南部鉄器フライパンを探している方にぴったりです。

直径は約21.5cmあり、重量は約1.3kg。シンプルながらおしゃれなフォルムなので、キッチンに映えるのもおすすめポイントです。なお、調理中や調理直後は取っ手部分が熱くなるため、素手で持たないよう注意しましょう。

釜定 イグ鍋

目玉焼きやスクランブルエッグなど、玉子料理を作るのにおすすめの「釜定」の南部鉄器フライパンです。名前にある「イグ」は、英語で玉子を意味するエッグが語源。持ち手のデザインが独特で、モダンな雰囲気を演出しています。

壁にかければ、未使用時にもインテリアとして機能するので、見た目にこだわりたい方にもぴったり。直径は約16.5cmのため、そのまま食卓に出したり、アウトドアアイテムとして使ったりと、幅広いシーンで使用できるのもおすすめポイントです。

なお、熱源は、ガス・IH・オーブンに対応しています。家族や友人に送るプレゼントとしても人気の製品です。

ゆとりの空間 小笠原陸兆×栗原はるみ 蓋付きミニパン 19cm

南部鉄器におけるモダンデザインのパイオニアである小笠原陸兆氏が代表を務める岩手県の「小笠原陸兆」とコラボした南部鉄器フライパン。料理家である栗原はるみ氏の意見を取り入れており、深さのある蓋が付いているのが特徴です。蓋を含めると高さは10cmあります。

南部鉄器の蓋は重いうえに厚みがあり、気密性が高いため、うま味と熱を閉じ込めることが可能。料理にまんべんなく熱を伝えられるのもメリットです。

直径は19cmあり、2人分のハンバーグやサーモンソテーを作るのにぴったり。取り分けて楽しむデザートを作るときにも重宝します。そのまま食卓に並べられるので、ゲストのおもてなしに使えるのも人気の理由です。なお、熱源はガス・IH・オーブンに対応しています。