食器をセットするだけで洗浄できる「食洗機」。タンク式・据え置き型・ビルトインと種類がさまざまです。サイズや機能の異なるモデルが多数発売されており、はじめて購入する場合は迷ってしまう方も多いでしょう。

そこで今回は、おすすめの食洗機をタイプ別にピックアップ。選び方も解説するので、購入を検討している方は参考にしてみてください。

食洗機のメリット

食器を洗う手間・時間を節約できる

By: siroca.co.jp

食洗機は、庫内に食器をセットして洗剤を入れたら、スイッチを押すだけで自動洗浄する家電製品です。食器を手洗いする手間が省けて、時間を節約できるのがメリットのひとつ。手洗いに要していた時間をほかの家事や育児などに使えます。

食器を洗いながら庫内も洗浄しており、使用後にお手入れする手間がかからないのも魅力。残さいフィルターに残っている食べかすを捨てるだけと簡単です。お湯や洗剤に触れる水仕事を減らせます。

セットにした食器に水流を当てながら汚れを落とす構造により、手洗いしにくいロンググラスやボトルを洗えるのも便利。グリルの網やザル、泡立て器など手で洗いにくいモノの汚れを落としたいときにも活躍します。さらに、乾燥機能付きで水気を拭く手間を省けるモデルもラインナップしているので、気になる方はチェックしてみてください。

節水効果で水道代を節約できる

By: siroca.co.jp

食洗機は最小限の水で洗う仕組みなので、手洗いと比べて高い節水効果を発揮します。モデルによって水の使用量は異なるものの、手洗いと比較して4~9分の1程度の水で洗浄可能。効率性の高い洗浄で水道代を節約できます。

食器を洗う頻度の多い家庭ほど水道代を節約可能。大家族で食器の数が多い場合には、より高い節水効果が期待できます。自動洗浄コースを搭載したモデルなら、汚れ具合や食器の種類に合わせて無駄な水や電力の消費を抑えながら運転可能です。

洗浄力が高い

By: siroca.co.jp

食洗機は60~80℃の高温のお湯を噴射する構造により、高い洗浄力を発揮します。水道よりも強い水圧でお湯を噴射して食器を洗浄。アルカリ性の食洗機用洗剤を使用し、手洗いでは落としにくい頑固な汚れもしっかりと落とします。

こびり付いた焦げやしつこい油汚れを洗浄できるか心配な場合には、手洗いしてから食洗機にセットするのがおすすめ。なかには、より念入りに洗浄するコースを搭載したモデルも発売されています。高温で洗い上げるため、除菌効果が期待できるのもメリット。小さな子供がいる家庭など衛生面が気になる場合にもおすすめです。

食洗機の種類

工事不要で導入できる「タンク式」

By: amazon.co.jp

キッチンの上に設置するのがタンク式の食洗機です。文字通り手動でタンクに水を入れてセットする構造。分岐水栓を取り付けるなどの工事が不要で、賃貸マンションやアパートでも手軽に設置できます。

リーズナブルなモデルが発売されており、初期コストを抑えられるのも魅力。キッチンの上に設置するのを想定したコンパクトなモデルが多く、スペースの限られる一人暮らし用としてもおすすめです。

ただし、容量は少ない傾向があるため、家族で使うと一度に全員分の食器を洗えないケースもあり得ます。タンク容量や水の使用量によっては、注水の回数が増えて手間になるのもデメリットです。

比較的簡単な工事で済む「据え置き・卓上型」

By: panasonic.jp

据え置き型、または卓上型と呼ばれている食洗機も、比較的設置しやすいタイプです。分岐水栓を取り付けて水道と直結するため、タンクに水を入れる手間を省けるのがメリット。分岐水栓の取り付けは必要なものの、コンセントから電源を確保できれば大規模な工事不要で賃貸住宅にも設置可能です。

1~2人用に適したコンパクトなサイズから5人家族でも使えるタイプまで、ラインナップが豊富なのも魅力。家族の人数に合わせて適切なモデルを選べます。

ただし、設置スペースを確保できるか要チェック。たとえ設置できても、調理スペースが狭くなる恐れがあるため要注意です。さらに、本体やホースが見えてしまうので、キッチンの見栄えが悪くなりやすい点にも留意しておきましょう。

見た目もスッキリ設置できる「ビルトイン」

キッチン下のスペースやシンク下に組み込むタイプが、ビルトイン食洗機です。キッチン上に置くタイプと比べて、スペースを有効活用できるのがメリット。ホースが丸見えにならず、見栄えよくスマートに設置できるのも魅力です。

モデルによって幅と深さを選択でき、キッチンに合わせて選択可能。大容量で一度に多くの食器をセットできるモデルが多く、大家族にぴったりです。キッチンを丸ごと交換するわけではなく、収納部を利用して後付け設置もできます。

ただし、賃貸マンション・アパートに設置する場合、オーナーや管理会社の許可を得なければなりません。一戸建てでも、専門の設置業者でなければ取り付けは困難。設置工事費用がかかるため、本体価格と合わせて初期費用が高くなる点にも留意しておきましょう。

食洗機の選び方

洗える容量をチェック

By: panasonic.jp

食洗機を選ぶ際には、家族の人数を考慮して一度に洗える容量をチェックしておきましょう。3人用モデルなら食器が20点前後、5人用モデルなら40~50点を一度に洗浄可能です。目安となる人数や食器の数が記載されているので確認してみてください。

少人数家族であっても、まとめて一度に洗いたい場合にはワンランク大きいモデルがおすすめ。たとえば、3人家族なら5人用モデルを選択するのも方法のひとつです。フライパンや鍋など大きめの調理器具を入れられるかも要チェック。入れにくい形状の食器などをセットしやすいように工夫しているモデルにも注目です。

扉の開き方をチェック

前開き

取っ手を引っ張るとドアが前開きするタイプの食洗機です。タンク式や据え置き型では一般的なタイプで、多くのモデルに採用されています。

上方向へのスペースを気にする必要がないのがメリットです。本体上部にモノを置けるのも便利。ラックや食器なども置けるため、キッチンのスペースに余裕がない場合に役立ちます。ただし、ドアを手前に引いた際のスペースを確保できるかはチェックしておきましょう。

上下開き

By: panasonic.jp

ドアが上下に分かれているのが、上下開きタイプの食洗機です。据え置き型の多くに採用されています。それぞれのドアが上下に開く構造で大きな開口部が特徴。中の様子を見やすく、食器を出し入れしやすいのがメリットです。フライパンや鍋など大きめの調理器具をセットしたい場合にも活躍します。

前開きタイプほどではないものの、下のドアが前方に倒れる際のスペース確保は必須。開けた状態でキッチンの使い勝手に影響しないかを確認しておくのが重要です。

スライド式

レールを備えてドアを手前に引き出すのが、スライド式の食洗機。ビルトイン食洗器に多く採用されています。手前まで目いっぱい引き出せば、上から庫内を見渡せるのが特徴です。

食器を出し入れしやすいほか、キッチンとデザインやカラーを統一すればスッキリ見せられるのも魅力。前方向に大きくスライドさせるので、開いたときにキッチンスペースの邪魔にならないかは事前にチェックしておきましょう。

乾燥機能をチェック

By: aqua-has.com

食洗機のなかには、乾燥機能を搭載したモデルも発売されています。食器の洗浄後に自動で乾燥し、濡れた食器を拭く手間を省けるのが魅力。乾燥後の余熱で乾燥状態をキープしておけば、そのまま食器棚にしまえて便利です。

ヒーターや温風で乾燥させるため、除菌効果が期待できるのもポイント。なかには、独自のイオン技術によってニオイや菌を抑制する効果があると謳っているモデルも発売されています。

静音性をチェック

By: panasonic.jp

食洗機は運転音が気になる場合があります。夜中に使用する機会が多い場合は、近隣の住人に迷惑をかけないように、静音性もチェックしておきましょう。運転音の大きさは「dB(デシベル)」で表記されており、数値が小さいほど静音性に優れたモデルです。

目安として、図書館内の騒音レベルは40dB、エアコンの室外機が50dB程度といわれています。とくに静音性を重視するなら、40dB以下のモデルを選んでみてください。

食洗機の電気代はどれくらい?

食洗機は水道代や洗剤代にくわえて電気代もかかります。電気代に影響するのが食洗機の消費電力です。「W(ワット)」で表示されており、数値が大きいほど電力を多く必要とするモデル。ランニングコストをできるだけ抑えたい場合には、数値をチェックしておきましょう。

電気代の目安は、1回あたり20~30円程度。「1時間あたりの消費電力×使用時間×料金単価」で計算可能です。ただし、地域・使用時間帯・消費電力・運転時間・運転モードなどによっても異なるので留意しておいてください。

工事が必要な食洗機は家電量販店での購入がおすすめ

By: siroca.co.jp

工事が必要な食洗機を選ぶ際は、家電量販店で購入するのがおすすめです。設置場所の近くにコンセントがないなら専用回路工事が必要なほか、分岐水栓を取り付ける蛇口まで距離があると延長ホースの取り付けが必須。また、コンセントにアースがなければ新設しなければなりません。家電量販店で購入すれば、専門の業者に工事を任せられます。

ビルトインで大がかりな工事が必要な場合には、あらかじめ見積もりも可能。家電量販店のなかには、設置工事や見積もりをネットで申し込める場合もあるのでチェックしてみてください。

食洗機のおすすめメーカー

パナソニック(Panasonic)

By: panasonic.jp

大阪に拠点を置く大手電機メーカーです。白物家電をはじめ、住宅設備分野や車載分野など幅広く事業を展開しています。食洗機においては、ファミリー向けから少人数向けまで幅広くラインナップ。据え置き型とビルトイン型を発売しています。

なかでも、除菌効果が期待できると謳う「ストリーム除菌洗浄」機能を搭載したモデルに注目。ロンググラスなど長筒形状のモノをきれいに洗える「ボトルホルダー」も便利です。また、独自のイオン化技術「ナノイーX」搭載なら、ニオイの抑制効果も期待できると謳われています。

リンナイ(Rinnai)

愛知県名古屋市に本社を置き、給湯機器・厨房機器・熱エネルギー機器などを手掛けている大手メーカーです。給湯器においては国内でトップシェアを誇っています。

食洗機はビルトイン型のスライド式を中心にラインナップ。なかでも、シンプルな機能を備えたスライド式モデルに注目です。食器を簡単にセットできる「スムーズラック」や洗浄性を高める「サークルラック」など、使いやすさに工夫をこらしています。

アクア(AQUA)

By: aqua-has.com

中国のハイアールグループ傘下の電機メーカーです。コインランドリー業界でトップシェアを誇っているほか、洗濯機や冷蔵庫など、家庭用電化製品も多く扱っています。食洗機においては据え置き型をラインナップ。庫内の壁面にステンレス素材を採用したモデルは、汚れが付きにくくお手入れの手間を減らせます。

頑固な汚れや狭いすき間も洗える「強力すみずみ洗浄」や、除菌効果が期待できると謳う「高温除菌モード」などの便利な機能を搭載したモデルにも注目です。

食洗機のおすすめ|タンク式

エスケイジャパン(SKJapan) Jaime SDW-J5L

水タンクを取り外しできる

2~3人分の食器を収納できる食洗機です。食器の水切りカゴ代わりに使えるコンパクト設計が特徴。タンク式で工事不要など、狭いキッチンスペースや賃貸住宅で使いたい方におすすめのモデルです。標準洗い・スピーディー洗い・強力洗い・ソフト洗いから洗浄コースを選択できます。

背面の水タンクを取り外しできるのも便利。キッチンから離れた位置に設置しても水を補給可能です。1回分の水の使用量は約6Lで、手洗いと比較して約17L節水できると謳われています。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 食器洗い乾燥機 KISHT-5000

簡単に操作ができるモデル

工事不要で設置できるタンク式の食洗機です。電源コンセントさえ確保できれば、賃貸住宅にも設置可能。給水は上から注ぐだけと、手軽に使えるおすすめモデルです。温水洗浄対応で除菌効果が期待できるのもポイント。乾燥機能も搭載し、風乾燥で庫内の再結露を軽減します。

回転式の上下ノズルによるダブル水流で汚れをしっかりと洗浄。標準・念入り・ソフト・お急ぎの4コースから、食器の種類や汚れ具合に合わせて選択可能です。予約機能を搭載しているのも便利。夜間の電力消費の少ない時間帯に利用できます。

シンプルな操作パネルで使いやすいのもポイント。液晶画面で残り時間や経過時間、予約時間などをひと目で確認できます。ノズルとフィルターは取り外せてお手入れも簡単です。

シロカ(siroca) 食器洗い乾燥機 SS-M151

4つの洗浄コースを搭載モデル

手洗いよりも1回あたり約30Lの節水が期待できる食洗機です。タンク式モデルながら、専用ホースが付属しており、分岐水栓にも対応している2WAYタイプ。工事できない賃貸住宅の方はもちろん、買い替えですでに分岐水栓を設置している方にもおすすめのモデルです。

同社独自の洗浄技術により、360°方向からの洗浄を実現。高さ2mまで吹き上げるほどの水圧で頑固な汚れを落とせると謳っています。タイマーを内蔵しているのも便利。電気代のお得な夜間の時間帯に使用したり、留守中に洗浄が完了するように設定したりと、使い勝手のよさが魅力です。

コンパクトながら最大16点の食器を収納でき、約3人分の食器洗いに対応。高温洗浄によって除菌効果も期待できます。4つの洗浄コースを搭載しており、食器の種類や汚れ具合に合わせて選択可能です。

食洗機のおすすめ|据え置き・卓上

パナソニック(Panasonic) 食器洗い乾燥機 プチ食洗 NP-TCR4

約3人までが目安のコンパクトな据え置き型食洗機です。深さのある中鉢タイプで、小型ながら大きめの皿も入れられる収納力を確保。狭いキッチンへ設置したい場合におすすめのモデルです。安定してセットできるよう、左右に長いピンを設けた「ワイヤーカゴ」が備えられています。

4つの洗浄コースから食器の種類や汚れ具合に合わせて選択可能。耐熱60℃以上のプラスチック製食器に対応可能な「低温ソフトコース」も搭載しています。水温や室温に合わせて自動で最大約7%節電できる「ECONAVI」を搭載しているのも魅力です。

パナソニック(Panasonic) 食器洗い乾燥機 NP-TSK1

シンク横に設置しやすいスリムサイズの食洗機です。奥行き36.7cm以上あれば設置可能。食器もセットしやすいほか、上下開きのリフトアップオーブンドア採用の蛇口に当たりにくい設計も魅力です。別売りの専用ステンレス置き台を使用すれば、シンク上にも設置できます。

4人分の食器を収納できる目安で、大きさによってはフライパンと鍋を同時セット可能。付属の「スタイハンガー」を活用すれば、食洗機対応のソフトスタイを洗えるのも便利です。50℃以上の高圧水流「ストリーム除菌洗浄」により、除菌効果も期待できます。

パナソニック(Panasonic) 食器洗い乾燥機 NP-TA4

除菌効果が期待できる「ストリーム除菌洗浄」搭載の食洗機です。50℃以上の高圧水流でしっかりと食器を洗浄。食洗機対応のマイボトルやロンググラスの奥底まで洗える「ボトルホルダー」も便利です。

約5人分、最大40点の食器を収納できる据え置き型。フライパンや鍋も入れられるなど、一度にたっぷり洗いたいファミリー向けのおすすめモデルです。

手洗いの約6分の1の水で洗えると謳う節水性も魅力。自動で節電する「ECONAVI」も搭載しているので、ランニングコストを抑えたい方に適しています。また、予約運転機能を備えているのもポイント。付属の残さいフィルターでお手入れも簡単です。

パナソニック(Panasonic) 食器洗い乾燥機 NP-TZ300

独自のイオン化技術「ナノイーX」搭載の食洗機です。庫内のニオイ抑制・除菌の効果が期待できると謳われています。50℃以上の高圧水流で食器を洗い流す「ストリーム除菌洗浄」との組み合わせにより、清潔に使いたい方におすすめのモデル。5人用で最大40点の食器を一度に洗えます。

奥行き約34.4cmの前開きタイプで、手前に調理スペースを確保しやすいのも便利。専用置き台と脚を使っても設置可能です。下カゴにボトルを3本収納できるボトルホルダーを搭載。手洗いでは手が届かないようなボトルの奥までしっかり洗えます。50Hz使用時の運転音が約36dBと、静音設計も魅力。夜間に使用する機会が多い方や周りへの騒音が気になる場合に役立ちます。

パナソニック(Panasonic) 食器洗い乾燥機 NP-TH4

最終すすぎを約80℃の高温でおこなう食洗機です。高温ですすぐことで、仕上がりをよくできるのが特徴。除菌効果が期待できる「ストリーム除菌洗浄」を洗浄全コースに採用しているなど、高い洗浄力を求めている方におすすめのモデルです。

26.8cmのスペースを確保できれば設置可能。5人用で直径27cmの大皿や直径26cmのフライパンも一度に洗える収納力も魅力。まな板もセットしやすいほか、小さいシリコンカップが洗える「ちょこっとホルダー」も備えています。

アクア(AQUA) 食器洗い機 ADW-GM3

強化ガラス採用の「クリアウインドウ」搭載の据え置き型食洗機です。大きな窓で洗浄中の様子を確認しやすいのがポイント。汚れにくく耐久性に優れた「ステンレスウォール」を採用しており、汚れにくいモデルを探している方におすすめです。

除菌効果が期待できる「高温除菌モード」を搭載。独自のインバーター制御で強力な水流を発生させる「強力すみずみ洗浄」により、頑固な汚れもムラなく落とします。ロフト式2段ラック採用の前開きタイプで、庫内のスペースを有効活用できるのも魅力。4人分で最大30点までの食器を収納可能です。

アクア(AQUA) 食器洗い機 ADW-S3

「クワトロシャワー洗浄」を採用した食洗機です。上段・中段・下段に設けた4つのノズルで高圧噴射するのが特徴。強力な洗浄力で洗い上げるほか、4人分相当で計算して手洗いよりも5分の1の水で洗えます。水道代も節約できるおすすめモデルです。

送風乾燥機能付きで、水気を拭く手間を省いて時短できるのもポイント。食器や汚れに合わせて選べる5つの洗浄コースを搭載しています。洗浄中の様子が見える「クリアウインドウ」を採用したシンプルなデザインも魅力です。

食洗機のおすすめ|ビルトイン

パナソニック(Panasonic) ビルトイン食器洗い乾燥機 NP-45MC6T

幅45cmの深型タイプビルトイン食洗機です。スライド式でキッチン下のスペースを有効活用したい方におすすめ。ドアパネル一体型のスッキリとしたデザインを採用し、見た目を重視したい方にも適しています。6人用で最大44点の食器類を収納可能です。

適切な温度管理で洗浄する「バイオパワー除菌」を搭載。優れた洗浄力を実現します。また、「ECONAVI」を搭載しているのもポイント。食器の汚れ具合や食器の量に合わせて適切な洗い方を自動的に判断します。

パナソニック(Panasonic) ビルトイン食器洗い乾燥機 NP-45MD9S

深型タイプのビルトイン食洗機です。食器の種類や汚れ具合に合わせて選べる6つの洗浄コースを搭載。乾燥機能や予約機能を搭載しているなど、機能性が充実したおすすめモデルです。6人用で最大48点の食器類を収納できます。

スライド式でキッチン下のスペースを有効活用できるのもポイント。新築はもちろんキッチンのリフォームを予定している方にもぴったりです。50℃以上の高圧水流で除菌効果も期待できる「ストリーム除菌洗浄」機能により、強力な洗浄力を発揮。節水と節電に役立つ「ECONAVI」も搭載しています。

パナソニック(Panasonic) ビルトイン食器洗い乾燥機 NP-45VS9S

浅型タイプのビルトイン食洗機です。施工性が向上した「イージーアジャスト機構」を採用。本体設置後に上と前後方向の位置を調節可能です。ドア面に素地化粧仕上げを採用しているほか、別売りのドアパネルも用意されています。

自動的に節電する「ライトエコ」を搭載している点にも注目。食器の量をセンサーで検知して食器が少ないときは乾燥時間を約5分抑えて運転するなど、電気代の節約に役立つおすすめモデルです。強力な洗浄力と除菌効果が期待できる「ストリーム除菌洗浄」も搭載しています。

リンナイ(Rinnai) ビルトイン食器洗い乾燥機 RSW-404A

キッチン下のスペースを有効活用できるスライド式のビルトイン食洗機です。強力な洗浄力を発揮する「タワーウォッシャー」を搭載。上下に伸びるタワーノズルと、下部ノズルから高圧シャワーを噴射します。重なった食器やカゴの端にセットした食器、スプーンなどの小物までしっかりと細部まで洗い上げるおすすめモデルです。

食器を簡単にセットできる下カゴ「スムーズラック」と洗浄性を高める上カゴ「サークルラック」が付属。カゴにポジションサインを印字しているほか、ピンを短くして食器をセットしやすく工夫しています。

リンナイ(Rinnai) ビルトイン食器洗い乾燥機 RSW-F402C

食器類をセットしやすく工夫されたビルトイン食洗機です。スライド式の上下のカゴで出し入れしやすいのが特徴。入れられる皿の形や大きさに対する自由度も高く、使い勝手に優れたモデルを求めている方におすすめです。約8人分に対応する収納力を備えています。

上下2つの洗浄ノズルが回転し、手では洗いにくい部分もしっかりと洗浄可能。水の使用量を大幅に抑えており、毎日1回で1年間使うと手洗いより約6200Lもの節水になると謳われています。

ワンタッチドアで開閉できるのも魅力。好きな位置でドアを開けて止めておけるので、途中停止も自由自在です。

食洗機のAmazon・楽天市場ランキングをチェック

食洗機のAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。