「鉋(かんな)」は、木材の表面を削って滑らかに仕上げる木工具。大工の職人はもちろん学校の図工の授業で使用されているほか、DIYでモノづくりを楽しむ際にも欠かせないアイテムです。しかし、多種多様な鉋が販売されており、初めて購入する場合はどれを選べばよいのか迷ってしまうことも少なくありません。

そこで今回は、おすすめの鉋を種類別にご紹介。選び方もあわせて解説するので、購入を検討している方はチェックしてみてください。

鉋とは?

By: amazon.co.jp

鉋とは、木材の凹凸を削って滑らかにする木工具のことです。また、木材の加工や無垢材の反りを修正する際にも使用します。とくに、ホームセンターで購入した低コストの木材は反っている場合が多いので、モノづくりの精度を上げるためには欠かせません。

木材の表面を削る作業によって、作品の仕上がりは大きく変わります。大工の職人や本格的なDIYで使用するイメージが強くありますが、初心者にも使いやすい鉋もラインナップされているためチェックしてみてください。ただし、多種多様なモデルが販売されているので、種類や用途に合わせて適切なタイプを選択することが重要です。

鉋の種類

平鉋

By: amazon.co.jp

多くの種類がある鉋のなかでも、一般的なのが平鉋です。長方形の木製の台に凹みを設け、刃をセットしてあるのが特徴。刃は2枚の「2枚刃鉋」と「1枚刃鉋」があり、小型モデルには1枚刃が多く採用されています。

おもな使用目的は、木材の反りを削って表面を平坦に整えること。さまざまな大きさのモデルが販売されており、小型の豆鉋やミニ鉋、大きな長台鉋などから用途に合わせて選ぶのが重要です。また、切れ味が悪くなったら刃を交換できる替刃式が主流。刃を研ぎ直す手間を省いて、長く愛用したい方におすすめです。

面取り鉋

By: amazon.co.jp

木材の角を削るために使用されるのが、面取り鉋。鋭く尖った危険な角を丸く加工したいときに活躍するタイプです。木材の角が尖っていると冷たい印象の見た目になりやすいので、作品の雰囲気を調節するためにも使用されます。内丸鉋・外丸鉋・反り台鉋などさまざまなタイプがあり、面取りした角度に合わせて使い分けるのが基本です。

たとえば、反り台鉋は円筒や曲面の内側を円周方向に削る目的で使用するアイテム。45°で面取りする「自由角面取り鉋」も、広く使われています。一般的なカッターの替刃を利用しているタイプも販売されているため、チェックしてみてください。

さくり鉋

By: amazon.co.jp

さくり鉋は「しゃくり」や「作里」とも呼ばれ、おもにノミで掘った溝を整えるために使用する鉋です。通常、掘った溝をノミだけできれいに仕上げるのは難しいといわれています。さくり鉋を使用すれば、短時間できれいに加工可能です。

さくり鉋は、ノミを使って掘った溝に通し、底や側面を削る仕組み。溝やコーナー部分の仕上げなど、用途は限定的ながら、本格的なDIYを楽しむためには欠かせません。用途別に、さまざまな形状のモデルが販売されています。

電気鉋

By: amazon.co.jp

電動式の鉋は搭載された回転刃が自動で動き、本格的な建築現場で使用されているアイテムです。大きな木材でも短時間で削れるため、DIYでも活躍します。細かい部分の加工には向いていないものの、広い範囲をすばやく荒削りしたいときに便利です。

刃の細かい調節が必要な手動の鉋と比べて、初心者でも使いやすいのが魅力。ハンドルをしっかりと持って木材に滑らせれば、簡単に加工が可能です。手動での長時間作業は体に負担がかかりますが、電動鉋なら長時間の使用でも疲れにくく快適に使用できます。

ただし、手動モデルと比較して高価格なのがデメリット。使用頻度やDIYのレベルを考慮して検討してみてください。

最適鉋

By: rakuten.co.jp

刃を最適な状態にセットして販売されているのが、最適鉋です。購入してすぐに使えるのが最大のメリット。使い方は鉋がけしたい木材にセットして手前に引くだけと、平鉋と同様です。初心者にも扱いやすいアイテムですが、ラインナップは少なく限られています。

刃の調節や交換が簡単なのも最適鉋の魅力。刃出しは目盛りで調節しやすいほか、替刃式で刃の交換も簡単で、使用頻度の少ない方や手軽に使用したい方に適しています。

鉋の選び方

目的に合った種類を選ぶ

By: amazon.co.jp

鉋には目的別にさまざまな種類が存在します。基本的に、1台の鉋ですべての作業はまかなえません。削る場所やどんな加工を施したいかなど、用途に合わせて選ぶことが大切です。たとえば、凹凸のある表面を修正するなら平鉋、角を削って丸みを付けたい場合は面取り鉋、ノミで掘った溝をきれいに仕上げたいならさくり鉋と、それぞれの特性を確認してみてください。

用途がはっきりしておらず、とりあえずひと通り工具を揃えておきたい方には平鉋がおすすめ。鉋のなかでも一般的で扱いやすいタイプのため、平鉋でうまく削れるようになったら少しずつ種類を増やしていくのもひとつの手です。

サイズをチェック

By: amazon.co.jp

鉋は、製品によって刃や台の大きさなどが異なります。サイズを選ぶ際は、鉋をかける木材の大きさや面積、持ちやすさを考慮してみてください。鉋のサイズには、刃幅70mmの寸八・刃幅65mmの寸六・刃幅60mmの寸四などがあります。

一般的な大工仕事で使用されているのは寸八で、大きな木材を扱う場面で活躍するサイズです。DIYで使用するなら刃幅の狭いコンパクトモデルが持ちやすく扱いやすいため、手の小さい方にも適しています。ごく狭い範囲を削る際や予備として備えておきたい場合には、ミニ鉋や豆鉋といった小型モデルをチェックするのもおすすめです。

なお、削る対象の木材が小さい場合は、必要以上に大きな鉋だと取り回しが悪くなるので要注意。また、大型モデルは小型モデルよりメンテンナンスの手間がかかることにも留意しておきましょう。

鉋のおすすめ|平鉋

山谷製作所 六兵衛 替刃式1枚カンナ 42mm

金物の町として知られる新潟県三条市に拠点をかまえている大工道具メーカー「山谷製作所」の平鉋です。一般木材・新建材の面取りや切削用の1枚刃鉋で、刃出しの調節をしやすいのが特徴。付属の調節板に鉋を乗せて、刃を入れて軽く台の頭を2~3回叩くだけの簡単仕様です。

別売りの専用定規を鉋台の側面にはめて使用すれば、45°と90°の面取りにも対応。調節しやすく扱いやすい鉋を求めている方におすすめです。刃研ぎは不要ですが、切れ味が落ちたら研ぎ直しも可能。専用の替刃も別売りされています。

長雲斉 豆平鉋 ウラ金付 42mm

角材の削り出しに適している平鉋です。刃幅42mmの豆鉋で台幅は55mmと、片手で持ちやすいコンパクト設計が魅力。手の小さい方でも扱いやすいおすすめモデルです。油注入台が付属しており、油を染み込ませれば切れ味を保持できます。

油が刃や台に染み込めば、変形しにくくなるのも特徴。また、滑りがよくなるため、削る際に均等な厚さをキープしやすくなるのもメリットです。

角利産業(Kakuri Sangyo) 利蔵 替刃式鉋 58mm

1946年創業の、老舗大具道具・防災用品メーカー「角利産業」の平鉋です。本製品は58mmタイプで、有効削幅は49mm。台幅72×奥行258mmで、手の大きい方や一般的な50mm鉋では小さいと感じる方におすすめです。

また、900gの重みを活かして、安定した鉋がけが可能。木材の表面加工に適しており、凹凸のある状態を平面に仕上げます。きつくなった引き出しの微調節など、ミリ単位の加工も可能。替刃交換式で、わずらわしい刃研ぎをせずに使えます。

押え金を効かせれば、逆目を止められるのも便利なポイント。押え金が固定され、調節不要で初心者でも簡単に扱えます。

角利産業(Kakuri Sangyo) 細工用 黒檀豆鉋 平 18mm No.1

高級な黒檀と、切れ味の鋭いハイスブレードを組み合わせた平鉋です。ブレードの出し入れが簡単なネジ方式で、刃出しを調節しやすいのが特徴。サイズは27×90×18mm、本体重量は75gの軽量コンパクト設計で持ちやすく、初めて購入する鉋としてもおすすめです。

小型サイズを活かして、細かい部分の作業でも活躍します。板や角材の平面の凹凸を、きれいに仕上げるのにもぴったりです。また、専用のプラスチックケースが付属するため、安心して持ち運べます。なお、本製品のほかにも角面取り30°・45°・60°などさまざまなタイプがラインナップされているので、気になる方はチェックしてみてください。

角利産業(Kakuri Sangyo) ミニ鉋 芯樫 42×150mm

全長は150mmで刃幅は42mmの、コンパクトなミニ鉋です。握りやすく片手で作業できるため、細かい作業におすすめ。凹凸のある表面を削って滑らかにするほか、棚や木枠の角を丸く仕上げる面取り作業にも活用できます。また、職人の手仕上げによる本刃付きなのも魅力。安全性に配慮した刃先保護ビニールも付属しています。

本製品は、金づちで刃を叩いて調節するタイプ。刃を研げば長期間愛用できるほか、メンテナンスに便利な刃物研ぎ器も用意されています。台の素材には自然乾燥させた国産樫材を採用し、刃の素材には刃物用炭素鋼を使用。なお、刃幅42mmのほか、刃幅50mmと60mmのモデルもラインナップされています。

河怡 河弘 替刃式鉋 55mm

名人級の切れ味とツヤが出せると謳われている平鉋です。特殊鋼材を採用した刃は、長期間鋭い切れ味を保持可能。刃幅55mmでさまざまな木材に対応できる、汎用性に優れたおすすめモデルです。1点ずつ丁寧に調節を施されているため、購入後すぐに使えます。

ワンタッチ替刃交換式の採用によって、刃を研ぐ手間が省けるのも魅力。切れ味が悪くなったら替刃を取り替え、裏刃を押さえ込むだけとセットも簡単です。使い勝手のよさと切れ味で、多くの大工現場で愛用されています。

千吉(Senkichi) 平かんな 千吉魂 台付鉋 刃巾65mm

刃幅が65mmと大きめの平鉋です。一般的な54mm刃より広く、大きな木材の加工におすすめ。大型家具のDIYや表面の仕上げで活躍します。本体重量は1080gで、重みを活かして安定した鉋がけが可能。台には樫材、刃には炭素工具鋼を採用しています。

刃の研ぎ直しが簡単な鋼付きで、メンテナンスがしやすい点にも注目。定期的にお手入れすれば、長期間にわたって愛用できます。

白眉(HAKUBI) ミニ鉋 180mm

本体サイズが約55×180mmで、重さは約270gと軽量コンパクトなミニ鉋です。片手で持ちやすく、手の小さい方におすすめ。細かい部分の仕上げや趣味で手軽にDIYを楽しみたい方にも適しています。

木材の表面を削って滑らかにするほか、角の面取りでも使用可能。扱いやすいため、初めて鉋を購入する方や予備用として備えておくのにも便利なモデルです。

AmzBarley ミニかんな

本体サイズが102×49×20mmと、手のひらサイズのミニ平鉋です。木材の表面を削って滑らかにするほか、角材の面取りでも活躍。楽器作りなど細かく繊細な作業に役立つおすすめモデルです。長さ76mmの刃には、より高速な切削を可能にする「ハイス鋼」を採用。長期間にわたって鋭い切れ味が持続します。

セット方法は平らなスロットにブレードを差し込み、付属のコルク板で押さえるだけ。使い方が簡単なのも魅力です。

鉋のおすすめ|面取り鉋

角利産業(Kakuri Sangyo) 替刃式細工鉋 丸面取かんな

ネジ式で刃の調節が簡単な、替刃式の面取り鉋です。大・小2種類の丸面取りができるタイプ。本製品のほかに角面取り用もラインナップされているため、用途に合わせて選択できます。

本体サイズは46×149×23mmで、重さは195g。台には樫材、刃には刃物用炭素鋼「SK-5」を採用しています。日本DIYショーで賞を獲得したこともある同社の代表作で、DIY初心者や鉋を初めて使用する方でも使いやすいおすすめモデルです。

エスケー11(SK11) ハンディカッターII 面取り作業用

本体サイズ55×35mm、重さ120gの軽量コンパクトな面取り鉋です。化粧テープのはみ出しカットや木材・新建材の小さな面取り作業におすすめ。手のひらサイズで扱いやすく、細かい部分の仕上げ用として適しています。

市販の0.5mm厚L型カッターの刃を、替刃として使用できるのもポイント。ネジ式で簡単に交換・調節できるため、初心者の方でも安心です。なお、刃の切れ味が悪くなると横スベリの原因となってしまう点には留意しておきましょう。使用する際は、刃の出し過ぎにも注意が必要です。

タジマ(Tajima) ボードカンナ120 V30 TBK120-V30

L型カッターの替刃が利用できる面取り鉋です。面取り幅を1~4mmの4段階で調節できるのが特徴。調節板の数字を上の位置に合わせるだけと、簡単に変更できます。カッターブレードを角30°にセットできるのも魅力。一般的な60°の鉋が2100gの力を要するのに対して、より弱い1400gの荷重で鋭い切れ味を発揮できると謳われています。

下端面にはフッ素コーティング加工が施されており、滑りやすく快適な作業が可能です。握りやすいアール形状ボディで扱いやすく、DIY初心者にもおすすめ。また、力を入れやすいボディサイドストッパーが付属しています。

台に変形や摩耗しにくいアルミダイキャストを採用しているのもポイント。適度な重量により、安定した面取り作業を実現します。なお、本製品はボード工向けの面取り専用鉋ですが、面取り・平削り兼用の大工モデルもラインナップされているのでチェックしてみてください。

タジマ(Tajima) 面取かんな 硬質面取りカンナ TMK-KV45

デコラ・ベニヤ・ケイカル板などの硬質建材を削れる面取り鉋です。同社の金属製カッター刃と比較して、16倍もの耐久性を誇ると謳われている専用セラミック刃を搭載。スピーディーに面取り・平削りできるタイプを求めている方におすすめです。アルミダイキャストとステン張りベースの採用により、耐久性にも優れています。

剛性の高い金属で、刃先をしっかりと挟み込んで固定して刃の振動を抑制するのも魅力。面取りは、1~3mmの範囲で無段階に調節可能です。市販のL型・J型の替刃を半分に折ってセットできるのもポイント。また、折った替刃を3枚まで収納できるスペースが設けられています。

山谷製作所 YSSローラー付ボードカンナR

ローラーを搭載した使いやすい面取り鉋です。台尻にあるローラーの効果により、木材への当たりはじめがスムーズで引っかかりにくいのが魅力。石膏ボードやベニヤをスピーディーに面取り・切削しやすいおすすめモデルです。

市販のL型カッターの替刃を使用できる手軽さもうれしいポイント。ネジ式なので、交換・調節も簡単です。本体は小ぶりなサイズで、釘袋などのツールバッグに収納可能。また、台には本樫材を採用しており、摩耗や傷に強く長期間愛用できます。

ムラテックKDS ボードカンナVH BDK-180VH

石膏ボードの平削り・面取り用の鉋。平削りはボード厚15mmまで、面取りは角度45°に対応します。L型カッター刃の替刃大を半分に折って使用できるのが特徴。手軽に使用したい方におすすめのモデルです。

2.4mmステンレス固定板により、刃を強力に固定できるのもポイント。本体にはグラスファイバー入特殊樹脂を採用しており、滑りがよく耐久性にも優れています。

髙儀(Takagi) H2 ホビーかんな コンパクトサイズ 9cm

全長わずか90mm、重さ70gの軽量コンパクトな鉋です。手のひらサイズで、細かい部分の面取りや平面削りにおすすめ。平面削りに使用する場合は、幅15mm以内の木材に適しています。

買い求めやすい安価も魅力。別売りで専用の替刃も用意されています。なお、本製品を使いこなすポイントは、刃先の出を少なくして薄く何度も削ることです。

鉋のおすすめ|さくり鉋

常三郎 播州三木鉋 青鋼 隅突作里鉋 白樫 18mm

障子やふすまの溝作りに役立つさくり鉋です。炭素鋼にタングステンやクロムを添加した仕様。熱処理特性や耐摩擦性に優れており、長期間にわたって切れ味が持続します。

なお、刃幅は18mmのほかに15mm・21mm・30mmサイズもラインナップ。完全に際までは削れないため、最後にノミやサンドペーパーで仕上げます。昔ながらのやり方で、本格的に加工したい方におすすめのモデルです。

角利産業(Kakuri Sangyo) 敷居作里カンナ

有効刃幅18mmで、建具の敷居や鴨居の溝掘りに使用できるさくり鉋です。溝掘り作業をきれいに仕上げたい方におすすめ。ふすまの建付けが悪く、スムーズに開閉しないなどのトラブルを解決したい場合にも活躍します。

本体サイズは50×210×60mmで、持ちやすく扱いやすいのが特徴。なお、本製品のほかに機械作里や脇キワ鉋など特殊なタイプもラインナップされているので、ぜひチェックしてみてください。

鉋のおすすめ|電気鉋

マキタ(MAKITA) 電気カンナ 82mm KP0800ASP

最大切削幅82mm、最大切削深さ2.5mmの電気鉋。580Wのパワフルモデルで、大きな木材をスピーディーに削りたい方におすすめです。エラストマ付きノブで操作しやすいのも魅力。また、握りやすく押しやすいグリップにより、快適な作業性を実現しています。

ベース後部を持ち上げるとフックが出るのもポイント。刃の接触により部材が傷つくのを防ぐ構造です。そのほか、別売りのダストパックをセットすれば周囲を汚さずに作業できるうえ、集じん機の接続もできます。

髙儀(Takagi) EARTH MAN 替刃式 電気かんな 82mm PLA-110

平面削り・相じゃくり・面取り加工におすすめの電気鉋です。切削幅は約82mmで、切削深さは最大1.6mmと大きな木材を削るのに適しています。切削深さは、0.2mm間隔で調節可能。1分間約1万6000回転で、すばやく木材を削れます。

ダストバッグが付属しているので、木くずを散らさずに作業しやすいのも魅力。そのほか、向きを入れ替えれば2回使える両刃タイプを採用しています。

リョービ(RYOBI) カンナ ML-83S 刃幅82mm 631600A

安全性に配慮された「定盤リフト機構」を採用している電動鉋。刃を守りながら木材を削れます。切削深さは最大1mmで、調節つまみを操作すれば0.1mm刻みで調節可能。深く削りすぎないため、初めて電動式の鉋を購入する方におすすめのモデルです。

両面使用可能な替刃式で、82mm鉋刃が1枚付属するのもポイント。刃先調節ゲージやプラスドライバー、ボックススパナも標準で付属します。また、同社の集じん機のホースを直接接続可能です。なお、本製品のほかにダストパックがセットになったモデルもラインナップされています。

鉋のおすすめ|最適鉋

清水製作所 ジャンプ 最適カンナ ミニ J45

荒削り・仕上げ削り・面取りで手軽に使える最適鉋です。替刃式なので、刃研ぎ作業は不要。アルミ合金製で木製モデルよりも台が変形しにくいため、こまめな台直しも必要ありません。なるべくメンテナンスの手間を減らしながら使いたい方におすすめのモデルです。

刃出しはダイヤル式で、調節も簡単。また、55×175×25mmのコンパクトサイズで、手の小さい方でも扱いやすいのが魅力です。本製品は木材・ベニヤ・合板の平削り・面取りに適した木工用で、楽器作りなどの細かい作業でも活躍します。

鉋のAmazon・楽天市場ランキングをチェック

鉋のAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。