床・壁に付いた落ちにくい汚れやシール剥がしに役立つ「スクレーパー」。自宅の掃除にはもちろん、金属のサビ落としやバリ取り、タイル剥がしにも使える便利なアイテムです。

しかし、刃の素材やサイズなど各製品ごとにスペックが異なるため、どれを選んでよいか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、おすすめのスクレーパーをご紹介します。選び方のコツも解説するので、参考にしてみてください。

スクレーパーとは?

By: amazon.co.jp

スクレーパーとは、ヘラ状の刃に柄を付けた工具のことです。機械や建築で表面の仕上げ施工や皮素材の裁断をする際にも用いられます。また、シールやステッカー剥がし、こびりついた汚れ落とし、塗料やサビ落としなどにも利用できる便利なアイテムです。

幅広い用途に使えるだけでなく、素材自体に傷を付けず取りたい汚れを効率よく落とせるメリットもあります。また、多数のメーカーがサイズや形状、刃素材の異なるモデルをラインナップ。用途に合わせて使いやすい製品を選ぶのがおすすめです。

スクレーパーの選び方

形状で選ぶ

ヘラタイプ

By: olfa.co.jp

比較的コンパクトな形状の製品が多い「ヘラタイプ」のスクレーパー。手の届きにくい、狭い場所で使用するのに便利です。窓サッシの溝を掃除する際や、キッチンの換気扇の油汚れ落としにも適しています。

また、力を入れやすい形状でもあるので、頑固にこびり付いた汚れを落としたい方にもおすすめ。シールやステッカーをキレイに剥がしたい場合にも便利です。

幅広タイプ

By: amazon.co.jp

刃の部分が持ち手よりも広がっているのが「幅広タイプ」のスクレーパーです。扇形タイプとも呼ばれ、広い範囲の汚れを一気に削り取れるのが特徴。掃除業者に使用されることも多く、床のワックスがけやワックス剥がしにも便利です。

一度に広範囲を掃除できるので、コンパクトなヘラタイプより作業効率にも優れています。刃の薄さと形状によって、あまり力を入れずに汚れが落としやすいのもポイントです。

3枚刃タイプ

By: amazon.co.jp

「3枚刃タイプ」は刃先が鋭く、削る力が強いのが特徴です。幅広タイプと同じく掃除業者に使用される頻度が高く、頑固で落ちにくい汚れを取りたい場合にぴったり。替刃タイプの製品も多く、刃を交換して長期間使用できるメリットもあります。

ただし、力を入れすぎると素材自体に傷が入る場合もあるので要注意。窓の汚れ落としや金属のサビ落とし、タイルの汚れ落としにおすすめのタイプです。

素材をチェック

ステンレス

By: amazon.co.jp

刃の素材に「ステンレス」を採用したスクレーパーは、比較的リーズナブルな価格で購入できるのが特徴。スクレーパーのなかでもスタンダードなタイプで、製品ラインナップが豊富な点も魅力です。頑固な汚れを落としたい方にもおすすめ。力を入れて作業する場合にも適しています。

また、ステンレスは鉄と比べてサビにくいのもポイント。汚れが付いても簡単に水で洗い流せるので、メンテナンスの手間がかかりにくいのもメリットです。

プラスチック

By: rakuten.co.jp

刃の素材に「プラスチック」を採用したスクレーパーは、自宅の床や家具に付いた汚れやシール剥がしにぴったりのタイプ。傷を付けずに作業がしやすいので、車のボディに使うスクレーパーとしても適しています。

比較的柔らかい素材であるプラスチックの刃を採用しているため、替え刃式の製品が多いのも特徴。長期間使用できるモデルを探している方にもおすすめです。

超硬刃

By: amazon.co.jp

金属のサビ取りはもちろん、プラスチック製品のバリ取りや溶接のカス取りにもおすすめの「超硬刃」タイプ。名前の通り、刃が硬く耐久性に優れているので、力を入れて作業する必要のある頑固な汚れ落としにも適しています。

ただし、汚れを落とす性能や耐久性に優れているぶん、価格は高め。予算に余裕がある方におすすめのスクレーパーです。

セラミック

By: rakuten.co.jp

高い硬度を備えた「セラミック」を刃に採用したタイプ。ダイヤモンドに匹敵する硬度を備えた刃により、頑固な汚れを効率よく落とせるのが特徴です。汚れに強い素材なので、シール剥がしに使った際の粘着のりや削りカスが付きにくいのもポイント。サビないため、使用後に水洗いできるメリットもあります。

ただし、強い衝撃を与えると割れてしまう場合があるので要注意。使用中に誤って落としてしまうトラブルに気をつける必要はありますが、耐摩耗性に優れているため、長く使えるスクレーパーを求めている方におすすめです。

柄のフィット感も重要

By: amazon.co.jp

スクレーパーを選ぶ際は、柄の形状も重要なポイント。握った際のフィット感が強いモノであれば、力が入れやすく作業効率のアップも図れます。形状は、やや丸みがあり手の平に馴染みやすいデザインを採用したモノがおすすめ。親指が当たる部分にくびれがあるモデルなら、より高いフィット感を得られます。

また、柄の形状だけでなく素材の種類も要チェック。特に、ラバー加工が施されている柄は、持った際に滑りにくく使いやすいメリットがあります。

頻繁に使うなら替刃式がおすすめ

By: amazon.co.jp

趣味でDIYをする場合や業務用として使う場合には、替刃式のスクレーパーがおすすめ。使用を重ねて刃が破損した場合でも、新しい刃に交換すれば引き続き快適に作業を行えます。刃が欠けた際にスクレーパー本体を丸ごと買い替える必要がないので、コスパに優れている点も魅力です。

また、替刃式のスクレーパーを購入する際は、替刃を入手しやすいかどうかもあわせてチェックしておきましょう。必要な際に、スムーズに替刃を準備できるモデルがおすすめです。

スクレーパーのおすすめ

オルファ(OLFA) ハイパースクレーパー200 220B

力を入れやすい柄の形状を採用したスクレーパーです。手で握った際に滑りにくく、作業しやすい「X(エックス)デザイン・ハイパーシリーズ」に属する製品。フィット感の高い2色成型のグリップが特徴です。また、全長は約235mmで、片手で作業する場合に適しています。

ヘッド部は衝撃に強く、グリップエンドを叩いての作業にも対応可能。頑固な汚れや金属のサビを取りたい場合にも活躍します。本製品には0.8mmの厚刃が標準で搭載されていますが、別売りの0.5mm厚刃・弾力刃・カッターナイフ替刃(大)も使用可能です。

また、刃部分には、ワンタッチで着脱可能なクリップ方式の「ブレードカバー」が付属。携帯する際や収納時にも便利です。さらに、コード取り付け穴も搭載。コードをベルトやベルトループにつないでおけば、落下による故障を防げます。

オルファ(OLFA) T-45 202B

薄い刃を反らせて使うタイプのスクレーパーです。45mm幅のステンレス刃を採用。狭い場所でのピンポイント作業から、刃幅をいっぱいに使用した作業まで、力の入れ具合によって幅広い用途に対応できます。

刃の交換方法は、本体の黒ネジを回すだけ。替刃にはオルファの「T-45替刃(XB18)」を使います。

オルファ(OLFA) スクレーパーL型 35LB

メンテナンスが簡単にできるスクレーパーです。サビに強いステンレス刃を採用しているため、使用後に水洗いが可能。刃に付着した汚れや粘着のりを落としやすいのがメリットです。

刃とグリップが一体型なので、力を入れやすいのもポイント。こびりついた汚れを落としたい場合にもおすすめです。刃先が劣化した場合には、研磨すれば再び作業効率をアップできます。

トラスコ中山(TRUSCO) TRUSCO へら Y型 斜め刃 64mm

さまざまな場所で使用しやすい「斜め刃」を採用したスクレーパーです。硬い床にこびりついた汚れや粘着物の除去はもちろん、古くなった塗料のはく離やサビ落としにもおすすめ。刃が柄の末端まで貫通している設計なので、堅牢性に優れ、力を伝えやすいメリットもあります。

グリップ部分には強度の高いPP樹脂を使用。割れたり欠けたりするトラブルが起こりにくいのもポイントです。また、滑り止めのチャッカリング加工が施されているのも本製品の魅力。しっかりと手の平にフィットするため、作業中にスクレーパーが落下するのを防げます。

KTC ステッカスクレーパーDX KZSS-25

力が入れやすく、効率よく作業ができるスクレーパーです。25mm幅の交換式金属刃を採用しているのが特徴。先端には「丸型先端刃押え」を搭載しています。

グリップ部には、別売りの替刃10枚組セット製品「KZS-2510」を収納可能。あらかじめ交換用の刃を搭載しておけば、刃が欠けた際にすぐ交換できます。替え刃が5枚付属しているのもポイント。コスパに優れている点もおすすめのスクレーパーです。

藤原産業(Fujiwara Sangyo) SK11替刃式スクレーパー ミニ SCS-1M

幅広い用途に使える便利なスクレーパーです。フローリングやタイルの汚れ落とし、シールやステッカー粘着物の剥がし作業、ペンキやパテの削り落としなどに使用可能。刃の幅は40mmと使いやすいサイズを採用しています。

本体に搭載されているレバーを押しながらスライドすれば、刃先を出し入れ可能。収納時には本体に刃を入れておけるので、鞄やポケットに入れて携帯したい場合にもおすすめです。

ライフテック L-72 TECプラ柄スリム皮スキ

細身の刃を採用したスクレーパーです。6mm幅の刃を搭載しており、窓サッシの溝などの狭い場所を掃除するのに適しています。グリップ部分には、高い強度が備わったABS樹脂を使用。また、フック穴がついているので、壁面やラックなどに引っ掛けて保管しておけます。

柄と刃の接続部近くがくびれているデザインを採用しており、力が入れやすいのもポイント。頑固な汚れを効率よく落としたい場合にもおすすめです。

タジマ(Tajima) スクレーパーL300 SCR-L300

安全性に配慮しながら替刃交換できるスクレーパーです。入手しやすい「L型カッター用替刃」を使用するモデル。カッターの刃を先端に取り付けられるので、ステッカーやシールののり剥がしにも適しています。

本体にはセーフティバネを内蔵しており、ワンプッシュで替刃交換できるのもポイント。工具を使わず簡単に刃を交換できます。グリップには握りやすいエラストマー樹脂を採用。堅牢性に優れているため、グリップエンドをハンマーでたたいての使用にも対応できます。

頑固な汚れを落としたい場合にもおすすめのスクレーパーです。

マーフィード プロスクレイパー2 ディープ 24

ガラスの汚れ落としに適したスクレーパーです。プラスチック刃とステンレス刃の両方が付属しており、用途に合わせて付け替えられるのがポイント。刃で汚れを落とした後に表面を拭き取れる「ブレードモップ」が付属している点も魅力です。

ブレードの取り外し方法は、本体中央にあるストッパーを押しながら引っ張り出すだけ。簡単に刃を交換できる点もメリットです。柄の長さは約60cmあるので、手の届きにくい場所を掃除したい場合にもおすすめ。水槽のガラス面についた苔や汚れを効率よく削りぎ落とす作業にも適しています。

アストロプロダクツ(ASTRO PRODUCTS) AP ミニスクレーパー 2個入り

2種類のスクレーパーがセットになった製品。スチールブレード用とプラスチックブレード用のスクレーパーが同梱されています。用途に応じて使い分けられるのがポイントです。スチール刃・プラスチック刃ともに交換式を採用。刃が欠けた場合でも本体を購入しなおす必要がなく、交換用の替刃を使用すれば作業が続けられます。

本体の大きさは約51×41×7mm。手の平に収まるコンパクトなサイズで、携帯する場合にもおすすめです。

アストロプロダクツ(ASTRO PRODUCTS) AP ミニプラスチックスクレーパー MS162

プラスチックブレードを採用したリーズナブルなスクレーパーです。交換式のプラスチック刃を搭載しているので、長期間使用可能。替刃には同社の「AP ミニプラスチックスクレーパー用スペアブレード 25枚入り」を使用できます。

本体サイズは約70×40×12mmとコンパクト。手にスッキリと収まるため、握りやすいのがメリットです。また、携帯の際や収納時にスペースを取りにくい点もおすすめ。本体内には最大で2枚の替刃を収納できます。刃がかけた際にすぐ交換できるのも魅力です。

スチール刃を搭載したスクレーパーに比べて、対象物を傷つけにくいのも特徴。家具についているステッカーやのり剥がしにも適しています。

ヒロバ・ゼロ(Hiroba Zero) 万能 はがしヘラ GZMT03

リーズナブルな価格で購入できる、シンプルな形状のスクレーパーです。長さは180mm、幅は38mm、ヘラ先の厚みは2mmほど。本体と刃には、同じプラスチック素材が採用されています。車やバイクの専用工具やオイル・グリス・シリコンスプレーなどを製造する「ヒロバ・ゼロ」の製品らしく、自動車やバイクのメンテナンスに使いやすいアイテムです。

また、プラスチック刃タイプで対象物に傷を付けにくいので、家具やガラスについたステッカー剥がしにも適しています。

井上商会(INOUE) カーボンはがしヘラ 17041

幅広い素材に使用できる、カーボン素材を採用したスクレーパーです。フローリング・壁面・プラスチック・石材・金属など、さまざまな対象物の汚れ落としが可能。プラスチックよりも硬いカーボン刃により、こびりついた汚れをキレイに落とせるのが特徴です。

また、金属製の刃を採用したスクレーパーに比べて、対象物を傷つけにくいメリットもあります。本製品のヘラサイズは40mmですが、20mm・65mm・90mmのモデルも存在。そのほか、刃幅40mmで全長が異なるモデルや、7mmと14mmの2種類の幅を使い分けられるモデルなどもラインナップされています。

藤原産業(Fujiwara Sangyo) SK11 カーボンスクレーパー 2WAY

カーボン製の刃を採用したコンパクトなスクレーパーです。狭い場所の汚れ落としや剥がしに適しています。刃は炭素入りのため、一般的なプラスチック刃搭載のスクレーパーよりも強固。長期間使用できる点も魅力です。

金属製の刃を搭載したスクレーパーでは傷付く恐れのある、フローリング・大理石の床・石材・金属・壁などへの使用におすすめ。家具についたシールやステッカーを剥がしたい場合にも便利です。

バーコ(BAHCO) ERGO Heavy Duty Paint Scrapers with Dual-Component Handle 665

スウェーデンの工具メーカー「バーコ」が製造するスクレーパーです。硬度が高く、耐久性に優れている超硬刃を採用しているのが特徴。スチール製の刃を採用したスクレーパーに比べて、約50倍以上も長持ちすると謳われています。

グリップ部には、手にやさしいエルゴハンドルを搭載。力を伝えやすいデザインなので、頑固な汚れはもちろん、金属のサビ落としやバリ取りにもおすすめです。

京セラ(KYOCERA) K-06 リアルスクレーパー

ダイヤモンドに次ぐ硬さをもつといわれるセラミックを使用したスクレーパーです。独特な刃のデザインにより、曲面の汚れ落としにもぴったり。フローリングの汚れ落としはもちろん、まな板の汚れや鉄板、フライパンのコゲやサビ落としにも適しています。

グリップ部分には抗菌樹脂を採用。清潔に使用できる点もおすすめのスクレーパーです。

オルファ(OLFA) Gスクレーパー 228B

薄型で使い勝手に優れたスクレーパーです。サビに強いステンレス刃を搭載しており、刃の厚さは0.25mmほど。本体部分もスリムなため、スクレーパー自体を寝かせて作業できます。強度や耐久性に加えて、耐溶剤性に優れているのもポイント。プロの現場での使用にも耐えられる設計なので、幅広い用途に使用できます。

また、刃だけでなく本体に使用されている金属部分にもステンレスを採用しているため、水回りの作業にもおすすめ。使用後に水洗いできる点も魅力です。さらに、携帯する際や収納時に便利な「刃カバー」も付属。刃カバーは、使用時に取っ手部分に取り付けておけます。

ナルビー(NALBIE) 業務用 ガラススクレーパー(三枚刃用)

薄型ながら堅牢性に優れたスクレーパーです。業務用として設計されており、プロの現場で長年使用されてきた信頼性の高さが特徴。刃先が鋭いので、金属のサビ落としやガラス、タイルの付着物落としに適しています。

搭載されている3枚刃の幅は約120mm。幅広タイプのため、一気に広範囲の汚れを落とせる点も魅力です。また、替刃式なので経済的に使用可能。刃が欠けてしまった場合には、プラスドライバーを使用して刃を交換します。

スクレーパーのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

スクレーパーのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。